FC2ブログ

Kaoru君とBeet君のキャンプ日記

キャンプ日記、キャンプ道具、旅の記録、街歩きとグルメなどを書いています。

昼神温泉から東京へ~甲府までは下道をのんびり走って~

昼神温泉から東京へ~甲府までは下道をのんびり走って~


 昼神温泉へ へ戻る

11月5日

旅の最終日です

朝風呂は、最上階にある天辺の湯へ

wood201911-07

(出典:昼神温泉グランドホテル天心HP)

70%-2019_1105_094339

ホテルの隣で開催している朝市へ行ってみます

70%-2019_1105_074206

70%-2019_1105_073624

70%-2019_1105_073911

70%-2019_1105_074505

70%-2019_1105_074357

70%-2019_1105_074424

70%-2019_1105_074707

おばさん、オマケしてくれましたよ

70%-2019_1105_074838

70%-2019_1105_075708

70%-2019_1105_075544

あじ味噌のさんしょとゆずをお買い上げ

70%-2019_1105_075551

70%-2019_1105_074945

70%-2019_1105_074615

ホテルのすぐ前を流れる川は阿智川

70%-2019_1105_080052

70%-2019_1105_075926

↓画像クリックで拡大表示

70%-2019_1105_080115

70%-2019_1105_075804

70%-2019_1105_080003

70%-2019_1105_075950


ホテルに戻って、朝ごはんにしましょう

70%-2019_1105_080158

70%-2019_1105_075035

昨夜の食事処とおなじ四季亭で

70%-2019_1105_080802

70%-2019_1105_083853

70%-2019_1105_08105370%-2019_1105_080933
70%-2019_1105_08101870%-2019_1105_081138
70%-2019_1105_081038 

70%-2019_1105_084051

車の運転があるので、眺めるだけですよがっかり

70%-2019_1105_084104

70%-2019_1105_084216

70%-2019_1105_084736

もう一度、お湯を楽しみます

70%-2019_1105_084224

70%-2019_1105_093959

70%-2019_1105_094100

70%-2019_1105_094108

70%-2019_1105_094124

70%-2019_1105_094133

東に見えるのは中央アルプスでしょうか

70%-2019_1105_094254


10:08 昼神温泉を出発  東京まで帰ります   距離288km 

甲府までは中央道を使わず、一般道を走ります

wood201911-01 (7)

雪を被った南アルプス

70%-2019_1105_101826

70%-2019_1105_102304

70%-2019_1105_103104

道路沿いにりんごの木

70%-2019_1105_103214

手を伸ばせば取れそうウインク

70%-2019_1105_103145

途中のワークマンで買い物です

何を買ったかは、おいおいブログ記事で・・・

70%-2019_1105_104858

70%-2019_1105_110200

70%-2019_1105_105604

アンテナが見えるあたりは、陣馬形山かな

70%-2019_1105_111953

中央アルプスには、全く雪がないですね

70%-2019_1105_112912

70%-2019_1105_113020

70%-2019_1105_113323

望遠で覗くと千畳敷カールとホテルが見えます

懐かしいですね

70%-2019_1105_113547

駒ヶ根でもワークマン、いったい何を探しているのでしょうか??

70%-2019_1105_115100

高遠からの国道152号線杖突峠は通らず

70%-2019_1105_121149

辰野から県道50号線諏訪辰野線の有賀峠を通って、諏訪に抜けます

70%-2019_1105_125337

70%-2019_1105_125444

70%-2019_1105_130140

諏訪湖が見えてきました

70%-2019_1105_130300

70%-2019_1105_130430

八ヶ岳も綺麗に見えています

70%-2019_1105_130916

70%-2019_1105_131535

70%-2019_1105_131546

そして富士山も

70%-2019_1105_134828


白州で和菓子の老舗金精軒に寄ります

夏限定の賞味期限30分という商品が最近特に知られているようで
元祖信玄餅やその他の商品は、SAなどで販売されている有名な店です

白州には何度か来ているのに、一度も立ち寄ったことがなかったのですね

70%-2019_1105_135716

70%-2019_1105_135805

70%-2019_1105_140559

70%-2019_1105_140552

信玄餅はこのお店が元祖

70%-2019_1105_135840

70%-2019_1105_140115

70%-2019_1105_140322

70%-2019_1105_140508

70%-2019_1105_140518

70%-2019_1105_140611

IMG_20191107_0047


金精軒の向いは七賢の酒蔵

70%-2019_1105_140632

70%-2019_1105_140651

70%-2019_1105_140745

70%-2019_1105_140751

70%-2019_1105_140815

甲府までの道、富士山が綺麗に見えました

70%-2019_1105_142857

70%-2019_1105_143326

70%-2019_1105_143257

甲府昭和IC近くの丸亀製麺で、遅いお昼ごはん

時間は14:55 ここまで昼神温泉からの所要時間は、約5時間でした

70%-2019_1105_145556

15:35甲府昭和ICから中央道へ

気温は20℃、11月ですが暖かいですね

70%-2019_1105_153521

70%-2019_1105_153743

70%-2019_1105_160953

16:16 談合坂SA

70%-2019_1105_161637

70%-2019_1105_164459

70%-2019_1105_164710

台風15号によって発生した土砂崩れ箇所がいくつかありました

70%-2019_1105_165138

70%-2019_1105_165835

70%-2019_1105_170808

18:00 新宿

70%-2019_1105_175743

18:40頃、自宅到着  昼神温泉から約9時間弱の道のり

上高地小梨平~奥飛騨温泉郷~WoodMatchM~郡上八幡~昼神温泉 

いつもの僕らのスタイル、気ままな21日間の充実した長旅を終えました


 昼神温泉へ へ戻る

小梨平滞在記 INDEXは ↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg 

ページトップへ戻る




買ってきたお土産

70%-2019_1106_105248

70%-2019_1106_105359

70%-2019_1106_105454

70%-2019_1106_105431


  1. 2020/01/28(火) 09:55:43|
  2. ●旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昼神温泉へ

昼神温泉へ  


郡上八幡へ戻る  昼神温泉から東京へ へ続く

11月4日

14時過ぎ、郡上八幡を出発  今夜の宿 昼神温泉グランドホテル天心まで距離126km

当初は、下呂を周って一般道で行こうかと思っていましたが、相当時間がかかりそうなので

東海北陸道・東海環状道・中央道を使います

wood201911-01 (6)

14:21 郡上八幡IC

70%-2019_1104_142118

東海北陸道から東海環状道へ

70%-2019_1104_144035

14:55 美濃加茂SA

70%-2019_1104_145530

70%-2019_1104_145845

70%-2019_1104_145930

70%-2019_1104_145943

さすがに、飛騨牛はお高いびっくり

70%-2019_1104_150031

70%-2019_1104_150040

70%-2019_1104_150507

うなぎパイは知っていますが、鮎のパイですか??

70%-2019_1104_150459

70%-2019_1104_150448

70%-2019_1104_150834

70%-2019_1104_150841

当然ですが、中部圏の食べ物や品物が

70%-2019_1104_150057

70%-2019_1104_150159

70%-2019_1104_150405

小梨平でのキャンプで活躍してくれたCOMOのパン  株式会社コモは、愛知県小牧市の会社ですね

70%-2019_1104_150709

70%-2019_1104_150714

これ食べながらいきます

70%-2019_1104_152640

70%-2019_1104_152946

東海環状から中央道へ

70%-2019_1104_153044

70%-2019_1104_153134

70%-2019_1104_154543

70%-2019_1104_154631

70%-2019_1104_154648

15:50 恵那峡SA

70%-2019_1104_155042

70%-2019_1104_155339

70%-2019_1104_155606

いくつかお土産に買いましたよ

70%-2019_1104_155640

恵那山トンネル(全長約8.6km)に入ります

70%-2019_1104_162022

70%-2019_1104_162735

16:28 園原IC

70%-2019_1104_162809

16:36 昼神温泉グランドホテル天心に到着です 郡上八幡から約2時間半ですね

70%-2019_1104_163641

昼神温泉は、日本一星が綺麗な村と言われている阿智村にある温泉です

2016年6月に銀河もみじキャンプ場を訪問した時、日帰り温泉(「湯ったり~な昼神」)に来たことがあります

●阿智村 村名の由来
平安初期に編纂された旧事本紀にもこの地域一帯を「阿智」と呼ぶ記述があります。
また延喜式には東山道の道筋の中に阿智駅が載っています。
このように古くからこの一帯を、あらゆる面で通称化されている「阿智」をもって昭和31年の三村合併後の新村名としました。
2006年1月に浪合村と合併、2009年3月に清内路村と合併し、新「阿智村」がスタートしました。

●昼神と日本武尊
大昔の事です。日本武尊がご東征の帰り途、伊那谷を通って園原の神坂峠へさしかかったとき、山と山に閉ざされて空もせまく、雲が幾重にも包んで、越す方法も知れませんでした。さすがの尊もしばらく手を組んで思案にくれていましたが、その時、悪事をなさる神が尊を苦しめようとして白鹿に化けて尊の前に立ちふさがったのです。尊は不思議に思いながら、口に噛んでいた蒜(ひる・ニンニク)を鹿に投げつけました。それがちょうど鹿の目に当たって、鹿は死んでしまいました。ところがたちまち濃霧が巻き起こって、一寸先も見えなくなった時、一匹の白狗が現れて道に迷う尊を里へ導いてくれたのです。これ以来、神坂越えには蒜を噛んで通ると妖気に打たれる事がないと言われるようになりました。このことから「蒜噛」(ひるかみ)が、現在の「昼神」の語源になったという説があります。

●昼神の由来~もうひとつの説
もう一つの説は阿智神社に祀られている御祭神の「天思兼命(アメノオモイノカネミコト)」に由来する説です。「天思兼命」は「天照大神」が天の岩戸に隠れてしまった際に、天の岩戸を開けてもらうようにと一計を案じた神様です。こうして「天照大神」に出てきてもらって無事に闇の世界から昼間の明るさを取り戻す事に貢献した「天思兼命」は「昼神(ひるがみ)」と呼ばれる様になりました。「昼神」である「天思兼命」を祀る阿智神社の周辺の温泉が「昼神温泉」と呼ばれるようになったのです。

●昼神温泉の開湯
「昼神温泉」開湯は比較的新しく、1973年のトンネル工事の際に偶然温泉が湧出した事がはじまりです。昭和48年(1973年)、JR中津川線のトンネル工事でボーリングをしていた時に湧き出しました。その後、次々と源泉が開発され、現在まで第1号から第4号源泉まであります。源泉は集中管理されており、各温泉施設に配湯されています。歴史の浅い温泉ですが、実は戦国時代には武田信玄の隠し湯があったとの伝承も、江戸時代にこの地域に温泉が湧いていたとの記録もあります。当時から湧出していたとされる温泉は明治期の豪雨による土砂崩れで行方不明となってしまい、以後は温泉がない地域となっていたのです。行方知れずとなっていた温泉が、偶然にも鉄道のトンネル工事によって見つかり、再び温泉地として脚光を浴びるようになったのです。

出典:南信州 昼神温泉公式観光サイトにっぽんの温泉観光事典


 

ホテルにチェックインしてから、早速お風呂へ

1Fにある天地の湯

wood201911-06

(出典:昼神温泉グランドホテル天心HP)

夕食は四季亭という食事処で

IMG_20191107_0045

70%-2019_1104_182348(1)70%-2019_1104_182353(1)
70%-2019_1104_18344470%-2019_1104_183528
70%-2019_1104_182400(1)70%-2019_1104_190353
70%-2019_1104_19042870%-2019_1104_192705
70%-2019_1104_194352 

いつものように、お腹いっぱいいただきました爆笑

70%-2019_1104_195231

食後にフロントでお楽しみ抽選会というイベントがあったのですが

70%-2019_1105_075152

なんと、なんと、1等賞が当たりましたびっくり

70%-2019_1106_105512

ラジコン飛行機を指ピストルで墜落させたり、くじ引きで1等賞を当てたり、やはりUFOパワーかな
東京に帰ったら、すぐに宝くじ売り場へ行かないと・・・クール

 

この日の夜は雲っていて、星空を見ることはできませんでした

70%-2019_1104_181221

70%-2019_1104_181239

70%-2019_1104_181438



郡上八幡へ戻る     昼神温泉から東京へ へ続く


ページトップへ戻る

  1. 2020/01/27(月) 08:23:29|
  2. ●旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

水と踊りの城下町 郡上八幡へ

水と踊りの城下町 郡上八幡へ  


WoodMatchM四日目へ戻る  昼神温泉へ続く

11月4日
11:30過ぎ、四日間お世話になったWoodMatchMをあとにして、郡上八幡へ向かいます  距離約42km

wood201911-01 (5)

高鷲の町中を通って

70%-2019_1104_115038

11:54 高鷲ICから東海北陸自動車道に入ります

70%-2019_1104_115419

70%-2019_1104_115505

12:11 郡上八幡ICを出ます

70%-2019_1104_121147

初めて訪問する町なので、郡上八幡駅の観光案内所へ

70%-2019_1104_122728

偶然ですが、ここでも観光列車「ながら」に出会いました

70%-2019_1104_122019

70%-2019_1104_121939

70%-2019_1104_121959

70%-2019_1104_121945

70%-2019_1104_121949

観光案内所のおばさんが、とても親切に、町の回り方・食事処などを教えてくれました

70%-2019_1104_122756

町中の駐車場にプラS君を停めて、徒歩で散策します

70%-2019_1104_124543

郡上市八幡町、通称「郡上八幡」は、永禄2年(1559年)に遠藤盛数が八幡山に城を構えて以来、城下町として発展した町です
いまでも城下町としての地名が残り、古い町並みも残っています
江戸時代に整備された水路が、町中を縦横無尽に張り巡らされています

70%-2019_1104_124626

まずはお昼ごはんですね

観光案内所で教えていただいた、泉坂というお店へ

70%-2019_1104_131503

70%-2019_1104_131446

70%-2019_1104_125657

70%-2019_1104_125806

70%-2019_1104_125610

70%-2019_1104_125432

ひ、ひ、飛騨牛ステーキではなく(笑)

鶏ちゃん焼き定食   鶏ちゃん(けいちゃん)とは、岐阜県の郷土料理の一つで、鶏肉を使用した料理

70%-2019_1104_130422

70%-2019_1104_130433

70%-2019_1104_130437

70%-2019_1104_125422

郡上焼き    地ねぎをふんだんに使用したお好み焼きですね

70%-2019_1104_130441

70%-2019_1104_130429

大満足爆笑  ご馳走様でした


清流吉田川(長良川の支流)

この川にかかる高さ12メートルの新橋から飛び込むのが、郡上八幡の夏の風物詩となっているそうです

70%-2019_1104_131926

70%-2019_1104_131718

70%-2019_1104_132026

70%-2019_1104_131535

70%-2019_1104_133530

70%-2019_1104_132916

郡上八幡は食品サンプルの生みの親とも言われている岩崎瀧三の故郷です

70%-2019_1104_131905

サンプルビレッジ・いわさき パンフレット
IMG_20191107_0044.jpg

 

70%-2019_1104_132135

70%-2019_1104_132146

70%-2019_1104_132048


いがわ小径

70%-2019_1104_132708

70%-2019_1104_132911

70%-2019_1104_132935

70%-2019_1104_133006

70%-2019_1104_133220

70%-2019_1104_133317

70%-2019_1104_133355

70%-2019_1104_133520

70%-2019_1104_133632

やなか水のこみち

70%-2019_1104_134112

70%-2019_1104_133842

70%-2019_1104_134145

70%-2019_1104_133948





70%-2019_1104_134117

70%-2019_1104_134004

70%-2019_1104_134454

70%-2019_1104_134823

 

70%-2019_1104_135252

70%-2019_1104_134909

70%-2019_1104_134949

70%-2019_1104_134848

70%-2019_1104_134853

70%-2019_1104_134618

70%-2019_1104_135237

70%-2019_1104_135246

郡上八幡、まさに清流の町、もう一度来てゆっくりと味わってみたい町でした




「郡上満喫」郡上市観光連盟公式サイト

郡上市観光マップ
IMG_20191107_0029.jpg  IMG_20191107_0030.jpg


郡上八幡ガイドマップ
IMG_20191107_0031.jpg  IMG_20191107_0032.jpg  IMG_20191107_0033.jpg

郡上市総合観光パンフレット
IMG_20191107_0034.jpg  IMG_20191107_0035.jpg  IMG_20191107_0036.jpg

IMG_20191107_0037.jpg   IMG_20191107_0038.jpg  IMG_20191107_0039.jpg

 IMG_20191107_0040.jpg  IMG_20191107_0041.jpg  IMG_20191107_0042.jpg



14時過ぎ、郡上八幡の町を出発

今夜の宿泊地、長野県阿智村の昼神温泉へ向かいます


WoodMatchM四日目へ戻る  昼神温泉へ続く


ページトップへ戻る


  1. 2020/01/26(日) 08:16:22|
  2. ●旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

標高2,156mからの展望~新穂高ロープウェイ~

標高2,156mからの展望~新穂高ロープウェイ~



新平湯温泉 お宿 のざわ へ戻る     WoodMatchMへ続く

11月01日(金)

9時過ぎ、お宿のざわを後にして、新穂高ロープウェイへ行きます   距離10kmほど

shinhirayu201910-002

70%-2019_1101_091604

70%-2019_1101_091613

70%-2019_1101_092141

70%-2019_1101_092147

70%-2019_1101_092158

70%-2019_1101_093238

新穂高ロープウェイの駐車場は2ヶ所、新穂高温泉駅と鍋平高原

最初は、鍋平高原まで行こうかなと思っていましたが、のざわの女将さんのお勧めで新穂高温泉駅に駐車しました

紅葉が結構下まで降りてきていて、新穂高温泉駅から鍋平高原駅までの第1ロープウェイあたりが見頃だから、とのこと

70%-2019_1101_092242

新穂高ロープウェイは、標高差1,039mを二つのロープウェイで昇っていきます

最高点は西穂高口駅(標高2,156m)、上高地で登った岳沢小屋が標高2,170mなので、ほぼ同じ高さになりますね

1961年(昭和36年)奥飛騨の豊富な観光資源の開発と地域経済の発展のために、地元市町村、高山商工会議所、名古屋鉄道、濃飛乗合自動車、富山地方鉄道が結集し、社団法人「奥飛騨開発公社」が設立され、調査・研究がスタートしました。その中から、新穂高温泉より信州・上高地を山岳ロープウェイで結ぶ「西穂高ロープウェイ構想」が生まれ、この構想の実現のために、1962年(昭和37年)5月8日に「奥飛観光開発株式会社」が設立されました。

当初の構想は、新穂高温泉奥部の標高1600m付近から西穂山荘の南方鞍部を経て、信州・上高地の河童橋西方へと、穂高連峰を越えて岐阜・長野両県を結ぶという壮大なものでした。その後、関係者の間で長期に亘る調査や検討が繰り返され、1968年(昭和43年)に、現在の路線に変更し厚生省(現環境省)へ事業執行認可申請を提出いたしました。
そして1970年(昭和45年)7月15日、会社創立より8年の時を経て、新穂高ロープウェイは開業を迎えました。ロープウェイの開業により奥飛騨温泉郷はイメージを一変させることになり、続々とホテルや旅館が建ち始め、湯治客が主体だった地域は、岐阜県はもとより中部地方でも屈指の観光地へと発展を遂げることとなりました。

出典:新穂高ロープウェイHP

 

shinhodaka201911-01-1

山頂の西穂高口駅は、気温5℃、それほどの寒さではなさそう

70%-2019_1101_093435

第1ロープウェイで、鍋平高原駅へ、乗車時間は約5分

70%-2019_1101_094054

鍋平高原駅から徒歩1分で、しらかば平駅

しらかば平駅から、第2ロープウェイで、山頂の西穂高口駅へ 乗車時間約7分

第2ロープウェイは、なんとなんと国内唯一の2階建てゴンドラ、1998年に導入されたものですが
2020年7月開業50周年を迎えるにあたって、ゴンドラがリニューアルされます

70%-2019_1101_095116

70%-2019_1101_095152

山頂の西穂高口駅 標高2,156m

屋上には展望台があります

70%-2019_1101_100959 (2)

70%-2019_1101_102915-1

気温の表示板を持って立っている係りの人、この方の役割はちょっと不明??悲しい

70%-2019_1101_102721

70%-2019_1101_102728

70%-2019_1101_102441

展望台からは

焼岳、西穂高岳、奥穂高岳、北穂高岳、槍ヶ岳、双六岳、そして笠ヶ岳など360度の大パノラマを望むことができます

shinhirayu201910-003-1

shinhodaka201911-06

shinhirayu201910-004-1

shinhirayu201910-005-1

shinhirayu201910-006-1

shinhirayu201910-007-1


↓画像クリックで拡大表示

70%-2019_1101_102104 (2)

焼岳

70%-2019_1101_102243

↓画像クリックで拡大表示

70%-2019_1101_101620

大木場ノ辻

70%-2019_1101_102254

笠ヶ岳

70%-2019_1101_102257

70%-2019_1101_101342

 

笠ヶ岳のしま模様

笠ヶ岳に見られる水平なしま模様は、かつてカルデラ火山であったことの証です。
約6500万年前の火山活動により,巨大な窪地,カルデラができます。恐竜が滅びる頃のことです。
カルデラ内には火山灰や溶岩が繰り返し堆積し,硬い溶結凝灰岩とそれ以外の軟らかい火山噴出物が交互に積み重なった層をなします。
その後250万年前から80万年前まで続いた隆起により、飛騨山脈が作られます。隆起に伴う侵食で、
溶結凝灰岩は急な岩壁をつくり、それ以外は緩斜面となり、しま模様が出来ました。
標高差1,600mものカルデラの断面を観察できる世界でも珍しい貴重な景観です。

shinhodaka201911-07

↓画像クリックで拡大表示

70%-2019_1101_102230-P

70%-2019_1101_102230

70%-2019_1101_102302

↓画像クリックで拡大表示

70%-2019_1101_101605-1

↓画像クリックで拡大表示

70%-2019_1101_101343

↓画像クリックで拡大表示

70%-2019_1101_102353-P

70%-2019_1101_102353

槍ヶ岳、大喰岳、中岳、南岳

70%-2019_1101_102104

70%-2019_1101_101443

70%-2019_1101_101814

70%-2019_1101_101804

70%-2019_1101_101742

ジャンダルム

70%-2019_1101_100450

70%-2019_1101_100455

70%-2019_1101_100733

西穂高岳、ピラミッドピーク、独標

70%-2019_1101_102358

70%-2019_1101_101022

70%-2019_1101_101502

70%-2019_1101_101246

西穂高山荘

70%-2019_1101_100959

70%-2019_1101_101304

70%-2019_1101_101740 

70%-2019_1101_101536

70%-2019_1101_103046

頂ソフト、寒かったのでパス

70%-2019_1101_103110

頂Tシャツ、高かったのでパスウインク

70%-2019_1101_103238

雷鳥の月曜日

70%-2019_1101_103448

水曜日

70%-2019_1101_103435

土曜日

70%-2019_1101_103442

日曜日

70%-2019_1101_103452

雷鳥の1週間?? なんですかこれ? 意味不明困った

70%-2019_1101_103517

70%-2019_1101_103742


さて、そろそろ降りることにしましょう

70%-2019_1101_104444

70%-2019_1101_104542

70%-2019_1101_104553

70%-2019_1101_101627

70%-2019_1101_104740

70%-2019_1101_105001

70%-2019_1101_105049

しらかば平駅に到着

70%-2019_1101_105146

70%-2019_1101_113356

駅の中にある「アルプスのパン屋さん」へ

ロープウェイの中間地点の駅にパン屋さん?? でも結構有名らしいので、いくつかお買い上げ

70%-2019_1101_104509

鍋平高原にあるビジターセンター「山楽館」へ行ってみます

70%-2019_1101_105935

右にある案内表示をよく見て下さい・・・ビジターセンターの中に露天風呂?? どういうことがっかり

70%-2019_1101_110034

播隆上人  ~槍ヶ岳初登頂と北アルプス登山道整備の祖~

70%-2019_1101_113537

↓画像クリックで拡大表示

70%-2019_1101_113619

=北アルプスを愛した男たち=

松井憲三

1895-1971 大正-昭和時代の登山ガイド。
明治28年11月29日生まれ。営林署の高山植物監視人。大正末から昭和初期,穂高岳を中心に活動し,学習院大,慶大パーティーを案内した。笠ケ岳などの登山道づくりにもつとめ,のち北飛山岳救助隊長。昭和46年12月6日死去。76歳。岐阜県出身。

70%-2019_1101_110526

 中島市右衛門

70%-2019_1101_110534

今田重太郎

1898-1993 大正-昭和時代の登山ガイド。
明治31年12月14日生まれ。19歳のとき内野常次郎に弟子入り。大正13年北アルプスの白出乗越に穂高初の山小屋(現穂高岳山荘)をつくる。昭和26年岳沢から前穂高岳にいたる重太郎新道をひらいた。平成5年8月31日死去。94歳。岐阜県出身。著作に「穂高に生きる」。

70%-2019_1101_110544

小池義清

1904ー1980  昭和期の登山ガイド,歌人

北アルプス双六岳登山ルートの開祖。昭和24年から北アルプスの双六池畔に双六小屋を経営。32年飛驒側から独力で双六岳への登山道・小池新道を開き、35年ワサビ小屋、40年鏡平小屋をつくり、北ア登山をポピュラーにした。また歌人として山岳歌集「双六岳」(52年)も出版した。

70%-2019_1101_110553

コゲラ君もいましたスマイル

70%-2019_1101_110315

70%-2019_1101_113624

70%-2019_1101_113723

70%-2019_1101_113742

70%-2019_1101_113956

鍋平高原駅から第1ロープウェイで下ります

70%-2019_1101_114044

70%-2019_1101_114152

70%-2019_1101_113958

70%-2019_1101_114120

70%-2019_1101_114141

70%-2019_1101_114153

70%-2019_1101_114253



70%-2019_1101_114316

70%-2019_1101_114213

70%-2019_1101_114318

プラS君、おとなしく待っていてくれたようです

70%-2019_1101_114224

12時前、新穂高温泉駅まで戻ってきました

70%-2019_1101_114727

70%-2019_1101_114814

さあ、高山に向けて出発です




新平湯温泉 お宿 のざわ へ戻る      WoodMatchMへ続く

  1. 2020/01/06(月) 19:54:59|
  2. ●旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奥飛騨温泉郷 新平湯温泉 お宿 のざわ

奥飛騨温泉郷 新平湯温泉 お宿 のざわ

小梨平キャンプ場16日目へ戻る     新穂高ロープウェイへ続く

10月31日(木)

小梨平キャンプ場に行った後は、今年2019年8月末に初めて訪問したWoodMatchMにもう一度行ってみようと思っていました
東京から岐阜の郡上市高鷲町までは、気楽に行ける距離ではないので
小梨平キャンプ場から帰る時が絶好のチャンスだからです

小梨平キャンプ場を撤収してから、その日は何処かの旅館かホテルに宿泊して、機器などを充電し
翌日に洗濯や食材調達を済ませてから、WoodMatchMに訪問するというプランです

宿泊先は、2019年8月に行った高山のワットホテル&スパ飛騨高山がとてもリーズナブルだったので
候補にあげていたのですが、その時期の宿泊料金を見てびっくり
紅葉の時期だからでしょうか、夏の終わりに宿泊した時と比較して、とても高くなっていました
高山の宿泊施設は、この時期はどこも料金が高いようです

という訳で、奥飛騨温泉郷の中で探した宿が、元気な女将さんで有名な民宿
奥飛騨温泉郷 新平湯温泉 お宿 のざわ という宿でした

 

14:35 沢渡の梓第1中駐車場を出発  距離約23km

shinhirayu201910-001

70%-2019_1031_145229

70%-2019_1031_145258

釜トンネルの前を通って

70%-2019_1031_145316

安房トンネルへ

70%-2019_1031_145416

長い距離、工事中でした

70%-2019_1031_145852

70%-2019_1031_150210

70%-2019_1031_151052

70%-2019_1031_150311

70%-2019_1031_151455

70%-2019_1031_151557

70%-2019_1031_151626

15時過ぎ、お宿 のざわ に到着です

民宿の2階の標高は、888mだとか・・・覚えやすいですね

70%-2019_1101_070420

70%-2019_1101_070501

 

70%-2019_1101_070330

70%-2019_1101_070535

70%-2019_1101_070554

70%-2019_1101_070613

70%-2019_1101_070242

70%-2019_1101_070250

部屋に案内されて、早速これです

大切な、各種機器の充電ウインク (延長コードは、車の後部座席の下のスペースに常備しています)

70%-2019_1101_065456

Power ArQ も、しっかり充電します

70%-2019_1101_065521

お風呂へ

まずは貸切露天風呂、空いていれば自由に使えるようになっています

70%-2019_1101_070209

木札は外して、お風呂まで持参します

70%-2019_1101_070203

70%-2019_1101_065940

70%-2019_1101_065951

70%-2019_1101_065959

巨石をくり抜いて作った湯舟、女将さんのご主人の手造りだそうです  凄いですね

70%-2019_1101_070013

70%-2019_1101_070049

70%-2019_1101_070102

70%-2019_1101_070025

70%-2019_1101_070034

次に、男女別の浴場へ お風呂のハシゴびっくり

70%-2019_1101_065617

誰もいなかったので、写真撮影させていただきました

ちなみに、この日の宿泊客は、僕らの他は1組だけでした

70%-2019_1101_065825

70%-2019_1101_065832

70%-2019_1101_065807

70%-2019_1101_065639

70%-2019_1101_065743

70%-2019_1101_065703

70%-2019_1101_065711

70%-2019_1101_065724

新平湯温泉の湯、堪能させていただきました

 

「お風呂上がりに・・・」、はい、もちろんいただきましたよ爆笑

70%-2019_1101_065601

暖かい時期は、お庭でも飲めるようですね

70%-2019_1101_065931

70%-2019_1101_065551

晩ごはん

久しぶりの上げ膳据え膳です

70%-2019_1031_190022

70%-2019_1031_180558

70%-2019_1031_181124

70%-2019_1031_181127

70%-2019_1031_181132

70%-2019_1031_182137

70%-2019_1031_183004

70%-2019_1031_183008

女将さんは、10月末僕らが小梨平にいる頃に、天気がいい時を狙って上高地に行ったとのことで、上高地談議に花が咲きました

たなごころの宿 女将日記ーー 「絶景!絶景!!」、 「上高地【明神池】」
(このブログは、全国おかみさんブログでは上位にランキングされています) 

70%-2019_1031_190015

70%-2019_1031_190040

宿の送迎用車両には許可証があるので、上高地まで乗り入れすることができるようです
女将さんは五千尺ホテルや白樺荘ホテルの社長と飲み友達らしい 

女将さんいわく

「小梨平キャンプ場で長期滞在している間に、温泉に浸かってのんびりしたくなったら
上高地まで送迎しますからね  泊まりに来てください」

その手がありますか! これはなかなか面白いプランかもね!!

70%-2019_1101_070402

その他の設備を、少し紹介

70%-2019_1101_070649

共用の洗面所・トイレ、いままで宿泊した民宿の中で、No.1の清潔さ

70%-2019_1101_07174170%-2019_1101_071750
70%-2019_1101_07180870%-2019_1101_071813


11月1日(金)

フラットな部屋のお布団(笑)でぐっすり眠り、朝風呂にゆっくり入りました

そして、朝ごはん

70%-2019_1101_073609

70%-2019_1101_073601

お腹いっぱいになるくらいいただきました
例によって、今日のお昼はなしねペロリ

 

元気な女将さん、いいお湯、綺麗な設備、素晴らしい民宿に出会うことができました

また、小梨平に来るときには寄ってみたいですね

IMG_20191107_0009-1

お宿のざわ パンフレット
IMG_20191107_0009.jpg  IMG_20191107_0010.jpg

奥飛騨温泉郷 パンフレット
 IMG_20191107_0012.jpg  IMG_20191107_0011.jpg 
 
IMG_20191107_0014.jpg

ドライブスポット 

IMG_20191107_0013.jpg

小梨平キャンプ場16日目へ戻る     新穂高ロープウェイへ続く


ページトップへ戻る


テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

  1. 2020/01/05(日) 10:35:38|
  2. 新平湯温泉 お宿 のざわ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

Profile

Kaoru&Beet

Author:Kaoru&Beet
Kaoru君とBeet君のキャンプ日記へようこそ!

Access counter

Online counter

Calendar

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Search

New Report

NAPi Auto-Camping Base  ダムに沈む幻の温泉 Apr 04, 2020
NAPi Auto-Camping Base  キャンプ場開設5周年、おめでとうございます Apr 03, 2020
自作・手作り  木製ランタンスタンド(1本足打込み式)と木製ランタンハンガー Apr 01, 2020
自作・手作り  EDGE STAND用 木製ランタンハンガー Mar 31, 2020
【Live】桜の季節にまさかの雪中 Mar 29, 2020
【Live】祝・5周年 Mar 26, 2020
エンゼルフォレスト那須白河  湯治キャンプ終了 Mar 25, 2020
エンゼルフォレスト那須白河  ルーク君と飲み会 Mar 24, 2020
エンゼルフォレスト那須白河  出会いがたくさん Mar 23, 2020
エンゼルフォレスト那須白河  宙くん・ココちゃん 登場 Mar 22, 2020

INDEX

Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

ブランド・ショップ INDEXは
 ↓ ここをクリック

サインプレート ブランドショップINDEX


北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1


北帰行2018冬INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北帰行2018冬のコピー


小梨平滞在記 INDEXは
↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg


2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート2019夏_長野岐阜富山-1

Monthly archive

2020年 04月 【3件】
2020年 03月 【21件】
2020年 02月 【23件】
2020年 01月 【27件】
2019年 12月 【32件】
2019年 11月 【21件】
2019年 10月 【25件】
2019年 09月 【22件】
2019年 08月 【12件】
2019年 07月 【42件】
2019年 06月 【23件】
2019年 05月 【26件】
2019年 04月 【23件】
2019年 03月 【22件】
2019年 02月 【22件】
2019年 01月 【17件】
2018年 12月 【20件】
2018年 11月 【30件】
2018年 10月 【28件】
2018年 09月 【18件】
2018年 08月 【24件】
2018年 07月 【26件】
2018年 06月 【24件】
2018年 05月 【22件】
2018年 04月 【20件】
2018年 03月 【21件】
2018年 02月 【25件】
2018年 01月 【17件】
2017年 12月 【29件】
2017年 11月 【80件】
2017年 10月 【29件】
2017年 09月 【33件】
2017年 08月 【25件】
2017年 07月 【19件】
2017年 06月 【23件】
2017年 05月 【34件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【21件】
2017年 02月 【24件】
2017年 01月 【28件】
2016年 12月 【62件】
2016年 11月 【32件】
2016年 10月 【26件】
2016年 09月 【29件】
2016年 08月 【23件】
2016年 07月 【29件】
2016年 06月 【29件】
2016年 05月 【21件】
2016年 04月 【23件】
2016年 03月 【22件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【30件】
2015年 12月 【29件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【30件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【24件】
2015年 02月 【25件】
2015年 01月 【17件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【23件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【21件】
2014年 04月 【12件】
2014年 03月 【24件】
2014年 02月 【17件】
2014年 01月 【18件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【19件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【14件】
2013年 07月 【24件】
2013年 06月 【12件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【16件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【13件】
2013年 01月 【14件】
2012年 12月 【18件】
2012年 11月 【16件】
2012年 10月 【17件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【9件】
2011年 09月 【2件】

CATEGORY

Comment

Link


Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

ブランド・ショップ INDEXは
 ↓ ここをクリック

サインプレート ブランドショップINDEX


北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1


北帰行2018冬INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北帰行2018冬のコピー


小梨平滞在記 INDEXは
↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg


2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート2019夏_長野岐阜富山-1


あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

WOM CAMP ロゴ2


702016_1126_154717-15.jpg

ilbif02.jpg

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR