Kaoru君とBeet君のキャンプ日記

キャンプ日記、キャンプ道具、旅の記録、街歩きとグルメなどを書いています。

休暇村裏磐梯キャンプ場  しばらくは好天が続く予報

休暇村裏磐梯キャンプ場  しばらくは好天が続く予報


2017年07月19日(水)~21日(金) 2泊3日で、福島県耶麻郡北塩原村の休暇村裏磐梯キャンプ場へ行ってきたよ
初めて訪問するキャンプ場です

70%-2017_0718_024115-5-1

70%-2017_0718_024115-7-1


二日目その1(磐梯熱海温泉 四季彩一力)へ戻る  三日目その1へ続く

二日目(7月19日)その2

磐梯熱海温泉 四季彩一力を10時過ぎに出発、キャンプ場まで距離約38km

70%-2017_0718_024115-2

今日は昨日の大雨とは打って変わってとてもいい天気、まさにキャンプ日和となりました

70%-2017_0719_102059

70%-2017_0719_103941

猪苗代湖が見えてくると

70%-2017_0719_104329

眼前には磐梯山が

70%-2017_0719_104638

70%-2017_0719_110405

[広告] VPS


11:30頃、休暇村に到着

70%-2017_0721_094939

キャンプ場サービスセンターは係りの方が不在だったので

70%-2017_0720_105819

休暇村本館で受付(画像はHPから拝借)

70%-2017_0718_024115-8

「今日明日は、3~4組しか予約が入っていないので、どこでも好きなサイトを選んで下さい。
 区画のDも広く使っていいですよ。
 ただ、水捌けがあまりよくなくて、水たまりができているところもあるので、ご注意下さい。」とのこと

予約は区画サイトのD地区でしたが、その他のB・E・F地区(車両乗入可能)への変更も自由でした
混雑している時はおそらく出来ないでしょうが・・・

そもそもD・B・E・F地区は料金が同じ
サイト使用料は1泊で¥2,060、管理費1名1泊¥410、大人二人で1泊あたり¥2,880・・・安いです
ちなみに、車両乗入不可のC地区のサイト使用料は1泊で¥1,030 

休暇村のキャンプ場は初めて経験しますが、そもそも休暇村とは
国立公園、国定公園等の利用及び保健休養のための宿泊施設を核とした休暇村を、低廉な料金で一般の利用に供するとともに、
自然とのふれあい及び保健休養に資するその他の事業を行うことにより、人と自然が共生する地域の振興及び健康で文化的な
生活の増進に寄与することを目的として設立された一般財団法人休暇村協会が設置経営しており、全国に37村ある


D・B・E・F地区をぐるりと回ってみて、結局もともと予約していたD地区のもっとも磐梯山が良く見えるサイトを選択
D地区、初日は僕らだけ、二日目にバイクのソロの方が来ただけで、ほぼ貸切状態でした

70%-2017_0718_024115-6-1

今回の設営は、リビロン君エヴォ

70%-2017_0719_165603

リビロン君の中に、ムササビメッシュインナー/グッドナイトモスキートズの中にコットという夏用バージョン

70%-2017_0719_164839

参考までに今回のエヴォの設営方法ですが

リビロン君の後ろにポールを立てることなく、ガイラインだけでエヴォのサイド部分を固定します

70%-2017_0719_170436-1

70%-2017_0719_170436-2

70%-2017_0719_165328

70%-2017_0719_165603-1

設営途中のお昼ご飯は、スーパーで買ってきたお寿司

70%-2017_0719_135320

まるで梅雨が明けたかのような最高の夏空です

70%-2017_0719_165503

南方向には磐梯山がくっきりと見えます

70%-2017_0719_170135

70%-2017_0719_165044

70%-2017_0719_165110

70%-2017_0719_165058

70%-2017_0719_140049

70%-2017_0719_165419

70%-2017_0719_165820

70%-2017_0719_165858

夕方になると、凄い数のこの方たちがキャンプ場を舞います

70%-2017_0719_173831

70%-2017_0719_180650

蚊やハエやブヨがあまりいないのは、このトンボたちのおかげなのかも

 

早めの晩御飯

70%-2017_0719_173728

せいろを使います

70%-2017_0719_182944

豚肉と野菜 

70%-2017_0719_185342

もうひとつは、牛肉と野菜

70%-2017_0719_185346

気温22℃、さすが標高820m、涼しいですね

東京では連日30℃越えでエアコンつけぱなっしの生活が続いていたので、生き返ったような気分です

70%-2017_0719_183052


夜8時頃、突然桧原湖の方向から数発の花火が・・・・びっくりしましたよ
21日(金)に開催される磐梯山火の山まつりの湖上花火大会の練習だったようです

手持ちでしたが思わずシャッターを押してました

70%-2017_0719_204256

70%-2017_0719_204327

残念ながら磐梯山は雲に隠れてしまいましたが、薄雲の間から少し星が見えました

70%-2017_0719_222314r

70%-2017_0719_222041r

70%-2017_0719_222125r

70%-2017_0719_222537r

雲が晴れた瞬間、天空には銀河が見えました

70%-2017_0719_222704r

70%-2017_0719_222759r

70%-2017_0719_222819r

70%-2017_0719_222909r

70%-2017_0719_191405

涼しくて快適に眠れた夜でした

天候 晴れ  最高気温24.9℃ 最低気温13.3℃ 平均風速0.7m

二日目その1(磐梯熱海温泉 四季彩一力)へ戻る  三日目その1へ続く

休暇村裏磐梯キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

前回の福島遠征(2017年4月)の記事はこちらへ
ページトップへ戻る


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/07/31(月) 21:29:35|
  2. 休暇村裏磐梯キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

磐梯熱海温泉 四季彩 一力

磐梯熱海温泉 四季彩 一力


一日目その1へ戻る
  二日目その2(休暇村裏磐梯キャンプ場)へ続く


一日目(7月18日)その2~二日目(7月19日)その1

旅館の好意で、13時頃にチェックインさせてもらい、とても助かりました

連休が終わった後で泊り客も少なく、ゆったりと温泉を楽しませていただきました

70%-2017_0719_070422

70%-2017_0719_070432

70%-2017_0719_063507

70%-2017_0719_063636

磐梯熱海温泉「美人の湯」萩姫伝説

今から650年ほど前の南北朝時代に、万里小路重房という公卿の一人娘だった萩姫は京中で指折りの美女といわれながら、原因不明の病を患っていました。
ある日、萩姫は「都から東北へ五百番目の川のほとりに霊泉あり」との不動明王のお告げを聞いて旅に出ると、
やがて五百川の上流に湯煙の立つ温泉を見つけ、湯 治を始めると病が全快しました。
その後、萩姫は奥羽を鎮定した北畠顕家に付き添われて京に戻り、幸せな日々を送りました。
以来、磐梯熱海の温泉は「美人の湯」として語り継がれています。

70%-2017_0719_100530

70%-2017_0719_100600

70%-2017_0719_070539

晩御飯

まずは福島のお酒をいただきます

70%-2017_0718_184505

2017_0728_154635

 

70%-2017_0718_184454

2017_0728_154715


2017_0728_154253

味はもちろんのこと、量も適当で大満足の料理でした

70%-2017_0718_182959_thumb[1]70%-2017_0718_183011_thumb[1]
70%-2017_0718_183005_thumb[1]70%-2017_0718_185226_thumb[1]
70%-2017_0718_185233_thumb[1]70%-2017_0718_185243_thumb[1]
70%-2017_0718_191034_thumb[1] 

 

70%-2017_0718_194608

70%-2017_0718_194709

70%-2017_0718_194735

70%-2017_0718_194725

70%-2017_0718_194905

70%-2017_0719_070600

朝ごはんは花かご膳、見た目にも美しい

2017_0728_154401

70%-2017_0719_082849

お米は、地元郡山のあさか舞こしひかり

あまりにも美味しくて、おかわり三杯ウインク

70%-2017_0719_070642

70%-2017_0719_070632

70%-2017_0719_094715

今日はいい天気になりそう

70%-2017_0719_094609


出発前に、庭を散歩します

70%-2017_0719_095346

70%-2017_0719_095605

70%-2017_0719_095643

70%-2017_0719_095631

70%-2017_0719_095850

70%-2017_0719_100226


後で知ったのですが、ここ四季彩一力は、来年で創業100年となる老舗の有名旅館でした

この「四季彩一力」は大正4年に「一力ホテル」として創業しました。その後歴史を重ね、昭和45年には昭和天皇皇后両陛下がご宿泊、昭和59年には天皇皇后両陛下のご成婚60周年でも宿泊された由緒ある老舗旅館となりました。近年では平成7年に秋篠宮殿下のご宿泊もあり、天皇家とのつながりは長く館内もその歴史を感じさせるものがたくさんあります。
また平成27年には英国王位継承第2位のウィリアム王子が外国首脳の中では初めて被災を受けた福島県の旅館に1泊したということでも有名です。

70%-2017_0719_095048

70%-2017_0719_095052

70%-2017_0719_095059

パンフレット

2017_0728_154132.jpg 2017_0728_153704.jpg 2017_0728_153838.jpg 2017_0728_153923.jpg 
2017_0728_153941.jpg 2017_0728_154000.jpg 2017_0728_154028.jpg 2017_0728_154042.jpg

 2017_0728_154057.jpg 2017_0728_154115.jpg   

70%-2017_0719_100043

70%-2017_0719_100007

70%-2017_0719_100016

さて、そろそろ裏磐梯のキャンプ場へ向けて出発しましょう

一日目その1へ戻る  二日目その2(休暇村裏磐梯キャンプ場)へ続く


ページトップへ戻る

テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

  1. 2017/07/28(金) 23:24:17|
  2. 磐梯熱海温泉 四季彩一力
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キャンプをするはずが・・・??  ~梅雨まだ明けない福島へ~

キャンプをするはずが・・・??  ~梅雨まだ明けない福島へ~


梅雨がまだ明けていない福島へ、連休明けの7月18日から行ってきました
予定しているキャンプ場は、休暇村裏磐梯キャンプ場と春に福島遠征した時に初めてお邪魔したあぶくまキャンプランド

一日目(7月18日)

福島までは高速道路料金が結構高額になるので、ETC深夜割引(30%引き)を使おうと
2:40に浅草出発 (深夜割引を使うには、東北自動車に4:00までに入ることが条件なので、早めに出発)

70%-2017_0718_024115-1

70%-2017_0718_031049

70%-2017_0718_033156

4:00 佐野SA  ここで1時間ほど仮眠

70%-2017_0718_040208

5:00頃、空が明るくなってきたので出発

70%-2017_0718_045533

70%-2017_0718_050100

あれ? 雨ですか

70%-2017_0718_054335

那須を過ぎたあたりから、凄い雨に

70%-2017_0718_063514

朝食のため24時間営業のガスト郡山南店を目指します

須賀川ICで降りて

70%-2017_0718_064856

安いガソリンスタンドを見つけたので給油

軽油¥91は安い!!

70%-2017_0718_070815

70%-2017_0718_070838

ガストで朝食を食べながら、これまでの雨の状況や今後の予報を確認し、これからの予定を検討

休暇村裏磐梯キャンプ場のある北塩原村には、大雨洪水雷注意報が発令されていた

福島県は夜まで雨雲の通り道になっている

Screenmemo_2017-07-18-04-29-21Screenmemo_2017-07-18-04-33-07

検討の結果、本日のキャンプは断念

ネットで探した磐梯熱海温泉の旅館に宿泊することに決定

 

旅館のチェックイン時間(15時)まで、郡山の街で時間つぶしを

まずは9時から営業しているという、スポーツオーソリティ イオンタウン郡山店

70%-2017_0718_095623

「夏のスポーツフェア キャンプ用品15%OFF」という目に毒なセールス表示が困った

70%-2017_0718_090707

70%-2017_0718_090809

70%-2017_0718_092228

igloo LEGACY STAINLESS STEEL 2.5 GALLON 在庫が残っていましたがっかり

70%-2017_0718_091129

 

次に、ラウンドワンスタジアム郡山店へ行って

なんとなんと、数年ぶりのボーリング

70%-2017_0718_110043

なんともお恥ずかしいスコアで大笑い

70%-2017_0718_104105

12時頃、お昼ご飯は丸亀製麺へ

70%-2017_0718_123437

12:40 少し時間が早いけれど、磐梯熱海温泉へ向かいます

予約した旅館へ行って、どこか観光できるところでも教えてもらおうと思って・・・

このあたりの雨は止んで、青空も見えてきたけれど

70%-2017_0718_124846

70%-2017_0718_125020

北塩原の大雨は注意報から警報に変わっている

新潟の三条付近には線状降水帯が発生して、大雨になっているらしい

福島県の只見では1時間に88.5ミリの猛烈な雨が降り、一時は全域に避難指示が出たとか

Screenmemo_2017-07-18-11-34-45Screenmemo_2017-07-18-11-38-11

13時前、磐梯熱海温泉に到着

70%-2017_0718_125253

旅館へ行くと、なんと親切に

「お部屋の準備が出来ていますから、どうぞお入り下さい 今日は雨ですからのんびりと温泉に入ってお寛ぎ下さい」

いい宿にめぐり会うことができました

一日目その2(磐梯熱海温泉 四季彩 一力)へ続く

前回の福島遠征(2017年4月)の記事はこちらへ

ページトップへ戻る
関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/07/27(木) 23:51:16|
  2. ●旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雨のあぶキャン

東北に梅雨前線が停滞

秋田では川が氾濫するほどの大雨

福島ではそれほどの雨量ではないですが

一日中雨が降り続いています

関連記事
  1. 2017/07/23(日) 15:38:30|
  2. あぶくまキャンプランド

営業部長、元気です

あぶくまキャンプランドにやって来ました

緑がとても綺麗です

クマ営業部長も元気です

これから天気は下り坂です

関連記事
  1. 2017/07/22(土) 11:42:58|
  2. あぶくまキャンプランド

熊に注意ですよ

今日も良い天気

休暇村近くの遊歩道を歩いてみます

「熊注意」最近は何処にでもある立て札

休暇村付近でも目撃されているらしい

休暇村キャンプ場に戻ると

スタッフの方が車でやって来て

「先ほどこの近くで熊の目撃情報がありました

その辺りを横切るかもしれませんが、見かけたらそのままにしておいて下さい」とのこと

「見かけたらそのままに」??・・・ですか(笑)

見かけたら、車に避難することにしましょう

関連記事
  1. 2017/07/20(木) 17:37:50|
  2. 休暇村裏磐梯キャンプ場

福島はまだ梅雨明けしてませんが

昨日の大雨とはうってかわって、今日は夏空です

東北の梅雨明けはいつでしょうか

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/07/19(水) 17:25:31|
  2. 休暇村裏磐梯キャンプ場

自作・手作り  ペグ キャリーポケット(Peg Carry Pocket) いつの間にか7作目

自作・手作り  ペグ キャリーポケット(Peg Carry Pocket) いつの間にか7作目


2014年秋に第一作を自作してから約3年
ペグ キャリーポケットもいつの間にか7作目となりました

1作目についてはこちらへ


7作目はいままでと違って、粋な色使いですよ

2017_0717_101629

2017_0717_101709

2017_0717_101947


1作目からずっと変わっていない仕様です

2017_0717_101926

2017_0717_101808

2017_0717_101919

2017_0717_101815

強度はバッチリ

2017_0717_101859


ベルトの長さ調整が出来ます

2017_0717_101937

2017_0717_101833

2017_0717_101850


ペグの尖った先端があたる部分は、とても頑丈な作りになっています

2017_0717_101908


いままでの作品の一部

2016_0826_100640

2016_0826_101006

様々なフィールドで、ペグ打ちに活躍してくれていると思っています



自作・手作り・工夫INDEXはこちらへ

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/17(月) 12:41:21|
  2. 自作・手作り・工夫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ROBENS Lodge 3  ローベンス ロッジ3

ROBENS Lodge 3  ローベンス ロッジ3


リビロン君(リビングシェルロング)を使う場合の僕らの寝室パターンには次の二つがあります

①接続する--サイトが広い場合(広い区画サイト・フリーサイト)

接続する幕


写真・説明
4号(ランドブリーズ4)
70%-2017_0709_083800-4
6号(ランドブリーズ6)70%-2017_0709_083800-2



②内部に寝室を作る
--サイトの面積が接続ができるほどの広さがない場合

方法・使用する幕など写真・説明
コットをそのまま設置する虫がシュラフの中に入る可能性があるので通常この方法は使わない
ムササビメッシュインナー/グッドナイトモスキートズの中にコットをいれる夏の暑い日にはこのパターンをよく使う
70%-2017_0709_083800-9
エルフィールドデュオのインナーを使う70%-2017_0709_083800-1
4号(ランドブリーズ4)のインナーを使う写真省略




②のインナーを使うときに課題となるのがインナーの大きさ



 図

インナーのサイズ

備考

エルフィールドデュオ70%-2017_0709_083800-8-1225cm×(125cm・170cm)2人分のマットがきっちり入るが、バック(着替え収納)を入れるスペースがほとんどない

長方形でないため、リビロン君に入れた場合、無駄なスペースが出来る
4号(ランドブリーズ4)70%-2017_0709_083800-7-1225cm×225cm2人分のマットとバック(着替え収納)が余裕で入る

リビロン君の中で相当のスペースをとることになる

と、いうことで、適当なインナーサイズのテントを探してみました




僕らが持っているマット(インフレータブルマット キャンピング 2.0ST )のサイズが、193cm×63.5cm

70%-2017_0709_083801-12-1

2つ並べると、63.5cm×2=127cm、横幅に余裕を持たせて150cm~180cmの範囲でリストアップしてみると

リストアップ幕

税込価格

全体・インナーの写真

インナーのサイズ

アメニティドームS
(スノーピーク)

¥29,808
70%-2017_0709_083801-10-2
70%-2017_0709_083801-10-3
220cm×160cm
70%-2017_0709_083801-10-1-1
70%-2017_0709_083801-10-1-2
エリクサー3
(MSR)

¥49,680
70%-2017_0709_083801-11-2
70%-2017_0709_083801-11-1
213cm×172cm
70%-2017_0709_083801-11-3
ロッジ3
(ローベンス)

¥45,360
70%-2017_0709_083800-5-1
70%-2017_0709_083800-5-2
225cm×180cm
70%-2017_0709_083800-5

価格的には、アメニティドームSが手ごろなんだけれど、横幅が160cmは、3つのうちでは最も狭い
エリクサー3とロッジ3を比較すると、ロッジ3の方が少し広く(横幅で8cm、長さで12cm)、価格も少しだけ安い

ということで、ロッジ3がいいかなと思ったけれど、トレイルヘッドのオンラインショップでは「在庫なし」という表示
トレイルヘッドの方とは、去年Kiowaを購入したときから、少し交流があって親しくなっていたので、
「いつ頃入荷予定ですか」と電話してみると「入荷は少し先になりますね~」と残念な返事
「でも、ちょっと待ってください・・・」
  ???
「たまたま展示用に使用したロッジ3があるのですが、もしそれで良ければ」というお話
それも格安で・・・・・

いやいや偶然とは恐ろしいものです・・・・・即決しました



ROBENS Lodge 3

シンプルなドームスタイルと横方向のリッジポールの組み合わせは、料理や収納に快適な生活スペースを提供します。余裕のある高さと幅は3人が座って快適に過ごすのに充分な空間を持っています。両サイドのドアには大型のメッシュドアを備え出入りを容易にします。ベンチレーションを活用することで優れた通気性を約束します。ギアロフト・ストレージポケットなど機能的で細やかな装備が満載でより使い易いテントに仕上がっています。 もちろん設営はとても簡単です。

 

2017_0629_115638

2017_0629_115706

2017_0629_115820

2017_0629_115910

収容人数:3人
ドア:2ドア
最小重量:3.4kg
総重量:3.7kg
フロアサイズ:320(L) x 240(W) cm
フライ素材:HydroTex HD, 75D 遅燃性ポリエステル , 耐水圧:5000mm
インナー素材:68D 通気性ポリエステル
フロア素材:75D ポリエステル タフタ , 耐水圧:10000mm
ポール:Alloy #7001 , T6 , 9mm アナダイズド
耐風テスト:MAX 114km/h AVG 101km/h
収納サイズ:59 x 21 cm
その他付属品:ギアロフト・ペグ・ガイライン



2017年7月、赤城山オートキャンプ場へ行ったときに試し張り

70%-2017_0709_083931

ポールの交差部分はインナーの頂点についているこんな部品で留めるようになっています

70%-2017_0709_093029

リビロン君の中に入れてみると、ジャストフィット爆笑

70%-2017_0709_083801

70%-2017_0709_083811

70%-2017_0709_083820

入口も広いです

70%-2017_0709_091104

70%-2017_0709_091144

天井にはギアロフトがついていて、小物を置くことができます

70%-2017_0709_091118

70%-2017_0709_091858

70%-2017_0709_092006

70%-2017_0709_092616

70%-2017_0709_091956

70%-2017_0709_091952

70%-2017_0709_091920

70%-2017_0709_092603 - 1

70%-2017_0709_092445 -2

インナーの角にはストレージポケットがついていて、小物入れに便利かな

70%-2017_0709_092457 - 2

70%-2017_0709_083801-13 - 4

秋になったら本格的に活躍してもらいましょう


70%-2016_1126_154717-15


テント・タープINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/16(日) 16:50:05|
  2. テント・タープ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

赤城山オートキャンプ場  キャンプ場情報

赤城山オートキャンプ場  キャンプ場情報

この情報は、僕らが訪問した時(2017年7月)の状況について記載しています
季節による変化、時間経過による変化があるという事をご理解下さい
また、個人的な感想も含まれている場合がありますので、その点もご理解下さい


赤城山オートキャンプ場 2017年7月キャンプ日記はこちらへ


上矢印ロケーション
標高650m、赤城山中腹の緑に囲まれた高原に位置する
赤城山へ通じる群馬県道16号大胡赤城線沿いにあり、昼間は車の通行音がする
1kmほど北に採石場がありダンプカーの通行もある
夜間は通行量がほとんどなくとても静か
付近に民家はない

70%-2017_0707_083525-9-1

70%-2017_0707_083525-9-4

 


上矢印管理棟

70%-2017_0708_094829

70%-2017_0707_083525-9-5

上矢印炊事場
場内に3ヶ所
お湯がでる炊事場がひとつある

大きな洗い場

70%-2017_0708_100150

お湯の炊事場

70%-2017_0708_100134

70%-2017_0708_100140

上矢印トイレ
場内には2ヶ所
水洗、和式洋式、一部暖房便座ウォシュレットがついている

70%-2017_0708_095939

70%-2017_0708_10001170%-2017_0708_100028
70%-2017_0708_10001970%-2017_0708_100024

 

上矢印シャワー・風呂
シャワー4基 無料、風呂なし

70%-2017_0708_095621

70%-2017_0708_095607


付近の入浴施設
滝沢温泉 滝沢館 車5分  027-283-5711
営業時間要確認
¥600
 
にごり湯の宿 赤城温泉ホテル 車9分  027-283-8197
営業時間要確認
¥500

その他の入浴施設についてはHPに詳しく掲載されている


上矢印ゴミ
分別廃棄可能

2017_0711_100222-1-1

キャンプ用品などの粗大ゴミは有料で廃棄可能

2017_0711_100222-1-2

70%-2017_0708_095632

70%-2017_0708_095638

70%-2017_0708_095651


上矢印サイト
小さな砂利が敷きつめられいて、快適

3つのエリアに分かれている

各エリアのサイトについて、HPにとても詳しく記載されている

70%-2017_0707_083525-41

70%-2017_0707_083525-51

グリーンエリア

傾斜状に広がる段々としたスペース
車が通行する部分は舗装されている

70%-2017_0708_100316

70%-2017_0708_100546

70%-2017_0708_100525

70%-2017_0708_100325

70%-2017_0708_100310

70%-2017_0708_100249

ブルーエリア

平面状に広がり、トイレや洗い場への接続が良好 小さなお子様がいても安心なエリア

70%-2017_0708_095858

70%-2017_0708_095830

70%-2017_0708_095723

ブランコなどの遊具がある

70%-2017_0708_100200

70%-2017_0708_100214


イエローエリア

バンガローやキャビンが多く並ぶエリア
テントサイトは主に2家族で利用できるサイトが並ぶ

70%-2017_0708_094848

70%-2017_0708_094937

70%-2017_0708_094943

70%-2017_0708_095015

70%-2017_0708_095114

 

その他
・ペット入場可能
・イベントが充実している
・HPの充実ぶりには驚かされる

赤城山オートキャンプ場 2017年7月キャンプ日記はこちらへ


キャンプ場INDEXは ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]


ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/07/13(木) 23:31:04|
  2. 赤城山オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤城山オートキャンプ場  新幕試し張り

赤城山オートキャンプ場  新幕試し張り


二日目へ戻る  

赤城山オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ



三日目(7月9日)

今日も朝からいい天気というよりも、酷暑になりそうな予報

比較的気温が低い、朝の早い時間から撤収にかかることに

70%-2017_0709_073016

70%-2017_0709_073033

70%-2017_0709_070727

70%-2017_0709_070739

70%-2017_0709_070745

棚のところに・・・セミの抜け殻かな

70%-2017_0709_072930

70%-2017_0709_072918

撤収しながら、新幕の試し張り

詳細は後日のレポに譲りますが、リビロン君のインナーとして買ったローベンスのロッジ3

70%-2017_0709_083940

最適な大きさで、大満足ウインク

70%-2017_0709_083801

70%-2017_0709_083811

70%-2017_0709_083820

単体で使うことは、あまり想定していないけれど・・・

70%-2017_0709_091858

リビロン君を収納し終えて、エヴォの下でしばらく休憩

日差しがどんどん強くなっていきます

70%-2017_0709_093952

70%-2017_0709_094003

70%-2017_0709_093922

10時過ぎには撤収完了


帰り道、車の外気温表示は36℃になっていました

関越道の高坂SA上りのガソリンスタンドでプラD君の水浴び(セルフスプレー洗車 5分¥200)

プラD君も暑さでバテバテでしたからね

(僕らのプラD君はルーフをつけていて車高が高いため、通常の洗車機は使えません
洗車のときは常にスプレー洗車があるところを探しています
ご参考までに、高速道路のSAでは、上信越道の横川SA上りでもスプレー洗車が出来ます)


70%-2017_0709_120413

70%-2017_0709_120444

わずか2日間でしたが、熱帯夜から解放されたキャンプでした


二日目へ戻る

赤城山オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/07/12(水) 23:01:05|
  2. 赤城山オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

赤城山オートキャンプ場  爽やかな朝を迎えて

赤城山オートキャンプ場  爽やかな朝を迎えて


一日目へ戻る
  三日目へ続く

赤城山オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ



二日目(7月8日)

朝、カナカナと鳴くヒグラシの声と小鳥の囀りで目覚めます
リビロン君の前後はすべてメッシュ、サイドも上部をメッシュにして寝た夜
暑くて寝苦しい都会の夜と異なる涼しい空気の中で、ぐっすりと眠ることができました

緑の多い高原のキャンプ場を選んで正解でした


70%-2017_0708_080106

70%-2017_0708_080143

70%-2017_0708_080212

70%-2017_0708_075818

70%-2017_0708_080325

70%-2017_0708_080459

70%-2017_0708_080757

70%-2017_0708_080930

70%-2017_0708_085658

緑のシャワーを浴びながら朝ごはん

70%-2017_0708_081205

70%-2017_0708_081214

70%-2017_0708_092843

70%-2017_0708_093044

70%-2017_0708_092159

70%-2017_0708_092557

70%-2017_0708_094215

70%-2017_0708_094123

70%-2017_0708_094107

70%-2017_0708_094158

70%-2017_0708_094037

70%-2017_0708_094005

70%-2017_0708_093906

10:40頃、日帰り入浴へ

今日は、車で10分ほどの にごり湯の宿 赤城温泉ホテル へ

70%-2017_0707_083525-3

70%-2017_0708_103944

70%-2017_0708_103948

2017_0708_113841

2017_0708_113914

2017_0708_113805

誰もいなくて貸切  赤城のにごり湯を楽しみました

2017_0708_105455

2017_0708_105509

2017_0708_105513

パンフレット
2017_0711_100124.jpg  2017_0711_100134.jpg  2017_0711_100147.jpg  2017_0711_100157.jpg

 

帰り道に、道沿いにあるBOSCOという名の雑貨屋さんへ

70%-2017_0708_115936

70%-2017_0708_115944

70%-2017_0708_115957

キャンプ場に戻ってくると、ファミリーキャンパーが沢山

今日は週末の土曜日ですからね

キャンプ場は子供たちの歓声が響く賑やかな森に変わっていました


お昼ご飯   まずは乾杯

70%-2017_0708_122158

さっぱりと冷やし中華

70%-2017_0708_130902

午後からは暑くなってきたので、氷水で水分補給しながらお昼寝すぐ戻ります


晩御飯   いぶりがっこのクリームチーズ和え

70%-2017_0708_171622

キャンプ場の売店で買った朝採れのなすを使って、豚肉となすのみそマヨチーズ焼き

70%-2017_0708_173748

70%-2017_0708_194820

70%-2017_0711_171316

70%-2017_0711_170908

70%-2017_0711_171038

暑い夜ですが、ちょっとだけ焚き火ペロリ

70%-2017_0708_194505

70%-2017_0708_194711


天候 晴れ  最高気温35.0℃ 最低気温23.7℃ 平均風速2.3m

一日目へ戻る  三日目へ続く

赤城山オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/07/11(火) 23:45:05|
  2. 赤城山オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤城山オートキャンプ場  平地の暑さから逃れて

赤城山オートキャンプ場  平地の暑さから逃れて

2017年07月07日(金)~09日(日) 2泊3日で、群馬県赤城山山麓の赤城山オートキャンプ場へ行ってきたよ


貴重な梅雨の晴れ間、当初は近場の千葉の森のまきばオートキャンプ場へ行こうかと思っていたのだけれど
あまりにも暑い日、平地のキャンプ場では昼間の酷暑と熱帯夜・・・・を想像すると
少し遠くでも標高の高いところへ、と考えて、以前から一度は行ってみようと思っていた赤城山オートキャンプ場へ


70%-2017_0707_083525-5-1

70%-2017_0707_083525-7-1


一日目(7月7日)

8:35 浅草出発 距離約150km

70%-2017_0707_083525-1

出発時間は僕らにしては遅かったけれど、首都高・外環・関越道とも渋滞もなく順調に

70%-2017_0707_094440

10:16 上里SAで休憩

70%-2017_0707_101648

お昼ご飯はどうしようか

おぎのやの峠の釜めしが食べたくなって、ネットで調べてみると、関越道高崎ICの近くに販売所が・・

売り切れ次第閉店らしいので、電話してみると、取り置きしておいてくれるとのこと

早速行ってみましたよ

70%-2017_0707_104555

とても小さな販売所(おぎのや高崎売店 9:00~17:00 年中無休)

親切な店員さんが、「電話予約できますので、またご利用下さい」とのこと

今度、くりの木キャンプ場に行くときに、また寄ってみようかな

70%-2017_0707_104543

70%-2017_0707_104517

チェックイン時刻の13時まで時間があるので(アーリーも可能だけれどちょっともったいないしウインク

11:40 道の駅赤城の恵へ寄ります

70%-2017_0707_114156

あいのやまの湯という温泉複合施設が併設されています

70%-2017_0707_114202

農産物直売所 味菜

70%-2017_0707_114208

70%-2017_0707_114452

70%-2017_0707_114240

えだまめ、ゲットペロリ

70%-2017_0707_114521

70%-2017_0707_114631

お昼ご飯前なので、ソフトクリームは自重がっかり

70%-2017_0707_114718

道の駅「赤城の恵」の裏手にある荻窪公園で、お昼ご飯

どこか公園のベンチで食べようかと思ったけれど、外はとんでもない暑さ

エアコンが効いたプラD君の中で、峠の釜めしいただきます

70%-2017_0707_115229

70%-2017_0707_115319

何度も食べていますが、安定の美味しさです

70%-2017_0707_115340

この荻窪公園には、アジサイの丘があって凄い数の紫陽花が

70%-2017_0707_124407

70%-2017_0707_124610


お昼を終えて、キャンプ場へ向かいます

70%-2017_0707_083525-8

晴天なのですが、赤城山の稜線がスッキリしない

あまりにも湿度が高すぎて、空気がぼんやり・ゆらゆらしているような感じ

70%-2017_0707_125524

70%-2017_0707_125552

70%-2017_0707_130218

70%-2017_0707_130338

13時過ぎ、赤城山オートキャンプ場に到着です

70%-2017_0707_130423

「今日は2組なので、お好きなサイトを選んで下さい、車は隣のサイトに止めても大丈夫ですよ」とのこと

グリーンエリアの広めのサイトを選んで、設営開始

70%-2017_0707_083525-9

高いコナラの木が太陽の光を適度に遮っていて、とても涼し気なサイト

でも設営時は大汗かきましたががっかり

70%-2017_0707_163643

70%-2017_0707_163702

70%-2017_0707_163715

リビロン君エヴォ、寝床は、ムササビメッシュインナー/グッドナイトモスキートズの中にコットという夏用バージョン

このバージョンの詳細はこちらへ

70%-2017_0708_080439


70%-2017_0707_163811

70%-2017_0707_163830

70%-2017_0707_163859

汗だくになったので、夕方近くの温泉へ(車で5分)

上州赤城温泉郷 滝沢温泉 滝沢館

70%-2017_0707_083525-2

日帰り入浴は15時で終了ですが、宿泊客が少ないので、入らせてくれました

「日本秘湯を守る会」の宿、山の秘湯の露天風呂を楽しませていただきました

70%-2017_0707_174302

2017_0711_095946

パンフレット
2017_0711_095946-1.jpg 2017_0711_100009.jpg  2017_0711_100055.jpg 2017_0711_100042.jpg  



お風呂あがりはやっぱりこれウインク

70%-2017_0707_180716

70%-2017_0707_190531

70%-2017_0707_190537

メインは和風ハンバーグ

70%-2017_0707_191011

70%-2017_0707_191811

ほんの少し涼しさを感じる、とても静かな七夕の夜

70%-2017_0707_201208

70%-2017_0707_182658

70%-2017_0707_182645

70%-2017_0707_182612

さすがに標高650m、緑がいっぱいの高原のキャンプ場です

久しぶりにエアコンなしで(笑)、気持ちよく眠ることができた夜でした


天候 晴れ  最高気温33.2℃ 最低気温23.0℃ 平均風速2.0m

二日目へ続く


赤城山オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ
ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/07/10(月) 22:01:35|
  2. 赤城山オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤城の山は、静かです

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2017/07/07(金) 18:49:09|
  2. 赤城山オートキャンプ場
  3. | コメント:0

フクロウの図鑑

フクロウの図鑑

 

7月4日(火)、柏の葉T-SITE(KASHIWANOHA T-SITE)へ行った時に見つけた図鑑

世界で一番美しいフクロウの図鑑

僕らはフクロウが大好きなので、迷わずレジへ

 

2017_0704_170133

2017_0704_174052

2017_0705_101826




一番好きなフクロウは、シマフクロウ
日本では北海道にしか生息していないフクロウで、アイヌの人たちはコタンコロカムイ(村の神)と呼んでいた

2017_0705_101922

2017_0705_101949

2017_0705_102017

2017_0705_102205

2017_0705_102301

2017_0705_102411

北海道で、もう一度コタンコロカムイ(村の神)に会いたい

北海道でシマフクロウに会うことが出来た記事はこちらへ

2017_0705_102412

 

ところで、僕らの友達、ふくろうのフーちゃんとその一家は、なんというフクロウなんでしょうか

図鑑でゆっくり探してみようウインク

70%-2017_0519_155331

ページトップへ戻る
関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/06(木) 20:28:07|
  2. その他グッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

柏の葉T-SITE(KASHIWANOHA T-SITE)が凄い

柏の葉T-SITE(KASHIWANOHA T-SITE)が凄い


7月4日(火)、キャンプに行けないからショップ巡り ということで
WILD-1印西ビッグホップ店、トレファクスポーツ柏店へ行った後、
最後に訪れたのがGRAND lodge KASHIWANOHA、A&F COUNTRY KASHIWANOHA T-SITE店などが入っている
柏の葉T-SITE
ここは、本を通してライフスタイルを提案する蔦屋書店を中心に、日常を豊かにするモノ・コトを集めて
2017年3月にオープンした複合商業施設

この柏の葉T-SITEは凄い

蔦屋書店とテーマに即した各ショップがシームレスにつながっている
本棚の間に各ショップの入口があるような構造
各ショップにはショップの業う態に関連する本が並んでいる
中央の通路というか廊下というか、そこはまさにマガジンストリート
壁一面に表紙を見せるように、所狭しと本が綺麗に整列している
売り物の書籍だけれど、本がディスプレイのひとつになっている
館内のテーブル・チェアは自由に使うことが出来て、館内の飲食店で購入した飲み物とともに、
購入前の本・雑誌もゆっくり読めるようになっている

その他・・・・驚くことがいっぱい

T-SITEとは、本・映画・音楽といったカルチュア・コンテンツを中心に豊かな生活を提案する
「ライフスタイル提案型商業施設」だそう
代官山、湘南、枚方、広島にも同様の施設がある


初めて行ったのだけれど、まるで飲食自由な街の図書館
こんな施設が近所にあったら、ずっと入り浸りになるかもね爆笑

2017_0704_182454

2017_0704_182435

2017_0704_182318

2017_0704_170254

2017_0704_170322

2017_0704_172513

2017_0704_170558

2017_0704_173755(1)

2017_0704_174455

2017_0704_172943

2017_0704_173254

2017_0704_173350

2017_0704_173423

2017_0704_173452

2017_0704_173513

2017_0704_172117

2017_0704_172346

2017_0704_172442

2017_0704_173615

2017_0704_173944

2017_0704_173813 -2

2017_0704_174728 -2

2017_0704_181959

本、一冊だけ買いました

2017_0704_174050


京都の老舗茶寮の「京はやしや」でちょっとお茶とデザートを

2017_0704_170509

2017_0704_170526

2017_0704_180115

2017_0704_180059

2017_0704_181351

THE GROUNDS BAKERで美味しいパンを

2017_0704_181939

2017_0704_182057

2017_0704_182128

2017_0704_182208

2017_0704_182245

2017_0704_182259

柏の葉T-SITE(KASHIWANOHA T-SITE)が凄い

また機会があれば訪ねてみたいものです


ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/07/05(水) 23:40:39|
  2. ●街の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キャンプに行けないので、ショップ巡り

キャンプに行けないので、ショップ巡り


7月4日(火)、夜には台風3号が関東地方に近づいてくるかもしれないという日

当然キャンプには行けないので、アウトドアショップ巡りを・・・・

これと言った目的もなくぶらりと・・・・

 

最初は、WILD-1印西ビッグホップ店

出かける直前に、WILD-1の店舗がない北の国のキャンプ仲間からメールが入って

「何かのついででたまたまWILD-1の近くへ行った時でかまいませんので・・・・・」という依頼が

なんという偶然でしょうかびっくり

僕らの行動が、魔法の鏡に映っているのかも・・・

2017_0704_141347

オンラインショップでは在庫切れになっていた”これ"

店頭在庫がありましたよ

2017_0704_132558

2017_0704_140213

2017_0704_140204

早速、お店から北の国へ送ってもらう手配をしました

到着日は7月7日七夕の夜、関係ないけど綺麗な星空が見えるといいですね

 

AOZORA TARP ですか、誰かさんが持っていましたね

真ん中にポールがあるから、ヘキサテーブル ヘキ子を使うと面白いかもね

2017_0704_132709

ポールは別売りですか

2017_0704_132634

スノーピーク雪峰祭 2017 春 限定アイテム、まだ在庫が残ってましたね

2017_0704_134513

2017_0704_134507

2017_0704_134524

 

2017_0704_133700

2017_0704_133742

2017_0704_134159

2017_0704_134144



次に行ったのが、トレファクスポーツ柏店

以前にも行ったことがあるスポーツアウトドア専門の中古ショップ

何か掘り出し物がないかな・・・と覗いてみます(以前みつけた掘り出し物は、スノーピーク トートバックS

2017_0704_155900

サーカスTC(サンドカラー)未使用品が¥47,800ですかびっくり

人気商品なんですね 定価の1.6倍の値がついているとはびっくりです!!!

2017_0704_160056

スノーピークの商品、結構な品数でしたね

2017_0704_160433

2017_0704_160318

2017_0704_160303

2017_0704_160257

2017_0704_160228

2017_0704_160200

2017_0704_160358

2017_0704_160648

2017_0704_160709

2017_0704_160715

2017_0704_160720

2017_0704_160809

今回は、残念ながら僕らにとっての掘り出し物はなし



次は、柏の葉T-SITE(KASHIWANOHA T-SITE)

本を通してライフスタイルを提案する蔦屋書店を中心に、日常を豊かにするモノ・コトを集めた
2017年3月にオープンした複合商業施設
千葉県柏市、つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス」の近くにあります

2017_0705_101005

 

GRAND lodge KASHIWANOHAogawaの2つめの直営店舗

2017_0704_163822

2017_0704_163947(1)

2017_0704_165309

2017_0704_165332

ogawaの2017年の新商品ピルツ15 T/C

ogawaのワンポールテントでT/C素材(ポリエステルとコットンを混紡した素材)を使ったのは初めてかな

以前の素材に比べて、結露は少なくなるとのことです

2017_0704_164025

2017_0704_165227

落ち着いた、いい色合い

きっと人気が出るでしょうね

2017_0705_101336

PILZ 7 BLACK

2016年10月に発売されたCanadian Eastとogawaのコラボモデルですね

ブラックってカッコいいですが、暑い夏では熱を吸収する?ので実用性はどうなんでしょうか

暑くない季節専用かな

2017_0704_164225

とても気になったグッズはこれ

日本船燈のランプ

2017_0704_163849

INDISPENSABLE︎のこれも気になりました

2017_0704_165347-1

2017_0704_165347

2017_0704_165430

同じく、INDISPENSABLE︎のBACKPACK

タウンユースのリュックを探していたので、ゲットしました(後日、詳細レポを) 写真の物とは色違いですが

2017_0704_183509

このバック欲しい~  でも、お値段が高くて・・・断念

2017_0704_183517


A&F COUNTRY KASHIWANOHA T-SITE店

2017_0704_182543

2017_0704_182814

2017_0704_183006

PENDLETON×HELINOX ペンドルトンとヘリノックスのコラボレーションモデル

カッコいいです それなりにいいお値段ですスマイル

2017_0704_182840

2017_0704_183015

2017_0704_183148 - 11 

 

夕方、帰る頃大雨が降ってきました


ページトップへ戻る


北海道長期遠征2016のレポも更新中

北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/04(火) 23:23:44|
  2. ●キャンプ関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

「梅雨の晴れ間に・・・」というライブ記事の予定だったけど

「梅雨の晴れ間に・・・」というライブ記事の予定だったけど

 

数日前までの週間天気予報では、
7月3日(月曜)から2~3日は、梅雨の晴れ間でいい天気になるということだったので
くりの木キャンプ場で撤収時に乾燥できなかったリビロン君を乾燥させながら、ついでにキャンプも・・・

そして、「梅雨の晴れ間に、スウィートグラスで・・・」というライブ記事を、掲載しようと考えていたのですが・・・

(2015年6月の写真)

20170703114001-3

急に台風が発生して

20170703114001-2

雨予報となったので

20170703114001-1

残念ながら前日にキャンセルあくび

 

それならば、月曜~火曜に雨の予報がないところへとでも・・・と思って

千葉の森のまきばオートキャンプ場へ行こうかとしたけど、月曜は定休日でアウト

次の候補、有野実苑へと考えたけれど、今日は「千葉県北部、熱中症危険」という予報

「危険」レベルで、幕を張るのはリスク管理上問題なので、結局キャンプは断念ということになりました

 


ちなみに、スウィートグラスを予約したのは、この時期の平日の料金がとても安いからです (料金一覧

草原広々サイトのレギュラー料金は、なんと¥1,500(ハイの料金¥8,700の約17%の料金)

20170703114001-4-1

20170703114001-6-1

それに、「同一施設に限り、平日をふくめて連泊すると、2泊目以降の宿泊料が割引となる」

という平日割引を使って連泊すると、二日目以降がなんと半額の¥750

20170703114001-7

予約時点での料金は、4泊でなんとなんと¥3,600(1泊あたり換算で¥900)

2017/07/03 草原広々サイト 2人 1,350円(会員割 10%OFF:150円)
2017/07/04 草原広々サイト 2人    750円(平日割 50%OFF:750円)
2017/07/05 草原広々サイト 2人    750円(平日割 50%OFF:750円)
2017/07/06 草原広々サイト 2人    750円(平日割 50%OFF:750円)
《ご利用施設合計金額》 3,600円

 

前日にキャンセルしたので、キャンセル料金の請求がメールで届きました

07/03(月) 草原広々サイト 1区画  1,350円の 50% = 675円
07/04(火) 草原広々サイト 1区画     750円の 50% = 375円
07/05(水) 草原広々サイト 1区画     750円の 50% = 375円
07/06(木) 草原広々サイト 1区画     750円の 20% = 150円
    請求金額 1,500円(100円未満切捨て)

「キャンセル料をお支払いただきますと、施設基本料の80%の割引券
(ご宿泊予定だったお日にちから6ヶ月有効)を郵送にてお送りいたします。」とのことですが

「施設基本料の80%の割引券」実際いくらの割引券になるのでしょうね


ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/03(月) 16:16:33|
  2. ●キャンプ関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

土湯系ブービーバードこけし 【CHUMS東北限定アイテム】

土湯系ブービーバードこけし 【CHUMS東北限定アイテム】


CHUMS東北限定アイテムは、「東北を元気に!」をテーマに、CHUMSと東北のメーカーや伝統工芸がコラボした商品
2012年に始まり、2017年の今年で第6回目です

久しぶりにCHUMS表参道店へ行って

70%-2017_0701_080329

ゲットしてきたのがこれ

70%-2017_0701_080010

伝統こけし工人「近野明裕」氏による全て手作りのブービーバードこけし

70%-2017_0701_080805

東北地方に11系統ある伝統こけし唯一福島県の「土湯系」です

参考:こけしの系統について

系統

場所

こけしの特色

土湯系土湯温泉、飯坂温泉、岳温泉・福島

頭部には蛇の目の輪を描き、前髪と、鬘の間にカセと呼ぶ赤い模様がある。胴の模様は線の組み合わせが主体。

弥治郎系白石市弥治郎・宮城頭頂にベレー帽のような多色の輪を描き、胴は太いロクロ線と簡単な襟や袖の手書き模様を描く。
遠刈田系遠刈田温泉・宮城

頭頂に赤い放射線状の飾りを描き、さらに額から頬にかけて八の字状の赤い飾りを描く。胴は手書きの花模様で菊や梅を重ねたものが一般的、まれに木目模様などもある。

鳴子系鳴子温泉・宮城

首が回るのが特徴。首を回すと「キュッキュ、キュッキュ」と音がする。
胴体は中ほどが細くなっていて、極端化すれば凹レンズのような胴体を持つ。胴体には菊の花を描くのが通常である。

作並系仙台市、作並温泉、・宮城

山形作並系ともいう。また山形を独立系として扱う場合もある。頭頂に輪形の赤い飾りを描き、胴は上下のロクロ線の間に菊模様が描かれる。

蔵王高湯系蔵王温泉・山形

頭頂に赤い放射状の手柄を描くが黒いおかっぱ頭もある。
胴は菊や桜のほか、いろいろな植物を描く。肘折系(肘折温泉・山形)頭部は赤い放射線か黒頭で、胴模様は菊、石竹などが多い。

肘折系肘折温泉・山形頭部は赤い放射線か黒頭で、胴模様は菊、石竹などが多い。
山形系山形市、米沢市、寒河江市、天童市・山形

作並で学んだ木地師が伝えたと言われ、作並系と同様、差し込み式の頭は小さく、棒状の胴体は細いのが特徴。 頭には赤い飾りと中心を貫く髪、顔には特徴のある割鼻が描かれ、胴の模様は紅花、牡丹、菊、梅などの描彩が主流。

木地山系木地山・秋田

頭部には大きい前髪と鬘に、赤い放射線状の飾りを描く。胴は前垂れ模様が有名だが、菊のみを書いた古い様式もある。

南部系盛岡、花巻温泉・岩手

おしゃぶりとして作られた無彩のキナキナが原型。簡単な描彩を施すものも作られる。
キナキナ由来で頭がぐらぐら動くのが特徴。

津軽系温湯温泉、大鰐温泉・青森温湯系ともいう。単純なロクロ模様、帯、草花の他、ネブタ模様などを胴に描く。

日本三大こけしと呼ばれているのは
・鳴子こけし(宮城県大崎市鳴子温泉)
・遠刈田こけし(宮城県刈田郡蔵王町)
・土湯こけし(福島県福島市土湯温泉町)

参考:なかよしこけしのくに こけしのふるさと11系統




大きさはこんな感じ

70%-2017_0701_080339

卯三郎こけしと並べると

70%-2017_0701_080522


なんともおちゃめなブービーバード

70%-2017_0701_080204

70%-2017_0701_081335

70%-2017_0701_080145

70%-2017_0701_083055

ちなみに、2014年のCHUMS東北限定アイテムでもっているのは、

仙台を拠点にしているグラフィックアーティスト「YASUHIDE YAMAGUCHI」氏によるデザインのTシャツ

70%-2017_0701_082218

CHUMS東北限定アイテムとは直接は関係ないですが

最近仕入れた、東北楽天イーグルスとのコラボ商品、Tシャツとヨットパーカー

東北を応戦しようという思いは、同じかもしれませんね

70%-2017_0701_082434

70%-2017_0701_082806



そして、これは全然関係がないですが、CHUMSの団扇

70%-2017_0701_092215

70%-2017_0701_092236

2017_0701_092424



70%-2017_0701_080329-1


「東北を元気に!」

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/01(土) 13:50:12|
  2. その他グッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Kaoru&Beet

Author:Kaoru&Beet
Kaoru君とBeet君のキャンプ日記へようこそ!

PCカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

INDEX

Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

CATEGORY

月別アーカイブ

2017年 08月 【18件】
2017年 07月 【19件】
2017年 06月 【23件】
2017年 05月 【34件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【21件】
2017年 02月 【24件】
2017年 01月 【28件】
2016年 12月 【55件】
2016年 11月 【32件】
2016年 10月 【27件】
2016年 09月 【29件】
2016年 08月 【23件】
2016年 07月 【29件】
2016年 06月 【29件】
2016年 05月 【21件】
2016年 04月 【23件】
2016年 03月 【22件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【30件】
2015年 12月 【29件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【30件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【24件】
2015年 02月 【25件】
2015年 01月 【17件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【23件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【21件】
2014年 04月 【12件】
2014年 03月 【24件】
2014年 02月 【17件】
2014年 01月 【18件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【19件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【14件】
2013年 07月 【24件】
2013年 06月 【12件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【16件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【13件】
2013年 01月 【14件】
2012年 12月 【18件】
2012年 11月 【16件】
2012年 10月 【17件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【9件】
2011年 09月 【2件】

最新コメント

リンク


Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

WOM CAMP ロゴ2

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR