Kaoru君とBeet君のキャンプ日記

キャンプ日記、キャンプ道具、旅の記録、街歩きとグルメなどを書いています。

ワインショップ & ダイナー FUJIMARU 浅草橋店

ワインショップ & ダイナー FUJIMARU 浅草橋店

キャンプ友達のちゃいさんから、お誘いが
「ちょっと気になるお店があります、場所は浅草橋、大坂生まれでワインと美味しい料理のお店」

ということで、8月の最後の土曜日、集合しました

お店の名前は、ワインショップ & ダイナー FUJIMARU 浅草橋店
JR浅草橋駅の南、神田川沿いのビルの2階、なぜか1階の洋服屋さんの中を通って階段を上がります

このお店、本店は大阪の酒屋さん(ワイン専門?)
ワイン庫があって、自分たちで好きなワインを探すことができます
もちろん値札、ついてますよ

IMG_20140830_180315-1

IMG_20140830_180305-1

たくさんのワインがありすぎて(1,200種類)、迷います
お店の人にアドバイスしてもらいながら、選びます

IMG_20140830_180204

グラッパ ドンナ・セルヴァーティカ 
小さなテントが買えるお値段、きっと一生飲まない(飲めない)と思う

IMG_20140830_180235

 

まずは、お久しぶりということでシャンパンで乾杯

2014_0830_183036


今度、コロダッチで作ってみるかな

2014_0830_183053

取り分けのための、ゆびさきトング  うわさには聞いていたけれど、使いやすい・・・  欲しい 欲しい

2014_0830_182951

地ダコと茸のアヒージョ

2014_0830_183012

2014_0830_190539

ローストビーフのタレ、白みそと生クリームの合わせ技  今度真似してみようか

2014_0830_190545

たこりき 大阪風クロケット、トマト・ケチャップとガーリック・オイルを載せて ・・・・タコ焼きの揚げ物?   初めての食感

2014_0830_190529

 

美味しいワインと料理、キャンプ談義に花が咲きました
4人で3本、飲み過ぎ・・・ではないですよね


二次会は、浅草のザ・ゲートホテル雷門の13階のBar
東京スカイツリーの夜景を肴に、今後のフィールド出撃予定について・・・・・

IMG_20140830_211621

IMG_20140830_212013


気が付くと、スカイツリーの照明は消えていました

8月が終わります  街にも秋の足音が・・・・・・

 

ちゃいさんへ
いいお店にお誘いいただきありがとうございました
次回は、フィールドで・・・・・・・・

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ワイン - ジャンル:グルメ

  1. 2014/08/31(日) 10:27:06|
  2. ●街角グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

みはし

みはし

ちょっと遡って8月15日(金)終戦記念日、全国的に雨が多い中、おそらく関東地方だけが真夏日

かき氷が食べたくなって、上野の「みはし」へ

50%-2014_0815_130432-1

50%-2014_0815_130522

あんみつは、みはし と言われていて、ここのあんみつは絶品・・・・
なのですが、もうひとつ忘れてはならないのが、ここのソフトクリーム

50%-2014_0815_124941

色んなところを旅するたびに、ソフトクリームがあれば必ずといっていいほど食してます
各地のソフトクリームには申し訳ないですが、間違いなく、みはしのソフトクリームが一番  
今まで、これを超えるソフトクリームには、出会ったことがないです   僕ら的にはですけどね・・・

50%-2014_0815_124948

 

濃厚であって、でもしつこくない、甘みとコクのバランスがちょうどいい、上品な味
なかなかピッタリの表現が出てこないのが情けないですが、とにかく美味い
誰かのブログには「みはしのソフトクリームを食わずして、ソフトクリームを語るなかれ」
と表現されてました

おっと忘れてました 今日はこれを食べにきたのでしたね

50%-2014_0815_124927

50%-2014_0815_130112

50%-2014_0815_130325

50%-2014_0815_130501

帰りは上野駅から銀座線

上野駅には夏の香りがいっぱいでした

50%-2014_0815_131013

50%-2014_0815_131057

50%-2014_0815_131146

50%-2014_0815_131334

50%-2014_0815_131357.-1



関連記事

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

  1. 2014/08/30(土) 00:22:42|
  2. ●街角グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ライジングフィールド軽井沢  キャンプ場情報

ライジングフィールド軽井沢 (Rising Field) のキャンプ場情報だよ

ライジングフィールド軽井沢 (Rising Field)  2014年8月キャンプ日記はこちらへ


下記の情報は、2014年8月20日現在の情報です
オープンしたばかりのキャンプ場ですので、今後進化していくと思われます

 
上矢印ロケーション
標高1,100mの高原
浅間山の東、軽井沢銀座の北に位置する
白糸ハイランドウェイがすぐ近くを通っているが、通行量がさほど多くはなく、そのせいか車の音はそれほど気にならない
特に夜間は、大変静かな環境
標高が高いせいか、ハエ・ハチアブ以外の虫はいなかった

ライジングフィールド-地形図

ライジングフィールド-航空写真のコピー

50%-2014_0820_125259

 

上矢印管理棟
管理棟内では、R-Cafe&BARが営業している

50%-2014_0820_125323-1

50%-2014_0819_151452

50%-2014_0820_130015

50%-2014_0820_125938

50%-2014_0820_130213

 
上矢印炊事場
場内に4ヶ所?
お湯は出ません
以前の軽井沢レクの森キャンプ場(野営場)時代のままの炊事場
使い勝手はよくない
今後、改修される予定とのこと

50%-2014_0819_151308

50%-2014_0819_151318


上矢印トイレ
場内に3ヶ所
一つは簡易水洗、洋式、多目的トイレもあり
それ以外は、汲み取り式トイレ
洗面所には、ハンドソープが用意されていた

↓ 簡易水洗トイレ

50%-2014_0820_122131

50%-2014_0820_12214650%-2014_0820_122306
50%-2014_0820_12231950%-2014_0820_122340


上矢印シャワー
場内に1ヶ所、予約制10分¥300
小さな小屋をシャワー室としている
今後、コイン式シャワー室を設置する予定とのこと

付近の入浴施設
星野温泉トンボの湯 10:00~23:00 ¥1,300 約11km 26分
千ヶ滝温泉 平日12:00~21:30 土日10:30~22:00 土日¥1,240 約12km 27分
小瀬温泉は日帰り入浴ができません

50%-2014_0819_151733

実際の使用時は、床にすのこが敷かれる

50%-2014_0819_151739

 

上矢印ゴミ
分別して廃棄が可能

50%-2014_0820_125916

50%-2014_0820_125922

上矢印サイト
林間の区画サイト、フリーサイトはない
電源付サイトもなし
広さはサイトによって異なる
地面は、砂交じりの土(土盛りして整備している途中のサイトもある)

ライジング-kobaianiのコピー

50%-2014_0820_122413

 

上矢印その他
○鹿やキツネが出没するので、食材の管理は厳重にする必要があります
 就寝時には、車の中に入れるようにという注意事項がありました

 本当に、鹿がいました(早朝のしらかば広場)

50%-2014_0820_071342-1


○しらかば広場という広くてすごく綺麗に整備された広場があります (サイトとしての利用はできません)
 芝が素晴らしい、星空鑑賞に最適 
    
 

50%-2014_0820_122707


○少し歩くと水遊び場(川?)があるようだが、詳細は不明
○現在は、グランドオープン記念のため料金が割安になっている

↓ 画像クリックで大きな画像を表示

50%-2014_0820_125725

↓ 画像クリックで大きな画像を表示

50%-2014_0820_12575750%-2014_0820_125804

昔は「国設軽井沢野営場」だった

50%-2014_0819_152136

昔の案内図

50%-2014_0819_152152

ライジングフィールド軽井沢 (Rising Field)  2014年8月キャンプ日記はこちらへ


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2014/08/29(金) 16:41:44|
  2. ライジングフィールド軽井沢
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ライジングフィールド軽井沢  観光地軽井沢の空気を少しだけ

ライジングフィールド軽井沢 (Rising Field)    観光地軽井沢の空気を少しだけ

  

二日目その1へ戻る 


キャンプ場を出て、小瀬林道を走ってきた終点は、「星野エリア
テレビのチャンネルを急に切り替えたように、緑だけの風景から一瞬にして、人人人・・・の観光地の風景に

車も渋滞中
軽井沢プリンスショッピングプラザ」へ行きたかったので、中軽井沢から軽井沢バイパスに回り込んだけれど
駐車場に入る車で、やはり渋滞中
平日とは言え、やっぱりまだ夏休み
沢山の人が、来てました

ショッピングプラザに車を止めて、軽井沢銀座の手前にある、とあるお店まで歩きます

とあるお店というのは、「PARADISE軽井沢店」アメリカ雑貨のお店
実は、このお店は北軽井沢にもあって、北軽井沢店はご主人が、軽井沢店は奥さんが切り盛りしている
北軽井沢店は何度か足を運んだ、僕らのお気に入りのお店

軽井沢店には行ったことがなかったので、この機会に行ってみようということになったわけ
電話で場所は聞いたけれど、駐車場はないということなので、歩いていくことに
目印は「マリリンモンロー」ですって・・・・

50%-2014_0820_140842

見つけましたよ、マリリンモンロー

50%-2014_0820_141605

50%-2014_0820_142451

50%-2014_0820_143624

PARADISE軽井沢店でゲットしたのはこれ、当然キャンプで使いますよ

50%-2014_0821_10113850%-2014_0821_101158
50%-2014_0821_101217 

マリリンモンロー・・・・・・写真撮りすぎですよクール

50%-2014_0820_143411

今日は軽井沢の諏訪神社のお祭りで、花火大会もあるようです

50%-2014_0820_142419

お昼ご飯は、PARADISEの奥さんに教えてもらったフランス郷土料理「ブラッスリーシュエット」へ
気さくな奥さんと美味しいランチ・・・・良かったです

50%-2014_0820_150844

50%-2014_0820_14495750%-2014_0820_145006
50%-2014_0820_14494950%-2014_0820_144953
50%-2014_0820_15082350%-2014_0820_150835

夏休み~~~!!って感じの雲

50%-2014_0820_151402

50%-2014_0820_140443


軽井沢駅もすごい人、そうですよね新幹線で遊びに来る人も沢山いるのだから

50%-2014_0820_152220

50%-2014_0820_140206

50%-2014_0820_140147

ショッピングプラザに戻って、少しだけお店を・・・・
ぶらぶらしただけで、結局何も買いませんでしたけどね

50%-2014_0820_153254

50%-2014_0820_154444

50%-2014_0820_154955

50%-2014_0820_154949


さて、あまり遅くならないうちに、帰るとしますか

50%-2014_0820_162010

 [広告] VPS

 

関越は少しだけ渋滞してました

都内に戻ると、稲妻が

 [広告] VPS

今年の夏を象徴するような光景でした


天候晴れ 最高気温30.8℃ 最低気温17.4℃ 平均風速1.5m


二日目その1へ戻る  



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2014/08/28(木) 21:42:14|
  2. ライジングフィールド軽井沢
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ライジングフィールド軽井沢  びっくりが2つ

ライジングフィールド軽井沢 (Rising Field)    びっくりが2つ  
  

一日目その2へ戻る     二日目その2に続く 

ライジングフィールド軽井沢 (Rising Field) キャンプ場情報はこちらへ



二日目
ここは標高約1,100mの高原、朝の光のシャワーが爽やか

50%-2014_0820_070314

50%-2014_0820_070252

50%-2014_0820_070449


広場に朝の散歩

今日も浅間山が綺麗に見える

50%-2014_0820_070758

[広告] VPS

あれ、よく見ると、二匹の鹿が朝ご飯の最中じゃないですか
びっくりですびっくり 鹿がいるなんて
本州で自然の中で鹿に会ったことは・・・・過去を遡っても思い出せない

50%-2014_0820_070944

50%-2014_0820_070927

50%-2014_0820_071251

50%-2014_0820_071342

この時、望遠レンズ持ってなかったのが残念悲しい

[広告] VPS


二つ目のびっくり爆笑

それはミネルバのテント村
このキャンプ場の中にあるのだけれど、全てが小川テントのミネルバの常設テント村

50%-2014_0820_123245

50%-2014_0820_123310

50%-2014_0820_123339

なんですか これは!! 全部 ミネルバじゃないですかびっくり

元々このキャンプ場は、軽井沢レクの森キャンプ場(野営場)という名称の
団体や家族が利用する軽井沢町営の教育キャンプ場だったようです
縁があって品川区キャンプ協会が管理・運営・指導を委託されていました

品川区では、夏休み期間中だけキャンプ場の一部を借りて、品川区民専用のキャンプ村を作っていました
ボランティアのスタッフが交代で常駐するキャンプ村です

僕らが行った時も、数名のスタッフの方がいたので、色々な話を聴くことができました
品川区では昔からテントにミネルバを使っている (品川区はお金持ちなのか?びっくり
特注のミネルバもある (特注ですか へ~~大笑い
過去は、キャンプ場の一区画を軽井沢町から借りていたけれど、これからはライジングフィールド軽井沢から借りることになる
来年も、同じように借りることができるかどうかは不明

 

12時半、撤収完了

50%-2014_0820_124206

場内を少し散策してから、チェックアウトしました

50%-2014_0820_122658

50%-2014_0820_122804

50%-2014_0820_123152

50%-2014_0820_122932


帰りは小瀬林道を通って、軽井沢の町に出ました

小瀬林道

車の離合がなかなか難しい、ラフロードです

50%-2014_0820_132452

50%-2014_0820_132514


[広告] VPS


まだ時間は早いので、
お昼ごはん食事を何処かで食べて、たまには観光地「軽井沢」の雰囲気を味わってから帰りましょうか投げキス

 一日目その2へ戻る      二日目その2に続く 

ライジングフィールド軽井沢 (Rising Field) キャンプ場情報はこちらへ




関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2014/08/27(水) 23:41:48|
  2. ライジングフィールド軽井沢
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ライジングフィールド軽井沢  星座がわからない

ライジングフィールド軽井沢  (Rising Field)     星座がわからない

一日目その1へ戻る   二日目その1に続く

ライジングフィールド軽井沢 (Rising Field) キャンプ場情報はこちらへ



一日目の夜
天気予報では、夕方から小雨の予報
雨雲レーダーでは、小さな雨雲(おそらく雷雲)が、南西から北東に流れているけれど
どうやらここは通過しないような気配

一時的な雷雨は覚悟していたけれど、雨を避けることができてよかった

50%-20140819_194108

50%-20140819_194211

ふと、空を見上げると、木々の間から、星が見えている

50%-20140819_194641

これはひょっとすると・・・・・

広場まで行ってみた

ワ~~~と、思わず歓声を・・・・・・

50%-20140819_205330

50%-20140819_205150

夜空には、満天の星、見える星が多すぎて星座がわからない

浅間山の北西方面が、時々稲妻で光っているけれど、雷鳴は聞こえてこなかった

50%-20140819_202117

50%-20140819_201832

50%-20140819_195805_01

50%-20140819_200156

 

50%-20140819_202258

50%-20140819_195939

50%-20140819_200103

50%-20140819_202552

50%-20140819_202913

 

50%-20140819_202838

50%-output_comp 


天候晴れ 最高気温29.5℃ 最低気温17.5℃ 平均風速1.5m

一日目その1へ戻る   二日目その1に続く

ライジングフィールド軽井沢 (Rising Field) キャンプ場情報はこちらへ


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2014/08/26(火) 23:05:16|
  2. ライジングフィールド軽井沢
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

ライジングフィールド軽井沢  7月グランドオープンのキャンプ場

ライジングフィールド軽井沢 (Rising Field)   7月グランドオープンのキャンプ場

2014年8月19日(火)~20日(水) 1泊2日で、ライジングフィールド軽井沢へ行ってきたよ

月刊GARRRVの9月号を見ていると、軽井沢で初めてのオートキャンプ場が7月にグランドオープンした
という記事が・・・・・
北軽井沢(群馬県)には、たくさんのオートキャンプ場があるけれど
軽井沢(長野県)には、オートキャンプ場がなかった

調べてみると、ライジングフィールド軽井沢 (Rising Field)  というキャンプ場で、
元々の軽井沢野営場(軽井沢レクの森キャンプ場)の場所に オートキャンプ場を作ったらしい
現在は第1期グランドオープン記念価格で
(1サイト¥2,000、入場料1名¥500)で、キャンプが出来るという
どんな、キャンプ場かなと、訪ねてみました

ライジング-今日のサイト

50%-2014_0819_125716



5:00 浅草出発  距離185km

ライジングフィールド-ルート

いい天気、朝日に輝く高速道路の風景もなかなかのもの

50%-2014_0819_052439

かろうじて富士山も見えている

50%-2014_0819_053103


関越道・上信越道も渋滞なく順調、お盆明けの平日ですからね

50%-2014_0819_065552

50%-2014_0819_071533

50%-2014_0819_071542

50%-2014_0819_071836

碓井軽井沢IC 7時過ぎに到着

50%-2014_0819_071912

雲海が発生している?

50%-2014_0819_072316

50%-2014_0819_072357

軽井沢ルート01

いつもの、Cafe Le petit nid3 カフェ・ル・プティ・ニ・トロワ
去年のクリスマス以来、8か月ぶりかな

50%-2014_0819_073023

50%-2014_0819_08223550%-2014_0819_082304
50%-2014_0819_08222150%-2014_0819_082249
50%-2014_0819_07371050%-2014_0819_073852
50%-2014_0819_07443050%-2014_0819_074640

いつ来てもおいしいね  大好きなお店です


パンを買いに、軽井沢銀座のフランスベーカリー
ここは、ジョンレノンが通っていたパン屋さん

50%-2014_0819_083342

50%-2014_0819_08341650%-2014_0819_083356

別荘街を通って、キャンプ場へ向かいます

50%-2014_0819_08502450%-2014_0819_085034
50%-2014_0819_08515850%-2014_0819_085839

途中、旧三笠ホテルが見えます

50%-2014_0819_085917

白糸ハイランドウェイを登っていきます

[広告] VPS


9:30 ライジングフィールド到着
アーリーチェックインで、さっそく設営
今日のサイトは、CENTER19というサイト、
簡易水洗トイレに近くて、広いサイトだそうです
夜間は、キツネや鹿が出没するので、食材は必ず車の中で保管してくださいとのことでした
今日は、全部で6組とのこと、夏休みだけれど、まだ知れ渡っていないせいか空いてますねウインク

50%-2014_0819_125633

設営スタイルは、ほぼ固まりましたね

50%-2014_0819_114208

50%-2014_0819_125654

50%-2014_0819_114239

木洩れ日が心地よい

何をするでもなく、、夏の香りを感じながら・・・・・・・まったりと知らない

50%-2014_0819_125741

広場(白樺広場と呼ばれている)へ散歩に
綺麗な芝生の広いサイトで、ここから西方向に浅間山が見えます
この広大な芝生広場がフリーのオートサイトになったらいいだろうなあ

50%-2014_0819_115228

50%-2014_0819_115439

50%-2014_0819_115532

お客さん、ここではゴルフ禁止ですよイライラ

50%-2014_0819_115259

この広場は、航空写真で見ると、森の中にぽっかりと穴があいたような空間
満天の星空をここで見ることができたら最高ですね

広場航空写真 

お昼ご飯は、カレーうどん

北海道美瑛で買った、「美瑛カレーうどんのカレールウ」
うどんは、稲庭うどん  
北海道と東北のコラボ  贅沢でしょ
具はなにも必要ありませんね

50%-2014_0819_12414350%-2014_0819_122332
50%-2014_0819_12263050%-2014_0819_124116


おやつには、北の国の友達からのいただきもの、サニーショコラというトウキビを焼いて・・・・
甘くて本当に美味しい、北の国の香りが一杯です

50%-2014_0819_130303


15:30ぐらいから場内のシャワー使って
夕方から雷雨の予報だったので、早めに夕食を

夕食は、キャンプでは初の、ハンバーガー
バンズが売っていなかったので、家で焼いてきましたよ
コールスローサラダとフライドポテト、それにピクルスを添えて
もちろんビールもねビール
ビールはまたまたサッポロクラシック (家の近くのスーパーで買いました!)
100%ビーフのベーコン・チーズバーガー・・・・・・・・最高の味でしたね爆笑

50%-2014_0819_180743

 

50%-2014_0819_18025750%-2014_0819_180341
50%-2014_0819_18094150%-2014_0819_180953
50%-2014_0819_18100750%-2014_0819_180732

 

そして、陽が落ちて・・・・・星

 

一日目その2へ続く

ライジングフィールド軽井沢 (Rising Field) キャンプ場情報はこちらへ




関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2014/08/25(月) 23:56:36|
  2. ライジングフィールド軽井沢
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

おいしいキャンプ場  キャンプ場情報

おいしいキャンプ場のキャンプ場情報だよ

おいしいキャンプ場 2014年8月キャンプ日記はこちらへ

 
上矢印ロケーション
標高950m
富士山の西側山麓、富士ヶ嶺高原に位置し、富士山を眼前に望むことができる
通行量の多い国道139号線から、直線距離で約1km離れているので、車の音はほとんどしない
また、県道71号富士宮鳴沢線からは、直線距離で約300mだけれど、こちらも通行量は少なく、車の音は気にならない

 50%-DSC_8132

 おいしいキャンプ場-地形図




おいしいキャンプ場-航空写真02 

campsitemap.jpg 
 

[広告] VPS

 


上矢印管理棟事務所

導入路から入ってくると最初に管理棟が見える

スナップショット 1 (2014-08-25 11-00)のコピー  

50%-2014_0806_121439


上矢印炊事場
場内に1ヶ所、室内にある
お湯が出ます
とても綺麗に清掃されている
洗剤やスポンジ、ハンドソープが用意されてあった
(キャンプ場のWEBサイトでは「洗剤の準備はありません」と記載されていたけれど)

50%-2014_0806_115327

50%-2014_0806_11533350%-2014_0806_115338

上矢印トイレ
場内に1ヶ所
土足厳禁です
ウォシュレット、暖房便座があり、とても綺麗に清掃されている
洗面所には、ハンドソープが用意されている
50%-2014_0806_11544350%-2014_0806_115459
50%-2014_0806_11544750%-2014_0806_115551

上矢印シャワー
場内に1ヶ所で、2室
土足厳禁です
有料¥300で10分程度、ドライヤー使用料¥50(料金はシャワー室の料金箱へ)
更衣室も適当な広さがあり使いやすい

50%-2014_0806_115406

50%-2014_0806_115412

付近の入浴施設については、キャンプ場のWEBサイトへ

上矢印ゴミ
分別して廃棄が可能

上矢印サイト
電源付区画サイト  広さは概ね10m×10m  段々状のサイトになっている

50%-2014_0806_114243

50%-2014_0806_114324

50%-2014_0806_114508

50%-2014_0806_114619

50%-2014_0806_114557

電源付小区画サイト 広さ7m×7m

50%-2014_0806_114347

電源なし区画サイト  広さは概ね10m×10m

50%-2014_0806_114656

50%-2014_0806_114724

50%-2014_0806_114828

50%-2014_0806_114846

上矢印その他
●管理人さんは、運営会社である株式会社アドベンチャラーズブレイン代表取締役社長の稲村さん
稲村さんは、誰でも知ってるアウトドアショップの親会社(上場)の元社長さん
キャンプ大好き、農園造りが大好き、料理作りが大好きというアウトドアマン
繁忙期は、ずっとここに泊まり込みだそうです
まだまだ色々なことを計画されているようで、楽しみです

稲村さんのご挨拶はこちらへ

●このキャンプ場の特色である
「全天候型サイト」と「焚き火Bar & BBQスペース」については、こちらへ

50%-2014_0806_121726

50%-2014_0806_121644

50%-2014_0806_121614

50%-2014_0806_121504

●野菜畑・花畑
管理人さんが、愛情込めて育てています

50%-2014_0806_114856

50%-2014_0806_121704

 

●ピザ窯
有料で利用可能
管理人さんは、ピザ作りが大好きかな?
差し入れでいただいたカレーピザは、とても美味しかったですよ

50%-2014_0806_115242

●子供さん用のプール
夏だけですが、プールまで用意されていました

50%-2014_0806_115205

 ●付近にはスーパーマーケットがないので、河口湖付近または富士宮付近で買い物を済ませてきた方がよい
買い物の場所については、キャンプ場のWEBサイトへ

 

おいしいキャンプ場 2014年8月キャンプ日記はこちらへ

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2014/08/24(日) 23:33:58|
  2. おいしいキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

おいしいキャンプ場  また来たくなるところ

おいしいキャンプ場   また来たくなるところ


一日目に戻る

おいしいキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ


朝食を作っていると、管理人さんがやってきて、また、差し入れいただきました
富良野ララミーという品種のとうもろこし
 今、収穫したばかりだから、このまま生で食べてくださいとのこと
北海道から帰ったばかりで、「富良野」という名前を聴くと嬉しくなりますね爆笑

前夜の残りのあさりの白ワイン蒸しと、ホットサンドと一緒にいただきました

50%-2014_0806_082542

 

管理人さんにお願いして、午前中はゆっくりして、12時頃にチェックアウトすることに

50%-2014_0806_091253

50%-2014_0806_091017

50%-2014_0806_091109

50%-2014_0806_101759

小湊さんのステッカーも、富士山は初めてかな?

50%-2014_0806_101735


撤収後、キャンプ場全体を見学

おいしいキャンプ場の特色のひとつ

全天候型のテントサイト

元は牛舎だったところに、常設テントを・・・・・管理人さんの昔のファミリーキャンプの体験から
雨の中でも、快適にキャンプが出来ればいいなあと考えて作ったようです
常設してあるのはNordisk Utgard、Nordisk ALPHEIM、そしてコールマンのスクリーンタープ
びっくりしました こんなテントサイトは、初めて見ました おそらく何処にもないと思います

正直、ここを使うニーズってあるのかなあ? と思ってましたが、1組のファミリーがここで楽しくキャンプしてましたね

50%-2014_0806_121539

50%-2014_0806_121602


おいしいキャンプ場の特色の二つ目

焚き火Bar & BBQスペース

管理人さんは、キャンパー同志が集えるスペース、そして雨でも遊べる場所を作りたかったとのことでした
ソフトドリンクは 一部を除き¥100均一、お酒は例外もありますが、ほとんどが¥500
とても良心的な価格ですよ

この場所も元は牛舎

50%-2014_0806_120901

50%-2014_0806_121221

なんと大型TVモニターまであって、W杯の時は、キャンパーと一緒にここでサッカー観戦したとか
すなわち、スポーツBarにもなるようです

50%-2014_0806_121351

 

50%-2014_0806_121421

50%-2014_0806_121504

50%-2014_0806_121415


管理人さんと昨日に引き続いて色々なお話しをしたあと、管理人さんが自分で作ったという「ルバーブのジャム」を買って
キャンプ場を後にしました

お世話になりました 興味深いお話をたくさんありがとうございました

 
帰り道
キャンプ場を出発して、河口湖方面へ

西湖ルートのコピー

キャンプ場から、県道71号を北へしばらく進むと、ちょっとした展望スペースがあって、本栖湖が見えました

50%-2014_0806_125341

50%-2014_0806_125240

50%-2014_0806_125322

 

ライカさんおすすめの、吉田うどんの「ふもとや」さんへ、閉店時間の14時少し前、間に合いました

50%-2014_0806_140221

50%-2014_0806_140151

50%-2014_0806_134007

限定品の「まぜごはん」、まだありました

50%-2014_0806_134037

最後の出汁までいただきますよ

50%-2014_0806_135134

 

西湖に戻って、アウトドアのスペシャリスト木村 東吉さんがプロデュースする西湖キャンプ・ビレッジ「ノーム」を見学
この付近は、多くのキャンプ場が隣接している地域
ホテルや旅館なども近くにあり、たくさんの人が来ていました

50%-2014_0806_144521

50%-2014_0806_143854

50%-2014_0806_144026

50%-2014_0806_143914

キャンプ場の浜から

50%-2014_0806_143549

向こう岸に見えるのは、PICA富士西湖かな

50%-2014_0806_143709

ノームを後にして河口湖の北岸を走って、帰ることにしましょう

50%-2014_0806_150002

左は、河口湖大橋

50%-2014_0806_151222


[広告] VPS

富士急ハイランドの絶叫マシン「FUJIYAMA」と、富士山

50%-2014_0806_153651

夏の雲ですね

50%-2014_0806_154238

中央道は少し渋滞があって、都内に入ったのが、18時頃

50%-2014_0806_174909

18:20 無事、帰ってきました

50%-2014_0806_182205

夏の富士山に会うことができたし、興味深いキャンプ場にもめぐり会えました

おいしいキャンプ場、今度は、ダイヤモンド富士を見ることが出来る季節(10月中ごろ)に行ってみようかな 



天候晴れ 最高気温30.0℃ 最低気温20.7℃ 平均風速2.9m

一日目に戻る

おいしいキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2014/08/23(土) 16:11:32|
  2. おいしいキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

おいしいキャンプ場  夏の富士山が見たくなって

おいしいキャンプ場   夏の富士山が見たくなって

2014年8月5日(火)~6日(水) 1泊2日で、富士山麓富士ケ嶺のおいしいキャンプ場へ行ってきたよ

「おいしいキャンプ場」って、とても変わった名前のキャンプ場でしょ
ここは2013年の7月にオープンしたキャンプ場
朝霧高原の北側、富士ケ嶺高原に位置し、標高は約950m
とても気になるキャンプ場のひとつだったので、一度訪ねてみることにしました

campsitemapのコピー1

50%-2014_0806_090109

ふもとっぱら、朝霧ジャンボリーよりも、富士山よりに位置する

おいしいキャンプ場-航空写真02のコピー

 


5:00 浅草出発 距離136km 2時間弱で到着予定

おいしいキャンプ場-ルート

今日はいい天気
首都高から見えるビルが、朝日に輝いている

50%-2014_0805_051004

朝日が眩しい晴れ

50%-2014_0805_052035

50%-2014_0805_051331

50%-2014_0805_054640

50%-2014_0805_060023

夏の富士が見えてきた

50%-2014_0805_061218


[広告] VPS

 


6:20 河口湖IC到着

50%-2014_0805_061851


河口湖のガストで朝ご飯食べようと、お店に行ったけれど、開店は7時から・・・・
なので、ガストの隣のコンビニでサンドイッチとおにぎり買って、精進湖へ

50%-2014_0805_070301

精進湖は、全国高校総体のカヌー競技の会場になっていた

50%-2014_0805_073243

50%-2014_0805_073446

50%-2014_0805_073530

50%-2014_0805_073900

朝早くから、練習かな

50%-2014_0805_072907

北海道の幾寅の道の駅みなみふらのに寄ったとき の、横断幕を思い出した

南富良野高校のカヌー部もここにきているんだね

50%-2014_0711_160821-1


上空は間違いなく快晴なんだけれど、低い雲が立ち込めていて富士山は隠れている

50%-2014_0805_072020

湖畔の浜で、さっき買ったサンドとおにぎりの朝ご飯

50%-2014_0805_071804

 

精進湖を後にして、道の駅朝霧高原
キャンプ場はここからすぐ
時間は8時前、チェックインするにはまだ時間が少し早いので、ここで休憩と時間調整
(正規のチェックイン時刻は13時だけれど、アーリーチェックインが8時から1名¥200で可能)

50%-2014_0805_075820

50%-2014_0805_075840


8時半前に、チェックイン

50%-2014_0806_121439

管理人さんが、「今日は、電源なしサイトには他に予約が入っていないので、お好きなところに」
ということだったので、
少しだけ高台になっているA-25サイトを選択
プラド君は、サイトの中に入れずに、通路に止めたまま
まあ他には誰も来ないようなので、いいでしょう

50%-2014_0805_085119

50%-2014_0805_085057

天気は安定している予報だけれど、念のため急な雷雨に備えて、出来るだけタープの中に・・・・

50%-2014_0805_125934

50%-2014_0805_125909


まだ、雲が低くて、富士山は顔を見せてくれませんね

50%-2014_0805_130000

天気予報では、晴れになっているのだけどなあ

50%-2014_0805_125826

お昼ご飯は、冷そうめんと天ぷら
管理人さんが育てた「ズッキーニ」をいただいたので、それも天ぷらにしましたよ

50%-2014_0805_13061050%-2014_0805_132453
50%-2014_0805_13190950%-2014_0805_132933
いただいたズッキーニ
50%-2014_0805_124813

50%-2014_0805_133329


ビールは、
コンビニエンスストア限定ビール「サントリー モルツ サマードラフト」
― 麦芽100%使用による麦の味わいと、爽やかな余韻が特長の夏にぴったりのビール ―

50%-2014_0805_120208


お昼ご飯を食べ終わった頃、少しずつ晴れてきましたよ

50%-2014_0805_134731

50%-2014_0805_134835

そして、ついに夏の富士山が顔を出してくれました
夏の富士を近くで見るのは、久しぶりかも
だいたいは、雪でお化粧をした富士を見ているけれど、素肌をさらけ出した富士
なぜか違う山に思えてしまう

50%-2014_0805_145946

50%-DSC_8132

 50%-DSC_8512
 
50%-DSC_8552

50%-DSC_8916 

インターバル撮影しながら、何も考えずに富士山を眺めます

本当に、雲と戯れているような・・・・・・

[広告] VPS


シャワーを使ったあと、管理人さんと色々と話しをしたりして、のんびりとした午後を過ごします 

夕方の富士

50%-2014_0805_174521

夕陽が富士を照らす赤富士は、残念ながら見ることができませんでした

50%-2014_0805_184113

50%-2014_0805_184228

晩ご飯は、
あさりの白ワイン蒸し、カナッペ、サラダ、カレーじゃが
管理人さんからの差し入れのカレーピザ

50%-2014_0805_193106

50%-2014_0805_19244450%-2014_0805_192452
50%-2014_0805_192936
←北海道で買ってきた
  富良野で有名はカレーショップ 
  唯我独尊」のカレーじゃが

管理人さんからの差し入れ、カレーピザ  絶品でしたよ

50%-2014_0805_191927


夜には、濃い霧で覆われて、星空を見ることはできませんでした


50%-20140805_203500

50%-2014_0805_204009

 

天候晴れ 最高気温30.5℃ 最低気温20.0℃ 平均風速3.2m

二日目に続く

おいしいキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2014/08/22(金) 21:06:59|
  2. おいしいキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

東京スカイツリー 2014夏

今年の夏、全国各地で気候が不順で、大きな災害が発生しているところもある中

東京は、暑い夏が続いている

50%-DSC_9644

 [広告] VPS

 

8月11日(月)~8月17日(日)の1週間限定で特別ライティングがあった

50%-20140815_225625

50%-20140815_224614

DREAMS COME TRUE プロデュース特別ライティング
特別ライティングは、“光で届ける音楽のチカラ”をテーマに、デビュー25 周年を迎えたDREAMS COME TRUEがプロデュースしたデザインで“AGAIN”と”HAPPY”二つのライティングを交互に点灯します。
それぞれのデザインは、DREAMS COME TRUEの奏でる「音楽」を東京スカイツリーの「光」で表現したもので、“AGAIN”はデビュー25 周年記念シングルとして発表された楽曲「AGAIN」を、”HAPPY”はドリカムを代表する楽曲「うれしい!たのしい!大好き!」をそれぞれイメージしています。

楽曲を聴きながらライティングを眺めると、歌詩や楽曲の盛りあがりに合わせて照明が明滅したり、塔体のグラデーション色が変わるなど、音楽を光で感じることの出来る初の点灯演出となっています。

東京スカイツリーは季節に応じて、また各種イベントに応じて、様々な色で点灯するけれど、
今回のように、動きの激しい点灯は、初めてでしたね

[広告] VPS


関連記事

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2014/08/21(木) 23:57:22|
  2. 東京スカイツリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

軽井沢の別荘?で避暑に


いい天気、浅間山もスッキリ


これが僕らの別荘




7月に新しくオープンしたばかりの
オートキャンプ場です。
詳しくは、後日レポートします

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2014/08/20(水) 09:02:06|
  2. ライジングフィールド軽井沢

かなやま湖から苫小牧へ  ~さようなら北海道、ありがとう北海道~

十三日目その1に戻る 

  

7月12日(土) 十三日目 その2  かなやま湖から苫小牧へ
                         ~さようなら北海道、ありがとう北海道~


北海道最終日、苫小牧のフェリーターミナルへ向かいます
乗船受付開始時刻が、22時30分、出航は翌日7月13日(日)の1:30
受付時刻まで、相当時間があるので、支笏湖方面へちょっと寄り道を

かなやま湖-美笛


トマムからの帰り道、幾寅のセイコマで、朝食にパンとおにぎりを購入
9時半頃にキャンプ場に帰ってきました
朝食食べてからさあ、最後の撤収ですよ

11時過ぎには撤収完了

50%-2014_0712_11161050%-2014_0712_111529


汗をかいたので、管理棟でシャワーを使い、着替えます

50%-2014_0712_114011

管理人さんにお礼の挨拶をして、お昼前、苫小牧に向けて出発ですスマイル

雲が多くて、今にも雨が降り出しそうな・・・・・

50%-2014_0712_121333

道の駅 自然体感しむかっぷ に立ち寄り、短時間の仮眠をとりますウインク
朝早かったですからね  これからのドライブに供えて、少し休息です

占冠から道東自動車道に入り、そして道央自動車道を走ります
途中、雨が降ってきました
高速から眺める北海道の景色も見納めですね

50%-2014_0712_141703

毎晩お世話になりましたビール

50%-2014_0712_150340

道央自動車道、中央分離帯がまるで ”林”びっくり

50%-2014_0712_151311

50%-2014_0712_151416

 

フェリーの乗船受付開始時刻まで、かなり時間があるので、支笏湖に行きます
なぜ支笏湖かというと、人気のキャンプ場「美笛キャンプ場」を見学にね
湖畔の道路から看板を目印に森の中に入っていきます
舗装されていない道はかなりワイルド

道道78号支笏湖線は、千歳市美笛(美笛キャンプ場入口)~千歳市奥潭(支笏湖オコタン湖畔)の間で、通行止めでした
1997年11月に発生した土砂崩れ以降通行止めであり、環境問題も鑑み、当分開通の見込がたっていないようです

50%-2014_0712_160302

50%-2014_0712_160346

いったいどこまで走るのかなと思ったら、いきなりゲートが見えて、その奥にテントが見える・・・

管理人さんに見学したいとお願いして、入口手前のスペースにプラド君を停めます
場内に入ると、びっくりするほど多くのテントと車がびっくり
今まで行ったキャンプ場では、貸切状態だったり、他のキャンパーさんに出会うことがそれほど多くなかったから
皆さん、どこでキャンプ楽しんでいるのかなと不思議に思ったことも事実
ここでしたか・・・
確かに札幌からも近く、湖畔で水遊びもできるし、何よりも車を乗り入れることができ、フリーサイトであることが、人気を集める大きな理由のようです

50%-2014_0712_160259

50%-2014_0712_155953

50%-2014_0712_160149

50%-2014_0712_160243

湖岸は、本州のキャンプ場でもあまり見たことがないような・・・激混みがっかり

50%-2014_0712_160207

管理人さんからもお話を聞くことができました
平日はそうでもないけれど、週末はかなりの人混みだそう(この日は土曜日)
なんといっても支笏湖の景色が素晴らしい とのこと

 

美笛キャンプ場を出て、支笏湖畔にあるもう一つのキャンプ場、モラップキャンプ場も見ていきますか
ここでは、手前の休憩所から湖畔のキャンプ場を見ました
かなりのテント数ですね
カヌーを楽しんでいる子どもたちも、たくさんいましたよ

50%-2014_0712_163605

50%-2014_0712_163115

ここから、初めて、支笏湖の風景を見ることができました

50%-2014_0712_162855

50%-2014_0712_163407

支笏湖温泉を少しだけ見に行ってから、苫小牧に向かいます

美笛-苫小牧のコピー

17:30 苫小牧では夕食に、回転寿司の「海天丸」を選びました
美味しかったですね  そしてお値打ち
大満足です

50%-2014_0712_172802

50%-2014_0712_172938

ときしらず、 北海道ならではのネタ、 東京では食べれないかなスマイル

50%-2014_0712_173627

50%-2014_0712_174641

まだまだ時間がありますので、ゆっくり温泉にでも入ります
100%天然温泉の「なごみの湯」でリフレッシュです

 

苫小牧フェリーセンター、満月の夜
名残惜しいけれど、北海道とお別れです号泣

50%-2014_0712_210139

50%-2014_0712_234304

50%-2014_0712_234508

50%-2014_0712_234848

しぼったばかりの夕陽の赤が 水平線からもれている
苫小牧発・仙台行きフェリー
あのじいさんときたら わざわざ見送ってくれたよ
おまけにテープをひろってね 女の子みたいにさ
みやげにもらったサイコロふたつ 手の中でふれば
また振り出しに戻る旅に 陽が沈んでゆく

[吉田拓郎:落葉]

 

 

 

北海道長期遠征オートキャンプの旅

本当に充実した旅でした
たくさんの出会いと感動、全てに感謝します
また来る日まで さようなら北海道 ありがとう北海道


長期間にわたる、北海道長期遠征オートキャンプの旅日記を、ご覧いただきありがとうございました

最後に、
旅にあたり、色々な情報を教えていただいた皆様に、そして
星のかけらを探し続けている旅人に、お礼を申し上げて
この旅日記を終えたいと思います

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2014/08/19(火) 00:01:58|
  2. ●キャンプ日記-北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:24

かなやま湖オートキャンプ場  ~トマム、雲海テラス~

十二日目その5に戻る   十三日目その2へ続く

かなやま湖オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ


7月12日(土) 十三日目 その1  かなやま湖オートキャンプ場  ~トマム、雲海テラス~
(かなやま湖オートキャンプ場 三日目 撤収日)


占冠村にある、あの有名な星野リゾートトマムに、雲海テラスなるものがあります
ここは、中富良野から1時間半くらいの距離にあるので、星に手のとどく丘キャンプ場から出かけてみようかと思っていた場所
ただ、雲海を見るには早朝がベストだから、1時間半はちょっと遠いね ということで断念しました

ところがフェリーの欠航のため、かなやま湖オートキャンプ場に2泊することになったので、それでは雲海テラスに行ってみようということになりました
かなやま湖からは50分くらいの距離

かなやま湖-トマム 

今年の雲海テラスは、5月17日から10月14日まで営業、標高1100mにあるテラスへは、ゴンドラで登ります
ゴンドラの営業時間は朝5時から8時まで(7/1~8/31までのB期間)
ということで、北海道オートキャンプ最終日の朝は早起きして、3時少し過ぎにキャンプ場を出発

駐車場には既に何台かの車が停まっていました
テラスは標高が高く、天候によっては寒くなることもあるので、一応暖かい服装で準備
ゴンドラのチケットを買い、列に並んでいると、営業時間より早めにゴンドラが動き始めました

50%-2014_0712_042046


4時半にはテラスに到着
テラスは霧の中です
テーブルと椅子をキープして、天候の回復を待ちます

50%-2014_0712_043336

テラスにある「てんぼうかふぇ」のスープを飲み、身体を温めます

50%-2014_0712_044028

ゴンドラが到着するたびに、観光客がどんどん増えていきますよ  海外の方も多かったですね

50%-2014_0712_045205

50%-2014_0712_051304

50%-2014_0712_051127

雲海は、地形条件と気象条件が重なった時にしか見られないもの
大自然任せです
じっくり腰を据えて、待ちますよ

霧の中で、時折太陽が光を送ってくれることもあり、雲海テラスのスタッフの説明では、可能性はまだあります とのこと

待つこと2時間半、7時少し前でしょうか
空が明るくなり、雲が動きはじめました

50%-2014_0712_064510

50%-2014_0712_064616

これは雲海ではないです 

50%-2014_0712_065404

50%-2014_0712_065535

50%-2014_0712_065444

残念ながら、雲海を見ることはできませんでしたが、その代わりに、まるで生き物のように戯れる壮大な雲を眺めることができました
眼下には星野リゾート全体の風景、そして遠くには東大雪の山々や日高山脈を見ることもできます
本当にいい天気です
清々しい空気、目に優しい自然の色
ここでも素晴らしい風景に感動です

50%-2014_0712_070213

50%-2014_0712_070217

50%-2014_0712_070518

 [広告] VPS

 

50%-2014_0712_072708

狩勝山の左奥の方向には、然別湖を囲む天望山や白雲山がうっすらと見えました

50%-2014_0712_073419

50%-2014_0712_072714

50%-2014_0712_072718

50%-2014_0712_073448

50%-2014_0712_073453

50%-2014_0712_072127

7時40分頃、テラスにも、人が少なくなってきましたね

50%-2014_0712_073743

50%-2014_0712_074115

僕らもそろそろ、ゴンドラで山を降りるとしますか

50%-2014_0712_073129

50%-2014_0712_075032

50%-2014_0712_075801

本日は、雲海の発生なし

50%-2014_0712_080216

こんな綺麗な雲海が見えることも・・・・・

50%-2014_0712_074201

雲海テラス

雲海には出会うことができなかったけれど、雲が晴れて、素晴らしい光景を見ることができました
まさに、早起きは三文の得ですね

さあ、かなやま湖オートキャンプ場に戻って撤収です

十二日目その5に戻る    十三日目その2へ続く

かなやま湖オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2014/08/18(月) 00:01:16|
  2. かなやま湖オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

かなやま湖オートキャンプ場  キャンプ場情報

かなやま湖オートキャンプ場のキャンプ場情報だよ

かなやま湖オートキャンプ場 2014年7月キャンプ日記はこちらへ

 
上矢印ロケーション
標高360m
かなやま湖の湖畔

kaanyamakoのコピー

かなやま湖オートキャンプ場全景01-2


上矢印管理棟
大変立派な建物
広いロビーがあり、TVも設置されている
コインランドリー完備
シャワー室はこの中にある

50%-2014_0712_114011

受付時の駐車場

50%-2014_0712_114024

上矢印炊事場
場内に3ヶ所
大変綺麗に清掃されている

50%-2014_0712_111618のコピー


上矢印トイレ
場内に2ヶ所 洋式和式水洗トイレ
大変綺麗に清掃されている

50%-2014_0712_111624のコピー

上矢印シャワー
管理棟内にある 無料
付近の入浴施設 :かなやま湖保養センター ¥410 徒歩2分  10:00-20:30

50%-2014_0711_072332

上矢印ゴミ
分別して廃棄が可能
ゴミステーションが3か所ある

50%-2014_0712_111618-1


上矢印サイト
全て電源付区画サイト
27㎡のスタンダードサイトと45㎡のキャンピングカーサイトがある
サイトの整備は、丁寧に実施されている(蟻の駆除など)

50%-2014_0712_113953

50%-2014_0711_061631

上矢印その他
●湖畔にある「かなやま湖畔キャンプ場」とは異なるキャンプ場 (管理運営は同じ)
●南富良野町振興公社が管理運営
●キタキツネがいるので食材の管理には注意を要する
●来場者アンケートによると、料金について「高い」という意見が多いけれど、値下げについては町議会の承認が出ないとか  
 ちなみに、料金はサイト¥3,080、入場料大人一人¥820、大人二人の場合、¥4,720  道内では少し料金が高いほうかな

かなやま湖オートキャンプ場 2014年7月キャンプ日記はこちらへ



かなやま湖畔-全体図

かなやま湖畔


 かなやま湖全景



かなやま湖畔キャンプ場 


全てフリーサイト、車乗り入れ禁止

管理事務所
 50%-2014_0711_072611

トイレ
50%-2014_0711_074030
 
炊事場
50%-2014_0711_072714
 
バンガロー
50%-2014_0711_073759

ゴミステーション
50%-2014_0711_072641


50%-2014_0711_081249

 50%-2014_0711_072802



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2014/08/17(日) 16:47:36|
  2. かなやま湖オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かなやま湖オートキャンプ場  ~北の国でのキャンプ、最後の夜~

十二日目その4に戻る    十三日目その1へ続く

かなやま湖オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

7月11日(金) 十二日目 その5  かなやま湖オートキャンプ場  
                                                            ~北の国でのキャンプ、最後の夜~

(かなやま湖オートキャンプ場 二日目)


北落合航空写真03のコピー 

15:45 Farm&Cafeベリーズを出て、落合を通って、
幾寅の町のコンビニ「セイコーマート」に寄って、少し買い物
「セイコーマート」とは、北海道で1,160店以上を展開する日本で現存する最も古いコンビニエンスストアのひとつ
本州では、なぜか、埼玉県と茨城県にだけお店がある
北海道の皆さんは「セイコマ」と略しているらしいびっくり

16:05 道の駅南ふらの  に寄ってみる
夕方になって、また雲が出てきた

50%-2014_0711_161447

50%-2014_0711_161516

50%-2014_0711_160450

50%-2014_0711_160407

こちらに来て、初めてメロンを食べましたよ爆笑

50%-2014_0711_160536

50%-2014_0711_160650

さすが北海道ですね 高校にカヌー部ですね

50%-2014_0711_160821


富良野のカレーハウス「唯我独尊」のカレーじゃが
唯我独尊は行ったことがあるけれど、こんな商品は初めて
ジャガイモの中にカレーが入っているのか?、ジャガイモがカレー味になっているのか?

50%-2014_0711_161300

東京に戻ってから食べてみたけど・・・・・すみません、いまいちでした悲しい

 
キャンプ場に戻ると、4組のキャンパーが来ていました   キャンピングカー2組、テント2組

大型のキャンピングカーの方は、大きなワンちゃんを3匹も連れてのキャンプ
お話を聞いてみると、なんと福岡から来ているとのこと
当然、本州を縦断して、青森の大間からフェリーで北海道に渡ろうとしたら、そのフェリーが欠航になって
仕方がないので、青森まで戻って別のフェリーに乗ったらしい
ワンちゃん。特に大型犬を連れてフェリーに乗る場合、ワンちゃん専用の部屋を確保するのが大変難しいらしい
そうですよね なにしろ3匹ですからね

今日は、保養センターのお風呂には行かずに、管理棟内のシャワーで汗を流します

夕食は、簡単に
函館五島軒レトルトカレー、幾寅のセイコマで買ったマカロニサラダ、富良野で買ったトウモロコシ
北海道でのキャンプは今夜が最後、食材を残さないように、簡単に済ませました
いったい何泊目になるんだろうか? 数えてみると10泊目でした
意外と少なかったかな?


最後の夜も雲が多くて、それに月齢13.8 十五夜の月が明るくて、星はあまり見えませんでした

50%-20140711_200024

50%-20140711_200514

50%-20140711_200123

50%-20140711_202505

50%-20140711_205759

50%-20140711_210842

50%-20140711_211044

50%-20140711_211207

十五夜の月と雲、 魔法使いが箒に乗って飛んできそう・・・・watermarkのコピー

50%-20140711_210351

50%-20140711_210523

雲が飛ばされて 月がぽっかり ひとり言
こんな空は昔 ほうきに乗った 魔法使いの
ものだったよと 悲しい顔してさ

君の絵本を 閉じてしまおう
もう少し幸せに
幸せに なろうよ

[吉田拓郎: 伽草子]




 


 
いよいよ明日は最終日、撤収して苫小牧に向かいます・・・・・・・・が、

実は撤収前の早朝に、もうひとつ行くところがあるんですよ・・・・ウインク


天候晴れ時々曇り  最高気温28.9℃ 最低気温15.0℃ 平均風速1.2m

十二日目その4に戻る    十三日目その1へ続く

かなやま湖オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2014/08/16(土) 00:24:27|
  2. かなやま湖オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

かなやま湖オートキャンプ場  ~Farm&Cafe ベリーズ~

十二日目その3に戻る   十二日目その5へ続く

かなやま湖オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

7月11日(金) 十二日目 その4  かなやま湖オートキャンプ場  ~Farm&Cafe ベリーズ~
(かなやま湖オートキャンプ場 二日目)


北落合を後にして、落合方面へ
観光案内パンフレットにあった「Farm&Cafeベリーズ」という名前に惹かれて、寄ってみることに
予備知識は全くなし どんなお店でしょうか

北落合航空写真02のコピー 

地図では道路沿いにあるようですが、周りは森と畑だけ、気を付けないと通り過ぎてしまいそうです

50%-2014_0711_155307

小さな看板を見つけ、敷地内に入ると、そこは白樺林の緑あふれる空間
お店の名前どおり、庭には各種ベリーが植えられている

50%-2014_0711_143444

50%-2014_0711_153950

50%-2014_0711_154035

50%-2014_0711_153755

50%-2014_0711_153804

 

手作りのログハウスの中は、これまた手作り感溢れる、それでいてお洒落なインテリア
入口にある大きな窓から見える風景は、まるで額縁に入れた美しい絵のよう
この風景は、AIR DOの機内誌「rapora」の表紙を飾ったことがあるほど
お好きなところにお座りください と言われて奥まで進むと、また違った雰囲気が
暖炉がとてもいい感じ

50%-2014_0711_153301

50%-2014_0711_143835

50%-2014_0711_143900

50%-2014_0711_144012


ソファに座ると、そのまま時間が経つのを忘れてしまうほどの居心地の良さ
このお店の特徴は、庭のベリーを自分で摘み取り、それをパフェやジュースにして楽しむことができるというもの
メニューは、無農薬栽培のそば粉を使ったガレットや、パエリアなど
デザートには、ベリーを使ったパフェや、なかなか食べることができないという「エゾアムプリン」もあります

50%-2014_0711_143739

50%-2014_0711_143805

50%-2014_0711_143816

50%-2014_0711_144402

 

僕らは、そばガレットセットと自家製そばパンセットを注文
美味い! ハスカップジュースもこれまた美味い!!

50%-2014_0711_145003

50%-2014_0711_145012

敷地のほとりには、シーソラプチ川(アイヌ語で「本当の・空知川」の意)が流れ、清流の音が涼しさを運んでくれていた
川を見下ろすテラスも、いい雰囲気

50%-2014_0711_153743

50%-2014_0711_150834

50%-2014_0711_150903

50%-2014_0711_150913

50%-2014_0711_152503

50%-2014_0711_151438

50%-2014_0711_151512

 [広告] VPS

デザートは外のテラスで、エゾアムプリンと摘みたてベリーのパフェをいただきました
どれも美味でしたよ

50%-2014_0711_15201350%-2014_0711_151936

 オーナー夫妻は、時期はわかりませんが、道外からこの地に移住
10年前から、道の駅南ふらのに、「ベリーズ 道の駅店」を出していて、
ここ「Farm&Cafeベリーズ」は、2011年の7月にオープンしたようです

シーソラプチ川では、ラフティングなどのリバーアクティビティを楽しむことも可能
お店の敷地内では、なんとキャンプもできるらしい
Cafeとしての魅力だけではなく、大自然を満喫できる機会をいくつも提供してくれるところですね

50%-2014_0711_153840

50%-2014_0711_153904

50%-2014_0711_153940

50%-2014_0711_154024

50%-2014_0711_154013

 

デザートのエゾアムプリンは、平沢の丘にある「エゾアムプリン製造所」で作られているもの
手作りのため、限られた数しか作れないようです

50%-2014_0711_153602

エゾアムプリン02


ここベリーズエゾアムプリン製造所も、それぞれのブログがあります
北海道に移住して、お店を始めるまでの道のりや日々の生活のことなどが掲載されていて、
興味深く読むことができますよ

50%-2014_0711_153928

何も知らずに立ち寄ったお店が、こんなに素敵なところだったとは・・・
これまたナイスな出会いに感謝です

十二日目その3に戻る    十二日目その5へ続く

かなやま湖オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2014/08/15(金) 08:27:58|
  2. 北海道旅先グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

かなやま湖オートキャンプ場  ~北落合、This is The 北海道~

十二日目その2に戻る   十二日目その4へ続く

かなやま湖オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

7月11日(金) 十二日目 その3  かなやま湖オートキャンプ場 
                                                            ~北落合、This is The 北海道~

(かなやま湖オートキャンプ場 二日目)


南富良野町の観光パンフレットを見ていたら、北落合のあたりで素晴らしい風景を眺めることができる とある
そこで幾寅駅に寄ってから、北落合までやってきた

北落合航空写真01

北落合は、ジャガイモ畑やにんじん畑が広がる標高600m前後の高原

50%-北落合03  

北の大地と白い雲、息を飲むほどのこの壮大な風景

50%-2014_0711_135954

50%-2014_0711_134931

50%-2014_0711_135404

50%-2014_0711_140100

50%-2014_0711_140113

50%-2014_0711_140541

50%-2014_0711_141557-1

50%-2014_0711_142449



これぞ 「The 北海道」 (サッポロ生ビール<黒ラベル>の名前ではないですよ)
美瑛や富良野の風景はもちろん素晴らしいけど、
この北落合では素朴で雄大な畑の風景が、そのままの姿で僕らを迎えてくれた
何もなかった原野を開拓し、これほどの畑を作った人間の血の滲むような力の結集が見せる美しさ
大自然の美しさとは、異なります

50%-2014_0711_134953

50%-2014_0711_141319

50%-2014_0711_140758

50%-2014_0711_140819

 

畑の畝がまっすぐに延びて、その中にすっくと立つ大きな一本の木が、美しい
青空に白い雲、遠くの山並みに映える大きな木と、太陽の光でできた影
ため息がでるほどの眺めに感動です

50%-2014_0711_140720

50%-2014_0711_142043

50%-2014_0711_142054

観光客はだれもいない
少しの間だけ、この風景を僕らの貸切にしてくれたかのよう

写真や動画で記録に残すけれど、それだけでは足りないですね
心の中に、しっかりと記憶を焼きつけてきましたよ

50%-2014_0711_141753

50%-2014_0711_141442

50%-2014_0711_141716 

50%-2014_0711_141431

 手作りの標識に、にっこり

50%-2014_0711_142249

牧場の牛にカメラを向けたら、そのあたりの全員(全牛?)がのっしのっしと僕らの方をめがけて歩いてきた
餌をもらえると思ったのだろうか、その迫力にちょっと後ずさりしてしまった
牛さん、くつろいでいるところにおじゃまして、ごめんなさい
ちゃんとカメラ目線でしたね、ありがとう

50%-2014_0711_140803

50%-2014_0711_140901
  
[広告] VPS

北落合を後にして、落合方面へ

[広告] VPS

 

途中、道路脇に、こんな設備があった タイヤを洗浄するプール?
タイヤの泥を落とす? 殺菌する? この付近の農業に関係があるのかも

50%-2014_0711_143747

50%-2014_0711_143712

東京に戻ってから、南富良野町産業課に聞いてみたら、大変丁寧に教えてくださいました
北落合地区では、ジャガイモの生産を行っているが、以前、シストセンチュウという
ジャガイモにとっては最重要害虫が大量に発生した時期があり、その蔓延対策として
北落合から落合へ行く道と幾寅に行く道に、洗車帯を設置したとのこと
北落合から出る車両は必ず、この洗車帯で、泥を落としていただくことになっている とのこと

シストセンチュウについてはこちらへ

このような害虫の進入や蔓延を防止するために、僕ら外部の人間は、絶対に畑の中に入ってはいけません


北落合から落合へ行く道沿いにある「Farm&Cafeベリーズ」というお店に寄って、ちょっと遅めのお昼ご飯の予定
予備知識は全くなし どんなお店でしょうか


十二日目その2に戻る   十二日目その4へ続く

かなやま湖オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2014/08/14(木) 10:09:30|
  2. かなやま湖オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

かなやま湖オートキャンプ場  ~鉄道員~

十二日目その1に戻る    十二日目その3へ続く

かなやま湖オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

7月11日(金) 十二日目 その2  かなやま湖オートキャンプ場  ~鉄道員~
(かなやま湖オートキャンプ場 二日目)


管理棟のコインランドリーで洗濯している間に、南富良野町の観光パンフレットを眺めていた

その中に、なんと、あの映画「鉄道員(ぽっぽや)」のロケ地となった、JR幾寅駅(いくとらえき)があるではないか
実は、僕らは小説家の浅田次郎さんの大ファン
浅田さんの小説について語りかけたら、とんでもなく長くなってしまうので、割愛します・・・
「鉄道員(ぽっぽや)」は、短編小説だったけど味わいがあって、この映画も泣かせてくれるんです

厳しい冬、雪が積もるプラットホームで、鉄道員としての仕事を全うしようとする主人公
己に厳しいがゆえに、身近な人を傷つけたり、他人に理解されないことも出てくる
高倉健さんはじめ、魅力的な役者さんたちが、映画の世界に誘い込んでくれる
言葉数は多くないけれど、その分、一言一言に思いのたけが詰まっているような、そんな映画です

もちろん北海道がロケ地だとわかっていたけれど、まさかこの近くにあるなんて知らなかった
これは行くしかないでしょ

50%-DSC_9187

50%-2014_0711_13063250%-2014_0711_130624
50%-2014_0711_13061650%-2014_0711_130752


日本全国に感動を巻き起こした、高倉健主演の「鉄道員(ぽっぽや)」。(浅田次郎原作)
物語の舞台となった「幌舞駅」は、「JR幾寅駅」として現在も利用されている実存する駅なのです。
更に、「だるま食堂」などロケで使用された建物は、現在も映画の町並みのままに保存・公開され、そこに佇むと、まるで映画の中に入り込んだような感覚を覚えます。
また、隣接している「情報プラザ」内には、鉄道員(ぽっぽや)展示コーナーがあり、スチール写真や出演者の色紙、主演者がロケで着用した衣装などが展示されているほか、撮影の様子を盛り込んだ映画のダイジェスト版ビデオが常時放映されています。(ロケセット、情報プラザは見学無料)
鉄道員(ぽっぽや)のロケセットと同様の、この町全体の古き良きたたずまいは、訪れる人々をノスタルジックで暖かな気分にさせてくれるでしょう。【南富良野町タウンガイドから】

幾寅とはアイヌ語の「ユク・トラシ・ペツ」(鹿の上る川)に由来する。
なお、当駅はアイヌ語の音に漢字を当てはめたもので、
訳して駅名にしたのが幾寅駅の隣駅の東鹿越駅 
 

実際の幾寅駅は、ほんとに小さな駅 
周囲には映画の街並みのままに、建物が保存されている
ほとんど人がいないせいか、まわりも静かで、異次元に迷い込んだような錯覚を起こしてしまう

50%-DSC_9185

50%-DSC_9186

50%-DSC_9173

50%-DSC_9174

50%-DSC_9181

50%-DSC_9183

50%-DSC_9182

プラットホームから線路を眺めると、何とも切ない気持ちがしてきます

50%-DSC_9178

50%-DSC_9189

50%-DSC_9190

50%-DSC_9188

50%-DSC_9179

 

隣の情報プラザでは、店員さんが、映画のロケのことを教えてくれました
何でも、降旗監督はプラットホームに上がる階段がある駅を探していて、それでこの幾寅駅をロケ地にしたとか
この建物内でロケの際の食事を提供したとか など など

とても親切に、南富良野町のことなども説明してくれましたよ

50%-2014_0711_131921

あなたにも、やさしい奇蹟が舞い降りるかもしれません・・・・・・

50%-2014_0711_130412

これは、現実のお話です 台風の影響で、一部運休が出てましたね

50%-2014_0711_130314


この幾寅駅に来ることができたのも、フェリーの欠航により延泊になって、
かつ、かなやま湖でキャンプしたからですね   嬉しい出会いでした

物語の舞台、「幌舞駅」は架空の駅で、廃線が決まったあるローカル線の終着駅
廃線となった士幌線の十勝三股駅と頭の中で重なってしまう


東京に帰った夜、久しぶりに[鉄道員(ぽっぽや)]のDVDを観ました
幾寅駅の風景が思い出されて、またしても泣きました

50%-2014_0711_125035

 
十二日目その1に戻る    十二日目その3へ続く

かなやま湖オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2014/08/13(水) 18:31:42|
  2. かなやま湖オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

かなやま湖オートキャンプ場  ~気分爽快、湖の朝~

十一日目その2に戻る    十二日目その2へ続く

かなやま湖オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ


7月11日(金) 十二日目 その1  かなやま湖オートキャンプ場  ~気分爽快、湖の朝~
(かなやま湖オートキャンプ場 二日目)


朝、いい天気です爆笑
昨夜、雨が降ったことは間違いないですが、ぐっすり眠っていたんで、どれくらいの雨だったのかなあ?

50%-2014_0711_060049

50%-2014_0711_060101

50%-2014_0711_055816

50%-2014_0711_055824

50%-2014_0711_055836

50%-2014_0711_061631

50%-2014_0711_055858

50%-2014_0711_061919

天気予報によると、今日は雲が少し多いけれど、雨の心配もなくまあまあの天気になる見込み
明日の早朝に、トマムの雲海テラスに行くことにして、ここでもう一泊することに決定

これも雲海か??

50%-2014_0711_061810

 

湖畔のキャンプ場へ散歩

湖畔キャンプ場にも人がいない、
という事は、この広いかなやま湖で昨夜キャンプしたのは僕らだけということになります
まあ、だいたいいつもそんな感じだけどね

50%-2014_0711_072731

湖畔キャンプ場は、車乗入れ禁止のフリーサイト、昨日、天気が良かったら間違いなくここに設営してましたね

50%-2014_0711_072859

50%-2014_0711_072950

50%-2014_0711_073421

 [広告] VPS


この朝の湖を、一人占め、気分爽快ですね

50%-2014_0711_074456

50%-2014_0711_074810

50%-2014_0711_074911

50%-2014_0711_075016

50%-2014_0711_075305-P

 

湖畔キャンプ場の隣にあるラベンダー園の方まで歩いて行ってみた

50%-2014_0711_080317

50%-2014_0711_080025

50%-2014_0711_080211-P


湖畔キャンプ場の中には、野外ステージがあります

50%-2014_0711_081133

あれ、誰かがいますね 誰もいないと思っていたのに
7月27日(日)には、このかなやま湖畔で、
「かなやま湖 太陽と森と湖の祭典 第43回かなやま湖湖水まつり」が開催されるようだけれど
そのイベントの一つに出演する 何処かの歌手なのかダンサーなのか知らないけれど
一人で練習してましたね 朝早くからご苦労様ですね浮気者 (男性)

50%-2014_0711_081019

50%-2014_0711_08100450%-2014_0711_080939

 

オートキャンプ場のすぐ下に、ゴーカートがあるのだけれど、
残念でした まだ営業期間の前でしたね 乗ってみたかったね

50%-2014_0711_081614

50%-2014_0711_081654

あれ、?? さっきのステージで練習してた人かな  まあ、一応サインだけでも貰っておくかな困った
おしゃれなブーツ履いているかと思ったら、長靴でしたか・・・笑

50%-2014_0711_081426-1


サイトに戻る頃には、ランブリ君(ランドブリーズPro.4)もエルフィールド“シールド”ヘキサPro.も、すっかり乾いてました

50%-2014_0711_082022

50%-2014_0711_082101

雨を想定した、軽装備
50%-2014_0711_070322 

管理棟にある、コインランドリーで洗濯しながら、午後の予定を決めましたよ

幾寅の町から、畑が綺麗だと言われている北落合へ行って、Farm&Cafe ベリーズというお店でお昼ご飯
落合の町を通って、幾寅で少し買い物・・・・・こんな予定ですね

南富良野の観光案内パンフレットを見て決めたのだけれど、

管理人の方に、北落合地区のことを尋ねたら「なんにもないところですよ」というそっけない返事
Farm&Cafe ベリーズのことも尋ねてみたけど、行ったことがないようで、全く知らないとのことでした
燈台下暗し、まあ そんなもんでしょうがっかり

南富良野ルート

十一日目その2に戻る     十二日目その2へ続く

かなやま湖オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2014/08/12(火) 14:29:00|
  2. かなやま湖オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

富良野からかなやま湖へ  ~誰もいない、かなやま湖~

十一日目その1に戻る    十二日目その1へ続く


7月10日(木) 十一日目 その2  富良野からかなやま湖へ ~誰もいない、かなやま湖~
(かなやま湖オートキャンプ場 一日目)


富良野観光して、ご当地グルメの富良野オムカレーも食べたので、とりあえず、かなやま湖に向かいます
(この時点で、今夜の宿泊地は未定)

富良野-かなやま湖 

  

かなやま湖に到着、3時頃
空はあいかわらず雲が厚く、いまにも雨が降りそうな感じ

今から苫小牧まで走り、キャンプ場を決めて設営しても、遅くなってしまうので、ここで泊まることに決定
天気も悪いし、夕食作るのも少しめんどうだから、外食できるところないかなと
オートキャンプ場の上にある、ログホテルラーチのレストランへ行ってみる
「すみません、二日前にご予約いただかないと・・・・」ということで 外食は断念悲しい

オートキャンプ場の受付で、
「今日泊まれますか」
(最初は、えっ、こんな日にキャンプするの? という、顔つきでしたね)
「もちろん泊まれるけど。今夜は雨だから、湖畔キャンプ場のバンガローの方がいいのでは?」
「そちらの方が、値段も安いし」・・・・という親切な管理人さん

(「かなやま湖オートキャンプ場」と「かなやま湖畔キャンプ場」は別のキャンプ場)

湖畔のバンガロー見に行ったけれど、車の横付けできないし、なんだか建物が湿っぽい感じ・・・

オートキャンプ場まで戻って「やっぱりここにします」・・と
「今夜は、誰もいないので、お好きなサイトを選んで下さい」
そうですよね、こんな悪天候の日にキャンプする人が珍しいですよね

もし、晴れていたら、ライカさんのおススメどおり、湖畔キャンプ場を選択していたけれど、
湖畔キャンプ場は、車乗り入れ禁止、荷物はリヤカーで運搬する必要がある
これからの悪天候を考えると、車がそばにないと・・・・

かなやま湖オートキャンプ場-今日のサイト 

  かなやま湖オートキャンプ場全景01-2

場内を一周して、湖から吹く風の影響が少なそうなサイトを選択して設営
ランブリ君(ランドブリーズPro.4)を、エルフィールド“シールド”ヘキサPro.の中に入れて雨に備えます
設営も最小限にしました

50%-2014_0710_165014

その後、湖畔にある「かなやま湖保養センター」のお風呂へ
写真がないので、WEBから拝借

DSC_0019IMG_0091


食材の買い出しをしていないので、残っているものはほんの少し・・・
キャンベルのミネストローネスープとコンビーフの缶詰を利用して、
晩御飯は、トマトリゾット、 じゃがいもコンビーフ炒めです

50%-2014_0710_190641

電源サイトなので、延長コードをたこ足配線にして、フルに活用します
照明はクリップスポットライトを使って、スマフォケータイやカメラ写真のバッテリー等をここぞとばかり充電ウインク
(延長コード3本、クリップスポットライト2個は常備しています)

50%-2014_0710_190719.-1

雨の準備をして、早めにおやすみしました

 50%-2014_0710_190731



天候曇り時々雨 最高気温19.6℃ 最低気温16.1℃ 平均風速3.6m

十一日目その1に戻る   十二日目その1へ続く  
 
かなやま湖オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2014/08/11(月) 23:23:07|
  2. かなやま湖オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ベベルイから富良野へ  ~富良野観光、そして富良野オムカレー~

十日目その2に戻る   十一日目その2へ続く

7月10日(木) 十一日目 その1  ベベルイから富良野へ 
                         ~富良野観光、そして富良野オムカレー~

(星に手のとどく丘キャンプ場 四日目 撤収日)

朝の4時、相変わらず早起き
台風8号の影響を直接受けているわけではないけれど、朝からどんよりとした曇り空

50%-2014_0710_040849

昨日から、雨の場合を想定して大部分積み込みを完了していたので、撤収は簡単にできるはず

50%-2014_0710_040901


ちょっと眠たくなってきたので、二度寝
7時前、やってきましたよ ひつじ君

50%-2014_0710_064604

8時半、撤収完了、スタッフの皆さんのところへ挨拶に行って
9時前、なごりおしいですが、出発です
いつまでも手を振ってくれました
お世話になりました、ありがとう みんな元気で!! 必ずまた来ますね

50%-2014_0710_085241-1

 

さて、今日はどうしようか
最初の予定では、今日10日の夜には苫小牧に入って、11日1:45苫小牧出航のフェリーに乗るはずだったけれど
台風8号の影響で、フェリーは欠航
次の出航は、13日の深夜1:45
あと二日何処かで宿泊する必要があります

苫小牧の近くでキャンプしようか?
道内でも有名な、オートリゾート苫小牧アルテンというキャンプ場へでも行ってみようか
それとも支笏湖の美笛キャンプ場へでも・・・・・
支笏湖温泉の旅館にでも泊まってのんびりするか・・・・・・
いやいや旅館に泊まるなんて、そんな軟弱な姿勢ではキャンパーの名が廃る

とりあえずは、ライカさんおススメのキャンプ場、かなやま湖に行ってみることにしよう
かなやま湖まで45km、まっすぐ走ると1時間と少し、時間が早すぎるので
富良野観光でもすることに(以前に来たときに行ったことがない所もあるし)

富良野広域01jpg

車麓郷・・・ふらのジャム園・麓郷展望台

テレビドラマ「北の国から」の舞台、麓郷(ろくごう)
以前にも訪れたことがあり、その時は西麓郷の麓郷別天地という低い丘に囲まれた小さな盆地にある
星人の宿」というペンションに泊まった
麓郷、大好きなところ
「北の国から」の様々なシーンが目に浮かんできます

麓郷の一番奥にある、ふらのジャム園でジャムを買ってから、その近くの麓郷展望台
天気がよければ素晴らしい風景なのですが・・・・・・

50%-2014_0710_091932

50%-2014_0710_092134

50%-2014_0710_092321

50%-2014_0710_092600-1

50%-2014_0710_092619

6年前はこんなにいい天気でした (6年前の写真)

50%-2008_0730_151329

50%-2008_0730_150427

50%-2008_0730_145829

50%-2008_0730_151705

ふらのジャム園パンフレット   ↓画像クリックで大きな画像を表示

ふらのジャム園01 ふらのジャム園02

 

次は、富良野の町中へ

富良野市街01

車富良野駅

50%-2014_0710_095926

富良野のお祭りは、毎年夏7月28日・29日に開催される「北海へそ祭り
富良野は北海道の中心、体でいうとおへそなんですね

50%-2014_0710_100451

50%-2014_0710_104521

観光案内所で、これ買いました

50%-2014_0710_100527

車FRANO MARCHE フラノマルシェ
フラノマルシェとは富良野市中心市街地活性化基本計画のコンセプト「ルーバン・フラノ」構想に
もとづいて計画された活性化施設

50%-2014_0710_103039

50%-2014_0710_103912

50%-2014_0710_103954

50%-2014_0710_10375150%-2014_0710_103819
50%-2014_0710_10381450%-2014_0710_103835
50%-2014_0710_10365550%-2014_0710_103259
50%-2014_0710_10353150%-2014_0710_103730
50%-2014_0710_10482750%-2014_0710_104716
50%-2014_0710_10352350%-2014_0710_105004
50%-2014_0710_10502450%-2014_0710_103509

FRANO MARCHE フラノマルシェ パンフレット ↓画像クリックで大きな画像を表示

フラノマルシェ01 フラノマルシェ02

 

車富良野チーズ工房
富良野チーズ工房は、白樺の木々にかこまれた自然豊かな工房
ガラス越しに、チーズの製造室や熟成庫を見学することができます

50%-2014_0710_111647

50%-2014_0710_111508

50%-2014_0710_111547

富良野チーズ工房パンフレット ↓画像クリックで大きな画像を表示

富良野チーズ工房01 富良野チーズ工房02

 

車ニングルテラス
ニングルとは、作家・倉本聰氏の著書「ニングル」の作品に昔から北海道の森に住む身長15cmくらいの妖精の事
ニングルテラスでは、自然と森の中でショッピングを楽しみ、単に売店としてどこにでも販売されている
商品ではなく、富良野にしかない、富良野だからある商品を中心に販売するログハウスタイプの店舗が
点在する村

ドラマ北の国からの「雪子おばさん」は、ニングルテラスにある「森のろうそく屋」で働いていた

50%-2014_0710_122412

50%-2014_0710_123917

50%-2014_0710_124124

ニングルテラスパンフレット ↓画像クリックで大きな画像を表示

ニングルテラス01ニングルテラス02

 

お昼ご飯は、やっぱり富良野のご当地グルメ「富良野オムカレー」で決まりでしょう

富良野オムカレーパンフレット ↓画像クリックで大きな画像を表示

富良野オムカレー01富良野オムカレー03

 

食べに行ったお店は、北の峰地区にある「DINING&BAR AJITO」というお店
アメリカンな作りのお店、かっこよかった
もちろん「富良野オムカレー」もGoodでしたよ

富良野オムカレー02-1

50%-2014_0710_120115

50%-2014_0710_120102

50%-2014_0710_120050

50%-2014_0710_114449

50%-2014_0710_113250

50%-2014_0710_113608

50%-2014_0710_113748

50%-2014_0710_113624

50%-2014_0710_115913

 お腹もいっぱいになったので、かなやま湖めざして走ります


十日目その2に戻る   十一日目その2へ続く

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2014/08/10(日) 22:54:56|
  2. 北海道旅先グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

星に手のとどく丘キャンプ場  キャンプ場情報

星に手のとどく丘キャンプ場のキャンプ場情報だよ

星に手のとどく丘キャンプ場 2014年7月キャンプ日記はこちらへ

 
上矢印ロケーション
標高430m
山と丘に囲まれ、富良野・上富良野の街の明かりを遮断しているので
キャンプ場の名前のとおり、綺麗な星空を見ることができる
付近の道路の交通量は少なく、特に夜間はほぼ車が通行しないので、大変静か

星丘広域図 

星丘-航空写真003

東側、十勝連峰を望む

50%-2014_0708_163151

西側、ベベルイの丘を望む

50%-2014_0709_120840


上矢印管理棟
ジンギスカン「ひつじの丘」の建物が、キャンプ場管理棟を兼ねている
建物の2階は、スタッフの宿舎

50%-2014_0708_091052

50%-2014_0707_180116

50%-2014_0708_105909


上矢印炊事場
場内に2ヶ所
1ヶ所はトイレと同一建物 土足禁止
大変綺麗に清掃されている

50%-2014_0710_082945

50%-2014_0710_082959


上矢印トイレ
場内に2ヶ所
1ヶ所は炊事場と同一建物 土足禁止
大変綺麗に清掃されている
照明はセンサーライト

50%-2014_0710_083011


上矢印シャワー
管理棟内に、普通の風呂設備があり、そこのシャワーを使用できる
一人10分¥200
付近の入浴施設
フロンティア フラヌイ温泉 0167-45-9779 ¥600 7:00-22:00 (車15分)

上矢印ゴミ
分別して廃棄が可能
7:30~9:00の間に、管理棟まで持参 処分代金¥100


上矢印サイト
サイトは草、電源サイトはない
星のサイトと丘のサイトに分かれている
区画サイトではあるけれど、明確な区画になっているわけではなく、フリーサイトの形状に近い
宿泊組数や、種別によって、その日ごとに臨機応変に適宜割り振っているように思われる
受付後、管理人さんがサイトまで案内してくれる

image24

 

50%-2014_0708_105518

50%-2014_0708_105209

50%-20140709_051954

50%-2014_0708_110100

上矢印その他
●北海道には、個人経営のキャンプ場が数か所しかないが、そのうちのひとつ
●オーナー・管理人は前川 泰揮さん 前川さんのプロフィールは興味深い
●人気のキャンプ場で、週末の予約は難しい
●朝、羊がサイトを訪れる
●ラベンダー等の花畑がある
●焚火用の炉があり、直火が可能
●付近には自衛隊の演習場があり、演習の場合にはその音が聞こえるそうだ

上矢印ジンギスカン & ふれあい牧場  ひつじの丘

管理棟の建物で、ジンギスカン「ひつじの丘」が営業されている

「ひつじの丘」は、北海道テレビ「世界に一つだけの味」で第一位に輝いたジンギスカンで大変有名なお店
(本当に美味しいです 特にここのサフォークジンギスカンを食べると病みつきになります) 

「ひつじの丘」の営業時間は11:00~17:00
キャンプ場宿泊者は、予約しておけば17:00以降でも食事が可能

50%-2014_0708_090612

50%-2014_0708_090556

50%-2014_0709_175215

↓画像クリックで大きな画像を表示

ひつじの丘01ひつじの丘02


星に手のとどく丘キャンプ場 2014年7月キャンプ日記はこちらへ




関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2014/08/09(土) 23:37:39|
  2. 星に手のとどく丘キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

星に手のとどく丘キャンプ場  ~満天の星空には会えなかったけれど~

十日目その1に戻る   十一日目その1へ続く

星に手のとどく丘キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ


7月9日(水) 十日目 その2 星に手のとどく丘キャンプ場 
                                              ~満天の星空には会えなかったけれど~~

(星に手のとどく丘キャンプ場 三日目)

早朝のドライブから帰ってきて

9時半ごろ、遅めの朝食
野菜炒め、ハムエッグ(なぜかグチャグチャ)、サラダ、ご飯、味噌汁など

50%-2014_0709_092757

ここで、予定外の出来事が・・・悲しい
数日前から台風8号の動きに注目していました
この日、まもなく九州に上陸、その後、四国沖、紀伊半島、関東に進むと予想されています
進路予想どおりであれば、帰りのフェリーに影響が出ることは避けられません

そこで、商船三井フェリーに連絡し、状況を確認してみると、
予約した11日(金)の深夜便(11日1:45苫小牧出航)は、現時点で欠航となる可能性が高い
天候予測により欠航が確定したら、全てのお客様に連絡を入れます とのこと

午後、商船三井フェリーから以下のような連絡がありました
◆11日深夜便の欠航が決まった
◆運航再開は13日(日)深夜便(13日1:45苫小牧出航)から
◆欠航した便に乗る予定だったお客様は、優先的に13日深夜便に乗船できる
◆変更に伴う料金は不要(都合により乗船できない場合は、後日返金手続きをとる)

延泊になることを想定して、クリアしなくてはいけない事は、既に対応しておいたので、
商船三井フェリーには、13日深夜便に乗船したい旨を伝えました

(心配してメールなどを送って下さった皆さん、ご心配おかけし申し訳ありませんでした)

思いがけず、あと2日、キャンプを続けることになりました
さて、どうしましょうか・・・・・・・明日は明日の風が吹くかあ~~知らない

でも、ここ「星に手のとどく丘キャンプ場」は明日撤収、今夜が最後の夜です

50%-2014_0709_120840-P

50%-2014_0709_120857-P


朝食が遅かったので、またしてもテラスで軽く(?)生ビールを味わって・・・ウインク
おやつに、コロダッチをフル活用して、焼きとうもろこし(茨城産)と、焼きリンゴを作りました
とっても美味しかった

それにしても、また飲んでる~

50%-2014_0709_141340

50%-2014_0709_141351


ここには、羊の他にたくさんのウサギもいます
大きいのやら、手にひらに乗るほど小さな子ウサギも
ちょっとやんちゃなウサギ君は、個室に入れられていましたね
なかには、毎度脱走するウサギ君もいます 
動物たちと触れ合うこともできて、しばし子どもの頃に戻った気分にさせてくれます
ちびウサギ、可愛かったよ~うさぎ

50%-DSC_7090

50%-DSC_7089


50%-2014_0708_161943-2 

50%-DSC_7094

50%-DSC_7092

夕方17時頃、雲行きが怪しくなってきました
これからは、天気は下り坂

明日の朝は、雨になる可能性が大きいので、今日のうちにできるだけ撤収準備をしておきました

50%-2014_0709_172918

50%-2014_0709_172939

 

初日にいただいたジンギスカンがあまりにも美味しかったし、それにキャンプグッズをほぼ片づけたので・・・

今夜も・・・・・これペロリ

50%-2014_0709_175740

50%-2014_0709_175215

夕方、レストランから丘の風景をながめていると、明日、ここを離れるのが寂しく思えてきましたね

50%-2014_0709_174610

 いつの間にか、スタッフの皆さんとも顔なじみに・・・スマイル
ほんとに美味しいジンギスカンを堪能した後は、オーナーの前川さんや、スタッフの皆さんの懇親の場に、ご一緒させてもらいました
スタッフは10名  なんと、この日から加わった人もいましたよ
出身地や年齢、働く期間や理由などは、それぞれに違います  
皆さんのエピソードを聞いているだけでも、楽しくなりますね
でも、全員に共通しているのは、みんな北海道、特に富良野の自然が大好きで、それ以上に前川さんの人柄に惚れているということ
そして、前川さんのスタッフを見る目は、とても優しかったです
前川さんご夫婦は、このキャンプ場を作るにあたって、かなりご苦労されたこともあったようです
長い時間をかけて築き上げた人との交流が、こんなに心地いいキャンプ場を作り、それが人気を呼んでいるんですね
僕らもファンになりましたよ

前川さんの名刺の裏には、こう書いてありました

前川さん02

懇親の会が楽しすぎて、すっかり遅くなってしまいました
明日は朝から撤収、そしてこのキャンプ場を出発です
3日間で仲良くなった人たちともお別れ

昔、自転車で北海道を旅していた頃、ユースホステルでいつも歌っていた歌を思い出しました

「人と人の出会いなんて いつも別れで終わる
僕は君のくれた夢を 明日も持ち続けよう 
こんなつらい旅なんかもういやだ  旅を終わろう 汽車に乗ろう 」

[広告] VPS

この夜も、満天の星空には会えなかったけれど、夢を求めて人生の旅を続ける「星」達に逢うことができました


天候曇り時々晴れ夕方一時雨 最高気温30.0℃ 最低気温16.6℃ 平均風速3.5m 

十日目その1に戻る   十一日目その1へ続く

星に手のとどく丘キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2014/08/08(金) 22:30:29|
  2. 星に手のとどく丘キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

星に手のとどく丘キャンプ場  ~早朝ドライブ~

九日目に戻る   十日目その2へ続く

星に手のとどく丘キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

7月9日(水) 十日目 その1  星に手のとどく丘キャンプ場 ~早朝ドライブ~
(星に手のとどく丘キャンプ場 三日目)


ベベルイの丘の朝、空気が爽やか

50%-20140709_051605-P

↑画像クリックで大きな画像を表示

50%-20140709_051756

50%-20140709_051819


今朝は、美瑛白金温泉方面へちょっとドライブ、青い池を見に

朝のドライブ-美瑛白金

6年前に美瑛に来た時に、主な観光スポットは回ったけれど、この青い池のことは知らなかった
ライカさんのレポを見て、行ってみようと思ったのでした

ベベルイの丘から上富良野へ下る道

50%-2014_0709_060220

 

車青い池
キャンプ場から30分(距離約30km)ほどで、白金の「青い池」に到着
時刻は6時過ぎ、すでに駐車場には数台の車が停まっていました
日中は広い駐車場も、ツアーバスや観光客でいっぱいになるようです

【青い池】
・北海道上川郡美瑛町白金にある人造池の通称
・十勝岳の噴火から美瑛川を守るために、砂防工事で水の流れを変えたことから出来た「水たまり」
・この水たまりによって木が枯れ、枯れ死した樹木が青い水面に神秘的に静かに美しく映えている
・池が青い理由は、アルミニウム成分を多く含む地下水と、川の水とが混ざり合って出来たコロイド状物質が、太陽の光を反射してできている説と、 十勝岳の地下水と美瑛川が混ざり、コロイドという成分ができたためなどと言われている

本当に青い 
詩的な表現からはほど遠いけど、バスクリンを入れたみたい
白樺の白と木々の緑、それを映す青い池、幻想的でしたね

50%-20140709_063024

50%-20140709_063040

車白ひげの滝・ブルーリバー
もう一ヶ所、白金温泉の近くにある「白ひげの滝」も観光スポット
ブルーリバー橋から覗くと、青い川(ブルーリバー)を見ることができます
かなり高くて、覗き込むのがちょっと怖いくらい

50%-20140709_064654

50%-20140709_064628

 [広告] VPS

 

車国設白金野営場
次に訪れたのは、国設白金野営場
管理人さんにお願いして、見学させてもらいました(朝早くにお願いして、すみませんでした)

50%-2014_0709_070049

50%-2014_0709_065134

50%-2014_0709_065157

50%-2014_0709_065232

駐車場には、キャンピングカーで泊まっている方もいました

50%-2014_0709_070104

場内を一周したところ、テント数は少なかったですね
広場のようなスペースはありましたが、全体的に森の中といった雰囲気
夏なら、日差しを遮ってくれる空間になることでしょう

50%-2014_0709_06565950%-2014_0709_065757

50%-2014_0709_065941

ちょっと気になるロッジ型のテントが、「INTER RISMO」というロゴ
後で調べてみると、ミズノが今から26年前の1988年に発売したテントらしい

50%-2014_0709_070022

 

車十勝岳望岳台
もう一ヶ所、行ったところ それは十勝岳望岳台(ここは6年前にも訪問)
駐車場には数台が停車していたけれど、車中泊をしてるか、あるいは登山に行っているらしく
望岳台には誰もいませんでした(この時、7時半前)

50%-2014_0709_071451-P2

↑画像クリックで大きな画像を表示

50%-2014_0709_071708

50%-2014_0709_071600

十勝連峰地形図

↑画像クリックで大きな画像を表示

ここから登山道を1時間ほど歩くと、ナキウサギに遭遇できるガレ場があるそうです

静かな朝の空気の中で、ウグイスが澄んだ鳴き声を聴かせてくれました

[広告] VPS
 


帰り道、上富良野でガソリンを給油して、
上富良野町日の出公園オートキャンプ場を見学に
すぐ近くに住宅地があって、街の中のキャンプ場というイメージ
十勝連峰の眺望は良さそう
平日なのに、入り口近くのフリーサイトには、驚くほどのテントと人込み
ちょっとびっくりして、写真撮るのも忘れましたね

50%-2014_0709_083344

キャンプ場には8時半頃戻りました
 
さあ、これから朝ごはんをつくりますか


九日目に戻る   十日目その2へ続く

星に手のとどく丘キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2014/08/07(木) 23:57:53|
  2. 星に手のとどく丘キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

星に手のとどく丘キャンプ場  ~昼からクラシック~

八日目その2に戻る   十日目その1へ続く

星に手のとどく丘キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

7月8日(火) 九日目  星に手のとどく丘キャンプ場 ~昼からクラシック~
(星に手のとどく丘キャンプ場 二日目)

昨夜の雷は、雷鳴は凄かったけれど、雨はたいしたことがなかった

今日は、朝からいい天気です  

50%-2014_0708_054949

朝食は、フレンチトースト、ハムサラダ、りんご、オニオンスープ(office tさんからの頂き物です)など

50%-2014_0708_071009

食事を済ませたころ、来ましたよ ひつじ君羊です
このキャンプ場では、毎朝ひつじ君たちを柵の外に出してやります
なので、ふと気がつくと、テントのすぐそばまで来ていて、びっくりすることもあるわけです

50%-2014_0708_090701

ひつじ君の朝食タイム
そばに近寄っても、全く気にかけず、ひたすら草を食べています
下を向き、草のあるところに移動しながら、もぐもぐと口を動かします
草を引きちぎる音が、力強いですね  そしてリズミカル
見ていて飽きないですよ

50%-2014_0708_090941

50%-2014_0708_091459


青い空に白い雲、いい気持ちです
今日は、どこにも出かけずに、ここでのんびりします

50%-2014_0708_105243

50%-2014_0708_105303

50%-2014_0708_105603

50%-2014_0708_110013

50%-2014_0708_110046

ラベンダーは、もう少しで満開なのかな

50%-2014_0708_105812

50%-2014_0708_091810

50%-2014_0708_091834

50%-2014_0708_105954

美瑛にある美瑛選果で買ったとうもろこしを、コロダッチで焼きます
今まで北海道産のとうもろこしを買うことができずにいたけど、ようやく美瑛産のとうもろこしを購入できたのです
しっかりとした味で、甘く、美味しかった

50%-2014_0708_110613

同じく、美瑛選果で買った「美瑛サイダー」を飲みます・・・・が

50%-2014_0708_092133

サイダーもいいけれど、もっと、シュワッ~という、やっぱりあれでしょう

ということで、お昼前ですが、またしてもサッポロクラシック生をいただきますペロリ

50%-2014_0708_111938

ジンギスカンを食べに来ているお客さんで、建物の中は一杯なので、テラスでのんびり・・・・・・

50%-2014_0708_123258

ビールが本当にうまいです  喉をどんどん通っていきますビール

結局、一人3杯づつ、ご馳走様でした・・・・・(飲みすぎかな?)

50%-2014_0708_121941

デザートには、裏メニューの奥様手作りロールケーキを 美味です投げキス・・・・・・(え~~~~ビールの後ですよね)

50%-2014_0708_122935

 

サイトに戻ってからは、コットでお昼寝

50%-2014_0708_125440

昨日まで、虫に刺されることはほとんどなかったのに、ここでやられました
おそらくブヨですね 
スタッフの方の話を聞いても、間違いないようです
むろん手足をさらすことのない服で、首にも虫よけ兼汗拭きのタオルを巻いていたのに、無防備だった手や顔を
狙われましたね  
まるで、ドラえもんの手のようになってしまいましたあくび 

こんな時には、エマージェンシーボックスの出番、ムヒアルファEXが大活躍でした

僕らのサイトは、裏手に草が多くあるところ
そんな大自然の中におじゃましているから、やむなしですね   でも 痒かった・・・

50%-2014_0708_105611

ここで、不思議だったのは
道内ナンバーのキャンパーさんや、近郊からコテージ泊の宴会を楽しみに来たグループの人たちは、
真夏のビーチにいるような服装だったこと
小さなお子さんもいましたが、虫刺され 大丈夫でしょうか
それとも免疫ができているのかな?

 

夕方、散歩に出かけます
テラスから見える丘の方角に歩いていくと、一面の麦畑

50%-2014_0708_164114


あちらが富良野の町の方向でしょうか  ポプラ並木と遠くに見える山並
とても美しい

50%-2014_0708_163436

50%-2014_0708_164045

50%-2014_0708_162614

50%-2014_0708_164643

50%-2014_0708_162747

50%-2014_0708_164245

この区画は、サッポロビールの大麦農場だそうです

この近くで、サッポロビールを飲むんだから、美味しいはずですよね・・・・・・

50%-2014_0708_164851

キャンプ場の方を見ると・・・・・十勝連峰におおいかぶさるように、夏の雲が

50%-2014_0708_163151

夕暮れ時

50%-2014_0708_170152

50%-2014_0708_183254

50%-20140708_185155

50%-20140708_185505

今日の夕食は、串揚げです
材料は、牛肉、ウィンナー、エリンギ、舞茸、帆立、ピーマン、じゃがいも、アスパラ
キャベツも用意しました
ソースの二度付けは、今日だけ「よし」とします

50%-2014_0708_191031

50%-2014_0708_19121350%-2014_0708_191219
50%-2014_0708_19123550%-2014_0708_192530

ご飯も炊きました  また、食べ過ぎです

 

今夜の月は、月齢10.8の宵月

50%-2014_0708_211444-2

今夜も雲が多め

50%-20140708_221352

50%-20140708_212434

50%-20140709_002335

月が隠れた夜中、一瞬雲が切れることはあっても、満天の星空にはほど遠い・・・・・・残念

50%-DSC_6840

 [広告] VPS


まだ、星に手がとどかないよ~あくび

天候晴れ時々曇り 最高気温31.0℃ 最低気温16.8℃ 平均風速1.4m

八日目その2に戻る    十日目その1へ続く

星に手のとどく丘キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2014/08/06(水) 23:00:50|
  2. 星に手のとどく丘キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

標高950m、風爽やか

 
 
fc2_2014-08-05_15-39-56-587.jpg 

fc2_2014-08-05_15-40-54-858.jpg 

fc2_2014-08-05_15-42-01-682.jpg

北海道長期遠征オートキャンプの記事掲載中ですが、
ちょっと富士山が見たくなって、キャンプに来ました

おいしいキャンプ場 2014年8月キャンプ日記はこちらへ



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2014/08/05(火) 15:50:19|
  2. おいしいキャンプ場

星に手のとどく丘キャンプ場  ~七夕の夜空は?~

八日目その1に戻る    九日目へ続く

星に手のとどく丘キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ



7月7日(月) 八日目 その2 星に手のとどく丘キャンプ場 ~七夕の夜空は?~
(星に手のとどく丘キャンプ場 一日目)


美瑛で遅い昼食をとったあと、今日の目的地 中富良野の星に手のとどく丘キャンプ場をめざします
美瑛からの距離約28km すぐですね

美瑛-星丘00

国道237号をしばらく走り上富良野から道道298号へ、途中左折して、町道べべルイ零号線をしばらく走ります
このあたりの住所は、中富良野べべルイ 
ベベルイとは、「水溜りが群がって存在する筋の所」という意味だそう
何となく良い響きですね
途中、道路の右側に「湧き水Cafe & Guest House beberui」というお店があり、その一角に水汲み場が設けられていました


おや、左手の丘に建物が見えてきましたよ
いよいよ「星に手のとどく丘キャンプ場」に到着です

ここ「星に手のとどく丘キャンプ場」は、予約が取りにくいほど有名なキャンプ場
以前から、キャンプ場のホームページを見ていて、もし北海道キャンプが実現するのなら、ぜひ行ってみたいと思っていたところ
オーナーの前川さんご夫妻にもお会いしたかったし、何よりも「星に手のとどく」景色を、この目で見てみたかった

【ホームページから】

富良野キャンプ場として2003年にオープンした星に手のとどく丘キャンプ場、
テントサイトから見えるポプラ並木と丘の風景は、キャンプ場のキャンパーにしか教えたくない富良野一の絶景である。
そんな丘に沈むオレンジ色の夕日と夕焼けを家族で眺めるキャンプ場の時間、大切にしたいものです・・・
やがて訪れる暗闇の世界・・・ランタンの灯りをちょっと落として見上げてみてください。
きっと満天の星空がキャンプ場を包み込んでいるでしょう。
長い夜の時間を楽しめることがキャンプ場の心地よさかもしれません。
満天の星空の下の焚き火キャンプ、静かな時間を過ごしに来て下さい。

さらに、このキャンプ場を有名にしているのが、「ジンギスカン&ふれあい牧場 ひつじの丘
北海道テレビ「世界に一つだけの味」で、第一位に輝いたジンギスカンを、食べることができます
この日も、ジンギスカン目当てのお客さんが、たくさん来ていましたよ

ひつじの丘の建物は、レストランだけではなく管理棟も兼ねています
おまけに2階は、スタッフの宿泊所にもなっているんですね

早速、チェックインを済ませ、オーナーの前川さんにもご挨拶
サイトまでの誘導は、前川さんのゴルフカートで
(キャンプ場のスタッフは、場内の移動にゴルフカートを使っています)
おススメいただいたのは丘のサイト、こんなに広くていいんですかと、思わず聞いてしまうほど

今日のサイト

少々の斜面は問題なしでしょう
ここでは、ゆっくり3泊滞在するので、フル装備で設営しますよ

50%-20140707_191819

設営が終わったら、管理棟でシャワーをお借りしました   (スタッフの皆さんが使うお風呂のシャワーです)
結局、滞在中毎日、利用させてもらいましたよ  1人¥200 10分

その後は、お待ちかねの夕食  
チェックインの時に、ジンギスカンの予約を済ませておきました
お客さんが、観光客から宿泊しているキャンパーに、入れ替わっていきます

50%-2014_0707_180116

夕方とはいえ、まだ十分に明るい時間
ベベルイの丘と遠くの山々を眺めながら、心地よい風を身体全体で受けます

もちろん、乾杯はサッポロクラシックの生ビール

50%-2014_0707_180648


七輪の炭火で、サフォークジンギスカンや野菜を焼きます
サフォークジンギスカンとは、北海道でもなかなか食べられない希少価値な最高種の羊生肉だそう
全く臭みはなく、ジューシーなお肉でした

50%-2014_0707_181410

50%-2014_0707_181423

ビールが止まりません

50%-2014_0707_183807-1

べべルイの丘の夕暮れ時、ジンギスカンをいただきながら見る風景    贅沢です

50%-20140707_183753

50%-20140707_184105

 

今日は七夕

月齢9.8の宵月が沈む頃、雲が晴れて、何とか雲が消えて、織姫様と彦星様が出会えるといいなと・・・期待していたけれど
雲が消えることはなく、月が沈むころには、突然の雷雨・・・・残念でした

50%-20140707_211540

50%-20140707_212126

50%-20140707_212919

50%-20140707_210341

50%-20140707_211145

北海道では、七夕は8月7日
だから、こちらの人にとっては、今夜は星が見えなくても、あまり関係なかったかも・・・


明日の夜は、晴れるかな・・・・・

天候曇り夜雷雨  最高気温28.8℃ 最低気温18.5℃ 平均風速1.5m  

八日目その1に戻る   九日目へ続く

星に手のとどく丘キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2014/08/04(月) 17:36:21|
  2. 星に手のとどく丘キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

白滝高原から中富良野へ  ~美瑛の町でご当地グルメを~

七日目その2に戻る   八日目その2へ続く

7月7日(月) 八日目 その1 白滝高原から中富良野へ ~美瑛の町でご当地グルメを~
(白滝高原キャンプ場 三日目 撤収日)

今日は、白滝高原キャンプ場から、中富良野の星に手のとどく丘キャンプ場をめざします
途中、旭川で、洗濯と食材調達です

白滝高原-中富良野 


今朝も、早起きして撤収

雲が多い空模様

50%-2014_0707_083006

9時過ぎ、管理人さんに挨拶してから、白滝高原キャンプ場を出発です

50%-2014_0707_090442

道の駅しらたきで、朝ご飯としてカレーパンと肉まんを買って食べました
カレーパン、出来立てで凄く美味しかった

50%-2014_0707_091015

9:30 奥白滝IC
旭川紋別自動車道・道央自動車道を走り、旭川をめざします

50%-2014_0707_101450-1

10:16 旭川北IC

50%-2014_0707_101600-1


旭山動物園への標識  懐かしいですね、6年前に行きましたね
いまでも人気ですよね

50%-2014_0707_102102-1


清掃車のデザインも「空とぶペンギン」
そう言えば、映画「旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ」(2009年2月公開)  泣けましたね

50%-2014_0707_122709

永山にある、大型のコインランドリーで洗濯

50%-2014_0707_120719

その間、イオン旭川永山店で買い物して、
スポーツデポ 旭川永山店でプリムスガスカートリッジを補充
北海道で有名な、アウトドア専門店の秀岳荘旭川店へ行きたかったけれど、月曜日は定休日だったのです

50%-2014_0707_123516

50%-2014_0707_124147

50%-2014_0707_124207

12:50 なつかしい美瑛に入りました

50%-2014_0707_124915

何処かで食事をしようと、美瑛をうろうろしていると、なにか綺麗な建物が・・・・
美瑛選果」というところ、入ってみました

50%-2014_0707_130606

50%-2014_0707_130237

地元の野菜が、沢山

50%-2014_0707_125421

50%-2014_0707_125509

50%-2014_0707_125609

美瑛産のとうもろこしを見つけて、買いましたよ (やっと見つけた北海道産です うれしいですね)

50%-2014_0707_125403

50%-2014_0707_130526

50%-2014_0707_130402

↓画像クリックで大きな画像を表示

美瑛選果01美瑛選果02


お昼は、ご当地グルメの「美瑛カレーうどん」を食べることに
ネットで調べた、「ファミリーレストランだいまる」さんへ
少し並んで・・・・・食べましたよ  カレーうどん大好き人間には、たまりませんでしたね

美瑛カレーうどん03-1

50%-2014_0707_132300

つけ麺タイプの美瑛豚カツカレーうどん

50%-2014_0707_133135

50%-2014_0707_133200

焼き麺タイプの新・美瑛カレーうどん<焼き麺>

50%-2014_0707_133218 

美瑛カレーうどん01美瑛カレーうどん02

デザートは、道の駅 びえい丘のくら で、ソフトクリーム

50%-2014_0707_140604

14:10 さあ、お腹もいっぱいになったので、中富良野 星に手のとどく丘キャンプ場 をめざして出発です

 

七日目その2に戻る    八日目その2へ続く

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2014/08/03(日) 22:19:06|
  2. 北海道旅先グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

白滝高原キャンプ場  キャンプ場情報

白滝高原キャンプ場のキャンプ場情報だよ

白滝高原キャンプ場 2014年7月キャンプ日記はこちらへ

 
上矢印ロケーション
標高670mの白滝高原に位置する
旭川紋別自動車道の奥白滝ICから直線距離で約1kmだけれど、大変静かな環境スマイル
キャンプ場前の道路は、ほとんど車の通行がない

白滝高原キャンプ場-航空写真04

白滝高原キャンプ場-航空写真01

↓画像クリックで大きな画像を表示

Windows-Live-Writer_47bfefc3cef7_82FF____________________________03_4.jpg 


上矢印管理棟
ラムハウスと呼ばれている(以前はここでジンギスカンを食べることが出来たので、ラムハウスと言う名前かな?)
管理人さんは、昼間は駐在、夜間の駐在はなかった(繁忙期にはどうなのか不明)
とても親切な管理人さんです 爆笑

50%-2014_0706_084303

 
上矢印炊事場
場内に4ヶ所
オートキャンプサイトの炊事場は2か所、大変綺麗

50%-2014_0706_080626-1

50%-2014_0706_093547-1

50%-2014_0706_084646

50%-2014_0706_084828

上矢印トイレ
場内に2ヶ所
バンガローサイトのトイレは、結構古いかな
オートキャンプサイトのトイレは、高規格でびっくりするほど綺麗爆笑
照明は自動センサーで点灯
暖房便座、多目的トイレも完備している  凄いです

50%-2014_0706_084638

50%-DSC_653850%-DSC_6540
50%-DSC_654150%-DSC_6542
多目的トイレ
50%-DSC_6539
 

上矢印風呂・シャワー
4室の五右衛門風呂とその中に有料コインシャワーがある
五右衛門風呂は自分で沸かすことになっている(五右衛門風呂は無料)
五右衛門風呂用の薪は、無料で使い放題(ただし、自分で薪を割って作る必要がある)
最初の焚き付け用の小枝は、沢山用意されていた (誰かが用意したのかも?)
五右衛門風呂とコインシャワーは同じ浴場の中にあるので、
五右衛門風呂を使用している時には、当然だけれど他の人はコインシャワーは使用できない
4室しかないので、五右衛門風呂を沸かしている間は、シャワーだけ使いたい人に、使わせてあげて欲しいですねスマイル
やはり、譲り合いの精神がみんなにないと、混雑時は大変かも

(写真がないので、ネットから拝借しました)

sirataki-3sirataki-4


上矢印ゴミ
分別して廃棄が可能
ゴミ袋の購入が必要
廃棄できる時間は、管理人さんがいる時
それ以外の時間は、ゴミステーションにはカギがかかっています

50%-2014_0706_092157-1

 ゴミの分類等について  ↓画像クリックで大きな画像を表示

白滝高原キャンプ場02   

上矢印サイト
区画サイト(30サイト) そのうち電源付サイトが4サイト
芝が綺麗、木々の緑が素晴らしい、完全フラットではなく少しだけ傾斜あり、広さは100㎡以上はありそう
区画サイトの外灯は、安全上必要だとは思うが、ちょっと明る過ぎるかな

バンガローサイト付近にフリーサイトもある(「テントサイト」という名称で車を横付けできるサイトもあった)

50%-2014_0705_182924

50%-DSC_6536

50%-2014_0706_091935

No21~30のサイトは、お花畑のままでした  トップシーズンに向けて、これから草花を刈って整備するのでしょうね

50%-2014_0706_093135

50%-2014_0706_093749

バンガローサイト方向

50%-2014_0706_084232

上矢印駐車場
キャンピングカーはここで駐車します

50%-2014_0706_163344

 上矢印その他
・カラスに注意
 お菓子の入っている箱まで、破かれました
 ティッシュペーパーのティッシュまで突いてました
  恐るべし北海道のカラス

・多目的広場を挟んで、右と左が、まるで違うキャンプ場のような感じがする
 右の区画サイトは、高規格キャンプ場

・多目的広場はどのように使用するのか、不明
 この広場にテントが設営できれば、気持ちがいいのだけれど(団体利用の時は、ここを使うのかも)

50%-2014_0706_092229

50%-2014_0706_092125

 

白滝高原キャンプ場 2014年7月キャンプ日記はこちらへ

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2014/08/02(土) 23:27:09|
  2. 白滝高原キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Kaoru&Beet

Author:Kaoru&Beet
Kaoru君とBeet君のキャンプ日記へようこそ!

PCカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

INDEX

Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

CATEGORY

月別アーカイブ

2017年 10月 【21件】
2017年 09月 【33件】
2017年 08月 【25件】
2017年 07月 【19件】
2017年 06月 【23件】
2017年 05月 【34件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【21件】
2017年 02月 【24件】
2017年 01月 【28件】
2016年 12月 【56件】
2016年 11月 【32件】
2016年 10月 【27件】
2016年 09月 【29件】
2016年 08月 【23件】
2016年 07月 【29件】
2016年 06月 【29件】
2016年 05月 【21件】
2016年 04月 【23件】
2016年 03月 【22件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【30件】
2015年 12月 【29件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【30件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【24件】
2015年 02月 【25件】
2015年 01月 【17件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【23件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【21件】
2014年 04月 【12件】
2014年 03月 【24件】
2014年 02月 【17件】
2014年 01月 【18件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【19件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【14件】
2013年 07月 【24件】
2013年 06月 【12件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【16件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【13件】
2013年 01月 【14件】
2012年 12月 【18件】
2012年 11月 【16件】
2012年 10月 【17件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【9件】
2011年 09月 【2件】

最新コメント

リンク


Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1


あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

WOM CAMP ロゴ2

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR