FC2ブログ

Kaoru君とBeet君のキャンプ日記

キャンプ日記、キャンプ道具、旅の記録、街歩きとグルメなどを書いています。

Foresters Village Kobitto  雨、霙、雹、のち晴れ

Foresters Village Kobitto  雨、霙、雹、のち晴れ


四日目へ戻る
    

五日目(12月27日)

朝から小雨模様

70%-2019_1227_070350

青空が少し顔を出してくれたかと思うと、霙(みぞれ)が降ったり、雹(ひょう)が降ったり

ころころ変わる天候の中、撤収です

70%-2019_1227_070721

70%-2019_1227_070732

70%-2019_1227_070842

70%-2019_1227_070429

乾燥撤収は諦めて、濡れたまま収納します

オーナーの鷹野さん、スタッフの皆さん、そしてYさんファミリーに挨拶してKobittoを後にしました

kobitto201912-14

kobitto201912-13 (1)



元祖信玄餅の金精軒

2020_0101_094634(6)

生信玄餅をお土産に

1577840466233

IMG_20191230_0005

武川の農産物直売所

2020_0101_094634(11)

2020_0101_094634(8)

2020_0101_094634(7)

2020_0101_094634(10)

農林48号の新米、お買い上げです

2020_0101_094634(9)

パンフレット

IMG_20191230_0003.jpg  IMG_20191230_0004.jpg

お昼ごはんを甲府昭和IC近くのかつやで食べて

2020_0101_094634(12)

14:37 甲府昭和ICから中央道にのります

70%-2019_1227_143722

富士山には雲がかかっていました

70%-2019_1227_143919

70%-2019_1227_144420

70%-2019_1227_144633

70%-2019_1227_160341

70%-2019_1227_161239

16:34 新宿

70%-2019_1227_163425

今日が仕事納めの人も多いのかな

70%-2019_1227_163458

70%-2019_1227_164521

準備万端

70%-2019_1227_165626

🎵もうい~くつ寝るとお正~月🎵


自宅を出発しで、キャンプを楽しんで、自宅に帰るまでがキャンプ旅です

Kobittoでのクリスマスキャンプ、満喫しました


四日目へ戻る
  




翌日、12月28日

近くの公園で、乾燥作業です

濡れたテントなどは、出来だけ早く乾燥させることが、長持ちさせる重要なポイントですからね

2020_0101_094635(2)

風が強いので、しっかりペグ打ちを・・・ウインク

 2020_0101_094634(5)

 

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/12/31(火) 23:58:17|
  2. Foresters Village Kobitto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Foresters Village Kobitto  新しい出会い

Foresters Village Kobitto  新しい出会い


三日目へ戻る
    五日目へ続く

四日目(12月26日)

朝から曇り空、今日は夜から雨になるかも

70%-2019_1226_070154

朝ごはん

70%-2019_1226_080538

70%-2019_1226_080541

70%-2019_1226_080545

ボックスストーブは、早めに収納します

70%-2019_1226_085948

70%-2019_1226_085918

新しいランタンも早めに片付けます

70%-2019_1226_123711

70%-2019_1226_123820

実はこれ、鉛筆削りなんですよウインク

70%-2019_1226_123939

お昼ごはんの時から飲みます

”ふたりキャンプで、食って飲む”

70%-2019_1226_125050

70%-2019_1226_130228

70%-2019_1226_130541

70%-2019_1226_130244

70%-2019_1226_135600

午後、僕らのサイトの斜め前のリバーサイトにOGAWA ロッジシェルターを設営されたご家族が
挨拶に来られました
ご家族は大和市在住のYさんファミリー
僕らのブログを、じっくりと読みこんでいただいているそうです
滞在日程が重なった事をとても喜んでおられて、その姿に僕らも感激しました

Yさんファミリーは、Kobittoが大のお気に入りで、今年何回も訪れているとのこと
Kobittoファンなら、その気持ち、よくわかりますよね
9歳のGento君と5歳のYota君もすでに立派なキャンパーで、ご両親とキャンプを楽しんでいました

Yさんファミリーの皆さんには、地元のお土産もいただきました
いつもブログを見ていただき、そして声をかけていただき、本当にありがとうございました
この先も、僕らのブログが少しでもお役に立てば幸いです
これからもご家族で、充実したキャンプライフを送られるよう祈っています

 

Gento君とYota君、礼儀正しい一人前のキャンパーです

70%-2019_1226_164357

70%-2019_1226_164406

(写真はご両親の了解を得て掲載させていただきました)

 

70%-2019_1226_141211

お昼にたくさん食べて飲んだので、お腹がいっぱい

晩ごはんは抜きとなりましたがっかり

天候 曇り後雨  最高気温7.8℃ 最低気温0.9℃ 平均風速0.9m


三日目へ戻る
    五日目へ続く


Foresters Village Kobitto キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/12/31(火) 23:40:31|
  2. Foresters Village Kobitto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Foresters Village Kobitto  クリスマスの日は晴れ

Foresters Village Kobitto  クリスマスの日は晴れ



二日目その3へ戻る
    四日目へ続く

三日目(12月25日)

クリスマスの日、朝からいい天気で、光がテントの中に差し込んできます

70%-2019_1225_082329

朝ごはん

70%-2019_1225_082803

70%-2019_1225_082813

食後すぐ、灯油の補給のためにガソリンスタンドへ

持ってきた灯油は15L、10Lの携行缶と5Lのフューエルカンプレミアム

コロナの容量は約6L、点火している時間によって異なりますが、今回は一日で約6~7Lを消費

灯油がなくなると死活問題なので、余裕を持って補給することが大切ですね

 

道の駅はくしゅうの近くのガソリンスタンドで灯油を補給したあと

あまりにも天気がいいので、またベルガ通りへ行ってみました

雲一つない青空の中、八ヶ岳がくっきりと見えます

70%-2019_1225_101036

70%-2019_1225_101049

70%-2019_1225_101054

甲斐駒ケ岳

70%-2019_1225_101112

70%-2019_1225_101123

70%-2019_1225_101119

 

Kobittoに戻ってきて、のんびりと

70%-2019_1225_104637

Kobittoからも八ヶ岳が見えます

70%-2019_1225_105209

70%-2019_1225_105219

サイトのすぐ近くには、たくさんのヤマガラ君がいました

70%-2019_1225_105303

70%-2019_1225_105426

70%-2019_1225_111851

70%-2019_1225_105658

コゲラ君にもまた会えました

70%-2019_1225_110046

70%-2019_1225_110256(1)

 

70%-2019_1225_105835

70%-2019_1225_105849

70%-2019_1225_110919

70%-2019_1225_110456

70%-2019_1225_110544

70%-2019_1225_110553

70%-2019_1225_110617

70%-2019_1225_110612

70%-2019_1225_110651

70%-2019_1225_110655

70%-2019_1225_110708

70%-2019_1225_110739

お昼ごはん

初めて食べるガバオです

70%-2019_1225_125232

70%-2019_1225_125430

70%-2019_1225_132653

70%-2019_1225_132613

今回、デビューしたボックスストーブ

70%-2019_1225_154245

70%-2019_1225_155826

親分の隣で、必死に頑張っていましたクール

70%-2019_1225_155750

あっと言う間に暗くなります

70%-2019_1225_165958

Kobittoのイルミネーションも今日が最後ですね

70%-2019_1225_170608

70%-2019_1225_170709

70%-2019_1225_171119

70%-2019_1225_171412





70%-2019_1225_175338

サーモンマリネ

70%-2019_1225_175652

今夜のメインはチーズフォンデュ

70%-2019_1225_180752

レクロマイクロバーナーに活躍してもらいます

70%-2019_1225_194249

70%-2019_1225_180248

70%-2019_1225_180451

70%-2019_1225_180346

70%-2019_1225_180432

70%-2019_1225_183500

70%-2019_1225_204424

70%-2019_1225_204610

70%-2019_1225_204737

70%-2019_1225_204700

天候 晴れ時々曇り  最高気温8.7℃ 最低気温-4.4℃ 平均風速1.4m


二日目その3へ戻る    四日目へ続く



Foresters Village Kobitto キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/12/31(火) 22:00:02|
  2. Foresters Village Kobitto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Foresters Village Kobitto  There is a Santa Claus!!

Foresters Village Kobitto  There is a Santa Claus!!


二日目その2へ戻る
    三日目へ続く

二日目(12月24日)その3

今日はクリスマスイブ

飾り付けも準備万端

まずは火を焚いて、サンタが来てくれるように目印にします

70%-2019_1224_165713

焚き火だけでは寂しいので、キャンドルもたくさん・・・

70%-2019_1224_165841

70%-2019_1224_165933

70%-2019_1224_170856

70%-2019_1224_171205

70%-2019_1224_171440

70%-2019_1224_171727

70%-2019_1224_171945

70%-2019_1224_182818

70%-2019_1224_182442

70%-2019_1224_182747

70%-2019_1224_183015

Kobittoのお嬢さんのところには、早番のサンタがもうプレゼントを運んできたのかな知らない

70%-2019_1224_182635-1

The New York Sun (1897) "Yes, Virginia, There is a Santa Claus"  サンタクロースはいるんだ

ニューヨーク・サン新聞 1897年9月21日 社説欄
 本紙は、以下に掲載される投書に対してただちにお答え申し上げるとともに、このようにまっすぐな方が読者におられることを、心から嬉しく思います。

「こんにちは、しんぶんのおじさん。
 わたしは八さいのおんなのこです。じつは、ともだちがサンタクロースはいないというのです。パパは、わからないことがあったら、サンしんぶん、というので、ほんとうのことをおしえてください。サンタクロースはいるのですか?
      ヴァージニア・オハンロン」

 ヴァージニア、それは友だちの方がまちがっているよ。きっと、何でもうたがいたがる年ごろで、見たことがないと、信じられないんだね。自分のわかることだけが、ぜんぶだと思ってるんだろう。でもね、ヴァージニア、大人でも子どもでも、何もかもわかるわけじゃない。この広いうちゅうでは、にんげんって小さな小さなものなんだ。ぼくたちには、この世界のほんの少しのことしかわからないし、ほんとのことをぜんぶわかろうとするには、まだまだなんだ。
 じつはね、ヴァージニア、サンタクロースはいるんだ。愛とか思いやりとかいたわりとかがちゃんとあるように、サンタクロースもちゃんといるし、そういうものがあふれているおかげで、ひとのまいにちは、いやされたりうるおったりする。もしサンタクロースがいなかったら、ものすごくさみしい世の中になってしまう。ヴァージニアみたいな子がこの世にいなくなるくらい、ものすごくさみしいことなんだ。サンタクロースがいないってことは、子どものすなおな心も、つくりごとをたのしむ心も、ひとを好きって思う心も、みんなないってことになる。見たり聞いたりさわったりすることでしかたのしめなくなるし、世界をいつもあたたかくしてくれる子どもたちのかがやきも、きえてなくなってしまうだろう。
 サンタクロースがいないだなんていうのなら、ようせいもいないっていうんだろうね。だったら、パパにたのんで、クリスマスイブの日、えんとつというえんとつぜんぶを見はらせて、サンタクロースをまちぶせしてごらん。サンタクロースが入ってくるのが見られずにおわっても、なんにもかわらない。そもそもサンタクロースはひとの目に見えないものだし、それでサンタクロースがいないってことにもならない。ほんとのほんとうっていうのは、子どもにも大人にも、だれの目にも見えないものなんだよ。ようせいが原っぱであそんでいるところ、だれか見たひとっているかな? うん、いないよね、でもそれで、ないってきまるわけじゃない。世界でだれも見たことがない、見ることができないふしぎなことって、だれにもはっきりとはつかめないんだ。
 あのガラガラっておもちゃ、中をあければ、玉が音をならしてるってことがわかるよね。でも、目に見えない世界には、どんなに力があっても、どれだけたばになってかかっても、こじあけることのできないカーテンみたいなものがかかってるんだ。すなおな心とか、あれこれたくましくすること・したもの、それから、よりそう気もちや、だれかを好きになる心だけが、そのカーテンをあけることができて、そのむこうのすごくきれいですてきなものを、見たりえがいたりすることができる。うそじゃないかって? ヴァージニア、いつでもどこでも、これだけはほんとうのことなんだよ。
 サンタクロースはいない? いいや、今このときも、これからもずっといる。ヴァージニア、何ぜん年、いやあと十万年たっても、サンタクロースはいつまでも、子どもたちの心を、わくわくさせてくれると思うよ。

 

さあ、イブのパーティーを始めましょう

70%-2019_1224_185955

70%-2019_1224_191242

70%-2019_1224_190403

70%-2019_1224_190548

70%-2019_1224_190753

70%-2019_1224_192047

クリスマスと言えばこれですよねペロリ

70%-2019_1224_194011

70%-2019_1224_201408

70%-2019_1224_202947

白州に来たら、やはり白州でしょう

70%-2019_1224_204931

70%-2019_1224_203723

70%-2019_1224_210018

70%-2019_1224_205203

70%-2019_1224_215314r

70%-2019_1224_215516r

70%-2019_1224_215704r

70%-2019_1224_220846r

70%-2019_1224_220940r

70%-2019_1224_221102r

70%-2019_1224_221034r

70%-2019_1224_215901

There is a Santa Claus!!


天候 晴れ  最高気温7.8℃ 最低気温-3.8℃ 平均風速2.9m


二日目その2へ戻る
    三日目へ続く


Foresters Village Kobitto キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/12/31(火) 16:59:08|
  2. Foresters Village Kobitto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Foresters Village Kobitto  懐かしの明野へ

Foresters Village Kobitto  懐かしの明野へ


二日目その1へ戻る    二日目その3へ続く

二日目(12月24日)その2

10時半頃、キャンプ場で割引券をもらって、いつもの尾白の湯へ行きます


途中の大武川の橋から見る南アルプス

↓画像クリックで拡大表示

70%-2019_1224_104648

甲斐駒ケ岳

70%-2019_1224_104705

例年の今頃であれば、もっと雪が積もっているのでしょうね

今年はいまのところ何処も雪が少ないらしい

70%-2019_1224_104712

八ヶ岳は雲の帽子を被っていました

↓画像クリックで拡大表示

70%-2019_1224_104801

70%-2019_1224_104749

70%-2019_1224_104755

70%-2019_1224_104819

ベルガの公園から

70%-2019_1224_105455

70%-2019_1224_105200

70%-2019_1224_105123

70%-2019_1224_105240

尾白の湯で、身体がトロトロになった後、ベルガ通りで風景を楽しみます

70%-2019_1224_121913

ベルガ通りは、田園風景の中を南アルプスに向かって一直線に進んでいく道です

Kobittoに来た時にはいつも行く、僕らが大好きな場所のひとつです

ここで何回シャッターを切ったことでしょうか

kobitto201912-11

kobitto201912-11-1

↓画像クリックで拡大表示

70%-2019_1224_121957

70%-2019_1224_121942

八ヶ岳

70%-2019_1224_121716

70%-2019_1224_121725 (2)

70%-2019_1224_121722

ベルガ通りをあとにして、明野へ向かいます

70%-2019_1224_121709

70%-2019_1224_121725

kobitto201912-04-1


明野の目的地はここ

フランス菓子 Deux mille ドゥ・ミール

70%-2019_1224_125957

70%-2019_1224_130043

今日はクリスマスイブ

クリスマスケーキを、電話で予約していたのでしたウインク

70%-2019_1224_130353

北杜市の明野は、日照時間日本一で全体に畑が広がり、遠方に八ヶ岳及び南アルプスの両連峰を望むことができます

西側に見えるのは、鳳凰三山ー地蔵岳2,764m、観音岳2,841m、薬師岳2,780m

70%-2019_1224_131054

kobitto201912-07

kobitto201912-08

70%-2019_1224_131050

地蔵岳のオベリスク(尖塔)がはっきりと見えます

このオベリスクが、鳥のくちばしに見立てられることから鳳凰の山名由来になっているとのこと

70%-2019_1224_131041

 

明野にはとても懐かしい場所があります

今から7年前、トルテュを初めて張ったキャンプ場 キャンピカ明野ふれあいの里(現在の名称はPICA八ヶ岳明野

懐かしくて、ちょっと寄ってみました

 

 

70%-2019_1224_131651

70%-2019_1224_131710

70%-2019_1224_131701

ここは標高約1,000m、雪が残ってました

70%-2019_1224_131742

70%-2019_1224_131748

70%-2019_1224_131811

70%-2019_1224_132036

70%-2019_1224_132057

 

須玉IC付近のコンビニに寄ってから、迂回路をKobittoまで戻ります

石空川林道通行止めの為、迂回路のご案内

台風19号で被害に遭われました地域の皆様に心よりお見舞い申し上げます。 また、多くのキャンプ場で多所に渡り被害が報告されており心配しております。 私ども「Foresters Village Kobitto」も大雨に見舞われ、12日(土)午後~13日(日)午前中まで閉鎖させて頂きました。 幸いにも、場内は一部の箇所で水が湧いてしまったり、小川が詰まり通路を削ってしまった程度の被害で済みました。 周辺道路は、キャンプ場直前の林道(町道)で一部亀裂が見つかり、すぐに崩落することは無いとのことですが、 安全のため、林道を管理しております「北杜市」より10月18日より、林道を閉鎖し【通行止め】とする旨のご連絡がございました。 ご利用のお客様には大変ご不便をおかけ致しますが、何卒ご協力の程よろしくお願い致します。迂回路には、小さいですが迂回路の看板を設置致しました。 見落とさないよう、ゆっくりとご通行くださいませ。

kobitto201912-12
出典:Foresters Village KobittoのHP



二日目その1へ戻る    二日目その3へ続く


Foresters Village Kobitto キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る

※動画のタイトルに「ZDR-015_File」と記載があるものは、コムテックのドライブレコーダーCZDR-015の映像を
 AviUtlで加工した動画です


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/12/30(月) 22:00:50|
  2. Foresters Village Kobitto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Foresters Village Kobitto  コゲラ君に会った

Foresters Village Kobitto  コゲラ君に会った


一日目へ戻る
    二日目その2へ続く

二日目(12月24日)その1

コットの上の大きなキャンピングマット、少々寝相が悪くても身体を包んでくれるオフトン
そして電気毛布のおかげで、湯タンポ(寒がりさんが使用)はいつの間にか端っこに追いやられてしまうくらいポカポカ
じっくりと睡眠を取ることができました

8:30 僕らにとっては、遅い朝食です

70%-2019_1224_083658

ふわふわたまごのサンドイッチときゅうりハムチーズサンドイッチ

70%-2019_1224_083738

70%-2019_1224_083815

クリアーウォールを通して、暖かい光がテントの中まで入ってきます

70%-2019_1224_092758

70%-2019_1224_093610 (2)

とてもいい天気で、八ヶ岳も綺麗に見えます

70%-2019_1224_092730

コガラなどの混群の鳴き声が聞こえてきたので、サイトのまわりの木々を眺めていると・・・

なんとなんと小梨平ではおなじみのコゲラ君がいるではないですか

ここで会えるとは感動、感動爆笑

70%-2019_1224_092300

むち打ち症にならないかと心配するくらい(笑)、一心不乱に木を突いています

70%-2019_1224_092418

70%-2019_1224_092852

70%-2019_1224_093054-1

70%-2019_1224_093209-1

70%-2019_1224_093219(1-1

70%-2019_1224_093237(2)

70%-2019_1224_093255

70%-2019_1224_093607

70%-2019_1224_093614

 

場内を散歩していると・・・

コガラ君にも会えました

70%-2019_1224_094329-1

ヤマガラ君は、人間をほとんど無視しているかのように、すぐ近くで鳴いていました

70%-2019_1224_094724

70%-2019_1224_094816

70%-2019_1224_094819(2)-1

70%-2019_1224_094845(1)

70%-2019_1224_095147






実は、設営中も今朝も近くで「ヒッヒッヒッ」という独特の鳴き声が聞こえていました
鳴き声から調べてみると、おそらくジョウビタキだろうと・・・
ジョウビタキは冬鳥として大陸から渡ってくるそうです
にわかバードウォッチャーとしては、なんとか姿を見つけて撮影したいものです!!!


お客さんが誰もいないので、ケビンのところまで行ってみると、少しだけ雪が残っていました

70%-2019_1224_095211

70%-2019_1224_095229

70%-2019_1224_095357

70%-2019_1224_095630

ブランコの上には、滑り台ができていました

70%-2019_1224_100012

フォレストサイトの方へ

70%-2019_1224_100103

おっと、サニタリー棟とテラスサイトを結ぶ階段ができていました

しばらくお邪魔していなかった間に、Kobittoは色々と進化していきますね

70%-2019_1224_100626

テラスサイトへ上りの道は、舗装されています

以前は砂利道でスタッグする車があったため、舗装したのですよね

70%-2019_1224_100742

70%-2019_1224_100821

70%-2019_1224_100907

70%-2019_1224_100924

階段、便利ですよね

以前はぐるりと大回りしなくてはならなかったですから

70%-2019_1224_100953

最後は、少し階段が急になるから注意が必要かな

70%-2019_1224_101012

70%-2019_1224_101600

最後にまだ泊まったことがないコビットサイトを歩いて、朝の散歩終了です

これからの予定として、早い時間に出かけて、尾白の湯に浸かって、その後は・・・・


一日目へ戻る
    二日目その2へ続く


Foresters Village Kobitto キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/12/29(日) 23:26:34|
  2. Foresters Village Kobitto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Foresters Village Kobitto  クリスマスキャンプ

Foresters Village Kobitto   クリスマスキャンプ


2019年12月23日(月)~27日(金)、4泊5日で山梨県北杜市武川町のForesters Village Kobittoに行ってきたよ

通常は火曜日・水曜日がお休みのKobittoが、クリスマスから年末年始の時期は休みなしで営業することを知って

思わず予約を入れてしまいました

kobitto201912-01

kobitto201912-02


一日目(12月23日)

8:30 浅草出発 距離166km

kobitto201912-03

昨夜から降り続いていた雨も、朝には上がりました

山沿いは雪が積もっているかも・・・と思いながら、都内を中央道調布ICまで走ります

70%-2019_1223_084306

都内のイチョウの黄葉も、さすがにもうそろそろ終わりかな

70%-2019_1223_084421

70%-2019_1223_084543

今日は、良い天気になりますよ

70%-2019_1223_084909

70%-2019_1223_091809

明日はクリスマスイヴ

70%-2019_1223_091851

70%-2019_1223_091912

70%-2019_1223_092016

山はまだ雪が少ないようですが

70%-2019_1223_092340

10:00 調布IC 

冬タイヤ規制が出てますね

70%-2019_1223_100358

遠くの山にはうっすらと雪が・・・

70%-2019_1223_100436

あまりにも車高が低い車は、プラS君のレーダークルーズコントロールのレーダーが察知しない可能性があるような気がして

追い越しさせていただきますウインク

70%-2019_1223_100716

相模湖付近、路面の雪は完全に除雪されていました

70%-2019_1223_103057

70%-2019_1223_103631

10:38 談合坂SA

ここは結構雪が降ったような感じですね

70%-2019_1223_103847

70%-2019_1223_105203

70%-2019_1223_105209

70%-2019_1223_105154

70%-2019_1223_105641

70%-2019_1223_110408

70%-2019_1223_110631

ちょうどいい感じのクリスマスツリーになるかな・・・

70%-2019_1223_110820

笹子トンネルを超えて、甲府盆地に入りますが、ここはそれほど雪が積もらなかったような・・・

70%-2019_1223_112212

70%-2019_1223_112907

11:33 甲府昭和IC

Kobittoの最寄りのICは須玉ICですが、僕らはいつもここで下ります(節約、節約)

70%-2019_1223_113335

11:37 甲州街道(国道20号線)沿いのCoCo壱番屋でお昼ごはん

70%-2019_1223_113751

途中、なんか渋滞している?と思ったら、パトカーの姿が

70%-2019_1223_121016

どうやら事故のようです

70%-2019_1223_121058

乗用車の単独事故??  見た感じではけが人は出てないようですが・・・

僕らも気を引き締めて安全運転します

70%-2019_1223_121100

お昼ごはんを小作でという案もありましたが、ここのほうとうはギガ盛りで、お腹が一杯になりすぎるので今回はパスしました

とても美味しいのですけどね考え中

70%-2019_1223_121241

八ヶ岳の雲も、もう少しでとれそう

70%-2019_1223_121311

南アルプスにかかった雲も、同じようにもうすぐとれそう

70%-2019_1223_124556

70%-2019_1223_124822

12:30頃、Kobittoに到着です

12時半からのアーリーチェックインで、すもーる電源サイトに早々に設営します

今回の幕はサンド君(アトラスサンド)+ベスタビュール、暖房はコロナ
暖気の還流のために、サーキュレーター アイ 持ってきました(電源を最大限に活用します)
コット寝で、最近代えたキャンピングマットの上に電気毛布
シュラフは、久々にオフトンを使います

70%-2019_1223_163408

中のレイアウトはこんな感じ

70%-2019_1223_150716

70%-2019_1223_150722

70%-2019_1223_150729

70%-2019_1223_150737

70%-2019_1223_150747

70%-2019_1223_150751

70%-2019_1223_163447

70%-2019_1223_163341

17時を過ぎると、すぐに暗くなってきます

70%-2019_1223_171415

70%-2019_1223_171518

70%-2019_1223_171447

70%-2019_1223_171806

おつまみは金のさんま 

70%-2019_1223_174206

きゅうりとにんじんの塩麹漬け

70%-2019_1223_174220

かまぼこといぶりがっこのマスカルポーネチーズ和えと定番の枝豆

70%-2019_1223_174213

70%-2019_1223_174338

晩ごはんのメインは、朴葉みそ

70%-2019_1223_191156

牛肉に九条ネギを乗せて

70%-2019_1223_191108

きのこもプラス、その上にみそを乗せます

70%-2019_1223_191611

70%-2019_1223_192649

久しぶりに、レクロ マイクロバーナーが活躍してくれます

70%-2019_1223_202157

70%-2019_1223_171744

今夜のキャンパーは3組ほど、キャンプ場はとても静かでした

 

天候 晴れ  最高気温7.0℃ 最低気温0.3℃ 平均風速1.2m

二日目その1へ続く


Foresters Village Kobitto キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る





関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/12/28(土) 18:57:07|
  2. Foresters Village Kobitto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

【Live】ふたりキャンプで、食って飲む!

クリスマスも終わり、あと幾つ寝るとお正月

今日からコビットも少しキャンパーが増えてきました

昼から食って飲んでます

今夜から雨の予報

明日の撤収には止んで欲しいですね

関連記事
  1. 2019/12/26(木) 14:24:52|
  2. Foresters Village Kobitto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

【Live】クリスマスの日は晴天

とても良い天気で、八ヶ岳も綺麗に見えます

関連記事
  1. 2019/12/25(水) 14:09:31|
  2. Foresters Village Kobitto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【Live】クリスマスイブ

Merry Christmas🎄

関連記事
  1. 2019/12/24(火) 21:15:57|
  2. Foresters Village Kobitto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Live】師走なので出撃中

久々に出撃です

師走なので?!

関連記事
  1. 2019/12/23(月) 19:45:16|
  2. Foresters Village Kobitto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小梨平キャンプ場  徳本峠へ



小梨平キャンプ場
  徳本峠へ    


12日目へ戻る     14日目へ続く

13日目(10月28日)

今回、小梨平に来た目的のひとつである徳本峠へ行きます

徳本峠(標高2,135m)

konasidaira201910-019-1

konasidaira201910-018-1

小梨平キャンプ場からの標高差は約615m、一般的なコースタイムは登り3:25、下り2:25(明神から登り2:35、下り1:35)

konasidaira201910-020

70%-2019_1028_055828

5:55小梨平を出発

70%-2019_1028_055748

70%-2019_1028_063345

6:45 明神

70%-2019_1028_064109

70%-2019_1028_064129

70%-2019_1028_064210

70%-2019_1028_064256

70%-2019_1028_064731

70%-2019_1028_064805

明神からすぐのところに白沢出合徳本峠入口があります

6:55 ここを出発

70%-2019_1028_065558

70%-2019_1028_065604

徳本峠小屋は、10月21日に営業終了となっています

70%-2019_1028_065712

沢沿いの日の当らない道を進んでいきます

70%-2019_1028_065909

70%-2019_1028_071320

70%-2019_1028_073013

70%-2019_1028_073019

道幅はかなり狭いですね

70%-2019_1028_073751

7:41 峠まであと2kmですが、このあたりから九十九折の道が連続していきます

70%-2019_1028_074057

70%-2019_1028_080238

穂高が見えるところまでやってきました

70%-2019_1028_084407

70%-2019_1028_083101

70%-2019_1028_084447

70%-2019_1028_084539

70%-2019_1028_085838

70%-2019_1028_085926

70%-2019_1028_090146

70%-2019_1028_090255

70%-2019_1028_090341

70%-2019_1028_090349

70%-2019_1028_090408

70%-2019_1028_090356

9:06 峠まであと800m

70%-2019_1028_090827

70%-2019_1028_092036

遠くに見える雪を被った山は、大天井岳でしょうか

70%-2019_1028_092043

70%-2019_1028_092102

70%-2019_1028_092053

70%-2019_1028_093847

70%-2019_1028_095003

9:47 徳本峠に到着です

コースタイムより少し時間がかかりましたが、僕らにしては上出来

70%-2019_1028_094722

南方向には、雲海が見えました

70%-2019_1028_101900

70%-2019_1028_094935

徳本峠小屋は、小屋締めの作業で忙しそうでした

70%-2019_1028_101722

70%-2019_1028_101914

70%-2019_1028_102141

70%-2019_1028_102109

70%-2019_1028_102018

 45秒で「てんぼう台」です

70%-2019_1028_101745

ウォルター・ウェストンが初めて徳本峠を超えたのは、今から127年前の1892年(明治25年)のこと

島々谷からこの徳本峠にたどり着いて、この穂高の風景に初めて出逢った時、彼は何を思ったのでしょうか

70%-2019_1028_095507

70%-2019_1028_095434

70%-2019_1028_095443

70%-2019_1028_095407

70%-2019_1028_095317

穂高の美しさは、幾度も説かれている。日本登山史の黎明時代、上高地へ入った人たちは、先ず徳本峠の上で、穂高の美しさに心をしめつけられた。徳本峠の穂高は、山の最も美しい眺めとして、どんなに長く言い伝えられて来たか知れない。穂高は今も、日本の持つ、最も美しい山の一つであろう。しかし、穂高の美しさは、いつまでも、徳本峠から見た眺めにあるのではない。山が変ったのではない。時が、山を見る人の目を変えて来たのだ。

浦松佐美太郎

自動車がまだ上高地へ入らなかった時代には徳本峠を超える人が多かった。梓川に沿って長い谷の道を歩くよりも、どうせ歩くのならば島々谷を登り、徳本峠でまず穂高の姿に驚嘆するというのが、はじめて此処を訪れる人の知恵であり、感動の効果が計算された順路であった。

串田孫一

70%-2019_1028_102025

近くでルリビタキの声が聞こえましたが、姿をとらえることはできませんでした

70%-2019_1028_102059

10:25 名残り惜しいですが、峠を後にします

70%-2019_1028_102726

70%-2019_1028_110438

70%-2019_1028_110433

70%-2019_1028_111813

70%-2019_1028_111826

望遠で覗くと

70%-2019_1028_111749

70%-2019_1028_111756

70%-2019_1028_111740

70%-2019_1028_113753

70%-2019_1028_120629

70%-2019_1028_121014

脚がフラフラですが、明神まであと900m 頑張ります

70%-2019_1028_121809

70%-2019_1028_124419

12:50 徳本峠入口

岳沢には外国人を中心に、多くの人が足を運んでいましたが、徳本峠への行き帰りですれ違った人は10人足らず
いにしえの先人たちの息づかいが聞こえてくるような雰囲気の中、静かな山旅でした

70%-2019_1028_124949

70%-2019_1028_125019

70%-2019_1028_125029

70%-2019_1028_131515

明神からは明神橋を渡って、梓川右岸を通って帰ることにします

通行量調査ですね考え中

70%-2019_1028_132250

70%-2019_1028_132300

70%-2019_1028_132355

70%-2019_1028_132446

70%-2019_1028_132146

 

70%-2019_1028_132544

70%-2019_1028_132328

70%-2019_1028_132519

70%-2019_1028_132550

カフェ・ド・コイショでゆっくり休もうと思ってましたが、残念、今日はお休みでした困った

70%-2019_1028_132554

70%-2019_1028_132820

70%-2019_1028_133026

70%-2019_1028_133300

遊歩道ではなく、ずっと車道を通って帰りました

70%-2019_1028_133817

70%-2019_1028_133850

70%-2019_1028_133939

70%-2019_1028_134252

70%-2019_1028_134310

70%-2019_1028_134410

70%-2019_1028_134802

70%-2019_1028_134841

70%-2019_1028_134913

70%-2019_1028_134939

70%-2019_1028_135338

70%-2019_1028_135229

70%-2019_1028_140136

70%-2019_1028_140336

70%-2019_1028_140400

70%-2019_1028_140931

70%-2019_1028_141126

70%-2019_1028_141449

70%-2019_1028_141549

70%-2019_1028_141706

70%-2019_1028_142800

70%-2019_1028_142958

14:45 河童橋まで戻ってきました

70%-2019_1028_144500

70%-2019_1028_144524

岳沢小屋 遠望

70%-2019_1028_144807

70%-2019_1028_144640

70%-2019_1028_144709

70%-2019_1028_151205

70%-2019_1028_150942

70%-2019_1028_151354

70%-2019_1028_151604

70%-2019_1028_151521

サイトに戻って、お風呂へ

風呂上がりの生ビールは最高でした

70%-2019_1028_165927

70%-2019_1028_165111

70%-2019_1028_165116

念願の徳本峠へ行くことができました

岳沢へも行ったし、これで僕らもアルピニスト!!(笑)


<今日の食事>

●朝ごはん

徳本峠にて、おにぎり、パン

●昼ごはん(遅い昼ごはん)

白樺荘売店の肉まん

70%-2019_1028_145318

●晩ごはん

今夜はガッツリいきます

70%-2019_1028_171833

70%-2019_1028_171841


<今日の上高地自然情報>

kamikochi2019at-if1028




12日目へ戻る     14日目へ続く


小梨平キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

小梨平滞在記 INDEXは ↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg 

ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/12/23(月) 06:30:52|
  2. 小梨平キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小梨平キャンプ場  モズの高鳴き

小梨平キャンプ場   モズの高鳴き     


11日目へ戻る     13日目へ続く

12日目(10月27日

5時半にふと目が覚めると、雨がぱらついていました

幕内の気温は8度 温め直した湯たんぽを抱きながらシュラフの中でうつらうつらして、7時前に起床

小梨平から明神方面へ5分ほど歩いたところまで散歩

このあたりは前日Shigeru&Mikiさんが鳥を多く見つけた場所・・・でしたが

70%-2019_1027_072926

70%-2019_1027_073124

70%-2019_1027_073812

70%-2019_1027_074232

70%-2019_1027_075351

70%-2019_1027_080039

70%-2019_1027_075542

70%-2019_1027_080224

70%-2019_1027_080459

70%-2019_1027_075902

70%-2019_1027_081728

70%-2019_1027_082331

コガラだけで他の鳥はいそうにないなあと、諦めていたところ

渡辺画伯のテント裏辺りで、甲高い鳴き声が聞こえました
初めて耳にする鳴き声です

後でビジターセンターの前田さんに教えてもらったのですが、モズの高鳴きというそうです

「キィー キィー キチキチキチ」木の葉が色づき秋が深まるとモズの甲高い鳴き声が聞こえてきます。鋭く挑戦的な鳴き声です。モズは、秋から冬にかけては1羽だけでなわばりを持ちます。そのため秋の初めには老若男女を問わずモズは激しい戦いをしてなわばりを勝ち取ります。一度確保したなわばりに侵入してくるものがあれば、また戦います。こうして11月には秋のなわばり争いは終わり、モズは1羽きりで冬を迎えます。
「モズの高啼き七十五日」といい、モズの高鳴きを初めて聞いてから75日目に霜が降りだすとして、農作業の目安にしている地域もあります。(出典:日本博物館協会)

70%-2019_1027_082756-1

70%-2019_1027_082756-2

70%-2019_1027_082803-1

70%-2019_1027_082807-1

70%-2019_1027_082825-2

70%-2019_1027_082844(1)-1

70%-2019_1027_082851-1

70%-2019_1027_082911-1



70%-2019_1027_083848

70%-2019_1027_083919

70%-2019_1027_084116

70%-2019_1027_083813

70%-2019_1027_084527

70%-2019_1027_084557

梓川にはセグロセキレイが・・・   朝ごはんの最中かな

70%-2019_1027_084822-1

70%-2019_1027_084824(2)-1

70%-2019_1027_084858(2)-1

70%-2019_1027_084942

70%-2019_1027_085032

70%-2019_1027_084936

70%-2019_1027_085102

70%-2019_1027_101926

70%-2019_1027_101947

70%-2019_1027_101704

70%-2019_1027_102013

70%-2019_1027_102054

70%-2019_1027_103026

70%-2019_1027_103123

70%-2019_1027_103224

70%-2019_1027_103449

明日は久しぶりにいい天気になりそう

70%-2019_1027_105610

70%-2019_1027_111416

70%-2019_1027_111446

70%-2019_1027_111502

70%-2019_1027_111520

70%-2019_1027_111528

70%-2019_1027_111645

この日の夜も居酒屋さんにまたまたお邪魔しました

明日は、念願の徳本峠へチャレンジです



<今日の食事>

●朝ごはん

70%-2019_1027_091128

70%-2019_1027_091413

70%-2019_1027_091552

70%-2019_1027_091557

●昼ごはん

ご飯炊きました

70%-2019_1027_131313

70%-2019_1027_131329

70%-2019_1027_131324

70%-2019_1027_131333

70%-2019_1027_131337

●晩ごはん

2種類のシチューとサラダ

70%-2019_1027_174009


<今日の上高地自然情報>

kamikochi2019at-if1027



11日目へ戻る     13日目へ続く
 

小梨平キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

小梨平滞在記 INDEXは ↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg 

ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/12/22(日) 17:40:17|
  2. 小梨平キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小梨平キャンプ場  大正池の朝もやを見たかったのですが・・・

小梨平キャンプ場  大正池の朝もやを見たかったのですが・・・  


10日目へ戻る     12日目へ続く

11日目(10月26日)

上高地の絶景のひとつ、大正池の朝もやを一度見てみたい
そもそも、大正池の朝もやは上高地の夏の風物詩ですが
ひょっとすると秋でも・・・と思って、早朝から出かけてみました

4時半起床 準備をして、5:15出発

70%-2019_1026_051655

夜明け前、河童橋あたりはまだ真っ暗

70%-2019_1026_052223

バスターミナル

70%-2019_1026_052925

70%-2019_1026_053215

梓川沿いを田代橋へ

70%-2019_1026_054125

田代橋からは、梓川コースも林間コースも冠水のため利用できず

帝国ホテル付近からは車道を歩きます

70%-2019_1026_055438

70%-2019_1026_055716

6時には明るくなってきました

70%-2019_1026_060014

自然財団(環境省)の車??や消防の車が、巡回しています

昨日の大雨で被害が出ていないかの確認のためでしょうか

70%-2019_1026_060220

70%-2019_1026_060643

70%-2019_1026_060752

自然財団(環境省)の人が大正池近くの進入禁止札を、「もう大丈夫ですよ」と外してくれたので、車道から離れて遊歩道へ

70%-2019_1026_061644

70%-2019_1026_062048

70%-2019_1026_061948

なんの鳥だろう? ノバトかな

70%-2019_1026_062247

残念ながら朝もやは出ていませんでした悲しい

70%-2019_1026_062322

70%-2019_1026_062338

70%-2019_1026_062357

どんよりとした雲に覆われた大正池

大雨の影響か、一部地面がえぐりとられたように姿を変えていたし、流木も多かった

70%-2019_1026_063654

70%-2019_1026_065025

70%-2019_1026_065727

70%-2019_1026_064722

70%-2019_1026_065011

70%-2019_1026_065035

70%-2019_1026_065213

6時を過ぎると、堰を切ったように上高地にバスが入ってきて、観光客が大正池に押し寄せます

静かな大正池を味わうには、もう少し早い時間に来るほうがいいですね

大正池の朝もや、次回の楽しみにとっておきましょう

70%-2019_1026_063406

田代池と田代湿原

70%-2019_1026_071818

70%-2019_1026_071513

70%-2019_1026_071604

70%-2019_1026_071728

70%-2019_1026_071710

70%-2019_1026_071909

70%-2019_1026_071827

70%-2019_1026_071951

70%-2019_1026_071630

70%-2019_1026_072217

70%-2019_1026_071649

70%-2019_1026_072135

70%-2019_1026_072121

遊歩道の林間コースを通って田代橋へ

70%-2019_1026_073152

70%-2019_1026_074015

70%-2019_1026_080758

70%-2019_1026_080521

ウエストン地区から梓川右岸を通って河童橋へ戻ります

70%-2019_1026_080956

70%-2019_1026_080818

70%-2019_1026_080843

70%-2019_1026_080913

70%-2019_1026_080958

70%-2019_1026_081012

70%-2019_1026_081348

70%-2019_1026_081257

70%-2019_1026_081708

70%-2019_1026_082916

70%-2019_1026_084228

70%-2019_1026_090128

70%-2019_1026_084548

明日もあまりいい天気ではなさそう悲しい

70%-2019_1026_090620

9時過ぎにサイトに戻ってきました

雲の切れ間から青空が顔をだしてくれました

70%-2019_1026_093404

70%-2019_1026_121924

70%-2019_1026_121951

70%-2019_1026_122005

70%-2019_1026_122012

70%-2019_1026_121937

少しだけ洗濯してからお昼ごはん

13時過ぎ、バスターミナルへ買い物に

土曜日なので、たくさんの観光客でにぎわっています

70%-2019_1026_131047-1

70%-2019_1026_131053-1

雨があがった日、渡辺画伯も筆がすすみますね

70%-2019_1026_131116

70%-2019_1026_132741-1

70%-2019_1026_132419-1

70%-2019_1026_131625

夕食用に定番の「河童のひるめし」を買おうと、行く前に電話して取り置きしてもらいました

取り置きしてもらっていて正解、ほとんど売り切れ状態でしたから・・・

70%-2019_1026_131820

曇りがちなので洗濯物が乾かず 

幕内にロープを張り巡らして、ヒーターやバーナーで即席乾燥場所を作りました

70%-2019_1026_175136

夕方、突然の大爆音にビックリ!!!

以前何度か聞いた熊を追い払う音でもないし、周りも特に騒いでもいないし・・・なんだろう?

夜、晴れて、星が出ました

70%-2019_1026_214457r

70%-2019_1026_214614r

70%-2019_1026_215121r

70%-2019_1026_215203r

70%-2019_1026_220106r

70%-2019_1026_215824r


<今日の食事>

・朝ごはん 

田代橋の近くで

70%-2019_1026_075644

サイトに戻ってから、少しお腹が空いたので・・・

70%-2019_1026_100803

●昼ごはん

70%-2019_1026_120904

70%-2019_1026_123008

●晩ごはん

「河童のひるめし」を、ばんめしに

70%-2019_1026_175128


<今日の上高地自然情報>

kamikochi2019at-if1026




10日目へ戻る     12日目へ続く


小梨平キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

小梨平滞在記 INDEXは ↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg 

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/12/21(土) 15:57:16|
  2. 小梨平キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Helko Werk Heritage  ヘルコワーク ヘリテイジ HR-7ハンドアックス

Helko Werk Heritage   ヘルコワーク ヘリテイジ HR-7ハンドアックス

長年使っているHelkoの手斧です

実は、数年前の誕生日プレゼントだったのですが、記事にするまでかなり長い時間がかかりました(笑)

70%-2019_1201_132444-1

Helko

ドイツのルール地方にあるヴッパータール市という職人の街にHelko社があります。
斧を製造して160年以上の歴史を誇る世界有数の斧製造メーカーです。

そのルーツは、1844年に創業されたHelsperツール制作所という小さな鍛冶屋です。
創業後わずか数年にして、 木工業向け高品質ツールメーカーとしてヨーロッパで名を馳せ、
世界各地のユーザーへと広がりました。

共同経営者を迎え社名をHelko社としてからもその信頼は揺らがず、現在は、ドイツ国内はもとより森林を有し、薪を必要とするほとんどの国に輸出され、 世界市場で最高品質の斧のブランド名として確立されています。

20190324001700

Helko Werk Heritage  HR-7 の 商品概要

●いつまでも同じ切れ味を永く保ち、研ぐ事をわすれさせる

世界一の厳しさといわれるドイツの工業規格(DIN)の厳格な基準に従って製造されており、ヨーロッパで最も権威のあるレムシャイト試験研究所で安全検査を行っています。その合格の証としてVPA/GSマークが付けられています。

●強靭なヒッコリーを使用した柄

Helko社製の斧の柄は、ヒッコリーの心材が用いられています。斧が振り下ろされた薪を射抜く際にかかる負担に動じない、最強の強度と抵抗力をもつ柄です。

●Heritage(ヘリテイジ:伝統遺産)、真にその名にふさわしい、一本

刃に厚みと重みがあり、長い柄からくり出される破壊力は、太い丸太からの薪割に最適です。刃は職人によりひとつひとつ手作業により鋭く磨かれた、プレミアムな逸品です。

70%-2019_1201_133637-1

70%-2019_1201_133648-1

70%-2019_1201_133600-1

70%-2019_1201_133549-1

70%-2019_1201_132540-1

70%-2019_1201_132613-1

70%-2019_1201_133622-1

70%-2019_1201_133614-1

70%-2019_1201_133718-1

70%-2019_1201_133725-1

70%-2019_1201_133756-1

70%-2019_1201_133806-1

 

半年に1回のメンテナンス

シャープナーで刃を研ぎます

70%-2019_1201_133112

70%-2019_1201_133159

70%-2019_1201_133217

70%-2019_1201_133406

70%-2019_1201_133504





柄の部分には、みつろうクリームを塗り込みます

70%-2019_1201_132715

70%-2019_1201_132806

70%-2019_1201_132833

みつろうクリーム 使用方法
70-2019_1201_133010 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

尾山製材 木工用みつろうクリーム 40g
価格:1208円(税込、送料別) (2019/12/20時点)


 

70%-2018_1209_093442-1

70%-2018_1209_093453-1

70%-2018_1221_093442-1

70%-2018_1221_093524-1


焚き火グッズINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/12/20(金) 19:11:43|
  2. 焚き火グッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自作・手作り  ペグキャリーポケット(Peg Carry Pocket) 8作目

自作・手作り  ペグ キャリーポケット(Peg Carry Pocket) 8作目


最初に自作してから5年、ペグ キャリーポケット(Peg Carry Pocket)も8作目となりました

手前味噌ですが、僕らの自作品のロングセラーのひとつです

8作目のプレゼント先は、Shigeru&Mikiさん

時期的にちょうどクリスマスプレゼントとなりました
きっとお役に立つと思いますので、末永く可愛がってやってくださいね

70%-2019_1218_142534

70%-2019_1218_142527

70%-2019_1218_142539

70%-2019_1218_142437

 

初代のペグ キャリーポケット(Peg Carry Pocket)は、自分たちで使っているのですが

2014年から5年間、丈夫で長持ち、しっかりと活躍してくれています
当然、外も中も汚れますが、洗濯機でガシガシ洗えます

上のポケットには概ね30cmペグ・ペグハンマー、下のポケットには概ね20cmペグが入るようになっています

70%-2019_1219_100602

70%-2019_1219_100314

70%-2019_1219_100407

K&Bの焼印を押してある革のロゴが、いい感じの色に変わってきました

70%-2019_1219_100323

70%-2019_1219_100610

70%-2019_1219_100926

70%-2019_1219_100932

70%-2019_1219_100916

1作目についてはこちらへ

7作目についてはこちらへ


同じようなグッズがいくつか市販されていますね  

DAIS(ダイス) PEG BAG ペグバック

70%-2019_1219_100933

(出典:OUTDOOR SHOP DECEMBER

BALLISTICS(バリスティクス) PEG &HAMMER CARRY ペグ&ハンマーキャリー 

70%-2019_1219_100934

(出典:Ballistics

DOD(ドッペルギャンガー)  PEG MAKU HAKOBU PEGBAG ペグマクハコブペグバッグ

70%-2019_1219_100935

(出典:DOD

村の鍛冶屋×コヅチ「ペグ ハンマーショルダーケース」

70%-2019_1219_100937

(出典:村の鍛冶屋

ゆるキャン△とのコラボ商品もありますねウインク



しばらくはキャンプでお会いできないので、ペグ キャリーポケットはご自宅までお届けしました

Shigeru&Mikiさんのご自宅には、薪ストーブが備え付けられています
寒い時期にキャンプで薪ストーブを使うことはありますが、薪ストーブがご自宅のこんなに身近にあるとは・・・
なんて、贅沢な空間なんでしょう!

せっかくの機会なので、薪ストーブで遊ばせていただきました

70%-2019_1218_174020-1

70%-2019_1218_174003-1



ありがとうございました

またキャンプでご一緒しましょう


自作・手作り・工夫INDEXはこちらへ

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/12/19(木) 20:59:24|
  2. 自作・手作り・工夫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

COMTEC コムテック ドライブレコーダー ZDR-015


COMTEC   コムテック ドライブレコーダー ZDR-015



2019年12月16日
ドライブレコーダーをプラS君に設置しました

最近、あおり運転の被害や逆走による交通事故といった、今まではレアケースだった種類の被害が増加し
それに伴って、ドライブレコーダーの役割がクローズアップされることが増えてきました
僕らも、交通量の多い都内を走ることや、高速道路を使って遠距離を走ることも多いので
「万が一の場合、自分を守るために証拠を残す」のに相応しい器具=ドライブレコーダーの必要性を感じたためです

選んだ機種は、COMTEC ZDR-015
プラS君がお世話になっている、トヨタのお店の整備担当の方からお勧めいただいた機種
200万画素 前後2カメラのドライブレコーダー

コムテックには370万画素の機種もありますが、そこまで高画質の必要はないだろうし
何しろ、お値段が高すぎ
後ろのカメラはどうしようかと迷いましたが、万が一の事を考えると後のカメラも必要だよねと思って
前後2カメラに

その他、色々とネットなどで情報収集して、COMTEC ZDR-015に決定

2019_1214_160020

zdr015_se1

(出典:コムテックHP)

機種は決まりましたが、できるだけ安価に取り付けるには、どうするか
自分での取り付けも検討しましたが、電源の取り方や配線を考えると僕らでは絶対に無理だと判断
では、何処で買って、何処で取り付けてもらうか

検討の内容は次のとおり(金額は税込)

①.機器購入先・取付依頼先とも△△△バックス

機器金額

取り付け費用

合計

¥30,798

¥20,900

¥51,698

②.機器購入先はAmazon・取付依頼先はSeibii (出張取付)

機器金額

取り付け費用

合計

¥23,441

¥19,980

¥43,421

③.機器購入先はAmazon・取付依頼先は某ディーラー

機器金額

取り付け費用

合計

¥23,441

約¥30,000

約¥53,441

④.機器購入先はAmazon・取付依頼先は某整備工場

機器金額

取り付け費用

合計

¥23,441

¥25,000

¥48,441

 

比較検討の結果、②に決定

Amazonを利用して機器を購入し、seibiiに出張取り付けを依頼することにしました

seibiiとは、クルマの整備・修理出張サービスを専門とする2019年1月に設立された会社

料金が事前にわかり、自宅まで来て作業をしてくれるという点が気にいりました

ドライブレコーダーの取り付けでは、上記で検討したように、なかなかリーズナブルな料金でした

ドライブレコーダー取付(前後カメラ)

ドライブレコーダー取付の作業手順

 

2019_1214_155329-1

2019_1214_155401-1

2019_1214_155422-1

2019_1214_155432-1

2019_1214_155450-1

2019_1214_155503-1

リヤカメラ 55×25×28(mm)と、とても小さいです

2019_1214_155539-1

2019_1214_155550-1

2019_1214_155611-1

2019_1214_155620-1

付属のコードなど

2019_1214_155711-1

2019_1214_155914-1

2019_1214_160019-1


取り付けは三時間程度で完了したのですが、ちょっと問題点が・・・

検査標章(ステッカー)が、映像に映り込んでしまいます

広い範囲を撮影する広角レンズですから、センターバイザーの映り込みはある程度は仕方がないですが
検査標章の映り込みはちょっと問題

2019_1214_160022_F-1

・・・ということで、今貼っている検査標章をはがし、再交付してもらって、助手席側の位置に貼ることにします

道路運送車両法第66条 自動車は、自動車検査証を備え付け、かつ、国土交通省令で定めるところにより検査標章を表示しなければ、運行の用に供してはならない。
このルールに違反して、車検シールを貼っていなかった場合は罰則があり、50万円以下の罰金です。(道路運送車両法109条8項)

足立自動車検査登録事務所に照会してみると、簡単に再発行が可能とのこと
必要書類は、車検証、認め印、古いステッカーの破片、印紙代¥300

ドライブレコーダーの動作確認も兼ねて、出かけてきました

足立自動車検査登録事務所の入口(ドライブレコーダーの映像)

2019_1214_160024_F

2019_1214_160025_F

初めて足を踏み入れた場所なので、最初はウロウロしてしまいました困った

B棟という建物で、印紙¥300を買います

2019_1214_160021 (3)

2019_1214_160021 (4)

A棟の窓口へ

2019_1214_160021 (9)

記入例に従って、申請書を作成して、窓口に車検証・ステッカーの破片とともに提出します

2019_1214_160021 (7)

2019_1214_160021 (6)

数分で交付されました

ステッカーと車検証は一対のもので、車検証も新しいものが再交付されました

再交付されたステッカーは、当然ですが「令和」表示になっていました

2019_1214_160021 (8)

裏面に記載されている貼り方に従い、慎重に貼ります

2019_1214_160021 (10)

これでドライブレコーダーに検査標章(ステッカー)が映らなくなりました

後は、もう少し角度の微調整が必要かもしれません

2019_1214_160023_F

リヤカメラ

こちらはもう調整は必要ないでしょうね

2019_1214_160021 (13)

リヤカメラの映像

2019_1214_160023_R

リヤガラスに、ドライブレコーダーで録画中というステッカーを貼っておきましたが

こんな小さなステッカー、後方から見えますでしょうかね知らない

2019_1214_160021 (1)


万が一の備えがひとつ加わったことで、安心感が増しました

車を運転する時には、常に安全運転を心掛けたいものです

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/12/17(火) 22:30:48|
  2. その他グッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「小さな電車でおさんぽ日和」

「小さな電車でおさんぽ日和」



Syu&Chaiさんが、東京さくらトラム(都電荒川線)に乗って散歩する企画を作ってくださいました
テント・シュラフ不要の、お気軽アウトドア企画です

12月15日(日)、JR王子駅に集合

都電に乗る前に、まずは国立印刷局王子工場に併設されているお札と切手の博物館(国立印刷局博物館)

王子駅から徒歩3分、すぐ近くでした

70%-2019_1215_113209

70%-2019_1215_113101

70%-2019_1215_113105

お札の偽造防止技術など、今まで知らなかった事を色々と勉強させてもらいました

70%-2019_1215_104009

70%-2019_1215_110103

70%-2019_1215_112236

1億円、持ちあげてみました

重さ約10kg、まあ大した重さではないです

できれば、ホンモノをお持ち帰りしたかったですがペロリ

70%-2019_1215_110509-1

 パンフレット
70-IMG_20191216_0001 

展示案内
70-IMG_20191216_0003  70-IMG_20191216_0004 
 
70-IMG_20191216_0005  70-IMG_20191216_0006

70-IMG_20191216_0007

さて、いよいよ王子駅前停留場から都電に乗って出発です(路面電車では駅ではなく停留場といいます)

70%-2019_1215_102742

1日乗車券¥400、1回の乗車で¥170ですから、この1日乗車券はお得です

ちなみに都電・都バス・都営地下鉄などが乗り放題の1日乗車券は¥700、こちらもとてもリーズナブルびっくり

IMG_20191216_0002

三ノ輪橋方面に乗って・・・

70%-2019_1215_113631

荒川車庫前で下車

ここで運転手さんが交代しましたが、写真の右に立っている運転手さん、この日3回も会いました爆笑

70%-2019_1215_114307

70%-2019_1215_114341

70%-2019_1215_114403

車庫に隣接する都電おもいで広場

旧型車両2両が残されていて、車内にはいろいろな資料や昔の写真が展示されています

70%-2019_1215_114446

70%-2019_1215_115425

昔はこんなにたくさんの路線があったのですね

70%-2019_1215_115019

昔の写真に興味津々

浅草雷門の前

70%-2019_1215_115735

70%-2019_1215_114842-1

昔は、「雷門」という駅があったのですね

70%-2019_1215_114620-2

浅草松屋前

70%-2019_1215_115741-1

新大橋

70%-2019_1215_114812

日本橋

70%-2019_1215_114716

70%-2019_1215_115153

銀座

70%-2019_1215_115108-1

70%-2019_1215_115141

新橋付近

都電と新幹線、いい写真ですね

70%-2019_1215_114918-1

 

70%-2019_1215_115240

70%-2019_1215_115357

70%-2019_1215_115401

70%-2019_1215_115530

70%-2019_1215_115545

70%-2019_1215_115540

70%-2019_1215_115618

は~い、これからご一緒させていただきま~す大笑い

70%-2019_1215_115255

70%-2019_1215_115825


都電の歴史と都営荒川線

都電の歴史は、明治44年に東京市が東京鉄道株式会社から路面電車事業を買収し、東京市電気局として開局したときに遡ります。

都電には、かつて文字通り“都民の足”として隆盛を誇った時代がありました。最盛期の昭和18年度には、一日平均193万人ものお客様が利用されました。系統も41系統を数え、都電が都内を縦横に走っていました。しかし、自動車交通量が増大していく流れの中で、軌道敷内への自動車乗り入れによる輸送効率の低下が顕著となり、昭和42年から昭和47年にかけて181kmもの路線の廃止を余儀なくされました。

現在では、路線の大部分が専用軌道であること、代替バスを運行できる道路がないこと、沿線住民等の強い存続要望があったことなどにより、三ノ輪橋~早稲田間を走る荒川線のみを運行しています。

営業キロはわずか12.2kmですが、平成30年度は一日平均約4万8千人のお客様にご利用いただき、地域に密着した交通機関として親しまれています。

荒川線の魅力を国内外に積極的にアピールし、更なる利用者の誘致、沿線地域の活性化に寄与していくため、外国人を含む観光客の方にも親しみやすい路線愛称を付けることとし、広く意見募集を行いました。その結果平成29年4月に愛称が「東京さくらトラム」に決定しました。

(出典:東京都交通局HP)

東京さくらトラム(都営荒川線)路線図

都電荒川線は、かつての27系統(三ノ輪橋~赤羽)の一部と32系統(荒川車庫前~早稲田)を統合させたものだそうです
三ノ輪橋が起点・早稲田が終点なので、三ノ輪橋行きが上り・早稲田行きが下りとなるようです

index_map4

 パンフレット
70-IMG_20191216_0008  70-IMG_20191216_0009

70%-2019_1215_120039

70%-2019_1215_115944

70%-2019_1215_115954

70%-2019_1215_120009

70%-2019_1215_120123

70%-2019_1215_120132

Syuさんに教えてもらいました

都電のレール幅(軌間・ゲージ)は、JRに比べて広いとのこと

じっくりと見てみると、確かに広いような感じがします

車両の幅は狭いのに、レールの幅が広いのはどうしてなのでしょうね

70%-2019_1215_120230

 

次は、荒川車庫前から早稲田方面へ一駅、梶原へ

70%-2019_1215_121329

停留場のホームになんと、たばこも売っている本屋さんが

梶原書店というお店

70%-2019_1215_120518

70%-2019_1215_121113

昭和を感じさせてくれますね

70%-2019_1215_121131

70%-2019_1215_120458

ショッピングロードかじわら

70%-2019_1215_120551

70%-2019_1215_121014

ショッピングロードに入ったすぐの和菓子のお店 明美

70%-2019_1215_121000

70%-2019_1215_120608

ここに名物あり、その名は「都電もなか」

70%-2019_1215_120800

70%-2019_1215_120644

都電のミニチュアパッケージ7種類、とても可愛いです

中のもなかは1種類ですが・・・ウインク

70%-2019_1215_120907

70%-2019_1215_120902


とても珍しいパッケージなので、家に戻ってからじっくり撮影してみました

買ってきたのは5種類

70%-2019_1216_134705

70%-2019_1216_135051

70%-2019_1216_135018

70%-2019_1216_134938

70%-2019_1216_134753

70%-2019_1216_134806

70%-2019_1216_134817

70%-2019_1216_134825

70%-2019_1216_134832

もちろん、中のもなかは絶品ですよ

70%-2019_1216_135245

 IMG_20191216_0002 (2)

梶原から早稲田方面へ

70%-2019_1215_121445

70%-2019_1215_121459

庚申塚で下車

70%-2019_1215_131711

踏切を渡って、反対側のホームへ

「やきそば」「おはぎ」という幟??

70%-2019_1215_131721

なんとなんとホームの中にお店が、都電を降りたら徒歩3歩爆笑

甘味処いっぷく亭

70%-2019_1215_123759

70%-2019_1215_123808

70%-2019_1215_123656

メインは、おはぎと焼きそば

70%-2019_1215_123644

70%-2019_1215_124139

甘味処なのでアルコールはないような・・・悲しい

しかし、メニューをじっくり見ると、懐かしいバヤリースオレンジの下に、ありました ありました

70%-2019_1215_124030

70%-2019_1215_124245

1人小瓶1本だけですよ  飲み過ぎると散歩できなくなりますからね

70%-2019_1215_124331

焼きそばとおはぎのセット、この組み合わせは生まれて初めての体験かも

70%-2019_1215_124637

焼きそばもおはぎも美味しかったです

機会があったらまた来てみたいお店でした

70%-2019_1215_124658

早稲田方面のホームに戻って電車を待ちます

70%-2019_1215_131907

ホームの後ろにパーマの文字

ここにも昭和が息づいていました

70%-2019_1215_131954

70%-2019_1215_131858

終点の早稲田

70%-2019_1215_133937

70%-2019_1215_133952

70%-2019_1215_134015

早稲田大学へ

早稲田大学大隈記念講堂

70%-2019_1215_135146

ショップには、色々な早稲田グッズが・・・

70%-2019_1215_134556

70%-2019_1215_134728

70%-2019_1215_134855

70%-2019_1215_135217

70%-2019_1215_135327

70%-2019_1215_135500

70%-2019_1215_135423

70%-2019_1215_135609

演劇博物館

70%-2019_1215_135716

70%-2019_1215_135731

70%-2019_1215_135803

早稲田停留場に戻って

70%-2019_1215_144616

70%-2019_1215_144635

早稲田から4つ目、鬼子母神前で下車

70%-2019_1215_145449

70%-2019_1215_145520

雑司ヶ谷鬼子母神堂

70%-2019_1215_145836

70%-2019_1215_151329

70%-2019_1215_150345

70%-2019_1215_150435

すすきみみずく

70%-2019_1215_150528

70%-2019_1215_150600

70%-2019_1215_145907

70%-2019_1215_150046

70%-2019_1215_150112

創業1781年の駄菓子屋さん 上川口屋

江戸時代から続く、日本一古い駄菓子屋さんですね

加賀藩主・前田利常公の息女・自昌院殿が鬼子母神に寄進したことから、加賀藩御用達となった飴屋がその前身とのこと

70%-2019_1215_150141

70%-2019_1215_150247

70%-2019_1215_150959

境内では、「手造り市」が開催されていました(原則、毎月第3日曜日に開催)

70%-2019_1215_145955

かなり賑わっていましたね

70%-2019_1215_150627

雑司が谷のお酉様 大鳥神社

70%-2019_1215_152031

70%-2019_1215_151804

70%-2019_1215_151901

70%-2019_1215_151911

70%-2019_1215_151953

都電雑司ヶ谷から庚申塚へ

70%-2019_1215_152605

70%-2019_1215_153731

巣鴨地蔵通商店街

70%-2019_1215_154017

70%-2019_1215_154026

70%-2019_1215_154155

70%-2019_1215_154333

70%-2019_1215_154719

巣鴨と言えば、やはりここですねびっくり

70%-2019_1215_154754

70%-2019_1215_154817

ミッキーやキティ、スヌーピーファンの皆さま、おひとついかがですか?

70%-2019_1215_154823

アウトドアウェアにいかがでしょうか

70%-2019_1215_155427

とげぬき地蔵尊 高岩寺へお参りします

70%-2019_1215_155704

70%-2019_1215_155953

70%-2019_1215_160312

人は年をとると色々な物に頼りたくなるものですがっかり

70%-2019_1215_160137

70%-2019_1215_160143

70%-2019_1215_160624

70%-2019_1215_160030

70%-2019_1215_160711

染井霊園へ

70%-2019_1215_161137

ここには著名人のお墓がたくさんあります

高村家のお墓もここに

70%-2019_1215_161904

70%-2019_1215_161658

夕暮れが迫ってきました

70%-2019_1215_161842

これで散歩を終えて、JR巣鴨駅から赤羽駅へ

Syu&Chaiさん行きつけのお店で、美味しいお酒と料理を堪能しました

70%-2019_1215_161905

新しい発見がたくさんあり、とても素敵な都電散歩でした

Syu&Chaiさん、素晴らしい企画ありがとうございました

次回はテントとシュラフ持参のアウトドアで遊びましょう



関連記事

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2019/12/15(日) 23:47:18|
  2. ●街の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

MYSTERY RANCH ZOID CELL ミステリーランチ ゾイドセル

MYSTERY RANCH ZOID CELL   ミステリーランチ  ゾイドセル

 
久しぶりに訪れた渋谷で用事を済ませてから、A&Fカントリー 渋谷ヒカリエShinQs店に立ち寄ってみました

それほど広いスペースではないものの、アパレル類の取り揃えが充実していたり

僕らにとって目新しいグッズに出会ったことがあるので、頻繁に出かけることはないけれど

なんとなく気になっているショップです


ここ数年来、アーミーやミリタリーカラーがお気に入りに加わり

そういったカラーのグッズがあると、吸い寄せられるように手に取ってしまいます

そこで惹きつけられたのが、こちら

 70%-2019_1214_095931-1

70%-2019_1214_095956-1

70%-2019_1214_100056-1

70%-2019_1214_100015-1

70%-2019_1214_100031-1

70%-2019_1214_100438-1

 

70%-2019_1214_100110-1

MYSTERYRANCH ミステリーランチ ゾイドセルは、あなたの大切なギアを衝撃から守るパッド入りギアケースです。内部のパッドは折りたたみ可能となっているので、使わないときはフラットに折りたためて収納にも便利です。側面のジッパーポケットにはSDカードや、予備電池など入れることができます。

カメラなどを収納するイメージで作られたケースなのでしょうか

しっかりとした造りとなっています

70%-2019_1214_101333

70%-2019_1214_101334

70%-2019_1214_101335

70%-2019_1214_100156-1

70%-2019_1214_100319-1

70%-2019_1214_100333-1

70%-2019_1214_100346-1

70%-2019_1214_100403-1

■サイズ:15cmx32cmx15cm
■容量:4L
■重量:300g
■素材:160D×320Dナイロン

70%-2019_1214_100752-1

70%-2019_1214_100723-1

さてさて、何の収納ケースとしましょうか

70%-2019_1214_101010-1

70%-2019_1214_101205-1

70%-2019_1214_101332-1

70%-2019_1214_101336




収納・棚 INDEXはこちらへ

ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/12/14(土) 23:15:10|
  2. 収納
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小梨平キャンプ場  またまたの大雨

小梨平キャンプ場   またまたの大雨 


9日目へ戻る     11日目へ続く

10日目(10月25日)

夜中の雨が、朝になってもより強く降り続いています

7時起床 前回同様に幕内は浸水です

Screenmemo_2019-10-25-09-05-04

関東も雨がひどいらしく、特に千葉方面には被害が出ているもようです

Screenmemo_2019-10-25-09-05-22

Screenmemo_2019-10-25-09-05-45

70%-2019_1025_095936

70%-2019_1025_095944

70%-2019_1025_100008

70%-2019_1025_100020

70%-2019_1025_100025

70%-2019_1025_100030

外に出るのをためらうほどの強い降り 昼も引き続き強い雨、加えて風も強くなってきます

こんな日は幕に籠って、読書やお昼寝   おとなしくしているしかないですね

70%-2019_1025_100046

結構冷えるので、暖房器具がフル稼働

70%-2019_1018_170541

70%-2019_1018_170624

これも暖房に使いますウインク

70%-2019_1025_085525

70%-2019_1025_100109

70%-2019_1025_100119

70%-2019_1025_100141

70%-2019_1025_100133

一日中降り続いた雨も、夕方6時頃にやっと小雨になりました

今夜もお隣の居酒屋さんにお邪魔して、美味しいお酒をいただきました


<今日の食事>

●朝ごはん

70%-2019_1025_080540

70%-2019_1025_080544

●昼ごはん

70%-2019_1025_122401

70%-2019_1025_124409

70%-2019_1025_124415

70%-2019_1025_122414

●晩ごはん

晩ごはんというより、16時頃から飲みはじめます

70%-2019_1025_162526

70%-2019_1025_172845


<今日の上高地自然情報>

kamikochi2019at-if1025



9日目へ戻る     11日目へ続く


小梨平キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

小梨平滞在記 INDEXは ↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg 

ページトップへ戻る





関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/12/13(金) 21:40:33|
  2. 小梨平キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小梨平キャンプ場  焚き火パーティー

小梨平キャンプ場  焚き火パーティー


8日目へ戻る     10日目へ続く

9日目(10月24日)

7時起床、昨日の山登りが、約11時間爆睡させてくれました

今日は朝から曇り空

70%-2019_1024_101221

70%-2019_1024_101325

70%-2019_1024_101558

70%-2019_1024_100958

70%-2019_1024_101615

70%-2019_1024_101801

70%-2019_1024_101834

70%-2019_1024_101843

天気がよくないせいでしょうか 小梨平食堂も閑散としています

70%-2019_1024_102559

70%-2019_1024_102805

70%-2019_1024_103104

サイト近くでうぐいすの地鳴きが聞こえたので探していると、低い枝に止まりマユミの実をついばんでいました

70%-2019_1024_103326-1

70%-2019_1024_103330-1

70%-2019_1024_103357

ビジターセンターの前田さんにこの動画を見てもらうと
「うぐいすで間違いないです。2羽いるようですが、この時期には夫婦関係は解消しているはずなのに
 どうしたんでしょうね。マユミの実を食べる姿は非常に珍しく、私も見たことがありませんよ」とのことでした

今日の午後から明日にかけて、また雨の予報
小梨平に来てから、本当に雨の日が多いです

70%-2019_1024_115921

また、敷板借りてきました

70%-2019_1024_132906

夜は、炊事場で焚き火パーティー

70%-2019_1024_183258

炊事場に歯を磨きに来た外国人カップルに、焚き火で暖まっていくようお誘いしました
フランスから仕事でシンガポールに住む男性とシンガポールの女性
東京に4日間、長野、松本から上高地へ  ここ小梨平のBサイトに1泊
明日は長野県湯田中温泉近くにある、地獄谷野猿公苑の温泉に入るサルを見に行くそうです
東京ではジブリ美術館が印象に残っているとのことでした

余談ですが・・・
地獄谷野猿公苑の温泉に入るサルは、過去に出会った外国人観光客から何回も訪問先として挙げられた場所です
SNSの情報で拡散されているようですね
彼らは「スパモンキー」と呼んでいました

そうこうしている間に、スタッフのみんなも集合

70%-2019_1024_193229

岳沢登山の話で盛り上がりました

70%-2019_1024_193239-1

70%-2019_1024_210235-1

70%-2019_1024_210243-1

途中から雨が降りだします

二次会は居酒屋さんで

Lサイトは誰もいなかったので、夜遅くまで飲んでいました


<今日の食事>

●朝ごはん

70%-2019_1024_085252

70%-2019_1024_085337

70%-2019_1024_085506

●昼ごはん

70%-2019_1024_124836

おやつ

70%-2019_1024_143455

●晩ごはん

70%-2019_1024_173911

70%-2019_1024_173902


<今日の上高地自然情報>

kamikochi2019at-if1024



 
8日目へ戻る     10日目へ続く


小梨平キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

小梨平滞在記 INDEXは ↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg 

ページトップへ戻る








関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/12/12(木) 19:50:17|
  2. 小梨平キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

小梨平キャンプ場  岳沢へ

小梨平キャンプ場  岳沢へ


7日目へ戻る     9日目へ続く

8日目(10月23日)

今回の小梨平に滞在中に、昔上高地への入口であった「徳本峠」へ行ってみようと考えていました
そこは、ウォルター・ウェストンはじめ高村幸太郎や芥川龍之介などが上高地に行く際に通った峠
先人たちが見た峠からの穂高連峰の素晴らしい眺望を、実際に体験したみたかったのです

この計画を、キャンプ場の支配人やスタッフのみんなに話すと
全員が口を揃えて、「この時期に行くなら、徳本峠より紅葉が盛りの岳沢でしょ!!」と・・・

という事で、皆さんからの誘惑に負けて、岳沢へ行ってみることにしました

岳沢は、上高地の河童橋などから正面に見える穂高連峰の中腹にある渓谷で、山小屋の「岳沢小屋」があります

目的地はその岳沢小屋(標高2,170m

konasidaira201910-015

konasidaira201910-014

小梨平キャンプ場からの標高差は約650m、一般的なコースタイムは登り2:25、下り1:55

konasidaira201910-016

河童橋から見ると、岳沢小屋はこんな感じに見えます

結構高いところにありますが、辛ければ途中まで行って帰ってくればいいわけだし・・・

まあなんとかなるでしょう大笑い

konasidaira201910-022

5時前に起きだして、出発準備

70%-2019_1023_053757

今日はいい天気になる予報です

70%-2019_1023_053620

6時ジャストに出発

70%-2019_1023_060318

焼岳も朝からくっきりと見えています

70%-2019_1023_061424

70%-2019_1023_061428

70%-2019_1023_061412

穂高に朝陽が当たり始めます

70%-2019_1023_061425

70%-2019_1023_062628

岳沢湿原

70%-2019_1023_062834

70%-2019_1023_063347

70%-2019_1023_063339

岳沢湿原のすぐ近くが登山口となっています

70%-2019_1023_063449

岳沢小屋までの登山道には、⑩から⓵までの案内標識が設置されているので、おおよその目安になります

6:32 登山開始です

70%-2019_1023_152759

岳沢原生林付近は、昨日までの大雨のせいでしょうか 登山道が一部川になっていました

70%-2019_1023_150953

70%-2019_1023_145505

古い案内標識には「岳沢ヒュッテ」と書かれています

以前は「岳沢ヒュッテ」という山小屋がありましたが、2006年の記録的な豪雪の際、雪崩で損壊したようです

その後、2010年に槍ヶ岳山荘のご主人が新たに再建されたのが現在の「岳沢小屋」とのこと

70%-2019_1023_145451

70%-2019_1023_073813

樹林帯を抜けると、少し展望が開けます

南方向に、乗鞍岳が見えました

70%-2019_1023_073531

70%-2019_1023_073752

70%-2019_1023_074114

70%-2019_1023_074355-1

天然クーラーの風穴

それほど冷たい空気が出ているようには感じませんでしたが

ここで少し休んでいると、Shigeru&Mikiさんが登ってこられてあっさりと追い越して行かれました困った

若さには負けます

70%-2019_1023_074355

70%-2019_1023_080353

70%-2019_1023_080413

70%-2019_1023_080945

70%-2019_1023_083429

まさに「見晴台」 素晴らしい風景を望みながら、昨日作っておいたおにぎりで朝ごはん

 

穂高が近いです

70%-2019_1023_083259

70%-2019_1023_082410

70%-2019_1023_081244

70%-2019_1023_081207

70%-2019_1023_082347

70%-2019_1023_083023

70%-2019_1023_083226

70%-2019_1023_083236

70%-2019_1023_083246

眼下には上高地、そして乗鞍岳

70%-2019_1023_081232 (2)

70%-2019_1023_081320

大正池方面

70%-2019_1023_082212

帝国ホテルの赤い屋根

1人一泊¥800の小梨平キャンプ場もいいですが、一度はここに泊まってみたい!すぐ戻ります

70%-2019_1023_082447

河童橋も見えます

70%-2019_1023_082415

ホテル白樺荘、いつも売店にはお世話になっていますが・・・キョロキョロ

70%-2019_1023_082337

寒くなると上高地まで降りてくるルリビタキですが、まだ暖かいので、このあたりの高地にいるかもと

探しながら歩きますが・・・

かろうじてカメラにおさめることができたのは、マミチャジナイだけでした

70%-2019_1023_084135

70%-2019_1023_085657

70%-2019_1023_085412

案内標識⑤、やっと中間地点です

登り始めて2時間20分、朝ごはん休憩を入れたり、ルリビタキなどの野鳥を探しながらとはいえ

普通の人ならそろそろ岳沢小屋に着く時間ですねがっかり

脚がかなり疲れてきましたが、せっかくここまで来たのですから、あと半分頑張ってみることにしましょう

70%-2019_1023_085720

雲一つない青空、そして真っ盛りの紅葉、これ以上望むとするならエスカレーターが欲しいペロリ

70%-2019_1023_090547

70%-2019_1023_091041

70%-2019_1023_091126

70%-2019_1023_085738

70%-2019_1023_091835

日帰りの軽登山とは言いながら、万全の装備で登ってきました

雨具、非常食、飲料水、トレッキングポール・・・などなど

70%-2019_1023_092952

西穂展望所

70%-2019_1023_093021

この絶景、言葉を失います

70%-2019_1023_094111

70%-2019_1023_094116

↓画像クリックで拡大表示

70%-2019_1023_094123

70%-2019_1023_094455

70%-2019_1023_094450

70%-2019_1023_094441

黙々と登ります

70%-2019_1023_094446

70%-2019_1023_094706

胸突八丁、標高2,000mを超えました

70%-2019_1023_101347

70%-2019_1023_102848

70%-2019_1023_102854

70%-2019_1023_102900

70%-2019_1023_103020

やっと①まで来たと思ったら、ここがゴールではなかったです困った

ここで小屋が見えるという小屋見峠

70%-2019_1023_104209

70%-2019_1023_104230

ガレ場を横切っていきます

70%-2019_1023_104804

70%-2019_1023_104945

穂高が迫ってきます

70%-2019_1023_104938

70%-2019_1023_104926

70%-2019_1023_104955

70%-2019_1023_105005

70%-2019_1023_105112

11時、岳沢小屋になんとか到着です

70%-2019_1023_110525

70%-2019_1023_110740

70%-2019_1023_110630

70%-2019_1023_110626

70%-2019_1023_111118

70%-2019_1023_112347

70%-2019_1023_112334

先に到着していたShigeru&Mikiさんは、余裕の姿爆笑

70%-2019_1023_113430-1

こちらは、疲労困憊がっかり

70%-2019_1023_112422

非常食にと持ってきたパンを少し食べて、疲労回復!!

70%-2019_1023_114138

いやいや、何度も言いますが、最高の天気と最高の紅葉

これ以上望む物があるとすれば、下までのエスカレーター知らない

70%-2019_1023_113149

乗鞍岳

70%-2019_1023_112209

70%-2019_1023_115928

70%-2019_1023_113525

大正池がはっきりと見えました

70%-2019_1023_115808-1

河童橋には沢山の観光客が

70%-2019_1023_113240

70%-2019_1023_112216

70%-2019_1023_112226

70%-2019_1023_115751

70%-2019_1023_112001

70%-2019_1023_115721

70%-2019_1023_115731

70%-2019_1023_111919

70%-2019_1023_111927

70%-2019_1023_111942

70%-2019_1023_112248

70%-2019_1023_112457

70%-2019_1023_113018

70%-2019_1023_112438

70%-2019_1023_112441

70%-2019_1023_112444

↓画像クリックで拡大表示

70%-2019_1023_112444-P

 

70%-2019_1023_113047

70%-2019_1023_112559

山小屋はこの時期から小屋締めの準備ですね

70%-2019_1023_112607

70%-2019_1023_120347

70%-2019_1023_120253

70%-2019_1023_120428

70%-2019_1023_112537


12:15 下山開始

70%-2019_1023_121912

70%-2019_1023_112428

名残り惜しくて、何度も何度もシャッターを切ってしまいます

70%-2019_1023_120443

70%-2019_1023_120817

70%-2019_1023_120807

70%-2019_1023_120824

70%-2019_1023_120742

70%-2019_1023_120753

70%-2019_1023_122507

岳沢小屋、お世話になりました

機会があれば、今度はここでテントを張ってみたいものです

70%-2019_1023_123217

70%-2019_1023_123211

下りは転倒しないように、特に慎重にゆっくり、ゆっくり・・・

15:30 登山口まで降りてきました

もう脚がガクガクで、膝が「ケラケラ」と笑っていました

70%-2019_1023_153006

河童橋まで戻り、美味しい水で一息  ビジターセンターの天気予報を撮影してから、サイトに戻ります

明日は、また雨の予報

70%-2019_1023_155621

休憩してから入浴 体重計に乗ると2kg弱、体重が減ってました
温かいお湯に浸かると思わず「あ”~~」
しっかり、脚をほぐします

お風呂の後、そのまま食堂へ行き、生ビールで乾杯  そして、ガッツリとトンカツ定食とソースかつ丼を注文
生ビールが美味しかったことと言ったら・・・もう最高でした 

夕方からお隣の居酒屋さんにお邪魔して、高級な五千尺ホテルのプリンをいただきました
アルコールは止めて、飲むのは水ばかり
みんなお疲れモードで7時にはお開き
8時にはシュラフに潜りこみました 

僕らにとってはハードな一日となりましたが、素晴らしい風景に出会えて、充実した時を過ごすことができました


<今日の食事>
省略


<今日の上高地自然情報>

kamikochi2019at-if1023




7日目へ戻る     9日目へ続く


小梨平キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

小梨平滞在記 INDEXは ↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg 

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/12/11(水) 17:27:34|
  2. 小梨平キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

tent-Mark DESIGNS Aluminum pole peg テンマクデザイン アルミポールペグ

tent-Mark DESIGNS Aluminum pole peg  テンマクデザイン アルミポールペグ


「釘のような形状で打ち込みやすさ抜群のアルミペグ」というふれ込みですが
打ち込みやすさというよりは、幕のスカートを地面に留める時に最適な形状のペグ

お友達のShigeru&Mikiさんが使っているのを見て、「これはGood!」と確信した逸品です

2019年12月4日(水)、WILD-1越谷レイクタウン店へ行った時に買ってきました


70%-2019_1207_130036-1

サイズ:200×18㎜、ボディー Ф8㎜

70%-2019_1207_160452-1

重量:約30g、材質:アルミ合金

70%-2019_1207_130438-1

70%-2019_1207_160727-1

頭の部分のこの形状が、スカートをしっかりと留めてくれます

70%-2019_1207_160819-1

70%-2019_1207_160813-1

紐が付いているので、抜くときにとても便利

70%-2019_1207_160842-1

70%-2019_1207_160855-1


WILD-1で、tent-Mark DESIGNSのOUTDOOR CATALOG 2019-2020をいただきました

テンマクのカタログって、初めて見ました(いつも発行されていて僕らが知らなかっただけ??)

「物欲をそそる」なかなか良くできたカタログです

70%-2019_1207_125412

70%-2019_1207_125527

70%-2019_1207_125617

70%-2019_1207_125647

70%-2019_1207_125716

70%-2019_1207_125754

70%-2019_1207_125810

70%-2019_1207_125825

70%-2019_1207_125834

70%-2019_1207_125849




テント・タープINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る





関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/12/10(火) 12:57:24|
  2. テント・タープ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

snow peak Camping Mattress 2.5W スノーピーク キャンピングマット2.5W

スノーピーク キャンピングマット2.5W (TM-193)


約7年半ほど使ってきたスノーピークのインフレータブルマット キャンピング 2.0ST
最近二つとも少し空気漏れが発生してきたので、修理に出したところ

スノーピークのユーザーサービス課アフターサービスチームから次のメールがきました

いつも弊社製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます。
スノーピーク アフターサービス担当の●●と申します。

この度、修理にお預けいただきましたTM-092・インフレータブルマットキャンピング2.0ST×2点につきまして、確認をさせていただきましたところ、表面にできた無数のピンホールよる空気漏れを確認いたしました。
こちらの症状はあいにく修理不可となりまして、また同モデルでの新品交換対応も廃盤の為できかねる状況でございます。
つきましては、今回、製品の購入当時の定価をご返金にてご対応させていただきたく存じます。
【ご返金額:33,048円】 ※16,524円×2点

以下省略

同じモデルがあれば、新品交換対応となるようですが、廃盤商品であるため購入時の定価を返金するという内容です


スノーピークのホームページには、アフターサービスについて、以下の案内があります(一部抜粋)

スノーピークのプロダクツは、フィールドで確実に機能し長期間にわたって使い込んでいただけるようデザインされています。

そしてプロダクツには、一切の保証書をお付けしておりません。

それは、メーカーが自社の製品の品質に責任を持つのは当然であると考えているからです。
お買い上げいただいたプロダクツの機能が損なわれた場合、お手数ですが、スノーピークユーザーサービス係までご連絡ください。
製造上の欠陥が原因の場合は、無料で修理または交換させていただきます。その他の場合には適正な価格で修理させていただきます。

素材の経年による劣化やご使用による激しい損傷など製品寿命である場合、修理不可能な場合もございますので予めご了承ください。


キャンプに行く時期やサイトの広さなどに合わせて、相応しいテントを選びますが
インフレータブルマットはオートキャンプの場合、必ず持参・使用していました
その使用泊数は約500回
本当によく活躍してくれました

そして、スノーピークには案内どおりの素晴らしい対応をしてもらいました


ということで、新しいマットが必要になります
先日、電車で出かけたついでに、スノーピーク丸の内店(直営店)で、キャンピングマット2.5Wを購入してきました

お店では最も大きい袋に入れてくれましたよウインク

70%-2019_1209_185231

70%-2019_1209_185303-1

70%-2019_1209_185453-1

70%-2019_1209_185541-1

70%-2019_1209_185600-1

70%-2019_1209_185726-1

以前のマットと比較してみます

 キャンピングマット2.5Wインフレータブルマット
サイズ198×77×6.2(h)cm193×63.5×5.0(h)cm
重量1.9kg1.45kg
収納サイズφ20×85cmφ18×74cm
   

キャンピングマット2.5Wのほうが、全ての項目でひと回り大きいですね

車への積載は、以前の物よりスペースを取ることは間違いないです

実際の使用については、後日レポしたいと思います

IMG_20191209_0001


取扱説明書
IMG_20191209_0003.jpg 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スノーピーク(snow peak) キャンピングマット2.5w TM-193
価格:28380円(税込、送料無料) (2019/12/9時点)







スリーピングINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/12/09(月) 22:18:07|
  2. スリーピング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小梨平キャンプ場  穂高初冠雪

小梨平キャンプ場  穂高初冠雪


6日目へ戻る     8日目へ続く

7日目(10月22日)

夜中に雨音で数回目覚めたので、寝不足状態で7時頃起床
雨は弱まってきましたがまだ止みません

幕内は雨対策のためごちゃごちゃしているので、朝ごはんを作るのをパスして
小梨平食堂で、朝のワイドショーを見ながら朝ごはん

大切な儀式の日を迎えています

70%-2019_1022_090619

70%-2019_1022_091921

天皇陛下「賢所大前の儀」を伝えるテレビには、大雨に関する気象情報が帯で流れていました

上高地では12時間で70mmもの雨が降っているようです

70%-2019_1022_092059

雨雲は東に流れていて、もう少しで止みそうですが

70%-2019_1022_092300

スタッフのYさんが、「穂高に雪が降ったようです」と教えてくれました

サイトに戻って、見上げると・・・穂高が雪をかぶっています  

初冠雪です

70%-2019_1022_094142 (2)

70%-2019_1022_093914

70%-2019_1022_094111

70%-2019_1022_094503

70%-2019_1022_094157

70%-2019_1022_094413

昨年の初冠雪の頃に遭難事故があった事を思い出しました

今年はあのような遭難事故がない事を祈ります

70%-2019_1022_094350

明神の山肌には、大雨のせいでしょうか

普段は見えない急斜面を流れ落ちる滝が出現していました 

70%-2019_1022_094446

70%-2019_1022_094603

70%-2019_1022_094142


10時頃、雨が止んで青空も見えてきました

70%-2019_1022_094525

70%-2019_1022_105928

午後、上高地郵便局で友達への絵はがきを出すついでに、田代橋、ウエストン地区まで散歩

70%-2019_1022_142251-1

70%-2019_1022_142316-1

70%-2019_1022_142515

70%-2019_1022_142525(1)

70%-2019_1022_143317

70%-2019_1022_143844

内野 常次郎 記念碑

バスターミナルの近く、中日新聞上高地支局の敷地にひっそりと立っています

内野常次郎
1884-1949 明治-昭和時代の登山ガイド。
明治17年9月5日現奥飛騨温泉郷中尾生まれ。
17歳の時に上高地にすみ,上条嘉門次(かもんじ)に弟子入り。
秩父宮様や、登山家ウェストン等の山案内を勤め、
勢津子妃を「オカミさん」と呼んで周囲をハラハラさせたらしく、
秩父宮様は逆に「常さん、オカミさんでいいよ」と言ったとされる。
大好きなのは、酒と山の話。 訪れる人達に、 酒や狩猟で手に入れた魚や肉等を無償で振る舞い、
大好きな山の話を一晩中語ったらしい。

「上高地の常さん」とも「上高地の主」ともよばれ,死ぬ直前まで北アルプスの山案内をつづけた。
昭和24年12月11日死去。66歳。

70%-2019_1022_143958

「真実の人生に生きた内野常次郎君ここに眠る 」槇有恒

70%-2019_1022_144005

70%-2019_1022_144933

 

バスターミナルの売店で、牛乳パンを見つけました

以前白樺荘の売店で買ったのとは、違うパン屋さんの品です

70%-2019_1022_144710

りんごも買って帰ります

70%-2019_1022_144748

70%-2019_1022_145553

70%-2019_1022_151245

70%-2019_1022_151200

70%-2019_1022_151737

70%-2019_1022_152015

70%-2019_1022_151834

70%-2019_1022_152021

70%-2019_1022_152237

70%-2019_1022_152239

70%-2019_1022_152404

70%-2019_1022_152457

70%-2019_1022_153601

70%-2019_1022_153346

焼岳登山道は、10月24日から通行できません

70%-2019_1022_153609

70%-2019_1022_153843

六百山(ろっぴゃくざん)と霞沢岳(かすみざわだけ)

↓画像クリックで拡大表示

70%-2019_1022_154340


70%-2019_1022_153835

70%-2019_1022_154132

70%-2019_1022_154117

冠雪した穂高

70%-2019_1022_154527

70%-2019_1022_154640

70%-2019_1022_154925

70%-2019_1022_154735

70%-2019_1022_154756 (2)

70%-2019_1022_154851

70%-2019_1022_160834(1)


70%-2019_1022_161520

70%-2019_1022_161811

70%-2019_1022_162816-1

70%-2019_1022_150143

見慣れた誰かさんのランクルが走っていきますウインク

70%-2019_1022_164025

明日登ってみようと思っている岳沢方面を、河童橋から眺めます

70%-2019_1022_150046

岳沢小屋が見えます

70%-2019_1022_150247

夜は、居酒屋にお邪魔しましたが、明日に備えて、早めにお開きとしました



<今日の食事>

・朝ごはん

小梨平食堂で

70%-2019_1022_080522

・昼ごはん

70%-2019_1022_133753

70%-2019_1022_133700

70%-2019_1022_133758

・晩ごはん

70%-2019_1022_180824

70%-2019_1022_180819

デザートつきです

70%-2019_1022_185909


<今日の上高地自然情報>

kamikochi2019at-if1022



6日目へ戻る     8日目へ続く


小梨平キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

小梨平滞在記 INDEXは ↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg 

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/12/08(日) 18:37:18|
  2. 小梨平キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小梨平キャンプ場  小梨平組集合

小梨平キャンプ場  小梨平組集合


5日目へ戻る
     7日目へ続く

6日目(10月21日)

5時半過ぎに目が覚めたので、そのまま起床 

幕内の気温6℃、空は曇り空

朝の天気予報

Screenmemo_2019-10-21-06-49-48

Screenmemo_2019-10-21-06-51-30

Screenmemo_2019-10-21-06-50-34


10時前、Shigeru&Mikiさんが到着です

70%-2019_1021_094507

70%-2019_1021_094529

小梨平組、集合!!!ウインク

70%-2019_1021_151217

夜からの雨に備えて、敷板を借りました

河童橋まで買い物に出かけて、帰りにビジターセンターに寄ってから戻ります

70%-2019_1021_153845

70%-2019_1021_152553

今にも雨が降ってきそうな空模様

70%-2019_1021_155749

70%-2019_1021_155757

70%-2019_1021_155810

70%-2019_1021_155919

本日、「居酒屋Shigeru」がオープン!!

70%-2019_1021_173030-1

最初は四人で乾杯!!

70%-2019_1021_173416

次は、たくさんで乾杯すぐ戻ります

70%-2019_1021_201205

この方は、どこかに入信したわけではないです

地べたに座るのが好きなだけ・・・

70%-2019_1021_200751

少し冷える夜は、やはりお鍋ですね

70%-2019_1021_173428

2種類のお鍋の共演です

70%-2019_1021_173432



明日の予報

Screenmemo_2019-10-21-06-51-08

Screenmemo_2019-10-22-04-50-48



夜、雨と風の音がうるさくてなかなか寝付かれませんでした


<今日の食事>

・朝ごはん

70%-2019_1021_073227

70%-2019_1021_073347

70%-2019_1021_073113

・昼ごはん

70%-2019_1021_134647

・晩ごはん

居酒屋Shigeruでお鍋

70%-2019_1021_173432


<今日の上高地自然情報>

kamikochi2019at-if1021



5日目へ戻る
     7日目へ続く


小梨平キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

小梨平滞在記 INDEXは ↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg 

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/12/07(土) 18:16:23|
  2. 小梨平キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北軽井沢スウィートグラス  黎明の空

北軽井沢スウィートグラス  黎明の空


三日目へ戻る   

四日目(11月22日)

撤収の日

70%-2019_1122_051342r

凍りついているかのような黎明の空

70%-2019_1122_051445r

70%-2019_1122_051626r

70%-2019_1122_052126r

70%-2019_1122_062320

 

70%-2019_1122_063457

70%-2019_1122_063313

70%-2019_1122_063416

70%-2019_1122_063654

70%-2019_1122_063233

70%-2019_1122_063740

朝ごはん

70%-2019_1122_072715

きゅうりが凍っていましたびっくり

70%-2019_1122_072931

70%-2019_1122_073807

幕をしっかりと乾燥させてから撤収します

70%-2019_1122_073835

11:15 撤収完了です

帰る頃、雲行きが怪しくなってきました

70%-2019_1122_111433

70%-2019_1122_111447

スウィートグラス、お世話になりました

70%-2019_1122_112958

お昼は、道の駅八ッ場ふるさと

70%-2019_1122_124152

70%-2019_1122_124119

70%-2019_1122_122739

70%-2019_1122_122632

70%-2019_1122_124400

70%-2019_1122_124406

SG201911-005

帰り道、もう一度NAPiに寄りました

いつもブログにコメントをくれる「ゆみりんさん」
コメントのやりとりだけで直接お会いしたことはないのですが、今日チェックインされたという風の噂が流れてきたのでウインク
ひょっとすると初顔合わせができるかもと思って・・・

でも、外出されていたようで、残念ながらお会いすることはできませんでした

帰る頃、雨が本格的に降り出しました

70%-2019_1122_144644

70%-2019_1122_144823

上州村の駅で、野菜などを購入します

70%-2019_1122_151435

15:40 渋川伊香保IC

70%-2019_1122_153854

雨降る関越道を、ゆっくりとプラS君を走らせて帰りました


紅葉の森と初冬の高原を満喫した9日間でした


三日目へ戻る  


ページトップへ戻る





関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/12/06(金) 22:32:13|
  2. スウィートグラス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

北軽井沢スウィートグラス  氷点下から小春日和

北軽井沢スウィートグラス  氷点下から小春日和


二日目へ戻る   四日目へ続く

三日目(11月21日)

まだ明けやらぬ頃、寒さで目が覚めます

幕内の気温は2℃、外は氷点下何度までいったのでしょうか

70%-2019_1121_051521

幕の結露がそのまま凍りついています

70%-2019_1121_050255

70%-2019_1121_050332

光を当てるとキラキラとまるで星のように輝きます

70%-2019_1121_050750

薪ストーブに火を入れてから外へ

オリオンが西の空に見えます

70%-2019_1121_051733-1

70%-2019_1121_051817-1

70%-2019_1121_052004-1

70%-2019_1121_052426-1

70%-2019_1121_053352

70%-2019_1121_053620

70%-2019_1121_054019

朝の散歩

70%-2019_1121_062609

70%-2019_1121_062917


浅間山がほんのりと紅く染まり始めます

70%-2019_1121_063300

70%-2019_1121_063454

天空には、有明月

70%-2019_1121_064346

70%-2019_1121_064257

70%-2019_1121_064651

70%-2019_1121_071021-1

70%-2019_1121_064811

70%-2019_1121_072913

70%-2019_1121_072956

70%-2019_1121_073244

70%-2019_1121_073256

70%-2019_1121_073531

70%-2019_1121_073602

70%-2019_1121_073720

70%-2019_1121_073855

70%-2019_1121_073936

70%-2019_1121_074026

70%-2019_1121_075805

70%-2019_1121_074742

70%-2019_1121_075239

70%-2019_1121_074246

70%-2019_1121_080017

70%-2019_1121_075959

サイトでセグロセキレイが朝ごはんの真最中

70%-2019_1121_080425

70%-2019_1121_080513

70%-2019_1121_080516

70%-2019_1121_080309

70%-2019_1121_065451

70%-2019_1121_080544

ジャグの水受けの中の水は、綺麗に凍っていました

70%-2019_1121_082320

70%-2019_1121_084117

朝ごはん

カズさんが昨日買ってきてくれた「峠の釜めし」、ご馳走になります

ストーブで温めて、アツアツをいただきました

70%-2019_1121_083647

70%-2019_1121_084458

太陽が昇ってくると、気温が上がってきて、ポカポカ陽気に

70%-2019_1121_095448

70%-2019_1121_095516

70%-2019_1121_095540

70%-2019_1121_102928(1)

70%-2019_1121_103138

70%-2019_1121_112548-1

浅間山の噴煙が線状の雲となっていました

初めて見た風景に感動です

70%-2019_1121_121848

70%-2019_1121_122117

70%-2019_1121_122135

70%-2019_1121_122649

お昼は、クリームシチューとレーズンパン

暖かいので、外でいただきます

70%-2019_1121_122858

赤松のファットウッド

近くにDoDのタケノコテントを張っていた方からいただきました
林業の仕事をしているとのことで、自分で採取したものだそうです

ありがとうございました

70%-2019_1121_153930

カズさん、「帰りたくないなあ~~」と言いながら15時頃チェックアウト

嬉しい襲撃でした    気をつけて帰って下さいよ

70%-2019_1121_150035-1

70%-2019_1121_151919

70%-2019_1121_152051

70%-2019_1121_152119

70%-2019_1121_152208

70%-2019_1121_152154

70%-2019_1121_152255

70%-2019_1121_154035

70%-2019_1121_154252

70%-2019_1121_154147

70%-2019_1121_154202


晩ごはん

早い時間から飲みながら始めます

70%-2019_1121_163425

まいたけのバターしょうゆソテー

70%-2019_1121_171853

70%-2019_1121_173448-1

70%-2019_1121_174028

ミネストローネスープ

70%-2019_1121_174248

郡上市に行った時に、明宝(めいほう)ハムだと思って買ってきましたが、明方(みょうがた)ハムでした  

明宝ハムと明方ハム、どちらも岐阜県郡上市の特産物ですが、いろいろと歴史があるようです  ビックリ!
明宝VS.明方 岐阜の「ハム戦争」に歴史あり

こちらは明方ハムの醤油フランク

70%-2019_1121_180127

アボカドとトマトにバジルソースとチーズを乗せて

70%-2019_1121_174430

この夜も澄んだ空に星が輝きます

70%-2019_1121_215218r

70%-2019_1121_215536r

70%-2019_1121_215608r

70%-2019_1121_215323r

70%-2019_1121_215634r

70%-2019_1121_215706r

70%-2019_1121_220031r

70%-2019_1121_220312r

70%-2019_1121_220549r

天候 晴れ  最高気温5.5℃ 最低気温-3.3℃ 平均風速2.7m

二日目へ戻る   四日目へ続く

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/12/05(木) 23:43:07|
  2. スウィートグラス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北軽井沢スウィートグラス  嬉しい襲撃あり

北軽井沢スウィートグラス  嬉しい襲撃あり


一日目へ戻る
   三日目へ続く

二日目(11月20日)

今日は、初雪になるかも・・・という天気予報

70%-2019_1120_060637

70%-2019_1120_060716

70%-2019_1120_060732

野鳥の姿を追いかけてみましたが・・・

70%-2019_1120_072336

スズメだったような

70%-2019_1120_072342

70%-2019_1120_073948

スズメって、こんなに太っていましたでしょうか?

70%-2019_1120_072752-1

70%-2019_1120_074216

この子はコガラかな

70%-2019_1120_074650

70%-2019_1120_074023

この子は? 誰でしょう?

70%-2019_1120_074108-1

朝ごはん

70%-2019_1120_084817

70%-2019_1120_084812

午前中、お風呂に行きます

いつもの、地蔵川
地蔵川、最初に訪れたのが2012年9月、あれからもう7年
ほぼ毎年来ている温泉、今回初めて女将さんと話をしました
女将さんは、僕らのことを近所に住んでいる人だと、ずっと思っていたらしい・・・爆笑

 

お風呂から上がって、久保農園直売所

70%-2019_1120_113005

駐車場に入ってびっくり

70%-2019_1120_113016

なぜかピザーラの移動販売車が来てました

70%-2019_1120_113325

70%-2019_1120_113227

70%-2019_1120_113041

6コ入り500円のキャベツはあまりにも量が多すぎて、買えませんでした困った

70%-2019_1120_113308

コンビニに寄ってから、いつものベーコンへ行って、その後スウィートグラスに戻りました

70%-2019_1120_115250

SG201911-004

サイトに戻ってきた12時前、気温は2℃、結構冷えてました

70%-2019_1120_115609

ほんの少しですが、雪がちらつきました

70%-2019_1120_115718

70%-2019_1120_115742

70%-2019_1120_124515

70%-2019_1120_123426

売店に、日本野鳥の会オリジナルのバードウォッチング長靴が販売されていました
コンパクトに折りたためる長靴で、実は購入を検討中の品だったんです

現物を見るのは初めてだったので、サイズ確認のために試着させていただきましたよウインク

70%-2019_1120_122443

お昼ごはん

70%-2019_1120_134732

ガッツリいきますクール

70%-2019_1120_134805

おしぎっぱの森へ散歩

70%-2019_1120_153613

70%-2019_1120_153629

70%-2019_1120_153734

70%-2019_1120_153900

午後に、うれしい襲撃ありました

70%-2019_1120_163008

カズ&マリーさんのカズさん、午前中の仕事を終えてから、北軽井沢までまさに”飛んで”来られました爆笑

70%-2019_1120_162950

夕方、西の空が焼けました

70%-2019_1120_162813

70%-2019_1120_162909

カズさんが買ってきてくれた軽井沢ビールご馳走になります

70%-2019_1120_172729-1

お久しぶりの乾杯!!

70%-2019_1120_172949

70%-2019_1120_180519

楽しい宴で、料理の写真撮り忘れました

美味しいほうれん草カレー、チーズナン、その他色々とご馳走さまでした

70%-2019_1120_221356r

70%-2019_1120_221828r

70%-2019_1120_221958r

70%-2019_1120_222305r

70%-2019_1120_222440r

70%-2019_1120_222219r

70%-2019_1120_222819r

70%-2019_1120_222857r

70%-2019_1120_223129-1

70%-2019_1120_223242-1

70%-2019_1120_223346-1

天候 曇り時々小雪のち晴れ  最高気温2.3℃ 最低気温-3.6℃ 平均風速2.7m

一日目へ戻る
   三日目へ続く

ページトップへ戻る




関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/12/04(水) 23:27:57|
  2. スウィートグラス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

北軽井沢スウィートグラス  はしごキャンプ

北軽井沢スウィートグラス  はしごキャンプ


2019年11月19日(火)~22日(金)、3泊4日で、浅間高原の北軽井沢スウィートグラスへ行ってきたよ

NAPiで4泊した後、嬬恋の休暇村嬬恋鹿沢でのんびりして、スウィートグラスにやってきました
中一日おいての、はしごキャンプです

スウィートグラスのテントサイトの料金は、11月の平日は低価格なのですよ
例えば、今回の草原広々サイトは2名で一泊¥3,000
平日であれば二泊目から、平日割50%OFFになるので、二日目以降が一泊¥1,500
平日に三泊の場合、合計で¥6,000、一泊当たり¥2,000でとてもリーズナブルです
(価格は全て税抜きで表示)

SG201911-001

SG201911-002


一日目(11月19日)

休暇村嬬恋鹿沢から、Aコープオアシス店で食材を仕入れて、スウィートグラスへ

休暇村嬬恋鹿沢へ戻る

SG201911-003

11:40ごろに到着して早速設営

NAPiでは、左右にコットを配置してましたが、ここでは、オーランドストーブの反対側にコットを2つ連ねて配置

70%-2019_1119_143542

70%-2019_1119_143633

70%-2019_1119_143630

この配置の方が、シェフの動線が効率的ですね

70%-2019_1119_143619

70%-2019_1119_143622

70%-2019_1119_143719

70%-2019_1119_143638

薪はここで購入します

僕らが使っているオーランドストーブは、30cm以下の薪しか入らないのですが
ここスウィートグラスでは、40cmの他にも30cmの薪が販売されているので助かります

70%-2019_1122_112925

70%-2019_1122_112937

薪3束セットという「お得なセット」もありますが、それでもお値段お高めがっかり

70%-2019_1122_112507

3束セットを2セットとスノーピークの会員カード提示で1束無料でもらえるので

合計7束、30cm1束8本なので、合計本数56本、サイト料金は安いですが、薪代金の方が・・・悲しい

70%-2019_1119_143606

小割をたくさん作ります

NAPiで取替えてもらった薪割台が早速活躍してくれました

70%-2019_1119_143735

70%-2019_1119_143840

70%-2019_1119_143756

秋の日は釣瓶落とし、あっと言う間に夕方です

仕事を終えた虹の街さんが遊びに来てくれました
相変わらずお元気そうでなによりです

70%-2019_1119_143824

おつまみ食べながら、飲みはじめます

70%-2019_1119_174446

70%-2019_1119_174451

気仙沼斉吉商店の「金のさんま」、東日本大震災の津波被害から奇跡的に蘇った逸品です

70%-2019_1119_174507

70%-2019_1119_174512

晩ごはんのメインは、しゃぶしゃぶ

70%-2019_1119_185748

上州麦豚、とても柔らかくて美味しかったです

70%-2019_1119_185756

夜、星が出ました

70%-2019_1119_221305r

70%-2019_1119_221521r

70%-2019_1119_222241r

70%-2019_1119_222355r

70%-2019_1119_222508r

70%-2019_1119_222641r

70%-2019_1119_222809r

70%-2019_1119_222959r

70%-2019_1119_223154r

70%-2019_1119_223305r

70%-2019_1119_223548r

70%-2019_1119_224021r

70%-2019_1119_224053r

70%-2019_1119_224809r

70%-2019_1119_225008r

70%-2019_1119_225143r

70%-2019_1119_225314r

70%-2019_1119_225351r

天候 晴れ  最高気温11.5℃ 最低気温-0.2℃ 平均風速3.5m


二日目へ続く


ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2019/12/03(火) 21:59:25|
  2. スウィートグラス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Profile

Kaoru&Beet

Author:Kaoru&Beet
Kaoru君とBeet君のキャンプ日記へようこそ!

Access counter

Online counter

Calendar

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Search

New Report

北軽井沢スウィートグラス  梅雨キャンプ Jul 02, 2020
【Live】雨のキャンプは焚き火三昧 Jun 28, 2020
【Live】はしごキャンプ Jun 26, 2020
【Live】自粛中の自作品、活躍中 Jun 24, 2020
【Live】キャンプには青空が似合う Jun 23, 2020
【Live】浅間山見えず Jun 22, 2020
自作・手作り  木製小型ハンガー Jun 20, 2020
ANOBA Multi Gear Box アノバ マルチギアボックス その2 Jun 16, 2020
ペグ(ソリッドステーク)のメンテナンス Jun 13, 2020
自作・手作り  Goal Zero Lighthouse micro Stand ゴールゼロ ライトハウスマイクロ専用スタンドその2 Jun 12, 2020

INDEX

Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

ブランド・ショップ INDEXは
 ↓ ここをクリック

サインプレート ブランドショップINDEX


北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1


北帰行2018冬INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北帰行2018冬のコピー


小梨平滞在記 INDEXは
↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg


2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート2019夏_長野岐阜富山-1

Monthly archive

2020年 07月 【1件】
2020年 06月 【16件】
2020年 05月 【23件】
2020年 04月 【28件】
2020年 03月 【21件】
2020年 02月 【23件】
2020年 01月 【27件】
2019年 12月 【32件】
2019年 11月 【21件】
2019年 10月 【25件】
2019年 09月 【22件】
2019年 08月 【12件】
2019年 07月 【42件】
2019年 06月 【23件】
2019年 05月 【26件】
2019年 04月 【23件】
2019年 03月 【22件】
2019年 02月 【22件】
2019年 01月 【17件】
2018年 12月 【20件】
2018年 11月 【30件】
2018年 10月 【28件】
2018年 09月 【18件】
2018年 08月 【24件】
2018年 07月 【26件】
2018年 06月 【24件】
2018年 05月 【22件】
2018年 04月 【20件】
2018年 03月 【21件】
2018年 02月 【25件】
2018年 01月 【17件】
2017年 12月 【29件】
2017年 11月 【80件】
2017年 10月 【29件】
2017年 09月 【33件】
2017年 08月 【25件】
2017年 07月 【19件】
2017年 06月 【23件】
2017年 05月 【34件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【21件】
2017年 02月 【24件】
2017年 01月 【28件】
2016年 12月 【91件】
2016年 11月 【32件】
2016年 10月 【26件】
2016年 09月 【29件】
2016年 08月 【23件】
2016年 07月 【29件】
2016年 06月 【29件】
2016年 05月 【21件】
2016年 04月 【23件】
2016年 03月 【22件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【30件】
2015年 12月 【29件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【30件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【24件】
2015年 02月 【25件】
2015年 01月 【17件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【23件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【21件】
2014年 04月 【12件】
2014年 03月 【24件】
2014年 02月 【17件】
2014年 01月 【18件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【19件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【14件】
2013年 07月 【24件】
2013年 06月 【12件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【16件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【13件】
2013年 01月 【14件】
2012年 12月 【18件】
2012年 11月 【16件】
2012年 10月 【17件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【9件】
2011年 09月 【2件】

CATEGORY

Comment

Link


Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

ブランド・ショップ INDEXは
 ↓ ここをクリック

サインプレート ブランドショップINDEX


北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1


北帰行2018冬INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北帰行2018冬のコピー


小梨平滞在記 INDEXは
↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg


2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート2019夏_長野岐阜富山-1


あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

WOM CAMP ロゴ2


702016_1126_154717-15.jpg

ilbif02.jpg

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR