FC2ブログ

Kaoru君とBeet君のキャンプ日記

キャンプ日記、キャンプ道具、旅の記録、街歩きとグルメなどを書いています。

tent-Mark DESIGNS TAKIBI-TARP TC CONECT HEXA テンマクデザイン 焚火タープTCコネクトヘキサ

tent-Mark DESIGNS  TAKIBI-TARP TC CONECT HEXA 
テンマクデザイン 焚火タープTCコネクトヘキサ

ワンポールテントの場合、雨天時の出入りは入口を覆うものがないと、雨が幕の中まで吹き込んできます
それゆえ、前室が付いているROBENS Kiowa(カイオワ)を選択した経緯があります

当然、サーカスTC  BIGの場合は、入口をタープで覆う必要があります
そのために、ポールのてっぺんに付けるタープアダプターを自作している人も沢山いるようで
僕らも得意の8号帆布で作成中ではありました

どのタープを使うのか・・・
最近ゲットした、サンド君(アトラスサンド)用のHILLEBERG TARP10XPはどうか?
サーカスTC  BIGとは色合いが少し似ているかもしれないけれど、生地の質感が全く異なるのでアンマッチかな
Takibi-Tarp TC wingは、生地が同じTCだけれど、色合いがちょっと・・・
それに大きすぎるし
・・・と、色々と考えているときに、焚火タープTCコネクトヘキサの事を知りました
コネクトキャップ(連結パーツ)が付いているので、自作する必要がない
元々はサーカスTCやサーカスコットンに連結可能なタープですが、BIGにも問題なく使えると判断

ということで、サーカスTC  BIGにピッタリのタープを入手したわけです

70%-2018_0919_160010-1

上矢印色合いについて

上が焚火タープTCコネクトヘキサ、下がサーカスTC BIG
全く同じ材質で、色合いもまったく同じスマイル

これ以上サーカスTC BIGとマッチするタープはありません

70%-2018_0920_090453-2


上矢印コネクトキャップの使い方と設営について

このタープの最大の特色は、このコネクトキャップ

70%-2018_0920_090751-1

70%-2018_0920_090807-1

赤丸の位置に2つ付いています
コネクトキャップはタープ本体にテープで繋がっているので、タープ本体から取り外すことはできません

2018_0917_174917-4

僕らはコネクトキャンプのリングにカラビナを取り付けて、そのカラビナに二又の張り綱(10m)を付けました

70%-2018_0920_090807-2

コネクトキャップをサーカスTC BIGの頂点にセットして、ポールを立ち上げます

70%-2018_0920_090318-1

立ち上げた後、張り綱①②をペグダウンします

2018_0917_174917-5

Bの位置にあるコネクトキャップにポールの先端を通して、タープ本体のグロメットに下から通します

70%-2018_0920_090408-1

70%-2018_0920_090420-1

張り綱③④をペグダウンします

2018_0917_174917-6


上矢印サイドの四角についているテープについて

サイドの四角にはテープが付いています

70%-2018_0919_160105-1

70%-2018_0919_160123-1

このタープはサーカスTC(高さ280cm)またはサーカスコットン(高さ280cm)用に作られたタープなので
このテープ(下図の赤表示)をそのままペグダウンできるような長さとなっています

CONECT HEXA-007-2

サーカスTC BIG(高さ350cm)で使う場合は、このテープ(下図の赤表示)の長さが不足するので
テープに張り綱(下図の水色表示)をつけてペグダウンします

70%-2018_0919_160041-2

2018_0917_173752

2018_0917_173740

2018_0917_173806

■素材
本体:コットン混紡生地(TC)撥水加工済み、ポリエステル65%、コットン35%
縁部:ナイロン
■サイズ:580×450×H280cm(推奨高さ)
■重量:本体4,686g、張り綱280g、収納袋378g
■付属品:収納ケース、張り綱
■Made in Vietnam
※サーカスTC コットンとの連結時推奨ポール長280cm


取扱説明書
2018_0917_174917.jpg  2018_0917_174935.jpg

 

70%-2018_0919_160027-1

70%-2018_0919_160052-1

70%-2018_0919_160233-1

70%-2018_0919_160115-1

70%-2018_0919_210543r-1

70%-2018_0919_210659r-1

70%-2018_0920_004508r-1

70%-2018_0920_010421r-1

70%-2018_0920_010817r-1

70%-2018_0920_011504r-1




テント・タープINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/09/30(日) 11:33:54|
  2. テント・タープ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

tent-Mark DESIGNS CIRCUS TC BIG テンマクデザイン サーカスTC BIG

tent-Mark DESIGNS CIRCUS TC BIG テンマクデザイン サーカスTC BIG

今年(2018年)4月に開催されたアウトドアデイジャパン 2018 東京で初めてお披露目された、人気のサーカスTCのビッグサイズ
あの時からずっと気になっていて、9月の発売開始と同時にゲットしました

70%-2018_0919_145610-1

同じような大きさの他のワンポールテントを比較してみると

 

NORDISK

Tentipi

tent-Mark DESIGNS

 

Alfheim 19.6m2
アルフェイム 19.6m2

Zirkon 9
ジルコン 9

CIRCUS TC BIG
サーカスTC BIG

Alfheim 19.6m2 -01-3tentipi004CIRCUS TC BIG-001
フロアサイズ5.0m
Alfheim 19.6m2 -01-1
5.3m
tentipi001-1
5.2m
2018_0916_164526-1-1


高さ

3.5m
Alfheim 19.6m2 -01-2

3.1m
tentipi001-2

3.5m
2018_0916_164526-1-2

重量

本体18kg

本体13.8kg

本体14.6kg

収納サイズ

本体99×36cm

本体70x28cm

本体102×29cm

材質

本体
テクニカルコットン採用

ポリエステル65%
コットン35%

本体
Cotpolmex C

強いコットンとポリエステルの
混紡素材

本体
コットン混紡生地(TC)

ポリエステル65%
コットン35%

価格(税込)

本体¥138,240

本体¥193,320

本体¥53,784



*価格は2018年09月現在

サイズ的にはほとんど差がない3つのテントですが
驚くほどの価格差は、NORDISKやTentipiとのブランド力の差でしょうか
悪天候時の対応力や、耐久性、デザインなど、その他にも色々な比較要素があるので、簡単に優劣はつけれらません
機能面だけみると、2ヶ所の入口を作ることができる自由度、そして5ヵ所の下部大型ベンチレーターなどから
サーカスTC BIGが使いやすいように感じます(あくまでも僕らの個人的感想ですが)



僕らが持っているROBENSのカイオワと比較してみると
 

ROBENS

tent-Mark DESIGNS

 

Kiowa
カイオワ

CIRCUS TC BIG
サーカスTC BIG

70%-2016_1126_154717-3CIRCUS TC BIG-001
フロアサイズ4.5m
70%-2016_1126_154717-1
5.2m
2018_0916_164526-1-1

高さ

3.2m
70%-2016_1126_154717-2

3.5m
2018_0916_164526-1-2

重量

本体+フロアシート
23.4kg


本体14.6kg

収納サイズ

本体+フロアシート
93x28 cm


本体102×29cm

材質

本体
ハイドロテックス

ポリエステル35%
コットン65%

本体
コットン混紡生地(TC)

ポリエステル65%
コットン35%

価格(税込)

本体+フロア
¥165,240円


本体¥53,784

*価格は2018年09月現在

スペックの比較は備忘録として使いますが、問題はこの二つのワンポールの使い分けです
はっきりしているのは、カイオワはお座敷スタイルで、サーカスはロースタイルで、ということだけ
これからどのように使っていくのか、それを思い巡らせるのも、天候不順でなかなかキャンプに行けないときの楽しみですね


拍手サーカスTC BIGの主な特徴・機能

●設営時に便利な、設営用ガイドセット

70%-2018_0919_131047-1

入り口を開ける位置すなわちファスナーの位置を考慮しながら、設営用ガイドセットの最初の角度を決めることが重要

設営用ガイドセットが固定できたら、五角形の角にペグダウンしていきます

70%-2018_0919_131047-2

●上部ベンチレーション

設営時、ポールを差し込む時にベンチレーションのロープが絡まないように注意する必要があります

70%-2018_0919_151819-1

70%-2018_0920_094814-1

70%-2018_0919_151851-1

●下部大型ベンチレーターが5ヵ所

70%-2018_0919_151812-1

70%-2018_0920_092754-1


●ファスナーが2ヶ所にあり、ドアパネルを2ヶ所開けることが可能
 また、その開け方の自由度が大きい

70%-2018_0919_151747-1

ドアパネルを束ねるループが沢山ついている これが開け方の自由度を高めている

70%-2018_0919_151944-1

70%-2018_0919_151732-1

70%-2018_0919_151716-1

五角形の頂点のひとつをペグから外してオープンにする場合、テンションがかからなくなるので

それを解消するためのテープが付いている

70%-2018_0920_101041-1-1

テープを使用しない場合のテープ収納ポケット

70%-2018_0920_101140-1

70%-2018_0919_151950-1


拍手寝室設置のレイアウトはどうするか

コットの場合

70%-2018_0920_083610

70%-2018_0920_083657

70%-2018_0920_083720

コットを使う場合は、なんら問題はないです

次は、3号(ロッジ3)をインナーとして使う場合はどうでしょうか

70%-2018_0920_084532

70%-2018_0920_084542

70%-2018_0920_084606

3号を使うのはちょっと? 中央のヘキ子を使わないとしても、出入りがキツイですね

ということで

2号(クロノスドーム2型)をインナーとして使うと

70%-2018_0920_085133

70%-2018_0920_085154

70%-2018_0920_085214

カイオワの時と同じくやはり2号がベストでしょうね

 

拍手Orland Stove(オーランドストーブ)の煙突の出し方は

この幕除けを使って、横出しするには

CIRCUS TC BIG-007

こんな感じで、パネルを開けましょうか

70%-2018_0920_094320

70%-2018_0920_094326

70%-2018_0920_094334

実際にストーブと幕除けを入れてみて、微調整をしましょう



拍手張り綱(ガイライン)の変更

10本ある張り綱(ガイライン)は、自分好みのものに変更しています

ATWOOD ROPE MFG. 550 Paracord  7Strand Core REFLECTIVE アトウッドロープ リフレクティブ パラコード
カラーはWOODLAND CAMO

70%-2018_0920_092111

70%-2018_0920_092118


2018_0915_150954

2018_0915_150929

2018_0915_150910

■サイズ(約):520×520×(H)350cm
■収納サイズ(約)29×29×102cm
■重量:(約)15,376g(本体11,386g、ポール3,246g、収納袋454g、張綱・セットアップガイド290g)
■素材:[本体] コットン混紡生地(TC) 撥水加工済み(ポリエステル65%コットン35%)
           [裾部(スカート)] ポリエステル,[ポール] スチール製(φ35mm)
■付属品:ポール、張り網、設営用ガイドセット、ペグ、収納袋
■Made in Vietnam

 取扱説明書

2018_0916_164541.jpg 2018_0916_164526.jpg 

70%-2018_0919_204959r-1

70%-2018_0919_211023r-1

70%-2018_0920_011109r-1

70%-2018_0920_092419-1

70%-2018_0920_095627-1


テント・タープINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/09/29(土) 17:53:45|
  2. テント・タープ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

絶好のキャンプ日和ですが・・・

絶好のキャンプ日和ですが・・・

 

2018年9月28日、台風24号が日本に接近中の金曜日

東京は、嵐の前の・・・なのか、信じられないほどの澄みきった秋空

絶好のキャンプ日和ですが、好天は一日しか持たないようで、明日からは本格的な雨になる予報

週間天気予報でも曇りや雨マークの連続で、蟄居している日が続いたので、久しぶりに街に繰り出します

 

Tsugiki(ツギキ)

文京区千駄木にある富山の伝統工芸を扱うアウトドア&ライフスタイルショップ

70%-2018_0928_121338

70%-2018_0928_121201

70%-2018_0928_121207

暖簾を潜ると、そこは大人のおもちゃ箱でした

70%-2018_0928_121101

70%-2018_0928_121117

70%-2018_0928_121110

真ちゅう製シェラカップを発見

70%-2018_0928_121016

江戸時代の人がキャンプしているびっくり

70%-2018_0928_121024

70%-2018_0928_121034

高岡銅器の伝統工芸士が着色したものだそうです

火にかけることはできず、食器として使います

70%-2018_0928_121039

70%-2018_0928_121236

また、お邪魔します

 

千代田線の根津駅から新御茶ノ水へ

そこから歩いて、いつものL-Breath御茶の水店へ

snow peakが入っていた6Fがアウトドアセレクトショップとして改装されました

70%-2018_0928_134901

70%-2018_0928_134910

70%-2018_0928_134927


株式会社スノーピーク(代表取締役社長 山井太、本社 新潟県三条市 証券コード7816)は、株式会社ヴィクトリア(本社:東京都千代田区、代表取締役 藤澤 剛)と連携した新業態店舗「L-Breath Powered by Snow Peak 御茶ノ水店」を、9月21日(金)にリニューアルオープンいたします。

燕三条の職人技に裏打ちされたラグジュアリーでハイエンドなキャンプギアづくりを行う「snow peak(スノーピーク)」と都市型老舗アウトドア専門店「L-Breath(エルブレス)」が融合し、新たなアウトドアの提案を行っていく「L-Breath Powered by Snow Peak 御茶ノ水店」が、L-Breath御茶ノ水店内にオープン。 選び抜かれた本物のアイテムを取り揃え、従来のキャンプスタイルからグランピングスタイルまで幅広いシーンで提案致します。

70%-2018_0928_134026

70%-2018_0928_133100

Snow Peak の商品だけでなく、色々と気になるグッズがありました

70%-2018_0928_133414

70%-2018_0928_133441

70%-2018_0928_133254

70%-2018_0928_133129

70%-2018_0928_133139

70%-2018_0928_133201

70%-2018_0928_133221

70%-2018_0928_133245

70%-2018_0928_133116


L-Breath 御茶ノ水店がある神田小川町から日本橋横山町まで約2kmほど

秋の爽やかな空を眺めながら歩きます

日本橋横山町問屋街の一角にあるお店、plywood

70%-2018_0928_150155

70%-2018_0928_150146
























70%-2018_0928_150101


70%-2018_0928_145445

これは売り物ではないようです

70%-2018_0928_145144

 70%-2018_0928_145213

なんでしょうか このデカイバケツ・・・

YETIのクーラーズタンク

70%-2018_0928_143643

70%-2018_0928_143704

たくさん入るようですよ     グルキャンにいかがでしょうか爆笑

70%-2018_0928_143657

コールマンのペグ

70%-2018_0928_145955

作りがとても雑ですね

さすがアメリカンペロリ

70%-2018_0928_150025

1本¥375ですか インテリアとして使うならまだしも・・・・

70%-2018_0928_145933

70%-2018_0928_143724

70%-2018_0928_143717

70%-2018_0928_143729

70%-2018_0928_143745

70%-2018_0928_143758

この子は売り物??  サイトに連れて行ったら目立つ???

70%-2018_0928_143834

70%-2018_0928_143843

70%-2018_0928_144507

70%-2018_0928_144617

70%-2018_0928_144631

70%-2018_0928_144706

70%-2018_0928_144907

70%-2018_0928_144912

70%-2018_0928_145344

70%-2018_0928_145639

70%-2018_0928_145749

70%-2018_0928_144940

楽しんだ秋空散歩

明日からはまた雨

台風による被害がありませんように祈ります



関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/09/28(金) 22:54:54|
  2. ●キャンプ関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

舞子高原オートキャンプ場  キャンプ場情報

舞子高原オートキャンプ場 キャンプ場情報

この情報は、僕らが訪問した時(2018年9月)の状況について記載しています
季節による変化、時間経過による変化があるという事をご理解下さい
また、個人的な感想も含まれている場合がありますので、その点もご理解下さい


舞子高原オートキャンプ場 2018年9月キャンプ日記はこちらへ


上矢印ロケーション
標高400m~500m、スキー場のゲレンデを春~秋の期間、キャンプ場として営業している
関越自動車道塩沢石打ICから2分、ICからの近さは日本一とも言われている
南魚沼の街並みが眼下に望まれる
付近に民家はない
関越自動車道まで約1.6km、自動車の走行音が微かに聞こえる

maiko201809-020

maiko201809-004

maiko201809-003

maiko201809-002


上矢印管理棟
舞子高原ホテルのフロントが受付となっている
サイトとは300~800mの距離がある

70%-2018_0920_112436 (25)

70%-2018_0920_112436 (27)

売店にはキャンプ関連の商品も置いてある

70%-2018_0920_112436 (31)

70%-2018_0920_112436 (30)

70%-2018_0920_112436 (28)

maiko201809-008

maiko201809-021-1


上矢印炊事場
場内に1ヶ所(バックカントリーMAIKOという建物の中にある)
お湯が出ます

70%-2018_0920_112436 (22)

炊事場入口

70%-2018_0920_112436 (21)

70%-2018_0920_112436 (20)

70%-2018_0920_112436 (12)

70%-2018_0920_112436 (16)

70%-2018_0920_112436 (15)

70%-2018_0920_112436 (14)


上矢印トイレ
場内には2ヶ所(バックカントリーMAIKOという建物の中とCサイト付近にある)
バックカントリーMAIKOトイレは洋式、水洗、一部ウォシュレットがある
Cサイトのトイレは不明



70%-2018_0920_112436 (1)

トイレ入口

70%-2018_0920_112436 (5)

70%-2018_0920_112436 (6)


70%-2018_0920_112436 (7)70%-2018_0920_112436 (10)
70%-2018_0920_112436 (8)70%-2018_0920_112436 (9)

上矢印シャワー・風呂
舞子高原ホテル内の舞子温泉 飯士の湯が大人¥500で利用できる
営業時間:5:00~10:00/15:00~21:00

70%-2018_0920_112436 (39)

画像はWEBサイトから拝借

maiko201809-016

maiko201809-017

maiko201809-018

上矢印ゴミ
分別して廃棄可能(ゴミ処理料として別途¥100が徴収される)

70%-2018_0920_112436 (1) - コピー

70%-2018_0920_112436 (2)

70%-2018_0920_112436 (4)

70%-2018_0920_112436 (3)

70%-2018_0605_134417 (29)

上矢印サイト
全て区画サイト(ABCの三つのエリアに分かれている)A-8区画、B-9区画、C-5区画

各サイトはとても広い(各サイトの広さは、WEBサイトに詳しく記載されている

maiko201809-008 - コピー

Aエリアー炊事場・トイレに近い

A1・A2入口付近

70%-2018_0605_135535

A1

70%-2018_0605_135655

70%-2018_0605_135614

A1からの風景

70%-2018_0605_135631

A2 

70%-2018_0605_135711

A3

70%-2018_0605_135836

A4

70%-2018_0605_135858

A5

70%-2018_0605_135845


Bエリアー最も標高の高い位置にあるエリア

B1

70%-2018_0605_135134

B1から

70%-2018_0605_135153

B2

70%-2018_0605_135118

B1・B2

70%-2018_0605_135203

B3

70%-2018_0605_135244

B3から  テントが設営されているサイトはA2

70%-2018_0605_135312

B4・B5・B6

70%-2018_0605_134530

B4・B5はよく使われるサイトなのか 芝が剥げていた

70%-2018_0605_134551

B4からの風景

70%-2018_0605_134416

B4・B5・B6から  下のサイトがB7・B8・B9

70%-2018_0605_134615

B7・B8・B9

70%-2018_0605_134808

B7・B8・B9からの風景 

70%-2018_0605_134829

70%-2018_0605_134852

Cエリアー炊事場には遠く、車で行く人が多そう

サイトの詳細は、見ていないので不明です


上矢印その他
・ペット入場可
・炊事場内に洗濯機・自販機がある

70%-2018_0920_112436 (18)

70%-2018_0920_112436 (17)

・最寄りのコンビニ・スーパーなど

ローソン 南魚沼関店 025-778-3030 車5分

はりまや石打店 025-783-3111 車6分
9:00~20:00

注意事項
70-2018_0920_112744

<余談ですが>
炊事場・トイレがあるバックカントリー舞子のナイター用照明が、眩し過ぎるほどの明るさです
22時以降はお静かにとルールにあったので、22時に消灯するのかと思っていましたが、夜中まで点灯していました

キャンプ場に「安全確保のための通路の誘導灯はよく整備されているので、Aサイト付近全体を照らしている照明は
22時以降は消灯する、あるいは照度を落とすなどが望ましいのでは」・・・と個人的意見を申し伝えました

    70%-2018_0920_005632r1


舞子高原オートキャンプ場 2018年9月キャンプ日記はこちらへ


キャンプ場INDEXは ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]


ページトップへ戻る





関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2018/09/22(土) 21:29:45|
  2. 舞子高原オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

舞子高原オートキャンプ場  帰り道、桐生のPURVEYORSへ

舞子高原オートキャンプ場  帰り道、桐生のPURVEYORSへ


一日目その2へ戻る

二日目(9月20日)

朝、曇り空

70%-2018_0920_071213

70%-2018_0920_071124

70%-2018_0920_071250

当初は、今日いっぱいは晴れるという天気予報でしたが、午後から雨が降るという予報に変わりました
レイトチェックアウトで、午後おそくまでのんびりしようかなと思っていましたが
雨が降り出す予報の13時頃までには撤収完了と、予定変更です

食器不要の簡単な朝ごはんをすませます

70%-2018_0920_073659

70%-2018_0920_075600

70%-2018_0920_075652

70%-2018_0920_092434_thumb[1]

70%-2018_0920_095605_thumb[1]

70%-2018_0920_095646_thumb[1]

70%-2018_0920_092624_thumb[1]

11時過ぎ、撤収完了です

他のサイトを見て回ってから、キャンプ場を後にしました

70%-2018_0920_113142_thumb[1]

帰り道、桐生市にある 旅とアウトドアのコンセプトショップ PURVEYORS(パーヴェイヤーズ)へ寄ってみることに

オンラインショップで買い物をしたことはありましたが、お店へは初めての訪問です

maiko201809-013_thumb[1]

赤城高原SAでお昼ご飯

70%-2018_0920_133538_thumb[1]

サービスエリア内とは思えないほどお洒落なお店でいただきます

70%-2018_0920_133548 (2)_thumb[1]

70%-2018_0920_133548 (5)_thumb[1]

70%-2018_0920_133548 (1)_thumb[1]

売店で売っていためずらしいカレーですびっくり  のどぐろは刺身で食べたいですが、そのカレーは遠慮させていただきます

70%-2018_0920_133548 (3)_thumb[1]

天気予報当たりました

赤城高原SAを出た、13時半ころから雨が降り出しました

70%-2018_0920_134627

70%-2018_0920_135134

関越道から北関東道に入って、太田薮塚ICで下ります

70%-2018_0920_141858

PURVEYORS(パーヴェイヤーズ)は、桐生の町の中にありました

車はお店の裏側にあるニューセントラルというパチンコ店に駐車できるようです

maiko201809-015

70%-2018_0920_152548

70%-2018_0920_152541

70%-2018_0920_152557

入口は2階です

70%-2018_0920_152523

70%-2018_0920_152504

倉庫がそのままお店になっています

中には、“危険物”ウインクがいっぱいです

70%-2018_0920_152255

70%-2018_0920_145746

70%-2018_0920_145754

70%-2018_0920_145331

70%-2018_0920_145349

70%-2018_0920_145519

山形のDECEMBERさんの製品も置いてありました

70%-2018_0920_145712

70%-2018_0920_150059

この折り畳み式ハンガー、とても気になっていたのです

70%-2018_0920_150107

70%-2018_0920_150408

70%-2018_0920_150728

70%-2018_0920_150734

70%-2018_0920_151347

70%-2018_0920_151523

70%-2018_0920_151231

70%-2018_0920_151708_thumb[1]

70%-2018_0920_151648_thumb[1]

数ある“危険物”のトラップを潜り抜け、これだけ買って帰りました

70%-2018_0920_145936_thumb[1]

また、機会があったらお邪魔します

PURVEYORSからは、雨の中、佐野のアウトレットと幸手のジョイフル本田に寄ってから帰りました

maiko201809-014

帰り道、プラS君の中で虫にさされました
手の甲1ヵ所、顔に2ヶ所、結構腫れてきたので、ひょっとしてブヨかな

舞子高原でブヨが車の中に進入することは十分あり得ますが・・・
車の中で生き続けている?? 数時間のことだからそれもありうる??

 

初めてのキャンプ場での初張りを楽しんだキャンプでした

それにしても、このところの天候は悪すぎですよね悲しい

一日目その2へ戻る

舞子高原オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ


ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2018/09/21(金) 23:32:20|
  2. 舞子高原オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

舞子高原オートキャンプ場  三つの“初” 続き

舞子高原オートキャンプ場  三つの“初” 続き


一日目その1へ戻る   二日目へ続く


一日目(9月19日)その2


初めてのキャンプ場で、初めてのサーカスTC BIGを張って、次の初めては・・・

これも9月に発売になった、

tent-Mark DESIGNS  TAKIBI-TARP TC CONECT HEXA 
テンマクデザイン 焚火タープTCコネクトヘキサ

ワンポールテントの場合、雨天時の出入りは入口を覆うものがないと、雨が幕の中まで吹き込んできます
それゆえ、前室が付いているROBENS Kiowa(カイオワ)を選択した経緯があります

当然、サーカスTC  BIGの場合は、入口をタープで覆う必要があります
そのために、ポールのてっぺんに付けるタープアダプターを自作している人も沢山いるようで
僕らも得意の8号帆布で作成中ではありました

どのタープを使うのか・・・
最近ゲットした、サンド君(アトラスサンド)用のHILLEBERG TARP10XPはどうか?
サーカスTC  BIGとは色合いが少し似ているかもしれないけれど、生地の質感が全く異なるのでアンマッチかな
Takibi-Tarp TC wingは、生地が同じTCだけれど、色合いがちょっと・・・
それに大きすぎるし

・・・と、色々と考えているときに、焚火タープTCコネクトヘキサの事を知りました
連結パーツであるコネクトキャップが付いているので、自作する必要がない
元々はサーカスTCやサーカスコットンに連結可能なタープですが、BIGにも問題なく使えると判断

ということで、幕にピッタリのタープを入手したわけです

こんな感じで連結できました

70%-2018_0919_160010

元々ついているテープ部分を直接ペグダウンは出来ない(BIGは背が高い)ので

張り綱を独自に作って延長する必要がありますが

70%-2018_0919_160105

連結パーツとしてのコネクトキャップ、ワンポールテントのてっぺんに付けるものです

2018_0920_090751

タープ本体とはバンドで接続しています
反対側にリングがあるので、そこに二又の張り綱をつけるようになっています
僕らはカラビナをつけてからそれに二又の張り綱をつけました

テントのてっぺんに付けるとこんな感じになります

2018_0920_090357

2018_0920_090318


70%-2018_0919_160041

70%-2018_0919_160233

サーカスTC BIG + 焚火タープTCコネクトヘキサ

これから活躍しそうな予感がしますねスマイル


今日はコット寝 

まだ虫がいそうなので、POP UP MESH SHELTERを使います

70%-2018_0919_164233

久しぶりにヘキ子も登場

70%-2018_0919_164319


設営を終えてから、お風呂へ

舞子高原ホテルの温泉に、¥500(通常¥1,000)で入れます

70%-2018_0920_114504

夜は、鍋焼きうどんで簡単に済ませます

70%-2018_0919_190407

昼間あれほど晴れていたので、雲のない夜空を期待していましたが、残念ながら夜は曇り空

月齢9.4の十日月も雲に隠れています

70%-2018_0919_204305

70%-2018_0919_210237r

サイトからは南魚沼の町の灯が見えます

70%-2018_0919_204458r

70%-2018_0919_204959r

70%-2018_0919_204744r

ナイタースキー用の照明灯でしょうか とても明るいですね

70%-2018_0919_205306r

70%-2018_0919_210018r

70%-2018_0919_210150r


70%-2018_0919_210543r

70%-2018_0919_210659r

70%-2018_0919_211023r

十日月が西の山に沈んだ、0時過ぎに起きだしてみると

70%-2018_0920_004207r

ナイター用照明灯はずっと点灯しているようで、異常に明るいのですが

70%-2018_0920_005632r

西の山の方に、ぼんやりですがオリオン座が見えました

70%-2018_0920_004508r

70%-2018_0920_004542r

70%-2018_0920_005131r

70%-2018_0920_010817r

70%-2018_0920_011109r


70%-2018_0920_005851r

70%-2018_0920_011241r

70%-2018_0920_011351r

70%-2018_0920_011504r

70%-2018_0920_011612r

夜、コオロギの鳴き声
そろそろ秋が近くなってきたでしょうか

晴れのち曇り 最高気温24.1℃ 最低気温10.3℃ 平均風速1.9m


一日目その1へ戻る   二日目へ続く

舞子高原オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る




関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2018/09/20(木) 16:24:48|
  2. 舞子高原オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

舞子高原オートキャンプ場  三つの“初”

舞子高原オートキャンプ場   三つの“初”


2018年9月19日(水)~20日(木)、1泊2日で、新潟県上南魚沼市の舞子高原オートキャンプ場へ行ってきたよ

初めてのキャンプ場で、新しいテントとタープの初張りです
不順な天候が長く続いている今年の9月
関東では終日晴れる予報であっても、午後にわか雨や時にはゲリラ豪雨になったりと、とても不安定
地域的に見てみると、新潟方面は二日ほど晴れの日が続くという予報
ということで、2018年5月に津南キャンプ場から秋山郷に行った帰りに見学した舞子高原キャンプ場へ
ひとつの区画がとても広く、芝も綺麗で、新幕と新タープを初張りするにも最適なキャンプ場でした

maiko201809-008-1

maiko201809-009-1


一日目(9月19日)その1

7:40 浅草出発

渋滞状況を考慮して、東北道・北関東道・関越道というルートを選択  距離233km

maiko201809-001

少し雲はありますが、いい天気

なんだか青空を見るのは久しぶりのような・・・

70%-2018_0919_074925

70%-2018_0919_075711

70%-2018_0919_083953

9:30 首都高速、東北道と順調に走り、北関東道の太田強戸SAで休憩
今年の7月28日にオープンしたばかりのSAで、当然ですがピカピカでした爆笑

70%-2018_0919_092856_thumb[1]

北関東道から見る榛名山

70%-2018_0919_094929_thumb[1]

関越道に入って、赤城山

70%-2018_0919_095749_thumb[1]

武尊山

70%-2018_0919_100658_thumb[1]

谷川岳

70%-2018_0919_101921_thumb[1]

10:20 谷川岳SAで休憩

70%-2018_0919_102247_thumb[1]

70%-2018_0919_102307

谷川の六年水を水筒に入れて持っていくことにします

70%-2018_0919_102458

70%-2018_0919_102543

このSAもとても綺麗、2015年10月にリニューアルされたらしい

70%-2018_0919_102650

70%-2018_0919_103415

70%-2018_0919_103212

もつ煮が名物らしい??

70%-2018_0919_103400

10:45 出発します

それにしても雲ひとつない、いい天気びっくり

70%-2018_0919_103526

関越トンネルに入ります

70%-2018_0919_104533

70%-2018_0919_105003

トンネルを抜けると・・・・そこは

70%-2018_0919_105253

やっぱりいい天気

70%-2018_0919_105747

70%-2018_0919_110111

70%-2018_0919_110139

塩沢石打IC 11:06

70%-2018_0919_110606

今回は一泊なので、キャンプ場付近のスーパーマーケットはりまや石打店で簡単な食材だけを調達します

maiko201809-010

70%-2018_0919_112947_thumb[1]

「むっつら」とは、南魚沼の方言で「とっても」という意味だそうです

70%-2018_0919_111123_thumb[1]

お昼ご飯は、道の駅南魚沼で

70%-2018_0919_113825_thumb[1]

70%-2018_0919_113855_thumb[1]

70%-2018_0919_114150_thumb[1]

70%-2018_0919_114409

キャンプ場が見えます

70%-2018_0919_114433

70%-2018_0919_114728

もう新米が出てますね

70%-2018_0919_114518

70%-2018_0919_115011

70%-2018_0919_115450

70%-2018_0919_115712

和豚もちぶたしょうが焼き定食

70%-2018_0919_115811

70%-2018_0919_115818

越の鶏のそぼろ丼

70%-2018_0919_115859

70%-2018_0919_115903

もちろんこちらもいただきますよペロリ

評価は7点くらいかな

70%-2018_0919_121353

70%-2018_0919_121444

チェックイン時刻 13時まで、車の中でお昼寝です



13時ちょうどにチェックイン(希望したサイトは前日使われていたので、アーリーチェックインは出来ませんでした)

舞子高原ホテルのフロントが受付です
このキャンプ場は、スキー場のゲレンデの一部を春から秋にかけてキャンプ場として営業しているのです

70%-2018_0920_114201

70%-2018_0920_114222

70%-2018_0920_114239

ホテルから、スキー場のゲレンデの上の方まで登っていきます

ホテルの標高は341m、サイトがある付近の標高は458m

maiko201809-011-1


サイトはA2サイト、以前見学に来た時に、炊事場・トイレに近くて眺めがよく広いサイト、ということで
目星をつけていたサイトです(空いていたので、電話での予約時にサイト指定ができました)
おそらくこのキャンプ場で一番人気のサイトだと思われます

キャンプ場のWEBサイトでは15m×15mと記載されていますが、実測では14m×20m、驚くほどの広さです

70%-2018_0919_130513


初めてのキャンプ場で、初めて張るテントは・・・

tent-Mark DESIGNS CIRCUS TC BIG テンマクデザイン サーカスTC BIG

今年(2018年)4月に開催されたアウトドアデイジャパン 2018 東京で初めてお披露目された人気のサーカスTCのビッグサイズ
あの時からずっと気になっていて、9月の発売開始と同時にゲットしました

サーカスTC同様に人気沸騰で、オンラインショップでもリアル店舗でもすぐに完売になるのではと思っていましたが
まだ、オンラインショップにも在庫があるようで、店舗にもまだまだ沢山並んでました(9月17日現在)
思っていたほど人気がないのか? それとも沢山作ったのか? どうなんでしょうね困った

maiko201809-012

僕らが気にいった一番の理由は、開放部の自由度です

薪ストの煙突を自由に横出しできるという点が、この幕の魅力の一つですね
その他の理由としては、生地がコットン混紡生地(TC)で、結露が少ない点
そして、お値段ですね  これはとても大事ですよ~! 
ROBENS Kiowa(カイオワ)を持っているので、もうひとつのワンポールとして10万円を超えるような幕だと
きっと手を出さない(出せない)と思います

・・・・・・ということで、初張りです

70%-2018_0919_130941

設営用ガイドセットが付属しているので、まず5か所にペグを打ちます

70%-2018_0919_131047

幕を広げて、5か所打ったペグにループをかけます

70%-2018_0919_132304

中からポールを入れて、立ち上げます

70%-2018_0919_145610

5か所以外にもペグループがあるので、ペグダウンします

最後に張り綱をつけて、ペグダウンしますが
オリジナルの張り綱(白)は好みではないので、いつも使っている
ATWOOD ROPE MFG. 550 Paracord  7Strand Core REFLECTIVE アトウッドロープ リフレクティブ パラコード
カラーはWOODLAND CAMOに変えます

70%-2018_0919_151253

70%-2018_0919_151259

これで完成です

文書に書くと簡単なのですが、実は設営時に落とし穴があり、実際は相当の時間がかかりました

それは、テント上部のベンチレーション

70%-2018_0919_151753

70%-2018_0919_151819

70%-2018_0920_094814

ロープが放射線状に生地に結びついているのが普通なのですが、開封時からクロスしていたりしていたので
絡まってしまい、うまくいきませんでした
結局、クロスせず綺麗に放射線状になるように、それぞれのロープを確認しながら結びなおしました
次回からはもう問題はないと思いますが、ポールを入れる時に、絡まないように十分注意する必要がありますね

70%-2018_0919_151716

70%-2018_0919_151732

70%-2018_0919_151801

大型ベンチレーターがテントの下部5か所についていて、通気性がとてもよさそうです

70%-2018_0919_151812

三つ目の“初”へ続きます



一日目その2へ続く

舞子高原オートキャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2018/09/19(水) 22:39:03|
  2. 舞子高原オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

四徳温泉キャンプ場  キャンプ場情報

四徳温泉キャンプ場 キャンプ場情報

この情報は、僕らが訪問した時(2018年9月)の状況について記載しています
季節による変化、時間経過による変化があるという事をご理解下さい
また、個人的な感想も含まれている場合がありますので、その点もご理解下さい


四徳温泉キャンプ場 2018年9月キャンプ日記はこちらへ


上矢印ロケーション
標高950m、四徳川沿いの森に位置する
付近に民家はなく、キャンプ場の明かりも最低限に抑えられており、夜の闇がとても深い
県道210号線沿いにあるが、通行量は極めて少ないとても静かな環境

sitoku201809-13

sitoku201809-10

sitoku201809-3

sitoku201809-7

sitoku201809-8

sitoku201809-9


上矢印管理棟
中川村の所有、若い方々が起業した「わくわくしとく」が管理運営を担っている
2018年から「エコビレッジをつくる」をキャンプ場運営のテーマに活動されている
「ゆ家」と呼ばれるセンターハウス、温泉がありキャンプ場の受付窓口
土曜日、連休・夏休みはスタッフの夜間在中あり

70%-2018_0913_170655

70%-2018_0913_170739-1 (1)

70%-2018_0913_170739-1 (3)

70%-2018_0913_170739-1 (4)

70%-2018_0913_170739-1 (5)


上矢印炊事場
場内に1ヶ所
お湯は出ません
合成洗剤不可・純石鹸のみ使用可
※純石鹸(液体/固形)はセンターハウスで購入可能
食器洗い専用とその他(コンロ・焚き火台など)の洗い場が区分されている
センターハウスの中にお湯が出るシンクがある(食器洗いが可能かどうか要確認)

70%-2018_0913_165434

70%-2018_0913_165455

70%-2018_0913_165459

70%-2018_0913_165515

70%-2018_0913_165519

70%-2018_0913_165450

70%-2018_0913_165525

 

上矢印トイレ
場内には2ヶ所(1ヵ所はフォレストサイト内)
洋式、水洗
センターハウス内にもトイレがあり、センターハウス営業時間内であれば使用できる

70%-2018_0913_165128

70%-2018_0913_16515670%-2018_0913_165206

 

上矢印シャワー・風呂
キャンプ場内に四徳温泉がある
営業は土曜・日曜・連休(夏休み期間中は毎日)詳細はHPの営業日カレンダー参照
¥600、チェックアウトまで何回でも利用可能
※環境保護のため、純石鹸以外の素材を含むシャンプーやリンス、ボディソープの持込は禁止
 備付け品を利用のこと

シャワー
月曜日のみ無料で使用できる

付近の入浴施設
望岳荘 0265(88)2033  車で35分
平日 11:00~20:00、土日 10:30~20:00
大人¥400

上矢印ゴミ
持ち帰り


上矢印サイト
区画サイトとフリーサイト(サニーサイト、フォレストサイト)がある
芝・土

sitoku201809-13

区画サイト(電源付きサイトあり)

区画サイトは次のように区分されている

sitoku201809-13-2

区画サイトは坂道の左右に配置されていて、段々なサイトとなっている

70%-2018_0913_165604

70%-2018_0913_170029

70%-2018_0913_165837

坂道の途中に、水場がある

70%-2018_0913_165856

No.20

70%-2018_0913_165719

70%-2018_0913_165734

No.19

70%-2018_0913_165806

No.18

70%-2018_0913_165824

No.21

70%-2018_0913_165912


No.15

70%-2018_0913_165930

No.14、サイトの中に岩があります

70%-2018_0913_170001

No.17

70%-2018_0913_165921

No.16

70%-2018_0913_165940

70%-2018_0913_165948

No.13

70%-2018_0913_170017

No.10、11、12

70%-2018_0913_170035

70%-2018_0913_170139

70%-2018_0913_170122

70%-2018_0913_170106

No.22

70%-2018_0913_170147

No.9

70%-2018_0913_170218

No.8

70%-2018_0913_170208

No.7

70%-2018_0913_170229

No.6

70%-2018_0913_170350

No.5

70%-2018_0913_170411

No.4

70%-2018_0913_170432

No.3

70%-2018_0913_170420

No.2

70%-2018_0913_170439

No.1

70%-2018_0913_170451

サニーサイト(フリーサイト)

設営時と撤収時のみ車乗入可能
川を挟んだ反対側にあり、トイレ・炊事場まで遠い
トイレ・炊事棟までの道には人感センサー照明があるが、ほぼ真っ暗でヘッドライトなどの明かりがないと足元が危ない
川の音が結構聞こえる
川に向って傾斜あり、フラットなところが少ない

70%-2018_0913_164418

70%-2018_0913_164430

70%-2018_0913_164450

70%-2018_0913_164512

70%-2018_0913_164521

70%-2018_0913_164636

70%-2018_0913_164403

駐車スぺース

70%-2018_0913_164356

70%-2018_0913_164348

フォレストサイト(フリーサイト)「きじゅまるの森」

中に入らなかったので詳細不明
車の乗り入れ不可、荷物運搬用のリヤカーあり(サイトまでは30~50m)
炊事場には遠い
和式の小さなトイレあり(通常のトイレまでは150mほどある)

70%-2018_0913_165702

その他

・ペット入場可
・付近にスーパーマーケットなどはない(一番近いスーパーまで車で約30分)
・れんぱく割引・平日割引あり
・docomoは圏外、SoftBank、auは場内どこでも入る(センターハウスにWi-Fiあり)
 必要な場合は固定電話を借りることができます

70%-2018_0913_170749

・薪
  コンテナ1箱(約2束分)¥1,500(下記の落ち枝使い放題料金を含む)
  落ち枝が場内に積んであり、使い放題で1泊¥500

  春(オープン~4/27)・秋(10/15~クローズ)は、1泊¥1,500で、薪・落ち枝が使い放題

70%-2018_0913_170517

70%-2018_0913_170459

70%-2018_0913_170647


70%-2018_0913_170704

70%-2018_0913_170710

70%-2018_0913_170719

2018_0918_195900

キャンプ場 案内書
70-2018_0913_170533  70-2018_0913_170547  70-2018_0913_170556  70-2018_0913_170604

四徳温泉キャンプ場 2018年9月キャンプ日記はこちらへ


キャンプ場INDEXは ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]


ページトップへ戻る






関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2018/09/16(日) 13:50:58|
  2. 四徳温泉キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寄り道して帰ります

寄り道して帰ります


三日目へ戻る

四日目(9月14日)

朝、雨は止んでいました

70%-2018_0914_073008

70%-2018_0914_073103

70%-2018_0914_073049

70%-2018_0914_073108

1Fのレストランで、ゆっくり朝食バイキングをいただき

2018_0914_075647

10時前にチェックアウトしました

原村を通って、久しぶりに八ヶ岳リゾートアウトレットへ寄ってみることに

sitoku201809-24

70%-2018_0914_112435

70%-2018_0914_120733

70%-2018_0914_112404

70%-2018_0914_114525

Mountain Hardwear の Space Stationは売っていなかったのでペロリ

仕方なく、ウェアだけ買って帰りました

70%-2018_0914_115021

アウトレットから、道の駅こぶちさわに寄ったあと、

甲府昭和ICから中央道に入るつもりで、国道20号線を走行していると

sitoku201809-25

スマホの電話が鳴ります

すぐ近くにあった武川町農産物直売センターにプラS君を停めて、着信履歴を確認すると

なんとなんと、Foresters Village Kobittoの鷹野オーナーからの電話

折り返し電話すると、「近くを走っているのなら寄って下さい」という声が・・・・というのは冗談ですが・・

電話は別の要件だったのですが、それにしても、なんというタイミングでしょうか

ということで、最後の寄り道はForesters Village Kobittoさんへ

久しぶりに鷹野さんにお会いして、今年の夏休みシーズンの話やあれこれをうかがいました

さすが人気のキャンプ場、チェックインのキャンパーが次から次へと・・・

またキャンプに来ますねと約束して、キャンプ場を後にしました


さあ、ここからはまっすぐ自宅を目指します



三日目へ戻る







関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2018/09/15(土) 23:28:08|
  2. ●旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

四徳温泉キャンプ場  また何処かで逢える日を楽しみに・・・

四徳温泉キャンプ場    また何処かで逢える日を楽しみに・・・


二日目へ戻る
    四日目へ続く

三日目(9月13日)

Hさん出発の日、僕らはもう一泊の予定

朝ごはん

70%-2018_0913_090524

センターハウスで買ってきた中川村のジュースとマフィンサンド

70%-2018_0913_090547

荷作り中のHさん

バイクでのキャンプの場合、車と違って、しっかりとした荷物の固定が最も重要ですよね

70%-2018_0913_103401-1

10:45 ハーレーが、小気味よい爆音を響かせながら去っていきました

70%-2018_0913_104516

70%-2018_0913_104518

別れはいつも寂しいものです

でも、またいつか何処かで逢える日を楽しみに・・・・


午前中にお風呂へ行こうと、昨日も電話した鹿塩温泉 塩湯荘に電話してみましたが、今日もお休み

仕方がないので、また望岳荘へ

お風呂の後は、望岳荘の敷地内にある「いろりなかがわ亭」でお昼を

2018_0913_134313

2018_0913_133900

天ざるそば

2018_0913_132814

2018_0913_132821

2018_0913_132830

朝ちゃん五平、はちみつ入りの五平餅だそうです

「朝ちゃん五平」の朝ちゃんとは、衰退してしまった「日本ミツバチ」の養蜂を復活させようと活動を続けている中川村出身で世界的にも有名な養蜂家・富永朝和さんのお名前からきているんだそうです。

2018_0913_132839

2018_0913_133911

食事が終ってから、ネットで天気予報を確認すると
昨日の予報から大きく変化していて、今日の夕方から明日にかけて雨になるという

明日、乾燥撤収しようと思っていましたが、まだ雨が降っていない今日のうちに撤収することに決定
急いでキャンプ場に戻ることにしますが、一ヶ所だけ帰り道にあるお店に寄りました

sitoku201809-21

山のパン屋さん

70%-2018_0913_140048

70%-2018_0913_140032

70%-2018_0913_140015

70%-2018_0913_135220

大納言パンが人気のお店でした

70%-2018_0913_135155

↓画像クリックで拡大表示

2018_0918_195442

2018_0918_195821

 お店の中に、なんとナキウサギの写真が・・・

70%-2018_0913_135358

中川村にお住いの方で、何度も北海道に足を運んで動物を撮影している人がいるとのこと
ここでナキウサギに会えるとはびっくりでした

2014年7月、北海道でナキウサギに会った時の記事はこちらへ


14:30頃、キャンプ場に戻って急いで撤収作業

70%-2018_0913_164450

16:40 撤収完了です

キャンプ場スタッフのみなさんと、しばらく談笑した後、17:30出発しました

太平洋方面へ走りますスマイル

70%-2018_0913_172857

松川ICから中央自動車道に入ったころから、雨が降り出しました

70%-2018_0913_180850

無理をして東京まで帰るのはやめて、諏訪湖の上諏訪温泉に泊まることにしました

sitoku201809-22

諏訪湖SAで夕食

撤収作業で力を使い果たしたので、ガッツリいきます

70%-2018_0913_192434

70%-2018_0913_192439

宿泊先は、ホテル紅や
結構大きなホテルでした
直前予約の楽天スーパーセール50%引きという朝食付きの格安プラン、なんかとてもお得な感じウインク

ホテルの部屋からは、雨に煙る諏訪湖の夜景が見えました

70%-2018_0913_220804

Hさんは、今日は何処で泊りだろうかとLINEで連絡してみると
なんと、キャンプ場を出た後に陣馬形山へ行って、そのまま走り、京都の自宅まで帰ったとのこと
無事に旅を終えられて、良かったです

Hさんが、陣馬形山で撮影したパノラマ

↓画像クリックで拡大表示

sitoku201809-23-1

 

天候(諏訪) 曇り後雨 最高気温24.7℃ 最低気温15,7℃ 平均風速2.2m


二日目へ戻る
    四日目へ続く

四徳温泉キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2018/09/14(金) 23:50:56|
  2. 四徳温泉キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

四徳温泉キャンプ場   “ほぼ、ほぼほぼ” 雨

四徳温泉キャンプ場    “ほぼ、ほぼほぼ”  雨


一日目その2へ戻る
    三日目へ続く

二日目(9月12日

朝は少しだけ青空も見えましたが、今日は雨の予報
何処へも行かずに、サイトで過ごすことにします

Hさんも、もう一泊
天気次第で出かけようかと話してましたが・・・

朝ごはんは、オープンサンドと昨夜の手羽先で出汁を採った野菜スープ

70%-2018_0912_081717

70%-2018_0912_081710

70%-2018_0912_081704

雨に濡れるハーレー

カバーをかけなくていいのですか?と聞いてみたけど、大丈夫みたい

70%-2018_0912_163238

70%-2018_0912_163310

70%-2018_0912_163338

70%-2018_0912_163321

70%-2018_0912_163410

「バイクはバックができない」

あらためて聞くと、バイクについて無知な僕らにとっては新発見ペロリ

駒ヶ根からこのキャンプ場までの道は、舗装はされているけれど、離合困難なとても狭い道
Hさんは対向車が来たらヤバイなあと思って走っていた、とか
その時は対向車にバックして道を譲ってもらうしかない、とか・・・

結局、対向車には1台も会わなかったようですがクール

70%-2018_0912_163506

70%-2018_0912_163631

70%-2018_0912_164157

70%-2018_0912_163815

70%-2018_0912_163932

70%-2018_0912_163721

センターハウスへ行って、Wi-Fiつないで、天気予報を確認
明日から天候は回復するようですが、今日は雨

地ビールを仕入れます
Hさんも外出を諦めたようで、昼から飲みます

ちょっと気になったのが、写真右の「入野谷 気の里ビール」、別名「ゼロ磁場ビール」とも言われているようです

南アルプスの麓に位置する入野谷(伊那市)は、日本最大の断層中央構造線があることで知られ、断層同士がぶつかり合う大きなエネルギーによって「ゼロ磁場」をつくりだしている。

ゼロ磁場とは、N極とS極の磁気が拮抗して打ち消し合い磁場の低い状態を保っている場所のこと。
ゼロ磁場が形成されると、現象的にはマイナスイオンが増えることが知られている。
マイナスイオンは疲れやストレスを取り除き、免疫力を高める効果があることが確められている。
ゼロ磁場には「気」が集まると言われ、瞑想する観光客が多い場所。

その場所が長野県・長谷村と大鹿村の境にある分杭峠周辺

この「ゼロ磁場」の天然水で仕込んだオリジナルビール。基本レシピはゴールデンエールと同じだが、明らかに異なる味の淡色系ビール。ゼロ磁場に発生するという「気」によって美味しさが高まっているのかもしれない。

70%-2018_0912_120718

お昼ご飯の前に、Hさんは木を拾ってきて、My箸を自作しました

70%-2018_0912_120756

70%-2018_0912_120744

これでお昼の釜揚うどんも食べられますねウインク

70%-2018_0912_123201


少し肌寒い日には、温かいうどんがもってこいです

70%-2018_0912_123307

70%-2018_0912_162827

70%-2018_0912_162845

お昼を食べてお腹一杯になって、三人ともお昼寝
気が付くと2時間半ほど寝てましたねがっかり


雨なので、焚き火タープを張ってその下で焚火を

70%-2018_0912_163903

70%-2018_0912_164206

70%-2018_0912_164343

70%-2018_0912_164411

70%-2018_0912_164533

あれ?あれ? 薪のところからキノコがびっくり

70%-2018_0912_164616

70%-2018_0912_164856

Hさんのいたずらでした

Hさんは、朝から山にキノコ採りに入っていた地元のおやじさんから「食べれるよ」と、あるキノコをもらったそうです
念のため食用できるがどうかの確認を、キャンプ場スタッフのキノコに詳しい人に聞きにいったところ
「カラカサダケ」という食用可能なキノコに間違いなし
センターハウスの横にもたくさん生えていたので、追加で採ってきたとのことでした

 

焚き火台、久しぶりにテンティピ ファイアボックス Hekla 30です
ここで販売している薪は、他の方のブログの写真で見て結構太くて長そうだったので、この焚き火台にしました

70%-2018_0912_172438


70%-2018_0912_172542

70%-2018_0912_172555

こちらは、前のキャンプで残った薪

70%-2018_0912_164650

そうこうしているうちにもう晩御飯

昨夜はちょっと飲み過ぎたようなので、今夜は軽く、まずはハイボールから・・・でしたが
やはり日本酒も少しだけということで、Hさんが妙高の酒蔵で買ってきてくれたお酒を・・・

70%-2018_0912_194252

おつまみには気仙沼斉吉の「金のさんま」

斉吉の商品はネットで購入するか、あるいは、たまに開催されるデパートの特設コーナーに出向いて購入するかでした

ですが今年の7月、日本橋三越本店に東京では初の常設店をオープンしたので、いつでも買えるようになりました

持ち出した宝物金のさんまの返しだれ

「災害時 人命の次に 第一持ち出し」工場の中では 決まっていました。
工場の及川マネージャーは、ずっと前から 非難するときに持ちやすいようにと 自宅から 自分のリュックサックを持ってきて それに真空パックのたれを入れてリックごと冷凍して備えていました。 偶然にも震災の数日後に金のさんまの取材が入っており、「3月9日の地震の時 たれは持ち出したのですか
と 聞かれたばかりで 大丈夫!もちろんだよね とマネージャーと笑ったばかりでした。
その日の揺れは尋常ではなく、これまで地震が来ても厚いコンクリートの基礎と鉄骨の工場は揺れが少なくて 心配したことなど一度もなかったのに 電源がおりて、 非常燈に変わり、ガシャンガシャンと棚から 道具が落ちたそうです。
女性スタッフが全員避難したのを確認して 梶原君はたれを保冷車に乗せて逃げましたが 途中津波に追いつかれ 車ごと流されてしまうのです。水が引いた後 何とか自力で脱出し 付近の民家によじ登ったりしながら 梶原君は助かりました。
震災から3日目に一緒に逃げたマネージャーの無事もわかり 本当にこれ以上の幸せはないと安心したのです。
4日目 梶原君とマネージャーと 小原君は たれを探しに行くといいます。
一面めちゃくちゃの瓦礫の山ですし、何もかもが 一体どこまで流されてどうなったのか見当もつかないほどです。第一道路も何もなく ただ瓦礫がどこまでもあるのですから、社長は内心とても無理だろうと 思ったのです。

何時間か経って3人で自慢げにたれのリュックを下げてきたときの感激は言いようもありませんでした。3人でにこにこして「社長 誕生日プレゼントだよ」そう言ってきたのです。なんて素晴らしい希望でしょう。
一日でも早くこのたれを使ってさんまを炊かなければなりません。
震災前より美味しくて、 大勢の人に元気になって喜んでいただかなくてはなりません。

3月14日 社長も私も日にちすら忘れていましたが 誕生日にたれは見つかりました。

70%-2018_0912_185636

カラカサタケは、バター炒めでいただきます

70%-2018_0912_190934

メインは、スタンディングねぎ鍋

70%-2018_0912_191907

そして締めは、わさび丼

おろしたての生わさびは強烈でした笑いころげ

70%-2018_0912_202406

宴が終って、トイレに行く時は、三人で一緒にいきます

今夜も、一人で歩くには怖いくらいの漆黒の闇でした

 

夜の写真は撮影しなかったので、キャンプ場のHPから画像を拝借

sitoku201809-20

今度は星が瞬く夜に来てみたいものですね

天候 雨時々雲り 最高気温20.2℃ 最低気温15,7℃ 平均風速2.0m


一日目その2へ戻る
    三日目へ続く


四徳温泉キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2018/09/13(木) 23:01:53|
  2. 四徳温泉キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

四徳温泉キャンプ場  ハーレー登場!!

四徳温泉キャンプ場   ハーレー登場!!


一日目その1へ戻る
    二日目へ続く

一日目(9月11日)その2

設営で汗をかいたので温泉へ
事前に調べてきたのは、中川村の望岳荘ですが
キャンプ場のスタッフの女性が、大鹿村(人口1,024人)の温泉宿を2つ教えてくれました

鹿塩温泉 塩湯荘信州小渋温泉 赤石荘
キャンプ場から16km~19kmほどの距離

sitoku201809-16

センターハウスの固定電話をお借りして電話してみますが
塩湯荘は「今日はお休みです」
赤石荘は「平日はリニアの工事で通行止めになるので営業していないのです」・・・とのこと
リニアの工事??
全く無知でしたが、リニア中央新幹線のトンネル工事がすでに始まっているのですね
南アルプスのどてっぱらに穴をあける工事
当然ですが自然環境に大きな影響を与える工事・・・でも、もう後戻りはできないのでしょうね
キャンプ場のスタッフの方が、ブッポウソウの営巣地が荒らされていると嘆いていました

結局、当初から予定していた信州ふるさとの宿 望岳荘

キャンプ場から南下し、小渋湖の小渋ダムからの近道をナビは案内していましたが、通行止めになっていました
その近道だと15kmくらいですが、遠回りして(18km)望岳荘へ
途中の道は、おそらくリニア新幹線トンネル工事関係の大型のダンプ(?)が頻繁に行きかう道でした

sitoku201809-17-1

 

望岳荘は住民福祉向上と観光振興のために中川村(人口4,928人)が設置している宿泊施設で
村が出資している第3セクターの中川観光開発株式会社が管理運営を行っている
施設は天竜川左岸の河岸段丘上に立地しており、中央アルプスを一望できます

70%-2018_0911_144308

70%-2018_0911_144353

天然温泉ではないですが、天然鉱石光明石人工温泉の浴槽と11種類の薬草を煮出した薬湯の浴槽がありました
完全貸切状態だったので、写真撮影してきました
中央アルプスには雲がかかっていましたが、まさに絶景の展望風呂でした
なにしろ入浴料1人¥400が嬉しいですウインク

2018_0913_123359

望岳荘パンフレット
2018_0918_195132.jpg  2018_0918_195149.jpg


帰りは陣馬形山に寄って、折草峠からキャンプ場へというルートで

sitoku201809-17-2

陣馬形山、三回目の訪問です(一回目2016年4月二回目2016年6月

70%-2018_0911_152234

何度見ても、感動の絶景ですびっくり

70%-2018_0911_152624

70%-2018_0911_152630

70%-2018_0911_152637

70%-2018_0911_152714

 

中央アルプスの頂上付近は雲に隠されていますが、その雲の形がなんとも言えない雄大さを増幅させているような

↓画像クリックで拡大表示

70%-2018_0911_152359

南アルプスの方向

70%-2018_0911_152730

70%-2018_0911_152733

↓画像クリックで拡大表示

70%-2018_0911_152453

この高さ(標高1,445m)からだと、入道雲を横からみるような感じです

70%-2018_0911_152727

70%-2018_0911_153001

70%-2018_0911_153015

70%-2018_0911_153056

70%-2018_0911_152607

[広告] VPS

キャンプ場には5組ほどのキャンパーがいました

70%-2018_0911_152919

70%-2018_0911_153242

70%-2018_0911_153354

陣馬形山キャンプ場の炊事場、リニューアルされていました

【before】

sitoku201809-18

【after】

70%-2018_0911_153318

避難小屋(陣馬形山荘)の中も

【before】

sitoku201809-19

【after】

70%-2018_0911_153209

入口付近には観光案内パンフレットまで置いてあって、こんなに綺麗になった避難小屋なら
ここで寝泊まりさせてもらってもいいかなペロリ

70%-2018_0911_153227

70%-2018_0911_153219

こんなテーブル、以前はなかったような??

70%-2018_0911_153303

陣馬形山 パンフレット
2018_0918_195306.jpg  2018_0918_195320.jpg


15時半、そろそろキャンプ場に戻ります


あれこれ片付けが終った夕方17時過ぎ

バリ~バリバリ~🎵という爆音を響かせて、ハーレー登場です

京都のHさん、お久しぶりです ちょうど青森の酸ヶ湯キャンプ場で出会ってからちょうど1年ぶりでしょうか

70%-2018_0912_163201

Hさんの設営が終って、早速夕食です

まずは北の国からの贈り物で乾杯ビール ご馳走になります

70%-2018_0911_183913

積もる話に花が咲きます

Hさんのプライベートなこと、お仕事のこと、キャンプのこと などなど
話しが尽きることはありません

70%-2018_0911_183947

今夜のメインは、手羽先のごまあえ

上高地の小梨平キャンプ場で作って以来、病みつきになっています

70%-2018_0911_200530

こちらもお友達からのいただきもの
あっという間に空になりました爆笑  ご馳走さまでした

70%-2018_0911_193158

食べながら、飲みながら、会話を楽しみます


締めは、しじみご飯

70%-2018_0911_204238

そして、デザートは、なんとなんとあの「赤いサイロ」

2018年2月平昌冬季五輪で、日本のカーリング競技史上初めての銅メダルを獲得したカーリング女子の日本代表
LS北見が試合の合間(もぐもぐタイム)に食べていた北海道北見市の銘菓です
現在では、入手困難な逸品
これも北の国のキャンプ友達からの贈り物です
三人で心していただきました 

70%-2018_0911_224736

僕らの他にはだれもいないフリーサイト、聞こえるのはすぐ側を流れる四徳川の川音だけ

幕から少し離れると、漆黒の闇が広がります


再会の喜びは、時間を忘れさせてしまうほどでした



天候 曇り時々晴れ 最高気温24.9℃ 最低気温15.7℃ 平均風速3.4m

一日目その1へ戻る
    二日目へ続く


四徳温泉キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2018/09/12(水) 23:36:04|
  2. 四徳温泉キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

四徳温泉キャンプ場  合流場所はここ

四徳温泉キャンプ場  合流場所はここ

2018年9月11日(火)~13日(木)、2泊3日で、長野県上伊那郡 中川村の四徳温泉キャンプ場へ行ってきたよ

2017年東北長期遠征の時、酸ヶ湯キャンプ場で知り合ったハーレー乗りの京都のHさん
その後メールで色々なやり取りをしていたのですが
「再びソロでツーリング旅行を考えています」
「どこかでキャンプをされているようであれば、お会いできたらいいな」との連絡がありました
金沢から妙高に行ったあとに長野・岐阜・名古屋と周る予定とのこと
何処かで合流しようということになりました

最初は、無印良品南乗鞍キャンプ場を予約していましたが、台風12号による停電が長引いていたことや
露天風呂にも一部被害があったことなどから、南乗鞍を諦めて、この四徳温泉キャンプ場で合流することに決定
(なお、南乗鞍キャンプ場の停電は解消され、露天風呂の修復工事も終了しているようです)

sitoku201809-13-1

sitoku201809-14-1


一日目(9月11日)その1

5:26 浅草出発 距離263km

sitoku201809-1

70%-2018_0911_053104

70%-2018_0911_053721

6時前で上りはもう渋滞が始まっています

70%-2018_0911_055300

なにやら雲行きが怪しくなってきて、相模湖付近では雨

70%-2018_0911_060926

70%-2018_0911_061805

70%-2018_0911_062635

甲府盆地に入って雨は止みました

70%-2018_0911_070956

八ヶ岳は雲の中

70%-2018_0911_072030

7:50 諏訪湖SA 青空が顔を見せてくれました

70%-2018_0911_075116

70%-2018_0911_083437

ここで朝ごはんにします

70%-2018_0911_082409

残念ながら、峠の釜めしの販売は9時からでしたので

70%-2018_0911_083135

70%-2018_0911_083141

BLTサンドイッチとクロックムッシュにしました

70%-2018_0911_080520

70%-2018_0911_080448

70%-2018_0911_080501

お酒のつまみにと、わさび味の野沢菜を買っていきます

70%-2018_0911_083313

8:36 諏訪湖SAを出発

line_1536621675363

中央アルプスは雲がかかっていますが、青空がいい感じ

70%-2018_0911_084803

9:03 駒ヶ根IC

70%-2018_0911_090350

駒ヶ根の西友で、飲み物を仕入れます

キャンプでの食材は、出発の前日に買い込み、下ごしらえをしていきますので
現地で調達するのは、ペットボトルの水やお茶、そしてビール・ハイボールなどのアルコール類というパターンですね

70%-2018_0911_091125

駒ヶ根の町から四徳温泉キャンプ場までは、折草峠という峠越えの約20km弱の山道です

sitoku201809-15

sitoku201809-3

天竜川を渡り

70%-2018_0911_093238

中沢の集落あたりから山道に入ります

70%-2018_0911_093702

春は桃の花であふれる花桃の里

2年前、2016年4月陣馬形山キャンプ場に来た時の桃の美しさを思い出します

70%-2018_0911_093922

70%-2018_0911_094823

70%-2018_0911_094909


[広告] VPS

折草峠(標高1,169m)

70%-2018_0911_095403

右に行くと陣馬形山

70%-2018_0911_095409

70%-2018_0911_095545

四徳温泉キャンプ場へは直進します

70%-2018_0911_095539

70%-2018_0911_095559

[広告] VPS


10:05 四徳温泉キャンプ場(標高950m)に到着

70%-2018_0911_100503

70%-2018_0911_100513

早速受付をします

温泉がある「ゆ家」は、キャンプ場の受付窓口(センターハウス)でもあります
残念ですが、温泉は週末と連休だけの営業なのです号泣

四徳温泉は、450年前の元亀3年の開湯とされ、昔から湯治の里として、人々に愛されてきました。
現在も源泉を100%使用した、すべすべ、ぬるぬるの美肌の湯です。
強アルカリ性で、ph10.4という値は全国でも上位に入ります。

70%-2018_0913_170655

70%-2018_0913_170728

70%-2018_0913_170739

70%-2018_0913_170758

70%-2018_0913_170804

70%-2018_0913_170817

docomoは圏外なので、固定電話が備え付けられています

サイトではネットも繋がらないので、センターハウスまで来て、Wi-Fiに接続する必要があります

70%-2018_0913_170749

受付でキャンプ場についての説明を受けてから、サニーサイトという名前のフリーサイトへ

センターハウスから川を渡った向かい側にあるサニーサイト

車の横付けは出来ませんが、設営・撤収時には乗り入れが可能です

70%-2018_0911_123031

今回の幕は、久しぶりのランステ君(ランドステーションLプラス)です

ランステ君は、2016年10月キャンプラビットで張って以来、約2年ぶりになります

正直、張り方忘れていないか心配でしたがっかり

2018_0911_124746

70%-2018_0911_123106

ランステ君の中には、4号(ランブリ4)のインナーをIN  カンガルースタイルですね

70%-2018_0911_123053

お昼ご飯は家から持参のホットドック

70%-2018_0911_123154

70%-2018_0911_123308

ガイラインに赤とんぼが・・・・もうそんな季節になってきたのですね

70%-2018_0911_123521

70%-2018_0911_123549

70%-2018_0911_123615

Hさんから、到着は17時過ぎになるとの連絡

設営で汗をかいたので温泉へ行くことにします


一日目その2へ続く


四徳温泉キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2018/09/11(火) 23:10:03|
  2. 四徳温泉キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自作・手作り  ネームタグ

自作・手作り  ネームタグ

ランタンの名称やテント・タープなどの名称をレザーに刻印したネームタグを作りました

70%-2018_0908_212256

70%-2018_0908_212353

70%-2018_0908_211637

70%-2018_0908_212523

 

ランタンなど同じケースに入れている場合は、都度ファスナーを開けて中身を確認していましたが、

このネームタグがあると、中に何が入っているのか一目瞭然なので、とても便利

70%-2018_0908_212712

ランタンケースにランタン以外の物も入れている場合もあるので。タグがあると便利

70%-2018_0908_212818

テントやタープは棚に並べていますが、たまに中身がわからなくなることがあります

収納ケースについているタグを見れば(スノーピークの場合)わかりますが

70%-2018_0908_213422

このネームタグがあると、すぐ判別できますから、とても便利

70%-2018_0908_213515

70%-2018_0908_213537

刻印がずれたり、誤字があったり、まあ最初ですから大目にみていただきましょうウインク


自作・手作り・工夫INDEXはこちらへ


東北長期遠征2017のレポも更新中

東北長期遠征2017 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート東北2017


ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/09/08(土) 23:03:55|
  2. 自作・手作り・工夫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

NANGA AURORA light 600DX ナンガ オーロラライト600DX

NANGA AURORA light 600DX ナンガ オーロラライト600DX

 

2012年から約6年間、400泊を超えるキャンプでの夜、僕らの眠りを支えてくれたのが
スノーピーク セパレートオフトンワイド 1400

NANGA201808-021NANGA201808-019
NANGA201808-020NANGA201808-015

キャンプ後のメンテは念入りにして、専用のクリーニングも何度か出していたので
まだまだ現役続行してもらう訳ですが・・・

今年の7月、上高地の小梨平でのキャンプの準備にあたり、グッズの軽量コンパクト化について検討しました
検討材料のひとつに、容量が大きなオフトンも入っていて、軽量コンパクトなシュラフについて色々と情報収集しました

一番の候補として選定されたのが、NANGAのシュラフ

・・・ということで、
まず最初に直営店であるNANGA SHOP TOKYO(東京都目黒区碑文谷2丁目10‐21)へ行ってみることに
2018年7月31日、34度を超える猛暑の中、東急東横線の学芸大学駅を降りて徒歩で訪問しました

2018_0824_235320(1)

2018_0824_235320(2)

2018_0824_235320(3)

2018_0824_235320

他にお客さんがいなかったので、小一時間、店長さんと色々とお話しさせていただきました

今回のシュラフの選定基準は

●主に冬のキャンプ(雪中キャンプ含む)に使うもの
●雪山の極寒地で使うことはない
●現在持っているオフトンより軽量でコンパクトであること
●登山をするわけではないので、最軽量である必要はない
●ダウンの質は高級なものは求めず、ある程度の性能があればいい

店長さんのアドバイスを参考に、決めました

↓画像クリックで拡大表示

NANGA201808-000-1-1

AURORA light 600DX

サイズはレギュラー、カラーはGLD(ゴールド)

70%-2018_0819_143441-1

70%-2018_0819_142951-1

70%-2018_0819_144534-1

70%-2018_0819_144834-1


上矢印SPEC

表生地にオーロラテックス®(多孔質ポリウレタン防水コーティング素材)を使用いたしておりますのでシュラフカバーなしでそのままご使用いただけます。4シーズンご利用可能なモデルです。
・生地/表地:20dnオーロラテックス® 裏地:20dnナイロンタフタ
・内部構造/台形ボックスキルト構造
・フィルパワー/760FP
・ダウン量/600g
・サイズ/※ショート レギュラー ※ロング
・付属品/ショルダーウォーマー
・収納サイズ/φ17×31cm
・総重量:1,050g

上矢印 European Norm(EN13537)

EN(ヨーロピアン・ノーム)とはEU諸国における統一規格として制定されており、温度表記についてはEN13537で算出が定義されています。今までは各メーカー独自の方法で検査しておりましたが、第三者公的機関が行う事により公平な数字を表す事が可能となりました。

NANGA201808-004

NANGA201808-008

スノーピークのセパレートオフトンワイド1400は、基準がEN13537なのかどうか不明ですが
快適温度:ー2℃ 下限温度:-8℃ と表記されていました

EN13537の基準

Comfort Limit
(快適温度)
一般的な成人女性(25歳/60kg/160cm)が寒さを感じることなく、リラックスした体勢で快適に睡眠できる温度域とされています。(一般的に男性に比べ女性は代謝が低く寒さを感じやすいため、高い使用温度が算出されます)
Lower Limit
(下限温度)
一般的な成人男性(25歳/70kg/173cm)が寝袋の入り口を閉めて中で丸くなり、寒さを感じることなく8時間睡眠できる温度域とされています。また衣服の着用や、その他の要素(スリーピングパッドなど)により快適性を高めることが可能となっています。
Extreme Limit
(極限温度)
一般的に代謝が低く、寒さに対する耐性が低い成人女性が、寝袋の入り口を閉めて中で膝を抱える程丸くなった状態で6時間まで耐えられる温度域とされています。この温度域では身体は震えを起こすことで熱を作り出し、基礎代謝量を増やそうとします。極限状態での使用を想定した評価で、場合によっては低体温症の恐れもある危険な温度域といえます。

この基準による数値は、絶対的なものではないという事に注意する必要があります

例えば、Comfort Limit(快適温度)マイナス4℃と表記されているからと言って、マイナス4℃の場所で全ての人が
快適と感じるわけではありません
温度は同じでもそのフィールドのその他の気候要素の相違や、睡眠の時の服装や、そして何よりも個人の感覚の差で
快適に感じる人もいれば、寒いと感じる人もいるということです

ですが、この数値はEN13537を基準とする同社および他社の製品との比較においては、ある程度有効であると考えられるでしょう


上矢印 AURORA-TEX® (オーロラテックス®)

表生地の素材は、特性の多孔質ポリウレタン防水コーティング素材である。防水性を高めると蒸気透湿性が低下するという問題を高レベルで解決した素材で、超微粒子をポリウレタン樹脂に含有されることでコーティング膜中に0.1um(1ミクロン=1000分の1mm)以下の多数の微細孔を形成させたものです。2レイヤ地で耐水圧20000m・透湿性6000g/m2/24hrsという高レベルの防水透湿性能を達成し、10um以上の雨の粒子を防ぎながら0.0004um以下の水蒸気は楽に放出させるという、これまでのコーティング素材にない優れた特性を実現したものです。


70%-2018_0819_143652

70%-2018_0819_143653

上矢印立体構造

台形ボックスキルト構造と立体構造でダウンの良さを最大限引き出し、どんな体勢でもストレスを感じることなく効率的に保温することができる新しい次元のシュラフです。足元を細くすることで軽量化しております。

NANGA201808-007-1

NANGA201808-005

NANGA201808-006


上矢印噛み込み軽減パーツ搭載

シェラフを扱う際、極薄の生地をファスナースライダーが噛み込み、開閉を行えなくなる懸念や、強く噛み込んだ場合に、生地を傷める可能性がありますその問題を軽減させるため、YKKの特殊パーツをファスナースライダーへ取り付、噛み込み原因となる隙間を減らし生地の噛み込み発生軽減と、噛み込みが起きた際の生地へのダメージ軽減を実現しました。更に、素材に樹脂を使用し軽量化(パーツ重量1.6g)、暗闇でも閉操作をしやすい様に蓄光機能を付加しています。

NANGA201808-003

いままでのシュラフでは、結構生地が挟み込まれて困りましたので、この機能は頼もしいですね

70%-2018_0819_144729-1

70%-2018_0819_144656-1

70%-2018_0819_144550-1


セパレートオフトンワイド 1400と収納時の大きさを比較してみました

オーロラライト600DXはなんとコンパクトなことかびっくり 一目瞭然!!

70%-2018_0822_171841-1

70%-2018_0822_171911-1

70%-2018_0822_171922-1

セパレートマミー400も入れて3つの比較をしてみました

オーロラライト600DXは、セパレートマミー400と同じくらいの大きさですね

70%-2018_0822_171822-1

70%-2018_0822_171827-1


70%-2018_0822_171224-1

70%-2018_0822_171210-1

70%-2018_0822_171156-1

70%-2018_0822_171149-1

フィールドデビューが待たれます

今年の冬は、このオーロラライト600DXが主役で、オフトンはちょっと休養かなエイリアン

 

シュラフの軽量コンパクト化計画が終了したので、今度はマットに着手・・・ですねジョーク



スリーピングINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る





関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/09/04(火) 20:47:55|
  2. スリーピング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Alpine DESIGN POP UP MESH SHELTER アルパインデザイン ポップアップメッシュシェルター

Alpine DESIGN POP UP MESH SHELTER 
アルパインデザイン ポップアップメッシュシェルター

 

夏のキャンプ、虫対策としての虫よけスクリーンをずっと以前から色々考えてきました

 

今から5年前の2013年6月にスノーピークヘッドクォーターズキャンプフィールドへ行ったときには
こんな感じで、ホームセンターで販売されている家の中で使う「蚊帳」を少し加工して
コット(WILD-1 キャンパーズベッド)を覆うように使ったのが最初ですね

実際、これで寝ましたよ  見栄えは最悪でしたががっかり

kaya201808-001

kaya201808-001-1

kaya201808-001-2

それから2年後、2015年6月に出会ったのが

tent-Mark DESIGNS  Musasabi Mesh Inner Goodnight Mosquitoes with Bottom version
ムササビメッシュインナー/グッドナイトモスキートズ

焚き火タープの下に設置するとこんな感じ  読書やお昼寝に最適な空間を作ってくれます

kaya201808-002

リビロン君の中に設置するとこんな感じ

kaya201808-003

中に荷物を入れたり、着替えも可能な広さのスクリーン空間が出来ます

kaya201808-004

このムササビメッシュインナー/グッドナイトモスキートズは、収納もとてもコンパクト(Φ15㎝×30㎝)で
とても気にいって使っていましたが、やはり設置には少し時間がかかる・・・

・・・ということで、もっと簡単に設営が可能なものはないだろうかと調べていくと

まずは、アメリカ海兵隊が使っている設営が簡単なテントがあることを知りました

kaya201808-008

Catoma社のEBNS(Enhanced Bed Net System)というものです
USMC POP UP TENT (米軍海兵隊ポップアップテント)という別名もあるようです

EBNS(Enhanced Bed Net System)は
IBNS(Improved BedNet System)というベッドネットと、フライシートと、ポールによって構成されているようです

Catoma社がキャンプ用に市販しているのが、おそらくこのようなテントだと思われます

kaya201808-009

テント全体にも興味がそそられますが

中身のIBNS(Improved BedNet System)というベッドネットが僕らには重要です

IBNS(Improved BedNet System)の特色は
●メッシュ(いわゆる「蚊帳」)になっている点
●ベッドネットの底の部分に楕円形に入ったグラスファイバー製のフレームを捻って丸めて畳みことができる点
●収納袋から出してバンドを外すと勝手に広がってくれる点

このIBNS(Improved BedNet System)だけを単独で商品化したのが、おそらくこれだと思われます

kaya201808-007

kaya201808-011

日本で購入する方法は? そして価格は?

オークションサイトやミリタリーショップなどをネットで見て回ると、色々出てきました

kaya201808-005kaya201808-006

すぐに購入できるサイトもありましたが・・・このお値段は手が届きません号泣

kaya201808-010-1

kaya201808-012-1


色々調べていくと、ある方のホームページに次のような記述が

アメリカ海兵隊が採用している1人用テントのエンハンスド ベッドネット システム = Enhanced Bed Net System、頭文字を取って通称EBNSUSMC POP UP TENT (米軍海兵隊ポップアップテント) とも言われていますね。
EBNSとはインプルーブド ベッドネット システム = Improved Bed Net System、通称IBNSの改良品です。海兵隊は最初、兵士の1人用簡易ベッドネット システムとしてIBNSを採用しました。IBNSって、そもそもは折り畳み式の簡易ベッドの上に載せて使う、小さく簡単に持ち運べる「蚊帳」です。
ちなみに、スポーツオーソリティーが持つアウトドアブランドのアルパインデザインで、2007年から何度かマイナーチェンジさせながら、現在もIBNSの民生版的商品をラインナップさせています。さすが、一応アメリカンブランド。 (笑) ポップアップメッシュシェルターと言う物で、2段折り畳みの為パッキングサイズは直径60 cm。

えっ、2007年からスポーツオーソリティで販売している??
スポーツオーソリティーの店舗は近所になく、あまり行かないので知りませんでした
というのは言い訳で、単なる情報収集不足(反省)

 

使ってる人の評判は?と調べてみると、

今は有野実苑で働いているヤマケンさん達のブログ、Hyper Camp Creators(旧:住所不定キャンパー)の記事
プジョーでキャンプさんの記事を拝見すると、なかなか使い勝手が良さそう

という事でこのグッズにたどり着くまで凄い遠回りをしましたが、 スポーツオーソリティ松戸店へ行ってゲットしてきました




Alpine DESIGN POP UP MESH SHELTER
アルパインデザイン ポップアップメッシュシェルター

税込¥4,309  なんという魅力的な価格でしょうか 
2万円以上もするCatoma社の製品に手を出さなくて良かったです・・・正しくは「手が出なかった」ですが(笑)

収納時サイズは約60x60x4cm
ちなみに米海兵隊が使っているCatoma製IBNSポップアップベッドネットは、約33×33×8cmというサイズで
これの半分くらいの収納サイズになるようです(海兵隊が荷物として背負うのですから小さくて当然ですよね)

70%-2018_0822_165616-1

70%-2018_0822_165634

付属品としてペグがついていますが、僕らはたぶん使うことはないと思います

70%-2018_0822_165655

収納袋から取り出して、バンドを外すと、あっという間に広がります

70%-2018_0822_165835-1

70%-2018_0822_165956-1

前後2ヶ所のバンドでコットに固定するようになっています

70%-2018_0822_170345-1

70%-2018_0822_170355-1 

使用時サイズ:約203x63x65(h)cm

外寸が203cmですが、内部の長さは実測すると197cmでした
実際中に入って寝てみますと、それほどの長さがあるようには感じられません
身長170cm弱の僕らが入ってちょうどよい長さでしたので
身長が170cmを超える方は少し窮屈に感じるかもしれません(あくまでも個人的な感想ですが)

長さについては、Amazonのカスタマーレビューに色々な意見があるので参考になるかもしれません

ちなみに米海兵隊が使っているCatoma製IBNSポップアップベッドネットの長さは約218cmです
(大柄のアメリカ人が寝るのですから長くて当然ですよね)

70%-2018_0822_170027-1

70%-2018_0822_170038-1

70%-2018_0822_170102-1

70%-2018_0822_170109-1

70%-2018_0822_170115-1

ファスナーの位置は片側のみ、すなわちシェルターへの出入りは片側からのみとなります

米海兵隊が使っているCatoma製IBNSポップアップベッドネットは、図からの推定ですが両方から出入りができそうです

70%-2018_0822_170126-1

内側中央にループがついていて、開けたメッシュ部分を巻いて束ねることができるようになっています
シェルターを閉めたあとは、このループにLEDライト(たとえば「たねほおずき」)を吊るすことができます

70%-2018_0822_170231-1

束ねて開けたままにしておくのは、中にシュラフを入れる時に便利なのかも

70%-2018_0822_170218-1

シェルターの中にはポケットが1ヵ所あります
スマホ・時計・眼鏡などを入れるのにとても便利です

70%-2018_0822_170139-1

70%-2018_0822_170613-1

70%-2018_0822_170558-1

70%-2018_0822_170850-1

収納袋の中に畳み方と注意事項が記載された説明書が縫い付けてあります

70%-2018_0822_165600-1

70%-2018_0822_171016

70%-2018_0822_171040

参考:米海兵隊が使っているCatoma製IBNSポップアップベッドネットの説明書

kaya201808-013

70%-2018_0825_214802

品名:ポップアップメッシュシェルター
NO.:AD-S16-402-098
重量:約1.2kg
使用時サイズ:約203x63x65(h)cm
収納時サイズ:約60x60x4cm
材質:生地/ポリエステル メッシュ部/ポリエステル フレーム/スチールワイヤー

取扱説明書
kaya201808-015.jpg  kaya201808-017.jpg


 

2018年8月にNAPi Auto-Camping Baseに行った時に、リビロン君の中で使ってみました

70%-2018_0826_153408-1

下から順にオレゴニアン 防水グランドシートコットインフレータブルマット、そしてポップアップメッシュシェルター

オレゴニアン防水グランドシートとコットとの間の空間は、バックなどの収納スペースとなります

70%-2018_0826_153430-1

70%-2018_0826_153425-1

当然ですが、虫の進入はなく、圧迫感も感じることなく、使用には全く問題がなかったですね

 

tent-Mark DESIGNS 
Musasabi Mesh Inner Goodnight Mosquitoes with Bottom version
ムササビメッシュインナー
Alpine DESIGN
POP UP MESH SHELTER
ポップアップメッシュシェルター
kaya201808-004 - 170%-2018_0826_153408

ムササビメッシュインナーとポップアップメッシュシェルター

それぞれ長所短所があります

 

ムササビメッシュインナー

ポップアップメッシュシェルター

収納時の大きさ・容量

設営のしやすさ

×

内部の広さ

×

設営可能なテント


サンド君(アトラスサンド)
Irpinia 10には設置しにくい


コットと一体で使用するので
コットさえ入ればどのようなテントでも可

さてさて、どのように使い分けしていきましょうか






スリーピングINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る



蛇足です(どうでもいい話です)

この商品、価格の変動(値上がり)が凄いです   (画像はWEBから拝借)

2012年頃、約2,000円

kaya201808-014-2012-1

2014年頃、約3,000円

kaya201808-014-2014-1

そして、2918年8月現在価格は、約4,000円

2012年頃と比較すると約2倍の価格になっていますが、この大幅な値上げの理由は? 興味津々クール

70%-2018_0825_214802-1

それにしても、Catoma社の製品にとてもよく似ていると感じるのは、僕らの気のせいでしょうか・・・

Catoma社の製品Alpine DESIGN
kaya201808-007-1kaya201808-018

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/09/03(月) 12:41:34|
  2. テント・タープ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

雨キャンプの後は、乾燥・清掃

雨キャンプの後は、乾燥・清掃

2018年8月30日

NAPi Auto-Camping Baseiでのキャンプから帰ってきた翌日、朝からいい天気(猛暑)になったので
いつものように若洲公園キャンプ場

雨に濡れたリビロン君やエヴォ、湿り気を帯びたコットなど色々、乾燥させ清掃してきました

70%-2018_0830_150109

風があるので、より早く乾燥できます

70%-2018_0830_142531

迷彩シートや、アウトドアドライバックも乾燥させます

70%-2018_0830_123918

コットも少し湿ったようなので

70%-2018_0830_123935

地べたテーブルなどの木製の物も

70%-2018_0830_124006

張り綱(ガイライン)も

70%-2018_0830_123944

70%-2018_0830_123946


ペグも綺麗に洗って乾燥させます

70%-2018_0830_132559

猛暑の中

ゲートブリッジの上を飛んでいく飛行機を眺めながら、休憩を十分にとって水分補給をしながら作業します

なにしろ、熱中症厳重注意ですからねウインク

70%-2018_0830_124039

70%-2018_0830_124026

リビロン君がある程度乾燥できた段階で、今度はぞうきんで拭き掃除
幕の表面・裏面はもちろんですが、細かいところも掃除します
なにしろリビロン君は134泊使ってますが、いたって元気  やはり普段のメンテが長持ちの秘訣ですね

細かい所とは・・・

ペグループ

70%-2018_0830_132619

70%-2018_0830_132724

スカート部分は一番汚れるところなので念入りに、そしてスカートの端のペグループも

70%-2018_0830_132642

フレームを固定するフックのバンド部分

70%-2018_0830_132701

70%-2018_0830_132654

ファスナー

70%-2018_0830_132838

最後に、キャンプ帰りに定期巡回したワイルドなお店やiLbfで仕入れてきてしまったブツの写真を撮って

本日の作業終了

70%-2018_0830_141145

猛暑の中、お疲れさまでした

70%-2018_0830_150144

70%-2018_0830_150124


ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/09/02(日) 08:37:31|
  2. 若洲公園キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

NAPi Auto-Camping Base  雨の日

NAPi Auto-Camping Base  雨の日

二日目へ戻る   

三日目(8月28日)

夜中、雨が降りました

森を朝靄が覆います

70%-2018_0828_094931

70%-2018_0828_095005

70%-2018_0828_095030

70%-2018_0828_095013

70%-2018_0828_094944

朝ごはん  今朝は和食

70%-2018_0828_083659

70%-2018_0828_083604

70%-2018_0828_083555

午前中にお風呂へ

初めての奥平温泉 遊神館というところへ行きます(特別割引券を使うと、大人¥450です)

温泉までの道は峠越えの山道で道幅が狭いところもあるので、運転には注意が必要です

NAPi201808-04

70%-2018_0828_111340

70%-2018_0828_111301

70%-2018_0828_111308

70%-2018_0828_111320

遊神館 パンフレット
70-2018_0829_220435 


お昼は、伊勢うどん

70%-2018_0828_124458

70%-2018_0828_124315

雨なので、昼から飲むしかないですウインク

70%-2018_0828_124522

70%-2018_0828_123908

70%-2018_0828_123733

70%-2018_0828_173350

オーナーさんと話していると、オーナーさんのお知り合いの方が来られて、採ったばかりのきのこを分けていただきました

70%-2018_0828_173508

70%-2018_0828_173540

オオイチョウタケというきのこだそうです

70%-2018_0828_163304

炊事場のところに置いてあった「きのこ」の本を借りてきました

70%-2018_0828_163318

キャンプ場内にも、色々なきのこが生えているようですが、毒きのこもあるので慣れた人でないと
自分で採取するのは危険ですね


晩御飯
いただいたきのこのバターソテー、絶品でした

70%-2018_0828_181044

とんぺい焼き、マヨネーズでK&Bと書いたのですが・・・困った

70%-2018_0828_181013

胡麻豆腐

70%-2018_0828_181022

70%-2018_0828_181051

お酒のつまみがちょっと足りないかな・・・と、いうことで、ウィンナーオニオンソテーも

70%-2018_0828_184258

デザートはスイカ オーナーさんからいただきました

ご馳走さまです

70%-2018_0828_185521

最後の夜も、気持ちよく熟睡しました

天候 曇り時々雨 最高気温24.7 最低気温19.7℃ 平均風速1.4m(気温は中之条との標高差約400mを換算して推定)



四日目(8月29日)

撤収の日、天気予報は午後から雨予報

出来るだけ早めに撤収した方が良さそう

70%-2018_0829_060250

70%-2018_0829_060407

結局9時半頃には撤収完了、雨に降られることなく撤収できて良かったです
もちろん、テント・タープは乾燥できずに濡れたままですが・・・

オーナーさんと長い間お話して、11時過ぎに出発しました


しばらくの間、フロントガラスにしがみついていたNapiの森のカマキリ君   
風に飛ばされないよう懸命に耐えています(笑)

70%-2018_0829_111253

渋川の町中のファミレスでお昼を食べていると、凄い雷雨が・・・早めに撤収してやはり正解でしたね

関越道を所沢ICで降りて、越谷まで一般道を走り、ワイルドなお店に寄ったあと
三郷のナイスだけどとても危険なお店を定期巡回して帰ってきました

 

Napiの森は、猛暑を一時忘れさせてくれました

70%-2018_0511_073549-1

オーナーさんご夫婦、そして六ちゃん、ありがとうございました

今度は秋の紅葉の時期にお邪魔したいと思います


NAPi Auto-Camping Base キャンプ場情報はこちらへ


二日目へ戻る 

 

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2018/09/01(土) 11:20:11|
  2. NAPi Auto-Camping Base
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

Kaoru&Beet

Author:Kaoru&Beet
Kaoru君とBeet君のキャンプ日記へようこそ!

PCカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

INDEX

Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

ブランド・ショップ INDEXは
 ↓ ここをクリック

サインプレート ブランドショップINDEX


北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1


北帰行2018冬INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北帰行2018冬のコピー


小梨平滞在記 INDEXは
↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg


2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート2019夏_長野岐阜富山-1

最新記事

月別アーカイブ

2019年 10月 【11件】
2019年 09月 【22件】
2019年 08月 【12件】
2019年 07月 【42件】
2019年 06月 【23件】
2019年 05月 【26件】
2019年 04月 【23件】
2019年 03月 【22件】
2019年 02月 【22件】
2019年 01月 【17件】
2018年 12月 【20件】
2018年 11月 【30件】
2018年 10月 【28件】
2018年 09月 【18件】
2018年 08月 【24件】
2018年 07月 【26件】
2018年 06月 【24件】
2018年 05月 【22件】
2018年 04月 【20件】
2018年 03月 【21件】
2018年 02月 【25件】
2018年 01月 【17件】
2017年 12月 【29件】
2017年 11月 【80件】
2017年 10月 【29件】
2017年 09月 【33件】
2017年 08月 【25件】
2017年 07月 【19件】
2017年 06月 【23件】
2017年 05月 【34件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【21件】
2017年 02月 【24件】
2017年 01月 【28件】
2016年 12月 【62件】
2016年 11月 【32件】
2016年 10月 【26件】
2016年 09月 【29件】
2016年 08月 【23件】
2016年 07月 【29件】
2016年 06月 【29件】
2016年 05月 【21件】
2016年 04月 【23件】
2016年 03月 【22件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【30件】
2015年 12月 【29件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【30件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【24件】
2015年 02月 【25件】
2015年 01月 【17件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【23件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【21件】
2014年 04月 【12件】
2014年 03月 【24件】
2014年 02月 【17件】
2014年 01月 【18件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【19件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【14件】
2013年 07月 【24件】
2013年 06月 【12件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【16件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【13件】
2013年 01月 【14件】
2012年 12月 【18件】
2012年 11月 【16件】
2012年 10月 【17件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【9件】
2011年 09月 【2件】

CATEGORY

最新コメント

リンク


Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

ブランド・ショップ INDEXは
 ↓ ここをクリック

サインプレート ブランドショップINDEX


北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1


北帰行2018冬INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北帰行2018冬のコピー


小梨平滞在記 INDEXは
↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg


2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート2019夏_長野岐阜富山-1


あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

WOM CAMP ロゴ2


702016_1126_154717-15.jpg

ilbif02.jpg

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR