Kaoru君とBeet君のキャンプ日記

キャンプ日記、キャンプ道具、旅の記録、街歩きとグルメなどを書いています。

栂池自然園 ~天空の湿原をトレッキング~

栂池自然園 ~天空の湿原をトレッキング~


六日目その1へ戻る   六日目その3へ続く


六日目(10月23日)その2

8:00前、栂池自然園の園内一周フルコース(自然園入口~展望湿原)行程距離約5.5kmのトレッキングに出発
ロープウェイの始発が自然園駅に到着するのは、8:40頃
少なくとも約40分間は、この約100haの高層湿原、まさに天空の湿原を独り占め
間違いなく、僕らの行く先に人はいない

50-2015_1105_174915-3

素晴らしい天候に、感謝!感謝!

30-2015_1023_082312

 

山々を望遠で切り撮ります

白馬鑓ヶ岳2,903m、杓子岳2,812m

30-2015_1023_075824

白馬岳2,932m

30-2015_1023_075758

30-2015_1023_075819

小蓮華山2,766m

30-2015_1023_075806

30-2015_1023_075841

30-2015_1023_075833

自然園の真ん中辺りに流れる楠川、アルプスから流れ出る清流は冷たい

30-2015_1023_083134

絶対に、ハイヒールなどで来るところではないです

30-2015_1023_083241

30-2015_1023_084626


広い湿原の池塘(ちとう)の中に、ぽっかりと浮かぶ丸い浮島のある浮島湿原

30-2015_1023_090430

小蓮華山2,766mの右に見えるのが、白馬乗鞍岳2,437m

30-2015_1023_090459

30-2015_1023_090514

30-2015_1023_090255

30-2015_1023_090143

30-2015_1023_090921

30-2015_1023_090856

30-2015_1023_091442



最も急な坂道のあるヤセ尾根を登っていくと、標高2,020m自然園内の最高地点です

ここの登り、急で相当きつかったというよりも、怖かったですね
脚を踏み外すと左の崖を真っ逆さまに・・・・・・足がマジで震えました(やっぱり僕らには登山は無理ですね)

浮島湿原が下に見えます

30-2015_1023_093509

白馬三山(白馬鑓ヶ岳2,903m、杓子岳2,812m、白馬岳2,932m)が眼前に

30-2015_1023_094704

30-2015_1023_092924

30-2015_1023_093934

30-2015_1023_094137

30-2015_1023_094130

東の方向、雲の上のぽっかりと浮かんだように見える山は、どこの山なんだろうか?

30-2015_1023_094457

雲の流れが早い

30-2015_1023_093123

木に付着している緑色の糸状に見えるものは、「サルオガセ(猿尾枷)」という植物らしい

30-2015_1023_095421

最高地点から少し下ると、自然園の最奥に位置する展望湿原の展望台 標高2,010m

白馬三山と白馬岳の大雪渓を望むことができます

ーーーイ、このBigな風景を独占です爆笑

30-2015_1023_104318

30-2015_1023_104002

30-2015_1023_101557

白馬大雪渓が、ほんの少しだけ雲の合間からその姿を見せてくれます

30-2015_1023_103719

30-2015_1023_103700

ずっとこの空間に身を置いていたいですが

そろそろ戻ることにしましょうか
ここから後は下るだけ、頑張って歩きましょう

30-2015_1023_113549

30-2015_1023_112902

30-2015_1023_115647

30-2015_1023_114547

30-2015_1023_114625

30-2015_1023_115455

30-2015_1023_114420

12時頃、自然園入口まで戻ってきました

 [広告] VPS


自然園の入口には、北アルプス登山のベースキャンプとして70年以上にわたり愛されてきた旧栂池ヒュッテがあります
現在は記念館となっていて、登山用具などの展示があり登山の歴史を知ることが出来ます

30-2015_1023_115713

30-2015_1023_115922

30-2015_1023_120212

栂池ヒュッテの鐘

ヒュッテに二つの鐘があります。
昭和11年4月1日に吹雪の黒菱で遭難死した、
池田清一青年の供養のために、父親の浄財を元に創られたものです
黒菱の池田小屋と共に、鐘を創り、遠見、黒菱、唐松、猿倉、栂池に分けました
父親の「小屋の鐘で助かる人があれば、息子の死も無駄にならないし、慰めにもなる」と言ったそうです
「清林一音」の戒名の入った鐘は今も霧の日に鳴らして、その役割を続けています

栂池自然園、僕らにとって必ずもう一度訪れてみたいところのひとつとなりました


六日目その1へ戻る   六日目その3へ続く

ページトップへ戻る

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/11/07(土) 23:19:41|
  2. ●旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<白馬八方へ、青春時代の思い出探し | ホーム | 栂池自然園 ~朝の風景~>>

コメント

メモリーカードが

何枚あっても足りませんよね。
バッテリーも(笑)

山は良いでしょう!
一度この景色を目にすると、また必ず戻ってきたくなりますよ。
ほんと山はいいワン!
昔、山小屋でアルバイトをしながら山岳写真を撮る事を夢みた事があります。

さくらフイルム懐かしい…小西六でしたっけ?
白馬大雪渓も僕らが歩いた時とはだいぶ小さくなったんでしょうね。

なきうさぎイックンに似た「ヤマネ」を観かけませんでしたか?
とても可愛いやつです。僕らは何回も遭遇してます。
この周辺ではよく観れますよ。

Kaoru&Beetさんのブログでこんな雄大な山の
写真を観れるとは想いもよりませんでした。
今からでも「山ヤ」目指して頑張って下さい!

  1. 2015/11/09(月) 08:07:07 |
  2. URL |
  3. ライカ #-
  4. [ 編集 ]

☆ライカさんへ

大丈夫です
長期遠征時は、32GBのSDカードを3枚、バッテリーは3個(もちろん充電器も)持って行ってますので(笑)

写真の枚数が凄いことになってまして
風景を一発で撮影できるまでは、まだまだ修行がたりません

ヤマネ君には会うことができませんでしたが、なぜか小さなぬいぐるみを持ってます(笑)

自転車野郎だったので山にはあまり登ったことがなかったです
サイクリングシューズで登った、四国の石鎚山・剣山、東北の磐梯山、八甲田山くらいしか・・・・
そして、金剛山と生駒山(笑)

北アルプス、本当にいいですね
その魅力に取りつかれそうになります いやもう取りつかれたかも・・・
  1. 2015/11/09(月) 10:59:31 |
  2. URL |
  3. Kaoru&Beet #D4wYtR2A
  4. [ 編集 ]

白馬岳の大雪渓とともに,一度は訪れたいと思っている場所です。
感嘆ものの風景写真にうっとりさせていただきました。
慣れないころは脚がすくむような思いをすることもありますが,大丈夫です。
だんだん慣れてきますから。(笑)

いやぁ,ホントすばらしい!
ありがとうございました。( ´ ▽ ` )ノ
  1. 2015/11/15(日) 10:37:48 |
  2. URL |
  3. A-Z #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

☆A-Zさんへ

白馬三山を眼前に眺めながら、
A-Zさんはあんなに険しそうな所をいつも歩いているんだろうな
・・・・・と思っていました

脚のすくみって、慣れるでしょうか?
やはり下を見てはいけないのでしょうね(笑)
  1. 2015/11/15(日) 12:26:40 |
  2. URL |
  3. Kaoru&Beet #D4wYtR2A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://k08a12.blog.fc2.com/tb.php/920-38a60e2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Kaoru&Beet

Author:Kaoru&Beet
Kaoru君とBeet君のキャンプ日記へようこそ!

PCカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

INDEX

Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

CATEGORY

月別アーカイブ

2017年 06月 【22件】
2017年 05月 【34件】
2017年 04月 【21件】
2017年 03月 【21件】
2017年 02月 【24件】
2017年 01月 【28件】
2016年 12月 【46件】
2016年 11月 【32件】
2016年 10月 【27件】
2016年 09月 【29件】
2016年 08月 【23件】
2016年 07月 【29件】
2016年 06月 【29件】
2016年 05月 【21件】
2016年 04月 【23件】
2016年 03月 【22件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【30件】
2015年 12月 【29件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【22件】
2015年 09月 【26件】
2015年 08月 【30件】
2015年 07月 【29件】
2015年 06月 【28件】
2015年 05月 【26件】
2015年 04月 【26件】
2015年 03月 【24件】
2015年 02月 【25件】
2015年 01月 【17件】
2014年 12月 【24件】
2014年 11月 【25件】
2014年 10月 【19件】
2014年 09月 【23件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【19件】
2014年 05月 【21件】
2014年 04月 【12件】
2014年 03月 【24件】
2014年 02月 【17件】
2014年 01月 【18件】
2013年 12月 【20件】
2013年 11月 【19件】
2013年 10月 【25件】
2013年 09月 【27件】
2013年 08月 【14件】
2013年 07月 【24件】
2013年 06月 【12件】
2013年 05月 【16件】
2013年 04月 【16件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【13件】
2013年 01月 【14件】
2012年 12月 【18件】
2012年 11月 【16件】
2012年 10月 【17件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【12件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【14件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【6件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【9件】
2011年 11月 【9件】
2011年 09月 【2件】

最新コメント

リンク


Translate
English

French


キャンプ場INDEXは
 ↓ ここをクリック

Campground INDEX-222[4]

キャンプグッズINDEXは
 ↓ ここをクリック CampgoodINDEXlogo-333.jpg  

キャンプ記録一覧表は
 ↓ ここをクリック Camp records LIST-444

北海道長期遠征2016INDEXは
↓ ここをクリック

サインプレート北海道2016-1


あのキャンプ場の 口コミ・ブログ・評判

WOM CAMP ロゴ2

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR