Kaoru君とBeet君のキャンプ日記

キャンプ日記、キャンプ道具、旅の記録、街歩きとグルメなどを書いています。

北軽井沢スウィートグラス  やっと雪景色

北軽井沢スウィートグラス  やっと雪景色


六日目に戻る  

七日目(12月28日)

撤収の日、やっと雪景色に

70%-2016_1228_071854

70%-2016_1228_071707

70%-2016_1228_072009

70%-2016_1228_071934

幕内のグッズを一気に片付けます
外はまだ小雪がちらついていて・・・

ペグを抜くことが出来ても、雪に埋もれたガイラインが凍りついていて
とっとさんファミリーからお湯を借りて氷を溶かしました


幕の撤収を終えた頃、日差しが届いてきて・・・

70%-2016_1228_114652

70%-2016_1228_113537

70%-2016_1228_113450


70%-2016_1228_113802

70%-2016_1228_113554

Y君、Mちゃん、また遊びましょうね

70%-2016_1228_114821-1

浅間山、また来ますよ

70%-2016_1228_113623

管理棟ではもうお正月準備が始まっていたけれど、煙突には名残惜しそうにサンタが・・・爆笑

2016_1228_112952


帰り道、軽井沢 星野エリアのハルニレテラスに寄って

希須林でランチしてから、買い物

70%-2016_1228_130626

70%-2016_1228_123736

70%-2016_1228_123409

70%-2016_1228_132003

70%-2016_1228_132317

70%-2016_1228_132223

70%-2016_1228_132012


70%-2016_1228_131900

70%-2016_1228_132203

70%-2016_1228_131609

70%-2016_1228_132659

70%-2016_1228_121235

ツルヤにも寄って買い物

70%-2016_1228_135814

14:30頃、碓井軽井沢ICから上信越道へ

抜けるような冬晴れでしたね

70%-2016_1228_142625

70%-2016_1228_142838


横川SAで買ったのがこれ

70%-2016_1228_145624_thumb[1]

峠の釜めしではないですよ アイスクリームです

70%-2016_1228_145738_thumb[1]

峠の釜めしで始まり、峠の釜あいすで終わったクリスマスキャンプでした

 六日目に戻る

ページトップへ戻る


翌日、12月29日の彩湖道満グリーンパークのとある風景ウインク

2016_1229_140145_thumb[1]

2016年の締めくくりでした



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/29(木) 23:55:14|
  2. スウィートグラス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

北軽井沢スウィートグラス  チョコレートフォンデュ

北軽井沢スウィートグラス  チョコレートフォンデュ


五日目に戻る  七日目へ続く


六日目(12月27日)

昨夜遅くからずっと雨、残念ながら気温が高くて雪ではなく雨

朝起きると、カイオワ君の前室が水浸し
管理棟にお願いして、少し土を入れてもらいました
ありがとうございました
(そう言えば、以前にも土を入れてもらったこと がありましたね)


朝からカイオワ君の中に籠ります

朝ご飯、フレンチトースト

70%-2016_1227_092447

昼ご飯、焼きそば

70%-2016_1227_134913

3時のおやつに、とっとファミリーさんの幕にお邪魔して、チョコレートフォンデュ

Y君もMちゃんも目を輝かせて喜んでくれました

70%-2016_1227_150756

70%-2016_1227_150749

70%-2016_1227_150927

70%-2016_1227_151039

70%-2016_1227_150939

70%-2016_1227_150943

大人もけっこう夢中になったりして

70%-2016_1227_152117


午後、雨があがると同時に、急に冷えてきました

70%-2016_1227_154456

最後の夜は、とっとさんファミリーの幕にお邪魔します

70%-2016_1227_190340

70%-2016_1227_190400

70%-2016_1227_191530

頂きものの蒲鉾を、火で少し炙るとより美味しくいただけます

70%-2016_1227_191539

70%-2016_1227_190848

サバ缶も

70%-2016_1227_193135

70%-2016_1227_190156

スノーピーク(snow peak) ギガパワーランタン天オート GL100A かな?と思ったけれど
BULIN ポータブルランタン BL300-F1  という中国メーカーのランタンだそうです
価格はギガパワーランタン天の1/3程度
付属しているマントルではなく、スノーピークのマントル S GP-001を使うと、いいらしいです
格安の中国製品だけれど光量調整も問題なくできたし、結構面白そうなランタンかも・・・また物欲が・・・

70%-2016_1227_210703

とっとさんが持ってきたスウェディッシュトーチ(スウェーデントーチ) 

最初はなかなか炎が出なかったけれど、やがて大きな炎に   大成功でしたね

70%-2016_1227_212822


天候 雨後曇り  最高気温8.6℃ 最低気温-4.7℃ 平均風速4.2m

五日目に戻る  七日目へ続く

ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/28(水) 23:59:50|
  2. スウィートグラス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

北軽井沢スウィートグラス  Happy birthday, dear Mちゃん

北軽井沢スウィートグラス  Happy birthday, dear Mちゃん


四日目に戻る  六日目へ続く

五日目(12月26日)

朝ごはん、パンケーキ

70%-2016_1226_084148

昨夜のチーズフォンデュの残り具材とベーコンの炒め物

70%-2016_1226_084200

70%-2016_1226_084126

70%-2016_1226_101404

70%-2016_1226_104406

70%-2016_1226_104420

午前中、いつもの地蔵川温泉へ行ってから、Aコープ北軽井沢店とコンビニで買い物

お昼は、Aコープで見つけたCoCo壱番屋のドライカレー
キャベツとベーコンのコンソメスープを添えて

70%-2016_1226_133400

 

今日はMちゃん7歳のお誕生日、外でのお祝い会にご一緒させていただきました

凄い!! 手作りのお誕生日ケーキですよ

70%-2016_1226_150837

Happy birthday, dear Mちゃん

70%-2016_1226_150853

70%-2016_1226_151049

70%-2016_1226_152015

70%-2016_1226_152555

夕方5時を過ぎると、もうほとんど夜

70%-2016_1226_171241

70%-2016_1226_171657

70%-2016_1226_172116

70%-2016_1226_172254

70%-2016_1226_172433

70%-2016_1226_172521

70%-2016_1226_172628

70%-2016_1226_173436


浅間山の上にひときわ明るく輝く惑星は金星かな?

70%-2016_1226_174206

70%-2016_1226_174524

70%-2016_1226_174558


今夜もいっしょに晩御飯

70%-2016_1226_183110

鶏ハム、大人気でした

70%-2016_1226_182938

70%-2016_1226_183009

70%-2016_1226_183016

70%-2016_1226_184852

和食が中心なので、やっぱりこちら

70%-2016_1226_192610

70%-2016_1226_180630

70%-2016_1226_180702

ご飯が終わって、広場で星を見ながら遊びます

70%-2016_1226_205451

70%-2016_1226_205731

70%-2016_1226_204835

70%-2016_1226_205320

70%-2016_1226_205858

70%-2016_1226_205948

天候 曇り  最高気温7.1℃ 最低気温-7.9℃ 平均風速2.5m

四日目に戻る  六日目へ続く

ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/27(火) 19:06:34|
  2. スウィートグラス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北軽井沢スウィートグラス  サンタがやってきた

北軽井沢スウィートグラス  サンタがやってきた


三日目に戻る  五日目へ続く

四日目(12月25日)

クリスマスの朝、冷えましたね

5:21 幕の中でマイナス4℃(外気温はマイナス7~8℃ぐらいかな?)

70%-2016_1225_052159

フジカ君をつける前に、カリフォルニアパティオ赤外線カセットヒーターPatio Cappuccinoを点火
問題なく点火できて、普通に燃焼しました

氷点下の条件下でも、十分に使えることが実証できましたね

70%-2016_1225_052131

今日はいい天気になる予報

70%-2016_1225_070440

初めて浅間山が顔を出してくれました

70%-2016_1225_070424

70%-2016_1225_070639

70%-2016_1225_071059

70%-2016_1225_070819

70%-2016_1225_085312

70%-2016_1225_085328

70%-2016_1225_085205

昨日までご一緒させていただいた皆さんは、今日撤収

モカちゃんも、よい年を迎えて下さいね

70%-2016_1225_091012

70%-2016_1225_091125

70%-2016_1225_091744

70%-2016_1225_091804

抜けるような青空になりました

70%-2016_1225_105511

70%-2016_1225_105505

みなさんさようなら、道中お気をつけて!! スマイル

70%-2016_1225_120728

70%-2016_1225_120740(1)


虹の街さんがサイトにやってきて、ルオムの森でのファッションショーの写真集を見せてくれました

虹の街さんご夫婦は、ベストファッショニスタに選ばれたとのこと

70%-2016_1225_122351

70%-2016_1225_122539

70%-2016_1225_122530

確かに間違いなくベストですよねスマイル

70%-2016_1225_122550

70%-2016_1225_122456

70%-2016_1225_122502-1

今日から、とっとさんファミリーが僕らの近くの直火タープ付きサイトにINされました

 

夕方、浅間山の噴煙がはっきりと

70%-2016_1225_163830

70%-2016_1225_163917

70%-2016_1225_163927

70%-2016_1225_163942

カイオワ君の中でみんなでクリスマスパーティー

Y君、Mちゃんも楽しそう

70%-2016_1225_183256

70%-2016_1225_184147

金粉が入ったシャンパン、初めていただきましたよ

70%-2016_1225_185449

70%-2016_1225_183301

チーズフォンデュ、久しぶりにレクロ マイクロバーナーが活躍します

70%-2016_1225_184755

サンタがプレゼントを持ってやってきたびっくり

どんなプレゼントだったかな?

70%-2016_1225_180735


天候 晴れ時々曇り  最高気温2.4℃ 最低気温-7.8℃ 平均風速2.3m

三日目に戻る  五日目へ続く

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/26(月) 23:28:13|
  2. スウィートグラス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

北軽井沢スウィートグラス  焚き火ランチ

北軽井沢スウィートグラス  焚き火ランチ


二日目に戻る  四日目へ続く


三日目(12月24日)

朝ごはんを簡単に染ませてから

70%-2016_1224_072110

70%-2016_1224_072141

スウィートグラスの薪焚きの湯
薪ボイラー式の貸切セルフ風呂、一般家庭と同じようなお風呂設備が4つ
予約制で45分¥1,200、75分¥2,000
滞在中3回ほど利用したけれど、わざわざ外に出ていく必要がないということで、なかなか良かったです


お昼は焚き火を囲みながらランチ

70%-2016_1224_123619

Syu&Chaiさんが用意してくれたコールマン キャンピングオープンスモーカー でピザ

70%-2016_1224_121447

70%-2016_1224_131553

70%-2016_1224_131738

70%-2016_1224_125509

昨夜の鴨鍋の残りで作った鴨そば

70%-2016_1224_124230

下仁田ネギの地獄焼

70%-2016_1224_123228

70%-2016_1224_122344

真っ黒になるまで焼いて

70%-2016_1224_123209

中身をいただきます 甘~~~い!!

70%-2016_1224_124923

焼きそばカプセル

70%-2016_1224_132322

70%-2016_1224_132429

美味し

70%-2016_1224_132602

カリフラワー、にんじん これまた美味し

70%-2016_1224_125445

70%-2016_1224_125758-1

70%-2016_1224_135349-1

70%-2016_1224_135350-1

70%-2016_1225_070344

焚き火ランチ、最高でした


今年のクリスマス飾りは白色を基調にシンプルに

70%-2016_1226_101440

70%-2016_1226_101443

70%-2016_1226_104505

70%-2016_1226_104523

70%-2016_1226_104531

70%-2016_1223_151534

70%-2016_1226_101410




今夜はクリスマスイブ

カイオワ君の中でパーティー

70%-2016_1224_184924

70%-2016_1224_185000

クリスマスツリーのサラダ、食べるのはもったいないびっくり

70%-2016_1224_184245

70%-2016_1224_184311

毛ガニの視線が気になるがっかり

70%-2016_1224_184302

70%-2016_1224_184314

70%-2016_1224_184317 -1

70%-2016_1224_185239 - 1

70%-2016_1224_191133

お腹がいっぱいになる前に、ケーキをいただきます

70%-2016_1224_195006

Ribbon Familyさん、Kさんから差し入れ、ご馳走様です

70%-2016_1224_194118

これが噂のKさんスペシャル爆笑

70%-2016_1224_194105


70%-2016_1223_175311

70%-2016_1223_175407


天候 曇り  最高気温-1.0℃ 最低気温-6.7℃ 平均風速2.9m

二日目に戻る  四日目へ続く

ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/25(日) 23:41:06|
  2. スウィートグラス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北軽井沢スウィートグラス  カイオワ君、初の試練

北軽井沢スウィートグラス  カイオワ君、初の試練


一日目に戻る  三日目へ続く


二日目(12月23日)

久しぶりに酔っぱらって眠りについて間もなく
おそらく夜中の1時頃
突然、風が物凄い唸り声を上げたと同時に、南側のホールディングシェルフロング竹に置いてあった
クーラーボックスとソフトクーラーボックスが転倒
そして、南側のコットに寝ていたBeet君の上に、張り綱が緩んだのか幕が覆いかぶさってきた
凄まじい音を立てる風が何度も南方向から押し寄せ、慌ててポールを支える2人
入口の低いテーブル上のオカモチもひっくり返り、ケトルが倒れて水がこぼれる
タオルで水気をふき取り、今後に備えて暖かい服装に着替える

少し風が弱まった頃、外から声が・・・
スタッフの方が、心配して来てくれました
林間サイトは古い樹木も多く、強風により落下した枝が車に当たることがあるので、広場に車を移動させてほしいとのこと
入口ファスナーを開けると、前室部分に置いてあったジャグや靴などが散乱し、一部は外まで飛ばされていた
スタッフの方の話では、明け方にかけても強風が続く予報とのこと

ブラD君を広場に移動させて、またやってくるかもしれない突風に備えてそのまま朝まで車中泊

 

明け方近く、風も雨も止んだので、プラD君をサイトへ

枝がたくさん落下していました
中には太い枝も・・・・もしプラD君に当たっていたらボディに傷がついていたかも

70%-2016_1223_062145

カイオワ君の前室、南からの突風を受けたために、北側にずれてました

70%-2016_1223_062011

明るくなってから点検すると、フロアシートのペグループが3か所ほど縫い目が切れて取れていました

SG201612-6-1

広場のタイヤ跡

ふもとっぱらでの強風体験を思い出します

70%-2016_1223_111610

70%-2016_1223_111618

70%-2016_1223_111553

僕らのサイトの隣にある高床式キャビン 
ツリーハウスフォレストのひとつは煙突が折れてしまったようで、スタッフの方が急いで修理してました

70%-2016_1223_111706

強風体験で朝食を作る元気がなくなっていた僕らのために、Syu&Chaiさんが朝食を用意してくださいました
そして、雨に濡れた色々なグッズは、Syu&Chaiさんの暖かいキャビンの中で乾燥させていただきました
また、微妙にずれてしまっていたセンターポールの修復も、お手伝いいただきました

Syu&Chaiさん、本当にお世話になり、ありがとうございました

70%-2016_1223_111532

東京管区気象台は、「平成28年12月22日から23日にかけて急速に発達した低気圧に関する気象速報」を後日発表していました

概要
12月22日から23日にかけて、前線を伴った低気圧が急速に発達しながら日本海を東に進み、22日は低気圧に向かって南よりの強風が吹いた。
暖かい空気が流れ込み最高気温が平年より高くなり、フェーン現象も加わった北陸地方を中心に、12月として最高気温の高い方からの極値を更新した地点があった。
また、22日から23日にかけては風が強まり、12月として日最大風速の極値を更新した地点もあった。
強風などのため、転倒などの人的被害等が発生したほか、新潟県糸魚川市では建物144棟が延焼する火災となった (糸魚川市調べ12月26日14時30分現在)。


SG201612-7-1

SG201612-7-2

そもそも、このような悪天候の中で、幕を張ってはいけなかったのですが・・・・

カイオワ君は、倒れることなく、よく持ちこたえてくれてました


数時間かけて幕内を整理し、なんとか元の快適空間に戻すことができたので、焚き火で暖まります

70%-2016_1223_162705

この日の夜は、Syu&Chaiさん、この日にINした びぃちゃんさん、そして僕ら6人でカイオワ君の中でイブイブパーティー
ローチェア6脚、狭いけれどなんとか入りました

写真を摂り忘れるほど、食べるのと飲むのと話をするのに夢中になりました
美味しい料理の数々、ご馳走様でした

70%-2016_1223_183220

70%-2016_1223_175224

70%-2016_1223_175335

70%-2016_1223_180511


天候 晴れ時々曇り  最高気温10.7℃ 最低気温-2.6℃ 平均風速3.7m 最大瞬間風速15.8m


一日目に戻る  三日目へ続く


ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/24(土) 23:45:01|
  2. スウィートグラス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

北軽井沢スウィートグラス  今年も雪のないクリスマス・・・かな?

北軽井沢スウィートグラス  今年も雪のないクリスマス・・・かな?

2016年12月22日(木)~28日(水)、6泊7日で、北軽井沢のスウィートグラスへ恒例となったクリスマスキャンプに行ってきたよ
ここでのクリスマスキャンプは、今年で5回目

最初に
ご一緒させていただいた皆さん、お会いできた皆さんへ御礼

Syu&Chaiさん、びぃちゃんさん、とっとファミリーさん、Ribbon Familyさん、Kさん、
プレゼントそして美味しい料理、ありがとうございました

さとかつさん、きっとお会いできるだろうと思っていました

松戸のNさん、今年もお会いできて嬉しかったです

僕らのテントの前で声をかけていただいたOさん、何処かでまたお会いできるといいですね

そして虹の街さん、お土産までいただき恐縮です
次回は僕らのテントでのお泊り宴会にお誘いします


SG201612-1-1

SG201612-4


一日目(12月22日)~二日目(12月23日)

6:00浅草出発 距離約200km

SG201612-2

夜明け前の首都高

70%-2016_1222_061216

70%-2016_1222_061851

関越道に入って、日の出を迎える

70%-2016_1222_071243

上里SAで休憩して、上信越道へ

普段の年ならば、この付近から雪景色となるのですが、全く雪がないです

70%-2016_1222_080402

 [広告] VPS

横川SAで朝食

いつもはカフェ・ル・プティ・ニ・トロワへ行くのだけれど、今日はお休み

70%-2016_1222_081413

パンをいただきます

70%-2016_1222_082235

70%-2016_1222_082246

70%-2016_1222_082300

70%-2016_1222_082820

お昼ご飯用に、峠の釜めしを

70%-2016_1222_084755

70%-2016_1222_085514

碓井軽井沢IC 9:02

70%-2016_1222_090235

なんだか不気味な空模様

70%-2016_1222_090622

軽井沢銀座方面から白糸ハイランドウェイを通って

70%-2016_1222_093737

10:06 スウィートグラスに到着です

70%-2016_1222_100637


予約したサイトは、林間の直火広々サイト〈電源付き〉(クリスマスの時期は、5年連続でこのサイト)

テントはカイオワ君
暖房はまだ予約した新しい薪ストーブが来ないので、フジカ君
補助にカリフォルニアパティオ赤外線カセットヒーター  Patio Cappuccino 
そして長い間家の中で眠っていたホットカーペット(1畳用)
まさか、ホットカーペットをキャンプで使うことはないだろうとずっと思っていたけれど
フロアー全体で靴を脱いで過ごす場合、地面からの冷気を和らげるにはもってこいのアイテムでしたね
そして寝る時には、電気毛布と湯たんぽにお世話になります

直火広々サイト F1

70%-2016_1222_102855

70%-2016_1222_102751

以前は、自火炉の設置場所の地面に木の枠が埋め込まれていたけれど、木の枠がなくなっていた
カイオワ君を張るスペースの制約がなくなって、とても助かりましたね

SG201612-5-1

自作のカイオワ設営用テンプレートを使って、ペグ位置を事前に決めてペグを仮打ちしておきます

例えば、ロープを赤い線に沿って伸ばす場合は、ロープについている赤の目印のところでペグを打ちます
写真がないですが、ロープにはカラーテープで三つの目印(赤・緑・白)がつけてあります

70%-2016_1222_104029

70%-2016_1222_104055

70%-2016_1222_104049

仮打ちしたペグを目印にして、ブラックシートを敷きます
仕上り寸法5.2m×5.2mと少し大きめなので、フロアシートに合わせて折り込みます
ブルーシートでもよかったのだけれど、カイオワ君のフロアシートの色が黒なので、目立たないように色を合わせました

このブラックシートは、フロアシートの保護・汚れ防止になると同時に、地面からの冷気の遮断にも一役買います

70%-2016_1222_104513


70%-2016_1222_130352

70%-2016_1222_130419

お昼ご飯は、横川SAで買ってきた 「峠の釜めし
「峠の釜めし」は信越本線横川駅の駅弁で「日本随一の人気駅弁」と評されたこともある有名なお弁当

「峠の釜めし」の誕生
戦後、旅行者数も増えていったが、この頃の駅弁はどこも似たような内容であったため、飽きられていた。
荻野屋(1885年、横川駅の開業時に創業した駅弁屋)も例外ではなく、全列車が横川 - 軽井沢間の碓氷峠通過に際し
ED42形電気機関車への付け替えが必要なために長時間停車する駅という立地にもかかわらず、業績が低迷していた。
そこで、当時の4代目社長であった高見澤みねじは、停車中の列車に乗り込み、旅行者に駅弁に対する意見を聞いて回った。
意見の大半は「暖かく家庭的で、楽しい弁当」というものであった。
高見澤と、当時社員で後に副社長となる田中トモミは、その意見をどのようにしてそれを駅弁に反映するかを考え、
弁当と一緒に販売する緑茶の土瓶に着目した。当時の駅で販売されていた緑茶の土瓶は陶器製であったが、
陶器は保温性にも優れていた上、匂いも移らないため、「暖かい」「楽しい」という要望をクリアできる。
さらに、「中仙道を越える防人が土器で飯を炊いた」という内容の和歌にヒントを得て、早速益子焼の職人に相談し、
一人用の釜を作成することにした。
こうして、当時の「駅弁=折り詰め」という常識を破り、1958年2月1日から販売が開始されたのが、峠の釜めしである。
当時としては画期的だった温かい駅弁であったこと。文藝春秋のコラムに取り上げられたことから、徐々に人気商品となり、その後の隆盛へとつながるきっかけとなった。
1967年には、フジテレビジョン系テレビドラマ『釜めし夫婦』(池内淳子主演)のモデルにもなった。

70%-2016_1222_130510

70%-2016_1222_130651

70%-2016_1222_130626

味噌汁と一緒にいただく峠の釜めし、大満足です

70%-2016_1222_132042


夜は、この日から四日間ご一緒するSyu&Chaiさんのフリードッグキャビンにお邪魔して

70%-2016_1225_070832

70%-2016_1222_183031

70%-2016_1222_183820

70%-2016_1222_183823

70%-2016_1222_183827

70%-2016_1222_183832

Syu&Chaiさん特製のおでん  美味です 

70%-2016_1222_191113

おでんには、やはりこれでしょう

70%-2016_1222_185918

70%-2016_1222_185903


キャビンの中は、薪ストでポカポカ

70%-2016_1222_212443

いやいや、ポカポカを通りこして、なんと室内温度31℃

長袖シャツを腕まくりして、飲んでました

70%-2016_1222_212417


夜も更けて帰ろうとすると、外は雨で結構な降り

傘を借りてサイトに戻って、そのままシュラフにもぐりこみます

スマホの情報では、糸魚川で大火事があって大変なことになっているらしい
フェーン現象による強風が一因だとか

南風が強くなってきているのは感じていたけれど、
まさか夜中にカイオワ君が初の試練を受けることになるとは思わず、お酒の酔いもあってすぐに夢の中へ・・・

 

天候 曇り後雨  最高気温13.6℃ 最低気温-1.4℃ 平均風速2.1m 最大瞬間風速17.1m


二日目に続く

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/23(金) 23:34:36|
  2. スウィートグラス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今年も雪のないクリスマスになるのかな?

標高1100m 浅間高原

全く雪がないです

お昼は、これ

雪が降るまで、粘ります(^-^)

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/22(木) 18:15:44|
  2. スウィートグラス
  3. | コメント:6

California Patio Patio Cappuccino カリフォルニアパティオ  パティオカプチーノ

California Patio  Patio Cappuccino  カリフォルニアパティオ  パティオカプチーノ

 

冬キャンの時、薪ストーブやフジカ君のサブの暖房器具として使っているのが
プリムス アウトドアヒーターP-951CP
コールマン クイックヒーター MODEL170-8054
コールマン 遠赤ヒーターアタッチメント

北海道長期遠征2016(9月~10月)の時は、寒くなった時の非常用として、この3つを持っていったけれど
コールマンのクイックヒーターはすぐに故障してしまい、使い物にならなかった

それが理由と言う訳ではないのだけれど、
サブの暖房器具をひとつ追加です

カセットガスを使用するCalifornia Patioの赤外線カセットヒーター  Patio Cappuccino 

とてもコンパクト
そしてこのボディカラーがKiowa君にぴったり

2016_1217_103145-1

2016_1217_103418-1

2016_1217_103440-1

2016_1217_103643-1

大きさは、こんな感じ

外形(幅×高さ×奥行) 280 mm x 230 mm x 210 mm  総重量 2.4 kg

2016_1217_103326

カセットガスボンベに入っているブタンガスは、低温時に気化しずらい特徴がある
ガスが最大限に気化しない場合は熱効率が悪くなるわけだが

このカリフォルニアパティオのカセットガスヒーターは、低温の場合の二つの対応策を兼ね備えている

1.ジェネレーター機能
バーナーに火を点けた後、バーナーの熱はガスのパイプをあたためる
よってガスを燃やす前に、ガスをあたためる事になる
これがジェネレーター機能

2.ヒートパネル機能
ヒーターを利用する際にボンベ本体が冷たくなる特徴がある
全てのカセットガス用品はこの問題がある
カリフォルニアパティオのヒーターはヒートパネルを利用して
バーナーの熱がヒーター内臓の鉄板を暖め、暖かい鉄板がガスボンベを包んでいる
これはボンベのホットカーペットみたいなもので、これがヒートパネル機能

2016_1217_104036-1

何処でも手に入るカセットガスボンベ(CB缶)を使用
CB缶1本で、約3時間燃焼するらしい

2016_1217_103811

2016_1217_103833

2016_1217_103851

2016_1217_103731-1

2016_1217_103700-1

2016_1217_104550

2016_1217_104453

2016_1217_104511

2016_1217_104435

使用ガス ブタンカセットボンベガス
発熱量 1.1kW (950  kcal/h)
ガス消費量 0.80 kg/hr
連続燃焼時間 約 3 時間
総重量 2.4 kg
外形(幅×高さ×奥行) 280 mm x 230 mm x 210 mm
点火方式 内蔵着火 電圧着火方式
バーナー セラミック
本体の材料 鉄
保証期間 1年

2016_1217_105937



近々、標高約1,100m最低気温マイナス5~10℃になるフィールドで実地検証してこようと思います



取扱説明書

2016_1217_105931.jpg2016_1217_105917.jpg


70%-2016_1126_154717-15





<2016年12月29日追記>
マイナス4℃の条件下でも、問題なく動作しました
動作検証の記事はこちらへ→ 「北軽井沢スウィートグラス サンタがやってきた」


冬キャングッズINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る




関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/18(日) 22:27:20|
  2. 冬キャングッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

冬・隅田川・夕景

冬・隅田川・夕景


2016年12月17日(土)
雲一つなく晴れ渡った日の夕方、隅田川のほとりをカメラ片手に散歩

 

都会の夕方の空も、まんざらでもないです

70%-2016_1217_163106

70%-2016_1217_165121

70%-2016_1217_170232

70%-2016_1217_171536

70%-2016_1217_171746

70%-2016_1217_171830




帰り道、観音様にお参りして、羽子板市を覗いてみる

70%-2016_1217_172738

70%-2016_1217_173500

70%-2016_1217_173543

今年の世相を反映する羽子板も出ているけれど

70%-2016_1217_174001

70%-2016_1217_174619

70%-2016_1217_174701

やはり、羽子板はこれですよね

70%-2016_1217_174722


70%-2016_1217_174958

羽子板市が終わると、浅草はもうお正月

70%-2016_1217_175256

人形焼屋さんも、これから忙しくなります

70%-2016_1217_175515

70%-2016_1217_175429

70%-2016_1217_175443

来年の干支は酉ですね

70%-2016_1217_180020


関連記事

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2016/12/17(土) 20:15:09|
  2. ●僕らの住処 浅草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

snow peak Tote Bag S スノーピーク トートバックS

snow peak Tote Bag S  スノーピーク トートバックS

2016年12月16日(金)
トレジャーファクトリーのスポーツ&アウトドア専門リユースショップ トレファクスポーツ柏店へ行ってきた
アウトドア専門のトレファクがあることは知っていたけれど、近い場所ではないので、今まで行ったことがなかった
今回、あるアウトドアウェアとグッズ(新品未使用品)の買い取り価格を知りたくて、初めての訪問

2016_1217_110007

新品未使用品でも、僕らが想定していたより驚くほど安い買い取り価格(この業界ではおそらく標準なのでしょうが)
だったので、売りませんでした

お店は、スポーツ&アウトドア専門というだけあって、多数のアイテムが揃っていましたね
じっくりと店内を物色すると、お値打ちな中古品があったのでお買い上げ~

スノーピーク トートバックSの中古品
汚れもほとんどなく中古品としては上物
新品定価は¥6,400(税抜き)、この中古品は¥3,980(税抜き)でした

2016_1217_113904

2016_1217_113952

2016_1217_114049

●サイズ:W360×H380×D250mm
●材質:6号帆布(パラフィン・PU加工)、アクリルテープ(中芯:PP)、ナイロンメッシュ、金具
●重量:約820g

Kiowa君の中で使う敷物を入れようか?

年明けに納品される新しい薪ストーブの煙突入れに使うには、ちょっと贅沢過ぎるかな?

 

 

トレファクスポーツ、ヴィンテージ物が結構ありました
マナスル、コールマン、・・・など
パンフレットにあるように、見るだけで楽しいかもしれませんね

2016_1217_110031



収納・棚 INDEXはこちらへ

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/16(金) 23:15:13|
  2. 収納
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ホエールウォッチング 【知床国立公園羅臼温泉野営場】

北海道長期遠征2016ーFile No.37

13日目その4へ戻る   14日目その2へ続く


2016年9月13日(火)14日目その1 ホエールウォッチング  
【知床国立公園羅臼温泉野営場】

朝5時過ぎ、キャンプ場内を鹿が散歩しています

70%-2016_0913_052004

70%-2016_0913_052225-1

昨夜友達になった二人、名前はシモンとレア  まだ、夢の中のようですね
今日は、羅臼岳へ登ると話していました
熊に気をつけて、安全に登山して来て下さいね

70%-2016_0913_052856

70%-2016_0914_113515

8時過ぎ、知床ネイチャークルーズの事務所へ行って乗船手続き

70%-2016_0913_115956

待ちに待ったホエールウォッチング

このところ波が高く、5日ほどずっと欠航していて久しぶりの出港だそうです

70%-2016_0913_112813

クジラを探す海域

70%-2016_0913_084555

さて、どんなクジラに出会うことができるかなスマイル

↓画像クリックで拡大表示

2016_1213_180540


羅臼港を出港です

70%-2016_0913_084842

船内の神棚には、なんとなんと僕らの住処・浅草寺の雷除けのお札があるではないですか

70%-2016_0913_084556

昨日行ったクジラの見える丘公園ですね

70%-2016_0913_085237

70%-2016_0913_085650

70%-2016_0913_091605

国後島が近いです

70%-2016_0913_091953

70%-2016_0913_092335

クジラはそう簡単には見つかりません

全くクジラを見ることが出来ずに、クルージングが終わることもあるわけですから

70%-2016_0913_092928

他の船も、一生懸命探しています

見つけた場合は、お互いに無線で連絡を取り合っているそうです

70%-2016_0913_092709

70%-2016_0913_093435

70%-2016_0913_093526

一隻が、急発進で遠ざかっていきます

なにか見つけたのかな??

70%-2016_0913_093659

70%-2016_0913_093811

マイクを通した船長の声「11時の方向にツチクジラ!!」

船は全速力でその方向へ

70%-2016_0913_093851(2)

ツチクジラの潮吹きです

70%-2016_0913_093944

300mmの望遠ではこれが限界

70%-2016_0913_094025

写真をトリミングしてみると

70%-2016_0913_094025-1

70%-2016_0913_094025-2

クジラの潮吹き、生まれて初めて見ました爆笑

その後は残念ながらクジラを見つけることができませんでしたが・・・・

70%-2016_0913_094526

70%-2016_0913_094208

70%-2016_0913_094958


港に帰る途中、イシイルカに出会うことが出来ました

70%-2016_0913_095354

70%-2016_0913_095403

70%-2016_0913_095856

70%-2016_0913_095459(2)

70%-2016_0913_095615


[広告] VPS



70%-2016_0913_103444

昨日行ったルサフィールドの先、道道87号の土砂崩れ現場、海から見えました

70%-2016_0913_102838

70%-2016_0913_103531

70%-2016_0913_104028

70%-2016_0913_104614

70%-2016_0913_104818

70%-2016_0913_105118


スタッフのみなさん、恰好いいですね

70%-2016_0913_110738

70%-2016_0913_105021

70%-2016_0913_105338

70%-2016_0913_105815

70%-2016_0913_110652

70%-2016_0913_111236(1)

70%-2016_0913_110752

70%-2016_0913_111053


70%-2016_0913_110600 -1

羅臼港に戻ってきました

70%-2016_0913_111557

海上保安庁第一管区 巡視船PM-15てしお

70%-2016_0913_111638

70%-2016_0913_111719

70%-2016_0913_111821

70%-2016_0913_112017(1)

70%-2016_0913_112107

70%-2016_0913_112609

名物船長の長谷川正人さん

船を降りてから、色々お話しすることができました

70%-2016_0913_112836

事務所に寄って、スタッフの方からCD(写真素材など)をいただきました
これは、下船後の船長との会話で「写真をあげるよ 事務所に連絡しておくから」と伝えてくださっていたもの
ご親切に感謝です

70%-2016_0913_115936

70%-2016_0913_120017

事務所の向いにある知床雑貨カフェcho-e-maruに寄って、あれこれとお土産買いました

70%-2016_0913_115900

70%-2016_0913_115911

70%-2016_0920_091651

70%-2016_0920_091635

約2時間のクルージング、ツチクジラの潮吹きを見ることが出来たし、イシイルカに会えたし、とても貴重な体験でした

出来るならば、船長の長谷川さんおススメの、シャチが良く見える季節(5月)や、
オジロワシやオオワシを見ることができる流氷の季節に、もう一度来てみたいものです


この日の知床ネイチャークルーズ ニュース(ブログ)の記事はこちらへ


知床ネイチャークルーズ パンフレット
2016_1213_183721.jpg  2016_1213_183736.jpg2016_1213_185103.jpg


13日目その4へ戻る   14日目その2へ続く



北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/15(木) 23:57:10|
  2. 羅臼温泉野営場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トークはもちろんフランス語で・・・ 【知床国立公園羅臼温泉野営場】

北海道長期遠征2016ーFile No.36

13日目その3へ戻る   14日目その1へ続く


2016年9月12日(月)13日目その4 トークはもちろんフランス語で・・・ 
 【知床国立公園羅臼温泉野営場】

ルサフィールドハウスを後にして、羅臼まで戻ります

rausu201709-10

70%-2016_0912_141123

70%-2016_0912_141905

途中の川でもマスの遡上を見ることができました

70%-2016_0912_141756

70%-2016_0912_141835

クジラの見える丘公園

70%-2016_0912_143244

70%-2016_0912_143017

70%-2016_0912_142908

「海の動物の見つけ方」が書いてありますが・・・・

70%-2016_0912_143116_thumb[1]

70%-2016_0912_143229_thumb[1]

70%-2016_0912_143232_thumb[1]

難しいです 全く見つけられません

毎年、長崎大学の研究チームがお盆前頃に羅臼入りし、晴れた日にはクジラの見える丘公園に陣取って、
日の出から日没まで、クジラの出没を観察しているようです

「日の出から日没まで」まで、我慢強~く双眼鏡を覗かないと見つけられないのでしょうね

70%-2016_0912_145331

それにしてもなんという空の青さでしょうか

70%-2016_0912_143411


サイトに戻り、道の駅で買ってきた海の幸を焼きます

おっと、ピーマン焦げすぎですね

70%-2016_0912_171745

70%-2016_0912_173426

70%-2016_0912_175428

僕らの隣に小さなテントを張っていたフランス人のカップルを誘って一緒に晩御飯

70%-2016_0912_185827

70%-2016_0912_190011


トークはもちろんフランス語で・・・えっ???ウインク



天候(羅臼)  晴れ  最高気温17.5℃ 最低気温9.8℃ 平均風速2.6m

13日目その3へ戻る   14日目その1へ続く


北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/15(木) 23:57:00|
  2. 羅臼温泉野営場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知床先端部へは徒歩で行くことができる 【知床国立公園羅臼温泉野営場】

北海道長期遠征2016ーFile No.35

13日目その2へ戻る   13日目その4へ続く


2016年9月12日(月)13日目その3 知床先端部へは徒歩で行くことができる
【知床国立公園羅臼温泉野営場】

マスの遡上を眺めで感動した後、ルサフィールドハウスに戻ります

70%-2016_0912_135340

館内には、なにやら変な鳥が・・・・

70%-2016_0912_132014

70%-2016_0912_131910

こちらはかっこいいシマフクロウ

70%-2016_0912_134328



知床半島先端部(知床岬)へ徒歩で行くための情報が、沢山展示されています
道路の果ての相泊から先端までの約16キロを、2日以上かけて行くようです

先端部のホットな情報

「知床岬を目指すなら 知識・装備・技術・体力 フル活用して人力で!!」
知識・装備・技術・体力 僕らにはみんな無いから無理がっかり

70%-2016_0912_134200

「ヒグマに突進されてます」・・・・怖いですね困った

70%-2016_0912_134212

70%-2016_0912_134224

必要な装備は

70%-2016_0912_133235

クマ対策のフードコンテナ・・・初めて見ました

70%-2016_0912_133358

フードコンテナの説明 ↓画像クリックで拡大表示

70%-2016_0912_134252

70%-2016_0912_133324

70%-2016_0912_133332


若かったら挑戦してみたかったですね・・・・・若くてもきっと無理(笑)


参考:知床先端部利用心得 シレココ (環境省)

   知床先端部地区利用の心得PDF (環境省)

 

ルサフィールドハウスにはこんなカードが置いてあった

2016_1213_190106

裏面には次のような事が書いてあった

ソーセージの悲しい最後

コードネーム97B-5、またの名はソーセージ。初めて出会ったのは1997年秋、彼女は母親からはなれ独立したばかりだった。翌年の夏、彼女はたくさんの車が行き交う国立公園入口近くに姿を現すようになった。その後すぐ、とんでもない知らせが飛び込んできた。観光客が彼女にソーセージを投げ与えていたというのだ。それからの彼女は同じくクマとは思えないほどすっかり変わってしまった。人や車は警戒する対象から、食べ物を連想させる対象に変わり、彼女はしつこく道路沿いに姿を見せるようになった。そのたびに見物の車列ができ、彼女はますます人に慣れていった。

我々はこれがとても危険な兆候だと感じていた。かつて北米の国立公園では、餌付けられたクマが悲惨な人身事故を起こしてきた歴史があることを知っていたからだ。我々は彼女を必死に追い続け、厳しくお仕置きした。人に近づくなと学習させようとしたのだ。しかし彼女はのんびりと出歩き続けた。

翌春、ついに彼女は市街地にまで入り込むようになった。呑気に歩き回るばかりだが、人にばったり出会ったら何が起こるかわからない。そしてある朝、彼女は小学校のそばでシカの死体を食べはじめた。もはや決断の時だった。子供達の通学が始まる前にすべてを終わらせなければならない。私は近づきながら弾丸を装填した。スコープの中の彼女は、一瞬、あっと言うような表情を見せた。そして叩きつける激しい発射音。ライフル弾の恐ろしい力。

彼女はもう動くことは出来なかった。瞳の輝きはみるみるうちに失われていった。

彼女は知床の森に生まれ、またその土に戻って行くはずだった。それはたった一本のソーセージで狂いはじめた。何気ない気持ちの餌やりだったかもしれない。けれどもそれが多くの人を危険に陥れ、失われなくてもよかった命を奪うことになることを、よく考えてほしい。


70%-2016_0912_135041

70%-2016_0912_135246

70%-2016_0912_135215

70%-2016_0912_140537

知床の大自然の中では、人間は自然の中で生かされている単なる動物のひとつであり
本当にちっぽけな存在であることを思い知らされます


13日目その2へ戻る   13日目その4へ続く




北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/15(木) 23:56:50|
  2. 羅臼温泉野営場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マスの遡上 【知床国立公園羅臼温泉野営場】

北海道長期遠征2016ーFile No.34

13日目その1へ戻る   13日目その3へ続く


2016年9月12日(月)13日目その2 マスの遡上 【知床国立公園羅臼温泉野営場】

羅臼から道道87号知床公園羅臼線を走り、87号線の終点である相泊まで行ってみようと車を走らせたけれど
ルサフィールドハウスの先で87号線は通行止めになっていました

70%-2016_0912_124120


先日の大雨による土砂崩れが、87号線でも発生したようです
北海道文化放送9月12日のニュース画面より

rausu201709-06

後で知ったのですが、Google Mapにも土砂崩れの様子が写っていました

rausu201709-07-1

rausu201709-08

通行止めではどうしようもないので、ルサフィールドハウスに寄ってみます

知床半島先端部の自然の素晴らしさ、知床の海と陸の生態系のつながり、人々の生活と密接に関わってきた知床の「海」の価値についてお伝えし、世界自然遺産である知床の価値を広く普及する施設です。併せて世界自然遺産地域である知床半島先端部を利用する方々に対して、ルール・マナーのレクチャーを行うとともに、先端部での事故防止と環境保全を図ることを目的としています。

70%-2016_0912_124433

70%-2016_0912_124316

これも後で知ったことですが、このルサフィールドハウスも土砂崩れによる87号線の通行止めの影響で
しばらく臨時休業していて、僕ら行った9月12日から通常どおり開館したのでした

ルサフィールドハウスのブログ(9月12日)より

rausu201709-09

ルサフィールドハウスのすぐそばのルサ川で、いまマスが遡上していると教えられたので、早速行ってみます

凄い数のマス、生まれて初めてみる感動の風景でした

70%-2016_0912_130349

 

70%-2016_0912_124838

みんな、順番待ちをしているように見えます

70%-2016_0912_125006

目的地は山のずっと奥なのでしょう

70%-2016_0912_125034

浅瀬を必死に上っていきますが、鳥たちが待ち受けています

まさに決死の遡上なんですね

70%-2016_0912_125815

70%-2016_0912_130703

70%-2016_0912_124946

いったい、どれだけのマスが生きて目的地まで行くことができるのでしょうか


[広告] VPS



海の向こうには国後島が見えます

70%-2016_0912_130050

70%-2016_0912_130058

浜辺では、カモメとカラスが喧嘩していました困った

70%-2016_0912_130548


13日目その1へ戻る   13日目その3へ続く

北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/15(木) 23:56:40|
  2. 羅臼温泉野営場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日晴天なれど・・・ 【知床国立公園羅臼温泉野営場】

北海道長期遠征2016ーFile No.33

12日目その3へ戻る   13日目その2へ続く


2016年9月12日(月)13日目その1 本日晴天なれど・・・ 【知床国立公園羅臼温泉野営場】

北海道の夜明けは早い
朝5時前、羅臼の港で日の出を・・・・

70%-2016_0912_045922

70%-2016_0912_050210

70%-2016_0912_050536

5時半頃、キャンプ場にも朝陽がさしてきます

70%-2016_0912_053237

70%-2016_0912_053314

70%-2016_0912_064641

70%-2016_0912_064649

朝ごはんを食べ終えたころ、知床ネイチャークルーズから電話  まさか・・・

「今日は波が高いので、クルーズは中止です」 
 
こんなにいい天気なのに・・・残念ですが仕方がないです

予約を明日に振り替えてもらって、今日は羅臼界隈をドライブすることに

 

まずは、知床峠へ

知床峠(標高738m)は北海道目梨郡羅臼町と斜里郡斜里町の境にある国道334号(知床横断道路)の峠
冬期(概ね10月下旬~4月下旬、ほぼ半年間)は通行止めになる峠(2016年は4月26日に開通)

rausu201709-01-2

野営場から峠まで約13km、車ですぐです

70%-2016_0912_082456

70%-2016_0912_082842

[広告] VPS

70%-2016_0912_083428

70%-2016_0912_084152

羅臼岳(標高1,661m)

70%-2016_0912_085244

70%-2016_0912_085215

国後島が見えます

70%-2016_0912_083519

70%-2016_0912_084105

知床峠から戻って、野営場からすぐの羅臼ビジターセンター

rausu201709-03-1

70%-2016_0912_102546

70%-2016_0912_092357(2)

70%-2016_0912_100002

 

70%-2016_0912_100048

70%-2016_0912_100945

70%-2016_0912_101145

ここにもシマちゃん、いましたよ

70%-2016_0912_100247

70%-2016_0912_102039

70%-2016_0912_102045

70%-2016_0912_092806

70%-2016_0912_092847

羅臼ビジターセンター パンフレット

2016_1213_180652.jpg   2016_1213_180701.jpg2016_1213_180726.jpg2016_1213_180737.jpg

お昼は野営場に戻ってパスタを

70%-2016_0912_112800

道道87号知床公園羅臼線を北上して、相泊温泉まで行ってみることに

rausu201709-04-1

rausu201709-05-1


[広告] VPS


12日目その3へ戻る   13日目その2へ続く


北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/15(木) 23:56:30|
  2. 羅臼温泉野営場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知床羅臼へ   【知床国立公園羅臼温泉野営場】

北海道長期遠征2016ーFile No.32

12日目その2へ戻る   13日目その1へ続く


2016年9月11日(日)12日目その3 知床羅臼へ 【知床国立公園羅臼温泉野営場】


二日前の9日、僕らが根室から養老牛温泉へ移動していた日
北海道東部は、台風13号から変わった低気圧と前線の影響で大雨に見舞われ、
羅臼町では9日午後11時半までの24時間降水量が184ミリと観測史上最大を記録した
この大雨で、午後8時ごろ、北海道羅臼町礼文町の国道335号で幅約40メートルにわたり土砂崩れが起きた
軽乗用車1台が巻き込まれ海に転落し、運転されていた方がお亡くなりになったという不幸な事件が発生した

複雑な思いを胸に抱きながら、野付半島を後にして、国道335号線を知床半島の羅臼へ向います

70%-2016_0911_091343-6

70%-2016_0908_060500-5

標津町(アイヌ語:シ・ベツ サケのいるところ、大川、または本流) 
人口5,327人、古くからサケを中心とする漁業により開けたまち、秋サケの水揚げは日本一を誇る
標津川流域は、その母なる川がもたらした広大で肥沃な大地が広がり、大型酪農を営む基盤となっている

羅臼町(アイヌ語:ラウシ 獣の骨のある所)
人口5,312人、道天然記念物のヒカリゴケや熊の湯温泉など、観光資源に大変恵まれた町で、自然豊かで鯨やシャチ
冬にはオジロワシ、オオワシを見ることができる
産業は漁業が中心で、春のウニ漁、夏の昆布漁、秋のサケ定置網漁、冬にはスケトウダラ漁が行われ、
日本一豊かな漁業の町といわれていたが、近年漁獲高も低迷しており、
資源安定のために各種増養殖にも力をいれている


70%-2016_0911_124521

自転車野郎、いや失礼自転車女子

女性だということはすぐにわかったけれど、後で写真を拡大してみると・・・なんとママチャリではないですかびっくり

70%-2016_0911_124726

70%-2016_0911_124555

13時過ぎ、羅臼に到着

国後島がよく見えます(↓画像クリックで拡大表示)

70%-2016_0911_131306-P

道の駅知床・らうす でお昼ご飯

70%-2016_0911_133450_thumb[1]

70%-2016_0911_133538_thumb[1]

ご当地バーガーをいただきます

70%-2016_0911_132429_thumb[1]

メロンパンとガラナもいただきます

ガラナと言えば北海道、本州ではあまり販売していないですよね
なぜガラナは北海道だけに広まったのか? 北海道ウォーカーの記事はこちらへ

70%-2016_0911_132501_thumb[1]

道の駅からすぐの「知床ネイチャークルーズ」の事務所へ行って、明日のホエールウォッチングを予約

ホエールウォッチングは今回の北海道長期遠征の「行ってみたい所・やってみたい事」のひとつ
ここ数日、海が荒れていたという理由で、クルーズが中止だったらしい
ぜひとも明日は出港してほしいですね

そして、今日の宿営地、知床国立公園羅臼温泉野営場へ

70%-2016_0911_091343-9

14時頃、到着です

70%-2016_0911_135907


管理棟で管理運営負担金1人1日¥300を支払って設営にかかります

管理棟を挟んで、下の方がファミリーゾーン、上の方がフリーゾーン
いずれもある程度区画されている
僕らは、上の方のゾーンで、駐車場からあまり遠くない所を選択

70%-2016_0911_091343-7-1

70%-2016_0911_091343-8

70%-2016_0914_114122

サイトは車乗り入れ禁止なので、駐車場に止めた車からこれで荷物を運搬します

70%-2016_0914_114118

最低3泊はする予定なので、リビシェル君と4号(ランブリ4)を接続するというフル装備
一輪車で階段下まで運び、そこから荷物をかかえてサイトに上がる
何度も往復して、かなりの重労働でした


キャンプ場から道路を渡ったところに、無料の露天風呂「熊の湯」があるのだけれど、
今日はゆっくりと湯につかって汗を洗い流したかったので、近くの峰の湯というホテルの日帰り入浴へ

70%-2016_0913_162620

70%-2016_0911_135733

峰の湯パンフレット

2016_1213_180611.jpg 2016_1213_180622.jpg

お風呂でさっぱりした後は晩御飯   しっかり食べます

70%-2016_0911_191451

デザートもありますよ

70%-2016_0911_194619

70%-2016_0911_194634

夜は少し冷えました

70%-2016_0911_194849

70%-2016_0911_191308

70%-2016_0911_191327

野営場の近くを流れる羅臼川の川音が、妙に大きく聞こえた夜でした

天候(羅臼)  晴れ時々曇り  最高気温18.8℃ 最低気温10.8℃ 平均風速2.2m


12日目その2へ戻る   13日目その1へ続く

北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/15(木) 23:56:25|
  2. 羅臼温泉野営場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いつかは消えゆく風景~野付半島~

北海道長期遠征2016ーFile No.31

12日目その1へ戻る   12日目その3へ続く


2016年9月11日(日)12日目その2 いつかは消えゆく風景~野付半島~

今日の目的地は、知床の羅臼にある知床国立公園羅臼温泉野営場
途中、野付半島へ寄ってから羅臼へ向います  距離約92km

70%-2016_0911_091343-1

9時頃、尾岱沼ふれあいキャンプ場を出発

野付半島ネイチャーセンターまでの距離約23km、国道244号線から道道950号線(フラワーロード)を走ります

野付半島は、北海道の知床半島と根室半島のあいだに位置する、全長約26kmの日本最大の砂の半島、砂嘴(さし)です。複数の国有林を持ち、国指定特別鳥獣保護区があります。
海に突き出たかぎ針状で、独特の形をしています。中には砂浜、干潟、草原、高層湿原、森林、があり、立ち枯れの風景『トドワラ』や『ナラワラ』といった景勝地があります。

砂嘴とは、半島や岬に続く砂の堆積によってでき、海に突き出た低平な細長い堆積地形。海岸線が屈曲していて、一方の海岸から砂が運ばれると、砂の堆積部分が海面上に現れる。鳥のくちばし (嘴) のような形を呈することが多いので砂嘴という。

70%-2016_0911_091343-2-1

70%-2016_0911_091343-4-1

左は外海(根室海峡)、右は野付湾

70%-2016_0911_091443

ナラワラ
オンニクル、ポンニクルと呼ばれる原始林も周囲から枯れてきていて
特に道路に面した枯れ木の多いところを、トドワラに合わせてナラワラと呼んでいるらしい
ここはミズナラ・ダケカンバ・ナナカマド・エゾイタヤなどが生えていて、特にミズナラが優占しているとのこと

70%-2016_0911_092156

70%-2016_0911_092225

根室海峡をはさんで、国後島が見えます
その距離、わずか16km
国後に最も近いのが、ここ野付半島だそうです

70%-2016_0911_091343-5-1

羅臼山(標高882m)

70%-2016_0911_092940

泊山(標高535m)

70%-2016_0911_092954

 

70%-2016_0911_093015

9:30 野付半島ネイチャーセンターに到着

70%-2016_0911_094221

ここからトドワラまでは遊歩道を約1.3km歩きます

70%-2016_0911_091343-3-1


70%-2016_0911_101107

花の季節はもう終わり、秋の気配が・・・

70%-2016_0911_101641

70%-2016_0911_100146

70%-2016_0911_101917

 

↓画像クリックで拡大表示

70%-2016_0911_100515-P1

70%-2016_0911_100515-P2


70%-2016_0911_103320

70%-2016_0911_111719


野付半島内には江戸時代の中頃まで、トドマツ・エゾマツ・ハンノキ・カシワなどの樹種から成る原生林がありました。
しかし年々半島周辺が地盤沈下し、それに伴い海水が浸入、立ち枯れの森となりました。
その枯れ木群も更に進む地盤沈下や風化によって少なくなっています。
トドワラとはトドマツの原っぱからきた地名で、荒涼とした景観になっています。

トドワラは昔写真で見たもの以上に朽ち果てていました

時の流れが砂嘴の姿を変えていくのでしょう

いつかは消えゆく風景です

70%-2016_0911_105238

70%-2016_0911_105551

70%-2016_0911_105228

70%-2016_0911_105447

70%-2016_0911_105955

70%-2016_0911_110048

70%-2016_0911_111500

70%-2016_0911_111803

70%-2016_0911_111519

70%-2016_0911_113132


[広告] VPS

ネイチャーセンターに戻ります

70%-2016_0911_105700

遠い昔を思い出させてくれます

70%-2016_0911_114541

根室海峡

70%-2016_0911_114024

70%-2016_0911_114006

70%-2016_0911_114217

灯台から先は通行できません

70%-2016_0911_115929

70%-2016_0911_120038

70%-2016_0911_120135

さて、羅臼に向けて出発しましょう


野付半島 パンフレット

2016_1213_175920.jpg     2016_1213_175935.jpg
2016_1213_180016.jpg2016_1213_180027.jpg
2016_1213_183545.jpg2016_1213_183554.jpg


12日目その1へ戻る   12日目その3へ続く

北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/15(木) 23:56:19|
  2. ●キャンプ日記-北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

静かなる野付の湾   【尾岱沼ふれあいキャンプ場】

北海道長期遠征2016ーFile No.30

11日目その3へ戻る   12日目その2へ続く


2016年9月11日(日)12日目その1 静かなる野付の湾 【尾岱沼ふれあいキャンプ場】

朝、静かなる野付の湾

70%-2016_0911_044626

70%-2016_0911_045709

70%-2016_0911_045908

70%-2016_0911_051352

70%-2016_0911_051646

感動の夜明けです

70%-2016_0911_051954

 [広告] VPS


濡れたグッズもしっかりと乾きます

70%-2016_0911_072555

70%-2016_0911_072614

70%-2016_0911_081145

70%-2016_0911_081233

 

僕らが来た時から張ってあったテント

キャンプ場のレンタルテントで、先日の悪天候の時に使った人がそのままにしていたもの(管理人さんの指示で)
今日でやっと乾燥できますねウインク

70%-2016_0911_081249

撤収を終えて、管理人さんに挨拶にいくと、管理棟の前ではリスが朝ごはん中でした

70%-2016_0911_084547

70%-2016_0911_084901(1)

70%-2016_0911_084944

[広告] VPS

キャンプ場を後にして野付半島へ向かいます

11日目その3へ戻る   12日目その2へ続く


ページトップへ戻る



 尾岱沼ふれあいキャンプ場の紹介

上矢印ロケーション

目の前がすぐ野付湾で、絶景な朝日を望むことが出来る

70%-2016_0910_065604-2

上矢印管理棟

別海町が管理運営

70%-2016_0910_065604-4

70%-2016_0911_084311

上矢印炊事場

場内に3か所、お湯は出ません

70%-2016_0911_083818

70%-2016_0911_083802

上矢印トイレ

場内に2ヶ所、和洋式水洗

70%-2016_0911_084334

上矢印シャワー、管理棟内にコインシャワーあり

上矢印ゴミ、有料で分別廃棄可能

上矢印サイト

フリーサイト、車乗り入れ不可(周遊道路に駐車可)、地面は芝、比較的フラット

70%-2016_0911_083741

70%-2016_0911_083813

尾岱沼ふれあいキャンプ場 パンフレット

2016_1213_175535.jpg 


別海町 パンフレット

2016_1213_184216.jpg  2016_1213_184225.jpg2016_1213_184248.jpg



11日目その3へ戻る   12日目その2へ続く

北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/15(木) 23:56:17|
  2. 尾岱沼ふれあいキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕方の雨、寒かった  【尾岱沼ふれあいキャンプ場】

北海道長期遠征2016ーFile No.29

11日目その2へ戻る   12日目その1へ続く


2016年9月10日(土)11日目その3 夕方の雨、寒かった  【尾岱沼ふれあいキャンプ場】

中標津の町から標津町を通って、野付半島を望む別海町の尾岱沼を目指します 距離約30km

70%-2016_0910_065601-1

70%-2016_0910_134854

14時頃、キャンプ場到着

70%-2016_0910_135855

70%-2016_0910_065604-1

70%-2016_0910_155823-1

このキャンプ場はフリーサイト、車乗り入れ不可
周辺道路に車を駐車できるので、出来るだけ車に近いところを選んで
4号(ランブリ4)と、備え付けのベンチを覆うようにエルフィールド“シールド”ヘキサPro.を設営
入場料1名¥300×2=¥600.持ち込みテント1張1泊¥400、合計¥1,000・・・安いです!!

70%-2016_0910_155855

サイトの向こうに広がる海は野付湾

70%-2016_0910_155914

70%-2016_0910_160000

70%-2016_0910_160010

風が出てきたので、風防代わりのテンティピ の焚き火台の中に、ギガパワープレートバーナーLIを入れます

70%-2016_0910_165034

普段はこんな使い方しませんが、ジャストフィット爆笑

70%-2016_0910_165051

火力も安定!!

70%-2016_0910_165203


夕方になって雨が降ってきて気温も下がり、身体が冷えてきたので、簡単メニューに変更  カレーうどんで暖まります

70%-2016_0910_171721

70%-2016_0910_173702

足元には、今回の旅の暖房用に持ってきたプリムスウトドアヒーターコールマンクイックヒーター

70%-2016_0910_170741

キャンパーは5~6組くらい

週末の土曜日だけれど、道東ではもうキャンプシーズンは終わりなんでしょうね
ファミリーが1組だけで、あとは旅行者ばかりだったような・・・

70%-2016_0910_175222

70%-2016_0910_175237

6時過ぎ、外にいても寒いだけなので、風対策にタープを低くして、4号(ランブリ4)の中に潜り込みました

70%-2016_0910_175300

テントに入って本でも読もうかなと思っていたけれど、なんと7時前にはもう夢の中


23時過ぎ、ふと目が覚めると、雨音は消えてとても静か
外に出てみると、空は晴れて星空が見える
外灯が明るすぎて、星空がうまく写っていないけれど、天の川も見えました

70%-2016_0910_232659

70%-2016_0910_232348

70%-2016_0910_233129-2

70%-2016_0910_234302

70%-2016_0910_234938

明日はきっといい天気になるはず

天候(標津)  晴れ後曇り後にわか雨後晴れ  最高気温21.7℃ 最低気温13.7℃ 平均風速3.3m

11日目その2へ戻る   12日目その1へ続く


北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/15(木) 23:56:16|
  2. 尾岱沼ふれあいキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地球が丸く見える~開陽台

北海道長期遠征2016ーFile No.28

11日目その1へ戻る   11日目その3へ続く


2016年9月10日(土)11日目その2 地球が丸く見える~開陽台

今日の目的地は、尾岱沼ふれあいキャンプ場
途中、地球が丸く見えるという開陽台に寄って、中標津の町で買い物してからキャンプ場へ向います

70%-2016_0910_065601

今日は本当にいい天気

70%-2016_0910_105643

70%-2016_0910_110036

11:15 開陽台に到着です

70%-2016_0910_111415

70%-2016_0910_111636

70%-2016_0910_111820

70%-2016_0910_111917

「絶景」「雄大」どんな言葉を使えば伝わるだろうか

この風景の素晴らしさを、言葉で表現するのがとても難しい

70%-2016_0910_112547

70%-2016_0910_112646

70%-2016_0910_112718

70%-2016_0910_112742

70%-2016_0910_112804(1)

70%-2016_0910_112915

70%-2016_0910_112944

70%-2016_0910_113957

70%-2016_0910_115652

開陽台から見渡せる風景の1つに、北海道遺産「根釧台地の格子状防風林」がある

70%-2016_0910_115016

幅180m、総延長648kmという地球規模の人工物であり、宇宙からも見えたという

この格子模様は、凄い!!

70%-2016_0910_065602

70%-2016_0910_065603

70%-2016_0910_120348

70%-2016_0910_120452

70%-2016_0910_120503


[広告] VPS


開陽台を出て、ミルクロードと呼ばれている道を走ります

70%-2016_0910_122135


[広告] VPS

本当に走っている人もいてビックリ

70%-2016_0910_123141

中標津の町にある、TOBU  SOUT  HILLS(東武サウスヒルズ中標津店) と言うショッピングモールで買い物

売り場面積が広く、驚くほど品揃えが充実しているフードコーナー
物珍しさであれやこれやと買いたかったけど、そこはぐっと我慢
家の近くにあったらいいのにと思ったお店でした

70%-2016_0910_124820


中標津の町を後にして、今夜の宿営地「尾岱沼ふれあいキャンプ場」に向けて走ります

中標津町パンフレット・マップ

2016_1213_184505.jpg   2016_1213_184512.jpg
2016_1213_184547.jpg2016_1213_184557.jpg





11日目その1へ戻る   11日目その3へ続く

北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/15(木) 23:56:15|
  2. ●キャンプ日記-北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マジックの答え

北海道長期遠征2016ーFile No.27

10日目その3へ戻る   11日目その2へ続く


2016年9月10日(土)11日目その1 マジックの答え

朝、晴れました
昨日の大雨がまるで嘘であったかのように

70%-2016_0910_065802

70%-2016_0910_065925

朝風呂をのんびり楽しんでから、朝食

バイキング方式なんだけど、料理の種類がびっくりするほど多い
全ての種類を食べることは、到底出来ないであろうと思われる数
ホームページによると、なんとその数、約60種類とか・・・
でも、可能な限り沢山食べさせてもらいましたよウインク  


だいいちでは、毎朝、ロビーで宿泊者と一緒にお餅つきを行っていて、つきたてのお餅がすぐにテーブルまで運ばれます
もっと食べたかったけれど、もう限界でしたね

70%-2016_0910_090427

昨夜、シマフクロウがやってきた生け簀

70%-2016_0910_090501

70%-2016_0910_090941

冬にはこの子もやってくるようです

70%-2016_0910_091034

70%-2016_0910_101601

70%-2016_0910_071830

70%-2016_0910_090652

今は、二軒宿になってしまっていますが

70%-2016_0910_090743

70%-2016_0910_090825

この宿のマジックの答え、少しだけわかったような・・・
僕たちなりに導き出した答えのキーワードは

シマフクロウが住む森、アイヌの人達が発見した温泉、
そしてその森と温泉を守っていこうとする人たちの、静かだけれども熱く燃え続ける情熱・・・・

湯宿だいいち、お世話になりました
またいつか訪れたいと思わせてくれた、素晴らしいお宿でした

70%-2016_0910_104622

11時前、出発です


10日目その3へ戻る   11日目その2へ続く

北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/15(木) 23:56:14|
  2. ●キャンプ日記-北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コタンコロカムイ(村の神様)降臨

北海道長期遠征2016ーFile No.26

10日目その2へ戻る   11日目その1へ続く


2016年9月9日(金)10日目その3 コタンコロカムイ(村の神様)降臨

夕食前に一時間、夕食後も一時間、ロビーでシマフクロウを待ちます
諦めて部屋に戻っていくお客さんも多かったですが、僕らは辛抱強く待ちます
なにせ「シマフクロウに会う事」が、今回の旅の目的のひとつですからね

シマフクロウは極東地域に狭い分布域を持ち、日本では北海道および北方領土に生息します。全長70㎝、翼を広げると約180cmの世界最大級のフクロウです。河川および湖沼で魚類やカエルなどを捕食し、広葉樹の大木の樹洞に営巣します。
20世紀初頭までは、北海道全域に分布していたのですが、森林伐採による営巣木の減少と河川改修や砂防ダム建設による餌の魚類の減少等により、現在は、北海道東部の知床、根室、日高地域などで見られるだけになりました。生息数は約50つがい140羽で、絶滅のおそれが最も高い絶滅危惧ⅠA類に指定されています。このうちの約半数は、良好な自然環境が保全されている知床地域に生息しています。

アイヌの人たちは、シマフクロウの事をコタンコロカムイ(村の神様)と呼びます

天地創造時、動物神の中で最初に地上へ降ろされた神であると言われ、  
高い木の上から国を見守る役割を負っているとされている
独特の低い鳴き声で村から魔を払いのけ、目を開いたときは眼力で魔を払っているといわれている

70%-2016_0909_211131

9:25、ついにコタンコロカムイ降臨

突然、本当に突然に、目の前に現れた 
  
70%-2016_0909_212420

70%-2016_0909_212433

70%-2016_0909_212434

70%-2016_0909_212438(1)

70%-2016_0909_212507

70%-2016_0909_212610

70%-2016_0909_212641

70%-2016_0909_212709

70%-2016_0909_212722

70%-2016_0909_212749

70%-2016_0909_212751

70%-2016_0909_212752

70%-2016_0909_212755

70%-2016_0909_212820

70%-2016_0909_212834

約4分間、僕らの前に現れてくれた「村の神」

今回の旅の目的のひとつであるシマフクロウに会えた、短いけれども貴重な瞬間でした


天候(中標津)  豪雨のち曇り  雨量合計134.5mm 最高気温16.9℃ 最低気温13.5℃ 平均風速3.7m(最大瞬間風速13.2m)

10日目その2へ戻る   11日目その1へ続く

北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/15(木) 23:56:12|
  2. ●キャンプ日記-北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

養老牛温泉  湯宿だいいち

北海道長期遠征2016ーFile No.25

10日目その1へ戻る   10日目その3へ続く


2016年9月9日(金)10日目その2 養老牛温泉 湯宿だいいち

14時過ぎに、湯宿だいいち に到着
早速、シマフクロウがやってくる時間帯と場所を教えていただく

時間は一定ではなくて、暗くなったころから21時頃までの間
最近はほぼ毎日やってくるが、確実ではないらしい
雨の中でもやってくる  だが、あまりに風が強いと姿を見せないかもとのこと

場所はロビーからガラス越しに見える生け簀のところ

70%-2016_0909_141700

70%-2016_0909_141738

70%-2016_0909_173221

部屋に案内していただいた係りの方(中年の男性)は、東京から単身でここに勤めているらしい
「なぜ、この秘境の宿に人が集まるのか? 身をもって体験したくて、修行のつもりで働いている」とのこと
やはり噂どおり、この宿には、お客さんだけではなく、旅館やホテルの業界内でも注目されている何かがあるようですね



部屋の窓から、川の流れが見えます
雨は少し小降りになってきたけれど、まだ降り続いています

70%-2016_0909_161441

70%-2016_0909_162045


お風呂は2か所
日帰り入浴でも入ることが出来るお風呂と
なんと、宿泊客専用のお風呂があって、これにはびっくり

誰も入っていなかったので、スマホで撮影してきました

大浴場、総ヒバ風呂

2016_0909_145717

2016_0909_145900

露天風呂、標津川の川沿いにいくつかの特色ある露天風呂がある

川の流れとの隔たりがない混浴露天風呂は、8月の台風による標津川の増水で水没し、一時は使えなかったそうだ

2016_0909_145740

2016_0909_145825

2016_0909_145806

宿泊者専用のお風呂

2016_0910_054136

約300年も昔にアイヌの人々によって発見されたと言われているこの温泉で、旅の疲れを癒しました


夕食は、お食事処で創作懐石「せせらぎ御膳」

2016_1217_105440


二日続けて花咲ガニ、贅沢の極みですね

70%-2016_0909_190227

70%-2016_0909_190416

70%-2016_0909_190423

70%-2016_0909_190428

70%-2016_0909_190434

70%-2016_0909_190440

70%-2016_0909_193252

70%-2016_0909_194408

〆は自分で勝手丼を作りました

70%-2016_0909_194610

70%-2016_0909_191359


夕食前も、ロビーでシマフクロウを待ってましたが、現れず
もし食事中に現れた時は、宿の方が呼びに来てくれることになっていましたが、音沙汰なし

食事を終えてから、またロビーで待機します


湯宿だいいち パンフレット
2016_1213_175645.jpg2016_1213_175656.jpg2016_1213_175734.jpg2016_1213_175801.jpg

   
10日目その1へ戻る   10日目その3へ続く


北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る





関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/15(木) 23:56:10|
  2. ●キャンプ日記-北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大雨の中、小さなカフェでまったり

北海道長期遠征2016ーFile No.24

9日目その3へ戻る   10日目その2へ続く


2016年9月9日(金)10日目その1 大雨の中、小さなカフェでまったり

朝から大雨
今日は養老牛温泉の湯宿だいいちを目指します 距離約110km
のんびり雨の中のドライブです

70%-2016_0909_091306-11

70%-2016_0908_060500

根室振興局

根室市(アイヌ語:ニムオロ 樹木が繁茂するところ )
人口27,046人、古くから北方漁業の基地として発展してきた水産都市で、北方領土返還要求運動原点の地

別海町(アイヌ語:ベッ・カイェ 川の折れ曲がっているところ) 
人口15,269人、大規模な酪農が展開され、乳牛・肉牛を合わせて12万頭を数える日本一の生乳生産量を誇る酪農王国

中標津町(アイヌ語:シ・ペッ 大きな川)
人口23,888人、根室振興局管内では根室市に次ぐ人口を擁し、管内中部の中核となる町で、酪農・商業が盛ん
2005年から北海道庁による移住促進事業のパートナー市町村として、道外からの移住を推進している



風連湖(ふうれんこ)・春国岱(しゅんくにたい)を望むことが出来る、道の駅スワン44ねむろ

日本最東端の道の駅ですね

残念ながら大雨で、ほぼ視界ゼロ
天気が良ければ、さぞかし素晴らしい風景を見ることが出来たのでしょうね

70%-2016_0909_102746

外の風景が見えないのでお土産物屋さんをウロウロ、面白そうなお土産が沢山ありましたよ

シリーズもののクッキーらしい

70%-2016_0909_103051

氷上の鷲の下に

70%-2016_0909_103333

しまちゃんクッキー

70%-2016_0909_103321

スワンの涙

70%-2016_0909_103344

鼻くそやう○ちは、遠慮させていただきます困った

70%-2016_0909_103455

ししゃもチョコ、これは食べてみたかったです

70%-2016_0909_103555

生さんまチョコ、生チョコなのか~~??

70%-2016_0909_103542


70%-2016_0909_103433

70%-2016_0909_104838

70%-2016_0909_104849

70%-2016_0909_104907

シマフクロウに出会えることを祈って、しまちゃんクッキー買いましたよ

70%-2016_0909_102431

70%-2016_0909_103123

70%-2016_0909_102955


道の駅スワン44ねむろ パンフレット

2016_1213_175433.jpg   2016_1213_175445.jpg


風連湖・春国岱 ガイド
2016_1213_184124.jpg2016_1213_184141.jpg



雨の中を走ります

[広告] VPS


別海町にある別海町ふれあいキャンプ場を見学

70%-2016_0909_091306-21

大雨の中、キャンピングカーが1台だけ      当然テントを張っている人はいませんでした

70%-2016_0909_114602

70%-2016_0909_114605

別海町ふれあいキャンプ場 パンフレット

 2016_1213_175520.jpg

 

 

お昼は、昨日根室のコインランドリーに置いてあった雑誌で見つけたお店へ

牧場の入り口近くにあるお店の名前は「Cafe Beco

70%-2016_0909_091306-31


70%-2016_0909_121057

雨で周りの風景がよく見えないのだけれど、

晴れていたらきっと、大草原の中に佇む小さなカフェって雰囲気なんでしょうね

70%-2016_0909_132707

70%-2016_0909_132453

お店の中、大きな窓から牧場の風景を見ることが出来て、とても素敵な作りです

70%-2016_0909_125307

70%-2016_0909_122225

オムライスとポテトグラタンセットをいただきます

70%-2016_0909_123129

70%-2016_0909_124100

70%-2016_0909_124107


デザートには、Becoパフェ

70%-2016_0909_122225

70%-2016_0909_130453

とても居心地がいい空間だったので、のんびりさせていただきました

70%-2016_0909_125259

70%-2016_0909_124900

ふと外を見ると、ベコ君達が雨の中を移動中

お昼ご飯のために集合がかかったのかなスマイル

70%-2016_0909_131220


ランチメニューの中に「喜多方ラーメン」というのがあったので、不思議に思ってお店の奥さんに訪ねると

「お客さんからよく『ラーメンはないのですか?』と聞かれるので、ランチメニューにラーメンを入れているのです
 喜多方ラーメンはお取り寄せで食べてみて美味しかったので、お店でも出しています
 北海道の人って、本当にラーメンが好きなんですよね
 私は関西の人間だから、やっぱりうどんがいいのだけれどね」


北海道の人は、なぜラーメンが大好きなのか? うどんはあまり食べないのか? また調査すべき課題が出来ました


手作りの美味しそうなパンもあったので、買って帰りました

機会があれば、ぜひもう一度訪れたいカフェでした

70%-2016_0909_132443

ここから、養老牛温泉まではもうすぐ

70%-2016_0909_133601

70%-2016_0909_134944

70%-2016_0909_135822

70%-2016_0909_140254

14時過ぎ、養老牛温泉 湯宿だいいちに到着です

70%-2016_0909_140404

養老牛温泉(ようろううしおんせん) アイヌ語:エオロシ 川の中に突き出た大きな岩
地元周辺の人たちは、「ようろうし」、「よろうし」等短縮して呼ぶ事もあるらしい
ホテル養老牛(開業1930年)、旅館藤や(開業1965年)、湯宿だいいち(開業1972年)の3軒の宿が存在していたが
平成26年(2014年)旅館藤やが経営者の健康上の理由から廃業し、現在はホテル養老牛と湯宿だいいちの2軒が営業

湯宿だいいいち
週末に予約をとるのは難しいほど人気の宿、全国各地から噂を聞いて人々がやって来る宿
この秘境の温泉宿に、いったいどんなマジックがあるのだろうか・・・・


9日目その3へ戻る   10日目その2へ続く


北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/15(木) 23:56:08|
  2. ●キャンプ日記-北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長期遠征中、欠かせない大切な事

北海道長期遠征2016ーFile No.23

9日目その2へ戻る   10日目その1へ続く


2016年9月8日(木)9日目その3 長期遠征中、欠かせない大切な事

13:40 納沙布岬を後にして、道道35号線を走り今日の宿泊地根室へ向います

70%-2016_0908_060502-61

途中の道路で、プラD君の走る姿をちょっと撮影してみました

70%-2016_0908_135848

 [広告] VPS


根室の街中、明治公園へ行きます

明治8年に創設された国立の「開拓使根室牧畜場」の跡地を利用した公園
シンボルとなっているサイロは、昭和7年に1基(高さ11.81m直径4.65m)、
昭和11年に2基(高さ14.67m直径5.92m)建てられたもの
赤レンガ積みのサイロとしては国内最大級の規模を誇り、屋根の形は時代を反映して鉄兜形であり、
現存するレンガサイロとしては国内2番目の古さをとなる
平成13年に国の有形文化財に登録、平成19年12月に経済産業省が選考した近代化産業遺産に認定

70%-2016_0908_060502-71

明治公園へ行った目的は、テントやタープの乾燥
誰もいなかったバーベキュー広場で、エヴォ君や4号(ランブリ4)のグランドシートやフライシートを広げます

ボランティアで公園の清掃をしているというおやじさんから話しかけられて、
しばらくの間、根室についての色々な事を聞きました
なぜ根室にはロシア語の標識が多いのかという話、旧ソビエトに拿捕された話・・・などなど
しみじみと「国境の町」を感じました

 

明治公園のサイロ

綺麗な芝、ここに設営したい

70%-2016_0908_152508

70%-2016_0908_152722

70%-2016_0908_152756

公園の駐車場には、キャンピングカーや車中泊の車が目立つ

トイレが綺麗だし、バーベキュー広場のところではゴミも捨てることができるので、車中泊には最適なんでしょうね

70%-2016_0908_152837


15時頃、今夜の泊まり二美喜(にびき)という旅館に到着

根室まで来たのだから、花咲カニを食べないといけないでしょうということで
料理に花咲カニが出る宿をネットで探したのでした
1名一泊二食¥10,260

70%-2016_0909_091307

70%-2016_0909_091311

宿のおかみさんに教えてもらって、近くのコインランドリーへ

長期遠征で欠かせない大切な事は洗濯ですね
数日分の着替えは持参してますが、長旅になると最低でも1週間に1回は洗濯しないと・・・

70%-2016_0908_171530

東京では使ったことがない大型の洗濯乾燥機
洗濯物の量にもよりますが、¥1,000ほどで洗濯と乾燥を連続してやってくれます
時間は1時間程度

キャンプ場や旅館、ホテルでコインランドリーを利用することがありますが、洗濯と乾燥は別のところがほとんど
それに大量の洗濯物を一度にというわけにはいかないので、何度かに分けて使うことになって
結局、結構な料金とかなりの時間を費やしてしまうことが多い

ということで、これからの街でもこのような大型洗濯乾燥機があるコインランドリーを探すことにします

70%-2016_0908_171550

近くに洗車ガンのあるコイン洗車場を見つけたので、プラD君も綺麗に
(プラD君はルーフを積んでいるので、普通の洗車機は使えないのですよ)

70%-2016_0908_163124

70%-2016_0908_163247


コインランドリーの待ち時間を利用して、JR根室線の終着駅 根室駅へ

日本最東端の駅根室駅は、正直なところ想像していたより寂しい駅だった

70%-2016_0908_165607

出発する列車は一日6本

70%-2016_0908_164527

70%-2016_0908_163835

70%-2016_0908_163753

駅に隣にある観光案内所

70%-2016_0908_165026

今回の旅のこだわりのひとつ、シマフクロウのシールがありました
釧路動物園で初めて姿を見て、大のお気に入りになったシマフクロウ
もちろんお買い上げです


70%-2016_0908_165135

案内所の係りの方から教えてもらいました

根室駅は最東端の駅ではない、最東端の駅は根室駅のひとつ手前の駅である東根室駅だということ
なるほど、根室線はぐるりと回りこんで終着の根室駅に入ってきているのでした
どおりで、根室駅には「最東端の駅へようこそ」ではなくて、「最東端の街へようこそ」と書いてあったのですね

70%-2016_0908_060502-91

晩御飯、花咲カニご馳走様でしたスマイル

70%-2016_0908_171551

2016_0908_183207


2016_1213_190242


根室ナビ パンフレット

2016_1213_181858.jpg2016_1213_181923.jpg2016_1213_181957.jpg2016_1213_182020.jpg
2016_1213_182210.jpg2016_1213_182237.jpg2016_1213_182251.jpg2016_1213_182305.jpg
2016_1213_182332.jpg2016_1213_182413.jpg2016_1213_182444.jpg2016_1213_182459.jpg
2016_1213_182528.jpg

     
       



この日の夜から明日にかけては、台風13号から変わった低気圧の影響で大雨の予報
明日もキャンプは諦めて、道東に来たら必ず泊るつもりでいた養老牛温泉の湯宿だいいちへ行くことにしました

この湯宿だいいちは、野生のシマフクロウに会えることで有名な宿
僕らの前に姿を見せてくれるでしょうか


天候(根室)  曇り  最高気温17.7℃ 最低気温13.8℃ 平均風速6.4m


9日目その2へ戻る   10日目その1へ続く

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/14(水) 14:17:21|
  2. ●キャンプ日記-北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本土最東端の岬へ

北海道長期遠征2016ーFile No.22

9日目その1へ戻る   9日目その3へ続く


2016年9月8日(木)9日目その2 本土最東端の岬へ

霧多布を後にして、今日の目的地は納沙布岬そして根室
明日から大雨の予報なので、今夜はキャンプではなく、根室の旅館に泊ります
元々、根室半島にはキャンプ場が無いようで、納沙布岬まで行くにあたり、どこを拠点にしようかと迷っていて
根室の旅館かビジネスホテルしか選択肢はないのかなあと思っていました

70%-2016_0908_060502-1

霧多布岬付近の放牧地

放牧地というよりも、荒れ地という感じで、馬の姿がなぜか哀愁を誘います

70%-2016_0908_090348

霧多布の街中の民家、とても派手爆笑

70%-2016_0908_090733

北海道で「鹿に注意」は当たり前
沢山の人から、鹿にぶつかって車が大破した話や、不運にも亡くなった人もいるという話を聞きました
鹿は突然飛び出してくるようなので、スピードを出していると避けることが出来ないらしい
ぶつからないためには、ゆっくり走ること これが一番大切なこと・・・・・とは、わかっているけれど
北海道の道では、どうしても・・・・

70%-2016_0908_091206

道道142号線、海沿いを走ります

70%-2016_0908_091612

途中、ちょっとだけ雨

70%-2016_0908_093230

根室本線、初田牛(はったうし)駅

上り4本、下り4本の列車が停車するが、いったい一日の乗降客は何人いるのだろうか

JR北海道で、1日平均の乗車人員が1人以下の駅は58あり(2011年から2015年の調査)
この駅もその中のひとつ

根室線では、100円の収入を得るために必要な経費は441円
(JR北海道全体では、100円の収入を得るために必要な経費は155円)
JR北海道の経営状態の苦しさがよく理解できる

70%-2016_0908_094123

70%-2016_0908_094158

天気は晴れたり

70%-2016_0908_103552

曇ったり

70%-2016_0908_104634

11時前、花咲港(正確に言うと、根室港のうち太平洋側にある花咲地区)に到着

サンマの水揚げ量が日本一とも言われている花咲港
花咲カニ?が水揚げされたのか、海鳥たちが群がっていました

70%-2016_0908_105404

港に佇むとなぜか演歌が聞こえてくるような・・・

「ふたりでともした 心のあかり 消しはしません 別れたあとも
 あなたの重荷に なりたくないと  ひとり身をひく この恋を
 雨よたたくな 花咲港」

花咲港 川中美幸


 

70%-2016_0908_060502-3-1

 

花咲灯台と根室車石を見学に

花咲岬の先端には「花咲灯台」があり、「車石」と呼ばれる奇岩は、花咲灯台下の断崖付近にあります。6千万年前~1億3千万年前、堆積した土砂の中に流出した溶岩は枕上溶岩を形成し、急速に冷やされ内部に放射状柱状節理を生じます。これを輪切りにすると車輪状構造となっていることから「車石」(英語名:ホイールストーン)と呼ばれます。  直径6mにもおよぶ形と大きさは世界的にも珍しく、国の天然記念物に指定されています。

70%-2016_0908_111805

70%-2016_0908_111029

車石、なんとも不思議な形状

70%-2016_0908_111100

車石は、根室半島花咲岬附近一帯に広く分布し、方沸石を含み、アルカリ分に富む玄武岩質岩石中にみごとな放射状節理の発達した球状岩体です。
  その形成当時は、白亜紀(6千万年~1億3千万年前)といわれた時代でアンモナイト・イノセラムスノなどの動物が、住めるような今より暖かい海でした。その海底の地下深くより千度以上もの温度をもったマグマが上昇し、海水を含んだ泥(根室層といわれている)の附近で水平に方向をかえ溶岩となって泥の中へ浸入してきました。そこで泥の中の海水は、この溶岩をどんどん冷やしていきます。表面は、冷やされるため、はじめは柱状節理といわれる柱のようになった割れ目が出来ますが内部はまだ溶けており、後方からおくられる溶岩によって先に進んでいき先端部より海水が浸入し内部を急冷します。
  そして最後には球形の「車石」を多数つくります。このような溶岩を「枕状溶岩」といい、この半島での岩質は租粒玄武岩といわれており一般に長径1~2メートル、最大で6メートルにおよぶものがあります。このような火成岩の典型的な放射状節理構造は例も少なく学術上貴重であり太平洋に面する断崖に球状岩体の多数重なる様は、一大奇観であります。

ここの駐車場にあるトイレは車石の形ウインク

70%-2016_0908_111836

70%-2016_0908_111306

 

根室市歴史と自然の資料館

小学校に隣接していて、通りすがりにたまたま見つけて入ってみた

70%-2016_0908_113844

70%-2016_0908_113355

70%-2016_0908_113403

70%-2016_0908_113559

色々な資料が展示されていたけれど、一番気になったのはこれ

70%-2016_0908_113020

70%-2016_0908_113009


歴史と自然の資料館パンフレット

2016_1213_174451.jpg 2016_1213_174542.jpg



やってきました本土最東端 納沙布岬(アイヌ語:ノッ・サム 岬の傍ら)

正確には日本の最東端は小笠原諸島南鳥島の坂本﨑というところだけれど、この島は特別な許可がないと上陸できない
現時点で自由に到達可能な最東端は、納沙布岬なんですね
(北方領土が返還された場合は、択捉島 蕊取村 ラッキベツ岬が最東端となる)

70%-2016_0908_060502-4

東経145度49分01秒、一番早く朝日が見れる場所

70%-2016_0908_122221

70%-2016_0908_121927

70%-2016_0908_121844

北方領土はすぐ目の前
視界があまりよくなくて、肉眼でははっきりと見えなかったけれど
歯舞諸島の貝殻島までは3.7km、目と鼻の先

色々な碑が並んでいます

70%-2016_0908_122847

70%-2016_0908_123003

望郷の家・北方館

70%-2016_0908_123058


四島のかけはしと祈りの火

70%-2016_0908_123453

70%-2016_0908_123242

70%-2016_0908_123724

70%-2016_0908_123803

70%-2016_0908_123346

70%-2016_0908_123827

70%-2016_0908_122111

[広告] VPS

北方領土問題対策協会のパンフレットより抜粋

70%-2016_0908_060502-5

北方領土問題対策協会のパンフレット

2016_1213_182614.jpg   2016_1213_182625.jpg
2016_1213_182720.jpg2016_1213_182707.jpg


北方館パンフレット

2016_1213_175021.jpg   2016_1213_175036.jpg
2016_1213_175146.jpg2016_1213_175109.jpg


北方領土について(外務省のWEBサイト)

北方四島ポータルサイト


旧ソ連による占領、玉音放送後に北の孤島・占守島で起きた出来事
浅田次郎の「終わらざる夏」を思い出した


オーロラタワー(望郷の塔)の前、なぜかマンホールの上に海鳥
マンホールの上が気持ちいいのかな爆笑

70%-2016_0908_130814

時刻は13時過ぎ

東光という海鮮料理のお店で、お昼ご飯にします

70%-2016_0908_133146

花咲ガニラーメン

70%-2016_0908_131639

日の出丼

70%-2016_0908_131649

70%-2016_0908_132950

納沙布岬を後にして、根室の街へ向かいます


9日目その1へ戻る   9日目その3へ続く

ページトップへ戻る


☆このレポを書いている2016年12月13日、まさに今週日ロ首脳会談が予定されている
 北方領土問題について何らかの進展があるのだろうか



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/13(火) 21:59:09|
  2. ●キャンプ日記-北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岬は今日も風が強い   【きりたっぷ岬キャンプ場】

北海道長期遠征2016ーFile No.21

8日目その4へ戻る   9日目その2へ続く


2016年9月8日(木)9日目その1 岬は今日も風が強い 【きりたっぷ岬キャンプ場】

朝、今日も風が強い

70%-2016_0908_060606

昨日設営したころより、テントの数が増えているような

バイクの人たちは、夕方遅くに到着して設営することも多いのでしょうね

70%-2016_0908_060920

風が強い中、飛ばされないように慎重に撤収してから、キャンプ場からすぐ近くの岬へ行きます

70%-2016_0907_205460-1

岬の駐車場に車を止めて、車の中で簡単に朝食

70%-2016_0908_080953

湯沸岬灯台(「霧多布岬」は通称で、正式には湯沸岬というらしい)

70%-2016_0908_082509

70%-2016_0908_082523

70%-2016_0908_082751

松浦武四郎の歌碑(松浦武四郎は江戸時代末期から明治初期の蝦夷地探検家)

かねてより
あらきしほ路と きいたふの
島根にたかく
よする志らなみ

70%-2016_0908_083218

70%-2016_0908_083302

70%-2016_0908_084257

[広告] VPS

70%-2016_0908_084327


70%-2016_0908_085007

70%-2016_0908_085159

70%-2016_0908_085328

霧多布岬を後にして、納沙布岬を目指します


浜中町パンフレット

2016_1021_165315.jpg2016_1021_165328.jpg2016_1021_165352.jpg2016_1021_165402.jpg
2016_1021_165506.jpg2016_1021_165516.jpg2016_1021_165534.jpg2016_1021_165551.jpg
2016_1021_165714.jpg 2016_1021_165724.jpg



岬と花の霧街道 パンフレット

2016_1021_170159.jpg 2016_1021_170216.jpg2016_1021_170230.jpg
2016_1021_170242.jpg  2016_1021_170320.jpg2016_1021_170333.jpg




8日目その4へ戻る   9日目その2へ続く

ページトップへ戻る


 きりたっぷキャンプ場の紹介

上矢印ロケーション

霧多布岬の突端に近いところにある

70%-2016_0908_060501

上矢印管理棟

浜中町が管理運営、テントサイトは無料

70%-2016_0908_075827

70%-2016_0907_205460-3

上矢印炊事場 場内に2か所、お湯は出ません

70%-2016_0908_075333

70%-2016_0908_075338

上矢印トイレ 洋式簡易水洗 無料のキャンプ場にしては清掃が行き届いている

70%-2016_0908_075513

70%-2016_0908_075529

70%-2016_0908_07554270%-2016_0908_075549
70%-2016_0908_075535 

上矢印シャワー風呂はなし

上矢印ゴミ、町指定ゴミ袋(有料)を購入すると分別廃棄が可能

70%-2016_0908_075849-1

70%-2016_0908_075849

70%-2016_0908_075910

上矢印サイト

フリーサイト、車乗り入れ不可、地面は芝、海に向かって斜面になっていて、フラットな場所は少ない

70%-2016_0908_075428

70%-2016_0908_060810

70%-2016_0908_060835

70%-2016_0908_075621

70%-2016_0908_075635

上矢印その他

数は少ないがリヤカーあり

70%-2016_0908_075707

駐車場

70%-2016_0908_080006

70%-2016_0908_080121

70%-2016_0908_080134

70%-2016_0908_080159

70%-2016_0908_080000


8日目その4へ戻る   9日目その2へ続く


ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/12(月) 00:32:11|
  2. きりたっぷ岬キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふもとっぱら  朝の富士山見えず

ふもとっぱら   朝の富士山見えず


二日目へ戻る   

ふもとっぱらキャンプ場情報はこちらへ


三日目(12月7日)

最も楽しみにしていた朝の富士山

残念ながら雲がかかって見えませんでした

70%-2016_1207_071557

70%-2016_1207_071422

ほんの少し、頭をのぞかせてくれただけ

70%-2016_1207_071837

70%-2016_1207_071954

そのかわりに、光のカーテンを見せてくれました

70%-2016_1207_074731

朝ごはん、昨夜お腹いっぱいで手を付けられなかった料理をいただきます

70%-2016_1207_075311

70%-2016_1207_075724

撤収が終わってから、場内散策

奥の方で、大きな凧に人間が貼り付けられて飛ばされている? 正月特番の撮影かな

70%-2016_1207_121447

70%-2016_1207_123152

ふもとっぱら、二年前に比べて進化してました
女性専用のトイレが出来ていたし、簡易トイレ以外はウォッシュレット(暖房便座付)になっていました
ゴミも有料(¥100)で廃棄ができるようになっていましたよ

さて、名残り惜しいですが帰るとしますか

カズさんとはここでお別れ

県道富士宮鳴沢線に入ると、晴れているではないですか
曇っていたのはふもとっぱらだけ?がっかり

やっぱりお山の天気は気まぐれでしたね

70%-2016_1207_125755

お昼ご飯、以前ライカさんに教えていただいた富士吉田にある吉田うどんの名店「ふもとや」へ

70%-2016_1207_132810

70%-2016_1207_133249

70%-2016_1207_133255

久しぶりの吉田うどん、堪能しました

70%-2016_1207_135004



富士山、また会いに来ますよ

70%-2016_1207_143845


富士吉田で色々と買い物に回っていたので、東京に帰ってきたのは夕方

70%-2016_1207_162527

70%-2016_1207_162744

70%-2016_1207_163634

70%-2016_1207_163744

POLICEに先導されて、安全運転で家路につきました(笑)

70%-2016_1207_165628

二日目へ戻る 




ふもとっぱらキャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る




キャンプ場INDEXは ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]




関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/11(日) 00:02:54|
  2. ふもとっぱら
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ふもとっぱら  紅富士が見えた

ふもとっぱら   紅富士が見えた

一日目へ戻る   三日目へ続く

ふもとっぱらキャンプ場情報はこちらへ


二日目(12月6日)

日の出前

70%-2016_1206_053048


70%-2016_1206_054701

70%-2016_1206_054141

70%-2016_1206_053641

70%-2016_1206_060524

朝靄

70%-2016_1206_062146_thumb[1]

70%-2016_1206_062252_thumb[1]

70%-2016_1206_062542_thumb[1]

70%-2016_1206_062657_thumb[1]

70%-2016_1206_062842_thumb[1]

70%-2016_1206_062940_thumb[1]

70%-2016_1206_063031_thumb[1]

[広告] VPS


日の出

雲が多くて、残念ながら富士の裾野からの日の出を見ることができませんでした

70%-2016_1206_070953

70%-2016_1206_073318

70%-2016_1206_073740

70%-2016_1206_073643

気持の良い朝なので、外で朝ごはん

70%-2016_1206_081657

70%-2016_1206_081715

70%-2016_1206_092812

70%-2016_1206_092712


午前中の早い時間、カズさんに留守番をお願いしてお先にお風呂へ
ふもとっぱらから最も近い「あさぎり温泉風の湯」は定休日だったので、「富士山天母の湯」へ

お風呂の帰り道、まかいの牧場で買ってきたメイプルブレッドをお昼ご飯に

70%-2016_1206_120311

70%-2016_1206_120413

午後、すっきりと晴れわたり、まさに富士山がドーンと・・・・

この時、東京では強風が吹き荒れていたようで、友達から「風大丈夫ですか?」というLINEが届くほど
時折強い風が吹くけれど、全く問題なしでした

70%-2016_1206_120829

70%-2016_1206_120727

70%-2016_1206_120951

カズさんもお風呂から帰ってきたので、飲み始めます爆笑

70%-2016_1206_151311


午後の3時頃になると、ふもとっぱらは日が陰ります

70%-2016_1206_152753

Kiowa君、どんなに背伸びしても富士山にはかなわない

70%-2016_1206_153547

70%-2016_1206_153429

70%-2016_1206_153352

夕方4時過ぎ、今日は紅富士が見えそうな予感

70%-2016_1206_161436

素晴らしい紅富士、見えました

70%-2016_1206_163342

70%-2016_1206_163543

そして、逆さ紅富士も・・・

70%-2016_1206_163249

70%-2016_1206_163737

西の空には、月齢6.6の宵月

70%-2016_1206_164535

70%-2016_1206_164615

トワイライトのいい時間

70%-2016_1206_165745

70%-2016_1206_165831

70%-2016_1206_170043

70%-2016_1206_170214

70%-2016_1206_165928

70%-2016_1206_170433


昼からずっと飲んで食べていたので、晩御飯は食べきれませんでしたスマイル

70%-2016_1206_185800

70%-2016_1206_185923

70%-2016_1206_194429

夜、月明かりが少し邪魔していたけれど、空がくっきりと晴れて満天の星空

70%-2016_1206_201809

70%-2016_1206_201853

70%-2016_1206_202756

70%-2016_1206_203707

70%-2016_1206_203227

富士山の絶景を堪能した一日でした

天候 晴れ  最高気温13.3℃ 最低気温1.1℃ 平均風速1.5m 最大瞬間風速10.3m

一日目へ戻る   三日目へ続く


ふもとっぱらキャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る




キャンプ場INDEXは ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2016/12/09(金) 23:56:55|
  2. ふもとっぱら
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Kaoru&Beet

Author:Kaoru&Beet
Kaoru君とBeet君のキャンプ日記へようこそ!

PCカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

INDEX

Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

CATEGORY

月別アーカイブ

2017年 04月 【16件】
2017年 03月 【21件】
2017年 02月 【24件】
2017年 01月 【28件】
2016年 12月 【40件】
2016年 11月 【32件】
2016年 10月 【27件】
2016年 09月 【29件】
2016年 08月 【23件】
2016年 07月 【29件】
2016年 06月 【29件】
2016年 05月 【21件】
2016年 04月 【23件】
2016年 03月 【22件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【30件】
2015年 12月 【29件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【30件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【24件】
2015年 02月 【25件】
2015年 01月 【17件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【23件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【21件】
2014年 04月 【12件】
2014年 03月 【24件】
2014年 02月 【17件】
2014年 01月 【18件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【19件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【14件】
2013年 07月 【24件】
2013年 06月 【12件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【16件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【13件】
2013年 01月 【14件】
2012年 12月 【18件】
2012年 11月 【16件】
2012年 10月 【17件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【9件】
2011年 09月 【2件】

最新コメント

リンク


Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

WOM CAMP ロゴ2

キャンプ場のリアルなブログをまとめたサイト

みんなのキャンプ場ブログまとめ


このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR