FC2ブログ

Kaoru君とBeet君のキャンプ日記

キャンプ日記、キャンプ道具、旅の記録、街歩きとグルメなどを書いています。

【Live】雨なので、お籠り

朝から雨

幕の中で籠もります

今夜は完全に、貸切状態になるかも

この雨ですからね・・・

関連記事
  1. 2019/02/28(木) 12:47:54|
  2. 出会いの森総合公園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【Live】春が間近ですが・・・

キャンプ場では

蠟梅や梅が咲きはじめましたが

サイトはまだまだ寒いです

関連記事
  1. 2019/02/27(水) 17:46:10|
  2. 出会いの森総合公園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Live】栃木と言えば、・・・

栃木と言えば、

まずは、宇都宮の餃子

と言うことで、今夜は餃子鍋

もう一つ、栃木と言えば、

イチゴ

と言うことで、デザートはプリンとイチゴ

デザートと一緒に、ご馳走になります

なんと、六年半ぶりにやって来た出会いの森です

関連記事
  1. 2019/02/26(火) 19:36:46|
  2. 出会いの森総合公園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダルトン D.F.Service MACHIDA へ行ってきました

ダルトン D.F.Service MACHIDA へ行ってきました

2019年2月23日

昭島アウトドアヴィレッジで開催された、ZANE ARTS(ゼインアーツ)の展示会のあと

南町田のとあるお店まで行ってみました

70%-2019_0223_122858

昭島駅から拝島駅へ

拝島駅で八高線に乗り換え

八高線八王子行、この時間帯は1時間に2本しか電車がないのですね

IMG_20190223_134231

八王子駅からは、横浜線で長津田駅へ

八王子駅のホームの安全柵は、上に開きました びっくりびっくり

この安全柵の方が低コストで設置できるのでしょうね

IMG_20190223_135738

長津田駅からは、東急田園都市線に乗り換えて南町田駅へ

IMG_20190223_145510

南町田駅とその周辺は、大規模な再開発工事の途中でした

IMG_20190223_162659

駅から1km 15分ほど歩いて目的にお店に到着

DULTON D.F.Service MACHIDA ダルトンファクトリーサービス 町田

IMG_20190223_151811

70%-2019_0223_161159

倉庫を改造した広い空間

70%-2019_0223_153715

70%-2019_0223_153808

70%-2019_0223_153928

70%-2019_0223_155056

そこは大人のおもちゃ箱のようでした

70%-2019_0223_152038

70%-2019_0223_152120

70%-2019_0223_152223

70%-2019_0223_152318

70%-2019_0223_152538

70%-2019_0223_152542

70%-2019_0223_152554

70%-2019_0223_152717

70%-2019_0223_152740

70%-2019_0223_152826

70%-2019_0223_152952

70%-2019_0223_153513

70%-2019_0223_153827

70%-2019_0223_154855

ランチョンマットと買い物袋をお買い上げ

70%-2019_0223_155313

70%-2019_0223_155321

70%-2019_0223_155405

70%-2019_0223_155451

なぜか、那須のキャンプ場 キャンプラビットのパンフレットが・・・

70%-2019_0223_155827

70%-2019_0223_155833

70%-2019_0223_160112

70%-2019_0223_160116

70%-2019_0223_160554

70%-2019_0223_160602

キャンパーに人気のアルミコンテナ  全サイズが再入荷したばかりとのこと

今日は電車なので、持って帰れません号泣

70%-2019_0223_160640

70%-2019_0223_160841

70%-2019_0223_161138

70%-2019_0223_161223

また、来てみたいお店です

今度は車で・・・ウインク



東北長期遠征2017のレポも更新中

64.慰霊

東北長期遠征2017 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート東北2017


ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/02/24(日) 23:16:05|
  2. ●キャンプ関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ZANE ARTS ZEKU-M ゼインアーツ ゼクーM 初めて見ました

ZANE ARTS ZEKU-M ゼインアーツ ゼクーM  初めて見ました


長野県松本市で生まれたばかりのアウトドアブランド「ZANE ARTS(ゼインアーツ)」
2019年4月に、3つのテントと1つのタープが発売される

そのうちの一つZEKU-M(ゼクーM)というワンポールが、ずっと気になっていて・・・

2019年2月23日(土)
A&Fカントリー昭島アウトドアヴィレッジ店で、ゼインアーツ展示会が開催されるということで
ZEKU-Mを見に行ってきました

70%-2019_0223_101411

文通相手に初めて会う時の気分(いまどき「文通」ってわからないかなウインク

70%-2019_0223_103719

は~~い、ご対面で~~す

70%-2019_0223_120058

想像していたとおり、「凄い美人」でした(笑)

70%-2019_0223_115600

70%-2019_0223_103814

70%-2019_0223_103830

開発者である社長の小杉さんから、色々と教えていただきました

70%-2019_0223_104253

70%-2019_0223_104326

エクステンションフレーム(φ16mm)へのフックの取付、最初は少し硬いようですが、コツをつかめば大丈夫だとか

70%-2019_0223_104728

70%-2019_0223_104724

70%-2019_0223_104422

ガイライン(張り綱)はφ4mm、色はブラック

ブラックが幕自体の色合いにマッチしてGoodです

ブラックの張り綱、僕らの趣味に「合う!!」

張り綱(ガイライン)の色は、赤から黒の時代へ・・・か??

70%-2019_0223_105748

自在もロゴ入りブラック、これもいい感じ

70%-2019_0223_105653

この部分の強度がポイント

いままで色々な幕で強風時に痛い思いをしているので・・・

こればかりは、実際に使ってみないとなんとも言えません

70%-2019_0223_104432

70%-2019_0223_104442

70%-2019_0223_105842

70%-2019_0223_105709

ファスナーはYKK

70%-2019_0223_105818

70%-2019_0223_105828

生地はポリエステルリップストップ

色々と説明を受けましたが、実際の強度や耐水性能は使ってみないと・・・

コットンは入っていないので、結露は避けられないとのこと  当然ですよね

表面にシリコーン

70%-2019_0223_104453

70%-2019_0223_105800

裏面にポリウレタン(PU)加工

70%-2019_0223_105828-1

ビンディングテープは設営後も付けたままを推奨するとのこと

僕らは、薪ストの高温の残り灰でテープを焼いてしまいった経験があるので、設営後に外すようにしていましたが・・・

70%-2019_0223_104318

付属のリビングシートは、サイドが立ちあがるようになっています

下のループと上のフックで、本体と接合できます

本体の床は六角形ですが、シートは五角形なので、土間部分ができます

70%-2019_0223_113931

センターポールの位置がわかるようになっています

70%-2019_0223_114159

収納ケース、ここに全てを収納します  リビングシート(1.5kg)を除く重量は10.0kg、軽いです

アトラス(10.5kg)、Irpinia 10(9.8kg)などと大体同じ重さですね

70%-2019_0223_113655




上部ベンチレーター1ヵ所

70%-2019_0223_104247_thumb[1]

70%-2019_0223_105852_thumb[1]

70%-2019_0223_114308_thumb[1]

メッシュ付、いいですね

70%-2019_0223_110016_thumb[1]

下部ベンチレーター3ヵ所

70%-2019_0223_104403_thumb[1]

70%-2019_0223_104243_thumb[1]

70%-2019_0223_104403_thumb[3]

メッシュ付、完全に開放はできないので、この部分から薪ストの煙突を横出しするのは無理ですね

メッシュを破ればできますがすぐ戻ります

70%-2019_0223_110026_thumb[1]


スカートもついてます

70%-2019_0223_111308

トライアングルハンガー、ランタンのハンギングに便利な3本のテープハンガーが付属

70%-2019_0223_110018

70%-2019_0223_110004

70%-2019_0223_105948

ハンギングポイント、上部からボトムにかけて3箇所

カラビナなどを使って、ランタンなどを吊るすことができるようになっています

ワンポールでは、デイジーチェーンなどを使って工夫して、ランタンなどを吊るしていましたが、このアイデアはいいですね

70%-2019_0223_105958

トライアングルハンガーの使用イメージ

蛇足ですが、吊るされているのは、Goal Zero Lighthouse micro(ゴールゼロ ライトハウスマイクロ)
僕たちのマイブームのレトロランプシェード(笑)を使うと、いい感じになるかも・・・

<画像はHPから拝借>

プリント

70%-2019_0223_105711

70%-2019_0223_104327


【ワンポールの居住空間を考える(1)】
多くのデザイナーがワンポールシェルターの空間を広げる際、床面積を大きくしますが、ワンポールシェルターはそもそも基本形状が三角錐なので、下部全周がデッドスペースになり、床面積を大きくしても効率良く空間を広げる事はできません。同じ床面積でも三角錐より円柱形の方が空間面積が広い事を考えれば、床よりも壁を立ち上げる方がはるかに効率良く空間面積を広げられます。
本プロダクトは、垂直に立ち上がるエクステンションフレームを3箇所に配置し、ワンポールシェルターの最大のデメリットである居住空間の狭さを解決するものです。垂直のウォール部を3面作る事で、同等サイズのワンポールシェルターよりも居住性を大きく確保できるため、取り回しの良さと過ごし易さを両立できます。
全周の壁を立ち上げてしまうと、ワンポールの利点である設営の簡便さと耐風性を失ってしまうため、頂点とボトムのコーナーを結ぶ直線ラインはあえて残してあるのもポイントです。

ワンポールだからといって、ワンポールにとらわれずに考えてみると、新たな可能性を発見できたりします。

<ZANE ARTSのInstagramより>



ZEKUの名前の由来は

仏教の根本教理といわれる「色即是空(しきそくぜくう)」の是空から名付けたとのことです
色即是空とは、この世のすべてのものは恒常な実体はなく縁起によって存在するという意味


実は、僕らはこの商品をすでに予約していました!!!
4月の商品到着が待ち遠しいです

届いたら早速張りに行って、「実際に試してみないと」という部分を検証してみたいものです


 

ZANE ARTSが4月に販売するもうひとつのテントが、GIGI-1(ギギ-1)

デュオキャンパー向けスモールサイズシェルター

「巍巍堂堂として尊高なり」の巍巍という言葉から命名したそうです
巍巍とは、 山などの高く大きいさま、徳の高く尊いさま

70%-2019_0223_104409

70%-2019_0223_103903

70%-2019_0223_103844

70%-2019_0223_103915

70%-2019_0223_110218

ワンポールですが、サイドが立ち上がるので、空間が広がるようです

70%-2019_0223_104228

70%-2019_0223_110115

70%-2019_0223_110206

スカートがないので、寒い時期のキャンプでは僕らにとってはちょっと辛いかな・・・

 

 

三つ目のテントが、ROGA-4(ロガー4)

2-4人用コンパクト2ルームテント

登山用語の「露岩」から命名したそうです

70%-2019_0223_104432(1)

なかなか斬新なフレーム構造です

70%-2019_0223_110418

70%-2019_0223_110647

70%-2019_0223_110643

70%-2019_0223_110425

70%-2019_0223_110709

70%-2019_0223_110705

広いインナーとリビングスペースの広さが印象的


そしてタープ   商品名は、GEU(ゲウ)

日本語の「夏雨」から付けた名前だそうです

何だかとてもお洒落なネーミング、いいですね

70%-2019_0223_104152

70%-2019_0223_104006

70%-2019_0223_104027

70%-2019_0223_104057

70%-2019_0223_104116

ブラックのメインポール(φ32mm・全長240cm)がいい感じです

サイドポール(φ19mm・全長160cm)も付属しています

70%-2019_0223_114538

 

70%-2019_0223_115335

ZANE ARTS

「座して寝る」をイメージしたロゴ(Zは座るを、Nは寝るを表現)は
フィールドで快適に過ごせるアイテムを追及するというブランドコンセプトを表現したものだそうです

これからの商品展開に目が離せませんね



BE-PALの2019年3月号に、ZANE ARTSの記事がありましたね

以下、電子書籍からの画像です

70%-2019_0223_101410-1

70%-2019_0223_101410-9

70%-2019_0223_101410-10

70%-2019_0223_101410-2

70%-2019_0223_101410-3

70%-2019_0223_101410-4

70%-2019_0223_101410-5

70%-2019_0223_101410-8

70%-2019_0223_101410-7






せっかく昭島アウトドアヴィレッジまで来たので、ついでにぐるりと回ってみました

70%-2019_0223_115709

70%-2019_0223_120241

欲しいテントがありましたよラブラブ

この展示用のミニチュア

70%-2019_0223_120620

70%-2019_0223_120716

70%-2019_0223_122836

70%-2019_0223_122046

70%-2019_0223_122857

70%-2019_0223_122843

春の足音が近づいてきましたね

そろそろ冬キャングッズも片付け始めようかな






関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/02/23(土) 23:47:26|
  2. テント・タープ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

レトロランプシェード

レトロランプシェード

Goal Zero Lighthouse micro(ゴールゼロ ライトハウスマイクロ)専用の木製ランプシェードを作りましたが
もうひとつ、Goal Zero Lighthouse microに使えるランプシェードを見つけました

偶然、いろいろな方のインスタを見ている時に発見

MALAIKA(マライカ)という主にアジア・中南米・アフリカなどの民芸雑貨・衣・衣料などを取り揃えているお店で
ランプシェードが販売されている
そして、そのランプシェードが、ゴールゼロ ライトハウスマイクロにシンデレラフィットだとか

MALAIKA(マライカ)のオンラインショップを見てみると
電球付きの「レトロランプシェードS」として販売されている (2019年2月21日現在売り切れ)
だけど、シェード単体での販売はなさそう

電話で問い合わせてみたところ、とても親切に、シェード単体での在庫が少しだけ残っている店舗を教えてくれました

それが、マライカ北小岩店   早速、20分ほどプラS君を走らせて行ってみました

70%-2019_0217_102251 (5)

70%-2019_0217_102251 (4)

70%-2019_0217_102251 (1)

70%-2019_0217_102251 (3)

蛇足ですが    あれ? マライカには似合わない(失礼)アウトドア商品も・・・

70%-2019_0217_102251 (2)

少しだけ残っていたランプシェードをゲットしましたよ
(ひとつは、自作の木製ランプシェードと同じく、タミヤカラーで塗装してみました)

70%-2019_0217_102250-1

70%-2019_0217_102328-1

70%-2019_0217_102349-1

まるで、ゴールゼロライトハウスマイクロ専用に作られたかのようにピッタリなんです

これぞまさにシンデレラフィット爆笑

70%-2019_0217_102424-1

70%-2019_0217_102513-1

70%-2019_0217_102527-1

他のライトではどうかなと、以前から持っていたBLACKWOLFのモバイルLEDランタンで試してみると

ジャストフィットとは言い難いけれど、十分使えそうでした

70%-2019_0217_103010-1

70%-2019_0217_103031-1

70%-2019_0217_103057-1

このレトロランプシェードのサイズは、Φ14.5cm×2cm

真ん中の穴の部分の直径は、約3.55cmくらい(正確ではありません)


インスタに情報を提供してくれた方々に感謝です

もしかすると、他のランタンやライトでもフィットする物があるかもしれませんねウインク





 照明器具INDEXはこちらへ

ページトップへ戻る



東北長期遠征2017のレポも更新中

62.東日本大震災 被災地を走る

東北長期遠征2017 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート東北2017


ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/02/21(木) 16:27:42|
  2. 照明器具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自作・手作り  木製ランプシェード Goal Zero Lighthouse micro専用

自作・手作り  木製ランプシェード Goal Zero Lighthouse


Goal Zero Lighthouse micro (ゴールゼロ ライトハウスマイクロ)

コンパクトでとても明るい USB充電式LEDミニランタン

70%-2019_0217_095826

屋外で使う時には問題がないのですが
テント内で使う時、ライトを吊るす場所と目線の位置によっては、とても眩しく感じる場合があります

70%-2019_0217_095825

ということで、以前、帆布でシェードを作りました
今回は、木製の物を作ってみたくなりました

キャンプ場でのんびりと時間をかけて、木を掘り出して作ってみようかなと思っていましたが
たまたま無印良品のお店へ行ったときに、ある物に目がいきました

高さ約5cmの小さな木製の器、アカシアの木ですね

70%-2019_0217_100459

すぐに思いつきました

底をくり抜いて、逆さまにするとシェードになるのではないかと・・・

専用の道具を持っていないので、コンパスで円を書いて、それに沿ってキリで小さな目印をつけていきます

その目印に従って、電動ドリルで穴を開けます 最初は1.5mm、次に2.5mmと穴を徐々に大きくしていって・・・

くり抜きます

70%-2019_0217_101057

次にルーターを使って、穴を広げていきます

最初は超硬カッターで、ライトハウスマイクロのトップ部分の直径をめどに削ります

70%-2019_0217_133802

根気強く、注意深く、少しずつ削っていきます(焼印作成で培ったスキルが生きてきますねウインク

70%-2019_0217_133819

微調整と仕上げはサイディングバンドで

70%-2019_0218_095645

70%-2019_0218_095733

作業終了

70%-2019_0218_095636-1

70%-2019_0217_101233

70%-2019_0217_101405-1

70%-2019_0217_101554-1

70%-2019_0217_101719-1

しっかりと押し込んで固定します

70%-2019_0217_101751-1

70%-2019_0217_101803-1

なかなかいい感じです

70%-2019_0217_101842-1

70%-2019_0217_101856-1

70%-2019_0217_101704-1

 

塗装した物も作ってみました

塗料はプラモデルに使う「タミヤ」のカラースプレー
プラモデルの趣味はないけれど、少量で安価でしたので使ってみました

70%-2019_0217_102125

色はオリーブドラブのつや消し

70%-2019_0217_102147

余談ですが、タミヤの塗料には、驚くほどの色の数があるのですね

ダークグリーン2 (イギリス空軍) 、ダークグリーン2(ドイツ陸軍) 、OD色(陸上自衛隊)
佐世保海軍工廠グレイ(日本海軍) 、呉海軍工廠グレイ(日本海軍)なんて種類があってびっくりです

70%-2019_0217_102001-1

これはこれで、なかなかいい味出てるかな

70%-2019_0217_102043-1

 

ちなみに、材料費は・・・クール

70%-2019_0217_113320

無印良品上野店、そして浅草ROX店、お世話になりましたすぐ戻ります




自作・手作り・工夫INDEXはこちらへ

ページトップへ戻る




東北長期遠征2017のレポも更新中

東北長期遠征2017 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート東北2017


ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/02/18(月) 11:52:41|
  2. 自作・手作り・工夫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

アイリスオーヤマ サーキュレーター アイ 18畳 ボール型上下左右首振り

アイリスオーヤマ  サーキュレーター アイ 18畳 ボール型上下左右首振り PCF-SC15T


冬キャンプでは、薪ストーブのオーランドストーブ、フジカ君、コロナ石油ストーブなど煖房器具を
幕に応じて使っています
その場合、自然の原理ですが、暖かい空気が幕の天井付近に溜まり、煖房効率が落ちます

以前、カイオワ君の中でフジカ君を使い、測定したことがあります
床付近が13℃、天井付近が21℃、なんと8℃も差がありました

70%-2019_0124_075905-01-1


煖房効率の向上のためにと、最初、コールマン CPX™ 6 テントファンLEDライト付を使ってみましたが
正直なところほとんど効果なし
やはり、電池式では風量が弱いのでしょうね

次に、カフラモ エコファン ウルトラエアー800JPを使ってみました
ある程度の空気の撹拌は可能ですが、水平方向に風を送るだけで、天井の空気を撹拌するところまではいきません
お洒落なグッズとしてGoodですが・・・

ということで、幕内の空気を循環させることができるサーキュレーターを色々と探してみました

電源サイト限定ということになりますが、
アイリスオオヤマのサーキュレーター アイ 18畳 ボール型上下左右首振りを選定しました

70%-2019_0124_075905-01-2

実際に使用してみて、効果は抜群でした
そして、なによりもコンパクトであることがいいですね
家の中でも、当然ですが大活躍してくれていますし(元々家の中で使うものですからね)

ちなみに、僕らは「目玉おやじ」と呼んでいます

70%-2019_0124_075905 (2)-1

70%-2019_0124_075905 (3)-1

70%-2019_0124_075905 (4)-1

70%-2019_0124_075905 (6)-1

テレビCMは見たことないですがペロリ

70%-2019_0124_075906-9

上下の角度調整が出来る点が、幕内では重要ですね

上に向けて固定して、そのまま送風したり、その角度で左右に首振りもできるので、とても便利

70%-2019_0124_075906-23

肝心の風力は、なんと25m先まで到達するらしい

実際、相当強力です

70%-2019_0124_075906-10

70%-2019_0124_075906-13

風量を強くすると運転音がやや大きくなりますが、空気を撹拌させるのが目的ですから、ある程度はやむを得ません

幕内で、あまりにも大きな音は困りものですからね

70%-2019_0124_075906-16

そしてなによりも、キャンプで使うには、コンパクトさが大切

従来製品と比べて、一回り小さくなっているようです

「活躍の場所がよりひろがる」・・・、まさかキャンプでの使用を意図した訳ではないと思いますがウインク

70%-2019_0124_075906-14

●商品サイズ(cm):幅約21×奥行約21×高さ約29(電源コード含まず)
●商品重量:約2.0kg

高さ29cmは、本当にコンパクトですよ

70%-2019_0124_075906-21

操作パネルの操作性やリモコンの有無は、キャンプでの使用には、あまり重要ではないですが・・・

70%-2019_0124_075906-19

70%-2019_0124_075906-22

家で使っている扇風機がちょうど古くなり、買い替え時期でもあったので

これからは、家の中でも活躍していただきますよ

70%-2019_0124_075906-17

70%-2019_0124_075906-18


コンパクトなのにパワフル送風な、上下左右首振り型のサーキュレーターです。
エアコンと併用で、冬は暖かい空気を足元へ、夏は涼しく冷気を部屋全体へ。
空気循環から部屋干しまで、1年中使えます。

◆サイズはそのままでパワーUP!
コンパクトなまま、アイリスオーヤマ比風速20%UP。
ボール型フォルムで、風をより遠くに送る事ができるようになりました。※PCF-C15との比較、60Hzの場合。

◆使いやすい操作パネル
上下左右首振り機能:左右→上下→上下左右の順に設定できます。
切タイマー:設定した時間後に運転が停止します(1・2・4時間)。
風量:5段階。
リズム風:風量を変化させて、自然に近い風を再現します。

◆リモコン付き
大きなボタンで使いやすいデザイン。全ての操作をリモコンで行えます。

◆羽根の掃除がしやすい
工具不要で前面のカバーを取り外す事ができるので、お手入れ簡単。

70%-2019_0124_075905 (1)-1

●電源電圧:AC100V
●電源周波数:50/60Hz
●消費電力:38/36W(上下・左右首ふり時)
●適用床面積(目安):18畳
●コード長さ:約1.4m

アイリスオーヤマのサーキュレーター、とてもいい製品であることは間違いないのですが
キャンプで使う場合は、電源サイト限定というところがネック悲しい

 


電源なしで使える強力なサーキュレーターも色々ありますが

僕らにとっては、ちょっと大き過ぎなので・・・



電源サイトでなくても電気が使えるように、こんなのがあればいいのですが・・・

キャンプのためと考えると高根の花ですが、長期間の停電などの非常災害時用にと考えると検討の余地があるかも・・・






冬キャングッズINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る




東北長期遠征2017のレポも更新中

東北長期遠征2017 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート東北2017


ページトップへ戻る

 

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/02/17(日) 12:32:46|
  2. 冬キャングッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

CAMPING MOON   キャンピングムーン フィールドラック用収納バック

CAMPING MOON  キャンピングムーン フィールドラック用収納バック

ユニフレーム フィールドラックを2つ収納するためのバック
ユニフレームのオリジナルである フィールドラックトート という選択もありましたが
次の2つの理由で、キャンピングムーン フィールドラック 収納用バッグ を使っています

●収納のしやすさ
フィールドラックの長さは60cmですが、ユニフレームフィールドラックトートの長さは60.5cm
購入者の口コミの中には、「長さがぎりぎりで入れにくい」という声が・・・
それに比べ、キャンピングムーンの収納バックの長さは64cmと余裕があり
実際のところとても入れやすいです

●価格
2019年2月現在のアマゾンでの価格で比較すると
ユニフレームフィールドラックトート、¥3,000
キャンピングムーン フィールドラック用収納バック、¥1,380

70%-2019_0117_100021-1

70%-2019_0117_100027-1

フィールドラック2点とフィールドラック天板1点をまとめて収納可能の大きさ
外側にロープ類をまとめて入れられるネットが付いており、小物の収納が可能
本体は厚手900Dバリスティックポリエステルをさらに2層作りしている為、丈夫で長持ち
インナーにクッション入りで耐衝撃性が抜群、内部のギアをしっかり保護できる

仕様
・寸法(展開時): 長さ64.0cmx幅5.0cmx高さ38.5cm
・寸法(真ん中で折り畳み時): 長さ32.0cmx幅10cmx厚さ38.5cm
・材質:本体/ 900Dバリスティックポリエステル、ベルト・ネット/ポリプロピレン
・重量:約0.45kg
・カラー:カモフラ柄

フィールドラック2点とフィールドラック天板1点が収納可能

(3点以上収納する場合は、ユニフレームフィールドラックトートが必要)

70%-2019_0117_100543-1

70%-2019_0117_100556-1

上部の入口に、ベニクロテープ

70%-2019_0117_100045-1

70%-2019_0117_100050-1

サイドに小さなポケット

70%-2019_0117_100110-1

 CAMPING MOON キャンピングムーンは本社を中国に構える
「浙江柯曼户外用品有限公司 Zhejiang Keman Outdoor Goods Co., Ltd」という会社
公式サイト:http://www.campingmoon.cn/index.php?lang=en

日本のメーカーの製品と、とてもよく似た製品を製造していて
その品質については使ったことがないので、評価をすることはできませんが
あまり品質を問題にしない物(個人的に気にならない物)
例えば、この収納ケースや、アクセサリーとして使う焚き火台などについては、選択してもいいのかなと
僕らは思っています

70%-2019_0117_100114-1


収納・棚 INDEXはこちらへ

ページトップへ戻る



東北長期遠征2017のレポも更新中

東北長期遠征2017 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート東北2017


ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/02/15(金) 19:43:23|
  2. 収納
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

UNIFLAME Field rack ユニフレーム フィールドラック

UNIFLAME Field rack  ユニフレーム フィールドラック


テント内外で使う棚やラックは、僕らのキャンプ歴とともに変遷していきます

最初に使ったのは、懐かしいコーナンラック

70%-2019_0117_095811-8

分解して2段にしたり

70%-2019_0117_095811-3

次は、自作してみたり

70%-2019_0117_095811-170%-2019_0117_095811-2
70%-2019_0117_095811-4 

自作物は、組立や分解に時間がかかるし、車での積載も嵩張るということで

結局、市販の物を使うようになってきましたね

フォールディングシェルフ ロング竹
フォールディングシェルフ 竹

70%-2019_0117_095811-5
FDベンチ グレー


70%-2019_0117_095811-6
バンブーテーブル
70%-2019_0117_095811-7
 

過去、木製に拘っていましたが、初めてスチール製のものを使ってみました

ユニフレーム(UNIFLAME) フィールドラック ブラック 611616

70%-2019_0117_100006-1

70%-2019_0117_100007-1

●サイズ:
 使用時/約60×35×23(高さ)cm
 収納時/約60×35×1(厚さ)cm
●材質:鉄・カチオンメッキ
●重量:約1.7kg
●分散耐荷重:約30kg

70%-2019_0117_100007-2-1

70%-2019_0117_100007-2-2

2つ買いました

70%-2019_0117_095915-1

 WOOD天板は販売されているようですが、シナベニアで自作しました

切って面取りしただけですがウインク

70%-2019_0117_095950-1

70%-2019_0117_095812-1

70%-2019_0117_095839-1

収納バックは、キャンピングムーン フィールドラック用収納バックを使っています


使い方はこれから試行錯誤しながら考えていきますが

まずは、クーラーボックス(シマノ フィクセル・プレミアム 220 )の置台として・・・

70%-2019_0208_082148-1



収納・棚 INDEXはこちらへ

ページトップへ戻る







関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/02/14(木) 22:21:38|
  2. 収納
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふもとっぱら  富士はずっと雲の中

ふもとっぱら  富士はずっと雲の中   


二日目その2へ戻る   

三日目(2月9日)

夜中に雪が降りました

朝方はみぞれに・・・

朝6時頃から、入口ゲート前に車が並び始めます  今日から3連休ですからね

70%-2019_0209_063828

雨撤収になるかなと覚悟していましたが、朝ごはんを食べる頃には雨が止みました

朝ごはん

昨夜作っておいたマフィンサンドをストーブで少し温めていただきます

70%-2019_0209_071950

70%-2019_0209_071945

70%-2019_0209_071939

70%-2019_0209_072252

暖かいスープも

70%-2019_0209_072302

富士山は雲に隠れてほとんど見えませんが、雨はなんとかもちそう

70%-2019_0209_092314

早い時間から混雑するのかなと想像してましたが

それほどでもなかったですね

天気があまり良くないので、みなさん敬遠したのでしょうか

70%-2019_0209_092436

70%-2019_0209_092445

びっくりです アトラスのサンドカラーが3つ

ヒルバーグファンの集まりでもあるのかと思いましたが・・・まったくの偶然スマイル

70%-2019_0209_092322

70%-2019_0209_092344

撤収中、雨も雪も降らず、適度に風も吹いて

なんとかサンド君(アトラスサンド)を乾燥させることができました

11:30 撤収完了です

70%-2019_0209_113032

70%-2019_0209_113023

パップテントの方に挨拶して帰ります

気さくでとても好感が持てる青年でした  またどこかで会えるといいですね

70%-2019_0209_092404

11:40 ふもとっぱら出発

70%-2019_0209_114033

70%-2019_0209_114114

途中のGSでスプレー洗車

お昼は、富士吉田の町にある、吉田うどんの「ふもとや」へ行こうかなと考えましたが

3連休の初日のお昼時、きっと混んでいるだろうなあ

今日は夕方に約束があるので、できるだけ早く東京に帰りたいし・・・今回は諦めました

 

そのまま中央道に入って

70%-2019_0209_123350

談合坂SA

談合坂は雪でした

70%-2019_0209_124605

外は寒かったので、身体が温まるものが食べたいですね

ということで、SAの中のレストラン ゆるり庵でほうとうをいただきます

70%-2019_0209_132450

70%-2019_0209_132433

舞茸天ほうとう

70%-2019_0209_130455

かぼちゃほうとう

70%-2019_0209_130443

舞茸ごはん

70%-2019_0209_130448

空いた中央道を走ります

70%-2019_0209_140208

外気温1℃、あれっ、ひょっとしてふもとっぱらより東京の方が寒い??

70%-2019_0209_140241

いつもは高井戸(中央道終点)で降りますが、今日は久しぶりに首都高へ

70%-2019_0209_141000

70%-2019_0209_141424

70%-2019_0209_142046

70%-2019_0209_142451

ガラガラです

都内に積雪予報が出ていたようで、車での外出を控えた人が多かったのでしょうか困った

70%-2019_0209_143230

70%-2019_0209_143534

14:40 無事帰ってきました


二日目その2へ戻る


ふもとっぱら キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る


この日の夜は、キャンプ仲間のカズ&マリーさんと街飲み

一次会は風来坊で手羽先です爆笑

この風来坊の手羽先は名古屋のソウルフード
銀座にもお店があることを最近知り、名古屋つながりのカズ&マリーさんと僕らで、ぜひ食べに行こうとなったのでした

IMG_20190209_175540

IMG_20190209_180423

この味、懐かしいなあ

IMG_20190209_181343

二次会はワインで・・・

1549878224073

1549878211275

浅草は雪になりました

IMG_20190210_000440

かなりの冷え込みです

もしかしたらふもとっぱらより寒いのではと、震えながら家路につきました

ページトップへ戻る




<余談です>

Googleでふもとっぱらの地図を航空写真でなにげなく見てみてびっくりびっくり

humotoppara201902-04

少し拡大すると・・・

humotoppara201902-05

humotoppara201902-06

3Dでは

humotoppara201902-12

humotoppara201902-11

5月の連休?夏休みのお盆の頃?

Googleも凄い日に撮影しましたね

一瞬、幕の数を数えようかと思いましたが・・・もちろんやめましたペロリ



ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/02/12(火) 19:48:01|
  2. ふもとっぱら
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ふもとっぱら  富士は時々雲隠れ

ふもとっぱら  富士は時々雲隠れ


二日目その1へ戻る    三日目へ続く

二日目(2月8日)その2

太陽が光を注いてくれていたのは短時間で、10時前になると曇ってきました

70%-2019_0208_094355

談合坂サービスエリアで買ってきた、コカコーラの地域限定ボトル富士山

70%-2019_0208_094649

70%-2019_0208_094621

70%-2019_0208_094814

僕たちも富士山をバックに記念撮影スマイル

70%-2019_0208_095237

70%-2019_0208_095200

今回フィールドデビューしたビンテージ物のマイナーランプ(電池式)

70%-2019_0208_100147

立川のガジェットモード(gadgetmode)で買ってきたもの

このお店は、ヨーロッパアウトドアグッズ、UKヴィンテージのさまざまな雑貨のほか
ヴィンテージのテントも扱っています

ガジェットモードオンラインショップはこちらへ

 

兄弟が増えましたね爆笑

70%-2019_0208_095529

11時半頃、お風呂へ

いつもの「あさぎり温泉 風の湯」です

70%-2019_0208_112500

帰りに、富士ミルクランドに寄って、焚き火用の薪を買います

70%-2019_0208_114405

ここの薪は比較的安いのです  焚き火用ですから質は求めませんので・・・

70%-2019_0208_114435

70%-2019_0208_114443

70%-2019_0208_114508

70%-2019_0208_114526

70%-2019_0208_114520

70%-2019_0208_114530

12時にキャンプ場に戻ってきて

70%-2019_0208_120955

お昼ごはん

おじかの近くの山王わさび園で買ってきたわさびをおろして

70%-2019_0208_132919

定番のわさび丼です

70%-2019_0208_133309

コンビニで買ってきた、コロッケなども

70%-2019_0208_133328

インスタント味噌汁もつけて

70%-2019_0208_133347

もう今日は車に乗らないので、飲みながらいただきます

70%-2019_0208_133355

食事の後は焚き火したりして、のんびり過ごします

70%-2019_0208_152148

70%-2019_0208_152117

運動がてら場内を散策

サイロのあるところから、富士山に向かって歩きます

直線距離で約600mあります

70%-2019_0208_153244

振り返るとプラS君とサンド君(アトラスサンド)

この広いふもとっぱらでは、サンド君がとても小さく見えます

特に周りにワンポールテントが多いせいか、背がとても低く感じられましたね

70%-2019_0208_153327

富士は雲に隠れたり、時折姿を見せたり・・・

70%-2019_0208_153437

70%-2019_0208_153632

70%-2019_0208_153644

建築中のトイレ炊事棟

70%-2019_0208_153522

70%-2019_0208_153710

70%-2019_0208_153900

70%-2019_0208_155443

70%-2019_0208_155354

70%-2019_0208_153819

70%-2019_0208_153840

70%-2019_0208_153936

70%-2019_0208_154023

70%-2019_0208_154110

70%-2019_0208_154136

70%-2019_0208_154159

70%-2019_0208_154256

70%-2019_0208_154547

一番端までやってきました

70%-2019_0208_154633

Uターンして戻ります

70%-2019_0208_154700

70%-2019_0208_154734

70%-2019_0208_155002

僕らの幕が遠くに見えます

70%-2019_0208_155520

僕らの近く、池のほとりにパップテントを張っていた青年と少しおしゃべりを

軍幕、かっこいいですよね

70%-2019_0208_161102

70%-2019_0208_160005

70%-2019_0208_160455

 

今夜の晩ごはんは・・・

70%-2019_0208_184240

はい、温めるだけのおでんです
お昼にガッツリ食べたので、軽く・・・

70%-2019_0208_184732

角瓶がなくなったので、白角でいきます

ちなみに、白角が2019年3月末で休売となるとか・・・
白角は白州蒸溜所のすっきりとした原酒を主に使用しているので、ここにも白州の原酒不足が影響しているのか?
(角瓶は、山崎と白州蒸溜所のバーボン樽原酒をバランスよく配合したもの)
一応、終売ではなく休売ということで、原酒の確保が整い次第また復活する可能性があるかもしれないようですが・・・

70%-2019_0208_195021

今夜も、薪ストーブの炎をぼんやりと眺めながら、飲むことにします

70%-2019_0209_034700

70%-2019_0209_034711

70%-2019_0209_034742

70%-2019_0209_034621

70%-2019_0209_035036

天気予報では、明日は雪が降るとか
雪の中での撤収ですか・・まあ雨よりましですが・・・


天候(河口湖) 晴れのち曇り  最高気温7.6℃ 最低気温-2.3℃ 平均風速1.9m

二日目その1へ戻る    三日目へ続く


ふもとっぱら キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る


そういえば、たまたまですが
NHKのドキュメント72時間、2月1日放送分は
「真冬のキャンプ場 富士山を眺めながら」、ふもっとっぱらが舞台でした

テレビ画面をカメラで動画撮影してみましたが
タイムラプス撮影の映像、さすがプロの撮影ですね


この番組の主題歌「川べりの家」作詞:作曲 松崎ナオ

心に響いてくる好きな曲です


humotoppara201902-10

大人になってゆくほど
涙がよく出てしまうのは
1人で生きて行けるからだと
信じて止まない
それでも淋しいのも知ってるから
あたたかい場所へ行こうよ





関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/02/11(月) 23:45:13|
  2. ふもとっぱら
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ふもとっぱら  富士には日の出が似合う

ふもとっぱら  富士には日の出が似合う   


一日目へ戻る   二日目その2へ続く

二日目(2月8日)その1

朝5時前、「ドドドードドドー」という鹿の群れが走り去る大きな音で目覚めます

霜が降りていました

70%-2019_0208_045255

富士の稜線が闇の中にしっかりと浮かび上がっています

今日はいい日の出が見えるかも・・・

70%-2019_0208_050130-1

70%-2019_0208_050359

逆さ富士が見えるということで、「ふもとっぱら名物」とも言われている小さな池

風もなく水面に明けの明星が写り込んでいます

70%-2019_0208_053339-1

70%-2019_0208_051731-1

70%-2019_0208_052338-1

70%-2019_0208_054028-1

70%-2019_0208_054522-2

70%-2019_0208_053741-1

5:50

日の出の時刻(6時40分)まで、まだ時間があります

70%-2019_0208_055109-1

70%-2019_0208_055408-1

70%-2019_0208_055848-1

70%-2019_0208_060055-1

70%-2019_0208_060435-1

焚き火をしながら日の出を待ちます

70%-2019_0208_060947-1

この時間が好きです

70%-2019_0208_061208

70%-2019_0208_062411

70%-2019_0208_064506

70%-2019_0208_064700-1

70%-2019_0208_064801-1

太陽はどのあたりから顔を出してくれるのかな

70%-2019_0208_065608

ほんの少しだけ富士山ビーム

70%-2019_0208_071500

7:15 日の出です

70%-2019_0208_071544(1)

70%-2019_0208_071616

70%-2019_0208_071536

70%-2019_0208_072013

70%-2019_0208_072040





何度も見たこの光景、やはり、富士には日の出が似合います

陽が昇ると、ふもとっぱらに光が降り注ぎます

70%-2019_0208_073005

70%-2019_0208_071910

70%-2019_0208_071955

70%-2019_0208_073148

僕らの幕の近くで、乗用車に車中泊をされていた年配のご夫婦

焚き火にお誘いして、コーヒーも飲んでいただきました

ご主人は写真を趣味にしておられて、島根の松江からいままでに数回、富士山の写真を撮影に来ているとのこと

70%-2019_0208_073307

ご縁に感謝ということで、一筆箋をいただきました  ありがとうございます

どうか、いい旅を続けてくださいね

humotoppara201902-09 (2)-1

70%-2019_0208_081731

70%-2019_0208_081913

70%-2019_0208_082202

70%-2019_0208_082148

70%-2019_0208_082140

70%-2019_0208_082113

70%-2019_0208_082216

70%-2019_0208_082031

70%-2019_0208_082039

70%-2019_0208_082048

70%-2019_0208_081831

70%-2019_0208_081838

テントや車の影の部分にだけ、霜が残っています

70%-2019_0208_082307

70%-2019_0208_082337

朝ごはん

昨夜の野菜の残りに、ご飯とボロネーゼソースを加え、チーズを混ぜます
バーナーでちょっと焦げ目を・・・

70%-2019_0208_082722

一日目へ戻る   二日目その2へ続く


ふもとっぱら キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/02/10(日) 23:09:39|
  2. ふもとっぱら
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ふもとっぱら  今年の富士は雪が少ないのかな?

ふもとっぱら   今年の富士は雪が少ないのかな?


2019年02月07日(木)~09日(土)、2泊3日で静岡県富士宮市のふもとっぱらに行ってきたよ

猪苗代湖、そしておじかと雪中キャンプのハシゴをしてきたあと、さて、次は何処に行こうかな
スウィートグラスは雪がなく、地面がドロドロの状態のようだし
大子グリンヴィラは改修工事に伴う平日の利用制限があり、その後は臨時休業(2/18~3/20)だし・・・
ということで、久しぶりにふもとっぱらへ行ってみることに、2017年11月以来の訪問です

humotoppara201902-02

humotoppara201902-03


一日目(2月7日)

4:55 浅草出発  距離約146km

humotoppara201902-01

調布ICまで一般道を走ります

70%-2019_0207_052805

早朝からご苦労様です

70%-2019_0207_054018

調布IC手前、軽油109円と比較的安いGSがあったので給油

70%-2019_0207_060334

6:04 調布IC ここまで約1時間10分

70%-2019_0207_060435

外灯の連なりが、ちょっとおもしろい

70%-2019_0207_060543

70%-2019_0207_061103

夜明け前、東の空がほんのりと明るくなってくる時間

70%-2019_0207_061612

相模湖付近は霧

70%-2019_0207_063133

6:38 談合坂SAで休憩

ここで休憩するときにはいつも「談合坂で談合じゃ」と言ってSAへ入りますが

談合坂という地名の由来には、色々な説があるようです

●周辺の集落の寄り合い場所として、この近辺で話し合いが行われた。
●戦国時代に北条氏と武田氏が和議調停などの交渉が行われた。
●武田信玄の娘が北条氏に嫁ぐ際に婚儀の約束事について話し合った。
●この付近にも桃太郎伝説があり、さる、犬、キジが桃太郎の家来になる約束をしてキビ団子(だんご)をもらった。

70%-2019_0207_063832

談合坂SAを、6:51出発

70%-2019_0207_065401

70%-2019_0207_070938

あれ、今年の富士山は雪が少ないような??

真っ白な白粉が剥げて、地肌が少し見えていますね

70%-2019_0207_071001

2016年2月6日の写真

humotoppara201902-08

2017年3月17日の写真

humotoppara201902-07

7:15 河口湖IC

70%-2019_0207_071532

気温マイナス1℃、さすがに標高が高くなると冷えています

70%-2019_0207_072107

7:27 浩庵キャンプ場に行った時に引き続き、またまたやってきましたガスト富士鳴沢店

ここは朝の7時から営業しています

70%-2019_0207_072726

70%-2019_0207_073841

今回は、いつもとは違うものを・・・スマイル

70%-2019_0207_073846

8:20 ガストを出発

70%-2019_0207_081930

県道71号線の大室山西展望台からは、南アルプスが綺麗に見えました

70%-2019_0207_084108

本栖湖は雲海の下に隠れていました

70%-2019_0207_084224

70%-2019_0207_084141

70%-2019_0207_084239

↓画像クリックで拡大表示

70%-2019_0207_084118

9時過ぎ、ふもとっぱらに到着です

70%-2019_0208_120959

ふもとっぱらに最初に来たのは、5年ほど前の2013年12月
これまでに6回15泊、ほぼ冬の季節に来ていました
今回が7回目の訪問
久しぶりに来てみると、色々と変わっていました

まずは、2018年からのようですが、ネット予約が必要になったこと
混んでいる時は、予約がないと入場できないようです(今回、ちゃんと予約してきました)
スタッフの方に聞いてみましたが、混んでいない時は、いままで通り予約が無くても入場可能とのこと

新しいトイレと炊事場が建設中でした
4月中には完成するとのお話しでした

70%-2019_0207_091226

70%-2019_0207_091221

コテージの前あたりに設営開始

70%-2019_0207_092006

スッキリとした冬晴れとは言えないですが、富士山は顔を出してくれていました

70%-2019_0207_091250

設営中、救急車のサイレン音が

なんと場内に入ってくるではないですか

70%-2019_0207_102200

70%-2019_0207_102222

奥の方に設営されていた方たちのところでしょうか

70%-2019_0207_102339-1

救急車を呼ばなければならないような事態だったのですね

何が起こったのかは不明ですが、大事にならない事だけをお祈りします

 

今回は、サンド君(アトラスサンド)にコット寝

煖房はオーランドストーブです

70%-2019_0207_120542

70%-2019_0207_120504

70%-2019_0207_120646

70%-2019_0207_120636

70%-2019_0207_120712

お昼は、家で作ってきたおにぎりと、セブンイレブンで買ったきた茹で卵とななチキ

70%-2019_0207_121436

70%-2019_0207_121452

ビールにしたいところですが、ここは我慢して「糖質ゼロ」ウインク

70%-2019_0207_121407

70%-2019_0207_122416

70%-2019_0207_124836

外はまるで春が来たかのような陽気

幕内では薪ストが燃え、オープンにしていてもポカポカです

70%-2019_0207_132240

自作の薪スタンドも活躍中

70%-2019_0207_132251

場内をにゃんこたちが散歩しています

散歩ではなく、人間が留守のテントを狙っているのかも・・・

70%-2019_0207_134414

70%-2019_0207_134437

70%-2019_0207_134322

富士山に雲がかかってきたかと思うと、時折強い風が吹き始めました

僕らの前方200m付近に設営されていたサーカスTCとタープ(車がなくお留守でした)

タープが風にあおられてポールが倒れて飛散し、薪ストの煙突が倒れてしまいました

やはり、ふもとっぱらの風は天気予報では予測できず、いつ襲ってくるかわからない厄介者ですね

70%-2019_0207_133812

風が納まった夕方、焚き火に火をつけます

70%-2019_0207_174948

70%-2019_0207_175023

ランタンを並べて遊びます

70%-2019_0207_174210

70%-2019_0207_174746

70%-2019_0207_175209-1

晩ごはん

今回は、ほとんど薪ストーブの上で調理します

70%-2019_0207_181033

70%-2019_0207_181748

野菜にボロネーゼソースを混ぜて

70%-2019_0207_183854

豚しゃぶサラダ

70%-2019_0207_183915

70%-2019_0207_183956

70%-2019_0207_193637

キャベツとウィンナーのコンソメスープで身体を芯から暖めます

70%-2019_0207_193755

70%-2019_0207_181524

70%-2019_0207_192804

レインボースティックを入れて、炎の揺らめきを楽しみます

70%-2019_0207_194202

70%-2019_0207_201133



穏やかな夜をじっくりと味わいます

天候(河口湖) 晴れのち曇り  最高気温13.7℃ 最低気温-3.8℃ 平均風速2.9m

二日目その1へ続く


ふもとっぱら キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/02/09(土) 23:40:18|
  2. ふもとっぱら
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【Live】今年の富士は雪が少ないのかな?

例年と比べて 

今年の富士山は雪が少ないような気がしますが?

ふもとっぱらでは、新しい炊事トイレ棟を建設中

四月中には完成の予定とのことです

噂では聞いてましたが、想像していたより

大きくて、びっくりです

春のような陽気のふもとっぱらより・・・

関連記事
  1. 2019/02/07(木) 13:12:34|
  2. ふもとっぱら
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Outdoor Standards  Daisy chain   アウトドアスタンダード  デイジーチェーン

Outdoor Standards Daisy chain アウトドアスタンダード デイジーチェーン 

 

Outdoor Standardsという2018年11月に開設されたばかりのネットショップで見つけたデイジーチェーン

色々なカラーや色々な長さのデイジーチェーンは、全て手作りです
いくつかのメーカーのテントやタープにフィットするようなカラーを考えて、製作されているようです
大量生産の大手メーカーでは、なかなか出来ないカラー展開です

 

僕らが買ったのは

Daisy Chain Basic Type 1.1☆Robens、小川キャンパルカラー☆

☆ローベンス、小川キャンパルのテント&タープにピッタリ!!ということで製作されたようですが
ベージュとブラウンの組み合わせがいい感じで、サンド君(アトラスサンド)にも良く合います

ハンギングチェーンまたはネビュラチェーンとも呼ばれ、キャンプやBBQの際のテントやタープに設置するだけで、シェラカップや調理器具、LEDランタンを吊り下げられる、オシャレな便利アイテムです。各メーカーで市販されている商品にはない特徴を備え、62個のループ数と約6mの長さ、バックルにより4分割可能で汎用性に優れた商品です。また、長さ調整して余ったテープは付属のクリップで留められ、見た目もスッキリです。カラーは人気のテントメーカーに合わせて展開する予定です。一つ一つハンドメイドだからできる、よりコーディネート性を高めた商品を提供してまいります。

70%-2019_0117_094133-1

全長約600cm、幅約2cm

4つに分割ができ、長い方の2つは長さの調整が可能となっています

長さ調整域は、約210cm~約340cm、約400cm~約600cm

長さ調整ができるため、色々なシチュエーションでの汎用性が高いという点が、大きな特色だと思います

70%-2019_0117_093444-1

70%-2019_0117_094256

とても丁寧にハンドメイドされていて、大量生産にはない味わいがあります

70%-2019_0117_094206-1

70%-2019_0117_093604-1

70%-2019_0117_093541-1

70%-2019_0117_093632-1

70%-2019_0117_093655-1

70%-2019_0117_093732-1

70%-2019_0117_094144-1

70%-2019_0117_094152-1

【商品詳細】
●サイズ:全長約600cm、幅約2cm
●長さ調整域:約210cm~約340cm、約400cm~約600cm
●ループ数:計62個(ヘッド部分:3個×2本、本体部分:28個×2本)
●バックル数:計3個
●ベルトクリップ:計2個
●ハトメ:10箇所(穴内径10mm)
●カラビナ数(スクエア型):計2個付属(縦:49mm、横:29mm、別途オプション購入可)
●耐荷重:ループ毎に約3kgまで、全体重量は約10kgまで
●材質:テープ=ポリプロピレン、バックル&クリップ=プラスチック、ハトメ=真鍮(黒ニッケル、穴径10mm)

 

収納袋は付属していないので、100均の袋を使っています

70%-2019_0117_094255-1

70%-2019_0117_074005-1

70%-2019_0117_074036-1

70%-2019_0117_074056-1

70%-2019_0117_074114-1

70%-2019_0117_074127-1

70%-2019_0117_074132-1

70%-2019_0117_074200-1

70%-2019_0117_093301-1

70%-2019_0117_074151-1

70%-2019_0117_074200-1

70%-2019_0117_094040-1

スノーピークのロングデイジーとともに、久々にお勧めできるデイジーチェーンに出会いました

なお、Outdoor Standardsはメルカリにも出品されています



その他グッズINDEX

ページトップへ戻る




関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/02/06(水) 20:06:03|
  2. その他グッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ワイルドフィールズおじか  雪のない世界へ戻ります

ワイルドフィールズおじか    雪のない世界へ戻ります
 

六日目(おじか二日目)へ戻る   


七日目(1月27日)(おじか三日目)

撤収の日

朝方の突風で起こされました

風には今までに何度か痛い目にあっているので、敏感になってしまいます

70%-2019_0127_074721

撤収に備えて雪掻きを

左が雪掻きした部分、右がこれから雪掻きする部分 夜の積雪は10cm弱でしょうか

70%-2019_0127_074655

70%-2019_0127_063701

70%-2019_0127_064113

朝ごはんは、簡単にランチパックとスープで済ませます

70%-2019_0127_065529

車と幕との間を荷物運びに往復しながら、撤収に励みます


ソラ君も、十分楽しみましたか

70%-2019_0127_074844

カズ&マリーさんは、撤収後に、スノーシューで山の上にある放牧地まで出かけて行きました

お気をつけて、いってらっしゃい

70%-2019_0127_104912

撤収完了後、記念撮影

70%-2019_0127_120952

70%-2019_0127_120932

70%-2019_0127_121015

ワイルドフィールズおじか、お世話になりました

 

帰りは、会津西街道(国道121号線)で日光今市経由で帰ります

ojika201901-07

70%-2019_0127_124531

70%-2019_0127_124536

鬼怒川温泉まで来ると、雪がなくなっていました

それにしても今回は、よく列車に出会いますね

70%-2019_0127_130541

70%-2019_0127_131406

70%-2019_0127_132001

今市のめん屋ききょうさんで、お昼をいただきます

70%-2019_0127_132542

IMG_20190127_133550

IMG_20190127_133554

あとでalexpapaさんもやってきました爆笑

 70%-2019_0127_135703

スプレー洗車をしようと寄った佐野SAでは、一足先におじかを出発したSyu&Chaiさんに、ばったり会いました爆笑

関東平野は冬晴れです

遠くに富士山も見えました

70%-2019_0127_151823

16時半頃、東京に戻ってきました

70%-2019_0127_163551

おっと、浅草行のバス ついて行こうかな

70%-2019_0127_163707

たったの1週間ほどの旅ですが、スカイツリーが見えると、少し懐かしく感じます

70%-2019_0127_163943

70%-2019_0127_164155

東武浅草駅、ここでも列車に会えるかもと思いましたが・・・

70%-2019_0127_164602

70%-2019_0127_164616

70%-2019_0127_164742

17時前、浅草に帰ってきました


ワイルドフィールズおじかでご一緒したみなさん、ありがとうございました

4年ぶりにお会いしたPINOさんご夫婦、また何処かで会えることを楽しみにしています
そして、PINOWORKSの益々の発展をお祈りしています

六日目(おじか二日目)へ戻る   

ページトップへ戻る



1月29日(火)

雪で湿ったカイオワ君を、強風の中、彩湖道満グリーンパークで乾燥させました

70%-2019_0129_145002

70%-2019_0129_145026

70%-2019_0129_145038

短い時間で、よく乾きました

雪用のペグは、ベランダで乾燥させました

・・・と言っても、今回の猪苗代湖もおじかも、ある程度除雪圧雪されていた場所に設営したので
雪用のペグは数本使っただけ(抜くときに無理やり力をかけたので、2~3本、頭の部分が破損しましたが)
30~40cmのソリステで十分対応できました

2年前の冬のおじかでは、雪が深い場所での設営だったので、全て雪用ペグを使用しました

<2年前の写真>

ojika201901-09

撤収時、雪の底のほうが凍結していて、金属製のスコップで氷を割ってペグを回収したのですが
スコップを何度も何度もガンガンと激しくやったため、手首が腱鞘炎になってしまったという苦い経験・・・
思い出しますね

<2年前の写真>

ojika201901-08


さてさて、カイオワ君の次の出番は・・・


ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/02/06(水) 10:23:52|
  2. ワイルドフィールズおじか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ワイルドフィールズおじか  立ち飲み処 in the Snow

ワイルドフィールズおじか    立ち飲み処 in the Snow
 

五日目(おじか一日目)その2へ戻る   七日目(おじか三日目)へ続く

六日目(1月26日)(おじか二日目

夜の間にも、雪が降ったようです

70%-2019_0126_071911

70%-2019_0126_072246

70%-2019_0126_072407

70%-2019_0126_071504

70%-2019_0126_071513

朝ごはんは、昨夜の鍋の残りで雑炊を作りました

70%-2019_0126_081703

70%-2019_0126_081641

朝食を終えた頃、カズ&マリーさんが到着

 

午前中、灯油の調達と入浴のために、塩原方面へ出かけます

灯油の消費量の話ですが・・・

持ってきた灯油タンクは、10Lと5Lの合計15L
コロナ石油ストーブの場合、灯油を入れたままでの車での運搬はできませんので
(フジカ君の場合は、灯油を入れたままでも車での運搬が可能です)
キャンプをスタートする時の灯油量は、15L
コロナ石油ストーブの容量は6L、燃料消費量は1時間あたり0.5Lなので、15Lでは30時間稼働可能
冬キャンプでは、一番長い時間で朝の6時頃から夜の10時頃まで16時間、コロナ君を稼働させます
従って、持っていた灯油ダンクで、コロナ君が稼働できるのは、約2日ということになります
ですので、2泊するキャンプでは、途中で灯油の補給が必要になります

ちなみに、フジカ君の場合は次のようになります
キャンプをスタートする時の灯油量は、18.6L(灯油タンク15L+フジカ君の容量3.6L)
フジカ君の燃料消費量は1時間あたり0.26Lなので、18.6Lでは71時間稼働可能
従って、キャンプでフジカ君が稼働できるのは、約4.4日ということになります

ojika201901-06

おじかから、塩原方面で最も近いガソリンスタンドは、塩原温泉の入口に近いところにある田代油店

まずは、灯油を購入、その後コンビニで飲み物を調達してから、温泉へ

おじかから近い日帰り入浴ができる温泉は、旅館まじま荘ですが

少しだけ遠出をして、塩原元湯温泉の秘境の宿元泉館へ行ってみました

70%-2019_0126_112334

70%-2019_0126_112341

70%-2019_0126_112605

日帰り入浴の場合、フロントで料金を払ったあと、外にある木戸から入ります

70%-2019_0126_112556

更衣室はとても寒かったですがペロリ、にごり湯の温泉は、じんわりと身体を温めてくれました

IMG_20190126_112147


キャンプ場に戻って、お昼ごはん

僕らのお気に入り、名古屋名物ヨコイのあんかけスパゲッティ

70%-2019_0126_125905

70%-2019_0126_125909

alexpapaさんからいただいたチジミ、ビールとともにいただきます

70%-2019_0126_122857

今回のウィンターオープンの参加者は、8組のキャンパー

久しぶりにPINOさんご夫婦に会いました

以前会ったのは4年前のおじかでした  お互いに懐かしかったですね

 

 

15時前、雪が降りだしました

70%-2019_0126_145951

70%-2019_0126_145949

70%-2019_0126_145934

70%-2019_0126_145720


立ち飲み処 in the Snow 開店です爆笑

たくさんの写真をカズ&マリーさんのマリーさんからご提供いただきました ありがとうございます

70%-2019_0126_152536-1_thumb[1]

70%-2019_0126_145142-1_thumb[1]

70%-2019_0126_145147-1

70%-2019_0126_145145-1

暖を取るため、焚き火は井桁に組んで、ガンガン燃やします

Syuさんが用意してくれた武井君もフル稼働びっくり

70%-2019_0126_153010_thumb[3]

Syuさん、いつも美味しいお酒、ありがとうございます

70%-2019_0126_145208_thumb[1]

70%-2019_0126_145143m (3)-1_thumb[1]

70%-2019_0126_145143m (4)-1_thumb[1]

寒さを吹き飛ばす、ハジケぶりラブラブ

70%-2019_0126_145143m (2)-1_thumb[1]

70%-2019_0126_145143m (7)-1

70%-2019_0126_145143m (8)-1

一升瓶が空になり、次にalexpapaさんが持ってきてくれたお酒もあっという間に・・・

70%-2019_0126_145141

70%-2019_0126_150129-1

70%-2019_0126_152337

よ~~く身体が芯まで温まった、立ち飲み処でしたペロリ

 

70%-2019_0126_152530

70%-2019_0126_152504

夕方、雪が止んで少し陽がさしてきました

70%-2019_0126_160021

70%-2019_0126_160438

70%-2019_0126_162024

70%-2019_0126_162206

70%-2019_0126_162633

70%-2019_0126_162817

70%-2019_0126_163036

70%-2019_0126_171503

70%-2019_0126_164022

 

ソラ君も雪中キャンプを楽しんでますか

70%-2019_0126_171525

 

さすがに夜は、立ち飲み処は開店休業

70%-2019_0126_172536

70%-2019_0126_172622

70%-2019_0126_172707-1



夜の飲み処は、カズ&マリーさんのサーカスTC BIGの中で

70%-2019_0126_193017

たくさんの美味しいお酒とおつまみ、ご馳走さまです

70%-2019_0126_192619

70%-2019_0126_192601

70%-2019_0126_192610

 

おじかは、静かな雪の夜となりました

70%-2019_0126_180559

70%-2019_0126_180701r

70%-2019_0126_180808r

70%-2019_0126_180831r

70%-2019_0126_180923r

70%-2019_0126_181043r

70%-2019_0126_181117r

70%-2019_0126_181234r

70%-2019_0126_181542r

70%-2019_0126_181623r

70%-2019_0126_181711r

70%-2019_0126_181754r

70%-2019_0126_181818r

70%-2019_0126_180443r

 70%-2019_0126_181916

天候(田島) 曇り時々雪  最高気温0.6℃ 最低気温-11.6℃ 平均風速1.5m 最大瞬間風速9.1m 降雪5cm


五日目(おじか一日目)その2へ戻る   七日目(おじか三日目)へ続く


ページトップへ戻る




関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/02/05(火) 11:28:43|
  2. ワイルドフィールズおじか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ワイルドフィールズおじか  ローベンスの展示会か?

ワイルドフィールズおじか  ローベンスの展示会か? 


2019年01月25日(金)~27日(日)、2泊3日で、栃木県のワイルドフィールズおじかへ雪中キャンプに行ってきたよ

RV Resort 猪苗代湖モビレージからのはしご雪中キャンプです
途中、湯野上温泉の民宿に泊まり、休養していますが・・・

ojika201901-05

ojika201901-01-1

ojika201901-02-1


五日目その1へ戻る   六日目(おじか二日目)へ続く

五日目(1月25日)その2 (おじか一日目)  

湯野上温泉 民宿いなりやを 9:15出発  おじかへ向かいます  距離約40km

ojika201901-04

70%-2019_0125_093457

70%-2019_0125_093752

70%-2019_0125_093958

田島のリオンドールで食材調達

70%-2019_0125_102746

おなじ敷地内にあるダイユーエイトで買い物

70%-2019_0125_102755

おっと列車の姿が・・・

70%-2019_0125_103856

ここでも

70%-2019_0125_105525

なぜか今回は、列車によく会いますね

70%-2019_0125_105527

道の駅たじまでも少し買い物

70%-2019_0125_110309

いつものわさび屋さん、営業してました

70%-2019_0125_112725

70%-2019_0125_113233


11:35 ワイルドフィールズおじかに到着です
25日(金)~27日(日)に開催されるウィンターオープン(2019年は1回だけ)
キャンプ友達で参加するのは、金曜からはSyu&Chaiさん、alexpapaさん、土曜からはカズ&マリーさん

Syu&Chaiさんが、僕らより早く到着して設営中でした

70%-2019_0125_113306

ローベンスの展示会?

みんなで示し合わせたわけではなく、本当に偶然にローベンスの幕が集まりました

左から、Syu&ChaiさんのKlondike、alexpapaさんのKiowa、そして僕らのKiowa

僕らのKiowaは猪苗代湖で凍ったままのものを、そのまま設営です

70%-2019_0125_154629

70%-2019_0125_154743

70%-2019_0125_154703

お昼ごはんは、民宿いなりやの例のジャンボいなり  これで昨夜の夕食がやっと完食となりました(笑)

焚き火スペース作りました

70%-2019_0125_154756

まずは乾杯!!

70%-2019_0125_161133(1)

Syu&Chaiさん、遠慮なくご馳走になります

70%-2019_0125_161617

70%-2019_0125_161943

70%-2019_0125_162631


晩ごはんは各自で

豚肉と水菜のはりはり鍋

70%-2019_0125_184657

70%-2019_0125_184708

浩庵キャンプ場で買ってきた「ごまから君」、辛みは抜群でした

70%-2019_0125_184721

お酒タイムは、僕らの幕で

70%-2019_0125_184457


雲の上から月が出てきます

(横着して手持ちで撮影してみました)

70%-2019_0125_232528r

70%-2019_0125_232555

70%-2019_0125_232645

70%-2019_0125_232614r

70%-2019_0125_233125r

70%-2019_0125_233141r

今夜は3組だけ  

不気味なほど静かなおじかの夜でした

天候(田島) 曇り  最高気温0.2℃ 最低気温-11.8℃ 平均風速1.3m 最大瞬間風速6.9m 降雪0cm


五日目その1へ戻る   六日目(おじか二日目)へ続く

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/02/04(月) 10:04:32|
  2. ワイルドフィールズおじか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

会津湯野上温泉 民宿いなりや ~胃腸薬持参推奨民宿~

会津湯野上温泉 民宿いなりや ~胃腸薬持参推奨民宿~


四日目その1(猪苗代湖モビレージ撤収日)へ戻る   五日目その2(ワイルドフィールおじか)へ続く

四日目(1月24日)その2

会津若松を後にして国道118号線を南下し、今日の宿 湯野上温泉 民宿いなりやへ向かいます 距離約25km

inariya201901-001

会津地方は雪が降ったり止んだりの不安定な天気

70%-2019_0124_141356

70%-2019_0124_142149

70%-2019_0124_142347

70%-2019_0124_142502

70%-2019_0124_142548

70%-2019_0124_142642

 

芦ノ牧温泉、国道から少し入って温泉街を走ってみます

遠い昔、鉄道でやってきて、泊まった記憶が・・・

70%-2019_0124_143847

70%-2019_0124_143926

70%-2019_0124_144114

70%-2019_0124_144251

70%-2019_0124_144330

70%-2019_0124_144927

湯野上温泉です

駅に列車が停車していました

70%-2019_0124_145206

駅へ行ってみることに

70%-2019_0124_145256

70%-2019_0124_145632

湯野上温泉駅

会津鉄道の駅で、茅葺屋根の駅舎として有名  鉄道ファンの撮影スポットとなっています

僕らも、時折鉄っちゃんに変身するので・・・

写真撮影させていただきますペロリ

70%-2019_0124_150917

70%-2019_0124_145852

70%-2019_0124_150008

70%-2019_0124_150044

70%-2019_0124_145943

上下線とも一時間に1本程度でしょうか

70%-2019_0124_150705

東武線・野岩線・会津線と3つの鉄道会社が連なっています

70%-2019_0124_150751

70%-2019_0124_150822

70%-2019_0124_145749

70%-2019_0124_145805

70%-2019_0124_150152

70%-2019_0124_150827

駅から民宿まではすぐでした

15時過ぎに到着です

70%-2019_0124_151516

70%-2019_0124_151534

会津湯野上温泉 民宿いなりや

女将さんであるおふくろさんと息子さんやご家族でやっている、部屋数わずか4つの小さな民宿
ある理由でなかなか予約が取れない人気の宿です

いっぱい着込んだ(笑)女将さんが出迎えてくれましたよ

「昨日、いわきまで行ってきたのですが、あそこは暖かいね それに比べてここは雪ばっかりで寒い寒い」(翻訳)
「私はここの生まれで、言葉が悪いけど、気にしないでください」(翻訳)と会津の言葉でおっしゃっていましたスマイル


早速、源泉かけ流しの温泉へ

70%-2019_0124_155015

雪見の露天、いい雰囲気ですね
温度はやや低めですが、身体が芯から温まる、本当にいいお湯です

70%-2019_0124_155037

そして、待ちに待った夕食・・・ここで、お昼のうどんに天ぷらをトッピングしなかった理由が明らかになります

冷酒とともにいただきます

70%-2019_0124_182617

お刺身の盛り方が粋ですね

70%-2019_0124_182422

70%-2019_0124_182818

鮎の塩焼き、よ~~く焼けていてGood

70%-2019_0124_182521

味噌かんぷらという郷土料理

福島の方言でじゃがいものことを「かんぷら」と呼ぶとのことです

70%-2019_0124_182525

しんごろう

福島県南会津郡南会津町と下郷町に伝わる郷土料理のひとつ
うるち米を半つきにして団子状にしたものを竹串に刺し
甘めの味噌にすりつぶしたエゴマを混ぜ合わせたじゅうねん味噌を塗り、炭火で焼いたもの

70%-2019_0124_183510

写真を撮り忘れましたが、2~3の小鉢と豚肉の陶板焼きもありました


さて、これからが、この小さな民宿がなかなか予約が取れない民宿となったわけ

その一つ目がこれ

ジャンボいなりすし  長さは15cmくらいでしょうか まぎれもなくジャンボです

最初から食卓に並んでいるので、間違ってはじめにこれに手をつけると、あとの食事が続きません

70%-2019_0124_182515

二つ目、真打登場

十種類以上の天ぷら 最初は2人で一皿と思ってましたが一皿が一人前、物凄い量です

70%-2019_0124_184306

下にも隠れています

70%-2019_0124_184311

70%-2019_0124_190240

そして、ラストがこれ

息子さんが作る、手打ちそば

量が半端ないって!

70%-2019_0124_190232

結果、完食できず

いなりすしは、部屋に持ち帰り

天ぷらは、明日の朝食に持ち越し

そして、胃腸薬を飲んで、この夜はバタンキューでした



五日目(1月25日)その1

朝、息子さんが車の雪を落としてくれています

なんと親切な

70%-2019_0125_074253

朝食は、まあまあ普通のボリューム

70%-2019_0125_075347

でも、昨夜の残りのこちらがあります

70%-2019_0125_075400

追い打ちをかけるかのように、具たくさんの汁物

70%-2019_0125_080201

体重計に乗るのが、とても恐ろしくなりましたがっかり

僕らの個人的意見ですが、この宿を訪れる場合は、胃薬の持参をお勧めします(笑)

チェックアウトの時
「食事は美味しかったのですが、全部食べることができず、残してしまってごめんなさい
 量が多いとの評判をネットで見ていたので、お昼も軽めにしたのですが・・・」

すると、息子さんは
「こんな遠くまで来てくださるお客様に、食事の量が少なかったと思っていただきたくなくて
 それでついついたくさんになってしまいました」とのこと

なかなか予約が取れない民宿だという理由がここにあります
おもてなしの心も温泉もあったかい宿でした


さて、ワイルドフィールズおじかに向かって出発するとしましょうか


四日目その1(猪苗代湖モビレージ撤収日)へ戻る   五日目その2(ワイルドフィールおじか)へ続く


ページトップへ戻る


テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

  1. 2019/02/03(日) 11:25:05|
  2. 会津湯野上温泉 民宿いなりや
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

RV Resort 猪苗代湖モビレージ  雪の中撤収し、会津若松へ

RV Resort 猪苗代湖モビレージ  雪の中撤収し、会津若松へ


三日目へ戻る   四日目その2へ続く

四日目(1月24日)その1

今日は撤収日
カイオワ君とプラS君の雪掻きをしてから、朝ごはん
昨夜は結構降ったようで、雪掻きには時間がかかりました
撤収日の朝ごはんは、使う食器をできるだけ少なくして、片づける時間を節約します

昨日から作っておいたおにぎり

70%-2019_0124_073906

70%-2019_0124_073914

ここで、今回初登場のグッズをご披露

アイリスオオヤマのサーキュレーター PCF-SC15T

テントの中を煖房すると、暖かい空気は当然ですが、天井付近に溜まります
テント内の温度をできる限り均一にするためには、空気を循環させる必要があります
いままで、色々なグッズを試しましたが、その中ではこのサーキュレーターが一番優れているようです
(詳しくは後日レポします)

幅約21cm×奥行約21cm×高さ約29cmととてもコンパクト

70%-2019_0124_075651

首降りは上下のみ、左右のみ、上下左右の混合を選択できます

効果ありました  ただし、電源サイトでないと使用できませんがスマイル

70%-2019_0124_075827

雪が降ったり、風で木々に積もった雪が降りかかってきたりと、撤収にはあまりいい条件ではありませんでしたが

チェックアウト時刻の11時ちょうどに、なんとか撤収完了です

70%-2019_0124_110331

70%-2019_0124_110313

70%-2019_0124_110326

お世話になりました

「新緑の頃もなかなかいいですよ」と管理人さん

冬以外の季節にも訪ねてみたいものです

 

今日の泊まりは、湯野上温泉の民宿

まずは、会津若松の街に入ってコインランドリーで洗濯をします

inawasiro201901-16

70%-2019_0124_113908

事前に、大型の洗濯乾燥機があるコインランドリーを調べておきました

コインランドリーサンキュー 会津門田店

70%-2019_0124_131538

洗濯乾燥機が回っている間に昼食

来るときに見つけた、丸亀製麺で軽くうどんを(天ぷらなどのトッピングはなしで・・・その訳はいずれ)

その後、オカモトセルフで給油

70%-2019_0124_125806

70%-2019_0124_125853

洗濯を終えてから、カンセキ会津若松店でちょっと買い物

70%-2019_0124_135400

14時頃、会津若松の街を後にして、湯野上温泉にある民宿いなりやを目指します


三日目へ戻る   四日目その2へ続く


RV Resort 猪苗代湖モビレージ キャンプ場情報(冬期営業期間)はこちらへ

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/02/02(土) 23:52:22|
  2. R V Resort 猪苗代湖モビレージ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RV Resort 猪苗代湖モビレージ  スノーシュー散歩

RV Resort 猪苗代湖モビレージ  スノーシュー散歩


二日目へ戻る
   四日目その1へ続く

三日目(1月23日)

4時前、雪は止んでいました

時折、国道49号(越後街道)を走る車や除雪車の音が聞こえますが、風もなく、少し不気味なほど静か

70%-2019_0123_035642-1

70%-2019_0123_035712-1

7時過ぎ、太陽は厚く黒い雲の中にあるはず

70%-2019_0123_071155

70%-2019_0123_071223

白鳥さんたちが、朝ごはんを待っている

70%-2019_0123_071926

70%-2019_0123_072339

70%-2019_0123_072834

70%-2019_0123_072543

70%-2019_0123_072511

北の方向に、磐梯山が顔を出してくれました

70%-2019_0123_072532

70%-2019_0123_072939

70%-2019_0123_073025

70%-2019_0123_073052

70%-2019_0123_074019

70%-2019_0123_074303

太陽の光が、場内を照らします

なんと気持ちの良い光でしょうか

70%-2019_0123_074340

70%-2019_0123_074333

70%-2019_0123_074405

70%-2019_0123_074448

70%-2019_0123_074532

70%-2019_0123_074648

70%-2019_0123_074834

70%-2019_0123_074949

70%-2019_0123_075056

70%-2019_0123_075140

70%-2019_0123_075235

70%-2019_0123_075354

70%-2019_0123_075451

70%-2019_0123_075518

朝ごはん

70%-2019_0123_085610

70%-2019_0123_085632

70%-2019_0123_085550

70%-2019_0123_085646

11時半頃から、スノーシューでの散歩を楽しみます

管理さんが親切にもコースに足跡をつけてきてくれてました

ありがとうございました

inawasiro201901-09-1

70%-2019_0123_113311

70%-2019_0123_113424

70%-2019_0123_114004

70%-2019_0123_113821

70%-2019_0123_114322

小高い丘の上までやってきました

70%-2019_0123_114755

↓画像クリックで拡大表示

70%-2019_0123_114801 (2)

誰かの足跡が・・・

70%-2019_0123_114829

70%-2019_0123_115001

70%-2019_0123_115104

70%-2019_0123_115414

林の中を進みます

もし、足跡がなかったら、どう進んでいいのかさっぱりわからなかったと思いますね
管理人さんに感謝・感謝です

70%-2019_0123_115506


70%-2019_0123_115433

70%-2019_0123_115552

岬?の先端までやってきました

70%-2019_0123_120351

東の対岸

70%-2019_0123_120911

70%-2019_0123_120848

北には、磐梯山

70%-2019_0123_120933

70%-2019_0123_120941

70%-2019_0123_121151

70%-2019_0123_121451

70%-2019_0123_122044

70%-2019_0123_122009

遠くに僕らのサイトが見えます

70%-2019_0123_122204

70%-2019_0123_123322

70%-2019_0123_123321

70%-2019_0123_123856

約1時間の、気持ちの良いスノーシュー散歩でした

 

お昼ごはん

運動のあとなので、がっつりいきます(笑)

ビールを飲みながら、三色せいろ蒸しご飯

70%-2019_0123_133007

70%-2019_0123_132841

70%-2019_0123_132845

70%-2019_0123_132853

午後、湖面がまるで鏡のようになりました

天気予報では、午後から荒れてくるようですが、少し時間がずれたのかもしれません

70%-2019_0123_141315

70%-2019_0123_141348

70%-2019_0123_141359

16時前、なんとなく空が怪しくなってきました

70%-2019_0123_154520

雪が降りだしました

白鷺を見つけましたが・・・

70%-2019_0123_154857


白鳥さんたちは、何処かに行ってしまったような・・・

これからの悪天候を予想していたのかもしれませんね

70%-2019_0123_163516

 

雪降る中、飲みながら・・・晩ごはん

70%-2019_0123_190621

来る途中の道の駅で買ってきた地元野菜

からし菜のお浸し

70%-2019_0123_190558

プチベールのサラダ

70%-2019_0123_190603

70%-2019_0123_190608

メインは鶏肉のマヨポン炒め

70%-2019_0123_190553

70%-2019_0123_184602

明日は撤収日、雪が止んでくれることを祈ります

天候(会津若松) 曇り時々雪  最高気温3.5℃ 最低気温-2.0℃ 平均風速1.7m 最大瞬間風速10.4m 降雪3cm

二日目へ戻る
   四日目その1へ続く




RV Resort 猪苗代湖モビレージ キャンプ場情報(冬期営業期間)はこちらへ

ページトップへ戻る




関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/02/01(金) 23:41:11|
  2. R V Resort 猪苗代湖モビレージ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Kaoru&Beet

Author:Kaoru&Beet
Kaoru君とBeet君のキャンプ日記へようこそ!

PCカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

検索フォーム

INDEX

Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

ブランド・ショップ INDEXは
 ↓ ここをクリック

サインプレート ブランドショップINDEX


北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1


北帰行2018冬INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北帰行2018冬のコピー


小梨平滞在記 INDEXは
↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg

最新記事

月別アーカイブ

2019年 06月 【16件】
2019年 05月 【26件】
2019年 04月 【23件】
2019年 03月 【22件】
2019年 02月 【22件】
2019年 01月 【17件】
2018年 12月 【20件】
2018年 11月 【30件】
2018年 10月 【28件】
2018年 09月 【18件】
2018年 08月 【24件】
2018年 07月 【26件】
2018年 06月 【24件】
2018年 05月 【22件】
2018年 04月 【20件】
2018年 03月 【21件】
2018年 02月 【25件】
2018年 01月 【17件】
2017年 12月 【29件】
2017年 11月 【80件】
2017年 10月 【29件】
2017年 09月 【33件】
2017年 08月 【25件】
2017年 07月 【19件】
2017年 06月 【23件】
2017年 05月 【34件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【21件】
2017年 02月 【24件】
2017年 01月 【28件】
2016年 12月 【56件】
2016年 11月 【32件】
2016年 10月 【26件】
2016年 09月 【29件】
2016年 08月 【23件】
2016年 07月 【29件】
2016年 06月 【29件】
2016年 05月 【21件】
2016年 04月 【23件】
2016年 03月 【22件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【30件】
2015年 12月 【29件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【30件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【24件】
2015年 02月 【25件】
2015年 01月 【17件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【23件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【21件】
2014年 04月 【12件】
2014年 03月 【24件】
2014年 02月 【17件】
2014年 01月 【18件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【19件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【14件】
2013年 07月 【24件】
2013年 06月 【12件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【16件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【13件】
2013年 01月 【14件】
2012年 12月 【18件】
2012年 11月 【16件】
2012年 10月 【17件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【9件】
2011年 09月 【2件】

CATEGORY

最新コメント

リンク


Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

ブランド・ショップ INDEXは
 ↓ ここをクリック

サインプレート ブランドショップINDEX


北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1


北帰行2018冬INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北帰行2018冬のコピー


小梨平滞在記 INDEXは
↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg


あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

WOM CAMP ロゴ2


702016_1126_154717-15.jpg

ilbif02.jpg

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR