FC2ブログ

Kaoru君とBeet君のキャンプ日記

キャンプ日記、キャンプ道具、旅の記録、街歩きとグルメなどを書いています。

雨に濡れた幕は、速やかに乾燥させるべし

雨に濡れた幕は、速やかに乾燥させるべし


桐の木平キャンプ場でのキャンプから帰った翌日(6月28日)、午後から風が少しあるけれど青空が出てきたので

若洲公園キャンプ場へ

濡れて土でよごれたリビロン君焚き火タープなどの乾燥に行ってきました

70%-2018_0628_151720

幕もタープもぞうきんで水ふきします

70%-2018_0628_151715

70%-2018_0628_151756

ケースやポールなどもじっくりと乾燥させます

70%-2018_0628_151810

しっかりと風をとおして、完了です

70%-2018_0628_151837

とても綺麗になって良かったです

雨に濡れた幕やタープは、速やかに乾燥させるべし・・・ですスマイル

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/06/30(土) 18:23:03|
  2. 若洲公園キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桐の木平キャンプ場  二泊の予定でしたが・・・

桐の木平キャンプ場  二泊の予定でしたが・・・


一日目その2へ戻る    

二日目(6月27日)

夜中に降った雨も、すぐに止んだようで、朝には日差しも出てました

70%-2018_0627_072736

70%-2018_0627_072817

朝ごはん、サラダチキンのロールパンサンド

70%-2018_0627_081141

70%-2018_0627_082715

昨夜のポトフの野菜をカットして牛乳を加えたスープ

70%-2018_0627_082306

管理棟でコーヒーをいただきます

70%-2018_0627_094301

70%-2018_0627_094703

70%-2018_0627_094709

70%-2018_0627_094737

管理棟からすぐのところに、武尊山麓を流れる薄根川の源流部の流れがあります

70%-2018_0627_095405

夏になったら、子供さん達の歓声が賑やかに響きわたるのでしょうね

70%-2018_0627_095522

70%-2018_0627_095605

午前中にお風呂へ

今日は、川場温泉 かやぶきの源泉湯宿 悠湯里庵(ゆとりあん)という高級旅館の日帰り入浴にいきます

kirinokidaira201806-016

広大な敷地に点在するかやぶき民家、まさに日本の古き良き田舎の風景がここにありました

70%-2018_0627_103252

70%-2018_0627_103340

70%-2018_0627_103317

70%-2018_0627_103346

70%-2018_0627_110747

70%-2018_0627_110356

70%-2018_0627_112415

70%-2018_0627_110731

70%-2018_0627_112322

移築したかやぶき屋根の建物

その欄間は一見の価値があるものでした

70%-2018_0627_113158

70%-2018_0627_113257

70%-2018_0627_113325

70%-2018_0627_113405

70%-2018_0627_113459

70%-2018_0627_113118

70%-2018_0627_113644

悠湯里庵 パンフレット

2018_0628_204418.jpg  2018_0628_204430.jpg

70-2018_0628_204451  70-2018_0628_204552  70-2018_0628_204608
 
70-2018_0628_204625  70-2018_0628_204638  70-2018_0628_204650

70-2018_0628_204712  70-2018_0628_204736  70-2018_0628_204817

70-2018_0628_204859

70%-2018_0627_113959

↓画像クリックで拡大表示

70%-2018_0627_114101

70%-2018_0627_114314

スマホで天気予報をチェック(キャンプ場は電波が通じないので)
当初の予報で、明日は曇りだったけれど、直近の予報によると明日は雨
今日も小雨の予報だけれど、明日の雨量予報よりは少なそう
実は、二泊の予定でしたが、今日これから撤収して帰ることにしました

お昼ご飯に、コンビニで買ったおにぎり・サンドイッチを食べてキャンプ場に戻ります

15時頃、撤収完了

途中少しだけ雨撤収となったので、テントは大型のビニール袋へ、タープはアウトドアドライバック

70%-2018_0627_150846

70%-2018_0627_150923

帰り道、もう一度道の駅川場田園プラザに寄って少し買い物

70%-2018_0627_160158

70%-2018_0627_160032

70%-2018_0627_155813

70%-2018_0627_155805

名物のライブ山賊焼は、ちょっとお腹に重そうだったので諦めました困った

70%-2018_0627_160110

関越道の三芳SAで少し早めの夕食をとって

練馬ICから一般道で帰ります

満月の一日前、小望月が都会の夕空に浮かんでいました

70%-2018_0627_191845

70%-2018_0627_192751

70%-2018_0627_185905


[広告] VPS




できるだけ早く、濡れた幕とタープを乾燥させなくては・・・



一日目その2へ戻る 


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2018/06/29(金) 23:34:57|
  2. 桐の木平キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桐の木平キャンプ場  リビロンの新しいインナー??

桐の木平キャンプ場  リビロンの新しいインナー??


一日目その1へ戻る
    二日目へ続く

一日目(6月26日)その2

10時過ぎ、キャンプ場到着です

70%-2018_0627_094104

キャンプ場手前の道で、路肩の草刈りをしていた管理人さんが、「すぐに戻りますから管理棟でお待ちください」と・・・

事前に電話で4WD専用フリーサイトを予約していましたが
「今日は2組しか予約が入っていないので、一度場内をご覧になってお好きなところを選んで下さい」とのお言葉
車で場内をひと周りしてきてからサイトを決めることにしました

このキャンプ場は南北に細長く、高低差があります
管理棟から上に向かって順に
Aサイト(ワイドAサイト)、Bサイト(トイレ・炊事場)、Cサイト(区画サイト)、Dサイト(4WD専用フリーサイト)
管理棟から相当離れた下の方に、フリーサイト・・・というサイト構成になっています

ABCDの間は坂道となっていて、CとDの間は特に急な坂道です

*Bサイトはトイレ・炊事場のみでテント設営不可

kirinokidaira201806-014kirinokidaira201806-011-4-1

場内をひと回りしてみます

この動画で各サイト間の高低差が実感できると思います  動画時間5:33

[広告] VPS



全てのサイトを見た結果、とても広々としているフリーサイトに決定

最初に予約していた4WD専用フリーサイトは一番高いところにありますが、それほど眺めが良いわけではありません

炊事場はサイト内にありますが、トイレまで遠く、急な坂道を昇り降りしなくてはならないですから

kirinokidaira201806-011-3

70%-2018_0626_111433

フリーサイトの奥には大型ロッジがあり、トイレはこの中にあります

炊事場は大型ロッジの前に屋根付きのものがあります

70%-2018_0626_111446

今回の幕は、リビロン君とその中に新しいインナー??がっかり

そして、久しぶりに焚き火タープを・・・

フリーサイト、完全貸し切り状態です

70%-2018_0626_140705

北方向には前武尊山(標高2,040m)が見えます

70%-2018_0626_140713

これが、新しいリビロン君のインナーです

70%-2018_0626_125523

あれ、なんかおかしいですよね困った

今回の設営は、リビロン君に4号(ランブリ4)を接続の予定できたのですが・・・・

なんと4号(ランブリ4)のポールを忘れてきました が~~~ンあくび

ポールなしでは4号を単体で立てることができないので、リビロン君の中でインナーとして使うことに

予備のガイライン(張綱)・クリップ・カラビナを使って吊り下げて、なんとか形を作りました

70%-2018_0626_125532

70%-2018_0626_125603

70%-2018_0626_125609

タープを張って正解です

標高1,000mの高所ですが、結構暑く、リビロン君の中ではフルメッシュにしても過ごせません

70%-2018_0626_141544

設営に時間がかかったので、おつまみとして持ってきた枝豆をお昼代わりに

70%-2018_0626_140825

70%-2018_0626_140836

しっかりと汗をかいたので、15時前、近くの温泉へ

このキャンプ場にはシャワー・風呂設備はありません

キャンプ場から3.3km 緑渓の湯宿 とくさ 

kirinokidaira201806-015

日帰り入浴¥500ですが、キャンプ場でもらえる割引券があれば¥400になります

70%-2018_0626_152637

70%-2018_0626_152501

この宿からもう少し下ったところに小住温泉という温泉宿があり
いいお湯だったそうですが、残念ながら今年の5月に閉館となっていました

70%-2018_0627_154121

70%-2018_0627_154133


焚き火の準備

70%-2018_0626_163245

今夜は新品の焚き火台を使ってみようかながっかり

70%-2018_0626_161049

70%-2018_0626_160736

晩御飯

70%-2018_0626_183838

70%-2018_0626_183842

CHUMS×BE-PALスキレットでししとうを焼いて

70%-2018_0626_184121

タコのバジルソース炒め

70%-2018_0626_184104

70%-2018_0626_184617

70%-2018_0626_184142

70%-2018_0626_184310

メインは、じっくり煮込んだポトフ

70%-2018_0626_192625

70%-2018_0626_193119

70%-2018_0626_193135

70%-2018_0626_193344


70%-2018_0626_193235

70%-2018_0626_193245

70%-2018_0626_201011

 

70%-2018_0626_200831

70%-2018_0626_202626

70%-2018_0626_201000

Goal Zero Lighthouse microのシェードを自作したので、その効果検証を・・・(詳細は別途レポします)

 70%-2018_0626_204533

70%-2018_0626_205406

ぬえが鳴く、ちょっと怖いほど静かな夜でした


24時過ぎ、雨音で目が覚めて起きだして、焚き火台や薪などをタープの下に入れました

スマホの電波が全く通じない場所、当初の天気予報では雨の予報はなかったはずなのに
当然、雨雲レーダーを見ることはできないし、明日県道まで降りたときに天気の状況を確認してみることにします

天候  晴れのち曇り  最高気温30.2℃ 最低気温16.6℃ 平均風速1.5m

一日目その1へ戻る    二日目へ続く

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2018/06/28(木) 23:35:11|
  2. 桐の木平キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

桐の木平キャンプ場  ツバメの子育て

桐の木平キャンプ場  ツバメの子育て


2018年6月26日(火)~27日(水)、1泊2日で、群馬県利根郡川場村の桐の木平キャンプ場へ初めて行ってきたよ

桐の木平キャンプ場は古くからあるキャンプ場のようですが
2016年春に運営管理主体が変わり、リニューアルオープンしたキャンプ場
雑誌で見たことがあり、以前から少し気になっていました

梅雨前線が日本海まで上がり、関東地方には雨の気配がなく、猛暑の予報
キャンプに行くなら、標高が高いところかな
群馬のこのあたりでは、丸沼高原オートキャンプ場(1,500m)・片品ほたか牧場キャンプ場(1,500m)など
過去に行ったことがあるキャンプ場がありましたが、今回は標高1,000mのこのキャンプ場を選択

kirinokidaira201806-004-1

kirinokidaira201806-005-1


一日目(6月26日)その1


2018ロシアW杯のおかげで、連日寝不足の中、5時前には起きだしてペロリ

6:00 浅草出発 距離178㎞

kirinokidaira201806-003

70%-2018_0626_062651

70%-2018_0626_075302

関越道を一気に走り、赤城高原SAで休憩

70%-2018_0626_080320

トイレの軒下にツバメの巣がありました

ツバメは雛にとっての天敵であるカラスなどから守るために、民家の軒下などに巣作りをするようです

こんなに近くで雛を見ることは初めてかも

70%-2018_0626_081256

可愛いですが、なんと弱々しい雛たちでしょうか

親鳥が命を懸けて守っているのですね

70%-2018_0626_081405

70%-2018_0626_081409

[広告] VPS

8:22 沼田IC

70%-2018_0626_082247

ICの出口にあるガストで朝食

早朝に出発した時の朝食は現地のガストで・・・その理由は?
早い時間から営業している、モーニングメニューが豊富、値段が安い(¥323~)、スープ・ドリンクがフリー
・・・ということですね

70%-2018_0626_082607

沼田ICから道の駅川場田園プラザへ 距離約5.5km

kirinokidaira201806-006

沼田ICから道の駅川場田園プラザへ 全行程 動画時間4:05

[広告] VPS

道の駅 川場田園プラザ

平成27年度全国モデル道の駅に選定され、関東好きな道の駅第1位に選ばれている
創意工夫で進化を遂げ、年間120万人が訪れるというとても有名な道の駅

70%-2018_0626_100041

70%-2018_0626_093721


道の駅というより、公園ですよね

70%-2018_0626_093755

70%-2018_0626_093850

70%-2018_0626_094054

70%-2018_0626_094038

70%-2018_0626_094156

70%-2018_0626_094212

農産物直売所(ファーマーズマーケット)

70%-2018_0626_095347

70%-2018_0626_094814

70%-2018_0626_094937


気になったお米

70%-2018_0626_095334

70%-2018_0626_095100

70%-2018_0626_095110


気になったお酒

70%-2018_0626_094505

水芭蕉 パンフレット
2018_0628_204315.jpg  2018_0628_204328.jpg

村の花工房・みみずく工房

70%-2018_0626_100521

桐で作った肩たたき、とても軽いので買いましたスマイル

70%-2018_0626_100343


早い時間で入場者も少なかったですが、場内を歩いてみて、その広さと人を惹きつける魅力を実感しました

kirinokidaira201806-012

道の駅 川場田園プラザ    パンフレット

2018_0628_203849.jpg 2018_0628_203949.jpg 2018_0628_204014.jpg

2018_0628_203911.jpg 2018_0628_203926.jpg


道の駅川場田園プラザから、キャンプ場へ向かいます

距離約10km

kirinokidaira201806-007

県道64号線のキャンプ場へ入る分岐点まで  全行程 動画時間5:37

[広告] VPS
 

 県道64号のキャンプ場へ入る分岐点からキャンプ場まで 距離1.8km

この道のどん詰まりがキャンプ場
狭い道なので対向車に十分注意が必要ですね

70%-2018_0626_102308

70%-2018_0627_123453


kirinokidaira201806-013


分岐点からキャンプ場まで  全行程 動画時間3:22

[広告] VPS



一日目その2へ続く





関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2018/06/27(水) 23:03:38|
  2. 桐の木平キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Goal Zero Lighthouse micro ゴールゼロ ライトハウスマイクロ

Goal Zero Lighthouse micro  ゴールゼロ ライトハウスマイクロ


コンパクトな軽量設計のUSB充電式LEDミニランタン

70%-2018_0507_171911


70%-2018_0507_172133-1

70%-2018_0507_172140-1

70%-2018_0624_095615-1

高さは約93mm、直径は一番大きなところで約38mm、重量は68gと、とてもコンパクト

70%-2018_0624_095900-1

最大150ルーメンのLEDライトを搭載

2つの点灯モードの切り替えと輝度調節に対応

9.62Whリチウムイオン電池を内蔵し、明るさを調節することで最大170時間の点灯が可能

<2018年7月追記>
*実際に点灯させて、点灯時間を計ってみました
 ひとつめのモード(最も明るい)で、明るさ調整最大の場合は、点灯時間は約7時間
 ふたつめのモード(ひとつめより少し明るさが弱い)で、明るさ調整最大の場合は、点灯時間約11時間

*最大170時間と表示されているのは、ふたつめのモードで、明るさ調整を最低にした場合の点灯時間と推測されますが
 その実験は行っていません
<2019年5月追記>
点灯時間の実証テスト(屋内)を行った結果、ふたつめのモードで明るさ調整を最低にした場合、
204時間までの点灯時間を確認済

70%-2018_0624_095902 (9)-1

70%-2018_0624_095902 (8)-1

充電用のUSBコネクタを装備

70%-2018_0624_095330-1

70%-2018_0624_095352-1

70%-2018_0624_095512-1

70%-2018_0624_095449-1

以前から使っているGoal Zero のソーラーパネル Nomad 7 Solar Panelからの充電にも対応しているのでいいですね

70%-2018_0624_095905

黄色い部分がスイッチ、点灯・消灯・2つの点灯モードの切り替え・照度の微調整が全てこのスイッチで行います

スイッチを押すごとにLEDの点灯個数が四方4個と片側2個にきり変わります
それぞれのモードで長押しすると照度の微調整が出来ます

70%-2018_0624_095651-1

バッテリー残量が分かるLEDインジケータ搭載 

70%-2018_0624_095718-1

吊り下げ用ハンガーを装備

70%-2018_0624_095749-1

吊り下げない場合、自立しますのでテーブルなどに置くことも出来ます

70%-2018_0624_095730-1


70%-2018_0624_095759-1

70%-2018_0507_172245-1

70%-2018_0507_172237-1

70%-2018_0624_095901


70%-2018_0624_095902 (1)-1

70%-2018_0624_095903 (1)-1

70%-2018_0624_095903 (2)-1

70%-2018_0624_095903 (4)-1

 

Goal Zero社 概要

企業家のRobert Workman氏が自身の事業で成功を収めた後に、アフリカのコンゴでNPO団体「Tifie」 (発展途上国においての支援活動を主に行う) として活動した際に住民が電気のない生活をしている所を目の当たりにし、この電力の問題は実はコンゴ共和国の人々の問題であるとともに、世界中のすべての人の問題であることに気づいたのです

アメリカに帰国しすぐにソーラーパワーチャージャーの開発に着手し、約5年間にわたるリサーチ・開発・フィールドテストを経て、「Goal Zero」ブランドとしてマーケットにリリースし、2008年に米国ユタ州で設立されました。携帯用太陽光発電メーカーのリーダーとして、環境にやさしく、品質、デザイン、使いやすさにこだわった、高性能かつポータブルで拡張性が高いソーラー発電システムを開発しております。アウトドア、キャンプユーザーはもとより、外出先でのバッテリ充電に最適な製品を提供しています。

Goal Zero社のCSR(企業の社会的責任)について

東日本大震災時には「アウトドア義援隊」を通じ、ソーラーパネルやライトを被災地へ届けるなど支援活動に加わりました。2012年末、アメリカ・ニューヨークを襲ったハリケーン・サンディーの時もハリーケーン後すぐに現地入りし、電力が回復するまでの間、電源確保を支援する取り組みを行いました。今後は「Goal Zero」の考え方に共感するパートナーと共に「Goal Zero Nation」を組織し、災害時の支援活動をより効果的に行うことを計画しています。

「Goal Zero」ブランド名の意味

3つのZero(ゼロ)を達成する、という意味があります

1. Zero apathy(無感覚・無関心をゼロにする)
何事においても恐れず、勇敢に、情熱を持ちチャレンジしていく精神を決して忘れない。

2. Zero boundaries(境界をゼロにする)
自らを境界や限界から解放する。我々は制限を決して設けず、問題解決のために誰も想像すらしない商品を生み出していきます。

3. Zero regrets(後悔をゼロにする)
ハードに仕事し、ハードに遊ぶ。「ゴールゼロ」は単なる会社ではなく、冒険に情熱を傾け、自然や人をリスペクトし人生を楽しんでいる社員で構成されています。

Barebones Living ベアーボーンズリビング との関係

Barebones Living ベアーボーンズリビングは、GOAL ZERO創始者のRobert Workman氏が身近なアウトドアライフスタイルをコンセプトに、本当に自身が使いたいと思う風合いの、こだわりを持った道具を展開しているブランドです。 又、GOAL ZERO時代から続く、「人道支援」をブランドの根底に持ち、アフリカの農家の方への指導・支援、ネパール震災時のテントの提供、地元では休耕田を利用した農業・食の指導などを積極的に行っています。



Goal Zero、Barebones
どちらのコンセプトにも共感できる、とても好きなブランドです


晴れGOALZERO  Guide 10 Plus Recharging Kit 

ひらめきBarebones CANYON LANTERN
ひらめきBarebones Living  BEACON CARABINER LIGHT
ひらめきBarebones Living FOREST LANTERN


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GOAL ZERO LIGHTHOUSE micro 正規代理店保証付 xx1365
価格:3024円(税込、送料別) (2018/6/24時点)


 <2019年11月追記>
2018年5月にamazonで¥2,768で購入した商品ですが
2019年11月現在、amazonで¥13,409、楽天市場のあるショップでは¥17,580というとんでもない高価で販売されています
価格高騰の理由はどういう事なのでしょうか??


 

<2018年8月追記>

専用のシェードを帆布で作りました


<2018年2月追記>

専用の木製シェードを作りました

シンデレラフィットするレトロランプシェード


 照明器具INDEXはこちらへ

ページトップへ戻る




関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/06/25(月) 11:03:48|
  2. 照明器具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

CHUMS×BE-PAL 鋳鉄製スキレットmini

CHUMS×BE-PAL 鋳鉄製スキレットmini

BE-PAL 2018年7月号(創刊37周年記念号)の特別付録
ブランド創立35周年のCHUMSとBE-PALとのコラボ企画で生まれたスキレット

70%-2018_0624_093633

70%-2018_0624_093644

70%-2018_0624_093719

本当にミニですスマイル

70%-2018_0624_114217-1

ブービーバードのロゴが入っています

70%-2018_0624_114245-1

2つというか、2冊買ってしまいましたペロリ

70%-2018_0624_114229-1

実際に使ってみました

キャンプでではなく家で・・・イヤミ

70%-2018_0624_091131-1

70%-2018_0624_091143-1

実用性、問題なしです!!


調理器具INDEXはこちらへ


CHUMS(チャムス)好きなんです

拍手Big Folding Stool CHUMS Logo

拍手チャムスグリップカバー

拍手土湯系ブービーバードこけし 【CHUMS東北限定アイテム】





東北長期遠征2017のレポも更新中

東北長期遠征2017 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート東北2017


ページトップへ戻る
関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/06/24(日) 13:52:51|
  2. 調理器具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2018 梅雨 ちょっとお出かけ

2018 梅雨 ちょっとお出かけ

長雨が続く今年の梅雨は「梅雨らしい梅雨」

2018年6月19日(火)~20日(水)、一泊二日で気晴らしに出かけてきました
宿は、埼玉県飯能市の休暇村奥武蔵

キャンプではないですが・・・

以前、休暇村裏磐梯キャンプ場へ行った時に、休暇村の会員制度「Q会員」に加入したのですが
そのDMで、休暇村奥武蔵に平日限定・DM限定というお得なプランがあったので、行ってみました

距離約70km、高速道路を使わずに一般道で

70%-2018_0619_134711

最初に寄ったのはこちら爆笑

70%-2018_0619_134737

クーポンの誘惑に負けてしまいました・・・がっかり

P1070724

奥武蔵の紫陽花寺と呼ばれる 長念寺

70%-2018_0619_144501

70%-2018_0619_144551

長雨が続いていましたが、この日だけ梅雨の晴れ間

雨に濡れる紫陽花ではなく、光に輝く紫陽花でしたラブラブ

70%-2018_0619_143931

70%-2018_0619_144252

70%-2018_0619_143956

 

70%-2018_0619_143844

70%-2018_0619_144334

70%-2018_0619_144429

70%-2018_0619_143738

[広告] VPS

休暇村奥武蔵に到着です

70%-2018_0619_134712

70%-2018_0619_175844

70%-2018_0619_175905

70%-2018_0619_175924

70%-2018_0619_175942

今夜はログハウスに泊まります

70%-2018_0619_175714

定員7名、とても広いログハウス

70%-2018_0619_154449

高麗川に面したデッキでは、BBQができるのかな

70%-2018_0619_154503

70%-2018_0619_154507

高麗川、ここで蛍を見ることができるようです

70%-2018_0619_153407

70%-2018_0619_153655

70%-2018_0619_175645


18時頃、夕食

70%-2018_0619_175819

ビュッフェ方式です

70%-2018_0619_181039

70%-2018_0619_181103

驚いたのは・・・

70%-2018_0619_192131

なんとなんと、ドリンクメニューに「イチローズモルト」があるではないですか

70%-2018_0619_191451

はい、もちろん注文しましたよ

70%-2018_0619_181740

ここの支配人さんが「イチローズモルト」に惚れ込んでいて、特別のルートで仕入れているとか・・・

グラスは特注の限定品で、今は販売されていないようです

70%-2018_0619_181755

久しぶりに味わった「イチローズモルト」、大満足でした


夕食を終えてログハウスに戻ります

まさに梅雨の晴れ間、いい天気でした

70%-2018_0619_192516

70%-2018_0619_192452

70%-2018_0619_204744

70%-2018_0619_204937

20時前、ログハウスからすぐの高麗川にかかる橋のあたりに蛍を探しに行きます

70%-2018_0619_200643

70%-2018_0619_200738

数は少ないですが、ゲンジボタルに逢うことができました

70%-2018_061919_5416R

70%-2018_061919_5603R

70%-2018_061919_5731R

70%-2018_061920_2735R

70%-2018_061919_5859R


2018ロシアWカップ、日本×コロンビア 日本時間21時キックオフ!!サッカー

ワクワク冷や冷やドキドキしながら観戦

勝てて良かったです

二日目は朝から雨、また梅雨に戻りました

70%-2018_0620_091153

70%-2018_0620_091849

70%-2018_0620_091825

70%-2018_0620_091930

70%-2018_0620_092007

紫陽花はやはり雨に似合います

70%-2018_0620_092017

70%-2018_0620_092026-1

WILD-1、紫陽花、イチローズモルト、蛍、日本勝利・・・充実したお出かけでした

 

 

P1070720

P1070721

日本!! 次も勇気をもって戦ってほしいですね!!




東北長期遠征2017のレポも更新中

東北長期遠征2017 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート東北2017


ページトップへ戻る

関連記事
  1. 2018/06/20(水) 21:53:36|
  2. ●旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

無印良品津南キャンプ場  キャンプ場情報

無印良品津南キャンプ場 キャンプ場情報だよ

この情報は、僕らが訪問した時(2018年5月)の状況について記載しています
季節による変化、時間経過による変化があるという事をご理解下さい
また、個人的な感想も含まれている場合がありますので、その点もご理解下さい

無印良品津南キャンプ場 2018年5月キャンプ日記はこちらへ


上矢印ロケーション
標高700~720m、山伏山(標高903m)を中心とした里山に、100万平方メートルの広さをほこるキャンプ場
Cエリア・Bエリアの一部のサイトは眺望が素晴らしい
付近に民家はなくとても静かな環境
夜はサニタリー・センターハウスの灯りだけで、その他は外灯もなくほとんど真っ暗

tunan201805-23

tunan201805-25-2

tunan201805-24-1

上矢印センターハウス
無印良品が運営管理するキャンプ場
スタッフが24時間常駐
売店の品揃えはとても充実している

70%-2018_0601_095506

70%-2018_0601_095515

上矢印炊事場(サニタリー)
場内に3ヶ所、シンク数各8台
お湯は出ません
合成洗剤の使用はできません
Cエリア・Fエリアに水場あり(使用していないので詳細不明)

*写真はセンターハウスに近い北サニタリー

70%-2018_0601_095125

70%-2018_0601_095147

70%-2018_0601_095204


上矢印トイレ(サニタリー)
場内に3ヶ所
簡易水洗、和式洋式

70%-2018_0601_095211

70%-2018_0601_095217

70%-2018_0601_09524470%-2018_0601_095237
70%-2018_0601_09524870%-2018_0601_095256

子供さん専用のトイレあり

70%-2018_0601_095224

上矢印シャワー・風呂
シャワー棟が場内に1か所(センターハウスの近く)コイン式シャワー(3分¥100)24時間利用可能
風呂なし

70%-2018_0601_095328

70%-2018_0601_095337

70%-2018_0601_095412

 

付近の入浴施設

越後田中温泉 しなの荘 11.2km 26分
新潟県中魚沼郡津南町上郷上田乙2163
TEL:025-765-2442
時間:10:00~21:00
料金:大人600円 / 子供300円
*しなの荘 パンフレット
70-2018_0607_110150 (2) 70-2018_0607_110204 70-2018_0607_110231

クアハウス津南 11.2km 26分
新潟県中魚沼郡津南町芦ヶ崎乙203
電話: 025-765-3711
大人(中学生以上) 500円

竜ヶ窪温泉 竜神の館  17.7km 35分
新潟県中魚沼郡津南町大字谷内7031番地  
TEL 025-765-5888 
定休日は毎週火曜日 10:00~21:00  大人(中学生以上) 600円
*竜神の館 パンフレット
2018_0607_111023.jpg  2018_0607_111046.jpg

リバーサイド津南 14.8km 31分
新潟県中魚沼郡津南町大字外丸丁1921-1
TEL:025-765-4733  
定休日 毎週月曜日(祝祭日は営業、翌日休み)
営業時間 14:00~20:30
料  金 大人:500円子供:300円

中条温泉・トマトの国  9.6km 29分
長野県下水内郡栄村北信4413−1
電話: 0269-87-3030
夏期営業時間 14:00~20:00
定 休 日毎月第3水曜日・4月1日(臨時休業有り)
大人(中学生以上)500円
*トマトの国 パンフレット
2018_0607_113541.jpg  2018_0607_113553.jpg

ミオンなかさと  21.5km 41分
Tel :  025-763-4811
〒949-8505 新潟県十日町市宮中己4197
営業時間:10:00 ~ 22:00
休館日:毎週木曜日
大人(中学生以上) 600円

上矢印ゴミ
分別廃棄可能
ANNEX山伏山森林公園山荘に隣接したスペースがゴミ収集所となっている

tunan201805-25-3

70%-2018_0604_120014

70%-2018_0604_120025

70%-2018_0604_120018

上矢印サイト
草・土
自然の地形をそのままに生かしたサイトなので、完全にフラットなサイトはとても少ない
平均約16m×16mととても広いが、サイトによってばらつきがある
津南キャンプ場のHPには、各エリアごとの特色などが詳細に記載されている

tunan201805-25-2 -1

tunan201805-26

tunan201805-27

上矢印その他
・ペット入場可能(ABCエリアは不可)

・国道117号線からキャンプ場までの約7kmの山道はとても狭い
 対向車に十分注意して、徐行運転をする必要があると考えます

tunan201805-28

・付近のスーパーマーケット・コンビニ・物産館など
tunan201805-29


清水フード・メルシーつなん 15.1km 車34分
津南町下船渡甲7198−1   025-765-5048

ファミリーマートJA津南町上郷店 7.4km 車23分
新潟県中魚沼郡津南町大字上郷子種新田14番地1 025-761-6301

道の駅信越さかえ 栄村物産館またたび  栄村直売所かたくり 7.2km 車22分
長野県下水内郡栄村北信3746−1  0269-87-3180
営業時間:9:00~17:00
定休日:火曜日
*栄村物産館またたび パンフレット
2018_0607_110533.jpg  2018_0607_110600.jpg

津南観光物産館 11.4km 車27分
新潟県中魚沼郡津南町大字芦ヶ崎乙 203番地  025-765-5008
営業時間:9:00~18:00
定休日:水曜日

無印良品津南キャンプ場 2018年5月キャンプ日記はこちらへ

キャンプ場INDEXは ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]


ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2018/06/18(月) 18:32:55|
  2. 津南キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅の終わりにキャンプ場見学

旅の終わりにキャンプ場見学


六日目その1へ戻る
   

六日目(6月5日)その2

12:20頃、道の駅を後にして帰路につきます

akiyamagou021

途中、十日町の川沿いの公園を見学

車の乗り入れはできませんが、無料でキャンプ可能なようです

70%-2018_0605_130053

芝がなかなかのものですね
すぐ近くに入浴施設もありますし

70%-2018_0605_125218

70%-2018_0605_125247

70%-2018_0605_125346

次に見学したのが、塩沢石打ICから車で2~3分の舞子高原オートキャンプ場

以前から気になっていたキャンプ場で、多くの方のブログ記事から情報をもらっていましたが
実際に訪問するのは初めてでした

舞子高原ホテルのフロントで、許可をいただいてから見学します

このキャンプ場は、冬はスキー場です

akiyamagou022-1

akiyamagou024

B4・B5・B6

70%-2018_0605_134530

B4・B5はよく使われるサイトなのでしょう 芝が剥げてました

70%-2018_0605_134551

B4からの風景、建物は水場トイレがある建物

70%-2018_0605_134416

B4・B5・B6から  下のサイトがB7・B8・B9、建物は水場トイレがある建物

70%-2018_0605_134615

B7・B8・B9

70%-2018_0605_134808

B7・B8・B9からの風景  電柱がちょっと邪魔かな

70%-2018_0605_134829

70%-2018_0605_134852

B1

70%-2018_0605_135134

B1から

70%-2018_0605_135153

B2

70%-2018_0605_135118

B1・B2

70%-2018_0605_135203

B3

70%-2018_0605_135244

B3から  テントが設営されているサイトはA2

70%-2018_0605_135312

A1・A2入口付近

70%-2018_0605_135535

A1

70%-2018_0605_135655

70%-2018_0605_135614

A1からの風景

70%-2018_0605_135631

A2 この日唯一のキャンパーさん

70%-2018_0605_135711

A3

70%-2018_0605_135836

A4

70%-2018_0605_135858

A5

70%-2018_0605_135845

炊事場トイレがある建物、ゴミ収集場もここにあります

70%-2018_0605_140201

70%-2018_0605_140139

ホテルの建物、ここで入浴ができるようです

70%-2018_0605_140615

インター近くのお店で、遅い昼食

70%-2018_0605_150551

70%-2018_0605_142816

70%-2018_0605_142822

越後名物へぎそば

70%-2018_0605_143703

70%-2018_0605_143710 - 1

名物もち豚丼

70%-2018_0605_143235 - 1

70%-2018_0605_143227 - 1

しっかり食べて帰るとしましょうか


六日目その1へ戻る 


一日目へ戻る

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2018/06/17(日) 21:51:34|
  2. ●旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

秋山郷  深山幽谷の山道を行く

秋山郷 深山幽谷の山道を行く


五日目その2へ戻る
   六日目その2へ続く

六日目(6月5日)その1

7時半、朝食です

70%-2018_0605_073827

70%-2018_0605_074438

70%-2018_0605_073833

70%-2018_0605_080001

70%-2018_0605_083946

朝食の後、露天風呂へ

今朝はお湯の温度が下がっていて入ることができました(お湯の温度が下がったというより、気温が下がったのでしょうね)

70%-2018_0605_082031

70%-2018_0605_083216

70%-2018_0605_082025

70%-2018_0605_082042

出発する前に、宿のご主人と奥さんと野反湖の話をしました

年に1組か2組、野反湖から歩いてくる人、野反湖へ歩いて行く人がいるとのこと
野反湖まで徒歩8時間程度、凄い道のりです

 

奥さんに見送られて出発します

宿からすぐの、川原の湯天然手掘り温泉へ行ってみます
保養センター雄川閣の脇から歩いて行きます

70%-2018_0605_091319

70%-2018_0605_093830

70%-2018_0605_091453


川原の湯というのは、川原を自分で自由に掘って湯舟を作るようになっています

川原に降りると、なんとなくポカポカします

70%-2018_0605_091838

クロアゲハが乱舞していました
蝶々は熱に集まるのでしょうか

70%-2018_0605_092854

流れがないところでは、いい感じのお湯が湧き出ていました

70%-2018_0605_092111


70%-2018_0605_091918

70%-2018_0605_092151


70%-2018_0605_092230


[広告] VPS


70%-2018_0605_093236

70%-2018_0605_093325


切明リバーサイトハウス

70%-2018_0605_093353

70%-2018_0605_093456

70%-2018_0605_094030

東京電力切明発電所の施設です

70%-2018_0605_093652

保養センター雄川閣

70%-2018_0605_094648

70%-2018_0605_093658

70%-2018_0605_094637

70%-2018_0605_094642

70%-2018_0605_093745

70%-2018_0605_093935

70%-2018_0605_094221

70%-2018_0605_093928

切明温泉を9:40頃出発

苗場山の三合目まで行ってみることにします

akiyamagou016

鳥甲山(標高2,037m)

70%-2018_0605_095632

70%-2018_0605_095636

70%-2018_0605_100343

上野原の集落に「のよさの里 牧之の宿」という宿泊施設があり

そこが管理しているキャンプ場があるので見学します

画像はHPから拝借

akiyamagou017

のよさの里 牧之の宿 パンフレット
2018_0607_112528.jpg  2018_0607_112536.jpg 

*パンフレットにはお料理例と写真が掲載されていますが、食事の提供なしの素泊まりの宿です

akiyamagou018-1

のよさの里オートキャンプ場

炊事棟を取り囲むように13区画がサークルとなっている、こじんまりとしたキャンプ場

料金は大人1泊¥2,000(のよさの里での入浴料が含まれる)

70%-2018_0605_101443

70%-2018_0605_101505

70%-2018_0605_101453

70%-2018_0605_101521

このキャンプ場の近くに栃川高原キャンプ場というキャンプ場があることを後で知りました
最初から知っていたなら見学したのですが、残念でした


天池(あまいけ)

鳥甲山の姿が素晴らしい

70%-2018_0605_101628

70%-2018_0605_101824

70%-2018_0605_101748

70%-2018_0605_101913

70%-2018_0605_101944

苗場山登山口(小赤沢三合目登山口)

山には登りませんが来てみました

70%-2018_0605_104240

70%-2018_0605_104247

70%-2018_0605_104006

大瀬の滝

70%-2018_0605_105550

70%-2018_0605_105933

70%-2018_0605_105632

70%-2018_0605_105647

大型バスは通行できませんが、トラックは大丈夫なようです(車の全長の差でしょうね)

70%-2018_0605_110920

小赤沢を超えて大赤沢に入ると、栄村とはお別れし津南町に入ります

70%-2018_0605_111037

akiyamagou019

前倉橋

70%-2018_0605_111635

70%-2018_0605_111218

70%-2018_0605_111609

70%-2018_0605_111204

70%-2018_0605_111151

70%-2018_0605_111306

前倉の集落から、来た時に通った国道405号線から離れ、道の駅信州さかえに抜ける道を走ります

akiyamagou020

前倉トドという、苗場山の眺望がすばらしいところに行く予定が、少し道に迷って鳥甲牧場跡の方へ入ってしまいました

70%-2018_0605_114156

このあたりからも苗場山がよく見えました

70%-2018_0605_113807

たまたま中部電力の車が来たので、先導してもらいましたペロリ

70%-2018_0605_120043

70%-2018_0605_120057

70%-2018_0605_120231

先導ありがとうございました

12時過ぎ、無事に道の駅に到着です

70%-2018_0605_120833

道の駅信州さかえ・物産館またたび

70%-2018_0605_121859

え~~~「本日休業」、そんな~~困った 道の駅に定休日ってありましたっけ?

70%-2018_0605_121359

でも一安心、野菜などの直売所は営業していました

70%-2018_0605_121733

色々買って帰ります

70%-2018_0605_121447

70%-2018_0605_121518

70%-2018_0605_121704

70%-2018_0605_121506


秘境秋山郷、山と谷の奥深さに感動するとともに、もう一度訪れてもっと深く知りたくなりました

可能であれば、秋の紅葉の時期や豪雪の冬にも来てみたいものです


秋山郷 パンフレット
2018_0607_111903.jpg  2018_0607_111917.jpg  2018_0607_111928.jpg  2018_0607_111946.jpg


2018_0607_112047.jpg  2018_0607_112100.jpg  2018_0607_112135.jpg  2018_0607_112154.jpg


五日目その2へ戻る   六日目その2へ続く

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2018/06/16(土) 16:40:24|
  2. ●旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

秋山郷  切明温泉へ

秋山郷 切明温泉へ

秋山郷を知ったのは

秋山郷という名を知ったのは、野反湖のキャンプ場に行ったことがきっかけでした
野反湖は群馬・長野・新潟3県の県境に位置し、周囲を2,000メートル級の山々に囲まれた湖面標高1,513メートルのダム湖
そこへ行くまでの道が国道405号線なのですが、野反湖から北には道がありません
405号線は野反湖が終点なんだと思っていましたが、地図で確認すると
野反湖から直線距離で約10kmの地点長野県栄村堺の切明温泉付近から405号線という表示があり
北に延びているではないですか
国道405号線は、野反湖と栄村堺の間は不通区間になっている国道でした

中央分水嶺のほぼ頂上に位置する野反湖の北側、野反湖からは車で行けないところ
そこに秋山郷という秘境の地があることを知ったのでした

akiyamagou003-1

秋山郷について(各種WEBサイトから抜粋)

野反湖に源をもつ魚野川が切明で雑魚川と合流し中津川となり、その川は信越国境の苗場山と鳥甲山の間を流れて下流の信濃川に合流します。
秋山郷は、その中津川の上流に位置する越後8集落(見玉、穴藤、逆巻、清水川原、見倉、結東、前倉、大赤沢)と信州5集落(小赤沢、屋敷、上の原、和山、切明)の総称です

人口は、越後8集落で263人、信州5集落で120人、合計で383人と推定されます

平家の落人の里と言い伝えられる日本を代表する“秘境”のひとつ
昭和の初めに秋山郷を測量隊が訪れたところ、村人から「源氏はまだ栄えているか」と尋ねられたという逸話が残っています

夏場は、雑魚川渓谷に沿って走る林道秋山線で、志賀高原やカヤの平高原へ行くことができますが
冬は通行止めとなり、冬期に通行可能な道路は津南町方面への国道405号線だけになります
2006年(平成18年)の豪雪では雪崩によってこのライフライン(国道405号線)が絶たれ
孤立した秋山郷には災害救助法が適用され、自衛隊による救援活動が行われました

豪雪と2,000mを超える山々とが障壁となり、外界から全く切り離された別世界、それが秋山郷

 

 

WEBページから画像を拝借

akiyamagou002-1akiyamagou004

五日目その1へ戻る   六日目その1へ続く

五日目(6月4日)その2

13:30 津南の町を後にして、国道405号線を南下します  距離約32km それほどの距離ではないです

今日の宿は、秋山郷のどん詰まり長野県栄村 切明温泉の雪あかりという宿
切明温泉は秋山郷の最奥にある温泉で3軒の宿があります
津南キャンプ場のイベント時に知り合った老夫婦からお勧めされた宿が「保養センター雄川閣」
電話するとその日は休館とのこと
「切明リバーサイトハウス」という宿は、ネット上で満室だったので
最後に残った「雪あかり」に電話して予約したということでした

akiyamagou005

最初に寄ったのは、秋山郷の入り口ともいえる見玉にある津南見玉公園

公園からは、「石落し」と称される柱状節理の風景が望まれます

akiyamagou006

70%-2018_0604_134453

70%-2018_0604_134745

70%-2018_0604_134334

中津川第一発電所の水圧鉄管(中津川第一発電所の水系概要図はこちらへ

上流の切明発電所の放流水及び切明発電所直近の雑魚川取水堰より取水した水を
この山の向こう(といっても比較的平らなようです)の高野山調整池へと導水しています
その調整池からこの水圧鉄管の中を水が落ちていくのだと思います(落差400メートル超)

70%-2018_0604_135348

苗場山(標高2,145m)が見えてきます

70%-2018_0604_141817

70%-2018_0604_141716

苗場山(標高2,145m)の頂上付近はなんとなく平らに見えます
頂上付近には600haにもおよぶ広大な湿原と、およそ3,000箇所の池塘(ちとう)が点在しているとのこと
苗場山の山名は、この山頂湿原にきらめく池塘が、田んほにたとえられたことに由来するという

70%-2018_0604_141724

道は想像以上にハードでした

舗装はされていますが、道幅が狭く、大袈裟ではなくまさに断崖絶壁を走ります
大型のバスは、おそらく通行できないのではないでしょうか
冬には除雪車が入るようですが、除雪車がこの道を走ること自体が驚きです
よほどの熟練者でないと除雪できないと思います
また、除雪後の道を秋山郷の集落の方々は走るわけですが
これまた、よほどの熟練者でないと安全には走れないのではと想像されます

akiyamagou008

akiyamagou009

akiyamagou010

なだれ注意の標識は初めて見たかもびっくり

70%-2018_0604_142228

結東の石垣田に行ってみようと思いましたが、徒歩でしか行けないようなので諦めました

akiyamagou007

2018_0607_112208

萌木の里を少し過ぎたあたりの道沿いに
迷彩ブラインド(撮影用 カモフラテント) を設置して
バズーカのような大型望遠レンズを、山の方に向けて構えている人たちが2~3組いました
何かの野鳥またはカモシカを狙っていたのでしょうか


前倉橋を過ぎて少し走ると、大赤沢の集落の中、道沿いに「山源木工」という木工屋さんがありました

akiyamagou011

大正10年にこの秋山郷で木工を始めた、輪切りテーブル発祥のお店だそうです

70%-2018_0604_143009

70%-2018_0604_143154

70%-2018_0604_143058

70%-2018_0604_143053

70%-2018_0604_142951

70%-2018_0604_143030

大赤沢の集落までが新潟県津南町で、次の集落である小赤沢からは長野県栄村に入ります

道路の整備状況が長野県側の方が良いような感じでした

小赤沢にある秋山郷総合センター「とねんぼ」に寄ります

70%-2018_0604_150137

民俗資料と観光案内所などを備えた施設

70%-2018_0604_150115

役場の支所と郵便局もいっしょになっています

70%-2018_0604_150109

70%-2018_0604_145814

民族資料室には、焼畑農業・マタギの民具などが展示されていました

70%-2018_0604_145446

70%-2018_0604_145432

秋山郷のマタギのルーツは秋田県の阿仁にあるとのこと

阿仁の旅マタギは、秋の収穫が終えた10月下旬、親方から旅の資金と巻物を借り受け、他国の猟場に向かった。雪が降り始める奥羽山脈を南下。山の尾根を中心に歩き、ウサギやタヌキなどの中型獣を獲り、マタギ宿でしばし体を休めた後、再び尾根道を南下していった。マタギ宿は、一般の農家に加えて、湯治場温泉にも数多くあった。湯治場には、病弱な人々も多く、獣肉や川魚、熊の胆を卸し、現金や米・味噌などの食料を調達した。それが縁で定番の宿になった例は、挙げたらきりがないほど多かった。
 旅マタギは、秋山郷周辺の山々が根雪となる12月上旬には猟場に姿を見せたという。文政年間、新潟県大赤沢という集落に、秋田から来ていた旅マタギが婿養子として定着。やがて彼らの子孫が婚姻などによって広がり、地元の人を指導しながら、秋山郷に狩人を増やし、狩猟組へと発展させたという。旅マタギは、地元の豪農をスポンサーにして猟を展開している点は、実に巧みというほかない。豪農を後ろ盾に、狩り小屋へ米味噌などの食料や物資、勢子役として村人を提供してもらいながら、猟を行い、近くの湯治場などに獲物を卸していた。スポンサーには、見返りとして、熊の胆やカモシカの毛皮などを届けていた

近世後半の秋山郷は、耕地のほとんどが焼畑で、鳥獣害に悩まされていた。当時、クマが出没し、これを駆除するために、深さ2m以上の落とし穴が幾つもあった。ところが、実際にクマを捕獲したという穴はほとんどなく、素人罠であったという。旅マタギは、こうした駆除の専門技術を持ち得ない集落に、雇われるなど急速に結びついていった。

 

70%-2018_0604_145408

江戸時代末期、越後の文人・鈴木牧之は秋山郷を旅する  そこで見聞きした様々な出来事を『秋山記行』に記した

70%-2018_0604_145603

70%-2018_0604_145557

70%-2018_0604_145548

とねんぼのある小赤沢から目的地の切明温泉へ向かいます

akiyamagou012

とねんぼの資料室にあったジオラマを見るとその山深さがよくわかります

akiyamagou013

70%-2018_0604_151957

70%-2018_0604_152157

70%-2018_0604_153008

70%-2018_0604_153153

15:30 切明温泉 秘境の宿 雪あかり 到着です

70%-2018_0604_153235

切明温泉には、3軒の宿があるだけ(切明リバーサイトハウス保養センター雄川閣、秘境の宿 雪あかり)
秋山郷のまさにどん詰まりの地
夏場は、林道秋山線でカヤの平高原経由で長野県の中野市方面に行くことができますが
冬場は通行止めのため、国道405号線で新潟県津南町へしか行くことが出来ません

まさに秘境の温泉です

akiyamagou015-1

akiyamagou014-1


雪あかりは、家族経営の宿で建物設備は旅館だけれど、雰囲気はアットホームで民宿のような雰囲気
元々ここに住んでいたのではなく、移住されてきたとのこと
小さなお孫さんがいて、幼稚園まで片道1時間半以上かけて送り迎えしているとか
小学校は近くにあるのかと聞くと、屋敷の集落に分校(栄村立栄小学校秋山分校)があり、現在生徒1人・先生1人だそうです
やっぱり、秋山郷は秘境中の秘境でした

 

チェックインして、早速に露天風呂へ行ってみましたが・・・

70%-2018_0604_155158

石が焼けてアツアツで、裸足で歩くのも大変(この日は30℃を超える夏日)で・・・

なんと、なんと・・・

70%-2018_0604_155133

70%-2018_0604_155204

お湯がとても熱くて、足を入れることもできず困った、すぐに諦めて内湯へ

内湯も相当熱かったですが、何とか浸かることができ、キャンプの疲れを癒すことができましたスマイル

70%-2018_0604_160534


お風呂からあがってからは、お湯の効果か、身体が芯から温まったようで、いつまでも暑い
あまりにも暑くて、缶ビールをガンガン飲みました


夕食は18時から食堂で

今夜の泊り客は僕らを含めて3組、他のお客さんは観光というよりも仕事で来ている感じでした

70%-2018_0604_181708

山菜中心の料理が並びます

70%-2018_0604_18172370%-2018_0604_181719
70%-2018_0604_18171170%-2018_0604_181713
70%-2018_0604_18171670%-2018_0604_181735


食堂の中で、天ぷらを揚げてくれて、ひとつずつ持ってきてくれます

70%-2018_0604_182504

山葡萄の芽 木天蓼(マタタビ)の芽、初めて食べました

70%-2018_0604_182458

山葡萄の芽 

70%-2018_0604_183823

70%-2018_0604_182558

津南醸造の妻有郷、山菜のてんぷらに合いますウインク

70%-2018_0604_182405

お腹一杯になって、9時前にはもう布団の中でした

秘境の宿 雪あかり パンフレット
2018_0607_112432.jpg  2018_0607_112441.jpg

*日本秘湯を守る会会員ですが、現在は休会中とのことでした


天候  晴れ  最高気温27.3℃ 最低気温16.3℃ 平均風速2.6m

五日目その1へ戻る   六日目その1へ続く


ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2018/06/15(金) 21:04:55|
  2. ●旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無印良品津南キャンプ場  津南キャンプ場を後にして

無印良品津南キャンプ場  津南キャンプ場を後にして


四日目その3へ戻る   五日目その2へ続く

五日目(6月4日)その1

撤収の日、今日も朝から晴天

初日以外はずっと天候に恵まれたキャンプでした


70%-2018_0604_065012

70%-2018_0604_065039

70%-2018_0604_065139

朝ごはんは、昨夜作っておいたおにぎり

70%-2018_0604_073407

70%-2018_0604_073410

70%-2018_0604_073419

オフトンは6号(ランブリ6)をフルメッシュにして、光と風を入れて干します

70%-2018_0604_085022

70%-2018_0604_093840

持ってきた薪25kgは全部使い果たしました

70%-2018_0604_072720

ランタンのオイルもすべて使い果たしました

70%-2018_0604_072442

70%-2018_0604_072509

焚き火ウインドスクリーンの効果も、ある程度検証できました

70%-2018_0604_072410

11:30 撤収完了です

70%-2018_0604_113010

70%-2018_0604_114653

70%-2018_0604_120036


五日間の滞在で
自然豊かな津南という地域のこと
そしてその津南が大好きで、津南を盛り上げようとしている人たちのことを、知ることが出来ました

津南キャンプ場、お世話になりました そしてありがとうございました

70%-2018_0604_120047


JR飯山線の森宮野原駅と足滝駅の間にある踏切で、「鉄っちゃん」になります

70%-2018_0604_121900

70%-2018_0604_123013

70%-2018_0604_123016(2)

70%-2018_0604_123023

70%-2018_0604_121853

[広告] VPS



お昼ご飯は、キャンプ場のスタッフの方に教えていただいた津南の町中のお店へ

大名かつ丼で有名な「たからや

70%-2018_0604_125248

有名な大名かつ丼とたんめんをいただきます

70%-2018_0604_130711

70%-2018_0604_130754

 撤収で汗をかいた身体に、しっかりとエネルギーを補給しました

これから秘境と言われている秋山郷へ向かいます



津南案内書
2018_0607_110723.jpg  2018_0607_110736.jpg

津南飲食店・温泉マップ
2018_0607_110811.jpg  2018_0607_110824.jpg

2018_0607_113247.jpg  2018_0607_113256.jpg


津南 パンフレット
2018_0607_113333.jpg  2018_0607_113359.jpg  2018_0607_113406.jpg  2018_0607_113416.jpg

2018_0607_113426.jpg  2018_0607_113434.jpg  2018_0607_113443.jpg  2018_0607_113452.jpg

無印良品津南キャンプ場  キャンプ場情報はこちらへ

四日目その3へ戻る   五日目その2へ続く



ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2018/06/14(木) 19:31:11|
  2. 津南キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無印良品津南キャンプ場  最終日の夕食は豪勢に・・・

無印良品津南キャンプ場  最終日の夕食は豪勢に・・・


四日目その2へ戻る   五日目その1へ続く

四日目(6月3日)その3

14時前にキャンプ場に戻ってきて、お昼ご飯

沢山残っているクリームシチュー爆笑

70%-2018_0603_142355

70%-2018_0603_142247

キャンプ場のセンターハウスの売店で見つけて、衝動買いしてしまった物

Helinox Tactical Table S  タクティカル テーブル S

70%-2018_0604_101443

70%-2018_0604_114336

衝動買いの理由はこれ

値下げされている値段から、なおかつ¥203値引きしていただきました
センターハウスの売店には色々なアウトドアグッズが置いてあって、時にはこんな掘り出し物もあるようです爆笑

70%-2018_0604_101558-1


新しいグッズの紹介

ROBENS ローベンスのウエットティッシュケース
レアものです天才・・・・と言いたいところですが

70%-2018_0604_075704

すみません、ROBENS ローベンスのシールを貼っただけです
CHUMS チャムスのシールもね・・・ウインク

70%-2018_0604_075723

70%-2018_0604_075734

スノーピーク ロングデイジー

タープのメインポール間に使用する、ロングタイプのハンギングチェーンですが
長さの調整ができるのでリビロン君の天井に設置できました

70%-2018_0604_065447

70%-2018_0604_065446

70%-2018_0604_065457

70%-2018_0604_065512

70%-2018_0604_065504

津南キャンプ場での最終日の夜

夕食は豪勢に・・・・

まずは、竜神の館で買ってきた名水豆腐

70%-2018_0603_190423

金のさんま

70%-2018_0603_190428

焼き豚

70%-2018_0603_190433

そして、メインは・・・

70%-2018_0603_191725

鰻のせいろ蒸し

70%-2018_0603_191737

信濃川でとってきた・・・ではもちろんなく、実は鹿児島産

70%-2018_0603_191904

僕らの大好物、とても贅沢な夕食でした


70%-2018_0603_203818r

70%-2018_0603_204305r

70%-2018_0603_204626r

70%-2018_0603_202708

雲が多い夜空です

ソフトフィルターを使って撮影してみました

へびつかい座、さそり座、一番明るいのは木星、その右上にはスピカが見えます

70%-2018_0603_211636r

70%-2018_0603_211724r

70%-2018_0603_211849r

70%-2018_0603_212008r-1

70%-2018_0603_213016r-1

70%-2018_0603_212352r

毎夜、遠くで「ヒィーヒィー」と規則正しく鳴く何かの声が聞こえていました

調べると、トラツグミ(別名:ぬえどり)の鳴き声のようです


最後の夜も、その声を聞きながらいつの間にか眠りにつきました

天候  晴れ  最高気温27.3℃ 最低気温14.5℃ 平均風速2.4m


無印良品津南キャンプ場  キャンプ場情報はこちらへ

四日目その2へ戻る   五日目その1へ続く

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2018/06/13(水) 14:44:10|
  2. 津南キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

無印良品津南キャンプ場  GUNACRIB-tsunan-

無印良品津南キャンプ場  GUNACRIB-tsunan-


四日目その1へ戻る   四日目その3へ続く

四日目(6月3日)その2

竜神の館の温泉で汗を流したあと、津南の町中へ標高差200mほどを下っていきます


道路沿いの小さな展望スペースからの風景

↓画像クリックで拡大表示

70%-2018_0603_121318

70%-2018_0603_121155

70%-2018_0603_121242


信濃川の流れ

越後平野を潤す日本最長の美しき大河-信濃川-
信濃川は、長野・新潟県境で「千曲川」から「信濃川」と名を変え新潟県に入り、中津川、清津川及び谷川岳に源を発する魚野川と合流して越後平野を潤しつつ、大河津分水路ならびに関屋分水路を分派して日本海に注ぐ一級河川です。流路延長は水系全体で367kmと日本で最も長い川です。水系全体の流域面積は新潟県の面積とほぼ等しい11,900km2で、利根川、石狩川に次いで第3位となっています。


70%-2018_0603_121216

70%-2018_0603_121234

70%-2018_0603_121358

70%-2018_0603_121404

70%-2018_0603_121325

70%-2018_0603_121038

タニウツギが咲く頃、津南のコシヒカリの田植えが始まります
豪雪地帯である津南
冬に降り積もった雪は春になって栄養素をたっぷり含んだ水に変わり
冬の間、ゆっくり休んだ田んぼでは元気な土壌が育まれます
春の田植えを終えたあと、降り注ぐ夏の光と、急に冷え込む秋、その昼夜の気温差が
お米に甘みを与えてくれます
このような「大地の恵み」がここのお米の美味しさの源だそうです

70%-2018_0603_115656

70%-2018_0603_115719

JR津南駅へ行ってみます

70%-2018_0603_123001

70%-2018_0603_122551

なんと2Fに温泉がある駅です

70%-2018_0603_122600

リバーサイド津南、営業は14時からですね

70%-2018_0603_122906

津南キャンプ場のスタッフの方から教えていただいた津南で唯一?のアウトドアショップへ

そのお店は国道117号線の信濃川ビューポイントの向かい側にありました

70%-2018_0603_130644

70%-2018_0603_130639

70%-2018_0603_130729

70%-2018_0603_130812

お店の名前は「GUNACRIB-tsunan-」(グナクリブ)

鹿児島県奄美市のアウトドアブランド「 devaduga(デヴァドゥルガ)」がプロデュースするセレクトショップで
奄美本店に次ぐ2号店だそうです

70%-2018_0603_130510

奄美と津南?? その訳は、ぜひとも訪問して大阪弁の店長さんに聞いてみて下さいウインク

2018_0607_111155

70%-2018_0603_125055

70%-2018_0603_125128

70%-2018_0603_125154

70%-2018_0603_125300

70%-2018_0603_125553

70%-2018_0603_130058

ASAHI PULLOVER PARKER  買ってきましたよ

70%-2018_0604_071210

『アマミノクロウサギ』のワンポイント刺繍が可愛い

70%-2018_0604_071231

藍染が使われています

70%-2018_0604_071318

70%-2018_0604_071359

70%-2018_0604_071237

70%-2018_0603_125008

雪国の津南に、太陽の光かがやく奄美大島発のお店

この一風変わった組み合わせが、ここにしかない魅力を漂わせる素敵なショップでした


無印良品津南キャンプ場  キャンプ場情報はこちらへ

四日目その1へ戻る   四日目その3へ続く

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2018/06/12(火) 20:05:09|
  2. 津南キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無印良品津南キャンプ場  竜神伝説の池、龍ヶ窪

無印良品津南キャンプ場  竜神伝説の池、龍ヶ窪


三日目その2へ戻る   四日目その2へ続く

四日目(6月3日)その1

今日も朝からいい天気

二人とも二日酔いにならなくて、良かったですペロリ


70%-2018_0602_122227

朝ごはんは、昨夜の晩御飯の予定だったホワイトシチュー

70%-2018_0603_072725

70%-2018_0603_072735

センターハウスで果汁100%のりんごジュースだと思って買ってきたら、何とりんごのソーダでした考え中

ちなみにセンターハウスの売店には、無印良品の食品がたくさん販売されていますよ

70%-2018_0603_072801

今日は午前中、お出かけします

tunan201805-06-2

まずは、マウンテンパーク津南

津南の河岸段丘を眺めるために最適な場所ということで、行ってみました

このスキー場は2015年に一般営業を休止して、
町内小中学校のスキー授業や課外授業等を対象とした教育的なスキー場として運営されているそうですが・・・詳細は不明

tunan201805-18-1

津南 河岸段丘

中津川によって、およそ43万年前から形成され、何段もの階段状の地形が残されている日本有数の河岸段丘です。40数万年前の古い時代の扇状地が段丘面として見ることができるのも特徴です。段丘面に苗場山の溶岩が堆積し、隆起活動と氷河期と間氷期による中津川に流れる水の量によって移動しながら浸食活動が繰り返された結果、何段にも大別される河岸段丘が形成されました。
信濃川の川底から最上面までの高度差は650mあり、古い段丘から谷上(たにあげ)面・米原(まいばら)Ⅰ面・米原(まいばら)Ⅱ面・卯ノ木(うのき)面・朴ノ木坂(ほおのきざか)面・貝坂(かいざか)面・正面(しょうめん)面・本ノ木(もとのき)面・大割野(おおわりの)Ⅰ面・大割野(おおわりの)Ⅱ面と形成されたとされます。各段丘に降り積もった火山灰の分析によって段丘の形成時期を考えることができます。
これらの段丘各面の大きさや崖線高などには違いがあり、段丘面形成後の中津川による浸食活動が大きく関与しています。

日本一の河岸段丘

長い年月をかけて形成された自然の芸術「河岸段丘」は私たち津南町のシンボルともなっています。
険しい山岳を縫って走る日本一の長流「信濃川」。その信濃川沿いにある新潟県津南町は、河岸段丘と呼ばれる信濃川とその支流によって階段状につくられた、特異な地形となっています。
段丘崖の高さや段丘面の広がり、そして九段にも及ぶ段数などから日本最大の規模であるといわれています。この段丘面上には、全国的にも貴重な遺跡が数多く出土しています。

階段のような河岸段丘は、地球規模の気候変動を背景に、40数万年前から大地の隆起(もち上がること)と河川のはたらきによって形成されました。高い段丘ほど古く、平らな段丘面は、昔川原だったところです。
河岸段丘は全国に見られますが、マウンテンパーク津南からの眺望のように、古い段丘から新しい段丘までが明瞭に一望でき、40数万年前の段丘が残っているのは、日本でも珍しいそうです。

画像はHPから拝借

tunan201805-19

img_46

↓画像クリックで拡大表示

70%-2018_0603_094347

70%-2018_0603_095306

70%-2018_0603_094220

70%-2018_0603_094237

70%-2018_0603_094311

ここの河岸段丘は9段あるらしいのですが、7~8段くらいまでしかわかりませんでした

河岸段丘が好きで詳しいタモリさんなら、わかるのかもしれませんねクール 

70%-2018_0603_094029

70%-2018_0603_094441

70%-2018_0603_094507

標高約700mの地点からの眺めは、なかなかの絶景でした

70%-2018_0603_095017


[広告] VPS

山から下りて来て、JR飯山線の越後田中という無人駅

たまに鉄っちゃんになる僕ら・・・一応寄ってみます

70%-2018_0603_100738

飯山線:長野から千曲川と信濃川沿いに下流の越後川口 までいく、全長107.5kmの単線・非電化の ローカル線

70%-2018_0603_100707

上下線合わせて一日に16本の運行

あとで調べてみましたが、長野経由でも湯沢経由でも、東京までの所要時間は3時間前後でした

70%-2018_0603_100621

70%-2018_0603_100639

70%-2018_0603_100644



竜神伝説の池、龍ヶ窪

龍ヶ窪は田園地帯にある森の中にあります

tunan201805-21-1

苗場溶岩層とその下の魚沼層群との境から湧水があり、その一つが「龍ヶ窪」です。龍ヶ窪は、1974年新潟県自然環境保全地域に指定され、現在まで地域住民の生活用水として大切に守られています。
畔には、岡・谷内各集落の弁天様が祀られています。ブナやスギで覆われた佇まいは神秘的で、数々の龍神伝説が残っています。

 
tunan201805-22

駐車場にプラS君を停めて、森の中を少し歩きます

70%-2018_0603_102145

龍ヶ窪には、いくつかの竜神伝説があります

70%-2018_0603_102312

伝説1

むかし、越後の南のはずれに、妻有の里・芦ケ崎という村がありました。
 ある年、長い日照りが続き村人はヒエやアワどころか水一滴すらなく苦しい生活をしていました。
 そんなある時、一人の青年が、天上山へ何か食べるものはないかと捜しにでかけたところ昼寝をしている龍を見つけました。そばに卵があったので龍が眠っているすきの卵を盗み出しました。そして、その大きな卵を村に持ち帰り、村人と相談した結果、せめて年寄りと子供にだけでも食べさせることにしました。
 卵を割り始めると、卵の中の龍の子が母親龍に助けを求めました。するとそこへ、怒り狂った龍が現れ、村人を食い殺そうとしました。庄屋をはじめ村人は必死に「子供だけは助けてほしい」と龍に頼みました。龍はそんな必死の村人に心を打たれ、村人のために三日三晩雨を降らせ、池を作ってやりました。
 村人たちは喜んで龍に御礼をいうと、龍は「この池は、お前たちの美しい心の現れだ。しかし、人の心の曇るとき、この池は涸れてしまうであろう」と言い残して消えてしまった。村人はこの池を『竜ヶ窪』と名づけてたいせつにし、神社を建てて龍神様をおまつりしたそうです。

伝説2
 その昔、ある晴れた日信州のキタノの天神参りに言った帰り道、暑気をさまそうと、竜ヶ窪の池に入った。中ほどまで泳いで行くと、不思議に霧が立ち始めた。あわてて岸へ引き返したが、にわかに霧が広がり空は雨空となった。着物を着る暇もないくらいに急いで家へ向かって逃げた。その人の逃げる通りに、黒雲と雨が迫っていった。その人は寝込んで死んでしまった。これは竜ヶ窪の池の主に追われて死んだのだという。

伝説3
 竜ヶ窪の池も昔は大樹老木に覆われて、陽光も通わぬほどだったという。その昔、お寺の建立の話がまとまり四方から木材を集めた。この竜ヶ窪の池の木を切ることになった。倒すとき思うようにならず、老木は池の中に転がり込んだ。人手を借りて一度引き上げたのだが、翌日行ってみるとまた前と同じ池の中に入っている。池の主の許しがないものと、引き上げることをやめた。その老木は今も池の底で朽ちることなく、その姿をとどめているという。
 


龍ヶ窪神社

 70%-2018_0603_103127

70%-2018_0603_103241

70%-2018_0603_103327

龍ヶ窪

70%-2018_0603_102549

70%-2018_0603_102708

70%-2018_0603_103521

70%-2018_0603_103941

70%-2018_0603_104032

70%-2018_0603_104108

70%-2018_0603_104133

70%-2018_0603_104310

70%-2018_0603_105142

なんと清らかな湧き水でしょうか、とても感動しました
そして、北海道の豊似湖のことを思い出しました


[広告] VPS

龍ケ窪の湧水量は、毎秒0.3~0.5tと豊富で、無数の水口から湧出する冷水は日照り続きでも枯れることがなく
約1.2ヘクタールの池は1日で全て入れかわることになり、決して濁ることがないとのことです

70%-2018_0603_105803

70%-2018_0603_105704

[広告] VPS

龍ヶ窪 パンフレット
2018_0607_110907.jpg  2018_0607_110930.jpg 

 

龍ヶ窪から車ですぐのところにある「竜神の館」で汗を流します

70%-2018_0603_115027

70%-2018_0603_115046

陽の光を身体全体に浴びて入る露天風呂、最高でした

70%-2018_0603_115358

70%-2018_0603_115353

 売店で名水豆腐を買って帰りました

70%-2018_0603_115259

70%-2018_0603_115314

70%-2018_0603_115158

70%-2018_0603_115148

竜神の館 パンフレット
2018_0607_111023.jpg  2018_0607_111046.jpg


無印良品津南キャンプ場  キャンプ場情報はこちらへ

三日目その2へ戻る   四日目その2へ続く

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2018/06/11(月) 10:59:22|
  2. 津南キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無印良品津南キャンプ場  山菜イベントwith妻有ビール

無印良品津南キャンプ場  山菜イベントwith妻有ビール


三日目その1へ戻る   四日目その1へ続く

三日目(6月2日)その2

お昼ご飯

テントの中の気温は、30℃

70%-2018_0602_121153

前夜のスープをリゾットに

70%-2018_0602_113510

70%-2018_0602_113503

Asahi-100年のこだわり、期間限定ビールです「生ビールのこだわりを引き継ぐ、100年ブランド正統派ピルスナー生ビール」

とても暑いので、ビールがあっという間に喉を通過します爆笑

70%-2018_0602_113522

70%-2018_0602_122444

70%-2018_0602_122521

70%-2018_0602_122534

70%-2018_0602_122548

今回のキャンプでの作業

リマステンレスジャグ10の台として長年使っている木製折りたたみテーブル

70%-2018_0420_085856

酷く塗装が剥げてきたので、再塗装をします

まずは、サンドペーパーをかけてから

70%-2018_0601_142533

油性ニスで重ね塗りします

70%-2018_0602_140718

70%-2018_0602_140705

15時前、センターハウスへ行きます

津南キャンプ場のイベント「山菜イベントwith妻有ビール」です

70%-2018_0602_150306-1

70%-2018_0602_150301

はい、カップ・お皿・お箸、持ってきましたよ

早速、妻有ビールをいただきます

十日町そばエール

70%-2018_0602_151103

めでたしゴールデンエール、豪雪ペールエール

70%-2018_0602_151109

そばの香りのビール、生まれて初めてでしたが、いい味でした

すみません あまりの美味しさに、何杯もおかわりしてしまいましたウインク

70%-2018_0602_150619

山菜の天ぷらもたくさんいただきました

70%-2018_0602_150350

70%-2018_0602_151943

根曲がりたけ、ヨモギ

70%-2018_0602_152057

味噌汁も

70%-2018_0602_154120

おにぎりも

70%-2018_0602_153533

ピザ釜で焼いたピザも

70%-2018_0602_160457

70%-2018_0602_164959

そして支配人さんの差し入れの日本酒まで

70%-2018_0602_172943

麒麟山酒造 究極の逸品と言われている「きりんざんブルー ボトル純米大吟醸」

70%-2018_0602_172954

本当にご馳走さまでした

支配人さんはじめスタッフの皆さん、妻有ビールの代表者である高木 千歩さん
お疲れさまでした そしてありがとうございました

機会があれば妻有ビールをまた飲んでみたいです

●妻有ビールについては、こちらの記事に詳しい説明があります

クラフトビールで町おこし  妻有ビールプロジェクト

70%-2018_0602_151213-1

70%-2018_0602_161303-1

キャンプ場便り『山菜イベントwith妻有ビール』開催しました!



*新潟県の一番南端の雪国地帯、十日町市と津南町からなる地域を「妻有」(つまり)と言います

「つまり」という地名の由来には、次のような説があるそうです。
その1.「詰まり」説
 新潟県の一番端の津南町という所から、 長野県に向かってだんだんと地形が細くなっていきます。
 県境あたりになると詰まったみたいになっていることから 「つまり」と呼ぶようになったとか・・・

その2.「泊まり」説
 妻有郷一帯は、その昔、信濃と越後、関東や会津を結ぶ往還の宿駅でした。
 津南町に「外丸」と書いて、「とまる」と読む地名があります。
この「とまる(泊まる)」と呼ばれていたものが「つまり」と呼ぶようになったとか・・・
 では、なぜ「妻」と「有」で「つまり」なのでしょうか?

それには、次のようなお話が伝わっているそうです。

『むかしむかし、都のお殿様が妻を迎える年頃になり、 いくつもの縁談がありましたが、どれもいまいちで気乗りがしませんでした。
ある夜、このお殿様の夢枕に観音様が現れ、「そなたの妻になる人は遠い北の国にいる。」とお告げになりました。

お殿様は、早速北に向かって旅に出ました。
そして、越の国で、夢枕に現れた観音様そっくりの娘に出会いました。
この娘も夢のお告げでお殿様を待っていたのです。

ふたりはめでたく夫婦になることができました。
それから以後、この土地を「妻有」、「つまり」と呼ぶようになりました。』

イベントで沢山ご馳走になったので、お腹が一杯

夕食のために仕込んでおいたシチューは、明日食べることにしましょう

70%-2018_0602_192639

70%-2018_0602_192731

月齢17.6の寝待月

70%-2018_0603_023030(1)

今夜もほろ酔い気分(1名は泥酔)でゆっくりと休ませていただきました


天候  晴れ  最高気温24.1℃ 最低気温9.7℃ 平均風速2.0m

無印良品津南キャンプ場  キャンプ場情報はこちらへ

三日目その1へ戻る   四日目その1へ続く

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2018/06/10(日) 10:18:21|
  2. 津南キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無印良品津南キャンプ場  津南の空をクマタカが舞う

無印良品津南キャンプ場  津南の空をクマタカが舞う


二日目その2へ戻る   三日目その2へ続く

三日目(6月2日)その1

朝から快晴、絶好のキャンプ日和となりました
この晴天は2~3日続きそうです

70%-2018_0602_080539

雲ひとつない絶景です

 ↓画像クリックで拡大表示

70%-2018_0602_080535

70%-2018_0602_080955

[広告] VPS



苗場山、少し雪が残っている頂上が平らな山

70%-2018_0602_081629

鳥甲山

70%-2018_0602_081618

今日の朝ごはんは、時間が遅かったのでコーヒーとクッキーだけ

70%-2018_0602_084028

木陰でいただきます

70%-2018_0602_081530

上空にクマタカを発見

70%-2018_0602_092316

キャンプ場の上空をゆっくりと旋回しています

きっと獲物を探しているでしょう

70%-2018_0602_092647

70%-2018_0602_092728

70%-2018_0602_092317(1)

[広告] VPS

ため息が出るほどの、いい天気

70%-2018_0602_094302

70%-2018_0602_101007

70%-2018_0602_101031

70%-2018_0602_101052

70%-2018_0602_101112

70%-2018_0602_101703


Bエリアには、今日(土曜日)から2~3組の予約が入っていますが、午前中は誰もいません

もう一度、上空を飛ぶクマタカを探しながら、エリア内を散策します

tunan201805-17-1

津南キャンプ場で最も高い場所に位置するサイトB49・50からの景観

↓画像クリックで拡大表示

70%-2018_0602_102947

70%-2018_0602_103116

僕らのサイトB26が下の方に見えます

70%-2018_0602_102431

手前B49、奥B50

70%-2018_0602_103235

「起伏のある地形をそのまま活かしたサイト造り」、これが津南キャンプ場の特色です
言葉を変えると、「完全にフラットなサイトはほぼ無い」ということですね

70%-2018_0602_103226

70%-2018_0602_103230

遮る物が全くない景観を楽しめるという人気のサイトB32から

↓画像クリックで拡大表示

70%-2018_0602_104412

B32の少し上のサイト(B34あたりかな)から

↓画像クリックで拡大表示

70%-2018_0602_104910

70%-2018_0602_104928

山伏山の柱状節理、横になっているのは珍しいですよね

約220万年前から150万年前には、陸化した関田山脈や中津川・志久見川上流部で火山活動が起きます。溶岩、火砕流、火山泥流などの火山砕屑物は、今の丸山・氷山などの東頸城丘陵の山並みの頂部をつくっています。その1つである山伏山は、信濃川左岸に位置する、標高903mの釣鐘状の山です。この山はかつて大きな火山であり、最も固い山の心棒とも言える火道の部分が残っています。この山体を構成する安山岩は、魚沼層群に貫入したもので明瞭な柱状節理が形成しています。また、山体主軸に直交する横位に並ぶ板状節理を見ることができます。

70%-2018_0602_103229


[広告] VPS


70%-2018_0602_102853

70%-2018_0602_102634

70%-2018_0602_105522

70%-2018_0602_102739

70%-2018_0602_105357

70%-2018_0602_105627

70%-2018_0602_103747

70%-2018_0602_103855

70%-2018_0602_105242

70%-2018_0602_105259

何度も何度も、苗場山にレンズを向けてしまいます

70%-2018_0602_103515


その後、残念ながらクマタカに出会うことはなかったです


無印良品津南キャンプ場  キャンプ場情報はこちらへ

二日目その2へ戻る   三日目その2へ続く

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2018/06/09(土) 12:45:51|
  2. 津南キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

無印良品津南キャンプ場  午後晴れてきました

無印良品津南キャンプ場  午後晴れてきました


二日目その1へ戻る
   三日目その1へ続く

二日目(6月1日)その2

午後、少しづつ晴れてきました

70%-2018_0601_162539

焚き火の準備を始めます

70%-2018_0601_161029

風上方向に焚き火ウインドスクリーンを設置

70%-2018_0601_161024

70%-2018_0601_164241

 薪スタンド付属ケースは今日がフィールドデビューです  

薪スタンドにこんな感じで吊るします

70%-2018_0601_161010

70%-2018_0601_164217

70%-2018_0604_083619_thumb[1]

薪はいつものファイヤーワールド永和で、30cmの桜を一箱(約25kg)を買って持ってきました

着火用に小割を作ります

70%-2018_0601_161000_thumb[1]

70%-2018_0601_164159_thumb[1]

70%-2018_0601_164123_thumb[1]

下のCエリアには金曜日からINするキャンパーが数組いました

サニタリーに近いC31~33はグルキャンですね

70%-2018_0601_163411

70%-2018_0601_163340

Cエリアのサニタリーに近いサイトが人気のようですが
僕らがいるBエリアには、今日も他のキャンパーはいません
Bエリアは、眺望はいいけれどサニタリーに遠い、または坂の小道を昇り降りしなくてはならないから不便、だからでしょうか

 70%-2018_0601_162738

70%-2018_0601_162824

70%-2018_0601_162803


場内の所々にピンク色の花を咲かせているのは、タニウツギという名の落葉低木
「谷空木」と書くらしい
主に日本海側の日当たりの良い山野に普通に生えている木だそうです
田植えの時期に花が咲くので「田植え花」としても知られているとのこと


70%-2018_0601_163125_thumb[1]

70%-2018_0601_163707_thumb[1]

70%-2018_0601_163952_thumb[1]

70%-2018_0601_163821_thumb[1]

70%-2018_0601_163103_thumb[1]

70%-2018_0601_163437_thumb[1]

70%-2018_0601_163229_thumb[1]

70%-2018_0601_172736

70%-2018_0601_172627

70%-2018_0601_172556

70%-2018_0601_172533

70%-2018_0601_173047

70%-2018_0601_175519

夕方6時、太陽が西の山に隠れていきます

70%-2018_0601_180237

70%-2018_0601_181303

70%-2018_0601_180612

70%-2018_0601_181020

晩御飯

豚しゃぶサラダ

70%-2018_0601_192215

二色そぼろのせいろ蒸し

70%-2018_0601_194025

野菜とベーコンのスープ

70%-2018_0601_193720


空には雲も少なく、満天の星空が・・・と言いたいところですが

今日の月は満月に近い月齢16.6の居待月、とても明るい月です

tunan201805-16-2-1

そして月の出は21:12

tunan201805-16-1

日の入りが19:01

tunan201805-16

日の入り19:01から月の出21:12までの時間は約2時間しかなく
日没後もまだ西の空はいくぶん明るいし、月出前の東の空は明るくなってくるし・・・
真っ暗な時間がほとんどなく、残念ながら星空観賞には最適な日ではないわけです

とは言いながら、焚き火しながら虫の音に耳を傾け、津南の夜を楽しみました


20時頃、やっと暗くなってきましたが、西の空はまだトワイライト

70%-2018_0601_200818r

東の空が何となく明るいのは、月の出が近いからかな

70%-2018_0601_200931r

南の空

70%-2018_0601_201306r70%-2018_0601_201208r

70%-2018_0601_201358r-1

70%-2018_0601_201522r

70%-2018_0601_201903r

70%-2018_0601_202035r

飛行機の光跡と人工衛星かな

70%-2018_0601_202749r

70%-2018_0601_204629r

70%-2018_0601_205346r

70%-2018_0601_205455r

70%-2018_0601_205721r


日付が変わって、翌日の午前3時過ぎ

眩しいほどの月光で、ヘッドライトなしで歩くことが出来ました

70%-2018_0602_031647r

70%-2018_0602_031840r

70%-2018_0602_031932r

70%-2018_0602_032123r

70%-2018_0602_034413r

東の空が、ほんのりと明るくなってきていました

70%-2018_0602_034502r

天候  晴れ  最高気温24.1℃ 最低気温9.7℃ 平均風速2.0m


無印良品津南キャンプ場  キャンプ場情報はこちらへ

二日目その1へ戻る   三日目その1へ続く

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2018/06/08(金) 18:22:05|
  2. 津南キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無印良品津南キャンプ場  町まで降りて温泉そして買い物

無印良品津南キャンプ場  町まで降りて温泉そして買い物

一日目へ戻る   二日目その2へ続く

二日目(6月1日)その1

昨夜から降ったり止んだりしていた雨も、朝には上がりました
朝の気温13℃、湿度92%、これから天気は回復傾向

70%-2018_0601_071842

朝ごはんはマフィンサンド

70%-2018_0601_074819

70%-2018_0601_074919

新しいオリーブウッドのボードを使います

70%-2018_0601_073014

70%-2018_0601_073236

70%-2018_0601_075158

山形県舟形町のマッシュルームクリームスープ

70%-2018_0601_074947

70%-2018_0601_075103

昨夜の雷雨、中学生たちは大丈夫だっただろうか

彼らがキャンプしているANNEX山伏山森林公園エリア(フリーサイト)へ、散歩がてら見に行ってみます

70%-2018_0601_093218

彼らは朝から元気にMTBに乗っていました

70%-2018_0601_093231

Hエリアには沢山のテントが・・・

70%-2018_0601_093403

70%-2018_0601_093425

雷の時は、きっと怖かったのでしょうね

70%-2018_0601_093956

ANNEX山伏山森林公園のフリーサイト付近を散策

tunan201805-15-1

tunan201805-15-11

カヌーやカヤックが出来る薬師湖

70%-2018_0601_093504

70%-2018_0601_094641

Jエリア

70%-2018_0601_093614

70%-2018_0601_093607

右方向に見えるのがコテージ(3棟あるようです)

70%-2018_0601_094148

センターハウスに最も近いAエリア

設営されているのは常設テント、OGAWA Velero5かな

70%-2018_0601_094928

70%-2018_0601_095008

70%-2018_0601_095054

70%-2018_0601_095121

左に見えるのが北サニタリー(サニタリーは北・東・西の3ヶ所)

70%-2018_0601_095125

右、シャワー棟(場内にここだけ)  左に見えるのがセンターハウス

70%-2018_0601_095328

センターハウス

70%-2018_0601_095506

えさ釣り専用池

70%-2018_0601_095533

なかなか晴れてこないですね

70%-2018_0601_095927

午前中に町まで降りて、温泉に入ってから買い物してこようと思います

tunan201805-05-1

越後田中温泉しなの荘

70%-2018_0601_112117

貸し切り状態で、ゆっくりと湯を楽しませていただきました

70%-2018_0601_112105

70%-2018_0601_112106

しなの荘 パンフレット

70-2018_0607_110150 (2) 70-2018_0607_110204 70-2018_0607_110231
2018_0607_110312.jpg 


津南観光物産館

70%-2018_0601_113015

物産館の隣の津南食彩館

70%-2018_0601_112940

70%-2018_0601_113504

70%-2018_0601_113500

お酒もいいですが、新潟と言えば、やはりこれ

亀田の柿の種

70%-2018_0601_113253

亀田製菓以外も色々あります

70%-2018_0601_113617

70%-2018_0601_113625

これも美味しそう

70%-2018_0601_113629

津南町は養豚が盛んな地域で、「つなんポーク」と「妻有ポーク」という2つのブランドがあるそうです

70%-2018_0601_113330

70%-2018_0601_114137

70%-2018_0601_114144

食彩館で津南産のアスパラガスを買いました

70%-2018_0601_114341

70%-2018_0601_114333

70%-2018_0601_114346

火焔型土器は、津南町から長岡市までの信濃川上流域を中心として、現在の新潟県域から出土しているようです

70%-2018_0601_114707

苗場山麓ジオパーク

苗場山麓ジオパークは、奥信越と呼ばれる新潟県津南町・長野県栄村からなり日本有数の多雪地域です。私たちの祖先は、多雪という環境に適応して段丘に暮らし、豊かな湧水や動植物の恩恵を受け歴史を紡いできました。縄文の遺跡が多く発掘され、火焔型土器に代表される当時の暮らしを見ることができます。約1万年間森と生きた縄文の民に習い、自然と共生することを五感を通し体感しながら学ぶ場所、それが苗場山麓ジオパークです。

70%-2018_0601_114649

日本ジオパークネットワークのWEBサイト

苗場山麓ジオパーク パンフレット
2018_0607_112629.jpg 2018_0607_112643.jpg

2018_0607_112727.jpg  2018_0607_112716.jpg   2018_0607_112802.jpg  2018_0607_112748.jpg

 

道の駅信越さかえ 栄村物産館またたび

70%-2018_0601_120617

栄村物産館またたび パンフレット
2018_0607_110533.jpg  2018_0607_110600.jpg


栄村直売所かたくり

長野県北部地震5年 直売所で栄村を元気に・・・毎日新聞2016年3月12日の記事

2011年3月の長野県北部地震から、12日で5年を迎えた。被害が集中した同県栄村に昨年7月、復興に弾みを付けようと、地元農産物直売所「かたくり」が開業した。新潟県中越地震(04年10月)の被災地、同県長岡市の直売所に学び、売り上げを伸ばしている。運営に関わる村民たちは「復興に向けた強い意志を感じ、元気をもらった」と村の再興に意欲をみせる。

長野県北部地震とは、
東日本大震災翌日の2011年3月12日午前3時59分、長野県北部を震源に起きたマグニチュード(M)6.7の内陸型地震。最大震度6強を観測した。長野・新潟両県で重軽傷者57人、住宅の全半壊499棟。長野県栄村では、避難後に死亡した3人が災害関連死と認定された。

70%-2018_0601_120627

70%-2018_0601_120818

70%-2018_0601_120903

70%-2018_0601_121043

おっと、ここにもアスパラガス

70%-2018_0601_121106

猫つぐら

新潟県関川村、秋山郷(新潟県津南町と長野県栄村)、新潟県長岡市小国町、新潟県長岡市出雲崎[1]の民芸品である。関川村では「猫ちぐら」と呼び、秋山郷および長岡市小国町、長岡市出雲崎では「猫つぐら」と呼ぶ。

70%-2018_0601_121156

さかえソフト いただきます

70%-2018_0601_122110

とてもミルキーなソフトです 評価:7点(10点満点)・・・僕らの勝手な評価です

70%-2018_0601_122201

70%-2018_0601_122348

キャンプ場に戻って、お昼ご飯

70%-2018_0601_135859

70%-2018_0601_135907

さっそく、買ってきたアスパラガスとラディッシュをいただきます

70%-2018_0601_135903

70%-2018_0601_141959


無印良品津南キャンプ場  キャンプ場情報はこちらへ


一日目へ戻る   二日目その2へ続く

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2018/06/07(木) 22:24:35|
  2. 津南キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無印良品津南キャンプ場  前線から離れようと北に来ましたが・・・

無印良品津南キャンプ場  前線から離れようと北に来ましたが・・・


2018年5月31日(木)~6月4日(月)、4泊5日で、新潟県中魚沼郡津南町の無印良品津南キャンプ場へ初めて行ってきたよ

天気概況で前線を確認すると、関東もそろそろ梅雨入りが近そうな気配
新潟方面まで行くと、関東に比べて晴れの確立が高そう

そこで、以前から気になっていて無印良品津南キャンプ場へ行ってみることに
無印良品のカンパーニャ嬬恋は何度が訪れたことがありましたが、津南キャンプ場は初めての訪問です


tunan201805-01-1

tunan201805-02-1


一日目(5月31日)

2:25 浅草出発  距離約251km

tunan201805-03

一般道を走り練馬ICから関越道に乗ります
新座料金所の通過が3:17、予定通り4時前に通過できました

そうなんです
高速道路の深夜割引を使うために、「草木も眠る丑三つ時」に出発したというわけですウインク

70%-2018_0531_031711

三芳PAで休憩したあと、夜の関越をひたすら北上

70%-2018_0531_041708

渋川伊香保あたりで、東の空が少し明るくなってきました

70%-2018_0531_042731

4:37 赤城高原SAで少し長い休憩をします
(キャンプ場のアーリーチェックイン時刻は8時、その時刻に到着を合わせるため)

出発してからここまで2時間10分ほど

70%-2018_0531_043713

70%-2018_0531_045314

70%-2018_0531_045220

仮眠をとったあと、5:50頃出発

70%-2018_0531_055623

70%-2018_0531_060211

途中、霧が出てきました

70%-2018_0531_060518

70%-2018_0531_060811

70%-2018_0531_060909

関越トンネルを通って

70%-2018_0531_061347

70%-2018_0531_061729

70%-2018_0531_062147

70%-2018_0531_062310

70%-2018_0531_062828

ICと併設されている塩沢石打PAには何もなかったです

70%-2018_0531_063209

6:34 塩沢石打ICを出ます(初めてのIC) 

70%-2018_0531_063449

塩沢石打ICからキャンプ場までの距離は、約40km

tunan201805-04-1

塩沢石打ICから国道353号線を走ります

平坦な道なのかと思ってましたが、十二峠という峠を越える道でした

70%-2018_0531_064357

70%-2018_0531_064643

70%-2018_0531_070338

国道117号線に入ると、津南町はすぐです

70%-2018_0531_070424

昔、電車で行ったことがある松之山温泉への表示

70%-2018_0531_070517

国道沿いにある苗場酒造

70%-2018_0531_072141

津南町のメインストリート

70%-2018_0531_072149

ちょうど長野県の栄村との境界付近、国道を右折して山道に入っていきます

tunan201805-13-1

70%-2018_0531_073304

そうでした 現在新潟は知事選の真最中すぐ戻ります

70%-2018_0531_073137

ここから6km とても狭い山道です

70%-2018_0531_073321

70%-2018_0531_073332

70%-2018_0531_073418

70%-2018_0531_073806_thumb[1]

70%-2018_0531_073816_thumb[1]

細心の注意を払いながらの走行です

70%-2018_0531_074151_thumb[1]

70%-2018_0531_074510_thumb[1]

70%-2018_0531_074538_thumb[1]

7:46 キャンプ場に到着です

70%-2018_0531_074650_thumb[1]

受付開始の8時までの間、車の中で朝食

津南の町中のコンビニで買ってきたおにぎりやハンバーガーなど

70%-2018_0531_074842

サイトの選択

予約時は、サニタリーにある程度近くて見晴らしの良いサイトということで、C44サイトを確保していました
(C45・46・47は空いていなかった)

支配人の方が、「C44は少し傾斜があるので、一度現地を見ていただいてから、決めて下さい」とのことだったので
Cエリアとその上のBエリアを見に行きました

確かにC44は傾斜とうねりがあり、週末に予約が入っている隣のサイトとの距離も近い

結局、BエリアのB26を選択しました

支配人からは、サニタリーへの小道が急坂で「ちょっときつい」という話を聞いていましたが
実際に歩いてみると、気をつけて昇降すればなんとかなりそう

Bエリアは津南キャンプ場の中で、標高が高く見晴らしが良いサイトが多いのですが、その分風の影響を受けやすいエリア
それに、サニタリーまで遠いサイトも多いかな

tunan201805-12-1-1

早めにチェックインした理由

当初からの予報が変わって、この日の午後あたりから雨が降りそう  
おまけに落雷注意報も出ていて、ところによっては突風の可能性も・・・・
テントにとっては最悪の天候になるかもしれないので、その前に設営を完了しようと思ったわけです

10時頃には、設営完了
なんとか雨中設営は免れました

今回はリビロン君6号(ランブリ6)を接続、6号の中ではコット寝というフルバージョンですスマイル

70%-2018_0531_112834

70%-2018_0531_112942

70%-2018_0531_113030

70%-2018_0531_113053

僕らが選んだサイトからは、南側の見晴らしがとても開けていて
苗場山(標高2,145m)や鳥甲山(標高2,038m)を望むことが出来ます

tunan201805-14-1

鳥甲山

70%-2018_0531_113114

苗場山

70%-2018_0531_113135

北側には山伏山(標高903m)がすぐ目の前に

70%-2018_0531_113214

本日のキャンパーは
下のCエリアのC46サイトに、長い間逗留しているようなおやじさんがソロでいるだけ
Bエリアには僕らのみ
A~Gの他のサイトは見ていませんが、おそらく誰もいないような感じ

ANNEX山伏山森林公園エリアには、中学生の団体が約50名ほど
(支配人さんが、これからの荒天を心配していました)

70%-2018_0531_145956

お昼はそうめん  少し気温が低くなってきたので、釜あげで温かくしました

70%-2018_0531_124018

70%-2018_0531_124055

夕方17時過ぎ、一瞬上空に青空が見えました

70%-2018_0531_171929

70%-2018_0531_171949

強風に備えて、シールドルーフのフック部分をギアータイを使ってポールに固定します

70%-2018_0602_101602

70%-2018_0602_101428

幕のスカートは、全てペグダウンします
これで、風の進入とスカートのバタツキが抑えられます

70%-2018_0602_101547_thumb[1]

70%-2018_0602_101534_thumb[1]

70%-2018_0602_101456_thumb[1]

リビロン君と6号の接続部分が外れないように、6号の入り口部分のガイラインをリビロン君の内部でペグダウンしておきます

70%-2018_0604_074837_thumb[1]

70%-2018_0604_085108_thumb[1]

これで風対策は万全

と思っていると、西の方から黒い雲が近づいてきて、急に空気が冷たくなって・・・

70%-2018_0531_161440_thumb[1]

雨が降り出すと同時に風が強くなって、遠くで雷鳴が・・・困った
最もヤバイ状況なので、すぐに車に避難しました

どうも最近、車に避難することが多いような・・・
直近では、ワイルドフィールズおじかで   去年は東北長期遠征の時に、秋田の妖精の森


一時間半ほど車の中で過ごした後、雷レーダーと豪雨レーダーを見て、ある程度安全だと判断してから幕に戻ります
雨は相変わらず降り続いていますが、風は少し弱まっていました

晩御飯は、スタンディングねぎ鍋

70%-2018_0531_191138

気仙沼斉吉商店の「金のさんま」   僕らのお気に入りです

70%-2018_0531_191228

いぶりがっこはマスカルポーネチーズと大葉を混ぜて

70%-2018_0531_191231

きゅうりの塩昆布和え

70%-2018_0531_191235

明日からの晴天を期待して、乾杯!!

70%-2018_0531_191405

70%-2018_0531_191929

ポン酢と七味でいただきます

70%-2018_0531_191949

さすがにフジカ君は持ってこなかったので、暖房はアウトドアヒーターで

もう明日から6月という時期なので、服装は薄着しか持ってきませんでした
さすがに標高約720mのキャンプ場、夜は少し冷えました

これからは、高地のキャンプでは念のためにフリースを一枚持ってくるようにした方がいいですね

70%-2018_0531_192125

70%-2018_0531_200625

70%-2018_0531_200424

ウイスキーで身体を中から暖めて、眠ることにしましょう

天候  曇りのち雨  最高気温19.3℃ 最低気温12.3℃ 平均風速2.2m 最大瞬間風速13.8m

無印良品津南キャンプ場  キャンプ場情報はこちらへ


二日目その1へ続く

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2018/06/06(水) 19:09:00|
  2. 津南キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

撤収時は熱中症注意!

まるで梅雨明けしたかのような暑さの中で撤収です

水分補給はしっかりと!

関連記事
  1. 2018/06/04(月) 18:00:27|
  2. 津南キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜中、月明かりが眩しくて

関連記事
  1. 2018/06/03(日) 20:13:29|
  2. 津南キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

津南の空をクマタカが舞う

朝からクマタカを待ってましたが

舞っている高度が高く、上手く撮れませんでした

関連記事
  1. 2018/06/02(土) 19:10:30|
  2. 津南キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は午後から晴れ!

昨日は、雨、風、雷で大変でした

一時車に避難

でも今日は午後から晴れました!

関連記事
  1. 2018/06/01(金) 17:44:48|
  2. 津南キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Kaoru&Beet

Author:Kaoru&Beet
Kaoru君とBeet君のキャンプ日記へようこそ!

PCカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

INDEX

Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

ブランド・ショップ INDEXは
 ↓ ここをクリック

サインプレート ブランドショップINDEX


北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1


北帰行2018冬INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北帰行2018冬のコピー


小梨平滞在記 INDEXは
↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg


2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート2019夏_長野岐阜富山-1

最新記事

月別アーカイブ

2019年 12月 【4件】
2019年 11月 【21件】
2019年 10月 【25件】
2019年 09月 【22件】
2019年 08月 【12件】
2019年 07月 【42件】
2019年 06月 【23件】
2019年 05月 【26件】
2019年 04月 【23件】
2019年 03月 【22件】
2019年 02月 【22件】
2019年 01月 【17件】
2018年 12月 【20件】
2018年 11月 【30件】
2018年 10月 【28件】
2018年 09月 【18件】
2018年 08月 【24件】
2018年 07月 【26件】
2018年 06月 【24件】
2018年 05月 【22件】
2018年 04月 【20件】
2018年 03月 【21件】
2018年 02月 【25件】
2018年 01月 【17件】
2017年 12月 【29件】
2017年 11月 【80件】
2017年 10月 【29件】
2017年 09月 【33件】
2017年 08月 【25件】
2017年 07月 【19件】
2017年 06月 【23件】
2017年 05月 【34件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【21件】
2017年 02月 【24件】
2017年 01月 【28件】
2016年 12月 【62件】
2016年 11月 【32件】
2016年 10月 【26件】
2016年 09月 【29件】
2016年 08月 【23件】
2016年 07月 【29件】
2016年 06月 【29件】
2016年 05月 【21件】
2016年 04月 【23件】
2016年 03月 【22件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【30件】
2015年 12月 【29件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【30件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【24件】
2015年 02月 【25件】
2015年 01月 【17件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【23件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【21件】
2014年 04月 【12件】
2014年 03月 【24件】
2014年 02月 【17件】
2014年 01月 【18件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【19件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【14件】
2013年 07月 【24件】
2013年 06月 【12件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【16件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【13件】
2013年 01月 【14件】
2012年 12月 【18件】
2012年 11月 【16件】
2012年 10月 【17件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【9件】
2011年 09月 【2件】

CATEGORY

最新コメント

リンク


Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

ブランド・ショップ INDEXは
 ↓ ここをクリック

サインプレート ブランドショップINDEX


北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1


北帰行2018冬INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北帰行2018冬のコピー


小梨平滞在記 INDEXは
↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg


2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート2019夏_長野岐阜富山-1


あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

WOM CAMP ロゴ2


702016_1126_154717-15.jpg

ilbif02.jpg

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR