Kaoru君とBeet君のキャンプ日記

キャンプ日記、キャンプ道具、旅の記録、街歩きとグルメなどを書いています。

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場  お月様が・・・・・

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場  お月様が・・・・・


一日目その1へ戻る    二日目へ続く


一日目(9月28日)その2

キャンプ場到着時から夕方まで、目まぐるしく変化するお山の天候
もう今夜のお月見は無理だろうと、カメラも片づけて、幕の中で夕食です

秋田のお酒を、会津の漆器(NODATE MUG ノダテマグ)でいただきます

30-2015_0928_180903

飛良泉(ひらいずみ)、秋田県にかほ市の蔵元です

30-2015_0928_180948


おつまみも秋田、いぶりがっこのクリームチーズ和え

30-2015_0928_181336

もうひとつのおつまみは、茄子と茗荷の酢味噌和え

30-2015_0928_181339

メインはおでん

30-2015_0928_181310

久しぶりに、WGT(Wood Grill Table ウッドグリルテーブル)が活躍します

30-2015_0928_181320

30-2015_0928_190220


東北の美味しいお酒、少し飲み過ぎたようで
酔いを醒まそうと外に出てみると、
なっ、なんと 月が出ているではないですか (°_°)

中天まで昇っているので、もはやスーパームーンとは言えないけれど
月齢14.8 十六夜の月

30-2015_0928_194516

早速、ススキを飾って、お月見ですよ

30-2015_0928_195202

うっすらと富士山の姿も・・・・・

30-2015_0928_201802

30-2015_0928_202017

ほんの少しの間だったけれど、お月見が出来て
お月見団子もいただいて、満足でした


天候 曇り時々晴れ  最高気温26.3℃ 最低気温15.3℃ 平均風速1.4m

一日目その1へ戻る    二日目へ続く

ページトップへ戻る



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2015/09/30(水) 22:49:14|
  2. 朝霧ジャンボリーオートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場  お月見キャンプ

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場  お月見キャンプ


2015年9月28日(月)~30日(水)、2泊3日で静岡県朝霧高原の朝霧ジャンボリーオートキャンプ場へ行ってきたよ


28日の月曜から2~3日は、晴れ時々曇りが続くという週間予報
中秋の名月は27日(日)だけれど、28日(月)はスーパームーンとなる日
富士山とスーパームーンという絵が撮影できるかもしれないという、淡い期待を持って出かけてきました

スーパームーンとは、月が地球に最接近し、大きさで約14%・明るさで約30%で、普段の満月よりも大きく明るく見える月のこと

asagiri-jyannbo002-1

30-2015_0930_085651-1


一日目(9月28日)

5:40 浅草出発 距離143km

asagiri-jyannbo003

天候は、晴れ時々曇りの予報
渋滞もなく、快調に走ります

富士山は、雲に覆われて、まだその全貌を見せてくれません

30-2015_0928_071225

30-2015_0928_071847

河口湖ICを降りてすぐのガスト 富士吉田松山店で朝食

その後、鳴沢村の渡辺製材所さんで、いつものように薪を買っていきます
今回もおまけしていただきました
いつもありがとうございます

30-2015_0928_082824

30-2015_0928_082844



asagiri-jyannbo004-1

国道139号線から別れて、県道71号線(富士宮鳴沢線)に入り青木ヶ原樹海の中を走ります

夜、一人では絶対走りたくない道ですよね

30-2015_0928_083958


思い出すのもおぞましいあの事件で当時有名となった上九一色という地名、まだ残っているのかな

30-2015_0928_085246


国道139号線にまた合流して、キャンプ場近くのコンビニへ
この付近のコンビニでは、薪が販売されているのです
BBQをする人が多いからという理由らしいですね

30-2015_0928_090805

キャンプ場へ向かう道

30-2015_0928_091014

晴れていれば、こんな感じで富士山がドーンと見えるのだけれど・・・・・悲しい

(この写真は、2015年3月にこのキャンプ場に来たときのもの)

30-2015_0928_091014-1


9:10頃、キャンプ場に到着

30-2015_0928_091059

受付をしてから、サイトへ
今日は10組くらいとのこと
PサイトとIサイトは以前に設営したことがあったので、今回はM・N・Pサイトあたりに・・・・・
富士山は雲の中
どの方向に見えるのかある程度はわかるのだけれど、
視界を遮る樹木との位置関係は正確には把握できないまま
結局、Nサイトの通路の南側に設営しました

asagiri-jyannbo005-1

asagiri-jyannbo006-1

今回は、リビシェル君ランブリ君を接続
焚火台のところには、風よけのために陣幕、そして必要ないと思ったけれど焚き火タープ
広いサイトを使って、大胆に設営させていただきました

Nサイトの通路の東側には、昨夜から張っている2組の先客さんがいましたが、今日お帰りの方々でしたので
南側には結局僕らだけとなりました

30-2015_0928_150005

30-2015_0928_150201

30-2015_0928_150418

30-2015_0928_150421

お昼ごはんは、カツサンドとビール

30-2015_0928_123932

30-2015_0928_124026

お昼ご飯のあとは、コットで昼寝したりして、のんびり過ごします

一瞬、雲が切れて青空が・・・・・・
このまま晴れてくれれば富士山の姿も・・・・・と期待したけれど

S2015_0928_130824_thumb[1]

また、曇ってきて・・・・あ~~あっ困った

30-2015_0928_150320_thumb[1]

場内のシャワーでさっぱりしたあと、サイトに戻ると

まさに一瞬だけ、富士山が頂上の姿を見せてくれました・・・・が

30-2015_0928_162614_thumb[1]

また、すぐに霧に包まれたような感じになってきて・・・・
「朝霧高原」改め、「夕霧高原」か?

お月見だんごも、ススキも用意してお月見の準備万端、スーパームーンの撮影もスタンバイしているだけれど・・・・・・・
めまぐるしく変化する天候、本当にお山の天気は気まぐれですね

30-2015_0928_171821_thumb[1]

30-2015_0928_171820_thumb[1]

Nサイトの通路の北側に、1組のカップルの方が設営されていたので、ちょっとご挨拶に

今夜のNサイトは、結局2組だけ

30-2015_0928_165829_thumb[1]

焚火しながら、月の出の時刻を待ちますが・・・・・・・

30-2015_0928_171911_thumb[1]

なんと雨が ・・・・・・・号泣

ピンポイント予報は晴れですよ、晴れ!!

30-2015_0928_171912_thumb[1]

雨は、すぐに止みましたが

今夜のお月見は、諦めるしかないのでしょうか??

一日目その2に続く

ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2015/09/29(火) 23:02:32|
  2. 朝霧ジャンボリーオートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

富士とスーパームーン、撮れるかな?

富士山、ちょっと雲に隠れてます。
夕方には、くっきりと姿を見せてくれるかな?






関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2015/09/28(月) 13:16:26|
  2. 朝霧ジャンボリーオートキャンプ場

PATTA TRASH BOX MINI  パッタ トラッシュボックスミニ

PATTA TRASH BOX MINI  パッタ トラッシュボックスミニ


テント内でのゴミ箱としては、自作の木製ゴミ袋スタンドを使っていますが、
ゴミが出るたびに、そこまで捨てに行くのがめんどうなので、自分の側に小さなゴミ箱があると便利だなあと
大変横着な事を、ずっと考えていました

ある日、蔵前にあるKONCENTというインテリア雑貨店で

50-2015_0822_125015

50-2015_0822_124950

見つけましたよ、最適なゴミ箱
名前は、PATTA TRASH BOX MINI  トラッシュボックスミニ
高さ180mmの小さな折り畳み式ゴミ箱 (車の中でも使えます)

30-2015_0823_115419

30-2015_0823_115803

30-2015_0823_115544

30-2015_0823_115500

30-2015_0813_174322

30-2015_0813_174329

パタパタ組み立ててパタパタたためるPATTA(パッタ)
捨てたゴミが見えにくいトラッシュボックス。 セットしたゴミ袋はフタで隠すことができます。
コンパクトサイズで、取手をフックに引っ掛けて使うこともできます。
軽く、汚れや水分に強い発泡樹脂をメインに使用しています
*ポリ袋(12 号サイズ) に対応しています

■製品サイズ:約W125×D85×H180mm
■材質:表面/底板:発砲PP、 内側/取手:ナイロン フタ芯材:PP 
■原産国:日本
■ブランド:PATTA(パッタ) [KOKUYO MVP] 

 

30-2015_0828_155325

ゴミくらい、立って捨てにいけばいいのに、なんて横着なんですかガマン・・・・という声も聞こえてきそうですが

美味しいお酒を飲んでる時などは、ゆっくりと腰を落ち着けていたいのですよね



ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/09/25(金) 23:20:50|
  2. その他グッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

冬キャングッズINDEX

冬キャングッズのINDEXです
(現在、使用中のグッズのみ掲載)

青色のリンクは、このブログの中の記事にリンクしています
赤色のリンクは、外部のサイトにリンクしています

INDEX リンク (黒字は工事中)

テント・タープテーブル・チェアテーブルウェア調理器具
照明器具スリーピング収納・棚虫除け虫対策
冬キャングッズ焚き火グッズレイングッズ自作・手作り・工夫
その他グッズ


薪ストーブ関連

写 真

名 称

メーカー・購入先等

備 考

19019iron-stoveWILD-1
 
19018マルチツールバック6040WILD-1iron-stoveの収納
2015年1月現在
廃盤品
19017-1

黒耐熱二重ステンレス直筒
φ106mm

ホンマ製作所
ジョイフル本田で購入
 
19017-2

黒耐熱ステンレス直筒
φ106mm


×2
ホンマ製作所
ジョイフル本田で購入
 
19017-3

ステンレス丸型トップ
φ106mm用

ジョイフル本田で購入 
19017-4

黒耐熱ステンレス二つ割
φ106mm用

ホンマ製作所
ジョイフル本田で購入
 
DCF00020.JPGスーノーボードケースリサイクルストアで購入煙突の収納
19015ストーブ温度計 TH2Dutchwest
ダッチウエスト
 
19014ストーブグローブGL3Dutchwest
ダッチウエスト
 
19020幕除け自作 
    

 

石油ストーブ関連

写 真

名 称

メーカー・購入先等

備 考

19006フジカ ハイペット
KSP-229-21C-J2R
フジカ 
19005-2.jpgスノーピークレインボーストーブバック

snow peak
スノーピーク

フジカハイペットの収納
19003ガソリン携行缶10LGARAGE ZERO
ガレージゼロ
灯油の保管運搬
19004ガソリン携行缶3LGARAGE ZERO
ガレージゼロ
灯油の保管運搬
19002炭焼き名人七輪用ゴトクCAPTAIN STAG
キャプテンスタッグ
 
19001桧万能すのこ30ケーヨーデイツーフジカハイペットの台座として使用
 19027.jpg ポータブル石油ストーブ(対流型) SL-5116 コロナ 
19028.jpgバレルバッグL

snow peak
スノーピーク


その他

写 真

名 称

メーカー・購入先等

備 考

19010アウトドアヒーター
P-951CP
PRIMUS 
プリムス
 
19023.jpg クイックヒーター MODEL170-8054Coleman
コールマン

故障で使用不可となった
19022.jpg遠赤ヒーターアタッチメントColeman
コールマン
2016_1217_103418.jpgPatio Cappuccino
パティオカプチーノ


California Patio
カリフォルニアパティオ

19012湯たんぽFashy 
19011プレミアムマイクロファイバー
毛布
mofua
モフア
 
 電気毛布

 電源サイトの場合使用
19009防寒手袋デルタグリップ川西工業設営・撤収jに使用
19201.jpg防寒用手袋 トワロン防寒用東和コーポレーション雪上・雪中キャンプでの
雪かき用に使用

冬キャンプでの調理器具・食器洗いに使用
19013-1Sorel Caribou 
ソレル カリブー
Sore
ソレル
 
19013-2スキーブーツバッグ
ショルダータイプ
ICI石井スポーツソレル カリブーの収納
19007透明糸入りシート

2m×2m 1
2m×4m 2

製造:moririnモリリン
販売:ジョイフル本田

サンルーム用
設置詳細
設置例T トルテュ
19007-2
設置例R ランステ

19007-3

17001_thumb.jpg セパレートマミー400

snow peak
スノーピーク

 氷点下の極寒期には、セパレートオフトンワイド 1400の中に入れて使用

シュラフの二重使用
19024.jpg 19025.jpg 19026.jpg雪中キャンプ用ペグ














竹製ペグ
自作
19029.jpgCPX™ 6 テントファンLEDライト付
Coleman
コールマン

 INDEX リンク (黒字は工事中)

テント・タープテーブル・チェアテーブルウェア調理器具
照明器具スリーピング収納・棚虫除け虫対策
冬キャングッズ焚き火グッズレイングッズ自作・手作り・工夫
その他グッズ


 

ページトップへ戻る

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/09/24(木) 23:49:05|
  2. 冬キャングッズINDEX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Fire Blaster ファイヤーブラスターの自作品、いただきました

Fire Blaster ファイヤーブラスターの自作品、いただきました


北の国のブログ友達office τ さんが、ファイヤーブラスターを自作しているのを記事で見て
「いいなあ、いいなあ」とせがんでいると、ある日僕らのもとに届きました\(^o^)/
すみません、無理言って

30-2015_0921_225155-1

30-2015_0921_225640

30-2015_0921_225720

夜なべ仕事のやすり掛け、職人さんの思いが伝わりますね

30-2015_0921_225312

30-2015_0921_225526

30-2015_0921_225735

30-2015_0921_225541

30-2015_0921_225557

30-2015_0921_225256

ありがとうございました

office τ さん作品のクオリティの高さに脱帽です

フィールドデビューが、待ち遠しいです

焚き火グッズINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る




関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/09/23(水) 23:58:06|
  2. 焚き火グッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

襲撃!! かずさオートキャンプ場のGTさんの砦へ

襲撃!! かずさオートキャンプ場のGTさんの砦へ


GTさんが、かずさオートキャンプ場に出撃しているとの情報

シルバーウイークの9月22日(火)、秋晴れの空に誘われてドライブを兼ねて、襲撃してきました

かずさオートキャンプ場は、普段は設営しないヤギさんたちのお家の前まで、ぎっしり
こんな風景を見たのは初めてで、びっくり

30-2015_0922_164043

30-2015_0922_164039


GTさんの砦は・・・・・何処かな

30-2015_0922_164111


やっぱりこの場所に砦を構築されていましたね

30-2015_0922_164111-1

ランドロック+ドックドーム、
ランドロックがリビングキッチン、ドッグドームがベッドルーム・・・・なんとゴージャスな設営

お久しぶりの乾杯ビール

30-2015_0922_154816-1

サイトのディスプレイを見させていただきました

おしゃれグッズが一杯

30-2015_0922_161851-1

おっと、キャンドルを置いている棚は、i-R base のRACK2ですね

この重厚感・安定感は素晴らしいですよね
このRACK2、今は在庫切れのようです
僕らもキャンプ用に欲しいですね・・・でも、プラド君への収納が問題かな?

30-2015_0922_161918-1

コーナンラックのワイドを発見
GTさんいわく、「ワイドは安定性がある」とのこと、使った方の感覚だから間違いなし
僕らが想定していたとおりでしたね

30-2015_0922_163751-1

自作のランタンスタンドもいい感じ

30-2015_0922_162337-1

30-2015_0922_163533-2

30-2015_0922_162554-1

夕食準備の頃に、襲撃して、すみませんでした

今度は、森のまきばで会いましょう 爆笑

 

音楽おまけ その1

シルバーウィークの渋滞を避けるために、アクアラインを通らずに、行きは京葉道から館山道を走行、混雑もなく1時間ほどで到着
帰りも行きと同じルートを選択しましたが、ご多分にもれずどっぷりと渋滞にはまってしまい、行きの4倍くらいの時間がかかってしまいました
ここのところ自宅待機だった僕ら、シルバーウィークらしさを満喫した1日でした  ペロリ

 

音楽おまけ その2

プラド君、顔面に負傷 号泣
高速走行中に、飛び石でフロントガラスに20㎝ほどの傷が・・・ハクがつきました
ディーラーの休日明けを待って、治療してもらいに行きます
しばらく休養かな? 


ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/09/22(火) 23:29:12|
  2. ●キャンプ関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

片品武尊牧場キャンプ場  キャンプ場情報

片品武尊牧場キャンプ場  キャンプ場情報だよ(2015年9月現在)


片品武尊牧場キャンプ場 2015年9月キャンプ日記はこちらへ


上矢印ロケーション
標高1,500m、高原のキャンプ場
武尊山の中腹三合平に位置し、冬はスキー場
空が開けていて、満天の星空が期待できる

katasinahotaka008

スキー場のトップに位置していて、スキー場の入り口から標高差400mを10分ほどで一気に登ります
スキー場内の道であり、ガードレールがないところもあるので、十分な注意が必要

katasinahotaka005

katasinahotaka007-3

50-2015_0921_112354-1

上矢印管理棟
24時間、スタッフが常駐
売店あり

30-2015_0915_144233 - 03

30-2015_0915_144025

上矢印炊事棟
場内に6ヶ所
お湯は出ません
生ごみは各自で持ち帰ります 後の人のために使用後は各自で清掃を  当然のマナーですね
常に清掃が行き届いているとは言い難い

30-2015_0915_144510

30-2015_0915_144147

30-2015_0915_144203

30-2015_0915_144157

残り炭や灰は、炊事場の中にある空き缶の中に捨てることになっている

30-2015_0915_144222


上矢印トイレ
場内に4ヶ所
洋式・和式、水洗  
常に清掃が行き届いているとは言い難い

30-2015_0915_144256

30-2015_0915_144306

30-2015_0915_14432130-2015_0915_144333
30-2015_0915_14434330-2015_0916_061829


上矢印シャワー・風呂
シャワー室1棟 5分¥200
コインシャワーが8基
4基は最新式のコインシャワー
(音声案内、シャワー室自動洗浄)
風呂はなし

30-2015_0915_144043

30-2015_0915_143807 - 01

右側に旧式のコインシャワーが4基

30-2015_0915_143952

左側に最新式のコインシャワーが4基

30-2015_0915_143914

30-2015_0915_144002 -2

30-2015_0915_143935 - 2

30-2015_0915_143900-1 - 2


最寄りの入浴施設
花咲の湯  車20分程度
10:00~20:00 ¥650(キャンプ場で割引利用券を使うと¥550)
第2・第4水曜日は休館

katasinahotaka014-1

その他の入浴施設についてはこちらへ
近郊に沢山の温泉があるが、キャンプ場からの距離は結構あります

上矢印ゴミ
分別していつでも廃棄が可能

30-2015_0915_143728

30-2015_0915_143731


上矢印サイト

区画サイト
区画サイト8(電源付き4、電源なし4)
地面は土
電源付と電源なしは通路を挟んで向かい合っている
1区画のスペースは、それほど広くない
パンフレットには20と記載されているが、おそらく古い記載だと思われる

電源付き

30-2015_0915_142842

30-2015_0915_142849

電源なし

30-2015_0915_142900

30-2015_0915_142906


フリーサイト
35~38組のサイト設営が可能
大部分が傾斜地(下記図のAからE方向に傾斜している)、地面は草・土
車の乗り入れ禁止(空いている時は、荷物の搬入搬出時のみ許可される場合があるので、要相談)
ただし、フリーサイト内は、傾斜と凹凸が多く、車高が低い車などは注意が必要

撮影地点をA~Fの記号で表示

katasinahotaka007-撮影地点

動画・写真では、目印として車をフリーサイトに置いているが、実際はフリーサイト内は車乗り入れ禁止となっている

[広告] VPS

 


↓画像クリックで拡大表示

A地点から

30-2015_0916_122100

30-2015_0916_122104

30-2015_0916_122113-P

B地点から

30-2015_0916_122323-P

30-2015_0916_122332-P

C地点から

30-2015_0916_122541-P

30-2015_0916_122550-P

D地点から

30-2015_0916_122650-P

30-2015_0916_122657-P

E地点から

30-2015_0916_122826-P

30-2015_0916_122838-P

F地点から

30-2015_0916_122949-P

30-2015_0916_122956-P

G地点から

30-2015_0916_123104-P

上矢印その他
●ペット可
●フリーサイトの中、白樺の木を使ったブランコがいくつか設置されている

30-2015_0916_122949-1

●キャンプ場を出発地とするトレッキングコースがある(2kmコース、4kmコース、10kmコース)

50-2015_0921_112411

 ・付近にスーパーマーケット・コンビニはないため、沼田の市街地で調達してきた方がよい

パンフレット  ↓画像クリックで拡大表示

50-2015_0921_11242850-2015_0921_112436
50-2015_0921_11245150-2015_0921_112516


片品武尊牧場キャンプ場 2015年9月キャンプ日記はこちらへ

ページトップへ戻る




キャンプ場INDEXは ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]






関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2015/09/20(日) 23:35:22|
  2. 片品武尊牧場キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

片品武尊牧場キャンプ場  天候には勝てずに撤収

片品武尊牧場キャンプ場  天候には勝てずに撤収


一日目その3へ戻る 

片品武尊牧場キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ


    

二日目(9月16日)


朝、天気予報を確認
大きく変化するはずもなく、今日は一日中曇りで明日は雨
わずかな希望も早々と打ち砕かれ、やはり一泊で撤収することに決定
さすがに、この山での雨撤収はきつい、それに大雨になる可能性もあるし

katasinahotaka012


6時過ぎ、外に出てみると、なんと遠くの山々が見えるではないですか
ぼんやりとだけれど、白根山も

30-2015_0916_060348

30-2015_0916_060937

30-2015_0916_061210

まさか、今日は晴れるのか? なんて淡い期待を抱いた途端

あっという間に、深い霧に包まれてしまった悲しい

30-2015_0916_073036

30-2015_0916_073011

30-2015_0916_073054

朝ご飯
昨日の残りの炊き込みご飯、サラダ、ほうれん草のベーコン炒め、
そして、昨夜炭で焼いたとうきび

30-2015_0916_073552

30-2015_0916_073542

30-2015_0916_073537

30-2015_0916_073423

ゆっくりと朝ご飯を食べてから、撤収開始
霧が繰り返しやってきて、なかなか幕が乾燥できない
室内の結露は、フジカ君を使って乾燥させます
(やはりフジカ君を持ってきて正解でしたね)


管理棟に挨拶してから、帰ります
キャンプ場の営業は、10月12日までとのこと

後ろ髪を引かれる思いで坂道を下ります
空が晴れた日に、ぜひリベンジしたいフィールドでした

30-2015_0916_124838

 

お昼ごはんは、花咲の湯のレストランへ

30-2015_0916_131556

失礼ながら、日帰り温泉施設のレストランなんて・・・・・と思ってましたが、とんでもない間違いでしたね

花咲地粉そば、きのこのピザ びっくりするほどいい味でした

30-2015_0916_132129

30-2015_0916_132142

30-2015_0916_131715

みょうがのキンピラ、生まれて初めて食べました

30-2015_0916_131729

そばを買って帰ります

30-2015_0916_133905

30-2015_0916_134350

30-2015_0916_134610

ここ花咲の湯も、ぜひもう一度訪れてみたいところとなりました
次回は、お風呂に入ってみましょう(笑)


付近のキャンプ場視察も忘れずに

katasinahotaka015-1

まずは、皇海山キャンプフォレスト(すかいさん)

営業開始から17年になるキャンプ場
近年では、GWとお盆の時期しか営業していなかった
現在の管理者の方が、再建を開始し2015年春にオープン
ちょっと、興味があって行ってみたけれど、残年ながらお留守でした
勝手に入るわけにはいかなかったので、入口から見える範囲だけ写真を撮らせていただきました

皇海山Camp Forest facebook

30-2015_0916_141259

以前の名称が「皇海山キャンプの森」?かな

30-2015_0916_141304

30-2015_0916_141323

30-2015_0916_141057

30-2015_0916_141113


次は、グリーンパーク吹割キャンプ場

1993年にオープンしたキャンプ場
前のオーナーが営業を中止
「地元である沼田を元気にしたい!」 「郡馬の魅力を伝えたい!」 「皆さんに楽しんでもらいたい!」
そんな思いから2013年春にリニューアルオープン
20代~30代の農家を中心とした尾瀬新鮮組のメンバーが運営する農家直営キャンプ場

スタッフの方がいらっしゃったので、許可をもらって見学させていただきました

30-2015_0916_143248

30-2015_0916_143251

奥にある区画サイト

30-2015_0916_142749

30-2015_0916_142807

フリーサイト

30-2015_0916_142939


東京から200kmほど走ってきて、一泊で帰るのはもったいない・・・・・
ということで、吹割の滝に近い、名湯老神温泉に泊まることにしましたよ

katasinahotaka016-1

老神温泉
湯の歴史は古く、その昔、赤城山の神(ヘビ)と日光男体山の神(ムカデ)が戦った時、弓で射られた赤城山の神が赤城山山麓に矢を突き刺すとたちまちお湯が沸いてきたのが始まりとか。赤城山の神がそのお湯に傷を浸すとたちまち治り、男体山の神を追うことができたことから「追い神」と呼ばれるようになり、それが「老神」になったと伝えられている。


旅館は、伍楼閣
全国露天風呂百景に選ばれた露天風呂「赤城の湯」で有名な老舗旅館

30-2015_0917_094724

30-2015_0917_095114

全国露天風呂百景に選ばれた露天風呂「赤城の湯」 ・・・・混浴です

50-S2015_0917_064719

50-S2015_0917_064744

貸切露天風呂「もみぢ谷」

30-2015_0916_151721

30-2015_0916_151737

大浴場「しぶつの湯」

50-S2015_0917_070925

バラの花を浮かべてあります

50-S2015_0917_065848_thumb[1]

50-S2015_0917_065827_thumb[1]

秋には、山が綺麗に紅葉するそうです

30-2015_0917_092151_thumb[1]

上げ膳据え膳、たまにはいいですね

食事の準備不要、食器洗い不要

30-2015_0916_181258_thumb[1]

30-2015_0916_181302_thumb[1]

翌日の朝食は、2バーナーで・・・

30-2015_0917_082328_thumb[1]


キャンプの後の温泉は最高ですね

念願かなってようやく訪れることが出来た片品武尊キャンプ場
次は、天気のいい時を狙ってリベンジ!
その時こそ、満天の星空の写真を撮影したいものです


今日も、雨・・・それも大雨   

安全運転で、ゆっくり東京まで帰ってきました


16日 天候 曇り  最高気温19.6℃ 最低気温14.4℃ 平均風速0.5m
17日 天候 雨   最高気温16.3℃ 最低気温13.9℃ 平均風速0.3m 


一日目その3へ戻る 

片品武尊牧場キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ


ページトップへ戻る




関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2015/09/19(土) 23:41:05|
  2. 片品武尊牧場キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

片品武尊牧場キャンプ場  秋の味覚、いただきます

片品武尊牧場キャンプ場  秋の味覚、いただきます


一日目その2へ戻る     二日目へ続く

片品武尊牧場キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ



一日目(9月15日)その3


夕食準備の前に、シャワーへ
シャワー棟には、合計8基のコインシャワー室があります
4つは古い形、4つは最新式のコインシャワー

30-2015_0915_143807

これが最新式のコインシャワー
200円で5分だから料金は良心的

30-2015_0915_144002

30-2015_0915_143935

30-2015_0915_143900-1

今まで、コインシャワーのことを、キャンプ場情報以外でレポしたことはないのに、今回はなぜ??

この最新式のコインシャワーは凄いのです

なんと、このコインシャワー、しゃべるのです
いくつかの案内を女性の声で・・・・・
びっくりですよ 
おまけに、次の利用者のために、シャワー室が自動洗浄される
いやいや、本当に驚きました

 

シャワーで汗を流して、さっぱりして
夕食の準備
夕方になるにつれて、雲が厚く垂れ込めてきて、どうやら星空は期待できないような・・・・

30-2015_0915_165127

炭を熾します

30-2015_0915_175118

秋の味覚と言えば、さんま 

30-2015_0915_180741

いい感じに焼けてます

30-2015_0915_182125

30-2015_0915_183420

大根おろしを添えていただきます

30-2015_0915_183516

アスパラベーコン、そして炊き込みご飯

30-2015_0915_183246

30-2015_0915_184555

秋の味覚、ご馳走様でしたウインク


標高が高いので寒いかもと、フジカ君を持ってきたけれど、夜は使わなかったです
雲が厚く山を覆ったために、昼間の暖かさがそのまま残ったのかな

30-2015_0915_190717

オカモチハーフは、今回が本格的なフィールドデビューでした

30-2015_0915_185924

30-2015_0915_192100

30-2015_0915_192047

夜、静かです

時折鹿の鳴き声がするだけで、風の音もなく、全くの無音の世界

ちょっと不気味なくらい・・・・


30-2015_0915_204622

30-2015_0915_205041

30-2015_0915_205348

30-2015_0915_204931

30-2015_0915_212014

30-2015_0915_211715

30-2015_0915_212349



さて、そろそろお休みの時間ですね

天候 曇り時々晴れ  最高気温23.3℃ 最低気温14.1℃ 平均風速0.6m


一日目その2へ戻る     二日目へ続く

片品武尊牧場キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ


ページトップへ戻る




関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2015/09/18(金) 21:09:01|
  2. 片品武尊牧場キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

片品武尊牧場キャンプ場  焚き火タープと陣幕

片品武尊牧場キャンプ場  焚き火タープと陣幕


一日目その1へ戻る     一日目その3へ続く

片品武尊牧場キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ



一日目(9月15日)その2

ランチの時間
ホットドッグとビール
お風呂は、花咲の湯まで行こうかなと思っていたけれど、片道20分程度かかるので、なんだか時間がもったいない
キャンプ場のコインシャワーが一部最新式のシャワーだったので、そちらで済ませることにして
早速、アルコールを

30-2015_0915_125601


何となく、焚き火タープを立ててみたくなって、管理棟でタープ1張りの料金を支払ってから設営
ついでに、陣幕も焚き火タープと一体化して設営してみましたよ

30-2015_0915_141521

30-2015_0915_141603

30-2015_0915_141623

どのように一体化させたか というと

30-2015_0915_141816-1

焚き火タープのサイドのグロメットに、陣幕のポールを通したというわけ

ちょうどいい高さなんですよね

30-2015_0915_141906

当然、焚き火タープの下で焚き火をするので、難燃シートも準備

30-2015_0915_141709

難燃シートの四隅の張り綱(ガイライン)の先端には、トリガースナップをつけてあります
焚き火タープのサイドのグロメットに簡単に付けることができます
ちなみに、このトリガースナップは、1個¥108(ホームセンターコーナン)
工夫次第で色々なところで使える便利グッズですよ

30-2015_0915_141926

30-2015_0915_142004

30-2015_0915_142335

ちょっと場内を散歩してみましょう

30-2015_0915_142357_thumb[1]

30-2015_0915_142636_thumb[1]

武尊山も見えます

30-2015_0915_143320_thumb[1]

今度来た時に、少し歩いてみよう

30-2015_0915_144652_thumb[1]

熊の出現が増えているようです

30-2015_0915_145003_thumb[1]


30-2015_0915_145029

30-2015_0915_145218

 

さて、シャワーを浴びてから、夕食の準備のために炭を熾しましょうか

一日目その1へ戻る     一日目その3へ続く

片品武尊牧場キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2015/09/17(木) 23:58:44|
  2. 片品武尊牧場キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

片品武尊牧場キャンプ場   標高1,500mへ

片品武尊牧場キャンプ場   標高1,500mへ


2015年9月15日(火)~16日(水)、1泊2日で、群馬県片品村の片品武尊牧場キャンプ場へ行ってきたよ

丸沼高原に行った時、白根山の西方向に見えた武尊山(ほたかやま)の中腹にある標高約1,500mのキャンプ場
丸沼高原オートキャンプ場と同じく、冬はスキー場となるキャンプ場
きっと、素晴らしい星空を見ることが出来るだろうなあと、以前から気になっていて、一度は行ってみたかったのです

長雨のあとの、ほんの少しの晴れ間を見つけて2泊の予定で行ったのだけれど、すぐに天気は下り坂になってきたので
大雨の中での撤収を避けるため、キャンプは1泊で切り上げました

katasinahotaka007-1

30-2015_0915_142210


一日目その1

5:30 浅草出発 距離約200km

katasinahotaka000

首都高・関越道と順調に走行し、途中駒寄PAで休憩して、沼田ICには7:44に到着

30-2015_0915_074400

沼田ICの出口すぐのところにあるガスト沼田インター店で朝食

ガストは朝の早い時間から営業しているので、いつも色々なところで利用させてもらっています

30-2015_0915_074844

モーニングメニューではドリンクとスープが飲み放題というのも魅力かな

30-2015_0915_083438

沼田ICからは、日本ロマンチック街道を東へ

日本ロマンチック街道とは

長野県上田市より軽井沢町を過ぎ、群馬県草津町、沼田市を経て、栃木県日光市までの全長約320kmの街道を日本ロマンチック街道と称する。
  上信越高原国立公園と尾瀬国立公園、日光国立公園を結ぶ横断道路で、浅間・白根・日光白根などの火山が創り出した造形美、すなわち高原、滝、湖沼、湿原を内蔵し、近世の城下町、温泉町、宿場町、門前町を通過する。
  日本に於ける最もドイツ的自然景観を持ち、同時に日本ロマン詩人達が多くの作品を残した、日本に於て最もロマンにあふれた街道である。この街道を日本ロマンチック街道と呼ぶ理由はドイツロマンチック街道に範をとった。

katasinahotaka000-1


吹割の滝を通って、利根町の平川という交差点から県道64号線へ

30-2015_0915_092343_thumb[1]

武尊山が見えてきます

30-2015_0915_092425_thumb[1]

花咲の湯の農産物直売所で、3本¥200のとうきびを買ってから、武尊スキー場方面へ

30-2015_0916_131410_thumb[1]

30-2015_0915_094351_thumb[1]

ここがキャンプ場の入口、ここから標高差約400mを10分ほどかけて一気に登っていきます

30-2015_0915_094455_thumb[1]

30-2015_0915_094732_thumb[1]

30-2015_0915_095020_thumb[1]

30-2015_0915_095132_thumb[1]


30-2015_0916_125111

最後に、急な坂を登りきると、キャンプ場に到着です

30-2015_0915_095212

30-2015_0915_095241

30-2015_0915_095312

30-2015_0915_095331

10時頃、キャンプ場に到着です

30-2015_0915_095346



30-2015_0915_144233

管理棟で受付
今日は区画サイトに1組、フリーサイトは僕らだけ、合計2組
フリーサイトは車の乗り入れが出来ないのだけれど、
今日は空いているので荷物の積み下ろしの時だけ、車を横付けさせてもらいました

白樺の林を抜けて、少し開けたあたりの、いくらかフラットなスペースを選んで設営
今回は、リビシェル君にランブリ君を連結

30-2015_0915_114205

30-2015_0915_114319

雲は多いけれども、青空が見えて、時折雲の合間から顔を出してくれる太陽の光と、

秋を感じさせてくれる爽やかな風が心地よい

30-2015_0915_114344

30-2015_0915_120416

30-2015_0915_120311

30-2015_0915_120358

30-2015_0915_114259

さて、設営も完了したし、ランチタイムにしますか・・・・・

一日目その2へ続く

片品武尊牧場キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る






関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2015/09/16(水) 23:37:38|
  2. 片品武尊牧場キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

初秋の風

標高1500mの高原
聞こえるのは風の音だけ










関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2015/09/15(火) 15:18:48|
  2. 片品武尊牧場キャンプ場

Snow Peak Rainbow stove bag  スノーピーク レインボーストーブ バッグ

スノーピーク レインボーストーブ バッグ


2015年9月11日に発売されたスノーピークレインボーストーブ
ストーブではなく、その収納バックに興味があった僕ら

翌日の12日に、スノーピークL-Breath御茶ノ水店へ行く用事があったので、
そのついでに見てみようと思ったけれど、すでに在庫なし

そんな時、キャンプ友達から、WILD-1に在庫があるという情報が・・・
浅草から一番近いお台場のWILD-1デックス東京ビーチ店へ確認したところ、「2つ在庫ありです」

すぐにお台場に出かけましたよ
2つのうち1つは、すでにお取り置きになっていて、最後の1つが・・・・・はい、すぐにゲットしました!


もちろん、フジカ君の収納のため
フジカ君の方がスノーピーク レインボーストーブよりも小さいので、収納可能であることは事前に分かっていました

色はブラック、円筒の形状です

30-2015_0913_142123-230-2015_0913_142719-1
30-2015_0913_142707-130-2015_0913_142652-1

正面にロゴ、「フジカハイペット」というシールでも貼りましょうか困った

30-2015_0913_142151-1

持ち手もしっかりしています

30-2015_0913_142622-1

サイドにも持ち手

30-2015_0913_142612-1

裏にはポケットがひとつ

30-2015_0913_142637-1

底も頑丈な作りとなっています

30-2015_0913_143826-1

材質:表面/600Dポリエステル、裏面/200Dナイロン、芯材/ポリエチレン10mm
生産国:KOREA

大きく開いて、収納することができます

30-2015_0913_143211-130-2015_0913_143320-1

フジカ君、きっちりと収納できます

30-2015_0913_142241-130-2015_0913_142251-1

ゴトクも一緒に収納できました
ただ、残念ながら、置き台としてのすのこまでは入りませんでした

30-2015_0913_142414-130-2015_0913_142427-1



30-2015_0913_143133-1

30-2015_0913_142458-1

 

いままでフジカ君の収納で活躍してくれた、コールマンのアウトドアドライバック/L どうもご苦労さまでした



2015年9月14日追記
上記記事の楽天へのリンクですが、記事を掲載した時点では、まだ在庫があったのですが
2015年9月14日10時ごろに確認すると、すでに「売り切れ」となっていました

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/09/13(日) 21:51:20|
  2. 冬キャングッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

フジカハイペット と スノーピーク レインボーストーブの比較

フジカハイペット と スノーピーク レインボーストーブの比較

2015年9月11日、スノーピークから石油ストーブ スノーピーク レインボーストーブ が発売されたけれど
このスト―ブは、ストーブ等暖房器具の専門メーカーである株式会社トヨトミのOEM商品

トヨトミレインボーRL-25Fとほぼ同じ
異なる点は、色とログとガラスの形状、そして横についている水平機器?
大きさや燃焼能力などは全く同じ
スノーピークに確認してみると、修理や保証は全てスノーピークで行い、
製造物責任も負うので、製造元として「トヨトミ」の表示はしないとのこと

fijika004

トヨトミレインボーの実売税込価格は、¥23,210~¥25,710
スノーピークの価格は、¥34,662

色がブラックで確かに恰好よくなってるけれど、性能は同じで、価格の差が、¥11,452~8,952
個人的には、どうも納得できませんが・・・・・悲しい
まあ、それでも、オンラインショップでは、午前11時にUPされた後、午後に見るともう完売になっていたし
店舗でも予約がいっぱいで、もう在庫なしとのこと
やっぱり、SPのブランド力ですかね??


僕らの愛用しているストーブは、フジカハイペットKSP-229-21C-J2R型(反射板付モデル)
スノーピークレインボーストーブと比較してみた

fijika005

主な項目のみ記載



 項目

フジカハイペット
KSP-229-21C-J2R型
(反射板付モデル)

スノーピークレインボーストーブ
KH-001BK

 
税込価格¥29,160+送料¥1,728
合計¥30,888
¥34,662(送料は無料) 
点火方式マッチ・ガスライター点火電池点火 
最大燃料消費量2.65kW(0.26L/h)2.5kW(0.243L/h) 
暖房出力2.56kW2.5kW 
油タンク容量3.6L4.9L 
燃焼継続時間約12時間約20時間 
外形寸法(mm)高さ432×幅330×奥行330高さ485.7×幅388×奥行388 
質量約5.6kg6.2kg 
芯-呼び寸法内径95mm×厚さ2.2mm内径65mm×厚さ2.5mm 
安全装置対震自動消火装置(芯降下式)
転倒時無漏油自然鎮火
特殊構造タンク
(Safetinaタンク)
対震自動消火装置(芯降下式) 
使用可能な標高標高3,000mでも燃焼確認済標高1,300m以上の高地では使用しないこと
酸素濃度が低く、異常燃焼を起こす恐れあり
 


主な相違点(噂話しや推定・個人的感想も含む)
(以下、スノーピークレインボーを「SP」・フジカハイペットを「フジカ」と表示)

・SPの方が、高さ横奥行などで約50mmほど大きいが、天板部分はフジカの方が広い
 鍋などを載せた場合、フジカの方が安定感があると推定される
・タンク容量・燃焼時間は、SPの方が上
・SPは標高の高いキャンプ場では使用できない
 例えば、群馬の片品武尊牧場キャンプ場・丸沼高原オートキャンプ場・野反湖キャンプ場
 休暇村鹿沢高原キャンプ場・無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場など標高1,300m以上のところでは使用不可
 フジカは、標高3,000mまで問題なく使える
・SPは、灯油を入れたままの運搬を禁止しているが、フジカには明確な記載がない
 実際、灯油を入れたまま立てて車に積載して運搬しているが、いままで油漏れは皆無
 正確ではないが、フジカの燃料タンクは特殊構造タンクと称していて、万一の油漏れという面では、SPより優れているかも
・実際にどちらが暖かいか という比較は実地検証したことないので不明
 ここからは、人から聞いた話
 SPはガラスがあるので、遠赤外線効果はない   遠赤外線効果のあるフジカの方が暖かい
 近くに手をかざしても、SPは横はそれほど暖かくない  フジカは、横も暖かい
 SPはほんのりとじっくり暖かくなる感じ   フジカはすぐに暖かくなる
・個人的な感想
 SPは優しい暖かさというイメージ、フジカは無骨でワイルドな暖かさというイメージ
 タフさという意味では、フジカが上かな 
  

*フジカもSPも、小さな子供さんがいるご家庭では、使用にあたって「やけど」などないように、十分に注意してください

fijika001

SPはストーブと同時に、収納バックも発売していますね (こちらもすでに在庫なしのようですが・・・)
いま、フジカ君はコールマンアウトドアドライバックに収納しているけど、袋自体が少々大きめなので、
ジャストサイズで収納できそうなSPの収納袋には興味があります   

う~ん、どうしようかながっかり


ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/09/12(土) 11:25:30|
  2. 冬キャングッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ELNEST CREATIVE ACTIVITY NODATE MUG  エルネスト ノダテマグ

NODATE MUG ノダテマグ

木製のマグが欲しくて、色々探していたところ
見つけたのが、このノダテマグ

福島県会津若松の関美工堂というところで創られた会津漆器
ELNEST CREATIVE ACTIVITY (エルネスト) というアパレルブランドが販売している

30-2015_0826_113047

30-2015_0826_113102

ひとつずつ収納袋が付いています

30-2015_0826_113204

30-2015_0826_113327

 

野に、漆。~いいですね

30-2015_0826_113440

30-2015_0826_113517

アウトドアでも場所を選ばず、手軽に楽しく使える会津漆器。 使うほどに漆が馴染んで、彩りが深まります。 野に漆 ~ Authentic Japan 野外での茶会や宴席で日本古来から親しまれてきた漆器。 ノダテマグは「漆のある暮らし・遊び」をコンセプトに新しく生まれた漆器ブランドです。 自然の恵み、木や漆。それをデザインし、オーセンティックな技法でリメイクした暮らしの道具。 漆器の優しい手触りは、今の生活で忘れかけていた、人と地球の関わり方に気付かせてくれます。

素材:天然木/本漆/エルクレザー
サイズ:直径7.5cm 高さ6cm

30-2015_0826_112927

さて、どんなお酒を入れて飲みましょうかウインク

30-2015_0905_064255-1

30-2015_0905_065226-1




テーブルウェアINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/09/11(金) 22:25:48|
  2. テーブルウェア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

tent-Mark DESIGNS Zin-Maku  テンマクデザイン 陣幕

tent-Mark DESIGNS Zin-Maku   テンマクデザイン 陣幕


秋~冬~春、これからのキャンプシーズン用に、陣幕を用意しました
陣幕の効果は、2015年3月朝霧ジャンボリーでのグルキャンで体験済み

30-2015_0905_073442

 

30-2015_0902_221557

30-2015_0902_221607

30-2015_0902_221615

●サイズ幅:約510㎝×140cm(H)
●総重量:約4300g(ポール 収納ケース 張綱含む)
●素材
 本体生地 コットン混紡生地(TC)撥水加工済み
 ポールスリーブ ポリエステル 210D
 ポール スティール
●付属品
 張綱 4mm×4本
 ポール 4本
 収納ケース
●収納:約12cm×12cm×70cm
※ペグは付属しておりません。6本必要です。

T/Cとは、テトロンとコットン(綿)を混紡した素材の事
(テトロンとはポリエステルのことで、帝人と東レの共同商標)
通気性と速乾性に優れ、シワになりにくいポリエステルと、肌触りと質感が魅力の綿の特徴を併せ持つ、
機能性とファッション性の両方に優れた素材
火の粉が舞っても穴が開きにくい丈夫な素材
水に濡れると繊維の糸が拡張して目がつまり防水性が生まれる

30-2015_0903_090738-1

30-2015_0903_091207

30-2015_0903_091319

30-2015_0903_091405

30-2015_0903_091430

張り綱の収納ケース、ポールの収納ケース、そして本体

収納時は、張り綱収納ケースとポール収納ケースを本体に包んで収納します

30-2015_0903_091540


30-2015_0903_092522

本体

30-2015_0903_091627

このスリーブにポールを通す

30-2015_0903_091659

穴が付いている方が上

30-2015_0903_091718


ポールは3本継タイプが、4本 色はブラック

30-2015_0903_091852

上下とも、先端はこのような形状となっている

30-2015_0903_091925


張り綱は、二又6mが2本、3mが2本 合計4本

30-2015_0903_092014

 

設営の方法

30-2015_0908_162301



30-2015_0905_072509

30-2015_0905_072602

30-2015_0905_072647

30-2015_0905_073002

30-2015_0905_073248

30-2015_0905_073828




 テント・タープINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/09/10(木) 09:55:31|
  2. テント・タープ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

東京防災 東京都オリジナル 防災ブック・防災MAP

東京防災  東京都オリジナル 防災ブック・防災MAP

先日、ポストに小さな箱が投函されていた
大きさは小さな単行本のサイズ
都民全世帯に無料で配布されている「東京都オリジナル 防災ブック・防災MAP」  通称「東京防災」

30-2015_0908_090644


素晴らしい中身

「国民の命と生活を守るため・・・」と、空虚な言葉を並べている奴らがいるけれど
まさにこれが政治がやるべきことの見本
これが本当に正しい税金の使い道のひとつ


関東大震災の発生を警告していた地震学者今村明恒氏は地震と震災を峻別し、こう述べている
「地震は自然現象であり、人力で防ぐことはできないが、震災は、人自ら招く災禍であり、努力によって防止することができる」
首都圏直下型地震が発生した場合、震災を100%防止することは不可能で、間違いなく犠牲者が出るだろうけれど
その数を減らすことは、できるはず

この冊子による防災によって、いくらかの命が救われるかもしれない
これこそが、命と生活を守る政策

東京都民以外の方でも、ネットで読むことができます
ご家族の命を守るために、ぜひご一読下さい   

東京防災 東京都防災ホームページ

30-2015_0908_090846

総ページ数は324ページ

30-2015_0908_091137

多岐にわたって、大変わかりやすく記載されています

30-2015_0908_091148

区別の防災MAPも

30-2015_0908_090959

防災MAPの裏面には、MAPの使い方や、その他の情報の一覧も記載されてあってとても便利

30-2015_0908_090941

30-2015_0908_091017

このような事態は、今日起こるかもしれません (漫画 TOKYO”X”DAY から画像を拝借)

toukyobousai001

今やろう  です

30-2015_0908_091222

 

僕らが楽しんでいるキャンプ  

その道具は、防災グッズとしても使えるものが沢山あります
非常時に役立てるためにも、キャンプ道具のメンテナンスはきっちりしておきたいものです

関連記事
  1. 2015/09/09(水) 00:01:29|
  2. ■ et cetera
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:3

折り畳み式木製ラックW600 コーナンラック ワイド

折り畳み式木製ラックW600  コーナンラック ワイド


2015年9月5日(土)、森のまきばオートキャンプ場からの帰り道、
ホームセンターコーナン江東深川店に寄って日用品などの買い物

GTさんからの情報で、コーナンラックのワイドが発売されているとのことで、売り場に行ってみた

30-2015_0905_184131

ありましたよ、ワイドが

W600 3段

30-2015_0905_184145

W600 4段

30-2015_0905_184202


びっくりしたのは、ダンボール箱の表示
今までは、単に製品名だけが記載されていたのに、なんとカラー写真が
それも、アウトドアでの用途を意識した写真とキャッチコピー
コーナンも、これほどキャンパーに人気が出るとは、最初は思わなかったのでしょうね

30-2015_0905_184205-1

このコーナンラックワイド、今のところ必要ではないので買わないけれど、僕ら的には4段よりは3段がおススメ
以前、コーナンラックの4段を持っていたけれど、安定性にちょっと問題があったので・・・・・
まあ、横に広くなったから4段でも少しは安定性が増したかもしれませんが

ちなみに、僕らは4段のラックを分解して、2段にしてミニテーブルとして使っています
これがWGTのサブテーブルとしてちょうどよく、今や一軍選手として大活躍してくれています

W600の棚板サイズは、600mm×300mm(僕らの自作の棚板と偶然同じサイズ)
3段だと高さも600mmで、前の記事のWORKER OKAMOCHI HALF オカモチ ハーフ をのせるのにちょうどいいかもしれません

30-2015_0905_184224

2015年9月5日現在、店頭在庫はまだまだ沢山ありました

コーナンのオンラインショップにも在庫がありました

今度、行ったとき、どれだけ売れたか聞いてみようウインク

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/09/08(火) 08:56:28|
  2. 収納
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

WORKER OKAMOCHI HALF  オカモチ ハーフ

WORKER OKAMOCHI HALF  オカモチ ハーフ
tent-Mark DESIGNS×NATURE WORKS


先週、9月2日のお話し
ちょっと越谷に用事で出かけたついでに、越谷から最も近い埼玉県のWILD-1ふじみ野店へ 
目的は、「陣幕」の購入
15%割引券の使用期限までに、買っておこうと思って・・・・・

そこで、展示してあったのが、WORKER OKAMOCHI HALF オカモチ ハーフ
オカモチのハーフの存在を知らなかったので、衝撃が走った(ちょっと大袈裟?)うらやましい
お店のスタッフに「これって、いつ発売になったのですか」
「2週間ほど前」・・・・・・とのこと
ここでも、新情報に疎いということが露呈されてしまった

在庫がひとつだけあったので、迷わず、陣幕と一緒にゲット

実は、このオカモチに関しては、色々と変遷があるのです
・最初はいままでの大きさのオカモチが欲しかったけれど、ずっと在庫切れ
・自作しようと、竹集成材を探したけれど、見つからず(ダイソーの竹のまな板も在庫切れ)
・代わりのシーズニングボックスとして、コカコーラストックボックスと取っ手付きの木をアンティークショップで見つけて
 数か月間、使っていた
・オカモチの在庫が出て、いつでも買えるようになったけれど、色々考えてみると
 ちょっと大き過ぎるし、重くて運搬に不便だということが分かった
・シーズニングボックスとしてのコカコーラストックボックスと取っ手付きの木箱は、最初にカビとり作業をしたけれど
 また、最近またカビ臭くなってきたような・・・
・・・・・・ということで、そろそろ、代りの物を考えなければと思っていたときに
このオカモチ ハーフに偶然遭遇したというわけ、まさに運命的な出会い(やっぱり、ちょっと大袈裟?)
回りまわって、オカモチ ハーフにたどり着いたということ

30-2015_0905_064116

 

 

30-2015_0902_221256

さっと展開、自分だけの空間が広がる  竹の万能ステップキャリーボックス!

クラフト作家長野修平が自作し愛用の岡持ち型調味料BOXをtent-Mark DESIGNSと共に商品化。
持ち運ぶキッチンやCafe、Barに。Fishingや絵の道具、ツールBOXにもなる。 使い方は自分次第です。

30-2015_0902_221311

30-2015_0902_221336

30-2015_0902_221348

30-2015_0902_221357

30-2015_0902_221326

30-2015_0902_221421

レギュラーサイズとハーフサイズの相違点

 

レギュラーサイズ

ハーフサイズ

総重量

5.9kg

3.9kg

横幅

45cm

24cm

耐荷重

8kgまで

4kgまで



オカモチを使う場合、重要なのは、それを置く台のサイズ

レギュラーサイズもハーフサイズも、問題は奥行の長さですね

そのままの状態で置くだけならば、27.5cm (でもこれでは、出し入れできずに意味がないです)

30-2015_0907_121310-1

展開して、分解できるBOXを上に載せた場合は、43cm

30-2015_0907_121156-1

展開して、分解できるBOXを前に置いた場合は、57cm

30-2015_0907_121036-1

以上の結果、奥行きが60cm以上 幅はレギュラーで45cm以上・ハーフで24cm以上の天板のある台が必要ということでした

僕らは、自作の棚(奥行60cm、幅30cm)を使うことにしました

30-2015_0904_175319-3-1

 

30-2015_0905_063427

30-2015_0905_064412

30-2015_0905_064215

30-2015_0905_064329

30-2015_0904_175319-1

●総重量:約3.9kg
●サイズ: [ハンドル無し] W:約22㎝ D:約27.5㎝ H:約35㎝
       [ハンドル有] W:約24㎝ D:約27.5㎝ H:約47㎝
●耐荷重:4kgまで
●素地の種類:竹集成材
●表面塗装の種類:ラッカー塗装
●セット内容: ・本体×1 ・ハンドル長×1 ・ハンドル短×1 ・六角レンチ×2 ・ベルト×1 ・ビス×4 ・サポートバー×1
※ハンドルをセットしなくてもご使用いただけます。その場合は組み立ては不要です。


いままでシーズニングボックスとして使っていた、コカコーラストックボックスと取っ手付きの木箱は、とてもお気に入り

キャンプグッズとして、これからは何を入れて使おうかな

18005-118006-1

18006-2




収納・棚 INDEXはこちらへ


ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/09/07(月) 14:30:00|
  2. 収納
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

森のまきばオートキャンプ場  可愛いキャンプ仲間の襲撃

森のまきばオートキャンプ場  可愛いキャンプ仲間の襲撃


一日目に戻る

森のまきばオートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ


二日目

朝、5時過ぎに起床
夜中は結構蒸し暑くて、オフトンのかけ布団をはだけて寝てました
朝も、暑くて目が覚めたような感じ

朝日も何だか気だるい雰囲気の光・・・・・元気がないですね

30-2015_0905_052803

30-2015_0905_054117

30-2015_0905_060624

30-2015_0905_061716

30-2015_0905_062452

お湯を沸かして、コーヒーでも

30-2015_0905_063104-1

カップは、こちらにしますか?

30-2015_0905_065118-1

それとも、友達に貰ったこちらのカップにしますか?

30-2015_0905_074401-1

30-2015_0905_075306-1

30-2015_0905_070316-1

30-2015_0905_070517-1

30-2015_0905_074701-1


30-2015_0905_073106-1

朝ご飯を終えてから、しばらく、トンボと遊びます

30-2015_0905_075529

30-2015_0905_075941

本橋テープ タフフックの別の使い道も、まだ発見できず

30-2015_0905_064530-1

陣幕(詳しくは別のレポで)を試しに立ててみたりしていると・・・・・

30-2015_0905_073442-1

可愛いキャンプ仲間が、お母さんと一緒に襲撃に来てくれましたよ

まんまるユズさん家の、IちゃんとY君

Iちゃん、しばらく見ないうちに、ちょっとおしゃまさんになったかな

30-2015_0905_094048

30-2015_0905_094030-1

30-2015_0905_093925

お土産沢山いただきありがとうございました

また、今度一緒にキャンプしようね


あれ? あれ? あれ?

Y君、忘れ物ですよ  大事なラジコン、忘れてはだめですね

でも、忘れ物のおかげで、メグさんにも会えたからよかったかな

まんまるユズさんのお友達のメグさんが、代りに取りに来てくれました

メグさんからもお土産をいただき、本当にありがとうございました

30-2015_0905_111310

メグさんが来るまでの間、撤収作業をしながら、ラジコンで遊ばせてもらいましたよペロリ

30-2015_0905_134951

30-2015_0905_113331

30-2015_0905_150030-1

30-2015_0905_120722-1

はい、撤収完了

30-2015_0905_161211

場内を一周してから帰りました

30-2015_0905_162422

30-2015_0905_162427

成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場で、濡れたままになっていたグッズも、しっかり乾燥させることが出来て

素敵なキャンプ仲間とも、久しぶりに会うことが出来たキャンプでした

 

天候 曇り時々晴れ  最高気温29.7℃ 最低気温21.4℃ 平均風速2.5m


一日目に戻る

森のまきばオートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ


ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2015/09/06(日) 23:58:28|
  2. 森のまきばオートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

森のまきばオートキャンプ場  貴重な晴れ間

森のまきばオートキャンプ場  貴重な晴れ間

2015年9月4日(金)~5日(土)、1泊2日で千葉県の森のまきばオートキャンプ場へ行ってきたよ

このところ秋雨前線が長い間停滞していて、曇り時々雨という天候が続いていたのだけれど
やっと、金曜から土曜にかけて晴れ間がでるといういうことで、出撃

先日、成田ゆめ牧場で使ったランステや焚き火タープなどは、ずっとべランダに置いておいたけど
きちんと広げるスペースもないので、なんとなく湿ったまま
この貴重な晴れ間は、乾燥のための絶好のチャンスでした

森のまきばオートキャンプ場(略称:森まき)は、何度か行っているけれど
こんな理由で、東京近郊では一番のお気に入りキャンプ場なんです
・家から1時間ほどの距離
・完全フリーサイト
・IN10:00 OUT17:00 で長い時間ゆっくりと過ごせる(INは9時頃でも大丈夫)
・広々としていて牧歌的な雰囲気
・ゴミが全て廃棄可能
・お湯も出る
・一部だけれど、暖房便座付きトイレがある

森のまきばオートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

morimaki002-1

morimaki003-1


11時頃、出発  距離約71km   今回は、京葉道路で千葉方面から

morimaki001

久しぶりの青空、本当に何日ぶりだろうか

30-2015_0904_112345

入道雲も、ご無沙汰でしたね

30-2015_0904_113332


途中館山道の市原SAで昼食
初めて入ったSA
「BOSO FAN CLUB」だって・・・・・格好いいね

30-2015_0904_115018

夏が似合うSA

IMG_20150904_120633


キャンプ場に13時頃に到着して、いつもの場所へ
今日宿泊のキャンパーは、5組くらいとのこと

今回は、ランブリ君と焚き火タープのオープンスタイル
食事はほぼ出来合いのものですませるので、グッズは簡易バージョン
焚き火タープは、ポールを280cmで設営しましたが、結構有効面積が広かったですね
(推奨ポールサイズは240cm)

30-2015_0904_175211

30-2015_0904_175238

ランステ君は、設営してから雑巾で綺麗に拭いて、そこから3時間ほど・・・やっと完全乾燥できました

morimaki005

こちらのグッズのお話しは、また別のレポで・・・・・・ウインク

30-2015_0904_175307

しっかり汗をかいたので、シャワーでさっぱりしてから、夕食です

晩御飯は、買ってきたお寿司やおかず、そしてサラダで・・・
夜の照明に小さな虫が集まってきたので、惣菜は入れ物のまま、フタを開け閉めしながら食べました

30-2015_0904_185126

30-2015_0904_185137

30-2015_0904_185148

夜、焚き火をしながらまったりしていると、
近所にお住まいの、まんまるユズさんがお一人で、「仕事の帰りにちょっと寄ってみました」と
差し入れ持って来てくれました
わざわざすみません
また、明日の午前中に、IちゃんやY君も一緒に襲撃に来てくれるとのこと・・・・楽しみですね

30-2015_0904_211010

30-2015_0904_210241

30-2015_0904_210125

30-2015_0904_211642

キャニオンランタン、ランタンとしての明るさを試してみたけれど、実用性としてはもうひとつかな

30-2015_0904_212354

 

少し、雲が晴れて、ほんのりと星も見えます

30-2015_0904_211253

30-2015_0904_213048-1

30-2015_0904_212706-1

東京からの直線距離は約42km、北方向~西方向は光害で相当明るくなりますが、
なんとかカシオペア座も見えました

30-2015_0904_212832

30-2015_0904_220154

30-2015_0904_220248


天候 曇り時々晴れ  最高気温29.5℃ 最低気温21.9℃ 平均風速2.8m

二日目に続く

森のまきばオートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2015/09/05(土) 23:42:57|
  2. 森のまきばオートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

束の間の晴れを狙って

乾燥ついでに、森のまきばオートキャンプ場で、明日の夕方まで、のんびりキャンプ



良く乾きます




ほんの少しだけ秋の気配


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2015/09/04(金) 15:29:22|
  2. 森のまきばオートキャンプ場

大阪の味、いただきまっせ

大阪の味、いただきまっせ

たまにはグルメネタ

いただいてまっせ、大阪のソウルフード
551蓬莱豚まん
普通は東京には売ってまへん

30-2015_0903_152500

30-2015_0903_152733

 

えっ、そんなら今、大阪でっか?びっくり

いやいや、いくら好きやから言うて、わざわざ大阪まではよう行かんわ

前に食べたのは、大阪に用事があったからやね


実は、551の蓬莱は、たまに「催事実演販売」言うてな、色々な地域のデパートで期間限定の販売をしよる
今回は、渋谷の東急(東急東横店)で、その催事実演販売をしてるさかい、そこまでわざわざ出かけて買いに行ったというわけ

551蓬莱の催事情報はこちらへ

30-2015_0903_124409

時間は、お昼の12時過ぎ
さすが人気やね
非常階段まで使って、長い行列でっせ

30-2015_0903_120134-2

さすが東急はんやね お客さんに気持ちよお並んでもらおと、扇風機まで用意してる

どうでっか、この心使い爆笑

30-2015_0903_120454

30-2015_0903_121133-1

それにしてもすごい行列やなあ

大阪生まれの人間も東京にはようけ住んどるからね
みんな懐かしい味やから行列作ってでも、食べたくなるんちゃうかな

話しは脱線するけど、そもそも、東京は、東京以外の地域の出身者の集まった街やからね
東京以外を「いなか」と言うのやったら、全国各地のいなかもんの集まりが東京ということやからね
江戸の頃から先祖代々東京言う人間は、ほんの一握りとちゃうやろか・・・

まあ、そんなことを考えながら並んでると、お店の前まできたでえ

30-2015_0903_122028

全部、ここで作ってるんやで

30-2015_0903_122348

30-2015_0903_122520

30-2015_0903_123250

30-2015_0903_123018

30-2015_0903_122621

30-2015_0903_122838

30-2015_0903_123506

味の秘密はこれ、551豚まんの消費期限は本日限り
作りたてをすぐに食べていただくと言う この拘り
そやから冷凍もんなんか扱ってない
家になんか持って帰らずに、買うたらすぐその場で食べる・・・これが本場の味わい方なんやけど

ねえちゃん、辛し、ぎょ~さんつけといてや

30-2015_0903_123703(1)-1

 並んだ時間は、約40~50分
大阪やったら、並ばんとすぐに買えるんやけどな

蓬莱の社長はん、東京にも店だしてや
こんな要望は無茶苦茶多いはずやけれど、東京には進出しない
これも、この店の長年の拘りで、それはまたそれで恰好ええんやなあ

でもな、もし、もし、万一、東京に店だしたなったら、1号店は浅草やね
豚まんは、浅草にピッタリやもんな

30-2015_0903_133118

30-2015_0903_132932

 

551??蓬莱??豚まん??
初めて聞いたという人は、まあいっぺん騙されたと思もて、行列に並んで買うて食べてみてや

おそらく人生変わると思いまっさ
そんな大袈裟な・・・と思うかもしれへんけど、マジやでマジ


まあ、人生いろんなことが起こる、悲しい事も、辛いことも
くよくよしてもしゃあないでえ
元気出していこや

蓬莱の豚まんでも、腹一杯食べて・・・な

30-2015_0903_152807

30-2015_0903_152826

ほな またねウインク


関連記事

テーマ:美味しくて、オススメ! - ジャンル:グルメ

  1. 2015/09/03(木) 19:31:34|
  2. ●街角グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

THE NORTH FACE BASE CAMP DUFFEL-M ノースフェイス BCダッフル-M

ノースフェイス  BCダッフル-M


先日2015年8月25日、ちょっと用事があって錦糸町へ
昼食に寄った丸井錦糸町店のエントランスに、張り紙が
「5F スポーツ&カジュアル 改装のため売りつくし開催中~
 ノースフェイス ヘリーハンセン コロンビア 30%OFF・・・・・」
当然、行ってみましたよ

ノースフェイス  BCダッフル-M 現品処分で30%OFF ゲットしました

30-2015_0826_120318-1

30-2015_0826_120151

30-2015_0826_120244

キャンプの時、身の回り品や着替え等を収納するバックは、
・L.L.Bean アドベンチャー・ダッフル、ラージ(96L)
Mountain Hardwear  エクスペディションダッフル S(49L)
・THE NORTH FACE TECHNICAL PACKS/Prophet 52(58~65L)

この3つを、キャンプ日数(1泊~長期遠征)に合わせて使っていたのだけれど

THE NORTH FACEのProphet 52は登山用リュックなので、出し入れがちょっと面倒
と言うことで、ノースフェイス  BCダッフル-M(72L)がProphet 52のあとを引き継ぎます

優れた防水性と耐久性で多くの遠征隊に愛用される定番のダッフルバッグです。装備を出し入れしやすいU字型の開口部に、使い方を限定しないシンプルな1気室。高い対摩耗強度を持ち、濡れや汚れに強いTPEファブリックラミネート製なので、重量のある登攀ギアや不揃いな荷物なども躊躇なく放り込めます。持ち運びも考え、ハンドルと簡易的なショルダーベルト付きです。
【機能】
数々のエクスペディションを支えてきたロングセラーのダッフルシリーズ/背負うことのできるショルダーハーネス/D字型で大きく開くジッパーオープニング/両サイドに荷揚げ用ハンドル/強度の強いバータックとステッチ/4本のコンプレッションストラップ/フラップ裏にメッシュポケット/ネームホルダー/単品でも使用可能な収納用トートバッグ付属

 

背負うこともできます

30-2015_0826_120532

30-2015_0826_120716

シンプルな1気室

30-2015_0826_120948

 

30-2015_0826_120633

30-2015_0826_120738

30-2015_0826_121324

底には布が貼ってあり丈夫にできている

30-2015_0826_120556

 

大きさはこんな感じ

30-2015_0826_120823

収納用トートバッグ

30-2015_0826_115238

収納用トートバッグの大きさはこんな感じ

30-2015_0826_122209

30-2015_0826_115317

素材:TPEファブリックラミネート(ポリエステル100%)、840Dナイロン
色:ミリタリーグリーンウッドランドプリント
重量: 1,600g
サイズ: 61×38cm
容量:72L

本当は、黄色が欲しかったけれど、残念ながら在庫なし
でも、この色とても気に入りました  結果オーライですねスマイル




収納・棚 INDEXはこちらへ


ページトップへ戻る






関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/09/02(水) 23:48:45|
  2. 収納
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

MOTOHASHI TAPE TOUGH HOOK 本橋テープ タフフック

本橋テープ ToughHook タフフック

ブログ友達のoffice t さんからの情報で、格好よさにほれ込んで2つゲットしました

30-2015_0819_210941

静岡県の本橋テープ株式会社(社員数30名、細巾織物及び資材全般の加工、販売)という会社の製品
同社のブログによると

 『昨年末からジワリジワリ。。。
オサレキャンパーさん達の間で人気が広がっているアイテム
静岡発!次世代版デイジーチェーン「TOUGH HOOK」』

2014年末からの人気商品でしたかびっくり 流行には疎いので知りませんでした

30-2015_0823_114649-1

30-2015_0823_114649-6

ToughHook はこれまでのデイジーチェーンとは全く異なるフックで、トートバッグやベルトに採用されている強靭なテープに約50個の輪っかが着いたアイテムです。

使用頻度が高いシェラカップなどから、洗浄後の食器乾燥、夜は大型のランタンまで用途は様々!さらに天井までのクリアランスがあるティピタイプ等のテント内で使えば、うっかり失くしがちな車の鍵や濡れた衣服なども掛けることができます。

重量があるアイテムを引っ掛ければToughHookもたわんできますが、輪っかの引っ張り強度は約30kgもあるので、フックのテンションをかければかなり重い物でも大丈夫です。
他社の従来品と変わらないリーズナブルな値段設定なので、ご自分のサイトに合わせてテープも着せ替えすればより統一感が出てサイトのオシャレなアクセントになるはず!
さらに左右に着いているカラビナは歴史ある金属加工の町であり、アウトドアメーカーさんがひしめき合う新潟県三条市の生産、本体の品質はあの有名な高級ペグハンマーや、どなたでも1度は目にしたことがある大手バッグメーカーさんにも採用されている程なので安心してお使いいただけます。

 

約50個の輪っか、間違いなくしっかりしています
引っ張り強度は約30kgとのことだけれど、そんなに重い物ってあるかな??
そもそも、このタフフックをタープのポールに付けたとして、30kgの重量物吊り下げたら、ポール自体がもたないですよね

輪っかの幅は約13mm・輪の一番高いところが約5mm、普通のボールペンがなんとか通るサイズなので
例えばシェラの取っ手の幅によっては、そのままでは引っ掛けることができない場合もあるかもしれません
(僕らはシェラカップを持っていないので、正確なところは不明ですが)

30-2015_0823_114625

カラビナもしっかりした作りですね

30-2015_0823_114559

長さは189cm
ちなみに、グリップスワニー  ネビュラチェーンの長さは134cm
タフフックの方がかなり長いですね

30-2015_0823_114119

30-2015_0823_114312

GRIP SWANY NEBULA CHAIN グリップスワニー ネビュラチェーン との使い分けに悩みますが
このタフフックを、グリップスワニー ネビュラチェーンと同じような使い方をするのではなくて
なにか別の用途に使えないか、次回のフィールドで色々試してみようと思います

 GRIP SWANY NEBULA CHAIN グリップスワニー ネビュラチェーン

30-2015_0823_114649-730-2015_0823_114649-8

 

30-2015_0823_114644

サイズ:W1890mm×H25mm
ループの数と対荷重:約50個、1つのループにつき30kgまで
材質:PP(本体) / スチール(カラビナ)
生産地:静岡県(カラビナのみ新潟県三条市)

色:ブラック、カーキ、オレンジ、チョコ、レッド、ターコイズの6種類



ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/09/01(火) 19:09:59|
  2. その他グッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

プロフィール

Kaoru&Beet

Author:Kaoru&Beet
Kaoru君とBeet君のキャンプ日記へようこそ!

PCカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

INDEX

Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

CATEGORY

月別アーカイブ

2017年 06月 【20件】
2017年 05月 【34件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【21件】
2017年 02月 【24件】
2017年 01月 【28件】
2016年 12月 【45件】
2016年 11月 【32件】
2016年 10月 【27件】
2016年 09月 【29件】
2016年 08月 【23件】
2016年 07月 【29件】
2016年 06月 【29件】
2016年 05月 【21件】
2016年 04月 【23件】
2016年 03月 【22件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【30件】
2015年 12月 【29件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【30件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【24件】
2015年 02月 【25件】
2015年 01月 【17件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【23件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【21件】
2014年 04月 【12件】
2014年 03月 【24件】
2014年 02月 【17件】
2014年 01月 【18件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【19件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【14件】
2013年 07月 【24件】
2013年 06月 【12件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【16件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【13件】
2013年 01月 【14件】
2012年 12月 【18件】
2012年 11月 【16件】
2012年 10月 【17件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【9件】
2011年 09月 【2件】

最新コメント

リンク


Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

WOM CAMP ロゴ2

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR