Kaoru君とBeet君のキャンプ日記

キャンプ日記、キャンプ道具、旅の記録、街歩きとグルメなどを書いています。

福島のウイスキー、いただきます 【いわき市遠野オートキャンプ場】

福島遠征2017ーFile No.5

2日目その2へ戻る  3日目その1へ続く

いわき市遠野オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

2017年4月15日(土)2日目その3 福島のウイスキー、いただきます
  【いわき市遠野オートキャンプ場】

14時、キャンプ場に戻る頃には、晴れてきました

70%-2017_0415_155530

今日は土曜日なので、10組ほどのキャンパーが来ていました

地元のいわきや福島ナンバーの車が多かったですね

70%-2017_0415_075237

お昼が2時過ぎだったので、ちょっと遅めの晩御飯

70%-2017_0415_182409

つまみに、浪江町の「まち・なみ・まるしぇ」のミッセなみえ(浪江町商工会)さんで買ってきた
鈴栄の小女子佃煮柚子・辛子入り

食べだすと止まらないほどの美味しさです

70%-2017_0415_182636

夕食のメインは、鶏コロダッチ焼き・生ハムサラダ

70%-2017_0415_191633

シンプルな鶏肉は、柚子こしょう、ハーブソルト、どちらでいただいてもGoodですよ

70%-2017_0415_191959

70%-2017_0415_192006

さすがに夜になると、冷えてきます

クリアウォールが活躍してくれます

70%-2017_0415_183453

70%-2017_0415_183353

70%-2017_0415_183609

70%-2017_0415_183549

46度、力強いスモーキーフレーバー

福島産のウイスキー”963” いただきます

70%-2017_0415_191933


福島のウィスキーを飲みながら、福島の事を思う夜でした



天候  曇り一時雨後晴れ  最高気温25.1℃ 最低気温4.7℃ 平均風速2.0m

2日目その2へ戻る  3日目その1へ続く

いわき市遠野オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/04/30(日) 23:40:02|
  2. いわき市遠野オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

フラガール  【いわき市遠野オートキャンプ場】

福島遠征2017ーFile No.4

2日目その1へ戻る  2日目その3へ続く

いわき市遠野オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

2017年4月15日(土)2日目その2 フラガール 【いわき市遠野オートキャンプ場】

この日のお昼ご飯は、広野町にあるレストランアルパインローズで・・・と予定していたのだけれど

ランチタイムのオーダーストップの時間に間に合うことができず、断念号泣

2017_0426_112545

いわき市に入ってから

70%-2017_0415_135635

道の駅 よつくら港 でお昼ご飯にします

この道の駅は、東日本大震災の津波によって建物は損壊したが、
2012年(平成24年)8月11日に建物を一新してリニューアルオープンしたとのこと

70%-2017_0415_143946

70%-2017_0415_143926

大漁海鮮丼

70%-2017_0415_141530-1

鳥そばセット

70%-2017_0415_141522

道の駅をあとにして、いわき市の市街地を通り、キャンプ場に戻ります

iwakisitoono201704-16-1

途中、雲行きが怪しくなってきて、通り雨が

70%-2017_0415_152258

道路から、映画「フラガール」で有名なスーパーリゾートハワイアンズの大きな施設が見えます

70%-2017_0415_153631

スパリゾートハワイアンズ WEBサイトから画像を拝借

iwakisitoono201704-17

いわきには、その昔、常盤炭鉱があった
炭鉱の坑道からは温泉が噴き出し、1tの石炭を掘る為に40tの湯を廃棄する必要があるという採炭コストが高い炭鉱であった
石炭から石油へのエネルギー革命が加速して、慢性的なコスト増で競争力が失われ構造不況に陥り、
1955年頃(昭和30年)から会社は苦境に陥っていく
そこで炭鉱労働者やその家族の雇用創出、さらに新たな収入源確保のため、炭鉱以外の新規事業を立ち上げることになった
炭鉱で厄介物扱いされていた地下から湧き出る豊富な常磐湯本の温泉水を利用して室内を暖め、
「夢の島ハワイ」をイメージしたリゾート施設として、1966年(昭和41年)「常磐ハワイアンセンター」を開業
この施設は、1990年(平成2年)オープン25周年を機に「スパリゾートハワイアンズ」と改名されている


この常磐ハワイアンセンターの誕生から成功までの実話を元に描いた映画があります

映画「フラガール」(2006年9月23日全国公開、第30回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞)

時は昭和40年、閉鎖に追い込まれた炭鉱のまち
危機的状況の中、炭鉱で働く人々はツルハシを捨て、北国のまちを常夏の楽園に変えようと立ち上がった・・・

僕らの大好きな映画で、何度となく観ていますが、そのたびにいつも感動しています

iwakisitoono201704-18

映画のテーマソングは、Jake Shimabukuro「Hula Girl」

この歌を聴きながらスコッチを飲むと、いつも涙がでます

 

劇中歌、Wish on my star

 


いわきは、2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)、
さらに1ヶ月後の4月11日にいわきを襲った震度6の直下型余震(福島県浜通り地震)により、深刻な被害を受けました
同時に、福島第一原発の事故により、風評被害にも見舞われました

「スパリゾートハワイアンズ」では、この困難を常磐炭鉱が次々と閉山していた頃の困難になぞらえ、
また、震災復興への願いを込め、全国キャラバン「フラガール全国きずなキャラバン」を実施
同年5月3日から10月2日まで、全国26都道府県124ヶ所で合計245回の公演を行い、
いわきのみならず「東北復興のシンボル」として活動したのでした

キャラバンに参加していたダンサー達の中には、自宅が津波で流されたり、また自宅が福島第一原発の近くにあったため
避難生活を余儀なくされた人もいたとのこと
彼女たちこそ被害者でご苦労されているのに、それをおくびにも出すことなく、キャラバンを続けていたそうです

iwakisitoono201704-19iwakisitoono201704-20


炭鉱には明治時代から続く「一山一家(いちざんいっか)」という言葉があります
ひとつの山はひとつの家族
つねに危険と隣り合わせの炭鉱では、その山・その炭鉱に関わる全ての人々が家族であり、
お互いに助け合って生きていこうという精神を表現した言葉です
閉山の危機にあった炭鉱ですが、なんとか雇用を守ろうとした努力の結果が、「常盤ハワイアンセンター」を生みました
東日本大震災による被害、原発による風評被害、その中でも現在の「スパリゾートハワイアンズ」は頑張ってきました
それは単なる自分の企業を守るためではなく、いわきの復興、福島そして東北の復興のためでもあったと思います
一山、ひとつの山、それはひとつの企業、ひとつの地域、ひとつの国、そして地球というひとつの星のことでもあります
「一山一家」、お互いに助け合って生きていこう
僕らが忘れはならないことだと思います


2日目その1へ戻る  2日目その3へ続く

いわき市遠野オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/04/29(土) 23:31:33|
  2. いわき市遠野オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

福島浜通り 浪江町へ   【いわき市遠野オートキャンプ場】

福島遠征2017ーFile No.3

1日目その2へ戻る  2日目その2へ続く

いわき市遠野オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

2017年4月15日(土)2日目その1 福島浜通り 浪江町へ【いわき市遠野オートキャンプ場】


今日は、浪江町の中で、2週間ほど前の2017年3月31日に避難指示が解除された区域へ、常盤自動車道を通って行きます

iwakisitoono201704-8

常盤自動車道は2015年(平成27年)3月1日に常磐富岡IC~浪江IC間について開通し、全線開通となっています

page1_map2

↓画像クリックで拡大表示

main_pop_150301

 

いわき湯本ICから常盤自動車道を北上します

70%-2017_0415_101321

70%-2017_0415_101618

広野ICを過ぎたあたりにある ならはPA(2015年3月1日共用開始)で休憩

70%-2017_0415_104539

70%-2017_0415_105102

70%-2017_0415_105435

ならはPAには、
2010年(平成22年)当時のサッカー日本代表本田圭佑選手や長友佑都選手らの足形・手形のレリーフが設置されている
地元の中高生がアイデアを出して実現したようです

70%-2017_0415_105127

70%-2017_0415_105357

70%-2017_0415_105232

70%-2017_0415_105139-1

70%-2017_0415_105139-2

キーパーの川島永嗣選手は足形ではなく、手形ですね

70%-2017_0415_105158

70%-2017_0415_105151

建物の壁面には、子供達が描いた「四季の祭り」の絵が・・・

70%-2017_0415_105112

 

70%-2017_0415_105457

70%-2017_0415_105507

70%-2017_0415_105520

 

念ずれば花ひらく

念ずれば花ひらく
苦しいとき
母がいつも口にしていた
このことばを
わたしも
いつのころからか
となえるようになった

そうして
そのたび
わたしの花が
ふしぎと
ひとつひとつ
ひらいていった 

坂村真民

 

浜通りの復興を記念して建立された詩碑

70%-2017_0415_105418


常磐富岡IC~浪江IC付近は避難指示区域を通ります


access_pct_04_170421


参照:常磐道を利用される方へ ~高速道路周辺の道路情報~ (NEXCO東日本)

70%-2017_0415_103711

70%-2017_0415_110112

70%-2017_0415_111008

70%-2017_0415_111545

常磐自動車道 広野IC~南相馬IC間を通行した際の被ばく線量は
現時点で自動車の場合、時速70kmで1回通過すると、0.28μSv(マイクロシーベルト)
胸部X線集団検診の被ばく線量が1回あたり60μSv(=0.06mSv)なので、その約210分の1に相当する被ばく線量
見方を変えると、210回通行すると、レントゲン検診1回分の被ばく線量になるということ

参照:常磐道通過における被ばく線量~1回走行あたりの被ばく線量~ (NEXCO東日本)



荒れ果てた田畑

70%-2017_0415_110959

除染で取り除いた土壌が、いたるところに仮置きされている

70%-2017_0415_110734

70%-2017_0415_111602

浪江ICで降ります

70%-2017_0415_111812

IC出口は右折のみ可

70%-2017_0415_111844

左方向は、帰宅困難区域につき立入制限中

70%-2017_0415_111902

避難指示区域は3つに区分けされている

■避難指示解除準備区域
復旧・復興のための支援策を迅速に実施し、住民の方が帰還できるための環境整備を目指す区域。

■居住制限区域
将来的に住民の方が帰還し、コミュニティを再建することを目指して、除染を計画的に実施するとともに、早期の復旧が不可欠な基盤施設の復旧を目指す区域。

■帰還困難区域
放射線量が非常に高いレベルにあることから、バリケードなど物理的な防護措置を実施し、避難を求めている区域。

ez20170401

浪江町の中心部へ

70%-2017_0415_112314

JR常磐線の浪江駅

70%-2017_0415_112832

つい先日、4月1日に営業が再開されたばかり

70%-2017_0415_113143

河北新報のニュース(2017年3月11日)

iwakisitoono201704-9

iwakisitoono201704-10

70%-2017_0415_112952

下り(仙台方面)は開通しましたが、上り(いわき方面)は竜田駅まで代行バス

この上下線のホームに作られた線路をまたぐ鉄製の通路が、早くなくなることを祈ります

70%-2017_0415_113119

70%-2017_0415_113013


閉鎖されたままの病院

70%-2017_0415_112506

荒れたグラウンド

70%-2017_0415_112550

まだまだ人が戻ってきていない町

70%-2017_0415_113729

休業していた銀行が6月から再開されるという明るいニュース(福島民友 2017年4月20日)

2017_0426_162228-1

町役場の南側に2016年10月、新たな交流拠点として誕生した「まち・なみ・まるしぇ」へ

70%-2017_0415_121051

河北新報のニュース(2016年10月28日)

iwakisitoono201704-12

70%-2017_0415_115929

70%-2017_0415_114302

浪江焼麺太国アンテナショップは定休日でした

なみえ焼きそば、食べたかった・・・残念困った

70%-2017_0415_114256


↓画像クリックで拡大表示

iwakisitoono201704-13-1

本場の味が食べられなかったので、ミッセなみえ(浪江町商工会)さんで、袋タイプのなみえ焼きそばを買いました

70%-2017_0415_115102

もうひとつ、ここで買ったのが、漁匠鈴栄のちりめんと小女子佃煮

弊社は明治20年代頃より代々福島県浪江町請戸港で活魚・鮮魚出荷及びちりめん加工を行ってまいりましたが
先の東日本大震災により工場・家屋が全壊、同時に福島第一原子力発電所の事故も伴い約5年間休業していました。今回、名取市復興事業により平成28年4月、同市閖上水産団地内に水産工場を新設し事業を再開いたしました。

浪江町の工場が全壊し、2016年(平成28年)4月に名取市の閖上(ゆりあげ)で事業を再開したお店

お店の所在地が「閖上」と書いてあって、驚きました

偶然ですが、閖上で家族3人を亡くした友人から、この福島遠征に出かける直前に、久しぶりに電話があった
「今、仙台の国分町で飲んでいるけど、元気にやっていますか」と、陽気に酔っぱらった声
元気ですかと声をかけなければならないのは、こちらなのに・・・逆に元気をもらいました
閖上の朝市も復活して、賑わいを取り戻しているらしい
3年前に行ったきりで、しばらくご無沙汰してしまって・・・・・今度は仙台遠征を計画して再び訪ねてみようと思う

70%-2017_0415_115115

リラクアさんでは、珍しいウイスキー見つけました

70%-2017_0415_115745

70%-2017_0415_115642

福島県産のウイスキー「963」

郡山の笹の川酒造で作っているそうです 名前の「963」は郡山市の郵便番号だとかびっくり

70%-2017_0415_115650




町役場の駐車場、桜が満開でした

70%-2017_0415_120052

70%-2017_0415_120503

70%-2017_0415_120337

70%-2017_0415_120556

70%-2017_0415_120019

70%-2017_0415_120320

津波が押し寄せた海沿いの地域

6年間、時間は止まったまま

70%-2017_0415_122223_thumb[1]

70%-2017_0415_122346_thumb[1]

70%-2017_0415_122422_thumb[1]

70%-2017_0415_122409

70%-2017_0415_122240

70%-2017_0415_122235

70%-2017_0415_121737

70%-2017_0415_123108

70%-2017_0415_123104

70%-2017_0415_122632

70%-2017_0415_122855

70%-2017_0415_123359




帰りは、国道6号線で浪江町から双葉町・大熊町・富岡町・楢葉町・広野町を通過して、いわき市に戻ります

現在、自動車は通行証がなくても国道6号線の通行が可能となっていますが、二輪・原付・軽車両・歩行者の通行はできません 

70%-2017_0415_124249

70%-2017_0415_124350

スクリーニング場

帰還困難区域へ一時立ち入る場合に、ここで立入許可証の確認とともに、車内の検査と我々人間への検査をします

70%-2017_0415_124423

帰宅困難区域、道路沿いのお店はすべて閉鎖

70%-2017_0415_124649

70%-2017_0415_124652

70%-2017_0415_125319

左に行くと、福島第一原子力発電所

70%-2017_0415_125147

70%-2017_0415_125159

道路脇の民家の入り口にはすべてバリケードが

70%-2017_0415_125722

浪江町の町役場にかかっていた横断幕には、「再スタート なみえまち」・・・・と書かれていました

東日本大震災の発生から6年
現在の状況はテレビなどの報道でしか知ることはありませんでしたが、
今回は一部の地域に限定されるものの、その実態を五感で感じたという気がします

未だに復興のめどが立たない地域や、ようやくスタートラインについたばかりの地域があることを、
決して忘れてはならないと思いました

東日本大震災による福島県の被害状況(2017年3月31日現在)
死者:3,967人
行方不明:3人
住宅 全壊:15,218棟、半壊:80,637棟、一部破損:141,179棟
避難者数:71,173人



ふくしま復興ステーション(復興情報ポータルサイト)福島県

bn_fukkou_s



避難地域12市町村の詳細 [ふくしま復興ステーション]
 各市町村ごとに、避難者の状況・市町村役場 (仮庁舎等の設置状況)・区域の設定状況・復興計画(ビジョン)の策定状況
 除染・公共交通機関(鉄道・バス等)・商業施設(商店、スーパー等)・教育・医療・福祉・住民意向調査等・・などが
 掲載されている

避難地域12市町村のHP

南相馬市浪江町双葉町大熊町富岡町楢葉町
広野町飯舘村川俣町葛尾村田村市川内村

 


iwakisitoono201704-14
iwakisitoono201704-14-1

iwakisitoono201704-15

 福島民友 みんゆうNet:震災・原発関連ニュース

福島民報:東日本大震災ニュース

河北新報 ONLINE NEWS:原発事故・放射線ニュース

1日目その2へ戻る  2日目その2へ続く

いわき市遠野オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/04/28(金) 23:51:59|
  2. いわき市遠野オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

テントの中で冬を越したのは誰だ? 【いわき市遠野オートキャンプ場】

福島遠征2017ーFile No.2

1日目その1へ戻る  2日目その1へ続く


2017年4月14日(金)2日目 テントの中で冬を越したのは誰だ? 
【いわき市遠野オートキャンプ場】

勿来関をあとにして、キャンプ場へ向います

iwakisitoono201704-7-1

道沿いの桜は、満開

70%-2017_0414_113256

70%-2017_0414_113311

70%-2017_0414_113843

70%-2017_0414_114000


[広告] VPS

12時前に、いわき市遠野オートキャンプ場に到着です

通常のチェックイン時間は14時ですが、この時期は12時からINできると予約時に聞いていました
このキャンプ場には、高台にある電源付・水場付のオートキャンプサイトと、川に近い電源なしのキャンプサイトがあって
当初は、キャンプサイトに予約を入れていたけれど、キャンプサイトは比較的狭く、日当たりもあまりよくない、
それに3泊の予定なのでやはり電源(スマホ等の充電)が必要だということで
チェックインの時にオートキャンプサイト変更してもらいました

サイトは「空いているので自由に選んで下さい」とのこと
オートキャンプサイトをぐるっと一周回って、広くて管理棟のトイレにも近いサイト、20番サイトを選択

(このキャンプ場のオートキャンプサイトは、下の図でもわかるとおり、サイトによって形状と広さが異なります)

iwakishitoono-4-1

駐車スペースを除いて100㎡以上ある広いサイトです

70%-2017_0414_121614

70%-2017_0414_123354

オートキャンプサイトは、各サイトに電源コンセントと水場がついていて、まさに高規格
これで料金は施設使用料(サイト料)が¥4,320、基本使用料が大人1名1泊¥430、二人で合計¥5,180です

70%-2017_0414_123416

設営前に、コンビニ弁当の昼食

70%-2017_0414_121623

70%-2017_0414_121650

今回の装備

リビシェル君4号(ランブリ4)、サイトが広い場合は連結、狭い場合は、4号のインナーをリビシェル君の中へ

暖房装備は、フジカ君アウトドアヒーター遠赤ヒーターアタッチメント、そして湯たんぽ
もう春になったとはいえ、天気予報では朝夕に気温が3~5℃になるようなので、暖房装備は必要でした

それに冬には使わなかった装備として、虫よけグッズを追加
キャンプ場のスタッフの方からも、「暖かくなってきてブヨなどの虫が出始めたので注意して下さい」とのことでした

 

設営開始です

70%-2017_0414_125526

リビシェル君のスリープにポールを通そうとすると、スリープの中に何匹かのカメムシ君が・・・びっくり

冬前にリビシェル君を張ったのは、
2016年11月にForesters Village Kobitto フォレスターズビレッジコビットへ行ったときだから
その時のカメムシ君が、リビシェル君の中で冬を越していたのですねがっかり

70%-2017_0414_130101-1

設営完了です

冬はずっとカイオワ君を使っていたので、リビシェル君と4号の連結、なんだか新鮮な感じ

70%-2017_0414_150821

70%-2017_0414_150907

70%-2017_0414_150845

70%-2017_0414_153545

70%-2017_0414_153601

設営が終わってから、場内を散歩

管理棟近くのソメイヨシノは満開

70%-2017_0414_152729

70%-2017_0414_151439

70%-2017_0414_152703

キャンプ場のそばを流れる入遠野川

70%-2017_0414_151903

川沿いも満開

70%-2017_0414_152334

70%-2017_0414_152414

川沿いには、ログハウスなどの宿泊棟

70%-2017_0414_151655

70%-2017_0414_151823

宿泊棟の前が、最初に予約していたキャンプサイト
施設使用料は¥2,160、オートキャンプサイトの半額
季節にもよると思うけれど、高台のオートキャンプサイトに比べて日当たりが良くないですね
1区画の平均が約5m×6m(テントが張れる有効面積)で、オートキャンプサイトと比較して狭いです

70%-2017_0414_151919

70%-2017_0414_152113

初めて見たリアルタイム線量計
(主に子供の生活空間の放射線量率を監視するために、福島県内の学校や保育所、公園等に3,099台設置されているようです)

70%-2017_0414_152818

今夜の晩御飯 

70%-2017_0414_184032

しらすのアヒージョ、最近のお気に入りです

70%-2017_0414_183836

70%-2017_0414_183902

70%-2017_0414_184259

豚肉のせいろ蒸しと野菜の塩麹蒸し

70%-2017_0414_183807

70%-2017_0414_182050

70%-2017_0414_182045

夜は結構冷えました  フジカ君、持ってきて正解でした

70%-2017_0414_182523

70%-2017_0414_185143

70%-2017_0414_182505

少し薄雲がかかっていましたが、綺麗な星空
場内の常夜灯が結構明るくて・・・星空撮影にはちょっと残念

70%-2017_0414_210145

70%-2017_0428_005432

70%-2017_0428_005528

70%-2017_0414_211130

70%-2017_0414_211409

一泊目は僕らの他にキャンパーは一組だけ・・・とても静かな夜でした

明日は、今回の旅の目的のひとつである、あの場所に行きます

天候  晴れ  最高気温22.0℃ 最低気温1.8℃ 平均風速3.2m


1日目その1へ戻る  2日目その1へ続く

いわき市遠野オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/04/27(木) 23:40:38|
  2. いわき市遠野オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

勿来関を越えて 【いわき市遠野オートキャンプ場】

Prologue・・・・2017年4月、福島の桜を見るため、そしてもうひとつの目的のために、福島遠征をしてきました        
        (キャンプ場3ヶ所8泊、コテージ1泊、旅館1泊、ビジネスホテル1泊、合計11泊12日間) 


福島遠征2017ーFile No.1


2017年4月14日(金)1日目その1  勿来関を越えて【いわき市遠野オートキャンプ場】

iwakisitoono201704-1-1

iwakisitoono201704-3-1


6:50 浅草出発 距離200km

iwakisitoono201704-5

隅田川沿いの桜も、まだ頑張っているかな

70%-2017_0414_070013

70%-2017_0414_070127

首都高速から常盤道へ

70%-2017_0414_070333

70%-2017_0414_071325

常盤道沿いの桜は今が満開

70%-2017_0414_071925

7:30 守谷SA(pasar 守谷)で朝食

70%-2017_0414_072210

70%-2017_0414_080118

70%-2017_0414_073625

前にここに来たときは、これを食べたけれど・・・

70%-2017_0414_072859

今回はパスです やはりお値段が・・・ね

70%-2017_0414_073406

こんな東京土産を見つけました

70%-2017_0414_075241

70%-2017_0414_075301

左手に筑波山

70%-2017_0414_082127

常盤道の沿道には、桜が多いです

70%-2017_0414_083648

70%-2017_0414_083652

8:37 友部JCT

70%-2017_0414_083730

70%-2017_0414_085508

70%-2017_0414_085915

9:15 北茨城の中郷SAで休憩

70%-2017_0414_091233

70%-2017_0414_091146

SAの中にある園地には、北茨城出身の野口雨情の詩碑がいくつかありました

70%-2017_0414_092721

70%-2017_0414_092339

70%-2017_0414_092423

70%-2017_0414_092659

9:40 北茨城ICを出て、勿来関へ向かいます

70%-2017_0414_093957


iwakisitoono201704-6-2

70%-2017_0414_095903

10:00 勿来関に到着

70%-2017_0414_100118

70%-2017_0414_100129

勿来関(なこそのせき)

古代の常陸(ひたち)国と陸奥(むつ)国の海沿いの境にあった海道(東海道)の関所。白河(しらかわ)、念珠(ねず)とともに奥州三関の一つ。その創置ははっきりしないが、835年(承和2)の太政官符(だいじょうかんぷ)によれば、そのときから400年余り前に置かれたとされている。初め菊多(関)(きくたのせき)とよばれたが、やがて勿来関とよぶようになったらしい。「な来(こ)そ」(来てはいけない)の意をかけて用い、当時の歌などに詠まれ、広く世に知られるようになった。なかでも、後三年の役の帰路、源義家(よしいえ)が詠んだという「吹く風をなこその関とおもへども道もせに散る山桜かな」(『千載集(せんざいしゅう)』)の歌は有名である。その遺跡は現在、福島県いわき市勿来町関田字関山の地とされているが、確かではない。

70%-2017_0414_103640

吹く風をなこその関と思へども道もせにちる山桜かな   源義家

【通釈】「来る勿(なか)れ」という名の勿来の関なのだから、吹く風も来ないでくれと思うのだが、
道を塞ぐほどに山桜の花が散っているよ。

70%-2017_0414_103738

70%-2017_0414_103548


みるめ刈る海女の往来の湊路に勿来の関をわれ据ゑなくに 小野小町

【通釈】お通いになるのが間遠になってしまわれましたが、海松(みる)藻(め)を刈り取る海人(あま)が行き来する湊路(私の心を奪ってしまったあなたが通ってくる道)に、もう来ないでという関所など、私は設けてはおりませんのに。

70%-2017_0414_101348

70%-2017_0414_103214


いわき市勿来関文学歴史館

70%-2017_0414_101214

70%-2017_0414_102703

勿来関、実際に関所があったかどうかは未詳

京の都から遠く離れたこの地、歌枕として多くの歌人に詠まれていたけれど、

実際にここまで来た歌人は少ないと言われている

なんとも不思議な地「勿来関 なこそのせき」

満開の桜が、遙か古代の風景を想像させてくれました

70%-2017_0414_101029

70%-2017_0414_101004(1)

70%-2017_0414_100859

70%-2017_0414_102736

70%-2017_0414_102818

70%-2017_0414_104012

70%-2017_0414_104432

70%-2017_0414_104340

70%-2017_0414_104557


勿来関 パンフレットなど

2017_0426_105519.jpg     2017_0426_105740.jpg
2017_0426_110647.jpg2017_0426_110751.jpg
2017_0426_111002.jpg2017_0426_110944.jpg

1日目その2へ続く

ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/04/26(水) 22:39:16|
  2. いわき市遠野オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

焚き火三昧の日

昼からずっと焚き火













そろそろ東京に帰ります

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/04/23(日) 21:00:53|
  2. あぶくまキャンプランド

あぶくま高原、待ち遠しい新緑の頃

今日は、キャンプ場で一日中のんびり



あぶくまキャンプランドの営業部長クマちゃんにも、ご挨拶させていただきました






新緑の季節が待ち遠しいですね

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/04/22(土) 17:56:18|
  2. あぶくまキャンプランド

ずっと気になっていたキャンプ場へ

三春町をあとにして、再び小野町へ

以前から、ずっと気になっていたキャンプ場
あぶくまキャンプランドにやってきました







関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/04/21(金) 23:50:19|
  2. あぶくまキャンプランド

夜の三春滝桜

今夜の宿は、三春町のコテージ

夜に三春滝桜を見に行くために、事前に予約していた

コテージの前は、仮設住宅です

三春滝桜、ライトアップ

ライトアップが終わり

星が出るのを待っていましたが、今夜は曇り空、小雨模様になって、残念でした


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/04/20(木) 23:28:35|
  2. 三春の里田園生活館コテージ

三つの花が同時に咲く町、三春町

18日

小野町の緑とのふれあいの森公園オートキャンプ場に

やってきて、強い風の中、設営

19日、強風警報発令

予報では、風速16mらしい

朝からテントをたたんで、管理棟の中の和室で寝かせてもらうことに

桜と梅と桃の三つの花が同時に咲くという三春町へ
三春の滝桜
町のいたるところが、白やピンクに染まっています
関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/04/19(水) 22:13:31|
  2. 緑とのふれあいの森公園オートキャンプ場

枝垂れ桜花番付

桜の園 福島には、枝垂れ桜の番付表があります

枝垂れ桜は、これからが本場所ですね

小野町のこまち桜回廊の桜は、これからが開花かな

今夜はキャンプ回避

小野町の小さな旅館で、爆弾低気圧をやり過ごします

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/04/17(月) 23:38:15|
  2. ●旅日記

桜の品種はいくつあるのかな?

キャンプ場には、いくつかの種類の桜が咲いています

まだ、つぼみが固い桜

開花したばかりの桜

満開の桜

今日は、暖かくてとても良い天気

明日は、夜から荒天になる天気予報

明日の午前中には撤収して、

小野町の旅館で低気圧をやり過ごす予定です

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/04/16(日) 13:02:47|
  2. いわき市遠野オートキャンプ場

本当の「春」はまだ遠いのでしょうか?

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/04/15(土) 18:58:15|
  2. いわき市遠野オートキャンプ場

桜前線を追いかけて

今日から福島遠征スタートです

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/04/14(金) 17:20:29|
  2. いわき市遠野オートキャンプ場

MONORAL Wireflame モノラル ワイヤーフレーム

MONORAL Wireflame モノラル ワイヤーフレーム



「連れて歩く焚き火台」と言われる、特殊耐熱クロスを用いた折り畳み焚き火台

70%-2016_0930_172358


焚き火台は二つ持っていて、長年連れ添っているのが、snow peak Fireplace L  スノーピーク 焚火台L

70%-2017_0320_060619


そしてもう一つが、Tentipi Fire Box Hekla 30 テンティピ ファイアボックス Hekla 30

70%-2017_0320_060620

いずれもとても気に入っている焚き火台であることは間違いないのだけれど
コンパクトさとか、使用後の片付けという面では、もうひとつ・・・イヤミ


2016年9月北海道長期遠征出発前のキャンプ装備の検討において、
コンパクトに収納可能で、使用後の片付けも簡単にできる焚き火台が欲しいということで
このモノラルのワイヤーフレームを購入したわけです
(実際の遠征では、スノーピークの焚火台Lは持参せず、テンティピ ファイアボックスとモノラル ワイヤーフレームを持参)

φ9×L37cmの小さなケースに全てが収納可能

70%-2016_0826_094227

70%-2016_0826_094057

70%-2016_0826_093830

重量は980gと、とても軽量

ちなみに、スノーピークの焚き火台Lは5.3kg

70%-2016_0826_093356

組立はとても簡単

二つの折り畳み式アームを

70%-2016_0826_100031


70%-2016_0826_095210

70%-2016_0826_100019

70%-2016_0826_100002

それぞれこのように開いて

70%-2016_0826_095237


ふたつのアームを接続して

70%-2016_0826_095320_thumb[1]

70%-2016_0826_095327_thumb[1]

70%-2016_0826_095502_thumb[1]

70%-2016_0826_095513_thumb[2]

アームの接続組み立て完了

70%-2016_0826_095610

70%-2016_0826_095039

火床となる特殊耐熱クロスのワイヤーを、アームにひっかけて吊るします

70%-2016_0826_095650

70%-2016_0826_094933

70%-2016_0826_094920

組立完了です

70%-2016_0826_094837

火床とアームが直接接していないため熱が伝わらないので、薪が燃えている状態でもフレームを持って移動可能です

片付けの時も、火さえ消えていれば冷めるのを待つことなく、灰捨て場にそのまま持っていって灰を捨てることが出来ます


軽量コンパクト、組立も簡単、片付けもスピーディな焚き火台です・・・・・・が
ひとつだけ知っておかなければならない事があります

特殊耐熱クロスは消耗品であるということです

※特殊耐熱クロスは消耗品です。加熱による劣化にともない交換する必要があります。
 想定使用時間:約50時間。(注)耐久時間は目安です。使用する薪の種類や火力など実際の使用状況によって、
より短時間で交換が必要になる場合があります。使用時間を保証するものではありません。
交換には「MT-0012 焚き火クロス交換用」をお求めください。


特殊耐熱クロスの穴が小さいときは、そのまま使ってましたが、これだけ穴が大きくなるとやはり交換でしょうね
約40~50時間の使用で、これだけの穴が開きました
結構激しく薪を燃やした時もありましたので、もう少しおとなしく火を燃やしていたならば
これほどまでにならなかったかもしれませんが・・・・??  


70%-2017_0412_205438

表側

70%-2017_0412_205628

裏側

70%-2017_0412_205613

特殊耐熱クロスは税込みで¥4,104
特殊耐熱クロスに代えて使用できる、ステンレスメッシュ製の火床も販売されてはいますが・・・
メッシュだと薪の燃え方も違うし、僕らに少し合わないかな



ワイヤーフレームのフィールドデビューは、北海道のアポイ山麓ファミリーパークキャンプでした

70%-2016_0902_221551 (4)-2

70%-2016_0903_180724-1

 

焚き火で本格的に暖を取りたい時、焚き火で調理をする時などは、
スノーピーク 焚火台Lや、テンティピ ファイアボックスに活躍してもらいますが
焚火の炎だけを静かに眺めていたいという時には、このワイヤーフレームが僕らには最適です

70%-2016_1001_064837

70%-2016_1001_091045

70%-2016_0930_174731

70%-2016_1001_173707

70%-2016_1205_163903-1

70%-2016_1206_062940

70%-2016_1206_062904

70%-2017_0128_105233

70%-2017_0218_145051-1

70%-2017_0305_062055-1

70%-2017_0303_183729

70%-2017_0318_053236 (2)

70%-2017_0318_053236 (4)

70%-2017_0318_053236 (5)

70%-2017_0318_053236 (6)

70%-2016_1206_170043

焚き火の炎は、人に安らぎを与えてくれます

原始の時代からの人間の性かもしれませんね




焚き火グッズINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/04/12(水) 22:03:12|
  2. 焚き火グッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Dietz #78 Hurricane Lantern Brass デイツ #78 ハリケーン ランタン ブラス

Dietz #78 Hurricane Lantern Brass  デイツ #78 ハリケーン ランタン ブラス


あるところからプレゼントとしていただいたDietz社のハリケーンランタン

特別限定仕様の真鍮製クリアー塗装仕上げのランタンです

2017_0408_105722-1

Dietzとは・・・・

R.E. Dietz Company Limited (DIETZ)社はMr. Robert Edwin Dietzにより米国ニューヨークに1840年に設立されました。当時は鯨油を使うランプが一般的でしたが、石油の採掘が開始され徐々に灯油ランプが登場します、デイツ社はこのころいち早く石油ランプの製造をはじめ平芯を使うランプを市場に投入しました。また良く知られている灯油を使うランタンの製造も始めました。
この技術は画期的で暴風雨の中でも使える特徴的な現在のハリケーンランタンにも反映されております。
1840年に設立されて以来、デイツ社は絶え間ない市場の要求、また安全性に対しての商品の改善と開発に取り組んできました。
またデイツ社はランタンの生産に致して多大な最先端の技術を貢献したもっとも大きな会社のひとつです。それらは多くの過ぎ去った前世紀の特許の取得と数々と、多くの栄えある賞の受賞によってうかがえます。
市場の拡大に対応しコストを削減するためにデイツ社は1956年にニューヨークから香港に移ります、その後1988年に中国に移ります。
現在では本部を香港に置き工場は中国本土の生産になりましたが、設立以来の品質と機能にこだわったポリシーは連綿と引き継がれております。

 DIETZ 78-1DIETZ 78-2


バーナー、調整つまみ、タンクキャップ、ハンドルのすべてに至り真鍮が贅沢に使われています

2017_0408_110448

2017_0408_105959

2017_0408_110319

2017_0408_110454

2017_0408_110228

2017_0408_110150

2017_0408_110424

2017_0408_110004

2017_0408_110040

2017_0408_110304

2017_0408_110405

2017_0408_110205

2017_0408_110831

収納は、コールマンのランタンケースMサイズを使っています

2017_0408_110740


2017_0408_110832 (8)

2017_0408_110832 (15)

2017_0408_110832 (11)

2017_0408_110832 (14)

2017_0408_110832 (16)

2017_0408_110832 (9)

2017_0408_110832 (10)

2017_0408_110832 (17)

2017_0408_110832 (20)

2017_0408_110832 (18)

Den Haan Rotterdam社のアンカーランプやE Thomas & Williams 社マイナーランプとともに

エイジングを楽しみながら使っていきたい逸品です

2017_0408_110832 (5)




 照明器具INDEXはこちらへ

ページトップへ戻る

*写真の中の数字「#76」は記載誤りです  正しくは「#78」

 

北海道長期遠征2016のレポも更新中

北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/04/09(日) 23:53:15|
  2. 照明器具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

i-Rbase STACK 収納BOX hinge-woodcover

i-Rbase STACK 収納BOX hinge-woodcover


国産天然無垢材の収納ケースです 僕らは食器類の収納に使っています

70%-2016_1128_211655

僕らの食器類の収納ケースの変遷

一番最初はLL-Beanのトートバック
70%-2017_0112_131129
二番目は、フタ付きインナーボックス(段ボール製)
70%-2017_0112_131130
三番目は、Fitsケース
70%-2017_0112_131131
四番目は、自作したワインの木箱ケース
70%-2017_0112_131132
五番目は、藤の収納ケース
70%-2017_0112_131133 (2)
 




そして、現在使っているのがこれ

70%-2016_1129_120713

上部の蓋を開けると、仕切りの中板が見えます

70%-2017_0112_131107

この仕切りの中板は、取外しができます

70%-2017_0112_131005

70%-2017_0112_131126

正面からも開けることが出来ます

70%-2017_0112_130852

上からも正面からも開けることができて、とても便利ですね

70%-2017_0112_131127

【サイズ】  高さ325㎜×長さ約450㎜×奥行305㎜ 
   内寸法
   長さ約400㎜×奥行約270㎜  高さ約300㎜(下段約205㎜ 上段約85㎜)
     前面扉開口部
   高さ約200㎜ 巾約400㎜

【重さ】約3.8kg

【素材】奥出雲産杉・桧及び国産杉・桧材

【生産国】日本 奥出雲

70%-2017_0112_130609

木のぬくもりがお気に入りです


収納・棚 INDEXはこちらへ

ページトップへ戻る

 

北海道長期遠征2016のレポも更新中

北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/04/07(金) 23:44:40|
  2. 収納
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

mont・bell Chronos Dome 2  モンベル クロノスドーム 2型

mont・bell Chronos Dome 2 モンベル クロノスドーム 2型

 

カイオワ君の中で使うインナーとして購入を検討したテント

インナーなら、エルフィールドデュオPro.を使えばいいのだけれど、
構造上中心のポールが邪魔になり、テーブルを置く場所が狭くなってしまう

そこで、SPのインフレータブルマットが二つ並べられるサイズで、ポールの構造がデュオと異なるもの、
この2点を選ぶ基準とした

ということで、選んだテントがこちら

サイズが長方形(230cm×130cm)なので、SPのインフレータブルマット (サイズ:193㎝x63.5㎝)が
二つすっぽりと収まります
そして、カイオワ君の奥にデッドスペースなくきっちりと入り、かつ、補助ポールもないので、
インナーとセンターポールの間に、SPのワンアクションローテーブル竹を置くスペースができました


70%-2017_0129_095436

 

70%-2017_0329_161849

ポールを直角に交差させるという独自のバーティカル・クロス・システム

70%-2017_0329_161909

70%-2017_0329_161903

70%-2017_0329_161915

70%-2017_0329_161915-1

前室はこんな感じ

70%-2017_0329_152815_thumb[1]

70%-2017_0329_161350_thumb[1]

70%-2017_0329_161915-2_thumb[1]

 

70%-2017_0329_152912_thumb[1]

70%-2017_0329_161915-3_thumb[1]

70%-2017_0329_152846

70%-2017_0329_152945

70%-2017_0329_161915-4

70%-2017_0329_152906

70%-2017_0329_152755

70%-2017_0329_161916-6

【素材】
■キャノピー:68デニール・ポリエステル・タフタ[通気撥水加工、難燃加工]
■フロア:70デニール・ナイロン・タフタ[耐水圧2,000mmウレタン・コーティング、難燃加工]
■フライシート:75デニール・ポリエステル・タフタ[耐水圧1,500mmウレタン・コーティング、難燃加工]
■ポール:7001超々ジュラルミン[アルマイト酸化皮膜加工] (ポール径)φ8.5mm
【本体重量】2.18kg(2.43kg) ※( )内はペグ、張り綱、スタッフバッグを含む総重量です。

取扱説明書

2017_0215_105215.jpg   2017_0215_105352.jpg2017_0215_105431.jpg2017_0215_105458.jpg
2017_0215_105542.jpg 2017_0215_105638.jpg




テント・タープINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る


北海道長期遠征2016のレポも更新中

北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/04/06(木) 21:16:03|
  2. テント・タープ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

花より弁当 桜散歩道

花より弁当 桜散歩道


4月5日

東京では満開宣言が出たけれど、隅田川の桜はもうひとつ
でも、晴れの日は今日だけで、明日からは曇り空が続くらしい

「いついくの? 今日でしょ」・・・ということで、浅草の松屋でお花見弁当買って、隅田公園へお花見に

70%-2017_0405_135047-1

70%-2017_0405_131140

70%-2017_0405_131142

70%-2017_0405_131222

70%-2017_0405_131248

70%-2017_0405_131630

70%-2017_0405_131639

70%-2017_0405_131333

70%-2017_0405_135239

70%-2017_0405_142932

70%-2017_0405_142019(1)

お花見弁当のおこぼれを狙ってますよ

70%-2017_0405_140257

70%-2017_0405_142500

70%-2017_0405_143258

70%-2017_0405_143035

70%-2017_0405_143209

久しぶりに牛島神社でお参り

70%-2017_0405_143457

70%-2017_0405_143856

長命寺桜もち、長蛇の列ですね

70%-2017_0405_145022

隅田公園少年野球場、王選手はここで育った

70%-2017_0405_145318

70%-2017_0405_145332

70%-2017_0405_145528

今年もお店出てました 向島墨堤組合

70%-2017_0405_145852-1


70%-2017_0405_150422-1

70%-2017_0405_151504

町内会の人たちが出しているお店なので、良心的な料金です

70%-2017_0405_145704

屋形船の姉さん、踊ってる?

70%-2017_0405_150358

午後、時間が経つにつれて曇ってきた

70%-2017_0405_152306

贅沢だけれど、桜には青空と降り注ぐ太陽の光が欲しい

70%-2017_0405_152322

勝海舟も心なしか元気がない

どうも、今年の桜はパッとしないような

70%-2017_0405_152518

水辺ラインも超満員ですね

70%-2017_0405_152929

ヒミコ、恰好いいです

70%-2017_0405_153018

人力車、今日は書入れ時

70%-2017_0405_153122

ハーモニカおじさん、いい音色です

70%-2017_0405_153209

70%-2017_0405_153242


70%-2017_0405_153408

最近、ご無沙汰してます

70%-2017_0405_153645

あれ? 書き入れ時と思ったけど、空車が目立つね(笑)

70%-2017_0405_153719

亀十はあいかわらずの行列でした

70%-2017_0405_153745

おっと、もう三社ののぼりが・・・江戸っ子は気が早いね

70%-2017_0405_154015

70%-2017_0405_154449


外国からの観光客ご用達

70%-2017_0405_154240

外に行列がない浅草牛かつ、初めてみた

70%-2017_0405_154417

僕らご用達のスーパーおおぜき、「超級市場」だそうです??

70%-2017_0405_154329

浅草は、いつもながらの人・人・人でした

70%-2017_0405_153859


2016年 隅田川の桜

2015年 隅田川の桜

2014年 隅田川の桜


ページトップへ戻る




関連記事

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/05(水) 22:42:12|
  2. ●僕らの住処 浅草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

かずさオートキャンプ場  やっと青空が・・・

かずさオートキャンプ場  やっと青空が・・・


二日目へ戻る
  


三日目(4月2日

撤収の日、やっと青空が

70%-2017_0402_130509

70%-2017_0402_091752

70%-2017_0402_091758

70%-2017_0402_091823

宴会用のランステ、みなさんにお手伝いいただいて、泥で汚れたスカートも綺麗になりました
おまけに、乾燥した幕をきれいにたたむところまでお任せしてしまい、大変お手数をおかけしました
ありがとうございました

 

桜が咲くのは来週末かなスマイル

70%-2017_0402_130608

 

キャンプ場を後にして、またまた喜楽飯店へ

kausa201703-05-1

2017_0402_131709

お昼からガッツリいただきました

2017_0402_1321322017_0402_132434
2017_0402_1321382017_0402_132234

kausa201703-04-1

久留里駅、ちょうど列車が来たので・・・

70%-2017_0402_134412

70%-2017_0402_134612

久留里観光交流センター前の久留里の名水

沢山の人が名水を汲みにきてました

70%-2017_0402_135122

70%-2017_0402_135109

70%-2017_0402_135036



JAきみつ味楽囲おびつ店
に寄って、野菜を仕入れます

kausa201703-06-1

ここの野菜は安くて新鮮!!

70%-2017_0402_140231

70%-2017_0402_141604

70%-2017_0402_140541

70%-2017_0402_140550

70%-2017_0402_140806

70%-2017_0402_140820

70%-2017_0402_140854

おやつに、お豆腐のドーナツ

70%-2017_0402_141521_thumb[1]

70%-2017_0402_141515_thumb[1]

帰りもアクアラインで

70%-2017_0402_145946

70%-2017_0402_150012

お花見は出来ませんでしたが、楽しいキャンプになりました

ご一緒したみなさん、本当にありがとうございました

また、遊びましょう


二日目へ戻る


かずさオートキャンプ場 キャンプ場情報はこちら

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/04/02(日) 23:04:39|
  2. かずさオートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

かずさオートキャンプ場  ずっと雨なので・・・

かずさオートキャンプ場  ずっと雨なので・・・


一日目へ戻る
  三日目へ続く


二日目(4月1日

昨日の午後からずっと降り続いている雨

70%-2017_0401_151449

70%-2017_0401_151422

70%-2017_0401_151407

6号を設営したところには水たまりが出来て、前室は半分が水浸し号泣

ランステの出入口もドロドロだし

70%-2017_0401_151022

70%-2017_0401_151218

しだれ桜、つぼみ固し

70%-2017_0401_151236

10時過ぎに、君津の森の日帰り入浴へ

午後にはカズ&マリーさんも合流

薪ストーブガンガン焚いて、武井君も全開

ポカポカのランステの中で飲んで食べますよ

70%-2017_0401_174823

70%-2017_0401_175652



お昼の部

まずは、ベジタブルファーストでヘルシーにいきましょうウインク

70%-2017_0401_130733

70%-2017_0401_130723

次、炭水化物いきま~~す

70%-2017_0401_130712

70%-2017_0401_130755

70%-2017_0401_131715

70%-2017_0401_131707

出た~~~ 脂質

みんな大好き唐揚げです

70%-2017_0401_133351

70%-2017_0401_133549

次、アルコールの出番ですよ

70%-2017_0401_150912

70%-2017_0401_151529

桜日和、いい名前ですよねびっくり

70%-2017_0401_212625

70%-2017_0401_140934-1

70%-2017_0401_140812

 

70%-2017_0401_150928

70%-2017_0401_174808

70%-2017_0401_175712


夕方近くになってやっと雨があがったようです

70%-2017_0401_151049

70%-2017_0401_150938

70%-2017_0401_150904


少しだけ休憩時間  そして料理の準備時間をはさんで、夜の部に突入です



スペアリブ、これを食べるとビールが欲しくなります

70%-2017_0401_185419

70%-2017_0401_184640

春菊のサラダ  生の春菊を食べるのは初めて この食べ方Goodです

70%-2017_0401_184616

70%-2017_0401_184605

豪勢な刺身盛りびっくり

70%-2017_0401_185718

チキンのトマトクリーム煮、カズキッチンまたまた全開でしたよ

70%-2017_0401_200140

僕らからは、菜の花としらすの混ぜご飯  桜の花びらでちょっとだけお花見気分

70%-2017_0401_184820

70%-2017_0401_184747

そして、フルーツたっぶりのデザート

70%-2017_0401_202222

70%-2017_0401_182923

70%-2017_0401_182836

70%-2017_0401_181932_thumb[1]

70%-2017_0401_182842_thumb[1]

70%-2017_0401_181922_thumb[1]

おっと、出ました ドラえもん!! 待ってました爆笑

70%-2017_0401_185551_thumb[1]

お花見キャンプ、転じて 普通の飲み会キャンプ それもずっと雨の中

それでも、キャンプ仲間と飲む酒は最高でした

全部を紹介できませんでしたが、もちろん料理も最高!!!  ご馳走様でした

花より団子、花よりお酒・・・ということで、今年のお花見キャンプ夜の部は終了です



天候 雨のち曇り  最高気温7.0℃ 最低気温4.4℃ 平均風速2.2m

一日目へ戻る  三日目へ続く



かずさオートキャンプ場 キャンプ場情報はこちら

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/04/01(土) 23:20:59|
  2. かずさオートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

Kaoru&Beet

Author:Kaoru&Beet
Kaoru君とBeet君のキャンプ日記へようこそ!

PCカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

INDEX

Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

CATEGORY

月別アーカイブ

2017年 11月 【13件】
2017年 10月 【29件】
2017年 09月 【33件】
2017年 08月 【25件】
2017年 07月 【19件】
2017年 06月 【23件】
2017年 05月 【34件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【21件】
2017年 02月 【24件】
2017年 01月 【28件】
2016年 12月 【56件】
2016年 11月 【32件】
2016年 10月 【27件】
2016年 09月 【29件】
2016年 08月 【23件】
2016年 07月 【29件】
2016年 06月 【29件】
2016年 05月 【21件】
2016年 04月 【23件】
2016年 03月 【22件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【30件】
2015年 12月 【29件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【30件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【24件】
2015年 02月 【25件】
2015年 01月 【17件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【23件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【21件】
2014年 04月 【12件】
2014年 03月 【24件】
2014年 02月 【17件】
2014年 01月 【18件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【19件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【14件】
2013年 07月 【24件】
2013年 06月 【12件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【16件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【13件】
2013年 01月 【14件】
2012年 12月 【18件】
2012年 11月 【16件】
2012年 10月 【17件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【9件】
2011年 09月 【2件】

最新コメント

リンク


Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1


あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

WOM CAMP ロゴ2

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR