Kaoru君とBeet君のキャンプ日記

キャンプ日記、キャンプ道具、旅の記録、街歩きとグルメなどを書いています。

雲見オートキャンプ場  キャンプ場情報

雲見オートキャンプ場  キャンプ場情報だよ


この情報は、僕らが訪問した時の状況について記載しています
季節による変化、時間経過による変化があるという事をご理解下さい
また、個人的な感想も含まれている場合がありますので、その点もご理解下さい


雲見オートキャンプ場 2016年2月キャンプ日記はこちらへ


上矢印ロケーション
標高150m、駿河湾の海沿いの見晴しのよい高台
富士山や南アルプスを望むことができる
道路からは遠く離れていて車の音は全く聞こえず、波の音しか聞こえない

kumomi001

kumomi0014-1

 


上矢印管理棟
個人経営のキャンプ場で、管理人さんご夫婦はとても親切な方
元は棚田であったところを開発してキャンプ場にしたとのこと
1998年オープン

kumomi004-2

50-2016_0225_143152

管理棟2F:受付・売店、 管理棟1F:WC・コインランドリー


Aサイトから見る管理棟

50-2016_0225_144125-1


上矢印炊事棟
場内に3ヶ所
お湯が出ます 
常に綺麗に清掃されている

Cサイトに近い炊事場

 50-2016_0225_143351

Aサイトの炊事場

50-2016_0225_144027

Dサイトの炊事場

50-2016_0225_110833

生ごみ専用の袋が設置されている

50-2016_0225_110844


上矢印トイレ
場内に3ヶ所
全て水洗(洋式・和式)
常に綺麗に清掃されている
電灯はセンサー式となっている

Cサイトに近いトイレ

50-2016_0225_143350

管理棟1F(Aサイト)のトイレ

50-2016_0225_144148

Dサイトのトイレ

50-2016_0225_110855

50-2016_0225_110904


上矢印シャワー・風呂
コインシャワー9基(4分200)
午後10時まで使用可能
風呂の中にもコインシャワーが1基あり

50-2016_0225_111051

風呂
無料
石鹸・シャンプーの使用は不可
入浴時間:時期により変更あり
富士山が見える
閑散期は貸切利用が可能

50-2016_0225_110906 (1)

50-2016_0225_110906 (6)

50-2016_0225_110906 (3)

50-2016_0226_0801365


上矢印ゴミ
分別して廃棄が可能


上矢印サイト
地面はスコーリア(火山礫)を敷き詰めているので,水はけ良好、平坦
地面は堅いので鉄製のペグが必要
全て区画サイトで、フリーサイトはない
平均8m×8m、サイトによって広さが異なる
サイト間は植栽で区画されている

スコーリア(火山礫) このスコーリアは凄い、地面にそのまま物を置いても底がほとんど汚れない

50-2016_0226_134405

kumomi004-3

kumomi002-00-24

Cサイトへの通路

50-2016_0225_143241

Cサイト

50-2016_0225_143406

50-2016_0225_143447

50-2016_0225_143514

50-2016_0225_143456


Aサイトを上から

50-2016_0225_143852

50-2016_0225_143917

Aサイトへ降りていく通路

50-2016_0225_143954

Aサイト

50-2016_0225_144045

50-2016_0225_144055

50-2016_0225_144134

Aサイトの山側は、比較的広いかな?

50-2016_0225_144105

Dサイト
富士山が見えるサイト
キャンプ場に入ってくると一番最初に見えるのがこのDサイト
AサイトやCサイトより、少し狭いかな

50-2016_0225_110817

50-2016_0225_111140

50-2016_0227_105014

50-2016_0225_111240

50-2016_0227_105009

Dサイトから見える富士山

50-2016_0226_080213

管理棟とお風呂との間の通路からも富士山が見えます

50-2016_0226_080024


上矢印その他
●ペットOK

●空いている場合は、アーリーチェックインが可能(要照会)

●海沿いの高台に位置しているので、強い風が吹くことがある  注意が必要

●管理棟の隣に展望台があり、ここからの夕陽は絶景

50-2016_0225_143122

●進入路は、ガードレールがなく狭いので、運転には充分注意が必要

50-2016_0226_114129

●場内に、高通山への遊歩道入口がある

50-2016_0226_080000

50-2016_0226_075833


案内書など    (↓画像クリックで拡大表示)

 kumomi004.jpgkumomi005.jpg kumomi006.jpg

雲見オートキャンプ場 2016年2月キャンプ日記はこちらへ


ページトップへ戻る


キャンプ場INDEXは ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]



スポンサーサイト

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/03/04(金) 23:34:04|
  2. 雲見オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雲見オートキャンプ場  暖かな春の日差しの中で撤収

雲見オートキャンプ場   暖かな春の日差しの中で撤収  


二日目その3へ戻る    

雲見オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ


三日目(2月27日)

風も止んでとても静かな朝
昨日の午後から夜にかけての強風が、まるで嘘だったかのような


50-2016_0227_062507

海も静かです

50-2016_0227_081940

50-2016_0227_081919

50-2016_0227_083552

50-2016_0227_080608

50-2016_0227_080632

50-2016_0227_080643

完全乾燥撤収が出来ますね

50-2016_0227_080556

50-2016_0227_085713

結露があるので、フジカ君を使って乾燥させます

50-2016_0227_085721

50-2016_0227_093440

GEAR TIE ギアータイ、活躍してくれましたね

50-2016_0227_074313

プラD君、記念撮影スマイル

50-2016_0227_104859

お世話になりました ありがとうございました

 

50-2016_0227_114729

春を満喫した、伊豆でのキャンプ

「伊豆の踊子」、もう一度読んでみたいと思いました

道がつづら折りになって、いよいよ天 城峠に近づいたと思うころ、雨脚が杉の 密林を白く染めながら、すさまじい速さ でふもとから私を追って来た。私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり紺がすりの着物にはかまをはき、学生カ バンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に 出てから四日目のことだった。修善寺温 泉に一夜泊まり、湯ケ島温泉に二夜泊まり、そして朴歯の高下駄で天城を登って 来たのだった。重なり合った山々や原生 林や深い渓谷の秋に見とれながらも、私 は一つの期待に胸をときめかして道を急 いでいるのだった。



二日目その3へ戻る 

一日目に戻る

雲見オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ
ページトップへ戻る




テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/03/02(水) 21:02:05|
  2. 雲見オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

雲見オートキャンプ場  海風

雲見オートキャンプ場  海風 


二日目その2へ戻る    三日目へ続く
 

雲見オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ


二日目(2月26日)その3

午後、風が出てきました
高気圧に覆われて、等圧線の間隔も広く、とても穏やかな天候のはずなんだけれど・・・・・東海地方全体はね

でも、ここは駿河湾に突き出た半島です
そりゃ海からの風も吹くでしょう

ピンポイント予報では、これから10mの風
・・・・・ということは瞬間風速で15m以上の風が吹くかも

Screenmemo_2016-02-26-13-29-09

管理人さんも
「今日は穏やかなはずなんだけれどねえ
ここは高台になっているので、海からの風が吹き上げられるんですね
もっと風が強い時にも、皆さんテント張っていますから・・・でもそのテントならがっちりしているから大丈夫でしょ」

あんなに穏やかだった海には白波が立ってきた
海鳴りと風の音も、少しずつ大きくなってきます

50-2016_0226_162005

50-2016_0226_134241

50-2016_0226_163257


徐々に風が強くなってくるので、クリアウォールは外します

50-2016_0226_174409

シールドルーフも強風でバタバタ

50-2016_0226_174315

どうもソロの時に風に悩まされるようで・・・・・・去年も ふもとっぱらで風で痛い目にあった
念のため、色々補強しておきます

まずは、シールドルーフが飛ばないように、

50-2016_0227_074026

GEAR TIE ギアータイで、確実にとめておきます

50-2016_0227_073958

ポールの下の部分は、リングにもペグダウン

50-2016_0227_073856

最初からやってますが、マッドスカートはしっかりとペグダウン

50-2016_0227_073843

50-2016_0227_073906

張り綱は、二重に

50-2016_0227_073820

リビシェル特有ですが、入口部分の隙間には養生テープを貼って風の吹きこみを防止

50-2016_0227_082008


今日の夕陽は、少し荒れた海に沈みます

50-2016_0226_173316

50-2016_0226_173301

50-2016_0226_173423

50-2016_0226_173749

50-2016_0226_174237

時おりゴーという唸りをあげて吹き上げてくる強風に、リビシェル君のポールがギシギシと軋みます

落ち着いて夜を過ごすことが出来そうもないので、早い時間にシュラフに潜り込みます

 

夜中2時頃、風で音で目が覚めました
リビシェル君の中も冷えてきたので、フジカ君で暖まります

50-2016_0227_023819

50-2016_0227_023915

お湯を沸かして、温かいお茶を飲みます

50-2016_0227_023955

 

風は少しずつ、落ち着いてきているようです

Screenmemo_2016-02-27-02-35-49


天候 晴れ  最高気温11.3℃ 最低気温-1.1℃ 平均風速4.3m 最大風速8.7m 瞬間最大風速16.6m


二日目その2へ戻る    三日目へ続く

雲見オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ
ページトップへ戻る




テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/03/01(火) 23:29:45|
  2. 雲見オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雲見オートキャンプ場  「キャンプ山の家」を見学、そして石部棚田へ

雲見オートキャンプ場  「キャンプ山の家」を見学、そして石部棚田


二日目その1へ戻る    二日目その3へ続く

雲見オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ


二日目(2月26日)その2

みなみの桜と菜の花まつりからの帰り、ちょっと寄り道

kumomi0013-1


初めに、BE-PALの「ほんとうに気持ちいいキャンプ場100」で紹介されていた「キャンプ山の家」を見学に

kumomi0012


離合が大変なこんな道を進むと、伊豆の山奥にそのキャンプ場がありました

50-2016_0226_110507

入口付近、写真には写っていませんが、左側に管理人さんの自宅兼キャンプ場受付があります

奥さんがいらっしゃったので、ひと声かけて見学させてもらうことに・・・・

山の急斜面の杉林を開拓した手作りのキャンプ場です

50-2016_0226_104959

炊事場

50-2016_0226_104929

薪小屋、五右衛門風呂、その向こうがトイレ・シャワー棟

50-2016_0226_104911

坂道を登っていくと、テントサイトがあります

50-2016_0226_104900_thumb[1]


50-2016_0226_104844_thumb.jpg

 50-2016_0226_104827_thumb.jpg


車は入ることができますが、切替しが必要ですね

 50-2016_0226_104744_thumb.jpg

一番上のサイト、ここは広いですね爆笑

 50-2016_0226_104440_thumb1_thumb

50-2016_0226_104528_thumb1_thumb

50-2016_0226_104411

バス停ではないですよ 展望台?かな

50-2016_0226_104633_thumb[1]

この一番上のサイトからの眺めがすばらしい

伊豆の山々、そして遠くには伊豆七島を望むことができます

50-2016_0226_104601_thumb[1]

夜の満天の星空は、きっと素晴らしいのでしょうね



キャンプ山の家を後にして、国道136号に出ます

夕日が丘休憩所の展望台からの風景

宇留井島、月待ち信仰の言い伝えが残る二十六夜山

50-2016_0226_110855

伊浜の集落

50-2016_0226_110902

東日本最大の野猿の生息地として有名な波勝崎

50-2016_0226_110959

50-2016_0226_111039

 

石部棚田へ行ってみます


石部(いしぶ)棚田は、伊豆半島の西側の先端に位置する静岡県松崎町にあります。標高120~250mに広がる約370枚、4.2haの田んぼは、東日本では珍しい石積みの棚田。眼下に駿河湾を一望でき、晴れた日には、富士山・南アルプスを望むことができる絶景の棚田です。
平成12年に、耕作放棄され、茅で覆われていた4.2haの棚田を再生し、集落活性化の起点として活用されています。
平成22年には、第16回全国棚田(千枚田)サミットが開催されました。

50-2016_0226_111848

50-2016_0226_112524

50-2016_0226_112603

50-2016_0226_112530

50-2016_0226_112728

 

キャンプ場に帰ってきました

50-2016_0226_115631

気温、なんと22℃

50-2016_0226_125425

Beerが美味しい気温です

50-2016_0226_125444


二日目その1へ戻る    二日目その3へ続く

雲見オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る




テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/02/29(月) 23:37:07|
  2. 雲見オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雲見オートキャンプ場  富士、そして桜と菜の花

雲見オートキャンプ場   富士、そして桜と菜の花


一日目その2へ戻る   二日目その2へ続く

雲見オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ


二日目(2月26日)その1

朝、富士山見えました
朝日を浴びて、薄っすらと紅化粧

50-2016_0226_061511

50-2016_0226_062914

西の空には、月齢17.5の寝待月

50-2016_0226_063116

南アルプスも遠くに見えます

50-2016_0226_064816

50-2016_0226_064749

50-2016_0226_064534

まさに絶景!! 言葉が出ません

50-2016_0226_063217

50-2016_0226_070258

50-2016_0226_071017

50-2016_0226_075814

50-2016_0226_080212

50-2016_0226_080234

今日も一日中いい天気になりそう

50-2016_0226_080625


午前中、管理人さんに勧められた「みなみの桜と菜の花まつり」へ行ってみることに
南伊豆町下賀茂温泉青野川沿いに、咲き誇る桜と菜の花を楽しむことができる・・・・・とのこと

河津桜と言えば、河津町と思ってましたが
もうひとつ河津桜で有名なところがあったのですね

kumomi008-2

kumomi009

kumomi009-2

河津町と南伊豆町は日本一早いお花見会場
日本の2月は冬本番の中、下田周辺はもう春の気配に包まれています
本家本元・河津町の「河津桜まつり」、
菜の花畑も一緒に楽しめる南伊豆町の「みなみの桜と菜の花まつり」
なんとも気の早い桜を咲かせて、待っていますよ

河津町は、川がせせらぎ文学の香り漂う古風な町
南伊豆町は、ゆったり大らかな自然に抱かれる町
風情の異なる二つの町の桜祭りは毎年大盛況!
どちらに行きますか? 両方行きますか?

 

【河津桜の由来】
昭和30年頃に、河津町田中地区に住む飯田勝美氏により河津川沿い豊泉橋上流で発見される。
花が咲いたのは約10年後の昭和41年1月下旬、その後の調査で新種の桜と判明したのち、
昭和49年に河津で生まれた桜にちなんで「河津桜」と命名されました。
その翌年、昭和50年には「河津町の木」に指定されています。
また最初に見つかった原木は、田中地区にある飯田家の庭で今も美しい花を咲かせています。
河津桜は、早咲きの大島桜と寒緋桜(カンヒザクラ)の自然高配種と推定されていて、染井吉野に
比べると咲き始めから終わりまでが1ヶ月以上と長いのに特徴があります。

50-2016_0226_092528

50-2016_0226_092837

50-2016_0226_090847

梅と桜が同じ時期に咲いているなんて・・・・とても不思議な感じ

50-2016_0226_091804

50-2016_0226_091818

菜の花畑

50-2016_0226_100055

50-2016_0226_100118

50-2016_0226_095052

50-2016_0226_094810

50-2016_0226_094348

青野川の流れは、春の光で輝いていました

50-2016_0226_100259

早春の伊豆の香り、十分に楽しませてもらいました


一日目その2へ戻る   二日目その2へ続く

雲見オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/02/28(日) 23:06:42|
  2. 雲見オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

Kaoru&Beet

Author:Kaoru&Beet
Kaoru君とBeet君のキャンプ日記へようこそ!

PCカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

INDEX

Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

CATEGORY

月別アーカイブ

2017年 10月 【15件】
2017年 09月 【33件】
2017年 08月 【25件】
2017年 07月 【19件】
2017年 06月 【23件】
2017年 05月 【34件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【21件】
2017年 02月 【24件】
2017年 01月 【28件】
2016年 12月 【56件】
2016年 11月 【32件】
2016年 10月 【27件】
2016年 09月 【29件】
2016年 08月 【23件】
2016年 07月 【29件】
2016年 06月 【29件】
2016年 05月 【21件】
2016年 04月 【23件】
2016年 03月 【22件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【30件】
2015年 12月 【29件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【30件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【24件】
2015年 02月 【25件】
2015年 01月 【17件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【23件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【21件】
2014年 04月 【12件】
2014年 03月 【24件】
2014年 02月 【17件】
2014年 01月 【18件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【19件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【14件】
2013年 07月 【24件】
2013年 06月 【12件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【16件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【13件】
2013年 01月 【14件】
2012年 12月 【18件】
2012年 11月 【16件】
2012年 10月 【17件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【9件】
2011年 09月 【2件】

最新コメント

リンク


Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1


あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

WOM CAMP ロゴ2

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR