FC2ブログ

Kaoru君とBeet君のキャンプ日記

キャンプ日記、キャンプ道具、旅の記録、街歩きとグルメなどを書いています。

revir of river PLASMA TORCH  レビール オブ リバー プラズマトーチ

revir of river PLASMA TORCH  レビール オブ リバー プラズマトーチ

 

USB充電タイプのプラズマトーチ(電子ライター)

revir of river(レビールオブリバー)というブランドのコンセプトに惹きつけられて、買ってしまったグッズ

outdoor productにmusic、fashionに通じたグルーヴ感を背景に潜ませ、どこか廃骨的であり工学的な繊密さをも感じさせるプロダクトを創出している。

 
70%-2020_1228_142228-1

とてもコンパクトな折りたたみ式

70%-2020_1228_141238-0

70%-2020_1228_141319-0

70%-2020_1228_141339-0

USB充電

70%-2020_1228_141209-0

70%-2020_1228_141505-0

70%-2020_1228_141020-0

70%-2020_1228_141125-0

70%-2020_1228_141043-0

IMG_20201228_0001-0.jpg

70%-2020_1228_141353-0

70%-2020_1228_141359-0

70%-2020_1228_141245-0

70%-2020_1228_141257-0

70%-2020_1228_141302-0

折りたたみ時のサイズ:約12×3cm

70%-2020_1228_142207-0

使用時のサイズ:約18×3cm

70%-2020_1228_142227-0

重量は約60g

 

70%-2020_1228_141430-0

70%-2020_1228_141432-0

フジカ君への点火

70%-2020_1228_141817-0

70%-2020_1228_141829-0

キャンドルへの点火

70%-2020_1228_141946-0

70%-2020_1228_141947-0

耐久性はどうでしょうか

しばらく使ってみてからですね・・・・

強風に負けない、アウトドアやキャンプなどで大活躍のプラズマトーチ(電子ライター)です。 繰り返し使えるリチウムバッテリーのUSB充電タイプ(※PC、スマホの充電器と互換性があります)なので、ガス、オイルの注入の必要がなくたいへん使いやすい仕様

折りたたみ可能なrevir of river(レビールオブリバー)のプラズマトーチは携帯にも便利な仕様となっています。

プラズマを用いた本ライターは、風の影響が少なく着実に点火が可能です。
チャッカマンのようにトリガーから点火地点(アーク部)まで距離を保つことができ安全です。
約10秒の連続使用で自動的にOFFになるセーフティロック付き。
炎が出ないので飛行機搭乗の際、機内持ち込み及び受託手荷物に預けることが可能。
USB充電方式なので移動時に車内で充電可能(本品に車内用充電器は付属しておりません)。

70%-2020_1228_142228-0

70%-2020_1228_142228-3

70%-2020_1228_142228-5

70%-2020_1228_142228-8

70%-2020_1228_142228-4

70%-2020_1228_142228-7

70%-2020_1228_142228-9

70%-2020_1228_142228-2

出典:revir of river






その他グッズINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/12/28(月) 17:33:20|
  2. その他グッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LEDLENSER ML4 Warm  レッドレンザー ML4 Warm

LEDLENSER ML4  Warm  レッドレンザー ML4 Warm


2020年3月23日に発売されたLEDLENSER ML4
Ledlenser のFace Bookには
「コンパクトだけど、とってもパワフルです。このミニチュアランタンは、今年大ブームが来る予感がします。」
大ブームになったのかどうかは不明ですが、Goal Zero Lighthouse microと肩を並べはじめたかも

発売当時から気になる存在でしたが、今回一大決心して(笑)  購入
思っていたよりコンパクトで、とても可愛い奴でした

70%-2020_1226_093633-0

ミニチュアライトの奇跡

超コンパクトなアウトドアランタンML4。どこにでも携帯できるパーフェクトな照明器具です。マイクロプリズムリフレクター技術により、ML4は効率的に、まぶしさを軽減しつつ対象物を照らしてくれるライトです。マグネット式の充電ケーブルで簡単充電。さらには市販の単3形乾電池でも使用可能です。カラビナ式のスナップフックで、様々な場所に吊るして使えます。たとえばバックパックに付けておけば、いつでも使いたいときに。

70%-2020_1215_173103-0

70%-2020_1215_165822-0

70%-2020_1215_165733-0

70%-2020_1215_165758-0

70%-2020_1215_165744-0

70%-2020_1215_170458-0

 

7年保証とは驚きですびっくり

通常は2年保証ですが、オンライン製品登録で7年に延長されます

70%-2020_1215_174444-0

保証について

IMG_20201226_0002.jpg IMG_20201226_0001.jpg

製品にはシリアルナンバーが印字されています

いままで色々なライトを使ってきましたが、シリアルナンバーがついている製品は初めてです

品質に対する自信の表れだと思います

70%-2020_1215_172720-0

 

そもそも、LEDLENSER(レッドレンザー)とは・・・

Ledlenserは、1993年にドイツで設立された、主にヘッドライト・懐中電灯(フラッシュライト)などで有名なブランド

レッドレンザーの歴史

世界最初のレッドレンザーは、ドイツ・ゾーリンゲンのガレージで誕生しました。1993年、双子の兄弟ライナーとハラルド・オポルカは、Ledlenser社(ツヴァイブリューダー・オプトエレクトロニクス社)を設立。創業当時、兄弟の手元にあったのはアタリ社製の古いコンピューター、工具セット、スケッチブック、そしてわずか1,000マルク(当時の日本円で約7万円)の資金のみでした。決して裕福ではありませんでしたが、湧き上がるアイデアを形にして大成功することを夢みて、寝る間も惜しんで懐中電灯作りに励みました。

その夢は、すぐに現実のものとなります。ようやく商品化に漕ぎつけた最初のフラッシュライトは、短期間で大成功。業績は順調に拡大し、ガレージから始まった一事業は、やがてフラッシュライト、ヘッドライトのリーディングブランドへと成長を遂げました。今日では、約1,500名の従業員が働く国際企業へと発展しています。「現状に満足せず、既存のアイデアに疑問を投げかける」という哲学は受け継がれ、創業時と変わることなく革新的な製品を世に送り出しています。また、レッドレンザーは、株主価値の最大化よりも、企業として社会的責任を果たすことに重きを置いています。その理念から、事業を通じて得た利益は、各国での住宅整備や地域貢献に積極的に投資しているのです。

 

LEDLENSER ML4  Warmの照射モードは光量が3段階+点滅(Blink)+ブースト(Boost)

•Power - 高出力で明るく点灯
•Low Power - 電池が長持ちするローモード  まぶしくないので、読書や手元作業に最適
•Mid Power - ほどよい明かりであらゆるシーンに対応
•Boost - 短時間に最大出力を発揮するブーストモード
•Blink - 一定間隔でライトが自動的に点滅

70%-2020_1215_173858-0

赤色LEDにもなります

70%-2020_1215_173951-0

専用充電池

この専用充電池の代りに、普通の乾電池やエネループなどの充電式電池(単三)も使用可能というのはGoodです

光量がどの程度になるかは不明ですが

70%-2020_1215_172928-0

70%-2020_1215_172818-0

70%-2020_1215_172902-0

充電は付属の充電池を本体に入れたまま、マグネットチャージャーでUSBポートから充電します

70%-2020_1215_172504-0

70%-2020_1215_172427-0

70%-2020_1215_172446-0

マグネット式を採用していることで、保護等級IP66(防塵性能「6」防水性能「6」)が実現できているのでしょう

保護等級IPとは、機器の防塵、防水に関する保護を規格化しているもので、IEC(国際電気基準会議)規格で規定されている機器の保護等級を記号で示したもの

IPコードは、2つの保護等級をコード化したものになります。
基本的には、「人体及び固形異物(粉塵等)に対する保護」である第1記号と「水の浸入に対する保護」である第2記号から構成されています

ip_01

保護等級の詳細についてはこちらへ

LEDLENSER ML4は、保護等級IP66

防塵性能は最高レベルの6(粉塵が内部に侵入しない)

防水精嚢は上から3つめの6(いかなる方向からの水の強い直接噴流によっても内部に浸水の形跡がないこと)

強風で砂塵が舞う時や、雨の中でも安心して使えそうですね

充電中は、赤いランプ

70%-2020_1226_120455-0

充電完了後、緑のランプが点灯します

70%-2020_1226_130404-0

カラビナ式のスナップフックがついているので、様々なところに吊るすことでできて便利

70%-2020_1215_173128-0

暗闇で蓄光によって緑色に光る機能は、とても便利です

70%-2020_1226_130544-0

LEDLENSER ML4 とGoal Zero Lighthouse micro の照度比較をしてみました

LEDLENSER ML4

Goal Zero Lighthouse micro

備考

パワー:150lm
70%-2020_1223_210942
最大150ml
70%-2020_1223_211115
 
ミドル:50lm
70%-2020_1223_210912

70%-2020_1223_211052
 
ロー:5lm
70%-2020_1223_210847

70%-2020_1223_211142
 
 最小
70%-2020_1223_211026
 

LEDLENSER ML4は3段階に切替可能

Goal Zero Lighthouse micro は2段階に切替可能+スイッチの長押しで無段階調整が可能

70%-2020_1223_210521

70%-2020_1223_210552

照らす範囲・方向などが少し異なりますが、照度については大差がないように感じました

仕様表では、それぞれ次にように記載されています

仕様

LEDLENSER ML4

Goal Zero Lighthouse micro

光束

ブースト:300lm
パワー:150lm
ミドル:50lm
ロー:5lm

最大150ml

点灯時間

ブースト:-
パワー:2.5h
ミドル:8h
ロー:45h

7~170h

充電時間

約2.5h

約3.5h

バッテリーの種類

専用充電池

リチウムイオン電池

バッテリー容量

2.77Wh(3.7V、750mAh)

9.62Wh(3.7V、2600mAh)

サイズ

高さ97mm

約93×37.75mm

重量

71g(電池含む)

68g


70%-2020_1215_170024-0

LEDLENSER ML4 の操作方法

日本語の取扱説明書はありません

裏表にイラストが描かれたペーパーがあるだけです(なんとなくわかりますが)

↓画像クリックで拡大表示

IMG_20201226_0001 (21)

↓画像クリックで拡大表示

IMG_20201226_0002 (2)

●照射モードの切替(White Mode)

OFFの状態から、5秒以内の間隔で1回押すごとに、ロー・ミドル・パワー・点滅・OFFと切替わります

いずれかの照射モードで5秒以上点灯している場合に1回押すとOFFになります(ちょっとわかりずらいかな悲しい

IMG_20201226_0001 (2)-1

●照射モードの切替(Red Mode)

White Modeでの操作と同じですが、Red Modeでは、ロー・パワー・点滅・OFFの切替で、ミドルがありません

IMG_20201226_0001 (2)-2

●White Mode⇔Red Modeの切替

点灯状態で3秒間長押しすると切替わります(切替わってからボタンを離すこと)

切替わった後の照射モードは、ローとなる

例えば、White ModeのパワーからRed Modeに切替えると、Red Modeのローとなる

IMG_20201226_0001 (2)-3

●Boost mode(最大光量)への切替

どのような状態からでもBoost modeへの切替が可能です

点灯していない状態からも可能ですが、乾電池使用中・ロックされている場合は切替できません

2回連続で押すと(5秒以内に)Boost modeに切替わります

元の状態に戻すには、1回押すかまたは10秒以上そのままにしておくと元に戻ります

IMG_20201226_0001 (2)-4

●Transportation Lock(ロック機能)

運搬時などで誤操作しないように、ロック機能がついています

ロックされていないOFFの状態で、5秒間長押しすると、赤色で4連続点滅し、ロックされます

(赤色4連続点滅を確認してからボタンを離す)

ロックされている時は、ボタンを押しても赤色が4連続点滅するだけです

ロックを解除するには、3秒間長押しすると、赤色で4連続点滅し、ロックが解除されます

IMG_20201226_0002 (2)-1

●エナジーマネジメント 電池の利用状況を把握するための各機能

Low Battery Warning - 電池容量が少なくなると、ライトが点滅してお知らせします

赤色4連続で点滅する場合は、電池容量が少なくなっているので、充電が必要となります

IMG_20201226_0002 (2)-2

Battery Indicator - 電池残量インジケーター

点灯する時点で、電池の残量を確認することができます

緑色:バッテリー残量あり
黄色:バッテリー残量少し
赤色:バッテリーほぼなし

IMG_20201226_0002 (2)-3

Charge Indicator - 充電インジケーター

充電中は赤色が点灯、充電完了で緑色が点灯

充電エラー(バッテリーの向きが逆・乾電池が入ってるなど)の場合、赤色と緑色が交互に点滅します 

IMG_20201226_0002 (2)-4

 

全ての操作をボタン一つで行います

操作を憶えるのが大変そうですが、慣れれば何とかなるでしょうスマイル

フィールドデビューはこれからですが

可愛い姿に高機能 この子の活躍に期待が膨らみますね




 照明器具INDEXはこちらへ

ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/12/26(土) 11:52:25|
  2. 照明器具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年はお家でクリスマス

今年はお家でクリスマス



クリスマスの時期は、いつもキャンプ場

クリスマスパーティーは、いつもテントの中

・・・でも、コロナ禍の今年は、久しぶりのお家クリスマス

 

2020年クリスマスカードは、東京タワーと東京スカイツリーの間を飛んでいくサンタさん

東京で迎えるクリスマスですからねウインク

70%-2020_1224_191643

70%-2020_1224_191812

キャンプでは使わないシャンパングラスで、Merry Christmas爆笑

70%-2020_1224_192238

クリスマス定番のローストチキン

70%-2020_1224_191712

70%-2020_1224_191726

チーズケーキにバニラアイスとフルーツを添えて

70%-2020_1224_201817

70%-2020_1224_200933


2011 Christmas at  PICA FujiSaiko

20111224 christmas-001 (3)

2012 Christmas at SweetGrass

20121224 christmas-004 (2)

2013 Christmas at SweetGrass

20131224 christmas-006 (7)

20131224 christmas-006 (4)

20131224 christmas-006 (2)

2014 Christmas at SweetGrass

20141224 christmas-007

20141224 christmas-008

2015 Christmas at SweetGrass

20151224 christmas-011

20151224 christmas-010

2016 Christmas at SweetGrass

20161224 christmas-004

20161224 christmas-005

20161224 christmas-002

2017 Christmas at SweetGrass

20171224 christmas-006

20171224 christmas-004

20171224 christmas-005

2018 Christmas Week at SweetGrass

20181224 christmas-002

20181224 christmas-005

20181224 christmas-008

2019 Christmas at Foresters Village Kobitto

20191224 christmas-006

20191224 christmas-001

20191224 christmas-002

20191224 christmas-005

20191224 christmas-008

 

来年は、普通の生活に戻って

キャンプ場でクリスマスを過ごしたいものですね


Merry Christmas!!

20201225 christmascd

関連記事
  1. 2020/12/25(金) 11:10:56|
  2. ■ et cetera
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

自作・手作り  三角ミニテーブル

自作・手作り三角ミニテーブル

奥京都発のガレージブランドSomAbito
そのSomAbitoのアイテムでずっと気になっているのが、「焚き火side stand」
僕らにとって高価であるからというより、そもそも人気沸騰で入手困難

70%-2020_1108_142153-0

70%-2020_1108_142153-1

出典:SomAbito

仕方がないので、形だけ似た物を作ってみました
名付けて「三角ミニテーブル」

70%-2020_1108_142152 (1)

70%-2020_1108_142152 (2)

材料

●家にあった少し厚めの板

北海道長期遠征の時黒松内のリトルトリー(雑貨屋)で買った不揃いな丸棒

●レザーの紐

70%-2020_1108_142152 (5)

厚めの板を正三角形に切って、角に穴をあけます

丸棒の端を、その穴に合うように斜めに切断します

不揃いな丸棒と、それを入れる穴は決めておいたほうがいいので、ABCの記号を書き区別します(丸棒にも)

70%-2020_1108_142152 (6)

70%-2020_1108_142152 (7)

組立はこんな感じ

70%-2020_1108_142152 (10)

3本の丸棒が交差する部分には切り込みを入れて、その切り込みを使ってレザーの紐で固定します

70%-2020_1108_142152 (8)

70%-2020_1108_142152 (9)

正直なところ、安定性に少々難がありますが・・・

重いものさえ乗せなければ大丈夫ペロリ

70%-2020_1108_142152 (3)



自作・手作り・工夫INDEXはこちらへ

ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/12/24(木) 00:02:55|
  2. 自作・手作り・工夫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自作・手作り  Guy Poles ガイポール

自作・手作り Guy Poles ガイポール



クロンダイクグランデのようなベルテントでは

サイドの張り綱(ガイライン)を、斜め下方向に引いてペグダウンする必要があります

70%-2020_1202_1234041 (2)-009

そのため設営にはかなり広い面積が必要になります

フリーサイトであればいいのですが、区画サイトでは張り綱(ガイライン)がしっかりと張れないという問題が発生する可能性があります

そこで、その問題を解消してくれるのが、Guy Poles ガイポール

張り綱(ガイライン)の長さを短くし、ペグダウン位置を通常よりテント寄りにすることができるアイテムです

70%-2020_1202_0909041-170%-2020_1202_0909041-2

上図の赤い部分は張り綱(ガイライン)、右図の青い部分が、ガイポールです

ガイポールがあると、狭いサイトでも設営が可能になります

 

CanvasCampでは、Short Guy Polesという商品名で販売されていますが・・・

70%-2020_1202_0909041-470%-2020_1202_0909041-5
70%-2020_1202_0909041-370%-2020_1202_0909041-6

出典:CanvasCamp

使用頻度から考えても、市販品を購入するほどでもない、ということで自作してみました

材料は

直径20mmの丸棒

70%-2020_1202_1234043-1

ハンガーボルト

70%-2020_1202_1234043-0

丸棒の先端をこのように削ります

70%-2020_1202_0909040 (16)

丸棒の底部分に、ハンガーボルトを入れて、フリンジナットで固定

この形態によって、ある程度地面に固定ができます

70%-2020_1202_0909040 (15)

これで完成

丸棒の長さは、70cmとしました

70%-2020_1202_0909040 (14)

ガイポールなしの場合

70%-2020_1202_0909040 (10)

ガイポールを使った場合

70%-2020_1202_0909040 (11)

丸棒の先端の渠に、張り綱(ガイライン)をひっかけるだけでもいいのですが

70%-2020_1202_0909040 (12)

このように張り綱(ガイライン)を、一度巻いてから渠にひっかけるほうが、よりしっかり固定できますね

70%-2020_1202_0909040 (18)

実は、今は試作品を一つ作った段階

サイトの広さによっては、全てガイポールが必要かどうかは不明?

クロンダイクグランデは10角形、入口部分にはフロントポーチを付けるので、ガイポールは不要

従って、最大でも8つですが・・・

さてさて、いくつ作りましょうかウインク



自作・手作り・工夫INDEXはこちらへ

ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/12/23(水) 18:59:16|
  2. 自作・手作り・工夫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北茨城~野口雨情の故郷

北茨城~野口雨情の故郷


福島浜通りから北茨城へへ戻る      

12月9日:水曜日

朝、宿の部屋から

昨日宿に到着したときは、すっかり日が暮れていたので、海が見えませんでした

70%-2020_1209_070447

70%-2020_1209_070434

70%-2020_1209_070502

朝ごはん

70%-2020_1209_075916

70%-2020_1209_093137

70%-2020_1209_093143

70%-2020_1209_093318

70%-2020_1209_093254


茨城百景磯原海岸

70%-2020_1209_093407

70%-2020_1209_093430

磯原節

末の松並 東は海よ
吹いてくれるな 潮風よ
風に吹かれりや 松の葉さへも(オヤ)
こぼれ松葉に なつて落ちる

70%-2020_1209_093421

 

初めて訪れた北茨城、せっかくなので少し観光してみることに

iwaki202012-004

まずは、五浦(いずら)海岸にある六角堂(茨城大学五浦美術文化研究所)へ

五浦は近代美術発祥の地

横山大観画伯が好んで描いた松と日の出と月のモデルが五浦海岸。
老松と奇岩、太平洋の白波が打ち寄せる景勝五浦の海が、日本美術界に革新の風をまきおこしました。

岡倉天心先生は明治31年に橋本雅邦、横山大観等と日本美術院を創設し、明治39年に横山大観、下村観山、菱田春草、木村武山らのまな弟子を呼び寄せて日本美術院を五浦海岸に移しました。

以来五浦は近代美術のメッカとして、その美しい風光と相まって、多くの旅人に親しまれ、天心が海を眺めながら思索にふけったといわれる六角堂や、横山大観画伯の別荘等多くの遺跡が日本近代美術発祥の地としての面影を日本今に伝え、人々の心に美しい旅情を残しております。

70%-2020_1209_102723

70%-2020_1209_094644

70%-2020_1209_094651

茨城大学五浦美術文化研究所    天心遺跡

IMG_20201211_0006

70%-2020_1209_102539

70%-2020_1209_102516

70%-2020_1209_102503

 

70%-2020_1209_095438

70%-2020_1209_095959

70%-2020_1209_095935

70%-2020_1209_095945

70%-2020_1209_101107

70%-2020_1209_101056

70%-2020_1209_100946

70%-2020_1209_101015

70%-2020_1209_101153

↓画像クリックで拡大表示

70%-2020_1209_100527

70%-2020_1209_100303

70%-2020_1209_100507

70%-2020_1209_100443

70%-2020_1209_100450

70%-2020_1209_100427


70%-2020_1209_101142

70%-2020_1209_101123

70%-2020_1209_101128

70%-2020_1209_101315

70%-2020_1209_101331

70%-2020_1209_101405

70%-2020_1209_101359

現在の六角堂は、震災後に再建されたもの

70%-2020_1209_101230

70%-2020_1209_101217

茨城大学五浦美術文化研究所 パンフレット
IMG_20201210_0001 (2)  IMG_20201210_0002 (2)

 

大津漁港

70%-2020_1209_103304

70%-2020_1209_103345

野口雨情記念館

野口雨情は、明治15年(1882)5月29日茨城県多賀郡磯原村(現北茨城市磯原町)に父量平、母てるの長男として生まれ英吉と名付けられました。
生家は、かつて水戸徳川家藩主の御休息所で「観海亭」と称され「磯原御殿」とも言われた名家で、家業は廻船業を営み、父は村長を2期務めた人望家でもありました。
明治30年(1897)伯父の衆議院議員野口勝一(北厳)宅に寄宿し、同34年4月、東京専門学校高等予科文学科(現早稲田大学)に入学しますが、1年余で中退しています。
少年時代より文学的素養にとみ、回覧雑誌への掲載のために民謡風の作詩をしていたと言われています。

IMG_20201211_0005

70%-2020_1209_104832

70%-2020_1209_105801

70%-2020_1209_105839

野口雨情の像の前を歩くと・・・

70%-2020_1209_110742

シャボン玉が歌とともに出てきます

70%-2020_1209_110753

70%-2020_1209_110747

70%-2020_1209_111010

野口雨情記念館 パンフレット他
IMG_20201210_0030.jpg   IMG_20201210_0032.jpg  IMG_20201210_0033.jpg
 
IMG_20201210_0034.jpg  IMG_20201210_0035.jpg

IMG_20201210_0031.jpg

北茨城を後にして、南下します

iwaki202012-005

十王物産センター鵜喜鵜喜(うきうき) 日立市

70%-2020_1209_115056

野菜類をお値打ち価格でお買い上げ

70%-2020_1209_114820

70%-2020_1209_114930

70%-2020_1209_114938

70%-2020_1209_115036

70%-2020_1209_115017

70%-2020_1209_122212

70%-2020_1209_124703

70%-2020_1209_141400

巨大複合ショッピングモール、ニューポートひたちなか でお昼ごはん

ひたちなか市の干しイモ専門店大丸屋

茨城県が全国の9割の干しイモ生産地だということは知りませんでした

70%-2020_1209_143457

70%-2020_1209_142043

70%-2020_1209_142105

70%-2020_1209_142138

70%-2020_1209_142224

70%-2020_1209_142449

こんなにたくさんの種類の干しイモを見たのは初めてでしたびっくり

70%-2020_1209_142320

70%-2020_1209_142330

70%-2020_1209_143403

70%-2020_1209_143347

さてさて、一般道で東京まで戻るとしましょうか

70%-2020_1209_144434

70%-2020_1209_144602

この日の夕陽の眩しさは、今までになく強烈でした

70%-2020_1209_155305

70%-2020_1209_155323

70%-2020_1209_160344

70%-2020_1209_163929

70%-2020_1209_164038

70%-2020_1209_164055

遠くに富士山が

70%-2020_1209_164431

70%-2020_1209_164507

70%-2020_1209_182602

18:50頃、東京に戻りました


震災発生からまもなく10年

3年ぶりに訪れた浪江町は、生活を戻すための復興を着実に進める人々の底力に安堵しながらも

その一方で、時が止ったままの風景が残り、原発という巨大な相手とのいつ終わるとも知れない戦いが続いている・・・

全てが震災のあまりにも大きな爪痕であり、決して忘れてはならない現実です



福島浜通りから北茨城へへ戻る   

ページトップへ戻る
 

関連記事
  1. 2020/12/21(月) 23:23:15|
  2. ●旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福島浜通りから北茨城へ~としまや月浜の湯~

福島浜通りから北茨城へ~としまや月浜の湯~


浪江町の今へ戻る
   北茨城~雨情の故郷へ続く     

12月8日:火曜日

当初の予定では、浪江町のあとは、双葉町の「東日本大震災・原子力災害伝承館」(2020年9月2日開館)へ行く予定でしたが

あいにく火曜日が休館日

↓画像クリックで拡大表示

IMG_20201210_0027

IMG_20201210_0028

このまま東京まで帰ろうかと考えましたが、時間が遅くなったので、何処かでもう一泊して帰ることに・・・

当日の直前予約で、夕食付の宿を探すと、北茨城の磯原温泉というところに見つけました

雨情ふるさとの宿 としまや月浜の湯

浪江町を15時過ぎに出発して、北茨城へ向かいます

iwaki202012-003

70%-2020_1208_153215

70%-2020_1208_153237

福島第1原発付近、大型バスが沢山行きかっていました

原発の廃炉作業に従事する方の通勤用バスなのでしょう

今後30年とも40年とも言われている廃炉作業に、多い時には2万人、現在でも約4,000人の人々が携わっているようですが

このような通勤風景が、ずっと続くのでしょうね

参考:福島第1という「非日常」の中の日常

70%-2020_1208_153408

70%-2020_1208_153428

70%-2020_1208_153434

国道6号線から離れ、常盤富岡ICから常盤道に入ります

時刻はすでに16時前

70%-2020_1208_154931

70%-2020_1208_154934

70%-2020_1208_155800

70%-2020_1208_155924

70%-2020_1208_160045

70%-2020_1208_160306

16:45 北茨城IC

70%-2020_1208_164528

ICから4kmほど走り、海沿いの宿に到着しました

雨情ふるさとの宿 としまや月浜の湯

宿は「魚ぐん探ちき」という名の料亭が併設されていました(直前予約でも夕食の用意ができる理由がわかりました)

この時期は、あんこう鍋がお勧めのようですが、あんこうは食べず嫌いだとは思いますが、ちょっと苦手

あんこう鍋なしのプランにしました

あんこう鍋のお客さんは、鍋ができる食事処に案内されていましたが

僕らは「らうんじ しゃぼんだま」という部屋で、ラッキーにも貸切でした

ライトアップされた中庭を眺めながらの食事

70%-2020_1208_182915

70%-2020_1208_183009

70%-2020_1208_183159

船盛の演出には感激爆笑

70%-2020_1208_183346

70%-2020_1208_183356

やはり、ここは日本酒です

70%-2020_1208_184816

70%-2020_1208_185446

70%-2020_1208_185510

70%-2020_1208_185632

70%-2020_1208_183026

70%-2020_1208_190744

70%-2020_1208_185639

70%-2020_1208_191045

70%-2020_1208_191049

70%-2020_1208_193445

70%-2020_1208_193450

大満足の夕食でした

としまや月浜の湯 パンフレット
IMG_20201210_0022.jpg  IMG_20201210_0023.jpg 
IMG_20201210_0024.jpg  IMG_20201210_0025.jpg
 
IMG_20201210_0026.jpg



浪江町の今へ戻る
   北茨城~雨情の故郷へ続く   





ページトップへ戻る

  1. 2020/12/20(日) 22:15:47|
  2. としまや月浜の湯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浪江町の今~福島第1原発事故(東日本大震災)から間もなく10年~

浪江町の今~福島第1原発事故(東日本大震災)から間もなく10年~


いわき市石炭・化石館ほるるへ戻る
     福島浜通りから北茨城へへ続く  

12月8日:火曜日

いわき湯本温泉 新つた

朝ごはん

70%-2020_1208_075846

70%-2020_1208_075851

70%-2020_1208_075906

70%-2020_1208_075912

 

今日の目的地は、浪江町

未だに帰宅困難区域がたくさん残っている浪江町

震災からもうすぐ10年、僕らが訪問してから3年あまり

町はその後どのように変わっているでしょうか

 

まずは、南相馬へ

iwaki202012-002

70%-2020_1208_101339

70%-2020_1208_110935

70%-2020_1208_111041

70%-2020_1208_113026

70%-2020_1208_113049

広野ICから常盤道に入ります

70%-2020_1208_113057

70%-2020_1208_113223

ならはPA

70%-2020_1208_114211

70%-2020_1208_114055

70%-2020_1208_114019

70%-2020_1208_114025

70%-2020_1208_114002

70%-2020_1208_114114

70%-2020_1208_115741

70%-2020_1208_120111

双葉IC付近

70%-2020_1208_120553

南相馬ICで降ります

70%-2020_1208_122759

南相馬ICを出て、道の駅南相馬を目指して走っているとき

「シーサイドパーク」という標識に目が留まったので、行ってみることに

iwaki202012-008

70%-2020_1208_124202

70%-2020_1208_124345

シーサイドパークの正式名称は「北泉海浜総合公園」でした

北泉海浜総合公園は、東日本大震災の大津波で、オートキャンプ場、キャンプ場、シャワー施設、コースタル・コミュニティハウスなどが流出しました。
流出したうち、シャワー施設や多目的広場、花の広場は平成30年3月までに復旧しました。

70%-2020_1208_124728

70%-2020_1208_124952

↓画像クリックで拡大表示

70%-2020_1208_125015

70%-2020_1208_125127

東京電力 原町火力発電所

東日本大震災では、この発電所は18mの巨大津波に飲み込まれ再建を絶望視されるほどの壊滅的な打撃を受けた。
加えて、わずか26kmほど南には人類史上最悪の原子力事故を起こした東京電力福島第一発電所があり、屋内避難地域に指定されたために被害の特定作業もろくにできないという試練にもさらされた。採算だけを考えれば、何年かかけて、新しい発電所を建てた方がよっぽどおトクだったはずだ。放射能汚染に過敏になった陸運会社から資材の運搬を拒否されるほどの惨状だったのだ。
それでも、東北電力は、被災地のために早期の電気の安定供給が必要だと判断、あえて困難な修理・復旧という道を選び2年で復旧させた

70%-2020_1208_125525

70%-2020_1208_125722

海沿いの場所には、たくさんのソーラーパネルが設置されています

70%-2020_1208_130520

70%-2020_1208_130530

道の駅南相馬

70%-2020_1208_132351

70%-2020_1208_132429

70%-2020_1208_132438

70%-2020_1208_132604

70%-2020_1208_133042

70%-2020_1208_133100

70%-2020_1208_133425

70%-2020_1208_133434

道の駅南相馬 パンフレット
IMG_20201210_0017.jpg  IMG_20201210_0018.jpg
IMG_20201210_0019.jpg

相馬野馬追 パンフレット
 IMG_20201210_0020.jpg  IMG_20201210_0021.jpg

 

東日本大震災とその後~南相馬市の現況と発展に向けた取り組み(2020年9月)

 

南相馬から国道6号線を18kmほど南下し、浪江町へ

70%-2020_1208_143001

70%-2020_1208_143010

浪江町に入ると、3年前に来た時から少し変化がありました

国道沿いに新しいホテルや建物が建っていました

70%-2020_1208_144736

70%-2020_1208_144741

そして驚いたのが、道の駅ができていたことです

道の駅なみえ、スタッフの方に聞くと、今年(2020年)の8月にオープンしたとのこと

70%-2020_1208_144722

70%-2020_1208_145320

70%-2020_1208_145413

70%-2020_1208_145245

浪江町の復興のシンボルです

70%-2020_1208_145057

70%-2020_1208_145105

70%-2020_1208_145113

70%-2020_1208_145129

70%-2020_1208_145140

70%-2020_1208_145140-0

70%-2020_1208_145146

 

70%-2020_1208_145646

70%-2020_1208_145650

70%-2020_1208_150048

70%-2020_1208_150052

70%-2020_1208_150203

あとで、まち・なみ・まるしぇで買おうと思っていた「魚匠鈴栄」の佃煮が、この道の駅でも販売していたのでお買い上げ


魚匠鈴栄は、浪江にあった佃煮屋さんでしたが・・・

弊社は高祖父(明治20年代)の頃より代々福島県浪江町請戸港で活魚・鮮魚出荷及びちりめん加工を行ってまいりました。しかし先の東日本大震災により工場・家屋が全壊、同時に東京電力福島第一原子力発電所の事故も伴い事業の休業を虐げられました。先の見えない浪江町への「立ち入り解除」、事業主である父も高齢となるという状況も加え自分自身もこのままでは再開する志も途切れる不安もあった為、今回私(5代目)が一念発起し平成27年1月「株式会社 鈴栄」を立ち上げ翌年4月名取市閖上水産団地内に水産工場を新設し新たに事業を開業いたしました。

閖上の鈴江を訪ねた時の記事

70%-2020_1208_150343

70%-2020_1208_150348

70%-2020_1208_145504

70%-2020_1208_150520

70%-2020_1208_150524

70%-2020_1208_150535

70%-2020_1208_150645

70%-2020_1208_150713

浪江駅を経由して、まち・なみ・まるしぇへ

iwaki202012-009

新しい道路と新しい住宅

70%-2020_1208_151201

70%-2020_1208_151401

3年前に訪れたのは、町の中心部で避難指示が解除となった直後でした

駅から市役所へ向かう道は、時間が止ったままの町並みでしたが、今は更地が目立つようになりました

70%-2020_1208_151420

70%-2020_1208_151453

70%-2020_1208_151506

70%-2020_1208_151542

70%-2020_1208_151643

70%-2020_1208_151827

避難指示解除が出た頃、交流拠点として作られたまち・なみ・まるしぇ

70%-2020_1208_151844

70%-2020_1208_151918

70%-2020_1208_151927

70%-2020_1208_152005

70%-2020_1208_151945

近くに道の駅ができて、スーパーもできて、その役割は終わったのかもしれませんね

70%-2020_1208_152037

70%-2020_1208_152032

3年ぶりに訪問した浪江町

少しずつ復興の兆しが見えてきたようには感じましたが、あの災害からほぼ10年が経過しているのに

いまだに残っている帰宅困難地域

原発事故による避難指示は、今も福島県の南相馬市、浪江町、双葉町、大熊町、富岡町、飯舘村、それに葛尾村の7つの市町村で続いていて、合わせて337平方キロメートルが、立ち入りが厳しく制限される「帰還困難区域」に指定されています。
このうち8%の地域については、国が除染を行ったうえで、3年後までに解除する計画が示されていますが、残る92%については除染や解除の方針が示されておらず、区域の指定を受ける自治体でつくる協議会は、具体的な方針を示すよう国に繰り返し求めてきました。
出典:NHKニュース 2020年9月11日 東日本大震災から9年半 暮らし再生や原発事故の復興は道半ば


hinanshijikuiki20200310

浪江町の現況(2020年12月)

70%-2020_1208_152540

10年間、時計は止ったまま

70%-2020_1208_152810

70%-2020_1208_153450

70%-2020_1208_153556

70%-2020_1208_153806

70%-2020_1208_154054

この国は、これからも原子力発電を続けるつもりなのでしょうか


いわき市石炭・化石館ほるるへ戻る
     福島浜通りから北茨城へへ続く  
  

ページトップへ戻る



<追記>

2020年9月19日 7時のNHKニュースで、嬉しいニュースが・・・・


福島 浪江町 10年ぶりに収穫「復興米」の販売会

東日本大震災の津波と原発事故で大きな被害を受けた福島県浪江町で、ことし、震災後初めて沿岸部で収穫されたコメの販売会が行われました。

浪江町は、震災の津波で大きな被害を受けたほか、原発事故で町の全域に避難指示が出されました。

町の沿岸部では3年前に避難指示が解除されましたが、農地の復旧に時間がかかり、宮城県から進出した農業生産法人がことしの春になって地元の農家から借りた水田およそ24ヘクタールでコメ作りを再開しました。

19日は、この秋、10年ぶりに収穫されたコメを味わってもらおうと町内の道の駅で販売会が行われ、栽培した福島県のオリジナル米「天のつぶ」を「浪江復興米」と名付けた2キロ入りの50袋が店頭に並べられました。
販売会には、コメ作りを行った農業生産法人のスタッフのほか、町と連携して農業の再生に取り組んでいる東京農業大学の学生も参加して道の駅を訪れる人たちにPRしていました。

コメを購入した浪江町の50代の女性は、「震災後、浪江の食材を買える機会がほとんどなくなっていたので、地元のコメが味わえるのはうれしいです。地元の味が途絶えないよう農業が復興していってほしいです」と話していました。

コメ作りを行った農業生産法人「福島舞台ファーム」の志子田勇司代表は、「以前のような浪江の農業に近づく一歩を踏み出せてうれしく思います。今後も環境が整った農地から徐々に営農再開の面積を広げていきたいです」と話していました。

出典:NHKニュース 2020年12月19日 19時42分

 

namie006

namie004

namie005

namie007

namie008

namie009

namie010

namie011

namie012

namie013

全ての写真の出典:NHKニュース


関連記事
  1. 2020/12/19(土) 22:29:31|
  2. ●旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いわき市石炭・化石館 ほるる

いわき市石炭・化石館 ほるる


みろく沢炭鉱資料館へ戻る   浪江町の今へ続く   

12月7日:月曜日その2

みろく沢炭鉱資料館を後にして、いわき市石炭・化石館 ほるるへ向かいます

iwaki202012-006

常磐線、上野行の特急かな

70%-2020_1207_142232

70%-2020_1207_142240

いわき市石炭・化石館 ほるる

70%-2020_1207_142921

70%-2020_1207_143003

IMG_20201211_0007

化石展示室

恐竜は迫力満点でした

70%-2020_1207_143609

70%-2020_1207_143603

70%-2020_1207_143700

70%-2020_1207_143714

70%-2020_1207_143755

70%-2020_1207_143853

模擬坑道

地下600mに降りる雰囲気をあじわいながら入坑した坑道

暗い坑道は少し不気味でした

70%-2020_1207_144700

70%-2020_1207_144802

70%-2020_1207_144829

70%-2020_1207_144858

70%-2020_1207_144933

70%-2020_1207_145015

70%-2020_1207_145022

70%-2020_1207_145057

70%-2020_1207_145201

70%-2020_1207_145239

70%-2020_1207_145314

70%-2020_1207_145349

70%-2020_1207_145404

70%-2020_1207_145412

70%-2020_1207_145433

70%-2020_1207_145440

70%-2020_1207_145517

70%-2020_1207_145518

 

70%-2020_1207_145603

70%-2020_1207_150207

70%-2020_1207_150212

70%-2020_1207_150258

70%-2020_1207_150302

70%-2020_1207_150313

70%-2020_1207_150337

70%-2020_1207_150342

70%-2020_1207_150354

ほるるの中にある売店には、いわきのお土産が各種取り揃えられています

70%-2020_1207_150729

70%-2020_1207_150659

70%-2020_1207_150656

70%-2020_1207_150635

いわき市石炭・化石館 ほるる  パンフレット
IMG_20201210_0003.jpg  IMG_20201210_0004.jpg

今夜の宿、いわき湯本温泉 雨情の宿 新つた

70%-2020_1208_094026

70%-2020_1208_093939

70%-2020_1208_094000

庭園露天風呂「竹林」

混浴の露天風呂にしては、思ったより狭かったですね

iwaki202012-007

出典:新つたWEBサイト

 

久しぶりの上げ膳据え膳、楽しませていただきました

IMG_20201210_0012

70%-2020_1207_185950

70%-2020_1207_190012

70%-2020_1207_190517

70%-2020_1207_192224

70%-2020_1207_193542


新つた パンフレット
IMG_20201210_0005.jpg  IMG_20201210_0006.jpg  IMG_20201210_0007.jpg

IMG_20201210_0008.jpg   IMG_20201210_0010.jpg  IMG_20201210_0011.jpg
   
IMG_20201210_0009.jpg

いわき湯本温泉 マップ

IMG_20201210_0013.jpg IMG_20201210_0014.jpg

常磐もの
IMG_20201210_0016.jpg



みろく沢炭鉱資料館へ戻る   浪江町の今へ続く  

ページトップへ戻る
 
関連記事
  1. 2020/12/18(金) 23:16:47|
  2. ●旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

みろく沢炭鉱資料館

みろく沢炭鉱資料館


エンゼルフォレスト那須白河七日目へ戻る  いわき市石炭・化石館ほるるへ続く  

12月7日:月曜日 その1

10:30 エンゼルフォレスト那須白河を後にして、いわき湯本温泉へ向かいます

距離107km


iwaki202012-001

白河の町で、パスタを食べようとイタリアンのお店を探して行ってみましたが、お休み

近所の人の話では、日曜日に遅い時間まで営業するので、月曜日は休むことが多いとか

なんと気まぐれな・・・

白河でのお昼ごはんは断念して、道の駅ふるどのまで走ることに

70%-2020_1207_114427

70%-2020_1207_114509

途中、ラーメン屋さんが多いのにビックリ

白河ラーメンの流れが拡大したのでしょうか

途中の道は、御斎所街道というらしい

70%-2020_1207_121554

12:27 道の駅ふるどの

70%-2020_1207_122719

70%-2020_1207_122918

70%-2020_1207_125751

70%-2020_1207_122957

お昼ごはん

70%-2020_1207_123212

70%-2020_1207_123851

天ぷらも揚げたてだし、お蕎麦も美味しかったですよ

70%-2020_1207_123916

70%-2020_1207_123920

70%-2020_1207_123506

70%-2020_1207_123547

70%-2020_1207_123436

名物のカステラ巻き

70%-2020_1207_125200

70%-2020_1207_125155

普通は海苔や玉子ですが、カステラで巻いてあります

なかなかいけます

70%-2020_1207_125839

今夜の宿は、いわき湯本温泉

チェックインできる15時まで時間があるので、常盤炭鉱に関する資料館へ

70%-2020_1207_133253

70%-2020_1207_133324

70%-2020_1207_134426

まずは みろく沢炭鉱資料館

70%-2020_1207_135014

かつて炭鉱で働いていた方が長年に渡り、炭鉱関係用具・資料を収集展示している個人資料館

片寄平蔵が、安政3年(1856年)に石炭を発見した内郷白水町弥勒沢、昭和30年代この弥勒沢の炭鉱で働いていた渡辺為雄氏が離職後、付近の炭鉱写真や採掘に使用した鉱具類、炭鉱地形図など炭鉱に関する資料を集め、平成元年に自力で「みろく沢炭砿資料館」を開館、現在に至ります。野外には、トロッコやレールが再現展示、石炭が地表に露出している場所も見ることができます。展示されている炭鉱の生産用具類は、近代化産業遺産に認定され、また、いわき市文化財にも指定されています。

個人で運営されている資料館、入場無料、凄いことですびっくり

70%-2020_1207_140814

70%-2020_1207_140659

70%-2020_1207_140808


今まで、常盤炭田はいわき市にあった炭田だと思っていましたが、間違った認識だったことが、この資料館に入ってわかりました

福島県双葉郡富岡町から茨城県日立市まで(南北約95キロ、幅5~25キロ)に広がって存在した炭田で
最盛期には130以上の炭鉱があり、年間産炭量は全国の1割の420万トンを誇ったとのこと

70%-2020_1207_135615

70%-2020_1207_135632

70%-2020_1207_135645

70%-2020_1207_135654

70%-2020_1207_135708

70%-2020_1207_135719

70%-2020_1207_135738

70%-2020_1207_135750

70%-2020_1207_135800

70%-2020_1207_135808

70%-2020_1207_135956

70%-2020_1207_140027

70%-2020_1207_140051

70%-2020_1207_140120

70%-2020_1207_140132

70%-2020_1207_140142

70%-2020_1207_140211

70%-2020_1207_140319

キャンパーなので、欲しくなります

70%-2020_1207_140430

70%-2020_1207_140434

70%-2020_1207_140853

70%-2020_1207_140627

70%-2020_1207_140946

70%-2020_1207_140829

70%-2020_1207_135233

70%-2020_1207_135314

70%-2020_1207_135333

70%-2020_1207_135347

70%-2020_1207_135424

70%-2020_1207_141450

70%-2020_1207_141443

 

資料館に展示されていた常磐ハワイアンセンター開業時のポスター

70%-2020_1207_140218

映画「フラガール」
とても好きな映画なので何度も観ていますが、もう一度観てみたくなりました

70%-2020_1207_140046

常磐ハワイアンセンターの歴史はこちらへ

「黒いダイヤ」。
かつて「石炭」はこう呼ばれていました。
本州最大の炭砿であった常磐炭礦株式会社(常磐興産の前身)は、国の基幹産業を担う自信と活気に満ちあふれ、石炭の町であった現在の福島県いわき市常磐地区は、戦前から戦後にかけて毎日がお祭りのようでした。
しかし、昭和三十年代後半、エネルギーの主役は石炭から石油に進化し、状況は一変しました。石炭産業は没落の一途をたどり、同時に石炭に依存していた地域経済にも極めて大きな影響を与えたのです。

それを救ったのは「温泉」でした。この温泉は、石炭掘削の妨げとなり、劣悪な労働環境や生産力ダウンをもたらす「負」の資源でした。石炭を1トン掘るために何と40トンの温泉を汲み出すほどで、当時一日の湧出量は、日本の総人口に毎日一合(0.18L)の温泉を分けられる程の量だったといいます。
常磐炭礦株式会社は、企業の存続と地域経済の再生を目指し、新業種への参入を検討。「坑内から湧出する温泉の地熱と、豊富な湯量を利用すれば、東北の地でも一年間温暖な空間が創出できる」として、昭和38年に「温泉レジャー施設」の建設計画を発表したのです。つまりマイナスをプラスに転じる発想、これがすべてのスタートとなりました。










エンゼルフォレスト那須白河七日目へ戻る  いわき市石炭・化石館ほるるへ続く 

ページトップへ戻る
 

関連記事
  1. 2020/12/17(木) 23:53:42|
  2. ●旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エンゼルフォレスト那須白河  朝焼け

エンゼルフォレスト那須白河   朝焼け


六日目へ戻る   みろく沢炭鉱資料館へ続く 

七日目(2020年12月7日:月曜)

撤収の日

なかなかの朝焼けでした

70%-2020_1207_064059r

70%-2020_1207_064250

70%-2020_1207_064713r

70%-2020_1207_064435

70%-2020_1207_064942

70%-2020_1207_065018

撤収日の朝ごはんウインク   シンプルを極めてます(笑)

70%-2020_1207_073707

70%-2020_1207_085130

70%-2020_1207_085159

ブラックシートを乾燥させて

70%-2020_1207_100321

記念撮影

70%-2020_1207_095747

70%-2020_1207_100251

そしてだれもいなくなりました

70%-2020_1207_100223

70%-2020_1207_100327

70%-2020_1207_100521

70%-2020_1207_100534

70%-2020_1207_100539

70%-2020_1207_100543

70%-2020_1207_103327

エンゼルフォレスト、長い間お世話になりました

 
六日目へ戻る   みろく沢炭鉱資料館へ続く 



これから、いわき湯本温泉へ向かい、今夜はそこで一泊

明日は、以前(2017年4月)に訪れた浪江町を再び訪れてみようと思います

未だに帰宅困難区域がたくさん残っている浪江町

震災からもうすぐ10年、僕らが訪問してから3年あまり

町はどのように変化しているでしょうか


ページトップへ戻る



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2020/12/16(水) 23:27:27|
  2. エンゼルフォレスト那須白河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エンゼルフォレスト那須白河  アオゲラに遭遇

エンゼルフォレスト那須白河   アオゲラに遭遇


五日目へ戻る
   七日目へ続く
  

六日目(2020年12月6日:日曜)

70%-2020_1206_071115

70%-2020_1206_071051

朝ごはん

70%-2020_1206_073152

そろそろ野菜がなくなってきましたねキョロキョロ

70%-2020_1206_073219

野菜ジュースでカバー

70%-2020_1206_073212

サイトのすぐ近くでアオゲラに遭遇

70%-2020_1206_094915

70%-2020_1206_094919

70%-2020_1206_095027

人間の気配を全く感じていないのか、それとも無視しているのか

長い間、木を突いていました

70%-2020_1206_100038

70%-2020_1206_100413

70%-2020_1206_100537

70%-2020_1206_101351

70%-2020_1206_101953

70%-2020_1206_101958

70%-2020_1206_102003

お昼ごはん

70%-2020_1206_125206

70%-2020_1206_125215

70%-2020_1206_125219

70%-2020_1206_125222

70%-2020_1206_125357

テントの中の灯り

クロンダイクグランデは、幕の内側にフックがほとんどないので、センターポールに灯りを吊るすか

ALDEBARAN EDGE STANDを使うしか方法がないのです

 

Syu&Chaiさんからいただいた、太いセンターポール専用のランタンハンガーにLUMENA ルーメナープラス

自作のランタンハンギングベルトⅠも吊るして、そこにもLFDランタンを

70%-2020_1206_121325

センターポールにおすすめの便利グッズであるNITE-IZE GEAR TIE を巻き付けて、ほおずきたねほおずき

70%-2020_1206_121317

70%-2020_1206_121306

ALDEBARAN EDGE STANDに、メタルほおずきGoal Zero Lighthouse micro

70%-2020_1206_121500

晩ごはん

70%-2020_1206_183919

70%-2020_1206_184400

冷蔵のピザに色々トッピングしていただきます

70%-2020_1206_185920

マルゲリータにはサラダチキンとチーズをプラス

70%-2020_1206_185924

4種チーズにはパイナップルとハムを加えてハワイアンピザに

70%-2020_1206_193127

最後のジャーサラダ

70%-2020_1206_185849

70%-2020_1206_173653

70%-2020_1206_174238

70%-2020_1206_174030

70%-2020_1206_175454r

70%-2020_1206_175416r

70%-2020_1206_175604r

70%-2020_1206_175912r

70%-2020_1206_181115r

70%-2020_1206_181220r

70%-2020_1206_181257r

70%-2020_1206_181326r

70%-2020_1206_181404r

70%-2020_1206_182154r

70%-2020_1206_182310r

70%-2020_1206_183002r

70%-2020_1206_183120r

70%-2020_1206_183216r

70%-2020_1206_183323r

70%-2020_1206_183432r

70%-2020_1206_180618r



今夜のキャンパーは3組だけ

少し怖いほど静かな夜になりました


天候 曇り時々晴れ  最高気温9.8℃ 最低気温-2.9℃ 平均風速0.5m


五日目へ戻る
   七日目へ続く


ページトップへ戻る
 

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2020/12/15(火) 22:37:16|
  2. エンゼルフォレスト那須白河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エンゼルフォレスト那須白河  長期滞在時の食事

エンゼルフォレスト那須白河   長期滞在時の食事


四日目へ戻る   六日目へ続く 

五日目(2020年12月5日:土曜)

今日は土曜日

たくさんのキャンパーがINしてくるでしょう

ちなみに、昨日までの平日は、平均7~8組でしょうか

朝ごはん


70%-2020_1205_084610

今朝もマフィンサンドですが、一応挟むものは変えてます(笑)

70%-2020_1205_084543

70%-2020_1205_084550

70%-2020_1205_084600

今回の灯り

sanzoku mountain shockに、Dietz #78真鍮製マリンランタン

70%-2020_1205_091020

70%-2020_1205_091032

70%-2020_1205_091041

自作の木製ランタンスタンド(1本足打込み式)木製ランタンハンガー

Mountain Research Protester's Solo Lantern (Bush Craft  Oil insert candle90をIN)

70%-2020_1205_090816

70%-2020_1205_090827

クーラーボックスの手元照明として

VISIONPEAKS LANTERN STAND STAKE自作の木製ランタンハンガーに、

Goal Zero Lighthouse microレトロランプシェード

70%-2020_1205_090940

ジャグの手元照明として

ALDEBARAN EDGE STANDに、自作のゴールゼロ ライトハウスマイクロ専用スタンドその2

Goal Zero Lighthouse micro自作の木製ランプシェード 

70%-2020_1205_090847

70%-2020_1205_090912

70%-2020_1205_090929

お昼ごはん

無印良品のレトルトカレー

70%-2020_1205_122945

ナンと一緒に

70%-2020_1205_124744

70%-2020_1205_124748

キッチンカーが来てました

70%-2020_1205_151310

玉こんにゃくとドーナッツを買いました

70%-2020_1205_151302

晩ごはん

まずは居酒屋メニューで一杯

70%-2020_1205_182550

70%-2020_1205_182412

メインはおでん

このおでんは、お気に入りの「小鍋仕立おでん」
キッチンカーで買った玉こんにゃくを追加しました

70%-2020_1205_185742

僕らはキャンプに出かけると、同じキャンプ場に長期間滞在することが多くあります
その際、周辺地域に観光に出かけることはあまりなく、ほとんどは「テントサイトでのんびり」が主流
もちろん、入浴施設へは出かけますが、外出時間はできるだけ短くするようにしています

そこで考えるのが、食事に関すること
基本的には事前におおまかなメニューを決めて、出発前に買い物や下ごしらえを済ませておきます
特に生鮮食品は消費期限を重視して、そこにレトルトや缶詰などの加工食品を組み合わせていきます
季節によってクーラーボックスの保冷力が異なりますから、生鮮食品の保存には気を使いますね
となると、滞在期間の終盤は、今日のようなレトルト中心(笑)

スーパーで購入した肉類を発泡トレーから出して包み直す、野菜をカットするなどの下ごしらえは
キャンプ場で捨てさせてもらうにせよ、持ち帰るにせよ、ゴミを減らすということにつながります
また、サイトでの調理を手際よく、楽に済ませたいから、という目的もあります


70%-2020_1104_153942

70%-2020_1104_153953

この事前準備はけっこう大変ですが、次は何を作ろうかと考える時点からキャンプが始まっているようで
徐々に高揚感が増していく感じですね

あれこれと言いましたが、それほどきちんとやっているわけではありませんよ
途中の道の駅や産地直売所などで地場の旬の食材を仕入れたり、評判のお店があれば外食したりと
キャンプ旅の楽しみを満喫したいですからね



曇り時々晴れ  最高気温7.4℃ 最低気温-3.6℃ 平均風速0.4m



四日目へ戻る   六日目へ続く 


ページトップへ戻る
 



関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2020/12/14(月) 23:03:31|
  2. エンゼルフォレスト那須白河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

エンゼルフォレスト那須白河  うっすらと雪

エンゼルフォレスト那須白河  うっすらと雪 


三日目へ戻る
   五日目へ続く

四日目(2020年12月4日:金曜)

朝、うっすらと雪

キャンプ場スタッフの方の話では、初雪はすでに降ったけれど、積もったのは今日が初めてとか

70%-2020_1204_075348

70%-2020_1204_075706

70%-2020_1204_075507

70%-2020_1204_075658

70%-2020_1204_075421

70%-2020_1204_075551

70%-2020_1204_075427

朝ごはん

70%-2020_1204_082240

70%-2020_1204_082200

70%-2020_1204_082223

70%-2020_1204_082217

今日のデザートを探しに売店へ

昨夜のデザートはこれでした

70%-2020_1204_095652

地ビール、飲んでみたかったけれど・・・このお値段で断念悲しい

70%-2020_1204_095630

デザートはこれに決定、やはり羽鳥湖高原に来たのですからね

長持ちしそうだしスマイル

70%-2020_1204_100125

雪はすぐに融けて、晴れてきました

70%-2020_1204_101356

お昼ごはん

自家製の牛丼、吉牛に勝ってます     
紅生姜は食べ放題ではありません、あしからず 

70%-2020_1204_124609

70%-2020_1204_124621

70%-2020_1204_124619

70%-2020_1204_124623

今日も、この子に会えました

やはり縄張りが決まっているようですね

70%-2020_1204_132933-0

70%-2020_1204_132942-0

70%-2020_1204_132948-0

70%-2020_1204_133815

70%-2020_1204_144757

晩ごはん

今夜のメニューは和食ですよ

70%-2020_1204_184608

西京焼き

70%-2020_1204_184458

玉子焼き
フライパンで焼いたので、厚みが均一にならず、あしからず

やはり、いまは無きスノーピーク(snow peak)卵焼器Pro. CS-305を買わなくてはいけないのか???

70%-2020_1204_184532

ほうれん草のお浸し

70%-2020_1204_184536

そして、湯豆腐

70%-2020_1204_184707

70%-2020_1204_184716

70%-2020_1204_185412

本日のデザート

70%-2020_1204_200549

一人1個ね
食べ過ぎないように、あしからず

70%-2020_1204_200826

一時雪、曇り時々晴れ  最高気温5.9℃ 最低気温-3.1℃ 平均風速1.2m



三日目へ戻る
   五日目へ続く
  

ページトップへ戻る
 

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2020/12/13(日) 23:33:52|
  2. エンゼルフォレスト那須白河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エンゼルフォレスト那須白河  大きな焚き火台

エンゼルフォレスト那須白河  大きな焚き火台 


二日目へ戻る   四日目へ続く

三日目(2020年12月3日:木曜)

朝、雨が少しパラつきました


70%-2020_1203_080302

70%-2020_1203_080150

70%-2020_1203_080200

70%-2020_1203_080406

70%-2020_1203_083504

朝ごはん

70%-2020_1203_084414

70%-2020_1203_084426

70%-2020_1203_084432

70%-2020_1203_084444

その後は晴れてきました

70%-2020_1203_121224

70%-2020_1203_121752

すぐ近くの羽鳥湖高原入口の道の駅へ行って、少しだけ買い物

 

お昼ごはん

70%-2020_1203_132950

けんちんうどん

70%-2020_1203_133233

野菜たっぷり 身体の中から温まります

70%-2020_1203_133242

道の駅で買ってきたきゃらぶき

70%-2020_1203_133038

なんという鳥だろう

70%-2020_1203_142418

本で調べると、カシラダカらしいのですが・・・キョロキョロ

70%-2020_1203_142421-0

レストラン付近に新しくできた焚き火スペース

大きな焚き火台です

70%-2020_1203_163023

70%-2020_1203_164808

早い時間から飲みはじめて

70%-2020_1203_172650

70%-2020_1203_174953

晩ごはん

久々のジャーサラダ

70%-2020_1203_182630

70%-2020_1203_182801

メインはラザニア

70%-2020_1203_184410

70%-2020_1203_184417

70%-2020_1203_192137

デザートは、売店で買ってきた「あんこ屋のあんみつ

70%-2020_1203_195134

70%-2020_1203_195445

70%-2020_1203_175017

この日の夜中、時折強い風が吹きました

曇り時々晴れ  最高気温8.9℃ 最低気温0.9℃ 平均風速0.9m


二日目へ戻る   四日目へ続く

  

ページトップへ戻る
 

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2020/12/12(土) 20:09:45|
  2. エンゼルフォレスト那須白河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エンゼルフォレスト那須白河  1日2回の温泉がノルマ?

エンゼルフォレスト那須白河  1日2回の温泉がノルマ? 


一日目へ戻る
   三日目へ続く 

二日目(2020年12月2日:水曜)

エンゼルフォレスト那須白河は滞在中温泉に入り放題(7:00~22:00)

僕らは朝と夕方、一日2回入ってました

温泉施設「彩光の湯」は、とても立派な温泉で、ちょっとした温泉旅館の温泉より充実しているかもしれません

ennzeru202012-03

ennzeru202012-04

(出典:エンゼルフォレスト那須白河)

 

朝ごはん

昨夜の餃子鍋が食べきれなかったので・・・

70%-2020_1202_084134

70%-2020_1202_084116

朝からいい天気

70%-2020_1202_110152

昨シーズンの冬は、ここでオオアカゲラに会いました

今年も会えるといいのですが

今日のところは、まずは、コゲラ君

70%-2020_1202_102606

70%-2020_1202_102637



70%-2020_1202_105048

70%-2020_1202_105124

70%-2020_1202_110738

70%-2020_1202_110852

70%-2020_1202_111016

70%-2020_1202_111050

70%-2020_1202_111200


午前中、場内を散策

70%-2020_1202_113032

70%-2020_1202_112520

70%-2020_1202_113316

↓画像クリックで拡大表示

70%-2020_1202_113710


70%-2020_1202_113512

70%-2020_1202_113518

70%-2020_1202_113638

↓画像クリックで拡大表示

70%-2020_1202_114136

70%-2020_1202_114110

70%-2020_1202_114146

70%-2020_1202_114322

↓画像クリックで拡大表示

70%-2020_1202_114514

70%-2020_1202_114818

70%-2020_1202_114826

70%-2020_1202_114858

70%-2020_1202_114952

70%-2020_1202_115042

70%-2020_1202_115120

70%-2020_1202_115136

70%-2020_1202_115444

70%-2020_1202_120552

70%-2020_1202_120610

70%-2020_1202_120632

↓画像クリックで拡大表示

70%-2020_1202_120811

70%-2020_1202_120914

70%-2020_1202_121914

70%-2020_1202_121944

ジョウビタキの雌でしょうか

このテントサイトが縄張りのようですね

70%-2020_1202_122701

70%-2020_1202_122704

70%-2020_1202_122820

70%-2020_1202_123404

70%-2020_1202_123418

お昼ごはんは、再び鍋のアレンジで雑炊ウインク

70%-2020_1202_130018

70%-2020_1202_130100

午後の時間はあっという間に過ぎて・・・


晩ごはん

アボカドとトマトのカプレーゼ

70%-2020_1202_175252

70%-2020_1202_175348

豚肉とリンゴの重ね蒸し

70%-2020_1202_171746

70%-2020_1202_180222

70%-2020_1202_180228

魔法のスパイス

70%-2020_1202_180550

大根と生ハムのマリネ

70%-2020_1202_174030

70%-2020_1202_205414

天候 晴れ  最高気温7.6℃ 最低気温0.3℃ 平均風速0.7m



一日目へ戻る
   三日目へ続く 

ページトップへ戻る

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2020/12/11(金) 22:10:41|
  2. エンゼルフォレスト那須白河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

エンゼルフォレスト那須白河  クロンダイクグランデ初張り

エンゼルフォレスト那須白河  クロンダイクグランデ初張り 


2020年12月1日(火)~12月7日(月)、6泊7日で、福島県岩瀬郡天栄村エンゼルフォレスト那須白河へ行ってきたよ

クロンダイクグランデの初張りと湯治キャンプです

ennzeru202012-01

ennzeru202012-02


一日目(2020年12月1日:火曜)

8:00 浅草出発 距離213km

ennzeru202012-0

いつものように、東北道浦和ICまでは一般道

いい天気!! 暫くは好天が続くという予報です

70%-2020_1201_080822

9:06 浦和IC

70%-2020_1201_090632

9:18 蓮田SAで休憩

70%-2020_1201_091819

利根川を渡ると、栃木県

70%-2020_1201_095004

70%-2020_1201_095016

仙台行きのバス

仙台、しばらくご無沙汰してますね

コロナが終息すれば、出かけることができますが・・・

70%-2020_1201_102253

70%-2020_1201_103438

10:38 矢板IC

70%-2020_1201_103848

70%-2020_1201_104230

那須塩原のやまやでお酒やお茶を買って、隣のセルフオカモトで給油

70%-2020_1201_110731

黒磯の丸亀製麺でお昼を食べて、エンゼルフォレスト那須白河へ向かいます

70%-2020_1201_114228

70%-2020_1201_124214

70%-2020_1201_124229

13:10 チェックイン時刻丁度くらいに到着です

70%-2020_1201_130945

今回の幕は、初張りとなるクロンダイクグランデ

お座敷スタイルで、コットにオフトン

暖房の主役は、GEAR MISSION
そしてここは全サイトが電源付きなので、ホットカーペットや電気毛布も用意しました

クロンダイクグランデの広い居住スペースとポカポカ空間、たまりません

70%-2020_1201_141058

70%-2020_1201_141127

70%-2020_1201_141105

70%-2020_1201_185348

70%-2020_1201_185328

あっという間に暗くなり・・・

70%-2020_1201_185906

ビールがすすむ暖かさウインク

70%-2020_1201_190032

晩ごはんのメインは餃子鍋

70%-2020_1201_190238

70%-2020_1201_191724

70%-2020_1201_190222

70%-2020_1201_185444

70%-2020_1201_185456

天候 曇り時々晴れ  最高気温6.2℃ 最低気温1.4℃ 平均風速0.6m


二日目へ続く

関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2020/12/10(木) 23:53:47|
  2. エンゼルフォレスト那須白河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Live】アオゲラ発見!!

今日は、アオゲラ発見!!

70%-2020_1206_095027

70%-2020_1206_101351

70%-2020_1206_102003

土曜日はさすがに、たくさんのキャンパーが来ていましたが

日曜日にほとんどが撤収  今日は3~4組になりました

明日、撤収です

関連記事
  1. 2020/12/06(日) 14:37:49|
  2. エンゼルフォレスト那須白河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

灯油ケースカバー

灯油ケースカバー

今までは 10Lの携行缶を適当な袋に入れて、車に積載していましたが

カーキ色のケースカバーを見つけたので、2個購入しました

70%-2020_1118_091231

70%-2020_1118_091332

70%-2020_1118_091344

底敷が付属しています

70%-2020_1118_091410

70%-2020_1118_091530

10Lの携行缶がすっぽり入ります

70%-2020_1118_091827

5Lの携行タンクも

70%-2020_1118_092004

横にすれば一緒に入ります

70%-2020_1118_092021

70%-2020_1118_092102

10Lと5Lが同時収納できてGoodです爆笑

70%-2020_1118_092138

長期遠征の場合、18Lの灯油ポリタンクも必要になりますが

その収納もできるのでとても便利

70%-2020_1118_091631

70%-2020_1118_091647

70%-2020_1118_091733

灯油タンクそのままよりは、見た目が良くなったかな


冬キャングッズINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る























関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/12/06(日) 11:45:59|
  2. 冬キャングッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おNewのクーラーボックス

おNewのクーラーボックス

新しいクーラーボックスに買い替えです?

ソフトクーラー?がっかり

70%-2020_1202_1036520 (1)

さて、どこのブランドでしょうか?
日本では未発表?いやいや海外でもあまり出回っていない?大笑い

70%-2020_1202_1036520 (3)

70%-2020_1202_1036520 (2)

70%-2020_1202_1036520 (5)

答えは・・・

70%-2020_1202_1036520 (6)

見えますか? 「SHIMANO」

長年使っているSHIMANO FIXCEL PREMIUM 220 シマノフィクセル・プレミアム220

手持ちハンドルと脚の部品の一部を外して、ケースに入れました

70%-2020_1202_1036520 (7)

ケースは、WILD-1で偶然見つけた JAGUY ヤガイ マルチギアコンテナM

まさにジャストフィットでした

70%-2020_1202_1036520 (8)

以前にも書きましたが、サイトの中で白いクーラーボックスがちょっと目立ち過ぎていたので・・・

Before

After

70%-2020_1202_1036520 (12)70%-2020_1202_1036520 (11)
70%-2020_1202_1036520 (13)70%-2020_1202_1036520 (10)

これでクーラーボックスの悩み解消です

僕らにとって機能的にベストなのは、やはりSHIMANO爆笑

関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/12/05(土) 11:24:15|
  2. 収納
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Live】アカゲラには会えず

昨シーズンの冬には

オオアカゲラに会えたのですが

今のところ会えたのはこの子たちだけ

コゲラ

 

ジョウビタキの雌

 

カシラダカ・・・かな?

   

これからまだ諦めずに

アカゲラ探します

関連記事
  1. 2020/12/05(土) 10:06:49|
  2. エンゼルフォレスト那須白河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ROBENS Klondike Grande  ローベンス クロンダイク グランデ

ROBENS  Klondike Grande  ローベンス クロンダイク グランデ

冬キャンでは、結露しにくいポリコットン素材の幕の方が快適さがアップしますね
そのため、カイオワ君に活躍してもらうことが多かった僕らの幕事情です

先シーズンの冬のことです
Syu&ChaiさんやKさんが所有されているクロンダイクグランデを初めて見せてもらいました
中に入らせてもらってびっくり
圧迫感のないすっきりとした広さ
サイド部分が立ち上がっているベルテントの居住性を実感させてもらいました
カイオワ君も長所がたくさんある幕ですが、それとは異なる魅力にググッと惹きつけられましたね

今年も冬キャンのシーズンを迎えて、ベルテントについて検討開始
ノルディスク アスガルト、ogawa グロッケ、キャンバスキャンプ シブレーなど検討してみましたが
やはりカイオワ君で慣れ親しんだローベンスのクロンダイクグランデが一番だという結論に

まずは、カイオワ君でお世話になっているトレイルヘッドさんに在庫を確認すると、直販の在庫はなし
商品を卸しているソトソトデイズに在庫はありましたが、あっと言う間に売り切れ
(後日、また在庫が出てきたようですが)

もし本気で購入したいなら、すぐに決断しないと、今シーズンの購入は難しくなりそう
買うなら今でしょ!!!

ローベンスの日本正規代理店であるトレイルヘッドさん取扱い商品はあきらめて
e-TRADE SERVICEというお店で並行輸入品を注文しました
(並行輸入品の場合は、販売店での修理が出来ないという点が問題ですが・・・)

試し張りをすることなく
2020年12月1日、エンゼルフォレスト那須白河にていきなりデビューです
並行輸入品にはよくあるらしい部品の欠品などなく、問題なく設営できました

ここで設営方法を簡単にみてみます

70%-2020_1203_132400 (1)

ブラックシートを敷きます

このブラックシートは、フロアシートの保護・汚れ防止になると同時に、地面からの冷気の遮断にも役立ちます

クロンダイクグランデのオプション品として、「フットプリント」という製品名で同種のシートが販売されていますが

他の幕でも使えるこのブラックシートで十分です

70%-2020_1203_132400 (2)

最初から幕とジッパーで脱着できるグランドシートが一体となっていますので

そのままブラックシートの上に広げます

70%-2020_1203_132400 (3)

70%-2020_1203_132400 (4)

70%-2020_1203_132400 (5)

グランドシートのペグループ部分をペグダウンします

70%-2020_1204_132242

センターポールを立ち上げます

70%-2020_1203_132400 (6)

Aフレームの先端部分を、幕内にあるフレーム受けに差し込んで、立ち上げます

70%-2020_1204_132129

70%-2020_1203_132400 (7)

幕本体のペグループをペグダウンします

70%-2020_1204_132336

サイドの張り綱(ガイライン)をペグダウンして完成です

70%-2020_1203_132400 (16)

70%-2020_1203_132400 (13)

次にオプション品のフローリングカーペットを敷きます

70%-2020_1203_132400 (8)

全体を包んでベニクロテープで留めるカバーと一体型になっています

70%-2020_1203_132400 (9)

70%-2020_1203_132400 (10)

グランドシートのリングに引っ掛けて完成です

70%-2020_1203_132400 (12-2)

70%-2020_1203_132400 (11)

最後のオプション品のフロントポーチを設置して、全て完成です

70%-2020_1202_1050220 (35)-0

上部のベンチレーションは、幕の中から操作できます

カイオワ君は外から操作してましたから、僕らにとっては画期的ですウインク

70%-2020_1202_0909040 (3)-0

70%-2020_1202_0909040 (4)-0

70%-2020_1202_0909040 (6)-0

入口には三角形のメッシュ窓

70%-2020_1202_1050220 (24)-0

70%-2020_1202_1050220 (25)-0

70%-2020_1202_1050220 (26)-0

70%-2020_1202_1234041 (3)-0

70%-2020_1202_1050220 (27)-0

サイドに3つのメッシュ窓

70%-2020_1202_1234041 (4)-0

70%-2020_1202_1050220 (15)-0

70%-2020_1202_1050220 (16)-0

フロントポーチは、雨の日の出入りに活躍してくれます

また、クーラーボックスやジャグの置き場所にもなります

Aフレームに連結できるポーチ

ポリコットン素材のフロントポーチは、リビングに続く前室になります。KlondikeのようなAフレームの出入口があるテントに合うデザインになっています。容易に素早くAフレームの頂点に繋げることができ、隙間風や水の侵入が最小限になるよう、前面のひさしは重なるような構造になっています。

70%-2020_1202_1050220 (23)-1

70%-2020_1202_1050220 (29)-1

70%-2020_1202_1050220 (31)-1

70%-2020_1202_1050220 (30)-1

70%-2020_1202_1050220 (32)-1

70%-2020_1202_1050220 (34)-1

70%-2020_1202_1050220 (28)-1

70%-2020_1203_144528-1

70%-2020_1203_144514-1

■テント素材:ハイドロテックス ポリコットン (65%ポリエステル、35%コットン)
■収納サイズ:83×14cm
■重量:4.3kg

70%-2020_1202_1050220 (2)-0

70%-2020_1202_1050220 (6)-0

70%-2020_1202_1050220 (7)-0

70%-2020_1202_1050220 (10)-0

70%-2020_1202_1050220 (11)-0

70%-2020_1202_1050220 (12)-0

70%-2020_1202_1050220 (13)-0

70%-2020_1202_1050220 (14)-0

70%-2020_1202_1050220 (17)-0

70%-2020_1202_1050220 (18)-0

70%-2020_1202_1050220 (19)-0

70%-2020_1202_1050220 (22)-0

70%-2020_1202_1050220 (35)-0

70%-2020_1202_1234041 (2)-0

70%-2020_1202_1234041 (1)-0

スタイリッシュで快適性を兼ね備えた9人用ベルテント。
広い床面積とテント下部の立上りにより驚くほど居住性に優れています。クロンダイク同様Aフレーム構造の高さ170cmの大型ドアは出入りがしやすく、より広いスペース感をもたらしてくれます。フロア部はジッパーにより取り外しも可能。さらに正面入口からセンターポールかけてジッパーが付いているため様々なフロアパターンを楽しむことも出来ます。フロントドア、テント下部、天井部にはバランス良くメッシュを備え通気性にも優れています。さらに、2018モデルからはテント室内から天井部フードの開閉が可能となりました。
アウターの素材にはROBENS 独自開発のHydro Tex ポリコットンを採用。通気性に優れ、夏は涼しく冬は暖かい通年使用可能なティピーです。さらに、天井部には煙突ポート(16cmφ)も標準装備されていますので薪ストーブの使用も可能です

70%-2020_1203_144322-0

70%-2020_1203_144414-0

70%-2020_1203_144423-0

70%-2020_1203_144529-5

70%-2020_1203_144529-4

70%-2020_1203_144529-0

70%-2020_1203_144529

70%-2020_1203_144529-1

70%-2020_1203_144529-3

素材: ハイドロテックス ポリコットン35%コットン / 65%ポリエステル
グラウンドシート:  ジッパー脱着式210T オックスフォード 100% ポリエステル耐水圧10000mm
ポール:  アルミ センターポール 30.8-52mm /Aフレーム 22mm
収納サイズ:92 x 35 cm
重量:21.6kg
就寝人数 :9人


テント・タープINDEXはこちらへ

ページトップへ戻る
















関連記事

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/12/04(金) 14:08:46|
  2. テント・タープ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

【Live】目覚めたら・・・

うっすらと雪景色

すぐに融けると思いますが

   

関連記事
  1. 2020/12/04(金) 08:11:04|
  2. エンゼルフォレスト那須白河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Live】湯治キャンプ、お篭り中

温泉入り放題のキャンプ場です

温泉に入っていない時は

ずっと幕の中でお篭りです

  

 

 今夜は雪になるとか

関連記事
  1. 2020/12/03(木) 18:03:50|
  2. エンゼルフォレスト那須白河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Live】ローベンス選手交代

ローベンスの新しい仲間が加わりました

    

あれっ?、カイオワ君は・・・

関連記事
  1. 2020/12/02(水) 13:40:01|
  2. エンゼルフォレスト那須白河
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Profile

Kaoru&Beet

Author:Kaoru&Beet
Kaoru君とBeet君のキャンプ日記へようこそ!
キャンプ日記、キャンプ道具、旅の記録、街歩きとグルメなどを書いています。

Access counter

Online counter

Calendar

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Search

New Report

国際宇宙ステーション(ISS)/きぼう 2021/05/15 May 15, 2021
NAPi Auto-Camping Base  沢渡温泉よしのや May 15, 2021
NAPi Auto-Camping Base  若葉の頃 May 14, 2021
NAPi Auto-Camping Base  ASAKURA ウッドキャンドル May 13, 2021
NAPi Auto-Camping Base  やっとお会いできました!! May 12, 2021
NAPi Auto-Camping Base  2896 May 11, 2021
NAPi Auto-Camping Base  Rord to NAPi with Nakanojo Song May 10, 2021
California Patio Patio Cappuccino カリフォルニアパティオ パティオカプチーノ 修理 May 09, 2021
Oregonian Camper Large Mouth Peg Bag オレゴニアンキャンパー ラージマウス ペグバッグ R May 08, 2021
旅の終わり May 06, 2021

INDEX

Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

ブランド・ショップ INDEXは
 ↓ ここをクリック

サインプレート ブランドショップINDEX


北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1


北帰行2018冬INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北帰行2018冬のコピー


小梨平滞在記 INDEXは
↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg


2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート2019夏_長野岐阜富山-1


福島宮城遠征2021 INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート福島宮城2021-0

Monthly archive

2021年 05月 【15件】
2021年 04月 【26件】
2021年 03月 【21件】
2021年 02月 【19件】
2021年 01月 【16件】
2020年 12月 【25件】
2020年 11月 【26件】
2020年 10月 【29件】
2020年 09月 【23件】
2020年 08月 【17件】
2020年 07月 【21件】
2020年 06月 【16件】
2020年 05月 【23件】
2020年 04月 【28件】
2020年 03月 【21件】
2020年 02月 【23件】
2020年 01月 【27件】
2019年 12月 【32件】
2019年 11月 【21件】
2019年 10月 【25件】
2019年 09月 【22件】
2019年 08月 【12件】
2019年 07月 【42件】
2019年 06月 【23件】
2019年 05月 【26件】
2019年 04月 【23件】
2019年 03月 【22件】
2019年 02月 【22件】
2019年 01月 【17件】
2018年 12月 【20件】
2018年 11月 【30件】
2018年 10月 【28件】
2018年 09月 【18件】
2018年 08月 【24件】
2018年 07月 【26件】
2018年 06月 【24件】
2018年 05月 【22件】
2018年 04月 【20件】
2018年 03月 【21件】
2018年 02月 【25件】
2018年 01月 【17件】
2017年 12月 【29件】
2017年 11月 【80件】
2017年 10月 【29件】
2017年 09月 【33件】
2017年 08月 【25件】
2017年 07月 【19件】
2017年 06月 【23件】
2017年 05月 【34件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【21件】
2017年 02月 【24件】
2017年 01月 【28件】
2016年 12月 【91件】
2016年 11月 【32件】
2016年 10月 【26件】
2016年 09月 【29件】
2016年 08月 【23件】
2016年 07月 【29件】
2016年 06月 【29件】
2016年 05月 【21件】
2016年 04月 【23件】
2016年 03月 【22件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【30件】
2015年 12月 【29件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【30件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【24件】
2015年 02月 【25件】
2015年 01月 【17件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【23件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【21件】
2014年 04月 【12件】
2014年 03月 【24件】
2014年 02月 【17件】
2014年 01月 【18件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【19件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【14件】
2013年 07月 【24件】
2013年 06月 【12件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【16件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【13件】
2013年 01月 【14件】
2012年 12月 【19件】
2012年 11月 【16件】
2012年 10月 【17件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【9件】
2011年 09月 【2件】

CATEGORY

Comment

Link


Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

ブランド・ショップ INDEXは
 ↓ ここをクリック

サインプレート ブランドショップINDEX


北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1


北帰行2018冬INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北帰行2018冬のコピー


小梨平滞在記 INDEXは
↓ ここをクリック

b9e298909494.jpg


2019夏~長野・岐阜・富山~INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート2019夏_長野岐阜富山-1


福島宮城遠征2021 INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート福島宮城2021-0


あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

WOM CAMP ロゴ2


702016_1126_154717-15.jpg

ilbif02.jpg

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR