FC2ブログ

Kaoru君とBeet君のキャンプ日記

キャンプ日記、キャンプ道具、旅の記録、街歩きとグルメなどを書いています。

「木曾路はすべて山の中である」 福島宿

「木曾路はすべて山の中である」 福島宿


三日目その1へ戻る
    四日目へ

三日目 7月4日(水) その2

プラS君の中に戻り、まずは観光パンフレットとネットを使って、今夜の宿探し
時刻は11:40、当日なので夕食付の宿はネットで検索しても数が少ない

塩尻から一番近い宿場町の奈良井宿には民宿が多く、ネットではなかなか出てこない
木曽福島は奈良井よりは大きな町のようだし、そこまで行けば何とかなるかも

もし、宿が全く見つからなければ、塩尻まで戻ってきて夜遅くなるけれど、そのまま東京へ帰ればよいし・・・
ということで、木曽福島まで走ることに   距離約43km

nagano201807-08

↓画像クリックで拡大表示

nagano201807-09

13:30 木曽福島駅に到着

70%-2018_0704_134135

福島宿は江戸と京都のほぼ中間地点になるでしょうか

70%-2018_0704_134005

Pepperくんに観光案内所の場所を聞いてみると

70%-2018_0704_133804

駅の真ん前でした

70%-2018_0704_133833

夕食付で泊れる宿を探してもらうと

古い宿場町の町並みが残る一角の近くにある「きそふくしま温泉 街道浪漫 おん宿蔦屋」という旅館を勧めてくれました

nagano201807-10

旅館のチェックインまで時間があるので、町中を観光

興禅寺

木曽義仲で知られる木曽家と、代々木曽を治めた代官山村家の菩提寺で、木曽三大寺の一つです。臨済宗妙心寺に属します。庭は枯山水の石庭や四季折々の風情を感じられる庭などがあり、見事な美しさを見ることができます。有名なしだれ桜は木曽義仲公お手植えの二代目と伝えられており、夜にはライトアップされた趣深い姿を見ることができます。

木曽義仲追悼の為建立された興禅寺。歴代木曽氏と歴代の代官である山村氏の菩提寺です。木曾義仲が旗揚げの為の勅使を迎えたとされる勅使門。作庭家「重森三玲」による石庭「看雲庭」、小口基實の「昇龍庭」、江戸時代に作られた「万松庭」もご覧下さい。興禅寺は、有名な「木曽節」発祥の地でもあります。

70%-2018_0704_141855

70%-2018_0704_142042

70%-2018_0704_142441

日本一広い石庭と言われている「看雲庭」

軒下で雨音を聞きながら、無の世界へ・・・

70%-2018_0704_142559

70%-2018_0704_142915

70%-2018_0704_142854

70%-2018_0704_142906

[広告] VPS




↓画像クリックで拡大表示

70%-2018_0704_143350

池泉水の庭「万松庭」

70%-2018_0704_143059

70%-2018_0704_143106

「木曽義仲公 御影観音堂」である「大悲殿」

70%-2018_0704_144133

木曽義仲お手植えの桜の二代目といわれている、「時雨桜」

「たまたま 詣でて木曽は 花まつり」 山頭火

花咲く頃はきっと素晴らしいのでしょうね

70%-2018_0704_144203

木曽義仲の墓所

「さくらちりをへたるところ旭将軍の墓」山頭火

70%-2018_0704_144538

興禅寺 パンフレット
70-2018_0706_155448  70-2018_0706_155504


興禅寺のとなりにあった御料館(旧帝室林野局木曽支局庁舎)

70%-2018_0704_150725

70%-2018_0704_150640

70%-2018_0704_145945

70%-2018_0704_150453

御料館(旧帝室林野局木曽支局庁舎) パンフレット
70-2018_0706_155706  70-2018_0706_155722

70-2018_0706_155832  70-2018_0706_155851  70-2018_0706_155913  70-2018_0706_155934


宿にチェックインしてから、歩いてすぐの福島宿の面影が残るところへ

昭和2年5月の大火により、ほとんどが焼失してしまったためか
面影が残っているところは、残念ながらごくわずかな地域だけでした

70%-2018_0704_160029

70%-2018_0704_160312

70%-2018_0704_160412

70%-2018_0704_161356

70%-2018_0704_160603

70%-2018_0704_161910

70%-2018_0704_161815

70%-2018_0704_161330

町並みの軒下につばめの子供たちを見つけました

70%-2018_0704_162120

巣立ちが近い子供たちかな 結構大きかったですね

70%-2018_0704_162214

 [広告] VPS

小さな雑貨屋さんを見つけました

70%-2018_0704_162654

お店の番をしていたのが、柴犬のあっくん

いろいろな話を聞かせてもらい、とても楽しかったです  

ブログも書いているとのこと「柴犬あっくんのキソキソ日記

またブログの方にもお邪魔しま~~す

70%-2018_0704_164150

 

70%-2018_0704_165610

70%-2018_0704_162543

70%-2018_0704_161405

今宵の宿、きそふくしま温泉 街道浪漫 おん宿蔦屋

70%-2018_0704_170110

創業1688年(元禄元年)、中山道の宿場町・福島宿の旅籠から始まった歴史ある宿です

創業から約330年、14代続いている老舗

70%-2018_0705_075849

70%-2018_0705_075858

70%-2018_0705_075910

70%-2018_0705_075921

70%-2018_0705_075938

2008年、それまで団体のお客様を中心にしていた建物を個人客向けにリニューアルされたとのこと

和風モダンがとてもいい感じです

70%-2018_0705_084050

70%-2018_0705_084131

70%-2018_0705_084103

70%-2018_0705_084223

70%-2018_0705_084008

70%-2018_0705_083420

木曽古来から伝わる「百草薬」の薬湯

70%-2018_0705_075737

70%-2018_0705_075744

夕食

70%-2018_0704_180746

70%-2018_0704_180753

70%-2018_0704_180757

70%-2018_0704_185317

70%-2018_0704_184320

↓画像クリックで拡大表示

70%-2018_0706_160009

70%-2018_0706_160025

宿オリジナルの「すんき肉味噌」、忘れられない味でした

『すんき』は霜の降りそうな晩秋から、木曽地方で昔から作られている伝統的な漬物です。時期は毎年11月下旬ころ。漬物といっても食塩も砂糖も一切使用せず、植物由来の乳酸菌で発酵させてある「とっても酸っぱ~い」漬物です。一般的な漬物の概念を越えた、全国的にも珍しい味わいです。

すんきに使用しているのは、地元で収穫した赤カブの葉(カブ菜)と、昨年より温存していた『すんき種(植物乳酸菌)』。カブ菜をきれいに洗った後にすんき種を混ぜ込み加熱し、生きた乳酸菌を自然の力で発酵させます。半月~1ヶ月ほどで発酵が進み、酸味がちょうど良いあんばいになると食べごろ(赤カブの部分は赤カブ漬けとして、無駄なく美味しく加工されます)。体に良いという乳酸菌の含有量は、ヨーグルトと同等かそれ以上とも言われるすんき。


おごっつぉう、ご馳走様でした

デザートは1Fのロビーで

70%-2018_0704_192432

70%-2018_0704_192826

70%-2018_0704_192855

いつものようにお腹一杯になって、この夜も早く寝てしまいました

木曾路はすべて山の中である。あるところは岨づたいに行く崖がけの道であり、あるところは数十間の深さに臨む木曾川の岸であり、あるところは山の尾をめぐる谷の入り口である。一筋の街道はこの深い森林地帯を貫いていた。
  東ざかいの桜沢から、西の十曲峠まで、木曾十一宿はこの街道に添うて、二十二里余にわたる長い谿谷の間に散在していた。道路の位置も幾たびか改まったもので、古道はいつのまにか深い山間に埋うずもれた。名高い桟も、蔦のかずらを頼みにしたような危ぶない場処ではなくなって、徳川時代の末にはすでに渡ることのできる橋であった。新規に新規にとできた道はだんだん谷の下の方の位置へと降くだって来た。道の狭いところには、木を伐きって並べ、藤づるでからめ、それで街道の狭いのを補った。長い間にこの木曾路に起こって来た変化は、いくらかずつでも嶮岨な山坂の多いところを歩きよくした。そのかわり、大雨ごとにやって来る河水の氾濫が旅行を困難にする。そのたびに旅人は最寄り最寄りの宿場に逗留して、道路の開通を待つこともめずらしくない。
  この街道の変遷は幾世紀にわたる封建時代の発達をも、その制度組織の用心深さをも語っていた。鉄砲を改め女を改めるほど旅行者の取り締まりを厳重にした時代に、これほどよい要害の地勢もないからである。この谿谷の最も深いところには木曾福島の関所も隠れていた。・・・・

夜明け前 島崎藤村




天候  雨  最高気温23.6℃ 最低気温18.4℃ 平均風速2.8m 降水量54.5mm

三日目その1へ戻る    四日目へ

ページトップへ戻る


関連記事
  1. 2018/07/06(金) 23:16:55|
  2. ●旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「木曾路はすべて山の中である」 奈良井宿 | ホーム | 日本アルプスサラダ街道を走って塩尻へ・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://k08a12.blog.fc2.com/tb.php/1926-251992c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Kaoru&Beet

Author:Kaoru&Beet
Kaoru君とBeet君のキャンプ日記へようこそ!

PCカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

INDEX

Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1


北帰行2018冬INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北帰行2018冬のコピー

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

CATEGORY

月別アーカイブ

2018年 09月 【10件】
2018年 08月 【24件】
2018年 07月 【26件】
2018年 06月 【24件】
2018年 05月 【22件】
2018年 04月 【20件】
2018年 03月 【21件】
2018年 02月 【25件】
2018年 01月 【17件】
2017年 12月 【29件】
2017年 11月 【67件】
2017年 10月 【29件】
2017年 09月 【33件】
2017年 08月 【25件】
2017年 07月 【19件】
2017年 06月 【23件】
2017年 05月 【34件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【21件】
2017年 02月 【24件】
2017年 01月 【28件】
2016年 12月 【56件】
2016年 11月 【32件】
2016年 10月 【26件】
2016年 09月 【29件】
2016年 08月 【23件】
2016年 07月 【29件】
2016年 06月 【29件】
2016年 05月 【21件】
2016年 04月 【23件】
2016年 03月 【22件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【30件】
2015年 12月 【29件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【30件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【24件】
2015年 02月 【25件】
2015年 01月 【17件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【23件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【21件】
2014年 04月 【12件】
2014年 03月 【24件】
2014年 02月 【17件】
2014年 01月 【18件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【19件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【14件】
2013年 07月 【24件】
2013年 06月 【12件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【16件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【13件】
2013年 01月 【14件】
2012年 12月 【18件】
2012年 11月 【16件】
2012年 10月 【17件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【9件】
2011年 09月 【2件】

最新コメント

リンク


Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1


北帰行2018冬INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北帰行2018冬のコピー


あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

WOM CAMP ロゴ2


702016_1126_154717-15.jpg

ilbif02.jpg

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR