Kaoru君とBeet君のキャンプ日記

キャンプ日記、キャンプ道具、旅の記録、街歩きとグルメなどを書いています。

初めての北見、二年ぶりの再会

北海道長期遠征2016ーFile No.44

16日目その3へ戻る   18日目その1へ続く


2016年9月16日(金)17日目 初めての北見、二年ぶりの再会

今日は、北見在住のoffice t さんファミリーと再会予定の日
白滝高原キャンプ場で初めてお会いして から2年ぶりです
約束の時間は夜なので、それまでコインランドリーで洗濯しながら、待ち時間を使って少しだけ市内観光をします

朝ごはんはコンフォートホテルの無料朝食
このホテルの朝食、結構充実してました
ちなみにホテルの宿泊料金は、2名2泊で¥16,300、2名で1泊あたり¥8,150(無料朝食付き)、安いです

70%-2016_0916_102119

まずはコインランドリーへ

70%-2016_0916_102120

ホテルにもコインランドリーはありますが、洗濯機と乾燥機は別だし、小さいから何度も洗濯乾燥をしなくてはなりません

それに比べてこの大型の洗濯乾燥機は、一度に全部できてしまうし、待ち時間を有効に使えるのでとても便利ですウインク

70%-2016_0916_102140

洗濯乾燥が出来るまでの時間を利用して、ピアソン記念館

アメリカ人宣教師G.P.ピアソン夫妻の私邸として大正3年に建てられた。夫妻は道内各地を伝道し、その終着に選んだ地がアイヌ語で「地の果て」を意味する野付牛(現在の北見)。廃娼運動や慈善活動など、夫妻の志は今も北見の精神文化のよりどころとして多くの市民に親しまれている。設計者は近江兄弟社創設者としても知られているW.M.ヴォーリズ

70%-2016_0916_102959

70%-2016_0916_114230

70%-2016_0916_114251

ピアソン夫婦

柏の古木や楡の大木がそびえ、かるかや・ききょうの薫る高台、夕焼が静かに野付牛の空をこがしていた。
50歳を越した身長180cm豊かなアメリカ人宣教師とその夫人が伝道活動の拠点を求め、遠軽に居を定めるか野付牛(北見市)にするか思案に暮れながら、この高台を散歩していた。見ると西の山に大きな太陽が燃えながら没してゆく。その美しい光景に魅せられて、ピアソン夫妻の迷いは醒め、この高台に住むことに即決した。
2年がかりで、故郷エリザベス市の自然に似た美しい高台に、ピアソン夫妻の好む、スイス風山小屋を思わせる家が建てられた。当時人々は、この森の中の西洋館を大変珍しがり、夫妻の献身的な人柄を慕い、ここを訪れる人々は絶えなかった。
1888年(明治21年)に来日、40年間の本邦生活のうち35年間は北海道を、函館・室蘭・小樽・札幌・旭川・北見へと、南から北へ都会から農村へと開拓者たちの心に忍耐と勇気と夢の灯をともしながら伝道をつづけた。小樽と札幌では、本道初期の女子教育に貢献し、札幌農学校の学生を教えたこともある。旭川では、軍人伝道・廃娼運動・監獄伝道・アイヌ伝道・学校教育の振興に尽くした。
北見では、略註付旧・新約聖書出版の偉業を成し遂げ、遊郭設置阻止に成功し、多くの婦女子を救った。
二人は、この高台を「みかしわの森」(三本の柏の木のある森)と呼び、この高台とこの町をこよなく愛した。ここからは遠く北光社の開拓地が見え、足もとには町の灯りがともった。ここは、開拓者と町民のための祈りの家となり、聖書を説く神の家ともなった。ピアソン夫妻が15年間住みなれたこの「みかしわの森」に涙の別れを告げ、ポプラ並木のピアソン通りを去って、故国アメリカに帰ったのは1928年(昭和3年)の春のことである。

70%-2016_0916_113106

70%-2016_0916_103324

70%-2016_0916_113251

70%-2016_0916_112143


70%-2016_0916_110835

70%-2016_0916_111216

70%-2016_0916_110846

70%-2016_0916_111158

70%-2016_0916_113318

70%-2016_0916_113054


ピアソン夫妻が、伝道の最後の拠点となる野付牛(のつけうし)村(現・北見市)に移り住んだのは、1914年(大正3年)
夕日が美しく見える高台に立つ、木造2階建てのピアソン邸には、坂本龍馬の甥で、先にキリスト教の精神を胸に入植していた
「北光社移民団」の坂本直寛らも訪れ、共に、貧困の中で救いを求める人々に温かい手を差し伸べたと言われている

北光社移民団

北光社移民団は、土佐から野付牛(現在の北見市)に入植し、開拓しようとした団体で、坂本直寛(坂本龍馬の甥)はその初代社長でした。
1897(明治30)年4月、北光社による開拓移民募集に応募した112戸、約650人の移民団が高知浦戸港を出発。途中、船内でハシカが流行して30人余りが亡くなり、流氷に進路を阻まれるなど、現地に着くまでの航海は、困難を極めました。
網走に上陸した移民団は、原始林生い茂る原野を切り開き、北海道開拓のさきがけとなりました。その後坂本直寛は北海道に移住し、伝道者として軍隊や監獄での伝道活動や廃娼運動などに精力を傾けました。


記念館のスタッフの方が、北見の名前の由来など、色々な事を教えてくれました

ピアソン夫婦・北光社移民団、北見の歴史を語るにあたって欠かせないキーワードかもしれません


ピアソン記念館 パンフレット

2017_0628_082149.jpg2017_0628_082226.jpg2017_0628_082203.jpg2017_0628_082254.jpg
2017_0628_082306.jpg2017_0628_082327.jpg2017_0628_082338.jpg

北見路秘話

北見文化の基礎を築いたアメリカ人夫婦屯田兵の時代に北見を拓いたのは坂本龍馬の甥だった
2017_0628_094917.jpg2017_0628_094859.jpg

      
  

コインランドリーに戻って、洗濯物を引き取ってから、北見駅へ

70%-2016_0916_121041

70%-2016_0916_121139

70%-2016_0916_121157


北見観光協会

70%-2016_0916_121656


北見ハッカ記念館

薄荷(ハッカ)最盛期の昭和14年、実に世界の7割の薄荷が北海道北見市周辺で栽培されていたという、驚くべき歴史があった


70%-2016_0916_122639

70%-2016_0916_124847

70%-2016_0916_122659

70%-2016_0916_123244

70%-2016_0916_123350

70%-2016_0916_123507

70%-2016_0916_123532

70%-2016_0916_123054

70%-2016_0916_123151

70%-2016_0916_123640

70%-2016_0916_123657

70%-2016_0916_124037

70%-2016_0916_124058

70%-2016_0916_124133

70%-2016_0916_124726

70%-2016_0916_124748 (1) -2

70%-2016_0916_124748 (2) -2

70%-2016_0916_124748 (3) -2

開拓と共に歴史の幕が開いた北見ハッカ(ペパーミント商会)、北見ハッカ史(北見ハッカ通商)

北見ハッカ記念館 パンフレット
2017_0628_093935.jpg 2017_0628_094002.jpg
 

北見路秘話
昭和初期に世界の7割を生産した産業があった
2017_0628_094941.jpg





ホテルからすぐのコミュニティプラザ パラボ まちきた大通ビル

70%-2016_0916_125337

70%-2016_0916_130325

地下のオホーツク土産物売り場

色々なお土産物があって(買うわけではないですが)興味津々

70%-2016_0916_131008

それぞれの地域の特産品で作られたレトルトカレー  種類豊富ですね

70%-2016_0916_131039

70%-2016_0916_131050

70%-2016_0916_131109

70%-2016_0916_131055

炊き込みご飯の素、お買い上げ

70%-2016_0916_131208

70%-2016_0916_131245

70%-2016_0916_131256

このドレッシング、美味しかったです

70%-2016_0916_131333

二年前、office t さんファミリーにお土産としていただきました

70%-2016_0916_131748

70%-2016_0916_131444

北見ハッカ記念館で買った羊羹  おやつに食べましょう

70%-2016_0916_131753


お昼は、イオン北見店に入っている「餃子の王将」で(なぜか、餃子が食べたくなったのですよね)

ホテルに戻って、夕方まで休憩


夕方、office t さんが車で迎えに来てくれてお店へ

「焼肉コパン」 office t さんお気に入りのお店ですね

2年ぶりの再会に乾杯!!

あとからEMINEMさんも来てくれて、明日からのキャンプの前夜祭となりました爆笑

2016_0916_193317

2016_0916_194242

2016_0916_194303


北見は焼肉の街です

北海道にある都市の中で焼き肉店の対人口比率1位なのが、北見市
人口約12万人に対して焼き肉店が約60店舗、異常なまでの焼き肉店比率の高さです

その昔、国鉄北見駅の裏に屠畜(とちく)場があり、新鮮な肉が身近にあったことが焼き肉好きを育む一因となったそうです。
屠畜場の職員が鍋で煮込んで食べていた内臓肉(ホルモン)がその後 “もつ鍋” に発展。
その後、仲間同志で鍋や炭火をつつき合いながら交流を深める文化が定着したという説があります。

2017_0628_100009_thumb[1]

2017_0628_100100_thumb[1]

2017_0628_100419_thumb[1]

2017_0628_100245-1

2017_0628_100245-2

はい、お作法にしたがって、美味しくいただきました・・・ですスマイル

2017_0628_100009.jpg 2017_0628_100100.jpg 2017_0628_100140.jpg  2017_0628_100245.jpg   2017_0628_100225.jpg

2017_0628_100351.jpg 2017_0628_100256.jpg 2017_0628_100312.jpg 2017_0628_100321.jpg   

2017_0628_100419.jpg 2017_0628_100634.jpg 2017_0628_100506.jpg 2017_0628_100541.jpg 

天候(北見)  曇り  最高気温23.0℃ 最低気温13.3℃ 平均風速3.5m

16日目その3へ戻る   18日目その1へ続く


北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1

ページトップへ戻る

スポンサーサイト

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/16(金) 00:00:10|
  2. ●キャンプ日記-北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チミケップ湖キャンプ場、断念

北海道長期遠征2016ーFile No.43

16日目その2へ戻る   17日目へ続く


2016年9月15日(木)16日目その3 チミケップ湖キャンプ場、断念

多和平を後にして、今日の目的地チミケップ湖キャンプ場を目指します
屈斜路湖から津別峠を通って、津別に入って・・・というルートが近道だけれど、土砂崩れのため通行止めになっていたので
美幌峠から美幌に降りて、津別からというルートで行くことに

70%-2016_0915_120743-2

70%-2016_0915_120743-1

70%-2016_0915_120744_r

70%-2016_0915_121657_r

70%-2016_0915_122729_r

12:30頃、美幌峠に到着です

70%-2016_0915_123215

あなた忘れる 旅だけど
霧が心をまよわせる 
なにも見えない峠に立てば 
にくしみだけが遠ざかる
ああ さいはての美幌峠に霧が降る

あすはサロマか 裏摩周 
つらくなりそなしぐれ空
あれは和琴と指さす人の
どこか似ているうしろかげ
ああ さいはての美幌峠に風が哭く

胸にすがった この指が
いまはみぞれに泣いている
蓮葉氷にしずんだ湖に
愛のもろさがにじんでる
ああ さいはての美幌峠に雪が舞う


70%-2016_0915_123615

↓画像クリックで拡大表示

70%-2016_0915_123656-P

70%-2016_0915_123656-P3


70%-2016_0915_123705_r

70%-2016_0915_123838

[広告] VPS

70%-2016_0915_123825_r

70%-2016_0915_123923_r

70%-2016_0915_124620_r

70%-2016_0915_124655_r

道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠

70%-2016_0915_125240

70%-2016_0915_125253

友達から、お土産は「木彫りの熊」というリクエストがあったけれど、

すみません、ちょっと無理です困った

70%-2016_0915_125424

70%-2016_0915_125417

こんなキーホルダーでご勘弁を

70%-2016_0915_125451_thumb[1]

美幌峠名物 元祖あげいも

70%-2016_0915_131343_thumb[1]

70%-2016_0915_130356_r_thumb[1]

お昼ご飯代わりにこちらも  かぼちゃだんご

70%-2016_0915_130412_thumb[1]

ガラナとくまささ茶といっしょにいただきます

70%-2016_0915_131059_thumb[1]


美幌峠をあとにして、パイロット国道とも呼ばれる国道243号線を美幌の町に向けて走ります

70%-2016_0915_131429

70%-2016_0915_131920

[広告] VPS




美幌町から津別町に入って、北海道道494号訓子府津別線を通り、もうすぐチミケップ湖というところで

ガーーーン!!

通行止めです

「冬期通行止」ですって、まだ冬にはなってませんが・・激怒

70%-2016_0915_143554

仕方がないので、津別まで戻って別ルートでチミケップへ・・・・と思って走っていると

凄まじい雷雨が

70%-2016_0915_144900

70%-2016_0915_144906

この時点で、時刻は15時前
チミケップ湖キャンプ場は、車乗入不可で駐車場から長い距離を荷物運びする必要があるらしい
この豪雨の中では、ちょっときつそう・・・・

ということで、チミケップ湖へ行くのは断念

北見では2日後にある方と会う約束があって、ホテルを予約していた
コンフォートホテル北見というホテル

電話すると今日も空きがあるということなので、今夜は北見でのんびりすることに

70%-2016_0915_120743-6-1

しばらくすると雨があがって、空には虹が

70%-2016_0915_145100

つべつ木材工芸館まで来たときには、なんと青空が

スタッフの女性の方は地元の方で、ヒグマについて色々話をしていただきました

70%-2016_0915_152438

70%-2016_0915_151243

70%-2016_0915_151205

70%-2016_0915_151214

北見の街に入る手前で、コイン洗車機を見つけたので、プラD君を綺麗に洗ってから街に入りますウインク

70%-2016_0915_154245

北見の街中では、祭りの神輿が出てました

(後で調べると、北見神社の秋季例大祭でした)

70%-2016_0915_161939

コンフォートホテル北見にチェックイン

この日の夕食は、チミケップ湖で食べる予定だったカップ麺・サラダ・ブドウパン

オホーツク総合振興局

70%-2016_0915_120743-7


美幌町(アイヌ語:ピ・ポロ 水多く・大いなる所) 
人口20,065人、基幹産業の農林業、網走川、美幌川の流れに沿って拓かれた美幌原野と、
その豊かな実りによって町が栄え、道内有数の町として発展してきた。
美幌町には大小合わせて60本を数える美しい川が流れ、とりわけ美幌峠を源とする美幌川は
「母なる川」として多くの恵をもたらしてきた。
美幌川沿いの一帯は、美幌の発祥地と言われ、流域のあちこちに先住民達の生活の跡が残っている。

パンフレット
2017_0628_081648.jpg 2017_0628_081854.jpg   2017_0628_081806.jpg  2017_0628_081829.jpg


津別町(アイヌ語:ツペツ 山の出ばなを通って流れる川)
人口4,899人、総面積の約86%を国・道有林などの森林が占めている

パンフレット
2017_0628_101932.jpg  2017_0628_101953.jpg  2017_0628_102026.jpg  2017_0628_102103.jpg

北見市
「北見」の名の由来は、明治政府から国名を諮問された松浦武四郎が「この地を従来から北海岸と唱えてきたので北の文字を
用い、カラフト島が快晴の日には見えるので、北見としてはどうか」と進言したことによる
旧北見市市制施行前の名称「野付牛」(のっけうし)は、アイヌ語の「ヌプンケシ」(野の一方の端)に由来している
人口119,057人、オホーツク圏最大の都市、面積は1427.41平方キロメートルで、北海道では第1位、全国で第4位の広さ





チミケップ湖は、本当に残念でした
何年か前、レンタカーで道東を回ったときに、行ったことはあったのだけれど
北海道のブローガーsuikagogoさんの「北海道キャンプだべ」のヘッダーの風景に憧れ、
いつかはチミケップ湖でキャンプをしたいと思っていたのでした

この詳細レポを書くにあたり、通行止めの箇所はどの辺かなと調べてみると
なんと、今も(2017年6月現在)も通行止めになっているではないですか
「法面決壊の恐れ」が原因

ひょっとして、この道は一年中通行止めなのかもね
事前情報の入手不足、反省です

70%-2016_0915_120743-5


天候(津別)  曇り時々晴れ一時雨  最高気温23.4℃ 最低気温13.3℃ 平均風速2.1m

16日目その2へ戻る   17日目へ続く


北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1

ページトップへ戻る

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/15(木) 23:58:50|
  2. ●キャンプ日記-北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャンプをしたかった多和平へ

北海道長期遠征2016ーFile No.42

16日目その1へ戻る   16日目その3へ続く


2016年9月15日(木)16日目その2 キャンプをしたかった多和平へ

10:20頃、虹別オートキャンプ場を出発

今日は、チミケップ湖キャンプ場まで行く予定

70%-2016_0915_104106-1

まずは、多和平へ行きます

多和平にはキャンプ場があり、この遠征の計画段階から行ってみたいキャンプ場のひとつでした
広大で北海道的な風景を見ることができるキャンプ場だということで、そこで満天の星空を見ることができたら
どんなに素晴らしいだろうか・・・と思っていたのだけれど
天気予報では、雨予報だったので、多和平はあきらめて虹別オートキャンプ場にしたのでした

70%-2016_0915_104106-2

70%-2016_0915_104223


[広告] VPS

あれ? あれ? 困った 途中の道が通行止め

多和平キャンプ場の受付でもあるグルーンヒル多和に電話してみると、
「大丈夫です、通行できます」ということだったので、そのまま通行
途中の道の路肩が、少しだけ壊れていたけれど、通行止めにするほどではなかったような??

70%-2016_0915_104322

11時前、多和平に到着です

70%-2016_0915_104106-4-1

キャンプ場にはテントがひとつだけ

70%-2016_0915_105509_r

展望台へ行ってみます

70%-2016_0915_112028


70%-2016_0915_105921_r

ため息が出るような広大な風景

70%-2016_0915_110056_r

70%-2016_0915_110102_r

70%-2016_0915_110110_r

70%-2016_0915_110357_r

70%-2016_0915_104106-3

阿寒富士(標高1,476m)、雌阿寒岳(標高1,499m)

70%-2016_0915_111046

雄阿寒岳(標高1,370m)

70%-2016_0915_111036

摩周岳(カムイヌプリ 「神の山」)(標高857m)、西別岳(標高731m)

70%-2016_0915_110817

70%-2016_0915_110838

70%-2016_0915_110846

70%-2016_0915_110915_r

70%-2016_0915_110922_r

70%-2016_0915_110402_r

70%-2016_0915_110440_r



[広告] VPS

多和平の周りは、広大な標茶町育成牧場

70%-2016_0915_111113_r

70%-2016_0915_111522_r

70%-2016_0915_111834_r

70%-2016_0915_112109

70%-2016_0915_111937

[広告] VPS


多和平キャンプ場

車乗入不可、大人¥370

70%-2016_0915_111351_r

70%-2016_0915_111630_r

70%-2016_0915_112135_r

70%-2016_0915_112358_r

70%-2016_0915_112350_r

グリーンヒル多和、キャンプ場の受付はここで

なぜか写真がないので、HPから画像を拝借

70%-2016_0915_104106-5

70%-2016_0915_112256_r

多和平キャンプ場、いつかここでキャンプをしたいものです


11:40頃、そろそろ美幌峠に向けて出発です

70%-2016_0915_114246_r

70%-2016_0915_114429

70%-2016_0915_114503_r


16日目その1へ戻る   16日目その3へ続く

北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/15(木) 23:58:20|
  2. ●キャンプ日記-北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

このお値段でこの芝生・・!!   【虹別オートキャンプ場】

北海道長期遠征2016ーFile No.41

15日目その2へ戻る   16日目その2へ続く


2016年9月15日(木)16日目その1 このお値段でこの芝生・・!! 
 【虹別オートキャンプ場】

朝です
雨の予報でしたが、なんとなんと晴れているではないですか

70%-2016_0915_060245

70%-2016_0915_060201

70%-2016_0915_060324

昨日設営した時は暗くて、キャンプ場の全容が把握できていなかったので、散歩してみます

なんと立派な管理棟でしょうかびっくり

70%-2016_0915_060341

70%-2016_0915_060412

区画サイトに張っている人はいませんでした

70%-2016_0915_060439

広くて綺麗に整備された区画サイト

70%-2016_0915_061439

70%-2016_0915_061417

奥に小さな湖がありました(後で知りましたが、「シュワンベツダム湖」というダム湖)

朝霧がとても幻想的

70%-2016_0915_061027

70%-2016_0915_061134

70%-2016_0915_061202

70%-2016_0915_061258

とても広い芝生広場があって

70%-2016_0915_063745

70%-2016_0915_064000

なんとダンスの練習をしている人が

70%-2016_0915_063845

70%-2016_0915_064038

近づいてみると、2014年の北海道遠征の時、かなやま湖で会ったダンサーではないですか

こんなところでまた再会できるとは、びっくりです(笑)

70%-2016_0915_064102

70%-2016_0915_064113

フリーサイトに戻ってきました

70%-2016_0915_061547

70%-2016_0915_061605

まるでゴルフ場のように綺麗に刈られた芝にびっくりです

フリーサイト料金 大人1名¥370、二人で一泊¥740、¥740ですよ¥740!! びっくり

関東では考えられない価格です

70%-2016_0915_101317

70%-2016_0915_101328


朝ごはんを簡単に済ませて

70%-2016_0915_072557

久しぶりに晴れたので、オフトンを干します

70%-2016_0915_072031

70%-2016_0915_072041

みんなすっきり乾燥できたので、撤収です


15日目その2へ戻る   16日目その2へ続く



  虹別オートキャンプ場の紹介

上矢印ロケーション
標高140m、広大な牧草地の一角の森の中
西別川の支流のシュワンベツ川にあるシュワンベツダム湖に接している
虹別の市街地から1.4km、国道245号線から少し入ったところに位置するが、車の通行音はほとんど聞こえない
付近に民家はなくとても静かな環境

70%-2016_0915_060142-1

70%-2016_0915_060142-2

70%-2016_0915_060142-3

 

上矢印管理棟
標茶町の管理運営
驚くほど立派な管理棟建物
管理人の夜間駐在は不明
広いロビーがあり、夜、長期滞在のキャンパーが集まっていた

70%-2016_0915_063256

70%-2016_0915_060412


上矢印炊事場
場内に2ヶ所
お湯は出ません

70%-2016_0915_060541

70%-2016_0915_060551


上矢印トイレ
場内に2ヶ所
和式洋式水洗

70%-2016_0915_062021

70%-2016_0915_06191470%-2016_0915_061925
70%-2016_0915_06192970%-2016_0915_061951
70%-2016_0915_061940 


上矢印風呂・シャワー
管理棟内にコイン式シャワー室あり

 

上矢印ゴミ
有料(¥200でゴミ袋を購入)にて廃棄可能

70%-2016_0915_063511


上矢印サイト
とても綺麗な芝、手入れが素晴らしい

70%-2016_0915_060142-4-1


●フリーサイト
料金 大人1名一泊¥370
車の乗り入れ不可、駐車スペースはサイトに隣接

70%-2016_0915_060142-5

70%-2016_0915_060324

フリーサイトの駐車スペース

70%-2016_0915_101501

70%-2016_0915_101505


●オートサイト
個別サイト¥3,240、パワーサイト¥4,320、パーティーサイト¥6,480

70%-2016_0915_060706

70%-2016_0915_060834

70%-2016_0915_061417

70%-2016_0915_061426

70%-2016_0915_061439

●簡易バンガロー

70%-2016_0915_061453

●コテージ

70%-2016_0915_062908

 上矢印その他
●ペット可


15日目その2へ戻る   16日目その2へ続く


北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1

ページトップへ戻る

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/15(木) 23:58:10|
  2. 虹別オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再び中標津の町を通って  【虹別オートキャンプ場】

北海道長期遠征2016ーFile No.40

15日目その1へ戻る   16日目その1へ続く


2016年9月14日(水)15日目その2 再び中標津の町を通って 【虹別オートキャンプ場】


12時半頃羅臼を出発

今日は再び中標津の町を通って、南西に進路をとります

70%-2016_0914_125416-1


羅臼にあるもう一つのキャンプ場、羅臼オートキャンプ場を見学します
地図上は「らうす自然とみどりの村キャンプ場」(2009年に閉鎖)という名称になっています
この古いキャンプ場に隣接して2005年に開設されたのが羅臼オートキャンプ場
「らうす自然とみどりの村キャンプ場」は羅臼オートキャンプ場に統合されたのかな??

平坦で広々とした芝サイトのキャンプ場
当初はここも候補でしたが、羅臼の町から遠かったので・・・・

70%-2016_0914_125417

70%-2016_0914_125422

70%-2016_0914_125726

70%-2016_0914_125416-2

羅臼から約65km走って、再び中標津の町へ

コインランドリーを見つけて、洗濯している間に、トーヨーグランドホテルで日帰り入浴¥550

70%-2016_0914_125416-3

70%-2016_0914_152158

洗濯を終えてから、東武サウスヒルズへ行って買い物

ここに来るのは2回目になりますね

70%-2016_0914_165157

買い物が終わったのが17時前
当初の思惑では、多和平キャンプ場で満天の星空を見るつもりだったけれど、
天気は曇りだったし、もう夕暮れが迫っていたので、多和平キャンプ場より近い、虹別オートキャンプ場へ変更

中標津の町から約28km走ります

70%-2016_0914_125416-4

70%-2016_0914_165436

70%-2016_0914_172103

17:20頃、虹別キャンプ場に到着

受付時間を過ぎていましたが、事前に電話をしていたので、無事チェックイン出来ました

70%-2016_0914_172146

フリーサイトにエヴォ君4号(ランブリ4)を設営した頃、とっぷりと日が暮れていました

70%-2016_0914_185255

70%-2016_0914_185210

晩御飯は、中標津の東武サウスヒルズで買ってきたケンタッキーフライドチキンとサラダ

70%-2016_0914_185922

70%-2016_0914_190104

70%-2016_0914_190117

70%-2016_0914_190112

デザート付きですよウインク

70%-2016_0914_192848

70%-2016_0914_190443


天候(中標津)  曇り  最高気温20.6℃ 最低気温8.9℃ 平均風速1.2m

15日目その1へ戻る   16日目その1へ続く

北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1

ページトップへ戻る


テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/15(木) 23:58:00|
  2. 虹別オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Kaoru&Beet

Author:Kaoru&Beet
Kaoru君とBeet君のキャンプ日記へようこそ!

PCカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

INDEX

Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

CATEGORY

月別アーカイブ

2017年 07月 【16件】
2017年 06月 【23件】
2017年 05月 【34件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【21件】
2017年 02月 【24件】
2017年 01月 【28件】
2016年 12月 【47件】
2016年 11月 【32件】
2016年 10月 【27件】
2016年 09月 【29件】
2016年 08月 【23件】
2016年 07月 【29件】
2016年 06月 【29件】
2016年 05月 【21件】
2016年 04月 【23件】
2016年 03月 【22件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【30件】
2015年 12月 【29件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【30件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【24件】
2015年 02月 【25件】
2015年 01月 【17件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【23件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【21件】
2014年 04月 【12件】
2014年 03月 【24件】
2014年 02月 【17件】
2014年 01月 【18件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【19件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【14件】
2013年 07月 【24件】
2013年 06月 【12件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【16件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【13件】
2013年 01月 【14件】
2012年 12月 【18件】
2012年 11月 【16件】
2012年 10月 【17件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【9件】
2011年 09月 【2件】

最新コメント

リンク


Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

WOM CAMP ロゴ2

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR