FC2ブログ

Kaoru君とBeet君のキャンプ日記

キャンプ日記、キャンプ道具、旅の記録、街歩きとグルメなどを書いています。

上高地・小梨平の今 その7  ~国道158号寸断 上高地孤立~

上高地・小梨平の今 その7  ~国道158号寸断 上高地孤立~


2020年7月7日~8日

記録的な大雨の影響で松本市安曇の国道158号は3カ所で土砂の崩落や流出が発生
上高地が孤立状態になっています

小梨平キャンプ場の営業開始は、7月18日(土)
スタッフの皆さんは、14日(火)に入山する予定と聞いていましたが
土砂崩落現場の復旧のめどは立っていないようで、どうなるのでしょうか
現在は雨量規制で通行止めになっている岐阜県側からは、雨が止めば入ることができるかもしれませんが・・・

(その後、営業開始は7月20日月曜に延期されました)

20200709-02

20200709-09

20200709-07

20200709-08

20200709-10

20200709-11

(出典:FNNプライムオンライン他)

上高地への国道土砂崩れ 不通に(2020/07/08 11時27分 NHK)

大雨の影響で観光地の上高地に向かう国道では、長野県内の3か所で土砂崩れが発生しました。
この国道は岐阜県側でも雨量規制のため7日から通行できなくなっていて、上高地とその周辺との間で往来が出来なくなっています。

長野県の松本建設事務所によりますと、松本市内から上高地に向かう国道158号線で、8日未明から3か所で土砂崩れが発生したということです。
このうち建設事務所が8日午前4時すぎに松本市内の交差点付近で撮影した写真では、大量の土砂で道路がふさがれている様子が確認できます。
建設事務所が土砂の撤去作業を進めているということです。
国道158号線は長野県側と岐阜県側のそれぞれから上高地に向かう区間で、いずれも7日から雨量規制で通行止めになっていて、上高地とその周辺との間で往来が出来ない状態になっています。
松本市や県によりますと、8日午前9時前の時点で、上高地の5つの宿泊施設には宿泊客と従業員あわせて215人がいるということですが、食料などの備蓄はあるということです。

観光地の長野県の上高地に向かう国道158号では、松本市内の3か所で土砂崩れが起きています。
長野県松本建設事務所によりますと、このうち松本市安曇中ノ湯では8日朝早く土砂崩れが見つかり、建設事務所が撮影した複数の写真には、斜面から崩れた土砂や樹木が道路全体を覆っている様子が写っています。

長野県松本市から上高地方面が通行止めになっている国道158号線では、トンネルの入り口前に、通行止めを示す看板が設置されていました。
また国道のすぐそばを流れる梓川では茶色く濁った水が、大きな音を立てて流れていました。
上高地で、インフォメーションセンターの運営や管理などを行う「自然公園財団上高地支部」の若林浩之副所長は「きのう夕方から道路が通れなくなっていて、上高地には宿泊客や宿泊施設のスタッフが残っている状況です。山間部の施設なので、食料などはある程度確保されていますが、通行止めが長く続かないか心配です。増水した川には濁った水が流れていて、あふれないか心配です」と話していました

20200709-000

(出典:信濃毎日新聞)

上の写真を参考に、Googleストリートビューを使って実際の場所を調べてみました

釜トンネルのゲートの手前約400mの地点

20200709-14

(出典:Googleストリートビュー)

20200709-16

20200709-15

20200709-18

20200709-19

20200709-17

 

7月8日、五千尺ホテルのライブカメラより

梓川の濁流が凄いことになっています

Screenshot_20200708-155831

20200709-05

(出典:FNNプライムオンライン)

20200709-20

(出典:小梨平キャンプ場FB)

20200709-21

(出典:小梨平キャンプ場FB)

 

梓川が濁流になっています。 (上高地ビジターセンター スタッフ日記 2020/07/09)

今年の梅雨はよく雨が降るとは思っていましたが、
おとといからの大雨は上高地で今まで体験したことのないようなものでした。
ニュースにもなっていますが、複数個所の土砂崩れにより、
上高地は陸の孤島になっています。
現在、上高地に入ることはできません。

また上高地の園路の状況は確認できていません。
状況は随時、上高地公式ウェブサイト[https://www.kamikochi.or.jp/]に
掲載されますので、ご確認ください。

今朝は小雨が降ったり止んだりですが、梓川は相変わらず濁流です。

20200709-22

コロナ禍、群発地震、豪雨・・・言葉が出ません

小梨平滞在記 INDEXは ↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg 

<2020年7月9日 13時追記>

長野・上高地 宿泊客ら30人下山 国道復旧めど立たず (2020/7/9 12:20 長野放送)

大雨による土砂崩れで、300人近くが孤立状態になった長野県の上高地では、9日午前、宿泊客などおよそ30人が下山した。
上高地につながる国道158号線では8日、3カ所で土砂崩落が発生。
宿泊客や宿泊施設の従業員、あわせて288人が孤立状態になっていた。
宿泊客およそ30人は、9日午前10時ごろ、崩落した現場付近を安全確認しながら、歩いて通り抜け下山した。
下山者は、「きのうの明け方はすごい音がして、雨が降っていた。ここに数日間いることになるのかと思っていた。雨の状況で」、「土砂崩れのところを歩かなければいけなかった。帰れるだけありがたい」などと話した。
午前11時半現在、国道の復旧の見通しはたっていないという。

https://www.fnn.jp/articles/-/61108


<2020年7月10日 22時追記>

安曇中の湯・国道158号の復旧作業始まる 通行止め解除の見通し立たず(2020/07/10 市民タイムスWEB)


大雨による土砂崩れで通行止めになっている松本市安曇中の湯の国道158号の復旧作業が9日、始まった。ただ、崩落規模が大きく、水を含むと泥状になる土質も影響し、今後も雨が続く見通しのため、復旧のめどは付いていない。
  県松本建設事務所や土砂の除去作業を行っている地元サワンド建設によると、現場は県道上高地公園線との分岐点・中の湯交差点から松本側約400㍍にある。高さ約30㍍の急斜面から長さ約30㍍にわたって崩れ落ち、擁壁のフェンスを破って推定約800立方㍍の土砂が流出した。幅7㍍の国道上に厚さ6㍍ほど積もった。細かい砂粒と粘り気のある土が混じり、水を含むと乳白色の泥状になる。

 県松本建設事務所はさらなる土砂流出を防ぐため、崩れた斜面に残る土の除去や土留めを挙げ「早急に車が通れる状況を作りたい」とする。ただ、向こう1週間は曇りや雨の日が続き再び大雨の恐れもあり、「安全第一だ。現状で復旧見通しを言えない」とする。今後通行止めを解除しても雨量を注視し、夜間通行止めなどとする方針だ。
  平成23(2011)年6月23日に県道の釜トンネル付近で起きた土砂流出では通行再開まで1週間近くかかった。上高地観光旅館組合の小林清二組合長は「15日に山小屋や上高地の主な施設が営業を再開する。準備もできない事態を避けるため関係車両が通れるよう求めたい。早く仮復旧してほしい」と話している。


<2020年7月10日 23時追記>

長野・上高地の孤立解消 岐阜県側への通行可能に (2020/7/10 21:37日経新聞)

長野県松本市は10日、大雨による影響で国道158号が通行止めになり、8日から孤立状態となっていた観光地の上高地で、岐阜県側への通行が可能になったと発表した。宿泊客は9日に全員徒歩で下山している。

松本市によると、長野県側の通行止めは続いていて、15日にも全面通行できるように復旧作業が進められている。

長野県によると、8日、上高地に近い国道158号のトンネル付近で土砂崩れが確認され、約30メートルの区間が土砂に覆われた。道路上の土砂を一部取り除き、9日午前になって、徒歩では通れるようになっていた。


九州をはじめ、全国各地で豪雨災害が発生しています

各地で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます

そして、これ以上の自然災害が発生しないことと、できるだけ早く復旧・復興が進むことをお祈りいたします


ページトップへ戻る

  1. 2020/07/09(木) 12:16:07|
  2. 小梨平キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

上高地・小梨平の今 その6   ~群発地震続く~

上高地・小梨平の今    その6  ~群発地震続く~

2020年5月30日

群発地震がなかなかおさまりません

5月29日には震度4という少し大きな揺れがあったようです

涸沢カールで雪崩・長野と岐阜県境震源の地震で発生か   05月30日16時16分 SBC信越放送

県中部と岐阜県境できのうから地震が相次ぎ、北アルプスの涸沢カールでは地震の影響とみられる雪崩が発生しました。
土砂を巻き込んだ大量の雪が流れ落るのは標高およそ2300メートルの北アルプスの涸沢カールです。
昨夜7時7分ごろ、石がぶつかるような音を聞いて外に出た涸沢ヒュッテの従業員が撮影しました。
雪崩は幅およそ50メートル、高さは100メートル以上に及んだということです。
この直前の午後7時5分ごろには岐阜県飛騨地方を震源とする最大震度4の地震があり、松本市安曇でも震度3の揺れを観測していて、この地震が雪崩を引き起こしたとみられます。
岐阜県境を震源とする地震は1か月以上断続的に発生し、昨夜からきょうにかけても11回続いています。
ヒュッテでは一日も早く収まって欲しいと話しています

 

Screenshot_20200531-095413-7

Screenshot_20200531-095413-6

Screenshot_20200531-095413-8

Screenshot_20200531-095413-9

出典:SBC信越放送

上高地の6か所で山腹崩落・先月から続く地震影響か  05月31日17時28分  SBC信越放送

県中部と岐阜県境で先月から続く地震で、北アルプス上高地周辺の合わせて6か所で山腹の崩壊が確認されました。
中部森林管理局などはきのう、岐阜県との境で相次ぐ地震を受け、松本市安曇の上高地周辺をヘリコプターで調査しました。
その結果、涸沢や徳沢など合わせて6か所で山腹の崩壊が確認されました。
崩れた土砂が川をふさぐような状況は見られないということで、中部森林管理局では、専門家の意見を聞きながら今後の対応を検討するとしています。
おととい夜に発生した地震の直後には、涸沢で土砂や雪が崩落する様子が確認されていて、気象台によりますと、先月22日から続く一連の活動で、震度1以上を観測した地震は、これまでに168回(午後5時時点)となっています。

Screenshot_20200531-095413-12

Screenshot_20200531-095413-13

 出典:SBC信越放送

Screenshot_20200531-095413-1

Screenshot_20200531-095413-2

Screenshot_20200531-095413-3

Screenshot_20200531-095413-4

Screenshot_20200531-095413-5


北アルプスのほとんどの山小屋は、2020年7月14日まで営業を休止しています

テント設営もできません

コロナ+群発地震、まさかこの時期に登山をする人間はいないと思っていますが・・・

小梨平キャンプ場も、7月17日までテント設営禁止です

 

コロナも地震も、なにも気にすることなく

ただ野鳥の鳴き声だけを聞いて、穂高を眺めることができるようになるには、どれだけ待てばいいのでしょうか・・・

 

2019年10月、森のリゾート(小梨平キャンプ場)にて

Screenshot_20200531-095413-11

Screenshot_20200531-095413-10



過去の小梨平滞在記です ↓

b9e298909494.jpg 

ページトップへ戻る

  1. 2020/05/31(日) 12:36:49|
  2. 小梨平キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上高地・小梨平の今 その5   ~北アルプスは生きている~

上高地・小梨平の今 その5  ~北アルプスは生きている~

2020年5月20日

4月22日以降続いている群発地震(上高地・小梨平の今 その2上高地・小梨平の今 その4

震源地が少し動いた(長野県中部から岐阜県飛騨地方)だけで、ほとんど同じ場所でまだ続いています

夏山に影響は 相次ぐ地震 募る懸念 (5月20日) 信濃毎日新聞

震源に近い松本市安曇の北アルプス上高地では19日、収まらない地震に住民や関係者が不安がり、警戒を強めた。新型コロナウイルス感染拡大を受け、多くの宿泊施設が営業自粛を続けており、今後の営業再開に向けて水を差された格好。槍・穂高連峰周辺の山小屋は7月15日に営業再開予定だが、地震が長引けばさらなる影響も懸念される。

  「こんなに連続している地震は初めて経験した」。県外から訪れた50代女性は19日、驚いた様子で話した。

  環境省上高地管理官事務所によると、一連の地震による落石や地割れ、土砂崩れなどが頻発。梓川上流の横尾に向かう左岸の道は被害が目立ち、張り紙などで通行自粛を呼び掛けている。同事務所の大嶋達也・国立公園管理官は「上高地に来る場合は事前に情報を集め、危険があることを知ってほしい」と訴える。

  上高地では16日に路線バスが運行再開。営業を始めている宿泊施設の役員鳥居真太郎さん(27)は、新型コロナウイルスの影響がなければにぎわう時季だけに「(落石や土砂崩れが起きた時に)お客様がたくさんいたら、ただごとでは済まない。人が少ないのは不幸中の幸い」としつつ、宿泊客には周辺散策に気を付けるよう注意を喚起。「断続的な揺れだから心配している人もいるだろう」とみる。

  松本市安曇支所では被害はなかったものの「ゴーと音がして横揺れがした。住民に注意を呼び掛けたい」(支所職員)と警戒を高める。同市安曇の有馬輝彦さん(81)は、午後1時13分ごろに起きた震度3の揺れで昼寝から跳び起きた。「大きくて怖かった。コロナに地震にやり切れない。早く正常に戻って」と願った。

  北アルプス北部の山麓に位置する大町、白馬方面では揺れは大きくなかったものの、関わる人たちは今夏の山岳観光への影響を注視。鹿島槍ケ岳近くで冷池山荘を営む柏原一正さん(64)=大町市=は「新型コロナも地震もプラスになる話ではない」とした。

 

地震頻発、警戒続く上高地 落石や雪崩「登山自粛を」  (5月20日) 朝日新聞

19日午後1時13分ごろ、岐阜県飛驒地方を震源とするマグニチュード5・3(推定)の地震が発生。長野市や松本市でも震度3が観測された。長野県内では被害は確認されていないが、4月下旬から県中部の岐阜県境付近で地震が続いており、長野地方気象台は注意を呼びかけている。

 最初の揺れが確認されたのは、4月22日未明。翌23日は最大震度4(マグニチュード5・5)を含め、震度1以上の揺れが16回観測された。5月中旬以降、再び頻発しており、19日には35回(午後7時現在)の揺れを観測した。

 同気象台によると、いずれも震源地は北アルプスの玄関口、上高地(松本市)周辺に集中。ほとんどが断層の横ずれによるもの、としている。一方、上高地の大正池近くにそびえる活火山の焼岳(2455メートル)の活動には特段の変化は見られないという。

 県などによると、先月23日の揺れによるとみられる落石が国道158号など3カ所で確認された。周辺では1998年夏にも約3カ月間、震度1以上の揺れが200回以上起きた。同気象台は「地震が発生しているのは山岳地域なので、付近の住民や関係者は落石や崖崩れに特に注意してほしい」と話す。

 上高地では、19日の地震に伴って落石や雪崩が発生したもようだ。バスターミナルに隣接する上高地インフォメーションセンターのスタッフは「グラグラッと大きな揺れが長く続いた。揺れが収まった後、落石の大きな音がした」。観光名所・河童橋(かっぱばし)から望める穂高連峰の岳沢では、雪崩の跡も確認できるという。

 上高地では、4月下旬からの地震で、槍(やり)・穂高連峰の登山口になる横尾を結ぶ遊歩道には落石や倒木、地割れが発生。新型コロナウイルスの感染防止のため、多くの宿泊施設や売店、キャンプ場は営業を休止。山小屋も7月中旬まで営業していない。関係者は「新型コロナに加え、地震も続いている。登山は自粛してほしい」と注意を促す。

小梨平キャンプ場 FaceBook より

20200520-005

Screenshot_20200519-140304

Screenshot_20200519-140216


もし、コロナ禍がなかったとしたら、今頃は小梨平でキャンプをしていたかもしれないですね

落石・土砂崩落が起きている箇所は、僕らがコマドリを探しにいつも歩いている場所です悲しい

 

岳沢付近では、地震による雪崩も発生したとのことです

長野 上高地 地震直後に雪崩が発生か【動画】   2020年5月19日 18時16分  NHK

19日午後1時13分ごろ岐阜県で震度4の揺れを観測する地震がありました。
この地震で、震度3を観測した長野県松本市の上高地に設置したNHKのカメラの映像では、地震の直後、観光名所の河童橋の奥にみえる奥穂高岳に近い斜面で大量の雪がまとまって斜面を勢いよく滑り落ち、大規模な雪崩のようなものが起きている様子が確認できます。
映像では、雪けむりのようなものも見えます。
そして、それからおよそ40秒後、カメラが再び横に揺れます。その直後には、画面の中央から左側にある少なくとも2か所の沢でも雪崩のようなものが発生し、まとまった雪が斜面をゆっくりと滑り落ちていく様子が確認できます。


奥穂高岳では雪崩も
 
震度3を観測した長野県松本市の上高地で野鳥を撮影していた男性が地震直後に撮った映像です。
正面に見える奧穂高岳に近い斜面では、少なくとも4か所で大量の雪がまとまって滑り落ちる様子が見られます。
また、撮影している途中で映像が揺れているのが分かります。
男性によりますと、地震の揺れを感じてから1分足らずの間に撮影しましたが、その直前まで土ぼこりが舞っていて一部の斜面が見えなかったということです。
男性は「縦や横に大きな揺れが1分ほど続きました。土ぼこりが見えたので雪解けではなく地震によるものだと思います。観光客が訪れる地域に雪崩の被害はありませんが、もし登山客がいたらと思うと怖いです」と話していました。


山小屋の管理人「揺れは相当強く 敷地外の石垣も一部崩れる」
 
雪崩が起きたとみられる場所に近い山小屋「岳沢小屋」を管理している、坂本龍志さんは、地震が起きた時、山小屋にいて強い揺れを感じたといいます。
坂本さんは「先月からこの付近では地震が続いていますが、今回の揺れは相当強く、小屋の棚の物が落ちたり、閉めていた扉が開いたりしたほか、敷地外の石垣も一部が崩れてしまいました」と話していました。
坂本さんによりますと、周辺の山では複数の場所で急斜面につもっていた分厚い雪が地震の直後に崩れ、山小屋の近くにも雪の塊が迫ってきていたということです。
坂本さんによりますと、この時期は例年、雪山の登山者でにぎわいますが、ことしは新型コロナウイルスの影響で登山の自粛が呼びかけられており、人の足跡もみられないため雪崩が起きた周辺で登山をしている人はいないとみられるということです。
坂本さんは「岳沢の歴史は雪崩の歴史でもある」とも話し、雪崩自体は珍しくないとしながらも、地震によってこれほど大きな雪崩が起きたことはなかったとして「揺れが続いているのが心配です。これ以上、大きな地震が起きないよう願います」と不安をのぞかせました。

 

 

20200520-001

20200520-002

20200520-003

20200520-004

 

1997年9月 富山大学理学部教授 川崎一朗さんの論文からの抜粋です

北アルプスの地震と火山
自然の地形造形力と侵食力のバランスの上に地形は成り立っています.大きな侵食力に打ち勝って北アルプスが急峻な山岳でいるという事実自体が,「北アルプスが現在も隆起中」か「ごく最近隆起した」ことを意味しています.つまり,北アルプスは生きているのです.ただし,地球科学では,「ごく最近」は,過去数100万年を意味します.地質学的にも,第四紀地殻変動研究グループ(1968)によって,北アルプス脊梁部が第四紀200万年の間に約1.7km隆起したとされています.北アルブスは,基盤の花崗岩が露出する東西幅数10kmの雄大な褶曲構造をしています.その中に,いくつかの活動的な火山がちょこっと顔を出しています.花崗岩は少なくとも約3km以深でゆっくり固まった深成岩ですから,「最大標高約3,000mの巨大な花崗岩体」という事実そのものが,3,000mをはるかに超える山脈隆起を物語っています.一方,目を北に移すと,深さ1,000mを越す富山湾があります.つまり,この地域は,北アルブスから富山湾まで,わずか約50~100kmの距離で比高が4,000m以上にも達する,世界でもめずらしい生きた変動帯なのです.


「ごく最近隆起した」の「ごく最近」が過去数100万年を意味するとは、確かに地球の歴史46億年を考えるとうなずけます

人類の歴史700万年なんて、ほんとに小さなものなのですね

20200520-006


北アルプスは今も生きているのです





  1. 2020/05/20(水) 20:29:03|
  2. 小梨平キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上高地・小梨平の今 その4

上高地・小梨平の今 その4

2020年5月10日

コロナ禍がなければ、小梨平での長期滞在の最終準備をしている頃ですが・・・・

森のリゾート小梨(小梨平キャンプ場)は7月17日(金)まで休業で、テントサイトも設営禁止です

上高地のその他の宿泊施設の状況はこちらへ↓
上高地観光旅館組合 各施設の休業について(上高地観光旅館組合)

北アルプスの山小屋も7月14日(火)まで宿泊営業休止となりました
「緊急事態宣言」発令に伴う宿泊営業期間変更のお知らせ 2020年5月8日更新(北アルプス山小屋友好会)

上高地へのバスも、運休が多くなっています
【上高地・乗鞍・白骨温泉地区】新型コロナウイルスの感染拡大に伴う一部路線の運休について 2020/5/7更新(アルピコ交通)

残念ですが、今年は新緑の季節の上高地に逢うことができなくなりました

 


4月22日以降続いている群発地震(上高地・小梨平の今 その2

頻度は少なくなってきていますが、まだ完全にはおさまっていません

震度1以上の地震発生状況(出典:気象庁)

20200509-00120200509-00220200509-00320200509-00420200509-00520200509-00620200510-00120200510-00220200510-003

震央分布図(4/24~5/8)   (出典:気象庁)

20200510-004

20200510-005

震央分布図(4/24~5/8) とGoogle Mapを重ねてみました

震源はまさに上高地、震源の深さも2~6kmと浅く、地震発生時には「ゴー」という山鳴りが響くそうです

20200510-008

僕らが何度も通った小梨平から明神に向かう梓川左岸の遊歩道では、道路に約5mほどの亀裂が走り
なんと、直径1mほどの大きな石が落ちてきたとのことです
もし人が歩いていたらと思うと、とても恐ろしくなります

山の上の方ではこの地震により、多くの雪崩が発生しているとの情報もあります
コロナ禍で登山者がいなかったということは、不幸中の幸いかもしれません

20200510-011

出典:朝日新聞

20200510-010

出典:朝日新聞

20200510-009

出典:信濃毎日新聞

 

この子たちは、コロナや地震に関係なく元気に過ごしていることでしょう

20200510-013

20200510-016

20200510-018

20200510-020

20200510-021

20200510-022

そして星たちは、悠然と輝いているのでしょう

20200510-015



過去の小梨平滞在記です ↓ 

b9e298909494.jpg 

ページトップへ戻る










  1. 2020/05/10(日) 14:09:38|
  2. 小梨平キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上高地 小梨平の今 その3

上高地 小梨平の今 その3

上高地バスターミナルにある、森のリゾート小梨の「おみやげ処 ピッケル」からのお願い

注文方法はこちらで

2020_0425_113861

色々な商品が、小梨平キャンプ場のFacebookに掲載されています

2020_0425_113861-0-1

2020_0425_113861-0-2

2020_0425_113861-0-3

 

「日々賞味期限の期日を待つのみ・・・」それは大変ですよね   食べ物を粗末にしたくありませんから・・・

小梨平ファンとして、協力しましたよ

2020_0425_113543

お礼のお手紙はおみやげ処ピッケルのスタッフの写真入り

2020_0425_113601-1

2020_0425_113609

みなさんに会える日を、楽しみにしています




小梨平に長期滞在中、何度か訪ねた氷壁の宿「徳澤園」

ホームページにある「みちくさブログ」を読むと、現在の苦しい心模様が手に取るようにわかります

今、僕らにできる、少しばかりの支援を・・・と

オンラインショップMICHIKUSA WEB SHOPでお買い物

2020_0429_073544

今年刊行された「世紀を超えて 徳澤園135年史」

上高地の歴史を垣間見ることができ、興味深く読ませていただきました

上高地ファン、必読です

2020_0429_073223

アカシア蜂蜜

2020_0429_073311

お礼の手紙とともにいただいた、「ほんの気持ち」と書かれたマスク、ありがとうございます

2020_0429_073408




森のリゾート小梨 おみやげ処ピッケル

徳澤園 MICHIKUSA WEB SHOP

おうちでかみこうち(Kamikochi At Home) ご自宅から上高地気分のお取り寄せ




お気に入りの場所にテントを張って、素晴らしい風景を眺めることができる日が、早くやってくるように

今は Stay  home!! 


2019年5月、森のリゾート(小梨平キャンプ場)にて

2020_0429_073658-1

2019年5月 徳澤園にて

2020_0429_073658-2


過去の小梨平滞在記です ↓ 

b9e298909494.jpg 

ページトップへ戻る



  1. 2020/04/29(水) 10:34:12|
  2. 小梨平キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

Profile

Kaoru&Beet

Author:Kaoru&Beet
Kaoru君とBeet君のキャンプ日記へようこそ!
キャンプ日記、キャンプ道具、旅の記録、街歩きとグルメなどを書いています。

Access counter

Online counter

Calendar

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Search

New Report

100円ショップSeriaのアウトドアグッズに注目 その1-コンプレッションバンド Aug 07, 2020
自作・手作り  小川張り用セッティングテープ Aug 06, 2020
Mac Outdoor Japan   ヒルバーグアトラス用メッシュ窓 Aug 05, 2020
2020年梅雨明け Aug 01, 2020
Foresters Village Kobitto  雨撤収も楽し Jul 30, 2020
Foresters Village Kobitto  もう梅雨明けですか? Jul 29, 2020
Foresters Village Kobitto  こんなに暑い日なのに・・・ Jul 28, 2020
Foresters Village Kobitto  ニューフェイスお披露目 Jul 27, 2020
Foresters Village Kobitto  中華三昧の夜 Jul 26, 2020
【Live】もう梅雨明けですか? Jul 22, 2020

INDEX

Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

ブランド・ショップ INDEXは
 ↓ ここをクリック

サインプレート ブランドショップINDEX


北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1


北帰行2018冬INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北帰行2018冬のコピー


小梨平滞在記 INDEXは
↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg


2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート2019夏_長野岐阜富山-1

Monthly archive

2020年 08月 【4件】
2020年 07月 【21件】
2020年 06月 【16件】
2020年 05月 【23件】
2020年 04月 【28件】
2020年 03月 【21件】
2020年 02月 【23件】
2020年 01月 【27件】
2019年 12月 【32件】
2019年 11月 【21件】
2019年 10月 【25件】
2019年 09月 【22件】
2019年 08月 【12件】
2019年 07月 【42件】
2019年 06月 【23件】
2019年 05月 【26件】
2019年 04月 【23件】
2019年 03月 【22件】
2019年 02月 【22件】
2019年 01月 【17件】
2018年 12月 【20件】
2018年 11月 【30件】
2018年 10月 【28件】
2018年 09月 【18件】
2018年 08月 【24件】
2018年 07月 【26件】
2018年 06月 【24件】
2018年 05月 【22件】
2018年 04月 【20件】
2018年 03月 【21件】
2018年 02月 【25件】
2018年 01月 【17件】
2017年 12月 【29件】
2017年 11月 【80件】
2017年 10月 【29件】
2017年 09月 【33件】
2017年 08月 【25件】
2017年 07月 【19件】
2017年 06月 【23件】
2017年 05月 【34件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【21件】
2017年 02月 【24件】
2017年 01月 【28件】
2016年 12月 【91件】
2016年 11月 【32件】
2016年 10月 【26件】
2016年 09月 【29件】
2016年 08月 【23件】
2016年 07月 【29件】
2016年 06月 【29件】
2016年 05月 【21件】
2016年 04月 【23件】
2016年 03月 【22件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【30件】
2015年 12月 【29件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【30件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【24件】
2015年 02月 【25件】
2015年 01月 【17件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【23件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【21件】
2014年 04月 【12件】
2014年 03月 【24件】
2014年 02月 【17件】
2014年 01月 【18件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【19件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【14件】
2013年 07月 【24件】
2013年 06月 【12件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【16件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【13件】
2013年 01月 【14件】
2012年 12月 【18件】
2012年 11月 【16件】
2012年 10月 【17件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【9件】
2011年 09月 【2件】

CATEGORY

Comment

Link


Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

ブランド・ショップ INDEXは
 ↓ ここをクリック

サインプレート ブランドショップINDEX


北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1


北帰行2018冬INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北帰行2018冬のコピー


小梨平滞在記 INDEXは
↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg


2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート2019夏_長野岐阜富山-1


あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

WOM CAMP ロゴ2


702016_1126_154717-15.jpg

ilbif02.jpg

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR