Kaoru君とBeet君のキャンプ日記

キャンプ日記、キャンプ道具、旅の記録、街歩きとグルメなどを書いています。

撤収日和・・・

朝から素晴らしい天気
しばらく、隠れていた浅間山も
今日は、久しぶりにコンニチハ











皆さん、気持ちよく撤収していきました

そして、誰もいなくなった


僕らも明日撤収します

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/01/31(日) 16:29:16|
  2. スウィートグラス

雪のピークは、夜中でした

雪のピーク(スノーピーク)は夜中でした

夜中の雪降ろしもなかなか大変
風がなくて助かりました



プラD君、別人みたい


雪も朝には止んで、雪遊び


たくさんの皆さんと出会いました


雪かきでかいた汗を温泉で流します


襲撃もありました


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/01/30(土) 21:54:32|
  2. スウィートグラス

これからもっと埋もれます

明け方から雪です






スノーピークは、まだまだこれから(ニヤリ)






関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/01/29(金) 11:58:12|
  2. スウィートグラス

北軽井沢の冬、やっぱりこうでなくちゃ







サングラスがないと、目がやられそう



ランブリ6を接続
開放感素晴らしい



でも晴れているのは今日だけ
明日からはずーっと雪の予報



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/01/28(木) 20:51:33|
  2. スウィートグラス

春の陽気の 彩湖道満グリーンパーク

春の陽気の彩湖道満グリーンパーク

2016年1月26日
昨日までの寒い東京から打って変わって、今日はまるで一日で季節が変わったようなポカポカ陽気 
そんな春のような暖かな光を浴びながら、彩湖道満グリーンパークで、試張り

今日は、スノーピーク ランドステーションPro.M

30-2016_0127_115910

30-2016_0127_122054

やっぱり、Pro.幕っていいですね

うまく言葉で表現できないですが、やっぱりいいですウインク

30-2016_0127_115923

30-2016_0127_123700

おっと、言い忘れてました

このランステは、ブログ友達の「たついちさん」のランステですすぐ戻ります

たついちさんの試張りに、ちょっとお邪魔したというわけですね

30-2016_0127_123641

30-2016_0127_122101

他にもテントを設営されていた方が、3~4組

ホントに穏やかで、暖かで、とても素敵な日でした

このまま、春になればいいのだけれど・・・・・・

ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2016/01/27(水) 18:28:31|
  2. ●キャンプ関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

シベリアから3,000km、今年もやってきた白鳥たち ~白鳥の郷~

シベリアから3,000km、今年もやってきた白鳥たち   ~白鳥の郷~

印旛沼サンセットヒルズで、ランドブリーズ6の試張りを終えてから、本埜の白鳥の郷へ
今年も、シベリアから3,000kmの旅をしてきた白鳥達に会えるかな

一番最初ここを訪ねたのは、もう5年も前のこと
去年、急に思い立って出かけてみたけれど、その時は、タイミングが悪くて沢山の白鳥に出会うことができなかった

今年は、日没前のちょうど良い時間
白鳥たち、元気にしていましたよ

30-2016_0125_164241

丁度、餌がまかれた直後だったので、大変なことになってました

餌の奪いあいで、騒がしい!騒がしい!

30-2016_0125_164318 (1)

30-2016_0125_163935

30-2016_0125_164317

30-2016_0125_164151

30-2016_0125_164318 (7)

さて、陽も沈んで寒くなってきました

帰り道、WILD-1印西ビッグホップ店にでも寄って帰ることにしましょう

innbanuma002


ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2016/01/26(火) 17:33:34|
  2. ●外遊びの風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

snow peak Landbreeze 6 スノーピーク ランドブリーズ 6

スノーピーク  ランドブリーズ 6


沖縄に観測史上初めて、奄美大島には115年ぶりという雪を運んできた大寒波が
列島を襲っていたけれど、関東では、いい天気が続いていたそんな日

2016年フルモデルチェンジしたランドブリーズ6の試張りに、デイキャンプに行ってきました
場所は、家から3番目に近いキャンプ場 千葉県佐倉市の印旛沼サンセットヒルズ
(ちなみに、一番近いキャンプ場が若洲公園キャンプ場、二番目が城南島海浜公園オートキャンプ場

試張りならば若洲や城南島でも良かったけれど、千葉ニュータウンのジョイフル本田で買いたい物があったので
そこから近い、印旛沼サンセットヒルズへ

30-2016_0125_160134


スノーピーク ランドブリーズ 6をなぜ選んだのかスマイル

最大のポイントは、ランドブリーズにマッドスカートが装備されたこと

冬場、リビングシェルロングPro(リビシェル君)にランドブリーズPro4(ランブリ君)を接続するのだけれど
ランドブリーズPro4には、マッドスカートがない

30-2016_0114_151003-1

接続箇所には、ランドブリーズPro4のインナーとフライシートとの間に隙間ができて
そこから、せっかく暖めた幕内の温かい空気が逃げていったり、冷たい空気が入ってきたりする

30-2015_1007_113116-1

この空気の流れを遮断するために、ブランケットをカーテンのように使い、隙間を埋めていた
ちなみに、このブランケットは、ファッションセンターしまむらで販売されている、ペンドルトン風の柄で
巷では「しまドルトン」と呼ばれているもの (半分にカットして縫い合わせ、細長くしました)

30-2015_1020_143804-1

 

フライシートにマッドスカートがつくと、密閉状態ができるので、リビングシェルロングPro内の薪ストーブやフジカ君で
暖めた空気も、逃げることなく、ランドブリーズまで伝わるかもしれない
少なくとも、下の隙間がなくなるわけだから、冷気の進入を防ぐことができる・・・かな?

1月28日~2月1日の、北軽井沢スウィートグラスでの雪上キャンプで、検証してみたいと思いますウインク

 

30-2016_0114_151004-1


ということで、リニューアルされたランドブリーズを選択

そして、同じランドブリーズなら、今愛用のPro4より一回り大きいほうがいいということで、「6」を選択
ランドブリーズ6であれば、コットを2つ入れることができるので、今まで未経験のコット寝が可能となります




試張り、開始です

前室側

30-2016_0125_154017

後室側

30-2016_0125_153956

後室の左右にも、メッシュパネルが

30-2016_0125_154004

30-2016_0125_153945

フレーム構成は、ランドブリーズPro.4 と同じ4本 (ランドブリーズ4は、3本)

色分けが明確にされているので、便利

30-2016_0125_154022

30-2016_0125_154028


フライシートをつけます 
(試張りなので、張綱は省略)

30-2016_0125_142124

30-2016_0125_142143

30-2016_0125_142154

30-2016_0125_143738

30-2016_0125_143848

後室側の左右に、ベンチレーションがつきます 

30-2016_0125_142334

ロゴの字体が、ランドブリーズPro.4と異なりますね (ランドブリーズPro.4の字体の方が好きですね)

30-2016_0125_142219


インナー内部

ランドブリーズPro.4に慣れていたので、この広さには驚きですね
コットが2台余裕で置けます

30-2016_0125_143608

30-2016_0125_143616

30-2016_0125_143613

直立が出来るほど、高さもあります

30-2016_0125_143625


付属の張り綱(ガイライン)の色は、あまり好きではないので、自在も含めてREDに変えます

30-2016_0125_152343

30-2016_0125_152408

しかし、予備に持っていたREDの張り綱(ガイライン)が、なくなってしまったので
二又部分だけは、自在だけを黒色にして、付属の張り綱(ガイライン)を使用することに

REDの張り綱(ガイライン)、色々探してますが、どこも在庫切れなんですよね悲しい

 30-2016_0125_152435

 

Landbreeze6-001

Landbreeze6-002

Landbreeze6-003

Landbreeze6-004

Landbreeze6-005

○ 材質:フライシート/75Dポリエステルタフタ・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・テフロン撥水加工・UVカット加工、マッドスカート/210Dポリエステルオックス・PUコーティング、インナーウォール/68Dポリエステルタフタ、ボトム/210Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム、フレーム/ジュラルミンA7001(φ11mm・φ9mm)
○ セット内容:テント本体、本体フレーム短(×2)、本体フレーム長(×2)、前室フレーム(×1)、ジュラルミンペグ(17cm×22)、自在付ロープ(2m×2、2.5m×4、2又5m×2)、シームシーリング剤、リペアパイプ、キャリーバッグ、フレームケース、ペグケース
○ キャリーバッグサイズ:75×23×27(h)cm
○ 重量:9.8kg

 


印旛沼サンセットヒルズは、印旛沼を西に望む高台に位置するキャンプ場

まだ、宿泊したことがないので、実際に見たことはないのですが、名前のとおり、夕陽がとても綺麗に見えるようです

30-2016_0125_155553

30-2016_0125_155611

30-2016_0125_155652

30-2016_0125_155744

30-2016_0125_160232


テント・タープINDEXはこちらへ


ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/01/25(月) 23:23:42|
  2. テント・タープ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

薪ストーブ関連グッズのリニューアル

薪ストーブ関連グッズのリニューアル


●三角形の風よけ部品の再作成

薪ストーブの横の煙突を覆う三角形の風よけ部品

30-2016_0119_093459

30-2016_0119_093451


長年の使用でボロボロになってきたので再作成します

30-2016_0119_093453

三角形の頂点部分は折れて、ボンドで留めている

30-2016_0119_093507

横の部分も折れて、金具で支えている

30-2016_0119_093512

30-2016_0119_093548

以前のものよりも、少し丈夫な板を使います

30-2016_0119_093622

30-2016_0119_093638

当然ですが、全く同じサイズで

アルミの板は、そのまま使います

30-2016_0119_120649

30-2016_0119_120709

30-2016_0119_120718

今度は、もう折れることはないでしょう



●煙突2本を買い替え

縦の煙突が2本とも、相当老朽化してきたので、買い替え

30-2015_1128_065548

IMG_20160119_141749

ホンマ製作所 黒耐熱ステンレス直筒 φ106mm   ジョイフル本田で1本¥2,080(税込)

IMG_20160119_141756

やはり、新品は気持ちがいいですよね


冬キャングッズINDEXはこちらへ


ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/01/23(土) 01:17:29|
  2. 薪ストーブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

tent-Mark DESIGNS iron stove ちび テンマクデザイン アイアンストーブ ちび~ その2

tent-Mark DESIGNS iron stove ちび  テンマクデザイン アイアンストーブ ちび~その2


WILD-1多摩ニュータウン店で現物見ました

IMG_20160108_131413

組立て式ではないので、収納はこのままの形

煙突3本などの付属品は、この中に入ります

IMG_20160108_131441

煙突は直径がφ75mm 1本の長さが380mmでオリジナルの煙突

エビ曲がり煙突が、後日発売されるとのこと

エビ曲がりがあると、煙突を横に出すことも可能になりそうですね

 

2016年1月31日(日)12:00~16:00

WILD-1多摩ニュータウン店で、この iron stove ちび の体験会があるようです

IMG_20160109_202704


tent-Mark DESIGNS iron stove ちび  テンマクデザイン アイアンストーブ ちび その1 はこちらへ

冬キャングッズINDEXはこちらへ


ページトップへ戻る






関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/01/22(金) 10:59:28|
  2. 薪ストーブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ  キャンプ場情報

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ  キャンプ場情報だよ

この情報は、僕らが訪問した時の状況について記載しています
季節による変化、時間経過による変化があるという事をご理解下さい
また、個人的な感想も含まれている場合がありますので、その点もご理解下さい


大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ 2016年1月キャンプ日記はこちらへ


上矢印ロケーション
標高180m、小高い山の中の広域公園の高台に位置する
西と北側に山があるが、それ以外は空が開けていて解放感がいっぱいで陽当たりも最高
公園を横切る一般道までの距離は100m~400mと近いが、
一般道は谷の底を走っていて夜間通行量は少なく、ほとんど車の音は気にならない
付近に民家は全くない

daigo004

daigo005

 

上矢印管理棟(センターハウス)
このキャンプ場は大子町が運営管理を行っている公共施設
開園は平成14年7月12日
大子町が定めた「大子広域公園オートキャンプ場の管理に関する条例」および
大子広域公園オートキャンプ場の管理に関する規則」によって運営管理が行われている

管理棟はセンターハウスと呼ばれていて、売店、ホール、温泉がある
売店の品揃えは充実している
フロント・売店の利用時間(8:00~21:00)が長く、とても便利

場内入口ゲートの入場制限などセキュリティ面は万全

daigo011-3

daigo016

 

30-2016_0115_161417

広々としたふれあいホール

30-2016_0115_161411

30-2016_0115_161339

寄贈されたランタンなど

30-2016_0115_161031

ガルヴィの人気ランキング、気になっているようです

30-2016_0115_161143

30-2016_0115_161129

各種のイベントが、人気を呼ぶひとつの要素でもある

30-2016_0115_161212

30-2016_0115_161317

第2ゲートはカード式となっていて、キャンプ場利用者の車両しか入れないようになっている
また、一般道からの最初の入り口である第1ゲートは、夜間に閉門となり車両通行不可となる

30-2016_0115_153708

上矢印炊事場
サテライトハウス(場内に3ヶ所)内にある
お湯が出ます
超高規格な炊事場には驚かされる
夜間照明がとても雰囲気がある
常に清潔に清掃されている

サテライトハウス

(冬場で利用者が少ないため、入口を縮小していた)

30-2016_0114_150032

30-2016_0114_150929

30-2016_0114_150241


タオルが置いてあるので、使用後は、シンクまわりを各自で清掃しましょう
次に使う人のために使用後は綺麗に・・・キャンパーのマナーです

30-2016_0114_150152

 30-2016_0114_150158

30-2016_0114_150231

コイン式ガスもありました(使う人はいるのかな)

30-2016_0114_150141

非常用の電話まであります

30-2016_0114_150258

ライトが凄い

30-2016_0114_150213

30-2016_0114_164809

鉄板・網・ペグなどの洗い場(冬季は、サテライトハウス内のシンクが利用可能)

30-2016_0114_150055


上矢印トイレ
サテライトハウス(場内に3ヶ所)内にある
センターハウス内にもある
全て洋式水洗・暖房便座
バイアフリートイレ内はウォッシュレット
常に清潔に清掃されている

30-2016_0114_15033030-2016_0114_150341

バリアフリートイレ

30-2016_0114_15030330-2016_0114_150315

洗面所(ハンドウォッシュが置いてありました)

30-2016_0114_150357

明かり取りの窓が素敵です

30-2016_0114_150409


上矢印風呂・シャワー
・風呂
センターハウス内に「ふれあいの湯」という温泉がある
露天風呂あり
営業日は、要確認
利用時間は16:00~21:00(ただし日によって変更あり)
有料(大人¥500、こども¥300)

コインランドリーも中にある(洗濯機3台、乾燥機3台)

30-2016_0114_162520

冬場の平日などで、キャンプ場利用者が少ない場合は、営業しないことがある
その場合、近くの日帰り温泉施設「森林の温泉(もりのいでゆ)」 の利用券を¥200で販売している(これはお得です)

・シャワー
男女別コイン式シャワー、24時間利用可
5分¥100

30-2016_0114_150438

30-2016_0116_152815

超高規格のコイン式シャワー

30-2016_0116_153002

30-2016_0116_152931

30-2016_0116_153020

30-2016_0116_153014

シャワー棟内には、コインランドリーもある(洗濯機4台、乾燥機4台)

30-2016_0116_153044

30-2016_0116_153102

 

・付近の日帰り温泉施設
最も近いのが、車で1分の「森林の温泉(もりのいでゆ)
10:00~20:00
平日¥700、土日祝¥1,000
第1・3水曜日休み

パンフレット ↓画像クリックで拡大表示

30-2016_0119_09271830-2016_0119_092729

その他の日帰り温泉施設  ↓画像クリックで拡大表示

30-2016_0119_092133


上矢印ゴミ
ゴミステーションは、場内に3ヶ所(サテライトハウスの横にある)
分別していつでも廃棄が可能

通常のゴミ(燃えるゴミ等)は、受付時に配布される指定のゴミ袋に入れて廃棄する

30-2016_0114_150722

30-2016_0114_150843

30-2016_0114_150759

30-2016_0114_150829

30-2016_0114_150809

30-2016_0114_150816


上矢印サイト

daigo011-4.jpg

 

フリーサイト
地面は芝
車の乗り入れ禁止
駐車場所は、フリーサイトを囲むように配置されている

daigo003-1-1

30-2016_0114_091043

30-2016_0115_153619

区画(個別)サイト
全て電源付き
地面は芝
芝が剥げてきているところも一部あった
駐車スペースは舗装されている
広さは約10m×約10m(駐車スペース除く)
サイトによっては、もう少し広いところもあった
後ろのサイトとの境界が不明確なところもあり

daigo003-2-1

daigo003-1-2

daigo017

30-2016_0115_161641

30-2016_0115_161725

30-2016_0115_161815

30-2016_0115_161857

30-2016_0115_161938

 

30-2016_0115_162358

30-2016_0115_162616

30-2016_0115_162742

30-2016_0115_162812


サイトの希望は受け付けないらしい
混雑時は仕方がないが、閑散期で空いてるときもあまり融通が利かないような気がした
閑散期でいくらでもサイトが空いているのに、ある方はサテライトハウスの横のゴミステーションの前のサイトが割り当てられていた
閑散期の場合、どのような基準で割り振っているのか、疑問に感じた


トラベルトレーラー

アルミボディーの本格的アメリカントレーラー(エアストリーム)が3台

30-2016_0117_113744

30-2016_0117_113839

30-2016_0117_113829

30-2016_0117_113811

30-2016_0119_091752-1

 

・キャビン
ファミリーキャビン6棟とグループキャビン9棟

30-2016_0114_161438

30-2016_0119_091752-2

上矢印その他
●残念ながらペットの入場が出来ません
●カラスやねこが食べ物やゴミを狙うことがあるので、注意が必要です
●芝生保護のため、火を使う場合は「なべしき」を使うことになっています

30-2016_0114_150124

30-2016_0114_150118


パンフレット ↓画像クリックで拡大表示

  30-2016_0119_091619.jpg30-2016_0119_091837.jpg30-2016_0119_091702.jpg


周辺施設 ↓画像クリックで拡大表示

30-2016_0119_093020.jpg30-2016_0119_093032.jpg




大子広域公園 パンフレット  ↓画像クリックで拡大表示

30-2016_0119_092819.jpg30-2016_0119_092830.jpg30-2016_0119_092857.jpg 30-2016_0119_092950.jpg

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ 2016年1月キャンプ日記はこちらへ


ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/01/21(木) 12:59:59|
  2. 大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ  完全乾燥撤収

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ  完全乾燥撤収

 

三日目その2に戻る 

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ キャンプ場情報はこちらへ
 


四日目(1月17日)撤収日

朝焼け、撤収日の今日もいい天気に恵まれそう

30-2016_0117_062627

30-2016_0117_070257

30-2016_0117_071122

簡単に朝ご飯を済ませて、撤収にかかります

レイトチェックアウトを申し込んであるので、のんびりと、メンテしながら

風もなく、ホントに気持ちのよい天気

30-2016_0117_113956

30-2016_0117_114033

30-2016_0117_114038

みんな十分に乾かします

30-2016_0117_090735

30-2016_0117_113941

12時、撤収完了

30-2016_0117_121516

30-2016_0117_121529

プラD君、記念写真

30-2016_0117_121844

30-2016_0117_121912

30-2016_0117_121901

せにょ~るさんとたかぷーさんのサイトへ

とても楽しい時間を過ごすことが出来ました
ありがとうございました 
またどこかでお会いできる日を楽しみにしています

 

帰り道、ジョイフル本田守谷店に寄って、
薪ストの煙突を2本(相当古くなったので買い替え)と幕避けの再作成のための板、
そして、せにょ~るさんとたかぷーさんに教えてもらった養生テープを買って帰りました

養生テープって何に使うか?って・・・・・それは、後日のレポでウインク


初めて行った大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ、人気の秘密が少しわかった気はしたけれど・・・・・
詳しくは、後日、キャンプ場情報で書いてみたいと思います

風がほとんどなくいい天気が続き、大子daigoという新しい街にも出会い、
そしてなによりも新しい素敵な出会いもあった素晴らしいキャンプでした

三日目その2に戻る

一日目に戻る

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ キャンプ場情報はこちらへ


ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/01/20(水) 23:50:55|
  2. 大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ  DAIGO Day そして、DAIGO Night~その2

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ  DAIGO Day そして、DAIGO Night~その2


三日目その1に戻る    四日目に続く

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ キャンプ場情報はこちらへ



三日目(1月16日)その2


袋田の滝を後にして、月居温泉滝見の湯

運営管理をすべて地元の人たちが行っている温泉
小さな温泉でしたが、いいお湯でした

30-2016_0116_113312

30-2016_0116_113331

30-2016_0116_113403

写真はWEBサイトから拝借

daigo014daigo015

 

温泉でさっぱりして、お昼ごはんは、大子の街中にある daigo Cafe へ

30年ぐらい空き家になっていた築100年の呉服店を改装した古民家カフェ
とても落ち着いた時間を楽しませていただきました

30-2016_0116_121022

30-2016_0116_121120

30-2016_0116_131459

生わさび丼??  ですか・・・・・・どんな味なんだろう悲しい

30-2016_0116_131504

奥久慈の清流で育った生わさびとアボカドの相性が抜群な一品

真似して作ってみたいですけれど、問題はどんなわさびを使うかですね

30-2016_0116_123641

30-2016_0116_123618

もう一品は、煮込みハンバーグ

30-2016_0116_123521

これまた美味しい

30-2016_0116_123425

30-2016_0116_123206

30-2016_0116_121626

30-2016_0116_125849

30-2016_0116_125919

夢見るりんご

30-2016_0116_130511

30-2016_0119_093110

次に大子に来ることがあったら、ぜひもう一度訪れてみたい空間でした


キャンプ場に戻ったら、区画サイトにテントがちらほらと
そして、フリーサイトにも2組のキャンパーが設営していました

30-2016_0116_152548

管理棟の売店で気になっていたあるものを購入
それは、大子ブルワリーで製造している「やみぞ森林(もり)のビール
3種類の中から、ラガータイプのピルスナーと麦芽の旨みのヘレスをチョイス
サイトに落ち着いたら、さっそく乾杯です
どちらもいい味でしたよ

30-2016_0116_145659

暗くなる前に、場内を散歩
まだ、設営真っただ中のサイトもいくつか
せいぜい12~3組のはずなのに、けっこう固まっているように思えた

(後で聞いた話しでは、サイトはキャンプ場から指定されて、変更が原則できないような感じ
沢山空きがあるのになぜこんな近いところに固まって設営させるのですかね・・・)

30-2016_0116_152558

30-2016_0116_153227

その中で、僕らと同じリビシェルロングに真新しい煙突をセットしてあるサイトが
ひとつひとつの煙突の長さが気になったので、声をおかけして見せていただくことに
薪スト話や、テント話や、あれこれ話が盛り上がってきたので
よければ夕食後に僕らのテントで飲みませんかとお誘いしました

夕食は、残った野菜をバターで炒めて、あとはポテトサラダにトマトをトッピング

30-2016_0116_175947

30-2016_0116_175952

メインはコンビニで買ってきた冷凍の鍋焼きうどん
身体が芯から暖まりますね

30-2016_0116_182524

7時過ぎにお客様到着です
お二人は、ナチュログで「うろちょろ.jp」というブログを持っていらっしゃる
せにょ~るさんとたかぷーさん
改めて、どうぞよろしくの乾杯をビール

30-2016_0116_192127

大子の夜です DAIGO Night

お酒を飲みながら、おつまみを食べながら、キャンプ談義
僕らの知らない地域の情報など、参考になるお話しもたくさん
遅くまで、楽しい語らいは続きました


天候 晴れのち曇り  最高気温10.4℃ 最低気温-5.0℃ 平均風速0.9m

三日目その1に戻る    四日目に続く

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ キャンプ場情報はこちらへ


ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/01/19(火) 23:05:17|
  2. 大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ  DAIGO Day そして DAIGO Night~その1

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ  DAIGO Day  そして DAIGO Night~その1


二日目に戻る      三日目その2に続く

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ キャンプ場情報はこちらへ


三日目(1月16日)その1

朝、冷え込みました 

30-2016_0116_061610

マイナス4℃~5℃くらいでしょうか

30-2016_0116_064740

30-2016_0116_064954

薪スト、ガンガン焚いて300℃以上にします

30-2016_0116_065359

30-2016_0116_065449

日の出

30-2016_0116_071148

30-2016_0116_071224

クリアウォールのおかげで、朝の光がリビシェル君の中まで差し込んできます
気持ちがいいですね
なんども書いてますが、コールマンのクリアウォールは優れものです
スウィートグラスで教えていただいたNさん(KAI一家さん)に感謝!感謝!です

30-2016_0116_074739

30-2016_0116_074650

30-2016_0116_074731

朝ご飯はクロワッサンサンド

30-2016_0116_074034

30-2016_0116_074351

今日は、少し観光します
午前中に袋田の滝へ行って、その後、月居温泉滝見の湯に入って
大子の街中の「daigo cafe」でお昼ごはんという予定

daigo013

まずは、朝一番に、袋田の滝

袋田の滝

華厳滝、那智滝とともに日本三名瀑に数えられ、久慈川の支流・滝川にかかる高さ120メートル、幅73メートルの大きさを誇る滝。滝の流れが大岩壁を四段に落下することから、別名「四度(よど)の滝」とも呼ばれ、また一説には、その昔、西行法師がこの地を訪れた際、「この滝は四季に一度ずつ来てみなければ真の風趣は味わえない」と絶賛したことからとも伝えられています。寒さ厳しい冬には滝全体が真っ白に凍結し、その神秘的な風景は「氷瀑」と呼ばれ親しまれています。2012年には6年ぶりに“完全凍結”し、ピッケル片手に氷壁に挑むアイスクライマーの姿も見ることができました。

無料の町営駐車場にプラD君を停めて、1kmほど歩きます

30-2016_0116_085654

滝の入り口付近には、お土産物屋さんがいっぱい

30-2016_0116_090447

「ぬぐいよ」ってどういう意味??

30-2016_0116_090511

なぜかコールマンのランタン

30-2016_0116_090717

ライトアップ用ですね

30-2016_0116_090736

これが滝?・・・・ではないですよね

30-2016_0116_091042

30-2016_0116_090952

30-2016_0116_091345

トンネルを通っていきます

30-2016_0116_091451

30-2016_0116_091604

なんと、エレベーターがあります

30-2016_0116_091845

登ったところが、新しい第2観瀑台

朝の太陽が眩しくて、良く見えないけれど、1~2割くらいが凍結しているような・・・

30-2016_0116_092202

30-2016_0116_093343

30-2016_0116_093701

完全に氷結すると、登れるそうです (画像はポスターから)

30-2016_0116_093911

今までの第1観瀑台からの方が迫力があるかも

30-2016_0116_091824

30-2016_0116_095355

30-2016_0116_095616

30-2016_0116_095631

30-2016_0116_095815

30-2016_0116_100325

花もみち経緯(よこたて)にして山姫の 錦織出す袋田の瀧  西行法師

いつの世につゝみこめけむ袋田の 布引出すしら糸の瀧  徳川光圀

もみち葉を風にまかせて山姫の しみつをくゝるふくろ田の瀧  徳川斉昭

御空より巌を伝ひて飛び落ちて すべりて散りて四度の大滝  大町桂月

30-2016_0116_100847

袋田の滝 パンフレット  ↓画像クリックで拡大表示
 30-2016_0119_092015.jpg30-2016_0119_092028.jpg


滝の近くには、色々な面白いお店がありますよ

30-2016_0116_103006

30-2016_0116_102926

30-2016_0116_102907

さて、温泉へ行って、汗を流しましょう


二日目に戻る      三日目その2に続く

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る




関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/01/18(月) 23:10:22|
  2. 大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ  二度寝、そしてお昼寝

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ  二度寝、そしてお昼寝


一日目その2に戻る      三日目その1に続く

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ キャンプ場情報はこちらへ



二日目(1月15日)

朝5時前、ちょっと寒くて目が覚めて、外に出てみると星が出てました

30-2016_0115_045445

30-2016_0115_050208

30-2016_0115_051250


まだ起きるには早すぎるから、二度寝しましょう

湯たんぽのお湯を再度沸かしなおします
普通22時頃に寝る場合は、朝でもほんのりと温かい湯たんぽも
昨夜はあまりにも早く寝てしまったので、朝のこの時間にはすでに冷たくなっていたのですね

30-2016_0115_052951

次の起床は、8時頃
ゆっくりと朝寝坊させてもらいました


朝ご飯は、ウインナーと野菜の炒めもの、味醂干し、ご飯と味噌汁

30-2016_0115_090426


当初は二泊の予定で、人が押し寄せるであろうと推定していた16日の土曜日に撤収するつもりでした
受付で、土曜日の予約状況を聞いてみると、区画(個別)サイトは15組ほどらしいけど、フリーサイトはなんとゼロ
週末もそれほど混まないな、ということでもう一泊することにしました

三泊するとなると、薪がちょっと不足
いつものファイヤーワールド永和で仕入れてきた薪は、サクラの15cmを約20kg(中箱)
二泊であればなんとか足りる量だけれど、三泊となると補充が必要

30-2016_0115_083310

キャンプ場で販売されている薪は、薪ストには不向きだし、使えないことはないけれど割高

30-2016_0115_083334

近くのホームセンターのカインズホーム(車で8分)に電話で確認すると、薪の在庫があるということで買いに行きました

30-2016_0115_102609

30-2016_0115_102720

¥760の薪を6束、仕入れました

割高だけれど、事前に沢山持ってこなかったから今回は仕方がないですね

薪スト用の薪が販売されていたこと自体、ラッキーと思わないと・・・

30-2016_0115_102657

帰り道に、キャンプ場のすぐ近くの大子温泉保養センター 森林の温泉(もりのいでゆ)
キャンプ場にも「ふれあいの湯」という温泉があるのだけれど、平日で人が少ないときは閉鎖している
その代わり、森林の温泉(もりのいでゆ)の利用券を¥200で販売しているのです
平日¥700のところが、¥200は安い
キャンプ場にあるシャワー(5分¥100)より、間違いなくいいですね


午前中に買い物もお風呂も済ませたので、あとはのんびりと寛ぎます

お昼ごはんは、お好み焼きと焼きそばを、ビールと一緒に
大満足です

30-2016_0115_124323

30-2016_0115_124330

30-2016_0115_125938

30-2016_0115_130128

なぜか、ひとつは糖質0ゼロの発泡酒困った

30-2016_0115_124520

少し曇ってきて、冷えてきたので、薪スト ガンガン行きます

薪を沢山仕入れてきたので安心して

30-2016_0115_143146

30-2016_0115_143219

30-2016_0115_143208

フジカ君も稼働して、暖かくなったら、お昼寝

30-2016_0115_143412


夕方、連絡橋(もりのかけはし)を渡って、公園の方へ
斜面利用型アスレチックのところにあるローラー滑り台、滑ってみます

30-2016_0115_154101

30-2016_0115_154225

滑り台?って、馬鹿にしてはいけません 結構なスピードが出ます   オシリが痛くなりました(泣)

30-2016_0115_154400

30-2016_0115_154907

登り、辛いです

30-2016_0115_155444

 

30-2016_0115_160047

30-2016_0115_160112

キャンプ場に戻って、場内を一周
一番端のキャンピングカーサイトのダンプステーションのところに、なんとラジオが置いてあってFM放送が流れている
昨日も散歩している時に、FMが流れていたのでおかしいなあと思っていたのだけれど・・・・

おそらく「いのしし除け」じゃないかな?

受付のスタッフに聞いてみても知らないというし、キャンプ場のスタッフが知らないなんて、おかしいですよね
絶対に誰かが知っているはず もう少し情報共有すべきじゃないですかね 

30-2016_0115_162101


 

30-2016_0115_162853


ご飯の前から飲み始めます

今夜はこれです

シングルモルト余市2000’S
フルーティーな香り、甘いオークのウッディーな香りとビートの調和  ビートが引き締める少しビターな味わい

ニッカウィスキー余市工場でしか買えない限定品
北の大地の友達から、ずっと以前にいただいたとても貴重な贈り物です 

30-2016_0115_180504

30-2016_0115_180605

夜は、カレーとナン、そしてサラダ

30-2016_0115_181702

30-2016_0115_181714

30-2016_0115_180617

今回デビューしたグッズ

単なるマッチですが、缶がレトロでお気に入り

30-2016_0115_174954

今夜は、オリオン座が綺麗に見えました

30-2016_0115_192726

30-2016_0115_192304

30-2016_0115_193043

30-2016_0115_193243

30-2016_0115_193509

30-2016_0115_201529

明日は土曜日、少し賑やかになるかな

天候 晴れ時々曇り  最高気温7.1℃ 最低気温-3.2℃ 平均風速0.8m


一日目その2に戻る       三日目その1に続く

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ キャンプ場情報はこちらへ


ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/01/17(日) 23:57:44|
  2. 大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ  晴れのち冬

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ  晴れのち冬


一日目その1に戻る
   二日目へ続く

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ キャンプ場情報はこちらへ



一日目(1月14日)その2

あんなに暖かだったのに、午後になると急に雲が出てきて・・・・・・・

30-2016_0114_150948_thumb[1]

冬の雰囲気に・・・・・・・・・・・・

30-2016_0114_151004_thumb[1]

薪ストに火入れします

30-2016_0114_135539_thumb[1]

じっくりと見てみると、この薪ストーブ、錆びも出てきているし、全体的に色あせしてる
誰かさんの新品のものは黒光してとても綺麗なのに・・・あくび


夕方、散歩路を歩いてそのあと場内を少し散策

30-2016_0114_161321-1

途中のあずまやからは、キャンプ場全体を俯瞰することができます

30-2016_0114_154515

30-2016_0114_154609

僕らのテントも見えます

30-2016_0114_154651-1

30-2016_0114_160420

30-2016_0114_160516

30-2016_0114_161249

キャビンの立派さにびっくり

キャビンという範疇を越えて、これはまさに別荘ですね

30-2016_0114_161436

焚き火用の薪を買うために、センターハウスへ

「地酒まつり」と称したイベント、入口に置いてある地酒の味見ができます

30-2016_0114_161753

30-2016_0114_162435

30-2016_0114_162628

「ご自由にどうぞ」ということでしたので、その後もセンターハウスに来るたびに遠慮なくいただきました
コップの持参だけは、やめときましたが・・・・・困った

きっと、受付の方は、「あっ、また来て、お酒飲んでる」って思っていたでしょうね


センターハウスで買ってきた薪

ひとつは、一般的な薪 一束¥540を2つ
まあ、正直言って、薪というよりも木材かな
薪ストーブの焚き付けには使えますが・・・・・・・

30-2016_0114_135641

もうひとつは、燻薪(くんしん) 一束¥440

緊急災害時備蓄用燃料として作られた薪
火持ちが良く燃焼時間1束:約50分、針葉樹に木酢液を注入し乾燥させた特殊な薪とのこと

初めて見ました

30-2016_0114_135637 


30-2016_0114_162911

陣幕を張って、焚き火を始めてみたけれど、寒くなってすぐにやめてしまいましたね

30-2016_0114_165015

30-2016_0114_165051


これ、夜の炊事場です
タイマーで照明が点くようですが、このスポットライトのかっこよさにびっくり

30-2016_0114_164806

30-2016_0114_164818


晩ごはんは、豚バラ肉と白菜のミルフィーユ鍋、くずし揚げ出し豆腐(焼くときに豆腐がくずれただけです・・・)

30-2016_0114_181642

30-2016_0114_181910

30-2016_0114_181652

ほうれん草のお浸しとちりめんじゃこ

30-2016_0114_181715

30-2016_0114_181703

そして、納豆とご飯

30-2016_0114_183339


うす雲の間から、月齢4.1の夕月がぼんやりと見えるだけで

30-2016_0114_175831

30-2016_0114_180102

星は残念ながら見えませんでした

30-2016_0114_180010_thumb[1]

30-2016_0114_175647_thumb[1]

30-2016_0114_180307_thumb[1]


天候 晴れ後曇り  最高気温9.7℃ 最低気温-7.2℃ 平均風速0.7m

一日目その1に戻る   二日目へ続く

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る




関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/01/16(土) 23:46:47|
  2. 大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ  あの有名なキャンプ場へ

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ  あの有名なキャンプ場へ

2016年1月14日(木)~17日(日)、3泊4日で、
茨城県久慈郡大子町の大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラへ行ってきたよ

アウトドア情報誌「GARVY(ガルヴィ)」の読者が選ぶ人気キャンプ場ランキング(東日本)で常に上位に入っていて、
超高規格で予約がなかなか取れないことで有名なキャンプ場
元来、キャンプ場をランク付けするようはことはあまり好きではないし、
ランキングでキャンプ場の良し悪しを判断している訳ではないのだけれど・・・・・

「体験せずには、語れない」ですからね

どこに人気の秘密があるのか探ってみよう・・・・・ということで行ってみることに

daigo002-1

daigo007-1


一日目(1月14日)

浅草5:30出発 距離159km

daigo001
 
夜明け前に常磐道を走る
平日の早朝の常磐道、この時間に常磐道を走るのは初めての経験かも
関越道や東北道と比べて、トラックが多いような

30-2016_0114_063314

途中、守谷SA(Pasar守谷)に寄って、

こだわりの伝統的な製法でパリの味を再現するフランスパン専門店「メゾンカイザー」の木村周一郎氏がプロデュースした
本格派ベーカリー「PAiN au TRADITIONNEL(パンオトラディショネル)」の「牛スジの焼きカレーパン」を朝ご飯に
天然酵母のパンにカレーをのせた焼きカレーパンに、お店の方がその場で牛スジ肉たっぷりの熱々マサラカレーを注いでくれる
その2層構造になっていることがウリのようだけれど、値段を確かめずに買って、レジでびっくり
なんと、なんと¥530   カレーパンですよカレーパン  カレーパンで¥530大笑い
はい、味わって食べさせていただきました
確かに美味しかったですね!

後で知ったのですが、テレビのグルメ番組にも登場し、「サービスエリアでここまでやるか?」という究極のこだわりカレーパンだそうです

画像はWEBページから拝借しました
(あまりにも高価だったので、手が震えて自分では写真に撮ることが出来なかったですペロリ

daigo010

常磐道那珂ICで降りて、JR水郡線とほぼ平行に走っている国道118号線を北上
ICを降りてからの距離が約50km弱、結構あります


30-2016_0114_072445

30-2016_0114_074947

30-2016_0114_080905



キャンプ場には、9時前に到着
アーリーチェックインは9時からだけれど、少し前でも受付してくれました

30-2016_0115_153703

 

今回のサイトはフリーサイト
区画(個別)サイトは全て電源付きで便利だけれど、初めてのキャンプ場では区画の広さなどがわからないので、フリーを選択

冬場はフリーサイトを予約する人が少ないようで、滞在中の16日(土曜)は僕らの他に2組いただけ
その日以外は、広いフリーサイトを貸切状態で一人占めでした

ちなみに、43サイトある区画(個別)サイト・7サイトあるキャンピングカーサイトには
14日(木)1組、15日(金)2組、16日(土)12~3組

予約がなかなか取れないというのは、春・夏・秋の休日のことで
冬場は、休日でも空きが沢山あるようですね
(お正月やその他のイベント開催時はおそらく混雑するのでしょうが)
ましてや、電源がないフリーサイトの利用者は、冬場は相当少ないとのことでした

料金は、フリーサイトが¥2,600(冬季以外¥3,600)、区画(個別)サイト¥4,900(冬季以外¥5,900)
曜日に関係なく一律料金、サイト料金のみで、一人当たりのサイト利用料的な料金設定はなし
アーリーチェックイン料金が9時からで¥1,300、レイトチェックアウト料金が16時まで¥1,300

アーリーやレイトがちょっと割高かなと思うけれど、冬場のフリーで¥2,600は安いですね

あまり、キャンプ場の料金のこと等をブログに書いたことがないのだけれど、
今回は人気の秘密を探るというミッションもあったので、少し記載しました

daigo011-1

混雑時は、こんな感じのフリーサイト(画像はWEBページから拝借)

daigo012-1

貸切です

30-2016_0114_091006

30-2016_0114_091042

リビシェル君ランブリ君を連結

薪スト―ブフジカ君の幕内最強暖房コンビ

もちろん電気毛布は使えないので、シュラフは、オフトンの中にセパレートマミーを入れる二重シュラフで

30-2016_0114_122923

フロントには、太陽の光を取り入れることができるように、コールマンのクリアウォール

このクリアウォール、本当に優れもの!! 冬キャンでの必需品ですね

30-2016_0114_122939

天気が良くて、ポカポカ陽気

前回の撤収時にオフトンを干せなかったので、設営中に陽に当てます (本当は、陰干しすべきなんだけどね)

30-2016_0114_122857

30-2016_0114_122837

まだ本格的な冬が始まっていない今年、1月だけれどまだ初冬って言えるかも
そういう意味では、まさに小春日和

気持ち良すぎです大笑い

30-2016_0114_123019

30-2016_0114_123056

幕内の暖房なしで、メッシュを開けてもポカポカ

30-2016_0114_130520

どうですか この青空   冬キャンとは言えませんね

30-2016_0114_123104

お昼はホットドック

30-2016_0114_125801


こんなに暖かだったのに、午後になると・・・・・・


大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ キャンプ場情報はこちらへ

一日目その2へ続く


ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/01/15(金) 23:48:20|
  2. 大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

空が青く、広い



午前中は風もなくて小春日和






でも、午後にはやはりこいつが活躍




関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/01/14(木) 15:31:23|
  2. 大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ

Coca-Cola レジャーシート 2002年製

Coca-Cola レジャーシート 2002年製


長年探し続けていた、Coca-Cola レジャーシート、ヤフオクでやっと見つけてゲットしました

レジャーシートを、トル君のインナーやランブリ君の入口に敷いて、靴の脱ぎ場として使っています
そのレジャーシートは、遥か昔に、限定品として手に入れたCoca-Cola レジャーシート
(実際は、もう少し小さく畳んで使ってますが)

30-2015_0828_111713-1

長年の使用で、そろそろボロボロになってきた
Coca-Cola のロゴの色がそれを物語っています

30-2015_0828_111713

30-2015_0828_111723

30-2015_0828_111729

そろそろ、新しい物に変えようと、ずっと長い間探していたのです
ビンテージ物のお店に行くときは、必ず聞いてみたりして・・・・・
そして、ついに、ヤフオクで見つけたのです

30-2015_0826_11112530-2015_0826_111136

ペグまでついてましたびっくり

30-2015_0826_112513

30-2015_0826_111223

30-2015_0826_111210

2002年4月の製造(今から13年前に作られた品物)
製造販売元のタカラにも聞いてみましたが、詳細は不明
コカコーラの何かのキャンペーン時の限定品であることは間違いないのですが
マニアの間では、相当価値のある物かもしれません
僕らはコレクションとして欲しかったわけではないので、実際に使います

30-2015_0826_112152-1

なんと、この絵は1950年の広告

このPinupの良さが理解できる人は、相当のオールドファンですねウインク

ちなみに、今まで使っていたシートの絵は、1930年代の広告らしいですよびっくり

30-2015_0826_112218

30-2015_0826_112227

Yes Coke!!


ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/01/13(水) 17:59:36|
  2. その他グッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自作・手作り  ユーテンシル ラック&ロール(Utensil R&R)8作目

自作・手作り  ユーテンシル ラック&ロール(Utensil R&R)8作目

8作目は、いままで作った物とはちょっと異なります
いままでの物は、主に調理関係のグッズ(お玉・菜箸・調理用ハサミなど)を収納するものでしたが
今回のものは、お友達の要望によって
なっ、なんと、「あれ」を収納したいとのことです

収納する予定の「あれ」とは・・・
iPad、任天堂DS(ゲーム機器)、スマホなどです

お子さんがいらっしゃるお友達は、お子さんのゲーム機器のテント内での置き場所に困っていたのかもしれませんね

30-2016_0112_165858

下のポケット、左の2つに任天堂DS 右にスマホを収納

30-2016_0112_165952

上のポケット、右にiPadを収納

30-2016_0112_165959

今回の作成において、最も苦労したところは、収納物の厚みに合わせて、ポケットにマチを作る必要があったこと

30-2016_0112_170156

30-2016_0112_170138

30-2016_0112_170040

30-2016_0112_170059

ゲーム機器など、出し入れがしやすいといいんですが・・・

お嫁入り先で、可愛がってもらえますように


1作目ユーテンシルロールはこちらへ  2作目ユーテンシルラックはこちらへ

3作目ユーテンシルラックはこちらへ     4作目ユーテンシル ラック&ロールはこちらへ

5作目・6作目ユーテンシル ラック&ロールはこちらへ

7作目ユーテンシル ラック&ロールはこちらへ

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/01/12(火) 22:35:35|
  2. 自作・手作り・工夫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

電源付きサイトグッズ

電源付きサイトグッズ

電源付きサイトの場合、僕らはどんなグッズを持っていくかというお話しです

僕らが電源付きサイトを選択するのは、
ひらめきまずは寒さ対策として、電気毛布を使うため
ひらめき次は、長期滞在(4日以上)で、スマホや充電式電池などの充電のため

30-2016_0106_10165730-2016_0106_101703

電源付きサイトに必須なのが延長コード

下の写真左から13m1本、5m2本、10m1本
全て屋内用の延長コードです
高価な屋外用の防雨型の延長コードも販売されていますが、使用頻度を考慮して、そこまでは不要だと僕らは判断しました
もちろん、漏電が起きないように接続部分を屋外に出さないなど、細心の注意を払っています
これまでの経験上、問題が発生したことはないですが、あくまでも自己責任での使用と考えています

30-2016_0106_100818

 

クリップライト

ホームセンターなどで売っている¥1,500~¥1,600程度のものです
クリップが付いていることと角度が自由に調整できることがポイントで、テント内の色々な場所で使うことができます

30-2016_0106_100859

30-2016_0106_100919

30-2016_0106_100928

僕らは、主に、調理用の照明として使っています

2バーナーの横にパイルドライバーを打って、そこにクリップで固定します

30-2016_0104_192158

ちなみに、電源付きサイトでない場合の調理用照明は、「どこでもスポットライト」を使っています

30-2016_0106_101804




延長コードとクリップライトは、Fitsケースにまとめて収納しています

電源付きサイトへ行く場合には、このFitsケースを持っていきます

30-2016_0106_101725

30-2016_0106_101803



暖房器具

   電気毛布

充電関係の機器

Panasonic 単3・単4形ニッケル水素電池専用急速充電器 BQ-CC08

30-2016_0112_165235

docomo 急速充電対応ACアダプタ

30-2016_0112_165519

Panasonic QE-AP109-W USB出力ACアダプター   2台(スマホ・モバイル電源パック)同時に充電可能

30-2016_0112_165631

30-2016_0112_165624

Panasonic QE-PL302 USB対応モバイル電源パック (日常的に外出時のスマホの充電に使用しています) 2台

30-2016_0112_165405



ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/01/11(月) 21:55:28|
  2. その他グッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キャンプ場見学 - 那須たかはらオートキャンプ場、那須野が原公園オートキャンプ場

キャンプ場見学 - 那須たかはらオートキャンプ場、那須野が原公園オートキャンプ場


2016年1月6日
塩原グリーンビレッジからの帰り道、2つのキャンプ場を見学してきました

那須たかはらオートキャンプ場と那須野が原公園オートキャンプ場

nasutakahara001-1


那須たかはらオートキャンプ場

nasutakahara002

箒川渓谷の丘陵に位置している
南の空が広く開けていて、どのサイトも陽当たりがよさそう
道路からの距離も500mあり、周りに民家もなく、静かな環境
受付は土足厳禁となっていて、とても清潔にされているような感じ
応対してくれた女性の方も親切
お湯がでます
トイレも綺麗でウォッシュレットあり
露天風呂が魅力的

30-2016_0106_132509.jpg

管理棟

30-2016_0106_132445.jpg

露天風呂

30-2016_0106_131553

芝サイト

30-2016_0106_131710

30-2016_0106_132424

30-2016_0106_132345

30-2016_0106_132253

林間サイト

30-2016_0106_131748

30-2016_0106_131904

30-2016_0106_131956

ウッドキャビン

30-2016_0106_132001

ログコテージ

30-2016_0106_132005

サニタリーハウス

30-2016_0106_132022

30-2016_0106_132055

30-2016_0106_132121


パンフレット  ↓画像クリックで拡大表示

30-2016_0107_100343.jpg  30-2016_0107_100354.jpg30-2016_0107_100546.jpg





那須野が原公園オートキャンプ場

nasunogahara001

公益財団法人 栃木県民公園福祉協会が運営管理する公園内のキャンプ場
フリーサイトは車の乗り入れが出来ないが、近くに駐車可能
区画サイトは、少し狭い
お湯がでます
トイレも綺麗でウォッシュレットあり
料金が安い
東北自動車道路からの距離が170m~270mと近く、車の騒音が残念

30-2016_0106_134529

管理棟

30-2016_0106_140305

お風呂

30-2016_0106_140147

フリーサイト

30-2016_0106_134800

30-2016_0106_140134

区画サイト

30-2016_0106_135736

30-2016_0106_135809

30-2016_0106_140027

30-2016_0106_135854

炊事場

30-2016_0106_134845

パンフレット  ↓画像クリックで拡大表示
30-2016_0107_100614.jpg   30-2016_0107_100635.jpg30-2016_0107_100709.jpg30-2016_0107_100719.jpg


ページトップへ戻る






関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/01/10(日) 23:30:58|
  2. ●キャンプ関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

塩原グリーンビレッジ キャンプ場情報

塩原グリーンビレッジ  キャンプ場情報だよ

*この情報は、僕らが訪問した時の状況について記載しています
 季節による変化、時間経過による変化があるという事をご理解下さい
 また、個人的な感想も含まれている場合がありますので、その点もご理解下さい


塩原グリーンビレッジ 2016年1月キャンプ日記はこちらへ


上矢印ロケーション
標高500m、箒川沿いの川沿い
周囲は標高700~900mの山に囲まれている
場内が広いので、空はある程度開けている
南側はすぐ山なので、季節によっては陽当たりが良くないサイトもある
箒川に沿って国道400号線(塩原バレーライン)が走っていて、国道までの距離は50m~200m
車の音が聞こえる
夜間の交通量は少ない

shiobara008

shiobara011-1

車の音について
キャンプ場入口近くの国道400号線に、覆道(シェッド)があります
ここを大型車両が通行する時に反響して、まるで強風が近づいてくるような「ゴーーー」という音が聞こえた
もちろん風向きにもよると思いますが、最初はびっくりしました

shiobara010-1

shiobara009-1

 


上矢印管理棟
このキャンプ場の運営管理はDNP大日本印刷グループの株式会社DNPファシリティサービスが行っている
管理棟はVillage Square と呼ばれていて、売店やダッチオーブン料理レストランもある
売店の品揃えは充実している
管理人常駐・場内入口橋ゲートの夜間施錠などセキュリティ面は万全

30-2016_0105_105144

30-2016_0105_105258

30-2016_0105_10535530-2016_0105_105428
30-2016_0105_10544630-2016_0105_105422
レンタル品も充実
30-2016_0105_105414
キャンプ道具の修理もしてくれる??
30-2016_0105_105707

上矢印炊事棟
場内に5ヶ所(冬季は一部閉鎖)
お湯が出ます
常に清潔に清掃されている 

30-2016_0105_124638-1

30-2016_0105_124909

30-2016_0105_124924

30-2016_0105_124932

炊事場の中に洗濯機・乾燥機がありましたが、冬季は使えませんでした

30-2016_0105_124941

上矢印トイレ
場内に5ヶ所(冬季は一部閉鎖)
全て水洗(洋式・和式)
一部ウォッシュレット
常に清潔に清掃されている

30-2016_0105_124726

30-2016_0105_124738


30-2016_0105_124752
暖房用ヒーター完備してました
30-2016_0105_124809

上矢印野天風呂と福のゆ

野天風呂
場内に1ヶ所・男女別
宿泊者専用で無料
冬場は、男女のどちらかを使って、男女時間割制となる
(僕らの訪問時は、湯量不足により野天風呂は使えませんでした
 その分、「福のゆ」は滞在期間中無料となりました)

30-2016_0105_124701

30-2016_0105_125001

30-2016_0105_125017


福のゆ 
グリーンビレッジ内にある日帰り温泉施設 徒歩1~2分

露天風呂あり、サウナあり(サウナは2~3人用で狭い)
平日土曜10:00~21:00 日曜8:00~21:00
通常¥720 宿泊者は¥360

S2016_0105_123310

S2016_0105_114641

S2016_0105_114624

S2016_0105_114559

S2016_0105_114549-1

上矢印ゴミ
ゴミステーションは、場内に3ヶ所
分別していつでも廃棄が可能
30-2016_0105_110304-1

30-2016_0105_124714

上矢印サイト
地面は微砂利敷・芝、完全にフラット
全て区画サイトで、フリーサイトはない
電源サイトあり
区画サイトは面積によって4種類にわかれている
56㎡・80㎡・100㎡・180㎡
180㎡のサイトはグループサイトとも表示されていて、2か所しかない
料金は期間によって3区分となっているが、最も高い期間の料金は最も安い期間の4~5倍となっている
(詳細は料金表を参照)
冬季は使わないサイトで整備中のところもある


黄色の部分がテントサイト

shiobara001-1

↓クリックで拡大表示

shiobara005-2

西側から撮影

30-2016_0106_115822

僕らが設営した100㎡のサイト、13.5m×7.5m 横に長い

S2016_0104_145858

30-2016_0106_115417

30-2016_0106_115841

30-2016_0106_115855

30-2016_0106_115919

30-2016_0106_115928

30-2016_0106_115948


東側からの写真

30-2016_0106_120043

30-2016_0106_120059

30-2016_0106_120146

30-2016_0106_120200

30-2016_0106_120257

バイクサイト

30-2016_0106_120121

グル―プサイト

30-2016_0106_120134

一番東側のサイト

30-2016_0106_120204

30-2016_0106_120228

福のゆの上の方にあるサイト

30-2016_0105_104300

上矢印その他
●夜、鹿がサイトまで下りてきていた(人が少なかったせいだと推定)
 鹿の糞がサイトにあった
●猿が場内を闊歩していた(人が少なかったせいだと推定)
●野良猫もいたので、食料品やゴミの管理には気を使ったほうがよい
●高規格であると同時に施設(テニスコート・卓球場・プールなど)が充実しており、ファミリーキャンパーには最適なキャンプ場
●場内は外灯があり、夜も明るく安全
  その反面、星空撮影には不向き
●最も近いスーパーマーケットはフレンドリーマートいそや 車15分

パンフレット  ↓画像クリックで拡大表示

 30-2016_0107_101107.jpg     30-2016_0107_100920.jpg
  30-2016_0107_100935.jpg   30-2016_0107_101018.jpg
 30-2016_0107_100830.jpg 料金表
30-2016_0107_101056.jpg


ページトップへ戻る




キャンプ場INDEXは ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/01/09(土) 23:38:45|
  2. 塩原グリーンビレッジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

塩原グリーンビレッジ  今年の干支は「申」

塩原グリーンビレッジ  今年の干支は「申」


二日目に戻る 

塩原グリーンビレッジ キャンプ場情報はこちらへ
  

三日目(1月6日)

撤収日の朝、炊事場から出ると、なんとの群れが

炊事場の前で出会ったキャンパーさんは
夜中に猿にテント内を荒らされたとか
ひょっとして、昨夜僕らのテントの近くで騒いでいたのは、猫じゃなくてこの猿たちだったのかも??

我がもの顔でキャンプ場内を闊歩し、近くに寄ってもまったく動じる気配がない
なんと、生意気なイライラ

30-2016_0106_074742-1

30-2016_0106_075009(1)-1

30-2016_0106_074859

30-2016_0106_074955

30-2016_0106_074945

30-2016_0106_074936

30-2016_0106_075142

栃木県は関東地方の中で、最もニホンザルの生息数が多い県
少し古いデータでは、群れ数68、推定生息数3,700

そういえば、この塩原グリーンビレッジに近いワイルドフィールズおじか にもニホンザルがいましたね

 

僕らにしては、めずらしくチェックアウト時刻12時ちょうどに撤収完了

30-2016_0106_120533

帰り道、那須たかはらオートキャンプ場と那須野が原公園オートキャンプ場を見学してきました
詳細レポはこちらへ

天候 曇り  最高気温8.0℃ 最低気温0.1℃ 平均風速1.9m

二日目に戻る

塩原グリーンビレッジ キャンプ場情報はこちらへ


ページトップへ戻る





関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/01/08(金) 23:44:48|
  2. 塩原グリーンビレッジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

塩原グリーンビレッジ  しぶんぎ座流星群

塩原グリーンビレッジ  しぶんぎ座流星群


一日目に戻る   三日目に続く

塩原グリーンビレッジ キャンプ場情報はこちらへ

二日目(1月5日)

夜中2時前に起きて、北の空を中心に星空を見上げます
しぶんぎ座流星群の極大に近い時間帯で、流星が見える可能性が高いらしい

30-2016_0105_020742

暫く、空を眺めていたけれど、肉眼で見ることはできなかった
時折雲が流れていたし、キャンプ場場内の照明が結構明るく、流星ウォッチに最適な条件でなかったことは事実ですが

2:09から4:53まで約2時間40分ほど、約800枚のインターバル撮影をしたところ
3つの流星が写ってました

4:04:14 北極星の左

50-2016_0105_040414


4:05:14 画面の左端

50-2016_0105_040514


4:32:26 画面の右上

50-2016_0105_043226

流星が写っている写真のみを、比較明合成してみます

50-2016_0108_073834


動画では後半部分に写っていますが、一瞬なので、見え辛いと思います

 

50-2016_0108_073835

やはり、肉眼で見たかったですね


朝、今日も天気は良さそう

30-2016_0105_071719

朝ご飯はサイドイッチ

30-2016_0105_081850

朝ご飯の後は、箒川沿いの塩原渓谷遊歩道を、キャンプ場から東にある布滝までほんの少し散歩

普通の年は、おそらく積雪が深くてこの時期には歩くことができない遊歩道だと思う

30-2016_0105_095115

30-2016_0105_100009

30-2016_0105_100539

30-2016_0105_100619

30-2016_0105_100801

30-2016_0105_102139

30-2016_0105_103222

30-2016_0105_103602

30-2016_0105_104336

30-2016_0105_104354

散歩から帰って、汗を流しに「福のゆ」へ

30-2016_0105_105034

昼間から入る温泉、たまりませんね恥ずかしい

S2016_0105_114514

お昼は、和風パスタ

もう飲み始めます  まだまだお正月ですからねウインク

30-2016_0105_131506

30-2016_0105_130249

今回は、フジカ君とアウトドアヒーターだけで、十分ポカポカ

30-2016_0105_142856

30-2016_0105_142911


午後は、読書と昼寝  いや、ほぼ昼寝


アッと言う間に、もう晩御飯

キャンプ場の売店で買ってきた、宇都宮カクテルからスタート

ご存じでしたか、宇都宮は餃子だけでなく、カクテルで有名だってこと

30-2016_0105_173152

カクテルの町が日本にあると言う。
それは栃木の宇都宮。
宇都宮と言われると思い浮かべるのは餃子だが、餃子だけでなく、カクテルの町でもあるそうだ。 
カクテル=宇都宮。つい最近の取り組みかと思いきや、カクテルの町として動き出したのは平成10年5月。何と10年も前のこと。
全国宣伝販売促進会議で、宇都宮カクテルコーナーを設置。その場で10種類のカクテルを提供、手作りパンフレットを配布したのがそもそもの始まりだと言う。
そして翌年、市内のバーで宇都宮カクテル倶楽部が発足した。

なぜ宇都宮でカクテルなのか。
それは、「バーデンダーのコンペティションで全国優勝者を多数輩出しているからです」と、宇都宮観光コンベンション協会の方は言う。宇都宮には全国的に見てもレベルの高いバーテンダーが多く揃っている。バーテンダーあこがれの土地でもあるのだ。
もちろん県内にはカクテルを取り扱うお店が多く揃い、宇都宮カクテル倶楽部加盟店だけでも31店舗。加盟していないバーや、バー以外でカクテルを出すお店を含めるとその数は膨大なものになる。

今晩は鶏鍋

30-2016_0105_181000

30-2016_0105_181014

そして、ご飯の後は、音楽でも聞きながら、竹鶴を・・・・

30-2016_0105_193603

30-2016_0105_173921

今日のテント泊は、2組だけ

静かな夜を楽しんでいると、すぐ近くから鹿の大きな鳴き声
ヒューンというか、キューンというか、そんな感じ

外に出てみて、近くにその姿を発見しましたよ 
写真ではとらえることはできませんでしたが

30-2016_0105_204941

夜中、野良猫同士が喧嘩でもしているようなギャーっという声が・・・
もしかしたらテントの中まで入ってきたのかと、慌てて起き出したけれど
テントの中ではなく、外で騒いでいたのでした

天候 曇り時々晴れ  最高気温11.9℃ 最低気温-1.7℃ 平均風速1.5m



一日目に戻る   三日目に続く

塩原グリーンビレッジ キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/01/07(木) 23:11:25|
  2. 塩原グリーンビレッジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Coleman クリアウォールフォーウェザーマスター® ワイド2ルームコクーン

Coleman クリアウォールフォーウェザーマスター® ワイド2ルームコクーン


2015年12月スウィートグラスでのクリスマスキャンプの時に出会ったNさん(KAI一家さん)がお持ちのもの
とても気になって声をかけさせていただき、色々と教えてもらいました
Nさん(KAI一家さん)、その節は、ありがとうございました

帰ってから、サイズなどを色々と調べて、スノーピークのリビングシェルロングに使えないかを検討したところ
ほぼ間違いなく使えそうだと判断しました

いつものL-Breathには在庫なし、WILD-1にも在庫なし、
昭島アウトドアヴィレッジのコールマンに電話すると、在庫ありとのこと
取り置きを頼んで、早速に電車に乗って買いに出かけました
すると、新春セールなのか在庫処分なのかは不明ですが、定価¥13,608(税込)が
なんと、44%引きの¥7,620になっていました
電車賃かけて行った価値がありました(笑)

2016年の初出撃で行った塩原グリーンビレッジで実地検証
結果、ジャストサイズとは言えないが、問題なく使えました

30-2016_0104_130109 (2)

30-2016_0104_130109 (3)

30-2016_0104_130109 (4)

雨の振り込みを防ぎながら、明るい視界を確保することができます

30-2016_0104_130109 (7)

30-2016_0104_130109 (14)

●材質:TPU+210Dポリエステルオックス(PU防水)
●重量:約1.9kg
●付属品:収納ケース


取付けは簡単です

上部についているフック3つを、リビングシェルの上部についている輪っかに通します

30-2016_0104_130109 (19)

30-2016_0104_130109 (18)

サイドのフック3つを、リビングシェルのフレームにかけます

30-2016_0104_130109 (6-1

写真は、位置関係をわかりやすくするために、シールドルーフの上にかけていますが、

一番上のフックは、実際はシールドルーフの下のフレームに直接かけます

30-2016_0104_130109 (11)

30-2016_0104_130109 (9)

下部の端にあるフック(長さ調整ができます)は、ペグを打って、そこに引っ掛けるといいですね

30-2016_0104_130109 (10)

裾の部分は、3ヶ所ペグダウンします

30-2016_0104_130109 (5)-1

30-2016_0104_130109 (1)

下の隙間から風が入ってこないように、裾の部分をぴったりと地面に密着させるために、
何か重い物を重石代わりに置くとか、少し工夫が必要ですね

 

小さなサイズのクリアウォールフォーウェザーマスター® 2ルームハウスⅡという商品がありますが
友達情報によると、スノーピークのトルテュライトに使えるようです
(トルテュProは、フレームが太いため、クリアウォールのフックがかかりません)

 

このクリアウォールはコールマンの2016年カタログから、「カタログ落ち」となっているようです
なかなか便利なグッズなのに、少し残念ですね

30-2016_0104_130109 (6)

30-2016_0104_130109 (16)

これからの活躍に期待大ですね



テント・タープINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/01/06(水) 23:05:44|
  2. テント・タープ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

塩原グリーンビレッジ  2016初出撃

塩原グリーンビレッジ  2016初出撃


2016年1月4日(月)~6日(水)、2泊3日で、栃木県那須塩原市の塩原グリーンビレッジへ行ってきたよ


1982年オープンの昔から有名なキャンプ場、一度は行ってみようと思っていた塩原グリーンビレッジ
ここを2016年の初出撃の地に

今回のキャンプの目的は、新しいギアの実地検証、そして「しぶんぎ座流星群」ウォッチ

shiobara005-1

shiobara006-1


一日目(1月4日)

浅草6:00出発 距離172km

shiobara003

首都高速、東北道、順調に飛ばして、佐野SAへ
休憩とともに、冷凍の宇都宮餃子を買う予定だったけれど、冷凍保存が最長で4時間という商品だったので
今夜の晩ごはんには使えないなあと・・・・諦めました
冷蔵保存ならいいのだけれどね

那須岳は雪をかぶってますね

30-2016_0104_080544

西那須野塩原IC には8時過ぎに到着

30-2016_0104_080743

ガスト 那須高原店で朝食をとったあと、8時30分から営業している「フレンドリーマートいそや」へ
ここがキャンプ場から最も近いスーパーですね

30-2016_0104_092847


10時過ぎにチェックイン
1サイト1時間あたり、アーリーチェックイン料金は¥220でした

30-2016_0105_105143

30-2016_0105_105259


サイトは広さ100㎡の電源サイト
今回は、リビシェル君にランブリ君を連結
薪ストーブなし、フジカ君だけで

サイトは長さ13.5m×奥行7.5mという、横に細長い形状なので、こんな感じで横に設営

30-2016_0104_130010

30-2016_0104_151500

30-2016_0104_151525


お昼ごはんは、お湯を注ぐだけのインスタント麺・・・と言っても、とても贅沢なうどん

30-2016_0104_124105

30-2016_0104_124635

30-2016_0104_124652

ご飯を終えて、早速に新しいギアの実地検証
新しいギアというのは、スウィートグラスでのクリスマスキャンプの時出会ったNさん(KAI一家さん)がお持ちのもの
コールマンのクリアーウォールという製品
クリアウォールには大きさが2種類あって、
ひとつは、大きなサイズのクリアウォールフォーウェザーマスター® ワイド2ルームコクーン
もうひとつは小さなサイズのクリアウォールフォーウェザーマスター® 2ルームハウスⅡ

今回は、大きい方のクリアウォールが、スノーピークのリビングシェルロングに使えるかどうかという実地検証
結果、ジャストサイズとは言えないが、十分問題なく使えることが判明しました
このクリアウォールについては、こちらの詳細レポ

いずれにしても、このギアに出会えたのは、詳しく教えていただいたNさん(KAI一家さん)のおかげ
Nさん(KAI一家さん)、どうもありがとうございました

30-2016_0104_130212

30-2016_0104_131414

30-2016_0104_133118


このキャンプ場は、場内の宿泊者専用の「野天のゆ」があり、無料で利用できるという点が特色のひとつ
でも、残念ながら、

▶ お知らせ一部温泉施設ご利用について
宿泊者専用「野天のゆ」を源泉の湯量不足により閉鎖させていただきます。お客様にはご迷惑をお掛け致しますがご了承下さい。

30-2016_0105_125001-1

30-2016_0105_125017-1

とのことで、ビレッジ内にある「福のゆ」という日帰り温泉施設へ
キャンプサイトからは徒歩1~2分
通常料金は¥720、キャンプ場利用者は半額の¥360ですが、「野天のゆ」が使えないということで、今回は無料でした

30-2016_0105_105010

まだ松の内ですからね

30-2016_0105_105050

30-2016_0105_105025

いいお湯です

S2016_0105_114613

S2016_0105_114548

露天に浸かりながら、山の上を流れる雲を眺める・・・・・まさに無の境地

S2016_0105_114521


6時前、早めの晩御飯

宇都宮餃子をいただく予定だったけれど、断念したので
焼売と、青椒肉絲、麻婆豆腐

30-2016_0104_174619

30-2016_0104_174538

30-2016_0104_174545

30-2016_0104_174531

おせちの残りも沿えて

30-2016_0104_174559

30-2016_0104_174801

締めは、酸辣湯スープと五目炒飯

30-2016_0104_180919

最高の中華ディナーでした

青椒肉絲、麻婆豆腐、五目炒飯は全てセブンイレブンの「セブンプレミアム商品」   恐るべしセブンイレブン!


デザートは、巨大なプッチンプリン  
こんなビッグサイズのプッチンプリンは初めてです   フーちゃん、かぶりつき過ぎ!

30-2016_0104_193601

プリン好きにはたまりません

30-2016_0104_193816

30-2016_0104_210609

30-2016_0104_212535

30-2016_0104_210310

30-2016_0104_212355

場内の照明が明る過ぎですが・・・・・・・今夜は、しぶんぎ座流星群、見えるかな?


天候 晴れ時々曇り  最高気温14.6℃ 最低気温-3.2℃ 平均風速1.3m

二日目に続く

塩原グリーンビレッジ キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る





関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/01/05(火) 23:00:55|
  2. 塩原グリーンビレッジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2016 初出撃!!


ここも雪がないです




リビシェル君にランブリ君を連結
今回は薪ストーブなしでフジカ君だけで


新しいギア投入


わかります?




今日は、しぶんぎ座流星群
見えるかな?


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/01/04(月) 15:44:35|
  2. 塩原グリーンビレッジ

北軽井沢スウィートグラス  また来年も来ますよ

北軽井沢スウィートグラス  また来年も来ますよ


五日目に戻る   


六日目(12月26日) 撤収の日

朝6時前に目が覚めて外に出て見ると、とても明るく大きくて存在感のある月が西の空に沈んでいくところ
夕方、太陽が西に沈む時には「夕陽」
朝方に月が西に沈む時は「朝月」???・・・なんて言わないですよねがっかり

30-2015_1226_055034

30-2015_1226_055442

30-2015_1226_055144

朝日を待ちます

30-2015_1226_060023




朝ご飯は、パンケーキ

虹の街さんからいただいた、自家製の夏ハゼのジャムを添えて
夏ハゼのジャムは初めていただきましたが、甘すぎず、酸っぱすぎず、とても美味しかったです

30-2015_1226_075825

接収日は本当にいい天気です

30-2015_1226_131121

30-2015_1226_131049

撤収前に、みんなで記念撮影ですスマイル

30-2015_1226_081700

とっとさんファミリーが、来てくれましたよ

Y君、Mちゃん、ありがとう

30-2015_1226_111333

30-2015_1226_113236

また一緒に遊びましょうね


撤収完了です

30-2015_1226_131207

30-2015_1226_135852

最後にプラD君も記念撮影

30-2015_1226_135945

30-2015_1226_135935

雪がなかったクリスマスキャンプ

でも、サンタさんが素敵なプレゼントをたくさん持ってきてくれました

みなさん、ありがとうございました

また来年も来ますよスマイル



天候 晴れ  最高気温1.9℃ 最低気温-5.3℃ 平均風速3.4m

五日目に戻る 

一日目に戻る
ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/01/03(日) 10:19:47|
  2. スウィートグラス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

北軽井沢スウィートグラス  今日も素敵な出会いというプレゼントが・・・

北軽井沢スウィートグラス  今日も素敵な出会いというプレゼントが・・・


四日目その2に戻る   六日目に続く

五日目(12月25日)

今日はクリスマス
残念ながらホワイトクリスマスとはならなかったけれど、今日も素敵な出会いがありましたよ

朝ご飯は、トルティーヤのラップサンドと昨夜の残りのペコロスとウィンナーのコンソメスープ

30-2015_1225_075130

30-2015_1225_075234

午前の早い時間に、嬬恋パノラマライン南コースを通って つつじの湯

つつじの湯は、スウィートグラスから距離16km、約25分ほどかかりますが
料金も安いし、岩盤浴も無料だし、僕らおススメの温泉です

kitakaruSG201512-09-00

冬のこの時期に嬬恋パノラマラインを走るのは、初めての経験

本来この季節なら一面雪景色なんだろうけれど、今年は雪がないため、嬬恋名物のキャベツ畑の土がそのまま見えている

夏であれば緑一杯の畑の色が、黒一色になっていて、とても珍しい風景に遭遇しましたね

30-2015_1225_100306

30-2015_1225_100335

この黒い土は「黒ボク土」という火山が作った土
古くから「のぼう土」と呼ばれていた土
〈でくのぼう〉の語源からきているから当然見かけ倒しの役立たずの土のことらしい
火山灰の堆積によって生成された土であったことから、畑には向かない土だったこの「のぼう土」が
戦後の土壌改良の努力によって優れた土となったということ
現在、嬬恋はキャベツなどの高原野菜の産地で有名だけれど、
「のぼう土」から、優秀な「黒ボク土」への改良があったからこそ
人間の力は素晴らしいですね

30-2015_1225_095559

30-2015_1225_113511

30-2015_1225_113527

30-2015_1225_113755

サイトに戻ってきて

お昼ごはんは、パスタ  名古屋のあんかけパスタのソースを使います
ピリ辛でやみつきになる味  美味しいですよ

30-2015_1225_133503

はい、昼から飲み始めますよ

30-2015_1225_133604


場内を散歩していると、あるファミリーの方がガーデンサイトXに、コールマンのウェザーマスターを設営されていた
幕のフロント部分を覆っている透明なものが気になったので、声を掛けさせていただき
詳しく教えてもらいました

名称は「クリアウォール」というグッズ
雨の降り込みを防ぎながら明るい視界を確保するものらしい

コールマンのWEBページから拝借

kitakaruSG201512-10

ひょっとすると、リビシェル君に使えるかもしれないなあなんて思いながら・・・・・

僕らは林間サイトに張っていることを伝えると
「ひょっとしてKaoru&Beetさんですか?」って・・・
「いつもブログ見ています」
「ライブ記事を見たので、このスウィートグラスに来られているんだなあ・・と思ってました」

びっくりです
お名前はNさん、千葉にお住まいとのこと
この出会いもきっとサンタさんのプレゼントですね

Nさん、またいつかどこかでお会い出来たら嬉しいですね

30-2015_1225_131913

サイトに戻ると、
今年の11月末、早川町オートキャンプ場で開催されたSnow Peak Way Mini でご一緒させていただいた
とっとさんファミリーが、遊びに来てくれましたよ

この再会も、サンタさんからのプレゼント

みんなで乾杯!!  Y君とMちゃんはココアでね爆笑

30-2015_1225_154728

手作りのクッキーありがとうございました

とても美味しかったですよ

S2015_1225_195308

とっとさんファミリーは、晩御飯の後も訪ねてきてくれました

薪ストーブでマシュマロ焼いたり、デザート食べたり・・・もちろんお酒もね    楽しい時間を過ごしました



昨夜、サンタさんが持ってきてくれたプレゼントは、これです

30-2015_1225_161202

30-2015_1225_161207

薪ストーブに入らないくらい大きな薪もあって、斧があったらいいなあ・・・と思っていたところに

このプレゼントですから、本当にびっくりですよね

早速使ってみましたよ 切れ味抜群爆笑 サンタさんありがとう

30-2015_1225_150402-1

最後の日の晩ごはん

カレーとナン、ほうれん草とコーンのサラダとジャーサラダ

30-2015_1225_182705

30-2015_1225_182711

 

30-2015_1225_172010

30-2015_1225_172244

30-2015_1225_172310

最後の夜は、静かにふけていきました


天候 曇り時々晴れ  最高気温4.0℃ 最低気温-4.6℃ 平均風速3.0m

四日目その2に戻る   六日目に続く

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/01/02(土) 19:43:41|
  2. スウィートグラス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます

新しい年が平和と健康と幸福で満たされますように!!

50-2016_0101_071817-1




関連記事
  1. 2016/01/01(金) 07:55:46|
  2. ■ et cetera
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

プロフィール

Kaoru&Beet

Author:Kaoru&Beet
Kaoru君とBeet君のキャンプ日記へようこそ!

PCカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

INDEX

Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

CATEGORY

月別アーカイブ

2017年 09月 【23件】
2017年 08月 【25件】
2017年 07月 【19件】
2017年 06月 【23件】
2017年 05月 【34件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【21件】
2017年 02月 【24件】
2017年 01月 【28件】
2016年 12月 【56件】
2016年 11月 【32件】
2016年 10月 【27件】
2016年 09月 【29件】
2016年 08月 【23件】
2016年 07月 【29件】
2016年 06月 【29件】
2016年 05月 【21件】
2016年 04月 【23件】
2016年 03月 【22件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【30件】
2015年 12月 【29件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【30件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【24件】
2015年 02月 【25件】
2015年 01月 【17件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【23件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【21件】
2014年 04月 【12件】
2014年 03月 【24件】
2014年 02月 【17件】
2014年 01月 【18件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【19件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【14件】
2013年 07月 【24件】
2013年 06月 【12件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【16件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【13件】
2013年 01月 【14件】
2012年 12月 【18件】
2012年 11月 【16件】
2012年 10月 【17件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【9件】
2011年 09月 【2件】

最新コメント

リンク


Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

WOM CAMP ロゴ2

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR