FC2ブログ

Kaoru君とBeet君のキャンプ日記

キャンプ日記、キャンプ道具、旅の記録、街歩きとグルメなどを書いています。

snow peak Camping Mattress 2.5W スノーピーク キャンピングマット2.5W

スノーピーク キャンピングマット2.5W (TM-193)


約7年半ほど使ってきたスノーピークのインフレータブルマット キャンピング 2.0ST
最近二つとも少し空気漏れが発生してきたので、修理に出したところ

スノーピークのユーザーサービス課アフターサービスチームから次のメールがきました

いつも弊社製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます。
スノーピーク アフターサービス担当の●●と申します。

この度、修理にお預けいただきましたTM-092・インフレータブルマットキャンピング2.0ST×2点につきまして、確認をさせていただきましたところ、表面にできた無数のピンホールよる空気漏れを確認いたしました。
こちらの症状はあいにく修理不可となりまして、また同モデルでの新品交換対応も廃盤の為できかねる状況でございます。
つきましては、今回、製品の購入当時の定価をご返金にてご対応させていただきたく存じます。
【ご返金額:33,048円】 ※16,524円×2点

以下省略

同じモデルがあれば、新品交換対応となるようですが、廃盤商品であるため購入時の定価を返金するという内容です


スノーピークのホームページには、アフターサービスについて、以下の案内があります(一部抜粋)

スノーピークのプロダクツは、フィールドで確実に機能し長期間にわたって使い込んでいただけるようデザインされています。

そしてプロダクツには、一切の保証書をお付けしておりません。

それは、メーカーが自社の製品の品質に責任を持つのは当然であると考えているからです。
お買い上げいただいたプロダクツの機能が損なわれた場合、お手数ですが、スノーピークユーザーサービス係までご連絡ください。
製造上の欠陥が原因の場合は、無料で修理または交換させていただきます。その他の場合には適正な価格で修理させていただきます。

素材の経年による劣化やご使用による激しい損傷など製品寿命である場合、修理不可能な場合もございますので予めご了承ください。


キャンプに行く時期やサイトの広さなどに合わせて、相応しいテントを選びますが
インフレータブルマットはオートキャンプの場合、必ず持参・使用していました
その使用泊数は約500回
本当によく活躍してくれました

そして、スノーピークには案内どおりの素晴らしい対応をしてもらいました


ということで、新しいマットが必要になります
先日、電車で出かけたついでに、スノーピーク丸の内店(直営店)で、キャンピングマット2.5Wを購入してきました

お店では最も大きい袋に入れてくれましたよウインク

70%-2019_1209_185231

70%-2019_1209_185303-1

70%-2019_1209_185453-1

70%-2019_1209_185541-1

70%-2019_1209_185600-1

70%-2019_1209_185726-1

以前のマットと比較してみます

 キャンピングマット2.5Wインフレータブルマット
サイズ198×77×6.2(h)cm193×63.5×5.0(h)cm
重量1.9kg1.45kg
収納サイズφ20×85cmφ18×74cm
   

キャンピングマット2.5Wのほうが、全ての項目でひと回り大きいですね

車への積載は、以前の物よりスペースを取ることは間違いないです

実際の使用については、後日レポしたいと思います

IMG_20191209_0001


取扱説明書
IMG_20191209_0003.jpg 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スノーピーク(snow peak) キャンピングマット2.5w TM-193
価格:28380円(税込、送料無料) (2019/12/9時点)







スリーピングINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る


テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/12/09(月) 22:18:07|
  2. スリーピング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NANGA メリノウール マミー型シュラフシーツ

NANGA メリノウール マミー型シュラフシーツ

 

メリノウールとは、オーストラリアやニュージーランドで飼育されているメリノ種という羊の毛のことで
●優れた保温性、●高い防臭力、●通気性の良さ、●肌触りの良さ、という4つの特色があります

このメリノウール素材を100%使用したインナーシュラフが、2019年秋にNANGA(ナンガ)から発売されました
以前からシュラフシーツを検討していたのですが、メリノウール素材100%に惹かれて購入しました

主として、NANGA オーロラライト600DXの中に入れて使用しますが
スノーピークのセパレートオフトンワイド 1400や、セパレートマミー400にも当然使用可能です

70%-2019_1128_222637-1-1

70%-2019_1128_222707-1

サイズは、総丈203cm×横幅86cm、適用身長175cmまでとなっています

2019_1128_231127(2)-1

収納サイズは、約Φ13x20cm

2019_1128_231127(4)-1

NANGA  オーロラライト600DXと比較すると、大きさはこんな感じです(左:オーロラライト600DX)

70%-2019_1128_224850-1

70%-2019_1128_225153-1

ファスナーが付いていて、その長さは約80cm

ファスナーの開閉時に、本体シュラフの生地を挟み込んでしまうことがあるので、注意が必要です

70%-2019_1128_223422-1

70%-2019_1128_223443

ファスナーの上部はベニクロテープで留めるようになっています

70%-2019_1128_223354

70%-2019_1128_223407

頭部は、コードロックが付いたドローコードでフィット感の調整が可能です

70%-2019_1128_223250

70%-2019_1128_223316

70%-2019_1128_223342


素材は、生地:メリノウール100%、縁布:ポリエステル100%

触ってみた感想は「結構薄い」

70%-2019_1128_222724

2019_1128_231127(1)

洗濯表示

70%-2019_1128_224114

・液温は30℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯ができる
・塩素系及び酸素系漂白剤の使用禁止
・タンブル乾燥禁止
・日陰のつり干しがよい
・底面温度150℃を限度としてアイロン仕上げができる
・ドライクリーニング禁止
・非常に弱い操作によるウェットクリーニングができる

70%-2019_1128_224158

70%-2019_1128_224217

検討していた他の製品

Cocoon トラベルシーツ 100%メリノウールCocoon  マミーライナー
0000000024152af-12550020001007
税込¥15,400税込¥12,100
 リップストップナイロンを100%シルクに織り込んだ強靭なマミーライナー

Cocoonはヨーロッパ、アメリカを始め、世界中でアウトドア用寝具ブランドとして人気を得ています。旅の中での快眠を第一に考えるその製品は、慣れない土地での寝袋生活にもラグジュアリーな快適さをもたらし、創業1989年以来、多くの旅人に親しまれてきました。防虫効果のある蚊帳やシーツ、子供用のマミーライナーなども開発しており、様々なアウトドア用寝具製品を扱っています。

昔、シュラフの保護のために、ホテルなどで利用されている業務用シーツを使っていた頃が懐かしいですね

今度のクリスマスキャンプで、実際の使い心地を検証してこようと思っています



東京都目黒区の直営店NANGA SHOP TOKYOに
直営店での販売の有無について電話で照会したところ
「この商品は一般のアウトドアショプでの販売向けに数量限定で生産した物です
従って、NANGA直営店での販売はなく、NANGAのWEBサイトにも掲載がありません」とのことでした

スリーピングINDEXはこちらへ
ページトップへ戻る


テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/12/02(月) 12:01:04|
  2. スリーピング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Qualz 2WAYライトビームコット

Qualz 2WAYライトビームコット


相当古い話ですが、2017年東北長期遠征の時に、郡山のWILD-1でお昼寝用にと購入したコット

とてもコンパクトに収納できて持ち運びが楽なので、小梨平長期滞在の時には、物置台として活躍しています

70%-2017_0913_144025-1

収納時のサイズは、長さ55cm×高さ19cm×厚み17cm ととてもコンパクト

70%-2017_0913_134956-1

こんな感じでパーツが入っています

70%-2017_0913_140257-1

70%-2017_0913_140444-1

組立はとても簡単

ポールを通して、脚を付けるだけ

70%-2017_0913_144049-1

70%-2017_0913_144143-1

70%-2017_0913_144150-1

脚部パーツの差し込み口を変更するだけで、36.5cmと22.5cmの2段階に高さ調節が可能となっています

70%-2017_0913_144112-1

70%-2017_0913_144127-1

吹上高原キャンプ場での昼寝は最高に気持ちよかったですね

70%-2017_0913_144308-1

70%-2017_0913_144319-1

70%-2017_0913_144019-1

●サイズ
使用時:(約)幅191cm×61.5cm×高さ36.5/22.5cm
収納時:(約)長さ55cm×高さ19cm×厚み17cm
●製品重量
(約)3.3kg
●材質
本体フレーム:アルミニウム(アルマイト加工)
樹脂パーツ:ナイロン、グラファイト
シート:ポリエステル(裏面PU加工)


スリーピングINDEXはこちらへ
ページトップへ戻る


小梨平滞在記のレポも更新中

小梨平滞在記 INDEXは ↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg 

ページトップへ戻る

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/07/29(月) 22:35:52|
  2. スリーピング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NANGA AURORA light 600DX ナンガ オーロラライト600DX

NANGA AURORA light 600DX ナンガ オーロラライト600DX

 

2012年から約6年間、400泊を超えるキャンプでの夜、僕らの眠りを支えてくれたのが
スノーピーク セパレートオフトンワイド 1400

NANGA201808-021NANGA201808-019
NANGA201808-020NANGA201808-015

キャンプ後のメンテは念入りにして、専用のクリーニングも何度か出していたので
まだまだ現役続行してもらう訳ですが・・・

今年の7月、上高地の小梨平でのキャンプの準備にあたり、グッズの軽量コンパクト化について検討しました
検討材料のひとつに、容量が大きなオフトンも入っていて、軽量コンパクトなシュラフについて色々と情報収集しました

一番の候補として選定されたのが、NANGAのシュラフ

・・・ということで、
まず最初に直営店であるNANGA SHOP TOKYO(東京都目黒区碑文谷2丁目10‐21)へ行ってみることに
2018年7月31日、34度を超える猛暑の中、東急東横線の学芸大学駅を降りて徒歩で訪問しました

2018_0824_235320(1)

2018_0824_235320(2)

2018_0824_235320(3)

2018_0824_235320

他にお客さんがいなかったので、小一時間、店長さんと色々とお話しさせていただきました

今回のシュラフの選定基準は

●主に冬のキャンプ(雪中キャンプ含む)に使うもの
●雪山の極寒地で使うことはない
●現在持っているオフトンより軽量でコンパクトであること
●登山をするわけではないので、最軽量である必要はない
●ダウンの質は高級なものは求めず、ある程度の性能があればいい

店長さんのアドバイスを参考に、決めました

↓画像クリックで拡大表示

NANGA201808-000-1-1

AURORA light 600DX

サイズはレギュラー、カラーはGLD(ゴールド)

70%-2018_0819_143441-1

70%-2018_0819_142951-1

70%-2018_0819_144534-1

70%-2018_0819_144834-1


上矢印SPEC

表生地にオーロラテックス®(多孔質ポリウレタン防水コーティング素材)を使用いたしておりますのでシュラフカバーなしでそのままご使用いただけます。4シーズンご利用可能なモデルです。
・生地/表地:20dnオーロラテックス® 裏地:20dnナイロンタフタ
・内部構造/台形ボックスキルト構造
・フィルパワー/760FP
・ダウン量/600g
・サイズ/※ショート レギュラー ※ロング
・付属品/ショルダーウォーマー
・収納サイズ/φ17×31cm
・総重量:1,050g

上矢印 European Norm(EN13537)

EN(ヨーロピアン・ノーム)とはEU諸国における統一規格として制定されており、温度表記についてはEN13537で算出が定義されています。今までは各メーカー独自の方法で検査しておりましたが、第三者公的機関が行う事により公平な数字を表す事が可能となりました。

NANGA201808-004

NANGA201808-008

スノーピークのセパレートオフトンワイド1400は、基準がEN13537なのかどうか不明ですが
快適温度:ー2℃ 下限温度:-8℃ と表記されていました

EN13537の基準

Comfort Limit
(快適温度)
一般的な成人女性(25歳/60kg/160cm)が寒さを感じることなく、リラックスした体勢で快適に睡眠できる温度域とされています。(一般的に男性に比べ女性は代謝が低く寒さを感じやすいため、高い使用温度が算出されます)
Lower Limit
(下限温度)
一般的な成人男性(25歳/70kg/173cm)が寝袋の入り口を閉めて中で丸くなり、寒さを感じることなく8時間睡眠できる温度域とされています。また衣服の着用や、その他の要素(スリーピングパッドなど)により快適性を高めることが可能となっています。
Extreme Limit
(極限温度)
一般的に代謝が低く、寒さに対する耐性が低い成人女性が、寝袋の入り口を閉めて中で膝を抱える程丸くなった状態で6時間まで耐えられる温度域とされています。この温度域では身体は震えを起こすことで熱を作り出し、基礎代謝量を増やそうとします。極限状態での使用を想定した評価で、場合によっては低体温症の恐れもある危険な温度域といえます。

この基準による数値は、絶対的なものではないという事に注意する必要があります

例えば、Comfort Limit(快適温度)マイナス4℃と表記されているからと言って、マイナス4℃の場所で全ての人が
快適と感じるわけではありません
温度は同じでもそのフィールドのその他の気候要素の相違や、睡眠の時の服装や、そして何よりも個人の感覚の差で
快適に感じる人もいれば、寒いと感じる人もいるということです

ですが、この数値はEN13537を基準とする同社および他社の製品との比較においては、ある程度有効であると考えられるでしょう


上矢印 AURORA-TEX® (オーロラテックス®)

表生地の素材は、特性の多孔質ポリウレタン防水コーティング素材である。防水性を高めると蒸気透湿性が低下するという問題を高レベルで解決した素材で、超微粒子をポリウレタン樹脂に含有されることでコーティング膜中に0.1um(1ミクロン=1000分の1mm)以下の多数の微細孔を形成させたものです。2レイヤ地で耐水圧20000m・透湿性6000g/m2/24hrsという高レベルの防水透湿性能を達成し、10um以上の雨の粒子を防ぎながら0.0004um以下の水蒸気は楽に放出させるという、これまでのコーティング素材にない優れた特性を実現したものです。


70%-2018_0819_143652

70%-2018_0819_143653

上矢印立体構造

台形ボックスキルト構造と立体構造でダウンの良さを最大限引き出し、どんな体勢でもストレスを感じることなく効率的に保温することができる新しい次元のシュラフです。足元を細くすることで軽量化しております。

NANGA201808-007-1

NANGA201808-005

NANGA201808-006


上矢印噛み込み軽減パーツ搭載

シェラフを扱う際、極薄の生地をファスナースライダーが噛み込み、開閉を行えなくなる懸念や、強く噛み込んだ場合に、生地を傷める可能性がありますその問題を軽減させるため、YKKの特殊パーツをファスナースライダーへ取り付、噛み込み原因となる隙間を減らし生地の噛み込み発生軽減と、噛み込みが起きた際の生地へのダメージ軽減を実現しました。更に、素材に樹脂を使用し軽量化(パーツ重量1.6g)、暗闇でも閉操作をしやすい様に蓄光機能を付加しています。

NANGA201808-003

いままでのシュラフでは、結構生地が挟み込まれて困りましたので、この機能は頼もしいですね

70%-2018_0819_144729-1

70%-2018_0819_144656-1

70%-2018_0819_144550-1


セパレートオフトンワイド 1400と収納時の大きさを比較してみました

オーロラライト600DXはなんとコンパクトなことかびっくり 一目瞭然!!

70%-2018_0822_171841-1

70%-2018_0822_171911-1

70%-2018_0822_171922-1

セパレートマミー400も入れて3つの比較をしてみました

オーロラライト600DXは、セパレートマミー400と同じくらいの大きさですね

70%-2018_0822_171822-1

70%-2018_0822_171827-1


70%-2018_0822_171224-1

70%-2018_0822_171210-1

70%-2018_0822_171156-1

70%-2018_0822_171149-1

フィールドデビューが待たれます

今年の冬は、このオーロラライト600DXが主役で、オフトンはちょっと休養かなエイリアン

 

シュラフの軽量コンパクト化計画が終了したので、今度はマットに着手・・・ですねジョーク



スリーピングINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る





テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/09/04(火) 20:47:55|
  2. スリーピング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Snow Peak Cot High Tension   スノーピークコット ハイテンション

スノーピークコット ハイテンション


ずっと以前から検討を重ねてきたコット、ついにゲットしました

僕らのコットの使用目的は、
ベンチとして使用・お昼寝用として使用・星空観察用として使用
夜の睡眠用としての使用は、今のところ考えていないです

各種メーカーの品を絞り込んで、最終選考に残ったのが次のふたつ

製品名ハイコットスノーピークコット ハイテンション
メーカーHelinox ヘリノックスsnow peak スノーピーク
サイズW1,900×D680×H380mmW2,000×D650×H300mm
収納サイズW540×D175×H175mmW1,250×D280×H200mm
重量2.8kg6.0kg
生地の材質ポリエステルポリエステル600D・PVC加工
その他足を折りたたむとロータイプとしても使用できる2WAY仕様 
税抜価格¥38,000¥39,500
 k_1822159_bk156_main

ヘリノックスのハイコットは、次の点で優れている
・軽量
・収納サイズが小さい
・2WAY使用が可能

価格も同程度であるので、当初は収納サイズが小さいという点が魅力のヘリノックスに傾いていたが、

ベンチとして使用する場合の座り心地は、圧倒的にスノーピークが快適
端に座っても、反対側が持ち上がってしまうことはない
ヘリノックスの場合は、端に座ると、反対側が持ち上がってしまい、とても不安定
それに、座ったり寝たりすると、動くたびに、「キュッキュッ」という生地が擦れる音がする
スノーピークの場合は、そのようは音は発生しない
スノーピークの方が、生地が丈夫で耐久性がある

ヘリノックスが圧倒的に軽量であるということは、生地が薄いということかも?

ということで、結果、スノーピークコットハイテンションを選択


ハイテンションコットは、セッティング状態で地上高32cm。寝る人の自重によってテンションがかかりコット本体の安定も向上します。セッティングは、折りたたまれている2本のX脚を開いて、4本のパイプをシートの両サイドにスライドさせてセットします。キャンプシーンで使用するだけでなくベランダやデッキ、公園などシーンを選びません。またベンチ代わりにも使うことができます。

SPcot01

SPcot02

SPcot03

50-2015_0617_135411-1 (8)

50-2015_0617_135411-1 (1)

50-2015_0617_135411-1 (10)

実際の使用では、オレゴニアンのブランケット星条旗柄のマットを敷きます

50-2015_0617_135411-1 (2)

夏のキャンプでのお昼寝は、虫に邪魔されないように
Musasabi Mesh Inner Goodnight Mosquitoes(ムササビメッシュインナー/グッドナイトモスキートズ)
中に入れて使います

30-2015_0711_062115-1

この時は、メッシュインナーの底が破れないように床面保護カバーを装着します

30-2015_0711_062115-330-2015_0711_062115-2



今まで使っていたWILD-1 キャンパーズ ベッドは、倉庫待機になってしまうかも・・・キョロキョロ

スリーピングINDEXはこちらへ


2016年1月 ランドブリーズ6の購入に合わせて、初めてのコット寝を体験

ページトップへ戻る




テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/10(月) 07:30:06|
  2. スリーピング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

Profile

Kaoru&Beet

Author:Kaoru&Beet
Kaoru君とBeet君のキャンプ日記へようこそ!

Access counter

Online counter

Current viewers:

Calendar

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Search

New Report

水と踊りの城下町 郡上八幡へ Jan 26, 2020
WoodMatchM  GreenSeason最終日 Jan 25, 2020
WoodMatchM  白鳥(しろとり)の町へ Jan 24, 2020
WoodMatchM  光る朝 Jan 23, 2020
WoodMatchM  UFOがやって来たのか?! Jan 22, 2020
snow peak PILE DRIVER CARRYING CASE スノーピーク パイルドライバーケース Jan 21, 2020
初めてのお店、二度目のお店、そして偶然の再会!! Jan 20, 2020
BRISIE LED Lantern ブライシー LED ランタン Jan 19, 2020
大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ  襲撃!!「出会い」で出会えた Jan 16, 2020
大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ  素敵なCafe、見つけた Jan 15, 2020

INDEX

Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

ブランド・ショップ INDEXは
 ↓ ここをクリック

サインプレート ブランドショップINDEX


北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1


北帰行2018冬INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北帰行2018冬のコピー


小梨平滞在記 INDEXは
↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg


2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート2019夏_長野岐阜富山-1

Monthly archive

2020年 01月 【21件】
2019年 12月 【32件】
2019年 11月 【21件】
2019年 10月 【25件】
2019年 09月 【22件】
2019年 08月 【12件】
2019年 07月 【42件】
2019年 06月 【23件】
2019年 05月 【26件】
2019年 04月 【23件】
2019年 03月 【22件】
2019年 02月 【22件】
2019年 01月 【17件】
2018年 12月 【20件】
2018年 11月 【30件】
2018年 10月 【28件】
2018年 09月 【18件】
2018年 08月 【24件】
2018年 07月 【26件】
2018年 06月 【24件】
2018年 05月 【22件】
2018年 04月 【20件】
2018年 03月 【21件】
2018年 02月 【25件】
2018年 01月 【17件】
2017年 12月 【29件】
2017年 11月 【80件】
2017年 10月 【29件】
2017年 09月 【33件】
2017年 08月 【25件】
2017年 07月 【19件】
2017年 06月 【23件】
2017年 05月 【34件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【21件】
2017年 02月 【24件】
2017年 01月 【28件】
2016年 12月 【62件】
2016年 11月 【32件】
2016年 10月 【26件】
2016年 09月 【29件】
2016年 08月 【23件】
2016年 07月 【29件】
2016年 06月 【29件】
2016年 05月 【21件】
2016年 04月 【23件】
2016年 03月 【22件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【30件】
2015年 12月 【29件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【30件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【24件】
2015年 02月 【25件】
2015年 01月 【17件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【23件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【21件】
2014年 04月 【12件】
2014年 03月 【24件】
2014年 02月 【17件】
2014年 01月 【18件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【19件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【14件】
2013年 07月 【24件】
2013年 06月 【12件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【16件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【13件】
2013年 01月 【14件】
2012年 12月 【18件】
2012年 11月 【16件】
2012年 10月 【17件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【9件】
2011年 09月 【2件】

CATEGORY

Comment

Link


Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

ブランド・ショップ INDEXは
 ↓ ここをクリック

サインプレート ブランドショップINDEX


北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1


北帰行2018冬INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北帰行2018冬のコピー


小梨平滞在記 INDEXは
↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg


2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート2019夏_長野岐阜富山-1


あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

WOM CAMP ロゴ2


702016_1126_154717-15.jpg

ilbif02.jpg

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR