FC2ブログ

Kaoru君とBeet君のキャンプ日記

キャンプ日記、キャンプ道具、旅の記録、街歩きとグルメなどを書いています。

北軽井沢スウィートグラス  やっと雪景色

北軽井沢スウィートグラス  やっと雪景色


六日目に戻る  

七日目(12月28日)

撤収の日、やっと雪景色に

70%-2016_1228_071854

70%-2016_1228_071707

70%-2016_1228_072009

70%-2016_1228_071934

幕内のグッズを一気に片付けます
外はまだ小雪がちらついていて・・・

ペグを抜くことが出来ても、雪に埋もれたガイラインが凍りついていて
とっとさんファミリーからお湯を借りて氷を溶かしました


幕の撤収を終えた頃、日差しが届いてきて・・・

70%-2016_1228_114652

70%-2016_1228_113537

70%-2016_1228_113450


70%-2016_1228_113802

70%-2016_1228_113554

Y君、Mちゃん、また遊びましょうね

70%-2016_1228_114821-1

浅間山、また来ますよ

70%-2016_1228_113623

管理棟ではもうお正月準備が始まっていたけれど、煙突には名残惜しそうにサンタが・・・爆笑

2016_1228_112952


帰り道、軽井沢 星野エリアのハルニレテラスに寄って

希須林でランチしてから、買い物

70%-2016_1228_130626

70%-2016_1228_123736

70%-2016_1228_123409

70%-2016_1228_132003

70%-2016_1228_132317

70%-2016_1228_132223

70%-2016_1228_132012


70%-2016_1228_131900

70%-2016_1228_132203

70%-2016_1228_131609

70%-2016_1228_132659

70%-2016_1228_121235

ツルヤにも寄って買い物

70%-2016_1228_135814

14:30頃、碓井軽井沢ICから上信越道へ

抜けるような冬晴れでしたね

70%-2016_1228_142625

70%-2016_1228_142838


横川SAで買ったのがこれ

70%-2016_1228_145624_thumb[1]

峠の釜めしではないですよ アイスクリームです

70%-2016_1228_145738_thumb[1]

峠の釜めしで始まり、峠の釜あいすで終わったクリスマスキャンプでした

 六日目に戻る

ページトップへ戻る


翌日、12月29日の彩湖道満グリーンパークのとある風景ウインク

2016_1229_140145_thumb[1]

2016年の締めくくりでした



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/29(木) 23:55:14|
  2. スウィートグラス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

北軽井沢スウィートグラス  チョコレートフォンデュ

北軽井沢スウィートグラス  チョコレートフォンデュ


五日目に戻る  七日目へ続く


六日目(12月27日)

昨夜遅くからずっと雨、残念ながら気温が高くて雪ではなく雨

朝起きると、カイオワ君の前室が水浸し
管理棟にお願いして、少し土を入れてもらいました
ありがとうございました
(そう言えば、以前にも土を入れてもらったこと がありましたね)


朝からカイオワ君の中に籠ります

朝ご飯、フレンチトースト

70%-2016_1227_092447

昼ご飯、焼きそば

70%-2016_1227_134913

3時のおやつに、とっとファミリーさんの幕にお邪魔して、チョコレートフォンデュ

Y君もMちゃんも目を輝かせて喜んでくれました

70%-2016_1227_150756

70%-2016_1227_150749

70%-2016_1227_150927

70%-2016_1227_151039

70%-2016_1227_150939

70%-2016_1227_150943

大人もけっこう夢中になったりして

70%-2016_1227_152117


午後、雨があがると同時に、急に冷えてきました

70%-2016_1227_154456

最後の夜は、とっとさんファミリーの幕にお邪魔します

70%-2016_1227_190340

70%-2016_1227_190400

70%-2016_1227_191530

頂きものの蒲鉾を、火で少し炙るとより美味しくいただけます

70%-2016_1227_191539

70%-2016_1227_190848

サバ缶も

70%-2016_1227_193135

70%-2016_1227_190156

スノーピーク(snow peak) ギガパワーランタン天オート GL100A かな?と思ったけれど
BULIN ポータブルランタン BL300-F1  という中国メーカーのランタンだそうです
価格はギガパワーランタン天の1/3程度
付属しているマントルではなく、スノーピークのマントル S GP-001を使うと、いいらしいです
格安の中国製品だけれど光量調整も問題なくできたし、結構面白そうなランタンかも・・・また物欲が・・・

70%-2016_1227_210703

とっとさんが持ってきたスウェディッシュトーチ(スウェーデントーチ) 

最初はなかなか炎が出なかったけれど、やがて大きな炎に   大成功でしたね

70%-2016_1227_212822


天候 雨後曇り  最高気温8.6℃ 最低気温-4.7℃ 平均風速4.2m

五日目に戻る  七日目へ続く

ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/28(水) 23:59:50|
  2. スウィートグラス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

北軽井沢スウィートグラス  Happy birthday, dear Mちゃん

北軽井沢スウィートグラス  Happy birthday, dear Mちゃん


四日目に戻る  六日目へ続く

五日目(12月26日)

朝ごはん、パンケーキ

70%-2016_1226_084148

昨夜のチーズフォンデュの残り具材とベーコンの炒め物

70%-2016_1226_084200

70%-2016_1226_084126

70%-2016_1226_101404

70%-2016_1226_104406

70%-2016_1226_104420

午前中、いつもの地蔵川温泉へ行ってから、Aコープ北軽井沢店とコンビニで買い物

お昼は、Aコープで見つけたCoCo壱番屋のドライカレー
キャベツとベーコンのコンソメスープを添えて

70%-2016_1226_133400

 

今日はMちゃん7歳のお誕生日、外でのお祝い会にご一緒させていただきました

凄い!! 手作りのお誕生日ケーキですよ

70%-2016_1226_150837

Happy birthday, dear Mちゃん

70%-2016_1226_150853

70%-2016_1226_151049

70%-2016_1226_152015

70%-2016_1226_152555

夕方5時を過ぎると、もうほとんど夜

70%-2016_1226_171241

70%-2016_1226_171657

70%-2016_1226_172116

70%-2016_1226_172254

70%-2016_1226_172433

70%-2016_1226_172521

70%-2016_1226_172628

70%-2016_1226_173436


浅間山の上にひときわ明るく輝く惑星は金星かな?

70%-2016_1226_174206

70%-2016_1226_174524

70%-2016_1226_174558


今夜もいっしょに晩御飯

70%-2016_1226_183110

鶏ハム、大人気でした

70%-2016_1226_182938

70%-2016_1226_183009

70%-2016_1226_183016

70%-2016_1226_184852

和食が中心なので、やっぱりこちら

70%-2016_1226_192610

70%-2016_1226_180630

70%-2016_1226_180702

ご飯が終わって、広場で星を見ながら遊びます

70%-2016_1226_205451

70%-2016_1226_205731

70%-2016_1226_204835

70%-2016_1226_205320

70%-2016_1226_205858

70%-2016_1226_205948

天候 曇り  最高気温7.1℃ 最低気温-7.9℃ 平均風速2.5m

四日目に戻る  六日目へ続く

ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/27(火) 19:06:34|
  2. スウィートグラス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北軽井沢スウィートグラス  サンタがやってきた

北軽井沢スウィートグラス  サンタがやってきた


三日目に戻る  五日目へ続く

四日目(12月25日)

クリスマスの朝、冷えましたね

5:21 幕の中でマイナス4℃(外気温はマイナス7~8℃ぐらいかな?)

70%-2016_1225_052159

フジカ君をつける前に、カリフォルニアパティオ赤外線カセットヒーターPatio Cappuccinoを点火
問題なく点火できて、普通に燃焼しました

氷点下の条件下でも、十分に使えることが実証できましたね

70%-2016_1225_052131

今日はいい天気になる予報

70%-2016_1225_070440

初めて浅間山が顔を出してくれました

70%-2016_1225_070424

70%-2016_1225_070639

70%-2016_1225_071059

70%-2016_1225_070819

70%-2016_1225_085312

70%-2016_1225_085328

70%-2016_1225_085205

昨日までご一緒させていただいた皆さんは、今日撤収

モカちゃんも、よい年を迎えて下さいね

70%-2016_1225_091012

70%-2016_1225_091125

70%-2016_1225_091744

70%-2016_1225_091804

抜けるような青空になりました

70%-2016_1225_105511

70%-2016_1225_105505

みなさんさようなら、道中お気をつけて!! スマイル

70%-2016_1225_120728

70%-2016_1225_120740(1)


虹の街さんがサイトにやってきて、ルオムの森でのファッションショーの写真集を見せてくれました

虹の街さんご夫婦は、ベストファッショニスタに選ばれたとのこと

70%-2016_1225_122351

70%-2016_1225_122539

70%-2016_1225_122530

確かに間違いなくベストですよねスマイル

70%-2016_1225_122550

70%-2016_1225_122456

70%-2016_1225_122502-1

今日から、とっとさんファミリーが僕らの近くの直火タープ付きサイトにINされました

 

夕方、浅間山の噴煙がはっきりと

70%-2016_1225_163830

70%-2016_1225_163917

70%-2016_1225_163927

70%-2016_1225_163942

カイオワ君の中でみんなでクリスマスパーティー

Y君、Mちゃんも楽しそう

70%-2016_1225_183256

70%-2016_1225_184147

金粉が入ったシャンパン、初めていただきましたよ

70%-2016_1225_185449

70%-2016_1225_183301

チーズフォンデュ、久しぶりにレクロ マイクロバーナーが活躍します

70%-2016_1225_184755

サンタがプレゼントを持ってやってきたびっくり

どんなプレゼントだったかな?

70%-2016_1225_180735


天候 晴れ時々曇り  最高気温2.4℃ 最低気温-7.8℃ 平均風速2.3m

三日目に戻る  五日目へ続く

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/26(月) 23:28:13|
  2. スウィートグラス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

北軽井沢スウィートグラス  焚き火ランチ

北軽井沢スウィートグラス  焚き火ランチ


二日目に戻る  四日目へ続く


三日目(12月24日)

朝ごはんを簡単に染ませてから

70%-2016_1224_072110

70%-2016_1224_072141

スウィートグラスの薪焚きの湯
薪ボイラー式の貸切セルフ風呂、一般家庭と同じようなお風呂設備が4つ
予約制で45分¥1,200、75分¥2,000
滞在中3回ほど利用したけれど、わざわざ外に出ていく必要がないということで、なかなか良かったです


お昼は焚き火を囲みながらランチ

70%-2016_1224_123619

Syu&Chaiさんが用意してくれたコールマン キャンピングオープンスモーカー でピザ

70%-2016_1224_121447

70%-2016_1224_131553

70%-2016_1224_131738

70%-2016_1224_125509

昨夜の鴨鍋の残りで作った鴨そば

70%-2016_1224_124230

下仁田ネギの地獄焼

70%-2016_1224_123228

70%-2016_1224_122344

真っ黒になるまで焼いて

70%-2016_1224_123209

中身をいただきます 甘~~~い!!

70%-2016_1224_124923

焼きそばカプセル

70%-2016_1224_132322

70%-2016_1224_132429

美味し

70%-2016_1224_132602

カリフラワー、にんじん これまた美味し

70%-2016_1224_125445

70%-2016_1224_125758-1

70%-2016_1224_135349-1

70%-2016_1224_135350-1

70%-2016_1225_070344

焚き火ランチ、最高でした


今年のクリスマス飾りは白色を基調にシンプルに

70%-2016_1226_101440

70%-2016_1226_101443

70%-2016_1226_104505

70%-2016_1226_104523

70%-2016_1226_104531

70%-2016_1223_151534

70%-2016_1226_101410




今夜はクリスマスイブ

カイオワ君の中でパーティー

70%-2016_1224_184924

70%-2016_1224_185000

クリスマスツリーのサラダ、食べるのはもったいないびっくり

70%-2016_1224_184245

70%-2016_1224_184311

毛ガニの視線が気になるがっかり

70%-2016_1224_184302

70%-2016_1224_184314

70%-2016_1224_184317 -1

70%-2016_1224_185239 - 1

70%-2016_1224_191133

お腹がいっぱいになる前に、ケーキをいただきます

70%-2016_1224_195006

Ribbon Familyさん、Kさんから差し入れ、ご馳走様です

70%-2016_1224_194118

これが噂のKさんスペシャル爆笑

70%-2016_1224_194105


70%-2016_1223_175311

70%-2016_1223_175407


天候 曇り  最高気温-1.0℃ 最低気温-6.7℃ 平均風速2.9m

二日目に戻る  四日目へ続く

ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/25(日) 23:41:06|
  2. スウィートグラス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北軽井沢スウィートグラス  カイオワ君、初の試練

北軽井沢スウィートグラス  カイオワ君、初の試練


一日目に戻る  三日目へ続く


二日目(12月23日)

久しぶりに酔っぱらって眠りについて間もなく
おそらく夜中の1時頃
突然、風が物凄い唸り声を上げたと同時に、南側のホールディングシェルフロング竹に置いてあった
クーラーボックスとソフトクーラーボックスが転倒
そして、南側のコットに寝ていたBeet君の上に、張り綱が緩んだのか幕が覆いかぶさってきた
凄まじい音を立てる風が何度も南方向から押し寄せ、慌ててポールを支える2人
入口の低いテーブル上のオカモチもひっくり返り、ケトルが倒れて水がこぼれる
タオルで水気をふき取り、今後に備えて暖かい服装に着替える

少し風が弱まった頃、外から声が・・・
スタッフの方が、心配して来てくれました
林間サイトは古い樹木も多く、強風により落下した枝が車に当たることがあるので、広場に車を移動させてほしいとのこと
入口ファスナーを開けると、前室部分に置いてあったジャグや靴などが散乱し、一部は外まで飛ばされていた
スタッフの方の話では、明け方にかけても強風が続く予報とのこと

ブラD君を広場に移動させて、またやってくるかもしれない突風に備えてそのまま朝まで車中泊

 

明け方近く、風も雨も止んだので、プラD君をサイトへ

枝がたくさん落下していました
中には太い枝も・・・・もしプラD君に当たっていたらボディに傷がついていたかも

70%-2016_1223_062145

カイオワ君の前室、南からの突風を受けたために、北側にずれてました

70%-2016_1223_062011

明るくなってから点検すると、フロアシートのペグループが3か所ほど縫い目が切れて取れていました

SG201612-6-1

広場のタイヤ跡

ふもとっぱらでの強風体験を思い出します

70%-2016_1223_111610

70%-2016_1223_111618

70%-2016_1223_111553

僕らのサイトの隣にある高床式キャビン 
ツリーハウスフォレストのひとつは煙突が折れてしまったようで、スタッフの方が急いで修理してました

70%-2016_1223_111706

強風体験で朝食を作る元気がなくなっていた僕らのために、Syu&Chaiさんが朝食を用意してくださいました
そして、雨に濡れた色々なグッズは、Syu&Chaiさんの暖かいキャビンの中で乾燥させていただきました
また、微妙にずれてしまっていたセンターポールの修復も、お手伝いいただきました

Syu&Chaiさん、本当にお世話になり、ありがとうございました

70%-2016_1223_111532

東京管区気象台は、「平成28年12月22日から23日にかけて急速に発達した低気圧に関する気象速報」を後日発表していました

概要
12月22日から23日にかけて、前線を伴った低気圧が急速に発達しながら日本海を東に進み、22日は低気圧に向かって南よりの強風が吹いた。
暖かい空気が流れ込み最高気温が平年より高くなり、フェーン現象も加わった北陸地方を中心に、12月として最高気温の高い方からの極値を更新した地点があった。
また、22日から23日にかけては風が強まり、12月として日最大風速の極値を更新した地点もあった。
強風などのため、転倒などの人的被害等が発生したほか、新潟県糸魚川市では建物144棟が延焼する火災となった (糸魚川市調べ12月26日14時30分現在)。


SG201612-7-1

SG201612-7-2

そもそも、このような悪天候の中で、幕を張ってはいけなかったのですが・・・・

カイオワ君は、倒れることなく、よく持ちこたえてくれてました


数時間かけて幕内を整理し、なんとか元の快適空間に戻すことができたので、焚き火で暖まります

70%-2016_1223_162705

この日の夜は、Syu&Chaiさん、この日にINした びぃちゃんさん、そして僕ら6人でカイオワ君の中でイブイブパーティー
ローチェア6脚、狭いけれどなんとか入りました

写真を摂り忘れるほど、食べるのと飲むのと話をするのに夢中になりました
美味しい料理の数々、ご馳走様でした

70%-2016_1223_183220

70%-2016_1223_175224

70%-2016_1223_175335

70%-2016_1223_180511


天候 晴れ時々曇り  最高気温10.7℃ 最低気温-2.6℃ 平均風速3.7m 最大瞬間風速15.8m


一日目に戻る  三日目へ続く


ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/24(土) 23:45:01|
  2. スウィートグラス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

北軽井沢スウィートグラス  今年も雪のないクリスマス・・・かな?

北軽井沢スウィートグラス  今年も雪のないクリスマス・・・かな?

2016年12月22日(木)~28日(水)、6泊7日で、北軽井沢のスウィートグラスへ恒例となったクリスマスキャンプに行ってきたよ
ここでのクリスマスキャンプは、今年で5回目

最初に
ご一緒させていただいた皆さん、お会いできた皆さんへ御礼

Syu&Chaiさん、びぃちゃんさん、とっとファミリーさん、Ribbon Familyさん、Kさん、
プレゼントそして美味しい料理、ありがとうございました

さとかつさん、きっとお会いできるだろうと思っていました

松戸のNさん、今年もお会いできて嬉しかったです

僕らのテントの前で声をかけていただいたOさん、何処かでまたお会いできるといいですね

そして虹の街さん、お土産までいただき恐縮です
次回は僕らのテントでのお泊り宴会にお誘いします


SG201612-1-1

SG201612-4


一日目(12月22日)~二日目(12月23日)

6:00浅草出発 距離約200km

SG201612-2

夜明け前の首都高

70%-2016_1222_061216

70%-2016_1222_061851

関越道に入って、日の出を迎える

70%-2016_1222_071243

上里SAで休憩して、上信越道へ

普段の年ならば、この付近から雪景色となるのですが、全く雪がないです

70%-2016_1222_080402

 [広告] VPS

横川SAで朝食

いつもはカフェ・ル・プティ・ニ・トロワへ行くのだけれど、今日はお休み

70%-2016_1222_081413

パンをいただきます

70%-2016_1222_082235

70%-2016_1222_082246

70%-2016_1222_082300

70%-2016_1222_082820

お昼ご飯用に、峠の釜めしを

70%-2016_1222_084755

70%-2016_1222_085514

碓井軽井沢IC 9:02

70%-2016_1222_090235

なんだか不気味な空模様

70%-2016_1222_090622

軽井沢銀座方面から白糸ハイランドウェイを通って

70%-2016_1222_093737

10:06 スウィートグラスに到着です

70%-2016_1222_100637


予約したサイトは、林間の直火広々サイト〈電源付き〉(クリスマスの時期は、5年連続でこのサイト)

テントはカイオワ君
暖房はまだ予約した新しい薪ストーブが来ないので、フジカ君
補助にカリフォルニアパティオ赤外線カセットヒーター  Patio Cappuccino 
そして長い間家の中で眠っていたホットカーペット(1畳用)
まさか、ホットカーペットをキャンプで使うことはないだろうとずっと思っていたけれど
フロアー全体で靴を脱いで過ごす場合、地面からの冷気を和らげるにはもってこいのアイテムでしたね
そして寝る時には、電気毛布と湯たんぽにお世話になります

直火広々サイト F1

70%-2016_1222_102855

70%-2016_1222_102751

以前は、自火炉の設置場所の地面に木の枠が埋め込まれていたけれど、木の枠がなくなっていた
カイオワ君を張るスペースの制約がなくなって、とても助かりましたね

SG201612-5-1

自作のカイオワ設営用テンプレートを使って、ペグ位置を事前に決めてペグを仮打ちしておきます

例えば、ロープを赤い線に沿って伸ばす場合は、ロープについている赤の目印のところでペグを打ちます
写真がないですが、ロープにはカラーテープで三つの目印(赤・緑・白)がつけてあります

70%-2016_1222_104029

70%-2016_1222_104055

70%-2016_1222_104049

仮打ちしたペグを目印にして、ブラックシートを敷きます
仕上り寸法5.2m×5.2mと少し大きめなので、フロアシートに合わせて折り込みます
ブルーシートでもよかったのだけれど、カイオワ君のフロアシートの色が黒なので、目立たないように色を合わせました

このブラックシートは、フロアシートの保護・汚れ防止になると同時に、地面からの冷気の遮断にも一役買います

70%-2016_1222_104513


70%-2016_1222_130352

70%-2016_1222_130419

お昼ご飯は、横川SAで買ってきた 「峠の釜めし
「峠の釜めし」は信越本線横川駅の駅弁で「日本随一の人気駅弁」と評されたこともある有名なお弁当

「峠の釜めし」の誕生
戦後、旅行者数も増えていったが、この頃の駅弁はどこも似たような内容であったため、飽きられていた。
荻野屋(1885年、横川駅の開業時に創業した駅弁屋)も例外ではなく、全列車が横川 - 軽井沢間の碓氷峠通過に際し
ED42形電気機関車への付け替えが必要なために長時間停車する駅という立地にもかかわらず、業績が低迷していた。
そこで、当時の4代目社長であった高見澤みねじは、停車中の列車に乗り込み、旅行者に駅弁に対する意見を聞いて回った。
意見の大半は「暖かく家庭的で、楽しい弁当」というものであった。
高見澤と、当時社員で後に副社長となる田中トモミは、その意見をどのようにしてそれを駅弁に反映するかを考え、
弁当と一緒に販売する緑茶の土瓶に着目した。当時の駅で販売されていた緑茶の土瓶は陶器製であったが、
陶器は保温性にも優れていた上、匂いも移らないため、「暖かい」「楽しい」という要望をクリアできる。
さらに、「中仙道を越える防人が土器で飯を炊いた」という内容の和歌にヒントを得て、早速益子焼の職人に相談し、
一人用の釜を作成することにした。
こうして、当時の「駅弁=折り詰め」という常識を破り、1958年2月1日から販売が開始されたのが、峠の釜めしである。
当時としては画期的だった温かい駅弁であったこと。文藝春秋のコラムに取り上げられたことから、徐々に人気商品となり、その後の隆盛へとつながるきっかけとなった。
1967年には、フジテレビジョン系テレビドラマ『釜めし夫婦』(池内淳子主演)のモデルにもなった。

70%-2016_1222_130510

70%-2016_1222_130651

70%-2016_1222_130626

味噌汁と一緒にいただく峠の釜めし、大満足です

70%-2016_1222_132042


夜は、この日から四日間ご一緒するSyu&Chaiさんのフリードッグキャビンにお邪魔して

70%-2016_1225_070832

70%-2016_1222_183031

70%-2016_1222_183820

70%-2016_1222_183823

70%-2016_1222_183827

70%-2016_1222_183832

Syu&Chaiさん特製のおでん  美味です 

70%-2016_1222_191113

おでんには、やはりこれでしょう

70%-2016_1222_185918

70%-2016_1222_185903


キャビンの中は、薪ストでポカポカ

70%-2016_1222_212443

いやいや、ポカポカを通りこして、なんと室内温度31℃

長袖シャツを腕まくりして、飲んでました

70%-2016_1222_212417


夜も更けて帰ろうとすると、外は雨で結構な降り

傘を借りてサイトに戻って、そのままシュラフにもぐりこみます

スマホの情報では、糸魚川で大火事があって大変なことになっているらしい
フェーン現象による強風が一因だとか

南風が強くなってきているのは感じていたけれど、
まさか夜中にカイオワ君が初の試練を受けることになるとは思わず、お酒の酔いもあってすぐに夢の中へ・・・

 

天候 曇り後雨  最高気温13.6℃ 最低気温-1.4℃ 平均風速2.1m 最大瞬間風速17.1m


二日目に続く

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/23(金) 23:34:36|
  2. スウィートグラス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今年も雪のないクリスマスになるのかな?

標高1100m 浅間高原

全く雪がないです

お昼は、これ

雪が降るまで、粘ります(^-^)

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/22(木) 18:15:44|
  2. スウィートグラス
  3. | コメント:6

California Patio Patio Cappuccino カリフォルニアパティオ  パティオカプチーノ

California Patio  Patio Cappuccino  カリフォルニアパティオ  パティオカプチーノ

 

冬キャンの時、薪ストーブやフジカ君のサブの暖房器具として使っているのが
プリムス アウトドアヒーターP-951CP
コールマン クイックヒーター MODEL170-8054
コールマン 遠赤ヒーターアタッチメント

北海道長期遠征2016(9月~10月)の時は、寒くなった時の非常用として、この3つを持っていったけれど
コールマンのクイックヒーターはすぐに故障してしまい、使い物にならなかった

それが理由と言う訳ではないのだけれど、
サブの暖房器具をひとつ追加です

カセットガスを使用するCalifornia Patioの赤外線カセットヒーター  Patio Cappuccino 

とてもコンパクト
そしてこのボディカラーがKiowa君にぴったり

2016_1217_103145-1

2016_1217_103418-1

2016_1217_103440-1

2016_1217_103643-1

大きさは、こんな感じ

外形(幅×高さ×奥行) 280 mm x 230 mm x 210 mm  総重量 2.4 kg

2016_1217_103326

カセットガスボンベに入っているブタンガスは、低温時に気化しずらい特徴がある
ガスが最大限に気化しない場合は熱効率が悪くなるわけだが

このカリフォルニアパティオのカセットガスヒーターは、低温の場合の二つの対応策を兼ね備えている

1.ジェネレーター機能
バーナーに火を点けた後、バーナーの熱はガスのパイプをあたためる
よってガスを燃やす前に、ガスをあたためる事になる
これがジェネレーター機能

2.ヒートパネル機能
ヒーターを利用する際にボンベ本体が冷たくなる特徴がある
全てのカセットガス用品はこの問題がある
カリフォルニアパティオのヒーターはヒートパネルを利用して
バーナーの熱がヒーター内臓の鉄板を暖め、暖かい鉄板がガスボンベを包んでいる
これはボンベのホットカーペットみたいなもので、これがヒートパネル機能

2016_1217_104036-1

何処でも手に入るカセットガスボンベ(CB缶)を使用
CB缶1本で、約3時間燃焼するらしい

2016_1217_103811

2016_1217_103833

2016_1217_103851

2016_1217_103731-1

2016_1217_103700-1

2016_1217_104550

2016_1217_104453

2016_1217_104511

2016_1217_104435

使用ガス ブタンカセットボンベガス
発熱量 1.1kW (950  kcal/h)
ガス消費量 0.80 kg/hr
連続燃焼時間 約 3 時間
総重量 2.4 kg
外形(幅×高さ×奥行) 280 mm x 230 mm x 210 mm
点火方式 内蔵着火 電圧着火方式
バーナー セラミック
本体の材料 鉄
保証期間 1年

2016_1217_105937



近々、標高約1,100m最低気温マイナス5~10℃になるフィールドで実地検証してこようと思います



取扱説明書

2016_1217_105931.jpg2016_1217_105917.jpg


70%-2016_1126_154717-15





<2016年12月29日追記>
マイナス4℃の条件下でも、問題なく動作しました
動作検証の記事はこちらへ→ 「北軽井沢スウィートグラス サンタがやってきた」


冬キャングッズINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る




関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/18(日) 22:27:20|
  2. 冬キャングッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

冬・隅田川・夕景

冬・隅田川・夕景


2016年12月17日(土)
雲一つなく晴れ渡った日の夕方、隅田川のほとりをカメラ片手に散歩

 

都会の夕方の空も、まんざらでもないです

70%-2016_1217_163106

70%-2016_1217_165121

70%-2016_1217_170232

70%-2016_1217_171536

70%-2016_1217_171746

70%-2016_1217_171830




帰り道、観音様にお参りして、羽子板市を覗いてみる

70%-2016_1217_172738

70%-2016_1217_173500

70%-2016_1217_173543

今年の世相を反映する羽子板も出ているけれど

70%-2016_1217_174001

70%-2016_1217_174619

70%-2016_1217_174701

やはり、羽子板はこれですよね

70%-2016_1217_174722


70%-2016_1217_174958

羽子板市が終わると、浅草はもうお正月

70%-2016_1217_175256

人形焼屋さんも、これから忙しくなります

70%-2016_1217_175515

70%-2016_1217_175429

70%-2016_1217_175443

来年の干支は酉ですね

70%-2016_1217_180020


関連記事

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2016/12/17(土) 20:15:09|
  2. ●僕らの住処 浅草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

snow peak Tote Bag S スノーピーク トートバックS

snow peak Tote Bag S  スノーピーク トートバックS

2016年12月16日(金)
トレジャーファクトリーのスポーツ&アウトドア専門リユースショップ トレファクスポーツ柏店へ行ってきた
アウトドア専門のトレファクがあることは知っていたけれど、近い場所ではないので、今まで行ったことがなかった
今回、あるアウトドアウェアとグッズ(新品未使用品)の買い取り価格を知りたくて、初めての訪問

2016_1217_110007

新品未使用品でも、僕らが想定していたより驚くほど安い買い取り価格(この業界ではおそらく標準なのでしょうが)
だったので、売りませんでした

お店は、スポーツ&アウトドア専門というだけあって、多数のアイテムが揃っていましたね
じっくりと店内を物色すると、お値打ちな中古品があったのでお買い上げ~

スノーピーク トートバックSの中古品
汚れもほとんどなく中古品としては上物
新品定価は¥6,400(税抜き)、この中古品は¥3,980(税抜き)でした

2016_1217_113904

2016_1217_113952

2016_1217_114049

●サイズ:W360×H380×D250mm
●材質:6号帆布(パラフィン・PU加工)、アクリルテープ(中芯:PP)、ナイロンメッシュ、金具
●重量:約820g

Kiowa君の中で使う敷物を入れようか?

年明けに納品される新しい薪ストーブの煙突入れに使うには、ちょっと贅沢過ぎるかな?

 

 

トレファクスポーツ、ヴィンテージ物が結構ありました
マナスル、コールマン、・・・など
パンフレットにあるように、見るだけで楽しいかもしれませんね

2016_1217_110031



収納・棚 INDEXはこちらへ

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/16(金) 23:15:13|
  2. 収納
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

長い旅が終わり・・・

北海道長期遠征2016ーFile No.88

39日目その1へ戻る

2016年10月8日(土)~9日(日) 39日目その2~40日目  長い旅が終わり・・・

雨が降り出しました

フェリーは深夜便を予約していましたが、夕方便に空きがあったので変更しました

15時半、遅めのお昼と早めの夕食を兼ねて、こうちゃんおススメの回転寿し 旬楽

70%-2016_1008_072650-6

2016_1008_161732

2016_1008_161750 

2016_1008_161901

あれもこれも食べたくなります

2016_1008_153646

2016_1008_154055 

2016_1008_154101

2016_1008_154630

2016_1008_160542

世界で一番有名な「だし巻き玉子」ですか

2016_1008_161655 

それは食べるっしょ

2016_1008_160153

北海道の味、美味しいお寿司でした

2016_1008_161906

苫小牧港西フェリーターミナル

商船三井フェリーの乗り場です

70%-2016_1008_172600

IMG_20200608_0038

IMG_20200608_0039

IMG_20200608_0040 -0

17:28 フェリーに乗船します

70%-2016_1008_172821

「さんふらわあ ふらの」の船内

70%-2016_1008_180502

70%-2016_1008_181101

さんふらわあ ふらの パンフレット

IMG_20200608_0040.jpg IMG_20200608_0041.jpg



いよいよ北海道とお別れです

70%-2016_1008_175750

70%-2016_1008_175818

18:45 出航の時間です

寂しさの涙でレンズが曇ります

 70%-2016_1008_175904

70%-2016_1008_180014

さようなら、北海道

ありがとう、北海道

 


昨夜は早くに寝てしまいました

70%-2016_1009_072255

70%-2016_1009_072338

パンやカップスープなどで朝ごはん

70%-2016_1009_074449

今回の部屋はスタンダードルーム

70%-2016_1009_134814

70%-2016_1009_082040

現在、いわき沖を通過中

70%-2016_1009_082106

70%-2016_1009_082057

部屋でのんびり、パソコン作業をしたり

70%-2016_1009_112202

70%-2016_1009_114409

デッキで写真を撮ったり

70%-2016_1009_111040

70%-2016_1009_111049

70%-2016_1009_111145

70%-2016_1009_111654

70%-2016_1009_111924

フェリースタッフの方のお話では、乗船客数は3分の1程度だそう

大洗に着岸します

70%-2016_1009_134438

70%-2016_1009_134456

70%-2016_1009_134511

70%-2016_1009_134526

70%-2016_1009_134611

下船の指示を待ちます

70%-2016_1009_141534

70%-2016_1009_142241

70%-2016_1009_142334

70%-2016_1008_072650-7

70%-2016_1009_143142

常磐自動車道に乗り、渋滞が始まる前に都内に入ります

70%-2016_1009_144147

70%-2016_1009_144759

70%-2016_1009_145322

70%-2016_1009_153611

久しぶりのスカイツリー

70%-2016_1009_163742

浅草に帰ってきました

70%-2016_1009_163914

久しぶりの神谷バー

70%-2016_1009_164012

70%-2016_1009_164025

ただいま!!! 

 39日目その1へ戻る


2016hokkaidou000-11

今回の「北海道長期遠征2016」は、全行程39泊40日、走行距離約4,400km
キャンプ場15ヶ所で29泊、ホテルなど8泊、フェリー2泊

まずは、お世話になった皆さんにお礼を・・・
 こうちゃんさんご夫妻には2度もお会いできました
 office tさんファミリーに北見のキャンパーさんが加わったグルキャンも楽しみました
 ハナパパさんご夫婦とは憧れのキャンプ場で、念願のキャンプができました

おおまかなルートだけ決めておいて、あとは天気任せ・風任せの日程未定の気楽なキャンプ旅
時折、日付や曜日が曖昧になるほど、気ままでのんびりとした毎日を送ることができました
体調を崩すことなく、また事故や災害に巻き込まれることなく、無事に旅を終えることができたことに感謝します

そして、旅先で出会った全ての皆さんに、もう一度お礼を言います
本当にありがとうございました

またどこかでお会いしましょう



北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る




関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/16(金) 11:00:40|
  2. ●キャンプ日記-北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北海道最後の撤収  【オートリゾート苫小牧アルテン】

北海道長期遠征2016ーFile No.87

38日目へ戻る  39日目その2~40日目へ続く

2016年10月8日(土)39日目その1  北海道最後の撤収 【オートリゾート苫小牧アルテン】

今日の空は曇りがち

朝ごはんを済ませたら、撤収に取り掛かります

70%-2016_1008_072651

70%-2016_1008_073223

あらかた片付け、濡れたシールドなどを干している間に、Sさんサイトにお邪魔します

ココちゃんとモカちゃんの写真を撮らせてもらいました

70%-2016_1008_075448

70%-2016_1008_075512

70%-2016_1008_075730

70%-2016_1008_075653

70%-2016_1008_081341

テント撮影もお願いして・・・

70%-2016_1008_081123

70%-2016_1008_081133

70%-2016_1008_081148

新しい出会いに感謝です
Sさんご夫婦、そしてココちゃん・モカちゃん、お元気で!!
お土産までいただきありがとうございました

ペグを洗い終えて

70%-2016_1008_104227

11時前に撤収完了です

70%-2016_1008_105222 

雨が降り出しそうな空模様

70%-2016_1008_105230

70%-2016_1008_105252 

チェックアウトを済ませて

70%-2016_1008_105713 

もう一度「ゆのみの湯」で温泉に入ります
チェックアウト後でも利用できるのは、ありがたいですね

70%-2016_1008_131924

北海道最後の宿営地として選んだ人気のキャンプ場は、うわさ通りの高規格

十分に堪能しました


オートリゾート苫小牧アルテンの紹介

上矢印ロケーション
北海道苫小牧市の西部、錦大沼公園の一角にあり、 樽前山ろくに位置する
総面積236ha
二つの天然湖沼はじめ、自然林、小河川など、優れた自然環境を有している
標高 30m

70%-2016_1008_072650-0

70%-2016_1008_072650-1

70%-2016_1008_072650-2

70%-2016_1008_072650-3

70%-2016_1008_072650-4

70%-2016_1008_072650-5

上矢印センターハウス
受付、売店、トイレ(男子用:大2・小3、女子用:3)
コインランドリー、シャワー(男女各2)

70%-2016_1007_091452

70%-2016_1007_091229

70%-2016_1007_091301

70%-2016_1007_091307

70%-2016_1007_091323

70%-2016_1007_091328

70%-2016_1007_091333

70%-2016_1007_091354

70%-2016_1007_091529

上矢印炊事場

70%-2016_1007_085954

上矢印トイレ

70%-2016_1007_085504

70%-2016_1007_085530

70%-2016_1007_085544

70%-2016_1007_085547

70%-2016_1007_085554

上矢印サイト
みずなら・からまつ・しらかばサイトに分かれており、全209区画
車横づけの可否、ペットの可否、電源の有無などから様々な宿泊スタイルを選べる

その他、ログハウス6棟、キャビン10棟、デッキハウス2棟、バンガロー10棟

サイトの地面:芝

70%-2016_1007_085717

70%-2016_1007_085828

70%-2016_1007_090058

上矢印ゴミ
「燃やせるゴミ」と「燃やせないゴミ」に分別して廃棄可能

70%-2016_1007_090051

上矢印その他
・通年営業
・温浴施設「ゆのみの湯」
  利用券はセンターハウスで購入
  滞在期間中、1枚で何度でも入浴可能
  チェックアウト後も利用可能

70%-2016_1008_131924

70%-2016_1007_091257

オートリゾート苫小牧アルテン パンフレットなど
IMG_20200608_0027.jpg  IMG_20200608_0028.jpg
 
IMG_20200608_0030.jpg  IMG_20200608_0031.jpg

苫小牧 パンフレット 
IMG_20200608_0032.jpg  IMG_20200608_0033.jpg  IMG_20200608_0034.jpg
IMG_20200608_0035.jpg  IMG_20200608_0036.jpg  IMG_20200608_0037.jpg

38日目へ戻る  39日目その2~40日目へ続く


北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/16(金) 10:20:19|
  2. オートリゾート苫小牧アルテン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1ヶ月ぶりの再会  【オートリゾート苫小牧アルテン】

北海道長期遠征2016ーFile No.86

37日目その2へ戻る  39日目その1へ続く

2016年10月7日(金)38日目  1ヶ月ぶりの再会 【オートリゾート苫小牧アルテン】

夜のうちに雨が上りました

70%-2016_1007_055611

朝日が綺麗です

70%-2016_1007_055630

 70%-2016_1007_055743

 70%-2016_1007_055943

70%-2016_1007_060024

70%-2016_1007_060055

70%-2016_1007_060125

70%-2016_1007_060332

70%-2016_1007_060347

寒かった昨夜、暖房器具三兄弟が頑張ってくれました

70%-2016_1007_060659

サラダやパンで朝ごはん

70%-2016_1007_080657

場内を散歩します

70%-2016_1007_090321

70%-2016_1007_090353

70%-2016_1007_090415-0 (1)

70%-2016_1007_090415-0 (2)

70%-2016_1007_090415-0 (3)

 さすが人気の高規格キャンプ場、 芝生も美しい

70%-2016_1007_091151

70%-2016_1007_091836

 70%-2016_1007_091145

70%-2016_1007_091229

70%-2016_1007_091459-0

こちらは炊事台付きサイト

70%-2016_1007_092032

70%-2016_1007_092446 

70%-2016_1007_092513

70%-2016_1007_092606

70%-2016_1007_093528 

70%-2016_1007_093729

70%-2016_1007_093815

70%-2016_1007_094052

70%-2016_1007_094352

70%-2016_1007_093540-0

いろいろと干します

70%-2016_1007_101445

11時頃、こうちゃん夫妻が遊びに来てくれました
1ヶ月ぶりの再会
なんと、ぎん太くんとらん丸くんも一緒です

70%-2016_1007_111233

70%-2016_1007_111244

ブログでいつも拝見していたとおりの可愛さ 

70%-2016_1007_122654

70%-2016_1007_122706

70%-2016_1007_122558(1)

70%-2016_1007_122557 

お茶とエゾアムプリンでおもてなし

70%-2016_1007_111454 

70%-2016_1007_103639

70%-2016_1007_103708

今回の旅で2回もお会いできて、おまけにたくさんのお土産までいただいて・・・本当にありがとうございました

キャンプがつないでくれたご縁に感謝です

またお会いできる日を楽しみにします

70%-2016_1007_124258-0

気持のいい午後です

70%-2016_1007_124728

70%-2016_1007_124816

温浴施設「ゆのみの湯」は、滞在期間中は利用券1枚で何度でも入浴が可能なんです
ということで、今日は早い時間から温泉三昧

70%-2016_1007_151408 

70%-2016_1007_151554

70%-2016_1007_151604

70%-2016_1007_151655

70%-2016_1007_151754

70%-2016_1007_151809

70%-2016_1007_151830

70%-2016_1007_151847

しらかばサイトで、可愛いわんちゃん2匹と一緒にキャンプされていたSさんご夫婦
実は、散歩の途中で少しお話をさせてもらい、夕方お茶でもいかがですかとお誘いしていました
わんちゃんも連れて僕らのサイトに来ていただき、まずは乾杯

70%-2016_1007_164648

札幌から来られたご夫妻とのキャンプ談義に、花が咲きました
キャンプという共通の話題があると、どこまでも話が広がっていきますね

晩ごはんは、こうちゃんおススメの味の大王知新へ

2016_1007_194701

2016_1007_194646

2016_1007_194354

有名なカレーラーメンをいただきます

2016_1007_190806

2016_1007_191424

2016_1007_191434

チャーハンやギョウザも、お腹いっぱいいただきました  

大変、美味しかったです

天候(苫小牧)  晴れ  最高気温16.2℃ 最低気温7.9℃ 平均風速3.0m

37日目その2へ戻る  39日目その1へ続く


北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1

ページトップへ戻る









関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/16(金) 10:00:01|
  2. オートリゾート苫小牧アルテン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最後の宿営地へ  【オートリゾート苫小牧アルテン】

北海道長期遠征2016ーFile No.85

37日目その1へ戻る  38日目へ続く

2016年10月6日(木)37日目その2  最後の宿営地へ 【オートリゾート苫小牧アルテン】

11時、今回の旅の最後の宿営地「オートリゾート苫小牧アルテン」に向けて走ります

70%-2016_1006_072153-0

70%-2016_1006_110314

70%-2016_1006_110507

70%-2016_1006_111039

70%-2016_1006_111339

国道237号線を走ります

70%-2016_1006_111505

70%-2016_1006_111601 

70%-2016_1006_112737

70%-2016_1006_112742

 

占冠村に入りました

70%-2016_1006_113239

占冠村
占冠(しむかっぷ)の名前の由来は、アイヌ語の「シモカプ(shimokap)」からで、『とても静かで平和な上流の場所』を意味する
北海道のほぼ中心部、上川管内の最南端に位置する
総面積は571.41平方キロメートル(東京23区とほぼ同じ大きさ)で、その94%が山林
人口:1,216人(2020年5月末)

占冠村 パンフレット
IMG_20200608_0017.jpg  IMG_20200608_0018.jpg  IMG_20200608_0019.jpg
IMG_20200608_0020.jpg  IMG_20200608_0021.jpg  IMG_20200608_0022.jpg
IMG_20200608_0023.jpg  IMG_20200608_0024.jpg  IMG_20200608_0025.jpg
IMG_20200608_0026.jpg

道の駅 自然体感しむかっぷ へ 

70%-2016_1006_113247

70%-2016_1006_114717

70%-2016_1006_114738

「さんぼんなべしき」が気に入ったので、お土産にしようといくつか購入

70%-2016_1006_114327

このなべしきは「しもかぷ工房」の製品です

しもかぷ工房とは・・・

しもかぷ工房は北海道の占冠村で活動する木工クラフトの工房です。
廃校になった旧占冠小学校の一部の教室を借りて製作しています。

工房名の「しもかぷ」は占冠村(しむかっぷむら)の語源のアイヌ語「シモカプ」=『とても静かで平和な上流の場所』よりいただきました。 占冠村は人口1200人程度のとても小さな村で面積のほとんどを森が占めています。人口密度はわずか2.49人/kmで全国4位の少なさです。 豊かな森があるため主幹産業は林業ですが、僕が村に来た2010年ころには村に製材屋もなく、ただパルプ用に切って出しているような状態でした。 地域の貴重な資源を生かすべく観光協会が木工クラフトに取り組むことになり、募集に応じて村にやってまいりました。当初より軌道にのったら独立、ということになっていたため4年後に独立をして現在に至ります。 (しもかぷ工房のホームページより)

70%-2016_1006_113832  

70%-2016_1006_121704

日高沙流川オートキャンプ場を見学します
雄大な山脈と美しい渓流に囲まれた森の中にあります

70%-2016_1006_122400

100のカーサイトと200のフリーサイトがあるそうです

70%-2016_1006_122058

日高沙流川オートキャンプ場 パンフレット
IMG_20200608_0008.jpg

沙流川にかかる橋を渡ります

70%-2016_1006_123500

70%-2016_1006_123607

70%-2016_1006_123902

キャンプ場見学 2ヶ所目
ニセウ・エコランドオートキャンプ場
キャンプ場を中心に、パークゴルフやフィッシングなどのアウトドアライフを満喫できる施設が整っています

70%-2016_1006_124841

70%-2016_1006_124850

70%-2016_1006_125040

ニセウ川が流れています

70%-2016_1006_125116

ゆったりとしたテントサイト

70%-2016_1006_125126

ニセウ・エコランド パンフレット
IMG_20200608_0010.jpg

ここは平取町 
「ひらとり」ではなく「びらとり」と読みます

平取町
平取(びらとり)は、アイヌ語「ピラ・ウトル」(崖の間を意味)から出たもの
日高地方の西端に位置し、総面積743.09k㎡・東西52.8km南北41.1km
豊かな自然とアイヌ文化の拠点の1つの町として広く知られる
人口:4,883人(2020年5月)

 

キャンプ場見学3ヶ所目 二風谷ファミリーランドオートキャンプ場
キャンプ場、パークゴルフ場、ゲートボール場などが広いスペースに点在しています

70%-2016_1006_131710 

70%-2016_1006_131911

70%-2016_1006_132012

二風谷ファミリーランドオートキャンプ場 パンフレット
IMG_20200608_0011.jpg

3ヶ所のキャンプ場を見学しましたが、いずれもゆったりとしたスペースが確保できている印象です
そして、メンテナンスが行き届いた芝生の美しさに、羨ましさを覚えるとともに
北海道の自然の雄大さを実感しました

二風谷アイヌ文化博物館

70%-2016_1006_132813

“手づくりの民具たちが時を超えてあたなに語りかけてくる”

狩る、採る、耕す、織る、編む、縫う、装う、彫る、祈る、弔う、歌う、踊る、語る...
大自然と共存し、人間としての誇りを尊ぶ、その知恵と精神を学ぶための博物館です。

70%-2016_1006_132828

当館においてご覧いただく展示品は、その多くが沙流川流域のアイヌ文化を学ぶための標識的な資料として活用されています。重要有形民俗文化財「北海道二風谷及び周辺地域のアイヌ生活用具コレクション」をはじめとしたアイヌの民具、重要文化的景観にも選定されたチセ群のほか、数多くの視聴覚資料、関係図書等が納められています。
 付近には萱野茂二風谷アイヌ資料館のほか、旧マンロー邸(国登録有形文化財)、沙流川歴史館、平取町アイヌ文化情報センターなどがあり、徒歩圏内で移動することができます。こうしたアイヌ文化にかかる学術情報の集積は、北海道内の市町村では類例がほとんどありません。
 また、2011年からは、地域のアイヌ工芸振興施策である「匠の道」の整備が進められています。二風谷に建ち並ぶアイヌ工芸品店は、平取町における観光振興の中心地であると同時に、技巧を継承し体験頂くための拠点でもあります。
豊かな自然環境を背景に育まれた知恵や教えの姿も含め、アイヌの伝統を多面的・専門的に学ぶことができる当館のご見学をどうぞお楽しみ下さい。

平取町立二風谷アイヌ文化博物館 館長

展示室は、アイヌ(人々の暮らし)、カムイ(神々のロマン)、モシリ(大地のめぐみ)、モレウ(造形の伝統)に分かれている

70%-2016_1006_133030

70%-2016_1006_133110

70%-2016_1006_133129

70%-2016_1006_133154

70%-2016_1006_133208

 70%-2016_1006_133310

70%-2016_1006_133426

70%-2016_1006_133433

70%-2016_1006_133505

70%-2016_1006_133553

70%-2016_1006_133602

70%-2016_1006_133620 

70%-2016_1006_133701

70%-2016_1006_133715

70%-2016_1006_133728

70%-2016_1006_133750

70%-2016_1006_133755

70%-2016_1006_134225

70%-2016_1006_134242

70%-2016_1006_134353

70%-2016_1006_134358

70%-2016_1006_134409 

70%-2016_1006_134418

70%-2016_1006_134544

70%-2016_1006_134625

70%-2016_1006_134720

ポスター 目を引きます

70%-2016_1006_134703

70%-2016_1006_134941

70%-2016_1006_134948

70%-2016_1006_134959

二風谷アイヌ文化博物館 パンフレット他
IMG_20200608_0012.jpg  IMG_20200608_0013.jpg
IMG_20200608_0014.jpg  IMG_20200608_0015.jpg  IMG_20200608_0016.jpg

観光客も多いですね

70%-2016_1006_135009

70%-2016_1006_135848-0

自転車野郎、頑張れ

70%-2016_1006_140725

70%-2016_1006_141011

70%-2016_1006_145726

この先のルートを検索します

70%-2016_1006_145804

70%-2016_1006_145857

15:08 苫小牧東で道央自動車道に入り

70%-2016_1006_150008

70%-2016_1006_150022

苫小牧西で降ります

70%-2016_1006_151123 

15:23 最後の宿営地 オートリゾート苫小牧アルテンに到着

70%-2016_1006_152336

70%-2016_1006_152338

70%-2016_1006_152530

チェックインを済ませて、設営します

70%-2016_1006_174417-0

70%-2016_1006_163409-0

IMG_20200608_0029

70%-2016_1006_160048

70%-2016_1006_163355

70%-2016_1006_165856

ゆのみの湯で入浴、そしてレストラン湯待夢で夕食

ジャンボチキンカツ定食、豚肉の黒胡椒焼 

2016_1006_185611

2016_1006_185625

健康のため、野菜サラダも食べますよ(笑)

2016_1006_185640 


夜、雨が降り出しました 聞いてないよ~  

天候(苫小牧)  曇りのち雨  最高気温17.5℃ 最低気温7.6℃ 平均風速3.9m

37日目その1へ戻る  38日目へ続く

北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る




 

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/16(金) 09:40:19|
  2. オートリゾート苫小牧アルテン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麓郷展望台とエゾアムプリン  【星に手のとどく丘キャンプ場】

北海道長期遠征2016ーFile No.84

36日目その2へ戻る  37日目その2へ続く

2016年10月6日(木)37日目その1  麓郷展望台とエゾアムプリン  【星に手のとどく丘キャンプ場】

今日は撤収の日
夜はかなり雨が降っていましたが、明け方に止みました

70%-2016_1006_072212

70%-2016_1006_072218

70%-2016_1006_072243

今朝もひつじ君たちは元気に食事中

70%-2016_1006_072556

70%-2016_1006_072609

70%-2016_1006_072646

天気予報を確認

Screenmemo_2016-10-06-06-21-23

Screenmemo_2016-10-06-06-21-38

Screenmemo_2016-10-06-06-21-53

雨が降ったり止んだりとなる予報

Screenmemo_2016-10-06-06-22-13

雨が止んでいるうちに、早朝から撤収を始めます

70%-2016_1006_074125

70%-2016_1006_074217

70%-2016_1006_074255

70%-2016_1006_074450

70%-2016_1006_074332

濡れたテントはドライバックに入れて・・・撤収完了

70%-2016_1006_082652

名残惜しいですが、オーナーやスタッフの皆さんにお別れの挨拶をして

70%-2016_1006_083645

8時半頃、出発します

70%-2016_1006_083943

僕らのお気に入りの場所、麓郷展望台に向かいます

70%-2016_1006_084102

70%-2016_1006_084333

ここを訪れるのは3回目

70%-2016_1006_090823

70%-2016_1006_090902

70%-2016_1006_090834

70%-2016_1006_090852

70%-2016_1006_090933

70%-2016_1006_091234

70%-2016_1006_091246

70%-2016_1006_091439

70%-2016_1006_090316

70%-2016_1006_090439

70%-2016_1006_090512

70%-2016_1006_090650

70%-2016_1006_091631

70%-2016_1006_091654

70%-2016_1006_093513

70%-2016_1006_093822

しばらくすると晴れ間が出てきました  素晴らしい眺望です

70%-2016_1006_093922 

70%-2016_1006_093929 

70%-2016_1006_094006

70%-2016_1006_094021

70%-2016_1006_094040

70%-2016_1006_094404

70%-2016_1006_094433

70%-2016_1006_094451

70%-2016_1006_093803

やはりバックミュージックは、さだまさしさんの「北の国から」でしょう

70%-2016_1006_094510

70%-2016_1006_094551

70%-2016_1006_094638

 70%-2016_1006_094715

外は寒いので、車の中で朝食を食べます

70%-2016_1006_093956

モノローグの木

70%-2016_1006_090709

70%-2016_1006_095056

70%-2016_1006_095104

70%-2016_1006_095143

70%-2016_1006_095236

立ち去りがたい場所ですが、そろそろ出発です

70%-2016_1006_095301

70%-2016_1006_095601

70%-2016_1006_095622 

70%-2016_1006_095633

70%-2016_1006_100035

麓郷の町には、「北の国から」のロケ地のひとつだった小野田旅館があります

70%-2016_1006_102433

70%-2016_1006_102454

70%-2016_1006_103043

道道253号線を走っていると「エゾアムプリン」の看板を発見

70%-2016_1006_103434

「エゾアムプリン」といえば・・・
2014年夏の北海道長期遠征オートキャンプの宿営地であるかなやま湖オートキャンプ場から
ドライブに出かけた時に立ち寄った「Farm&Cafe ベリーズ」で食べたプリンではないですか!

道道を外れ、砂利道を走ると小さなお店を見つけました

70%-2016_1006_104619

70%-2016_1006_104153

70%-2016_1006_104202

ここのプリンは数量限定生産で、予約しないと買えないと聞いていたのですが
せっかくここまで来たので、とりあえずお店に入ってみます

70%-2016_1006_104250 

お店のスタッフの方に買えるかどうか聞いてみると、なんと「1つだけありますよ」との返事

70%-2016_1006_104255

迷わず購入しました

70%-2016_1006_104334

70%-2016_1006_104659

エゾアムプリン製造所 パンフレット
IMG_20200608_0009.jpg

なんてラッキーなんでしょう  食べるのが楽しみですね

36日目その2へ戻る  37日目その2へ続く

北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/16(金) 09:20:29|
  2. 星に手のとどく丘キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北海道ならではの品揃えにびっくり  【星に手のとどく丘キャンプ場】

北海道長期遠征2016ーFile No.83

36日目その1へ戻る  37日目その1へ続く

2016年10月5日(水)36日目その2 北海道ならではの品揃えにびっくり  【星に手のとどく丘キャンプ場】

10時過ぎ、富良野の町に出かけます

70%-2016_1005_101954

70%-2016_1005_102910

まずは、旭川トヨタ富良野営業所へ

2016_1005_110641

2016_1005_110742

プラD君どうかしたのか? 
いえいえ、プラD君はディーゼル車なので、一定距離を走行するごとにアドブルー(AdBlue®)を補充しなくてはなりません 

この車は排気ガス中の窒素酸化物を低減するために、AdBlue®を使用しています。AdBlue®は走行に伴い消費されるため、以下のことにご留意ください。
●1000㎞から1500㎞走行すると、1LのAdBlue®を消費します。
通常は、最大まで補充した状態から約15000㎞走行すると、残量がなくなります。ただし、走行状況によっては、それよりも早くなくなる場合があります。
●走行可能距離が約2000㎞以下になると、警告灯・警告メッセージが点灯します。
●残量がなくなるとエンジンを再始動できなくなります。
(ランドクルーザープラド取扱書から抜粋)

昨日、その警告灯・警告メッセージが点灯しました
走行可能距離を考えると、東京に戻ってからでも問題ないのですが、東京トヨタと旭川トヨタの両方に価格を確認したところ
旭川トヨタの方がお値打ちだったので、訪問することにしたのです

トヨタにAdBlue®補充と洗車をお願いして、その作業中に歩いて近くにあるドラッグストアとホームセンターに行ってみます

ホーマックをうろうろ

2016_1005_110538

北の国ならではの品揃えにびっくりします

2016_1005_105020

2016_1005_110513

2016_1005_110417

2016_1005_110423

2016_1005_110452

ストーブや関連商品も

2016_1005_110054

2016_1005_110110

2016_1005_110129

2016_1005_110139

2016_1005_110243

2016_1005_110313

2016_1005_110320

2016_1005_110331

紙与作ですか  ネーミングが面白い

2016_1005_110213

なんでも、新聞紙から紙の薪をつくるエコ商品だとか

2016_1005_110223

もちろんガス缶もありますよ

2016_1005_105224 

プラD君のメンテが終わったので、富良野駅まで移動します

70%-2016_1005_112618

70%-2016_1005_113337

70%-2016_1005_112658

70%-2016_1005_112716

70%-2016_1005_112918

70%-2016_1005_113035

大雨の影響ですね

70%-2016_1005_112801

70%-2016_1005_112750

70%-2016_1005_112814

70%-2016_1005_112838

富良野駅のインフォメーションセンターで教えてもらった「ハイランドふらの」で日帰り入浴

70%-2016_1005_115015

 ハイランドふらの パンフレット
IMG_20200608_0006-0.jpg

フラノマルシェに行ってみます

70%-2016_1005_125326

70%-2016_1005_125508

70%-2016_1005_125635

70%-2016_1005_125711

70%-2016_1005_125737

軽めのランチはここで

クラシックバーガーやソーセージピザを食べます

70%-2016_1005_133329

メロンスムージー

70%-2016_1005_133059

70%-2016_1005_133127

とうもろこしお買い上げ

70%-2016_1005_134308

土産物も購入しました

70%-2016_1005_132331

70%-2016_1005_132502

70%-2016_1005_132516

やや曇りがちですが、十勝岳や富良野岳などの山々がきれいに見えます

70%-2016_1005_141045

70%-2016_1005_141106

70%-2016_1005_141158

70%-2016_1005_141315

14時半頃、キャンプ場に戻りました

70%-2016_1005_143259

70%-2016_1005_143308

少し冷えるので、焚き火を楽しみます

70%-2016_1005_152238

70%-2016_1005_152521

お湯を沸かして

70%-2016_1005_152246

フラノマルシェで買ったとうもろこしを茹でます

70%-2016_1005_152252 

甘くて、美味しい!

70%-2016_1005_152540

70%-2016_1005_154159

70%-2016_1005_154905

70%-2016_1005_154925

70%-2016_1005_154939

70%-2016_1005_154957

残念ながら夕焼けは見えませんね

70%-2016_1005_170209

70%-2016_1005_171328

70%-2016_1005_171352

晩ごはんは今夜もジンギスカン

70%-2016_1005_171659

ここに来たら、食べないわけにはいきません

70%-2016_1005_173339

70%-2016_1005_173343

70%-2016_1005_173352

70%-2016_1005_173357

70%-2016_1005_175307

富良野巡りもジンギスカンも、大満足の一日でした

天候(富良野)  晴れのち雨  最高気温14.9℃ 最低気温3.3℃ 平均風速1.5m

36日目その1へ戻る  37日目その1へ続く


北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/16(金) 09:00:09|
  2. 星に手のとどく丘キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

星に手がとどいた・・・  【星に手のとどく丘キャンプ場】

北海道長期遠征2016ーFile No.82

35日目その2へ戻る  36日目その2へ続く

2016年10月5日(水)36日目その1 星に手がとどいた・・・【星に手のとどく丘キャンプ場】

夜中2時半頃に目覚めると、満天の星空

絶好の撮影チャンスです

星に手がとどきました・・・

70%-2016_1005_031058r

70%-2016_1005_031823r

70%-2016_1005_031325r

70%-2016_1005_035143r

70%-2016_1005_032234r

70%-2016_1005_030734r

70%-2016_1005_035953r

70%-2016_1005_031516r

70%-2016_1005_031557r

70%-2016_1005_033324r70%-2016_1005_032827r

70%-2016_1005_032917r

70%-2016_1005_033009r

70%-2016_1005_033142r

70%-2016_1005_033926r

70%-2016_1005_035407r

70%-2016_1005_035441r

70%-2016_1005_035605r

70%-2016_1005_035635r

70%-2016_1005_035718r

70%-2016_1005_035843r

70%-2016_1005_034421r

朝、いい天気です

70%-2016_1005_050756

70%-2016_1005_054125

昨夜は、今年一番の寒さ、3℃まで冷え込んだそうです

70%-2016_1005_074657

爽快な朝の空気を味わうために、朝食は後回しにして散歩に出かけます

70%-2016_1005_075243

70%-2016_1005_075416

70%-2016_1005_075443

70%-2016_1005_075605

70%-2016_1005_075636

70%-2016_1005_075726

 70%-2016_1005_075819

70%-2016_1005_080119

70%-2016_1005_080113

脱走うさぴょん発見

70%-2016_1005_080254

キミは脱走常習犯だそうですね

70%-2016_1005_080419

70%-2016_1005_080540

70%-2016_1005_080610

70%-2016_1005_081312

70%-2016_1005_081620

70%-2016_1005_081805

70%-2016_1005_081859

70%-2016_1005_082137

70%-2016_1005_082301

70%-2016_1005_082434

70%-2016_1005_082504

70%-2016_1005_082549

70%-2016_1005_083043

70%-2016_1005_083219

70%-2016_1005_083250

70%-2016_1005_083306

70%-2016_1005_083729

大雪山は初冠雪

70%-2016_1005_084334

70%-2016_1005_085540

70%-2016_1005_085549

70%-2016_1005_085554

70%-2016_1005_084857

70%-2016_1005_085350

70%-2016_1005_085835

70%-2016_1005_090115

70%-2016_1005_090449

70%-2016_1005_090534

70%-2016_1005_090647

70%-2016_1005_091312

そろそろキャンプ場に戻りましょう

70%-2016_1005_091602

70%-2016_1005_091715

70%-2016_1005_091737

70%-2016_1005_091756

70%-2016_1005_091819

70%-2016_1005_091956

70%-2016_1005_092029

うさぴょんたち

70%-2016_1005_092728

70%-2016_1005_092716

70%-2016_1005_092239

70%-2016_1005_092253

70%-2016_1005_092301

70%-2016_1005_092404

食欲旺盛なひつじ君たち

70%-2016_1005_092648

70%-2016_1005_092847

70%-2016_1005_092949

70%-2016_1005_093012

70%-2016_1005_093114

70%-2016_1005_093210

遅めの朝食

70%-2016_1005_093545

これから町に行ってきます


35日目その2へ戻る  36日目その2へ続く

北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/16(金) 08:40:51|
  2. 星に手のとどく丘キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

このキャンプ場は外せません  【星に手のとどく丘キャンプ場】

北海道長期遠征2016ーFile No.81

35日目その1へ戻る  36日目その1へ続く

2016年10月4日(火)35日目その2 このキャンプ場は外せません 【星に手のとどく丘キャンプ場】

食後、天気予報のチェックやルートなどを相談
本日の目的地を、天気が明日まで良さそうな富良野方面に決定
2014年7月にお邪魔したことがある「星に手のとどくキャンプ場」に予約を入れました
やはり、お気に入りのキャンプ場は外せませんからね

 

70%-2016_1004_073700-2

14時、和寒から道央自動車道に入ります

70%-2016_1004_135841

70%-2016_1004_135902

14:13 旭川北で高速を降りて

70%-2016_1004_141328

70%-2016_1004_141650

70%-2016_1004_142800

70%-2016_1004_143509

旭川空港近くの道を走り、美瑛に向かいます

70%-2016_1004_143833

美瑛に来たら、ここに立ち寄らないと

ケンメリの木

70%-2016_1004_145858

70%-2016_1004_145902

展望台からパッチワークの丘を眺めます

70%-2016_1004_150507

70%-2016_1004_150630

70%-2016_1004_151329

70%-2016_1004_151401

70%-2016_1004_151458

70%-2016_1004_153219

70%-2016_1004_153225

70%-2016_1004_154021

70%-2016_1004_154740

70%-2016_1004_155107

70%-2016_1004_155321

70%-2016_1004_155522 

16時前、キャンプ場に到着です

70%-2016_1004_155537 

さっそくチェックイン
スタッフの方が、僕らのことを覚えていてくれました

70%-2016_1004_172330-1-0

70%-2016_1004_172330-0

案内してもらったサイトに、4号だけを簡単に設営します

70%-2016_1004_161421

70%-2016_1004_161432

70%-2016_1004_165523

70%-2016_1004_165532

70%-2016_1004_165602

一息ついて17時半頃から、ひつじの丘でジンギスカンを食べます

70%-2016_1004_172107

70%-2016_1004_172046

ああ、この味です

70%-2016_1004_172329

美味しい~!

その後、オーナーの前川さんやスタッフの皆さんと一緒に飲みながら、いろいろな話で盛り上がります

19時頃テントに戻りますが、かなり冷え込んでいますね

湯たんぽをつくり、そのまま寝てしまいました
 

天候(富良野)  雨のち曇り  最高気温19.8℃ 最低気温7.7℃ 平均風速3.4m

35日目その1へ戻る  36日目その1へ続く


北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/16(金) 07:40:07|
  2. 星に手のとどく丘キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

40号線を南下

北海道長期遠征2016ーFile No.80

34日目その3へ戻る  35日目その2へ続く

2016年10月4日(火)35日目その1  40号線を南下

ノシャップ岬での朝
窓の外は、強い風が吹いています 

70%-2016_1004_073750

朝食もこちらで

70%-2016_1004_075522 

さて、いただきましょう

70%-2016_1004_075226

70%-2016_1004_075236

70%-2016_1004_075241

イクラをご飯に乗せて

70%-2016_1004_080023 

70%-2016_1004_080132

「宗谷のしおかぜたまご」ですか

70%-2016_1004_075801

70%-2016_1004_075825

カヤニファームでつくられているんですね

70%-2016_1004_075905

70%-2016_1004_075909

お世話になったホテルをチェックアウト

ノシャップ岬に向かいます

ノシャップ岬

ノシャップとは、「岬のそば」「岬がアゴのように突き出たところ」というアイヌ語、「ノッ・シャム」が語源となっています。
 眼前には秀峰「利尻山」と花の浮島「礼文島」、サハリンの島影をも一望することができ、夕暮れ時には地平線に沈む夕日が感動的な情景をつくりだしています。 (稚内市ホームページより)

70%-2016_1004_085433

70%-2016_1004_085500

70%-2016_1004_085612

車から出られないほどの強風

70%-2016_1004_085740

70%-2016_1004_085800

危険なので、車の中から撮影します

70%-2016_1004_090157

70%-2016_1004_090218

9時頃、稚内を出発します

70%-2016_1004_073700-1

70%-2016_1004_090434

70%-2016_1004_092233

70%-2016_1004_092240

暴風警報発表中

70%-2016_1004_092326

70%-2016_1004_092329

暴風の影響がある海岸線を走るのは避けて、40号線を南下します

70%-2016_1004_092517

70%-2016_1004_092719  

70%-2016_1004_093612

豊富バイパスを走ります

70%-2016_1004_093800

70%-2016_1004_093808

70%-2016_1004_093902

70%-2016_1004_094040

70%-2016_1004_094849

70%-2016_1004_095638

70%-2016_1004_095647

70%-2016_1004_095739

この辺りが北緯45度らしいです

70%-2016_1004_095801

少し空が明るくなってきたかな

70%-2016_1004_100232

70%-2016_1004_100328

天塩川にかかる橋を渡って 

70%-2016_1004_100414

70%-2016_1004_100418

70%-2016_1004_100759

70%-2016_1004_102245

70%-2016_1004_102556

10:33 道の駅なかがわ で休憩

70%-2016_1004_103333

70%-2016_1004_104237

おやつに北海道限定チェダーチーズポテトを購入

70%-2016_1004_104604

まだ不安定な空模様

70%-2016_1004_112413

70%-2016_1004_112453

70%-2016_1004_112502

70%-2016_1004_113500

ようやく青空が・・・

70%-2016_1004_114547

70%-2016_1004_115215

70%-2016_1004_115310

70%-2016_1004_115412

70%-2016_1004_120029

名寄の町に入ってきました

70%-2016_1004_120901

12:12 名寄駅

70%-2016_1004_121310

70%-2016_1004_121339

70%-2016_1004_121410

70%-2016_1004_121424

70%-2016_1004_121506

70%-2016_1004_121559

70%-2016_1004_121622

なかなか風情のある駅でした

70%-2016_1004_121938

名寄市

名寄(なよろ)は、アイヌ語“ナイ・オロ・プト”(川のそばの国)がなまって『なよろ』になった
名寄市は、北・北海道の天塩川が形成する名寄盆地のほぼ中央に位置し、東は雄武町・下川町、西は幌加内町、南は士別市、北は美深町と接している
その市域は、東西に29キロメートル、南北に34.5キロメートルの四角形に近い形となっており、535.20平方キロメートルの行政面積を有している
天塩川と名寄川が豊かな恵みをもたらし、もち米は日本一の作付面積、アスパラガスは北海道有数の作付面積・収穫量を誇る農業を基幹産業とする都市
人口:27,093人(2020年4月)

駅前

70%-2016_1004_122524

セルフオカモト名寄で給油

70%-2016_1004_123205

名寄は雪質日本一ですか

70%-2016_1004_123629

70%-2016_1004_124511

士別市

アイヌ語の「シペッ(本流の意)」から
北海道北部の中央に位置し、道立自然公園「天塩岳」をはじめとする山々や北海道第2の大河「天塩川」の源流域を有する水と緑豊かな田園都市市域は、東西に58km、南北に42kmに広がりを持ち、行政面積は1,119.22平方キロメートル  そのうち約75%は山林
人口:23,411人(平成17年)

70%-2016_1004_125823

70%-2016_1004_125921

郵便局で用事を済ませて

70%-2016_1004_125940

13:12 道の駅絵本の里けんぶちで休憩します

70%-2016_1004_131457

70%-2016_1004_131352

70%-2016_1004_131419

70%-2016_1004_131440

70%-2016_1004_131458

レストラン”ムーニャ”で、遅めのお昼ごはんにしましょうか

コロッケカレー

70%-2016_1004_132648

焼きカレー

70%-2016_1004_132703

道の駅絵本の里けんぶち パンフレット
IMG_20200521_0040.jpg  IMG_20200521_0041.jpg
IMG_20200521_0042.jpg  IMG_20200521_0043.jpg



ここで、これからの予定について相談します


34日目その3へ戻る  35日目その2へ続く

北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/16(金) 07:20:26|
  2. ●キャンプ日記-北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

稚内は終着駅

北海道長期遠征2016ーFile No.79

34日目その2へ戻る  35日目その1へ続く

2016年10月3日(月)34日目その3  稚内は終着駅

強い雨の中を、稚内に向けて走行します

70%-2016_1003_053500-1

稚内市

日本最北端に位置する稚内市は、宗谷海峡をはさんで東はオホーツク海、西は日本海に面し、
宗谷岬からわずか43kmの地にサハリン(旧樺太)の島影を望む国境の街。
 「水産」・「酪農」・「観光」を基幹産業とする宗谷地方の行政、経済の中心地
アイヌ語の『ヤム・ワッカ・ナイ』 (冷たい水の出る沢)が語源
人口34,834人

70%-2016_1003_113317

70%-2016_1003_113319

70%-2016_1003_113442

稚内空港ですね

70%-2016_1003_114426

雷注意報発表中

70%-2016_1003_115116

稚内ではいくつか用事を済ませます
まずは給油

70%-2016_1004_092012

そしてコインランドリージャバ稚内店で洗濯物を投入

70%-2016_1004_091342 

70%-2016_1004_091346

洗濯乾燥機稼働中に、ドラッグストア で消耗品を補充

稚内副港市場

70%-2016_1003_124650

70%-2016_1003_124835

わっかない海の駅に登録されています

70%-2016_1003_124638

70%-2016_1003_132550

70%-2016_1003_125043

70%-2016_1003_125053

市場の2階にある底曳船という和食レストランで、お昼ごはんを食べます

70%-2016_1003_125212

70%-2016_1003_125711

北の黒牛ハンバーグ弁当 

70%-2016_1003_125540

70%-2016_1003_130549

あじわい弁当  

70%-2016_1003_125546

70%-2016_1003_130100

70%-2016_1003_130051

 底曳船 パンフレット

IMG_20200521_0011.jpg


稚内市樺太記念館
ノスタルジー溢れるコーナー

70%-2016_1003_132333

70%-2016_1003_132350

70%-2016_1003_132407

70%-2016_1003_132418

70%-2016_1003_132438

70%-2016_1003_132507

70%-2016_1003_132522

 サハリンへの旅

サハリン島は、ロシア連邦共和国の極東、北海道宗谷岬の北方約43kmに位置する南北約950km、東西最大約160kmの細長い島で、その面積は7万6,400平方kmあり、北海道のおよそ9割程度の大きさの島です。
 
人口はサハリン全体で約52万人と、北海道のおよそ1/10で、中心都市であるユジノサハリンスク(旧・豊原)市には、約18万人が住んでいます。
 稚内から宗谷海峡を隔て対岸に臨むサハリンですが、日本とサハリンは、昔から様々な歴史を刻んできました。

 サハリン(樺太)は、もともとアイヌやウィルタ(オロッコ)、ニブフ(ギリヤーク)等の民族が住んでいた島ですが、そこへ日本やロシアから人々が移住して雑居していた島でした。日本とロシアの間では、その帰属の問題が話し合われながらも、なかなか解決せず、ようやく明治8年(1875)に、樺太千島交換条約が調印され、厳しい気候から農業開拓には不向きだと判断した日本は、樺太を放棄することにより千島列島の領有権等を獲得しました。

 ロシア帝国時代のサハリンは、流刑地として知られており、この地を訪れた文豪チェーホフは囚人達の抜け道のない絶望的な運命を描いたルポルタージュ『サハリン島』(1895年/明治28年)を著しています。

 明治37年(1904)には、日露戦争が勃発しましたが、翌年のポーツマス条約で北緯50度以南の樺太が日本領となり、豊原(現・ユジノサハリンスク)に樺太庁が置かれてからは、豊富な資源の開発に力がそそがれるようになり、北海道をはじめ東北や北陸などから移住する人が増加しました。

 1923年(大正12)に稚内と大泊(現・コルサコフ)間に稚泊航路が、また翌年には稚内~本斗(現・ネベリスク)間に稚斗航路という定期航路が相次ぎ開設されました。南樺太にはおよそ42万人もの日本人が生活していましたが、第2次世界大戦終結後、ソ連邦・ロシア共和国の領土となり、日本人の大半は帰国しました。

 かつては戦後の反日感情も強かったため、色々な事情から引き揚げることができなかった残留日本人は、日本語での会話をタブーとし、韓国人や朝鮮人を装った人も少なくなかったといいます。

 戦後、長い間、墓参団等を除く一般の渡航は許可されず、近くて遠い島と言われてきましたが、旧ソ連のペレストロイカ政策により、ロシアの国内情勢が変わったことから、平成元年(1989)には稚内とホルムスク(旧・真岡)間に、旅行会社のサハリンツアーがチャーター船という形で実現しました。

 そして、平成7年(1995)には、いよいよ稚内とコフサコフ、小樽を結ぶ日ロ定期航路が開設されました。(小樽からの航路は現在、休止中)

 これにより50年ぶりに稚内とコルサコフ(旧・大泊)間に定期航路が復活し、稚内からおよそ5時間半の船旅で、ヨーロッパの香りがするお隣の国へ行くことができるようになりました。かつての故郷を懐かしむ人はもちろん、釣りやバイクでのツーリングなど雄大な自然を楽しむ旅行客も増えています。また、買物などの目的で、サハリンから当地を訪れる観光客も増加しています。

出典:稚内市建設産業部サハリン課

北海道サハリン航路 パンフレット
IMG_20200521_0017.jpg

市場棟でお土産物を見ます

70%-2016_1003_140242

70%-2016_1003_140351

70%-2016_1003_140406

70%-2016_1003_140540

70%-2016_1003_140606

70%-2016_1003_140651

70%-2016_1003_140705

70%-2016_1003_140714 

稚内副港市場 パンフレット
IMG_20200521_0009.jpg IMG_20200521_0010.jpg 

コインランドリーに戻り、洗濯物をピックアップ

稚内駅に行きます

70%-2016_1003_145208

日本最北端の駅です

70%-2016_1003_141831

70%-2016_1003_141820

IMG_20200521_0012

IMG_20200521_0013

IMG_20200521_0015

IMG_20200521_0014

IMG_20200521_0016

↓画像クリックで拡大表示

IMG_20200521_0039

70%-2016_1003_141113

JR稚内駅

昭和3年現JR稚内駅開業。宗谷線開業当初のJR稚内駅は現在のJR南稚内駅の場所でした。平成23年4月に新駅舎開業にともない、駅前広場にJR北海道より寄贈を受けて、最北端の線路のモニュメントとして、列車の車止めレールが設置展示されています。(稚内観光協会公式観光ガイドブックより)

近代的な駅に建て替えられていて、終着駅の物悲しいイメージはない

70%-2016_1003_142012

70%-2016_1003_141957

70%-2016_1003_141444

70%-2016_1003_141515

最南端の終着駅 枕崎駅からは3,099.5㎞

70%-2016_1003_141428

70%-2016_1003_141537

70%-2016_1003_141659 

大雨で列車に運休が出ていますね

70%-2016_1003_140854

70%-2016_1003_140948

70%-2016_1003_142230

70%-2016_1003_143746

キタカラで販売されていた駅弁

70%-2016_1003_145318

70%-2016_1003_145325

70%-2016_1003_145339

70%-2016_1003_145353

塩ソフトいただきます

70%-2016_1003_144356

70%-2016_1003_144432

終着駅プラスで7.5点

70%-2016_1003_144504

稚内港北防波堤ドーム

1936年、波よけ用に建設された全長427m、高さ13.6m、70本の円柱が連なるアーチ型ドーム
北防波堤ドーム物語

70%-2016_1003_145919

70%-2016_1003_150153

70%-2016_1003_150306

ここでテントを張ってはいけませんよ

70%-2016_1003_150423

しおさいプロムナード
北防波堤ドームから延びる遊歩道

70%-2016_1003_150046

70%-2016_1003_150056

名作・氷雪の門

70%-2016_1003_152105

今夜の宿は「小さなホテル燈(あかり)」

70%-2016_1004_083157

70%-2016_1004_083217

70%-2016_1004_083228

70%-2016_1004_084241

疲労回復、期待します

70%-2016_1004_084324

ノシャップ岬へは徒歩3分という場所にあるホテル
今夜の客は僕らだけのようですね

70%-2016_1004_084400

チェックインしてから、無料で入れるという宗谷パレスの温泉に行きます

ホテルに戻り、部屋でパソコン作業などを

お待ちかねの夕食は魚介類中心

70%-2016_1003_182756

70%-2016_1003_182553

 

70%-2016_1003_182759

どれも美味しかったですね

70%-2016_1003_182803

70%-2016_1003_182809

70%-2016_1003_182814

食事スペースは凝ったインテリア

70%-2016_1003_182932

料理は食べきれないほど

70%-2016_1003_184311

ジャズが流れる中で、ゆっくり

70%-2016_1003_182936

タコしゃぶは生まれて初めて

70%-2016_1003_183521

70%-2016_1003_183518

もちろんデザートもいただきましたよ

美味しくて、また食べすぎました
 

小さなホテル燈 パンフレット
IMG_20200521_0038.jpg

宗谷 パンフレット
IMG_20200521_0001.jpg  IMG_20200521_0002.jpg  IMG_20200521_0003.jpg  IMG_20200521_0004.jpg

稚内 パンフレット
 IMG_20200521_0018.jpg  IMG_20200521_0019.jpg  IMG_20200521_0020.jpg  IMG_20200521_0021.jpg

IMG_20200521_0022.jpg  IMG_20200521_0023.jpg  IMG_20200521_0024.jpg
IMG_20200521_0025.jpg  IMG_20200521_0026.jpg  IMG_20200521_0027.jpg
IMG_20200521_0028.jpg  IMG_20200521_0029.jpg  IMG_20200521_0030.jpg
 IMG_20200521_0031.jpg  IMG_20200521_0032.jpg  IMG_20200521_0033.jpg 
IMG_20200521_0034.jpg  IMG_20200521_0035.jpg  IMG_20200521_0036.jpg 
IMG_20200521_0037.jpg 
 
天候(稚内)  雨一時曇り  最高気温19.0℃ 最低気温147℃ 平均風速3.8m

34日目その2へ戻る  35日目その1へ続く


 
北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る




関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/16(金) 07:00:43|
  2. ●キャンプ日記-北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「宗谷岬♪」を聴きながら

北海道長期遠征2016ーFile No.78

34日目その1へ戻る  34日目その3へ続く

2016年10月3日(月)34日目その2  「宗谷岬♪」を聴きながら


クッチャロ湖畔キャンプ場を出発し、さらに北を目指します

今日の目的地は日本最北端 宗谷岬、そして稚内  距離約110km

70%-2016_1003_053500-0

70%-2016_1003_081814

70%-2016_1003_081819

70%-2016_1003_082108

牛横断注意

70%-2016_1003_082142 

70%-2016_1003_082327

クローバの丘

70%-2016_1003_082605

クッチャロ湖の小沼を眺めます

70%-2016_1003_082550

クッチャロ湖は北西の小沼と南東の大沼の2つの湖盆からなっていて、クッチャロ湖畔キャンプ場は大沼に面しています

70%-2016_1003_082658

70%-2016_1003_082712

天気が良ければ、遠くオホーツク海も望めるそうですが・・・

70%-2016_1003_082945

70%-2016_1003_083017

70%-2016_1003_083028

70%-2016_1003_085421

道の駅さるふつ公園で休憩

猿払村
猿払(サルフツ)の語源はアイヌ語の「サロプト」「サラブツ」から転化したもので『葦(芦)川口』『葦(芦)原の河口』を意味している
「日本最北の村」として、北海道の最北部にあたる宗谷総合振興局管内のほぼ中央に位置し、カナダのモントリオールとほぼ同じ緯度にあたる
人口 : 2,753人(2020年5月1日現在)


さるふつ パンフレット
IMG_20200519_0011.jpg  IMG_20200519_0012.jpg
 
IMG_20200519_0013.jpg  IMG_20200519_0014.jpg

70%-2016_1003_090207

70%-2016_1003_090221

牛くんたちが一斉に牧場に向かって走り出していく~~~

70%-2016_1003_090152

70%-2016_1003_090128

70%-2016_1003_090452

道の駅にさるふつ公園キャンプ場が隣接している

70%-2016_1003_090103

バンガローは3棟あります

70%-2016_1003_090540

奥にある、さるふつまるごと館

70%-2016_1003_090418

特産品が描かれていますね

70%-2016_1003_090513

70%-2016_1003_090517

壁そのものが大きなキャンバスになっている

70%-2016_1003_090523

お洒落なイラスト

70%-2016_1003_090529

猿払ほたて

70%-2016_1003_091034

IMG_20200519_0005.jpg  IMG_20200519_0006.jpg

70%-2016_1003_090852

ほたてが踊ってます

さるふつ牛乳 

70%-2016_1003_091130

「おいしさ牛牛づめ!」ですか   キャッチコピーもうまいし、牛乳もうまい!!

70%-2016_1003_091150 

いさりの碑

70%-2016_1003_092255

70%-2016_1003_092351

70%-2016_1003_092413

松浦武四郎宿営の地

70%-2016_1003_092505

70%-2016_1003_092523

北海道人・松浦武四郎
 北海道の名付け親といわれる松浦武四郎(文政元年〈1818〉~明治二一年〈1888〉)は、伊勢の国一志郡須川村(現・三重県松坂市)に生まれ、若年より諸国を遍歴した後、蝦夷地(現・北海道)を六回訪れ宗谷地域には、弘化三年(1846)安政三年(1856)安政五年(1858)の三回足を伸ばしている。その際、猿払にも宿泊し、『西部佐留部都誌』等を記した。
 松浦武四郎はアイヌの人たちの協力を得て、山川取り調べ(地勢調査)を行い、原住民であるアイヌの人たちの生活や、蝦夷地の状況などを詳細に調査し、克明な記録を幕府に提出した他、出版するなどして、蝦夷の実態を明らかにしながら、
アイヌの人たちの生活向上に心を砕き、幕閣へも再三改善への提言を行った。明治維新の後、明治政府の北海道判官として奉職、北海道の夜明けに貢献し、自ら「北海道人」と号した。


西部・佐留部都誌(安政五年)
 サルブツ、本名はシャリブツウなるよし也。シャリは湿沢にして蘆荻(ろてき)叢欝(そううつ)たる叢(くさむら)を指して云、フツウは川口の儀なり。此処蘆荻有る谷地(やち)川の口と云儀なり。其を詰て今惣称せり。依て此名を冠らしむる者也。此地浜形子丑寅(北東)に向ひて西にはノツ、東南にショナイサキを眺望して、其間少しの湾形有。


西蝦夷日誌(安政三年)
 サルブツ、川有船渡し。通行屋一棟【川巾】三十間余。板蔵茅蔵三棟、夷人三軒、近年まで六軒。名義蘆荻原の川口也。
地形虎丑向。西ノツ、東南ショナイ岬を見る。沼の奥にリイシリ岳を見、眺望いわんかたなし。
 惣て砂地にして、山は椴(とどまつ)計、後ろは沼なり。土産【川には】鱒・桃花魚(うぐい)チライ・アメマス・小海老。沼内蚌(川貝)・蜆(しじみ)・沙魚(はぜ)も有。海には帆立貝・ホッキ・東海夫人(胎貝)・比目魚(ひらめ)多し。又夏より秋に至りて蚊虻昼夜のわかちなく、宿に着しよる(夜)も蚊遣りを拵えて休むなり。





インディギルガ号遭難者慰霊碑

この慰霊碑は、昭和14年12月、浜鬼志別沖の荒れ狂う吹雪の中で、旧ソ連の貨客船「インディギルカ号」が座礁転覆した際に失われた700名以上の貴い命を悼み、昭和46年に建立されました。
世界の海難史上に残る大惨事の発生を知り、村民総出で約400人を救出した行為と犠牲になった人々の魂よ安かれと祈る心を顕した慰霊碑は、国境を越えた人間愛の証として、訪れる人々の心に今日も大切なものは何かを語りかけています。(猿払村ホームページより)

70%-2016_1003_092735

70%-2016_1003_092810

雷の音が聞こえます

70%-2016_1003_092843

雨が降り出しました

70%-2016_1003_093600

70%-2016_1003_094906

70%-2016_1003_095541

70%-2016_1003_095557

70%-2016_1003_095609

70%-2016_1003_095744

ダ・カーポの宗谷岬♪を聴きながら、車を走らせます


とうとう最北端まで来てしまいました

宗谷岬

「宗谷」の語源はアイヌ語の「ソヤ(so-ya)」(岩・岸)である。 由来は諸説あり、珊内(さんない)地区の海中にあったソウヤ岩という大岩からつけられた地名が、珊内にあった会所を宗谷に移した際に名前も一緒に移したとされているほか、宗谷岬沖の弁天島をアイヌ語で「ソヤスマ(ソヤシュマ)」と呼んでいたためともされている。


70%-2016_1003_101316

間宮林蔵の立像

70%-2016_1003_101424

70%-2016_1003_101209

70%-2016_1003_101333

日本最北端の地の碑

70%-2016_1003_101433

70%-2016_1003_101550

70%-2016_1003_101526

中心のNの文字は「北」を表します

70%-2016_1003_101602

70%-2016_1003_101722

70%-2016_1003_101731

70%-2016_1003_103448

70%-2016_1003_103633

「宗谷岬」音楽碑

70%-2016_1003_102438

70%-2016_1003_102419

宗谷岬

流氷とけて 春風吹いて
ハマナス咲いて カモメもないて
はるか沖ゆく 外国船の
煙もうれし 宗谷の岬
流氷とけて 春風吹いて
ハマナス揺れる 宗谷の岬

吹雪が晴れて 凍(しば)れがゆるみ
渚の貝も 眠りがさめた
人の心の 扉を開き
海鳴り響く 宗谷の岬
流氷とけて 春風吹いて
ハマナス揺れる 宗谷の岬

幸せ求め 最果ての地に
それぞれ人は 明日を祈る
波もピリカの 子守のように
想い出残る 宗谷の岬
流氷とけて 春風吹いて
ハマナス揺れる 宗谷の岬

作詞:吉田 弘、作曲:船村 徹、唄:ダ・カーポ





食堂や土産物屋さん

70%-2016_1003_101754

70%-2016_1003_102606

70%-2016_1003_102639

70%-2016_1003_102723

70%-2016_1003_102625

北緯45度31分22秒に位置している

70%-2016_1003_102753

70%-2016_1003_104208

70%-2016_1003_104254

あけぼの像

70%-2016_1003_104242

70%-2016_1003_104338

70%-2016_1003_102734

何か食べていますね

70%-2016_1003_101839

70%-2016_1003_101841

70%-2016_1003_101842

70%-2016_1003_101903

70%-2016_1003_102101

70%-2016_1003_102305

70%-2016_1003_102309 

  

宗谷丘陵も雨

70%-2016_1003_111441

宗谷岬ウィンドファーム 57基の発電用風車が建ち並びます

70%-2016_1003_111701

70%-2016_1003_111709

70%-2016_1003_111718

70%-2016_1003_111725

70%-2016_1003_112129

雨の中、丘陵を走ります

70%-2016_1003_112134  




雨に煙る宗谷をあとにして、稚内へ向かいます

34日目その1へ戻る  34日目その3へ続く

北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/16(金) 06:40:14|
  2. ●キャンプ日記-北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クッチャロ湖  【クッチャロ湖畔キャンプ場】

 北海道長期遠征2016ーFile No.77

33日目その2へ戻る  34日目その2へ続く

2016年10月3日(月)34日目その1 クッチャロ湖  【クッチャロ湖畔キャンプ場】

朝5時半に起床

70%-2016_1003_053511

早起きをしたのは、朝から雨が降り出す予報だったから

 70%-2016_1003_053529

幸いにもまだ曇り空が続いているので、できるだけ乾燥させながら、でも手早く片付けます

合間に近くのテーブルを利用して朝食を

70%-2016_1003_062109

昨日、浜頓別のセイコマで購入したパンやスープなど

70%-2016_1003_062413

70%-2016_1003_062422

撤収が終わったので、クッチャロ湖をゆっくり眺めます

70%-2016_1003_054758

はまとんべつマップ

70%-2016_1003_053827 

水鳥観察館

70%-2016_1003_054102 
水鳥観察館 パンフレット
IMG_20200519_0004.jpg

ふれあいステージの舞台で一夜を過ごした人も

70%-2016_1003_060128

こんなところに幕が・・・風を避けるためでしょうか

70%-2016_1003_072117

70%-2016_1003_071057

白鳥の飛来

70%-2016_1003_071150

70%-2016_1003_071112

70%-2016_1003_071337

70%-2016_1003_071332

70%-2016_1003_072134

70%-2016_1003_072142

70%-2016_1003_071930

狙っていますね

70%-2016_1003_072447

70%-2016_1003_072451

70%-2016_1003_072511

70%-2016_1003_072613

70%-2016_1003_072527

70%-2016_1003_073720

70%-2016_1003_074219

70%-2016_1003_073745

70%-2016_1003_074316

70%-2016_1003_074327

70%-2016_1003_074408

70%-2016_1003_074502

70%-2016_1003_074644

70%-2016_1003_074627

あれ?ステージにいるのはあのダンサーではないですか

 70%-2016_1003_075102

最初に会ったのが、2014年の北海道遠征の時、かなやま湖

今回も、虹別オートキャンプ場

なんか踊りがワンパターンというか、進化していないというか・・・

70%-2016_1003_075117

70%-2016_1003_075120

70%-2016_1003_075145

70%-2016_1003_071411

70%-2016_1003_071901

8時過ぎ、出発です

33日目その2へ戻る  34日目その2へ続く

 


クッチャロ湖畔キャンプ場の紹介

上矢印ロケーション
クッチャロ湖畔のキャンプ場
標高0m

70%-2016_1002_064400-4

70%-2016_1002_064400-5

70%-2016_1002_064400-6

70%-2016_1002_064400-7

70%-2016_1002_064400-8


上矢印管理棟


70%-2016_1003_054008

70%-2016_1003_053937

70%-2016_1003_053949

70%-2016_1003_054012

70%-2016_1002_064400-9

上矢印炊事場

70%-2016_1003_053602

70%-2016_1003_053620

炊事棟の中にあるコインランドリー

70%-2016_1003_053613

上矢印トイレ

70%-2016_1003_053758

70%-2016_1003_053630 

 70%-2016_1003_053643

70%-2016_1003_053654

70%-2016_1003_053703

70%-2016_1003_053710

70%-2016_1003_053732

人がトイレに入るとセンサーが作動し、クッチャロ湖とラムサール条約についてのBGM案内テープがずっと流れる

70%-2016_1003_053724

上矢印ゴミ
可燃・不燃の2分別で廃棄可能

70%-2016_1003_053543

上矢印サイト
全てフリーサイト 約100張
車乗り入れ不可
サイトの地面:平坦な芝

70%-2016_1003_054749

上矢印その他
利用者用無料駐車場あり

70%-2016_1003_054305

キャンプ場 案内書
IMG_20200519_0001-0.jpg

33日目その2へ戻る  34日目その2へ続く

北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/16(金) 06:20:15|
  2. クッチャロ湖畔キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さらに北へ  【クッチャロ湖畔キャンプ場】

北海道長期遠征2016ーFile No.76

33日目その1へ戻る  34日目その1へ続く

2016年10月2日(日)33日目その2 さらに北へ 【クッチャロ湖畔キャンプ場】

12時頃、朱鞠内湖を後にします
今日の目的地はクッチャロ湖 距離約130km

70%-2016_1002_064400-1

70%-2016_1002_120130

母子里クリスタルパーク に寄ります

70%-2016_1002_122516

70%-2016_1002_122859

ここは1978年、幌加内町の母子里(もしり)地区で日本最寒気温となる-41.2度を記録したことを記念して作られたそうです

70%-2016_1002_122639

朱鞠内湖のフロストフラワー

70%-2016_1002_122712

70%-2016_1002_122721

母子里パンフレット
IMG_20200518_0021.jpg  IMG_20200518_0022.jpg  IMG_20200518_0023.jpg
IMG_20200518_0024.jpg  IMG_20200518_0025.jpg  IMG_20200518_0026.jpg

パーク内にあるコンカフェMoshiri

70%-2016_1002_131202

70%-2016_1002_123046

ここでお昼をいただきましょう

70%-2016_1002_123155

有機トマトソースのピザ

70%-2016_1002_125810

川エビのパスタ

70%-2016_1002_124634

70%-2016_1002_124711

いい味でしたが、やや量が少なめかな

70%-2016_1002_131211

美深峠

70%-2016_1002_132229

70%-2016_1002_132241

お天気が悪いですね

70%-2016_1002_132449

70%-2016_1002_132556

70%-2016_1002_132606

美深町

70%-2016_1002_133722

70%-2016_1002_134320

道の駅びふかで、ひとやすみ

70%-2016_1002_134918

70%-2016_1002_135111

70%-2016_1002_135342

メリーさんのひつじミルクソフトをいただきます  

70%-2016_1002_135821

点数5点かな

70%-2016_1002_135939

70%-2016_1002_140131

70%-2016_1002_140334

70%-2016_1002_141742

70%-2016_1002_145544

浜頓別町

70%-2016_1002_153847

浜頓別町
アイヌ語「トー・ウン・ペッ」(湖から出る川)に由来している
人口3,517人(2020年4月1日現在)
面積は401.64平方キロメートル
地勢はほぼ平坦、南東および南西は山岳に囲まれている
町の中心部には頓別川が流れ、オホーツク海に注いでいる

浜頓別 パンフレット
IMG_20200519_0007.jpg  IMG_20200519_0008.jpg  IMG_20200519_0009.jpg  IMG_20200519_0010.jpg

15:40 クッチャロ湖に到着

70%-2016_1002_153901

風が強く、キャンプをするかどうか悩みましたが ・・・

70%-2016_1002_163754

せっかくここまで来たので幕を張ろうということになり・・・

70%-2016_1002_163800

駐車場の近くに、4号だけを設営

70%-2016_1002_064400-3

70%-2016_1002_064400-2_edited-1

70%-2016_1002_162608

備え付けテーブルの近くに

70%-2016_1002_164542

テーブルがあると便利ですからね

70%-2016_1002_165344

君はどこの子かな

70%-2016_1002_165334

70%-2016_1002_165349 

夕景

70%-2016_1002_163915

70%-2016_1002_163939

70%-2016_1002_163952

70%-2016_1002_164020

70%-2016_1002_164057

70%-2016_1002_164124

70%-2016_1002_164151

70%-2016_1002_164211

70%-2016_1002_164405

近くの、はまとんべつ温泉ウィングで温泉に入ってから、レストランで夕食を

2016_1002_181356

とんかつ定食

2016_1002_182258

はまとん定食

2016_1002_181955

2016_1002_182846 

はなとんべつ温泉ウイング パンフレット
IMG_20200519_0003.jpg  

テントに戻って来ました

70%-2016_1002_191256

70%-2016_1002_234145

常夜灯のせいで、相当に明るいですね

70%-2016_1002_234906

70%-2016_1002_234631

70%-2016_1002_234554r-0_edited-1

70%-2016_1002_234935r-0

70%-2016_1002_234443r-0_edited-1

天候(浜頓別)  曇り  最高気温21.5℃ 最低気温119℃ 平均風速4.7m

33日目その1へ戻る  34日目その1へ続く

北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る







関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/16(金) 06:00:55|
  2. クッチャロ湖畔キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

撤収の日に新たな出会い 【朱鞠内湖畔キャンプ場】  

北海道長期遠征2016ーFile No.75

32日目へ戻る  33日目その2へ続く

2016年10月2日(日)33日目その1 撤収の日に新たな出会い 【朱鞠内湖畔キャンプ場】 

撤収日の朝

70%-2016_1002_064529

70%-2016_1002_065521

70%-2016_1002_065555

70%-2016_1002_065626

湖畔での最後の食事も景色を眺めながら

70%-2016_1002_075533

今朝もピタパン

70%-2016_1002_075501

70%-2016_1002_075504 

幕を乾燥させながら撤収作業

撤収中もどんぐり攻撃が止まりません   身体に当って悲鳴をあげることも

少し雲行きが怪しくなってきたので、急ぎプラD君に荷物を積み込みます

70%-2016_1002_114343

その時、島根ナンバーのプラドが近づいてきました
幕を張る場所を探していたカップルに、僕らの後を使ってもらうことに

僕らが場内で写真を撮っているうちに、テンマクのサーカスをさくっと設営されました

70%-2016_1002_114527

サーカスの中を見せてもらいながら話をすると、島根県在住のご夫婦で、まずは大間まで3日間キャンプしながら走り
フェリーで函館へ 
中富良野町の星に手の届く丘キャンプ場や標茶町にある多和平キャンプ場などを回ってこちらにきたそうです
キャンプをするために、島根から岡山や九州、なんとふもとっぱらまで遠征することもあるとか
ここ北海道からの帰りも大間から南下し、ふもとっぱらに立ち寄る予定とのこと
YouTubeにキャンプ動画をアップしているとも聞きました

プラド繋がりから、会話も弾みました
朱鞠内湖の最終日に、いい出会いがありましたね 
 
32日目へ戻る  33日目その2へ続く

 


朱鞠内湖畔キャンプ場の紹介

上矢印ロケーション
標高282m
朱鞠内湖の湖畔のキャンプ場

70%-2016_0929_072600-11

70%-2016_0929_072600-6

70%-2016_0929_072600-7

70%-2016_0929_072600-8

70%-2016_0929_072600-9

70%-2016_0929_072600-10

上矢印場内施設

campsitemap

上矢印管理棟

70%-2016_1002_120118

上矢印トイレ

70%-2016_1002_115757

上矢印ゴミ
全て持ち帰り

上矢印サイト
第1~第3サイトまでサイトが分れている
林間・湖畔際など、好きな場所に車を乗り入れてテントを張ることが可能
地面:芝、土

上矢印その他
・サイト内での直火は禁止
・湖全域遊泳禁止
・植物の採取は禁止

朱鞠内湖畔キャンプ場 案内書
 IMG_20200518_0018.jpg
 


32日目へ戻る  33日目その2へ続く

北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/16(金) 05:40:37|
  2. 朱鞠内湖畔キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何もしない一日  【朱鞠内湖畔キャンプ場】

北海道長期遠征2016ーFile No.74

31日目へ戻る  33日目へ続く

2016年10月1日(土)32日目  何もしない一日 【朱鞠内湖畔キャンプ場】

夜明け前の時間

 70%-2016_1001_044943

70%-2016_1001_045029

70%-2016_1001_045808

70%-2016_1001_050159

70%-2016_1001_050228

70%-2016_1001_050300

言葉にならないほどの美しさ

70%-2016_1001_065052

70%-2016_1001_070001

70%-2016_1001_070019

70%-2016_1001_070030

70%-2016_1001_070036

70%-2016_1001_070040

魚眼レンズで

70%-2016_1001_070239

70%-2016_1001_070336

70%-2016_1001_070425

70%-2016_1001_070440

70%-2016_1001_070459

穏やかな湖面が木々を映します

70%-2016_1001_070627

 

70%-2016_1001_070657

70%-2016_1001_070717

70%-2016_1001_070731

70%-2016_1001_070829

70%-2016_1001_070838

美しさを表現する語彙のなさが情けない・・・

70%-2016_1001_071635

70%-2016_1001_071658

70%-2016_1001_071716

70%-2016_1001_071827

林の中から

70%-2016_1001_073115

70%-2016_1001_073248

70%-2016_1001_073328

70%-2016_1001_073412

70%-2016_1001_073519

70%-2016_1001_073812

70%-2016_1001_073825

今日も朝ごはんは外で

70%-2016_1001_075011

ピタパン

70%-2016_1001_074940

焚き火のそばでのんびり

70%-2016_1001_064839

おっと、ガイラインが切れてしまいましたね

70%-2016_1001_091023

今まで、役割を十分に果たしてくれました

70%-2016_1001_091300 

カヌー、楽しそうですが

70%-2016_1001_094039

僕らは何もしない時間を過ごします

70%-2016_1001_095106

まったりしているうちに、お昼になりました
何もしなくても、お腹は空きます(笑)

ウインナーと野菜のソテー

70%-2016_1001_125236

炊き込みご飯

70%-2016_1001_125250

70%-2016_1001_125251

今日は少し風がありますね

70%-2016_1001_143724

70%-2016_1001_151318

70%-2016_1001_151655

70%-2016_1001_163909

70%-2016_1001_163930

夕方が近づくと、寒くなってきました

 70%-2016_1001_173700

ずっと焚き火は絶やさずに

70%-2016_1001_173708

70%-2016_1001_190011r-0

晩ごはんは、ホワイトシチュー

70%-2016_1001_190526 (1)

70%-2016_1001_190526 (2)

70%-2016_1001_190526 (3)

70%-2016_1001_204524r

70%-2016_1001_204653r

70%-2016_1001_204827r

70%-2016_1001_204937r

70%-2016_1001_205521r

70%-2016_1001_205609r

70%-2016_1001_205705r

70%-2016_1001_205739r

70%-2016_1001_210247r

天候(朱鞠内)  晴れ  最高気温20.0℃ 最低気温5.1℃ 平均風速1.0m

31日目へ戻る  33日目へ続く

北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/16(金) 05:20:40|
  2. 朱鞠内湖畔キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

贅沢な時間  【朱鞠内湖畔キャンプ場】

北海道長期遠征2016ーFile No.73

30日目その2へ戻る  32日目へ続く

2016年9月30日(金)31日目  贅沢な時間 【朱鞠内湖畔キャンプ場】

朝6時前、朝もやが幻想的な瞬間を

70%-2016_0930_054101

70%-2016_0930_054132

70%-2016_0930_054203

70%-2016_0930_054400

70%-2016_0930_054411

70%-2016_0930_055749

70%-2016_0930_060034-1

70%-2016_0930_060251

70%-2016_0930_061209


美しすぎる

70%-2016_0930_070339

70%-2016_0930_073457

70%-2016_0930_073628

70%-2016_0930_073635

70%-2016_0930_073655

70%-2016_0930_073707

カメラはフル稼働

70%-2016_0930_073827

風景を楽しみながら、タープの下で朝ごはん

70%-2016_0930_082105

ミネストローネリゾット

70%-2016_0930_082158

ハムエッグ

70%-2016_0930_082204

少し冷えるので、焚き火を絶やさないようにします

70%-2016_0930_103915

70%-2016_0930_103929

どんぐりが落ちてきます

70%-2016_0930_110402

コナラの木からでしょうか

70%-2016_0930_110426

大きな音を立てて幕に当ります  どんぐり攻撃継続中(笑)

70%-2016_0930_110455

70%-2016_0930_115710 

小さくしか写っていませんが、オジロワシが獲物を追う姿です

70%-2016_0930_120752

70%-2016_0930_121319

70%-2016_0930_120908

70%-2016_0930_121220

70%-2016_0930_121339

70%-2016_0930_121532

70%-2016_0930_121616

カヌー、気持ちいいでしょうね

70%-2016_0930_121700


●朱鞠内湖
森に囲まれ、フィヨルドのように切り込んだ地形に、島々が点在する朱鞠内湖。周りの森と空がくっきりと浮かび上がる静かな湖面に、思わず息をのむ。日本とは思えないような美しい景色と、フィッシャーマン憧れの巨大魚が潜む豊かな湖が、ここにあります。 北海道北部に位置する朱鞠内湖は、奥深い森の中に存在する、日本最大級の人造湖です。表面積2,373ha、東京ディズニーランド約30個分の広さの中に、フィヨルドのように切り込んだ地形と島々が点在し、四季折々・刻一刻と変化する豊かな表情と、フィッシングポイントが無数に存在しています。
出典:朱鞠内湖HP


日本とは思えないような美しい景色 

まさにフィンランドのような風景  フィンランドには行ったことがないですが(笑)

70%-2016_0930_123052

70%-2016_0930_123112

70%-2016_0930_123135

70%-2016_0930_123153

70%-2016_0930_123202

どこをどう切り取っても絵になります

70%-2016_0930_124127

70%-2016_0930_124204

70%-2016_0930_124219

70%-2016_0930_124229

70%-2016_0930_124250

70%-2016_0930_124309

テントも絵の一部になります

70%-2016_0930_123808

70%-2016_0930_123824

70%-2016_0930_123731

70%-2016_0930_124359

70%-2016_0930_124428

70%-2016_0930_124505 

70%-2016_0930_124657

70%-2016_0930_125631

ランチも外で

70%-2016_0930_130304

スパゲティナポリタン

70%-2016_0930_130331

湖畔から風景を眺めるだけの贅沢な時間

70%-2016_0930_162724

70%-2016_0930_162732

70%-2016_0930_162754

70%-2016_0930_162801

70%-2016_0930_162806

70%-2016_0930_162813

70%-2016_0930_162818

70%-2016_0930_162823

70%-2016_0930_162829

70%-2016_0930_162854

70%-2016_0930_162918

70%-2016_0930_163606

70%-2016_0930_163705

70%-2016_0930_163721

70%-2016_0930_163730

70%-2016_0930_163740

次第に暗くなり

70%-2016_0930_172358

湖畔沿いのキャンパーの焚き火がいいアクセントに

70%-2016_0930_174246

70%-2016_0930_174732

70%-2016_0930_174902

70%-2016_0930_175822

70%-2016_0930_174304

晩ごはんはスープカレー

70%-2016_0930_182357

70%-2016_0930_183918

サラダ

70%-2016_0930_182912

カレーはナンと一緒に

70%-2016_0930_183923


弱い雨が降り出しました

天候(朱鞠内)  晴れ  最高気温19.0℃ 最低気温2.8℃ 平均風速1.5m

 

30日目その2へ戻る  32日目へ続く


北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/16(金) 05:00:06|
  2. 朱鞠内湖畔キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うわさを超える素晴らしさ  【朱鞠内湖畔キャンプ場】

北海道長期遠征2016ーFile No.72

30日目その1へ戻る  31日目その1へ続く

2016年9月29日(木)30日目その2 うわさを超える素晴らしさ 【朱鞠内湖畔キャンプ場】

湖が見えてきました

70%-2016_0929_122843

やってきました、うわさの朱鞠内湖畔キャンプ場

70%-2016_0929_072600-4

70%-2016_0929_072600-5



場内は第1・第2・第3サイトに分かれています
ぐるっと回って、第2サイトの湖畔に設営することを決めました

70%-2016_0929_125116

リビロン君の中に、4号を入れます

70%-2016_0929_150402

少し下がったスペースに、洞爺湖で乾燥しきれなかったエヴォ君を張ります

70%-2016_0929_150514

うわさ通りの、いやうわさを超える素晴らしいロケーション 

70%-2016_0929_134251

70%-2016_0929_134309

人工的な音がほとんどない静けさ

70%-2016_0929_125140

70%-2016_0929_125159

なんなんでしょうか この美しさは

70%-2016_0929_134328

70%-2016_0929_150612

70%-2016_0929_150630

ここではカヌーを楽しむ人も多いそうです

70%-2016_0929_173029

70%-2016_0929_172948

いつまで見ていても飽きない風景です

70%-2016_0929_164444

70%-2016_0929_164541

何回もシャッターを切ってしまいます

70%-2016_0929_164456

70%-2016_0929_164605

70%-2016_0929_150819

雲が得も言われぬ素敵な色に染まります

70%-2016_0929_171354

70%-2016_0929_171416

70%-2016_0929_170921

70%-2016_0929_170940

70%-2016_0929_171023

70%-2016_0929_171602

70%-2016_0929_171552

乾いたエヴォ君を収納し、焚き火タープを張ります

70%-2016_0929_183008r

暗くなると、ところどころに灯りが点灯します

70%-2016_0929_173141-0

70%-2016_0929_183117r

70%-2016_0929_183224r

70%-2016_0929_183350r

 

晩ごはんは和食

70%-2016_0929_190624 

豚丼

70%-2016_0929_190645

ほうれん草のお浸し、納豆と冷ややっこも一緒に

70%-2016_0929_190636

美しい夜空に会えました

70%-2016_0929_183622r

70%-2016_0929_183416r

70%-2016_0929_183755r

70%-2016_0929_184302r

70%-2016_0929_184732r

70%-2016_0929_223142r

70%-2016_0929_223222r

70%-2016_0929_223305r

70%-2016_0929_223350r

70%-2016_0929_223423r

70%-2016_0929_223715r

70%-2016_0929_223509r

70%-2016_0929_223601r-1

70%-2016_0929_223638r-1

風が止むと湖面に星が映ります

70%-2016_0929_223937r

70%-2016_0929_224024r

70%-2016_0929_224343r

70%-2016_0929_224108r


天候(朱鞠内)  晴れ  最高気温17.2℃ 最低気温5.4℃ 平均風速0.7m

30日目その1へ戻る  31日目その1へ続く

北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/16(金) 04:40:07|
  2. 朱鞠内湖畔キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北に向かって走れ

北海道長期遠征2016ーFile No.71

29日目その2へ戻る  30日目その2へ続く

2016年9月29日(木)30日目その1  北に向かって走れ 

JRイン旭川ホテルの部屋から

70%-2016_0929_072617 

今日は次の目的地まで、北に向かって走ります

まずは、朝ごはん
ホテルの無料朝食をサンマルクカフェでいただきます
無料で提供されるパンはちょっと量が少なめなので、追加でハムカツサンドを購入

北海道新聞は日本ハムファイターズのリーグ優勝をトップニュースで

2016_0929_092017

スポーツ新聞でも

2016_0929_091924

お隣のイオンモールの8時オープンと同時に、食材を買い出しに

2016_0929_085159

2016_0929_082403

応援感謝セールだそうです

2016_0929_081255

セールは大歓迎ですが

2016_0929_081401

僕らはパリーグの某チームのファンですので、購入は遠慮させていただきます

2016_0929_081305

氷は必需品ですよ

2016_0929_082434

2016_0929_082459

駐車場でクーラーボックスの棚卸  食材を詰め込みます

2016_0929_083917

その後、ホテルに戻ってチェックアウト

70%-2016_0929_101745

10:15 出発です
今日の目的地は、朱鞠内湖畔キャンプ場 距離は約83km

70%-2016_0929_072600-1

一般道を走行します

70%-2016_0929_103720

70%-2016_0929_103833

70%-2016_0929_103912

70%-2016_0929_104813

70%-2016_0929_105146

70%-2016_0929_110433

70%-2016_0929_110448

70%-2016_0929_110600 

70%-2016_0929_110919

広々とした景色を眺めながらのドライブ、気持いいですね

70%-2016_0929_111240

70%-2016_0929_111409

朱鞠内湖まで42㎞ですか

70%-2016_0929_111426

70%-2016_0929_111457

70%-2016_0929_111753

JR北海道バスが走っていますね

70%-2016_0929_111812

幌加内町はそばの産地

70%-2016_0929_111943

11時半頃、道の駅「森と湖の里ほろかない」に到着

70%-2016_0929_112957 

70%-2016_0929_113754

館内の玄蕎麦処〇(まる)

70%-2016_0929_113619

70%-2016_0929_113810

早めのお昼  おろしそばとせいろそば 

70%-2016_0929_114231

手打ちそば、美味しかったですね

70%-2016_0929_114450

そばの花 展望台からの風景

70%-2016_0929_120258 

蕎麦の白い花が咲く季節は、さぞや圧巻の風景になることでしょう

70%-2016_0929_120310

70%-2016_0929_120505 

そば博物館と幌加内北村蕎麦神社

70%-2016_0929_120621

70%-2016_0929_120609

青空と白い雲が美しい

70%-2016_0929_121018

70%-2016_0929_121240

70%-2016_0929_121440

朱鞠内湖まであと12㎞

70%-2016_0929_121715

道内でよく見かけるセイコーマートすらない小さな集落をいくつか越え

70%-2016_0929_121926

あと3㎞です

70%-2016_0929_122520

あと1.4㎞

70%-2016_0929_122704

もうすぐ到着です

幌加内町
幌加内町は上川管内西部に位置し、東西方向約24km、南北方向63km、人口1,518人
ほろかないの由来は、「逆戻りする川」という意味があり、町の南部を流れる幌加内川を指した、アイヌ語の 「horka-nay ホロカナイ」の意
日本一 が3つあるまち
・そば畑の面積日本一「幌加内そば」
・日本最大の人造湖「朱鞠内湖」
・日本最寒記録「-41.2度」

幌加内 パンフレット
IMG_20200518_0008.jpg  IMG_20200518_0009.jpg  IMG_20200518_0010.jpg  IMG_20200518_0011.jpg  IMG_20200518_0012.jpg

IMG_20200518_0013.jpg  IMG_20200518_0014.jpg  IMG_20200518_0015.jpg  IMG_20200518_0016.jpg  IMG_20200518_0017.jpg

日本一のそばの里
IMG_20200518_0020.jpg

29日目その2へ戻る  30日目その2へ続く


北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/16(金) 04:20:00|
  2. ●キャンプ日記-北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寄り道しながら旭川まで

北海道長期遠征2016ーFile No.70

29日目その1へ戻る  30日目その1へ続く

2016年9月28日(水)29日目その2  寄り道しながら旭川まで 

9:51 財田キャンプ場を出発です

70%-2016_0928_095417

70%-2016_0928_074500-01

雨が降ったりやんだり

70%-2016_0928_100806

70%-2016_0928_101229

ルスツリゾートホテル

70%-2016_0928_101453

70%-2016_0928_101508

10:40 中山峠 道の駅望洋中山で休憩

70%-2016_0928_103958

70%-2016_0928_104022

お天気が良ければ、羊蹄山が見える絶好のポイントなんだそうですが、残念

70%-2016_0928_110001

裏手にある「中山峠森の美術館」でシマフクロウの写真展が開催されていました

70%-2016_0928_104727

70%-2016_0928_104744

70%-2016_0928_104839

70%-2016_0928_104927

僕らの大好きなシマフクロウ 

70%-2016_0928_105005

70%-2016_0928_105015

70%-2016_0928_105203

70%-2016_0928_105213

暗い空間に浮かび上がるシマフクロウの写真と鳴き声

70%-2016_0928_105338

迫力に圧倒されました

70%-2016_0928_105227

70%-2016_0928_105252

70%-2016_0928_105306

(2017年11月、建物老朽化のため中山峠森の美術館は閉館となりました)

こちらも見ます

70%-2016_0928_105719

70%-2016_0928_105529

道の駅に戻って、お土産を物色

70%-2016_0928_104050

70%-2016_0928_104224

70%-2016_0928_111004

70%-2016_0928_110510

70%-2016_0928_110427

名物のあげいも

70%-2016_0928_110257


↓画像クリックで拡大表示

70%-2016_0928_110051


↓画像クリックで拡大表示  

70%-2016_0928_110059

70%-2016_0928_111037

70%-2016_0928_111158

おやつにいただきます

70%-2016_0928_111657

そろそろ出発しましょう

70%-2016_0928_112342

70%-2016_0928_113845

定山渓

70%-2016_0928_114023

70%-2016_0928_114124

黒い雲が空を覆っています

70%-2016_0928_114604

札幌市内を走りぬけて

70%-2016_0928_120631

70%-2016_0928_121601

秀岳荘 こちらはスルーですね

70%-2016_0928_122933

70%-2016_0928_123447

12:38 札幌ICから道央道に入ります

70%-2016_0928_123810

旭川まで130㎞

70%-2016_0928_123915

おやつにほかじゃ

70%-2016_0928_125227

70%-2016_0928_125932

13:15 砂川SAで休憩します

70%-2016_0928_131936

ここは、日本最北のサービスエリアですか

70%-2016_0928_133148

岩瀬牧場ソフトクリームを食べます

70%-2016_0928_133140

2010年の高速道路ソフトクリームランキング全国2位だとか

70%-2016_0928_133207

10点満点で、7~7.5点    0.5点は日本最北のSAということでの加点(笑)

70%-2016_0928_133259

岩瀬牧場 パンフレット
IMG_20200518_0001.jpg  IMG_20200518_0002-.jpg

天候が不安定ですね

70%-2016_0928_140324

70%-2016_0928_140317

ご当地ソングを聴きながら・・・「旭川慕情🎵」



旭川慕情🎵
小雨に濡れた旭橋 震える肩も濡れていた
別れ切ない別れ切ない ああ旭川の夜の雨

たった一度の口づけも ふたりが逢ったみどり橋
恋にもえてる恋にもえてる ああ旭川の夜の風

別れの言葉のはかなさに 三六通りをさまよえば
一目逢いたい一目逢いたい ああ旭川の夜の雪

70%-2016_0928_141230

14:13 旭川鷹栖ICで高速を降ります

70%-2016_0928_141344

70%-2016_0928_074500-02

70%-2016_0928_141720

旭川ではいろいろと用事があります

まずは、秀岳荘旭川店でガス缶を購入

70%-2016_0928_141821

70%-2016_0928_141839

コインランドリーひまわり旭町店に洗濯物を投入

軽油が安いセルフオカモトまで移動して給油

ドラッグストアで買い物してから、郵便局に寄ります

途中、わかさいもで栄養補給

70%-2016_0928_154307

コインランドリーに戻り、洗濯物をピックアップ

UNIQLOを見つけたので冬用セーターを購入   寒くなってきましたからね

70%-2016_0928_162220

旭川で創業88年の壺屋総本店がオープンした、コンセプトショップ<き花の杜

70%-2016_0928_164236

70%-2016_0928_164553

70%-2016_0928_165229

70%-2016_0928_165243

70%-2016_0928_165306

70%-2016_0928_165635

き花の杜 パンフレット
IMG_20200518_0003-.jpg

旭川クラフトセレクトショップ
木工のまち旭川で生まれたクラフトを集めたセレクトショップ

ハナパパさんからいただいたイックンの生まれ故郷、ういるびい工房の作品もありました

70%-2016_0928_164523

IMG_20200518_0005.jpg  IMG_20200518_0004.jpg

すっかり暗くなりましたね 
ホーマックで電池を購入

70%-2016_0928_171106

今夜の宿は、JR旭川駅に隣接するJRイン旭川

70%-2016_0928_172004

JRイン旭川 パンフレット
IMG_20200518_0006.jpg  IMG_20200518_0007.jpg

チェックインを済ませて、夕食にでかけます

ホテルの隣にある、イオンモール旭川駅前 しゃぶ菜

2016_0928_201058

今日は移動距離も長く、あれこれと忙しかったので、疲れましたね

2016_0928_201104

なので、がっつりいきます

2016_0928_184233

2016_0928_191009

デザートも

2016_0928_195827

お腹いっぱいいただきました  

2016_0928_201359

2016_0928_201428

2016_0928_204105

さて、部屋に戻って、早めに休むことにしましょう

天候(旭川)  曇一時晴後一時霧雨  最高気温22.9℃ 最低気温13.1℃ 平均風速3.1m

29日目その1へ戻る  30日目その1へ続く




北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/16(金) 04:00:01|
  2. ●キャンプ日記-北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Profile

Kaoru&Beet

Author:Kaoru&Beet
Kaoru君とBeet君のキャンプ日記へようこそ!

Access counter

Online counter

Calendar

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Search

New Report

北軽井沢スウィートグラス  梅雨キャンプ Jul 02, 2020
【Live】雨のキャンプは焚き火三昧 Jun 28, 2020
【Live】はしごキャンプ Jun 26, 2020
【Live】自粛中の自作品、活躍中 Jun 24, 2020
【Live】キャンプには青空が似合う Jun 23, 2020
【Live】浅間山見えず Jun 22, 2020
自作・手作り  木製小型ハンガー Jun 20, 2020
ANOBA Multi Gear Box アノバ マルチギアボックス その2 Jun 16, 2020
ペグ(ソリッドステーク)のメンテナンス Jun 13, 2020
自作・手作り  Goal Zero Lighthouse micro Stand ゴールゼロ ライトハウスマイクロ専用スタンドその2 Jun 12, 2020

INDEX

Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

ブランド・ショップ INDEXは
 ↓ ここをクリック

サインプレート ブランドショップINDEX


北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1


北帰行2018冬INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北帰行2018冬のコピー


小梨平滞在記 INDEXは
↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg


2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート2019夏_長野岐阜富山-1

Monthly archive

2020年 07月 【1件】
2020年 06月 【16件】
2020年 05月 【23件】
2020年 04月 【28件】
2020年 03月 【21件】
2020年 02月 【23件】
2020年 01月 【27件】
2019年 12月 【32件】
2019年 11月 【21件】
2019年 10月 【25件】
2019年 09月 【22件】
2019年 08月 【12件】
2019年 07月 【42件】
2019年 06月 【23件】
2019年 05月 【26件】
2019年 04月 【23件】
2019年 03月 【22件】
2019年 02月 【22件】
2019年 01月 【17件】
2018年 12月 【20件】
2018年 11月 【30件】
2018年 10月 【28件】
2018年 09月 【18件】
2018年 08月 【24件】
2018年 07月 【26件】
2018年 06月 【24件】
2018年 05月 【22件】
2018年 04月 【20件】
2018年 03月 【21件】
2018年 02月 【25件】
2018年 01月 【17件】
2017年 12月 【29件】
2017年 11月 【80件】
2017年 10月 【29件】
2017年 09月 【33件】
2017年 08月 【25件】
2017年 07月 【19件】
2017年 06月 【23件】
2017年 05月 【34件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【21件】
2017年 02月 【24件】
2017年 01月 【28件】
2016年 12月 【91件】
2016年 11月 【32件】
2016年 10月 【26件】
2016年 09月 【29件】
2016年 08月 【23件】
2016年 07月 【29件】
2016年 06月 【29件】
2016年 05月 【21件】
2016年 04月 【23件】
2016年 03月 【22件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【30件】
2015年 12月 【29件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【30件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【24件】
2015年 02月 【25件】
2015年 01月 【17件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【23件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【21件】
2014年 04月 【12件】
2014年 03月 【24件】
2014年 02月 【17件】
2014年 01月 【18件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【19件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【14件】
2013年 07月 【24件】
2013年 06月 【12件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【16件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【13件】
2013年 01月 【14件】
2012年 12月 【18件】
2012年 11月 【16件】
2012年 10月 【17件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【9件】
2011年 09月 【2件】

CATEGORY

Comment

Link


Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

ブランド・ショップ INDEXは
 ↓ ここをクリック

サインプレート ブランドショップINDEX


北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1


北帰行2018冬INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北帰行2018冬のコピー


小梨平滞在記 INDEXは
↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg


2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート2019夏_長野岐阜富山-1


あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

WOM CAMP ロゴ2


702016_1126_154717-15.jpg

ilbif02.jpg

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR