FC2ブログ

Kaoru君とBeet君のキャンプ日記

キャンプ日記、キャンプ道具、旅の記録、街歩きとグルメなどを書いています。

南アルプス邑野鳥公園キャンプ場  出会ったのは、なんと・・・

南アルプス邑野鳥公園キャンプ場   出会ったのは、なんと・・・ 

一日目へ戻る   二日目その2へ続く

二日目(9月26日)その1

この野鳥公園では、その名前のとおりに多くの鳥類を観察することができますが
特にヤマセミを見ることができるので有名だということを、こちらに来てから知りました

スタッフの方のお話では、オシドリ池で夜明けから1時間後くらいの間に
魚を取りに来るヤマセミを見ることができるらしい
もちろん運が良ければということですが・・・

IMG_20190928_0005-1

70%-2019_0925_093400

出典:上高地ビジターセンター
(上高地ではヤマセミが見ることができるかどうか、後日、上高地ビジターセンターに電話して聞きましたが
「めったに見ることはできないと思います。私も上高地では見たことはないです」との回答でした)

 

ヤマセミ、なかなか見ることができない鳥

でもひょっとするとひょっとするので、5時頃起きだして、オシドリ池の観察棟へ行ってみます

IMG_20190928_0004-1

70%-2019_0926_063021

 

70%-2019_0926_063014

70%-2019_0926_062820

抜き足差し足で、静かにゆっくり階段を上りますウインク

70%-2019_0926_062816

70%-2019_0926_062843

70%-2019_0926_062825

9~10月は飛来回数が増加

最適な時期ではありませんか  期待が膨らみます・・・

702019_0926_062832.jpg 

70%-2019_0926_054948

70%-2019_0926_055408

ヤマセミはこんなところにとまって、魚を狙うのかなあ・・・なんて想像しながら

70%-2019_0926_060308

70%-2019_0926_055045

カメラを構えて待ちます

70%-2019_0926_055748

約1時間、小鳥の鳴き声が聞こえるだけで、池には誰もやってきませんでした

諦めてそろそろ帰ろうかと思ったとき、観察棟の横の窓からなにやら動く物が見えました

なんとなんと、アオゲラでした

一瞬の出来事で、うまく撮影できませんでしたが、上高地でも会えなかったアオゲラにここで会えて感動でした

70%-2019_0926_061822

70%-2019_0926_061947


次は、観察路を歩いてみることにします(一周約30~40分くらい)

IMG_20190928_0004-2

70%-2019_0926_065056

途中、鹿の甲高い鳴き声が聞こえただけで、野鳥を見つけることはできませんでした 

70%-2019_0926_070647

70%-2019_0926_070657

70%-2019_0926_071206

70%-2019_0926_071004

70%-2019_0926_071037

テントサイトに戻ってきた頃、朝陽が差し込んできました

70%-2019_0926_071359

朝ごはん

70%-2019_0926_081031

70%-2019_0926_081048

70%-2019_0926_081101

70%-2019_0926_081112

今日もいい天気です

70%-2019_0926_085029

70%-2019_0926_084947

70%-2019_0926_085009


9時にスタッフの方が出勤されたので、昨夜のムササビの事と今朝のオシドリ池の状況報告をしますスマイル
観察路ではリスも見ることができるとのことだったので、また行ってみようかな・・・と

次に観察ルームに入ります
観察ルームは管理棟の建物内の一室で、広いガラス窓越しに、外にいる野鳥を観察することができます

シジュウカラ

70%-2019_0926_093248-1

70%-2019_0926_095020-1

ヤマガラ

70%-2019_0926_093341-1

70%-2019_0926_093359-1

餌をくわえた顔を正面から見ると、まるでアヒルみたいですね

70%-2019_0926_093650(2)-1

70%-2019_0926_094102-1

70%-2019_0926_094129(1)-1


野鳥たちの動きに夢中になっている時

窓ガラスをドンと叩く音が・・・

誰かが外から来たのかなと、その方向を見ると・・・

なんとなんと熊でした

70%-2019_0926_095510

70%-2019_0926_095320(1)

70%-2019_0926_095343

70%-2019_0926_095359

70%-2019_0926_095410(1)

2017年に妙高の休暇村妙高笹ヶ峰キャンプ場へ行った時に、道路を歩いている熊に会ったことがありますが
窓越しとは言え、これほどの至近距離での遭遇は初めての経験でした

スタッフの方も一緒に観察ルームにいたのですが、特に驚くこともなく平然とされていました
「人間に対して恐怖心を持っていない子供のクマですね 突然遭遇しないかぎり大丈夫ですよ」とのお話
スマホで撮影されていたので、僕らもカメラを向けます

僕らの勝手な解釈ですが・・・
山に囲まれた早川町では、普通にクマが生息しているところに人間も住んでいる
だから、クマに出会うことは日常的な事で、大騒ぎするほどのことではないのかも・・・
めったにクマが出ることはないキャンプ場では、すぐに閉鎖になったりしますが
ここでは普通に営業していますからね



クマは、野鳥の餌を置く台を壊して、森の中へ帰っていきました

でも、テントサイトには来ないでくださいねがっかり

702019_0926_095429.jpg 

南アルプス邑野鳥公園 パンフレット・マップ
IMG_20190928_0001.jpg  IMG_20190928_0002.jpg 
IMG_20190928_0004.jpg  IMG_20190928_0005.jpg


南アルプス邑野鳥公園キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

一日目へ戻る   二日目その2へ続く


ページトップへ戻る







関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/09/30(月) 15:44:33|
  2. 南アルプス邑野鳥公園キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南アルプス邑野鳥公園キャンプ場  バードウォッチャーではないのですが・・・

南アルプス邑野鳥公園キャンプ場  バードウォッチャーではないのですが・・・


2019年9月25日(水)~27日(金)、2泊3日で、山梨県南巨摩郡早川町の南アルプス邑野鳥公園へ行ってきたよ

以前から気になっていた「南アルプス邑野鳥公園」
キャンプ場が主体ではなく、野鳥公園内にある芝生広場でキャンプが可能というところ
車の乗り入れはできず、駐車場から橋を渡って荷物を運ぶ必要があるけれど
野鳥公園のスタッフの方が、軽自動車・軽トラックで荷物の運搬の手伝いをしてくれるとのこと

そして、何より料金が大人1名1泊¥1,000と、とてもリーズナブル

野鳥公園ですから、またにわかバードウォッチャーになってみようかなと思って
秋晴れの日を選んで、出かけていきました

70%-2019_0925_093503-1

70%-2019_0925_093507-1


一日目(9月25日)

9:40 浅草出発 距離約180km

チェックイン時刻が15時なので、僕らにとってはとても遅い出発です

70%-2019_0925_093501

いつものように、中央道調布ICまでは下道です

70%-2019_0925_101836

70%-2019_0925_104208

70%-2019_0925_104312

70%-2019_0925_110218

70%-2019_0925_111708

11:26 調布IC

都内を抜けるのに1時間40分ほどかかりました(早朝の場合は約1時間ですが)

70%-2019_0925_112640

途中、談合坂SAで休憩して、河口湖方面へ

今日は富士山は雲の中ですね

70%-2019_0925_123008

12:34 河口湖IC

70%-2019_0925_123400

国道139号線沿いの、ドームのような白い建物

いつも通るたびになんだろうと気になっていたのですが、ほうとうのお店でした

70%-2019_0925_123849

ほうとう不動 東恋路店

70%-2019_0925_123842

この奇抜なデザインの建物は、建築家の保坂猛氏によって設計されたものだそうです

70%-2019_0925_124147

70%-2019_0925_131834

メニューはいたってシンプル

70%-2019_0925_124058

70%-2019_0925_124345

ボリュームが凄いびっくり

70%-2019_0925_125420

食べても食べても減りません

70%-2019_0925_130803

70%-2019_0925_131748

なんとか完食して、13:20頃出発

70%-2019_0925_093501-1

途中、洋酒の品揃えで(僕らの中では)有名な、セブンイレブンで買い物

70%-2019_0925_133740

相変わらず、5桁のお値段の高級品が並んでました(笑)

70%-2019_0925_133255

70%-2019_0925_133312

70%-2019_0925_133345

70%-2019_0925_133359

14時頃、本栖湖の浩庵キャンプ場のセントラルロッジへ

70%-2019_0925_140137

お目あてはこれ

70%-2019_0925_140009

以前、浩庵でキャンプした時に買って帰って、病みつきになった「ごまから君」

他に売っているところを見つけられなくて、ついでに立ち寄ったというわけです

70%-2019_0925_135952

本栖湖からも富士山は見えず

70%-2019_0925_140122

キャンプ場は、平日とは思えないほど混んでました

なにやら雑誌のイベントがあって・・・というスタッフの方の話もありましたが

70%-2019_0925_140116

本栖湖からは、本栖みち(国道300号線)を走ります

本栖みちは、標高900mの本栖湖から、標高340mの下部温泉まで、標高差560mを一気に下る山道でした

70%-2019_0925_093502

70%-2019_0925_141023

70%-2019_0925_140733

富士川を渡ります

70%-2019_0925_142708

70%-2019_0925_142846

途中、ダンプカーの通行が多く

なにやら不思議な場所が・・・

70%-2019_0925_143136

70%-2019_0925_143032

後で知ったのですが、中央新幹線(リニア)の南アルプストンネル工事に伴い発生する土砂の仮置き場だそうです

70%-2019_0925_143537

早川町という町を知ったのは、今から7年前の2012年10月に早川町オートキャンプ場に来たとき
その後、2015年11月にも同じキャンプ場を訪れていますが、その頃はとても静かな場所という印象でした

「the most beautiful villages in japan」
リニアの工事が、町を汚しているような感じがしたのは、僕らだけでしょうか
便利になるのは理解できますが、自然環境のことを考えると複雑な思いがします

 

早川町オートキャンプ場の入口、何だか懐かしいですね

70%-2019_0925_144444

70%-2019_0925_144733

木々は少し色付き始めているような

70%-2019_0925_144748

70%-2019_0925_144830

70%-2019_0925_145112

70%-2019_0925_145240

70%-2019_0925_145508

15時前、南アルプス邑野鳥公園の駐車場に到着です

70%-2019_0925_145514

70%-2019_0925_150844

70%-2019_0925_150919

野鳥公園に電話して、車での運搬を依頼します

70%-2019_0925_150938

積載できるかなと心配しましたが・・・・軽自動車に余裕で入りました

70%-2019_0925_150853

早川に架かるヤマセミ橋(全長約170m)を渡っていきます

70%-2019_0925_151746-1

軽自動車がぎりぎりの幅、普通自動車は絶対通行できません(バイクは通行可能)

70%-2019_0925_151750

70%-2019_0925_170010

70%-2019_0925_170213

70%-2019_0925_170454

70%-2019_0925_165854

70%-2019_0925_153012

テントサイトの脇に停めていただいき、ここからは手運びです
もしサイトの一番端に設営しようとすると手運び距離は約35m、一番近いところで約3mほど

 

鹿くんの落とし物がないかどうかを点検しながら、設営場所を探します

地面は芝で、フラットでした

70%-2019_0925_153425

今回の幕は、サンド君(アトラスサンド)

そして、今年の7月にCAMP HILLSで購入したアトラス用ウレタン窓(僕らはクリアーウォールと呼んでいます)を取り付けてみます

70%-2019_0925_172504

70%-2019_0925_173124

70%-2019_0925_172437

実用性全く問題なし、Good!!でした

70%-2019_0925_173101

70%-2019_0925_172922

夕方、闇が迫る頃、スタッフの方に教えてもらった管理棟の前で待機していると

写真には撮影できませんでしたが、ムササビの飛行を見ることができました

70%-2019_0925_180000-1

晩ごはん

70%-2019_0925_183805

はんぺんとチーズのベーコン巻き

70%-2019_0925_184414

70%-2019_0925_191556

70%-2019_0925_193134

メインはホワイトシチュー

70%-2019_0925_193125

スタッフの方は、17時になると不在となります

この夜は、僕らの他は、バンクで来たソロキャンパーの方だけでした

南アルプス邑野鳥公園キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

二日目その1続く

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/09/29(日) 18:56:03|
  2. 南アルプス邑野鳥公園キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Live】ある日♪森の中♪熊さんに・・・

朝から良い天気

野鳥公園の観察ルームで、小鳥たちを観察してました。

ガラス窓をトントンとたたく音

誰かなと思ったら、熊さんでした

窓越しの出会いでよかったです(笑)

スタッフの方も一緒でしたが、いつもの事のようで

平然とされていました

てもテントサイトには来ないでね!

関連記事
  1. 2019/09/26(木) 14:41:51|
  2. 南アルプス邑野鳥公園キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【Live】アトラスクリアウォール

山梨県早川町にある南アルプス邑野鳥公園キャンプ場で

アトラスのクリアウォール、試し張りです

夕方、ムササビのフライト見ました

明日は朝からバードウォッチング

夜明け前に起きられたらですが(笑)

関連記事
  1. 2019/09/25(水) 19:15:10|
  2. 南アルプス邑野鳥公園キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

WoodMatchM  キャンプ場情報

WoodMatchM キャンプ場情報


この情報は、僕らが訪問した時(2019年8月)の状況について記載しています
季節による変化、時間経過による変化があるという事をご理解下さい
また、個人的な感想も含まれている場合がありますので、その点もご理解下さい


WoodMatchM 2019年8月キャンプ日記はこちらへ


上矢印ロケーション
標高約1,000m、高原の元牧草地(約10,000㎡)をサイトとしたキャンプ場
開けていてとても広々としている
高鷲スノーパークというスキー場が近いが、スキー場の営業は冬場のみであり、他の時期は閉鎖されている
付近に民家はなく、静寂そのもの

70%-2019_0829_080136-2-6

70%-2019_0829_080136-2

70%-2019_0829_080136-2-5

70%-2019_0829_080136-2-1

70%-2019_0829_080136-2-2

70%-2019_0829_080136-2-3

70%-2019_0829_080136-2-4

 

上矢印管理棟(受付小屋)
地元出身のオーナーさんご夫婦、本田冬馬さん・奈々さんの手作りキャンプ場
夜間駐在があり

70%-2019_0831_093711-1

70%-2019_0829_135221

上矢印炊事場(洗い場)
場内に1ヶ所
飲料する場合は煮沸が必要
お湯は出ません
合成洗剤の使用は不可
キャンプ場で用意されている重層とクエン酸を混ぜたスプレー・天然の界面活性剤などを使用することになっている

常に綺麗に清掃されているだけでなく、さりげなく花などがお洒落に飾られている

70%-2019_0829_135223-1

70%-2019_0830_162623

シンクには蛇口がないので、水船からこの手桶で水を汲んで洗い物をすることになる

70%-2019_0830_162326

70%-2019_0830_162420

上矢印トイレ
場内には1ヶ所
男性専用1、女性専用1、男女兼用1
洋式、水洗
女性専用トイレには、赤ちゃんのオムツ変えベッドが設置されている

常に綺麗に清掃されている
トイレ室自体がとてもお洒落

70%-2019_0829_135225

70%-2019_0830_162742

70%-2019_0830_162756

70%-2019_0830_162653

トイレ横の洗面台

70%-2019_0830_162644

 

 

上矢印シャワー・風呂
シャワー・風呂はなし

キャンプ場のインスタグラムによるとキャンプ場の一画にお風呂が作られているようですが
使用できるようになっているのかは、2019年8月現在は不明(要確認)

付近の入浴施設
湯の平温泉  車で15分
0575-72-6455 ¥700
10:00~21:30 木曜日定休

飛騨荘川温泉桜香の湯  車で25分
05769-2-2044  ¥700
10:00~20:30 木曜日定休

ふたこえ温泉  車で20分
0575-72-6011  ¥650
11:00~20:00 水曜日定休

上矢印ゴミ
全て持ち帰り
灰のみ捨てることができる
 

上矢印サイト
地面は草
フリーサイト、車乗入不可
電源サイトはなし

70%-2019_0831_094041

70%-2019_0831_094013


上矢印その他
・ペット入場可


キャンプ場 案内書
70-2019_0829_152829  70-2019_0829_152841  70-2019_0829_152849
 
70-2019_0829_152900  70-2019_0829_152910  70-2019_0829_152920
 
70-2019_0829_152941  70-2019_0829_152930  70-2019_0829_152948


WoodMatchM 2019年8月キャンプ日記はこちらへ



キャンプ場INDEXは ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]


ページトップへ戻る






関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/09/25(水) 00:00:48|
  2. WoodMatchM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

撤収時、晴れました  【WoodMatchM】

2019夏~長野・岐阜・富山~File No.09

5日目へ戻る         6日目その2へ続く

2019年8月31日(土) 6日目その1  撤収時、晴れました  【WoodMatchM】

何だかとても名残り惜しいですが、撤収日です

70%-2019_0831_081214

朝ごはん

70%-2019_0831_074251

70%-2019_0831_074259

霧の中に太陽の輪郭が・・・

70%-2019_0831_081113-1

明るくなってきたような・・・・

70%-2019_0831_081125-1

70%-2019_0831_081158-1

あっと言う間に霧が晴れて青空が・・・

太陽の光が広がりました

70%-2019_0831_092637

キャンプ場の西に位置するスキー場(高鷲スノーパーク)も、初めて顔を見せてくれました

70%-2019_0831_084654

70%-2019_0831_084013

エヴォを隣に張り直して、ゼクーMと一緒に乾かします

70%-2019_0831_092748-1

70%-2019_0831_092055

70%-2019_0831_082824

昨日までの雨が嘘のような、なんて気持ちの良い青空でしょうか

70%-2019_0831_092755

70%-2019_0831_093711

70%-2019_0831_092146

70%-2019_0831_092151

記念撮影

70%-2019_0831_094041

70%-2019_0831_094008

撤収完了です

70%-2019_0831_092937

冬馬さん、奈々さん、お世話になりました

東京に来ることがあったら、ぜひとも一緒に「神谷バー」に行ってデンキブラン飲みましょうウインク

70%-2019_0831_103823-1

WoodMatchM、東京からの距離約370km

僕らにとって気楽に来れる距離ではないですが、ぜひまた一度訪れてみたいキャンプ場でした

WoodMatchM キャンプ場情報はこちらへ

5日目へ戻る            6日目その2へ続く

2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは ↓ ここをクリック

2019_-1_thumb.jpg 

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/09/24(火) 17:21:42|
  2. WoodMatchM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飲み過ぎた次の日は・・・  【WoodMatchM】

2019夏~長野・岐阜・富山~File No.08

4日目へ戻る         6日目その1へ続く

2019年8月30日(金) 5日目  飲み過ぎた次の日は・・・【WoodMatchM】

朝から1名、体調不良
楽し過ぎた昨夜、どうやら飲み過ぎたらしく、情けないことですが二日酔い状態(お酒に弱くなってきたかな)

10時半頃、雨の中、キャンプ場から15分ほどのところにある湯の平温泉

70%-2019_0830_100338

70%-2019_0830_102930

70%-2019_0830_140024

70%-2019_0830_140016

お風呂からあがってから、休憩室で2時間半ほど休ませていただきました

ちょうどその頃雷雨で、雷からの避難も兼ねてと言いたいところですが
二日酔いが相当酷かったですね
ずっと寝てました

14時過ぎ、ようやく体調が回復したのでキャンプ場に戻ります

 

 

遅いお昼ごはんは、湯の平温泉近くのコンビニで買ってきたスガキヤラーメンとおにぎり

「寿がきや」は名古屋のソールフード  子供の頃、頻繁に食べた懐かしい味です

70%-2019_0830_144527

雷雲は遠ざかりましたが、雨は降ったり止んだり

キャンプ場は霧に包まれていました

70%-2019_0830_163220

70%-2019_0830_163141

70%-2019_0830_163235


WoodMatchM

” wood match maker=森と人との縁結びの神様 ” 

人間と自然が、心地よく近づける場所を創りたい  そんな私たちの想いがこもっています


まさに本田冬馬さん、奈々さんご夫婦の想いが、そのまま表現されているキャンプ場です

70%-2019_0830_161644

70%-2019_0830_161625

70%-2019_0830_161654

70%-2019_0830_161932

70%-2019_0830_161837

70%-2019_0830_161747

70%-2019_0830_161805

70%-2019_0830_162027

70%-2019_0830_161558

70%-2019_0830_161540

70%-2019_0830_162115

70%-2019_0830_162054

70%-2019_0830_162140

70%-2019_0830_162257

70%-2019_0830_162207

70%-2019_0830_162307

70%-2019_0830_162653

70%-2019_0830_162644

70%-2019_0830_162702

こんなに素敵なトイレは、僕らのキャンプ経験の中で、No、1です

広さ、調度品、色使い、ディスプレイ、いたるところにお二人の気持ちがこもっていますね

70%-2019_0830_162828

70%-2019_0830_162818

70%-2019_0830_163043

70%-2019_0830_163012

タープの下まで吹きこんできた雨で、消えてしまった焚き火

70%-2019_0830_163330

70%-2019_0830_163805

なんとか燃やし尽くしました

70%-2019_0830_170959

晩ごはん

キャベツとウインナーのザワークラウト風

70%-2019_0830_184507-1

お腹に優しい晩ごはんでしたウインク

70%-2019_0830_184459

夜、奥さんの奈々さんも冬馬さんと一緒に僕らのテントに来て下さり、四人で楽しいおしゃべりを

本当に楽しい夜でした

70%-2019_0830_233737

70%-2019_0830_234040

70%-2019_0830_234108

70%-2019_0830_234122

70%-2019_0830_234506

今夜はUFO、来ないかなすぐ戻ります

天候(八幡) 雨時々曇り  最高気温24.3℃ 最低気温21.9℃ 平均風速0.2m

WoodMatchM キャンプ場情報はこちらへ

4日目へ戻る           6日目その1へ続く

2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは ↓ ここをクリック

2019_-1_thumb.jpg 

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/09/23(月) 20:55:51|
  2. WoodMatchM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前から行ってみたかったキャンプ場  【WoodMatchM】

2019夏~長野・岐阜・富山~File No.07

3日目その3へ戻る         5日目へ続く

2019年8月29日(木) 4日目  前から行ってみたかったキャンプ場 【WoodMatchM】

旅館清龍の朝ごはん

70%-2019_0829_080137

70%-2019_0829_080141

朝からお肉、このお肉は飛騨牛ではないと思いますが・・・?

70%-2019_0829_080614

お米がとても美味しくて、たくさんおかわり

今日も昼飯抜きですねクール

10時過ぎに旅館を出発、市内のコインランドリーへ

70%-2019_0829_104835

全自動の洗濯乾燥機が70分回っている間に、近くのスーパーマーケットで食材を調達

これからの天候は雨模様

Screenmemo_2019-08-29-04-03-14Screenmemo_2019-08-29-04-03-32

キャンプするかどうするか、悩みましたが

これ以上、ホテルに泊まる気にもなれず、とりあえず予約したキャンプ場に行ってみることにします

予約したのは、郡上市高鷲町にあるWoodMatchMという2017年オープンの個人経営のキャンプ場

BE-PALの「ほんとうに気持ちいいキャンプ場100 2019/2020版」(2019年3月発行)の記事を見て

一度は行ってみたいと思っていたキャンプ場です

70%-2019_0829_080133

↓画像クリックで拡大表示

70%-2019_0829_080135-1

↓画像クリックで拡大表示

70%-2019_0829_080135-2

高山からWoodMatchMまで、距離約60km

70%-2019_0829_080136-1

中部縦貫自動車道の高山清見道路(無料)を走ります

70%-2019_0829_080136-3

70%-2019_0829_080136-4

70%-2019_0829_111450

70%-2019_0829_111549

70%-2019_0829_111606

70%-2019_0829_111707

70%-2019_0829_112744

直進して、東海北陸道に入ってしまうと有料となるので、飛騨清見で降りますウインク

70%-2019_0829_112815

70%-2019_0829_112952

70%-2019_0829_114738

道の駅 桜の郷荘川

70%-2019_0829_115309

70%-2019_0829_115319

70%-2019_0829_115413

桜香の湯

70%-2019_0829_120524

70%-2019_0829_120318

朴葉みそを買っていきます

70%-2019_0829_120322

荘川の五連水車

こんなに大きな水車(直径13m)を見たのは初めてでした

70%-2019_0829_121006

70%-2019_0829_121303

70%-2019_0829_121332

70%-2019_0829_121534

高鷲スノーパークの入口から入って

70%-2019_0829_080136-5

案内看板のとおりに進んでいきます

70%-2019_0829_123815

70%-2019_0829_123846

70%-2019_0829_123923

70%-2019_0829_124001

12:40 WoodMatchMに到着です

70%-2019_0829_135221


オーナーの本田冬馬さんが笑顔で迎えてくれました

土砂降りになることも覚悟していましたが、ラッキーなことに雨はほとんど降っていません

今日は他にお客さんがいないので、お好きなところにどうぞとのこと(お世話になった二泊の間、完全貸切状態でした)

ど真ん中に設営させていただきました

70%-2019_0829_135323-1

これから雨が続くので、エヴォの下にゼクーMを   いわゆる過保護張りですね

設営してると、一瞬雲が切れて、遠くの山が顔を出してくれました

70%-2019_0829_135341

70%-2019_0829_135406

広い草原のフリーサイト、元は牧草地だったそうです

とても気持ちいい空間です

70%-2019_0829_151104

70%-2019_0829_151140

オーナーさんが留守の間、車が1台入ってきましたが
「オーナーさんはお留守ですよ」と伝えると、すぐに帰っていきました
案内表示板を、おしゃれなショップやカフェと思って入ってきてしまったようですね

確かに、キャンプ場とは思えない、表示板
あとで聞きましたが、奥さんが考案したデザインで作成したとのこと 凄い!!びっくり

70%-2019_0829_123815-1

時折小雨が降りましたが、夕方また青空が見えました

70%-2019_0829_171659

70%-2019_0829_171728

70%-2019_0829_175955

70%-2019_0829_180015

70%-2019_0829_180004


晩ごはん

70%-2019_0829_180128

70%-2019_0829_180156

メインは

70%-2019_0829_172129

なんとなんと

70%-2019_0829_180953

70%-2019_0829_181002

70%-2019_0829_180925

70%-2019_0829_183659

贅沢させていただきました

70%-2019_0829_184859

夜、オーナーさんを僕らのテントにお誘いして、色々なお話を

話は盛り上がって、気が付いたら日付けが変わり、ウイスキーが1本空になっていました爆笑

天候(八幡) 曇り後時々雨  最高気温29.6℃ 最低気温21.7℃ 平均風速0.3m

WoodMatchM キャンプ場情報はこちらへ


3日目その3へ戻る         5日目へ続く

2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは ↓ ここをクリック

2019_-1_thumb.jpg 

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/09/22(日) 14:01:50|
  2. WoodMatchM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飛騨高山を「ちゃかちゃか」るるぶ観光~その2

2019夏~長野・岐阜・富山~File No.06

3日目その2へ戻る         4日目へ続く

2019年8月28日(水) 3日目その3  飛騨高山を「ちゃかちゃか」るるぶ観光~その2


*「ちゃかちゃか」は飛騨弁で「たくさん動き回る様子」という意味
*るるぶ観光とは、旅行ガイドのるるぶに掲載されているようなお店や観光スポットを巡ること(僕らの勝手な造語)


ワットホテルの駐車場から、プラS君を旅館清瀧まで移動させてから、再び町歩きへ(これ以降、飲酒可となりますすぐ戻ります

高山祭屋台会館まで行ってみることにします

70%-2019_0828_074205-3

70%-2019_0828_074205-4-1


70%-2019_0828_132225

70%-2019_0828_132142

70%-2019_0828_132523

70%-2019_0828_132405

70%-2019_0828_132440

櫻山八幡宮への参道

70%-2019_0828_132710

ここにもみたらしのお店がありました

70%-2019_0828_132749

櫻山八幡宮

70%-2019_0828_132932

70%-2019_0828_132937

70%-2019_0828_132949

70%-2019_0828_133043

70%-2019_0828_133318

70%-2019_0828_133514

70%-2019_0828_133450


高山祭屋台会館

高山祭屋台会館

桜山八幡宮境内にあり、秋の高山祭に使用される祭屋台(国指定重要有形民俗文化財)が展示されています
秋の高山祭屋台全11台のうち4台が展示されており、3月・7月・11月に入れ替えられるようです

高山祭

16世紀後半から17世紀が起源とされる高山祭。高山祭とは春の「山王祭」と秋の「八幡祭」、2つの祭をさす総称

高山に春の訪れを告げる「山王祭」は、旧高山城下町南半分の氏神様である日枝神社(山王様)の例祭です。毎年4月14日・15日、祭の舞台となる安川通りの南側・上町には、「山王祭」の屋台組の宝である屋台12台が登場。うち3台がからくり奉納を行うほか、祭行事では賑やかな伝統芸能も繰り広げられます。

高山を秋の彩りで染める「八幡祭」は、旧高山城下町北半分の氏神様である櫻山八幡宮の例祭です。毎年10月9日・10日になると、安川通りの北側に11台の屋台が登場。屋台が町を巡る曳き廻しや布袋台のからくり奉納などの伝統的な祭行事が楽しめます。

70%-2019_0828_134220

70%-2019_0828_134556

70%-2019_0828_134714

70%-2019_0828_134721

70%-2019_0828_134902

70%-2019_0828_135034

70%-2019_0828_135045

70%-2019_0828_135100

70%-2019_0828_135256

70%-2019_0828_135416

70%-2019_0828_135424

70%-2019_0828_135432

70%-2019_0828_135451

70%-2019_0828_135459

70%-2019_0828_141020

70%-2019_0828_141036

70%-2019_0828_141115

70%-2019_0828_141047

70%-2019_0828_141149

70%-2019_0828_141220

70%-2019_0828_141329

70%-2019_0828_141347

70%-2019_0828_141423

70%-2019_0828_141428

70%-2019_0828_141511

70%-2019_0828_141525



江戸時代に起源がある高山祭り、そしてこの豪華絢爛な屋台
高山の城下町づくりによって財産を築いた裕福な町人たち、いわゆる「旦那衆」の財力と
飛騨人の伝統の技である、木工と彫刻と塗装に見せる飛騨匠の腕との結集なのでしょうか

高山祭屋台会館 パンフレット他
IMG_20190911_0016.jpg  IMG_20190911_0017.jpg  IMG_20190918_0023.jpg


高山祭り
IMG_20190918_0010.jpg 

昔は城を囲む堀の役目をした江名子川

70%-2019_0828_142535

70%-2019_0828_142550

 

70%-2019_0828_142455

70%-2019_0828_142626

70%-2019_0828_142649

70%-2019_0828_143055

70%-2019_0828_143209

70%-2019_0828_143225

70%-2019_0828_144042

70%-2019_0828_144126

上二之町の通りで、素敵なお店を見つけました

森の実工房

ご主人は自分の森で採取した木の実を使って、色々なオブジェなどを作っていらっしゃるとのこと

森についての興味深いお話を聞かせていただき、ありがとうございました

70%-2019_0828_144505

70%-2019_0828_145201

70%-2019_0828_144844

70%-2019_0828_145206

70%-2019_0828_145231

70%-2019_0828_145440

70%-2019_0828_145448

70%-2019_0828_145516

70%-2019_0828_145500

70%-2019_0828_145531

70%-2019_0828_145943

IMG_20190918_0001

IMG_20190918_0005-2

IMG_20190918_0005-3


にのまち 町歩きガイド
IMG_20190918_0003.jpg  IMG_20190918_0004.jpg



さるぼぼ

飛騨弁で赤ん坊のことは「ぼぼ」、さるぼぼはさるの赤ちゃんという意味です。災いが“さる”、猿のように子沢山、などと掛け合わせて昔から家庭円満や安産のお守りとされています。
昔子供の遊べるおもちゃやお人形のなかった時代、飛騨のかかさ(お母さん)たちが子供に作ってあげた手作りの人形が原型と言われています。
顔のないさるぼぼは自分が怒っている時には怒っているように、嬉しい時には笑っているように見えると言われ、手に取った人の心を写す鏡だと言われます。
現在はいろんな色のさるぼぼがありますが、昔は赤しかなかったようです。


70%-2019_0828_150213

70%-2019_0828_150944

70%-2019_0828_151018

ビン入りコカコーラ  懐かしい味でした

70%-2019_0828_151301

食べ歩きの続き

70%-2019_0828_153059

飛騨牛コロッケ

70%-2019_0828_151857

70%-2019_0828_151556

70%-2019_0828_151944

そして、飛騨牛メンチカツ

70%-2019_0828_152055

70%-2019_0828_152028

以上で、本日のお昼ごはんは終了

デザートにわらびもち食べました

70%-2019_0828_153522

70%-2019_0828_153331

 

70%-2019_0828_152921

70%-2019_0828_153025

70%-2019_0828_153031

70%-2019_0828_152930

70%-2019_0828_152934

 

70%-2019_0828_153743

70%-2019_0828_153852

70%-2019_0828_155026

70%-2019_0828_154400

上高地で身についた習性、野鳥を見るとついレンズを向けてしまいます

70%-2019_0828_154509

70%-2019_0828_154519(1)

70%-2019_0828_154550

ハクセキレイかなと思ったけど・・・   君の名は?

70%-2019_0828_154616

70%-2019_0828_154637

先ほど、牛にぎり寿司を食べたお店、売り切れ寸前

70%-2019_0828_154827

70%-2019_0828_154855


70%-2019_0828_155728-1

70%-2019_0828_160945

飛騨牛ハンバーガー、食べてみたかったなあ    150gで¥2,000、200gで¥2,500ですか~~がっかり

70%-2019_0828_161000

高山の町、「ちゃかちゃか」とよく歩きました
スマホの歩数計は、24,000を超えてました

飛騨高山 パンフレット
IMG_20190918_0008.jpg  IMG_20190918_0009.jpg  IMG_20190918_0011.jpg  IMG_20190918_0012.jpg
 
IMG_20190918_0013.jpg IMG_20190918_0014.jpg

IMG_20190918_0015.jpg  IMG_20190918_0016.jpg   IMG_20190918_0017.jpg
 
IMG_20190918_0018.jpg  IMG_20190918_0019.jpg IMG_20190918_0020.jpg

16時頃、旅館清龍に戻りました

70%-2019_0828_161440

予約していた宿泊プランは
平日限定10%割引のシニアプラン
部屋は、 【清龍に1番安く泊まれるお部屋】ということで6畳一間
夕食は部屋食、料理は少なめですが、飛騨牛のしゃぶしゃぶ付き
二人で一泊二食付き、税込¥19,466

観光スポットの古い町並みまで徒歩3分という立地の宿で、2食付き1名約1万円ならコスパ問題なしですが
さすがに6畳一間は狭かったですね困った

 

お風呂は1Fにあるのですが、とても狭いお風呂なので
系列店のスパホテル アルピナ 飛騨高山の天然温泉大浴場まで入りにいきました

湯上りにはこれ、飛騨高山麦酒

70%-2019_0828_174849

夕食は、少しですが飛騨牛のしゃぶしゃぶ付

70%-2019_0828_183841

70%-2019_0828_18590170%-2019_0828_190043

飛騨牛、もう少し食べたかったですが・・・(笑)

70%-2019_0828_185906


押し入れもないコンパクトな部屋
食後、部屋を片付けてお布団を敷いてくれたのですが、その間、僕らは部屋の端っこに立ち、じっと待っていました(笑)


明日は、高山の町を出て、郡上方面へ・・・

天候(高山)曇り後時々雨  最高気温28.6℃ 最低気温19.7℃ 平均風速1.5m

3日目その2へ戻る         4日目へ続く

2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは ↓ ここをクリック

2019_-1_thumb.jpg 

ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/09/21(土) 17:27:48|
  2. 2019夏_長野岐阜富山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飛騨高山を「ちゃかちゃか」るるぶ観光~その1

2019夏~長野・岐阜・富山~File No.05

3日目その1へ戻る         3日目その3へ続く

2019年8月28日(水) 3日目その2  飛騨高山を「ちゃかちゃか」るるぶ観光~その1

*「ちゃかちゃか」は飛騨弁で「たくさん動き回る様子」という意味
*るるぶ観光とは、旅行ガイドのるるぶに掲載されているようなお店や観光スポットを巡ること(僕らの勝手な造語)



ワットホテル&スパ飛騨高山をチェックアウトして、再び観光に出かけます

一本杉白山神社

70%-2019_0828_100405

陣屋稲荷神社

70%-2019_0828_100138

70%-2019_0828_100213

 

70%-2019_0828_100803

70%-2019_0828_100831

70%-2019_0828_100909

高山陣屋

●高山陣屋のはじまり
元禄5年(1692年)に、それまで飛騨を支配していた金森氏が、江戸幕府の命令で出羽国(現在の山形県と秋田県の一部)の上山に国替え(配置転換)となりました。そして江戸幕府は、飛騨を幕府が直接支配する「幕府直轄領」(幕府領・幕領)とし、幕府支配の出張所(出先機関)として役所が置かれ、のちに陣屋と呼ばれるようになりました。
 

●陣屋とは
江戸時代に郡代・代官が治政を行った場所で、御役所や郡代(代官)役宅、御蔵などを総称して陣屋と呼びます。
飛騨代官は安永六年(1777)に飛騨郡代に昇格し、他の郡代役所(関東・西国・美濃)と並んで幕府の重要な直轄領となりました。幕末には全国に60数ヵ所あったと言われている郡代・代官所の中で、当時の主要建物が残っているのはこの高山陣屋だけです。 全国で唯一建物が現存する遺跡で、昭和4年(1929)には国史跡に指定されました。

●直轄領に至るまで
直轄領とは、江戸幕府直轄地で、幕府の経済的基盤をなした領地を言います。
幕府は天正十四年(1586)から金森氏が6代(106年間)にわたり支配してきた飛騨の国に着目し、元禄五年(1692)に直轄領としました。その理由は、豊富な山林資源(木材)と地下資源(金(きん)・銀・銅・鉛)であったと言われています。

●高山陣屋の推移
高山陣屋は、高山城主金森家の下屋敷(向屋敷)として使われていましたが、直轄領となってからは陣屋として代官や郡代がここで飛騨の政治を行いました。以来、慶応四年(1868)に至るまで176年間、江戸幕府は25代の代官、郡代を派遣して飛騨の国を支配してきました。
明治維新以後、高山陣屋の建物は高山県庁舎等として使用されました。
昭和44年(1969)に飛騨県事務所が移転した後、岐阜県教育委員会は高山陣屋の保存へと乗り出し、足かけ16年の歳月と、約20億円という費用をかけて、平成8年3月に修復・復元が完成しました。
こうして江戸時代の高山陣屋の姿がほぼ再現されたのです。

   ーーーーーーーーーーーー

玄関を入った正面壁には、郡代の格式を示す(青海波)模様があります。内部には、御役所、御用場、大広間、役宅、吟味所、白州などのほか裏手には、高山城三の丸から移した御蔵(米藏)8戸前(藏は戸前とかぞえる)も昔のまま残されています。かつて年貢米を保管した藏で天領時代の歴史を物語る資料が展示されています。大原騒動で打ち首となった本郷村(現在高山市上宝町)の農民善九郎が妻に送った遺言状の文面には胸をうたれます。

 

70%-2019_0828_112658

70%-2019_0828_112710

70%-2019_0828_112827

70%-2019_0828_101805

葵紋が天下人の直轄領であったことを物語っています

70%-2019_0828_102155

70%-2019_0828_102118

青海波(せいがいは)

海の波のように終わり無くどこまでも無限に続く徳川の世をたたえることが好まれたとされています

70%-2019_0828_101743-1

70%-2019_0828_101954

真向き兎の釘隠し

陣屋の釘隠しに使われているのは“真向き兎”というモチーフです。うさぎは子供をたくさん産むので縁起物として。また、火事から守ってくれる魔除けの力があると言われていたため。さらに、大きな耳は民衆の声をよく聞き、良政を行う志を表したものとされ、治世の象徴とされました。高山陣屋にはこの真向き兎の釘隠しが150箇所もある

70%-2019_0828_102413

70%-2019_0828_103058

70%-2019_0828_103135

70%-2019_0828_103356

70%-2019_0828_103423

70%-2019_0828_103639

70%-2019_0828_103810

70%-2019_0828_103943

70%-2019_0828_104038

70%-2019_0828_104124

70%-2019_0828_104229

70%-2019_0828_104304

70%-2019_0828_104403

板返し

高山陣屋の蔵の屋根は木の板を敷いて、上から重石を置いてるだけ
ずっと同じ面を向けて木をおいていたら傷むので、5年ごとに上下、裏表と入れ替えます。こうすることで1枚の木の板を屋根として20年使うことができます

 

70%-2019_0828_105348


70%-2019_0828_112840

11:20頃、再び古い町並みの「さんまち通り」へ

すでにお店が開店し、観光客も出てきています

70%-2019_0828_113933

住真商店という、木版画皿・木版手染品のお店

70%-2019_0828_115217

70%-2019_0828_115223

上高地で会った鳥たちがたくさんいたので

70%-2019_0828_114432

70%-2019_0828_115121

この子をいただきました

70%-2019_0828_114247

こんな木版画から作るようです

70%-2019_0828_114319

70%-2019_0828_115134

IMG_20190918_0002

 

70%-2019_0828_120045

70%-2019_0828_120120

70%-2019_0828_115950

70%-2019_0828_115947

70%-2019_0828_120351

70%-2019_0828_120453

70%-2019_0828_120419

70%-2019_0828_120641

今日のお昼ごはんは、高山グルメの食べ歩きで・・・

まずは、これから

70%-2019_0828_121335

飛騨牛 トロさしにぎり

1人1貫ねがっかり

70%-2019_0828_121705

70%-2019_0828_120944

Cの三種盛りも食べてみたかったですが・・・

70%-2019_0828_121519

IMG_20190911_0021

IMG_20190911_0022

IMG_20190911_0023

IMG_20190911_0024

IMG_20190918_0024

お次は、これ

1個を半分こね

70%-2019_0828_122831

70%-2019_0828_123123

IMG_20190918_0022

三つ目は朝の約束を守って・・・

70%-2019_0828_125952

70%-2019_0828_130023

1本を二人でウインク

70%-2019_0828_130135

時間は13時、今夜の宿 旅館清瀧に電話すると、まだ部屋へのチェックインは出来ないが、車は預かることができるとのこと

プラS君を、ワットホテルの駐車場から旅館清龍まで持ってきました


3日目その1へ戻る        3日目その3へ続く

2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは ↓ ここをクリック

2019_-1_thumb.jpg 

ページトップへ戻る




関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/09/20(金) 23:11:45|
  2. 2019夏_長野岐阜富山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝の高山散歩

2019夏~長野・岐阜・富山~File No.04

2日目その2へ戻る        3日目その2へ続く

2019年8月28日(水) 3日目その1  朝の高山散歩

元々この日は高山で宿泊する予定で、宿も予約していました
雨のため南乗鞍でのキャンプを止めて、一日早く高山入りしたので、今日は終日じっくりと高山観光です

7時過ぎにホテルを出て、モーニングをやっている喫茶店などを探しながら、まずは陣屋前の朝市へ

70%-2019_0828_074217

平日で雨のせいでしょうか、出店も少ないようで、閑散としていました

70%-2019_0828_074206

702019_0828_074211.jpg

朝市 パンフレット

IMG_20190918_0006.jpg  IMG_20190918_0007.jpg


雨は降ったり止んだり
(南乗鞍でのキャンプを諦めて正解でした もし幕を張っていたら、雨撤収になっていましたからね)

宮川にかかる中橋をわたり

70%-2019_0828_074538

70%-2019_0828_074356

70%-2019_0828_074443

70%-2019_0828_074508

70%-2019_0828_074520

高山で最も有名な観光スポットである古い町並み「さんまち通り」へ

城下町の中心、商人町として発展した高山の上町、下町の三筋を古い町並と呼んでいる。また、特に、上三之町・上二之町・上一之町のあたりを「さんまち通り」と呼ぶことがあり、高山の定番スポットになっている。


上三之町の町並とは

江戸時代(1603–1868)末期から明治期に、城下町の中心、商人の町として発達した、屋敷等が軒を連ねる趣のある古い町並み。国の重要伝統的建造物群保存地区にも指定されている。出格子の連なる軒下には用水が流れ、造り酒屋には看板の役割を果たす杉の葉を玉にした「酒ばやし」が下げられている。老舗にはのれんが連なり、通りにはや酒蔵や、朴葉味噌などの飛騨高山ならではの名産品を扱う店が並んでいる。テイスティングカウンターがある酒蔵もあったり、名物の飛騨牛串焼きを販売している店もあるので、食べ歩きしながら、ゆったりとした町並みを楽しめるのが楽しい。酒蔵では、特に1月中旬から2月下旬にかけては各酒造店が交代で酒蔵を公開し、地酒の試飲を実施しているので、冬の飛騨高山もお勧め。春には飛騨高山の名橋「中橋」に桜がかかり、昔ながらの日本をより一層楽しめる。

朝の早い時間は観光客が少なく静かで、町並みの風情を楽しむことができます

70%-2019_0828_074927

70%-2019_0828_074706

70%-2019_0828_074950

70%-2019_0828_074746

70%-2019_0828_074842

70%-2019_0828_075027

70%-2019_0828_074815

70%-2019_0828_074952

70%-2019_0828_075216

70%-2019_0828_075504

70%-2019_0828_075201

70%-2019_0828_075647

70%-2019_0828_075453

70%-2019_0828_075335



鍛冶橋付近の宮川

70%-2019_0828_075956

 

この川沿いでもうひとつの朝市、宮川朝市が開かれています

70%-2019_0828_075854

70%-2019_0828_075940

少し歩いていくと、カフェを発見

ちょうどオープンした時間で、モーニングもやっている爆笑 迷わず入りましたよ

Cafe La Chaise カフェ ラ・シェーズ

70%-2019_0828_085319

70%-2019_0828_081233

70%-2019_0828_081143

70%-2019_0828_081208

中央には、天然一枚板の大きなテーブルがあって、それを取り囲む椅子も全て異なるデザイン

70%-2019_0828_082314

70%-2019_0828_080848

なにやら隣に、インテリアショップみたいなお店が併設されていたので覗いてみると

なんとなんと、高山の町に行ったらぜひとも行ってみたいと思っていた飛騨家具や工芸品を扱う「匠館」だったのです

朝ごはんを終えてから、じっくり中を見させていただきました

70%-2019_0828_084908

70%-2019_0828_084651

70%-2019_0828_084633

70%-2019_0828_084749

70%-2019_0828_083902

70%-2019_0828_083839

70%-2019_0828_083509

70%-2019_0828_083521

70%-2019_0828_083548

70%-2019_0828_083603

70%-2019_0828_083631

70%-2019_0828_084431

70%-2019_0828_084009

70%-2019_0828_084027

70%-2019_0828_084049

70%-2019_0828_084030

70%-2019_0828_085019

匠館 パンフレット
IMG_20190911_0018.jpg  IMG_20190911_0019.jpg  IMG_20190918_0021.jpg


鍛冶橋を渡って、ホテルに戻ることにします

70%-2019_0828_085550

70%-2019_0828_085615

70%-2019_0828_085602

朝ごはんを食べたばかりなので、後で食べに来ますウインク

70%-2019_0828_085657

70%-2019_0828_085647

70%-2019_0828_085636

宮川の西側、本町通り

70%-2019_0828_085830

70%-2019_0828_085902

天狗総本店という精肉店、昭和2年から最上級(A5ランク)の飛騨牛を提供してきたという飛騨牛専門店

この洋風の建物は、高山市の景観重要建造物指定第1号

本町通り商店街の角地で精肉店を営む木造2階建の洋風店舗建築で、本町通りが商店街として形づくられた昭和初期(昭和11年)に建築された。一見、中世ヨーロッパの城館のようなデザインをもち、2階の隅部に設けたベランダ、パラペット上に並ぶ尖塔、屋号の天狗をモチーフとする妻飾などに特色がある。高山の近代化を象徴する洋風店舗建築として、商店街の景観形成に貢献している。

70%-2019_0828_090148

70%-2019_0828_090218

ここで販売している飛騨牛、さぞかしお高いのでしょうねがっかり

70%-2019_0828_090243

 

今日の朝の散歩コース

70%-2019_0828_074205-2-3

70%-2019_0828_074205-2-1

9時半頃、ワットホテル&スパ飛騨高山をチェックアウト

ちなみにこのホテル、全く事前情報もなく直前にネットで予約したホテルでしたが・・・
2018年春オープンで、高山では最も新しいホテル
最上階7階に温泉大浴場・露天風呂、無料の貸切り露天家族風呂が4ヶ所
とても綺麗で、設備も充実、コスパ最高でした
期間限定の販売プランでしたので、ハリウッドツイン×1部屋、2名で税込¥8,200(朝食なし)
もちろん繁忙期はもっと高くなるのだろうなと想像できますが、お勧めできるホテルでした

プラS君は、今夜宿泊予定の旅館のチェックイン時刻まで、ワットホテルの駐車場に止めさせてもらい(17時まで利用可能)
再び町中観光に向かいます

2日目その2へ戻る        3日目その2へ続く

2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは ↓ ここをクリック

2019_-1_thumb.jpg 

ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/09/19(木) 19:20:51|
  2. 2019夏_長野岐阜富山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南乗鞍でキャンプの予定でしたが

2019夏~長野・岐阜・富山~File No.03

2日目その1へ戻る         3日目その1へ続く

2019年8月27日(火) 2日目その2  南乗鞍でキャンプの予定でしたが

10:50 鹿嶺高原キャンプ場を出発

実は、二日目のキャンプ地を、無印良品の南乗鞍キャンプ場と決めて
ネットでの予約を済ませていたのですが
今夜から明日にかけての天候は芳しくない
・・・ということで、南乗鞍を諦めて、飛騨高山まで行くことにしました

南乗鞍キャンプ場では、ここのところ熊の目撃情報が複数回あり
当面の間キャンセル料が発生しないとのことだったので、助かりました

南乗鞍キャンプ場の「キャンプ場便り」

クマの目撃情報(2019.8.20)
2019年08月20日
8月20日(火)夕方、キャンプ場内「えさ釣り池」付近にて、クマの目撃情報がありました。
これまでも7月28日(日)から8月5日(月)にかけて、Aサイト周辺、Dサイト周辺にて数回の目撃が続いております。キャンプ場では引き続き安全確保のため、高山市および猟友会の指導のもと下記対策を行ってまいります。
お客様におかれましても、キャンプ場敷地内での目撃ですのでご来場の際は十分にご注意下さい。

~中略~

熊の目撃状況から判断して当面の間キャンセル料の発生はいたしませんのでご連絡いたします。
*状況により変更のある場合はキャンプ場便りにてご連絡させていただきます 

高山まで距離136km

70%-2019_0827_043421-2

山を下りて、高遠の町を西へ

70%-2019_0827_112822

70%-2019_0827_112850

70%-2019_0827_112927

70%-2019_0827_114802

天竜川ではアユ釣りの人が

70%-2019_0827_114820

伊那の町から権兵衛街道を通って木曽を目指します

70%-2019_0827_043421-3

権兵衛峠

伊那米を木曽へ運搬する場合、塩尻峠や牛首峠を越えるルートでは、奈良井まではよいが、その先に鳥居峠がひかえ、日数や米価など、何かと不便であった。そこで、牛方行司古畑権兵衛が、2年の歳月をかけて伊那へ抜けるこの峠(海抜1523メートル)の道を開いた。
その後、伊那谷から米を木曽谷へ、木曽からは、漆器や曲げ物などの木工品が、伊那へ運ばれるようになり、その功績に因んで権兵衛峠と呼ばれるようになった。
信濃川水系と天竜川水系の分水嶺であるこの峠からの眺望は素晴らしく、眼下に伊那谷を望み、南アルプスの大パノラマも絶景である。また、春の芽吹き、夏の深い緑と渓流、秋の紅葉と四季折々に人々の目を楽しませてくれる。大自然も堪能できる「信濃路自然歩道権兵衛峠ルート」に指定されている。

権兵衛トンネル

平成14年11月、掘削に着手してから5年2ヶ月にも及ぶ難工事の末「権兵衛トンネル」の本坑が貫通した。所用時間は、従来の3分の1の30分に短縮され、伊那と木曽が一つの圏域として新たな時代を迎えることになり、産業や経済の発展に大きな期待が寄せられている。木曽の漆器や町並みを楽しみ伊那の農産物や自然も満喫できる。「米の道」から「夢の道」へ大きな可能性を秘めて平成17年度権兵衛トンネルが開通した。

70%-2019_0827_115220

70%-2019_0827_115823

70%-2019_0827_120200

70%-2019_0827_120229

70%-2019_0827_120316

権兵衛トンネル(4,467 m)

70%-2019_0827_120322

70%-2019_0827_120747

トンネルを抜けると、そこは木曽

70%-2019_0827_120805

権兵衛街道(国道361号線)から木曽路(国道19号線)に入ります

70%-2019_0827_121538

12:20 道の駅 日義木曽駒高原で休憩

カーナビの案内が、開田高原を通る国道361号線が通行止めのため、県道20号線を通るルートを表示しました
本当に通れないのか、念のため道の駅の案内所で確認

「確かに、一部通行止めがあるが、う回路が設定されているので、国道361号線を走っても大丈夫」とのことでした

70%-2019_0827_123223

道の駅にあった、中山道中間地点の碑

70%-2019_0827_122951

70%-2019_0827_123011

70%-2019_0827_122959

国道19号から別れ、国道361号線で開田高原方面へ

70%-2019_0827_043421-4

70%-2019_0827_123819

70%-2019_0827_124524

70%-2019_0827_124554

70%-2019_0827_125545

道沿いに農村レストランを見つけたので、入ってみましたが

本日は貸切で営業していないとのことでした

70%-2019_0827_130243

70%-2019_0827_125937

掲示板に貼ってあった「開田そば+ミニいわな丼セット」を食べる気満々でいたのに・・・

休みなら休みで、入口や掲示板に表示して欲しいです悲しい

70%-2019_0827_130309

13:10 そば処まつばというお店でお昼をいただきます

70%-2019_0827_132607

70%-2019_0827_132548

70%-2019_0827_131226

夏野菜の天ぷら、美味しかったです

70%-2019_0827_131312

70%-2019_0827_043421-5

70%-2019_0827_133205

確かに国道361号線は途中が通行止めで、う回路が設定されていました

70%-2019_0827_133216

70%-2019_0827_133457

岐阜県に入ります

70%-2019_0827_134942

70%-2019_0827_140102

70%-2019_0827_140848

道の駅飛騨たかね工房

工房ということは、ウッディグッズが数多く販売されているのではと、名前に惹かれて期待して寄ってみましたが・・・

70%-2019_0827_141548

70%-2019_0827_141554

70%-2019_0827_141658

70%-2019_0827_141759

70%-2019_0827_141813

70%-2019_0827_142022

木工品はこれだけ

70%-2019_0827_142225

70%-2019_0827_142233

70%-2019_0827_142239

期待はずれでした困った


70%-2019_0827_143339

次に寄った道の駅は、道の駅ひだ朝日村

70%-2019_0827_143702

70%-2019_0827_143820

70%-2019_0827_144150

70%-2019_0827_144154

よもぎうどんによもぎカレー、よもぎが特産品なんですね

70%-2019_0827_144224

70%-2019_0827_144236

70%-2019_0827_150001

15時頃、高山の町に到着

70%-2019_0827_150229

70%-2019_0827_150352

今日の泊まりは、ワットホテル&スパ飛騨高山

たまたまネットで見つけたホテルでしたが、新しく快適でコスパも良い宿泊先でした

ホテルの敷地内の駐車場は有料ですが、徒歩4分のところにある駐車場は無料で
チェックアウト当日の17時まで駐車できるという
ことだったので、そちらを選択

IMG_20190911_0013

チェックインしてから、徒歩で高山駅へ

高山に来たのは何十年も前のこと
駅は、近代的でお洒落な駅に生まれ変わっていました(2016年秋頃に新駅舎になったらしい)

70%-2019_0827_155920

70%-2019_0827_155828

70%-2019_0827_155312

70%-2019_0827_155147

70%-2019_0827_155514

70%-2019_0827_155425

70%-2019_0827_155738

駅構内にある観光案内所で、地元の人が行くお勧めの居酒屋を聞いてみましたが
ガイドブックに掲載されているようなお店ばかり

ホテルに帰ってから、フロントの方にここがお勧めと教えてもらった居酒屋が数件
その中でも一押しのお店についてネット検索してみると、なるほど評判が良い洒落たお店ではないですか
念のために電話で予約して、行ってみることにしました

お店の名前は、和菜蔵 椿屋

70%-2019_0827_175945

70%-2019_0827_180002

落ち着いた雰囲気のカウンター席で、美味しいお酒と料理を堪能させていただきました

70%-2019_0827_180505

70%-2019_0827_180814

70%-2019_0827_182504

70%-2019_0827_182609

70%-2019_0827_185542

70%-2019_0827_185642

葉わさびの醤油漬け 

70%-2019_0827_180943

70%-2019_0827_185945

椿屋風串かつ  とても変わった串かつでしたが、大変美味しかったですね 

70%-2019_0827_191505

飛騨牛の朴葉味噌焼き、贅沢しました

70%-2019_0827_191837

70%-2019_0827_192609

デザートは、プリン

70%-2019_0827_194855

70%-2019_0827_194906

教えてもらったこのお店を選んで大正解でした

大満足で、雨の中ホテルに戻りました

70%-2019_0827_200702


ワットホテル&スパ飛騨高山 パンフレット

IMG_20190911_0009.jpg   IMG_20190911_0010.jpg 

IMG_20190911_0011.jpg IMG_20190911_0012.jpg

天候(高山) 曇り後時々雨  最高気温28.1℃ 最低気温16.7℃ 平均風速1.7m

2日目その1へ戻る         3日目その1へ続く


2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは ↓ ここをクリック

2019_-1_thumb.jpg 

ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/09/18(水) 09:49:59|
  2. 2019夏_長野岐阜富山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鹿嶺高原キャンプ場  キャンプ場情報

鹿嶺高原キャンプ場  キャンプ場情報

鹿嶺高原キャンプ場のフリーサイトである月見平キャンプ場について記載しています

この情報は、僕らが訪問した時(2019年8月)の状況について記載しています
季節による変化、時間経過による変化があるという事をご理解下さい
また、個人的な感想も含まれている場合がありますので、その点もご理解下さい


鹿嶺高原キャンプ場 2019年8月キャンプ日記はこちらへ


上矢印ロケーション
標高1,800m 鹿嶺高原に位置するキャンプ場
高原にあるのは雷鳥荘というキャンプ場の管理棟とキャンプ場のみで、その他の施設はなし
付近に民家はなく、道路もこの高原に繋がる道路のみで、静寂そのもの

70%-2019_0826_055038-6

キャンプ場は、フリーサイトの月見平キャンプ場と、区画サイトの北星平キャンプ場に分かれている

70%-2019_0826_055038-2-2-1

70%-2019_0826_055038-3

伊那市の美和湖畔から、標高差1,000m弱を一気に登ったところにある

途中の道は狭く、離合が困難な箇所もある

70%-2019_0826_055038-5

70%-2019_0826_055038-8-1

70%-2019_0826_055038-8-2

70%-2019_0826_055038-8-3

70%-2019_0826_055038-8-4

 

上矢印管理棟
雷鳥荘という食事の提供がない宿泊施設が管理棟となっている
管理スタッフが場内作業などのために、管理棟に不在の場合もある
繁忙期は不明ですが、キャンパーが少ない時には、管理スタッフの夜間宿直がない場合もある  
管理棟では薪(¥600)と蚊取り線香のみ販売されていた

70%-2019_0826_055038-10

(出典:Googie)

70%-2019_0826_055038-10-1

(出典:鹿嶺高原キャンプ場HP)

上矢印炊事場
場内に1ヶ所
飲料する場合は煮沸が必要
お湯は出ません

70%-2019_0827_100002

70%-2019_0827_100014

70%-2019_0827_100043

70%-2019_0827_100021

70%-2019_0827_100028


上矢印トイレ
場内には1ヶ所
和洋式、水洗

70%-2019_0827_100243

70%-2019_0827_100256

 

70%-2019_0827_10033070%-2019_0827_100327
70%-2019_0827_100324多機能トイレ
70%-2019_0827_100645

上矢印シャワー・風呂
男女別コインシャワー各2室4分¥100
風呂なし

70%-2019_0827_100049

70%-2019_0827_100121

70%-2019_0827_100126

70%-2019_0827_100145

70%-2019_0827_100133

上矢印ゴミ
全て持ち帰り
灰のみ捨てることができる

炊事場にある灰捨て場(燃え尽きなかった薪は、管理棟に返却することになっています)

70%-2019_0827_100037


上矢印サイト
月見平キャンプ場はフリーサイト、車乗入不可
地面は草・土
荷卸しスペースあり
荷卸し後は別の駐車場へ車の移動が必要

70%-2019_0826_055038-2-3

70%-2019_0827_095928-1

70%-2019_0827_095945-1

70%-2019_0827_100202

70%-2019_0827_100720

70%-2019_0827_100744

荷卸しスペース

70%-2019_0826_055038-9-1

(出典:Google)

70%-2019_0826_055038-9-2

(出典:Google)


北星平キャンプ場は区画サイトで車横付け可能

サイトは鹿除けのフェンスで囲まれている

70%-2019_0827_103919

70%-2019_0827_103925


上矢印その他
・ペット入場不可
 (県立自然公園指定を受けているエリアであり、野生動物との相互間の感染症等を防止する為)
・付近に買い物ができるお店はない
 30分以上かけて山を下る必要があります
・キツネが食べ物をあさるので、食物の管理には注意が必要
 (誰かがキツネに餌を与えてしまったために、テントサイトに出没することが多くなったとのこと)

キャンプ場案内署

IMG_20190911_0001.jpg  IMG_20190911_0001-1.jpg


鹿嶺高原キャンプ場 2019年8月キャンプ日記はこちらへ



キャンプ場INDEXは ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]


ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/09/17(火) 09:40:23|
  2. 鹿嶺高原キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

展望台からの風景が凄い 【鹿嶺高原キャンプ場】

2019夏~長野・岐阜・富山~File No.02

1日目へ戻る              2日目その2へ続く

2019年8月27日(火) 2日目その1  展望台からの風景が凄い 【鹿嶺高原キャンプ場】

夜中、鹿の鳴き声とテントのすぐそばを歩いているような足音を聞きました
「鹿嶺高原」、名前のとおり鹿が沢山いるようですね

朝の4時半頃に起床

月齢26の有明月が東の空で「もうすぐ日の出だから私の姿は今だけですよ」とつぶやいていました

70%-2019_0827_043614r_thumb[1]

70%-2019_0827_043732r_thumb[1]

サイトから100mほど登ったところにある展望台へ

70%-2019_0827_045301r_thumb[1]

360度、凄い風景で感動です

夜にここに来て、星空を見なかったことを後悔しました

70%-2019_0827_045611_thumb[1]

北アルプス、中央アルプス、南アルプスの山々がぐるりと見渡せるようです

70%-2019_0827_050800_thumb[1]

70%-2019_0827_050946_thumb[1]

70%-2019_0827_050800-2


70%-2019_0827_051238_thumb[1]

70%-2019_0827_051238-3

70%-2019_0827_051238-1




70%-2019_0827_050858_thumb[1]

70%-2019_0827_050858-3

70%-2019_0827_050858-2

70%-2019_0827_051537_thumb[1]

70%-2019_0827_052637_thumb[1]

日の出

70%-2019_0827_053613_thumb[1]

70%-2019_0827_053832_thumb[1]

70%-2019_0827_053942_thumb[1]

70%-2019_0827_054130_thumb[1]

70%-2019_0827_054209_thumb[1]

展望台の手すりにへばりついていた夜露

東の空をマクロレンズのように投影していました

70%-2019_0827_052014

 70%-2019_0827_050841

70%-2019_0827_050852

70%-2019_0827_050912

サイトに戻って

70%-2019_0827_054308_thumb[1]

70%-2019_0827_054413_thumb[1]

朝ごはん

70%-2019_0827_073445_thumb[1]

70%-2019_0827_073453_thumb[1]

ゼクーMを十分に乾燥させてから

70%-2019_0827_095007_thumb[1]

70%-2019_0827_094927_thumb[1]

70%-2019_0827_094939_thumb[1]

70%-2019_0827_095024_thumb[1]

10:50 鹿嶺高原キャンプ場を後にしました

1日目へ戻る          2日目その2へ続く

鹿嶺高原キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは ↓ ここをクリック

2019_-1_thumb.jpg 

ページトップへ戻る


北海道長期遠征2016のレポも更新中

58.はじめましてハナちゃん【ニセコサヒナキャンプ場】
59.お洒落ランチと夜の宴【ニセコサヒナキャンプ場】


北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/09/16(月) 10:05:09|
  2. 鹿嶺高原キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

旅の始まりは鹿嶺高原から 【鹿嶺高原キャンプ場】

2019年8月が終る頃、秋雨前線が微妙な動きを繰り返していて
あまりいい天気が望めないですが・・・
長野・岐阜・富山への旅に出ました


2019夏~長野・岐阜・富山~File No.01

2019年8月26日(月) 1日目  旅の始まりは鹿嶺高原から【鹿嶺高原キャンプ場】

5:50浅草出発  距離約240km

70%-2019_0826_055038

いつものように甲州街道を走り

70%-2019_0826_061001

70%-2019_0826_062305

70%-2019_0826_063718

調布ICから中央道に乗ります

70%-2019_0826_065649

70%-2019_0826_065816

70%-2019_0826_071339

70%-2019_0826_073048

7:35 談合坂SA

70%-2019_0826_073503

ここで朝ごはんを

70%-2019_0826_074923

まだ夏休み中なので、人が多いですね

70%-2019_0826_080215

70%-2019_0826_080241

70%-2019_0826_090040

70%-2019_0826_085427

70%-2019_0826_092254

70%-2019_0826_092904

八ヶ岳、頂上付近は雲がかかってました

70%-2019_0826_092914

70%-2019_0826_093959

9:43 諏訪南ICを出ます

70%-2019_0826_094302

70%-2019_0826_055038-1

諏訪から国道152号線に入って、高遠方面へ

70%-2019_0826_101745

10:29 標高1,247m 杖突峠

6年前、キャンプファームいなかの風へ行った時にも来たことがある峠です

70%-2019_0826_102939

70%-2019_0826_103546

70%-2019_0826_103601

70%-2019_0826_103026

パノラマ展望台からの眺めは、まさに「パノラマ」です

↓画像クリックで拡大表示

70%-2019_0826_103100

諏訪湖

70%-2019_0826_103412

上諏訪温泉あたり   上高地小梨平での長期滞在の帰りに2回ほど宿泊した「双泉の宿 朱白」はどこかな

70%-2019_0826_103422

北アルプスの方向ですが、雲がかかって見えないですね

70%-2019_0826_103305

峠を下り、高遠から国道152号線を美和湖方面へ

70%-2019_0826_105052

70%-2019_0826_105802

70%-2019_0826_110126

11:06 道の駅南アルプスむら長谷

この道の駅も2度目の訪問

70%-2019_0826_110647

70%-2019_0826_112518

70%-2019_0826_111613

70%-2019_0826_110918

鹿嶺高原のポスターがありました

70%-2019_0826_110947

70%-2019_0826_110958

70%-2019_0826_111018

70%-2019_0826_112250

70%-2019_0826_112254

わかさぎは食べたいですが

70%-2019_0826_111820

こちらの二つはちょっと遠慮させていただきます考え中

70%-2019_0826_111751

70%-2019_0826_111809

70%-2019_0826_112318

白いとうもろこし、買いました

70%-2019_0826_112326

この道の駅(標高829m)から鹿嶺高原(標高1800m)まで、距離約15km・標高差約1,000m弱を上ります

70%-2019_0826_055038-5

70%-2019_0826_113122

70%-2019_0826_113158

70%-2019_0826_113242

70%-2019_0826_113307

70%-2019_0826_113409

70%-2019_0826_113707

道が狭いので、先導車がいると助かります

70%-2019_0826_114242

自転車で上る人も・・・

70%-2019_0826_115249

気温19℃、さすがに標高が高くなると涼しくなります

70%-2019_0826_120419

12:00 鹿嶺高原キャンプ場に到着です

70%-2019_0826_120113

70%-2019_0826_120256

70%-2019_0826_120525

雷鳥荘というところがキャンプ場の受付です

管理スタッフの方から

「今日は数組で少ないので、車は駐車場ではなくて、荷卸しスペースに停めたままでいいですよ」とのこと

70%-2019_0826_120645

鹿嶺高原キャンプ場は、フリーサイトの月見平キャンプ場と区画サイトの北星平キャンプ場に分かれています

70%-2019_0826_055038-6

荷卸しスペース

70%-2019_0826_165014

今回は車が乗り入れできないフリーサイトを選択

荷卸しスペースからできるだけ近い場所にゼクーMと、タープコネクターを使ってTARP10XPを張ります

70%-2019_0826_055038-2-1

70%-2019_0826_055038-7-1

秋雨前線の影響で、長い間ぐずついた天気が続いていましたが、今日は気持ちのよい快晴

1,800mの高原にはトンボも飛び交って、もう秋の雰囲気が漂っていました

70%-2019_0826_135407

70%-2019_0826_144324

70%-2019_0826_144413

14時過ぎ、秋味で乾杯!!

70%-2019_0826_141233

遅いお昼は、コンビニの鍋焼きうどん

火にかけるだけでできるので、とても重宝している食材のひとつですね

70%-2019_0826_142239

70%-2019_0826_165124

トノサマバッタかな

70%-2019_0826_142242

マクロで撮影すると、リアル過ぎてちょっと不気味ですね (苦手な方はスルーしてくださいね)

70%-2019_0826_142024

Napiの薪割台、割れてしまいました

次回訪問時に新しいものに交換してもらいましょう(今年の購入分に限り、永久保証だということですのでウインク

70%-2019_0826_153448

18時頃、中央アルプスに沈む前の太陽の光が、幻想的な光景を見せてくれました

70%-2019_0826_175405

70%-2019_0826_175448

70%-2019_0826_175626

70%-2019_0826_175645

70%-2019_0826_180208

70%-2019_0826_180258

70%-2019_0826_180503

70%-2019_0826_183915

アルミホイルを巻いて焚き火に放り込んだとうきび

片側だけちょっと、ではなくかなり焦がしてしまったけれど、美味でした

70%-2019_0826_182138

70%-2019_0826_180710

晩ごはん

鶏もも肉のソテー アボカドトマトバジルソース合えをのせて

70%-2019_0826_192434

70%-2019_0826_192517

70%-2019_0826_192511

70%-2019_0826_192525

納豆、最近は「からし」ではなく「わさび」でいただきます
小梨平のある方は、タバスコがいいとおっしゃってましたが(笑)

70%-2019_0826_192530

デザートはBIGなやつで

70%-2019_0826_195624


夜、星が出ました

70%-2019_0826_202934r-1

70%-2019_0826_203052r

70%-2019_0826_203206r

70%-2019_0826_203328r

70%-2019_0826_204122r

70%-2019_0826_205647r

70%-2019_0826_210044r

70%-2019_0826_210249r

70%-2019_0826_210519r

70%-2019_0826_210602r

70%-2019_0826_211147r

さすが標高1,800m、星が近かったですね

天候(伊那) 晴れ時々曇り  最高気温28.8℃ 最低気温18.0℃ 平均風速1.2m

2日目その1へ続く

鹿嶺高原キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは ↓ ここをクリック

2019_-1_thumb.jpg 

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/09/15(日) 17:36:40|
  2. 鹿嶺高原キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2019夏~長野・岐阜・富山~INDEX

2019夏~長野・岐阜・富山~INDEX

サインプレート2019夏_長野岐阜富山-1

*2019年10月14日現在:最新の詳細記事はこちら→14.立山は見えず

ライブ記事

詳細記事

宿泊

8

26

標高1800mの高原は、もう秋です1.旅の始まりは鹿嶺高原から 
【鹿嶺高原キャンプ場】
鹿嶺高原キャンプ場
 

27

  2.展望台からの風景が凄い 【鹿嶺高原キャンプ場】
3.南乗鞍でキャンプの予定でしたが
高山
ワットホテル&スパ飛騨高山 
 

28

 4.朝の高山散歩
5.飛騨高山を「ちゃかちゃか」るるぶ観光~その1
6.飛騨高山を「ちゃかちゃか」るるぶ観光~その2
高山 
旅館清龍

 

29

来てみたかったキャンプ場7.前から行ってみたかったキャンプ場【WoodMatchM】  WoodMatchM
 

30

 8.飲み過ぎた次の日は・・・【WoodMatchM】 WoodMatchM
 

31

世界遺産合掌造り9.撤収時、晴れました 【WoodMatchM】
10.白川郷は大観光地だった
11.合掌造り集落にあるキャンプ場

相倉キャンプ場 

9

1

 12.相倉合掌造り集落
13.氷見きときと寿司
富山 
天然温泉 剱の湯 ドーミーイン富山
 

2

越中八尾おわら風の盆14.立山は見えず富山 
天然温泉 剱の湯 ドーミーイン富山 
 

3

   
 

4

   
 

5

標高2270m  
 

6

秋晴れ  
 

7

   
 

8

キャンパーですが・・・  
 

9

やはりキャンパーなので・・・  
 

10

旅の終わり  

15泊16日

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/09/14(土) 18:20:49|
  2. 2019夏_長野岐阜富山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Live】旅の終わり

撤収しようとすると、ゼクーMのトップ近くに

小さな裂け目を発見

松本市のゼインアーツに電話してから

修理について相談するためにお邪魔しました

小杉さんと奥様があたたかく迎えてくださり

その場で修理していただきました

色々なお話しもお聞きしました

どうもありがとうございました

中央道甲府付近

今までに見たことのない巨大な積乱雲が発生

東京は相変わらずの人ごみ

16日間の旅を無事終えました

お世話になった皆さん

ありがとうございました

関連記事
  1. 2019/09/10(火) 23:11:06|
  2. ●旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【Live】やはりキャンパーなので・・・

晴れたので、今夜はここで

豪勢なグランピング

・・・といきたいところですが

やはり普通のキャンパーなので

自分で幕張りました(笑)

  1. 2019/09/09(月) 15:09:55|
  2. 飯綱東高原オートキャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Live】キャンパーですが・・・

白馬のキャンプ場でキャンプしようと思いましたが

今夜は台風15号の影響で荒天予報なので

白馬のホテル泊り

関東方面、被害が大きくならないように祈ります

関連記事
  1. 2019/09/08(日) 18:21:01|
  2. ●旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【Live】秋晴れ

久しぶりに見た青空

今夜は満天の星空を期待してますが・・・

山の天気は気まぐれですから・・・

関連記事
  1. 2019/09/06(金) 08:12:27|
  2. 雷鳥沢キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【Live】標高2270m

秋雨前線の動きが活発の中

やっとニ~三日の晴れ予報となったので

憧れのこの地に登ってきました

標高2270m

雷鳥沢キャンプ場

関連記事
  1. 2019/09/05(木) 13:03:03|
  2. 雷鳥沢キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【Live】越中八尾おわら風の盆

富山市に宿をとって、JRで出かけてきました

唄声と胡弓の音色が響くなか

踊り手と地方が踊り進む町流しは

まさに夢幻の世界を醸し出していました

関連記事
  1. 2019/09/02(月) 23:30:09|
  2. ●旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Kaoru&Beet

Author:Kaoru&Beet
Kaoru君とBeet君のキャンプ日記へようこそ!

PCカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

INDEX

Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

ブランド・ショップ INDEXは
 ↓ ここをクリック

サインプレート ブランドショップINDEX


北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1


北帰行2018冬INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北帰行2018冬のコピー


小梨平滞在記 INDEXは
↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg


2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート2019夏_長野岐阜富山-1

最新記事

月別アーカイブ

2019年 12月 【4件】
2019年 11月 【21件】
2019年 10月 【25件】
2019年 09月 【22件】
2019年 08月 【12件】
2019年 07月 【42件】
2019年 06月 【23件】
2019年 05月 【26件】
2019年 04月 【23件】
2019年 03月 【22件】
2019年 02月 【22件】
2019年 01月 【17件】
2018年 12月 【20件】
2018年 11月 【30件】
2018年 10月 【28件】
2018年 09月 【18件】
2018年 08月 【24件】
2018年 07月 【26件】
2018年 06月 【24件】
2018年 05月 【22件】
2018年 04月 【20件】
2018年 03月 【21件】
2018年 02月 【25件】
2018年 01月 【17件】
2017年 12月 【29件】
2017年 11月 【80件】
2017年 10月 【29件】
2017年 09月 【33件】
2017年 08月 【25件】
2017年 07月 【19件】
2017年 06月 【23件】
2017年 05月 【34件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【21件】
2017年 02月 【24件】
2017年 01月 【28件】
2016年 12月 【62件】
2016年 11月 【32件】
2016年 10月 【26件】
2016年 09月 【29件】
2016年 08月 【23件】
2016年 07月 【29件】
2016年 06月 【29件】
2016年 05月 【21件】
2016年 04月 【23件】
2016年 03月 【22件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【30件】
2015年 12月 【29件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【30件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【24件】
2015年 02月 【25件】
2015年 01月 【17件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【23件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【21件】
2014年 04月 【12件】
2014年 03月 【24件】
2014年 02月 【17件】
2014年 01月 【18件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【19件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【14件】
2013年 07月 【24件】
2013年 06月 【12件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【16件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【13件】
2013年 01月 【14件】
2012年 12月 【18件】
2012年 11月 【16件】
2012年 10月 【17件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【9件】
2011年 09月 【2件】

CATEGORY

最新コメント

リンク


Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

ブランド・ショップ INDEXは
 ↓ ここをクリック

サインプレート ブランドショップINDEX


北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1


北帰行2018冬INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北帰行2018冬のコピー


小梨平滞在記 INDEXは
↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg


2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート2019夏_長野岐阜富山-1


あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

WOM CAMP ロゴ2


702016_1126_154717-15.jpg

ilbif02.jpg

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR