Kaoru君とBeet君のキャンプ日記

キャンプ日記、キャンプ道具、旅の記録、街歩きとグルメなどを書いています。

ワイルドフィールズおじか  驚きの襲撃、そして夕暮れ時の訪問者

ワイルドフィールズおじか   驚きの襲撃、そして夕暮れ時の訪問者


一日目その1へ戻る   二日目へ続く


一日目(1月28日)その2

散歩から帰ってくると、カズさんのテントの前に・・・・
Syu&Chaiさん家のモカちゃんではないですか
驚きの襲撃、びっくり仰天です

70%-2017_0128_141120

Syu&Chaiさんは、前日から出会いの森にキャンプに来ていて、そこから遠路はるばる襲撃に来てくれたのです
お土産に美味しい苺までいただき、本当にありがとうございました

70%-2017_0128_133211

70%-2017_0128_133223

午後、雪だるまや小さなかまくら作ったり・・・

70%-2017_0128_151704

70%-2017_0128_151550

太陽に照らされる雪景色を眺めながら、極上の時間を過ごします

猪苗代湖モビレージでの雪かきを思い出すと、まるで天国のように思えます

70%-2017_0128_151459

70%-2017_0128_152012

70%-2017_0128_152019

70%-2017_0128_152035

70%-2017_0128_152221

70%-2017_0128_152244

70%-2017_0128_152442

70%-2017_0128_152819

70%-2017_0128_152846

70%-2017_0128_152133

70%-2017_0128_152101

70%-2017_0128_152707

 

70%-2017_0128_153012

70%-2017_0128_152642

70%-2017_0128_152655

夕暮れ時の訪問者びっくり

君は冬眠中だよね こんなところに出て来てはダメでしょ

お母さんが心配しているから早く帰りなさい

70%-2017_0128_031011 (79)

70%-2017_0128_173221

晩御飯

70%-2017_0128_031011 (118)

熊肉はさすがにかわいそうだからやめておきました

今夜は、馬と牛で

70%-2017_0128_031011 (121)

有名な日光のゆばさしをご馳走になりました

お店を教えてもらったので、帰りに買って帰ることにします

70%-2017_0128_031011 (122)

お酒はこれ

三人で空にしてしまいました

70%-2017_0128_031011 (125)

カズさんのメッシュシェルターの中は、アイアンストーブがガンガン燃えていてポカポカ

というよりも、アツアツ

70%-2017_0128_185512

半袖、腕まくりで・・・・

70%-2017_0128_185505

いつも美味しいカズキッチン

今回もいっぱいご馳走になりました

70%-2017_0128_184118

70%-2017_0128_185439

70%-2017_0128_173344

70%-2017_0128_173556

70%-2017_0128_180837

70%-2017_0128_180935




冬のおじかの満天の星空

写真ではとても表現することが出来ない絶景です

70%-2017_0128_180542

70%-2017_0128_181015

70%-2017_0128_181155

70%-2017_0128_181257

70%-2017_0128_200800

70%-2017_0128_180651

70%-2017_0128_201204

70%-2017_0128_201434

70%-2017_0128_201313


天候 晴れ  最高気温5.1℃ 最低気温-4.3℃ 平均風速1.7m

一日目その1へ戻る   二日目へ続く



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/01/31(火) 19:55:44|
  2. ワイルドフィールズおじか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ワイルドフィールズおじか  初めての冬のおじか

ワイルドフィールズおじか   初めての冬のおじか


2017年01月28日(土)~29日(日)、1泊2日で、栃木県のワイルドフィールズおじかへ雪中キャンプへ行ってきたよ


ワイルドフィールズおじかは、冬期間は閉鎖しているキャンプ場だけれど
今年初めての試みとして冬の一時期にオープンすることになったのです

ワイルドフィールズおじか「2017 キャンパーズウインタースペシャルオープン」
概要抜粋
<日 程>
①2017年1月28日(土) ~ 29日(日)
②2017年2月18日(土) ~ 19日(日)
<ご利用対象者及び定員>
おじかに複数回ご利用いただいた方で、冬季のキャンプ経験者 5組又は20名まで
希望者が定員を超えた場合は抽選
<料 金>
1人1泊 1,000円 (会員 900円)
<その他>
・利用できる施設は、管理棟の炊事室及び、男子トイレ、身障者用トイレ(女性用)のみ
・売店での販売は薪のみ
・事前に悪天候が予想される場合はキャンプ場を閉鎖

参考:男鹿の森写真集「ウインターオープン準備完了」

このスペシャルオープンの抽選に当たったので、行ってきました
同じく抽選で当たったカズ&マリーさんのカズさんもソロでご一緒

ojika201701-011

ojika201701-022



一日目(1月29日)その1

5:40 浅草出発 距離約200km

ojika201701-03

那須付近は積雪なし

70%-2017_0128_031011 (36)

塩原温泉あたりから徐々に雪が深くなってきます

70%-2017_0128_031011 (46)


[広告] VPS

会津西街道(国道121号線)から横川の集落に入ります

70%-2017_0128_031011 (55)

70%-2017_0128_031011 (56)

70%-2017_0128_031011 (57)

70%-2017_0128_031011 (58)

70%-2017_0128_031011 (59)

70%-2017_0128_031011 (60)


[広告] VPS


おじかに到着

ため息が出るような白銀の世界、おじか池も凍結してその上に雪が積もっています

70%-2017_0128_031011 (70)

カズさんはすでに到着していて、設営場所の確保のために雪かき中でした

70%-2017_0128_031011 (69)

駐車スペースは、除雪されていますが、テントを設営する場所は自分で圧雪します

まずは、ソレルカリブースパッツ(ISUKA ゴアテックス ライトスパッツ )を付けて

70%-2017_0128_031011 (72)

70%-2017_0128_031011 (71)

スノーシューを装着します

70%-2017_0128_031011 (74)

70%-2017_0128_031011 (73)

このスノーシューは石井スポーツレンタル山専でレンタルしてきたMSR REVOアッセント

キャンプ場に来てから知ったのですが、スノーシューは数は少ないけれどキャンプ場で無料で用意されていましたがっかり

 

最初はスノーシューを装着して圧雪して、その後、スノーシューなしで圧雪していきます

積雪は50~60cm、雪面を深さ20cm程度、30~40分かけて圧雪しました

70%-2017_0128_031011 (75)

雪が軟かくソリステは使えないので、雪用のペグ(後日レポします)を使います


カイオワ君設営完了

70%-2017_0128_151447

今回、カイオワ君の中には、インナーテントを入れてカンガルースタイルに

インナーテントとして使うのは、mont・bell クロノスドーム 2型
サイズが長方形(230cm×130cm)なので、カイオワ君の奥にデッドスペースなくきっちりと入り
このインナーとセンターポールの間に、SPのワンアクションローテーブル竹を置くことができます

70%-2017_0129_095445

設営完了してから、スノーシューを履いて場内を散歩

70%-2017_0128_130641

太陽の光が降り注いで、風もなく、寒さを感じません

70%-2017_0128_130109

70%-2017_0128_130652

70%-2017_0128_130351

70%-2017_0128_130421

70%-2017_0128_130415

70%-2017_0128_131112

70%-2017_0128_131015

デイキャンプに来られていたおじかのKさんファミリーは、河原で雪遊び

子供さんたち、とても楽しそうでしたよ

70%-2017_0128_131137

川の水が透き通っていてとても綺麗です

70%-2017_0128_131756

70%-2017_0128_131815

この足跡は、サルかな?それとも鹿?

70%-2017_0128_131842

70%-2017_0128_132035

70%-2017_0128_131932

70%-2017_0128_132229_thumb[1]

70%-2017_0128_132253_thumb[1]

70%-2017_0128_132338

70%-2017_0128_132415

70%-2017_0128_132648

70%-2017_0128_132654

70%-2017_0128_132731

70%-2017_0128_132711

散歩から帰ってくると、カズさんのテントの前に・・・・

70%-2017_0128_141118

あれ?! あれ?!・・・・・・びっくり


一日目その2へ続く


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/01/30(月) 23:18:20|
  2. ワイルドフィールズおじか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ワイルドフィールズおじか キャンパーズウインタースペシャルオープン

冬のおじか最高です

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/01/28(土) 15:58:05|
  2. ワイルドフィールズおじか

森のまきばオートキャンプ場  二つのトライアル

森のまきばオートキャンプ場  二つのトライアル

2017年01月24日(火)~25日(水)、1泊2日で、千葉県袖ケ浦市の森のまきばオートキャンプ場へ行ってきたよ

今回は二つほどトライアルすること事が目的

morimaki201701-1

morimaki201701-2


9:10頃、出発

日本海側では大雪で、鳥取県内の米子自動車道や国道などの幹線道路で、一時300台以上の車が立ち往生したとか・・・
(読売新聞の写真を拝借)

morimaki201701-4

2016年の北海道遠征で行ったことがある朱鞠内では、最低気温が平年より14.9度低い氷点下32.1度を記録するなど・・・
(読売新聞の写真を拝借)

morimaki201701-5

寒い日が続いている中、関東は気持の良い冬晴れ

70%-2017_0124_093430

写真では撮影出来なかったけれど、アクアラインからも富士山がくっきりと見えました

70%-2017_0124_095755

10:30頃、キャンプ場に到着  いつもの場所にカイオワ君を設営

今回、違う場所に設営してみようかとも思ったけれど、斜面の関係やトイレとの距離などで
やっぱりいつもの場所に落ちついてしまうんですよね

70%-2017_0124_140952


一つ目のトライアル:カイオワ君に簡易クリアウォールの設置

去年話題になったクリアウォール、カイオワ君の入り口にも応用できないかなと試してみます

ビニールシート(厚さ0.2mm 1830mm×2000mm)を使って、入り口を覆います

70%-2017_0124_143827

70%-2017_0124_143835

上部は大型クリップで止める

70%-2017_0124_143911

70%-2017_0124_143858


片方のサイドは、幅150mmのバインダークリップで止める

70%-2017_0124_143847

もう片方のサイドは出入りする側として、クリップで止めず

そのままだと風でめくれてしまうので、シートの下部でペグを巻き込み、クリップで止め、重しの代用とする

70%-2017_0124_143920

 

入口を閉め切っている場合と比較すると、当然ですが、明るく開放感がいっぱい

70%-2017_0124_141500

70%-2017_0124_143457

70%-2017_0124_144203

この簡易クリアウォールは、今回のようにほぼ無風の時に限られます

外から見たときに見栄えが良くない(クリップ等で止めているだけですから)ので
今後、見栄えと設置が簡単に出来るように改良していきたいとは思っていますが、どうなることやらウインク



二つ目のトライアル:2号(デュオ)のインナーをカイオワ君の中に入れたカンガルースタイル

カイオワ君専用インナーテントは販売されているが、占有面積が大きくなってあまり実用的ではない

専用インナーテントの代わりに、2号(デュオ)のインナーを使ってみると、どんな感じのレイアウトになるのか試してみた

この場合、2号(デュオ)のインナーの構造上、正面奥に設置するとデッドスペースが多くなるので
片側に寄せて設置することに

70%-2017_0124_141406

デッドスペースは最低限に抑えることが出来るけれど・・・

70%-2017_0124_141413

テーブルの設置位置の関係から、幕内での人間の移動がし辛くなる

70%-2017_0124_141428

電源がある場合は、電気毛布を使用するので、コット寝でも十分に暖かく眠ることができる

このようなカンガルースタイルは、薪ストーブがなく、電源もない場合で
出来るだけ暖かく眠るためにと考えた苦肉の策

幕内にもうひとつの幕があれば、間違いなく冷気遮断に効果がありますからね

今回のトライアルの結果、
2号(デュオ)の実質床面積が同じくらいで、ポール構成の相違からインナーの横幅が狭くなる
新たな小型テントの導入を検討することに決定



夕暮れ時、場内を散歩

70%-2017_0124_163358

70%-2017_0124_163700

70%-2017_0124_164055

70%-2017_0124_164449

70%-2017_0124_164648

70%-2017_0124_165705


晩御飯

大根と生ハムのマリネ、白菜と豚バラのミルフィーユ鍋、きのこのバターソテー

70%-2017_0124_183427

70%-2017_0124_183430

70%-2017_0124_183433

北の空は、東京の光害でとても明るいけれど、薄っすらと北斗七星が見えます

70%-2017_0124_203131

羽田空港も近いので、飛行機がひっきりなしに飛んでいきます

70%-2017_0124_203502

70%-2017_0124_203413

冬のこの時期、オリオン座は、早い時間に中天にのぼります

70%-2017_0124_203549

70%-2017_0124_204647

70%-2017_0124_202820

70%-2017_0124_203957

70%-2017_0124_203919



二日目

朝、今日もいい天気です

70%-2017_0125_070843

70%-2017_0125_071351

70%-2017_0125_071436

このキャンプ場のチェックアウトは17時なので、午前中のんびりと過ごして、お昼ご飯を食べてから撤収にかかります

朝ごはん、マフィンサンド

70%-2017_0125_080600

70%-2017_0125_080605


撤収までのんびり過ごします・・・・

焼印押したり

70%-2017_0125_130929

70%-2017_0125_130939

70%-2017_0125_130946

70%-2017_0125_131024

お腹をへこます方法を研究したり

70%-2017_0125_123311

70%-2017_0125_123331

カイオワ君の幕内専用の小物たち

ポールに取り付けた小さなバケツ

70%-2017_0125_120939

ライターなどの小物を入れてます

70%-2017_0125_120951

カイオワ君の形のような可愛いタオル

70%-2017_0125_120906

なんでも引っ掛けることが出来る、真鍮のカラビナ

70%-2017_0125_121007


ストーブなしで、気温は28℃

70%-2017_0125_121106

日差しが暖かいスマイル

窓がついているカイオワ君ならではですね

70%-2017_0125_121028

 

ランチにパスタを食べて、撤収にかかります

70%-2017_0125_122053

70%-2017_0125_122123


15時前、撤収完了

70%-2017_0125_144830

70%-2017_0125_144800

帰りは、アクアラインを使わずに、一般道で帰ります

この日も素晴らしい夕暮れの空でした

70%-2017_0125_165002


森のまきばオートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ


キャンプ場INDEXは ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]


ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/01/26(木) 19:02:01|
  2. 森のまきばオートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カイオワ用簡易クリアウォール、トライアル

冬晴れの日

カイオワ君用の簡易クリアウォールの設置トライアル

風が無いとき限定

もう一つトライアル

2号(デュオ)をカイオワ君の中に入れたカンガルースタイル

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/01/24(火) 15:00:32|
  2. 森のまきばオートキャンプ場

BLACKWOLF  モバイルLEDランタン STORY(ストーリー)

BLACKWOLF(ブラックウルフ) モバイルLEDランタン STORY(ストーリー)

あるアウトドア雑誌の広告で目に留まったグッズ 
モバイルバッテリーとしても使えるLEDランタンということで興味があって
¥2,200という価格にもつられて衝動買い

実際に使用してみると、LEDランタンとしては白色灯で雰囲気はないけれど
結構明るくて、幕内での読書用や細かい作業用に便利
また即座に灯りが欲しい時等、緊急用にも活躍しそう

2017_0109_085714

2017_0109_085756

2017_0109_085744

2017_0109_085736

大きさはこんな感じです  サイズ:直径70×63mm  重量:175g

2017_0109_085618

これに充電するには、本体の外周に収納されている付属のUSBケーブルを使います
(乾電池は使いません)

2017_0109_085940

2017_0109_090000

スマホなどのモバイルに充電する場合は、本体のUSBポートに各種モバイル専用の充電ケーブルをつなげます

2017_0109_090051

2017_0109_090714

2017_0109_090603

バッテリー残量表示

4段階ランプ表示(25%・50%・75%・100%)

2017_0109_085856

LEDランタンとして使用する場合

電源スイッチでモード切替をします

Push1:バッテリー残量表示(OFF)
Push2:MODE1:Hight:280ルーメン:ランタイム5時間
Push3:MODE2:Middle:140ルーメン:ランタイム11時間
Push4:MODE3:SOS:280ルーメン:ランタイム10時間

2017_0109_085736 -1

製品名:モバイルLEDランタン -STORY(ストーリー)-
LED:SMD*12球 (SMD:TAIWAN)
色温度:3800-4500K
サイズ:直径70×63mm  重量:175g
電源:リチウムポリマー(2個内臓) セル:(1500mAh)*2     
    コンパクト大容量:充電式リチウムポリマー内臓(3000mAh)
充電OUTPUT/INPUT:INPUTコード付き
ルーメン:MAX280Lm
カラー:ブラック
材質:プラスティック
照明カバー:プラスティック      
   丸みを帯びているので、光を全体に広げます。
モード切替え:3モード(Hight-Middle-SOS)
原産国:中国

70%-2017_0114_194219 (2)

70%-2017_0114_194219 (1)




 照明器具INDEXはこちらへ

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/01/23(月) 23:17:39|
  2. 照明器具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

三王山ふれあい公園オートキャンプ場  キャンプ場情報

三王山ふれあい公園オートキャンプ場 キャンプ場情報

この情報は、僕らが訪問した時(2017年1月)の状況について記載しています
季節による変化、時間経過による変化があるという事をご理解下さい
また、個人的な感想も含まれている場合がありますので、その点もご理解下さい

三王山ふれあい公園オートキャンプ場 2017年1月キャンプ日記はこちらへ


上矢印ロケーション
標高50m、田園地帯の中、三王山ふれあい公園(平成30年完成予定)の一角にあるキャンプ場
2017年1月現在、公園は整備中であり、日曜日以外は工事関係の音が聞こえる
新4号国道との直線距離は約1.4m、風向きによっては夜間でも車の通行音が聞こえる
付近には民家が点在している

70%-2017_0116_171613-4

黄色の部分が、2017年1月現在オープンしているオートキャンプ場・ドックラン・駐車場

70%-2017_0116_171613-6

 

上矢印管理棟
下野市が管理運営するキャンプ場
管理人の夜間常駐はない(繁忙期は不明)

70%-2017_0116_171613-51

70%-2017_0115_081016

70%-2017_0115_081036

上矢印炊事場
場内に4ヶ所
お湯は出ません
一日1回清掃されている

70%-2017_0115_080338

70%-2017_0115_080510

70%-2017_0115_0804151 (2)

70%-2017_0115_0804151 (1)

70%-2017_0115_080356

上矢印トイレ
場内に2ヶ所
洋式水洗、暖房便座なし
トイレの入口に扉がない
一日1回清掃されている

70%-2017_0115_080703

70%-2017_0115_080652

70%-2017_0115_080812

70%-2017_0115_080746

70%-2017_0115_080723

70%-2017_0115_080729

70%-2017_0115_080735

上矢印風呂・シャワー
なし

付近の入浴施設
ふれあい館 徒歩2~3分
0285-47-1126 ¥300
営業時間:10:00~20:00
月曜休館 

上矢印ゴミ
全て持ち帰り


上矢印サイト
サイトは全て電源付き区画サイト(14区画)

ペット可のサイト

70%-2017_0116_171613-9

70%-2017_0115_080307

70%-2017_0115_080319

70%-2017_0115_080322

70%-2017_0115_080233

70%-2017_0115_080237

通常のサイト

70%-2017_0116_171613-8

70%-2017_0115_080157

70%-2017_0115_080540

70%-2017_0115_084051

70%-2017_0115_084111

上矢印その他
●ペットOKのサイトが4区画

下野市シティプロモーション課作成ビデオ 2016/07/20公開





三王山ふれあい公園オートキャンプ場 2017年1月キャンプ日記はこちらへ

キャンプ場INDEXは ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]


ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/01/23(月) 17:59:14|
  2. 三王山ふれあい公園オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三王山ふれあい公園オートキャンプ場   乾燥完了、メンテ完了

三王山ふれあい公園オートキャンプ場  乾燥完了、メンテ完了


二日目へ戻る   

三王山ふれあい公園オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ


三日目(1月16日)

朝、幕内の気温がマイナス5℃
今回の遠征で一番冷えたかも

70%-2017_0116_054121

プラD君には綺麗な結晶模様が

70%-2017_0116_073645

70%-2017_0116_073817

70%-2017_0116_073845

70%-2017_0116_074003

炊事場の水道の水抜きをしていたけれど、蛇口全体が凍結し
バーナーで温めて氷を溶かしてなんとか通水するようになった
ところが、シンクの排水口カバーが凍結していて水が流れない
残っていた湯をかけたぐらいでは解けてくれない

仕方なく、カバーと排水口の隙間にドライバーを突っ込んで、何とか氷を割り
さらに、プライヤーでカバーを引き出して、ようやく水が流れるようになりました

70%-2017_0115_080415

70%-2017_0115_080407

朝からひと仕事
まあ、雪かきよりは楽勝でしたが

70%-2017_0116_073951

朝ごはん、簡単に済ませて撤収です

70%-2017_0116_085654

カイオワ君、裏返しにして、十分乾燥させます

誰もいなかったので、通路を拝借しました

70%-2017_0116_115449

ペグも洗浄して乾燥

70%-2017_0116_115423

撤収完了です

70%-2017_0116_115518

今回の遠征の名残り、猪苗代湖からプラD君に解けずに張り付いていた氷です

70%-2017_0116_105010

帰り道、道の駅しもつけや佐野プレミアムアウトレットで買い物しながら帰ります

70%-2017_0116_171613-33


途中見つけた洗車場で、プラD君も綺麗に・・・・

70%-2017_0116_140012

70%-2017_0116_140039

70%-2017_0116_140107

スノータイヤ、本領発揮してくれました  お疲れさま

70%-2017_0116_135939

佐野ICから東北道を走るとすぐ

富士山が見えました

70%-2017_0116_164942

70%-2017_0116_165039


[広告] VPS

70%-2017_0116_165831

70%-2017_0116_171612

2017年初出撃、初の福島遠征、いろいろな意味で思い出に残る旅となりました


ページトップへ戻る





関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/01/23(月) 10:54:36|
  2. 三王山ふれあい公園オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三王山ふれあい公園オートキャンプ場  千客万来

三王山ふれあい公園オートキャンプ場  千客万来


一日目へ戻る   三日目へ続く

三王山ふれあい公園オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ


二日目(1月15日

雲ひとつない冬晴れの朝

70%-2017_0115_080118

70%-2017_0115_080153

70%-2017_0115_080900

近所を散歩

70%-2017_0115_081456

70%-2017_0115_082325

70%-2017_0115_082519

70%-2017_0115_082808

70%-2017_0115_083024

70%-2017_0115_083123

70%-2017_0115_083954

朝ごはん

70%-2017_0115_092539

70%-2017_0115_092547

車ですぐの道の駅しもつけまで買い物へ

70%-2017_0115_110705

70%-2017_0115_110741

中に入ってびっくりです

地場の野菜を中心に、お惣菜や各種調味料、デザートやお土産品など、品揃えの多さと安さ、そしてレジの行列

こんな道の駅は初めてです

70%-2017_0115_111204

70%-2017_0115_111535

70%-2017_0115_111246

パクチー買います

70%-2017_0115_111333

70%-2017_0115_111608

70%-2017_0115_111614

とちおとめは知ってるけれど

70%-2017_0115_112426

なんですかこの苺はびっくり  「スカイベリー」初めて聞く品種

¥2,500ですか、12個入ってるから一粒¥200、僕らには買えないです  

70%-2017_0115_112418

70%-2017_0115_112924


午後から、出会いの森に出撃していたalexpapaさんが、撤収を終えた帰り道に訪ねてきてくれました

70%-2017_0115_145400

alex君ファミリーにも久しぶりに会えて楽しかったです

70%-2017_0115_155250

70%-2017_0115_151408

70%-2017_0115_155353

 

70%-2017_0115_160052


そして、夕方近く

去年、大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラで出会った「うろちょろ.jp」の
せにょ~るさんとたかぷーさんが宇都宮から襲撃

大子で会ったのが去年の1月16日、偶然だけれど、ちょうど1年経っての再会でした

いやいや、楽しかったですね

時間を忘れて、遅くまでキャンプ談議に花が咲きました

70%-2017_0115_165436

70%-2017_0115_174748

せにょ~るさんも初めて作ってみたという「タラタマ」
ケンミンSHOWで見たという、青森県津軽地方では干し鱈に生卵をつけるという食べ方
初めての食感、楽しませてもらいました


70%-2017_0115_175027

70%-2017_0115_174733

70%-2017_0115_193814

70%-2017_0115_201211

栃木の地酒、美味しかったです

70%-2017_0115_204522

襲撃ありがとうございました

また、遊びましょうね


天候 晴れ  最高気温4.8℃ 最低気温-5.1℃ 平均風速3.0m

一日目へ戻る   三日目へ続く

三王山ふれあい公園オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/01/22(日) 13:51:55|
  2. 三王山ふれあい公園オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

三王山ふれあい公園オートキャンプ場   乾燥キャンプ

三王山ふれあい公園オートキャンプ場  乾燥キャンプ


2017年01月14日(土)~16日(月)、2泊3日で、栃木県県下野市の三王山ふdoれあい公園オートキャンプ場へキャンプに行ってきたよ


RV Resort 猪苗代湖モビレージの雪の中で凍りついた、カイオワ君はじめ色々なグッズの乾燥が目的です


RV Resort 猪苗代湖モビレージの後に訪れた中ノ沢温泉万葉亭で、温泉に浸かって雪かきに疲れた身体を癒しながら
帰り道に何処でカイオワ君たちを乾燥させるかを検討

天気予報では、当面西高東低の冬型気圧配置が続き、関東平野は冬晴れが続くとのこと
絶対に雪が降らないところが必須条件
東北道に近いところがベター
ピンポイントの天気予報を頼りに・・・・

候補を2つに絞ります

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ
三王山ふれあい公園オートキャンプ場
70%-2017_0116_171613-170%-2017_0116_171613-2

大子は一度行ったことがあるので、初めての三王山ふれあい公園へ行ってみることに決定

70%-2017_0116_171613-5-1

70%-2017_0116_171613-10



一日目(1月14日)

9:50 中ノ沢温泉を出発

70%-2017_0114_095423

昨日は、雪の止み間が少しあったけれど、今日は朝から降り続いています

猪苗代の町中も結構積もってます

70%-2017_0114_095943

70%-2017_0114_100126

70%-2017_0114_100148

磐越道に入ります

70%-2017_0114_100248

70%-2017_0114_100759

ビッグな白鳥も雪にまみれています

70%-2017_0114_100814

70%-2017_0114_101035

郡山JCTまで来てもまだ雪

さすがに周辺の積雪量は少なくなってましたが

70%-2017_0114_102517

70%-2017_0114_104348

白河付近では雪が無かったけれど

70%-2017_0114_105005

那須に入るとまた雪

70%-2017_0114_111217

上河内SAで休憩

70%-2017_0114_112735

宇都宮、青空が見えてきた

70%-2017_0114_115618

12:00 宇都宮ICを降ります

70%-2017_0114_115819

遠くに筑波山

 70%-2017_0114_121725

新4号国道を走ります
初めて走った国道、交差点はほとんど高架になっていて、とてもスムーズに流れます
ちょっとびっくりです

新4号国道は、埼玉県越谷市を起点とし、宇都宮市に至る80.5kmの道路です。

  昭和30年代後半から40年代にかけて、産業経済の発展、人口の集中などから、国道4号では交通量が著しく増加し、各所で交通渋滞を引き起こしていました。しかし、国道4号は栗橋、古河、小山、石橋、宇都宮の市街地を通過しており、拡幅が困難な状況にありました。新4号国道は、このような背景から新たに計画された路線です。昭和40年度に調査を開始し、昭和45年度に石橋~宇都宮間が事業化されました。その後、逐次事業化が進められ、平成4年度に全線を供用しました。


70%-2017_0116_171613-15


1時前、キャンプ場に到着です

このキャンプ場は、整備中の三王山ふれあい公園の一角にあるキャンプ場
公園全体の完成オープンは平成30年3月に予定されているが
キャンプ場とドックランが先行して2016年7月にオープンとなったもの

公園自体は工事中なので、サイトの近くでも重機がお構いなしに大きな音を立てています

料金の設定が普通のキャンプ場とは異なっています
10時~15時  1,080円(1区画) 
16時~22時  1,080円(1区画) 
22時~翌日9時 1,080円(1区画)

例えば10時にINして、翌日の11時にOUTする場合は、1,080円×4=4,320円
   10時にINして、翌日の9時にOUTすれば、1,080円×3=3,240円

まずは、 カイオワ君を設営
カイオワ君の中に風を入れて乾かしながら、カイオワ君の下に敷いていたブラックシートや
凍ったカイオワ君を入れてきた特大のポリ袋を干します

70%-2017_0114_154804


柵の向こうでは、ユンボが大きな音をたてて頑張ってます

土曜日なのでサイトは満員かなと思ってましたが、この日の泊まりは二組だけ
まだあまり知られていないキャンプ場だからなのか?
冬の時期だからなのか?


70%-2017_0114_154726


雪かきはしなくていいのでウインク、のんびりと晩御飯

70%-2017_0114_190752

70%-2017_0114_190733

スウィートグラスでとっとさんファミリーにご馳走になった「鯖のオリーブオイル漬け」に玉ねぎスライスを乗せて

70%-2017_0114_191457

70%-2017_0114_191901

ザワークラフト風キャベツとフランクフルト

70%-2017_0114_190740

70%-2017_0114_193112

70%-2017_0114_194250

月齢15.8 立待月、いい月が出ていました

70%-2017_0115_051025

70%-2017_0115_050858


天候 曇り時々晴れ  最高気温5.9℃ 最低気温-41.4℃ 平均風速1.9m


中ノ沢温泉 御宿 万葉亭へ戻る    二日目へ続く

三王山ふれあい公園オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/01/22(日) 00:26:33|
  2. 三王山ふれあい公園オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中ノ沢温泉 御宿 万葉亭

中ノ沢温泉 御宿 万葉亭


RV Resort 猪苗代湖モビレージ 四日目へ戻る
   


1月13日(金)~1月14日(土)

猪苗代湖モビレージを撤収してから、中ノ沢温泉へ
当初から雪中キャンプの後は、温泉へ行くつもりで予約を入れていたのだが
キャンプを前倒しで切り上げたので、宿泊日を変更していただいた

キャンプ場からの距離約27km

inawasiroko201701-11

70%-2017_0113_145020

70%-2017_0113_150035

70%-2017_0113_150052

 [広告] VPS

70%-2017_0113_150807

70%-2017_0113_151356

15時過ぎ、旅館に到着です
宿の名前は、日本秘湯を守る会「御宿 万葉亭」

御宿万葉亭は「ゆっくりお寛ぎいただく”旅籠”の空間」を目指し、 「大人のための宿」に生まれ変わりました。

  ★お食事はすべてお食事処にてご提供いたします。
  ★0才~16才未満のお子様は入館いただけません。
  ★団体様でのご利用は最大12名様までとなります。

静かにゆっくりできるだろうと選んだ宿です

70%-2017_0113_151448

70%-2017_0114_082443

70%-2017_0114_082425

70%-2017_0114_082437

70%-2017_0114_082508

早速、温泉へ

加水加温循環なしの源泉掛け流し

雪かきで疲れた身体にしみわたります

70%-2017_0113_175927

70%-2017_0113_180840

今夜は、食事の準備不要、後片付け不要、食器洗い不要・・・・・楽させてもらいます

70%-2017_0113_185902

晩翠とは、冬枯れの季節になってもなお草木の葉が緑色であること

2017_0118_104400

2017_0118_104345


 

70%-2017_0113_18580670%-2017_0113_185826
70%-2017_0113_19185470%-2017_0113_191904
70%-2017_0113_18580170%-2017_0113_191914
70%-2017_0113_19301270%-2017_0113_194434
70%-2017_0113_18581470%-2017_0113_194445
70%-2017_0113_195111 

70%-2017_0113_181428

 

朝です

70%-2017_0114_074113

とても長いつららが出来ています

70%-2017_0114_074134

朝ごはん、お腹いっぱいいただきました

70%-2017_0114_082629

70%-2017_0114_093003

70%-2017_0114_093015

さあ、今日は雪のないところまで走って、カイオワ君を乾燥させますよ

万葉亭パンフレット

2017_0118_104148.jpg 2017_0118_104203.jpg

RV Resort 猪苗代湖モビレージ 四日目へ戻る

三王山ふれあい公園オートキャンプ場 一日目へ続く

ページトップへ戻る

テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

  1. 2017/01/21(土) 17:19:01|
  2. 中ノ沢温泉 御宿 万葉亭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RV Resort 猪苗代湖モビレージ  キャンプ場情報(冬期営業期間)

RV Resort 猪苗代湖モビレージ  キャンプ場情報(冬期営業期間)

この情報は、僕らが訪問した時(2017年1月)の状況について記載しています
冬期の営業期間における情報ですので、通常時期のものとは異なっています
その点、十分にご注意下さい


RV Resort 猪苗代湖モビレージ 2017年1月キャンプ日記はこちらへ


上矢印ロケーション
標高514m、猪苗代湖の西岸に位置するキャンプ場
猪苗代湖と磐梯山を望むことが出来る抜群のロケーション
国道410号線からの直線距離は200~450mあり、時折遠くで車の通る音がする
岸辺は白鳥の飛来地となっている

inawasiroko201701-2

inawasiroko201701-4-11

inawasiroko201701-4

 

上矢印管理棟
1967年開業の有名な老舗キャンプ場
管理人さんが24時間常駐している

2017_0118_105857-1


上矢印炊事場
冬期は1ヶ所
屋内にあり、石油ストーブで暖房されている
給湯器が1台あり、お湯が出る蛇口がひとつ
その他の蛇口は凍結防止のため、使用できなくなっている
常に綺麗に清掃されている

上矢印トイレ
冬期は2ヶ所のトイレが使用できる
簡易水洗、洋式和式、暖房便座ウォシュレットがついている
常に綺麗に清掃されている

上矢印シャワー・風呂
冬期は使用不可となっている


付近の入浴施設
レイクサイドホテルみなとや
車5分、営業時間は要確認
¥500 


上矢印ゴミ
分別して廃棄が可能


上矢印サイト
冬期は使用できるサイトが限定されている(要確認)
電源が使えるサイトもある

 

上矢印その他
●白鳥の餌が管理棟にあり、自由に餌をまくことが出来る
●冬期、西高東低の気圧配置の場合、西風が吹くが吹雪くことは少ないらしい
 西風は上空を抜けて吹くようで、滞在期間中、サイトでは風が弱かった
●2017年の場合、冬期営業は1月末まで
 (2016年の冬期営業は2月末までだった)
 冬期営業期間は要確認

パンフレット・案内書

2017_0118_105835.jpg2017_0118_105857.jpg
2017_0118_105932.jpg2017_0118_105914.jpg
2017_0118_110023.jpg

   


RV Resort 猪苗代湖モビレージ 2017年1月キャンプ日記はこちらへ


キャンプ場INDEXは ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

 


ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/01/20(金) 23:16:54|
  2. R V Resort 猪苗代湖モビレージ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RV Resort 猪苗代湖モビレージ  予定変更して撤収

RV Resort 猪苗代湖モビレージ  予定変更して撤収


三日目へ戻る  

RV Resort 猪苗代湖モビレージ キャンプ場情報(冬期営業期間)はこちらへ


四日目(1月13日)

朝起きると、積雪量は凄いことになっていました

トイレに行こうと雪の中に足を踏み入れると、膝の上まで埋まってしまい歩けない

結局、トイレまでの最短コースを30mほど雪かきして、歩ける道を作りました

70%-2017_0113_072622

カイオワ君は、夜中に雪かきしていたので、なんとか埋もれずに済みましたが

プラD君はこのとおり

70%-2017_0113_072637

笑ってしまうほど、雪に埋もれてます

70%-2017_0113_072702




これからの天気予報を検討

Screenmemo_2017-01-13-07-01-48

これから先二~三日、まだまだ雪は降り続く予報

継続的な雪かきが必須になる
カイオワ君の周りに積んだ雪の壁がどんどん高くなっていく
これまで風が無かったから助かっていたが、今後の風の状況では、周りに積んだ雪が吹き飛ばされる可能性もある
加えて、周りに積んだ雪はすでに胸の高さまで達していて、これ以上積むと崩れてくる危険もある

これは、すでに雪中キャンプを楽しむというレベルを超えている

と言うことで、予定を変更して今日中に撤収することを決定

 

朝日が薄っすらと見えます

70%-2017_0113_072748

そして、湖面に目を移すと、なんと白鳥たちが湖面の氷を砕きながら道筋を作って岸にやってきてるではないですか

白鳥たちは朝ごはんを待っているのです

70%-2017_0113_075408

白鳥たちに応えてあげなくてはと、餌を撒くことができるところまで必死で雪かきをします

70%-2017_0113_075355

70%-2017_0113_075421

70%-2017_0113_075415

70%-2017_0113_075429

 

やっと餌をあげることが出来ました

氷を割いて道を作ってまでやってくる白鳥たちの姿に、感動を覚えました

70%-2017_0113_075524

70%-2017_0113_075721

70%-2017_0113_075745

[広告] VPS



さあ、僕らも朝ごはんを食べて撤収に取り掛かりましょう

70%-2017_0113_085237

70%-2017_0113_085259

 

まずはプラD君が走れるように除雪

70%-2017_0113_115319

70%-2017_0113_115252

70%-2017_0113_115454

 

次に、張綱のペグを抜くことができるように雪かき

下の方は結構凍結していて、大変です

70%-2017_0113_115445

70%-2017_0113_115336

70%-2017_0113_115348

9時頃から初めて、5時間あまり

13:45 撤収完了です

70%-2017_0113_134413

70%-2017_0113_134434


70%-2017_0113_134543

通常、濡れた幕は、コールマンのアウトドアドライバックに入れて持ち帰るのだけれど

カイオワ君は大きくてそれには入らないので、特大ポリ袋(1.3m×1.8m)を用意していました

70%-2017_0113_134310

70%-2017_0113_134354

管理人さんには、本当にお世話になりました

ありがとうございました

 

そして、白鳥たち、大雪の中で僕らの気持ちを癒してくれてありがとう

また、来年会おうね

70%-2017_0113_134512


管理人さんのブログに、掲載していただきました
猪苗代湖モビレージ~会津地方を歩く管理人かっちゃんブログ~四季のたより



猪苗代湖モビレージを後にして、雪かきで疲れた体を癒しに、中ノ沢温泉に向かいます


天候 雪  最高気温-0.9℃ 最低気温-4.5℃ 平均風速2.6m 降雪9cm 最深積雪59cm


三日目へ戻る    中ノ沢温泉 御宿 万葉亭へ続く

RV Resort 猪苗代湖モビレージ キャンプ場情報(冬期営業期間)はこちらへ

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/01/20(金) 08:59:25|
  2. R V Resort 猪苗代湖モビレージ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

RV Resort 猪苗代湖モビレージ  カイオワ君、埋もれる

RV Resort 猪苗代湖モビレージ  カイオワ君、埋もれる


二日目へ戻る  四日目へ続く

RV Resort 猪苗代湖モビレージ キャンプ場情報(冬期営業期間)はこちらへ


三日目(1月12日)

朝目覚めると、全く無音の世界
白鳥の鳴き声も聞こえない

夜にはカイオワ君の幕壁に落ちるサラサラという雪の音が聞こえていたのだけれど
その音が消えている
雪が止んだのかな・・・と思いながら外に出てみると

止んだどころか、激しく降り続いているではないですか
音が聞こえなくなったのは、カイオワ君が雪に埋もれて、その積った雪の上にさらに雪が降っているからでした

70%-2017_0112_062709

70%-2017_0112_062855

 

70%-2017_0112_062633-1

70%-2017_0112_062627

70%-2017_0112_062550

70%-2017_0112_062927

70%-2017_0112_062948

70%-2017_0112_062941


幕は、雪の重みで、下の方が内側に膨れています
幕の内側の生地は冷たくなってはいるけれど、湿ることなく・・・

ROBENS 独自開発のHydro Tex®ポリコットンは雪にも強いことが実証できましたね

70%-2017_0112_063827

70%-2017_0112_063833


朝ごはんを簡単に済ませて

70%-2017_0112_080923

このままキャンプを続けて大丈夫かな?と少しだけ心配になったので、管理人さんのところへ
「たいした雪ではないよ、普段はもっと積もる」とおっしゃるので、キャンプ続行を決断

でも、雪かきだけはやっておかないと
午前中二時間半、老体に鞭打って頑張りましたよがっかり


雪かき用道具は、キャンプ場に完備されていて、どれでも自由に使って下さいとのこと
使った道具:雪はね、スノースコップ、ママさんダンプ、車の除雪用のスノーブラシ

参考:雪かき情報サイト 除雪のコツ教えます
(キャンプを終えて帰ってきてから知ったサイトですが、とても参考になります)

 

70%-2017_0112_104337

70%-2017_0112_110105

70%-2017_0112_104525

延長コードのドラムを掘り起こして、通電状況を確認します

70%-2017_0112_104358

張り綱のペグが見えるところまで、掘り起こしておきます

70%-2017_0112_104353

70%-2017_0112_104513

プラD君の走路も

70%-2017_0112_104504

70%-2017_0112_104450


雪かきをやってもやっても、雪はすぐに積もっていきます

70%-2017_0112_104609

70%-2017_0112_110009

70%-2017_0112_105905

白鳥たちは、雪でも元気!!

当然ですよね、みんなシベリア生まれですからウインク

70%-2017_0112_104533

70%-2017_0112_104636

70%-2017_0112_104556 -1

70%-2017_0112_110016

70%-2017_0112_110023


70%-2017_0112_104435

70%-2017_0112_110030

70%-2017_0112_110043

70%-2017_0112_104603

70%-2017_0112_110110


雪かきを終えてほっと一息

70%-2017_0112_111628

フジカ君の前で、濡れた物を乾かします

70%-2017_0112_115256

70%-2017_0112_115301

雪おろしには、この防寒用手袋が大活躍

70%-2017_0112_130812

 

これほど降り続く雪の時こそ(雨の時に同じ)、カイオワ君のポーチ(前室)の効果が鮮明になりますね
(僕らはここを土間として使っている)

70%-2017_0112_130438

雪にさらされることなく、ソレルを履いたり脱いだりできます

フジカ君への灯油補給もこの前室でできます

70%-2017_0112_130457


お昼ご飯はいただき物の高級な「ぜんざい」 1日遅れの鏡開きです

70%-2017_0112_122958

70%-2017_0112_123048

お餅を焼いて入れます

70%-2017_0112_124548

70%-2017_0112_125022

冷えた体に、甘いぜんざい、身体の芯まで暖かくなります

70%-2017_0112_125130


15時前、灯油を買いに出かけます

万一、灯油が不足してフジカ君が使えなくなるとヤバイことになるので
念には念をいれて10Lの灯油携行缶を満タンにしておくことにします

inawasiroko201701-10-1

70%-2017_0112_144120

70%-2017_0112_144430

晴れていれば、磐梯山が見えるところ

当然、何も見えない

70%-2017_0112_145121

道の駅ばんだい に寄ります

70%-2017_0112_145319

70%-2017_0112_145505

70%-2017_0112_145743

「ばんだい」なので、「バンダイ」コーナーがありましたびっくり

70%-2017_0112_150600

 70%-2017_0112_150221

70%-2017_0112_150114

70%-2017_0112_150514

70%-2017_0112_151325


道の駅ばんだい パンフレット

2017_0118_104605.jpg   2017_0118_104715.jpg
2017_0118_104616.jpg2017_0118_104639.jpg



16時前、キャンプ場に戻ってみると

[広告] VPS



なんとなんと、カイオワ君、またまた埋もれてました

70%-2017_0112_155234-1

晩御飯まで、また雪かきです

でも、朝に一度雪かきをやっていて正解です
もし、やっていなかったらさすがのカイオワ君も雪の重みに耐えきれず・・・・なんてことになっていたかも困った

 

晩御飯、温かい湯豆腐いただきます

70%-2017_0112_185656

70%-2017_0112_185702

70%-2017_0112_185707

道の駅ばんだいで買ってきたホワイトアスパラのピクルス、美味です

70%-2017_0112_185705

そして、欠かすことが出来ないこれ!!

70%-2017_0112_185930

この夜は雪かきの疲れもあり、早めに眠りにつきました

そして、夜中の1時半頃に起きだして、またまた雪かきしましたよ


天候 雪  最高気温-1.1℃ 最低気温-2.8℃ 平均風速3.8m 降雪39cm 最深積雪55cm


二日目へ戻る  四日目へ続く

RV Resort 猪苗代湖モビレージ キャンプ場情報(冬期営業期間)はこちらへ


ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/01/19(木) 16:11:20|
  2. R V Resort 猪苗代湖モビレージ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

RV Resort 猪苗代湖モビレージ  雪、積もる

RV Resort 猪苗代湖モビレージ  雪、積もる


一日目その2へ戻る  三日目へ続く

RV Resort 猪苗代湖モビレージ キャンプ場情報(冬期営業期間)はこちらへ


二日目(1月11日)

カイオワ君の幕壁を滑り落ちる雪の音で目を覚まします

雪、積もっていました

パウダースノーと言えるのかどうかはわからないけれど。サラサラの軽い雪

70%-2017_0111_071749

70%-2017_0111_071720

70%-2017_0111_071823

積雪量は、昨日はほぼ地面に置いてあった延長コードドラムがこんな感じ

70%-2017_0111_075039

そして、プラD君がこんな感じだから、10cm程度かな

70%-2017_0111_071806

昨日は少し僕らを警戒していた白鳥たちも、餌をもらえるとわかったようで、

僕らの姿を見るだけで、岸の近くまでやってきます

70%-2017_0111_071933

朝ご飯の時間ですよ

70%-2017_0111_071645

70%-2017_0111_075428

70%-2017_0111_075445

[広告] VPS


昨日見えた磐梯山はもう見えず、視界に入るのはすべて墨絵の世界

70%-2017_0111_075020

70%-2017_0111_074744

70%-2017_0111_074944

70%-2017_0111_075517

70%-2017_0111_075505



さて、僕らの朝ごはんにしましょうか

70%-2017_0111_082919

70%-2017_0111_082903

70%-2017_0111_082946

70%-2017_0111_082940


ご飯を済ませて、午前中に何処かの温泉に行くことに
キャンプ場のお風呂やシャワーは冬期(11月~4月下旬)閉鎖となっている

キャンプ場から一番近いのは、車で5分ほどのレイクサイドホテルみなとや
昨日通った無数のカモがいる(笑)白鳥飛来地のところ
電話してみると、日帰り入浴は営業しているけれど、昼の時間を挟んで掃除があるのでその間は入れないとのこと
時間が曖昧であったこと、そしてみなとやのお風呂は温泉ではないということで
別の温泉を探すことに

2017_0118_103757

↓画像クリックで拡大表示

2017_0118_103910-12

↓画像クリックで拡大表示

2017_0118_104049-2

めぼしを付けた温泉は、キャンプ場に出来るだけ近いところ

翁島温泉・玉の湯旅館、西ノ沢温泉・たなべの湯、西久保温泉・亀屋旅館・・・・残念ながら、全て本日休業でした困った

結局は、押立温泉・国民宿舎さぎの湯へ キャンプ場から約11km

inawasiroko201701-9

1人¥500、温泉はまあまあだったけれど、脱衣場には暖房もなく寒かったですね

70%-2017_0111_112817

70%-2017_0111_112839

70%-2017_0111_112849


さぎの湯パンフレット

2017_0118_103309.jpg   2017_0118_103502.jpg
2017_0118_103611.jpg2017_0118_103627.jpg

お風呂から帰ってきて、お昼ご飯

昨夜の鍋の残りを使った雑炊と即席野菜の浅漬け、そして昼からお酒ウインク

70%-2017_0111_125757

フジカ君 と

70%-2017_0111_182024

赤外線カセットヒーター  Patio Cappuccino の二つで・・・

70%-2017_0111_182041

幕内の気温は13℃、気象データによる外気温はマイナス2.6℃なので、外気温を15~16℃上げている

薪ストーブだったら、もっと上がるのでしょうが、フジカ君だけでもなんとか大丈夫
足元にはホットカーペットがありますからね

70%-2017_0111_182130

幕内で読書をしたり、お昼寝したりしていると、あっと言う間に暗くなり、晩ごはんの時間

メインは、パプリカとピーマンの肉詰め

70%-2017_0111_185018

70%-2017_0111_185727

70%-2017_0111_190011

70%-2017_0111_185742

最近のお気に入り、かぶとベーコンのペペロンチーノ

70%-2017_0111_185732

70%-2017_0111_205532

琥珀色の液体をお供に、しんしんと静かに降る雪の夜を楽しみます


天候 雪  最高気温-1.3℃ 最低気温-4.0℃ 平均風速5.1m 降雪11cm 最深積雪16cm

一日目その2へ戻る  三日目へ続く

RV Resort 猪苗代湖モビレージ キャンプ場情報(冬期営業期間)はこちらへ

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/01/18(水) 23:37:03|
  2. R V Resort 猪苗代湖モビレージ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

RV Resort 猪苗代湖モビレージ  猪苗代湖は白鳥の飛来地

RV Resort 猪苗代湖モビレージ  猪苗代湖は白鳥の飛来地


一日目その1へ戻る
  二日目へ続く

RV Resort 猪苗代湖モビレージ キャンプ場情報(冬期営業期間)はこちらへ


一日目(1月10日)その2

お昼ご飯を終えて、キャンプ場へ向かいます

inawasiroko201701-8

70%-2017_0110_104329

70%-2017_0110_104342

70%-2017_0110_104356

途中、白鳥の飛来地のひとつ長浜という所に寄ってみます

びっくりです、無数のカモ、その中に白鳥の姿

カモは人間が近寄っても全く逃げようせず、むしろ近寄ってくるほど

70%-2017_0110_121856

70%-2017_0110_121928

70%-2017_0110_122027

カモに包囲されるびっくり

70%-2017_0110_122110

70%-2017_0110_122125

70%-2017_0110_122014

70%-2017_0110_121130

70%-2017_0110_122137

[広告] VPS


12:30 猪苗代湖モビレージに到着です

70%-2017_0110_123304

4泊分の料金を支払ったあと(当初は4泊の予定)、管理人さんが設営可能なサイトに案内してくれました
他のキャンパーはいないので、自由にお好きなところを使って下さいとのこと
炊事場の近くではないけれど、磐梯山を眺めることが出来るサイトを選択

ここにも白鳥がいました
数はそれほど多くはないけれど、毎年ここに何羽かがやってくるそうで、朝には管理人さんが餌を撒いているそうです
餌は管理棟に置いてあるので、自由に撒いていいですよとのこと

70%-2017_0110_125147

[広告] VPS


設営場所はここに決定

積雪は5cm程度、地面がすぐ見えるほどなので普通にソリステを打つことが出来ました

70%-2017_0110_124946

70%-2017_0110_131126

カイオワ君、設営完了です

雪中キャンプとしての暖房装備は、
フジカ君、暖房補助として赤外線カセットヒーター  Patio Cappuccino 
ホットカーペット(1畳)、湯たんぽ、電気毛布
(注文中の薪ストーブは、まだこないのですよ)

70%-2017_0110_140855

70%-2017_0110_140911

70%-2017_0110_140928

電源コンセントから少し距離があったので、延長コードを借りました

設営中に歩き回ったので、雪が解けて水浸し状態

70%-2017_0110_145829

70%-2017_0110_150420

キャンプ場から磐梯山を眺めることができるのは、これが最後になろうとは
この時には想像もしませんでした・・・・・困った

70%-2017_0110_150000

70%-2017_0110_150051


[広告] VPS



夕方、白鳥たちに晩御飯をあげます

70%-2017_0110_161845

70%-2017_0110_161643

70%-2017_0110_161822

70%-2017_0110_163442


そして、僕らも晩御飯

70%-2017_0110_185525

70%-2017_0110_182043

70%-2017_0110_182413

70%-2017_0110_182211

70%-2017_0110_182421

最近出番が多くなったレクロマイクロバーナー

70%-2017_0110_182358

冬は、やっぱり暖かい鍋がいいですよね

70%-2017_0110_183410

70%-2017_0110_183401

70%-2017_0110_201355

白鳥の鳴き声だけが聞こえる静かな夜

天気予報では、しばらく雪が続くとのこと

明日の朝、どんな雪景色を見せてくれるのかな


天候 晴れ  最高気温5.7℃ 最低気温-1.4℃ 平均風速4.8m 降雪5cm 最深積雪6cm

一日目その1へ戻る  二日目へ続く

RV Resort 猪苗代湖モビレージ キャンプ場情報(冬期営業期間)はこちらへ


ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/01/17(火) 22:03:09|
  2. R V Resort 猪苗代湖モビレージ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

RV Resort 猪苗代湖モビレージ  2017初出撃、初の福島遠征

RV Resort 猪苗代湖モビレージ    2017初出撃、初の福島遠征


2017年01月10日(火)~13日(金)、3泊4日で、福島県猪苗代湖西岸のRV Resort 猪苗代湖モビレージへ雪中キャンプに行ってきたよ

2017年の初出撃、そして福島県への初のキャンプ遠征です


今回、初出撃先をどこにするか、僕らにしては珍しく迷った

温泉が魅力の福島県民の森フォレストパークあだたら が第一候補だったけれど
ホームページによると、温泉のポンプが故障で、お風呂は温泉ではなくて沸かし湯になっている
電話で確認すると、復旧もいつ頃になるのか未定らしい
皆さんから勧められた温泉に、ぜひとも入ってみたいので
あだたらは今回断念し、温泉が出るようになってから行ってみよう

次の候補として・・・
温泉に入ることができるとなると羽鳥湖高原レジーナの森
東京からの距離はそれほど遠くないけれど、何しろ料金が高額
電源付きだと一泊2人で7,500円以上、温泉に入り放題とはいえ正直高いです
アーリーもレイトも出来ないようだし
連泊希望の僕らにはちょっと・・・ね

北軽井沢スウィートグラス
平日に連泊すると、とても割安
例えば電源付き広々サイトで、仮に平日に4泊すると
冬の平日割が適用されて、一泊目¥3,500、二泊目¥2,450、三泊目¥2,100、四泊目¥1,750
合計で、¥9,800(一日当たり¥2,450)
料金は魅力だけれど、スウィートグラスはクリスマス時期に行ったばかりなので、今回はパス

ということで、今回はRV Resort 猪苗代湖モビレージへ行ってみることに
料金的には、3泊目からサイト料金が半額になるというところが魅力
サイト料金は1区画が¥3,000、電源が¥1,000.施設管理料金が1人一日¥600
仮に4泊すると
一泊目¥5,200、二泊目¥5,200、三泊目¥3,700、四泊目¥3,700
合計で、¥17,800(一日当たり¥4,450)

inawasiroko201701-6-1

inawasiroko201701-5-1


一日目(1月10日)その1

浅草5:45出発、距離282km

inawasiroko201701-1

東北道を快走

70%-2017_0110_062505

70%-2017_0110_071012

7:20 大谷PAで朝ごはん

70%-2017_0110_074847

70%-2017_0110_074920

70%-2017_0110_072849

70%-2017_0110_073207

70%-2017_0110_073057

70%-2017_0110_080945

70%-2017_0110_081739

8:27 那須高原SA 

このSAには入ったことがなかったので、寄ってみました
震災後に出来た綺麗なSAだったけれど、人がまばら

70%-2017_0110_082734

70%-2017_0110_083225

70%-2017_0110_083718

70%-2017_0110_084606

柿の種、○○限定という言葉に弱いのだけれど、ここは我慢

70%-2017_0110_083520

栃木のSA・PAでは、必ずといっていいほどお目にかかる「餃子」

70%-2017_0110_083530



福島県に入って、郡山JCTが近づいてくると、安達太良山が見えてきます

70%-2017_0110_091713

70%-2017_0110_091617

[広告] VPS

9:22 郡山JCT

磐越道に入ります

70%-2017_0110_092222

70%-2017_0110_092246

70%-2017_0110_092318

それにしても今年は雪が少ない

1月にもなるというのに郡山にも雪がない

70%-2017_0110_092429

70%-2017_0110_092856

猪苗代の雪はどうなんだろうか?

トンネルの出入口にビッグな白鳥が・・・

70%-2017_0110_093014

トンネルを抜けると・・・

70%-2017_0110_093326

雪国・・・ではなかった悲しい

70%-2017_0110_093335

でも、猪苗代湖の手前のトンネルを向けると・・・そこは

70%-2017_0110_093905

70%-2017_0110_093921

雪国・・・ではなかったけど、道路脇に少しだけ雪が積もっていた
そして、磐梯山の雄姿が目に飛び込んできたびっくり

70%-2017_0110_093929_thumb[1]

70%-2017_0110_094154_thumb[1]

[広告] VPS


9:42 猪苗代・磐梯高原ICに到着

出発してから朝食・休憩時間を入れて約4時間、それほど遠いとは感じなかったのは何故かな知らない

70%-2017_0110_094243

ICを出たところすぐに道の駅

2016年11月19日にオープンしたばかりの「道の駅猪苗代

70%-2017_0110_094537

眼前にそびえる磐梯山は圧巻  青空に映えます

70%-2017_0110_094429

70%-2017_0110_102013

70%-2017_0110_094528


[広告] VPS



オープンしたばかりで、とても綺麗です

70%-2017_0110_101645

70%-2017_0110_101629

70%-2017_0110_100400

70%-2017_0110_101849

会津と言えば、赤ベコ

70%-2017_0110_101909

そして、絵ろうそく

70%-2017_0110_101741

道の駅で色々と買い物します

70%-2017_0110_095613

70%-2017_0110_095620

あんぽ柿、渋柿を硫黄で燻蒸した干し柿

「あんぽ柿」名前の由来は、皮をむいた柿を天日に干すことから「天干柿(あまぼしがき)」 と呼ばれ、それが明治時代に「あんぽ柿」と呼ばれるようになった。渋い柿を干すことで 甘くなることを意味する「甘干柿(あまぼしがき)」を転じて「あんぽ柿」となったとも言われ ています。 

70%-2017_0110_095125

70%-2017_0110_095325

70%-2017_0110_095348

70%-2017_0110_095752

70%-2017_0110_095815


道の駅を後にして、猪苗代駅へ行ってみます

駅前には観光案内所があるので、そこでランチにおススメのお店を教えてもらいます

70%-2017_0110_103555

70%-2017_0110_102830

70%-2017_0110_102851

野口英世博士は意外と背が低かった

70%-2017_0110_103028

70%-2017_0110_103528

70%-2017_0110_103514


inawasiroko201701-7

観光案内所の係りの方の個人的なおススメのひとつ、野口英世記念館の隣の河京ラーメン館猪苗代店へ行ったみたけれど
「本日定休日」でした

野口英世記念館は、昔入ったことがあるので、入り口だけで・・・・

70%-2017_0110_105439

付近にある会津民俗館も「本日休館日」

70%-2017_0110_105736

もう一度、駅の方に戻って、教えてもらったお店に行ったのですが、そこもお休み

連休明けだからお休みのところが多いのでしょうね

結局、お昼はおススメのひとつのそば楽人というお店で頂くことに

70%-2017_0110_113740_thumb[4]70%-2017_0110_113750_thumb[1]
鴨なんそば
70%-2017_0110_114011_thumb[2]
 
季節限定 会津「葵」蕎麦
70%-2017_0110_114002
70%-2017_0110_113517
70%-2017_0110_11542570%-2017_0110_115433
70%-2017_0110_11382670%-2017_0110_114523
70%-2017_0110_11585870%-2017_0110_115906

緑色のおろし、会津「葵」大根で食べるおそば・・・初めての味、堪能させていただきました

鴨なんそばも美味

いいお店を教えていただきましたね


猪苗代蕎麦の里 猪苗代そばマップ

2017_0118_105339.jpg  2017_0118_105410.jpg2017_0118_105512.jpg

 

さて、そろそろキャンプ場に向かうとしますか

一日目その2へ続く


ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/01/16(月) 23:31:27|
  2. R V Resort 猪苗代湖モビレージ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

乾燥・メンテ キャンプ

大雪を避けて撤収して、昨夜は温泉宿で宿泊

帰り道で、乾燥メンテキャンプ

みんな氷ついてました

キャンプ場は、まだまだ工事中の公園のなか

重機が直ぐそばで頑張ってます

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/01/14(土) 20:27:28|
  2. 三王山ふれあい公園オートキャンプ場

雪、雪、雪、雪掻きに疲れて撤収

夜中にもカイオワ君の雪掻き

ほっておくとテントから出られなくなるので

でもプラD君は朝までそのまま

雪はまだまだ降り続く予報なので、予定変更して撤収します

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/01/13(金) 17:12:53|
  2. R V Resort 猪苗代湖モビレージ

雪、雪、カイオワ君埋もれました

一晩中、雪、雪

カイオワ君埋もれました

管理人さんいわく「たいした雪ではないよ、普段はもっと積もる」

日本海側では暴風雪で大変なことになっている所もあるようですが

ここは幸いにも、風もなくシンシンと降る雪

でも雪掻きだけはやっておかないと

午前中二時間半頑張りました

白鳥たちは、雪でも元気です

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/01/12(木) 12:26:33|
  2. R V Resort 猪苗代湖モビレージ

雪、積もりました

昨夜の気象データでの風速は5~6mでしたが、

ほとんど風は吹かなかったです

ここの地形の関係でしようか?

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/01/11(水) 12:20:36|
  2. R V Resort 猪苗代湖モビレージ

2017 初出撃

設営時は、とても穏やかな天候

白鳥がすぐ近くまでやってきます

管理棟に白鳥の餌が置いてあって、自由にあげることが出来ます

夕方からはずっと雪

何日降り続くでしようか?

しばらく雪の中に籠もります

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/01/10(火) 18:04:04|
  2. R V Resort 猪苗代湖モビレージ

東京でナキウサギに出会った!!

東京でナキウサギに出会った!!


久しぶりに、秋葉原と御徒町の間のガード下にある2k540へ行ってみた

昔に比べて、お店の数が増えたような感じ

2017_0109_092726

何気なく入った木製雑貨のお店

2017_0109_092727

なんと、なんと、このお店でナキウサギを発見

東京でナキウサギに会えるとは・・・感動もの爆笑

2017_0109_092728

早速レジに行って、お店のお兄さんに「なんでナキウサギなんですか?」と・・・・・

「はい、実際に制作している本社は北海道の旭川にあるのです」「ナキウサギ、ご存じなんですか」

「ええ、もちろんですよ 然別湖で長い間キャンプして、やっとナキウサギに会えたことがあったのです」

・・・・・・・・・

見つけたナキウサギはこんなに可愛い子でした

2017_0109_091639

2017_0109_092725

北海道でのナキウサギを探しに行こう体験はこちらへ↓

ナキウサギに会えなかったというお話(2014年7月東雲湖)

ナキウサギに初めて会えたというお話(2914年7月駒止湖)

ナキウサギに会えなかったというお話(2016年9月豊似湖)

 

僕らの友達、ナッキーイックンもまた仲間が増えて大喜びです

2017_0109_0927302017_0109_092729

こんな可愛いフクロウもいたので、一緒にゲット

2017_0109_091701

これも・・・

2017_0109_092014

初売りというこうとで、酉のチャームのプレゼントがありました

2017_0109_092330

2017_0109_092530

お店の名前は、NOCRCA

NORTH(北の)   +   CRAFT(クラフト)   =   NOCRA(ノクラ)・・・だそうです

2017_0109_092159

2017_0109_092146



お気に入りのショップが増えました



ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/01/08(日) 23:39:11|
  2. ●街の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

snow peak Peg Hammer PRO.C スノーピークペグハンマーPRO.C 2本目

スノーピークペグハンマーPRO.C 2本目


長年使ってきたペグハンマー、約5年間で銅ヘッドを2回交換
そろそろ3回目の交換かなと思っていたけれど、自分で交換するにはちょっとヤバイところまで使い過ぎてしまって・・・

2017_0106_131504

2017_0106_131515

こんなになるまで交換せずに使ってはいけません(反省)

2017_0106_131458

銅ヘッドの交換をスノーピークにお願いして

赤いバンドも相当ボロボロになったので、思い切って新品を購入!!

2017_0106_131434

2017_0107_200017

2017_0107_200044

2017_0107_200245

2017_0107_200158

2017_0107_200428

銅ヘッド付、おススメです
打ち込む時の手の感触と打音がとてもいいです

このハンマーを使い始めると他のハンマーはもう必要ないです・・・・・と、言いながら
こんなハンマーも持っていますがウインク

 

MSR ステイクハンマー

70%-2016_0603_092820

70%-2016_0603_092840

70%-2016_0603_092831

70%-2016_0603_092845

打ち込みにはほとんど使ってはいませんが・・・・がっかり
V字ペグを抜くときには便利!!




ペグ抜きでは最強と思っているキャプテンスタッグのプラックアルミペグ抜きハンマー M-3221と合わせて

3つのハンマー、それぞれ得意分野で活躍してくれています

70%-2016_0603_092954



僕らが持っている以外のペグハンマーで、ちょっと気になるハンマーが、
エリッゼ(ELLISSE)とWEINASのハンマー





テント・タープINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/01/07(土) 21:22:43|
  2. テント・タープ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

BULIN ポータブルランタン BL300-F1

BULIN ポータブルランタン BL300-F1

とっとさんに教えてもらった中国製のランタン、Amazonで¥2,238、試しにひとつ買ってみました

2017_0103_232646

ケースのサイズ:60×60×110mm、とてもコンパクトですね

2017_0103_233831

2017_0103_234232

2017_0103_234243

説明書は、英語と中国語

2017_0103_233209

2017_0103_234849

2017_0103_234932

2017_0103_235020

2017_0103_235104

2017_0103_235324

2017_0103_235350

2017_0103_235427

材質:ステンレス、耐熱ガラス、アルミ合金、銅
本体の大きさ:Φ50×100mm
ケースの大きさ:60×60×110mm
重量:148g(本体のみ)
照度:80LUX

なんとなんと スノーピークのギガパワーランタン天と酷似してるがっかり

2017_0103_235428

天は持っていないので、光量などの比較はできないけれど

価格は天が¥8,100、このランタンは¥2,238

70%-2016_1227_210705

実際に使っているのを見たので、安全性・実用性では全く問題ないことを体験済
耐久性は、想像ですがやはりスノーピークの天にはかなわないのでしょうね

付属しているマントルはあまり質が良くないようで、スノーピーク(snow peak) マントル S GP-001 を使う方がいいようですが
この点はまだ実証していません


BULINという中国のメーカー、僕らは初めて知りましたが、
アウトドアブランドとして、結構名前が知られているのかも
色々な製品(特に火器)を販売していますね  Amazonでの販売商品はこちらへ




 照明器具INDEXはこちらへ

ページトップへ戻る



北海道長期遠征2016のレポも更新中

北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1



関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/01/06(金) 10:32:00|
  2. 照明器具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

snow peak SolidStateLantern Mini Hozuki  たねほおずき  つち・ゆき・もり

スノーピーク たねほおずき つち・ゆき・もり

2016年のクリスマスと、少し早目の誕生日のプレゼント、もらいました
2016年12月24日発売のLEDランタンほおずきと共通カラーにリニューアルのたねほおずき

左から、つち、ゆき、もり

2017_0103_232225

2017_0104_002022

2017_0104_001900

2017_0104_001530

2017_0104_001458

2017_0104_002109

2017_0104_002352

2017_0104_002518

2017_0104_002602

2017_0104_002713


●材質:本体/ポリカーボネート樹脂、エラストマー樹脂、ABS樹脂・シェード/シリコーンゴム・レンズカバー/PMMA樹脂
●使用電源:単四型アルカリ乾電池(LR03)3本使用
●使用続点灯時間:Hi-40h Low-70h
●使用温度条件:0°C~35°C
●照度:60 lm
●防滴仕様:IPX4級相当
●点灯モード:3モード(Hi-Low/Strobe/疑似ゆらぎ)+無段階調光
●光源色:電球色相当
●サイズ:Φ62×75(h)mm
●重量:57g(電池を除く)



僕らは、たねほおずきが大好きなんです
スノーピークの商品で人におすすめ出来るもののひとつがこれ

・小型軽量(Φ62mm、57g)
・温かみのある電球色で結構明るい、光量調整も出来る
・スイッチは本体のレンズ部分を押して点灯消灯するようになっている
・ループにマグネット、本体上部にはマグネットキャッチが装備されていて
 自由自在に色々なところに、それも簡単につけることができる
・夜道では懐中電灯やヘッドライト代わりにも使える

時には森の中で、こんな風にして遊んでみたり

2015_1224_203715

お花見キャンプでのスポットライトにしてみたり

2015_0404_182450

 

いままで持っていたのは6個

2017_0104_002714

2017_0104_002715-1

5色

2017_0104_002716

そして、2016年秋の雪峰祭で1等賞が当たって1つ増えて、合計7個に

IMG_20161022_154201

そして今回プレゼントに3つもらって、なんと「8色・10個」になってしまいましたびっくり

これからもテントサイトで、大・大・大活躍してもらいましょう


たねほおずき その1はこちらへ
たねほおずき その2はこちらへ
たねほおずき その3はこちらへ
たねほおずき その5(ドラえもんEDITION)はこちらへ
シェードの黄ばみを除去する方法はこちらへ




 照明器具INDEXはこちらへ

ページトップへ戻る


北海道長期遠征2016のレポも更新中

北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1




関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/01/04(水) 22:57:48|
  2. 照明器具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Kiowa君、応急修理

Kiowa君、応急修理

2016年12月22日から23日の深夜、急速に発達した低気圧による突風で負傷したKiowa君(カイオワ)を応急修理します

 

応急修理箇所は、フロアシートの縫い目が切れて取れてしまったペグループ(3箇所)

残ったべグループは1つだけ、2つは風で飛ばされてしまいました

70%-2016_1126_154717-11-1

まずは、応急修理用の部品を作ります

テープは、ホームセンターで似たような材質の物を探してきました(10cmあたり¥14)

70%-2017_0103_084130-1

ゴムは、自転車ロープを使います

70%-2017_0103_084002

70%-2017_0103_084100-1

近くの公園で、Kiowa君を広げます

70%-2017_0103_105919

ペグループが取れた所に

70%-2017_0103_110155-1

70%-2017_0103_110310-1

K&B工房の手縫い技術を屈指して、応急修理用部品を縫い付けていきます

70%-2017_0103_110128

70%-2017_0103_110139

70%-2017_0103_114607-1

70%-2017_0103_114725

70%-2017_0103_114741

約1時間で3箇所の応急修理完了です

しっかりと縫い付けることが出来ました

70%-2017_0103_124420

70%-2017_0103_124512

70%-2017_0103_113543

70%-2017_0103_113515-1_thumb[1]

強いテンションをかける必要があるところではないので、今回の応急処理でしばらくは大丈夫でしょうスマイル

70%-2017_0103_122402_thumb[1]

70%-2017_0103_124628_thumb[1]

70%-2017_0103_124615_thumb[1]

さあ、これで大丈夫

2017年初出撃はどこに出かけましょうか

テント・タープINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/01/03(火) 17:15:29|
  2. テント・タープ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます

世界が平穏な一年となりますように・・・

70%-2017_0101_102834-1

 

70%-2017_0101_102436

関連記事
  1. 2017/01/01(日) 12:39:15|
  2. ■ et cetera

プロフィール

Kaoru&Beet

Author:Kaoru&Beet
Kaoru君とBeet君のキャンプ日記へようこそ!

PCカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

INDEX

Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

CATEGORY

月別アーカイブ

2017年 08月 【16件】
2017年 07月 【19件】
2017年 06月 【23件】
2017年 05月 【34件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【21件】
2017年 02月 【24件】
2017年 01月 【28件】
2016年 12月 【54件】
2016年 11月 【32件】
2016年 10月 【27件】
2016年 09月 【29件】
2016年 08月 【23件】
2016年 07月 【29件】
2016年 06月 【29件】
2016年 05月 【21件】
2016年 04月 【23件】
2016年 03月 【22件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【30件】
2015年 12月 【29件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【30件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【24件】
2015年 02月 【25件】
2015年 01月 【17件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【23件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【21件】
2014年 04月 【12件】
2014年 03月 【24件】
2014年 02月 【17件】
2014年 01月 【18件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【19件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【14件】
2013年 07月 【24件】
2013年 06月 【12件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【16件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【13件】
2013年 01月 【14件】
2012年 12月 【18件】
2012年 11月 【16件】
2012年 10月 【17件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【9件】
2011年 09月 【2件】

最新コメント

リンク


Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

WOM CAMP ロゴ2

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR