Kaoru君とBeet君のキャンプ日記

キャンプ日記、キャンプ道具、旅の記録、街歩きとグルメなどを書いています。

雲見オートキャンプ場  「キャンプ山の家」を見学、そして石部棚田へ

雲見オートキャンプ場  「キャンプ山の家」を見学、そして石部棚田


二日目その1へ戻る    二日目その3へ続く

雲見オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ


二日目(2月26日)その2

みなみの桜と菜の花まつりからの帰り、ちょっと寄り道

kumomi0013-1


初めに、BE-PALの「ほんとうに気持ちいいキャンプ場100」で紹介されていた「キャンプ山の家」を見学に

kumomi0012


離合が大変なこんな道を進むと、伊豆の山奥にそのキャンプ場がありました

50-2016_0226_110507

入口付近、写真には写っていませんが、左側に管理人さんの自宅兼キャンプ場受付があります

奥さんがいらっしゃったので、ひと声かけて見学させてもらうことに・・・・

山の急斜面の杉林を開拓した手作りのキャンプ場です

50-2016_0226_104959

炊事場

50-2016_0226_104929

薪小屋、五右衛門風呂、その向こうがトイレ・シャワー棟

50-2016_0226_104911

坂道を登っていくと、テントサイトがあります

50-2016_0226_104900_thumb[1]


50-2016_0226_104844_thumb.jpg

 50-2016_0226_104827_thumb.jpg


車は入ることができますが、切替しが必要ですね

 50-2016_0226_104744_thumb.jpg

一番上のサイト、ここは広いですね爆笑

 50-2016_0226_104440_thumb1_thumb

50-2016_0226_104528_thumb1_thumb

50-2016_0226_104411

バス停ではないですよ 展望台?かな

50-2016_0226_104633_thumb[1]

この一番上のサイトからの眺めがすばらしい

伊豆の山々、そして遠くには伊豆七島を望むことができます

50-2016_0226_104601_thumb[1]

夜の満天の星空は、きっと素晴らしいのでしょうね



キャンプ山の家を後にして、国道136号に出ます

夕日が丘休憩所の展望台からの風景

宇留井島、月待ち信仰の言い伝えが残る二十六夜山

50-2016_0226_110855

伊浜の集落

50-2016_0226_110902

東日本最大の野猿の生息地として有名な波勝崎

50-2016_0226_110959

50-2016_0226_111039

 

石部棚田へ行ってみます


石部(いしぶ)棚田は、伊豆半島の西側の先端に位置する静岡県松崎町にあります。標高120~250mに広がる約370枚、4.2haの田んぼは、東日本では珍しい石積みの棚田。眼下に駿河湾を一望でき、晴れた日には、富士山・南アルプスを望むことができる絶景の棚田です。
平成12年に、耕作放棄され、茅で覆われていた4.2haの棚田を再生し、集落活性化の起点として活用されています。
平成22年には、第16回全国棚田(千枚田)サミットが開催されました。

50-2016_0226_111848

50-2016_0226_112524

50-2016_0226_112603

50-2016_0226_112530

50-2016_0226_112728

 

キャンプ場に帰ってきました

50-2016_0226_115631

気温、なんと22℃

50-2016_0226_125425

Beerが美味しい気温です

50-2016_0226_125444


二日目その1へ戻る    二日目その3へ続く

雲見オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/02/29(月) 23:37:07|
  2. 雲見オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雲見オートキャンプ場  富士、そして桜と菜の花

雲見オートキャンプ場   富士、そして桜と菜の花


一日目その2へ戻る   二日目その2へ続く

雲見オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ


二日目(2月26日)その1

朝、富士山見えました
朝日を浴びて、薄っすらと紅化粧

50-2016_0226_061511

50-2016_0226_062914

西の空には、月齢17.5の寝待月

50-2016_0226_063116

南アルプスも遠くに見えます

50-2016_0226_064816

50-2016_0226_064749

50-2016_0226_064534

まさに絶景!! 言葉が出ません

50-2016_0226_063217

50-2016_0226_070258

50-2016_0226_071017

50-2016_0226_075814

50-2016_0226_080212

50-2016_0226_080234

今日も一日中いい天気になりそう

50-2016_0226_080625


午前中、管理人さんに勧められた「みなみの桜と菜の花まつり」へ行ってみることに
南伊豆町下賀茂温泉青野川沿いに、咲き誇る桜と菜の花を楽しむことができる・・・・・とのこと

河津桜と言えば、河津町と思ってましたが
もうひとつ河津桜で有名なところがあったのですね

kumomi008-2

kumomi009

kumomi009-2

河津町と南伊豆町は日本一早いお花見会場
日本の2月は冬本番の中、下田周辺はもう春の気配に包まれています
本家本元・河津町の「河津桜まつり」、
菜の花畑も一緒に楽しめる南伊豆町の「みなみの桜と菜の花まつり」
なんとも気の早い桜を咲かせて、待っていますよ

河津町は、川がせせらぎ文学の香り漂う古風な町
南伊豆町は、ゆったり大らかな自然に抱かれる町
風情の異なる二つの町の桜祭りは毎年大盛況!
どちらに行きますか? 両方行きますか?

 

【河津桜の由来】
昭和30年頃に、河津町田中地区に住む飯田勝美氏により河津川沿い豊泉橋上流で発見される。
花が咲いたのは約10年後の昭和41年1月下旬、その後の調査で新種の桜と判明したのち、
昭和49年に河津で生まれた桜にちなんで「河津桜」と命名されました。
その翌年、昭和50年には「河津町の木」に指定されています。
また最初に見つかった原木は、田中地区にある飯田家の庭で今も美しい花を咲かせています。
河津桜は、早咲きの大島桜と寒緋桜(カンヒザクラ)の自然高配種と推定されていて、染井吉野に
比べると咲き始めから終わりまでが1ヶ月以上と長いのに特徴があります。

50-2016_0226_092528

50-2016_0226_092837

50-2016_0226_090847

梅と桜が同じ時期に咲いているなんて・・・・とても不思議な感じ

50-2016_0226_091804

50-2016_0226_091818

菜の花畑

50-2016_0226_100055

50-2016_0226_100118

50-2016_0226_095052

50-2016_0226_094810

50-2016_0226_094348

青野川の流れは、春の光で輝いていました

50-2016_0226_100259

早春の伊豆の香り、十分に楽しませてもらいました


一日目その2へ戻る   二日目その2へ続く

雲見オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/02/28(日) 23:06:42|
  2. 雲見オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

雲見オートキャンプ場  夕陽そして星空

雲見オートキャンプ場   夕陽そして星空


一日目その1へ戻る     二日目その1へ続くへ

雲見オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ


一日目(2月25日)その2

15時頃、お風呂へ
チェックインの時に、「貸切で1時間、お好きな時間帯で使って下さい」とのことだったので・・・・
温泉ではなくて沸かし湯ですが、お湯に浸かりながら富士山を眺めることができるお風呂
今までは、露天風呂だったのだけれど、「冬は寒い」ということで
去年、湯船を囲って屋内風呂としたそうです
季節によって大きな窓を開ければ、半露天風呂になりますね

50-2016_0225_111131

50-2016_0225_111117

50-2016_0225_153526

残念ながら、富士山は見えません

50-2016_0225_153515


50-2016_0225_153759

今日の日没は、17時30分頃

50-2016_0225_164323

管理棟の隣にある展望台で日没を待ちます

50-2016_0225_171548

50-2016_0225_172414

50-2016_0225_172834

50-2016_0225_172947

50-2016_0225_173044

50-2016_0225_173145

50-2016_0225_173501

日没のあと、薄暗い北の空に、富士山の姿が少しだけ

50-2016_0225_174135

トワイライト、い~い時間です

50-2016_0225_180030

50-2016_0225_175933

50-2016_0225_180213

50-2016_0225_180331


駿河の海の向こうには、「地上の星」たちが連なります

50-2016_0225_194507

薄っすらと富士山も・・・・

50-2016_0225_195801

50-2016_0225_195242

50-2016_0225_195851

50-2016_0225_200851

明日は、富士山がくっきりと見えますように・・・ウインク


天候 晴れ  最高気温10.4℃ 最低気温2.4℃ 平均風速2.8m

一日目その1へ戻る     二日目その1へ続くへ

雲見オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/02/27(土) 20:52:02|
  2. 雲見オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

雲見オートキャンプ場  海からの富士を見たくて ~初の伊豆半島キャンプ~

雲見オートキャンプ場   海からの富士を見たくて ~初の伊豆半島キャンプ~


2016年2月25日(木)~27日(土)、2泊3日で、西伊豆の雲見オートキャンプ場へソロで行ってきたよ


ずっと、雲の多い日が続いていた関東地方
久しぶりの晴れ間が続きそうな頃を狙って、以前から気になっていた西伊豆の雲見オートキャンプ場へ
駿河湾に浮かぶような富士山を見ることができ、夕陽がとても綺麗というキャンプ場
新東名のICからは相当の時間がかかるけれど、行ってみることに・・・・
初の伊豆半島でのキャンプということになりました

kumomi004-1

kumomi004-11


5:00 浅草出発 距離213km

kumomi003

6:10 東名足柄SAに到着
なっ、なんと 雪です
都内でも夜中に少し降雪があったようで、朝出てくるときに、プラD君のフロントが少しだけ凍っていたけれど
こんなに雪が降っているとは・・・・・
暖かい伊豆へ行こうとしているのに、びっくりですよ

50-2016_0225_070611

50-2016_0225_070935


コンビニでパンやサラダを買ってきて、ゆっくりと朝ご飯を食べて
のんびりとSA内を見学

2Fに足湯カフェ(足柄浪漫館 足湯カフェを発見
足湯に浸かりながらお茶を飲む?初めて見て驚きましたね
足ふきタオルは貸してくれるのかな??

50-2016_0225_071730

50-2016_0225_071744

足柄SA(EXPASA足柄)【下り】では、「NERV中日本 EVANGELION足柄」が開催されていました

kumomi0011

「新東名補完計画~ROAD TO AICHI~」12月19日始動!~「NERV中日本 EVANGELION足柄」の開催期間を延長します ~
オープン以来300万人以上のご来場をいただいた本イベントは、今回、新東名高速道路の愛知県区間(豊田東JCT~浜松いなさJCT)の開通(2016年2月13日)とコラボレーションし、「新東名補完計画  ~ ROAD TO AICHI ~」と題し、再始動します。
会場では、新東名補完計画を推進する「新東名  補完計画室」を新たに開設し、新東名の開通情報をエヴァンゲリオンの世界観で展示します。
「新東名補完計画室」は、エヴァンゲリオンのキャラクターのナビゲートで、新東名の延伸プロジェクトをわかりやすく紹介するパネルやジオラマの展示、エヴァンゲリオン2号機階段(「エヴァンゲリオン2号機」立面装飾)の登場など、21世紀プロジェクトである新東名高速道路とエヴァンゲリオンのシンクロをお楽しみいただけます。

50-2016_0225_071020

50-2016_0225_070858

50-2016_0225_070716

50-2016_0225_070733

50-2016_0225_070754

50-2016_0225_071954


足利SAを、7:30頃の出発、結構のんびりしていました

新東名の長泉沼津ICを出て、伊豆半島を南下していきます
キャンプ場までの距離は88km
半島の道は、距離だけでは所要時間が読めません
峠を越えたり、岬に上ったり、入り江に降りたりして、結構アップダウンが激しいのです
(行くときは途中買い物に寄ったりしていたので、正確な所要時間がわかりませんでしたが、
帰りは休憩なしで走行して、途中少し渋滞があって2時間10分でした)

kumomi007

長泉沼津ICを降りてから、伊豆縦貫自動車道(東駿河湾環状道路)の無料区間、
伊豆中央道(3.0km、¥200)、修善寺道路(4.8km、¥200)を走行して
国道136号線で、船原峠を越え、土肥に入ります

kumomi007-1

kumomi007-2

土肥の手前、海が見えてきました

ほんの1時間ほど前の、足柄SAで見た雪景色は、幻だったのか??困った

IMG_20160225_085219

土肥からは、アップダウンの激しい海岸線を走ります

kumomi007-2-1kumomi007-3

松崎のマックスバリュー松崎店で、食材の買い物をして、雲見を目指します

雲見(雲見温泉)から、細い道を登っていくと、キャンプ場の標識が
右が「雲見夕日と潮騒の岬オートキャンプ場」
「雲見オートキャンプ場」は左の道を

ちなみに、雲見は「世界でいちばん富士山がきれいに見える町宣言」した町だそうです

50-2016_0226_114032

ガードレールもないこんな細い道を登っていきます

50-2016_0226_114108

11時前に到着です
親切な管理人さんが迎えてくれました

50-2016_0225_143152

今日は他に誰もいないので、好きなサイトを・・・ということで
富士山が見えるというDサイトへ

50-2016_0225_111139

50-2016_0225_111206

50-2016_0225_111239

Dサイトは4つ、隣にはお風呂と小さな炊事場とトイレがあって、とても便利

50-2016_0225_110816

絶景!! 絶景!! びっくり

50-2016_0225_110735

右の方向に、富士山が見えるはずなんだけれど、残念ながら雲で見えない悲しい

50-2016_0225_110743

今回は、リビシェル君

リビシェル君の中で、コット寝です

50-2016_0225_143024

クリアウォールをつけて、富士山が見えるのを待ちましょう

50-2016_0225_140406

お昼ごはんは、松崎の街で買ってきた巻き寿司といなり寿司、そして昼から飲みます

50-2016_0225_140445

場内の河津桜、満開です

50-2016_0225_143657

伊豆はもう春でした

一日目その2へ続く

雲見オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/02/26(金) 23:40:44|
  2. 雲見オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

伊豆はもう春



富士山が見えるはずですが、
残念ながら少し雲が・・・・






関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/02/25(木) 16:34:56|
  2. 雲見オートキャンプ場

キャンプグッズINDEX

キャンプグッズINDEX
CampgoodINDEXlogo-333.jpg 

僕らが持っているキャンプグッズのINDEXです

項目をクリックすると該当部分を新しいタグで表示します

キャンプグッズINDEX リンク
テント・タープテーブル・チェアテーブルウェア調理器具
照明器具スリーピング収納・棚虫除け虫対策
冬キャングッズ焚き火グッズレイングッズ自作・手作り・工夫
その他グッズ

 (黒字は工事中)

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/02/24(水) 09:16:49|
  2. ●キャンプグッズINDEX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Big Folding Stool CHUMS Logo  チャムスのロゴ入りのスツール

Big Folding Stool CHUMS Logo  チャムスのロゴ入りのスツール


ちょうど1年前の2015年2月、CHUMS 表参道店へ行った時にゲットしたスツール
CHUMS表参道店の限定品

とても便利なグッズで、いつも大活躍してくれています

30-2015_0916_100249-1

30-2015_0916_100259-1

とてもコンパクトに収納できます

30-2015_0916_100350-1

30-2015_0916_100439-1

30-2015_0916_100502-1

30-2015_0916_100310

30-2015_0916_100320

30-2015_0916_100324

色々な使い道があって、とても便利です

当然スツールとして

30-2015_1223_161228

30-2015_1021_065959

30-2016_0114_165152

サイドテーブルとして

この使い方が一番多いかも

50%-2015_0514_185607-1

時には、オットマンの代用にウインク

50-2015_0619_083738



テーブル・チェアINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る





関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/02/23(火) 19:44:27|
  2. テーブル・チェア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

リビングシェルロングPro.の中に入れることができる、他のテントのインナーテントは・・・・

リビングシェルロングPro.の中に入れることができる、他のテントのインナーテントは・・・・


リビシェル君(リビングシェルロングPro.)を単体で使用する場合の寝室は
1.専用のインナールームを使用する
2.コットを使用する
3.他のテントのインナーテントを使用する

という、3つの選択肢があるけれど、
僕らは専用のインナールームを持っていないので、他のテントのインナーテントを使っています


●エルフィールドデュオPro.のインナーテントをIN

リビングスペースに十分な余裕があるので、冬キャンプの場合は、薪ストーブも利用可能ですね

RS001-01 ED

30-2016_0206_145738

 

●ランドブリーズPro.4のインナーテントをIN

リビングスペースが少し狭くなるので、冬キャンプの場合の薪ストーブの利用はちょっとできないですね
この場合は、フジカ君に頑張ってもらいます

実際のところ、冬キャンプでこのパターンはやったことがないですが・・・

RS001-01+RP4-1



僕らが持っていないテントの場合は、どうか?

2015年12月にリニューアルされたアメニティドームシリーズと、2016年1月にリニューアルされたランドブリーズシリーズについて

大まかな感じを把握するために、図にしてみました(当然、正確ではありませんので取扱いにはご注意を)


●アメニティドームSのインナーテントをIN

アメニティドームSであれば、リビングスペースも余裕がありますね

RS001-01 ameS

●アメニティドームMのインナーテントをIN

アメニティドームMは結構大きいので、リビングスペースが狭くなりますね

RS001-01+ameM


●ランドブリーズ2のインナーテントをIN

ランドブリーズ2であれば、リビングスペースも余裕がありますね

RS001-01+R2

●ランドブリーズ4のインナーテントをIN

ランドブリーズ4は、リビングスペースが少し狭くなりますね

RS001-01 R4

 

リビングシェルロングPro.の空間を有効活用でき、なおかつ広い寝室スペース作るには、
当然ですが、オプションのインナールームが最適です

RS001

このインナールームの価格は¥32,800(税抜)、アメニティドームMの価格も¥32,800(税抜)
こんな比較をしては、ダメなんでしょうねうらやましい


テント・タープINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/02/22(月) 11:05:51|
  2. テント・タープ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

大館曲げわっぱ ぐい吞み

大館曲げわっぱ ぐい吞み

言わずと知れた秋田大館の伝統工芸品「大館曲げわっぱ」
散歩の途中に立ち寄った有限会社柴田慶信商店浅草店で見つけたぐい吞み

30-2015_1106_100953-

30-2015_1106_101011-

日本酒には、これです
天然秋田杉が醸し出す香が、なんとも言えません

30-2015_1106_101121-1

ちょっと高価なぐい吞みですが、キャンプだからこそこの贅沢品で一杯やりたいですよね

お店の方から注意事項が・・・・

「ウイスキーは入れないでください。色が残ってしまいますので」・・・とのことでしたペロリ


テーブルウェアINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/02/20(土) 09:38:41|
  2. テーブルウェア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

tent-Mark DESIGNS OISHII GUINOMI  テンマクデザイン おいしいぐい吞み

テンマクデザイン おいしいぐい吞み


2016年1月25日、印旛沼サンセットヒルズでランドブリーズ6の試張り をしてから、本埜の白鳥の郷へ行った帰りに
WILD-1印西ビッグホップ店に寄りました
その時に、店頭で見つけたのがこのぐい吞み
お店の人に聞いてみると、2015年の年末に新発売された商品とのこと

made in 燕三条びっくり 錫メッキウインク

30-2016_0128_185218-1

30-2016_0201_075356-1

30-2016_0201_075430-1

●容積:60ml
●サイズ:約φ52×45mm
●素材:銅に錫メッキ
●総重量:約50g

30-2016_0115_180506

「ぐい吞み」だけれど、ウイスキーにもね・・・・・スマイル




テーブルウェアINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/02/19(金) 10:20:51|
  2. テーブルウェア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ウイスキーよもやま話 ~北の大地からの贈り物~

ウイスキーよもやま話   ~北の大地からの贈り物~

 

以前、マッサンが創ったウイスキーの記事を書きました
Syu&Chaiさんからいただいた北海道余市蒸留所限定の原酒 SINGLE CASK 20年は、もう売り切れで
その後、現地で販売されていたのがシングルモルト余市シリーズの1980年物・1990年物・2000年物

去年の春に届いた北の大地からの贈り物、それがこのシングルモルト余市シリーズ(北海道余市蒸留所限定)

素敵な贈り物、本当にありがとうございました

50%-2015_0410_124555

50%-2015_0410_125038

シングルモルト余市1980’S
穏やかで厚みのある樽熟成香。チョコレートやクッキーの甘い味わいとしっかりしたビートの塩味。

50%-2015_0410_125240

シングルモルト余市1990’S
シェリー樽に貯蔵したことによるドライフルーツの甘酸っぱい香りと、クリーミーでカカオのような芳ばしさ。
しっかりとした味わい。

50%-2015_0410_125254

シングルモルト余市2000’S
フルーティーな香り、甘いオークのウッディーな香りとビートの調和。ビートが引き締める少しビターな味わい。

50%-2015_0410_125309

Chief Blender のサイン入りですウインク

50%-2015_0410_125342

 

こんな素晴らしい星空を見ながら・・・・・・・

2015_0330_101440

焚き火のそばで飲みたい逸品です

少しずつ大切に飲んでいます

関連記事

テーマ:お酒 - ジャンル:グルメ

  1. 2016/02/17(水) 08:28:00|
  2. ■ et cetera
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

EuroSchirm Birdiepal Octagon Umbrella ユーロシルム バーディーパル オクタゴン アンブレラ

EuroSchirm Birdiepal Octagon Umbrella  ユーロシルム バーディーパル オクタゴン アンブレラ


Syu&Chaiさんから教えていただいたユーロシルムの傘
2015年11月、富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジの帰り道、昭島アウトドアヴィレッジのA&Fで色違いで2つゲットしました
A&Fのスタッフの方が、いくつか種類があるユーロシルムの傘について、とても丁寧に教えてくださったので
このバーディーパル オクタゴンというものに決定
既存のバーディーパルアウトドアの強靭さはそのままに、キャノピー部分に軽量なリップストップナイロンを使用し
コンパクトにしたモデルで、強靭かつ、より軽量のモデルをお探しの方にお勧めとのことでした

427-logo-i01

ユーロシルム(EuroSCHIRM)は1919年創業のEBERHARD GOBEL社が手がけるブランドです。ドイツの ウルム(Ulm)を拠点に素材を厳選し、高品質かつ高機能アンブレラ作り一筋 92年余りのファミリー企業です。創業以来、誇り高き職人気質、最新マテリアルへの探究心、 機能的なデザイン開発は、数世代に亘り現在まで一族代々に受け継がれています。(GERMANY)

30-2015_1126_094733

30-2015_1126_094741




fs_img_euro_birdie_octa_2


30-2015_1216_133242

このバーディーパル オクタゴンの最大の特徴

フレームシャフト部が8角形の形状をした高密度ファイバーグラス製、それにフレームアーム部も同じ材質で、
とても強靭であること
どんなに激しい風雨でも折れることはないようです


30-2015_1216_133308

30-2015_1216_133406

30-2015_1216_133255

 

赤色と黒色、2つゲット

30-2015_1216_133129

メッシュパネル・スリーブケースがついていて

30-2015_1216_133011

30-2015_1216_133039

メッシュパネル・スリーブケースにはショルダーストラップもついていて、とても便利

30-2015_1216_134012

傘の上と下にはループストラップがついていて、色々なところに吊るすことができます

30-2015_1216_133150

30-2015_1216_133201

30-2015_1216_133521

30-2015_1216_133554

長さ66cm、重さ300g、とてもコンパクト

トレッキングポールといっしょに自作の収納ケースに、入ります

30-2015_1216_134319

30-2015_1216_134404

30-2015_1216_134409

30-2015_1216_134540

■キャノピー(天蓋):ポリアミッドリップストップナイロンDWR加工
■フレームシャフト部:8角形の形状をした高密度ファイバーグラス製
■フレームアーム部:高密度ファイバーグラス製
■ハンドル:高密度EVAハードフォーム製
■付属品:ナイロンケース
■長さ:66cm
■広げた大きさ:96φcm
■重量:300g

軽量コンパクト、強靭、まさにアウトドアに最適な傘ですね




レイングッズINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/02/16(火) 07:57:57|
  2. レイングッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Columbia Grass Valley Rainsuit コロンビア グラスバレーレインスーツ

Columbia Grass Valley Rainsuit  コロンビア グラスバレーレインスーツ


いままで使っていたAIGLE エーグル レインパーカー が相当汚れてくたびれてきたので、買い替え
昨年の秋、御茶ノ水の石井スポーツでセール品として売っていたコロンビア グラスバレーレインスーツ

防水透湿性を備えた上下セットのレインスーツ
ライトハイクやキャンプなど、アウトドアシーンに幅広く対応するレインスーツ。軽量でしなやかな風合い素材を採用。防水透湿性に優れているので、雨の浸入を許さず快適な着心地です。ベンチングチェストポケットからウェア内の換気が可能。パンツの裾には長めのジッパーを配し、容易に着脱できます。スーツを収納できるスタッフバッグを付属しています。
素材: ナイロン100%

 


いままでのレインウェアは、上着しか持っていませんでした
酷い雨の場合、上着だけだと、やはりズボンなどが濡れてしまうので、今回は、上下セットのレインスーツにしました

30-2015_0704_090406-2

 

30-2015_1216_12530330-2015_1216_125302

 

30-2015_1216_125246-1

30-2015_1216_125229-1

30-2015_1216_125109-1

30-2015_1216_125149-1

登山用のレインウェアでは、素晴らしい性能の製品がありますが、
オートキャンプで使うのであれば、それほど高機能の物は必要でなく、このレベルの製品で十分だと思っています
なんしろ、最初の頃はホームセンターで買ったビニール製の雨合羽でしたから爆笑

それから考えると、よくここまで進化したなあ・・・・とウインク


雨の時だけでなく、雪の時にも使えます
もちろん、レインウェアの下は防寒着をしっかりと身に着けて・・・・

30-2016_0129_87


活躍してほしいのはやまやまなんですが、できれば雨キャンプは避けたいものですね


レイングッズINDEXはこちらへ


ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/02/15(月) 08:05:13|
  2. レイングッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

自作カレンダー

自作カレンダー

2月14日(日曜)、予定では今ごろ千葉の有野実苑でとっとさんファミリーとキャンプしているはずでしたが
木曜日ころから注視していた週間天気予報では、低気圧が発達して南風が入り込んで、
平均10m・最大瞬間風速では30mの強風の可能性があったので、早々と中止を決定

・・・・・と言うことで、キャンプのLIVE記事の代わりに「自作のカレンダー」のお話です


2016年のカレンダー、今年ももう1ヶ月が過ぎた頃、やっと作りました


30-2016_0213_092944

サイズはA4で、透明ケースに入れています

30-2016_0213_094859

30-2016_0213_095111

いつも僕らが登場してます

30-2016_0213_101120

2Lサイズの小さな卓上版も毎年作ってますが、2016年分はこれから作成です

30-2016_0213_100948

30-2016_0213_100809

2010年頃から毎年キャンプシーンを中心に作ってきて、はや数年

昔の写真を見ると、その時々のキャンプシーンなどが思い起こされます

30-2016_0213_100534

30-2016_0213_100711

2016年は、どんなシーンに出会えるか・・・・・・楽しみですね

ページトップへ戻る




関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/02/14(日) 09:34:37|
  2. ■ et cetera
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

東和コーポレーション 防寒用手袋   トワロン防寒用 NO.169

東和コーポレーション 防寒用手袋  トワロン防寒用 NO.169


冬キャングッズです
特に雪上・雪中キャンプでは、必須とも言えるグッズです

30-2016_0125_092008

30-2016_0125_092151

30-2016_0125_092158

僕らが使っているのはMサイズ

30-2016_0125_092219

30-2016_0125_092049

裏地は厚手ボア(綿・アクリル)

30-2016_0125_092120

表は天然ゴム

30-2016_0125_092126

30-2016_0125_092139

● 天然ゴム製の手袋ですので、引き裂きに強く、しなやかで作業性のよい手袋です。
● セミロングタイプですので、袖口が濡れにくく快適です。
用途:寒い環境下での農業、林業、漁業、建設、土木、運輸、倉庫、園芸、家庭内作業、雪かき、雪おろし作業、冷凍・冷蔵庫内作業など。
長さ:(M) 28.5 (L) 29.0 (LL) 29.5cm

 

雪上・雪中キャンプでは、こんな用途に使います

●テントの雪おろし、●マッドスカートやペグの掘り起し、●車の雪おろし、●お湯が出ない炊事場での調理用具・食器洗い

30-2016_0130_102710

袖口が普通のタイプ(NO.168)も持っていますが、おススメは袖口が長い方のタイプ(NO.169)ですね

30-2016_0201_075629-1

トワロン冬作業用 NO.168

●天然ゴム製の手袋ですので、引き裂きに強く、しなやかで作業性のよい手袋です。
●裏地にボア(綿100%)を使用した、防寒保温性に優れた手袋です。
長さ:(M) 24.5 (L) 25.0 (LL) 25.5cm

NO.169 Mサイズ
NO.168 Mサイズ


ページトップへ戻る

冬キャングッズINDEXはこちらへ


関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/02/13(土) 10:05:40|
  2. 冬キャングッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場  快晴の冬の日

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場   快晴の冬の日


一日目に戻る


二日目(2月7日)

冷え込んだ朝、外に出てみると、空は快晴

30-2016_0207_065658

若者のグループがタープの補助として使っていたブルーシートが夜中の風で飛ばされています


30-2016_0207_065718

30-2016_0207_065808

30-2016_0207_065841

もうすぐすると、陽が昇ります

富士山ビームが出ました

30-2016_0207_070702

30-2016_0207_070732

30-2016_0207_070828

30-2016_0207_070922

 

30-2016_0207_082320-P1

やっぱり、ワンポールは恰好いいですね

30-2016_0207_082501

30-2016_0207_082439

凍ってますね

30-2016_0207_082655

30-2016_0207_082647

本当に気持ちのよい冬の日

30-2016_0207_082721

朝ご飯を簡単に済ませて、撤収にかかります

グッズがすっきりと乾燥できます

30-2016_0207_102729

30-2016_0207_102733

30-2016_0207_102713

毛無山の頂上付近は、樹氷が連なっているのかな

30-2016_0207_102703

快晴の冬の日、富士はやはり素晴らしい

30-2016_0207_102609

30-2016_0207_102516

30-2016_0207_102511

30-2016_0207_102620

30-2016_0207_102440

30-2016_0207_100738

 

座間のケロドンさんは、一足早く撤収完了

ご一緒させていただいて、とても楽しかったです
本当にありがとうございました
また何処かのフィールドでお会いできることを楽しみにしています



12時過ぎ、僕らも撤収完了

少しだけ雲がかかったきたかな 

30-2016_0207_115550


キャンプ場の上にある、朝霧アリーナ

ここでテント張ったら気持ちいいだろうなといつも思うけれど、ここはキャンプ禁止

2016_0207_123700

 

2016_0207_123609-P

2016_0207_123709


ふもとっぱら偵察

ひょっとして、あの方がいるかも・・・・・と思ったけれど、姿は見えず悲しい
というか、まだ会ったことがないので、幕と車で探しますが・・・・

2016_0207_124456

2016_0207_124553

2016_0207_124600

 襲撃成功!! 楽しい夜を過ごすことが出来た、富士山麓朝霧高原での冬の日でしたスマイル

一日目に戻る

ページトップへ戻る




関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/02/12(金) 00:03:46|
  2. 朝霧ジャンボリーオートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場  富士山麓へ襲撃に

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場   富士山麓へ襲撃に


2016年2月6日(土)~7日(日)、1泊2日で、静岡県朝霧高原の朝霧ジャンボリーオートキャンプ場へ行ってきたよ

北軽井沢スウィートグラスでの雪上キャンプの時に知り合った「座間のケロドン」さん
帰ってきてから何度かメールでのやり取りがあったのですが
その中で、朝霧ジャンボリーに行くという情報を入手

ということで、襲撃に行ってきました

asagiri-jyannbo201602-01

asagiri-jyannbo201602-02


一日目(2月6日)

浅草6:00出発、距離143km

asagiri-jyannbo003-1

首都高、中央道と順調に走る

偶然、プラドとランクルが連なって走行していたところをパチリ

2016_0206_070125

2016_0206_071043

2016_0206_071626

富士山が見えてきました

やっぱり富士山は雪をかぶった「白妙の富士」が一番絵になります

2016_0206_071918

[広告] VPS

 

ガスト富士鳴沢店で、朝ご飯 (またですか!)
渡辺製材所に寄って、焚き火用の薪を3束ほど買います(1束¥300)

青木樹海を走ると、冷気とともに、霊気が・・・・・・ゾクッ

2016_0206_085334

9時過ぎに朝霧ジャンボリー到着
朝霧ジャンボリーは、今年1月18日から31日まで雪のためにクローズしていて
2月1日になってからようやく営業再開したところ
それでもまだまだ雪が残っているのだろうなと思ってきたけれど、
併設の朝霧ヴィーナスガーデンゴルフコースでは、ゴルフをやっている人がいるではないですか

想像していたより、積雪は少なかったですね

受付を終えて、場内に
見つけましたよ 小川ピルツ23のレッドモデル、恰好いいから目立つのですよね
座間のケロドンさんご夫婦がMサイトに設営中でした

驚かしてしまったようで、すみませんでした

30-2016_0206_120423


設営場所を探します
雪がなくて、比較的傾斜がなく、地面が乾いているところ
雪は融かけ状態なので、雪上は避けました

今日の設営は、リビシェル君の中に、エルフィールドデュオPro.のインナーをIN
暖房は薪ストなしのフジカ君だけの簡易バージョン(あまり寒くはなかったですからね)


2016_0206_110923

2016_0206_111007

2016_0206_111031

デュオ君、本当に久しぶり

リビシェル君に中にインナーを設置できるのは、ランブリ4とエルフィールドデュオの2つ
ランブリ4を入れると、中がちょっと狭くなるので、エルフィールドデュオがいいかな
寝室としてのエルフィールドデュオは狭いけれど、1泊であればOKでしょう

今持っている幕の組み合わせを、いつかの機会にまとめてみようと思います

30-2016_0206_145737

30-2016_0206_145751

30-2016_0206_145802


お昼は、レトルトカレー+ナン

銀座のナイルレストランは、1949年創業の老舗インド料理専門店です

30-2016_0206_124618

30-2016_0206_124326

富士山が見えてきました

空が曇っているので、まるで墨絵のような富士

30-2016_0206_134739

外で焚き火、あまり寒くはないですね

30-2016_0206_135108

Nサイトの方まで散歩
O・P・Qのサイトはまだ雪のためクローズです

Nサイトには4組くらいかな
ちなみに、僕らが設営しているMサイトも4組くらい

30-2016_0206_153726

30-2016_0206_153827

30-2016_0206_153921


どうも、すっきりとしない天気

早くから飲むしかないでしょう・・・・ということで、座間のケロドンさんのピルツにお邪魔して、宴のはじまりです

30-2016_0206_135016

30-2016_0206_165837

薪ストでとても暖かい幕の中で、キャンプ談義やお酒談義

座間のケロドンさんもウィスキー好きと聞いていたので、僕らが持参した数種類のウィスキーを味わってもらいました

酒の肴は、暖かいお鍋や湯豆腐など

(宴会中の写真は上の一枚だけ  楽し過ぎて、写真のことすっかり忘れてしまいました)

とても楽しい時間は、夜遅くまで続きました

30-30-2016_0206_213651-1

冬の夜空に星が輝いていました

寒くて、酔っていて、三脚を出す元気がなかったです
星空撮影は、また次回に・・・・・

30-30-2016_0206_213746-1

この日の夜中、風が強くなってきたので一度起きだして、張り綱の点検をしました
この辺りは、ピンポイント天気予報を全く無視する(笑)かのように、強風が吹くことがあります
ふもとっぱらでの恐怖の体験が少しだけ頭をよぎりましたね


天候 曇り  最高気温8.3℃ 最低気温-2.1℃ 平均風速1.2m

二日目に続く


ページトップへ戻る




関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/02/11(木) 09:46:06|
  2. 朝霧ジャンボリーオートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

かわせみ河原  乾燥&メンテナンス

かわせみ河原  乾燥&メンテナンス


2016年2月2日

北軽井沢スウィートグラスでの雪上キャンプのあと、藤岡温泉に宿泊した翌日
テントの乾燥&メンテナンスのために、埼玉県大里郡寄居町のかわせみ河原へ

最初は、藤岡市にある烏川オートキャンプ場が近くていいかなと思っていたけれど、冬期は営業してなかったです


藤岡温泉からの距離は一般道で約40km弱、意外と近かった

kitakaruSG201602-02

道中、榛名山や赤城山がくっきりと見えます

30-2016_0202_095353-1

30-2016_0202_095459-1

荒川を渡ると見えてきました、かわせみ河原

30-2016_0202_105314

30-2016_0202_105332

到着です

¥300を管理のおじさんに払って入場します

30-2016_0202_141953

河原に入っている車は2~3台、薪ストーブの燃焼テスト?をしている人はいたけれど、テント設営している人はいなかった

休日は、こんなに賑やかになるようですが (画像は、寄居町観光協会のHPから拝借)

kawasemi02kawasemi01


リビシェル君を設営して、乾燥させます

30-2016_0202_113950

30-2016_0202_114022

30-2016_0202_114104

30-2016_0202_114028

30-2016_0202_114209

真っ青な空、気持ちいいですね

よ~~く、乾燥できます

30-2016_0202_122628


リビシェル君の中、薪ストを使っているといくらかススが付くので、くまなく拭きます

30-2016_0202_122448

30-2016_0202_122503

マッドスカートに付いた泥も、しっかりと落とします

内側に織り込むと、作業がしやすいです・・・と言うか、外は少し風があって寒いしねペロリ

30-2016_0202_122412

アップライトポールの張り綱(ガイライン)も相当汚れていたので、綺麗に洗って乾燥させます

30-2016_0202_122403


ランブリ6のインナー、広げて乾燥させます

風が強いので飛ばないように、大きな石で重しを

30-2016_0202_122612

ポールも綺麗に拭いて乾燥させます

特に、継ぎ目の部分の汚れを念入りに

30-2016_0202_122704

ランブリ6のフライシート・グランドシート、リビシェル君のシールドルーフなど、広げて乾燥させます

30-2016_0202_114130

30-2016_0202_114157

五日間雪に埋もれていた君たち、みんな綺麗になって良かったね



乾燥&メンテナンス作業が終了したので、

かわせみ河原を見学

kitakaruSG201602-03-1

広い河原ですね 
増水時はいったいどうなるのでしょうね??

30-2016_0202_141042

30-2016_0202_141100

30-2016_0202_141118

入口 
ここで車1台¥300を支払います

30-2016_0202_141421

kitakaruSG201602-04-1

トイレと水場は、道路を渡っていきます

30-2016_0202_141430

トイレ
水洗です、多機能トイレもあります

30-2016_0202_141504

30-2016_0202_141529 
30-2016_0202_14151430-2016_0202_141520

水場
炊事場ではありません まさに「水場」だけ

30-2016_0202_141541

ゴミ捨て場

30-2016_0202_141726

30-2016_0202_141732


事前予約スペースが10区画あります
ゴミ捨て場の前の平らなスペースで、1 区画 7m×7mだそうです
1区画¥2,000

30-2016_0202_141707

30-2016_0202_141656

30-2016_0202_141753

30-2016_0202_141759

30-2016_0202_141832


30-2016_0202_105604

30-2016_0202_141644

30-2016_0202_141908

かわせみ河原の詳細については、寄居町観光協会のWEBサイト


ページトップへ戻る







テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/02/10(水) 09:13:23|
  2. かわせみ河原
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

北軽井沢スウィートグラス  撤収です

北軽井沢スウィートグラス  撤収です


四日目その2へ戻る    


五日目(2月1日) 

四泊の雪上キャンプを終えた撤収の日、朝からとても穏やかな天候です
朝ご飯は、ウインナーとほうれん草の炒めもの

30-2016_0201_072551

フランスパンを薪ストで温めていただきます

30-2016_0201_072228

 

雪が降った後に、マッドスカートやペグが見えるところまで雪かきしておいたので、良かったです
もし、そのままだったら、凍ってしまっていて大変だったと思います
(以前、お湯をかけて氷を溶かしてペグを抜くという大変面倒な事があって、その経験が活きましたね)

30-2016_0201_100722

30-2016_0201_100730

30-2016_0201_113241

薪ストとフジカ君が雪を溶かしたので、撤収後、土が幕の形のまま露出していました

30-2016_0201_133721

30-2016_0201_133752

 

14時頃、チェックアウトして、軽井沢プリンスショッピングプラザ

2016_0201_144757

2016_0201_144805

目的はここ

2016_0201_151725

フードコートの中にある「戸田亘のお好み焼き さんて寛

僕らがひいきにしている お好み焼き きじ の姉妹店です

2016_0201_150248

 

このまま、家には帰らずに、上信越道沿線の温泉に泊まります

kitakaruSG201602-01

30-2016_0201_163150

30-2016_0201_164457


今回は、藤岡温泉の藤岡温泉ホテルリゾート

結構山の中にある一軒宿でした

30-2016_0202_092000

泊り客は、全部で3組かな

30-2016_0202_080821

雪上で冷えた身体を、芯から温めてくれる ph9.8 / アルカリ性のしっとりとしたいいお湯でした

30-2016_0202_081214

30-2016_0202_081814

30-2016_0202_081041

2016_0201_191627


今夜は暖房のきいた部屋でぬくぬくですよ

明日は、帰り道にどこかのキャンプ場で、雪で濡れた幕を乾燥させる予定です


天候 曇り時々晴れ  最高気温-2.3℃ 最低気温-10.3℃ 平均風速2.5m

ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/02/09(火) 18:05:14|
  2. スウィートグラス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

北軽井沢スウィートグラス  Silent SweetGlass

北軽井沢スウィートグラス  Silent SweetGlass


四日目その1へ戻る    五日目に続く


四日目(1月31日)その2

日曜日の午後、あの賑やかさが幻であったかのように、SweetGlassは静けさに包まれます

雪を踏む足音だけが聞こえて、少し寂しさを感じる・・・・・・Silent SweetGlass

30-2016_0131_105244-1

30-2016_0131_105400-1

30-2016_0131_105800-1

 

30-2016_0131_144951-1

30-2016_0131_145000-1

30-2016_0131_145039-1

30-2016_0131_145049-1

30-2016_0131_145233-1

30-2016_0131_145311-1

30-2016_0131_145254-1

14時頃、虹の街さんが、お昼ごはんを一緒にと僕らのサイトへ
今夜のお客さんはコテージ泊を中心に10組くらいとのこと

夕方、人恋しくなって、用事もないのに管理棟へ

30-2016_0131_165921-3

30-2016_0131_165921-2

30-2016_0131_165921-1

浅間山の噴煙が夕陽に染まっていきます

30-2016_0131_164224

30-2016_0131_163631

30-2016_0131_164235

30-2016_0131_165515

30-2016_0131_165356

30-2016_0131_165234

晩御飯

ベーコン、ハーブチキンサラダ、そしてメインはおでん、デザートにはまんまるユズさんからいただいたイチゴ

30-2016_0131_180339

30-2016_0131_180423

30-2016_0131_180448

北軽井沢交差点のところにある、カフェ・ド・フルミエールのロールケーキも

30-2016_0131_193503

30-2016_0131_194143

30-2016_0131_194217

最後の夜は、静かにふけていきました

天候 晴れ  最高気温0.4℃ 最低気温-8.7℃ 平均風速2.3m

四日目その1へ戻る    五日目に続く


ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/02/08(月) 23:59:04|
  2. スウィートグラス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北軽井沢スウィートグラス  青い空・白い雪・楽しい雪遊び

北軽井沢スウィートグラス  青い空・白い雪・楽しい雪遊び


三日目その2へ戻る     四日目その2に続く


四日目(1月31日)その1

東の空がほんのりと明るくなってきた夜明け前、静かなテントサイト

今日はいい天気になる予報
僕らはまだ帰らないけれど、大多数の皆さんにとっては、撤収日和

30-2016_0131_064826

30-2016_0131_064832

30-2016_0131_065839

浅間山が朝日に輝きはじめます

30-2016_0131_071219

西の空高くには、取り残されたように月齢21.1の宵月が

30-2016_0131_071234

30-2016_0131_071453

30-2016_0131_071920

30-2016_0131_071636

[広告] VPS


朝ご飯の前に、まんまるユズさんファミリーのIちゃんとY君が広場で雪遊び

30-2016_0131_072814

30-2016_0131_072615

30-2016_0131_073008

動いていない、冷凍バナナに乗って・・・

後で、本当に乗りにこようぜ

30-2016_0131_073409

30-2016_0131_103743

30-2016_0131_073642


「冷凍バナナでGO!!、始めますよ」という場内放送があったので、100円玉握りしめて、広場へ一番乗り

ママは、少し遅れてくるので、最初はBeetが同乗

小学生未満の子どもには大人が同乗するルールです

30-2016_0131_103309

ママがやってきたので、今度はファミリーで

30-2016_0131_103751

30-2016_0131_103802(1)

30-2016_0131_103813(1)

30-2016_0131_103859-1

楽しかったね
真ん中に乗ってたY君、ずっと下向いていたけど・・・・・浮気者 (男性)

 

2016_0131_104925

30-2016_0131_104032

楽しい時間は、いつもあっという間に終わってしまいます

もっと雪遊びをしていたいだろうけれど、帰る時間が近づいてきます

Iちゃん・Y君、二人とも撤収のお手伝い良くできました  100点あげましょうスマイル

30-2016_0131_110025

30-2016_0131_105957

30-2016_0131_105304

そしてみんな帰って行きました

何処かでまた遊ぼうね


三日目その2へ戻る     四日目その2に続く

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/02/08(月) 22:57:22|
  2. スウィートグラス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

北軽井沢スウィートグラス  出会いと襲撃

北軽井沢スウィートグラス  出会いと襲撃


三日目その1へ戻る   四日目その1に続く


三日目(1月30日)その2


雪かきが一段落したので、昨夜知り合ったご夫婦のワンポールテントを見せてもらいにいきます
ご夫婦のニックネームは「座間のケロドン」さん
テントは小川ピルツ23(レッドモデル)、レッドのアクセントカラーがとてもいい感じ
入口にはキャノピーがあってとても便利そう
2015年に残念ながら廃盤となった商品で、今はとても貴重なテントですね

ワンポール、憧れますね浮気者 (男性)

30-2016_0131_105208

30-2016_0131_104947

僕らはワンポールテントを持っていないので、ワンポール内でのグッズのレイアウトや過ごし方など興味津々
薪ストーブをお使いでしたが、ピルツ23の本体素材はポリエステルなので結露が発生しやすい
それを防ぐためには空気の循環が必要で、そのためにサーキュレーターを使っているとのこと
とても参考になりました

30-2016_0130_09142930-2016_0130_091433

座間のケロドンさん、テント内を見せていただいてありがとうございました

 

広場の方では、「冷凍バナナでGo!!」のイベントが開催中
1回¥100で、スノーモービルが引っ張るバナナボートに乗れます

30-2016_0130_113414

30-2016_0130_113808

乗り場の方に行ってみると、声をかけられました
「Kaoru&Beetさんではありませんか?」
ワンちゃんを連れたご夫婦とお連れの3人、ニックネームは「ひらり」さん(「ひらり」はワンちゃんのお名前)

えっ? えっ? どうしてわかったんだろう?がっかり

お話しを聞いてみると、いつもSGにキャンプに来ていて、スタッフの虹の街さんともお友達
今日はテントではなくロッジにお泊りのようですが、虹の街さんがお泊りのロッジまでやってきて
「Kaoru&Beetさんも来ているよ」という情報を聞いていたので、もしやと思って声をかけて下さったというわけ

僕らのブログをいつも見てくれているようで、トルテュの購入の時など、参考にしていただけたようです

いや、いや、本当にびっくりしましたが、とても嬉しかったです
後で、僕らのサイトに遊びに来ていただきました

30-2016_0130_121243

ひらりさん、声をかけていただいて感激・感謝です

どうもありがとうございました



さて、「冷凍バナナでGo!!」 乗ってみましたよ
ハイ、大人も乗れますよウインク
なんとか降り落されることなく、持ちこたえました(スノーモービル、ゆっくり走ってくれたかな)

30-2016_0130_114703-1

30-2016_0130_114720(1)-1

30-2016_0130_114724-1

[広告] VPS




今日は土曜日なので、SGにはたくさんの方がチェックインされています
僕らが設営している、ガーデンXサイトも、少しずつ賑やかに

僕らの斜め前のサイトには、サモエド犬を連れられたご夫婦が
お名前は、らてぱぱさんとらてままさん、サモエド犬が「らて」氏というお名前なんですね

ブログ(サモエド ~らて氏~日記)もやっているということで、名刺交換させていただきました

らてぱぱさん、らてままさん、らて氏と遊ばせていただき、ありがとうございました

 


お昼すぎ、広場で知り合ったひらりさんが、僕らのサイトまで来てくれて、リビシェル君の中で、立ち話しをしている時、

外で、「こんにちは~」という、元気な子供さんの声
あれ、いったい誰かなと思っていると
なんと、なんと、まんまるユズさんファミリーではないですか
本当に、びっくりですよ
これぞまさに、不意打ちの襲撃でした

Iちゃん、Y君、久しぶり  あれ、Y君髪の毛が伸びたね爆笑

30-2016_0130_171309-2

30-2016_0130_171309-1

雪の上での初めてのキャンプ、雪遊びって楽しいよね

30-2016_0130_171350

まんまるユズさんが設営中に、僕らはお昼ごはん

2種類のレトルトソースを使った簡単パスタです

30-2016_0130_124628

30-2016_0130_124635

お昼ごはんのあとは、昨日と一緒の地蔵川温泉

地蔵川温泉って、北軽井沢交差点からすぐ近くにあって、とても便利だし、なんと言ってもお湯がいいですからね

2016_0130_134024


大人の雪遊び

30-2016_0130_152015

30-2016_0130_151957

ご馳走になります ありがとうございました

30-2016_0130_152005

あっという間に、夕方

30-2016_0130_170926

30-2016_0130_171033

晩御飯は、まんまるユズさんファミリーと一緒に

30-2016_0130_182340

大子のDAIGO CAFEで食べた、「わさび丼」に挑戦しましたよ

30-2016_0130_180658

30-2016_0130_180640

未成年者はダメですよ 大人だけの味ですウインク

30-2016_0130_190609_thumb[1]

一足早い春の味、新じゃがと芽キャベツ、そして鶏肉のコロダッチ焼き

30-2016_0130_182647_thumb[1]

まんまるユズさんのペンネアラビアータ  ピリ辛で美味しかったです

30-2016_0130_182638_thumb[1]

Y君は、早い時間に、僕らのシュラフの中で撃沈 (写真がちょっとボケてます)

30-2016_0130_220043_thumb[1]

 たくさんの方々と出会い、襲撃に驚いた、冬の一日でした


天候 雪のち曇り  最高気温0.2℃ 最低気温-7.4℃ 平均風速1.0m


三日目その1へ戻る   四日目その1に続く


ページトップへ戻る





関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/02/07(日) 23:03:44|
  2. スウィートグラス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

富士山見えました

空は曇っていて、墨絵のような富士です




あまり寒くはないので、外で焚き火が出来ます





関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/02/06(土) 14:43:36|
  2. 朝霧ジャンボリーオートキャンプ場

富士山は、まだ隠れてます

天気は、晴れの予報ですが


毛無山は、顔を出してます


雪は、少しだけ残っています


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/02/06(土) 11:17:23|
  2. 朝霧ジャンボリーオートキャンプ場

北軽井沢スウィートグラス  プラD君も変身

北軽井沢スウィートグラス  プラD君も変身


二日目へ戻る   三日目その2に続く


三日目(1月30日)その1

昨夜からずっと雪は降り続いています

夜中に、リビシェル君とランブリ6の接続部分の積雪が気になって
(あまりの重さに、接続部分がはずれないだろうかと)
雪下ろしをしました

夜明け前、予報では朝には止むらしいのですが

30-2016_0130_055322

30-2016_0130_055242

30-2016_0130_055357

30-2016_0130_055608

陽が上って、少し明るくなってきました

30-2016_0130_064012

わ~~~、Welcomeボードが

30-2016_0130_064004

30-2016_0130_063949

30-2016_0130_064152

30-2016_0130_064125

接続部分は、大丈夫でしたね

ほっておいても、雪が滑り落ちてましたから、そのまま積るということはなかったです

30-2016_0130_064053

問題は、プラD君

笑っちゃうほど、大変身していました
ダルマさんですかびっくり

30-2016_0130_064220.jpg

朝ご飯は、ロールパンサンド

30-2016_0130_075158

30-2016_0130_075338

雪はピーク(スノーピーク(笑))を越えて、ほぼ止んできました

予報ではこれ以上雪は降らないようなので、午前中に雪かきです

30-2016_0130_102818

このまま埋もれたままだと幕もスカートもペグなどもカッチカチに凍ってしまって、撤収時に大変なことになるので、
ペグが見えるところまで雪かきをします

大まかなところを、管理棟から借りて来ていた大きなスコップで

30-2016_0130_102748

30-2016_0130_102646

細かなところは、プラD君に常備している折り畳み式スコップで

30-2016_0130_102741

30-2016_0130_102726

そしてもっと細かいところは、防寒用手袋で

30-2016_0201_075628

30-2016_0130_102709

この手袋、東和コーポレーション の手袋で防寒用手袋 トワロン防寒用 169 M ブラウン という製品(Mサイズで¥754)

雪上・雪中キャンプには、とても便利なグッズです

30-2016_0125_092009

作業が終わったら、グリップスワニー  ネビュラチェーンに引っ掛けて幕内で乾かしておきます

30-2016_0129_131226

30-2016_0129_092233

今日は土曜日、午後からSGも賑やかになってきますよ


二日目へ戻る   三日目その2に続く


ページトップへ戻る






関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/02/05(金) 22:45:47|
  2. スウィートグラス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

北軽井沢スウィートグラス  雪に埋もれて、お籠り

北軽井沢スウィートグラス  雪に埋もれて、お籠り


一日目その2へ戻る   三日目その1に続く


二日目(1月29日)

朝6時頃、ランブリ6のフライシートをパラパラと叩くような音で目覚めます

天気予報どおり、雪です

Screenmemo_2016-01-28-04-44-43

2016_0129_082246

2016_0129_082325

クリアウォールを取り付けて、外の光を取り入れます

ドアパネルをハネ上げますが、雪が滑り落ちるように、アップライトポールを1本だけ使います

2016_0129_082254

2016_0129_082309

2016_0129_082234

朝ご飯、昨夜のお鍋の残りを使った雑炊
身体が温まります

30-2016_0129_082013


午前中に、いつもの地蔵川温泉に行って
コンビニでビールなどを買ってきて、あとはのんびり

金曜日なので、設営を始めるキャンパーさんがちらほらと


昼間から飲み始めます

30-2016_0129_123005

幕の中は、薪ストフル稼働のおかげでポカポカ

30-2016_0129_123314

初めて目にした「The 軽井沢ビール」、ラベルのデザインがいいですね

30-2016_0129_125654

30-2016_0129_125841

30-2016_0129_125806

30-2016_0129_125828

 

ラベルは、千住博さんの絵だそうです

karuizawaBeer

お昼ごはんは、古奈屋のカレーうどん

雪降る中、芯から暖まります

30-2016_0129_125303


午後も、雪は降り続きます

30-2016_0129_131938

30-2016_0129_131957

30-2016_0129_140659

30-2016_0129_141114

30-2016_0129_141201

30-2016_0129_141219

散歩の途中、ドッグランがある広場に立ち寄ると
テントを設営したり、雪玉を作ったりして何かの撮影の準備をしている人たちが・・・

いったいなんのロケだったのかな
ずっと見ててもよかったけれど、待っているのは寒いですからね


テントの中でお籠りしていると、あっという間に、晩御飯の時間
今夜は、チーズフォンデュー、ローストビーフサラダ   ワインと一緒にいただきます

30-2016_0129_180137

久しぶりにレクロマイクロバーナーが活躍します

30-2016_0129_180157

30-2016_0129_180206

30-2016_0129_180214

フーちゃん、かぶりつきそうな勢いですね

30-2016_0129_180733

30-2016_0129_180815

夕食後、管理棟がクローズしてからオープンする、 SGスタッフとの語らいの場「SGスタッフBAR」へ
草原広々サイトで小川のPilzを張っておられたご夫婦もいらっしゃっていて
短い時間でしたがキャンプ談義を

雪の夜、楽しい時間を過ごしました

今夜もまだまだ雪が降りそう
明日はどんな一日になるかな?

天候 雪時々曇り  最高気温-0.6℃ 最低気温-3.3℃ 平均風速0.4m


一日目その2へ戻る   三日目その1に続く

ページトップへ戻る




関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/02/05(金) 10:26:24|
  2. スウィートグラス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

北軽井沢スウィートグラス  キーンと張りつめた空気の中で

北軽井沢スウィートグラス  キーンと張りつめた空気の中で


一日目その1へ戻る
   二日目に続く


一日目(1月28日)その2


ちょっと施設のお話

SGの第三炊事棟は超高規格
いままで行ったキャンプ場の炊事場の中で、間違いなく最高の設備です
そして設備は言うまでもなく、なによりも掃除が徹底されています
使う人のことを考えた仕事ぶり、いつも頭が下がりますね

30-2016_0128_161040

30-2016_0128_160806

冬場は扉で締め切ってあり、中にはヒーターが稼働している
中はポカポカ、この中で寝たいくらいペロリ

30-2016_0128_160832

30-2016_0128_160857

当然、お湯が出ます

30-2016_0128_160926

シンクは、水捌けのよい特殊なタイルで出来ている

30-2016_0128_160846

生ゴミの後始末は、必ず実行しましょう

使う前よりも綺麗に、キャンパーの最低限のマナーです

30-2016_0128_160905

30-2016_0128_160918


夕方、キーンと張りつめた空気の中、場内を歩いてみます

30-2016_0128_154327

30-2016_0128_154339

30-2016_0128_155050

30-2016_0128_154802-1

30-2016_0128_155218

30-2016_0128_155234

30-2016_0128_160719-1

2016_0128_160847

30-2016_0204_095242

2016_0128_163222

今夜は、温かいお鍋

30-2016_0128_182115

30-2016_0128_172953

ビールのあとは、冷酒でいただきます

30-2016_0128_185218

こちらもご馳走になります

30-2016_0128_185720



夜、星が輝きだしました 

30-2016_0204_100516

30-2016_0204_100102

30-2016_0204_095508

30-2016_0204_095930

30-2016_0204_095652

30-2016_0204_100657

30-2016_0204_100829

30-2016_0204_101128

明日からは、ずっと雪の予報


天候 晴れ  最高気温4.06.8℃ 最低気温-7.5℃ 平均風速2.2m

一日目その1へ戻る   二日目に続く


ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/02/04(木) 13:38:17|
  2. スウィートグラス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北軽井沢スウィートグラス  雪上キャンプ

北軽井沢スウィートグラス  雪上キャンプ

2016年1月28日(木)~2月1日(月)、4泊5日で、北軽井沢のスウィートグラスへ雪上キャンプに行ってきたよ

今回、北軽井沢スウィートグラス(以下「SG」)へ行ったのは、雪上キャンプをするためだけれど
実は、もうひとつの訳が

SGでは今シーズンから、冬のテントサイトの営業を金土日だけとして、それ以外の平日は営業しないことに変更した
クリスマス時期に行った時に、SGスタッフの虹の街さんに、ちょっと真面目にご意見を述べさせてもらった
「平日にしか休みが取れないキャンパーも沢山いるのだから、サイトを限定してでもいいので、平日も営業してほしい」と・・・

年が変わって、SGのホームページを見てみると

ホワイトスタイルテントサイト平日営業について  2016.1.15
ホワイトスタイル期間中クローズとなっていた平日のテントサイトを下記のとおり一部営業いたします。
■営業サイト (いずれも1/18(月)ご宿泊分から)
 ・電源付サイトX    2サイト ・ガーデンサイトX   2サイト ・雪原広々フリーサイト 2サイト
  ※月曜日から木曜日は第三炊事棟、第二・第三トイレのみご利用いただけます。

 
僕らの意見がずばり反映されてました
虹の街さんが上申してくれたおかげです

それならば、言いだしっぺの僕らは、平日から行くしかないでしょうということで、今回の訪問になったという次第
(実は、今年最初の雪上キャンプは、今まで行ったことのない「羽鳥湖高原レジーナの森」を予定していたのですが・・・)


今回もたくさんの方々と出会いました

お会いしたみなさんへ
とても素敵な思い出ができました  ありがとうございました
また何処かで、ご一緒できることを楽しみにしています

kitakaruSG201601-02

kitakaruSG201601-03




一日目(1月28日)その1
5:34 浅草出発 距離約200km

kitakaruSG201601-01

朝のラッシュに入る前の時間帯のため、首都高速・関越道も順調に

30-2016_0128_070023

上信越道に入ると、少しずつ雪景色が

30-2016_0128_074341

いつものカフェ・ル・プティ・ニ・トロワはお休みの日なので、横川SAで朝食

30-2016_0128_074621

北見のコロッケ??
聞いてみると、北見産のじゃがいもを使ったコロッケだとか

とても美味しかったですよ

2016_0128_081705

2016_0128_081718


[広告] VPS




軽井沢から国道146号線を走り、いつもはそのまま北軽井沢まで行くのだけれど
今日は、天気がいいので、峠の茶屋の交差点から鬼押ハイウェーを走ってみることに

kitakaruSG201601-04-1

六里ヶ原休憩所は冬季は閉鎖されていて、駐車場には入れないけれど、
道路から少し入った入口のところに駐車して、雪の風景を楽しみます

30-2016_0128_090837

30-2016_0128_090709


眼前には、真っ白な浅間山

30-2016_0128_090815

30-2016_0128_091324

南には、小浅間山

30-2016_0128_090828

北には四阿山

30-2016_0128_091307


そして、草津白根山
ため息が出るような白銀の世界、やっぱり冬の北軽井沢はこれですよね

30-2016_0128_091257


[広告] VPS


9:44 SGに到着
アーリーチェックインです

30-2016_0128_094414

今回のサイトは、ガーデンXのX-24(電源サイト)
ちなみに、料金はアーリーチェックイン料金(¥1,000)を含めて、4泊で¥8,900、1泊あたり¥2,225
冬の平日割や土曜日を含む連泊サービス(どれんぱく)などで、結構割安


事前に、重機で除雪してありました

30-2016_0128_100120

30-2016_0128_100143

向かいのサイト 除雪しない場合はこんな感じですね
積雪50cm程度かな

30-2016_0128_100125


リビシェル君ランドブリーズ6を接続

ランドブリーズ6は、今回が初陣です
マッドスカートの効果の実地検証も行います

2016_0128_132502

30-2016_0128_145236

2016_0128_124222

コールマンのクリアウォールも大活躍

リビシェル君の中がとても明るくなり、冬キャンプにはピッタリの製品ですよね

2016_0128_124237


除雪された後の地面の雪の深さは10cm程度なので、ペグはソリステが使えますが
サイトの端の方は、雪が深いので、プラスチック杭を使います

30-2016_0201_075721

シートピン畑の杭」という名称の農業用資材、ジョイフル本田で買ってきました
35cmが¥55、27cmが¥45

畑で土壌表面を被覆するマルチやシートを押さえるために使うものですね

30-2016_0201_075821

深い雪の場合は、これがペグ替りになります

ガイラインをつけたあと

30-2016_0201_105611

雪の中に深く埋め込んで圧雪します

30-2016_0201_105626

30-2016_0201_100701

30-2016_0201_100654

正直なところ、ソリステでもいいのですが、ソリステよりは雪に接触する面積が広いので、強度はこれの方が上でしょうね
ただし、浅い雪では使えませんので注意が必要です


リビシェル君の場合、入口のメッシュ部分にごくわずかですが、隙間があるので
暖房効果を高めるために、この隙間を養生テープで埋めてしまいます
この方法は、大子のグリンヴィラで知り合った、「うろちょろ.jp」のせにょーるさんとたかぶーさんに教えていただいたもの

30-2016_0128_151715-1

30-2016_0128_151720

養生テープ(マスキングテープとも言うようですが)は、簡単に手で切れるし、剥がすのも簡単、テープの跡も全く残らない

30-2016_0128_151728

とてもいい事を教えていただき、ありがとうございました  

効果抜群でしたよスマイル

 

今回、ランドブリーズ6のデビューとともに、コット寝を初体験します
ランドブリーズ4では、コット2つは入らないし、そもそもコットを2つも持っていなかったのですが
ランドブリーズ6の導入と同時に、コットも買い足しました

コットの上は、インフレータブルマット、電気毛布、オフトン、そしてオフトンの中に湯たんぽという設定
もうポカポカで、オフトンから出るのに大変勇気が必要でした

30-2016_0129_160309

30-2016_0129_160325


今回の暖房は、薪ストーブとフジカ君の最強コンビ

余談ですが、薪ストの中のロストルあみ、長年の使用で悲しいほど朽ち果てて、もう原型をとどめていません悲しい
部品として販売しているので(品番♯93116、税込¥3,078)、買い替えます

30-2016_0128_143752

30-2016_0128_133212

30-2016_0128_133217

薪はいつもの岩田コーポレーション軽井沢ショールームで購入
15束、約100kg、¥7,500 (4泊で使ったのが13束、2束あまりました)

寝ている時以外、ほぼずっと燃やしているので、仕方がないですが、燃料代は高くつきます

30-2016_0128_143744

 

リビシェル君とランドブリーズ6の接続部分

30-2016_0128_151341

接続部分の高さも余裕があって、移動も楽に出来て、開放感があります

30-2016_0128_151906

30-2016_0128_151922

30-2016_0128_152002

30-2016_0128_151932

30-2016_0128_151958

ランブリ4の場合は、「しまドルトン」のブランケットをカーテンのように使って、インナーとフライシートとの隙間を埋めていました
今回のランブリ6は、マッドスカートのおかげで、冷気が入ってくることもなくなったので、カーテンは不要でした

薪ストとフジカ君で温められた空気は、リビシェル君からある程度ランブリ6の中にも入ってきたようです
もちろんリビシェル君の中と同じ温度にはならないけれど、ランブリ4の時より暖かかったですね

マッドスカートの効果は間違いなくありましたね爆笑


一日目その2へ続く


ページトップへ戻る





関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/02/03(水) 18:54:17|
  2. スウィートグラス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

帰る途中で、乾燥&メンテナンス

雪で汚れた、リビシェル君たち
いい天気の下、綺麗になって気持ち良さそう








プラD君、僕も早く洗って欲しいなあ




関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/02/02(火) 13:09:48|
  2. ●キャンプ関連

プロフィール

Kaoru&Beet

Author:Kaoru&Beet
Kaoru君とBeet君のキャンプ日記へようこそ!

PCカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

INDEX

Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

最新記事

CATEGORY

月別アーカイブ

2017年 04月 【20件】
2017年 03月 【21件】
2017年 02月 【24件】
2017年 01月 【28件】
2016年 12月 【40件】
2016年 11月 【32件】
2016年 10月 【27件】
2016年 09月 【29件】
2016年 08月 【23件】
2016年 07月 【29件】
2016年 06月 【29件】
2016年 05月 【21件】
2016年 04月 【23件】
2016年 03月 【22件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【30件】
2015年 12月 【29件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【30件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【24件】
2015年 02月 【25件】
2015年 01月 【17件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【23件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【21件】
2014年 04月 【12件】
2014年 03月 【24件】
2014年 02月 【17件】
2014年 01月 【18件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【19件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【14件】
2013年 07月 【24件】
2013年 06月 【12件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【16件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【13件】
2013年 01月 【14件】
2012年 12月 【18件】
2012年 11月 【16件】
2012年 10月 【17件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【9件】
2011年 09月 【2件】

最新コメント

リンク


Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

WOM CAMP ロゴ2

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR