Kaoru君とBeet君のキャンプ日記

キャンプ日記、キャンプ道具、旅の記録、街歩きとグルメなどを書いています。

mAAch ecute マーチエキュート神田万世橋 その1:万世橋駅の歴史

mAAch ecute マーチエキュート神田万世橋  その1:万世橋駅の歴史

   mAAch ecute マーチエキュート神田万世橋  その2:ドコニモナイバショ、ココニアラワル はこちらへ

   mAAch ecute マーチエキュート神田万世橋  その3:タイムスリップ はこちらへ 


2013年9月14日にオープンした、東京の新名所? マーチエキュート神田万世橋 へ行ってきたよ

マーチエキュート神田万世橋は、約100年前に開業した赤れんが造りの旧万世橋駅の遺構を再開発したJR東日本などの商業施設
Windows-Live-Writer_d62aec831da5_7422_50___-2013_1007_153341_thumb.jpg

 

産経ニュース 抜粋

赤れんがの姿を残す高架橋の上に、ガラス張りのカフェと展望デッキが設けられた。中央線の上り下りのレールに挟まれた空間で、すぐそばを通過する電車を眺められ、人気を集めそうだ。れんがアーチの下には、飲食店や雑貨店など11店舗が入った。開業時に天然石で造られホームにつながる「1912階段」も、約70年ぶりに一般開放。入場待ちの長い列ができた。

埼玉県蕨市の北賀津雄さん(57)は「階段を上ると昔のホームに立ったみたいだった。昔と今のギャップが面白い」とにっこり。 開発を担当したJR東日本の永杉博正さん(36)は「オープンまで長い間待たせたが、鉄道ファンにも地域の人にも楽しんでほしい」と話した。
 
 旧万世橋駅は東京駅の赤れんがと同じく辰野金吾が設計した。1912(明治45)年に中央線ターミナル駅として開業したが、23年の関東大震災で駅舎の大部分が焼失。その後、神田―御茶ノ水の中間駅として利用されたが、乗降客数の減少で43年に廃止された。駅舎の基礎を利用し建てられた交通博物館も、2006年に閉館した。

 Windows-Live-Writer_d62aec831da5_7422____________________thumb.jpg


旧万世橋の遺構のことは以前から知っていて、写真を撮りにきたこともあったのだけれど
このような再開発が進んでいたことは、あまり知らなかった
約2年前と比べてみると こんな感じ

2011年9月撮影
Windows-Live-Writer_d62aec831da5_7422_50___-2011_0917_111409_thumb.jpg

 

2013年10月撮影
Windows-Live-Writer_d62aec831da5_7422_50___-2013_1007_131236_thumb.jpg

 

 

2011年9月撮影
Windows-Live-Writer_d62aec831da5_7422_50___-2011_0917_111532_thumb.jpg


 2013年10月撮影
Windows-Live-Writer_d62aec831da5_7422_50___-2013_1007_131518_thumb.jpg

 

2011年9月撮影
Windows-Live-Writer_d62aec831da5_7422_50___-2011_0917_111621_thumb.jpg

 

2013年10月撮影
Windows-Live-Writer_d62aec831da5_7422_50___-2013_1007_153407_thumb.jpg

 

2011年9月撮影
Windows-Live-Writer_d62aec831da5_7422_50___-2011_0917_111939_thumb.jpg

                          

 2013年10月撮影
Windows-Live-Writer_d62aec831da5_7422_50___-2013_1007_153350_thumb.jpg

  

万世橋駅の歴史を見てみよう

1912 (明治45)年初代駅舎

1889(明治22)年に、甲武鉄道(私鉄)が立川-新宿間を開通させ、都心への延伸を進めていた。甲武鉄道は1906(明治39)年に国有化
1912(明治45)年、中央線の昌平橋〜万世橋間が開通し、万世橋駅が営業を開始した。
初代の駅舎は豪華であった。東京駅と同様に辰野金吾の設計による赤煉瓦造りで、一等・二等待合室、食堂、バー、会議室等を備えていた。また、貨物用のエレベーターも整備されていた。中央本線のターミナルとしてだけでなく、ここから両国駅方面への総武線の敷設計画をも見据えたものであった。駅前には広場が設けられ、日露戦争の英雄である廣瀬武夫と杉野孫七の銅像が建っていた。
万世橋駅は東京市電(路面電車)の乗換ターミナルとして栄えた。駅周辺エリア(神田須田町)は銀座と並ぶほどの繁華街へと成長しにぎわいを見せていた。なお万世橋駅の開業によって御茶ノ水 - 万世橋にあった昌平橋駅は役目を終えて廃止された。
1919(大正8)年、中央線が東京駅に開通し、万世橋駅は中間駅となり、中央本線の起終点としての役目は7年で終わった。 

(絵葉書は、全てマーチエキュート神田万世橋で購入したもの)
Windows-Live-Writer_d62aec831da5_7422_____________004_thumb.jpg

 
Windows-Live-Writer_d62aec831da5_7422_____________005_thumb.jpg

 Windows-Live-Writer_d62aec831da5_7422_____________001_thumb.jpg
 
Windows-Live-Writer_d62aec831da5_7422_____________002_thumb.jpg 

Windows-Live-Writer_d62aec831da5_7422_____________006_thumb.jpg

 1925(大正14)年2代目駅舎

1923(大正12)年9月1日の関東大震災で駅舎が焼失し、遺体安置所に利用された後、残存した基礎を利用し平屋建ての2代目駅舎が1925(大正14)年に完成した。
徒歩で行ける距離に神田駅及び秋葉原駅が出来た為、乗降客は減少していった。須田町交差点が移転し、1929年(昭和4年)以降は市電も通らなくなり、駅前は裏通りになってしまった。

 Windows-Live-Writer_d62aec831da5_7422_____________008_thumb.jpg
 
Windows-Live-Writer_d62aec831da5_7422_____________009_thumb.jpg

 
1936(昭和11)年〜1943(昭和18)年

1936(昭和11)年には、東京駅から鉄道博物館が移転。駅舎は解体縮小され、博物館に併設された小屋となった(閉鎖後は博物館の事務室に使われた)。駅構内にあった階段の一部は博物館への直通連絡口に使われたものがあった(駅閉鎖後は休憩所に転用された)。また、この解体縮小の直前には駅構内の食堂が営業を終了した。

そして1943(昭和18)年、太平洋戦争激化の中、乗降客減少に伴い、万世橋駅は休止(実質上廃止)となり、駅舎は交通博物館部分を除いて取り壊された。

 Windows-Live-Writer_d62aec831da5_7422_____________010_thumb.jpg

左下に、広瀬中佐の像が見える

 

1948(昭和23)年〜

鉄道博物館は、1948(昭和23)年にその名を交通博物館と改め、70年の長きにわたり、鉄道ファンや子供の夢をはぐくみ続けた。施設老朽化などの理由で閉館が決定し、鉄道博物館として埼玉県さいたま市で再出発をすることになった。

交通博物館跡地にはJR神田万世橋ビルが建設され、2013年(平成25年)1月17日に竣工した。また、2012年(平成24年)7月より旧万世橋駅遺構を整備し、「mAAch ecute(マーチエキュート) 神田万世橋」が2013年(平成25年)9月14日に開業した


 Windows-Live-Writer_d62aec831da5_7422_50___-2013_1007_153407_thumb_1.jpg
 
Windows-Live-Writer_d62aec831da5_7422_50___-2013_1007_153315_thumb.jpg 

Windows-Live-Writer_d62aec831da5_7422_50___-2013_1007_153327_thumb.jpg

   mAAch ecute マーチエキュート神田万世橋  その2:ドコニモナイバショ、ココニアラワル はこちらへ

   mAAch ecute マーチエキュート神田万世橋  その3:タイムスリップ はこちらへ 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/07(月) 10:23:10|
  2. ●街の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<mAAch ecute マーチエキュート神田万世橋 その2:ドコニモナイバショ、ココニアラワル | ホーム | 東京スカイツリー 消えた??>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://k08a12.blog.fc2.com/tb.php/327-15fe8fb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Kaoru&Beet

Author:Kaoru&Beet
Kaoru君とBeet君のキャンプ日記へようこそ!

PCカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

INDEX

Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

CATEGORY

月別アーカイブ

2017年 08月 【18件】
2017年 07月 【19件】
2017年 06月 【23件】
2017年 05月 【34件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【21件】
2017年 02月 【24件】
2017年 01月 【28件】
2016年 12月 【55件】
2016年 11月 【32件】
2016年 10月 【27件】
2016年 09月 【29件】
2016年 08月 【23件】
2016年 07月 【29件】
2016年 06月 【29件】
2016年 05月 【21件】
2016年 04月 【23件】
2016年 03月 【22件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【30件】
2015年 12月 【29件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【30件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【24件】
2015年 02月 【25件】
2015年 01月 【17件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【23件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【21件】
2014年 04月 【12件】
2014年 03月 【24件】
2014年 02月 【17件】
2014年 01月 【18件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【19件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【14件】
2013年 07月 【24件】
2013年 06月 【12件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【16件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【13件】
2013年 01月 【14件】
2012年 12月 【18件】
2012年 11月 【16件】
2012年 10月 【17件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【9件】
2011年 09月 【2件】

最新コメント

リンク


Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

WOM CAMP ロゴ2

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR