Kaoru君とBeet君のキャンプ日記

キャンプ日記、キャンプ道具、旅の記録、街歩きとグルメなどを書いています。

早川町オートキャンプ場  僕らのサイトに千客万来

早川町オートキャンプ場  僕らのサイトに千客万来


早川町オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ
早川町オートキャンプ場 周辺情報 (お店や温泉)はこちらへ
早川町情報はこちらへ

二日目に戻る
   


三日目(11月29日)撤収日

キャンプ最終日の朝

30-2015_1129_070402

場内を散歩
今回のWay  Miniはキャンプ場貸切なので、イベント参加者以外他のお客さんはいません
なので、場内は全てスノーピークの幕
別に、どんな幕で参加してもいいのですけれどね・・・・・

これだけスノーピークの幕が集まると、さながら展示会みたい
お子さん連れファミリーの参加が多いせいか、圧倒的にランドロックが目立ちました

30-2015_1129_070536

30-2015_1129_070549

30-2015_1129_070614

30-2015_1129_072453

30-2015_1129_070758


 

スタッフのサイト、小さめの幕が集まって、なぜか可愛い
日中も陽が差し込まない場所だったので、夜は結構冷えたみたい

30-2015_1129_070717

30-2015_1129_070735

30-2015_1129_070820

朝のコーヒー、ご馳走になります

30-2015_1129_075714

30-2015_1129_080036

30-2015_1129_080055

朝ご飯は、なんと551蓬莱の豚まん
昨夜は、同じく551のしゅうまいを食べました

実は、この日のために、チルド商品を取り寄せしたのです
キャンプで551を食べることが出来るとは、感激・感動・感謝 この気持ちは大阪人しかわからへんでぇ

30-2015_1129_081613

30-2015_1129_084053

昨夜のしゅうまい

30-2015_1128_181208

おまけにちまきも

30-2015_1129_081540

それになんと、AOさんが昨夜作ってくれたすき焼き風鍋に、ほうとうの麺を入れて・・・

30-2015_1129_084309

朝からみんなでガッツリいただきます

30-2015_1129_084108

30-2015_1129_084114-1

そしてそして
なんとなんと
僕らのサイトが、イベントのひとつ 「抜き打ち冬キャンプ快適コンテスト」 に選ばれました(#^.^#)

サイトには千客万来
AOさんが「事件現場?画像」として送ってくれた写真です
20人近くの人が、ランステ君の中に入っていたとのことでした

30-2015_1129_165343

スタッフの方が撮影した写真  これだけ人がいると、本当に事件現場???

30-2015_1129_165343-1

ランステ君の中では、冬キャンプで工夫することなどをお話しさせていただきましたが
サイトに来ていただいたみなさん、拙い話で失礼しました

また、質問に十分にお答えすることが出来ずに、すみませんでした

追加の質問などありましたら、気楽にコメントやメールをお願いいたします

参考:冬キャングッズINDEXはこちらへ



閉会式前のじゃんけん大会では、Mさん家のAちゃんに応援してもらい、なんと最後の2人まで残りましたが・・・・・あえ無く敗退

30-2015_1129_124821

30-2015_1129_124846-1

がっくりして、倒れ込む2人

30-2015_1129_124903-1



相変わらず、僕らが撤収する頃には誰もいない・・・
スタッフの皆さん以外、ほとんどの方がもういませんでしたびっくり

30-2015_1129_163549



ご一緒させていただいたみなさん、そしてSPスタッフにみなさんのおかげで、楽しく過ごすことができました

本当にありがとうございました




天候 晴れ後曇り  最高気温13.2℃ 最低気温-0.4℃ 平均風速1.4m


早川町オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ
早川町オートキャンプ場 周辺情報 (お店や温泉)はこちらへ
早川町情報はこちらへ

二日目に戻る
 

ページトップへ戻る


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2015/11/30(月) 23:53:52|
  2. 早川町オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

早川町オートキャンプ場  宴会準備OK

早川町オートキャンプ場  宴会準備OK


早川町オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ
早川町オートキャンプ場 周辺情報 (お店や温泉)はこちらへ
早川町情報はこちらへ

一日目に戻る   三日目に続く


二日目(11月28日)

朝、冷えました
幕内の気温が0℃、ということは外は氷点下

30-2015_1128_064603

霜が降りてました

30-2015_1128_065428

30-2015_1128_073839

30-2015_1128_065547

朝から事件発生!!
マルチトーチバーナーで薪ストを点火しようとしたところ、少々ガス漏れがあって炎上
バーナーの一部も焼けて使えなくなりました
マルチトーチバーナー、長い間お疲れ様でした

30-2015_1128_074316

朝ご飯は、昨夜の芋煮の残りを使ったカレーうどん、いい味出てました

30-2015_1128_074526

30-2015_1128_074859

10時、キャンプ場から最も近い日帰り入浴施設である草塩温泉
車で10分弱

hayakawa007-1

平日は11時からだけれど、土日は10時から営業している
一番風呂、おそらく地元のお年寄りが沢山来ているだろうなと思っていたけど、なんとずっと貸切状態
ゆっくりとお湯を楽しんで帰ってきました

30-2015_1128_104638

30-2015_1128_140121

サイトに戻ってから、昨夜もご一緒したAOさんと、今回はソロで参加のWさんをお誘いして焚火の前で飲み始めます
(Wさん家のあの有名なS課長(?)は、例のお仕事(??)で多忙なようで、残念ながらご一緒できずでした)

30-2015_1128_140214

お昼は「おやき」、K&Bの焼印も押しましたよ

30-2015_1128_140143

おやきの中身は4種類、なすとまいたけ、野沢菜としめじ、きんびら、切り干し大根
どれに当たるか、食べてからのお楽しみ爆笑

30-2015_1128_140654

焚火に放りこんだ安納芋も、いい感じに焼けました

30-2015_1128_140206

極上のスウィーツ  最近の僕らのお気に入りです

30-2015_1128_141727


さて、そろそろ夜の宴会準備に取りかかります
風が全くないので、ランステ君にサンルームを作ります
これを作ると、ランステの中にとても広いスペースが出来るんですよね

30-2015_1128_145701

30-2015_1128_145922

30-2015_1128_145719

30-2015_1128_145711


宴会場の準備も出来たので、Wさんのサイトを見学

30-2015_1128_155451

薪ストーブの上には、なにやら新しいアイテムが
Stove Fan(ストーブファン)
ストーブの熱で自家発電し、ファンが回るようになっているとのこと

30-2015_1128_155738

30-2015_1128_155622

30-2015_1128_155555

16時半ごろ、太陽が山の端に隠れたかと思うと、あっと言う間に暗くなってきます

30-2015_1128_162559-1

さて、キャンドルをたくさん灯して、Wさんと、AOさんご夫婦と、僕ら

夜の宴を始めましょうか

30-2015_1128_173610

30-2015_1128_173518

30-2015_1128_175155

なんと、AOさんの奥さんが明日誕生日だということで、前夜祭のお祝い

Happy birthday!!

お誕生日ケーキ、お相伴にあずかります

30-2015_1128_205130

なんともほんわかした素敵な夜になりました

30-2015_1128_233244

30-2015_1128_233628

30-2015_1128_233722

30-2015_1128_234040

30-2015_1128_234023

30-2015_1128_234224

30-2015_1128_234349

30-2015_1128_173544


眩しいほどの月明かりと、星がとてもきれいな夜でした



天候 晴れ  最高気温15.0℃ 最低気温-1.1℃ 平均風速1.5m


早川町オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ
早川町オートキャンプ場 周辺情報 (お店や温泉)はこちらへ
早川町情報はこちらへ

一日目に戻る   三日目に続く


ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2015/11/29(日) 23:32:19|
  2. 早川町オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

早川町オートキャンプ場  Snow Peak Way Mini 前乗り

早川町オートキャンプ場  Snow Peak Way Mini 前乗り


2015年11月27日(金)~29日(日)、2泊3日で山梨県の早川町オートキャンプ場へ行ってきたよ

早川町オートキャンプ場への訪問は、3年ぶり2回目です

スノーピークストアエルブレス御茶ノ水・新宿・池袋・吉祥寺店 スノーピーク昭島 スノーピーク丸の内
6店合同のSnow Peak Way Miniに参加させていただきました

はじめに
ご一緒させていただいた皆さん、そしてSPスタッフの皆さん、そして管理人さんへ御礼
色々とお世話になり、ありがとうございました
また、いつかどこかでお目にかかりたいですね

hayakawa001-1

hayakawa005

hayakawa006



一日目(11月27日)

5時に浅草出発  距離167km
最初は、中央道富士吉田線河口湖ICを降りて、本栖湖から国道300号線(本栖みち)を通って行こうかなと思っていました
ところが、この日から急激に冷え込んできて、もしかしたら通称「甲州いろは坂」は凍結しているかもしれないので
通常どおりのルートで走行

hayakawa004-1

この日は満月
西の空に輝く満月が眩しくて、運転しずらいなんて初めての経験

30-2015_1127_051959


30-2015_1127_062209

[広告] VPS

境川PAで休憩
6時半頃、西の空に沈んでいこうとする満月と、朝日があたってほんのりと紅色に染まった南アルプスのコラボ
とても幻想的な風景に出会う事ができましたよ

30-2015_1127_063236

30-2015_1127_063111

30-2015_1127_063351

30-2015_1127_063331

30-2015_1127_063502

7時前、甲府南ICを出て、富士川沿いを早川町へ向かいます
今日は、いい天気になりそう

30-2015_1127_065509

30-2015_1127_070610

途中、国道52号線が終日片側通行規制となっていて、通勤ラッシュ時と重なったため、約40分ほどロスしたけれど

8:30頃、キャンプ場入口に到着

30-2015_1127_082746

このキャンプ場は、昔、南アルプスランドパークという名称だったようです

30-2015_1127_082802

[広告] VPS



35番サイトに、今回は宴会用の幕ということでランステ君、そしてランブリ君のインナーをイン

30-2015_1127_084357

30-2015_1127_134913

暖房は、薪ストとフジカ君

30-2015_1127_134923


焚火台付近の風よけに陣幕を

30-2015_1127_113428

お昼は、ホットドック

準備作業でお腹を空かせているスタッフのみなさんのために、沢山作りましたよ

30-2015_1127_135126

30-2015_1127_135131

いい天気、最高のキャンプ日和となりました

30-2015_1127_101424

晩ごはんには、芋煮、鴨ロース煮、ポテトサラダ・・・などなど

30-2015_1127_193806

30-2015_1127_193818


北の国からの贈り物、サッポロクラシック富良野ビンテージは、早い物勝ちということで

30-2015_1127_182922

夜、こんなに可愛いお客さんもありましたが・・・・・

30-2015_1127_180442

遅くなってくると、やはりお酒飲みが集まりました

30-2015_1127_215355-1

30-2015_1127_215321-1

明日もいい天気でありますように




天候 晴れ  最高気温12.5℃ 最低気温0.5℃ 平均風速2.0m

早川町オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

早川町オートキャンプ場 周辺情報 (お店や温泉)はこちらへ

早川町情報はこちらへ


二日目に続く


ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2015/11/28(土) 23:43:27|
  2. 早川町オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

谷間にあるキャンプ場

太陽は山に沈むので、
直ぐに暗くなります






関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2015/11/27(金) 16:05:24|
  2. 早川町オートキャンプ場

tent-Mark DESIGNS iron stove ちび  テンマクデザイン アイアンストーブ ちび

tent-Mark DESIGNS iron stove ちび  テンマクデザイン アイアンストーブ ちび

 

tent-Mark DESIGNSから、薪ストーブ iron stoveをサイズダウンした製品が、2015年11月末~12月初めに発売されるらしい
長年、iron stoveを愛用している僕らにとっては、とても興味のあるお話し

30-2015_1126_075323

30-2015_1126_075248

30-2015_1126_075230

まだちびの詳細が不明ですが、いまある情報でiron stoveとiron stove ちびを比較してみると

 

 iron stoveiron stove ちび備考
サイズ34×55×H46cm(脚含む)33.5×47.8×H40ちびの高さはおそらく脚を含む?
収納サイズ34×55×10cm33.5×47.8×29.4ちびは折りたたみ不可
本体重量21kg16.5kg 
煙突径φ106mmφ75mm 
付属煙突エビ曲がり煙突1つ煙突付属(38cm×3本) 
煙突開口部後ろ側上部 
価格(税抜き)¥47,429¥39,800 
    

主な相違点

・ちびは、折りたたみができない
・ちびは、煙突が上部から出ている?

2015年11月25日現在、tent-Mark DESIGNSのHPにも、ちびの事は掲載されていないし、まだまだベールに包まれていますね

「小さくても頼れる相棒」・・ですか

早く、現物を見てみたいものです


2015年12月18日現在、HPにiron-stove ちび が掲載されています




冬キャングッズINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/11/26(木) 15:37:24|
  2. 薪ストーブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

snow peak Fireplace L  スノーピーク 焚火台L

snow peak Fireplace L   スノーピーク 焚火台L


焚き火がしたくて、キャンプを始めました
最初の頃に、僕らの仲間となった焚火台グッズですが
なぜか、ブログ記事がなかったのです
いまさらですが、これから紹介していきます

30-2015_0916_095722-1

一番バッターは、当然、焚火台ですね

スノーピーク 焚火台L

約150回以上、こいつと一緒ですが、とてもタフです

30-2015_0916_095807

三角プレート部分は、1.5mmのステンレス材で出来ていて、頑強なスペック

30-2015_0916_095745

さすがに、ロゴは少し見えなくなってきましたが

30-2015_0916_095732

フレーム(ステンレスパイプ)の部分も丈夫で、全く、壊れることがないです

30-2015_0916_095736

展開時サイズ:W45×D45×H30cm
収納時サイズ:W56×D64×H3.2cm
重量5.3kg

重量5.3kgは結構な重さです

30-2015_0916_095722

手入れの方法は、使用後に水洗い、十分乾燥させて保管・・・・これだけです

使いこめば使い込むほど、いい味が出てきます

30-2015_0916_095923

30-2015_0916_095857

30-2015_0916_095923-2


30-2015_0916_095722-2

これからも、末永く頑張ってもらいますよ


焚き火グッズINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/11/25(水) 05:53:12|
  2. 焚き火グッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ  キャンプ場情報

富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ  キャンプ場情報だよ


富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ 2015年11月キャンプ日記はこちらへ

上矢印ロケーション
標高 620~670m、富士山麓朝霧高原に位置する
富士山、そして富士山の稜線の先に駿河湾・伊豆半島まで望むことが出来る
国道139号線から直線距離が400mと近く、車の通行音がする
まかいの牧場と隣接しており、昼間は牧場内を流れる音楽が聞こえる
宿泊者には子供たちの団体が多いが、その場合は子供たちの歓声が聞こえる

ymca003

ymca002-3


YMCA作成ビデオ

 

 


上矢印管理事務所
キリスト教主義に立ち、教育・スポーツ・福祉・文化などの分野の事業を展開する非営利公益団体である
YMCA(キリスト教青年会:Young Men's Christian Association)が
青少年の環境教育、体験学習の学びの場として、青少年の想像力・創造力を育むアートな村として作った施設

青少年の野外学習の場であり、普通のキャンプ場とは異なるということを十分に理解して利用する必要がある

宿泊者がいる場合は、管理人が常駐している
直前申込の場合、キャンプは、宿泊棟・ロッジに宿泊者がいる日のみ可能
事前の申込みと利用申込書の提出が原則(詳しい申込方法はこちらへ

30-2015_1112_103408

ymca002-1

上矢印炊事棟
場内に1ヶ所
お湯が出ます
炊事場の電灯は各自で点灯消灯する

30-2015_1112_101512

30-2015_1112_101610

30-2015_1112_101543


上矢印トイレ
場内に1ヶ所
土足厳禁
洋式水洗、暖房便座あり(あまり暖かくなかったけれど)
便座の高さが子供用に作られているせいか、すこし低いような感じ

30-2015_1112_101845

30-2015_1112_101618

30-2015_1112_10164030-2015_1112_101710

30-2015_1112_101653
子ども用便座になります
30-2015_1112_101702

宿泊棟のトイレも利用可能(当然ですが、宿泊棟に入れる時間帯のみ)
洋式水洗、ウォッシュレットあり

 

上矢印シャワー・風呂
シャワーはトイレと同じ建物内
利用を希望する場合は、事前申込が必要になっている ¥210
24時間利用可能

30-2015_1112_101749

30-2015_1112_101741

風呂
一人一日¥310で利用可能
利用可能時間16;00~23:00

大変綺麗なお風呂、富士山が見える
10人は余裕で入浴可能
子供の団体客がいる場合は、子供たちの利用時間を避ける方がよい(管理事務所で教えてくれるはず)

30-2015_1112_103431

画像はWEBサイトから拝借

ymca011


上矢印ゴミ
ゴミは全て持ち帰り


上矢印サイト
地面は草
全てフリーサイト
テントエリアは決められていない
場内どこにでも設営可能だが、平坦な場所はごく一部で大部分傾斜あり

30-2015_1112_100831

30-2015_1112_100502

30-2015_1113_121557

車横付け禁止、ただし、設営撤収の時のみ、60分以内で横付け可能
設営撤収時以外、車は駐車場へ

30-2015_1112_103446

[広告] VPS


上矢印その他
●ペットの入場は出来ません
●チェックイン・チェックアウトとも12時
●アーリーチェックイン・レイトチェックアウトの場合、日帰り入場料1名¥630が必要
●料金設定は1名あたりの料金となっている
 キャンプの場合、1名1泊¥1,870(税込)
 例えば大人2名・子供2名の場合は、1泊合計¥7,480(¥1,870×4名)となり、結構高額となる

富士山YMCA パンフレット  ↓画像クリックで大きな画像を表示

富士山YMCA01富士山YMCA02

テントでご利用の皆様へのご案内  ↓画像クリックで大きな画像を表示

2015_1121_113247.jpg
 

富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ 2015年11月キャンプ日記はこちらへ

ページトップへ戻る



キャンプ場INDEXは ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/11/24(火) 00:00:18|
  2. 富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ  帰りにちょっと寄り道

富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ   帰りにちょっと寄り道


二日目その2に戻る   

富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ キャンプ場情報はこちらへ


三日目(11月13日)最終日

撤収の朝も雲が優勢

30-2015_1113_063129

30-2015_1113_062613

30-2015_1113_064041

体調は100%回復したので、昨夜、食べることが出来なかった料理をガッツリといただきます

30-2015_1113_071717

撤収開始の頃、富士山が少しだけ顔を見せてくれましたが・・・・・

今回は、全体的に雲の多い天候でした

50-ymca008




ジャスト12時、撤収します

30-2015_1113_115035

受付に寄って、挨拶するとともに、色々とお話しをお聞きしました
開設以来、毎年キャンプの利用者が増加していて
嬉しいことなんだけれど、まだまだ解決しなくてはならない課題が色々と残っているらしい

 

駐車場の近くの正面の斜面で、プラド君を走らせてみました
この場所も、晴れていれば、富士山そしてその稜線の先に、駿河湾、伊豆半島が望める場所です

30-2015_1113_121603-1

30-2015_1113_121655-1

富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ ありがとう また今度は快晴の時に来ますよ

 



お昼ごはんは、以前ライカさんに教えていただいて一度行ったことがあった 吉田うどんの「ふもとや」へ

残念です 限定品の“まぜごはん”は売り切れでした

30-2015_1113_131516

この味は、たまりませんペロリ

30-2015_1113_13200230-2015_1113_132009
30-2015_1113_132114


帰りは中央道

中央道八王子ICで降りて、ちょっと昭島で寄り道

MORIPARK Outdoor Village モリパーク アウトドアヴィレッジ

2015年3月の内覧会の時に行ったきりで、今回が2回目の訪問
こんな機会でもないと、なかなか来られないところ
なにしろ家からは遠すぎるのですよね

S2015_1113_150829

S2015_1113_150625

S2015_1113_150841

S2015_1113_151709

S2015_1113_154421

S2015_1113_154436

S2015_1113_154353

S2015_1113_162752

ここの近くにお住まいでいつも出没しているという噂のあの方が、ひょっとするといるかも・・・・と期待して入ってみたけれど

お客さんは誰もいませんでした

S2015_1113_162502

S2015_1113_160041

S2015_1113_160052

S2015_1113_162447

お茶だけ飲んで、帰りましょう

S2015_1113_161548


ちょっとだけお買い物しましたよ・・・・・幕は買っていませんからね



二日目その2に戻る  

一日目に戻る

富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ キャンプ場情報はこちらへ
ページトップへ戻る




関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2015/11/23(月) 00:48:19|
  2. 富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ  銀杏と安納芋

富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ  銀杏と安納芋


二日目その1に戻る    三日目に続く

富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ キャンプ場情報はこちらへ


二日目(11月12日)その2

午前中、ちょっとそこまでお出かけ

ymca009

コンビニへの買い物ついでに、まずは富士ミルクランド

30-2015_1112_112251

富士ミルクランドは、乳搾り体験やバター作り体験などを通して、農業・酪農への理解を広めたいという思いからスタートしたレジャー施設

なぜ、ここに行くのかというと、
ここの売店で「薪」が販売されているからです
朝霧高原界隈はBBQが盛んで、コンビニにも薪が販売されていますが、
富士ミルクランドでは安くていい薪が手に入る のですね

¥400の薪を2束と¥250の薪を2束、そして袋に詰め放題で¥200の銀杏とさしみチーズを買いました

 

次は、白糸の滝

なんども近くを通ってはいるけれど、いつも素通りばかり
駐車料金が必要だし、お土産物屋が並んでいる観光地で、どうせ大した滝じゃないだろうとずっと思ってました・・・が

来てみてびっくり
なにがびっくりかと言うと、

湾曲した絶壁の全面に大小数百の滝が絹糸のように落ちているのですが、
上流につながっている川から流れる本滝以外は、断面(溶岩断層)からの富士山の湧水だということです
水量は毎秒1.5トン 幅150m、高さ20m
大部分が、富士山の湧水・・・・・凄いですよね
全国でも湧水の滝というのは珍しいそうです

30-2015_1112_114725

30-2015_1112_115212

30-2015_1112_115939

30-2015_1112_115756-1

30-2015_1112_115548-1

富士の巻狩りの際に滝に立ち寄った源頼朝は歌を詠んでいる
 「この上に いかなる姫や おはすらん おだまき流す 白糸の滝」

 

白糸の滝と台地を隔てた東側には、音止の滝があります
女性的なやさしさを持つ「白糸の滝」とは違って、力強く男性的な豪快さを持った高さ25mの滝です

音止めの滝の名前の由来は、かつて源頼朝が挙行した富士の巻狩りの際に、曾我祐成・時致兄弟が父の仇である工藤祐経を討とうとした、その密議をしていたが滝の轟音で話が聞き取れない、そこで神に念じたところ、たちどころに滝の音が止んだという伝説による。曾我兄弟は見事に本懐を遂げた。

30-2015_1112_114842

30-2015_1112_114510


白糸の滝 パンフレット  ↓画像クリックで拡大表示

2015_1121_113338.jpg  2015_1121_113322.jpg2015_1121_113304.jpg

僕ら独自のソフトクリーム評価で8点のまかいの牧場のソフトクリームが、ここでも食べることができるようですが
やはり本場で食べないとね・・・・・・

でも、行列が出来るってマジですかね?

30-2015_1112_113717

30-2015_1112_113725

12:30 富士山YMCAに戻りました

午後は、焚き火の前でお酒飲みながら、ゆっくりしましょう

30-2015_1112_130847

富士ミルクランドで買ってきた銀杏、ハンマーで割ってから炒ります

30-2015_1112_125419

なかなかいい感じですよ

30-2015_1112_130937

家から持ってきた安納芋、濡れた新聞紙とアルミホイルに包んで焼きます

30-2015_1112_125429

30-2015_1112_125450

 

ちょっと皮が焦げたけれど、中身はバッチリ   極上のスウィーツです    なんだか病み付きになりそう

30-2015_1112_134843

おさしみチーズも、なかなか美味

30-2015_1112_125634

北の国のほたて醤油漬や栃尾のあぶらあげもおつまみに・・・

30-2015_1112_130754

富士山がなかなか顔出してくれないので、これもいきます   富士山との関係は?・・・全くないです!浮気者 (男性)

30-2015_1112_140421


15時ころ

空が明るくなってきました

30-2015_1112_145541

でも、富士山の姿はまだ見えてこないので

雲に向かってファイヤーブラスターで思いっきり息を吹きかけると

30-2015_1112_151120

雲が飛んで、富士山が見えてきましたよ爆笑

30-2015_1112_155500

30-2015_1112_155557

30-2015_1112_155613

富士山がもっと顔を出してくれる姿は、カメラのインターバル撮影に任せて
今日も16時にお風呂に行きます

お風呂に行く途中、子供たちが遊んでいたので、声をかけます
「どこから来たの?」
「○○保育園から」  う~~ん 質問を替えます
「どこに住んでるの?」
「わからない」
「明日帰るの?」
「うん、明日帰るけど、明日は僕の誕生日」
「それはおめでとう」

後でわかったのですが、子供達は、福島県いわき市から来たのでした
大きな富士山を見て、いい思い出作って帰ってくださいね

 

お風呂から戻ると、富士山み~えた

30-2015_1112_163017

30-2015_1112_163611

30-2015_1112_163537

30-2015_1112_163920

 

30-2015_1112_163815

30-2015_1112_170318


30-2015_1112_173627

30-2015_1112_173323

30-2015_1112_173739

kaoru君、お風呂からあがって来てから、湯冷めをしたのか、
ちょっと悪寒を感じて気分がすぐれなかったので、晩ごはんも食べずにシュラフに潜り込みました
今回は星空撮影が出来ずに残念でした

でも・・・・・
beet君は夜遅く、ちゃっかり天の川を見ていたのでした


天候 曇り時々晴れ  最高気温18.3℃ 最低気温10.4℃ 平均風速2.2m


二日目その1に戻る    三日目に続く

富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2015/11/22(日) 01:22:57|
  2. 富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ  富士山み~えた

富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ  富士山み~えた


一日目に戻る     二日目その2に続く

富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ キャンプ場情報はこちらへ



二日目(11月12日)その1

朝、今日も富士山が見えないなあ   

30-2015_1112_061931

・・・・と思ってると、少しづつ雲が切れてきて

30-2015_1112_065524

富士山、み~えた

30-2015_1112_070534

30-2015_1112_070636

西の長者ヶ岳、天子ヶ岳方向にも、朝日が当たってきて、いい感じ

30-2015_1112_071149

30-2015_1112_071222

このまま晴れて、青空が広がるのかな・・・・・・と期待したけれど
朝ご飯を食べ終わって、外に出てみると、また曇ってきて富士山の姿を隠してしまいました・・・残念悲しい

場内を散策
ここ富士山YMCAの敷地面積は13万坪、東京ドーム9個分の広さと言われている
付近のキャンプ場、ふもとっぱらや朝霧ジャンボリーと比較するとこんな感じ
(単純に敷地の広さだけを比較してみただけです テントが設営可能な広さの比較ではないのでご注意を)

ymca010-00-1

なにしろ、場内は広いです
散歩と言っても、歩ける範囲だけで、30分程度はかかりました

ymca002-3

この季節は、ススキがいっぱい

夏になると、どんな風景になるのかな?

30-2015_1112_093358

30-2015_1112_093458

30-2015_1112_094412

30-2015_1112_094651

30-2015_1112_095204

晴れていれば、この方向に、ドーンと富士山が・・・

30-2015_1112_095543

30-2015_1112_100059

どなたかのブログに、ここにテントを設営していた写真があったような

30-2015_1112_095741

30-2015_1112_100353

場内で一番高いところ?かな ヘリポートがあります

ヘリポート付近、眺めは最高の場所だけれど、テントを張る場合は、風をまともに受けるので注意が必要かな

30-2015_1112_100753_thumb[1]

ヘリポートからの風景、駿河湾から遠くは伊豆半島まで望めます

30-2015_1112_100721_thumb[1]

右に小さく見えるのは僕らのテント

30-2015_1112_100831_thumb[1]

ヘリコプターのつもり?

30-2015_1112_100809_thumb[1]


保育園の子どもたちが泊まっているログキャビン

いまはお出かけ中で留守です

30-2015_1112_101455

なぜか洗濯機が5つも並んでいます  暑い時期にここで合宿する子どもたち、いっぱい汗をかいてドロドロになるから・・・ねウインク

30-2015_1112_101859

バスケットできます ボールも置いてありました

30-2015_1112_101941

華麗なるダンクシュート! 今はもう出来ません・・・・・って昔も出来ませんでしたが

30-2015_1112_102234-1

サイトまで戻ってきました

30-2015_1112_102446

きつねのマーク?? きつね出没注意の標識・・・なんてことはないです

30-2015_1112_102539

時間は10:30 ちょっと外へ出かけましょう

コンビニへビールを買いに、そして富士ミルクランドへ行ってから、今まで行ったことがなかった白糸の滝でも見に行ってみようかな
(ここ富士山YMCAは、青少年の健全なる野外教育・活動の施設  お酒類の販売は当然ありません)


一日目に戻る      二日目その2に続く

富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2015/11/21(土) 08:40:16|
  2. 富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ  ずっと気になっていたキャンプ場

富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ  ずっと気になっていたキャンプ場


2015年11月11日~13日、2泊3日で、富士山麓の富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジへ行ってきたよ

以前ふもとっぱらから帰るときに一度見学に行ったことがあって、ずっと気になっていたキャンプ場
今回、初めて訪問することが出来ました

ymca002-0000-1

ymca008-1


一日目(11月11日)
浅草8:00出発

ymca001

ちょっと横浜に用事があったので、それを済ませて、厚木ICから東名に入るつもりでした

何気なく地図を見ていたら、オープンしたばかりのスノーピーク海老名店に、
成田ゆめ牧場のmini Wayでご一緒したことがある青山さんが、店長として勤務することになったという話を思い出したので、
ちょっと寄り道することに・・・・・

スノーピーク海老名店は、オープンしたばかりの ららぽーと海老名の中にありました

S2015_1111_105025

結構広いスペース

S2015_1111_105822

S2015_1111_103639

ポイントで交換できる限定アイテムが展示されています   なかなかいいアイデアですね

S2015_1111_103707

S2015_1111_103743

さてさて、あまり長居は禁物
この季節は、キャンプ場へのチェックインが遅くなると、すぐに日が暮れてしまいますからね

ららぽーとの中のスーパーで買い物をして出発です
国道沿いの丸亀製麺でお昼を食べて、12:20 厚木ICから東名に入ります

30-2015_1111_121900

天気予報では、晴れなんだけれど、雲が多いですね

30-2015_1111_123330

新東名に入って、新富士で降ります

30-2015_1111_125432

30-2015_1111_131308

国道139号線を北上
富士山は全く見えません
どんよりとした曇り空、これって本当に「晴れ」??  上空は晴れているのかな?

30-2015_1111_134105

14:00 キャンプ場に到着

30-2015_1112_122356

30-2015_1112_122434

フロントで受付をして

30-2015_1112_103407

ここに設営します

晴れていれば、富士山がドーンと眼前に・・・・・・

30-2015_1111_141710

駿河湾も見えます

30-2015_1111_141648

リビシェル君ランブリ君を連結して
夕方4時にお風呂へ
受付の時に、「今日と明日は東北から来た保育園の子どもたちが、ログキャビンに宿泊します
子どもたちのお風呂の時間は5時からなので、その時間を避けていただいた方がいいですよ」とアドバイスがありました

ここは普通のキャンプ場とは異なります
キリスト教主義に立ち、教育・スポーツ・福祉・文化などの分野の事業を展開する非営利公益団体である
YMCA(キリスト教青年会:Young Men's Christian Association)が
青少年の環境教育、体験学習の学びの場として、青少年の想像力・創造力を育むアートな村として作った施設です

主体は、あくまでも子供たち

グループキャンプで大人数が集まってお酒を飲んで騒ぐキャンプ場ではありませんので
この点を十分に理解して利用する必要があります


お風呂はとてもきれい
16:00~23:00まで¥310で利用できます
お風呂では自転車旅行をされているという70歳代のおやじさん4人といっしょでした
みなさん、奈良から来たとのこと、なんと一番年長の75歳の方は、奈良から野宿しながら5日間かけて
自転車で走ってきたということでした  
お話しをお聞きして、今の自分の体力の無さにひどくショックを受けましたお口にチャック


お風呂から上がって、サイトに戻る頃には、もう暗くなってました
この時期は、本当に陽が短い

30-2015_1112_101157

晩ごはんは、スーパーで買ってきたもの
お寿司、焼き鳥、餃子、そしてサラダ・・・・ちょっと買い過ぎたかながっかり

30-2015_1111_181956

30-2015_1111_182039

30-2015_1111_182047

30-2015_1111_182958

30-2015_1111_182055

夜、空は曇ったまま
当然、星をみることも出来ず・・・

明日の天気に期待して、おやすみなさい

天候 晴れ時々曇り  最高気温18.2℃ 最低気温13.1℃ 平均風速2.1m

二日目その1に続く

富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2015/11/20(金) 08:12:37|
  2. 富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

世の中も淋しくなりぬ三の酉

世の中も淋しくなりぬ三の酉   正岡子規

今年の酉の市は、三の酉まで
三の酉まである年の冬は火事や異変が多いと言われてきたが、平和な世の中であって欲しいものです

2015年11月5日の昼間、一の酉に行ってきました
昼間に行くのは久しぶりかな

30-2015_1105_111251

30-2015_1105_111314

30-2015_1105_112614

いつも熊手を買っている「よし田」のおばあちゃま、元気にお店に出ていらっしゃいましたよ
もう95才とか、お元気でなによりです

30-2015_1105_111941

30-2015_1105_112105

30-2015_1105_112214

30-2015_1105_114120

30-2015_1105_114158

30-2015_1105_113341

30-2015_1105_113214

[広告] VPS

30-2015_1105_120059

30-2015_1105_115443

昔懐かしい「かるめ焼き」

30-2015_1105_121553

おやじさんが、実演してくれましたよ

かるめ焼きを作れる人は、少なくなってきているようです

[広告] VPS
 

かるめ焼きと言えば、いつも思い出すのが、さだまさしの「木根川橋」

「木根川薬師の植木市の日には  今でも必ず雨が降りますか
 もんじゃ焼きのコツ 忘れちゃいませんよ  カルメ焼き冷やすより易しかったもの」

木根川橋     作詩・作曲: さだまさし


『先生、俺達の木造校舎
  すっかりなくなっちまったんですねェ
  それに、あの暑い夏に重いローラー転がしてならした
  テニス・コートの上にプールなんか出来ちまって…
  先生、時の流れって、そんなもんですかねェ』

 木根川橋から水道路抜けた  白髭神社の縁日は
 アセチレンたいて あんずあめ売ってますか
 相も変わらず にぎやかなんでしょうね

 あの頃何やら覚えて居るのは  あの娘の笑顔と冷たさと
 不思議な胸のどよめきと  あっけらかんとあっけらかんと
 みんなみんな 許せた毎日


 『先生、あの頃よくのりちゃんと銭湯行ってね
  あいつときたら、15番の下駄箱があくまでは
  どんな雪の中だって雨の中だって中へ入らなかった
  先生、覚えているかな、うちのクラスの15番、そう
  目のステキなのりの好きだったあの娘の
  出席番号だったんですよ』

 僕らはこっそり ノォトの片隅に  あの娘の名前に 自分の苗字を
 かぶせて書いてはあわててぬりつぶし
 あたりを見廻し 赤くなったもんです

 使いの帰りは廻り道をして  あの娘の家の前を通ったもの
 そのくせ会えば そっぽを向いた  なんともはや すてきだった
 仲間達に カンパイ!!


 木根川薬師の植木市の日には  今でも必ず雨が降りますか
 もんじゃ焼きのコツ 忘れちゃいませんよ  カルメ焼き冷やすより易しかったもの

 あの頃チャリンコ転がして行った  曵舟、押上、浅草の
 不思議な胸の高鳴りと  荒川土手の忘れちゃいけない
 毎度毎度の 草野球

 『先生、みんな変っちまいましたねェ
  先生、先生……なんだ寝ちまったんですか 



浅草や浅草周辺では、1年中さまざまな祭りや行事が執り行われます
酉の市が終わると、今年の行事も残りわずか

浅草は、行事が季節を告げてくれる粋な街です



春を待つ、事のはじめや酉の市  2012年の酉の市の様子はこちらへ  酉の市の由来なども書いています

人並みに押されてくるや酉の市  2013年の酉の市の様子はこちらへ

月かけて晴れぬく空や酉の市   2014年の酉の市の様子はこちらへ

ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2015/11/19(木) 00:12:40|
  2. ●僕らの住処 浅草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ワイルドフィールズおじか  そして、最終日は晴れ

ワイルドフィールズおじか  そして、最終日は晴れ


四日目に戻る

ワイルドフィールズおじか キャンプ場情報はこちらへ


五日目(11月3日) 

撤収日の朝、気持ちよく晴れました

30-2015_1103_074132

30-2015_1103_074138


30-2015_1103_074215

朝ご飯、盛りだくさんです

撤収に備えて、力をつけておかなくちゃ・・・ね

30-2015_1103_082908

さてさて、リヤカー準備して、のんびりと撤収にかかりますか

30-2015_1103_090523

 ●





はい、撤収完了です

昨日、浸水対策で土を入れたところが、はっきりとわかりますね

30-2015_1103_133301

Syu&Chaiさんは、一足先に撤収完了

いつものとおり、僕らがラストですね大笑い

30-2015_1103_133335

 

30-2015_1103_133558

30-2015_1103_133941

30-2015_1103_140114

ありがとう、おじか   さようなら、おじか

来年は、春に訪れてみようかな

 

ご一緒させていただいた、Syu&Chaiさん、まんまるユズさん、フクちゃん&メグちゃん
そして、初めてお会いしたSファミリーさん

楽しい時間をありがとうございました     また、一緒に遊びましょう



四日目に戻る

一日目に戻る

ワイルドフィールズおじか キャンプ場情報はこちらへ


ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2015/11/18(水) 00:41:04|
  2. ワイルドフィールズおじか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ワイルドフィールズおじか  雨の一日

ワイルドフィールズおじか   雨の一日


三日目に戻る    五日目に続く

ワイルドフィールズおじか キャンプ場情報はこちらへ


四日目(11月2日)

昨日の雲一つない好天とは打って変わって、今日は朝から雨、夜まで一日中降り続く予報

朝の早い時間は、まだ焚火ができる程度だったけど、次第に雨が酷くなってきたので、ランステ君に避難

今日は一日中お籠りになりそうです

30-2015_1102_061704

30-2015_1102_061710

30-2015_1102_143543

サイトにわずかな斜面があったらしく、ランステ君の中に、少しだけ雨水が浸水、
管理人さんに、雨水の侵入を食い止めるための「土」があれば欲しい、とお願いすると
わざわざ軽トラで、男鹿川の河原の土砂を取りにいってくれて、バケツに数杯、サイトまで持ってきてくださいました
ありがとうございました

30-2015_1102_100201

30-2015_1102_100210

30-2015_1102_114607

こんな雨の日は、朝から飲むしかないでしょうペロリ

石川県のお酒、酒魂 純米吟醸 手取川   ご馳走になります

30-2015_1102_113159

雨もまたいとおかし

30-2015_1102_143217_thumb[1]

30-2015_1102_143745_thumb[1]

お昼には、Syu&Chaiさんが昨夜の芋煮のスープにカレーを加えて、カレーうどんを作ってくれました  
日本酒にカレーうどん これまた美味!!

30-2015_1102_124757_thumb[1]

 

30-2015_1102_143046_thumb[1]

30-2015_1102_143521_thumb[1]

午後もまた、飲むしかないでしょう

Ichiro’s Malt&Grain White Label  とても貴重なお酒   また、ご馳走になります

イチローズ・モルトについてはこちらへ

30-2015_1102_145333_thumb[1]

30-2015_1102_143324_thumb[1]

30-2015_1102_143352_thumb[1]

30-2015_1102_143244_thumb[1]


そして夜

夜は、ワイン・・・・・またまた、ご馳走になります

30-2015_1102_181947

30-2015_1102_182141

凄いメニューです

Syu&Chaiさんから、揚げ出し豆腐、カナッペ、サーモンとチーズのワンスプーン お洒落ですね  
ジャーマンポテト、自家製いくら などなど
僕らからは、ハムステーキ リンゴソースとサラダを

30-2015_1102_182123

30-2015_1102_182102

30-2015_1102_182055

30-2015_1102_182117

30-2015_1102_182113

30-2015_1102_182108

30-2015_1102_170235

30-2015_1102_175829

雨で、ずっと籠っていた一日だったけれど、とても贅沢な時間を過ごしました

明日は、撤収日、晴れて欲しいですね


天候 雨  最高気温10.8℃ 最低気温4.9℃ 平均風速0.3m

三日目に戻る    五日目に続く

ワイルドフィールズおじか キャンプ場情報はこちらへ


ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2015/11/17(火) 14:49:04|
  2. ワイルドフィールズおじか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ワイルドフィールズおじか  今日もいい天気

ワイルドフィールズおじか  今日もいい天気


二日目その2に戻る    四日目に続く

ワイルドフィールズおじか キャンプ場情報はこちらへ


三日目(11月1日)

朝からいい天気

まんまるユズさん、フクちゃん&メグちゃん、そしてお隣のSファミリーさんも今日が撤収日

30-2015_1101_084021


Syu&Chaiさんが入れてくれた珈琲をいただいてから

焚火の前で、朝食です

30-2015_1101_084028

30-2015_1101_080808

みなさんからホットドックやポテトサラダ、Sファミリーさんからは美味しいパンを頂戴して
朝からお腹いっぱい

30-2015_1101_074222

30-2015_1101_080749

30-2015_1101_080801

久しぶりに薪ストでピザも焼いてみました

30-2015_1101_080725

30-2015_1101_080741

 

朝ご飯を終えてから、みなさんそれぞれ撤収作業

こんなにいい天気、それぞれの幕も完全に乾燥してもらって、きっと喜んでいますね

30-2015_1101_083848-1

あれ?フクちゃん、朝からダンス?? びっくり

30-2015_1101_083946

30-2015_1101_100338

30-2015_1101_095412

12時前、撤収完了

駐車場まで、お見送りです  みなさん、また遊びましょう

30-2015_1101_115001-1

30-2015_1101_114952

午後からも、雲一つ無い素晴らしい天気

30-2015_1101_124151

30-2015_1101_121006

こんな日は、十分にソーラー充電できますね

30-2015_1101_095859

ランステの中が、暑すぎて  26℃ですよ 26℃びっくり

30-2015_1101_121108

クーラーボックスを、外の日陰に移動しますがっかり

30-2015_1101_121053

お昼ごはんは、Syu&Chaiさんが作ってくれました

30-2015_1101_124616

30-2015_1101_124653

30-2015_1101_125454

台湾まぜそば! ご馳走になります    うまいっ!!!!!

30-2015_1101_125502

ご飯のあとは、お酒を飲みながら、読書、そしてお昼寝

何もぜずに、のんびりと・・・・・これぞキャンプの醍醐味? 笑いころげ

30-2015_1101_124322

30-2015_1101_124425

30-2015_1101_124218

人間もの~んびり、ラルちゃんモカちゃんもの~んびり  暖かい日差しを浴びて気持ちよさそう

30-2015_1101_124340

Syu&Chaiさんのコールマンのランタン
マニアの間では、“The Red”と呼ばれているのでしょうか
紅葉に“赤”が映えますね・・・・・・・・

30-2015_1101_124435

30-2015_1101_124358

やっぱ、赤ですかね

30-2015_1101_124743

30-2015_1101_124914


夜です

30-2015_1101_174240-1

今夜は“黒龍”でいきましょう

30-2015_1101_183436-1

30-2015_1101_183449

黒龍に合う料理といえば、湯豆腐ですよね

30-2015_1101_181101

Syu&Chaiさんの芋煮  懐かしい山形の味、たまりませんね
こちらも、日本酒にマッチして・・・ああ、日本の味です

30-2015_1101_190347

盛りだくさんの料理で、お酒がすすみますよ

30-2015_1101_175929

30-2015_1101_175923

30-2015_1101_175941

30-2015_1101_190352

いい夜です

遠くで、鹿の鳴き声が
天気は下り坂 空気もなんだかしっとりとしてきたような・・・・・

静かなフィールド、美味しい料理とお酒、そして満ち足りた会話で、おじかの秋の夜は更けていきます


天候 晴れ  最高気温13.8℃ 最低気温0.8℃ 平均風速0.9m

二日目その2に戻る    四日目に続く

ワイルドフィールズおじか キャンプ場情報はこちらへ


ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2015/11/16(月) 13:55:03|
  2. ワイルドフィールズおじか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ワイルドフィールズおじか  そして夜の宴へ

ワイルドフィールズおじか  そして夜の宴へ


二日目その1に戻る
        三日目に続く

 ワイルドフィールズおじか キャンプ場情報はこちらへ


二日目(10月31日)その2

焚火コーナー、設営します
焚火タープTCウイング陣幕
このキャンプ場は、WILD-1の運営ですから・・・・・ねウインク

30-2015_1031_161513

スノーピークの焚火台、3サイズ揃いました  L・M・S

30-2015_1031_161425

今日のフリーサイトはNo.9とNo.10に僕ら4組、No.11には1組のファミリーの方
そのNo.11に設営されていた方(Sファミリーさんと呼ばせていただきます)が荷物を運んでいる時に、ご挨拶をさせていただきましたが
僕らのランステを見て、「もしかしてブログの・・・・」とびっくりされていたので、お聞きしてみると

なんと、Sファミリーさんは、僕らのブログの去年のおじかの記事を見てくれて、
ぜひともおじかでキャンプがしたいと思ったそうです
そして、今日初めておじかにやって来たというお話しでした
なんと言う偶然でしょうか
とても嬉しかったですね

 

夕方前に、IちゃんとY君と一緒に、ちょっとお散歩

男鹿川は、「平成27年9月関東・東北豪雨」で流れが変わってしまったようです
キャンプ場自体には、直接の被害はなかったようで、良かったです

30-2015_1031_135822

30-2015_1031_135753

30-2015_1031_140904

枝を揺らして、もみじの葉を地面に落とそうとしますが・・・・・それは、無理でしょ

30-2015_1031_141050

30-2015_1031_141100




お待たせしました 夜の宴

ランステにサンルームを設置してるので、中は広々

みなさんが作っていただいた料理の数々、串揚げ、マッシュルームのベーコン巻、キッシュ、アヒージョ、サーモンのカナッペなどなど
僕らからは、ピザ・ローストビーフ&サラダ・生ハムと柿・大根の浅漬け

とても美味しい料理の数々、みなさんご馳走様でした

食べるのが忙しくて、写真が撮れていないお料理が沢山あります  ごめんなさい

30-2015_1031_183222-1

30-2015_1031_180918

30-2015_1031_183232-1

30-2015_1031_180930

30-2015_1031_180939

今日はHalloween

30-2015_1031_181200

30-2015_1031_182338

30-2015_1031_182355

30-2015_1031_182412

30-2015_1031_182400

未成年者2名は、コットでおやすみなさい投げキス

30-2015_1031_183213-2

これからが本当の大人の時間だぜ!!笑いころげ

30-2015_1031_185752-1



お腹もいっぱいになってからは、みんなで焚き火
お隣のSファミリーさんもお誘いして、焚き火トーク

おじかの夜は、静かに更けていきましたスマイル


天候 晴れ時々雲  最高気温10.2℃ 最低気温3.1℃ 平均風速0.6m


二日目その1に戻る        三日目に続く

 ワイルドフィールズおじか キャンプ場情報はこちらへ


ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2015/11/15(日) 23:37:07|
  2. ワイルドフィールズおじか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ワイルドフィールズおじか  みんな勢ぞろい

ワイルドフィールズおじか  みんな勢ぞろい


一日目に戻る
    二日目その2に続く

 ワイルドフィールズおじか キャンプ場情報はこちらへ


二日目(10月31日)その1

朝の4:30 星は見えるかなと起きだします
気温6℃、結構冷えています

30-2015_1031_043319

お湯を沸かして、暖かいお茶でも

30-2015_1031_044830


東の空には、金星がとても明るく輝いています

30-2015_1031_044143

南西の空、月はまだ明るいけれどオリオン座、冬の大三角、おおいぬ座、うみへび座の頭の部分などが・・・・

30-2015_1031_044423

30-2015_1031_044339

少し早いので、もう一眠り

 

いつもよりちょっと朝寝坊
そろそろと思い、インナーから外に出たら
ランステ君の外から、「おはよう」の声???
何と、Syu&Chaiさんが朝一番に到着です
話を聞くと、夜中に出発、途中で仮眠をとりながらの走行だったそうです

お二人は早速、設営開始

30-2015_1031_080001

ラルちゃん、モカちゃんも元気そうでなにより

30-2015_1031_101256

次に到着したのは、フクちゃん&メグちゃん
お二人も早めに出発したようです

皆さん設営中ですが、失礼して僕らは朝ごはん
朝も中華・・・・・・豚まんをせいろで蒸して、昨夜のスープを添えて

30-2015_1031_101126

東京豚まんですね  大阪の551蓬莱の豚まん の足元にも及びませんが・・・・・・

30-2015_1031_101209

そんなころ、まんまるユズさんも到着
IちゃんとYくんが、駆け寄ってきましたよ

I ちゃんから手作りのレインボールームブレスレットもらいました  ありがとう

30-2015_1031_14072230-2015_1031_135010


さてさて、設営が出来たら方から乾杯ですよ

未成年者もいるけど・・・・・がっかり

30-2015_1031_121822

Syu&Chaiさんが作ってくれたチーズのスモークをおつまみに

30-2015_1031_121738

何回も乾杯!!

30-2015_1031_121506

お昼は、前回の長野キャンプで味わった「おやき」にチャレンジ

まずは粉を練って生地を作ります
小さく切り分けた生地を丸く薄くのばして、中に好みの具を入れますよ
具は、野沢菜と舞茸の味噌炒め、茄子としめじの味噌炒め、きんぴらごぼう、切干大根
Iちゃんも生地をのばしてくれました
あれ? その形は餃子ではないの?
なんでもありですね
包み終えたら、フライパンで蒸し焼きにします
いろいろな形のおやきが完成です

30-2015_1031_123827

30-2015_1031_123840

30-2015_1031_130637

K&Bの焼印を押してみました
さあ、みんなで食べましょう
中身は食べてからのお楽しみ

みなさんから、稲荷寿司やピザなどもいただきました
にぎやかなランチタイムです

30-2015_1031_131354






皆さんのサイトを見せていただきます

Syu&Chaiさん

今回は、リビシェルとランブリ5をトンネルで連結
ピキッと綺麗に・・・・・  さすが達人ですね

30-2015_1101_083859


かぼちゃの飾りが可愛いですね

今日10月31日はハロウィンの日
そもそもハロウィンとは万聖節の前夜祭
万聖節とは毎年11月1日に あらゆる聖人を記念する祝日なのですが、その前日に秋の収穫を祈って
霊を招かないようにする儀式なんですね


そして気になるのが、かぼちゃを飾ってある棚
i-R base のラック、いいですね

30-2015_1031_150404

自作のケース、取っ手はご自宅の庭木の枝から作ったとか・・・さすがですね

30-2015_1031_150946

ロゴスのスモーカー  キャンプ場でのスモーク料理  初めての体験でした

30-2015_1031_150805

極め付けは、オールドコールマン・・・・なんとも言えない趣
1950年代初頭の製品だそうです
さすがに僕らもまだ生まれてません(笑)

30-2015_1031_150419

オールドコールマンの修理などが出来るお店のこと、教えていただきました
二子玉川にあるヴィンテージランタン&オイルランプのお店'「viblant
コールマンランタンが主体のようですが、僕らが持っているE.Thomas & Williamsなどの取り扱いもあるようなので
今度行ってみようかな


まんまるユズさん

NORDISK  Asgard

30-2015_1101_083848

Frontier Stove、恰好いいです

30-2015_1031_150621

30-2015_1031_150544

AsgardからFrontier Stoveの煙突が出ている風景、いいですね いいですね

30-2015_1031_150503

 

フクちゃん&メグちゃん

リビシェルにインナーテントとインナーテントフルフライをセット

30-2015_1031_150324

ジャグの置台はNature Tonesの製品
特殊樹脂コーティングとエキスパンドメタルを主としたアウトドア用品の開発・販売を行なっているところらしいです
赤色で可愛いですよね

30-2015_1031_150039

これが噂の、スノーピークレンボーストーブ

ブラック、格好いいです
焔は噂通り、やさしいイメージでした

30-2015_1031_145727

あれ? スノーピークにこんな恰好いいケース、ありました??

30-2015_1031_150116

一日目に戻る    二日目その2に続く

 ワイルドフィールズおじか キャンプ場情報はこちらへ


ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2015/11/14(土) 23:47:48|
  2. ワイルドフィールズおじか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ワイルドフィールズおじか  今年も紅葉キャンプ

ワイルドフィールズおじか 今年も紅葉キャンプ

2015年10月30日(金)~11月3日(火)、4泊5日で、栃木県のワイルドフィールズおじかへ行ってきたよ

ワイルドフィールズおじか キャンプ場情報はこちらへ

1年ぶりのワイルドフィールズおじか、偶然ですが、昨年も同じ日程・泊数でした
今年も素敵なお友達と一緒です

最初に、ご一緒させていただいた皆さんへにお礼を
Syu&Chaiさん、まんまるユズさん、フクちゃん&メグちゃん

皆さんから、たくさんのお土産をいただきました
そして、楽しい時間を共有できたこと、感謝します
ありがとうございました

ojika1001-1

30-2015_1030_135556-1


一日目(10月30日)

5:30 浅草を出発  距離198km  皆さんより一日早く先乗りします

ojika1002

平日ということもあり、首都高・東北道とも順調なドライブが続きます

途中、上河内SAで休憩と朝食を

30-2015_1030_062413

30-2015_1030_072039

30-2015_1030_075503

西那須野塩原ICで降りて、塩原温泉郷を通り、おじかに向かいます
このあたりの紅葉も素晴らしいの一言
昨年通った「もみじライン」でも、綺麗な紅葉を楽しむことが出来るのでしょうね

30-2015_1030_085639

30-2015_1030_08545030-2015_1030_085529

[広告] VPS

おじかの看板が見えてきました

30-2015_1030_091636

30-2015_1030_091718

30-2015_1030_091959

9:20頃おじかに到着
今年の紅葉は、昨年より少し早いそうですが、まだまだ十分な美しさです

30-2015_1030_135347

今回は、宴会幕も兼ねてランステ君の出番
ふかふかの落ち葉の上に、設営しますよ

30-2015_1030_135516

落ち葉の絨毯とランステ君の色が、同化しているような

30-2015_1030_112904

30-2015_1030_135617

今シーズン初の薪ストーブも設置しますよ

30-2015_1030_135819

30-2015_1030_135643

30-2015_1030_135705

やばいです トリベットが錆びてました
前シーズン終了後、トリベットのメンテを忘れてました・・・反省お口にチャック

30-2015_1030_141814

遅めのお昼は、定番のカレーうどん
カレー味、大好きなんだよね

30-2015_1030_141016

キャンプ場内をのんびり散歩

秋の長野長期遠征第一弾第二弾で、十分紅葉を満喫してきたけれど、またここおじかでも満喫できるとは、
今年の秋は紅葉でお腹がいっぱい・・・・贅沢ですよねがっかり

30-2015_1030_153932

30-2015_1030_153924

30-2015_1030_154338

30-2015_1030_154726

30-2015_1030_154701

30-2015_1030_154748

30-2015_1030_154858

30-2015_1030_154929

30-2015_1030_155045

30-2015_1030_155125

30-2015_1030_155234

30-2015_1030_155404

キャンプ場内の車道(林業・牧場関係などの許可車のみ通行可能)を、木材をいっぱい積んだトラックが通ります
ちょっと待った、その木材一本ほしい・・・・・・いやいや、薪にするには大変かな? 悲しい

30-2015_1030_153309

30-2015_1030_153320

16時過ぎ、山の端に陽が沈むと、ぐっと気温が落ちてきます

薪ストに火を入れて、暖かくします

30-2015_1030_161109

30-2015_1030_164808

キャンドルを灯して、ビール飲みながら・・・・・ いい時間が過ぎていきます

30-2015_1030_171825

30-2015_1030_190252

晩御飯は、中華
崎陽軒のしゅうまいをせいろで蒸します
蒸したて、アツアツをそのままいただきますよ
中華風サラダと酸辣湯スープも一緒に

30-2015_1030_181406

30-2015_1030_181424

30-2015_1030_182042

30-2015_1030_182139

30-2015_1030_181243

30-2015_1030_184642


月齢17.1の居待月が、東の空に上ります

月明かりに負けないくらいはっきりとオリオン座が・・・・・

30-2015_1030_235521

30-2015_1030_235928

30-2015_1031_000538

30-2015_1030_235334

30-2015_1031_001210

明日は皆さんが到着する日、とても楽しみ
いい天気でありますように

天候 晴れ  最高気温17.7℃ 最低気温5.4℃ 平均風速0.7m

二日目その1に続く

ワイルドフィールズおじか キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2015/11/13(金) 23:35:25|
  2. ワイルドフィールズおじか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

やっぱ、「赤」でしょ

やっぱ、「」でしょ

ポールもにしたし、

50-2015_0515_080434-1

張り綱(ガイライン)もにしたし、

2015_0424_072711-11

自在までにしたし

30-2015_0930_110208-1

ということで、プラド君も「」にしました ペロリ

そういえば、どこかのSNSの中で、赤のランドクルーザープラドが話題になってましたが・・・・・

30-2015_0930_064404-3


いかがでしょう やっぱ、「赤」でしょ

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/11/12(木) 08:19:56|
  2. ●プロフィール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

城南島海浜公園オートキャンプ場  乾燥作業

城南島海浜公園オートキャンプ場   乾燥作業

秋の長野、長期遠征第二弾 雨飾高原キャンプ場では雨撤収でしたので
2015年10月26日、グッズの乾燥に城南島海浜公園オートキャンプ場へ行ってきました

城南島海浜公園オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちら

この日は、風もなく最高の秋晴れ
みんなよく乾きます

30-2015_1026_122158

30-2015_1026_122251

30-2015_1026_122219


お昼ごはんは、いつものコンビニで

30-2015_1026_122657

30-2015_1026_122712

今日は、羽田に着陸する飛行機が、異常に低空飛行で滑走路に突っ込んでいく
まあ、いつも見ているわけではないので、これが普通なのかもしれないけれど

30-2015_1026_135633

30-2015_1026_140506

30-2015_1026_140043

30-2015_1026_140048


乾燥したグッズを片付け初めて
残りは、リビシェル君だけ・・・・・

飛行機が低空飛行で通り過ぎた後、海の方から(滑走路の方から)
一瞬、ボォッというか、ビュッというか、今まで聞いたことがないような音と共に、風が吹いたと思った瞬間

リビシェル君が、風船のごとく空を舞いました

手を伸ばしても届くはずもなく、慌ててサイトの垣根の向こう側に走りこんで・・・
くるっと回転したリビシェル君は、少し先の木に遮られて地上に落ちてきました・・・・・・びっくりですよびっくり

もちろんペグダウンしてましたよ
見た目は、リビシェル君に怪我はない模様
ポールも曲がっていないようだし、生地も異常なしだと思う

いったいなんなんですか、あのボォッという音とともに吹いた突風は
飛行機が着陸するときの異常な気流の渦でしょうか???

城南島で飛行機が低空で飛ぶときは、これから十分注意しないといけない・・・・ですね


昔、成田ゆめ牧場でトル君を飛ばしたこと があったけれど
その時は、ペグを打ってなかったですから困った


30-2015_1026_154756

乾燥という目標はクリアできましたが、ビックリ体験も味わった城南島でした



城南島海浜公園オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちら

ページトップへ戻る
関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/11/11(水) 00:32:40|
  2. 城南島海浜公園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

雨飾高原キャンプ場  キャンプ場情報

雨飾高原キャンプ場  キャンプ場情報だよ


雨飾高原キャンプ場 2015年10月キャンプ日記はこちらへ


上矢印ロケーション
標高1,200m、雨飾山登山口にあるキャンプ場
登山者用の駐車場があり、早朝には雨飾山への登山者の車が入ってくる音が聞こえるが
それ以外は、とても静かな環境
ふくろうの鳴き声が聞こえた

amakazari01

 

amakazari04-11


上矢印管理棟
小谷村所有のキャンプ場で、第三セクターのおたり振興公社が運営管理を行っている
管理人さんは一人、9:00~17:00 常駐
夜間は緊急連絡先にて対応
管理棟内にトイレ・シャワー・洗濯機・乾燥機がある
夜間出入口は、4時間出入り可能

30-2015_1021_080922 (2)

30-2015_1020_071542

30-2015_1020_071600

上矢印炊事棟
場内に2ヶ所
お湯は出ません
綺麗に清掃されている
自分で出した生ごみは備え付けのビニール袋に入れて、生ごみ入れに
来た時よりの綺麗に・・・キャンパーのマナーです 

きつね村の炊事棟

30-2015_1021_080922

ふくろう村・うさぎ村の炊事棟

30-2015_1020_070646



30-2015_1020_070835

洗剤の備付がありました(酸性洗剤は使えません)

30-2015_1020_070841

30-2015_1020_070828

30-2015_1020_070847

30-2015_1020_070824

30-2015_1020_070819


上矢印トイレ
場内に2ヶ所
和式洋式水洗、ウォッシュレットあり
綺麗に清掃されている

管理棟内にあるトイレ
夜間出入口から入る
夜間の電灯の入切は各自で行う

30-2015_1020_072000

30-2015_1020_071941

30-2015_1020_07184330-2015_1020_071851
多目的トイレあり 
ただしウォッシュレットではなかった→
30-2015_1020_071832

広い洗面所があり、その奥に洗濯機と乾燥機が設置されている

30-2015_1020_071809



ふくろう村・うさぎ村にあるトイレ

30-2015_1020_070631

30-2015_1020_07070730-2015_1020_070719
30-2015_1020_07072830-2015_1020_070738


上矢印シャワー・風呂
管理棟内にコインシャワー 3分¥100
最初にとても熱いお湯が出て、しばらくすると適温になった
温度の調整が出来なかった

30-2015_1020_071929

30-2015_1020_071917

30-2015_1020_071912

付近の日帰り入浴施設

雨飾荘 車で10分
0261-85-1607  ¥700
時間・定休日は電話で確認
温泉を楽しんで、身体や髪を洗いたい場合はこちらがおすすめです

大元湯 山田旅館 車で14分
0261-85-1221  ¥500
時間・定休日は電話で確認
日帰り利用の場合は、元湯湯殿となります シャワーなどの設置はありません

雨飾高原露天風呂  車で10分
10:00~21:00  料金は寸志
洗い場はありません


上矢印ゴミ
分類して廃棄が可能
炊事場の外がゴミステーションとなっている
残り炭・灰は、炊事棟の中にある専用捨て場へ

30-2015_1020_072037

上矢印サイト
平均サイトサイズ 10m×10m
きつね村・ふくろう村・うさぎ村のオートキャンプサイトと、車が入れない登山者用サイトに分かれている
登山者用サイト、きつね村・ふくろう村・うさぎ村の順番に高度が高くなる
オートキャンプサイトのすべてにU字溝が設置されており、そこでの直火が可能

僕らが行った2015年10月中旬には、オートキャンプサイトはきつね村だけで営業していました

注:写真に表示したサイトNO.は位置の目安です 
  正確でない場合がありますのでご注意下さい

amakazari04-11 - 2


amakazari03-23

登山者用サイト(下の写真の赤色の部分)
登山者用駐車場のすぐとなり
車の横付けはできません

30-2015_1021_081346

30-2015_1021_084902


きつね村

30-2015_1020_071435

30-2015_1020_072116

30-2015_1020_072146

30-2015_1020_072107

30-2015_1020_072211

30-2015_1020_072302

30-2015_1020_072320

30-2015_1020_072331

30-2015_1020_072351

30-2015_1020_072431

30-2015_1020_072422

30-2015_1020_072503

No.16 中央に木があるので、設営方法に工夫が必要かな

30-2015_1020_072445

僕らが使ったNo.17  きつね村では一番高いところにある

30-2015_1019_164428


ふくろう村

30-2015_1020_070359

30-2015_1020_070454

30-2015_1020_070523

30-2015_1020_070541

うさぎ村

30-2015_1020_070631

30-2015_1020_070908

30-2015_1020_070947

30-2015_1020_071015

30-2015_1020_070944

30-2015_1020_071037

30-2015_1020_071051

30-2015_1020_071117


上矢印その他
●ペットOK
●スマホ・携帯の電波が通じない
 車で12~3分の元湯元山田旅館あたりまで下ると電波が通じた
 管理棟内に公衆電話が設置されている(夜間出入口から入って利用が可能)
●洗濯機・乾燥機
 管理棟内に洗面所があり、その奥に洗濯機と乾燥機が設置されている

30-2015_1020_071809

30-2015_1020_071816

洗濯機はコイン式1回¥200 洗剤が用意されていました
乾燥機は1回¥200を管理棟で支払って使用中の札をもらって利用します

30-2015_1020_071816-1


雨飾高原キャンプ場 2015年10月キャンプ日記はこちらへ

ページトップへ戻る




キャンプ場INDEXは ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2015/11/10(火) 13:04:11|
  2. 雨飾高原キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

安曇野をめぐる

安曇野をめぐる


六日目その3へ戻る


七日目(10月24日)

朝、ホテルの窓から    今日もいい天気になりそう

30-2015_1024_070334

安曇野「あずみの」・・・・・この言葉の響きがとても好きで、一度は来てみたかったのです

東京に帰る前の少しの時間、ドライブしてみることに

tugaike010


長峰山展望台・天平の森

まずは、安曇野の東に位置し、正面に北アルプスの雄大な山々と、
眼下には幾筋もの川が流れる安曇野が一望できる長峰山展望台(標高934m)

空は晴れているけれど視界がぼんやりしていて、残念ながら北アルプスの姿をはっきりと見ることが出来なかった

30-2015_1024_094545

展望台付近には、天平の森という施設があって、天平の森オートキャンプ場も併設されていた

30-2015_1024_100425

テントサイト

30-2015_1024_100730

炊事場

30-2015_1024_100801

ここでキャンプをすれば、朝日に染まる北アルプス、北アルプスに沈む夕日、そして安曇野の夜景と満天の星空など

素晴らしい風景を満喫することができるはず・・・・・・要検討ですウインク

山風舎

信州を愛する大人の情報誌「KURA」で見つけたストーブとクラフトのお店

30-2015_1024_104232

30-2015_1024_111606

 30-2015_1024_111317

30-2015_1024_105222

30-2015_1024_105451

30-2015_1024_105423

30-2015_1024_110224

30-2015_1024_105035

30-2015_1024_105852

30-2015_1024_111403

お店の方とのストーブ談義がとても楽しくて、ついつい長居をしてしまいましたね

自分たちへのお土産を買いました

30-2015_1106_095420

大王わさび農場

土曜日ということもあって、たくさんの観光客が来ていました
東京ドーム11個分もある日本一広いわさび畑の大王わさび農場 
北アルプスの恵みの湧水が、わさびを育みます

安曇野の原風景がここにありました

30-2015_1024_115732

30-2015_1024_115030

30-2015_1024_115641

30-2015_1024_120952

30-2015_1024_120352

30-2015_1024_122330

30-2015_1024_122252

わさびソフト¥360  食べましたが・・・・・・・・・・

30-2015_1024_121719

残念ながら、評価は5点でした
確かに「わさびなのに辛くない」でしたが、僕らの評価は辛めです・・・・悲しい  

30-2015_1024_121647

30-2015_1024_121141

30-2015_1106_095700


スープカレーのハンジロー

KURAで探したお店

人気店のようで、行列ができていました

30-2015_1024_125322

お店のすぐ横を綺麗な湧水が流れています

30-2015_1024_125407

うまいっ!  何度も食べたくなる味でした

30-2015_1024_135615

30-2015_1024_135556

30-2015_1024_141851

14時過ぎ、さてそろそろ東京に戻るとしますか


帰りの中央道

八ヶ岳の上に、変わった形の雲がかかっていました

30-2015_1024_155328

30-2015_1024_155909

30-2015_1024_155519

 

秋の長野、長期遠征第二弾の旅が終わりました

素晴らしい大自然、魅力的な人々との出会い、そして青春時代の思い出とも巡り会うことができた、そんな旅でした

六日目その3へ戻る

一日目へ戻る

ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:旅行、旅、ドライブ - ジャンル:旅行

  1. 2015/11/09(月) 21:30:57|
  2. ●旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

白馬八方へ、青春時代の思い出探し

白馬八方へ、青春時代の思い出探し


六日目その2へ戻る   七日目へ続く


六日目(10月23日)その3

栂池自然園でのトレッキングを終えて、荷物を預けていた栂池山荘で昼食

30-2015_1023_125659

30-2015_1023_122316

運動の後のカレーライスって最高

30-2015_1023_122307

山小屋の営業も終了して、山はこれから長い長い雪の世界を迎えるのですね

30-2015_1023_120502

とても名残惜しいですが、山を下りましょう

山荘のみなさんにお礼を言って・・・・・・

栂池自然園 パンフレット ↓画像クリックで拡大表示

50-2015_1105_174646.jpg50-2015_1105_174714.jpg

 

ロープウェイとゴンドラリフトで、プラド君が待っている栂池高原駅まで降りていきます

50-2015_1105_174915-11

ロープウェイの自然園駅

30-2015_1023_130247

30-2015_1023_130434

30-2015_1023_131128

30-2015_1023_131143

30-2015_1023_131657

栂大門駅

30-2015_1023_132300

ゴンドラリフトの栂の森駅

30-2015_1023_132555

30-2015_1023_132741

30-2015_1023_132959

30-2015_1023_133124

30-2015_1023_133754

栂池高原駅に到着です

30-2015_1023_134658

もう少しだけ、旅が続きます

栂池高原駅で、今夜の宿をネットで探します
エリアは安曇野あたり
ありましたよ、直前割引のホテルが、穂高温泉郷ホテルアンビエント安曇野
どうやら大規模なリーゾートホテルのような感じ
でも、一泊二食付(食事はバイキング)で1名¥9,720、通常料金より少し割安
決まりですね

プラド君に乗って、栂池高原を出発し、途中八方に寄ります

tugaike008

 ここはBeetが若いころに、ペンションでのバイト経験をさせてもらったところ
週末に来ては、ペンションの仕事を手伝い、合間にスキーを楽しむ
そんな青春の思い出が詰まっている場所です

でも、長い間ご無沙汰していたので、現在どうなっているのか全く知りません
もしかしたら、もう建物が取り壊されているか、それとも他の人に譲渡してしまったか・・・・・
それほどの年月が経っているのでした

記憶を頼りにプラド君を走らせると、周辺の風景や建物の名前などを少しずつ思い出します
あっ、ここです、 あの頃のままのログハウス

玄関に入った瞬間、確実に時が遡りました

家の中には、お世話になったお父さんがいらっしゃって、ご挨拶もできました
ペンションとしての仕事は3年前に廃業したそうです
玄関での立ち話だけで失礼しましたが、お父さんの優しい笑顔はそのままでした
少し体調を崩されているとのこと、1日も早い回復をお祈りします  どうかお元気で

青春の1ページ、大切にしたい思い出
旅の途中で、嬉しい涙を流した瞬間でした


30-2015_1023_143503

 

 

tugaike009


今夜はここに宿泊
たまには大型リゾートホテル(?)の雰囲気でも味わってみましょうか

30-2015_1024_085739

30-2015_1024_085652


六日目その2へ戻る   七日目へ続く
ページトップへ戻る




関連記事

テーマ:旅行、旅、ドライブ - ジャンル:旅行

  1. 2015/11/08(日) 23:09:45|
  2. ●旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

栂池自然園 ~天空の湿原をトレッキング~

栂池自然園 ~天空の湿原をトレッキング~


六日目その1へ戻る   六日目その3へ続く


六日目(10月23日)その2

8:00前、栂池自然園の園内一周フルコース(自然園入口~展望湿原)行程距離約5.5kmのトレッキングに出発
ロープウェイの始発が自然園駅に到着するのは、8:40頃
少なくとも約40分間は、この約100haの高層湿原、まさに天空の湿原を独り占め
間違いなく、僕らの行く先に人はいない

50-2015_1105_174915-3

素晴らしい天候に、感謝!感謝!

30-2015_1023_082312

 

山々を望遠で切り撮ります

白馬鑓ヶ岳2,903m、杓子岳2,812m

30-2015_1023_075824

白馬岳2,932m

30-2015_1023_075758

30-2015_1023_075819

小蓮華山2,766m

30-2015_1023_075806

30-2015_1023_075841

30-2015_1023_075833

自然園の真ん中辺りに流れる楠川、アルプスから流れ出る清流は冷たい

30-2015_1023_083134

絶対に、ハイヒールなどで来るところではないです

30-2015_1023_083241

30-2015_1023_084626


広い湿原の池塘(ちとう)の中に、ぽっかりと浮かぶ丸い浮島のある浮島湿原

30-2015_1023_090430

小蓮華山2,766mの右に見えるのが、白馬乗鞍岳2,437m

30-2015_1023_090459

30-2015_1023_090514

30-2015_1023_090255

30-2015_1023_090143

30-2015_1023_090921

30-2015_1023_090856

30-2015_1023_091442



最も急な坂道のあるヤセ尾根を登っていくと、標高2,020m自然園内の最高地点です

ここの登り、急で相当きつかったというよりも、怖かったですね
脚を踏み外すと左の崖を真っ逆さまに・・・・・・足がマジで震えました(やっぱり僕らには登山は無理ですね)

浮島湿原が下に見えます

30-2015_1023_093509

白馬三山(白馬鑓ヶ岳2,903m、杓子岳2,812m、白馬岳2,932m)が眼前に

30-2015_1023_094704

30-2015_1023_092924

30-2015_1023_093934

30-2015_1023_094137

30-2015_1023_094130

東の方向、雲の上のぽっかりと浮かんだように見える山は、どこの山なんだろうか?

30-2015_1023_094457

雲の流れが早い

30-2015_1023_093123

木に付着している緑色の糸状に見えるものは、「サルオガセ(猿尾枷)」という植物らしい

30-2015_1023_095421

最高地点から少し下ると、自然園の最奥に位置する展望湿原の展望台 標高2,010m

白馬三山と白馬岳の大雪渓を望むことができます

ーーーイ、このBigな風景を独占です爆笑

30-2015_1023_104318

30-2015_1023_104002

30-2015_1023_101557

白馬大雪渓が、ほんの少しだけ雲の合間からその姿を見せてくれます

30-2015_1023_103719

30-2015_1023_103700

ずっとこの空間に身を置いていたいですが

そろそろ戻ることにしましょうか
ここから後は下るだけ、頑張って歩きましょう

30-2015_1023_113549

30-2015_1023_112902

30-2015_1023_115647

30-2015_1023_114547

30-2015_1023_114625

30-2015_1023_115455

30-2015_1023_114420

12時頃、自然園入口まで戻ってきました

 [広告] VPS


自然園の入口には、北アルプス登山のベースキャンプとして70年以上にわたり愛されてきた旧栂池ヒュッテがあります
現在は記念館となっていて、登山用具などの展示があり登山の歴史を知ることが出来ます

30-2015_1023_115713

30-2015_1023_115922

30-2015_1023_120212

栂池ヒュッテの鐘

ヒュッテに二つの鐘があります。
昭和11年4月1日に吹雪の黒菱で遭難死した、
池田清一青年の供養のために、父親の浄財を元に創られたものです
黒菱の池田小屋と共に、鐘を創り、遠見、黒菱、唐松、猿倉、栂池に分けました
父親の「小屋の鐘で助かる人があれば、息子の死も無駄にならないし、慰めにもなる」と言ったそうです
「清林一音」の戒名の入った鐘は今も霧の日に鳴らして、その役割を続けています

栂池自然園、僕らにとって必ずもう一度訪れてみたいところのひとつとなりました


六日目その1へ戻る   六日目その3へ続く

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/11/07(土) 23:19:41|
  2. ●旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

栂池自然園 ~朝の風景~

栂池自然園 ~朝の風景~


五日目その2へ戻る   六日目その2へ続く


六日目(10月23日)その1

朝5:40、山荘の窓から外を見ると、山々の稜線がくっきりと

30-2015_1023_054004

白馬三山(白馬鑓ヶ岳2,903m、杓子岳2,812m、白馬岳2,932m)

30-2015_1023_054019

小蓮華山2,766m

30-2015_1023_054032

雲海を見ながら、朝日を待ちます

30-2015_1023_055135

30-2015_1023_055426

雲の隙間から、朝日が少しづつ・・・・・・

30-2015_1023_060139

30-2015_1023_060424


薄雲に遮られて、弱々しい光

30-2015_1023_060757_thumb[1]

30-2015_1023_060855_thumb[1]

30-2015_1023_061151_thumb[1]

振り返ると、少しだけ紅色に染まった山々が

30-2015_1023_061431_thumb[1]

 

30-2015_1023_062634_thumb[1]

30-2015_1023_062213_thumb[1]

30-2015_1023_062651_thumb[1]

30-2015_1023_063835_thumb[1]

30-2015_1023_063109-1_thumb[1]

朝の風景を堪能した後は、山荘に戻り朝食と出発の準備を済ませます
さあ、今日の太陽は僕らに光を届けてくれるでしょうか考え中  
いよいよトレッキングに出発です

 

五日目その2へ戻る   六日目その2へ続く

ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/11/06(金) 23:37:21|
  2. ●旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

雨飾高原から栂池自然園 栂池山荘へ

雨飾高原から栂池自然園 栂池山荘へ


五日目その1へ戻る   六日目その1へ続く


五日目(10月22日)その2

キャンプが終わった後はどこに行こうか?
行き当たりばったりの旅

ゴンドラとロープウェイを乗り継いで行く栂池自然園も良さそう
ぶな林亭のぶなさんに聞いてみると、
「紅葉はもう終わっているけれど、葉を落としたダケカンバの幹がいい感じで
写真を撮るには結構面白いかもしれませんよ」という話

10月21日に山田旅館まで温泉に入りに行ったときに、栂池自然園にある「栂池山荘」に電話で予約
ゴンドラ乗り場の近くに専用の駐車場があるので、駐車券必要とのこと
今は雨飾高原キャンプ場にいると伝えると、同じ系列の雨飾荘で駐車券を受け取れるように手配しておくので
都合のいい時に、雨飾荘に寄って受け取って下さいとのことでした

tugaike001

キャンプ場を出発して、雨飾荘で駐車券を受け取ります
駐車所の場所も親切に詳しく教えてもらったし・・・

50-2015_1105_174737


お昼ごはんは何処で食べようか
中央道の八ヶ岳PAで買った、信州を愛する大人の情報誌「KURA」で、探します

50-2015_1105_175356

小谷村にありましたよ
ワインのある食卓」というフレンチのお店
早速電話して、ランチの予約をしました

国道から少し入ったところにあるお店
途中、大糸線の列車に出会いました

なんと、一両だけですよ
約1時間に1回しか閉まらない踏切の遮断機の前で、プラド君の中からパチリ

30-2015_1022_120741

30-2015_1022_131942

キャンプ生活からは、凄いギャップがありますね
なにせ撤収時にドロドロになった服装で、ナイフとフォークですからね

30-2015_1022_12193730-2015_1022_122347
30-2015_1022_121928 
30-2015_1022_12243030-2015_1022_123230
30-2015_1022_12333430-2015_1022_125331

とても美味しかったです
ご馳走様でした

さるなしとルバーブの手作りジャム お土産に買って帰ります

30-2015_1022_131757

オーナーシェフの花岡さんは地元の方で、若き日にはコートダジュールやカンヌでも修業をし、
国内ホテルのシェフを勤めてきた方
食事のあと、テーブルまできてくださって、色々な話をしていただきました

キャンプ場では雨が降ったという話をすると、ここでは朝から曇り空が続いているが、雨は降っていないとのこと
やはり、お山の天気は気まぐれですね

小谷村の天気を予報するのは、なかなか難しいらしい
長野県だけど、新潟と富山との県境なので、長野北部の予報だけでは判断できないことが多いみたい

とても魅力的なオーナーご夫妻
もう一度食べに来たくなる素敵なお店でしたよ


栂池高原のゴンドラ乗り場の近くにある専用駐車場に到着
広いスペースに誰も駐車していない  本当にここ?
念のため雨飾荘に電話して聞いてみたけれど、ここで間違いないようだ
あるお店の敷地を借りているらしく、そのために駐車許可証をダッシュボードの上に置いておくようになっているらしい

持っていく荷物は、ノースフェイス  BCダッフル-Mと小型のリックサック、そしてカメラバックと夜の星空撮影のための三脚
こんな時ノースフェイス  BCダッフル-Mは背負うこともできるのでとても便利

栂池パノラマウェイ(ゴンドラリフト20分:全長4,120m、高低差625mとロープウェイ6分:1,200m、高低差285m)で、
栂池自然園にある栂池山荘を目指します

tugaike002-1

50-2015_1105_174757

ゴンドラリフトに乗車中は雲の中、ほぼ景色は見えません・・・・・・が

ロープウェイに乗り換えて、自然園の駅に近づくにつれて・・・・・・・少しずつ山が見えてきて

なんと、山の上は晴れていました爆笑

30-2015_1022_142131

30-2015_1022_142414

ロープウェイの終点自然園駅から栂池山荘までは、500mほど

14:30頃、標高約1,900m栂池山荘に到着です

30-2015_1022_142756

チェックイン手続きをして、とても親切なスタッフの方(ひょっとして支配人?)から詳しい説明を聞きます
隣の栂池ヒュッテには団体のお客さんがいるけれど、栂池山荘のお客は僕らだけとのこと
僕らだけのためにお風呂の用意や食事の用意をしてもらってなんだか申し訳ない気分

2Fの部屋に入って、荷物の整理をしたあと栂池自然園へ
明日、全ての湿原を歩く予定なので、今日は入口に近い水ばしょう湿原を軽く散策します

50-2015_1105_174915-1

50-2015_1105_174915-2


時間は15時過ぎ、下りのロープウェイの最終時間が16:40なので、宿泊する人を除いて帰っていく人が多いです

というわけで、ほぼ僕らだけの独り占めの風景というわけです

30-2015_1022_150114

葉が落ちたあと、白い幹と枝だけが残ったダケカンバ・・・・・・・これが、聞いていた幻想的な風景です

30-2015_1022_150820-1

30-2015_1022_151337

30-2015_1022_152556

30-2015_1022_152926

この素晴らしい風景に、何度も何度もため息を漏らしながら、木道をのんびりと散歩してると

30-2015_1022_152055

東の方から、雲がまるで地を這うように流れてきて、あっという間に太陽を隠してしまいました

[広告] VPS

山での天候の急変の恐ろしさを少しだけ垣間見た瞬間でした

30-2015_1022_153602

30-2015_1022_153931

30-2015_1022_154228

30-2015_1022_154417



夜、食堂で食事をしながらスタッフの方と色々なお話しを

●昔は、ここまで車で来ることが出来たのだけれど、平成6年から一般車両は通行止めになっている
 その代わりに、ロープウェイが設置された
 ロープウェイでは一回で最大約70人が登ってくることが出来るので、訪れる人が多くなった
●スキー場のトップは、ゴンドラリフトの終点の栂の森までで、ロープウェイは冬は営業していない
 気楽に標高1,900mまで登ってくることができるから、ハイヒールで来る人もいる
 ただ、木道は滑りやすいので、時には木道から落下する人もいて、その時にはビジターセンターの人間と一緒に自分たちが救助にいく
 (栂池自然園の中は、栂池山荘や雨飾荘の運営管理をする小谷村の第三セクターである小谷振興公社の管理なのかな?)
●自然園も山荘も営業は11月1日まで、紅葉が終わったこの時期が穴場と言えるかもしれない
 5月の連休には一度オープンをするのだけれど、その前の除雪作業が大変
 なにせ、数メートルの雪が積もっているそうだ
●小谷村の人間は、学校の行事としてほぼ北アルプスのいずれかの山には登っている
 でも、雨飾山は登ったことがない人間が多いかも
●自分も以前は、雨飾荘にいたのでキャンプ場のことはよく知っている
 雨飾荘は、昔は、少しだけ下ったところ(バス停があったところ)にあった

色々なお話しをありがとうございました
それに、食事もとても美味しかったです ご馳走様でした
(ちなみに栂池山荘は一泊二食付で¥9,800、部屋は和室の個室、トイレ共用
 この料金にしては想像以上の料理の質と施設でした)

僕らが帰った2日後の、25日には、雪が降ったようです(栂池自然園公式ブログによる)


この日の夜、何度か起きて夜空を確認したけれど、残念ながら星を見ることは出来ませんでした

明日は、栂池自然園の園内一周フルコース(約5.5km 3.5時間)を歩く予定
いい天気でありますように


五日目その1へ戻る   六日目その1へ続く

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/11/05(木) 23:09:11|
  2. ●旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雨飾高原キャンプ場  オリオン座流星群

雨飾高原キャンプ場     オリオン座流星群


四日目その2へ戻る   五日目その2へ続く

雨飾高原キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ


五日目(10月22日)その1

10月22日深夜から未明、オリオン座流星群が極大を迎えるのです

深夜0時前に起きだして、カメラの準備

30-2015_1022_033103

インターバル撮影をするので、レンズにはレンズヒーターを巻きます
これがないと、撮影途中でレンズが曇ってしまいます
寒いときのインターバル撮影時には、必須アイテムですね

30-2015_1022_033125


三脚は、風で揺れないように、重しで固定します
今回は少し大きめの石
石の上に見えるのは、レンズのフォーカスリングを固定するためのパーマセルテープ
星空撮影は、全てマニュアルモードですので、一度決定したピントがずれないように固定します

30-2015_1022_033215


肉眼でも、3つほど見ることが出来て、感動しました

カメラでも撮ることが出来ましたよ
(可能であれば、この動画は少し暗いところで見ていただいたほうが流星がよく見えるかもしれません
動画の最後の方で見ることが出来ます)


[広告] VPS



50-2015_1022_033336 (2)

50-2015_1022_033336 (7)

50-2015_1022_033336 (6)

50-2015_1022_033336 (5)

50-2015_1022_033336 (4)

50-2015_1022_033336 (3)

50-2015_1022_033336 (1)

 

30-2015_1022_020605

30-2015_1022_032703

30-2015_1022_010107

30-2015_1022_020956

30-2015_1022_032747

 

この日は撤収日、予報では曇り
明け方までは空が晴れていて、オリオン座流星群を見ることが出来たのに

なっなんと、雨、ガ~~~ん困った  


それほどの雨ではないけれど、一度濡れた幕は、そう簡単には乾燥できず
カヤの平高原に続いて、またしても乾燥撤収できずでした

30-2015_1022_084355

30-2015_1022_084345


朝ご飯は簡単に済ませて、撤収開始です

30-2015_1022_072904

朝、ぶなさんがサイトまでやってきて、よもやま話
なんとぶなさんの実家は、僕らの棲家に近いところでした びっくり
色々と本当にお世話になりありがとうございました

濡れたリビシェル君とランブリ君を、またまたコールマンのアウトドアドライバックに詰め込んで
11時頃、撤収完了です

紅葉をお腹いっぱいになるほど堪能できた、雨飾高原でのキャンプでした

30-2015_1022_110725

何処かでお昼ごはんを食べてから、今日の目的地である栂池山荘に向いましょう


四日目その2へ戻る   五日目その2へ続く

雨飾高原キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ
ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2015/11/04(水) 23:12:10|
  2. 雨飾高原キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

雨飾高原キャンプ場  小谷温泉 大湯元山田旅館へ

雨飾高原キャンプ場     小谷温泉 大湯元山田旅館へ


四日目その1へ戻る   五日目その1へ続く

雨飾高原キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ


四日目(10月21日)その2

午前中、少し歩いて運動したので、汗を流しに小谷温泉の大湯元山田旅館

amakazari11-5

小谷温泉

小谷温泉は450年以上の歴史を有する温泉です。
1555年武田信玄の家臣 岡田甚一郎の夢枕に観音様のおつげによって発見されことから、以来 現夢の湯(うつつのゆ)といわれ万病に効く名湯として、武田信玄の隠し湯として伝えられています。
古くから湯治場として利用され、環境省より国民保養温泉地として認定されています。
元湯の源泉は、明治時代にはドイツで開催された万国霊泉博覧会に日本を代表する温泉として、登別、草津、別府、小谷の4つが出泉されました。源泉は全部で3つあり、元湯の他に、後に発見された新湯、高温で湧出するあつ湯とそれぞれ特徴も違い、どれも効能豊かな源泉です。掘削やボーリングなど開発をさけ、昔のままの温泉源の姿を守り、すべてが自然湧出の天然温泉です。完全掛け流しで提供され、飲泉も出来ますので、数少ない本物の温泉をご堪能いただけます。現在は山田旅館(元湯と新湯)と熱泉荘(あつ湯)の2軒の旅館があります。

30-2015_1021_124055

S2015_1021_120834

入口も何とも言えない風情が漂っていますね

S2015_1021_120948

S2015_1021_123756

元湯は100年以上変わらぬ浴槽だそうです
2メートルの滝となって湯が落とされ大正ロマンを感じる造り
シャワーなんてものはなくて、蛇口から出るのはお水だけ
洗髪などは、滝から流れ落ちるお湯を使うのでした

S2015_1021_121046

山田旅館の建物は、江戸時代建築の本館を始め木造建築6棟が文化庁の登録有形文化財
江戸、明治、大正、昭和とそれぞれの時代に建築された建物が軒を連ね、昔ながらの湯治場の風情を大切に残しています

30-2015_1021_123726

いいですね、歴史のある建物は・・・・・

S2015_1021_124115

30-2015_1021_124110

「独逸万国霊泉博覧会」、温泉の博覧会?こんな博覧会が昔あったのですねスマイル

30-2015_1021_123814

30-2015_1021_123842

30-2015_1021_124001

館内に小谷温泉スキー場の昔の写真が展示されていました

山スキーの拠点として、スキー創成期を支えたのがこの小谷温泉スキー場だったそうです(現在、スキー場はない)
この山田旅館の19代当主山田寛氏は、自らスキー技術を磨きその普及にも功績があり、小谷温泉スキー場をつくり発展させた方

小谷温泉スキー場の歴史については、「小谷温泉讃歌 山田寛 雪の中の青春」という自叙伝に詳しく掲載されているようですが
追憶のゲレンデというブログの記事も参考になります

S2015_1021_120934

野菜、軒先で売ってました

30-2015_1021_123859

野菜までも、Autumn Colorびっくり

30-2015_1021_123921

30-2015_1021_124240

お風呂上りに、とても美味しいお水を頂きました

30-2015_1021_124328

まさにタイムスリップしたような、建物と温泉の湯船
今度は雪景色の中で、泊まってみたくなる宿でした

山田旅館パンフレット ↓画像クリックで拡大表示

50-2015_1105_173754-1.jpg50-2015_1105_173709.jpg
50-2015_1105_173754-2.jpg



山田旅館から帰ってきて、お昼ごはん

梅そうめん、初めて食べたけれど、なかなかの味ですね

30-2015_1021_144601

バッタ君も、気持ちよさそう

30-2015_1021_133917

30-2015_1021_133926

静かな午後です、  ロープ事件が起こるまでは・・・・・・・・

30-2015_1021_143142

キャンプ場内通路ロープ事件

キャンプ日記なので、この事件についても備忘録として書いておきましょう
このキャンプ場は、きつね村・ふくろう村・うさぎ村のオートキャンプサイトがありますが
この時期は、ふくろう村・うさぎ村を使用せずに営業していました
僕らのサイトのすぐ近く、ふくろう村・うさぎ村に通じる道には、ロープが張られています

amakazari04-3

上矢印事件1
上のサイトふくろう村・うさぎ村の方向から走ってきた軽自動車が、ロープに気づいたので
切替してUターンしようとしたところ、今は使っていない18番サイトの中の岩に乗り上げしまい、動けなくなってしまった
搭乗していたのは、ドライブ中の老夫婦
ご主人は山仕事をしているということで、ジャッキアップなどに慣れている感じだったけれど
結局、僕らのプラド君で引っ張ってあげて無事に脱出

登山者用の駐車場から、管理棟の前を通過せずに、直接上のサイトふくろう村・うさぎ村に行ける道があるのだけれど
その入口から入ってきたようです
最初、「おたくは、管理人さん?」「なんでこんなところにロープが張ってあるんじゃ・・」 

こちらにしてみれば
「おいおい、なにいうとんね、じんさんええかげんにしいや
入口のところに『これよりキャンプ場、ご利用の方以外の進入駐車不可』って書いてあるやろ、しっかり、見んかい」
なんて言わずに、ちゃんと丁寧に対応させていただきました

この日は管理人さんが不在だったから、もし僕らがいなかったら、どうしたでしょうね   JAFかな?? 

この老夫婦の方は、いつも小谷に来ているようで、今夜は山田旅館に泊まるつもりだったけれど、満室で断られたそうです
今から林道(小谷~妙高線)を通って、野沢温泉まで行くことにすると話していたけれど
車の下回りが相当傷ついているだろうし、オイル漏れなど大丈夫かな
それより、その林道、入口には通行止めの表示があったと記憶している
(後で聞いた話、やはり妙高へ抜ける林道は、途中で完全通行止めになっていましたね)

上矢印事件2
管理棟の方から乗用車が上ってきて、ロープに気づかず、そのまま走行
ロープを結んである木の杭が飛んで、そのまま車の側面にドーンと・・・・・・

大丈夫ですかと駆け寄ると、またまた老夫婦が降りてきて
「なんでこんなところにロープが・・・・・・」
「そんなこと、言われても、知るかい・・・・・ええかげんにせぇい」 なんて言わずに、またまたちゃんと丁寧に対応させていただきましたよ

おそらく車の側面、傷がついたでしょうね

お年寄りでドライブするみなさん(こちらも年寄りの部類だけれど)
標識とか、案内板とか、ちゃんと見るようにしましょうね
他人に迷惑をかけないためというよりも、ご自分の安全のために・・・・・・・・ねウインク

30-2015_1021_084932-1


夕方、ぶな林亭の女性スタッフ(僕らはブナさんと呼んでいた)がキャンプ場にやってきた
キャンプ場の男性スタッフが休みの時は、ブナさんがぶな林亭へ行く前と帰りにキャンプ場に寄って
キャンプ場業務をするようです

氷を買いたいと言ったことを覚えていてくれて、キャンプ場に在庫がないと困ると判断したブナさんが、
気をきかせてぶな林亭から持ってきてくれました
ありがとうございました

ロープ事件を話すと、
「お世話をおかけしました。きつね村・ふくろう村へ直接行く道にもロープを張った方がいいと言っておいたのですが」
・・・と、帰る前に自分でロープを張りに行ったようです

今夜のオートキャンプサイトでのお泊りは3組、みなさん明日の朝から雨飾山へ登山する方々ばかりですね
そのうちの1組は、バイクで来ていたソロの方
U字溝で、アルコールバーナーを使って食事の準備をしていて、暖房用には場内で拾ってきた小枝で暖をとっていた
僕らの持っている薪を少し差し入れして、少しお話しを・・・

同年代の方
登山愛好家で、日本百名山の30は登ったとのこと、バイクは13才?から乗っているそう
キャンプも好きで、最近は、伊那の陣馬形山キャンプ場へ行ってきたそうです
(陣馬形山キャンプ場は、眼前に中央アルプス、南アルプスを望むことができる絶景キャンプ場で、
僕らも一度は行ってみたいところ)
薪のお礼にということで、焼き鳥を持ってきてくださいました
貴重な食料なので、最初はお断りしましたが、どうしてもということでいただきました



今夜の晩御飯は和食

松茸の炊き込みご飯、ほうれん草のお浸し、かぼちゃの煮物、なすときゅうりと大葉の梅和え などなど   
そしてバイクの方からいただいた焼き鳥

30-2015_1021_184132

30-2015_1021_184449

30-2015_1021_182809

30-2015_1021_182753

30-2015_1021_182746

30-2015_1021_184721

30-2015_1021_182730

30-2015_1021_182703

松茸ごはんをおにぎりにして、バイクの方に「登頂前の朝ご飯にでも・・・」と差し入れを

デザートは、ぶな林亭で買ってきた「さるなしのゼリー」
小谷産のさるながたっぷり入ったゼリーです
さるなしとはキウイフルーツの原種、「コクワ」などとも言われています

30-2015_1021_191522

30-2015_1021_192955

30-2015_1021_193112



雨飾高原キャンプ場、最後の夜

30-2015_1021_205539

30-2015_1021_210348

月明かりが残る南の空
はくちょう座、いるか座、わし座のアルタイが見えます

30-2015_1021_211153

Screenmemo_2015-11-06-12-21-11

明日10月22日、月が西の空に沈んだ後、夜中から未明にかけてのイベント??を迎えるにあたって、
今夜は早めにシュラフに入ります

天候 晴れ  最高気温21.7℃ 最低気温7.3℃ 平均風速0.8m

四日目その1へ戻る   五日目その1へ続く

雨飾高原キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2015/11/03(火) 23:52:02|
  2. 雨飾高原キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雨飾高原キャンプ場  Autumn Color Part.Ⅱ

雨飾高原キャンプ場    Autumn Color Part.Ⅱ


三日目その2へ戻る   四日目その2へ続く

雨飾高原キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ


四日目(10月21日)その1

朝、いいお天気です
ラジオ体操もしましたよ

30-2015_1021_063653

30-2015_1021_063713

30-2015_1021_063735

U字溝使って焚火 (初めての経験かも?笑いころげ
U字溝って正直言ってあまり好きでないのだけれど、焚き火台出すのも面倒になって・・・・・

実はこのU字溝、設営前に、邪魔だったので端っこに移動させたんですよ(無茶苦茶、重かった)

30-2015_1021_065958

30-2015_1021_065709

30-2015_1021_065655

朝ご飯は、前夜の残りのホワイトシチューとフランスパン、ほうれん草ソーセージソテー

30-2015_1021_072817

30-2015_1021_072829

朝の光が輝いて、とても気持ちがいいですね

30-2015_1021_071202

30-2015_1021_071322

30-2015_1021_071913

30-2015_1021_071523

30-2015_1021_082721

30-2015_1021_084555

30-2015_1021_081008

30-2015_1021_081239

登山者用の駐車場も朝から満杯

左端に見えているのは、バイクで来たという方のテント
彼と話したところによると、岐阜県からツーリングしていて、今日の朝早くから登山するつもりとのこと
もう山頂にたどり着いているかも?

30-2015_1021_081345

30-2015_1021_085023

今日も、少し歩きますよ
昨日鎌池のぶな林亭の女性スタッフから教えていただいた「ブナの小径」を歩いて、鎌池まで行って
帰りは車道を通って、キャンプ場まで戻ってくるというコース
のんびり歩いて、2時間半くらいかな

amakazari11-4

ブナの小径の入り口、最初から急な登りですか・・・・・・悲しい

30-2015_1021_110516

30-2015_1021_093705

道は落ち葉で埋め尽くされていて、とても滑りやすいのです

トレッキングポールを持ってきて正解でしたね

30-2015_1021_094411

30-2015_1021_094606

今日もまた、This is the autumn of color

30-2015_1021_095046

30-2015_1021_095026

30-2015_1021_095658

30-2015_1021_100308

30-2015_1021_100521

30-2015_1021_102017


[広告] VPS

30-2015_1021_101750

30-2015_1020_095506

今日もぶな林亭までやってきて、スタッフの女性とお話しすると
なんと、「キャンプ場のスタッフが休みなので、今日は自分が朝と夕方、キャンプ場に行きます」とのこと
なるほど、朝車でキャンプ場に来ていたのは、この女性だったのですね
車の中から親しげに会釈されたので、気持ちの良い人だなと思っていたのです

色々と聞いてみると、雨飾荘や栂池山荘は運営管理会社が同じで、
最近キャンプ場やこのぶな林亭も同じ会社の運営管理になったとのこと
(後で調べると、その会社は小谷村の第三セクターである株式会社おたり振興公社)

夕方キャンプ場に来たら、氷を買いたいので声をかけてくれるように頼んで、ぶな林亭を後にします

今日も、雪どけサイダー飲みたかったけれど・・・・・なんと財布持ってこなかったです困った

 

30-2015_1021_104158

30-2015_1021_104444

30-2015_1021_104450

30-2015_1021_104529

30-2015_1021_104922

30-2015_1021_105024

30-2015_1021_105312

30-2015_1021_105700

30-2015_1021_105738

30-2015_1021_105852

30-2015_1021_110338

30-2015_1021_111001

 

30-2015_1021_111311

11時過ぎ、登山者用の駐車場まで戻ると、雨飾山の登山から戻ったバイクの彼が、テントをたたみ出発するところでした
頂上で撮影した素晴らしい写真と動画を見せていただき、登山の疑似体験をさせてもらいました
どうもありがとうございました


秋にしてはやや強めの日差しが届いたおかげで、ソーラーでの充電もバッチリでした

30-2015_1021_112843

お昼ごはんの前に、汗を流しに、小谷温泉山田旅館へ行くことにします

三日目その2へ戻る   四日目その2へ続く

雨飾高原キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2015/11/02(月) 23:33:14|
  2. 雨飾高原キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

おじかの秋

秋の長野長期遠征のレポの途中ですが、栃木の北のフィールドにお友達と一緒に来ています。
ここもオータムカラーでした。






















関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2015/11/01(日) 15:06:25|
  2. ワイルドフィールズおじか

プロフィール

Kaoru&Beet

Author:Kaoru&Beet
Kaoru君とBeet君のキャンプ日記へようこそ!

PCカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

INDEX

Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

CATEGORY

月別アーカイブ

2017年 05月 【34件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【21件】
2017年 02月 【24件】
2017年 01月 【28件】
2016年 12月 【40件】
2016年 11月 【32件】
2016年 10月 【27件】
2016年 09月 【29件】
2016年 08月 【23件】
2016年 07月 【29件】
2016年 06月 【29件】
2016年 05月 【21件】
2016年 04月 【23件】
2016年 03月 【22件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【30件】
2015年 12月 【29件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【30件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【24件】
2015年 02月 【25件】
2015年 01月 【17件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【23件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【21件】
2014年 04月 【12件】
2014年 03月 【24件】
2014年 02月 【17件】
2014年 01月 【18件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【19件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【14件】
2013年 07月 【24件】
2013年 06月 【12件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【16件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【13件】
2013年 01月 【14件】
2012年 12月 【18件】
2012年 11月 【16件】
2012年 10月 【17件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【9件】
2011年 09月 【2件】

最新コメント

リンク


Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

WOM CAMP ロゴ2

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR