FC2ブログ

Kaoru君とBeet君のキャンプ日記

キャンプ日記、キャンプ道具、旅の記録、街歩きとグルメなどを書いています。

標高2,156mからの展望~新穂高ロープウェイ~

標高2,156mからの展望~新穂高ロープウェイ~



新平湯温泉 お宿 のざわ へ戻る     WoodMatchMへ続く

11月01日(金)

9時過ぎ、お宿のざわを後にして、新穂高ロープウェイへ行きます   距離10kmほど

shinhirayu201910-002

70%-2019_1101_091604

70%-2019_1101_091613

70%-2019_1101_092141

70%-2019_1101_092147

70%-2019_1101_092158

70%-2019_1101_093238

新穂高ロープウェイの駐車場は2ヶ所、新穂高温泉駅と鍋平高原

最初は、鍋平高原まで行こうかなと思っていましたが、のざわの女将さんのお勧めで新穂高温泉駅に駐車しました

紅葉が結構下まで降りてきていて、新穂高温泉駅から鍋平高原駅までの第1ロープウェイあたりが見頃だから、とのこと

70%-2019_1101_092242

新穂高ロープウェイは、標高差1,039mを二つのロープウェイで昇っていきます

最高点は西穂高口駅(標高2,156m)、上高地で登った岳沢小屋が標高2,170mなので、ほぼ同じ高さになりますね

1961年(昭和36年)奥飛騨の豊富な観光資源の開発と地域経済の発展のために、地元市町村、高山商工会議所、名古屋鉄道、濃飛乗合自動車、富山地方鉄道が結集し、社団法人「奥飛騨開発公社」が設立され、調査・研究がスタートしました。その中から、新穂高温泉より信州・上高地を山岳ロープウェイで結ぶ「西穂高ロープウェイ構想」が生まれ、この構想の実現のために、1962年(昭和37年)5月8日に「奥飛観光開発株式会社」が設立されました。

当初の構想は、新穂高温泉奥部の標高1600m付近から西穂山荘の南方鞍部を経て、信州・上高地の河童橋西方へと、穂高連峰を越えて岐阜・長野両県を結ぶという壮大なものでした。その後、関係者の間で長期に亘る調査や検討が繰り返され、1968年(昭和43年)に、現在の路線に変更し厚生省(現環境省)へ事業執行認可申請を提出いたしました。
そして1970年(昭和45年)7月15日、会社創立より8年の時を経て、新穂高ロープウェイは開業を迎えました。ロープウェイの開業により奥飛騨温泉郷はイメージを一変させることになり、続々とホテルや旅館が建ち始め、湯治客が主体だった地域は、岐阜県はもとより中部地方でも屈指の観光地へと発展を遂げることとなりました。

出典:新穂高ロープウェイHP

 

shinhodaka201911-01-1

山頂の西穂高口駅は、気温5℃、それほどの寒さではなさそう

70%-2019_1101_093435

第1ロープウェイで、鍋平高原駅へ、乗車時間は約5分

70%-2019_1101_094054

鍋平高原駅から徒歩1分で、しらかば平駅

しらかば平駅から、第2ロープウェイで、山頂の西穂高口駅へ 乗車時間約7分

第2ロープウェイは、なんとなんと国内唯一の2階建てゴンドラ、1998年に導入されたものですが
2020年7月開業50周年を迎えるにあたって、ゴンドラがリニューアルされます

70%-2019_1101_095116

70%-2019_1101_095152

山頂の西穂高口駅 標高2,156m

屋上には展望台があります

70%-2019_1101_100959 (2)

70%-2019_1101_102915-1

気温の表示板を持って立っている係りの人、この方の役割はちょっと不明??悲しい

70%-2019_1101_102721

70%-2019_1101_102728

70%-2019_1101_102441

展望台からは

焼岳、西穂高岳、奥穂高岳、北穂高岳、槍ヶ岳、双六岳、そして笠ヶ岳など360度の大パノラマを望むことができます

shinhirayu201910-003-1

shinhodaka201911-06

shinhirayu201910-004-1

shinhirayu201910-005-1

shinhirayu201910-006-1

shinhirayu201910-007-1


↓画像クリックで拡大表示

70%-2019_1101_102104 (2)

焼岳

70%-2019_1101_102243

↓画像クリックで拡大表示

70%-2019_1101_101620

大木場ノ辻

70%-2019_1101_102254

笠ヶ岳

70%-2019_1101_102257

70%-2019_1101_101342

 

笠ヶ岳のしま模様

笠ヶ岳に見られる水平なしま模様は、かつてカルデラ火山であったことの証です。
約6500万年前の火山活動により,巨大な窪地,カルデラができます。恐竜が滅びる頃のことです。
カルデラ内には火山灰や溶岩が繰り返し堆積し,硬い溶結凝灰岩とそれ以外の軟らかい火山噴出物が交互に積み重なった層をなします。
その後250万年前から80万年前まで続いた隆起により、飛騨山脈が作られます。隆起に伴う侵食で、
溶結凝灰岩は急な岩壁をつくり、それ以外は緩斜面となり、しま模様が出来ました。
標高差1,600mものカルデラの断面を観察できる世界でも珍しい貴重な景観です。

shinhodaka201911-07

↓画像クリックで拡大表示

70%-2019_1101_102230-P

70%-2019_1101_102230

70%-2019_1101_102302

↓画像クリックで拡大表示

70%-2019_1101_101605-1

↓画像クリックで拡大表示

70%-2019_1101_101343

↓画像クリックで拡大表示

70%-2019_1101_102353-P

70%-2019_1101_102353

槍ヶ岳、大喰岳、中岳、南岳

70%-2019_1101_102104

70%-2019_1101_101443

70%-2019_1101_101814

70%-2019_1101_101804

70%-2019_1101_101742

ジャンダルム

70%-2019_1101_100450

70%-2019_1101_100455

70%-2019_1101_100733

西穂高岳、ピラミッドピーク、独標

70%-2019_1101_102358

70%-2019_1101_101022

70%-2019_1101_101502

70%-2019_1101_101246

西穂高山荘

70%-2019_1101_100959

70%-2019_1101_101304

70%-2019_1101_101740 

70%-2019_1101_101536

70%-2019_1101_103046

頂ソフト、寒かったのでパス

70%-2019_1101_103110

頂Tシャツ、高かったのでパスウインク

70%-2019_1101_103238

雷鳥の月曜日

70%-2019_1101_103448

水曜日

70%-2019_1101_103435

土曜日

70%-2019_1101_103442

日曜日

70%-2019_1101_103452

雷鳥の1週間?? なんですかこれ? 意味不明困った

70%-2019_1101_103517

70%-2019_1101_103742


さて、そろそろ降りることにしましょう

70%-2019_1101_104444

70%-2019_1101_104542

70%-2019_1101_104553

70%-2019_1101_101627

70%-2019_1101_104740

70%-2019_1101_105001

70%-2019_1101_105049

しらかば平駅に到着

70%-2019_1101_105146

70%-2019_1101_113356

駅の中にある「アルプスのパン屋さん」へ

ロープウェイの中間地点の駅にパン屋さん?? でも結構有名らしいので、いくつかお買い上げ

70%-2019_1101_104509

鍋平高原にあるビジターセンター「山楽館」へ行ってみます

70%-2019_1101_105935

右にある案内表示をよく見て下さい・・・ビジターセンターの中に露天風呂?? どういうことがっかり

70%-2019_1101_110034

播隆上人  ~槍ヶ岳初登頂と北アルプス登山道整備の祖~

70%-2019_1101_113537

↓画像クリックで拡大表示

70%-2019_1101_113619

=北アルプスを愛した男たち=

松井憲三

1895-1971 大正-昭和時代の登山ガイド。
明治28年11月29日生まれ。営林署の高山植物監視人。大正末から昭和初期,穂高岳を中心に活動し,学習院大,慶大パーティーを案内した。笠ケ岳などの登山道づくりにもつとめ,のち北飛山岳救助隊長。昭和46年12月6日死去。76歳。岐阜県出身。

70%-2019_1101_110526

 中島市右衛門

70%-2019_1101_110534

今田重太郎

1898-1993 大正-昭和時代の登山ガイド。
明治31年12月14日生まれ。19歳のとき内野常次郎に弟子入り。大正13年北アルプスの白出乗越に穂高初の山小屋(現穂高岳山荘)をつくる。昭和26年岳沢から前穂高岳にいたる重太郎新道をひらいた。平成5年8月31日死去。94歳。岐阜県出身。著作に「穂高に生きる」。

70%-2019_1101_110544

小池義清

1904ー1980  昭和期の登山ガイド,歌人

北アルプス双六岳登山ルートの開祖。昭和24年から北アルプスの双六池畔に双六小屋を経営。32年飛驒側から独力で双六岳への登山道・小池新道を開き、35年ワサビ小屋、40年鏡平小屋をつくり、北ア登山をポピュラーにした。また歌人として山岳歌集「双六岳」(52年)も出版した。

70%-2019_1101_110553

コゲラ君もいましたスマイル

70%-2019_1101_110315

70%-2019_1101_113624

70%-2019_1101_113723

70%-2019_1101_113742

70%-2019_1101_113956

鍋平高原駅から第1ロープウェイで下ります

70%-2019_1101_114044

70%-2019_1101_114152

70%-2019_1101_113958

70%-2019_1101_114120

70%-2019_1101_114141

70%-2019_1101_114153

70%-2019_1101_114253



70%-2019_1101_114316

70%-2019_1101_114213

70%-2019_1101_114318

プラS君、おとなしく待っていてくれたようです

70%-2019_1101_114224

12時前、新穂高温泉駅まで戻ってきました

70%-2019_1101_114727

70%-2019_1101_114814

さあ、高山に向けて出発です




新平湯温泉 お宿 のざわ へ戻る     WoodMatchMへ続く

  1. 2020/01/06(月) 19:54:59|
  2. ●旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奥飛騨温泉郷 新平湯温泉 お宿 のざわ

奥飛騨温泉郷 新平湯温泉 お宿 のざわ

小梨平キャンプ場16日目へ戻る     新穂高ロープウェイへ続く

10月31日(木)

小梨平キャンプ場に行った後は、今年2019年8月末に初めて訪問したWoodMatchMにもう一度行ってみようと思っていました
東京から岐阜の郡上市高鷲町までは、気楽に行ける距離ではないので
小梨平キャンプ場から帰る時が絶好のチャンスだからです

小梨平キャンプ場を撤収してから、その日は何処かの旅館かホテルに宿泊して、機器などを充電し
翌日に洗濯や食材調達を済ませてから、WoodMatchMに訪問するというプランです

宿泊先は、2019年8月に行った高山のワットホテル&スパ飛騨高山がとてもリーズナブルだったので
候補にあげていたのですが、その時期の宿泊料金を見てびっくり
紅葉の時期だからでしょうか、夏の終わりに宿泊した時と比較して、とても高くなっていました
高山の宿泊施設は、この時期はどこも料金が高いようです

という訳で、奥飛騨温泉郷の中で探した宿が、元気な女将さんで有名な民宿
奥飛騨温泉郷 新平湯温泉 お宿 のざわ という宿でした

 

14:35 沢渡の梓第1中駐車場を出発  距離約23km

shinhirayu201910-001

70%-2019_1031_145229

70%-2019_1031_145258

釜トンネルの前を通って

70%-2019_1031_145316

安房トンネルへ

70%-2019_1031_145416

長い距離、工事中でした

70%-2019_1031_145852

70%-2019_1031_150210

70%-2019_1031_151052

70%-2019_1031_150311

70%-2019_1031_151455

70%-2019_1031_151557

70%-2019_1031_151626

15時過ぎ、お宿 のざわ に到着です

民宿の2階の標高は、888mだとか・・・覚えやすいですね

70%-2019_1101_070420

70%-2019_1101_070501

 

70%-2019_1101_070330

70%-2019_1101_070535

70%-2019_1101_070554

70%-2019_1101_070613

70%-2019_1101_070242

70%-2019_1101_070250

部屋に案内されて、早速これです

大切な、各種機器の充電ウインク (延長コードは、車の後部座席の下のスペースに常備しています)

70%-2019_1101_065456

Power ArQ も、しっかり充電します

70%-2019_1101_065521

お風呂へ

まずは貸切露天風呂、空いていれば自由に使えるようになっています

70%-2019_1101_070209

木札は外して、お風呂まで持参します

70%-2019_1101_070203

70%-2019_1101_065940

70%-2019_1101_065951

70%-2019_1101_065959

巨石をくり抜いて作った湯舟、女将さんのご主人の手造りだそうです  凄いですね

70%-2019_1101_070013

70%-2019_1101_070049

70%-2019_1101_070102

70%-2019_1101_070025

70%-2019_1101_070034

次に、男女別の浴場へ お風呂のハシゴびっくり

70%-2019_1101_065617

誰もいなかったので、写真撮影させていただきました

ちなみに、この日の宿泊客は、僕らの他は1組だけでした

70%-2019_1101_065825

70%-2019_1101_065832

70%-2019_1101_065807

70%-2019_1101_065639

70%-2019_1101_065743

70%-2019_1101_065703

70%-2019_1101_065711

70%-2019_1101_065724

新平湯温泉の湯、堪能させていただきました

 

「お風呂上がりに・・・」、はい、もちろんいただきましたよ爆笑

70%-2019_1101_065601

暖かい時期は、お庭でも飲めるようですね

70%-2019_1101_065931

70%-2019_1101_065551

晩ごはん

久しぶりの上げ膳据え膳です

70%-2019_1031_190022

70%-2019_1031_180558

70%-2019_1031_181124

70%-2019_1031_181127

70%-2019_1031_181132

70%-2019_1031_182137

70%-2019_1031_183004

70%-2019_1031_183008

女将さんは、10月末僕らが小梨平にいる頃に、天気がいい時を狙って上高地に行ったとのことで、上高地談議に花が咲きました

たなごころの宿 女将日記ーー 「絶景!絶景!!」、 「上高地【明神池】」
(このブログは、全国おかみさんブログでは上位にランキングされています) 

70%-2019_1031_190015

70%-2019_1031_190040

宿の送迎用車両には許可証があるので、上高地まで乗り入れすることができるようです
女将さんは五千尺ホテルや白樺荘ホテルの社長と飲み友達らしい 

女将さんいわく

「小梨平キャンプ場で長期滞在している間に、温泉に浸かってのんびりしたくなったら
上高地まで送迎しますからね  泊まりに来てください」

その手がありますか! これはなかなか面白いプランかもね!!

70%-2019_1101_070402

その他の設備を、少し紹介

70%-2019_1101_070649

共用の洗面所・トイレ、いままで宿泊した民宿の中で、No.1の清潔さ

70%-2019_1101_07174170%-2019_1101_071750
70%-2019_1101_07180870%-2019_1101_071813


11月1日(金)

フラットな部屋のお布団(笑)でぐっすり眠り、朝風呂にゆっくり入りました

そして、朝ごはん

70%-2019_1101_073609

70%-2019_1101_073601

お腹いっぱいになるくらいいただきました
例によって、今日のお昼はなしねペロリ

 

元気な女将さん、いいお湯、綺麗な設備、素晴らしい民宿に出会うことができました

また、小梨平に来るときには寄ってみたいですね

IMG_20191107_0009-1

お宿のざわ パンフレット
IMG_20191107_0009.jpg  IMG_20191107_0010.jpg

奥飛騨温泉郷 パンフレット
 IMG_20191107_0012.jpg  IMG_20191107_0011.jpg 
 
IMG_20191107_0014.jpg

ドライブスポット 

IMG_20191107_0013.jpg

小梨平キャンプ場16日目へ戻る     新穂高ロープウェイへ続く


ページトップへ戻る


テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

  1. 2020/01/05(日) 10:35:38|
  2. 新平湯温泉 お宿 のざわ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

休暇村嬬恋鹿沢 ~台風19号の大雨で一時孤立した休暇村~

休暇村嬬恋鹿沢 ~台風19号の大雨で一時孤立した休暇村~


NAPi 五日目へ戻る   スウィートグラス一日目へ続く

11月18日(月)

13時過ぎ、NAPiを後にして、休暇村嬬恋鹿沢へ向かいます 距離約65km

kyuukamuratumagi

途中、東吾妻町原町にあるコインランドリーマミーウォッシュ原町店で洗濯
ベイシア原町店の駐車場内にあるコインランドリーでした
洗濯ができるまでの間、近くのAコープあがつま店の中のうどん屋で遅いお昼ごはん

 

八ッ場ダム

ー八ッ場ダム、一気に「満水まで10m」…台風で54m上昇ー  2019年10月13日 読売新聞

 国が来春の運用開始を目指し、今月1日に貯水試験を始めた八ッ場ダム(群馬県長野原町)の水位が、台風19号による大雨で急上昇した。国土交通省関東地方整備局の速報によると、13日午前5時現在の水位は標高573・2メートルとなり、満水時の水位(標高583メートル)まで10メートルほどに迫った。台風によるダムの被害は確認されていない。

 八ッ場ダムでは、満水にした後に最低水位の536メートルまで下げていき、ダム本体や周辺の斜面の安全性を確かめる試験湛水たんすいが始まっている。国交省は、最高水位に達するまで「3~4か月かかる」とみていたが、周辺では11日未明から13日朝までに累計347ミリの雨が降り、山間部から流れ込んだ水でダム湖の水位は約54メートルも上昇した。水没予定地に残された鉄橋も11日時点では見えていたが、完全に水の底に沈んだ。

 満水時の水位に近づいたことから、国交省は「今後は水位維持の操作に移る」としている。

70%-2019_1118_154929-1

台風19号による吾妻川沿いの被害状況は、約1ヵ月経ったいまでも当時を想像させるに十分でした

途中、数多く目にしたがけ崩れ

70%-2019_1118_160527

70%-2019_1118_160611

おびただしい数の流木

70%-2019_1118_160704

70%-2019_1118_160727

70%-2019_1118_161013

国道144号線は、路肩崩壊などのため通行止めです

70%-2019_1118_161527

kyuukamuratumagi-02

迂回路として、つまごいパノラマライン南ルートを使って、鹿沢温泉まで走ります
(スウィートグラスからつつじの湯へ行くときに、いつも通っているルートです)

kyuukamuratumagi-03

70%-2019_1118_162018

浅間山は雲がかかっていました

70%-2019_1118_162209

70%-2019_1118_162432

なんだかとても不気味な夕焼け空

70%-2019_1118_162508

70%-2019_1118_162606

県道94号東御嬬恋線も、湯尻川の増水の影響で、いたるところでがけ崩れや陥没が発生していました

70%-2019_1118_163239

70%-2019_1118_163443

70%-2019_1118_163517

70%-2019_1118_163601

70%-2019_1118_163615

16:40頃、休暇村嬬恋鹿沢に到着です

70%-2019_1118_163724

ここは、10月の台風19号の大雨により道路通行止めにより、一時孤立状態になったところ

約3週間の休業期間を経て、11月3日に営業を再開したそうです

群馬)台風で孤立した山間部の教訓 情報共有で不安解消   2019年10月19日 朝日新聞

山間部が多い群馬県内では台風19号による土砂崩れや崩落で道路が寸断され、嬬恋村、南牧村、神流町の宿泊施設や集落では一時、計約250人が孤立した。孤立解消までの約2日間、どのように過ごしたのか。

情報提供心がける 嬬恋・休暇村

 「30年のホテルマン人生で初めての経験でした」。嬬恋村の鹿沢温泉郷にあるリゾートホテル「休暇村嬬恋鹿沢」の支配人、石川哲志さん(54)はそう振り返る。12日夜からほぼ2日間、宿泊客52人とスタッフ24人が孤立した。

 記録的な雨が続いていた12日午後6時ごろ、停電が起き、電話も通じなくなった。インターネットも使えない。頼みの県道も、吾妻川支流の湯尻川の増水や大雨でえぐられて陥没し、通行不能に。それでもパニックは起きなかったという。

 館内は自家発電に切り替え、食材を保管する冷蔵庫や冷凍庫の電源を確保。照度は低めながらも客室や廊下などにも非常用の明かりをつけた。ガスはプロパンだったので調理はできた。沢から引いている自家水源は濁って飲用には適さなかったが、ボイラーは使え、給湯はできた。飲み水は2日分を備蓄してあり、13日には自衛隊のヘリコプターが補給の水を届けた。

 心がけたのは情報提供。ロビーに置いたテレビでニュースを見られるようにした。ホテルの敷地内で携帯電話がつながる場所を確認し、役場などから情報を入手。説明会を随時開き、ホテル側の態勢や食事・入浴時間、復旧の見通しなどを伝えた。14日朝には徒歩で村職員が到着。「道路は14日午後4時には通行できる」と伝えられ、宿泊客には安堵(あんど)の表情が広がった。

 ほかにもロビーでコーヒーやリンゴを提供するなど、雰囲気を和らげるよう努めた。そのためか、宿泊客からの不満や抗議は出なかったという。ヘリの着陸時には、着陸場所の駐車場の片付けを浴衣姿で手伝う客もいた。休暇村を離れる前に宿泊客に書いてもらったアンケートには「スタッフがよく頑張ってくれた」といった記述があった。「孤立状態が長く続いたらと不安で、お客様に申し訳なく思っていた。ホテルマン冥利(みょうり)につきる」と石川さん。

 ホテルは当面営業を休止しているが、周辺は紅葉の盛りを迎える。石川さんは「一日も早い再開を目指して準備したい」と話した。

以下、省略



温泉に入って、のんびりします

夜のバイキング、お腹一杯食べさせていただきましたウインク

70%-2019_1118_195840

70%-2019_1118_195734

70%-2019_1118_195740

70%-2019_1118_195822

夜は雨の予報でしたが、雨雲は南下したため、雨とはならなかったようです


11月19日(火)

朝、晴れました

4Fの部屋からは、四阿山や本白根山などが一望できます

70%-2019_1119_075824

70%-2019_1119_075911

70%-2019_1119_075837

70%-2019_1119_075847

↓画像クリックで拡大表示

70%-2019_1119_074940

朝ごはんもバイキングでしっかりいただいて、9:50頃出発します

チェックアウトの際、スタッフの方から台風19号の時の話を聞きました

風はたいしたことがなかったが、雨は凄かった
地元の高齢の人たちも、生まれ初めての想定外の雨量だったと言っていた・・・など

「生まれて初めて」「想定外」

これからの台風は、地球温暖化の影響で大型化が加速し、今想定外と言っている事が常態化していくのかもしれません

70%-2019_1119_095429

70%-2019_1119_095452

この休暇村にはキャンプ場もあります

70%-2019_1119_095738

70%-2019_1119_095801

オートサイトはAC電源・簡易水道・野外炉付きで車の横付け可能、サイトのサイズは8m×8m

サイト使用料¥3,600、管理費1名¥510

70%-2019_1119_095930

70%-2019_1119_095943

70%-2019_1119_095855

70%-2019_1119_095901

キャンプの受付にもなっている鹿沢インフォメーションセンター

70%-2019_1119_100818

70%-2019_1119_100653

遊歩道は一部通行止めになっているところもあるようですが、解除された際には気持ちのよい散策ができそうですね

↓画像クリックで拡大表示

70%-2019_1119_075730

途中、Aコープオアシスで食材を購入してから、スウィートグラスへ向かいます

kyuukamuratumagi-05

県道と湯尻川

昨日は夕方近かったので、よく見えませんでしたが、昼間見るとその惨状が痛ましいです

70%-2019_1119_101136

70%-2019_1119_101147

70%-2019_1119_101152

70%-2019_1119_101227

70%-2019_1119_101246

70%-2019_1119_101453

70%-2019_1119_101538

70%-2019_1119_101714

70%-2019_1119_101851

7年ほど前、無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場へ行った時、日帰り入浴で利用した鹿鳴館

70%-2019_1119_101944

70%-2019_1119_102406

70%-2019_1119_102621

田代湖の西側から迂回します

途中、素晴らしい広大な風景に思わずカメラを向けた僕ら

その圧倒的な大自然の前で、どうあがいても太刀打ちできない人間の小ささを思い知らされたような気がしました

↓画像クリックで拡大表示

70%-2019_1119_103354

70%-2019_1119_103159

70%-2019_1119_103206

70%-2019_1119_103512

70%-2019_1119_103545

70%-2019_1119_103522

70%-2019_1119_103538



NAPi 五日目へ戻る   スウィートグラス一日目へ続く

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/12/01(日) 17:01:03|
  2. ●旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Live】旅の最後は昼神温泉

11月4日

woodmatchmのグリーンシーズン営業終了日に撤収

本田ファミリーの皆さん、ありがとうございました

郡上八幡の町中を散策

旅の最後は昼神温泉

11月5日、東京に戻ります

  1. 2019/11/05(火) 09:37:40|
  2. ●旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立山は見えず

2019夏~長野・岐阜・富山~File No.14

7日目その2へ戻る         8日目その2へ続く     

2019年9月2日(月) 8日目その1    立山は見えず

今日は、今回の旅の目的の一つでもある、越中八尾おわら風の盆へ行く予定です

朝、モーニングをやっている喫茶店を探しがてら、富山駅の方まで歩きます

70%-2019_0902_093300-1

富山城もどんよりとした曇り空の下では、どうも冴えない

70%-2019_0902_093319

70%-2019_0902_093609

昨日9月1日から3日間のお祭り、風の盆

富山での一大イベントなのでしょうね

雨が降ると町の中を練り歩く踊りは中止

どうか雨が降りませんように・・・と、祈るだけです

70%-2019_0902_093707

70%-2019_0902_093737

70%-2019_0902_094112

70%-2019_0902_093811

富山市役所展望塔へ昇ってみます

70%-2019_0902_094225

地上約70m「立山あおぐ特等席」と言われていますが、この天候では・・・立山は見えず

70%-2019_0902_094833

70%-2019_0902_094843

70%-2019_0902_094938

70%-2019_0902_094956

70%-2019_0902_095016

70%-2019_0902_095022

70%-2019_0902_095042

70%-2019_0902_095053

70%-2019_0902_095117

70%-2019_0902_095123

70%-2019_0902_095138

70%-2019_0902_095241

70%-2019_0902_095157

70%-2019_0902_095250

70%-2019_0902_095300

70%-2019_0902_095624

AMAZING TOYAMA

70%-2019_0902_095919

70%-2019_0902_095926

70%-2019_0902_095856

70%-2019_0902_095935

街角の風景

70%-2019_0902_100446

70%-2019_0902_100451

70%-2019_0902_100513

70%-2019_0902_100505

70%-2019_0902_100458

ここで朝ごはん

昔、来たことがあるお店は、その時のままでした

70%-2019_0902_103626

モーニングの洋食セット¥400、これで400円ですよ400円 驚きしかないですびっくり

70%-2019_0902_100947

70%-2019_0902_100952

小雨の中、富山駅へ

70%-2019_0902_110015

70%-2019_0902_110103

駅の構内がなんだか凄いことになっていました

風の盆が開催されているJR八尾駅までの乗車には整理券が必要だとか

事前に駅に来てみてよかったです

知らずに直接駅に来ていたら、希望の列車には乗れなかったかもしれません

70%-2019_0902_111930

70%-2019_0902_111918-1

70%-2019_0902_111057

70%-2019_0902_111005

先に往復切符だけ購入しておきました

あとは希望する列車に乗車するための整理券配布時間に合わせて、駅に来ればいいのです

70%-2019_0902_111605

駅ビルにある「キトキト市場とやまマルシェ」で買い物

ちなみに「きときと」とは富山地方の方言で、「新鮮な」とか「生きのよい」といった意味
昨日お昼を食べたお店は「氷見きときと寿司」 そして、富山空港の愛称は「富山きときと空港」です

70%-2019_0902_113806

70%-2019_0902_113811

富山と言えば、まずは「しろえび」

70%-2019_0902_112731

70%-2019_0902_112738

次に、富山ブラックラーメン

食べませんでしたが

70%-2019_0902_113200

そしてこれ

70%-2019_0902_114111

70%-2019_0902_114119

70%-2019_0902_114126

70%-2019_0902_114130

お昼前、路面電車で一度ホテルに戻ります

70%-2019_0902_114317

70%-2019_0902_114308

70%-2019_0902_114644

2015年7月に富山に来た時に行ったお店「ひよこ」

70%-2019_0902_115021

70%-2019_0902_115031

70%-2019_0902_115351

70%-2019_0902_115526

ブラックのセントラム(市内電車環状線)、カッコイイですね

70%-2019_0902_115609

70%-2019_0902_115617


7日目その2へ戻る         8日目その2へ続く 


2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは ↓ ここをクリック

2019_-1_thumb.jpg 

ページトップへ戻る

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/10/14(月) 11:27:30|
  2. 2019夏_長野岐阜富山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Profile

Kaoru&Beet

Author:Kaoru&Beet
Kaoru君とBeet君のキャンプ日記へようこそ!

Access counter

Online counter

Current viewers:

Calendar

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Search

New Report

BRISIE LED Lantern ブライシー LED ランタン Jan 19, 2020
大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ  襲撃!!「出会い」で出会えた Jan 16, 2020
大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ  素敵なCafe、見つけた Jan 15, 2020
大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ  冬キャンに来たつもりでしたが・・・ Jan 14, 2020
大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ  アトラスでお座敷スタイルを試します Jan 13, 2020
【Live】大子で素敵なCafe見つけた Jan 10, 2020
【Live】設営後のビールが最高! Jan 09, 2020
たまには勇気を出して危険地帯へ! Jan 06, 2020
標高2,156mからの展望~新穂高ロープウェイ~ Jan 06, 2020
奥飛騨温泉郷 新平湯温泉 お宿 のざわ Jan 05, 2020

INDEX

Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

ブランド・ショップ INDEXは
 ↓ ここをクリック

サインプレート ブランドショップINDEX


北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1


北帰行2018冬INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北帰行2018冬のコピー


小梨平滞在記 INDEXは
↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg


2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート2019夏_長野岐阜富山-1

Monthly archive

2020年 01月 【14件】
2019年 12月 【32件】
2019年 11月 【21件】
2019年 10月 【25件】
2019年 09月 【22件】
2019年 08月 【12件】
2019年 07月 【42件】
2019年 06月 【23件】
2019年 05月 【26件】
2019年 04月 【23件】
2019年 03月 【22件】
2019年 02月 【22件】
2019年 01月 【17件】
2018年 12月 【20件】
2018年 11月 【30件】
2018年 10月 【28件】
2018年 09月 【18件】
2018年 08月 【24件】
2018年 07月 【26件】
2018年 06月 【24件】
2018年 05月 【22件】
2018年 04月 【20件】
2018年 03月 【21件】
2018年 02月 【25件】
2018年 01月 【17件】
2017年 12月 【29件】
2017年 11月 【80件】
2017年 10月 【29件】
2017年 09月 【33件】
2017年 08月 【25件】
2017年 07月 【19件】
2017年 06月 【23件】
2017年 05月 【34件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【21件】
2017年 02月 【24件】
2017年 01月 【28件】
2016年 12月 【62件】
2016年 11月 【32件】
2016年 10月 【26件】
2016年 09月 【29件】
2016年 08月 【23件】
2016年 07月 【29件】
2016年 06月 【29件】
2016年 05月 【21件】
2016年 04月 【23件】
2016年 03月 【22件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【30件】
2015年 12月 【29件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【30件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【24件】
2015年 02月 【25件】
2015年 01月 【17件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【23件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【21件】
2014年 04月 【12件】
2014年 03月 【24件】
2014年 02月 【17件】
2014年 01月 【18件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【19件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【14件】
2013年 07月 【24件】
2013年 06月 【12件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【16件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【13件】
2013年 01月 【14件】
2012年 12月 【18件】
2012年 11月 【16件】
2012年 10月 【17件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【9件】
2011年 09月 【2件】

CATEGORY

Comment

Link


Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

ブランド・ショップ INDEXは
 ↓ ここをクリック

サインプレート ブランドショップINDEX


北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1


北帰行2018冬INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北帰行2018冬のコピー


小梨平滞在記 INDEXは
↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg


2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート2019夏_長野岐阜富山-1


あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

WOM CAMP ロゴ2


702016_1126_154717-15.jpg

ilbif02.jpg

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR