FC2ブログ

Kaoru君とBeet君のキャンプ日記

キャンプ日記、キャンプ道具、旅の記録、街歩きとグルメなどを書いています。

小梨平キャンプ場  穂高が見える場所に来た理由のひとつ

小梨平キャンプ場   穂高が見える場所に来た理由のひとつ


九日目その4へ戻る   十日目その2へ続く

十日目(7月19日)その1

撤収の日、今日も穂高がその姿を見せてくれています

70%-2018_0719_061912

70%-2018_0719_062017

最後にもう一度、穂高を前に、ある方のご冥福を心の中でお祈りします

 

僕らはブログ作成にあたり「FC2ブログ」を利用しています
その管理画面にはカテゴリー別ランキングが掲載されていて、僕らは「アウトドア・キャンプ」の
カテゴリーに登録しています
同じカテゴリーの中にどんなブログが上位ランキングに入っているのか興味があり、時折そのいくつかに
お邪魔させていただくことがあります

そのひとつが「ぼちぼちいこか
北アルプス奥穂高岳直下 穂高岳山荘で小屋番をされている宮田八郎さんのブログです
宮田さんは、小屋番をしながら穂高の姿を撮り続けていらっしゃって、また映像プロダクションである
ハチプロダクションを運営されています
ブログには、穂高連峰を中心とする峰々の四季折々の映像はもちろん、
小屋番として、そして山を愛するスペシャリストとして、登山者に対する情報提供や注意喚起などを
記事にされています
遭難者の救助に携わることも多く、山を知り尽くした経験豊富な宮田さんだからこそ可能な啓蒙活動を
ブログを通して行っていらっしゃるという印象を、ブログを読んで感じました
登山には無縁の僕らですが、自分達では直接訪れることができない標高から見る世界や
その高さから眺める星空の映像などに惹かれて、何度もブログとYouTubeを拝見していました

ある時、記事のアップが途切れたことがあり、しばらくしてから悲しい事実を知りました

宮田さんが、2018年4月5日、南伊豆子浦海岸よりシーカヤックで出艇した後、行方不明となり
その後遺体が発見されたということです

南伊豆沖で2人不明 シーカヤック中、戻らず(2018/4/6 07:35 静岡新聞)

 5日午後6時ごろ、男性から「南伊豆町でシーカヤックに出掛けた友人2人が戻ってこない」と118番があった。下田海上保安部によると、岐阜県飛騨市の50代と長野県松本市の60代の男性2人が行方不明になっているとみられ、付近の海域を捜索している。
  通報者の話では、2人は同日午前9時ごろ、同町の子浦海岸をカヌーに同乗して出発し、約10キロ先の石廊崎を折り返して戻る予定だったという。カヌーは緑色で長さ約7メートル。同日午前は14メートル前後の強い風が吹き、波も高かったという。

   

カヤックで不明、男性の遺体発見 沼津の海岸(2018/4/9 15:02 静岡新聞)

 沼津署は8日、沼津市本の海岸で男性の遺体を発見したと発表した。同署が身元を調べたところ、南伊豆町沖でシーカヤックに乗ったまま行方不明になっていた長野県松本市の山岳ガイドの男性(61)と判明した。
  同署によると、通行人がうつぶせの男性を発見し、110番した。目立った外傷は無くライフジャケットを着用していた。男性と一緒にカヤックに乗っていた岐阜県飛騨市の50代男性は見つかっておらず、下田海上保安部などが捜索を続けている。

 

山岳救助携わる小屋番の宮田八郎さん死亡 漫画「岳」のモデル、シーカヤック中に
(2018.7.7 13:20 共同通信)

北アルプスの穂高岳山荘の小屋番で、遭難者の救助活動にも携わっていた宮田八郎さん(52)=岐阜県飛騨市神岡町=が、シーカヤックで海に出たまま行方が分からなくなり、静岡県沖で遺体が見つかっていたことが7日、分かった。山荘の社長によると、宮田さんは山岳救助を描いた漫画「岳」の登場人物のモデルになった。

 関係者などによると、宮田さんは4月5日、静岡県南伊豆町の海岸を2人乗りのカヤックで長野県松本市の男性と出た後、行方不明に。5月23日に静岡県沼津市沖で身元不明の男性遺体が見つかり、今月5日に同県警から家族に宮田さんと確認したと連絡があった。松本市の男性は4月8日に遺体で見つかっていた。 宮田さんは岐阜、長野県境の標高約3千メートルにある穂高岳山荘で約30年間勤務。映像制作会社を立ち上げ、北アルプスの映像作品も撮り続けていたという。

もちろん僕らは宮田さんにお会いしたこともありませんし、登山という共通項も持ち合わせてはいませんが
ブログを拝見するうちに、勝手に宮田さんへの親近感を募らせていたようです
だから宮田さんの訃報は、非常に衝撃的で辛い現実でした

今回、小梨平キャンプ場で、この山に宮田さんがいらっしゃったんだなと思いながら
穂高の山々を毎日眺めていました

これが、穂高が見える場所に来た理由のひとつです

 

宮田さんが撮影した映像、いくつか拝見していました

70%-2018_0808_124814

「Angel Trip 穂高を翔ぶ」 より

宮田さんが約30年間小屋番をしていた穂高岳山荘です

70%-2018_0808_154303-1

「光の五線譜」より

70%-2018_0808_160215-1

70%-2018_0808_160631-1

70%-2018_0808_161024-1

70%-2018_0808_161055-1





この動画は、ハチプロダクション”山の随想録シリーズ①” 「Angel Trip 穂高を飛ぶ」の予告編です

予告編の後半部分、ザイテングラート~穂高岳山荘の映像がありますが、その最後に入っている
ナレーションの美しい言葉の響きに心惹かれました
これは詩人であり哲学者でもある串田孫一さんの言葉です

それに加えて、映像のバックに流れるBGMが僕らのお気に入りになり、何度も何度も見ています

・・・・
今日一日でほんとうに日に焼けましたね
今こうして連なる峰々を見ていると
夢の中の憩いのようでもあるけど
こんな山肌の色を見たことや
淋しい谷を霧に濡れて歩いたことが
あなたをやわらかく救う時があるでしょう

取りつきようのない寂しさの中を
蟻になった気持で歩いたことが
あなたを元気づけることがあるでしょう
天へ飛び立って行くような歓喜と
永遠のようなものに包まれてしまった哀愁と
それが儚い人間には必要なのです

冷たい水 もう一杯のみますか

<串田孫一「山頂」より>


八郎さんは、これからも穂高をそしてそこを訪れる人たちを見守ってくれることでしょう



九日目その4へ戻る   
十日目その2へ続く

小梨平キャンプ場 キャンプ場情報はこちらへ



ページトップへ戻る
関連記事

テーマ:キャンプ - ジャンル:旅行

  1. 2018/08/10(金) 09:39:58|
  2. 小梨平キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<小梨平キャンプ場  さようなら上高地 | ホーム | 小梨平キャンプ場  最終日は豪華晩餐>>

コメント

穂高岳山荘に30年…

もしかしたら、何処かでお逢いしてるかもしれません。

山岳遭難、登山道の整備、山小屋運営等に
ご尽力された功績は大きな財産となって
後世に受け継がれる事でしょう。

穂高を愛する一人として
ご冥福をお祈り致します。

  1. 2018/08/10(金) 23:17:45 |
  2. URL |
  3. ライカ #-
  4. [ 編集 ]

☆ライカさんへ

コメントありがとうございます
そうですよね
ライカさんは、ひょっとするとお会いしているかもしれませんね

ご本人の写真が掲載されたものがありますので、一度ご覧になってください
https://blog-imgs-122.fc2.com/k/0/8/k08a12/konasidaira201807-062.jpg
  1. 2018/08/10(金) 23:45:47 |
  2. URL |
  3. Kaoru&Beet #D4wYtR2A
  4. [ 編集 ]

ここに来られたのは、避暑だけでなくそういう理由もあったのですね。

宮田さんの訃報は、多くの人を驚かせたと思います。
もちろんボクもその一人でした。
宮田さんの写真や映像、何度見たことか。
これから新しい作品が見られないことは残念ですが、改めてご冥福をお祈りしたいと思います。
  1. 2018/08/17(金) 15:52:11 |
  2. URL |
  3. A-Z #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

☆A-Zさんへ

A-Zさんもご存じでしたか
僕らが見ることが出来ない風景を素晴らしい映像で伝えていただき
いつも感動していたのですが・・・
今回の事故は、とても残念でなりません

空の上から、穂高を見守り続けて欲しいと願うばかりです
  1. 2018/08/17(金) 21:46:41 |
  2. URL |
  3. Kaoru&Beet #D4wYtR2A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://k08a12.blog.fc2.com/tb.php/1963-d0e1b627
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Kaoru&Beet

Author:Kaoru&Beet
Kaoru君とBeet君のキャンプ日記へようこそ!

PCカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

INDEX

Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1


北帰行2018冬INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北帰行2018冬のコピー

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

CATEGORY

月別アーカイブ

2018年 09月 【10件】
2018年 08月 【24件】
2018年 07月 【26件】
2018年 06月 【24件】
2018年 05月 【22件】
2018年 04月 【20件】
2018年 03月 【21件】
2018年 02月 【25件】
2018年 01月 【17件】
2017年 12月 【29件】
2017年 11月 【67件】
2017年 10月 【29件】
2017年 09月 【33件】
2017年 08月 【25件】
2017年 07月 【19件】
2017年 06月 【23件】
2017年 05月 【34件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【21件】
2017年 02月 【24件】
2017年 01月 【28件】
2016年 12月 【56件】
2016年 11月 【32件】
2016年 10月 【26件】
2016年 09月 【29件】
2016年 08月 【23件】
2016年 07月 【29件】
2016年 06月 【29件】
2016年 05月 【21件】
2016年 04月 【23件】
2016年 03月 【22件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【30件】
2015年 12月 【29件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【30件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【24件】
2015年 02月 【25件】
2015年 01月 【17件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【23件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【21件】
2014年 04月 【12件】
2014年 03月 【24件】
2014年 02月 【17件】
2014年 01月 【18件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【19件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【14件】
2013年 07月 【24件】
2013年 06月 【12件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【16件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【13件】
2013年 01月 【14件】
2012年 12月 【18件】
2012年 11月 【16件】
2012年 10月 【17件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【9件】
2011年 09月 【2件】

最新コメント

リンク


Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


東北長期遠征2017INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート東北2017-1


北帰行2018冬INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北帰行2018冬のコピー


あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

WOM CAMP ロゴ2


702016_1126_154717-15.jpg

ilbif02.jpg

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR