Kaoru君とBeet君のキャンプ日記

キャンプ日記、キャンプ道具、旅の記録、街歩きとグルメなどを書いています。

MONORAL Wireflame モノラル ワイヤーフレーム

MONORAL Wireflame モノラル ワイヤーフレーム



「連れて歩く焚き火台」と言われる、特殊耐熱クロスを用いた折り畳み焚き火台

70%-2016_0930_172358


焚き火台は二つ持っていて、長年連れ添っているのが、snow peak Fireplace L  スノーピーク 焚火台L

70%-2017_0320_060619


そしてもう一つが、Tentipi Fire Box Hekla 30 テンティピ ファイアボックス Hekla 30

70%-2017_0320_060620

いずれもとても気に入っている焚き火台であることは間違いないのだけれど
コンパクトさとか、使用後の片付けという面では、もうひとつ・・・イヤミ


2016年9月北海道長期遠征出発前のキャンプ装備の検討において、
コンパクトに収納可能で、使用後の片付けも簡単にできる焚き火台が欲しいということで
このモノラルのワイヤーフレームを購入したわけです
(実際の遠征では、スノーピークの焚火台Lは持参せず、テンティピ ファイアボックスとモノラル ワイヤーフレームを持参)

φ9×L37cmの小さなケースに全てが収納可能

70%-2016_0826_094227

70%-2016_0826_094057

70%-2016_0826_093830

重量は980gと、とても軽量

ちなみに、スノーピークの焚き火台Lは5.3kg

70%-2016_0826_093356

組立はとても簡単

二つの折り畳み式アームを

70%-2016_0826_100031


70%-2016_0826_095210

70%-2016_0826_100019

70%-2016_0826_100002

それぞれこのように開いて

70%-2016_0826_095237


ふたつのアームを接続して

70%-2016_0826_095320_thumb[1]

70%-2016_0826_095327_thumb[1]

70%-2016_0826_095502_thumb[1]

70%-2016_0826_095513_thumb[2]

アームの接続組み立て完了

70%-2016_0826_095610

70%-2016_0826_095039

火床となる特殊耐熱クロスのワイヤーを、アームにひっかけて吊るします

70%-2016_0826_095650

70%-2016_0826_094933

70%-2016_0826_094920

組立完了です

70%-2016_0826_094837

火床とアームが直接接していないため熱が伝わらないので、薪が燃えている状態でもフレームを持って移動可能です

片付けの時も、火さえ消えていれば冷めるのを待つことなく、灰捨て場にそのまま持っていって灰を捨てることが出来ます


軽量コンパクト、組立も簡単、片付けもスピーディな焚き火台です・・・・・・が
ひとつだけ知っておかなければならない事があります

特殊耐熱クロスは消耗品であるということです

※特殊耐熱クロスは消耗品です。加熱による劣化にともない交換する必要があります。
 想定使用時間:約50時間。(注)耐久時間は目安です。使用する薪の種類や火力など実際の使用状況によって、
より短時間で交換が必要になる場合があります。使用時間を保証するものではありません。
交換には「MT-0012 焚き火クロス交換用」をお求めください。


特殊耐熱クロスの穴が小さいときは、そのまま使ってましたが、これだけ穴が大きくなるとやはり交換でしょうね
約40~50時間の使用で、これだけの穴が開きました
結構激しく薪を燃やした時もありましたので、もう少しおとなしく火を燃やしていたならば
これほどまでにならなかったかもしれませんが・・・・??  


70%-2017_0412_205438

表側

70%-2017_0412_205628

裏側

70%-2017_0412_205613

特殊耐熱クロスは税込みで¥4,104
特殊耐熱クロスに代えて使用できる、ステンレスメッシュ製の火床も販売されてはいますが・・・
メッシュだと薪の燃え方も違うし、僕らに少し合わないかな



ワイヤーフレームのフィールドデビューは、北海道のアポイ山麓ファミリーパークキャンプでした

70%-2016_0902_221551 (4)-2

70%-2016_0903_180724-1

 

焚き火で本格的に暖を取りたい時、焚き火で調理をする時などは、
スノーピーク 焚火台Lや、テンティピ ファイアボックスに活躍してもらいますが
焚火の炎だけを静かに眺めていたいという時には、このワイヤーフレームが僕らには最適です

70%-2016_1001_064837

70%-2016_1001_091045

70%-2016_0930_174731

70%-2016_1001_173707

70%-2016_1205_163903-1

70%-2016_1206_062940

70%-2016_1206_062904

70%-2017_0128_105233

70%-2017_0218_145051-1

70%-2017_0305_062055-1

70%-2017_0303_183729

70%-2017_0318_053236 (2)

70%-2017_0318_053236 (4)

70%-2017_0318_053236 (5)

70%-2017_0318_053236 (6)

70%-2016_1206_170043

焚き火の炎は、人に安らぎを与えてくれます

原始の時代からの人間の性かもしれませんね




焚き火グッズINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る


スポンサーサイト

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/04/12(水) 22:03:12|
  2. 焚き火グッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Tentipi Fire Box Hekla 30  テンティピ ファイアボックス Hekla 30

Tentipi Fire Box Hekla 30  テンティピ ファイアボックス Hekla 30


新しい焚火台です
スノーピークの焚火台が壊れたから、これにしたというわけではないです
スノーピークの焚火台に飽きたから、これにしたというわけでもないです

テンティピの幕が買えないから、せめて焚火台だけでも、と思って・・・・・ウインク
スノーピークの焚火台のサブとして活躍してもらいます


50-2016_0419_175214-2

取扱説明書は、スウェーデン語、ドイツ語、フランス語、英語で表記されていて、日本語はないですキョロキョロ

2016_0428_065644

2016_0428_065709

2016_0428_065716

この焚火台は、台が付属していません
直火禁止のところでは、何らかの台が必要になります

・・・・・ということで、スノーピークの焚火台ベースプレートLとベースプレートスタンドを利用します
なんと、ジャストフィットでした

50-2016_0419_143216-3


50-2016_0419_143200-1

50-2016_0419_143216-1

50-2016_0419_175206-1

■サイズ:510x320x185mm
■パッキングサイズ:485x170x35mm
■重量:3.95kg

収納は、専用のコットン混紡生地の収納袋へ、厚さが35mmでとてもコンパクト

2016_0428_065738-1

 

50-2016_0419_143118

50-2016_0420_042648




焚き火グッズINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る


テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/05/07(土) 09:39:31|
  2. 焚き火グッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

薪ストーブ(iron-stove)のメンテナンス

薪ストーブ(iron-stove)のメンテナンス


3月17日、「お待たせしました、今日から春ですよ」というくらい、いい天気
久しぶりに顔を見せてくれたおてんとうさまと青空
洗濯日和、薪ストメンテ日和
・・・・・ということで、城南島海浜公園オートキャンプ場へデイで行ってきましたよ

薪ストを綺麗にして、煙突などと一緒に、次のシーズンまで倉庫に収納します


薪スト、相当汚いです
錆びも出てるし、鉄板は少し湾曲しているし

30-2014_0317_105525

30-2014_0317_105609

30-2014_0317_105855

ボロボロになったロストルアミは新品に交換

iron-stoveは部品だけの購入が出来ます  このロストルアミは¥3,685

30-2014_0317_105715

ひどい錆びでしょ

30-2014_0317_113512

30-2014_0317_113524

鉄板が湾曲しているの、わかりますか

30-2014_0317_113453

4シーズン使ってますから、まあ鉄板もまがるでしょうね困った

では、メンテナンス開始

錆びを落として、耐熱塗料を塗ります

30-2014_0317_110229

錆び落しにはこれ

スペースショット 【ハルト】 (サビ落し・サビ止めクリーナー)   アメリカ海軍も使ってます

30-2014_0317_110248

耐熱塗料はこれ

テルモスプレー

30-2014_0317_110259

スプレーして片面1時間半くらい、乾燥させます

30-2014_0317_115138

はい、完成です

結構綺麗になったでしょ

30-2014_0317_143830

30-2014_0317_143839

30-2014_0317_143844


30-2014_0317_143855.jpg 

Before

After

 30-2014_0317_144045.jpg 30-2014_0317_144046.jpg
 30-2014_0317_145325.jpg 30-2014_0317_145326.jpg
 30-2014_0317_145402.jpg 30-2014_0317_145403.jpg
 30-2014_0317_145450.jpg 30-2014_0317_145451.jpg
 30-2014_0317_150415.jpg 30-2014_0317_150416.jpg
30-2014_0317_145240.jpg30-2014_0317_145241.jpg

    
        

煙突なども綺麗に清掃します

エビちゃんと呼んでいる「エビ曲り」や、マルちゃんと呼んでいる煙突先端部の「丸型トップ」
煙突収納用袋(スノーボードケース)を水洗いしてしっかりと乾燥させます

(煙突2本、エビ曲り、丸型トップは、この冬に買い換えました)

 30-2014_0317_125602.jpg

煙突を個別に入れているビニール袋も汚れていたので、水洗いして乾燥させます

 30-2014_0317_125623.jpg

 

はい、みんな綺麗になりましたよ

30-2014_0317_151108.jpg

 

次の冬まで、ゆっくりと休んでください

   30-2014_0317_150929.jpg


メンテナンス費用は、
錆び落しのスペースショット 【ハルト】 (サビ落し・サビ止めクリーナー) が、1本¥1,850
耐熱塗料のテルモスプラーが、1本¥1,350で、2本必要なので¥2,700
合計¥4,550
結構な費用がかかりますね

使い始めて4年ほど、古くなってメンテナンス費用が嵩んでくると、新品への買い替えを検討する必要があるかも・・・ですね



城南島名物の飛行機
今日は、羽田空港から離陸する飛行機で、それほど低空ではなかったですね

30-2014_0317_144304(2).jpg

 30-2014_0317_144538.jpg
 
IMG_20160317_130320.jpg 

IMG_20160317_130331.jpg

春の光をいっぱい浴びた、気持ちのよい一日でした



冬キャングッズINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る


テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/03/17(木) 23:47:27|
  2. 焚き火グッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

焚火台リフター  Syu&Chaiさんの自作品

焚火台リフター  Syu&Chaiさんの自作品

スノーピークの焚火台を使って、焚き火を終えた後の残った灰や炭の処分、みなさんはどうされていますか悲しい

(1)火が消えて完全に冷えるのを待って、残った灰や炭をスコップなどでビニール袋に移し、捨て場に持っていく
(2)耐熱性の手袋で、そのまま焚き火台を持ち、捨て場まで運び、残った灰や炭を捨てる

(1)の方法だと、完全に冷えるまでビニール袋には入れられないですよね
  てっとり早く水をかける手もありますが、灰がドロドロになってしまって、残すことなくビニール袋に入れるのが大変
(2)の方法だと、完全に火が消えてなくても、捨てることができますが、捨て場まで距離がある場合
  重い焚火台を手に持って運ぶのは、非力な人にとっては結構つらいですよね
  完全に火が消えていない場合は、運搬中に火の粉が飛ぶ可能性もあって危険だし
  
ということで、開発されたのが
灰や残り炭が入ったままのスノーピークの焚火台を、片手で運搬することが出来る画期的な便利グッズすぐ戻ります
勝手に名付けて「焚火台リフター」

お友達のSyu&Chaiさんの自作品です

なんと、なんと、この貴重な自作品を、いただきました
本当にありがとうございました

長い真鍮の棒を、折り曲げて作られています
同じものが2つ

このように、綺麗に曲げるには、技が必要ですよね

30-2016_0313_092712

焚火台の穴に差し込んで引っ掛けます

30-2016_0313_092753

左右に引っ掛けるとこんな感じになります

これで、片手での運搬が可能となりますね

30-2015_0916_095809-2

30-2015_0916_095809-4

とてもシンプルな作りですが、大活躍間違いなしのグッズですよ

大切に使わせていただきます
ありがとうございました


焚き火グッズINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る



テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/03/15(火) 22:32:57|
  2. 焚き火グッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

PRIMUS プリムスマルチトーチバーナーTB-72

PRIMUS プリムスマルチトーチバーナーTB-72

薪ストーブや焚き火の火付けに欠かせないトーチバーナーです
料理の仕上げとして、表面に焼き色を付ける時にも使用します

長い間使っていたのが、2015年11月、早川町オートキャンプ場にて破損したので買い替えました

30-2015_1128_074304

カートリッジは必要なかったのですが、カートリッジとのセットしか在庫がなかったので、仕方なくセットで購入

30-2015_1202_115253

30-2015_1202_115335

30-2015_1202_115320

30-2015_1202_115410

30-2015_1202_115345

30-2015_1202_115356

逆さ使用が可能です

30-2015_1202_115520


トーチは、各種メーカーから多くの種類が発売されています
選択の基本は、他のガス器具と同じガス缶を使える製品がベストだと思います
僕らは2バーナーガスランタンもプリムスなので、プリムスのトーチバーナーを使っています
他のメーカーのトーチだと、そのメーカーに適用するガス缶を準備する必要があるので、荷物が増えます
ガスは可能な限り統一した方がいいですね

製品名マルチトーチバーナーTB-72コールマントーチ70-8075フィールドチャッカー ST-430カセットガス トーチバーナー
 30-2015_1202_11552430-2015_1202_11552130-2015_1202_115522product_img
メーカープリムスコールマン新富士バーナー
SOTO
岩谷産業
最高火炎温度(℃)1,5001,5001,6001,400
ガス消費量(g/h)100100? 130
収納寸法(cm)15.2×5.3×4.518×7×4.515×10×2.518.3×9.2×5.2
本体重量(g)159210140170
点火方式圧電点火装置圧電点火装置圧電点火装置圧電点火装置
その他  火力調整可能 
  
PRIMUS(プリムス) PRIMUS(プリム...

PRIMUS(プリムス) PRIMUS(プリム...
価格:4,638円(税込、送料別)

 
 
フィールドチャッ...

フィールドチャッ...
価格:4,363円(税込、送料別)

 
 CB-TC-BZ イワタニ カセ...

 CB-TC-BZ イワタニ カセ...
価格:1,580円(税込、送料別)

     

新富士バーナーSOTOでは、上記の製品の他にも色々なトーチ製品があります

スノーピークの製品で、ギガパワー2WAYトーチというトーチがありますが
上記のプリムスやコールマン等の製品と比べて、ちょっと異質なトーチだと思います
(所有はしていませんが、友達の物を借りて使ってみたことがあります)

・火力が凄いです・・・3,500kcal/hのハイパワーと言われていますが、薪や炭などの着火は短時間でできます
・音が大きいです・・・これを最大限のパワーで使って着火していると、ジェット機のような轟音で近所迷惑かも
             火力調整が可能なので、静かな弱い火力にすることはできますが・・・
・着火時には、ライター等が必要です・・・・着火装置はありません(着火時には充分な注意が必要です)

30-2015_1103_074208-1


皆さんご承知のことでしょうが、火器の取り扱いは、慣れていても十分な注意が必要ですね

焚き火グッズINDEXはこちらへ
ページトップへ戻る


テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/12/20(日) 00:45:19|
  2. 焚き火グッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Kaoru&Beet

Author:Kaoru&Beet
Kaoru君とBeet君のキャンプ日記へようこそ!

PCカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

INDEX

Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

CATEGORY

月別アーカイブ

2017年 05月 【23件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【21件】
2017年 02月 【24件】
2017年 01月 【28件】
2016年 12月 【40件】
2016年 11月 【32件】
2016年 10月 【27件】
2016年 09月 【29件】
2016年 08月 【23件】
2016年 07月 【29件】
2016年 06月 【29件】
2016年 05月 【21件】
2016年 04月 【23件】
2016年 03月 【22件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【30件】
2015年 12月 【29件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【30件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【24件】
2015年 02月 【25件】
2015年 01月 【17件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【23件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【21件】
2014年 04月 【12件】
2014年 03月 【24件】
2014年 02月 【17件】
2014年 01月 【18件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【19件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【14件】
2013年 07月 【24件】
2013年 06月 【12件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【16件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【13件】
2013年 01月 【14件】
2012年 12月 【18件】
2012年 11月 【16件】
2012年 10月 【17件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【9件】
2011年 09月 【2件】

最新コメント

リンク


Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

WOM CAMP ロゴ2

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR