FC2ブログ

Kaoru君とBeet君のキャンプ日記

キャンプ日記、キャンプ道具、旅の記録、街歩きとグルメなどを書いています。

黒部の太陽~黒部ダム~ 

2019夏~長野・岐阜・富山~File No.24

12日目その2へ戻る        12日目その4へ続く     

2019年9月6日(金) 12日目その3    黒部の太陽~黒部ダム~ 

室堂からトロリーバス、ロープウェイ、ケーブルカーを乗り継いでやってきた黒部ダムです

通称「くろよん」と呼ばれ、堤高186m(40~50階建ての高層ビルに匹敵)日本一の巨大アーチダム。7年の歳月と513億円の工費、延べ1千万人の人手、171名の尊い犠牲により昭和38(1963)年6月5日に竣工した

黒部ダム 建設の歴史
世紀の大工事~くろよん建設ヒストリー~(関西電力)
プロジェクトストーリー歴史に刻まれた世紀の偉業(安藤ハザマ)
黒部の太陽(熊谷組)
笹島の始まり ~黒部の太陽~ (笹島建設)

これほどの山奥に、とてつもない巨大な建造物、驚愕です

70%-2019_0906_113907

70%-2019_0906_113748-1

70%-2019_0906_113748-2

70%-2019_0906_113748-3

70%-2019_0906_113748-4

70%-2019_0906_113748

↓画像クリックで拡大表示

IMG_20200417_0043-1

ダムの上を歩いて対岸へ

70%-2019_0906_114052

観光用の放水が行われていました

70%-2019_0906_114013

虹が出ています

70%-2019_0906_114140

黒部湖、総貯水量/199,285,175m3と数字で言われても・・・

70%-2019_0906_114316

湖面の面積を東京駅周辺地図と比較してみると

70%-2019_0906_113748-7-170%-2019_0906_113748-8-2

湖面の面積を僕らの大好きな上高地と比較してみると

70%-2019_0906_113748-7-170%-2019_0906_113748-9-1

70%-2019_0906_114503

70%-2019_0906_124342

ダムの高さは186m(国内第一位)

東京都港区にある、愛宕グリーンヒルズ MORIタワーという42階建てビルが同じ高さでした

どれほど巨大な建造物なのか、ということがわかります

70%-2019_0906_113748-10

堤頂長:492m、堤頂幅:8.1m

70%-2019_0906_114518

高所恐怖症なので、これ以上覗き込むのは無理です

70%-2019_0906_124528

70%-2019_0906_114634

70%-2019_0906_114720

ダムの展望台まで長い外階段を登ります

外階段、結構怖かったです

70%-2019_0906_113748-11

70%-2019_0906_114518-1

70%-2019_0906_114917

70%-2019_0906_115039

70%-2019_0906_115333

展望台からの風景

70%-2019_0906_120243

70%-2019_0906_120318

70%-2019_0906_120250

70%-2019_0906_120212

ダム建設で使われたコンクリートバケット

70%-2019_0906_115449

70%-2019_0906_120050

70%-2019_0906_120532

70%-2019_0906_120551

70%-2019_0906_120559

展望台の休憩室で小休止

70%-2019_0906_121043

破砕帯天然サイダー ハサイダーですってびっくり

70%-2019_0906_122517

外階段は怖いので、内階段で下ります

70%-2019_0906_123255

70%-2019_0906_123259

70%-2019_0906_123424

70%-2019_0906_123305

黒部ダム駅、ここから関電トンネル電気バスが扇沢まで行っていますが、僕らはここでUターンです

黒部ダム建設時に、資材搬送用に掘削されたトンネル内を走る電気バス。ディーゼルバスの車体からエンジンを取り外した後、モーター・バッテリーを取り付けて作られたこのバスは、CO2を排出しないクリーンな乗り物です。1往復ごとに約10分間の超急速充電を行うことで運行を可能にしており、電池性能の向上や充電器の高速化など、近年の技術のめざましい進歩によって生まれました。

区間(標高):黒部ダム(1,470m)~扇沢(1,433m)
駅間標高差:37m
移動距離:6.1Km
所要時間:16分
運行開始:電気バス:平成31年4月15日、トロリーバス:昭和39年8月1日~平成30年11月30日

70%-2019_0906_123103

70%-2019_0906_123523

なるほど、バスの最終に乗り遅れる人もいるのでしょうね

黒部湖駅(立山側)から歩いて20分ほどのところに、ロッジくろよんという山小屋があるそうです

70%-2019_0906_123819

殉職者慰霊碑

黒部ダム建設工事では171名もの方が犠牲になられました  合掌

70%-2019_0906_123925

70%-2019_0906_123801

ケーブルカーの黒部湖駅の方へ戻ることにします

70%-2019_0906_124001

少し雲が多くなってきたでしょうか

70%-2019_0906_124643

70%-2019_0906_124715

黒部ダムを後にします

旅を終えてから、もう一度映画「黒部の太陽」を視聴しました
実際に見たダムの記憶が映像と重なり、迫力や臨場感を実感しました

70%-2019_0906_113748-5

70%-2019_0906_113748-6

70%-2019_0906_124752

70%-2019_0906_124826

70%-2019_0906_124920

70%-2019_0906_124916

70%-2019_0906_125040

70%-2019_0906_125054

70%-2019_0906_125417

70%-2019_0906_125547

ホテル立山は満室だそうですびっくり

金曜日ですからね

70%-2019_0906_125522

室堂は雲が出ているようす

気温16℃、この黒部ダムの地点は25℃ですから、9℃も低いですね

70%-2019_0906_125308

13:00発の黒部ケーブルカーに乗ります

70%-2019_0906_125652

黒部平、来るときは素通りだったので、ゆっくりと風景を楽しみます

70%-2019_0906_130756

 

70%-2019_0906_131626

70%-2019_0906_131337

70%-2019_0906_131647

70%-2019_0906_131650

70%-2019_0906_131702

やはり、立山の上の方には雲がかかっていますね

70%-2019_0906_130727

70%-2019_0906_131232

レストラン黒部平でお昼ごはん

70%-2019_0906_132404

70%-2019_0906_132355

源流セット(氷見うどん・白海老丼)

70%-2019_0906_132726

黒部平名水ポーク丼(さらさら汁付き)

70%-2019_0906_132746

さらさら汁

70%-2019_0906_133929



↓画像クリックで拡大表示

70%-2019_0906_133942

「さらさら越え」――戦国武将、佐々成政による厳冬の北アルプス踏破 

富山県、岐阜県、新潟県、長野県にまたがる北アルプス(飛騨山脈)は、登山者にとって魅力的な山々が名を連ねるエリアだ。とはいえ、冬に北アルプスに登るとなると、十分な経験と周到な装備が必要なことはいうまでもないだろう。

 今から433年前、厳冬期の北アルプスを踏破した男がいた。もちろん登山家ではない。その男の名は、戦国武将で富山城主の佐々成政(1539~88)である。
彼は、織田信長に仕えて数々の合戦で功を挙げ、越中(富山県)一国の領主に出世する。ところが信長が本能寺の変で斃れると、同じ織田家家臣である羽柴(豊臣)秀吉が天下の覇権を掌握することとなる。

そこで秀吉に待ったをかけたのが、信長の子の織田信雄と徳川家康であった。天正12年(1584)3月、織田・徳川連合軍は、尾張(愛知県)北部で秀吉軍と合戦に及ぶ(小牧・長久手の戦い)。遠く越中にあった佐々成政は、信雄と家康の誘いに応じて秀吉打倒に立ち上がり、秀吉側の前田利家が治める加賀(石川県南部)に攻め入った。

ところが11月になると、信雄と家康は秀吉と和睦して戦いをやめ、成政は前田利家と戦い続ける名分を失ってしまう。さらに見回せば周囲は敵ばかりで孤立無縁の状態である。「誘っておいて、それはないだろう!」と成政が憤激する気持ちもわかる。そこで成政がとった行動は、三河(愛知県)の浜松城にいる家康を訪ね、秀吉との戦いを継続するように説得することだった。

西の加賀には前田が立ちはだかり、東の越後にはやはり敵対する上杉景勝がいる。南の飛騨(岐阜県北部)を越えても美濃(岐阜県南部)は秀吉の勢力圏であり通過は不可能だ。そこで残された唯一のルートが、北アルプスを越えて家康の勢力下にあった信濃(長野県)に入り、三河へと至るものだった。

11月下旬(新暦の12月下旬)、成政は伴の者を従えて富山を極秘裏に出立(同行の人数は数名から100名以上まで諸説あり)。現在の富山地方鉄道沿いに進み、立山連峰の山襞へ分け入っていった。おそらく気温はマイナス十数度、積雪は1メートルを超えていただろう。成政らは、「輪かんじき」という直径約60センチの円形をした雪道用の草鞋を履き、衣服の中に防水性の高い紙を入れ込み、雪除けに蓑をまとったと考えられる。道案内は立山の修験者を起用したらしい。当時最高のスノーウェアの装備と優秀な山岳ガイドを擁して厳寒の山越えに挑んだといえる。

一行は、難所のザラ峠(標高2,342m)を越え、黒部峡谷の黒部川を渡河し、さらに越中と信濃の境にある針ノ木峠(2,536m)を越えて、信濃大町に至った。途中、凍傷で動けなくなった者、滑落して命を失った者もいて、半数近くが脱落したという。

命がけで北アルプスを越えた成政一行が浜松に着いたのは12月下旬だった。しかし、家康にとって成政はまさに「招かざる客」であり、成政の熱弁は浜松城内に虚しく響くだけだった。説得は徒労に終わり、成政はふたたび富山へ帰っていった。帰路もまた北アルプスを越えたとも、越後を隠れながら通過したともいう。そののち成政は秀吉に下るが、最後は失政を責められ、切腹して果てる。

成政の北アルプス越えは、後世に「さらさら越え」と称されて英雄伝説となった。そのため、成政が本当に山越えしたかどうかを疑う向きもある。しかし、状況から考えれば、成政が進む道は北アルプスしかない。

雪山の難路の中、成政が家臣らを鼓舞したという言葉が伝わる。

「矢玉繁き所に立つよりは遥かに易き道なるぞ」(矢玉の飛び交う戦場に比べれば、こんな道はたいしたことはない)

 佐々成政の北アルプス越えは、日本の登山史上の壮挙といえるだろう。


出典:BE-PAL

「このさらさら越えの中語(案内人)をしたのが、芦峅寺宗徒らであった
その折、山菜・餅・塩漬け肉・野菜などの食糧を調達し、心身温まる料理をもって
山岳史上に残るさらさら越えの壮挙がなされたとされています
その折に作られたであろう料理を、現代風にアレンジを行った物がさらさら汁です」

 

 

70%-2019_0906_135233

14:00発の立山ロープウェイで黒部平から大観峰へ

70%-2019_0906_135720

大観峰から見る黒部湖

70%-2019_0906_140814

午前中はあんなにいい天気だったのですが、雲行きが怪しくなってきました

70%-2019_0906_140844

70%-2019_0906_140828

14:15発 立山トロリーバス

70%-2019_0906_141013

70%-2019_0906_141038

70%-2019_0906_141128

70%-2019_0906_141900

70%-2019_0906_142401

70%-2019_0906_142432

70%-2019_0906_142450

14:25 室堂まで帰ってきました

室堂は雨

ターミナルはたくさんの人であふれていました

70%-2019_0906_142602

70%-2019_0906_142608

12日目その2へ戻る        12日目その4へ続く 

2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは ↓ ここをクリック

2019_-1_thumb.jpg 

ページトップへ戻る




    

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2020/04/30(木) 08:40:58|
  2. 2019夏_長野岐阜富山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上高地 小梨平の今 その3

上高地 小梨平の今 その3

上高地バスターミナルにある、森のリゾート小梨の「おみやげ処 ピッケル」からのお願い

注文方法はこちらで

2020_0425_113861

色々な商品が、小梨平キャンプ場のFacebookに掲載されています

2020_0425_113861-0-1

2020_0425_113861-0-2

2020_0425_113861-0-3

 

「日々賞味期限の期日を待つのみ・・・」それは大変ですよね   食べ物を粗末にしたくありませんから・・・

小梨平ファンとして、協力しましたよ

2020_0425_113543

お礼のお手紙はおみやげ処ピッケルのスタッフの写真入り

2020_0425_113601-1

2020_0425_113609

みなさんに会える日を、楽しみにしています




小梨平に長期滞在中、何度か訪ねた氷壁の宿「徳澤園」

ホームページにある「みちくさブログ」を読むと、現在の苦しい心模様が手に取るようにわかります

今、僕らにできる、少しばかりの支援を・・・と

オンラインショップMICHIKUSA WEB SHOPでお買い物

2020_0429_073544

今年刊行された「世紀を超えて 徳澤園135年史」

上高地の歴史を垣間見ることができ、興味深く読ませていただきました

上高地ファン、必読です

2020_0429_073223

アカシア蜂蜜

2020_0429_073311

お礼の手紙とともにいただいた、「ほんの気持ち」と書かれたマスク、ありがとうございます

2020_0429_073408




森のリゾート小梨 おみやげ処ピッケル

徳澤園 MICHIKUSA WEB SHOP

おうちでかみこうち(Kamikochi At Home) ご自宅から上高地気分のお取り寄せ




お気に入りの場所にテントを張って、素晴らしい風景を眺めることができる日が、早くやってくるように

今は Stay  home!! 


2019年5月、森のリゾート(小梨平キャンプ場)にて

2020_0429_073658-1

2019年5月 徳澤園にて

2020_0429_073658-2


過去の小梨平滞在記です ↓ 

b9e298909494.jpg 

ページトップへ戻る



関連記事
  1. 2020/04/29(水) 10:34:12|
  2. 小梨平キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

室堂から黒部ダムへ

2019夏~長野・岐阜・富山~File No.23

12日目その1へ戻る        12日目その3へ続く     

2019年9月6日(金) 12日目その2    室堂から黒部ダムへ

黒部ダメには、帰りに行ってみようかと思っていましたが、天気が良いので今日行くことにしました

荷物は雨具・非常食・水・カメラという最低限に絞り込んでもっていきます

70%-2019_0906_090258 - 1

キャンプ場を9:05出発

70%-2019_0906_090621

70%-2019_0906_081611

70%-2019_0906_081938

この階段、結構長いのですよね~大笑い

70%-2019_0906_072736

登山する人にとっては、全く問題がない上りなんでしょうが

僕らは体力のないキャンパーなので・・・・困った

70%-2019_0906_072711

70%-2019_0906_072751

なんとか登りきると、キャンプ場が遙か下に見えます

70%-2019_0906_091645

望遠で覗くと

70%-2019_0906_092930

70%-2019_0906_094035

70%-2019_0906_094054

70%-2019_0906_094658

70%-2019_0906_094738

70%-2019_0906_094759

70%-2019_0906_094806

70%-2019_0906_094811

70%-2019_0906_094910

70%-2019_0906_094915

70%-2019_0906_100245

70%-2019_0906_100132

70%-2019_0906_100754

70%-2019_0906_100819

70%-2019_0906_101027

70%-2019_0906_101503

70%-2019_0906_101629

70%-2019_0906_101647

70%-2019_0906_101658

70%-2019_0906_101758

10:30 室堂ターミナルに到着

70%-2019_0906_102242

70%-2019_0906_102301

立山玉殿の湧き水で喉を潤します

70%-2019_0906_103143

70%-2019_0906_103522

室堂から黒部ダムへ

70%-2019_0905_063100-333

10:45発の立山トンネルトロリーバスに乗ります

立山の主峰、雄山(3003m)の直下を貫通している立山トンネルを走るトロリーバス。最大の特徴は、石油燃料ではなく、電車線から電力の供給を受けて走る点です。電気で走ることで、トンネル内に排気ガスが滞留することを防ぎ、自然環境保全にも役だっています。トンネル中央の雄山山頂直下付近で、上下線のバスがすれ違います。

区間(標高):室堂(2,450m)~大観峰(2,316m)
駅間標高差:134m
移動距離:3.7Km
所要時間:10分
運行開始:昭和46年4月25日、(平成8年4月23日 トロリーバス)

70%-2019_0906_103715

70%-2019_0906_104545

70%-2019_0906_104917

10:53 大観峰に到着

70%-2019_0906_105302

70%-2019_0906_110010-1

大観峰から11:10発の、立山ロープウェイに乗ります

大観峰と黒部平を結ぶ立山ロープウェイ。景観と環境保全の観点から大観峰と黒部平の間に一本も支柱がなく、動く展望台として360度の大パノラマを楽しむことができます。大きく取られた窓から、西には大斜面の大観峰、東には後立山連峰の絶景が広がります。

区間(標高):大観峰(2,316m)~黒部平(1,828m)
駅間標高差:488m
移動距離:1.7Km
定員:80名
所要時間:7分
運行開始:昭和45年7月25日

70%-2019_0906_110022

70%-2019_0906_110031

70%-2019_0906_111024

70%-2019_0906_111033

70%-2019_0906_111217

70%-2019_0906_111310

70%-2019_0906_111506

11:16 黒部平に到着

70%-2019_0906_111543

70%-2019_0906_112028

黒部平から、11:30発の黒部ケーブルカーに乗ります

標高差約400m、最大勾配31度の急斜面を走るケーブルカーです。自然保護と雪害防止から、日本で唯一の全線地下式ケーブルカーとなっています。立山ケーブルカーと同じ、つるべ式ケーブルカーで、トンネルの中間地点で2台のケーブルカーがすれ違うようになっています。

区間(標高):黒部平(1,828m)~黒部湖(1,455m)
駅間標高差:373m
移動距離:0.8Km
所要時間:5分
定員:130名
運行開始:昭和44年7月20日

70%-2019_0906_111703

地下を走るケーブルカーで、最大勾配31度

70%-2019_0906_112825

地中の奥に吸い込まれていくようです

70%-2019_0906_113041

70%-2019_0906_113208

70%-2019_0906_113218

70%-2019_0906_113225(1)

70%-2019_0906_113410

70%-2019_0906_113417

70%-2019_0906_113420

70%-2019_0906_113435

11:35 黒部湖に到着です

70%-2019_0906_113551

70%-2019_0906_113622

地下通路を少し歩くと、そこには

70%-2019_0906_113907

黒部ダムがその姿を現しました

12日目その1へ戻る        12日目その3へ続く  


2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは ↓ ここをクリック

2019_-1_thumb.jpg 

ページトップへ戻る




    
関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2020/04/28(火) 09:23:33|
  2. 2019夏_長野岐阜富山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雷鳥沢の朝  【雷鳥沢キャンプ場】

2019夏~長野・岐阜・富山~File No.22

11日目その2へ戻る        12日目その2へ続く     

2019年9月6日(金) 12日目その1    雷鳥沢の朝  【雷鳥沢キャンプ場】

昨夜は雨が降りました

タープに水がたまっていたので、ポールを調節し水を流します

日の出の時刻は5:25ですが、三方が山に囲まれた雷鳥沢に光が差し込んでくるのはもう少し先です

70%-2019_0906_060146

70%-2019_0906_060224

70%-2019_0906_060229

今日はいい天気になりそう

70%-2019_0906_061005

70%-2019_0906_061014

70%-2019_0906_063632

朝ごはん

COMO(コモ)のパンとクリームシチュー、そしてココア

コモのパンは、天然酵母「パネトーネ種」を使い長時間熟成発酵させることで、独特の風味と口どけのよさが生まれ、
しかも保存料無添加で、通常のパンの賞味期間が2~3日であるのに対し、35日以上という長期間保存が可能なパンです
僕らは上高地・小梨平の長期滞在でも、多めに持参しています

コモのパンの秘密はこちらへ

70%-2019_0906_063646

70%-2019_0906_065614

70%-2019_0906_070145

西の山肌に光が当たり始めます

70%-2019_0906_065755

70%-2019_0906_070829

70%-2019_0906_071005

7:09 やっと太陽が顔を出しました

標高2,800mを超える山の頂き付近から太陽が出てくるので、日の出時刻から相当の時間がかかります

70%-2019_0906_070904

70%-2019_0906_070950

70%-2019_0906_071027

70%-2019_0906_071226

キャンプ場全体が光に包まれます

70%-2019_0906_071332

70%-2019_0906_071344

70%-2019_0906_071348

70%-2019_0906_071438

キャンプ場から少しだけ登山道に入って、付近を散歩します

もちろん登山をするというような無謀な事はしません知らない

↓画像クリックで拡大表示

70%-2019_0906_071850-1

70%-2019_0906_071705

素晴らしい空の色、言葉が出ません

70%-2019_0906_072623

70%-2019_0906_072159

70%-2019_0906_072656

70%-2019_0906_072719

70%-2019_0906_073455

70%-2019_0906_073508

70%-2019_0906_073516

70%-2019_0906_074152

70%-2019_0906_074430

70%-2019_0906_075123

70%-2019_0906_075151

70%-2019_0906_075224

70%-2019_0906_075355

70%-2019_0906_074717

70%-2019_0906_075008

70%-2019_0906_074750

70%-2019_0906_075104

70%-2019_0906_082215

キャンプ場で一日のんびりしようかと思いましたが、この貴重な晴れ間を利用して、黒部ダムまで行ってみることにしました

70%-2019_0906_090258

雷鳥沢キャンプ場 キャンプ場情報

11日目その2へ戻る         12日目その2へ続く     

2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは ↓ ここをクリック

2019_-1_thumb.jpg 

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2020/04/27(月) 17:01:42|
  2. 雷鳥沢キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上高地・小梨平の今 その2

上高地・小梨平の今 その2

2020年4月26日

上高地では、22日以降、群発地震が続いているようです

スタッフの方のお話では、結構頻繁に揺れているとか

徳沢園では、スタッフを避難させるとか(徳沢園 みちくさブログ

北アルプスの登山道は大丈夫でしょうか

幸か不幸か、コロナによる各施設休業で、北アルプスに登山者は入っていないと思われますが・・・


小梨平キャンプ場Facebook 4月26日の投稿 山が少し崩れたところがあるとか 

県中部震源の地震続く きょう25日も正午までに7回 22日からは38回に 過去にも「群発地震」
(長野放送 4/25(土) 12:59配信 )

長野県中部を震源とする地震は25日も正午までに7回発生していて、これで22日から38回に上りました。
震度1以上の地震は、22日から発生。おととい23日には松本市安曇で震度4を観測しました。
きょう25日も正午までに7回発生していて、午前9時17分に松本市安曇で、10時11分と11時52分に高山市奥飛騨温泉郷(岐阜)でで震度1を観測しました。
上高地付近では1998年にも群発地震が起きていて、信州大学の大塚勉教授(構造地質学)は「しばらく続く可能性がある」と注意を呼びかけています。

松本市で最大震度4「未知の断層の可能性も」県中部で地震相次ぐ 長野
(信越放送 4/23(木) 18:07配信)

<抜粋記事>

地質学が専門の信州大学の大塚勉教授は、今回の震源になった場所にはこれまで知られていなかった断層がある可能性があると指摘します。
きのう未明から相次いでいる地震の震源が上高地の大正池からおよそ3キロ東に集中していて、これまで存在が知られていなかった断層が動いた可能性を指摘します。
上高地では1998年8月に群発地震が発生しました。
大塚教授はこの震源には近いものの別の断層によるものと見ています。
大塚教授は「98年の群発地震の時は数日で収まっているので、それと同じようなものであるとすれば、だんだん収まっていくだろう」と話します。
一方で、松本市では2011年に、市の南部を中心に震度5強を観測する地震がありました。
大塚教授は同じ規模の地震が発生すれば大きな被害が被害が出る可能性もあるとして、注意を呼びかけています。

 

2020_0425_113853-12020_0425_113853-22020_0425_113853-32020_0425_113853-42020_0425_113853-5

出典:気象庁

この群発地震が早期に収束することを願うとともに、上高地および周辺の山岳地域で勤務している方々の安全を祈ります




過去の小梨平滞在記です ↓ 

b9e298909494.jpg 

ページトップへ戻る

関連記事
  1. 2020/04/26(日) 11:45:26|
  2. 小梨平キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TOGETHER WE CAN ALL WIN!

TOGETHER WE CAN ALL WIN!

4月24日

野菜とパンを買いに東京ソラマチへ

営業しているのは食料品のエリアだけ

DSC_0230.JPG

DSC_0226.JPG

DSC_0227.JPG

このエリアでも休業しているお店がちらほら

DSC_0228.JPG

ここから先は休業中

2020_0424_210833(1)

東京スカイツリーは、何事もなかったかのように聳え立っています・・・

DSC_0232.JPG

夜は、「世界一丸となって新型コロナに打ち勝とう」という思いを込めた青色の特別ライディングに・・・

P1180181

このライディングは、東京都が行う医療関係者の方々への感謝と応援の気持ちを込めたライトアップに賛同しています

P1180186

P1180187

P1180189

TOGETHER WE CAN ALL WIN! 「みんなで打ち勝とう!」



アウトドアメーカー モンベルに拍手!!

モンベル、防護服を無償提供へ 辰野会長「できることやる」




ページトップへ戻る

 


北海道長期遠征2016のレポも更新中

66.本日は、休養日
67.黒松内に惹きつけられました
68.ここに宿泊しようと思いましたが・・・

北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2020/04/24(金) 22:51:09|
  2. 東京スカイツリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

憧れの地、雷鳥沢  【雷鳥沢キャンプ場】

2019夏~長野・岐阜・富山~File No.21

11日目その1へ戻る        12日目その1へ続く     

2019年9月5日(木) 11日目その2    憧れの地、雷鳥沢  【雷鳥沢キャンプ場】

9:25 室堂(2,430m)から雷鳥沢(2,277m)に向けて出発

地図のよると距離は約2km 標高差153m コースタイムは約50分、楽勝ですねと思っていましたが・・・

70%-2019_0905_063100-1-1

70%-2019_0905_063100-8

70%-2019_0905_093213-1

70%-2019_0905_092452

70%-2019_0905_093133

70%-2019_0905_093609

みくりが池

70%-2019_0905_093600

70%-2019_0905_094356

70%-2019_0905_094443




みくりが池温泉では、メニューだけ確認大笑い

70%-2019_0905_095126

70%-2019_0905_095206

70%-2019_0905_095214

エンマ台(地獄谷展望台)

70%-2019_0905_100059

70%-2019_0905_100309

70%-2019_0905_100201

↓画像クリックで拡大表示

70%-2019_0905_100219

遠く左の方に見える剣岳

70%-2019_0905_100323

望遠でみる剣岳

70%-2019_0905_100350

らいちょう温泉雷鳥荘

結構下ったところにありますね

70%-2019_0905_100448

血の池

70%-2019_0905_100917

しっかり歩いていますが・・・

70%-2019_0905_100954

こちらは結構フラフラ困った

70%-2019_0905_100938

70%-2019_0905_102114

70%-2019_0905_102118

雷鳥沢、見えました

想像していたより、下ったところにありますね

70%-2019_0905_102144

70%-2019_0905_102154

70%-2019_0905_102222

70%-2019_0905_102420

70%-2019_0905_102428

70%-2019_0905_102944

70%-2019_0905_102253

雷鳥荘

70%-2019_0905_103559

70%-2019_0905_103605

ここを下るとキャンプ場

70%-2019_0905_103713

え~~、こんなに急な階段を下るのですか~~

下るということは、帰りは上るということですよね悲しい

70%-2019_0905_103700

階段の幅が狭いので、転げ落ちないように、ゆっくり、ゆっくり

なんとか下りてきました

キャンプ場までもうすぐ

70%-2019_0905_105544

70%-2019_0905_105630

70%-2019_0905_105635

11:00 雷鳥沢キャンプ場に到着です 

標準のコースタイムの2倍近くかかりましたね大笑い

70%-2019_0905_105946

管理棟で受付

70%-2019_0906_081934

1人1泊¥500です

70%-2019_0905_111041

70%-2019_0905_111054

70%-2019_0905_063100-9

70%-2019_0905_063100-10

今回の主な装備

装備

製品名

備考

テントmont・bell クロノスドーム2型 
タープHILLEBERG TARP10XP 
ポールNEMO アジャスタブルポール 軽量化のためMサイズ2本持参
タープのサイドポールはトレッキングポールを使用
シュラフsnow peak セパレートマミー400 
マットsnow peak インフレータブルマット テレコ 
テーブルHelinox タクティカルテーブルS 
チェアHelinox コンフォートチェア 
バーナーsnow peak ヤエンストーブナギ
PRIMUS Ultra Bumer P-153
 
コッフェルsnow peak チタントレック1400
snow peak ソロセット極チタン
 
カップsnow peak マグカップ 
水入れ

EVERNEW ウォーターキャリー

2.0L、1.5L
照明snow peak たねほおずき
Black Diamond Spot
Goal Zero ライトハウスマイクロ 
それぞれ2個
雨具Columbia グラスバレーレインスーツ 
防寒UNIQLO  ウルトラライトダウン、ヒートテック 
その他Oregonian 防水グランドシート(小)
オールウェザーブランケット
 

12時頃、設営完了

あとは立山の山並みを眺めながら、のんびり過ごします

70%-2019_0905_122838

雲がかかって稜線が見えないのが残念

70%-2019_0905_122710

70%-2019_0905_122830

70%-2019_0905_134015

70%-2019_0905_133648

70%-2019_0905_133709

70%-2019_0905_134226

70%-2019_0905_122738

70%-2019_0905_125925

お昼ごはんは抜いたので(朝のバイキングで昼の分までお腹に入れてきた)、16時ごろから晩ごはんにします

70%-2019_0905_154648

小松菜ご飯

70%-2019_0905_161538

五目ご飯

70%-2019_0905_161531

煮込みハンバーグ

70%-2019_0905_162322

生姜焼き

70%-2019_0905_161558

夕方近く、少し雲がとれて稜線が見えてきました

70%-2019_0905_163003

70%-2019_0905_163024

70%-2019_0905_170733

70%-2019_0905_171449

70%-2019_0905_171501

70%-2019_0905_171949

雲の動きが早く、風景が刻一刻と変化していきます

70%-2019_0905_174741

70%-2019_0905_174907

70%-2019_0905_175016

70%-2019_0905_175153

70%-2019_0905_175717

70%-2019_0905_175733

70%-2019_0905_181139

70%-2019_0905_181212

70%-2019_0905_180741

70%-2019_0905_174657

夕暮れ時

70%-2019_0905_181359

70%-2019_0905_181452

70%-2019_0905_181520

70%-2019_0905_181611

70%-2019_0905_181904

70%-2019_0905_182110


山小屋に明かりが灯ります

70%-2019_0905_182131

陽が沈んでトワイライトの頃

70%-2019_0905_183037

70%-2019_0905_183154

一番星見~つけた

70%-2019_0905_183307

70%-2019_0905_184359

70%-2019_0905_184423

70%-2019_0905_184437

すっかりと暗くなった21時前

稜線の山小屋の灯りが遠くに見えます

70%-2019_0905_204328

雲の間に星が輝きだします

70%-2019_0905_204446r

70%-2019_0905_204628r

70%-2019_0905_204758r

70%-2019_0905_205040r

70%-2019_0905_204915r

70%-2019_0905_205133r

70%-2019_0905_205333r


憧れていた雷鳥沢キャンプ場、この空間にいることに満足して、シュラフに入りました

雷鳥沢キャンプ場 キャンプ場情報

11日目その1へ戻る        12日目その1へ続く     


2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは ↓ ここをクリック

2019_-1_thumb.jpg 

ページトップへ戻る


    



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2020/04/23(木) 16:20:38|
  2. 雷鳥沢キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

いよいよ立山へ

2019夏~長野・岐阜・富山~File No.20

10日目へ戻る        11日目その2へ続く     

2019年9月5日(木) 11日目その1    いよいよ立山へ

ホテル森の風立山
朝、スタッフの方と話をすると、僕らが2017年東北長期遠征の時、岩手の鶯宿温泉で泊まったホテル森の風鶯宿
同じ系列だということがわかりました
そのスタッフ方も、岩手からこちらに来て勤務しているということでした

70%-2019_0905_063103

70%-2019_0905_063109

70%-2019_0905_063511

70%-2019_0905_063519

朝ごはんは、バイキング

70%-2019_0905_063557

今日は、ザックを背負って歩かなければならないので、エネルギーを大量にため込んでおきますウインク

70%-2019_0905_064345

今日いよいよ立山に入ります
今回の旅の一番の目的が、雷鳥沢でのキャンプ

上高地小梨平キャンプ場の常連で、いつも長期滞在している(住んでいる?)Nさんは
時期によっては、雷鳥沢にも住んでいるとのこと(笑)
そのNさんから、雷鳥沢のことを色々とお聞きしていたので、一度は行ってみたいと思っていたのです

予定している行程は、立山黒部アルペンルートで立山駅から室堂まで行き、そこから雷鳥沢キャンプ場へ
雷鳥沢で2泊して、その間に立山黒部アルペンルートで室堂から黒部ダムまで往復
最終日に室堂からまた立山駅へ帰ってくるという予定です


ホテルを出発して、立山駅へ

駅に最も近い駐車場にプラS君を止めます(駐車料金は無料)
混雑する時期(GW・夏休み・紅葉最盛期)などは、待たないと駐車場に入れないこともあるようですが
夏休みが終わったこの時期は空いています

(立山黒部アルペンルートのHPには、季節・曜日・時間ごとの混雑予想カレンダーが掲載されていて参考になります
ただし、2020年4月22日現在、立山黒部アルペンルートは営業休止していますので、混雑予想も行われていません)

70%-2019_0905_063100-5-1

70%-2019_0905_063100-7-1

きっぷ売り場で、WEBで申込済の切符を受け取ります

70%-2019_0905_074629

平日割WEBきっぷ、立山駅⇔黒部湖往復 5日間有効(2020年4月現在、この平日割WEBきっぷの販売はありません)

購入時に、立山ケーブルカーの発車時刻のみ、指定することができます

IMG_20200417_0027

70%-2019_0905_063100

70%-2019_0905_075520

8:00 立山ケーブルカー、いよいよ出発です

立山駅と美女平間1.3km、標高差およそ500mを7分かけて一気にのぼり、低山帯の森林から山地帯の森林への変化がダイナミックに車窓に展開します。平均勾配24度の坂を2台のケーブルカーがつるべ式で上り下りする仕組みになっています。途中、岩が柱のようになっている材木石(柱状節理)が見られる箇所があります。

区間(標高):立山駅(475m)~美女平(977m)
駅間標高差:502m
移動距離:1.3Km
所要時間:7分
定員:120名
運行開始:昭和29年8月13日

出典:立山黒部アルペンルートHP

70%-2019_0905_075554

70%-2019_0905_075614

材木石(柱状節理)

70%-2019_0905_080412

70%-2019_0905_080415

美女平駅には、7分で到着

70%-2019_0905_080743

70%-2019_0905_080751

美女平から室堂までは、立山高原バス

8:20発のバスに乗ります

亜高山帯から高山帯へ、約1,500mの標高差の大自然の変化を楽しむことができます。全員着席制なので、快適に車窓の風景を楽しむことができます。車内に設置されたモニターからは、見どころの解説ビデオが流れます。ハイブリッドバスや最新のクリーンディーゼルバスで、排気ガス中のNOx、COや黒煙の排出を抑えています。

区間(標高):美女平(977m)~室堂(2,450m)
駅間標高差:1,473m
移動距離:23Km
所要時間:50分
運行開始:昭和30年7月1日美女平~弘法間、(昭和39年6月20日 美女平~室堂間全線開業

出典:立山黒部アルペンルートHP

70%-2019_0905_080946

70%-2019_0905_081349

乗車率は20~30%くらいでしょうか

70%-2019_0905_081318

室堂まで、標高差1,473m

車窓の風景を楽しみながら、約50分のバス旅です

美女平周辺には、タテヤマスギの巨木が点在しています

70%-2019_0905_082014

70%-2019_0905_082025

称名滝が眼下に見える滝見台

70%-2019_0905_082400

バスは徐行してくれます

70%-2019_0905_082413

70%-2019_0905_082427

落差350mの称名滝、帰りに寄ってみることにします

70%-2019_0905_082420

バスはどんどん高度を上げていきます

70%-2019_0905_083557

眼下には富山平野が

70%-2019_0905_083729

弥陀ヶ原

70%-2019_0905_084115

70%-2019_0905_084337

70%-2019_0905_084344

70%-2019_0905_084421

70%-2019_0905_084459

70%-2019_0905_085334

70%-2019_0905_085328

70%-2019_0905_085449

室堂ターミナル・立山ホテルが見えてきました

70%-2019_0905_085534

70%-2019_0905_085531

70%-2019_0905_085613

9:00 室堂ターミナルに到着

70%-2019_0905_090054

室堂ターミナル内の売店などをチェック

↓画像クリックで拡大表示

img-map-zoom_1701

郵便局があるということは、上高地と同じように荷物を送れるということかな?

ひょっとして、小梨平のNさんはここに荷物を送って、雷鳥沢まで運搬している・・・??

70%-2019_0905_090701

食事に困ることはなさそうですね

70%-2019_0905_090832

70%-2019_0905_090823

70%-2019_0905_090803

70%-2019_0905_090814

売店の品揃えもなかなかです

70%-2019_0905_090938

70%-2019_0905_090946

70%-2019_0905_091002

70%-2019_0905_091007

70%-2019_0905_091015

70%-2019_0905_091154

ゴミを捨てることができるのはありがたいですね

70%-2019_0905_090856

なんと、2Fにはノースフェイスのショップがあります

THE NORTH FACE ホテル立山店

70%-2019_0905_092022

70%-2019_0905_092016

ホテル立山の入口ですね

ホテル内のレストラン立山も利用できますが・・・知らない

70%-2019_0905_092029

本日の天気? まだ更新されていませんね

9月4日だからこれは昨日の天気、昨日はやはり雨だったのですね

70%-2019_0905_091632

70%-2019_0905_092452

ターミナルのすぐ前にある「立山玉殿の湧き水」で水を汲んで   この水、びっくりするくらい美味しい

70%-2019_0905_092443-1

そろそろ、雷鳥沢に向けて出発しましょう


10日目へ戻る         11日目その2へ続く    

2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは ↓ ここをクリック

2019_-1_thumb.jpg 

ページトップへ戻る

    

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2020/04/22(水) 18:59:15|
  2. 2019夏_長野岐阜富山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上高地・小梨平の今

上高地・小梨平の今

2020年4月21日

いつもお世話になっている小梨平キャンプ場のスタッフの方から、写真が送られてきました

許可をいただいたので掲載します

 

梓川に架かる虹

1587432503931-1

穂高はまだまだ雪山

1587432496708

「槍の氷を溶かして來るあのセルリアンの梓川に」

1587432530889

 

上高地はこれから、人のいないGWを迎えます

上高地観光旅館組合 各施設の休業について(上高地観光旅館組合)

【上高地・乗鞍・白骨温泉地区】新型コロナウイルスの感染拡大に伴う一部路線の運休について(アルピコ交通)

「緊急事態宣言」発令に伴う宿泊営業期間変更のお知らせ(北アルプス山小屋友好会)

 

スタッフの方から送られてきたもう一枚

僕らがいつもテントを設営している、小梨平キャンプ場Lサイトの様子です

1587432687721


僕らの大好きな上高地・小梨平キャンプ場

遠くない先の日に、またここにテントを張れることを心から願って・・・


過去の小梨平滞在記です ↓ 

b9e298909494.jpg 

ページトップへ戻る


北海道長期遠征2016のレポも更新中

64.新しい出会い 【歌才オートキャンプ場 ル・ピック】
65.黒松内はブナ北限の地【歌才オートキャンプ場 ル・ピック】

北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る

関連記事
  1. 2020/04/21(火) 18:35:24|
  2. 小梨平キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今日も山は悪天候なので・・・

2019夏~長野・岐阜・富山~File No.19

9日目へ戻る       11日目その1へ続く     

2019年9月4日(水)10日目    今日も山は悪天候なので・・・

4時に起床し、出発の準備を始めますが
天気を確認すると山には雨と雷の警報が出ていたため、急遽立山に登るのを翌日に変更しました

問題は今夜の宿泊先、このまま富山でこのホテルに泊まるのもそろそろ飽きたし・・・
明日の朝、早朝から行動するなら、立山にできるだけ近い方が効率的だし・・・

という事で、立山駅近くの宿を探しました
ホテル森の風立山
金額は高めですが、諸条件を考えれば最良の選択でした

宿が決まったので、夕方まで氷見方面にドライブすることにしました

ドーミーイン富山、お世話になりました

70%-2019_0904_095514

70%-2019_0904_095510

70%-2019_0904_100238

70%-2019_0904_100457

70%-2019_0904_102048

70%-2019_0904_103112

70%-2019_0904_103706

最初に訪ねたのは海王丸パーク

帆船 海王丸
海王丸は、商船学校の練習船として誕生した帆船です。昭和5年2月14日に進水して以来、59年余の間に106万海里(地球約50周)を航海し、11,190名もの海の若人を育てました。海王丸パークでは、この海王丸を現役中の姿そのままで公開しています。年10回行われる総帆展帆は見逃せません。

70%-2019_0904_104802

70%-2019_0904_103741

70%-2019_0904_103834

70%-2019_0904_104147

70%-2019_0904_104143

70%-2019_0904_104340

70%-2019_0904_104429

海王丸パーク パンフレット
IMG_20200417_0015.jpg  IMG_20200417_0016.jpg

立山、見えました

70%-2019_0904_111312

70%-2019_0904_105507

 

新湊きっときと市場

新湊フィッシャーマンズワーフ「新湊きっときと市場」は“富山湾の宝石”と称される白エビをはじめ、ベニズワイガニ、ほたるいか、ブリ、ズワイガニ、バイガイなど新湊漁港で獲れたての海の幸が豊富に提供できる 海鮮市場です。
また、館内の海鮮レストラン「きっときと亭」は朝獲れの魚介類をつかった自慢の魚料理も味わえます。そのほか、館内では特産の海産物や里の幸、お土産品など豊富に揃えています。

70%-2019_0904_105642

70%-2019_0904_110013

70%-2019_0904_105947

70%-2019_0904_110716

70%-2019_0904_105633

70%-2019_0904_105655

70%-2019_0904_105723

70%-2019_0904_110030

70%-2019_0904_110022

70%-2019_0904_105750

70%-2019_0904_105753

70%-2019_0904_105756

70%-2019_0904_110741

70%-2019_0904_111222

リュウグウノツカイ、実物大??

70%-2019_0904_111232

70%-2019_0904_111205

70%-2019_0904_111210

新湊きっときと市場 パンフレット
IMG_20200417_0017.jpg  IMG_20200417_0018.jpg

70%-2019_0904_112201

70%-2019_0904_112703

70%-2019_0904_112723

雨晴海岸

万葉集に「渋谿(しぶたに)」と詠まれた雨晴海岸(あまはらしかいがん)は、岩礁多く白砂青松の景勝の地で日本の渚百選の一つにも選ばれており、天候に恵まれれば富山湾越しに3000メートル級の立山連峰(たてやまれんぽう)を望むことができます。「義経岩(よしつねいわ)」は、源義経が奥州へ落ち延びる途中、にわか雨の晴れるのを待ったという岩で、地名「雨晴(あまはらし)」の由来となっています。また、この景色は、松尾芭蕉が『おくのほそ道』に詠んだ由緒地であり、女岩と義経岩は「おくのほそ道の風景地」ー有磯海ーとして名勝に指定されています。

70%-2019_0904_113849

70%-2019_0904_114015

70%-2019_0904_114559

70%-2019_0904_115236

70%-2019_0904_114356

70%-2019_0904_114510

70%-2019_0904_115515

道の駅雨晴

70%-2019_0904_114236

70%-2019_0904_113829

70%-2019_0904_122646(1)

70%-2019_0904_121202

70%-2019_0904_121211

70%-2019_0904_121214

70%-2019_0904_121219

70%-2019_0904_121254

70%-2019_0904_121525

70%-2019_0904_121537

70%-2019_0904_121650

70%-2019_0904_121717

70%-2019_0904_121726

こんな風景を見てみたいです

↓画像クリックで拡大表示

70%-2019_0904_115727-1



道の駅 雨晴 パンフレット
IMG_20200419_00012.jpg  IMG_20200419_00022.jpg

JR氷見線

70%-2019_0904_122151(2)

テッちゃんですから

70%-2019_0904_122157

70%-2019_0904_122201

70%-2019_0904_122204(1)

70%-2019_0904_122207(1)

70%-2019_0904_122210(1)

70%-2019_0904_122222(1)

70%-2019_0904_122225



雨晴キャンプ場を見学

70%-2019_0904_123524

70%-2019_0904_123548

70%-2019_0904_123602

70%-2019_0904_123626

70%-2019_0904_123653

70%-2019_0904_123728

70%-2019_0904_123735

70%-2019_0904_125141

JR氷見線の終着駅 氷見駅

70%-2019_0904_125348

70%-2019_0904_125414

ブリの形の瓦が珍しいですね

70%-2019_0904_125357

70%-2019_0904_125544

70%-2019_0904_130022

70%-2019_0904_125604

70%-2019_0904_125721

道の駅氷見 氷見漁港場外市場 ひみ番屋街

70%-2019_0904_131006

70%-2019_0904_131444

70%-2019_0904_140753

70%-2019_0904_141942

70%-2019_0904_141025

70%-2019_0904_141034

70%-2019_0904_140846

70%-2019_0904_141300

氷見うどん買いました

70%-2019_0904_141459

70%-2019_0904_141503

70%-2019_0904_141508

70%-2019_0904_141547

ここでお昼ごはん    廻鮮氷見前寿し

70%-2019_0904_140632

70%-2019_0904_140551

70%-2019_0904_140314

70%-2019_0904_140424

70%-2019_0904_140414

70%-2019_0904_140350

70%-2019_0904_140033

70%-2019_0904_133249

70%-2019_0904_132848

せっかくですから、地物をいただかないとね

70%-2019_0904_132245

ネタが新鮮で、大きかったです

70%-2019_0904_132252

70%-2019_0904_132450

70%-2019_0904_134319

70%-2019_0904_134806

お腹一杯、ご馳走さまでした


氷見漁港場外市場 ひみ番屋街 パンフレット
IMG_20200417_0020.jpg  IMG_20200417_0021.jpg  IMG_20200417_0019-1.jpg


氷見は、漫画界の巨匠、藤子不二雄A先生の故郷

70%-2019_0904_130651

70%-2019_0904_142742

70%-2019_0904_142749

70%-2019_0904_142952

70%-2019_0904_142941

70%-2019_0904_143008

70%-2019_0904_143025

70%-2019_0904_143031

70%-2019_0904_143217

さて、立山に向けて出発です

70%-2019_0904_145324

70%-2019_0904_095511

70%-2019_0904_153113

70%-2019_0904_154638

山が近くなってくると小雨模様

70%-2019_0904_155043

70%-2019_0904_155054

70%-2019_0904_155115

70%-2019_0904_155229

70%-2019_0904_155518

70%-2019_0904_155736

70%-2019_0904_160104

16時過ぎ、ホテル森の風立山に到着

70%-2019_0904_160841

70%-2019_0904_160935

食事の前に、立山駅まで行ってみます

70%-2019_0904_095512

70%-2019_0904_161504

やはり、テッちゃんですから

70%-2019_0904_162114

70%-2019_0904_162119

ケーブル乗り場と混み具合を確認しておきます

70%-2019_0904_162512


晩ごはんは、イタリアンのコース

↓画像クリックで拡大表示

IMG_20200417_0025

70%-2019_0904_19341670%-2019_0904_193421
70%-2019_0904_19342770%-2019_0904_193852
70%-2019_0904_19411870%-2019_0904_194823
70%-2019_0904_19543470%-2019_0904_200533
70%-2019_0904_20053870%-2019_0904_201549
70%-2019_0904_203757 

70%-2019_0904_195752

夜もお腹一杯です

ホテル森の風 立山 パンフレット
IMG_20200417_0023.jpg IMG_20200417_0024-1.jpg

 

明日はいよいよ立山に登ります

天候(富山) 曇り一時雨  最高気温28.1℃ 最低気温21.5℃ 平均風速1.9m

9日目へ戻る       11日目その1へ続く     

2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは ↓ ここをクリック

2019_-1_thumb.jpg 

ページトップへ戻る

    

 


北海道長期遠征2016のレポも更新中

63..クマゲラの町 黒松内【歌才オートキャンプ場ル・ピック】


北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2020/04/20(月) 17:14:27|
  2. 2019夏_長野岐阜富山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山の天候回復まで、町で待機

2019夏~長野・岐阜・富山~File No.18

8日目その4へ戻る         10日目へ続く     

2019年9月3日(火) 9日目    山の天候回復まで、町で待機

今回の旅の一番の目的は、立山雷鳥沢でのキャンプ
二番目の目的であった、おわら風の盆の翌日には、山に行く予定でしたが
山の天候がどうも良くない予報

あせる必要はないので、山の天候回復まで、もう一日ほど待機することに決定

10時頃、ホテルにずっといても仕方がないので、出かけます

まずは、ホテルから歩いてすぐの、富山市ガラス美術館と図書館が入っているTOYAMAキラリ

IMG_20200417_0014-1

富山市のシンボルとも言われるビルで、御影石・ガラス・アルミといった異素材の組み合わせで表現されています

70%-2019_0903_110007

70%-2019_0903_110055

巨大な吹き抜けの空間が見事です

70%-2019_0903_110418

70%-2019_0903_110140

70%-2019_0903_105647

70%-2019_0903_105903

70%-2019_0903_113657

富山市ガラス美術館の無料コーナーだけ見学ペロリ

70%-2019_0903_113407

70%-2019_0903_110557

図書館で、おわら風の盆について復習します

70%-2019_0903_112234

70%-2019_0903_111038

セントラム(路面電車)で富山駅へ

70%-2019_0903_114028

70%-2019_0903_114156

70%-2019_0903_115159

70%-2019_0903_115211

おわら風の盆は、今日が最終日

富山駅は昨日ほどの人出ではなかったです

70%-2019_0903_115430

70%-2019_0903_115504

70%-2019_0903_115519

駅の北口を出て、ポートラムの富山駅北停留所へ

70%-2019_0903_115836

ここから北前船で栄えた港町「岩瀬」へ行きます

IMG_20200417_0013-1

大正13年に「富岩鉄道」として開業した富山港線は。その後富山地方鉄道、国鉄、IR西日本へと運営が引き継がれてきましたが、自動車交通の伸展に伴う利用者の激減、車両や駅舎の老朽化、運転本数の減少などにより、さらに利用者が減少するという負のスパイラルに陥っていました。
北陸新幹線富山駅等の整備に合わせて、富山港線の再生を図るために、路面電車化が決定され、2006年日本初の本格的LRTとして生まれ変わりました。
運営会社は第三セクター方式で設立された富山ライトレール株式会社

その後、富山駅南北接続事業によって富山地方鉄道富山軌道線との直通運転が行われることとなり、運転開始1ヶ月前の2020年(令和2年)2月22日には富山ライトレールが富山地方鉄道に吸収合併され、富山港線も約76年8か月ぶりに富山地方鉄道の路線となりました。

 

70%-2019_0903_115939

70%-2019_0903_122045

70%-2019_0903_122053

東岩瀬で下車

70%-2019_0903_122306

70%-2019_0903_122310

旧の駅舎

70%-2019_0903_122441

70%-2019_0903_122641

70%-2019_0903_122646

岩瀬のまちめぐり

↓画像クリックで拡大表示

IMG_20200417_0006-1

IMG_20200417_0006-2

↓画像クリックで拡大表示

IMG_20200417_0005-1

IMG_20200417_0001-1.jpg  IMG_20200417_0003-1.jpg

お昼は「食堂天保」で

IMG_20200417_0008-1

70%-2019_0903_130620

70%-2019_0903_123349

70%-2019_0903_124426

70%-2019_0903_124516

70%-2019_0903_130314

70%-2019_0903_130202

70%-2019_0903_130518

70%-2019_0903_130629

70%-2019_0903_130955

70%-2019_0903_131038

簾虫籠(すむしこ)、透過性の高い竹の細木の格子を無数に使用した技法

70%-2019_0903_130852

70%-2019_0903_130807

銀行です

70%-2019_0903_131010

岩瀬銀行ってあったのですねびっくり

70%-2019_0903_131303

北前船廻船問屋 森家

岩瀬の大町通りにある森家(国指定重要文化財)は、日本海で活躍した北前船の廻船問屋。館長の名調子とともに楽しく見学することができます。行きも帰りも荷を載せて「倍倍」に儲かることから、地元では北前船のことをバイ船と呼びます。往復で儲かるので「のこぎり商売」ともいわれ財をなしました。この東岩瀬港では幕末から明治にかけてが最盛期で、この森家も1878年に建築されたものです。屋久杉の板戸、能登産黒松のはり、土間には小豆島産の巨大な1枚岩など、全国各地の材料を使った贅沢なつくりとなっています。主屋であるオイの間の吹抜けの木組み、土蔵のこて絵など見どころ満載です。

IMG_20200417_0007-5

70%-2019_0903_134006

70%-2019_0903_131357

70%-2019_0903_133925

70%-2019_0903_131642

70%-2019_0903_133856

70%-2019_0903_133841

70%-2019_0903_133254

70%-2019_0903_133307

70%-2019_0903_133318

70%-2019_0903_133617

 北前船廻船問屋 森家 パンフレット
IMG_20200417_0010.jpg  IMG_20200417_0011.jpg  IMG_20200417_0012.jpg

 

IMG_20200417_0009-1

70%-2019_0903_134042

70%-2019_0903_134229

 

70%-2019_0903_134425

70%-2019_0903_134328


70%-2019_0903_135148

70%-2019_0903_134958

岩瀬カナル会館に寄ります

IMG_20200417_0007-3

富山の薬

70%-2019_0903_135454

70%-2019_0903_135458

70%-2019_0903_135503

70%-2019_0903_135517

懐かしい風呂桶(これを知っている人は、年代がわかりますねペロリ

70%-2019_0903_135513

富山と言えば、白えびなんですが・・・

ホワイトシチューには入れるのは理解できますが、ほたるいかと一緒にカレーに・・・ですか???

70%-2019_0903_135532

70%-2019_0903_135553

岩瀬浜から富山駅に戻ります

70%-2019_0903_135825

途中にある駅、奥田中学校前

奥田中学校は、NBA選手の母校です

70%-2019_0903_142038

富山駅に戻って、夕食用に笹寿しを購入

観光案内所でおわら公式ガイドブックの販売場所を教えてもらい、駅前のビル内の「ととやま」で買いました

ホテルに戻り、タイムズ駐車場の駐車場代金を一度精算します
24時間x2で1200円(24時間最大料金の設定があるので、助かりますね)

その後、ホテル内のコインランドリーで洗濯(洗濯機は無料で、乾燥機は有料)

夕方、ホテルの高さ制限がない駐車スペースが空いたので、車をタイムズ駐車場からホテル駐車場へ移動します 

70%-2019_0904_095522

雷鳥沢に向けてのリュック荷造りをして、天然温泉に入ってから、晩ごはん

駅で買ってきた鱒寿司・笹寿司をいただきます

70%-2019_0903_193637

70%-2019_0903_193642

70%-2019_0903_193646

70%-2019_0903_19384570%-2019_0903_194347
70%-2019_0903_19473270%-2019_0903_195025
70%-2019_0903_195318 

さあ、明日はいいよ立山です

(富山) 曇り  最高気温26.9℃ 最低気温21.6℃ 平均風速2.4m


8日目その4へ戻る         10日目へ続く 

2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは ↓ ここをクリック

2019_-1_thumb.jpg 

ページトップへ戻る

    

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2020/04/19(日) 20:11:41|
  2. 2019夏_長野岐阜富山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浅草寺・雷門の大提灯 新調

浅草寺・雷門の大提灯 新調

2020年4月18日

買い物に出かけた浅草

相変わらず、歩いているのは地元の買い物客だけ

2020_0418_205620(1)

神谷バーも休業中

2020_0418_205620(2)

そんな中、浅草寺・雷門の大提灯が7年ぶりに新調されました

2020_0418_205620(4)

2020_0418_205620(3)

DSC_0223.JPG

観音様に一日も早い収束をお祈りしました

関連記事

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2020/04/18(土) 21:19:09|
  2. ●僕らの住処 浅草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

越中八尾 おわら風の盆 その二

2019夏~長野・岐阜・富山~File No.17

8日目その3へ戻る         9日目へ続く     

2019年9月2日(月) 8日目その4    越中八尾 おわら風の盆 その二

調べに酔いて 夜も更けて
流して心 粋に舞う
八尾おわらの あけがらす

夜がきて、雪洞に明かりが灯ります

70%-2019_0902_193123

上新町

70%-2019_0902_193623

70%-2019_0902_193728

70%-2019_0902_193842

70%-2019_0902_193844

70%-2019_0902_194044

70%-2019_0902_194105

70%-2019_0902_194147

70%-2019_0902_194237

70%-2019_0902_194247

70%-2019_0902_194327

70%-2019_0902_194403

70%-2019_0902_194703

70%-2019_0902_205327

70%-2019_0902_205609

IMG_owara20202-上新町

 



70%-2019_0902_195541

70%-2019_0902_201208

70%-2019_0902_201335

70%-2019_0902_201753

70%-2019_0902_201955

見たさ逢いたさ思いがつのる
恋の八尾は オワラ 雪の中


東新町

70%-2019_0902_200944

70%-2019_0902_200502

70%-2019_0902_200616

70%-2019_0902_200636

70%-2019_0902_200649

70%-2019_0902_200741

70%-2019_0902_200802

70%-2019_0902_200851

IMG_owara20207-東新町

 

 

鏡町

70%-2019_0902_210629

70%-2019_0902_210111

70%-2019_0902_212416

70%-2019_0902_212619

70%-2019_0902_212740

70%-2019_0902_212901

70%-2019_0902_213133

70%-2019_0902_213210

70%-2019_0902_213503

70%-2019_0902_213505

70%-2019_0902_213239

70%-2019_0902_213724

70%-2019_0902_213726

70%-2019_0902_214059

IMG_owara202022-鏡町

 

諏訪町

70%-2019_0902_220917

70%-2019_0902_220904

70%-2019_0902_220934

70%-2019_0902_220938

70%-2019_0902_220957

70%-2019_0902_221149

70%-2019_0902_220929

70%-2019_0902_221230IMG_owara20203-諏訪町


東町

70%-2019_0902_215407

70%-2019_0902_222220

70%-2019_0902_222247

70%-2019_0902_222439

70%-2019_0902_222454

70%-2019_0902_222450

IMG_owara20208-東町

 

下新町

70%-2019_0902_223219

70%-2019_0902_223230

70%-2019_0902_223221

70%-2019_0902_223317

70%-2019_0902_223404

70%-2019_0902_223428

IMG_owara2020-下新町474

 

あなた今来て早やお帰りか
浅黄染めとは オワラ 藍たらぬ

70%-2019_0902_224227

70%-2019_0902_224749

70%-2019_0902_225039

70%-2019_0902_225629

23:05発の富山行き臨時快速で、八尾をあとにしました

70%-2019_0902_225633

見送りましょうか 峠の茶屋まで
人目がなければ、あなたの部屋まで

三味線と胡弓の調べ、楽器に応える唄、町により異なる衣装を身にまとい、工夫を凝らした見せ方で踊る町流し

夜の町に雪洞が優しく灯り、厳かでありながら艶めいた匂いが漂う

伝統を深く味わった夜だった



8日目その3へ戻る          9日目へ続く

2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは ↓ ここをクリック

2019_-1_thumb.jpg 

ページトップへ戻る

 

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2020/04/17(金) 21:54:46|
  2. 2019夏_長野岐阜富山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

越中八尾 おわら風の盆 その一

2019夏~長野・岐阜・富山~File No.16

8日目その2へ戻る        8日目その4へ続く     

2019年9月2日(月) 8日目その3    越中八尾 おわら風の盆 その一

飛騨の山々から越中側へのびる八つの山の尾根を意味する八尾は、富山平野の南西部、飛騨山脈の麓、岐阜県との県境に位置する街道筋に発達した小さな町です
かつては富山藩の御納戸所(財政蔵)として、街道の交易の拠点として繁栄していました
その繁栄は、豪華絢爛な曳山の姿や連綿として唄い継がれた「おわら風の盆」がそれを雄弁iに物語っているように思えます
おわら風の盆の町流しが行われる旧町は、山の傾斜に細長く出来た坂の町です
通りの両側には雪流しや防火に使われる「エンナカ」と呼ばれる用水が流れ、心地よい音を響かせています
このエンナカの水音とおわら風の盆が環境省の「日本の音風景百選」に選ばれています
いつもは静寂な山あいの町が、毎年9月1日~3日の3日間「あわら風の盆」に染まります

出典:おわら風の盆ガイドブック

 

70%-2019_0902_225634-1-5

70%-2019_0902_225634-1-4

おわら踊りの 笠きてござれ
忍ぶ夜道は オワラ 月明かり

下新町

70%-2019_0902_154555

70%-2019_0902_154026

70%-2019_0902_154039

70%-2019_0902_154054

70%-2019_0902_154112

70%-2019_0902_154245

70%-2019_0902_154302

70%-2019_0902_154341

70%-2019_0902_154457

IMG_owara2020-下新町44

70%-2019_0902_154852

70%-2019_0902_155021

70%-2019_0902_155306

70%-2019_0902_155622

70%-2019_0902_155953

70%-2019_0902_160008



鏡町

70%-2019_0902_160538

70%-2019_0902_160607

70%-2019_0902_160653

70%-2019_0902_160730

70%-2019_0902_160909

70%-2019_0902_160923-1

IMG_owara2020-鏡町

70%-2019_0902_161353

 

諏訪町本通り(日本の道百選)

70%-2019_0902_161710

わたしゃ野山の 兎じゃないが
月夜づきよに 逢いに来る

70%-2019_0902_161735

70%-2019_0902_161724

70%-2019_0902_161855

70%-2019_0902_162114

70%-2019_0902_162129

70%-2019_0902_162331

70%-2019_0902_162357

70%-2019_0902_162618

70%-2019_0902_162715

70%-2019_0902_162846

東新町 

70%-2019_0902_162936

70%-2019_0902_163229

70%-2019_0902_163318

70%-2019_0902_163337

70%-2019_0902_163350

70%-2019_0902_163520(2)

70%-2019_0902_163646

70%-2019_0902_163657

70%-2019_0902_163805

IMG_owara20207-東新町

 

 

西新町

70%-2019_0902_164649

70%-2019_0902_164605

70%-2019_0902_164822

70%-2019_0902_164854

70%-2019_0902_164913

70%-2019_0902_164924

70%-2019_0902_165007

70%-2019_0902_165019

70%-2019_0902_165032

70%-2019_0902_165124

70%-2019_0902_165131

70%-2019_0902_165154

70%-2019_0902_165238

70%-2019_0902_165258

70%-2019_0902_165306

70%-2019_0902_165337

IMG_owara20204-西新町

越中八尾観光会館(曳山展示館)にて、おわらステージ観賞

IMG_20200413_0002

70%-2019_0902_170201

70%-2019_0902_183556

70%-2019_0902_184003

70%-2019_0902_184010

70%-2019_0902_184152

70%-2019_0902_184207

IMG_20200413_0005

越中八尾観光会館(曳山展示館)パンフレット

IMG_20200413_0001 (2)  IMG_20200413_0002 (2) 
IMG_20200413_0003.jpg  IMG_20200413_0004.jpg

70%-2019_0902_165558

屋台で一杯

70%-2019_0902_171030

70%-2019_0902_171020

70%-2019_0902_171017


8日目その2へ戻る        8日目その4へ続く       


2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは ↓ ここをクリック

2019_-1_thumb.jpg 

ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2020/04/16(木) 16:45:49|
  2. 2019夏_長野岐阜富山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

越中八尾へ

2019夏~長野・岐阜・富山~File No.15

8日目その1へ戻る         8日目その3へ続く     

2019年9月2日(月) 8日目その2    越中八尾へ

お昼ごはんはホテルの近くで済ませて、その足で富山駅へ

駅構内の指定場所に並んで、係員の先導に従ってホームまで

70%-2019_0902_142739

IMG_20200413_0001

70%-2019_0902_144307

70%-2019_0902_144358

70%-2019_0902_144608

14:55発の快速で、越中八尾へ

70%-2019_0902_225634

越中八尾には20分ほどで着きました

70%-2019_0902_151634

70%-2019_0902_151630

70%-2019_0902_151931

70%-2019_0902_152131-1

町の中心部に向かって歩きます

70%-2019_0902_225634-1-1

どんよりとした空、雨が心配ですが・・・

70%-2019_0902_152318

70%-2019_0902_152508

70%-2019_0902_153343

70%-2019_0902_153529

70%-2019_0902_153605

70%-2019_0902_153654

橋を渡ると、遠くからおわらの調べが聞こえてきましたよ

 

IMG_owara20200413_0001 (1)

おわら風の盆の幕開け

二百十日の初秋の風が吹くころ、おわら風の盆の幕開けを迎えます。毎年9月1日から3日にかけて行われるこのおわら風の盆は、今も昔も多くの人々を魅了します。涼しげな揃いの浴衣に、編笠の間から少し顔を覗かせたその姿は、実に幻想的であり優美で、山々が赤くもえる夕暮れを過ぎると、家並みに沿って並ぶぼんぼりに淡い灯がともります。
それぞれの町の伝統と個性を、いかんなく披露しながら唄い踊り、その町流しの後ろには、哀愁漂う音色に魅せられた人々が1人、また1人と自然につらなり、闇に橙色の灯が浮かび上がり、誰もがおわらに染まっていきます。

 

■おわらの歴史は、元禄ごろから

おわらがいつ始まったのか、明瞭な文献が残っていないためはっきりしません。
「越中婦負郡志」によるおわら節の起源として、元禄15年(1702)3月、加賀藩から下された「町建御墨付」を八尾の町衆が、町の開祖米屋少兵衛家所有から取り戻した祝いに、三日三晩歌舞音曲無礼講の賑わいで町を練り歩いたのが始まりとされています。
どんな賑わいもおとがめなしと言うことで、春祭りの三日三晩は三味線、太鼓、尺八など鳴り物も賑々しく、俗謡、浄瑠璃などを唄いながら仮装して練り廻りました。これをきっかけに孟蘭盆会(旧暦7月15日)も歌舞音曲で練り廻るようになり、やがて二百十日の風の厄日に風神鎮魂を願う「風の盆」と称する祭りに変化し、9月1日から3日に行うようになったと言われます

●「おわら」とは

一説では、江戸時代文化年間頃、芸達者な人々は、七五調の唄を新作し、唄の中に「おわらひ(大笑い)」という言葉を差しはさんで町内を練り廻ったのがいつしか「おわら」と唄うようになったというものや、豊年万作を祈念した「おおわら(大藁)」説、小原村の娘が唄い始めたからと言う「小原村説」などがあります。

●風の盆の由来

二百十日の前後は、台風到来の時節。昔から収穫前の稲が風の被害に遭わないよう、豊作祈願が行われてきました。その祭りを「風の盆」というようです。また、富山の地元では休みのことを「ボン(盆日)」という習わしがあったと言われます。種まき盆、植え付け盆、雨降り盆などがあり、その「盆」に名前の由来があるのではないかとも言われています。

 

■多くの人々に育てられて

大正期から昭和初期におわらが大きく変化を迎えます。大正ロマンと呼ばれるほど文化に自由な気風が溢れた時代、大正9年に誕生した「おわら研究会」も影響を受け、おわらの改良(唄や踊り)を行いました。また、昭和4年に結成された「越中八尾民謡おわら保存会」初代会長の川崎順二の文化サロンを中心とした働きで、各界の文人が次々と八尾に来訪しました。おわらに一流の文化意識を吹き込んだ文化人には、宗匠・高浜虚子、作家・長谷川伸もいたと言われています。
同年、東京三越での富山県物産展に於ける公演をを契機に、おわらの改良がなされ、画家の小杉放庵、舞踊の若柳吉三郎が創った「四季の踊り」は大人気となりました。このときのおわらが「女踊り」「男踊り」として継承され今日のおわら風の盆になりました。
その時代に生きた文芸人らの想いは今、歌碑となって町内のあちらこちらで息づいています。散歩がてら町の「おわら名歌碑」めぐりをして廻るのもおわらの楽しみの一つです。
新しい時代の息吹を吸収しながら生きるおわら風の盆は、これからも新しい変化を繰り返し、次の世代へと継承されていくことでしょう。また、そう願わずにはいられません。

出典:おわら風の盆行事運営委員会


↓画像クリックで拡大表示 

IMG_owara20200413_0001 (2)

IMG_owara20200413_0001 (3)

パンフレット
IMG_owara20200413_0001 (6)  IMG_owara20200413_0001 (7) IMG_owara20200413_0001 (8)   IMG_owara20200413_0001 (9)

8日目その1へ戻る         8日目その3へ続く     



2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは ↓ ここをクリック

2019_-1_thumb.jpg 

ページトップへ戻る

 


北海道長期遠征2016のレポも更新中

62.人気の理由がわかりました【ニセコサヒナキャンプ場】


北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2020/04/15(水) 22:54:56|
  2. 2019夏_長野岐阜富山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

疫病退散

疫病退散

2020年4月14日

昨夜まで吹き荒れた風雨がおさまり、まるで台風一過のような澄んだ青空の下

買い物と観音さまへお参りに出かけます

浅草の仲見世は、ほとんどのお店が休業

こんな浅草、見たことがない!

2020_0414_151044

2020_0414_151213

「感染防止にご尽力いただいている医療従事者をはじめとする多くの方々のご努力に深く御礼申し上げます」

DSC_0211.JPG

観音様(浅草寺)

2020_0414_151651

御札御守の売り場が閉じられ

2020_0414_151834

2020_0414_151842

内陣での参拝もできなくなっていました

2020_0414_151815

2020_0414_152007

2020_0414_152049

外国人で賑わっていたお店は廃業したようで、内装の取り壊し作業が行われていました

2020_0414_161336

街からほとんど人が消えていますが・・・

人が集中して、「密」となっているのが、スーパーマーケット

2020_0414_153137

そして、区役所

DSC_0214.JPG

馴染みのラーメン屋さんも休業中

2020_0414_151326

疫病退散、疫病退散

2020_0414_151402

落ち着いたら、大将の美味しいラーメンを食べに行きますからね

2020_0414_134649

2020_0414_134717

もうすぐ、「浅草の顔」雷門の大提灯が新しくなって帰ってきます

大提灯も、疫病退散に一役買ってもらいましょう

DSC_0216.JPG

疫病退散、疫病退散疫病退散


関連記事

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2020/04/14(火) 19:48:41|
  2. ●僕らの住処 浅草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

BIHLER FLEX The Perfect Bungee  ビ―ラーフレックス パーフェクトバンジー

BIHLER FLEX The Perfect Bungee ビ―ラーフレックス パーフェクトバンジー


以前から気になっていたグッズ

2020年2月25日、iLbf へ行った時に、色違いで2本買ってきました

BIHLERFLEX(ビ―ラーフレックス社)のパーフェクトバンジーは、The Flex Pureという、ゴムやラテックスを含まない耐水性、耐UV性、耐油性、広範囲の温度変化に優れ、あらゆる天候に対応した耐久性の高い特殊配合ポリウレタンで出来ています
製品(90cm)の2倍の長さ(180cm)まで伸張します。
本体に6ヵ所の穴があり、フックを通して長さ調整が可能。

70%-2020_0222_174656-1

70%-2020_0222_174602-1

70%-2020_0222_174617-1

70%-2020_0222_174421-1

70%-2020_0222_174542-1

実際のところ、どんな使い方ができるのかなあ・・・机上で色々と考えていましたが

答えはフィールドにありましたびっくり

 

サーカスTC BIG では、ギアータイと組み合わせて、タオルなどの吊り下げに

70%-2020_0330_074219-1

70%-2020_0330_074233-2

70%-2020_0330_074239-2

緊急に設営したUnigear 防水タープのガイライン(張り綱)の代用として

70%-2020_0327_172531-2

以下の画像の出典はBIHLERFLEX

1556696454

1556696466

15566964601556696463
15566964611556696462

1556696468

1556696467

15566964571556696459
15566964581556696455

フィールドの色々な場面で、活躍してくれそうです




その他グッズINDEX

ページトップへ戻る



北海道長期遠征2016のレポも更新中

60.   楽しい時間をありがとう
61.ニセコサヒナの夜


北海道長期遠征2016 INDEXは ↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/04/12(日) 13:05:12|
  2. その他グッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Unigear 防水タープ

Unigear(ユニジア) 防水タープ

雨や雪の日の撤収時には、できるだけグッズを濡らすことなく車に積載したいですよね
元々タープを張っている時ならば、こんな感じで車をバックで突っ込めば、それが可能です

70%-2020_0327_172504-11 (3)

70%-2020_0327_172504-11 (4)

ではタープを張っていない場合はどうするか
撤収のためだけにタープを張るのも面倒だし、そもそもタープやタープ用ポールを持ってきていない時もあります

そんな時に車の荷台部分とテントの出入口とを覆うものがあればいいのでは・・・

p20200331-3

ブルーシートでもいいのですが、見た目がちょっと・・・
そこで見つけたのがこれ

unigear007-1

出典:Amazon

アマゾンで売っていた、Unigear 防水タープ
Unigearなんてブランドは全く知りませんでしたが、何しろ格安
色々なサイズがありますが、XXLサイズ3m×5mで税込¥4,599(2020年3月現在)

まだ、車の荷台部分とテントの出入口とを覆うものとしての使用はしていませんが

NAPiでのキャンプで、非常用のタープとして活躍してくれました

70%-2020_0327_172504

70%-2020_0329_095203

70%-2020_0330_055206

unigear001

出典:Amazon

unigear007

出典:Amazon

このタープを選んだ一番のポイントは、「固定バックル」(ハトメがある接続部分)が沢山あることです

70%-2020_0327_172604

特に、中央部分にも3カ所接続部分があるタープというのは珍しいと思います

70%-2020_0328_131904

210Dオックスフォードの防水生地、耐水圧は3000mm以上とのことです

unigear004

出典:Amazon

生地の裏面には紫外線から守るシルバーコーディングも施されていて、 優れたUVカット性能があるようです

unigear003

出典:Amazon

あくまでも非常用のもの(ブルーシートの代用品)という位置づけなので、あまり性能についてのこだわりはありません

むしろこだわりがあるとすれば、収納時の大きさ

収納時サイズ:40cm×24.5cm、軽量かつコンパクトで、車の中に常備しておくのに最適です

unigear009

出典:Amazon

サイズは、4種類
M :220*240cm,収納サイズ:31*19cm
L  :300*300cm,収納サイズ:31*19cm
XL  :300*400cm,収納サイズ:36*21cm
XXL:300*500cm,収納サイズ:40*24.5cm

カラーは、アーミーグリーン、グレー、ブラウンの3種類







テント・タープINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る





関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/04/11(土) 15:01:07|
  2. テント・タープ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピンクムーンPink Moon

ピンクムーンPink Moon

 

2020年4月8日

浅草のピンクムーン

アメリカの先住民は季節ごとの満月に名前をつけていました
4月の満月をピンクムーンPink Moon(桃色月)といいます
開花の早い野花、ピンク色のフロックス(phlox)にちなんでいるそうで、色を表現しているものではないようです
また、スプラウティンググラスムーンSprouting Grass Moon(萌芽月)とも呼ばれており、春になり木々が一斉に芽吹く時期を表しています

2020_0408_184113

2020_0408_184124

この時間、東京スカイツリーのゲイン塔は、虹色を加えた色鮮やかな点灯演出をしていました

2020_0408_184308

2020_0408_184338

2020_0408_184300

2020_0408_184334

2020_0408_184331


居住している区内では
「不要不急の外出は自粛しましょう」と、行政の車が巡回しています

関連記事

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2020/04/09(木) 13:44:17|
  2. 東京スカイツリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サーカスTC BIG  修理

サーカスTC BIG  修理


2020年3月28日AM4:00、NAPiでキャンプ中

季節外れの雪が原因で、サーカスTC BIGのトップ部分のテープが1本切れました

推測ですが、降り続いた雨と霙で、幕が水分を含んでたわみ、そこに湿った重い雪が積もったため

幕全体が強力に下方向に引っ張られて、上部のテープが切れたのだと思います

70%-2020_0329_050616-11

70%-2020_0329_052458-5 (1)

70%-2020_0329_052458-5 (2)

2020年4月3日

NAPiでは乾燥撤収できなかったので、天気が良い日に近所の公園で、サーカスTC BIGを乾燥させて

DSC_0158.JPG

DSC_0156.JPG

WILD-1 越谷レイクタウン店へ持ち込みました

DSC_0163.JPG

後日、お店から連絡があり、「無償で修理して、送付させていただきます」とのことでした

修理には1ヶ月ほど時間がかかるとのことですが、なんといっても無料というのは嬉しいですね




テント・タープINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る





関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/04/09(木) 10:11:16|
  2. テント・タープ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NAPi Auto-Camping Base  雪解けず

NAPi Auto-Camping Base  雪解けず


四日目へ戻る
   

五日目(3月29日)

撤収の日

朝6時前、雪は止んだようですが、場内は濃い霧に包まれていました

70%-2020_0330_055121

70%-2020_0330_055156

70%-2020_0330_055206

70%-2020_0330_055222

↓画像クリックで拡大表示

70%-2020_0330_071925



気温は低かったですが、湯タンポと電気毛布の併用でポカポカでした

70%-2020_0330_060312

電気毛布は、ポータブル電源 SmartTap  PowerArQを使って、寝る前に少しだけシュラフを温める程度に使っていました

二つの電気毛布を一晩中使うと、PowerArQは二日は持たないですから

70%-2020_0330_072841

朝ごはん

70%-2020_0330_080333

70%-2020_0330_080324

今回、よく活躍してくれたグッズがいくつかあります

EDGE STAND専用の木製ランタンハンガー

70%-2020_0330_080126

70%-2020_0330_080153

The Perfetct Bungee (パーフェクトバンジー)、ちょっと物を吊るすのに役立ちました

70%-2020_0330_074219

70%-2020_0330_074233

70%-2020_0330_074239

LUMENA+(ルーメナープラス) 、普段はモバイルバッテリーとして使っていますが

この1,800ルーメンの明るさは、幕内での作業に最適でした

70%-2020_0330_073421

常備しているプッシュアップポールと豚の鼻

70%-2020_0330_094449

70%-2020_0330_094557

70%-2020_0330_094605

70%-2020_0330_094620

70%-2020_0330_094631

いつも大活躍の地べたテーブル、特に雨や雪で、地面が少し浸水してくる時などに重宝します

70%-2020_0330_09364370%-2020_0330_093905

記念撮影

70%-2020_0330_083237

70%-2020_0330_083205

70%-2020_0330_083138

70%-2020_0330_090453

12時過ぎまで、太陽を期待しましたが、曇ったままでした

幕の乾燥を諦めて、畳みます

70%-2020_0330_124552

オーナーさんに挨拶して帰ります

中之条の町中のコイン洗車場でプラS君の汚れを落として・・・

70%-2020_0330_133909

70%-2020_0330_133903

70%-2020_0330_134809

70%-2020_0330_134828

道の駅おのこで、カレーライスのお昼を食べて・・・

いつもの上州村の駅に寄ります

70%-2020_0330_153655

70%-2020_0330_153822

帰りは関越道を使わず、国道17号でのんびり帰りました

NAPi2022003-007

泊数も増えて、思わぬ雪中キャンプとなった今回の旅でした

プラS君のタイヤ、そろそろ夏タイヤに交換することにしましょうか

四日目へ戻る
  


ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2020/04/08(水) 18:50:10|
  2. NAPi Auto-Camping Base
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Stay home!!

この記事は当面の間、ページのトップに表示します。 




Stay  home!!

2020年5月25日
新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が、全国で解除されました

2020年5月21日
新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が、大阪府・京都府・兵庫県で解除されました


2020年5月14日
新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が、39県で解除されました

東京を含む8都道府県では、まだまだ自粛が継続です
観光・帰省などの不要不急の地域間の移動も自粛が求められているので、No Campが続きます

永寿総合病院  感染者214人、死者42人
山田記念病院  感染者  71人、死者  6人
高田川部屋 勝武士さん死去(5月13日)
いずれも僕らの生活圏内で発生している悲しい現実、買い物等の最低限の外出に恐怖さえ感じます


2020年5月4日
新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が、5月31日まで延長されました

2020年4月24日
東京都では、4月25日から「いのちを守る STAY HOME 週間 STAY HOME, SAVE LIVES」が開始されます
東京動画はこちら


2020年4月16日
新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が、対象地域が全国に拡大されました

2020年4月7日 
新型インフルエンザ等対策特別措置法(以下「特措法」)に基づく、緊急事態宣言が発出され
特定都道府県知事による、生活の維持に必要な場合を除きみだりに外出しないこと、その他の新型インフルエンザ等の
感染の防止に必要な協力の要請(特措法45条1項)がありました

この状況が落ち着くまで、キャンプはおあずけ
暫くの間、ブログ記事は過去のキャンプ日記・旅日記、グッズに関する記事
生活圏内である「僕らの住処、浅草」の記事・・・を書いていこうと思っています

キャンプに出かけられないストレスは、グッズのネットサーフィン(見るだけ!)やグッズの自作(ガンガン作りますよ!)
グッズのメンテ(たまにはね!)、キャンプイメトレ(妄想ワールド!)で発散しましょうか(笑)


それにしても、ふもとっぱらの対応の早さ、多人数を集客するキャンプ場としての責任を果たそうとする姿勢
そしてその思いから発せられる啓蒙の言葉には敬服しました
「政府の緊急事態宣言に伴い、ご利用予定のお客様へ」(2020年4月7日)
  休止対象 キャンプサイト・宿泊施設・体験
  休止期間 令和2年4月8日(水)~ 令和2年5月6日(水)予定


他のキャンプ場の今後の対応を見守りたいと思います

Stay  home!!  
自分が感染しているかもしれないという自覚のもとに
自分以外の人・他の地域の人には絶対うつさない行動を!!  
全ての人の命を守るためにできることを!!
Stay  home!!

by Kaoru&Beet
2020/4/8

関連記事
  1. 2020/04/08(水) 10:32:35|
  2. ■ et cetera
  3. | コメント:8

NAPi Auto-Camping Base  桜の季節にまさかの雪中キャンプ

NAPi Auto-Camping Base  桜の季節にまさかの雪中キャンプ  


三日目へ戻る   五日目へ続く

四日目(3月28日)

明け方の4時過ぎ、「パーン」という破裂音にびっくりして飛び起きます

何処かのサイトでガス爆発か? と、急いで外に出てみると、いつの間にかみぞれが雪に変わって、あたりは一面の銀世界

70%-2020_0329_052402

お隣のサイトで慌ただしい人の気配が・・・

行ってみると、かまぼこ型のテントが降り積もった雪の重みで、倒壊していました

お話を聞くと、ふと目覚めると顔のすぐ上にテントの天井があったとのこと

お怪我もなくご無事で何よりでした

夜が明けるまで、車の中で過ごすとのことでしたので、その場を離れサイトに戻りました

幕の中は寒いのでストーブをつけようとすると、上から水滴がポタリと・・・

おかしいなと思って見上げると、なんとトップの部分に隙間ができているではないですか

70%-2020_0329_050616

70%-2020_0329_052431

トップの部分の何かが外れたのか・・・

70%-2020_0329_052458

少し明るくなってから、オーナーさんに脚立を借りて、原因調査

わかりました!

トップ部分のテープの1本が完全に切れてました

推測ですが、降り続いた雨と霙で、幕が水分を含んでたわみ、そこに湿った重い雪が積もったため

幕全体が強力に下方向に引っ張られて、上部のテープが切れたのだと思います

「パーン」という音は、その音だったのです

70%-2020_0329_050616-1

70%-2020_0329_052458-1

応急措置をして、なんとか雪の吹き込みを防ぐことができました

70%-2020_0329_072045-1

それにしても、あっと言う間に降り積もった雪

天気予報では、関東の平野部でも積雪の可能性があるとは言ってましたが・・・

これほどの雪になるとは、思いもよりませんでした

Screenshot_20200329-084124Screenshot_20200329-084144

 

70%-2020_0329_075505

70%-2020_0329_075529

70%-2020_0329_075513

木々の枝が雪の重みで、大きくたわんでいます

70%-2020_0329_075607

70%-2020_0329_075541

プラS君に積もった雪から推測すると、積雪は10cmくらいでしょうか

70%-2020_0329_075550

70%-2020_0329_052555

70%-2020_0329_075558

70%-2020_0329_075557

倒壊した幕の撤収に取り掛かろうとしているお隣さんに、声かけして

僕らの幕で、ストーブと暖かい飲みもので休んでいただきました

 

朝ごはん

70%-2020_0329_090430

降り続くこの雪の中での撤収は、かなり面倒だなと思っていました

そんな時にオーナーさんから、この雪で来れないという方からキャンセルが出た、とうかがったので

もう1泊させていただくことにしました

70%-2020_0329_095149

70%-2020_0329_095222

70%-2020_0329_101928

ロクちゃんも雪景色にうっとりすぐ戻ります

70%-2020_0329_102759

いや、ユンボを見ているのかな?

70%-2020_0329_102746

お昼ごはんは雑炊

70%-2020_0329_130307

70%-2020_0329_130738

午後、雪が止んだので、雪掻きを・・・

幕の裾まで雪を取っておかないと、いずれ凍ってしまい、明日の撤収時に厄介なので

70%-2020_0329_133506

雪は重くシャーベット状になっていました

70%-2020_0329_133537

70%-2020_0329_133613

70%-2020_0329_133516

晩ごはん

70%-2020_0329_180239

カレーとナン

70%-2020_0329_190444

70%-2020_0329_173309

デザート、いただきもののケーキ   とても美味しかったです

70%-2020_0329_203629

70%-2020_0329_203834

 

70%-2020_0329_201909

70%-2020_0329_201845

70%-2020_0329_202321

雪は、明日には融けるでしょうかキョロキョロ

天候 みぞれのち雪のち曇り  最高気温7.5℃ 最低気温0.0℃ 平均風速1.0m



三日目へ戻る   五日目へ続く

ページトップへ戻る




関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2020/04/07(火) 13:06:20|
  2. NAPi Auto-Camping Base
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NAPi Auto-Camping Base  天気は下り坂

NAPi Auto-Camping Base  天気は下り坂


二日目その2へ戻る
   四日目へ続く

三日目(3月28日)

朝、アオゲラ発見!!

70%-2020_0328_060233-1

70%-2020_0328_060235-1

70%-2020_0328_060238-1

朝ごはん

70%-2020_0328_073313

朝は天気が良かったのですが、午後から明日の朝にかけて、雨から雪になる予報

 

オーナーさんは、雪になった場合の場内の除雪のために、ユンボの準備

70%-2020_0328_095930

 

 

 

70%-2020_0328_104704

70%-2020_0328_104814

70%-2020_0328_122321

70%-2020_0328_122258

自作の木製ランタンハンガーを眺めながら、「いい感じ」と自己満足に浸りますキョロキョロ

70%-2020_0328_122307

EDGE STAND用 木製ランタンハンガーも・・・

70%-2020_0328_105533

70%-2020_0328_105157

70%-2020_0328_105547

70%-2020_0328_104847

70%-2020_0328_131951

気温18℃、こんなに暖かいのに、本当に雪が降るのかな?

70%-2020_0328_131936

お昼ごはん、高菜チャーハン

70%-2020_0328_124900

オーナーさんからおすそ分けにいただいたウドを、キンピラにしてみました

70%-2020_0327_171336

春のご馳走ですね

70%-2020_0328_124923

_sosogu、コーヒーを入れる時以外でも活躍中

70%-2020_0328_124844

70%-2020_0328_125026

NAPiの森のコゲラ君

70%-2020_0328_151057-1

70%-2020_0328_151102-1

この子は、シジュウガラ

70%-2020_0328_152720-1

70%-2020_0328_153801

70%-2020_0328_153633

NAPiの森にも春の足音

70%-2020_0328_154114

70%-2020_0328_154256

70%-2020_0328_154347

今日のロクちゃん


午前中はとてもいい天気だったのに、徐々に曇り空に変わって、夕方には雨となりました

70%-2020_0328_163116

70%-2020_0328_170233

70%-2020_0328_170211

晩ごはん

70%-2020_0328_175309

メインは餃子鍋

70%-2020_0328_175321

いつものように狙ってます(笑)

70%-2020_0328_180635

70%-2020_0328_191220

70%-2020_0328_191149

70%-2020_0328_191256

70%-2020_0328_180057

眠りにつく頃、雨がみぞれになってきました

天候 晴れのち曇りのち雨  最高気温21.1℃ 最低気温4.7℃ 平均風速2.3m


二日目その2へ戻る
   四日目へ続く

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2020/04/06(月) 11:16:14|
  2. NAPi Auto-Camping Base
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NAPi Auto-Camping Base  ポップコーン

NAPi Auto-Camping Base  ポップコーン


二日目その1へ戻る
   三日目へ続く

二日目(3月27日)その2

川原湯温泉を後にして、買い物へ

NAPi2022003-005

ベイシア吾妻店へ行く前に、ワークマンへ

70%-2020_0327_120822

話題になっているコットンキャンパー、在庫あるかなと覗いてみると・・・

70%-2020_0327_120848

なんとありました、ありました

税込¥2,900、迷わずゲットしてきましたよ

 

ベイシアで食料品と衣類を購入してから帰ります

70%-2020_0327_132054

遅いお昼ごはんは、焼き鳥とおでん

70%-2020_0327_141911

テーブルの上で、ちょっと食べ物を温めるときに、レクロ マイクロバーナーが活躍してくれます

70%-2020_0327_141854

70%-2020_0327_141959

70%-2020_0327_143428

新しい着火剤、試してみます

カナダのPROCAMPTEK(プロキャンプテック)社のファイヤープラグ

70%-2020_0327_145843

70%-2020_0327_145849

NAPi2022003-006

70%-2020_0327_150851

70%-2020_0327_151044

オーナーさんから「試してみてください」と・・・
焚き火で楽しむアウトドア用ポップコーンポッパー  シェイクポップ

70%-2020_0327_152638

70%-2020_0327_152647

70%-2020_0327_153217

70%-2020_0327_153240

70%-2020_0327_153749

70%-2020_0327_154808

他のサイトのキャンパーさんにも、味見してもらいました



この土曜日から日曜日かけて天気は下り坂

今回は焚火タープTCコネクトヘキサの持参なし

実は先日、雨の日の撤収時に、車とテントを繋ぐための非常用タープを買っておきました

雨や雪の時にタープがないと、出入りの際に濡れてしまうので、この非常用タープをサーカスTC BIGに接続して設営します

ポールは常備しているプッシュアップポール

70%-2020_0327_172504

タープは、Unigear 防水タープという¥4,599の激安もの (3m×5m)

70%-2020_0327_172556

70%-2020_0327_172615

70%-2020_0328_131914

ELLISSE(エリッゼ)ちょこっとバンド   を使います

70%-2020_0328_131859

70%-2020_0328_131838

70%-2020_0328_131847

長さが必要なところには、PerfectBungee(パーフェクトバンジー) と ちょこっとバンドを接続して使います

70%-2020_0327_172531

70%-2020_0327_172539

格安のUnigear 防水タープを常備していて本当に良かったです 

70%-2020_0327_181047-2

70%-2020_0327_181318

 

晩ごはん  アボカドとトマトのバジルチーズ焼き

70%-2020_0327_191450

ホワイトシチューとバゲット

70%-2020_0327_192921

灯油も買ってきたので、ガンガン燃焼させます

70%-2020_0327_195614

70%-2020_0327_195630

天候 曇り  最高気温19.1℃ 最低気温2.7℃ 平均風速1.6m


二日目その1へ戻る
   三日目へ続く

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2020/04/05(日) 12:02:53|
  2. NAPi Auto-Camping Base
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

NAPi Auto-Camping Base  ダムに沈む幻の温泉

NAPi Auto-Camping Base  ダムに沈む幻の温泉


一日目へ戻る
   二日目その2へ続く

二日目(3月27日)その1

1泊の予定でしたが、27日(金)28日(土)キャンセルがありサイトに空きが出たとのことで
追加で2泊することにしました

朝ごはん
撤収日の朝ごはんとして簡単なものを用意していました

70%-2020_0327_065427

朝のロクちゃん、まだ夢の中ですか

70%-2020_0327_084820

70%-2020_0327_090421

食材は1泊分しか持ってきていないので、買い物とお風呂に出かけます


まずはお風呂、川原湯温泉共同浴場王湯へ  距離約27km

NAPi2022003-004

DSC_0087.JPG

DSC_0084.JPG

70%-2020_0327_110116

川原湯温泉は、八ツ場ダムの建設でダム湖に沈んでしまった温泉

共同浴場やいくつかの宿は、高台に移転して営業しているけれど・・・

ダム湖に沈む前、2009年頃に一度訪れたことがありました

以下の写真はその当時のもの

885672e3

191402203ca48528a661bd9ed391cab3

kawarayuonsen

昔の共同浴場王湯

ouyu1

当時のパンフレット

「ダムに沈む幻の温泉」・・・なんだか悲しいフレーズです

KH001 (2)

KH001 (3)

KH001 (1)

KH001 (4)

宿泊した旅館は、高田屋さん

温泉街は高台に移転しましたが、高田屋さんは廃業したそうです

2009_1122_091641

2009_1121_171925

2009_1122_084933

2009_1121_171214-1

高田屋さんのパンフレット

高田屋001

高田屋002

高田屋003

高田屋004

訪れたのはたった一度でしたが、なぜか忘れることができない宿でした

 

さて、現在に戻って・・・駅に行ってみることにします

DSC_0088.JPG

DSC_0089.JPG

70%-2020_0327_111156

駅付近は手書きの案内図が物語るように、まだまだ整備中でした

70%-2020_0327_111356

70%-2020_0327_111552

吾妻線の線路とダム湖の間に建築中の「川原湯温泉駅キャンプ場

70%-2020_0327_111816

70%-2020_0327_111822


この写真は、ダムに沈んだ昔の川原湯温泉駅

2009_1122_095549


時の流れってこういうものなんですかね

なんだか、複雑な心境でした


川原湯温泉 パンフレット
IMG_20200404_0006 (2)  IMG_20200404_0003.jpg  IMG_20200404_0006-1.jpg


一日目へ戻る
   二日目その2へ続く

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2020/04/04(土) 15:29:02|
  2. NAPi Auto-Camping Base
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NAPi Auto-Camping Base  キャンプ場開設5周年、おめでとうございます

NAPi Auto-Camping Base  キャンプ場開設5周年、おめでとうございます


2020年3月26日(木)~30日(月)、4泊5日で、群馬県吾妻郡中之条町のNAPi Auto-Camping Baseへ行ってきたよ

今回は、キャンプ場開設5周年のお祝いの品を届けるのが目的でお邪魔しました
当初は1泊の予定でしたが、キャンセルが出たので、結局4泊することになりました


NAPi202003-002

NAPi2022003-003


一日目(3月26日)

6:20 浅草出発 距離156km

NAPi202003-004

プロ野球、今年はどうなるんでしょうか

70%-2020_0326_063308

桜は満開の時期を迎えていますが

70%-2020_0326_063916

なんだか空しい

70%-2020_0326_064223

70%-2020_0326_064412

都電荒川線は別名「東京さくらトラム」なんですよね

70%-2020_0326_064425

7:10 浦和IC

70%-2020_0326_071041

浅間山

70%-2020_0326_075916

70%-2020_0326_081141

70%-2020_0326_081544

8:16 渋川伊香保IC

70%-2020_0326_081659

70%-2020_0326_082057

8:25 いつものようにガストで朝ごはん

70%-2020_0326_082551

70%-2020_0326_094443

1泊の予定なので、コンビニと中之条のヤオコーで3食分の惣菜などを購入してから、NAPiへ向かいます

日影には、数日前に降った雪が残っていますね

70%-2020_0326_104021

10:42 到着

70%-2020_0326_104211

今回の目的は、開設5周年のお祝いの品を届けること

プレゼントは手作りのパンフレットケースです

早速、炊事場で使っていただきました

70%-2020_0326_142046

70%-2020_0326_142157

70%-2020_0326_142107

70%-2020_0326_142055

とても喜んでいただき、嬉しかったです

今回の幕は、サーカスTC BIG

1泊の予定でしたし、天候は安定している予報だったので、焚火タープTCコネクトヘキサは持参しませんでした

ナンガでコット寝、暖房はコロナとパティオ

70%-2020_0326_130107

70%-2020_0326_130113

70%-2020_0326_130132

70%-2020_0326_130120

70%-2020_0326_130127

お昼ごはんはコンビニで買ってきた、いつもの鍋焼きうどん

暖めるだけで簡単にできる、僕らのお気に入りです

70%-2020_0326_133448

いい天気なので、小型テーブルと焚き火テーブルを出して、外でいただきます

70%-2020_0326_142605

70%-2020_0326_134010

もちろん飲みながらねビール

70%-2020_0326_133600

70%-2020_0326_133732

木製ランタンスタンド(1本足打込み式)と木製ランタンハンガー、フィールドデビューです

70%-2020_0326_133652

70%-2020_0326_142644

70%-2020_0326_142636

70%-2020_0326_142623

オルファワークス 替刃式フィールドノコギリ替刃式フィールドナイフもフィールドデビュー

拾ってきた小枝を使って、2バーナー用スタンドの補修を行います

70%-2020_0326_144952

70%-2020_0326_143728

70%-2020_0326_143708

70%-2020_0326_143501

70%-2020_0326_144154

NAPiの森のコゲラ君

70%-2020_0326_162652

70%-2020_0326_164818

70%-2020_0326_145625

NAPiでは、今年から薪が有料になりました

70%-2020_0326_142239

70%-2020_0326_142307

70%-2020_0326_142313

70%-2020_0326_142235

70%-2020_0326_142348

ほしとたきび、売れ行き好調だそうです

70%-2020_0326_142327


ロクちゃんとも半年ぶりの再会

顔つきがきりっとして、青年?らしくなってきたよね

70%-2020_0326_170953

ん??? 怪しい奴? ぼくの仲間??? by  ロクちゃん

70%-2020_0326_171149

70%-2020_0326_171104

夕方から焚き火

70%-2020_0326_174806

70%-2020_0326_172003

70%-2020_0326_172031

70%-2020_0326_172101

もちろん飲みながらウインク

70%-2020_0326_174330

70%-2020_0326_175915

晩ごはん

スーパーで買ってきた焼き鳥

70%-2020_0326_191916

フクロウの鳴き声が聞こえた静かな夜でした


天候 晴れ  最高気温21.2℃ 最低気温-1.0℃ 平均風速1.6m

二日目その1へ続く

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2020/04/03(金) 23:25:40|
  2. NAPi Auto-Camping Base
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

自作・手作り  木製ランタンスタンド(1本足打込み式)と木製ランタンハンガー

自作・手作り 木製ランタンスタンド(1本足打込み式)と木製ランタンハンガー


ランタンを吊るすためのスタンドとして、3本足の木製ランタンスタンドを自作し、長年使っていますが

70%-2020_0307_082226-1

今回、地面に打込んで自立する1本足の木製ランタンスタンドと
そのスタンド専用の木製ランタンハンガーを作りました

70%-2020_0317_122102


木製ランタンスタンド

木製ランタンスタンドは、太さの異なるものを2つ作成しました

直径が28mmのもの(A)、直径が24mmのもの(B)

■■■材料・部品■■■

A

部品名
サイズなど

価格
(税抜き)

写真

丸棒
Φ28×910mm

¥448

70%-2020_0315_140127
丸座ナット
M10×25mm

¥158

70%-2020_0315_140258-1
70%-2020_0315_14033170%-2020_0315_140344
ステン皿タッピング
3×20mm

¥148

70%-2020_0315_140414
ステン全ネジ
M10×28.5

¥288

70%-2020_0315_140455
70%-2020_0315_140438
高ナット
M10×40mm

¥88

 70%-2020_0317_172848
Oリング26
Φ25.7mm

¥168

70%-2020_0315_140933
費用計 ¥1,298

 B

部品名
サイズなど

価格
(税抜き)

写真

丸棒
Φ24×910mm

¥398

70%-2020_0315_140556
ハンガーボルトM6×50mm

¥100

70%-2020_0315_140612-1
70%-2020_0315_140702
長ネジ
M6

¥78

70%-2020_0315_14080770%-2020_0315_140759
フランジナット
M6

¥100

70%-2020_0315_140833-1
70%-2020_0315_14085970%-2020_0315_140907
高ナット
M6×20mm

¥178

70%-2020_0315_14073470%-2020_0315_140741
Oリング22A
Φ21.7mm

¥128

70%-2020_0315_140940
費用計 ¥982



■■■製作手順■■■

A

丸棒に丸座ナットをステン皿タッピングで取り付ける

ステン全ネジを丸座ナットに取り付ける

70%-2020_0315_203558

ステン全ネジの固定のために、高ナットをステン全ネジに取り付ける(高ナットの取付は任意)

70%-2020_0317_181827

土に打ち込む部分の長さは、約275mmとなります

70%-2020_0315_203615

 

B

丸棒にハンガーボルトを取り付ける(事前にドリルで少し穴をあけておく)

70%-2020_0315_201208

フランジナットを取り付ける

70%-2020_0315_201245

フランジナットを3つ取り付けた後で、高ナットを取り付ける

70%-2020_0315_201524

70%-2020_0315_201533

高ナットに長ネジを取り付ける

長ネジを取り付けた後、フランジナットを取り付ける

70%-2020_0315_201600

全ての取付が完了した後で、高ナット・フランジナットをスパナでしっかりと絞めつける

70%-2020_0315_201645

70%-2020_0315_201715

これで長ネジが丸棒にしっかりと固定されます

70%-2020_0315_201905

70%-2020_0315_201910

70%-2020_0315_201812

土に打ち込む部分の長さは、約310mmとなります

70%-2020_0315_201805

木製ランタンスタンド(1本足打込み式)は、ロッドケースに収納しますが

ケースの保護と取り扱い時の安全のため、地面への打込み部分にカバーをかけます

材料は、切り売りの耐寒チューブ30cm(¥45)と、切り売りの透明ホース30cm(¥30)

70%-2020_0317_173702

70%-2020_0317_181805

70%-2020_0317_181815



木製ランタンハンガー

■■■材料・部品■■■

市販されているハンガーの形状を参考にして、下の写真のように切ったもの

長さ:240mm、厚さ:10mm

木製ランタンスタンド(A・B)用に2つ、NEMOの18mmポール用に1つ

70%-2020_0315_141012

装飾スナップ ¥100

70%-2020_0315_151927

■■■製作手順■■■

それぞれの対応ポールに応じた大きさの穴をあけます

70%-2020_0315_141012-1

ランタンを吊るす箇所にも穴をあけ、その穴に革紐を通して、装飾スナップを取り付けます

70%-2020_0315_202250

70%-2020_0315_202458

70%-2020_0315_202526

片面には転写

70%-2020_0318_195213

70%-2020_0318_195323

片面には焼印

70%-2020_0318_195255

70%-2020_0318_200113

なかなかいい感じなりました

70%-2020_0318_200100

木製ランタンハンガーを木製ランタンスタンドに取り付ける時は、滑り止めとしてOリングを使います

70%-2020_0315_202137

70%-2020_0315_202207

Oリングによって、木製ハンガーが下に滑っていくことがなくなります

70%-2020_0315_202552

70%-2020_0315_202905

70%-2020_0315_202945


木製ランタンスタンド(1本足打込み式)の地面への打込み方法と、打込んだ後の安定性検証を

近くの公園で行いました

打込みには、事前にペグで地面に穴をあけて、その穴に入れるという方法にします

そのまま丸棒の上部をハンマーで叩いて打ち込むと、丸棒が割れるかもしれませんので・・・

70%-2020_0317_122411

70%-2020_0317_122425

70%-2020_0317_120553

70%-2020_0317_122056

70%-2020_0317_122102

A・Bとも安定性には問題がないことが確認できました

ただし、地面が柔らかい場合は

以前から持っていたキャプテンスタッグのポール&パラソルペグ(V型) を使って、木製ランタンスタンドを直立させます

70%-2020_0317_121324




2020年3月、NAPiでフィールドデビューしました

70%-2020_0326_1426231 (3)

70%-2020_0326_1426231 (2)

70%-2020_0326_1426231 (1)

70%-2020_0326_1426231 (4)

NEMO アジャスタブル タープポール18mmポール用の自作木製ランタンハンガー

2020年8月、エンゼルフォレスト那須白河にてデビュー

70%-2020_0827_1252061

70%-2020_0827_1253421 (2)

70%-2020_0827_1253421 (1)



自作・手作り・工夫INDEXはこちらへ

ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/04/01(水) 17:17:13|
  2. 自作・手作り・工夫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Profile

Kaoru&Beet

Author:Kaoru&Beet
Kaoru君とBeet君のキャンプ日記へようこそ!
キャンプ日記、キャンプ道具、旅の記録、街歩きとグルメなどを書いています。

Access counter

Online counter

Calendar

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Search

New Report

【Live】降ったり止んだり Sep 26, 2020
【Live】一部浸水中! Sep 25, 2020
【Live】秋の入り口 Sep 24, 2020
【Live】台風で雨予報でしたが・・・ Sep 23, 2020
【Live】焚き火の暖かさが恋しい季節 Sep 22, 2020
FIELDOOR MULTI TOOL BOX フィールドア マルチツールボックス Sep 21, 2020
THE NORTH FACE BASE CAMP DUFFEL-M ノースフェイス BCダッフル-M Sep 19, 2020
SOTO Labo cotton KOKAGE wing ARMY GREEN ソトラボ コットン コカゲ ウイング アーミーグリーン Sep 18, 2020
HILLEBERG ATLAS SANDと調和する緑色(グリーン)系のタープを探す Sep 14, 2020
OUTDOOR SHOP DECEMBERのオーダーメイドタープを検討 Sep 12, 2020

INDEX

Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

ブランド・ショップ INDEXは
 ↓ ここをクリック

サインプレート ブランドショップINDEX


北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1


北帰行2018冬INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北帰行2018冬のコピー


小梨平滞在記 INDEXは
↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg


2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート2019夏_長野岐阜富山-1

Monthly archive

2020年 09月 【21件】
2020年 08月 【17件】
2020年 07月 【21件】
2020年 06月 【16件】
2020年 05月 【23件】
2020年 04月 【28件】
2020年 03月 【21件】
2020年 02月 【23件】
2020年 01月 【27件】
2019年 12月 【32件】
2019年 11月 【21件】
2019年 10月 【25件】
2019年 09月 【22件】
2019年 08月 【12件】
2019年 07月 【42件】
2019年 06月 【23件】
2019年 05月 【26件】
2019年 04月 【23件】
2019年 03月 【22件】
2019年 02月 【22件】
2019年 01月 【17件】
2018年 12月 【20件】
2018年 11月 【30件】
2018年 10月 【28件】
2018年 09月 【18件】
2018年 08月 【24件】
2018年 07月 【26件】
2018年 06月 【24件】
2018年 05月 【22件】
2018年 04月 【20件】
2018年 03月 【21件】
2018年 02月 【25件】
2018年 01月 【17件】
2017年 12月 【29件】
2017年 11月 【80件】
2017年 10月 【29件】
2017年 09月 【33件】
2017年 08月 【25件】
2017年 07月 【19件】
2017年 06月 【23件】
2017年 05月 【34件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【21件】
2017年 02月 【24件】
2017年 01月 【28件】
2016年 12月 【91件】
2016年 11月 【32件】
2016年 10月 【26件】
2016年 09月 【29件】
2016年 08月 【23件】
2016年 07月 【29件】
2016年 06月 【29件】
2016年 05月 【21件】
2016年 04月 【23件】
2016年 03月 【22件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【30件】
2015年 12月 【29件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【30件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【24件】
2015年 02月 【25件】
2015年 01月 【17件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【23件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【21件】
2014年 04月 【12件】
2014年 03月 【24件】
2014年 02月 【17件】
2014年 01月 【18件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【19件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【14件】
2013年 07月 【24件】
2013年 06月 【12件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【16件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【13件】
2013年 01月 【14件】
2012年 12月 【18件】
2012年 11月 【16件】
2012年 10月 【17件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【9件】
2011年 09月 【2件】

CATEGORY

Comment

Link


Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

ブランド・ショップ INDEXは
 ↓ ここをクリック

サインプレート ブランドショップINDEX


北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1


北帰行2018冬INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北帰行2018冬のコピー


小梨平滞在記 INDEXは
↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg


2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート2019夏_長野岐阜富山-1


あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

WOM CAMP ロゴ2


702016_1126_154717-15.jpg

ilbif02.jpg

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR