FC2ブログ

Kaoru君とBeet君のキャンプ日記

キャンプ日記、キャンプ道具、旅の記録、街歩きとグルメなどを書いています。

小梨平キャンプ場  徳澤キャンプ場見学

小梨平キャンプ場   徳澤キャンプ場見学


八日目その1へ戻る   八日目その3へ続く

八日目(7月17日)その2

7:40 明神を後にして、徳沢へ向かいます

70%-2018_0717_071139

70%-2018_0717_073940

しばらく進むと、徳本峠(とくごう)への分岐点があります

70%-2018_0717_073945

かつて上高地へは徳本峠を越えて入山するのが常だったのです

徳本は「とくごう」と読む。 その名前の由来は多くの説がある。 峠を越えた上高地の一角に徳吾の小屋があったことから、ここへ至る峠という意味。徳本上人がこの峠を越え峠路の開発にあたったという説。徳川将軍吉宗の付き医者に徳本(とくもと)という人がいた。吉宗が病気になったとき、彼がこの峠へきて薬草を集め、それを将軍に献じたことから「徳本」の字が当てられたという話など。 徳本峠の文字が正式に地図に記載されたのは大正になってからのようだ。 島々において峠はひとつしかなかったため単に峠と記されていた。 それ以前において「とくごう」とは徳郷のことであり現在の明神館のあたりに徳郷の小屋が何軒かあったようだ。 徳本峠遊歩道は梓川の支流・島々谷と上高地との間を結ぶ。 近代登山が始まると上高地を紹介し、「日本アルプス」の名を広めた、かのW・ウェストンや、日本山岳会を結成した小島烏水、志賀重昂などの登山家もこの峠を越えている。 梓川沿いに上高地へ道路が開通したのは、1933年(昭和8年)になってからのことだ。バス路線が開通すると、それまでの登山道が廃れることが少なくないが、島々谷の道は、梓川沿いの道路開通後も廃れることはなかった。それは、峠を愛する人々による支援と、深田久弥が「峠に立った時、不意にまなかいに現れる穂高の気高い岩峰群は、日本の山岳景観の最高のものとされていた。その不意打ちにおどろかない人はいなかった」(「日本百名山」)と書き記しているその景観にある。

   

明治26年(1893年) の夏、ウェストンは島々谷のガイド・嘉門次を引き連れ、徳本峠を越えて穂高に登った。彼はそのときの様子を「日本アルプスの登山と探検」に次のように書き記している。
「徳本峠に向かう険しいつづら折りの登りは、如何な終わりそうにない。午後はひどい暑さで、左右に迫る笹藪には、そよとの葉ずれの音も起こらなかった。峠の峰に着くと木陰に身を投げ出して、奮闘の末にかちえた快いヒルネ(昼寝)(シェスタ)の夢をむさぼった」(岩波文庫、青木枝朗訳)。ウエストンはのべ11回ほど徳本峠を往復している。

   

大正2年(1913年)、智恵子は高村光太郎と峠を越え、ウェストンと交流をもった。 以下、文献資料からの引用によって足跡をたどってみる。
1913年、絵の道具を抱えた27歳の智恵子は北アルプスの上高地に向かった。ひと月前から白骨温泉を巡り上高地に来ていた光太郎は、智恵子を上高地から峠をこえて迎えに出かけた。
九月に入つてから、彼女が画の道具を持つて私を訪ねてきた。その知らせをうけた日、私は徳本峠を越えて岩魚止まで迎へに行つた。彼女は案内者に荷物を任せて身軽に登つてきた。山の人もその健脚に驚いてゐた。
1913年9月上旬、松本駅から「ガラガラ馬車」に乗った独りぼっちの智恵子は、島々宿で一泊した後、翌朝、島々谷の沢沿いの平坦な山道を巡り、岩魚止へ向った。 同じ年に徳本峠を通ったW・ウェストンは、こう書いている。 
徳本峠(2166m)を越える道は、昔なじみの道であるが、過去20年間にその状態は大きく改善され、外見は新しくなっていた。しかし、幸いなことに、ロマンティックなゴルジュの美しさは少しも衰えていなかった。
加藤惣吉の「清水屋」に、光太郎と智恵子も宿をとっている。 1913年8月、ウェストンは槍ヶ岳・霞沢岳・奥穂高岳などに登るため、3週間、上高地に滞在した。8月初めから上高地にいた光太郎は、ウェストンとも知り合いになっていた。
付近で絵を書いていた数人の画家たちが<展覧会の内見>に招待してくれ、帰りには、彼らが描いた魅力的な作品若干をお土産としてもらった。(P.243)「日本アルプス再訪」
また、そのころの上高地周辺は馬と牛が放牧されていた。
ウェストンから彼女の事を妹さんか、夫人かと問はれた。友達ですと答えたら苦笑してゐた。 光太郎と茨木氏たちが飲んで騒ぎ過ぎ、隣室のウェストンから叱られたエピソードも残っている。 智恵子の上高地滞在は1ヶ月に及ぶ。 梓川の河辺の道はすべて智恵子の歩いた道で、目の前に穂高の山が広がる木陰の根かたは、智恵子が絵を描いたところだ。 のちに、二人は山道に立つ同じ木のことをそれぞれで書いている。
絶ちがたく見える、わがこの親しき人、彼れは黄金に波打つ深山の桂の木。(智恵子)
十月一日に一山挙つて島々へ下りた。徳本峠の山ふところを埋めてゐた桂の木の黄葉の立派さは忘れ難い。彼女もよくそれを思ひ出して語つた。(光太郎)

konasidaira201807-036-1


70%-2018_0717_074201

70%-2018_0717_074425

70%-2018_0717_075736

70%-2018_0717_075048

70%-2018_0717_102548

70%-2018_0717_081145

70%-2018_0717_100912

70%-2018_0717_081638

70%-2018_0717_082344

70%-2018_0717_083342

70%-2018_0717_093812

70%-2018_0717_101356


[広告] VPS


↓画像クリックで拡大表示

70%-2018_0717_084417

明神岳と前穂高

70%-2018_0717_082825-P

70%-2018_0717_084404

70%-2018_0717_084407

遠くに小さく見えるのが、大天井岳・中天井岳でしょうか

70%-2018_0717_084410

 [広告] VPS



8:50 徳沢に到着

最初に見えたのが、徳沢ロッジ

70%-2018_0717_085153

徳沢ロッジ パンフレット
2018_0721_104725.jpg 2018_0721_104736.jpg


そして、徳澤キャンプ場

70%-2018_0717_085338

最初に、徳澤園のみちくさ食堂へ

70%-2018_0717_085702

70%-2018_0717_091236


70%-2018_0717_085848

おすすめのコーヒーソフトを注文

70%-2018_0717_085839

コーヒー味のソフトクリームかなと思ってましたが・・・

ソフトクリームにアイスコーヒーとシナモンがかかっていましたがっかり

70%-2018_0717_090011

70%-2018_0717_090028


後で知ったのですが、普通のソフトクリームが徳沢園の名物だったとは・・・情報不足を反省悲しい

事前情報が無くても、ここに来てからよく観察すればよかったのに

でも、コーヒーソフトも絶品でしたよ

70%-2018_0717_090724

70%-2018_0717_090728

徳沢園って、なんだかとてもお洒落なんですよね

歩いてしか来ることができない場所とは思えないほど・・・

70%-2018_0717_090735

70%-2018_0717_090754

70%-2018_0717_091041

70%-2018_0717_091114

70%-2018_0717_091022

70%-2018_0717_091128


70%-2018_0717_092534

70%-2018_0717_092017

70%-2018_0717_091650

70%-2018_0717_092156


徳澤園のWEBサイトやパンフレットを見て、驚きました

山小屋とは思えないお洒落な空間、そしてお値段大笑い
なんですか この部屋は・・・違和感を感じるのは僕らだけ??

洋室 Bタイプ(全1室・1室23m²)、2名様1室・1名様(1泊2食)29,000円

konasidaira201807-037

相部屋、まるでカプセルホテル笑いころげ

相部屋(全3室・男女同室)、1名様(1泊2食)12,000円

konasidaira201807-038

徳澤園 パンフレット
2018_0721_104437.jpg  2018_0721_104459.jpg  2018_0721_104518.jpg

2018_0721_104536.jpg  2018_0721_104552.jpg  2018_0721_104619.jpg

2018_0721_104638.jpg  2018_0721_104655.jpg

徳澤キャンプ場、徳澤園のすぐ前の広い芝生の平地がキャンプ場です

元は、放牧場の後だとか

70%-2018_0717_092115

見えている大型のテントは常設テントです

70%-2018_0717_092320

70%-2018_0717_092419

70%-2018_0717_091752

70%-2018_0717_092431

70%-2018_0717_092504

70%-2018_0717_092454


70%-2018_0717_085436

70%-2018_0717_092810 -1

70%-2018_0717_092803

↓画像クリックで拡大表示

70%-2018_0717_092820

炊事場

70%-2018_0717_085516

70%-2018_0717_085601

お風呂は、徳沢ロッジの外来入浴が利用できます[15:00~19:30/¥800]

徳澤園で販売しているキャンプ用品
プリムスのOD缶ありますね、他には虫よけグッズなども・・・

食材の販売はないです

ゴミは全て持ち帰り

70%-2018_0717_091900

食事は、徳澤園のみちくさ食堂が利用できますが、夕食は予約制ですね
岩魚夕定食 1,600円 おでん定食 1,200円

70%-2018_0717_092057

70%-2018_0717_092134

70%-2018_0717_092140

70%-2018_0717_092317

いつかここでキャンプをしてみたいものです



八日目その1へ戻る   八日目その3へ続く

小梨平キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ

ページトップへ戻る


関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2018/08/02(木) 23:59:41|
  2. 小梨平キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<小梨平キャンプ場  神々の域、明神 | ホーム | 小梨平キャンプ場  コマドリ先生>>

コメント

氷壁の宿

徳澤園は両親を連れて来た時に
両親が宿泊した宿で、
親父の一周忌を目の前に、感慨深いです。

さらに素敵に進化してますね。
キャンプ場は、見た目昔のままで
安心しました。
芝生が綺麗で素敵なキャンプ場でしょう。

ソフトクリームは残念でした!
次回にとっておきましょう(笑)


  1. 2018/08/03(金) 16:56:00 |
  2. URL |
  3. ライカ #-
  4. [ 編集 ]

☆ライカさんへ

徳澤園にはご両親が宿泊されたのですね
思い出がいっぱい詰まった宿なのですね

僕らも一度は泊まってみたいですが、その前にキャンプですね
その時にソフトクリーム、リベンジです(笑)
  1. 2018/08/03(金) 21:42:24 |
  2. URL |
  3. Kaoru&Beet #D4wYtR2A
  4. [ 編集 ]

徳澤園は、どこを切り取ってもフォトジェニックですよね。
コーヒーソフトは絶品でよかったです。(^^

5泊6日の縦走の帰り道、コーヒーに飢えていたボクはここでコーヒーをオーダーしました。
さぞ美味しいコーヒーが出てくるものだろうと期待していたのに出てきたのは煮詰まったコーヒー...。
苦〜い思い出です。(笑)

徳澤園には、マウンテンハードウエアのスペースステーションが張られていていましたが、さすがにもう張ってなさそうですね。
あれが今までで見た中で一番の高級幕でした。
  1. 2018/08/17(金) 15:30:27 |
  2. URL |
  3. A-Z #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

☆A-Zさんへ

徳澤園は、想像していた山小屋のイメージとはまったく異なるものでした
カフェでお茶を飲んでる人も、「クラブツーリズム」ツアーのおばさまだったりして(笑)

最近はコーヒーの味もよくなったのかもしれませんね

スペースステーションですか、とても気になってネットで検索してみると、見つけましたよ
幕に「氷壁の宿」という文字が見えます
常設テント?? いったい何に使っていたのでしょうね 不思議です
https://blog-imgs-122.fc2.com/k/0/8/k08a12/konasidaira201807-071-1.jpg


  1. 2018/08/17(金) 21:31:02 |
  2. URL |
  3. Kaoru&Beet #D4wYtR2A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://k08a12.blog.fc2.com/tb.php/1950-f8dd6825
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Kaoru&Beet

Author:Kaoru&Beet
Kaoru君とBeet君のキャンプ日記へようこそ!

PCカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

INDEX

Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1


北帰行2018冬INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北帰行2018冬のコピー

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

CATEGORY

月別アーカイブ

2018年 09月 【10件】
2018年 08月 【24件】
2018年 07月 【26件】
2018年 06月 【24件】
2018年 05月 【22件】
2018年 04月 【20件】
2018年 03月 【21件】
2018年 02月 【25件】
2018年 01月 【17件】
2017年 12月 【29件】
2017年 11月 【67件】
2017年 10月 【29件】
2017年 09月 【33件】
2017年 08月 【25件】
2017年 07月 【19件】
2017年 06月 【23件】
2017年 05月 【34件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【21件】
2017年 02月 【24件】
2017年 01月 【28件】
2016年 12月 【56件】
2016年 11月 【32件】
2016年 10月 【26件】
2016年 09月 【29件】
2016年 08月 【23件】
2016年 07月 【29件】
2016年 06月 【29件】
2016年 05月 【21件】
2016年 04月 【23件】
2016年 03月 【22件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【30件】
2015年 12月 【29件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【30件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【24件】
2015年 02月 【25件】
2015年 01月 【17件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【23件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【21件】
2014年 04月 【12件】
2014年 03月 【24件】
2014年 02月 【17件】
2014年 01月 【18件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【19件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【14件】
2013年 07月 【24件】
2013年 06月 【12件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【16件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【13件】
2013年 01月 【14件】
2012年 12月 【18件】
2012年 11月 【16件】
2012年 10月 【17件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【9件】
2011年 09月 【2件】

最新コメント

リンク


Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1


北帰行2018冬INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北帰行2018冬のコピー


あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

WOM CAMP ロゴ2


702016_1126_154717-15.jpg

ilbif02.jpg

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR