FC2ブログ

Kaoru君とBeet君のキャンプ日記

キャンプ日記、キャンプ道具、旅の記録、街歩きとグルメなどを書いています。

氷見きときと寿司

2019夏~長野・岐阜・富山~File No.13

7日目その1へ戻る         8日目その1へ続く    

2019年9月1日(日) 7日目その2  氷見きときと寿司

11時、相倉キャンプ場を出発 今日は高岡を経由して富山まで行きます

まずは、洗濯のため高岡市内のコインランドリーを目指します

70%-2019_0901_074734

70%-2019_0901_111800

70%-2019_0901_112002

パノラマ富山発見ルート 世界遺産の里、散居村の眺め・・・という表示板がありましたが

散居村の眺めは遠景でよくわかりませんねキョロキョロ

70%-2019_0901_112018

70%-2019_0901_113134

平野まで下りてくると、散居村がよく理解できます

70%-2019_0901_113847

70%-2019_0901_113911

70%-2019_0901_113950

木彫刻のまち井波を通過します

70%-2019_0901_114250

70%-2019_0901_114413

富山のご当地ナンバー、立山連峰と雷鳥の図柄

おしゃれで、カッコいいですね

70%-2019_0901_121307-1

12:40 高岡のコインランドリーに到着

コインランドリーは北陸新幹線の新高岡駅のすぐ近くでした

70%-2019_0901_124301

70%-2019_0901_124314

70%-2019_0901_074734-3


洗濯の待ち時間(約70分)の間に、車で6分ほどの国宝瑞龍寺へ行きます

70%-2019_0901_074734-1

高岡山瑞龍寺

国宝に指定されている曹洞宗の名刹
前田利家公の菩提寺として建立され、大伽藍の風格を漂わせています

70%-2019_0901_130214

70%-2019_0901_130141

70%-2019_0901_132518

70%-2019_0901_132528

壮大な伽藍と緑の中庭が美しい

70%-2019_0901_130215

70%-2019_0901_130905

70%-2019_0901_131554

70%-2019_0901_131519

70%-2019_0901_132452

70%-2019_0901_132847


瑞龍寺 パンフレット

 IMG_20191004_0017.jpg   IMG_20191004_0018.jpg IMG_20191004_0019.jpg


コインランドリーまで戻り、洗濯物をピックアップしてから新高岡駅を見学します

70%-2019_0901_134804

70%-2019_0901_134945

70%-2019_0901_135018

このモニュメントを見たら食べたくなりました   遅いお昼ごはんは、お寿司に決定ウインク

70%-2019_0901_135049

高岡から富山へ行く途中にある回転寿司「氷見きときと寿し」へ

70%-2019_0901_074734-2

15時頃、ようやくお昼ごはんです

70%-2019_0901_150120

70%-2019_0901_151102

「天然の生け簀」といわれる富山湾の新鮮で豊富な海の幸が、回転寿司でも存分に味わえます

70%-2019_0901_15110570%-2019_0901_151346
70%-2019_0901_15201470%-2019_0901_153926
70%-2019_0901_15490570%-2019_0901_154909

お腹いっぱい、いただきました

もう、晩ごはんは抜きでしょう(笑)
 

70%-2019_0901_161146

16:20 富山に到着

ここ富山は、以前に縁があり少し土地勘がありますが、久しぶりなので街並みにも変化が見られます

70%-2019_0901_162134

今夜の宿は、天然温泉 剱の湯 ドーミーイン富山

今日から2泊の予定です

天候(富山) 曇り一時雨  最高気温29.3℃ 最低気温21.2℃ 平均風速1.8m


7日目その1へ戻る         8日目その1へ続く 

2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは ↓ ここをクリック

2019_-1_thumb.jpg 

ページトップへ戻る

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/10/12(土) 10:21:51|
  2. 2019夏_長野岐阜富山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白川郷は大観光地だった

2019夏~長野・岐阜・富山~File No.10

6日目その1へ戻る         6日目その3へ続く

2019年8月31日(土) 6日目その2  白川郷は大観光地だった

WoodMatchMを後にして、今日は五箇山の相倉集落にあるキャンプ場へ 距離約70km

70%-2019_0831_074250

まずは、白川郷を目指します

70%-2019_0831_074250-1

11時前、ひるがの分水嶺公園

蛭ケ野峠は標高約875mで、大日ヶ岳から流れてきた水はここを分水嶺として、太平洋側と日本海側に分かれて流れていきます

70%-2019_0831_105436

70%-2019_0831_105444

70%-2019_0831_105545

70%-2019_0831_105756

70%-2019_0831_10552870%-2019_0831_105533

70%-2019_0831_105600

国道156号線を白川郷方面へ

70%-2019_0831_110910

御母衣湖に沿って北上します

70%-2019_0831_111612

70%-2019_0831_111627

70%-2019_0831_112031

70%-2019_0831_112058

70%-2019_0831_112359

70%-2019_0831_113251

11:40 道の駅 飛騨白山

70%-2019_0831_113846

70%-2019_0831_114829

70%-2019_0831_114844

70%-2019_0831_113955

70%-2019_0831_114203

70%-2019_0831_114718

70%-2019_0831_114638

12時頃、白川郷に到着です

70%-2019_0831_120207

最初は道を間違えて、みだしま公園の駐車場の方へ行ってしまいましたが

観光に便利な、せせらぎ公園の駐車場にプラS君を停めました

70%-2019_0831_074250-2

70%-2019_0831_074250-3

70%-2019_0831_120728

駐車場から庄川を渡る「であい橋」へ

凄い人ごみ、週末の土曜日ということもあるでしょうが、びっくりですびっくり

70%-2019_0831_121212

70%-2019_0831_121527-1


70%-2019_0831_121346


70%-2019_0831_122136

70%-2019_0831_122220

70%-2019_0831_122215

明善寺

70%-2019_0831_122101

70%-2019_0831_122404

70%-2019_0831_122304

70%-2019_0831_122324

70%-2019_0831_122548

70%-2019_0831_122622

70%-2019_0831_122721

お昼ごはんは、ここで

山本屋(冬は宿になるようです)

70%-2019_0831_122805

70%-2019_0831_125508

70%-2019_0831_125347

2人とも、飛騨牛のつけそばをいただきました

ラー油と白ごま入りのピリ辛のつゆには、しっかりとした歯ごたえの豆腐が・・・はじめての味を楽しませてもらいました

70%-2019_0831_124139

70%-2019_0831_125053

 

70%-2019_0831_125539

70%-2019_0831_125748

70%-2019_0831_125806

70%-2019_0831_125852

70%-2019_0831_125846

70%-2019_0831_125828

70%-2019_0831_130113

 

70%-2019_0831_130001

70%-2019_0831_130101

ふる郷 長瀬家

70%-2019_0831_130630

70%-2019_0831_130717

70%-2019_0831_130739

70%-2019_0831_130927

70%-2019_0831_131030

70%-2019_0831_074250-4

 ふる郷 長瀬家 パンフレット
IMG_20191004_0007.jpg 

70%-2019_0831_130757

70%-2019_0831_130954

70%-2019_0831_131832

70%-2019_0831_131846

70%-2019_0831_131947

70%-2019_0831_132047

展望台への登り口にパトカー、なにかありましたかがっかり

70%-2019_0831_132148

展望台から

70%-2019_0831_133151

70%-2019_0831_133101

70%-2019_0831_133438

70%-2019_0831_133535

70%-2019_0831_133556

70%-2019_0831_133752

70%-2019_0831_133914

70%-2019_0831_134243

70%-2019_0831_134835

70%-2019_0831_134739

 

70%-2019_0831_135250

70%-2019_0831_135538

70%-2019_0831_135633

70%-2019_0831_135707

70%-2019_0831_135753

70%-2019_0831_135818

70%-2019_0831_135908

70%-2019_0831_141307

70%-2019_0831_135843-1

70%-2019_0831_140353-1

人ごみと暑さにまいって、涼しいところで休憩します

70%-2019_0831_144357

70%-2019_0831_144337

 70%-2019_0831_144249

70%-2019_0831_142044

70%-2019_0831_142054

70%-2019_0831_142141

70%-2019_0831_142133


70%-2019_0831_144454

70%-2019_0831_144635

70%-2019_0831_144733

70%-2019_0831_144906

70%-2019_0831_144917

70%-2019_0831_144955

70%-2019_0831_145034

70%-2019_0831_145130

世界遺産白川郷は、日本語以外の言語ばかりが聞こえる、大観光地でしたがっかり


「大好きなこの村を美しいまま残していきたい」

IMG_20191004_0006-1




白川郷 パンフレット・マップ

IMG_20191004_0002.jpg  IMG_20191004_0003.jpg
 IMG_20191004_0004.jpg IMG_20191004_0005.jpg   IMG_20191004_0001.jpg

6日目その1へ戻る         6日目その3へ続く

2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは ↓ ここをクリック

2019_-1_thumb.jpg 

ページトップへ戻る

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/10/07(月) 17:37:54|
  2. 2019夏_長野岐阜富山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

飛騨高山を「ちゃかちゃか」るるぶ観光~その2

2019夏~長野・岐阜・富山~File No.06

3日目その2へ戻る         4日目へ続く

2019年8月28日(水) 3日目その3  飛騨高山を「ちゃかちゃか」るるぶ観光~その2


*「ちゃかちゃか」は飛騨弁で「たくさん動き回る様子」という意味
*るるぶ観光とは、旅行ガイドのるるぶに掲載されているようなお店や観光スポットを巡ること(僕らの勝手な造語)


ワットホテルの駐車場から、プラS君を旅館清瀧まで移動させてから、再び町歩きへ(これ以降、飲酒可となりますすぐ戻ります

高山祭屋台会館まで行ってみることにします

70%-2019_0828_074205-3

70%-2019_0828_074205-4-1


70%-2019_0828_132225

70%-2019_0828_132142

70%-2019_0828_132523

70%-2019_0828_132405

70%-2019_0828_132440

櫻山八幡宮への参道

70%-2019_0828_132710

ここにもみたらしのお店がありました

70%-2019_0828_132749

櫻山八幡宮

70%-2019_0828_132932

70%-2019_0828_132937

70%-2019_0828_132949

70%-2019_0828_133043

70%-2019_0828_133318

70%-2019_0828_133514

70%-2019_0828_133450


高山祭屋台会館

高山祭屋台会館

桜山八幡宮境内にあり、秋の高山祭に使用される祭屋台(国指定重要有形民俗文化財)が展示されています
秋の高山祭屋台全11台のうち4台が展示されており、3月・7月・11月に入れ替えられるようです

高山祭

16世紀後半から17世紀が起源とされる高山祭。高山祭とは春の「山王祭」と秋の「八幡祭」、2つの祭をさす総称

高山に春の訪れを告げる「山王祭」は、旧高山城下町南半分の氏神様である日枝神社(山王様)の例祭です。毎年4月14日・15日、祭の舞台となる安川通りの南側・上町には、「山王祭」の屋台組の宝である屋台12台が登場。うち3台がからくり奉納を行うほか、祭行事では賑やかな伝統芸能も繰り広げられます。

高山を秋の彩りで染める「八幡祭」は、旧高山城下町北半分の氏神様である櫻山八幡宮の例祭です。毎年10月9日・10日になると、安川通りの北側に11台の屋台が登場。屋台が町を巡る曳き廻しや布袋台のからくり奉納などの伝統的な祭行事が楽しめます。

70%-2019_0828_134220

70%-2019_0828_134556

70%-2019_0828_134714

70%-2019_0828_134721

70%-2019_0828_134902

70%-2019_0828_135034

70%-2019_0828_135045

70%-2019_0828_135100

70%-2019_0828_135256

70%-2019_0828_135416

70%-2019_0828_135424

70%-2019_0828_135432

70%-2019_0828_135451

70%-2019_0828_135459

70%-2019_0828_141020

70%-2019_0828_141036

70%-2019_0828_141115

70%-2019_0828_141047

70%-2019_0828_141149

70%-2019_0828_141220

70%-2019_0828_141329

70%-2019_0828_141347

70%-2019_0828_141423

70%-2019_0828_141428

70%-2019_0828_141511

70%-2019_0828_141525



江戸時代に起源がある高山祭り、そしてこの豪華絢爛な屋台
高山の城下町づくりによって財産を築いた裕福な町人たち、いわゆる「旦那衆」の財力と
飛騨人の伝統の技である、木工と彫刻と塗装に見せる飛騨匠の腕との結集なのでしょうか

高山祭屋台会館 パンフレット他
IMG_20190911_0016.jpg  IMG_20190911_0017.jpg  IMG_20190918_0023.jpg


高山祭り
IMG_20190918_0010.jpg 

昔は城を囲む堀の役目をした江名子川

70%-2019_0828_142535

70%-2019_0828_142550

 

70%-2019_0828_142455

70%-2019_0828_142626

70%-2019_0828_142649

70%-2019_0828_143055

70%-2019_0828_143209

70%-2019_0828_143225

70%-2019_0828_144042

70%-2019_0828_144126

上二之町の通りで、素敵なお店を見つけました

森の実工房

ご主人は自分の森で採取した木の実を使って、色々なオブジェなどを作っていらっしゃるとのこと

森についての興味深いお話を聞かせていただき、ありがとうございました

70%-2019_0828_144505

70%-2019_0828_145201

70%-2019_0828_144844

70%-2019_0828_145206

70%-2019_0828_145231

70%-2019_0828_145440

70%-2019_0828_145448

70%-2019_0828_145516

70%-2019_0828_145500

70%-2019_0828_145531

70%-2019_0828_145943

IMG_20190918_0001

IMG_20190918_0005-2

IMG_20190918_0005-3


にのまち 町歩きガイド
IMG_20190918_0003.jpg  IMG_20190918_0004.jpg



さるぼぼ

飛騨弁で赤ん坊のことは「ぼぼ」、さるぼぼはさるの赤ちゃんという意味です。災いが“さる”、猿のように子沢山、などと掛け合わせて昔から家庭円満や安産のお守りとされています。
昔子供の遊べるおもちゃやお人形のなかった時代、飛騨のかかさ(お母さん)たちが子供に作ってあげた手作りの人形が原型と言われています。
顔のないさるぼぼは自分が怒っている時には怒っているように、嬉しい時には笑っているように見えると言われ、手に取った人の心を写す鏡だと言われます。
現在はいろんな色のさるぼぼがありますが、昔は赤しかなかったようです。


70%-2019_0828_150213

70%-2019_0828_150944

70%-2019_0828_151018

ビン入りコカコーラ  懐かしい味でした

70%-2019_0828_151301

食べ歩きの続き

70%-2019_0828_153059

飛騨牛コロッケ

70%-2019_0828_151857

70%-2019_0828_151556

70%-2019_0828_151944

そして、飛騨牛メンチカツ

70%-2019_0828_152055

70%-2019_0828_152028

以上で、本日のお昼ごはんは終了

デザートにわらびもち食べました

70%-2019_0828_153522

70%-2019_0828_153331

 

70%-2019_0828_152921

70%-2019_0828_153025

70%-2019_0828_153031

70%-2019_0828_152930

70%-2019_0828_152934

 

70%-2019_0828_153743

70%-2019_0828_153852

70%-2019_0828_155026

70%-2019_0828_154400

上高地で身についた習性、野鳥を見るとついレンズを向けてしまいます

70%-2019_0828_154509

70%-2019_0828_154519(1)

70%-2019_0828_154550

ハクセキレイかなと思ったけど・・・   君の名は?

70%-2019_0828_154616

70%-2019_0828_154637

先ほど、牛にぎり寿司を食べたお店、売り切れ寸前

70%-2019_0828_154827

70%-2019_0828_154855


70%-2019_0828_155728-1

70%-2019_0828_160945

飛騨牛ハンバーガー、食べてみたかったなあ    150gで¥2,000、200gで¥2,500ですか~~がっかり

70%-2019_0828_161000

高山の町、「ちゃかちゃか」とよく歩きました
スマホの歩数計は、24,000を超えてました

飛騨高山 パンフレット
IMG_20190918_0008.jpg  IMG_20190918_0009.jpg  IMG_20190918_0011.jpg  IMG_20190918_0012.jpg
 
IMG_20190918_0013.jpg IMG_20190918_0014.jpg

IMG_20190918_0015.jpg  IMG_20190918_0016.jpg   IMG_20190918_0017.jpg
 
IMG_20190918_0018.jpg  IMG_20190918_0019.jpg IMG_20190918_0020.jpg

16時頃、旅館清龍に戻りました

70%-2019_0828_161440

予約していた宿泊プランは
平日限定10%割引のシニアプラン
部屋は、 【清龍に1番安く泊まれるお部屋】ということで6畳一間
夕食は部屋食、料理は少なめですが、飛騨牛のしゃぶしゃぶ付き
二人で一泊二食付き、税込¥19,466

観光スポットの古い町並みまで徒歩3分という立地の宿で、2食付き1名約1万円ならコスパ問題なしですが
さすがに6畳一間は狭かったですね困った

 

お風呂は1Fにあるのですが、とても狭いお風呂なので
系列店のスパホテル アルピナ 飛騨高山の天然温泉大浴場まで入りにいきました

湯上りにはこれ、飛騨高山麦酒

70%-2019_0828_174849

夕食は、少しですが飛騨牛のしゃぶしゃぶ付

70%-2019_0828_183841

70%-2019_0828_18590170%-2019_0828_190043

飛騨牛、もう少し食べたかったですが・・・(笑)

70%-2019_0828_185906


押し入れもないコンパクトな部屋
食後、部屋を片付けてお布団を敷いてくれたのですが、その間、僕らは部屋の端っこに立ち、じっと待っていました(笑)


明日は、高山の町を出て、郡上方面へ・・・

天候(高山)曇り後時々雨  最高気温28.6℃ 最低気温19.7℃ 平均風速1.5m

3日目その2へ戻る         4日目へ続く

2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは ↓ ここをクリック

2019_-1_thumb.jpg 

ページトップへ戻る



テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/09/21(土) 17:27:48|
  2. 2019夏_長野岐阜富山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飛騨高山を「ちゃかちゃか」るるぶ観光~その1

2019夏~長野・岐阜・富山~File No.05

3日目その1へ戻る         3日目その3へ続く

2019年8月28日(水) 3日目その2  飛騨高山を「ちゃかちゃか」るるぶ観光~その1

*「ちゃかちゃか」は飛騨弁で「たくさん動き回る様子」という意味
*るるぶ観光とは、旅行ガイドのるるぶに掲載されているようなお店や観光スポットを巡ること(僕らの勝手な造語)



ワットホテル&スパ飛騨高山をチェックアウトして、再び観光に出かけます

一本杉白山神社

70%-2019_0828_100405

陣屋稲荷神社

70%-2019_0828_100138

70%-2019_0828_100213

 

70%-2019_0828_100803

70%-2019_0828_100831

70%-2019_0828_100909

高山陣屋

●高山陣屋のはじまり
元禄5年(1692年)に、それまで飛騨を支配していた金森氏が、江戸幕府の命令で出羽国(現在の山形県と秋田県の一部)の上山に国替え(配置転換)となりました。そして江戸幕府は、飛騨を幕府が直接支配する「幕府直轄領」(幕府領・幕領)とし、幕府支配の出張所(出先機関)として役所が置かれ、のちに陣屋と呼ばれるようになりました。
 

●陣屋とは
江戸時代に郡代・代官が治政を行った場所で、御役所や郡代(代官)役宅、御蔵などを総称して陣屋と呼びます。
飛騨代官は安永六年(1777)に飛騨郡代に昇格し、他の郡代役所(関東・西国・美濃)と並んで幕府の重要な直轄領となりました。幕末には全国に60数ヵ所あったと言われている郡代・代官所の中で、当時の主要建物が残っているのはこの高山陣屋だけです。 全国で唯一建物が現存する遺跡で、昭和4年(1929)には国史跡に指定されました。

●直轄領に至るまで
直轄領とは、江戸幕府直轄地で、幕府の経済的基盤をなした領地を言います。
幕府は天正十四年(1586)から金森氏が6代(106年間)にわたり支配してきた飛騨の国に着目し、元禄五年(1692)に直轄領としました。その理由は、豊富な山林資源(木材)と地下資源(金(きん)・銀・銅・鉛)であったと言われています。

●高山陣屋の推移
高山陣屋は、高山城主金森家の下屋敷(向屋敷)として使われていましたが、直轄領となってからは陣屋として代官や郡代がここで飛騨の政治を行いました。以来、慶応四年(1868)に至るまで176年間、江戸幕府は25代の代官、郡代を派遣して飛騨の国を支配してきました。
明治維新以後、高山陣屋の建物は高山県庁舎等として使用されました。
昭和44年(1969)に飛騨県事務所が移転した後、岐阜県教育委員会は高山陣屋の保存へと乗り出し、足かけ16年の歳月と、約20億円という費用をかけて、平成8年3月に修復・復元が完成しました。
こうして江戸時代の高山陣屋の姿がほぼ再現されたのです。

   ーーーーーーーーーーーー

玄関を入った正面壁には、郡代の格式を示す(青海波)模様があります。内部には、御役所、御用場、大広間、役宅、吟味所、白州などのほか裏手には、高山城三の丸から移した御蔵(米藏)8戸前(藏は戸前とかぞえる)も昔のまま残されています。かつて年貢米を保管した藏で天領時代の歴史を物語る資料が展示されています。大原騒動で打ち首となった本郷村(現在高山市上宝町)の農民善九郎が妻に送った遺言状の文面には胸をうたれます。

 

70%-2019_0828_112658

70%-2019_0828_112710

70%-2019_0828_112827

70%-2019_0828_101805

葵紋が天下人の直轄領であったことを物語っています

70%-2019_0828_102155

70%-2019_0828_102118

青海波(せいがいは)

海の波のように終わり無くどこまでも無限に続く徳川の世をたたえることが好まれたとされています

70%-2019_0828_101743-1

70%-2019_0828_101954

真向き兎の釘隠し

陣屋の釘隠しに使われているのは“真向き兎”というモチーフです。うさぎは子供をたくさん産むので縁起物として。また、火事から守ってくれる魔除けの力があると言われていたため。さらに、大きな耳は民衆の声をよく聞き、良政を行う志を表したものとされ、治世の象徴とされました。高山陣屋にはこの真向き兎の釘隠しが150箇所もある

70%-2019_0828_102413

70%-2019_0828_103058

70%-2019_0828_103135

70%-2019_0828_103356

70%-2019_0828_103423

70%-2019_0828_103639

70%-2019_0828_103810

70%-2019_0828_103943

70%-2019_0828_104038

70%-2019_0828_104124

70%-2019_0828_104229

70%-2019_0828_104304

70%-2019_0828_104403

板返し

高山陣屋の蔵の屋根は木の板を敷いて、上から重石を置いてるだけ
ずっと同じ面を向けて木をおいていたら傷むので、5年ごとに上下、裏表と入れ替えます。こうすることで1枚の木の板を屋根として20年使うことができます

 

70%-2019_0828_105348


70%-2019_0828_112840

11:20頃、再び古い町並みの「さんまち通り」へ

すでにお店が開店し、観光客も出てきています

70%-2019_0828_113933

住真商店という、木版画皿・木版手染品のお店

70%-2019_0828_115217

70%-2019_0828_115223

上高地で会った鳥たちがたくさんいたので

70%-2019_0828_114432

70%-2019_0828_115121

この子をいただきました

70%-2019_0828_114247

こんな木版画から作るようです

70%-2019_0828_114319

70%-2019_0828_115134

IMG_20190918_0002

 

70%-2019_0828_120045

70%-2019_0828_120120

70%-2019_0828_115950

70%-2019_0828_115947

70%-2019_0828_120351

70%-2019_0828_120453

70%-2019_0828_120419

70%-2019_0828_120641

今日のお昼ごはんは、高山グルメの食べ歩きで・・・

まずは、これから

70%-2019_0828_121335

飛騨牛 トロさしにぎり

1人1貫ねがっかり

70%-2019_0828_121705

70%-2019_0828_120944

Cの三種盛りも食べてみたかったですが・・・

70%-2019_0828_121519

IMG_20190911_0021

IMG_20190911_0022

IMG_20190911_0023

IMG_20190911_0024

IMG_20190918_0024

お次は、これ

1個を半分こね

70%-2019_0828_122831

70%-2019_0828_123123

IMG_20190918_0022

三つ目は朝の約束を守って・・・

70%-2019_0828_125952

70%-2019_0828_130023

1本を二人でウインク

70%-2019_0828_130135

時間は13時、今夜の宿 旅館清瀧に電話すると、まだ部屋へのチェックインは出来ないが、車は預かることができるとのこと

プラS君を、ワットホテルの駐車場から旅館清龍まで持ってきました


3日目その1へ戻る        3日目その3へ続く

2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは ↓ ここをクリック

2019_-1_thumb.jpg 

ページトップへ戻る




テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/09/20(金) 23:11:45|
  2. 2019夏_長野岐阜富山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝の高山散歩

2019夏~長野・岐阜・富山~File No.04

2日目その2へ戻る        3日目その2へ続く

2019年8月28日(水) 3日目その1  朝の高山散歩

元々この日は高山で宿泊する予定で、宿も予約していました
雨のため南乗鞍でのキャンプを止めて、一日早く高山入りしたので、今日は終日じっくりと高山観光です

7時過ぎにホテルを出て、モーニングをやっている喫茶店などを探しながら、まずは陣屋前の朝市へ

70%-2019_0828_074217

平日で雨のせいでしょうか、出店も少ないようで、閑散としていました

70%-2019_0828_074206

702019_0828_074211.jpg

朝市 パンフレット

IMG_20190918_0006.jpg  IMG_20190918_0007.jpg


雨は降ったり止んだり
(南乗鞍でのキャンプを諦めて正解でした もし幕を張っていたら、雨撤収になっていましたからね)

宮川にかかる中橋をわたり

70%-2019_0828_074538

70%-2019_0828_074356

70%-2019_0828_074443

70%-2019_0828_074508

70%-2019_0828_074520

高山で最も有名な観光スポットである古い町並み「さんまち通り」へ

城下町の中心、商人町として発展した高山の上町、下町の三筋を古い町並と呼んでいる。また、特に、上三之町・上二之町・上一之町のあたりを「さんまち通り」と呼ぶことがあり、高山の定番スポットになっている。


上三之町の町並とは

江戸時代(1603–1868)末期から明治期に、城下町の中心、商人の町として発達した、屋敷等が軒を連ねる趣のある古い町並み。国の重要伝統的建造物群保存地区にも指定されている。出格子の連なる軒下には用水が流れ、造り酒屋には看板の役割を果たす杉の葉を玉にした「酒ばやし」が下げられている。老舗にはのれんが連なり、通りにはや酒蔵や、朴葉味噌などの飛騨高山ならではの名産品を扱う店が並んでいる。テイスティングカウンターがある酒蔵もあったり、名物の飛騨牛串焼きを販売している店もあるので、食べ歩きしながら、ゆったりとした町並みを楽しめるのが楽しい。酒蔵では、特に1月中旬から2月下旬にかけては各酒造店が交代で酒蔵を公開し、地酒の試飲を実施しているので、冬の飛騨高山もお勧め。春には飛騨高山の名橋「中橋」に桜がかかり、昔ながらの日本をより一層楽しめる。

朝の早い時間は観光客が少なく静かで、町並みの風情を楽しむことができます

70%-2019_0828_074927

70%-2019_0828_074706

70%-2019_0828_074950

70%-2019_0828_074746

70%-2019_0828_074842

70%-2019_0828_075027

70%-2019_0828_074815

70%-2019_0828_074952

70%-2019_0828_075216

70%-2019_0828_075504

70%-2019_0828_075201

70%-2019_0828_075647

70%-2019_0828_075453

70%-2019_0828_075335



鍛冶橋付近の宮川

70%-2019_0828_075956

 

この川沿いでもうひとつの朝市、宮川朝市が開かれています

70%-2019_0828_075854

70%-2019_0828_075940

少し歩いていくと、カフェを発見

ちょうどオープンした時間で、モーニングもやっている爆笑 迷わず入りましたよ

Cafe La Chaise カフェ ラ・シェーズ

70%-2019_0828_085319

70%-2019_0828_081233

70%-2019_0828_081143

70%-2019_0828_081208

中央には、天然一枚板の大きなテーブルがあって、それを取り囲む椅子も全て異なるデザイン

70%-2019_0828_082314

70%-2019_0828_080848

なにやら隣に、インテリアショップみたいなお店が併設されていたので覗いてみると

なんとなんと、高山の町に行ったらぜひとも行ってみたいと思っていた飛騨家具や工芸品を扱う「匠館」だったのです

朝ごはんを終えてから、じっくり中を見させていただきました

70%-2019_0828_084908

70%-2019_0828_084651

70%-2019_0828_084633

70%-2019_0828_084749

70%-2019_0828_083902

70%-2019_0828_083839

70%-2019_0828_083509

70%-2019_0828_083521

70%-2019_0828_083548

70%-2019_0828_083603

70%-2019_0828_083631

70%-2019_0828_084431

70%-2019_0828_084009

70%-2019_0828_084027

70%-2019_0828_084049

70%-2019_0828_084030

70%-2019_0828_085019

匠館 パンフレット
IMG_20190911_0018.jpg  IMG_20190911_0019.jpg  IMG_20190918_0021.jpg


鍛冶橋を渡って、ホテルに戻ることにします

70%-2019_0828_085550

70%-2019_0828_085615

70%-2019_0828_085602

朝ごはんを食べたばかりなので、後で食べに来ますウインク

70%-2019_0828_085657

70%-2019_0828_085647

70%-2019_0828_085636

宮川の西側、本町通り

70%-2019_0828_085830

70%-2019_0828_085902

天狗総本店という精肉店、昭和2年から最上級(A5ランク)の飛騨牛を提供してきたという飛騨牛専門店

この洋風の建物は、高山市の景観重要建造物指定第1号

本町通り商店街の角地で精肉店を営む木造2階建の洋風店舗建築で、本町通りが商店街として形づくられた昭和初期(昭和11年)に建築された。一見、中世ヨーロッパの城館のようなデザインをもち、2階の隅部に設けたベランダ、パラペット上に並ぶ尖塔、屋号の天狗をモチーフとする妻飾などに特色がある。高山の近代化を象徴する洋風店舗建築として、商店街の景観形成に貢献している。

70%-2019_0828_090148

70%-2019_0828_090218

ここで販売している飛騨牛、さぞかしお高いのでしょうねがっかり

70%-2019_0828_090243

 

今日の朝の散歩コース

70%-2019_0828_074205-2-3

70%-2019_0828_074205-2-1

9時半頃、ワットホテル&スパ飛騨高山をチェックアウト

ちなみにこのホテル、全く事前情報もなく直前にネットで予約したホテルでしたが・・・
2018年春オープンで、高山では最も新しいホテル
最上階7階に温泉大浴場・露天風呂、無料の貸切り露天家族風呂が4ヶ所
とても綺麗で、設備も充実、コスパ最高でした
期間限定の販売プランでしたので、ハリウッドツイン×1部屋、2名で税込¥8,200(朝食なし)
もちろん繁忙期はもっと高くなるのだろうなと想像できますが、お勧めできるホテルでした

プラS君は、今夜宿泊予定の旅館のチェックイン時刻まで、ワットホテルの駐車場に止めさせてもらい(17時まで利用可能)
再び町中観光に向かいます

2日目その2へ戻る        3日目その2へ続く

2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは ↓ ここをクリック

2019_-1_thumb.jpg 

ページトップへ戻る



テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/09/19(木) 19:20:51|
  2. 2019夏_長野岐阜富山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Kaoru&Beet

Author:Kaoru&Beet
Kaoru君とBeet君のキャンプ日記へようこそ!

PCカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

INDEX

Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

ブランド・ショップ INDEXは
 ↓ ここをクリック

サインプレート ブランドショップINDEX


北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1


北帰行2018冬INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北帰行2018冬のコピー


小梨平滞在記 INDEXは
↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg


2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート2019夏_長野岐阜富山-1

最新記事

月別アーカイブ

2019年 10月 【11件】
2019年 09月 【22件】
2019年 08月 【12件】
2019年 07月 【42件】
2019年 06月 【23件】
2019年 05月 【26件】
2019年 04月 【23件】
2019年 03月 【22件】
2019年 02月 【22件】
2019年 01月 【17件】
2018年 12月 【20件】
2018年 11月 【30件】
2018年 10月 【28件】
2018年 09月 【18件】
2018年 08月 【24件】
2018年 07月 【26件】
2018年 06月 【24件】
2018年 05月 【22件】
2018年 04月 【20件】
2018年 03月 【21件】
2018年 02月 【25件】
2018年 01月 【17件】
2017年 12月 【29件】
2017年 11月 【80件】
2017年 10月 【29件】
2017年 09月 【33件】
2017年 08月 【25件】
2017年 07月 【19件】
2017年 06月 【23件】
2017年 05月 【34件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【21件】
2017年 02月 【24件】
2017年 01月 【28件】
2016年 12月 【62件】
2016年 11月 【32件】
2016年 10月 【26件】
2016年 09月 【29件】
2016年 08月 【23件】
2016年 07月 【29件】
2016年 06月 【29件】
2016年 05月 【21件】
2016年 04月 【23件】
2016年 03月 【22件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【30件】
2015年 12月 【29件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【30件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【24件】
2015年 02月 【25件】
2015年 01月 【17件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【23件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【21件】
2014年 04月 【12件】
2014年 03月 【24件】
2014年 02月 【17件】
2014年 01月 【18件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【19件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【14件】
2013年 07月 【24件】
2013年 06月 【12件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【16件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【13件】
2013年 01月 【14件】
2012年 12月 【18件】
2012年 11月 【16件】
2012年 10月 【17件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【9件】
2011年 09月 【2件】

CATEGORY

最新コメント

リンク


Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

ブランド・ショップ INDEXは
 ↓ ここをクリック

サインプレート ブランドショップINDEX


北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1


北帰行2018冬INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北帰行2018冬のコピー


小梨平滞在記 INDEXは
↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg


2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート2019夏_長野岐阜富山-1


あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

WOM CAMP ロゴ2


702016_1126_154717-15.jpg

ilbif02.jpg

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR